あなたは we are the world usa for africa について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 we are the world usa for africa を共有します。 we are the world usa for africa に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

we are the world usa for africa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スティーヴィー・ワンダーStevie Wonder
ブラジルサルヴァドールにて(2006年7月撮影)基本情報出生名
ステヴランド・ハーダウェイ・ジャドキンズ別名
リトル・スティーヴィー・ワンダー生誕
(1950-05-13) 1950年5月13日(72歳)出身地
アメリカ合衆国 ミシガン州 サギノージャンル
.mw-parser-output .hlist ul,.mw-parser-output .hlist olpadding-left:0.mw-parser-output .hlist li,.mw-parser-output .hlist dd,.mw-parser-output .hlist dtmargin-right:0;display:inline-block;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dt:after,.mw-parser-output .hlist dd:after,.mw-parser-output .hlist li:afterwhite-space:normal.mw-parser-output .hlist li:after,.mw-parser-output .hlist dd:aftercontent:” · “;font-weight:bold.mw-parser-output .hlist dt:aftercontent:”: “.mw-parser-output .hlist-pipe dd:after,.mw-parser-output .hlist-pipe li:after “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-hyphen dd:after,.mw-parser-output .hlist-hyphen li:aftercontent:” – “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-comma dd:after,.mw-parser-output .hlist-comma li:aftercontent:”、 “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-slash dd:after,.mw-parser-output .hlist-slash li:aftercontent:” / “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li:last-child:aftercontent:none.mw-parser-output .hlist dd dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li li:first-child:beforecontent:” (“;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li li:last-child:aftercontent:”) “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist olcounter-reset:listitem.mw-parser-output .hlist ol>licounter-increment:listitem.mw-parser-output .hlist ol>li:beforecontent:” “counter(listitem)” “;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dd ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li ol>li:first-child:beforecontent:” (“counter(listitem)” “R&B[1][2]ポップ[1][3]ジャズ[1][4]ファンク[1][5]ゴスペル[6]ソウル[1]職業
シンガーソングライターミュージシャン音楽プロデューサーマルチプレイヤー担当楽器
ボーカル鍵盤楽器ハーモニカドラムセット活動期間
1961年 -レーベル
モータウン公式サイト
スティーヴィー・ワンダー公式サイトステヴランド・ハーダウェイ・モーリス(英語: Stevland Hardaway Morris、出生名 : ステヴランド・ハーダウェイ・ジャドキンズ(英語: Stevland Hardaway Judkins)、1950年5月13日 – )は、スティーヴィー・ワンダー(英語: Stevie Wonder)の名で知られるアメリカのシンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー。ボーカルのほか、ハーモニカ、クラヴィネットなど様々な楽器を演奏するマルチ・インストゥルメンタリストである。11歳の時にモータウンのTamlaレーベルと契約して以来、現在までモータウン一筋に活動する。30曲以上のU.S.トップ10ヒットを放ち、計22部門でグラミー賞を受賞、最も受賞回数の多い男性ソロ・シンガーである[7]。
「ローリング・ストーンの選んだ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第9位[8]。
「ローリング・ストーンの選んだ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第15位。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第34位[9]。

経歴[編集]
キャルヴィン・ジャドキンズとルーラ・メイ・ハーダウェイ(1930〜2006)の6人の子供の内、3人目の子供として1950年、ミシガン州サギノーに生まれた。6週間の早産で生まれ、保育器内での過量酸素が原因で生まれてすぐに目が見えなくなる(未熟児網膜症、全盲ではない)。スティーヴィーが4歳の時に、彼の母親は父親を置いて、子供とともにデトロイトに移住する。母親は名前を旧姓に戻すと共に、その後に子供たちの苗字を彼女の親類にあやかってモーリスとした。現在でも、スティーヴィーの法律上の名前はモーリスとなっている。幼い頃からピアノやハーモニカ、ベースを演奏していたという。歌手としてのキャリアーは友達と一緒に歌う様になったのが最初で、スティーヴィー&ジョンとして街角や、時にはパーティーやダンスなどのイベントでもパフォーマンスをしていた。
11歳の時、自身で作曲した「Lonely Boy」をミラクルズのロニー・ワイトの前で歌い、ワイトはスティーヴィーと彼の母親をモータウンへのオーディションに連れて行く。社長であるベリー・ゴーディ[10] の前で歌と演奏を披露し、モータウンとの契約を獲得。彼の最初のステージネーム「リトル・スティーヴィー・ワンダー」は、この時のプロデューサーであり彼の多くの作品に参加したクラレンス・ポールがつけたものである。なお、この時の契約内容には、スティーヴィーの年齢を考慮したものとして、印税収入は彼が21歳になるまで基金に蓄えられるという条項があり、それまでは週給として2ドル50セントの支払いであったとされる。[11]こうしてモータウンに加わったスティーヴィーは、61年に最初のレコーディングとして「Mother Thank You」を収録するが、結果として、デビューシングルはベリー・ゴーディーの手による「I Call It Pretty Music But The Old People Call It The Blues」に変更され、これが1962年の夏に発売された。結局、この曲が発表されたのは、タイトルを変えた上で、1964年になってからであった。続いて、シングル『Little Water Boy』(ヒットはしなかった)や、アルバム『ジャズ・ソウル〜スティーヴィー・ワンダー・ファースト・アルバム』と『レイ・チャールズに捧ぐ』を発表し、こちらは小さなヒットとなった。スティーヴィーが12歳であった1962年末、モータウン・レビューの一員として全米をツアーする。このツアーで廻ったシカゴのリーガル・シアターでの20分ほどの演奏を録音したものが、1963年の5月にアルバム『12歳の天才』としてリリースされ、これがBillboard 200で1位になる大ヒットを記録。ここから同月にシングルカットされた「フィンガーティップス」もBillboard Hot 100で1位の大ヒットとなる。この、13歳での1位獲得は21世紀に入ってからも、史上最年少の記録である。また、12歳でデビューしたため、ビートルズのメンバーとは年齢が離れているにもかかわらず、キャリアとしては同等の長さを誇る。
しかし、スティーヴィーの成長に伴う声変わりに対して、当時のモータウンの重役たちの何人かはレコード契約の打ち切りをも検討していたとされる[12]。1964年には、2本の映画に出演するもいずれも大したヒットにはならなかった。そうした中、シルヴィア・モーイと共作した作品などを含むアルバム『アップタイト』がヒットし、シングルカットされた「Uptight」がヒット。そして1966年には「Blowin’ in the Wind」「太陽の当たる場所」[13]がいずれもヒット、クリスマス・ソングの「サムデイ・アット・クリスマス」も発表した。また、リトル・スティーヴィー・ワンダーというこれまでのステージネームから”リトル”を取るようにベリー・ゴーディーに説得したのもまた、シルヴィア・モーイであったとされる[12]。また、同じころにスティーヴィーは自分とレーベルの他の仲間への楽曲提供のために、モータウンの作詞部門・作曲部門との契約を新たに結んだ。こうして提供された曲の1つにスモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズのナンバー1ヒットである「Tears of a Clown」などがある。
1970年に、モータウンから自作のプロデュース権を獲得し、音楽出版会社「タウラス・プロダクション」を設立。自身の新たな音楽を模索していた時、当時開発されたばかりのモーグ・シンセサイザーに感銘を受ける。以後、スティーヴィーはシンセサイザーを駆使し、ほとんどの楽器を自分で演奏してアルバムを作るスタイルを取った。
1972年の革新的な曲「迷信」はクラヴィネットを使用し、彼のファンキーな面を強調し、大ヒットとなった[14]。1973年、友人の運転する車に同乗した際に交通事故に遭う[15]。この事故の後遺症で一時味覚と嗅覚を失うが、その後のリハビリが功を奏し、彼はほぼ完全に回復した。その後、73年に「サンシャイン」、「ハイアー・グラウンド」、74年にはファンク・ナンバー「悪夢」がそれぞれヒットした[16]。74年には「レゲエ・ウーマン」もヒットしている。72年から74年ごろまでが彼の音楽人生の黄金期だった。なお、「迷信」はジェフ・ベックが演奏する案もあったが、結局ワンダー自身がシングルとして発表した。ベックはベック・ボガード&アピスとして「迷信」のロック・バージョンを発表している。
1976年には、2枚組のオリジナル・アルバム『キー・オブ・ライフ(Songs in the Key of Life)』をリリース。77年には、シングル「回想」「愛するデューク」をヒットさせた。このアルバムは、当時全米アルバムチャート14週1位となる大ヒットになった。
交通事故の体験以降、慈善活動や平和活動に目覚め、1980年代には南アフリカのアパルトヘイト政策に反対する歌、公民権運動指導者のマーティン・ルーサー・キング牧師を讃える歌を発表する。日本の全盲の中学生との交流がきっかけで仙台市立加茂中学校を訪問し、歌ったこともある。また彼は、80年に「マスター・ブラスター」、82年に「ザット・ガール」をヒットさせた。80年代にはジャーメイン・ジャクソン、サード・ワールド、チャカ・カーン、ユーリズミックス、ジャヴァンらとの共同作業もおこなっている。1984年の映画『ウーマン・イン・レッド』のサウンドトラックに用いられた「心の愛(I Just Called to Say I Love You)」は、米英で大ヒットするとともにアカデミー歌曲賞、ゴールデングローブ賞を受賞した。1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのブリッジ部分でリードボーカルをとった。
2009年12月、国連平和大使に任命[17]。2021年ウルフ賞芸術部門受賞。
2019年、腎臓移植手術を受けた[18]。

音楽性/人物と思想[編集]
ステージでは主にピアノやフェンダー・ローズ、クラヴィネットなどのキーボードをプレイしながら歌うことが多いが、他にもクロマティックハーモニカ、ドラム、シンセベースなどもプレイするマルチプレイヤーとして知られている。
特に70年代において、当時は革新的な新楽器だったモーグ・シンセサイザーやクラヴィネット、トーキング・モジュレーターなどをいち早く取り入れて使用した。後者は後のザップ/ロジャー・トラウトマン等に影響を与えたとされる。
彼は、ジャズ、クロスオーバー、フュージョンの影響も強い。また、視覚障害や音楽的資質などの共通点から、しばしばレイ・チャールズと比較される。
政治活動に積極的で、アメリカ民主党を支持している。2000年のゴア対ブッシュのアメリカ大統領選ではフロリダ州にかけつけ民主党のゴアを支援。2008年の大統領選でも、オバマの強力なサポーターとして党大会などに参加した。オバマ大統領の就任式のイベントでも何度もステージに立ち、代表曲を披露した。

ディスコグラフィ[編集]
詳細は「スティーヴィー・ワンダーの作品」を参照
多作家として知られるが作品の質に厳しく、お蔵入りした曲は数千曲にのぼるという。アルバム制作の際は、収録予定の曲数のほぼ10倍を作曲すると言われており、1976年発表の『キー・オブ・ライフ』の収録曲は、1974年から1976年までに作曲された約1,000曲の中から選ばれた。

シングル/代表曲[編集]
「太陽の当たる場所」(1966年)
「マイ・シェリー・アモール」(1969年)
「迷信」(1972年)
「サンシャイン」(1972年)
「ハイアー・グラウンド」(1973年)
「悪夢」(1974年)
「レゲエ・ウーマン」(1974年)
「回想」(1976年)
「愛するデューク」(1976年)
「マスター・ブラスター」(1980年)
「ハッピー・バースデイ」(1980年)
「ザット・ガール」(1982年)
「ガッタ・ハブ・ユー」(1991年)楽曲提供[編集]
『イッツ・ア・シィム』 – スピナーズ(1970)
『アンティル・ユー・カム・バック・トゥ・ミー』 – アレサ・フランクリン(1974)
『テル・ミー・サムシング・グッド』 – ルーファス featuringチャカ・カーン(1974)
『ザ・リアル・シング』 – セルジオ・メンデス(1977)
『レッツ・ゲット・シリアス』 – ジャーメイン・ジャクソン(1980)
『トライ・ジャー・ラブ』 – サード・ワールド(1982)私生活[編集]
1970年に歌手のシリータ・ライトと結婚したが、1972年に離婚。2001年にデザイナーのカイ・ミラード・モリスと結婚したが、2009年に別居、2012年に離婚が申請され、2015年10月5日離婚が成立した[19]。
これまでに5人の女性との間に9人の子供を設けている[19]。

共演したミュージシャン[編集]
シリータ (前夫人)「If You Really Love Me」ほか
チャカ・カーン「I Feel For You」(ハーモニカを担当)
ユーリズミックス「There Must Be an Angel」(ハーモニカを担当)
ジャヴァン「サムライ」(ハーモニカを担当)
グラディス・ナイト「愛のハーモニー」
ディオンヌ・ワーウィック「愛のハーモニー」
ポール・マッカートニー「Ebony and Ivory」、「What’s That You’re Doing?」
エルトン・ジョン「I Guess That’s Why They Call It The Blues」(ハーモニカを担当)、「愛のハーモニー」
クインシー・ジョーンズ「The Dude」(キーボードを担当)
ジェフ・ベック「Lookin’ For Another Pure Love」
マイケル・ジャクソン「We Are The World」、「Get It」、「Just Good Friends」
プリンス「So What Fuss」(プリンスがギターで参加)
スティング「Brand New Day」(ハーモニカを担当)
ルチアーノ・パヴァロッティ「Peace Wanted Just be Free」
ジェームス・テイラー「Don’t Be Sad ‘Cause Your Sun Is Down」、「Little More Time With You」
ミニー・リパートン「Perfect Angel」(演奏サポートとアルバム・プロデュースを担当)
ディジー・ガレスピー「Do I Do」
セルジオ・メンデス「Berimbau/Consolação」
アンドレア・ボチェッリ「Canzoni Stonate」
テイク6「O Thou That Tellest Good Tidings to Zion」、「I’m New」
ラウル・ミドン「Expressions Of Love」(ハーモニカを担当)
プリファブ・スプラウト「Nightingales」(ハーモニカを担当)
ザ・ビーチ・ボーイズ「I Do Love You」
アリアナ・グランデ「Faith」
冨田勲 長良川でのサウンドクラウドに参加 (シンセサイザー・ハーモニカを担当)
中島みゆき「つめたい別れ」(ハーモニカを担当)、「あたいの夏休み」(シンセサイザーを担当)受賞歴[編集]
グラミー賞受賞者一覧を参照

グラミー賞:「迷信」
グラミー賞:『キー・オブ・ライフ』ほか

日本公演[編集]
1968年
タムラ・モータウン・フェスティバル・イン・東京 2月13日 渋谷公会堂
1975年
1月29日、30日 日本武道館、31日、2月3日 大阪厚生年金会館、2月1日 静岡駿府会館
1981年
3月31日,4月1日 日本武道館
1982年
10月28日 福岡国際センター、29日 愛知県体育館、31日、11月1日、2日 フェスティバルホール、4日、5日 日本武道館、6日 横浜文化体育館、8日 宮城県スポーツセンター、9日 郡山市総合体育館
1985年
10月23日、24日、25日 大阪城ホール、27日 福岡国際センター、29日、30日、31日 国立代々木競技場第一体育館、11月2日、3日 後楽園球場、5日 仙台市体育館、7日、8日 道立産業共進会場[注釈 1]
1988年
4月12日 福岡国際センター、13日 広島サンプラザ、15日、16日、17日 大阪城ホール、19日、20日 名古屋レインボーホール、21日 静岡草薙体育館、23日、24日 横浜スタジアム、25日、26日、27日 日本武道館、29日 仙台市体育館
1990年
12月13日、15日、16日 大阪城ホール、19日 名古屋レインボーホール、23日、24日 東京ドーム
1995年
2月21日、22日 日本武道館、24日、25日、26日 横浜アリーナ、3月1日、2日 大阪城ホール、9月4日、5日 マリンメッセ福岡
1996年
9月15日 横浜アリーナ、18日、19日、20日 日本武道館、21日 横田基地、23日 マリンメッセ福岡、24日 大阪城ホール、25日 名古屋レインボーホール、27日 石川産業展示館、29日 岩手産業文化センター
1999年
8月27日、28日 東京国際フォーラムホールA
2003年〜2004年
12月27日、28日 さいたまスーパーアリーナ、30日 マリンメッセ福岡
1月4日 名古屋レインボーホール、6日、7日 大阪城ホール
2007年
2月17日、18日 さいたまスーパーアリーナ、20日 名古屋レインボーホール、24日 宮城県総合運動公園総合体育館、27日、28日 大阪市中央体育館
2010年 サマーソニック2010
8月7日 大阪・舞洲アリーナ、8月8日 千葉マリンスタジアム脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ この折り、札幌護国神社で宮司と記念撮影したものが、札幌市手稲のぎんれい写真館と札幌護国神社に残っている。

出典[編集]

^ a b c d e Huey, Steve. Stevie Wonder | Biography & History – オールミュージック. 2020年11月18日閲覧。

^ Snapes, Laura (2019年7月8日). “Stevie Wonder to undergo kidney transplant”. The Guardian. Guardian Media Group. 2020年11月18日閲覧。

^ Smith, Giles (1995年3月5日). “The Enduring Otherworldliness of Stevie Wonder”. The New Yorker. 2020年11月18日閲覧。

^ Lewis, John (2010年6月17日). “Stevie Wonder: jammin’ with the jazz set”. The Guardian (Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/music/2010/jun/17/stevie-wonder-jammin-jazz-set 2020年11月18日閲覧。 

^ Keens, Oliver (2016年6月29日). “The best Stevie Wonder songs”. Time Out. 2020年11月18日閲覧。

^ “Soul legend Stevie Wonder remembered”. Daily News Egypt (2020年5月18日). 2020年11月18日閲覧。

^ Marian Tuin (2010年4月23日). “Music 101: Who has won the most grammys?”. Examiner.com. 2010年4月27日閲覧。

^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Stevie Wonder”. 2013年5月26日閲覧。

^ “Rocklist.net…Q Magazine Lists..”. Q – 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。

^ “Berry Gordy – Motown’s Hit-Making Songwriter”. Motown Museum Home of Hitsville U.S.A.. 2020年11月18日閲覧。

^ Bob Gulla (2008). Icons of R&B and Soul. Greenwood Publishing Group. p. 313.

^ a b Williams 2002, p. 30.

^ A Place in the Sun 2021年12月3日閲覧

^ Huey, Steve. “Stevie Wonder | Biography & History”. AllMusic. 2021年2月24日閲覧。

^ “Stevie Wonder Biography – Chapter 9” (英語). steviewonder.org.uk. 2016年10月10日閲覧。

^ “You Have’t Done Nothin’: full Official Chart History”. Officialcharts.com. 2021年11月8日閲覧。

^ “スティービー・ワンダー、国連平和大使に任命” (Japanese). CNN (2009年12月4日). 2009年12月4日閲覧。

^ ビルボードジャパン

^ a b “スティービー・ワンダー離婚、養育費月300万円”. 日刊スポーツ (2015年10月8日). 2015年10月9日閲覧。

参考文献[編集]
Williams, Tenley (2002). Overcoming Adversity- Stevie Wonder. Chelsea House. .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 0-7910-5903-0 
Perone, James E.. The sound of Stevie Wonder: his words and music. https://books.google.nl/books?id=HISHiLVxVnIC&lpg=PP1&dq=The+sound+of+Stevie+Wonder:+his+words+and+music&pg=PP1&hl=ja#v=onepage&q&f=false 関連項目[編集]
モータウン
ダイアナ・ロス
マーヴィン・ゲイ
テンプテーションズ
フォー・トップス
コモドアーズ
著名なベジタリアンの一覧外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、スティーヴィー・ワンダーに関連するメディアがあります。ユニバーサル:Stevie Wonder
Universal Motown Records Group : Stevie Wonder Official Site
Stevie Wonder fan Site表話編歴スティーヴィー・ワンダースタジオ・アルバム
ジャズ・ソウル〜スティーヴィー・ワンダー・ファースト・アルバム – レイ・チャールズに捧ぐ – わが心に歌えば – アット・ザ・ビーチ – アップタイト – 太陽のあたる場所 – 愛するあの娘に – 想い出のクリスマス – アルフィー/イーヴェッツ・レッドナウ – フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ – マイ・シェリー・アモール – 涙をとどけて – 青春の軌跡 – 心の詞 – トーキング・ブック – インナーヴィジョンズ – ファースト・フィナーレ – キー・オブ・ライフ – ホッター・ザン・ジュライ – イン・スクエア・サークル- キャラクターズ – カンバセーション・ピース – タイム・トゥ・ラヴ

ライブ・アルバム
12歳の天才 – スティーヴィー・オン・ステージ – Live at the Talk of the Town – ナチュラル・ワンダー

サウンド・トラック
シークレット・ライフ – ウーマン・イン・レッド – ジャングル・フィーバー

ベスト・アルバム
グレイテスト・ヒッツ – グレイテスト・ヒッツ VOL. 2 – ミュージックエイリアム- スティーヴィー・ワンダー・グレイテスト・ヒッツ – フィール・ザ・ファィア~スティーヴィー・ワンダー・バラード・コレクション – ベスト・コレクション- Stevie Wonder: The Christmas Collection – スティーヴィー・ワンダー・ナンバー・ワンズ

ボックス・セット
アット・ザ・クローズ・オブ・ア・センチュリー

主な楽曲
フィンガーティップス – マイ・シェリー・アモール – 涙をとどけて – 恋を抱きしめよう – 迷信 – サンシャイン – 汚れた街 – くよくよするなよ! – いつわり – 悪夢 – 回想 – 愛するデューク – ハッピー・バースデイ – エボニー・アンド・アイボリー – 心の愛 – パートタイム・ラヴァー – オーヴァージョイド

関連項目
作品 – モータウン – クラビネット – タウラス・プロダクション

関連人物
シリータ・ライト – アイシャ・モーリス – マイケル・ジャクソン – ポール・マッカートニー – ディオンヌ・ワーウィック – エルトン・ジョン

表話編歴USAフォー・アフリカメンバー
ジェームス・イングラム – シーラ・E – ダン・エイクロイド – ジェフリー・オズボーン – キム・カーンズ – ボブ・ゲルドフ – ポール・サイモン – ウェイロン・ジェニングス – ジャッキー・ジャクソン – ティト・ジャクソン – マーロン・ジャクソン – マイケル・ジャクソン – ラトーヤ・ジャクソン – ランディ・ジャクソン – アル・ジャロウ – ビリー・ジョエル – クインシー・ジョーンズ – ブルース・スプリングスティーン – ティナ・ターナー – ダリル・ホール&ジョン・オーツ – レイ・チャールズ – ボブ・ディラン – ウィリー・ネルソン – リンジー・バッキンガム – ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース – ハリー・ベラフォンテ – スティーヴ・ペリー – ポインター・シスターズ – ベット・ミドラー – ライオネル・リッチー – シンディ・ローパー – ケニー・ロギンス – ケニー・ロジャース – ダイアナ・ロス – スモーキー・ロビンソン – ディオンヌ・ワーウィック – スティーヴィー・ワンダー

シングル
ウィ・アー・ザ・ワールド

アルバム
ウィ・アー・ザ・ワールド

ビデオ
ウィ・アー・ザ・ワールド:ザ・ビデオ・イベント – ウィ・アー・ザ・ワールド – ウィ・アー・ザ・ワールド~ザ・ストーリー・ビハインド・ザ・ソング

関連項目
バンド・エイド – ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?

表話編歴ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー1990年代
1991 デヴィッド・クロスビー
1992 ボニー・レイット
1993 ナタリー・コール
1994 グロリア・エステファン
1995 トニー・ベネット
1996 クインシー・ジョーンズ
1997 フィル・コリンズ
1998 ルチアーノ・パヴァロッティ
1999 スティーヴィー・ワンダー2000年代
2000 エルトン・ジョン
2001 ポール・サイモン
2002 ビリー・ジョエル
2003 ボノ
2004 スティング
2005 ブライアン・ウィルソン
2006 ジェームス・テイラー
2007 ドン・ヘンリー
2008 アレサ・フランクリン
2009 ニール・ダイアモンド2010年代
2010 ニール・ヤング
2011 バーブラ・ストライサンド
2012 ポール・マッカートニー
2013 ブルース・スプリングスティーン
2014 キャロル・キング
2015 ボブ・ディラン
2016 ライオネル・リッチー
2017 トム・ペティ
2018 フリートウッド・マック
2019 ドリー・パートン2020年代
2020 エアロスミス
表話編歴アカデミー歌曲賞1934–1940
「コンチネンタル(英語版)」
作曲: コン・コンラッド(英語版)
作詞: ハーブ・マジッドソン(英語版)(1934)
「ブロードウェイの子守歌」
作曲: ハリー・ウォーレン(英語版)
作詞: アル・デュビン(英語版)(1935)
「今宵の君は」
作曲: ジェローム・カーン
作詞: ドロシー・フィールズ(英語版)(1936)
「麗しのレイラニ」
作曲・作詞: ハリー・オーウェンス(英語版)(1937)
「思い出によみがえる(英語版)」
作曲: ラルフ・レインジャー(英語版)
作詞: レオ・ロビン(英語版)(1938)
「虹の彼方に」
作曲: ハロルド・アーレン
作詞: E・Y・ハーバーグ(1939)
「星に願いを」
作曲: リー・ハーライン
作詞: ネッド・ワシントン(英語版)(1940)1941–1950

「思い出のパリ(英語版)」
作曲: ジェローム・カーン
作詞: オスカー・ハマースタイン2世(1941)
「ホワイト・クリスマス」
作曲・作詞: アーヴィング・バーリン(1942)
「知らないでしょう(英語版)」
作曲: ハリー・ウォーレン(英語版)
作詞: マック・ゴードン(英語版)(1943)
「星にスイング(英語版)」
作曲: ジミー・ヴァン・ヒューゼン
作詞: ジョニー・バーク(英語版)(1944)
「春の如く(英語版)」
作曲: リチャード・ロジャース
作詞: オスカー・ハマースタイン2世(1945)
「サンタフェ鉄道(英語版)」
作曲: ハリー・ウォーレン(英語版)
作詞: ジョニー・マーサー(1946)
「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」
作曲: アリー・リューベル(英語版)
作詞: レイ・ギルバート(英語版)(1947)
「ボタンとリボン(英語版)」
作曲: ジェイ・リビングストン
作詞: レイ・エバンズ(1948)
「ベイビー、イッツ・コールド・アウトサイド」
作曲・作詞: フランク・レッサー(1949)
「モナ・リザ(英語版)」
作曲・作詞: レイ・エバンズ&ジェイ・リビングストン(1950)
1951–1960
「冷たき宵に(英語版)」
作曲: ホーギー・カーマイケル
作詞: ジョニー・マーサー(1951)
“High Noon (Do Not Forsake Me, Oh My Darlin’)”
作曲: ディミトリ・ティオムキン
作詞: ネッド・ワシントン(英語版)(1952)
「秘めたる恋(英語版)」
作曲: サミー・フェイン
作詞: ポール・フランシス・ウェブスター(英語版)(1953)
「泉の中の三つの銀貨(英語版)」
作曲: ジューリー・スタイン
作詞: サミー・カーン(1954)
「慕情(英語版)」
作曲: サミー・フェイン
作詞: ポール・フランシス・ウェブスター(英語版)(1955)
「ケセラセラ」
作曲・作詞: ジェイ・リビングストン&レイ・エバンズ(1956)
「オール・ザ・ウェイ(英語版)」
作曲: ジミー・ヴァン・ヒューゼン
作詞: サミー・カーン(1957)
「いとしのジジ(英語版)」
作曲: フレデリック・ロウ(英語版)
作詞: アラン・ジェイ・ラーナー(1958)
「望みを高く(英語版)」
作曲: ジミー・ヴァン・ヒューゼン
作詞: サミー・カーン(1959)
「日曜はダメよ(英語版)」
作曲・作詞: マノス・ハジダキス(1960)1961–1970

「ムーン・リバー」
作曲: ヘンリー・マンシーニ
作詞: ジョニー・マーサー(1961)
「酒とバラの日々」
作曲: ヘンリー・マンシーニ
作詞: ジョニー・マーサー(1962)
“Call Me Irresponsible”
作曲: ジミー・ヴァン・ヒューゼン
作詞: サミー・カーン(1963)
「チム・チム・チェリー」
作曲・作詞: リチャード・M・シャーマン&ロバート・B・シャーマン(1964)
「シャドウ・オブ・ユア・スマイル」
作曲: ジョニー・マンデル
作詞: ポール・フランシス・ウェブスター(英語版)(1965)
「野性のエルザ(英語版)」
作曲: ジョン・バリー
作詞: ドン・ブラック(英語版)(1966)
「動物とおしゃべり(英語版)」
作曲・作詞: レスリー・ブリッカス(英語版)(1967)
「風のささやき(英語版)」
作曲: ミシェル・ルグラン
作詞: アラン・バーグマン&マリリン・バーグマン(英語版)(1968)
「雨にぬれても」
作曲: バート・バカラック
作詞: ハル・デヴィッド(1969)
「ふたりの誓い」
作曲: フレッド・カーリン(英語版)
作詞: ロブ・ロイヤー(英語版)&ジェイムス・グリフィン(1970)
1971–1980
「黒いジャガーのテーマ」
作曲・作詞: アイザック・ヘイズ(1971)
「モーニング・アフター(英語版)」
作曲・作詞: アル・カシャ(英語版)&ジョエル・ハーシュホーン(英語版)(1972)
「追憶」
作曲: マーヴィン・ハムリッシュ
作詞: アラン・バーグマン&マリリン・バーグマン(英語版)(1973)
「タワーリング・インフェルノ/愛のテーマ(英語版)」
作曲・作詞: アル・カシャ(英語版)&ジョエル・ハーシュホーン(英語版)(1974)
「アイム・イージー(英語版)」
作曲・作詞: キース・キャラダイン(1975)
「スター誕生の愛のテーマ」
作曲: バーブラ・ストライサンド
作詞: ポール・ウィリアムズ(1976)
「恋するデビー」
作曲・作詞: ジョセフ・ブルックス(英語版)(1977)
「ラスト・ダンス(英語版)」
作曲・作詞: ポール・ジャバラ(英語版)(1978)
「流れのままに」
作曲: デヴィッド・シャイア
作詞: ノーマン・ギンベル(英語版)(1979)
「フェーム(英語版)」
作曲: マイケル・ゴア
作詞: ディーン・ピッチフォード(英語版)(1980)1981–1990

「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」
作曲・作詞: バート・バカラック&キャロル・ベイヤー・セイガー&クリストファー・クロス&ピーター・アレン(1981)
「愛と青春の旅だち(英語版)」
作曲: ジャック・ニッチェ&バフィ・セント=マリー(英語版)
作詞: ウィル・ジェニングス(英語版)(1982)
「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」
作曲: ジョルジオ・モロダー
作詞: キース・フォーシー(英語版)&アイリーン・キャラ(1983)
「心の愛」
作曲・作詞: スティーヴィー・ワンダー(1984)
「セイ・ユー、セイ・ミー」
作曲・作詞: ライオネル・リッチー(1985)
「愛は吐息のように(英語版)」
作曲: ジョルジオ・モロダー
作詞: トム・ウィットロック(英語版)(1986)
「タイム・オブ・マイ・ライフ(英語版)」
作曲: フランク・プリヴァイト(英語版)&ジョン・デニコラ(英語版)&ドナルド・マーコウィッツ
作詞: フランク・プリヴァイト(英語版)(1987)
「レット・ザ・リヴァー・ラン(英語版)」
作曲・作詞: カーリー・サイモン(1988)
「アンダー・ザ・シー」
作曲: アラン・メンケン
作詞: ハワード・アッシュマン(1989)
「スーナー・オア・レイター(英語版)」
作曲・作詞: スティーヴン・ソンドハイム(1990)
1991–2000
「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」
作曲: アラン・メンケン
作詞: ハワード・アッシュマン(1991)
「ホール・ニュー・ワールド」
作曲: アラン・メンケン
作詞: ティム・ライス(1992)
「ストリーツ・オブ・フィラデルフィア」
作曲・作詞: ブルース・スプリングスティーン(1993)
「愛を感じて」
作曲: エルトン・ジョン
作詞: ティム・ライス(1994)
「カラー・オブ・ザ・ウィンド(英語版)」
作曲: アラン・メンケン
作詞: スティーヴン・シュワルツ(英語版)(1995)
「ユー・マスト・ラヴ・ミー」
作曲: アンドルー・ロイド・ウェバー
作詞: ティム・ライス(1996)
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」
作曲: ジェームズ・ホーナー
作詞: ウィル・ジェニングス(英語版)(1997)
「ホエン・ユー・ビリーヴ」
作曲・作詞: スティーヴン・シュワルツ(英語版)(1998)
「ユール・ビー・イン・マイ・ハート(英語版)」
作曲・作詞: フィル・コリンズ(1999)
「シングス・ハヴ・チェンジド」
作曲・作詞: ボブ・ディラン(2000)2001–2010

「君がいないと」
作曲・作詞: ランディ・ニューマン(2001)
「ルーズ・ユアセルフ」
作曲: エミネム&ジェフ・バス(英語版)&ルイス・レスト(英語版)
作詞: エミネム(2002)
「イントゥー・ザ・ウエスト」
作曲・作詞: フラン・ウォルシュ&ハワード・ショア&アニー・レノックス(2003)
「河を渡って木立の中へ(英語版)」
作曲・作詞: ホルヘ・ドレクスレル(2004)
「イッツ・ハード・アウト・ヒア・フォア・ア・ピンプ(英語版)」
作曲・作詞: ジョーダン・ヒューストン&セドリック・コールマン(英語版)&ポール・ボーリガード(英語版)(2005)
「アイ・ニード・トゥ・ウェイク・アップ」
作曲・作詞: メリッサ・エスリッジ(英語版)(2006)
「フォーリング・スローリー(英語版)」
作曲・作詞: グレン・ハンサード(英語版)&マルケタ・イルグロヴァ(英語版)(2007)
「ジャイ・ホー(英語版)」
作曲: A・R・ラフマーン
作詞: ガルザー(英語版)(2008)
「ザ・ウイーリ・カインド(英語版)
作曲・作詞: ライアン・ビンガム(英語版)&T・ボーン・バーネット(2009)
「僕らはひとつ(英語版)」
作曲・作詞: ランディ・ニューマン(2010)
2011–2020
“Man or Muppet”
作曲・作詞: ブレット・マッケンジー(2011)
「スカイフォール」
作曲・作詞: アデル・アドキンス&ポール・エプワース(英語版)(2012)
「レット・イット・ゴー」
作曲・作詞: クリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス(2013)
「グローリー」
作曲・作詞: ジョン・ステファンズ&ロニー・リン(2014)
「ライティングズ・オン・ザ・ウォール」
作曲・作詞: ジミー・ネピア(英語版)&サム・スミス(2015)
「シティ・オブ・スターズ」
作曲: ジャスティン・ハーウィッツ
作詞: ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール(2016)
「リメンバー・ミー」
作曲・作詞: クリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス(2017)
「シャロウ 〜『アリー/ スター誕生』 愛のうた」
作詞・作曲: レディー・ガガ&マーク・ロンソン&アンソニー・ロッソマンド(英語版)&アンソニー・ワイアット(英語版)(2018)
「(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン」
作曲: エルトン・ジョン
作詞: バーニー・トーピン(2019)
“Fight for You”
作曲: H.E.R.&ダーンスト・エミール2世(英語版)
作詞: H.E.R.&ティアラ・トーマス(英語版)(2020)2021–現在
「ノー・タイム・トゥ・ダイ」
作詞・作曲: ビリー・アイリッシュ&フィニアス・オコネル(2021)
表話編歴ウルフ賞芸術部門受賞者建築
ラルフ・アースキン(1983/4)
槇文彦 / ジャンカルロ・デ・カルロ(1988)
フランク・ゲーリー / ヨーン・ウツソン / デニス・ラスダン(1992)
フライ・オットー / アルド・ファン・アイク(1996/7)
アルヴァロ・シザ(2001)
ジャン・ヌーヴェル(2005)
デイヴィッド・チッパーフィールド / ピーター・アイゼンマン(2010)
エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ(2013)
フィリス・ランバート(2016)
モシェ・サフディ(2019)
エリザベス・ディラー / 貝島桃代 / 塚本由晴(2022)音楽
ウラディミール・ホロヴィッツ / オリヴィエ・メシアン / ヨセフ・タル(1982)
アイザック・スターン / クシシュトフ・ペンデレツキ(1987)
ユーディ・メニューイン / ルチアーノ・ベリオ(1991)
ズービン・メータ / リゲティ・ジェルジュ(1995/6)
ピエール・ブーレーズ / リッカルド・ムーティ(2000)
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ / ダニエル・バレンボイム(2004)
ギヤ・カンチェリ / クラウディオ・アバド(2008)
プラシド・ドミンゴ / サイモン・ラトル(2012)
ジェシー・ノーマン / マレイ・ペライア(2015)
ポール・マッカートニー / アダム・フィッシャー(2018)
スティーヴィー・ワンダー / オルガ・ノイヴィルト(2021)絵画
マルク・シャガール / アントニ・タピエス (1981)
ジャスパー・ジョーンズ (1986)
アンゼルム・キーファー (1990)
ゲルハルト・リヒター (1994/5)
ルイーズ・ブルジョワ (2002/3)
ミケランジェロ・ピストレット (2006/7)
ローズマリー・トロッケル (2011)
シンディ・シャーマン (2020)彫刻
エドゥアルド・チリーダ(1984/5)
クレス・オルデンバーグ(1989)
ブルース・ナウマン(1993)
ジェームズ・タレル(1998)
ルイーズ・ブルジョワ(2002/3)
ミケランジェロ・ピストレット(2006/7)
オラファー・エリアソン(2014)
ローリー・アンダーソン / ローレンス・ウェイナー(2017)
典拠管理
BIBSYS: 99058129
BNE: XX988927
BNF: cb139012734 (データ)
CINII: DA02422374
DTBIO: 118771280
FAST: 4253
GND: 118771280
ISNI: 0000 0001 0867 5094
J9U: 987007313855505171
LCCN: n50013801
LNB: 000007059
MBA: 1ee18fb3-18a6-4c7f-8ba0-bc41cdd0462e, 85db5120-7b1d-4b18-be06-630840398fbc, 3fb67500-87e2-449b-a995-c74dc8f9319c
NDL: 00461361
NKC: xx0023589
NLA: 35580130
NLK: KAC2018N2734
NSK: 000065929
NTA: 070118302
PLWABN: 9810543992405606
SNAC: w6pv6v42
SUDOC: 027524892
Trove: 1002619
VIAF: 109145970289132252107
WorldCat Identities: lccn-n50013801

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スティーヴィー・ワンダー&oldid=91067757」から取得
カテゴリ: スティーヴィー・ワンダーアフリカ系アメリカ人のミュージシャンアメリカ合衆国のポップ歌手アメリカ合衆国のピアニストアメリカ合衆国の音楽プロデューサーアメリカ合衆国のR&B歌手ハーモニカ奏者モータウンのアーティストロックの殿堂入りの人物アカデミー賞受賞者グラミー賞受賞者ウルフ賞芸術部門受賞者ミシガン州サギノー出身の人物ミシガン州のミュージシャン視覚障害を持つ人物アメリカ合衆国のシンガーソングライターファンクUSAフォー・アフリカサマーソニック出演者1950年生存命人物隠しカテゴリ: BIBSYS識別子が指定されている記事BNE識別子が指定されている記事BNF識別子が指定されている記事CINII識別子が指定されている記事DTBIO識別子が指定されている記事FAST識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事LNB識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事NLA識別子が指定されている記事NLK識別子が指定されている記事NSK識別子が指定されている記事NTA識別子が指定されている記事PLWABN識別子が指定されている記事SNAC-ID識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事Trove識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 36 18
再生回数: 3654
[spincontent type=”j”]

USA For Africa – We Are The World (HQ official Video) Youtube

Titre : We Are The World
Interprète : USA For Africa
Année : 1985
Auteurs compositeurs : Lionel Richie, Michael Jackson
Durée : 7 m 06 s
Label : Columbia Records

2. we are the world usa for africa Yomiuri

Yomiuri
we are the world usa for africa

説明: we are the world usa for africa に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 we are the world usa for africa は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8592
[spincontent type=”j”]

3. we are the world usa for africa Asahi Shimbun

朝日新聞
we are the world usa for africa

説明: 朝日新聞で検索した we are the world usa for africa に関する上記の情報が、we are the world usa for africa に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4825
[spincontent type=”j”]

4. we are the world usa for africa The Japan Times

The Japan Times
we are the world usa for africa

説明: ジャパン タイムズで検索した we are the world usa for africa に関する記事のトップです。we are the world usa for africa に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 10 59
[spincontent type=”j”]

5. we are the world usa for africa Yomiuri Shimbun

読売新聞
we are the world usa for africa

説明: we are the world usa for africa に関する詳細情報はすでにありますか? we are the world usa for africa という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5970
[spincontent type=”j”]

6. we are the world usa for africa Mainichi Shimbun

毎日新聞
we are the world usa for africa

説明: 毎日新聞で見つけた we are the world usa for africa に関する上記の情報が、we are the world usa for africa に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 67 10
[spincontent type=”j”]

7. we are the world usa for africa Sankei Shimbun

産経新聞
we are the world usa for africa

説明: 産経新聞で検索した we are the world usa for africa に関する記事のトップです。we are the world usa for africa に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6733
[spincontent type=”j”]

8. we are the world usa for africa Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
we are the world usa for africa

説明: we are the world usa for africa に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 we are the world usa for africa は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8298
[spincontent type=”j”]

9. we are the world usa for africa Chunichi Shimbun

中日新聞
we are the world usa for africa

説明: 中日新聞で検索した we are the world usa for africa に関する上記の情報が、we are the world usa for africa に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4878
[spincontent type=”j”]

10. we are the world usa for africa Tokyo Shimbun

東京新聞
we are the world usa for africa

説明: we are the world usa for africa に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した we are the world usa for africa に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2365
[spincontent type=”j”]

11. we are the world usa for africa Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
we are the world usa for africa

説明: we are the world usa for africa に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 we are the world usa for africa は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2940
[spincontent type=”j”]

12. we are the world usa for africa Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
we are the world usa for africa

説明: 日刊工業新聞で見つけた we are the world usa for africa に関する上記の情報が、we are the world usa for africa に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3749
[spincontent type=”j”]

13. we are the world usa for africa Ainu Times

アイヌタイムス
we are the world usa for africa

説明: アイヌ タイムズで検索した we are the world usa for africa に関する記事のトップです。we are the world usa for africa に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 80 05
[spincontent type=”j”]

14. we are the world usa for africa Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
we are the world usa for africa

説明: we are the world usa for africa に関する詳細情報はすでにありますか? we are the world usa for africa という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4871
[spincontent type=”j”]

15. we are the world usa for africa Chiba Nippo

千葉日報
we are the world usa for africa

説明: 千葉日報で検索した we are the world usa for africa に関する上記の情報が、we are the world usa for africa に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8231
[spincontent type=”j”]

16. we are the world usa for africa Chugoku Shimbun

中国新聞
we are the world usa for africa

説明: 中国新聞で検索した we are the world usa for africa に関する記事のトップです。we are the world usa for africa に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4375
[spincontent type=”j”]

17. we are the world usa for africa Daily Tohoku

デイリー東北
we are the world usa for africa

説明: we are the world usa for africa に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 we are the world usa for africa はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6801
[spincontent type=”j”]

18. we are the world usa for africa The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
we are the world usa for africa

説明: イースタン クロニクルで検索した we are the world usa for africa に関する上記の情報が、we are the world usa for africa に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2771
[spincontent type=”j”]

we are the world usa for africa に関する質問

we are the world usa for africa についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 we are the world usa for africa は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 we are the world usa for africa が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード we are the world usa for africa

we are the world usa for africa
方法we are the world usa for africa
チュートリアル we are the world usa for africa
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: