あなたは twice i can t stop me サナ について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 twice i can t stop me サナ を共有します。 twice i can t stop me サナ に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

twice i can t stop me サナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この項目では色を扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。TWICE
左から、ツウィ、ナヨン、ジヒョ、ダヒョン、モモ、サナ、ジョンヨン、ミナ、チェヨン(2022年)基本情報出身地
 大韓民国 ソウル特別市ジャンル
.mw-parser-output .hlist ul,.mw-parser-output .hlist olpadding-left:0.mw-parser-output .hlist li,.mw-parser-output .hlist dd,.mw-parser-output .hlist dtmargin-right:0;display:inline-block;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dt:after,.mw-parser-output .hlist dd:after,.mw-parser-output .hlist li:afterwhite-space:normal.mw-parser-output .hlist li:after,.mw-parser-output .hlist dd:aftercontent:” · “;font-weight:bold.mw-parser-output .hlist dt:aftercontent:”: “.mw-parser-output .hlist-pipe dd:after,.mw-parser-output .hlist-pipe li:after “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-hyphen dd:after,.mw-parser-output .hlist-hyphen li:aftercontent:” – “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-comma dd:after,.mw-parser-output .hlist-comma li:aftercontent:”、 “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-slash dd:after,.mw-parser-output .hlist-slash li:aftercontent:” / “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li:last-child:aftercontent:none.mw-parser-output .hlist dd dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li li:first-child:beforecontent:” (“;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li li:last-child:aftercontent:”) “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist olcounter-reset:listitem.mw-parser-output .hlist ol>licounter-increment:listitem.mw-parser-output .hlist ol>li:beforecontent:” “counter(listitem)” “;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dd ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li ol>li:first-child:beforecontent:” (“counter(listitem)” “K-POP[1]ダンス・ポップ[1]J-POP[2]活動期間
2015年 -レーベル

JYP Entertainment
Warner Music Japan
Republic Records事務所
JYPエンターテインメント共同作業者
パク・ジニョン公式サイト

韓国公式サイト
日本公式サイトメンバー

ナヨン
ジョンヨン
モモ
サナ
ジヒョ
ミナ
ダヒョン
チェヨン
ツウィTWICE
各種表記ハングル:
트와이스発音:
トゥワイス日本語読み:
トゥワイス英語表記:
TWICEテンプレートを表示TWICE(トゥワイス[3]、朝: 트와이스)は、韓国の9人組多国籍ガールズグループである[4]。JYPエンターテインメント所属。Mnetのサバイバルオーディション番組『SIXTEEN』にて選抜された韓国人5人、日本人3人、台湾人1人で結成された[5]。

概要
JYPエンターテインメントよりmiss A以来5年ぶりのガールズグループとして、2015年10月20日にミニアルバム『THE STORY BEGINS』から「OOH-AHH하게 (Like OOH-AHH)」でデビュー[6]。
グループ名「TWICE」とは、英語で「二回」や「二度」を表しており、『いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる』という意味が込められている[7]。グループカラーはアプリコットとネオンマゼンタ[8]。
公式ファンクラブ名は「ONCE」(ワンス、朝: 원스)。『一度貰った愛を二倍にして返す』という想いに由来している[9]。また、キャッチフレーズである「ONE IN A MILLION」には、『百万に一つのグループ』という意味が込められている[10]。
2016年発売の楽曲「CHEER UP」が大ヒットし[11]、ゴールデンディスク賞大賞やMnet Asian Music Awardsの今年の歌賞など多くの音楽賞を受賞[12][13][14]。その後2017年と2018年にもそれぞれ、「SIGNAL」と「What is Love?」で今年の歌賞を獲得し、3年連続受賞の快挙を果たした[15][16]。
2019年には、世界16都市25公演のワールドツアー「TWICE WORLD TOUR 2019 ‘TWICELIGHTS’」を成功させた[17][18]。さらに、同年発売の8thミニアルバム『Feel Special』がリリース初週で販売枚数約15万4000枚を達成し、ガールズグループ史上歴代最高の販売枚数を記録した[19]。
日本では、ワーナーミュージック・ジャパンから、2017年6月28日にベストアルバム『#TWICE』でデビュー[20]。以降、日本で発売した10作品連続で日本レコード協会によるプラチナ認定を受けている[21]。2018年、日本3rdシングル「Wake Me Up」で第60回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞した[22]。
2022年3月現在、YOUTUBEにおいて16本すべてのタイトル曲が1億回超えの再生回数となっており、英語シングル「The feels」、日本語曲の「TT Japanese Ver.」「Candy Pop」「Breakthrough」も合わせると計20曲が1億回再生を超えている。これは全世界のガールズグループの中で再生回数1億回を突破したミュージックビデオ本数の最高記録である。[23]また、「Like OOH-AHH」「CHEER UP」「TT」「LIKEY」「What is Love?」「Heart Shaker」「FANCY」「Feel Special」「YES or YES」「I CAN’T STOP ME」「Dance The Night Away」「MORE&MORE」「SIGNAL」「KNOCK KNOCK」の14曲が3億回再生を記録しており、これも全世界のガールズグループの中で最多記録である。[24]
来歴
韓国
2015年 2015年10月20日 デビューショーケース
5月5日、韓国の音楽専門チャンネルMnetが、JYPエンターテインメント(以下JYPE)の新ガールズグループ「TWICE」のメンバーを選抜するサバイバルオーディション番組『SIXTEEN』の放送を開始[25]。同番組は、Mnetを運営するCJ ENMと制作会社KOEN MEDIAが、JYPEと共同で企画。JYPE所属の女性練習生16名が参加し、JYPE代表で音楽プロデューサーのパク・ジニョンが審査員を担当した。
約2ヵ月に渡るオーディションの末、7月7日放送の最終回にて、ナヨン、ジョンヨン、サナ、ジヒョ、ミナ、ダヒョン、チェヨンが最終選考合格、モモとツウィが追加合格を果たし、9名のデビューメンバーが決定した[5]。
10月20日、1stミニアルバム『THE STORY BEGINS』をリリースし、デビュー[26]。同日、ソウル市内でタイトル曲「OOH-AHH하게(Like OOH-AHH)」のデビューショーケースを開催[27]。
12月2日、デビューから僅か44日で、第17回Mnet Asian Music Awardsの女性新人賞を受賞[28]。

2016年 2016年5月7日 ゲリラコンサート
1月21日、昨年の新人女性歌手のアルバム売上枚数で1位を記録し、第30回ゴールデンディスク賞のアルバム部門で新人賞を受賞[29]。
4月25日、2ndミニアルバム『PAGE TWO』をリリース。タイトル曲「CHEER UP」は、5月5日に『M COUNTDOWN』の放送で、初の音楽番組1位を獲得[30]。その後、『ミュージックバンク』、『SBS人気歌謡』でも1位を獲得し、音楽番組11冠を達成[31]。ガオンチャート年間ランキングのデジタル総合チャートとストリーミングチャートでも1位を記録し、2016年最高のヒット曲となった[32]。
10月24日、3rdミニアルバム『TWICEcoaster : LANE 1』をリリース。タイトル曲「TT」が、前作「CHEER UP」を越える音楽番組13冠を達成[33]。同アルバムは、日本デビュー前にもかかわらず、日本のオリコン週間アルバムランキングで10位にランクインした[34]。
11月19日、第8回Melon Music Awardsにて、楽曲「CHEER UP」で大賞の一つであるベストソング賞を受賞[35]。12月3日には、第18回Mnet Asian Music Awardsにて、大賞の一つである今年の歌賞を受賞[13]。

2017年 2017年1月13日 第31回ゴールデンディスク賞
1月13日、第31回ゴールデンディスク賞のデジタル音源部門で大賞を受賞[14]。
2月17日から6月18日にかけて、アジア3都市で初の単独ツアー「1ST TOUR TWICELAND -The Opening-」を開催[36]。
2月20日、3rdミニアルバム『TWICEcoaster : LANE 1』のリパッケージアルバムとして、1stスペシャルアルバム『TWICEcoaster : LANE 2』をリリース。
5月15日、4thミニアルバム『SIGNAL』をリリース。
10月30日、1stフルアルバム『Twicetagram』をリリース[37]。12月11日には、同アルバムのリパッケージアルバム『Merry&Happy』をリリース[38]。
11月29日、第19回Mnet Asian Music Awardsにて、楽曲「SIGNAL」で今年の歌賞を二年連続受賞[39]。

2018年 2018年7月17日 KBSオープンコンサート4月9日、5thミニアルバム『What is Love?』をリリース[40]。
5月18日から8月25日にかけて、アジア6都市で単独ツアー「TWICE 2ND TOUR ‘TWICELAND ZONE 2 : Fantasy Park’」を開催。
6月15日、ジャクソン5の楽曲「I Want You Back」のカバーをデジタルリリース。
7月9日、5thミニアルバム『What is Love?』のリパッケージアルバムとして、2ndスペシャルアルバム『Summer Nights』をリリース[41]。
11月5日、6thミニアルバム『YES or YES』をリリース[42]。12月12日にはリパッケージアルバムとして3rdスペシャルアルバム『The year of “Yes”』をリリース。
12月14日、第20回Mnet Asian Music Awardsにて、楽曲「What is Love?」で今年の歌賞を三年連続受賞し[16]、合計では五冠を獲得。

2019年 2019年1月5日 第33回ゴールデンディスク賞
4月22日、7thミニアルバム『FANCY YOU』をリリース[43]。同アルバムの売り上げにより、韓国のガールズグループで最多となる合計アルバム売り上げ375万枚を記録[44]。
5月25日から翌年2月23日にかけて、世界16都市で初のワールドツアー「TWICE WORLD TOUR 2019 ‘TWICELIGHTS’」を開催。
9月23日、8thミニアルバム『Feel Special』をリリース。タイトル曲の「Feel Special」は、26日にビルボードワールドデジタルソングセールスで「Likey」以来自身2度目となる1位を獲得、更には初のCanadian Hot 100入りとなる82位を記録した[45]。10月1日には、同アルバムが発売初週に15万4000枚以上の売り上げを記録、これにより合計アルバム売り上げが750万枚に達した[19]。
11月26日、ベトナムのハノイで開催された第4回Asia Artist Awardsで大賞を受賞[46]。

2020年6月1日、9thミニアルバム『MORE & MORE』をリリース[47]。8月21日に、同アルバムのタイトル曲「MORE & MORE」の英語版となる1stデジタルシングル「MORE & MORE (English Ver.)」をリリース[48]。
8月9日、オンラインコンサート「Beyond LIVE – TWICE : World in A Day」を開催[49]。
10月26日、2ndフルアルバム『Eyes wide open』をリリース[50]。11月30日に、同アルバムのタイトル曲「I CAN’T STOP ME」の英語版となる2ndデジタルシングル「I CAN’T STOP ME (English Ver.)」をリリース[51]。
11月28日、第5回Asia Artist Awardsで今年の歌手賞を受賞[52]。
12月18日、3rdデジタルシングル『CRY FOR ME』をリリース[53]。

2021年 2021年6月15日 WIREDオートコンプリートインタビュー動画より
6月11日、10thミニアルバム『Taste of Love』をリリース[54]。
このミニアルバムは6月26日付の「ビルボード200」で6位を獲得し、歴代K-POPガールズグループが発売したミニアルバム史上最高の成績を打ち立てた。[55]9日にはタイトル曲「Alcohol-Free」の音源とミュージックビデオを先行公開した[56][57]。
10月1日、1st英語シングル『The Feels』をリリース[58]。
11月12日、3rdフルアルバム『Formula of Love: O+T=<3』をリリース[59]。ビルボードのメインチャートである「ビルボード200」で3位になり、8週連続でランクインした[55]。
12月25日、26日、ソウル特別市にてオリンピック公園 体操競技場でライブを開催。これを皮切りに世界7都市にて4度目のワールドツアー「TWICE 4TH WORLD TOUR ‘Ⅲ’」をスタートさせた[60]。なお、ソウル公演は当初3日間の予定であったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた韓国政府の防疫措置の強化により、24日は中止され25日、26日は予定通り開催された。

2022年 2022年2月15日 TWICE 4TH WORLD TOUR ‘Ⅲ’ ロサンゼルス公演
2月15日、「TWICE 4TH WORLD TOUR ‘Ⅲ’」のアメリカ公演をスタートさせた。16日にロサンゼルス、18日にオークランド、22日にダラス、24日にアトランタ、26日にニューヨークの、5都市5公演を開催する予定だったが、チケット販売開始と同時に全席完売を達成したため、15日のロサンゼルスと27日のニューヨークを追加し、全7公演で約10万人を動員した[55]。5月14日、15日、ロサンゼルスにてアンコール公演を開催[61]。
5月17日、メンバー9人それぞれが個人のInstagramアカウントを開設したことが発表された[62]。
6月24日、ナヨンがミニアルバム「IM NAYEON」でメンバー初のソロデビュー[63]。
7月12日、9人のメンバー全員が所属事務所JYPエンターテインメントと再契約を締結したことを発表[64]。
8月26日、11thミニアルバム『BETWEEN 1&2』をリリース[65]。

日本
2016年4月10日、幕張メッセで開催された「KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN」に出演。
9月2から4日まで、国立代々木競技場 第一体育館で開催された「2016 JYP nation concert ”MIX&MATCH” in japan」に出演。

2017年2月24日、日本限定の配信限定アルバム『WHAT’S TWICE?』をリリース。この年から日本での活動を本格化させる。
6月28日、日本1stベストアルバム『#TWICE』をリリースし、日本デビュー[20]。同アルバムはプラチナ認定を受けた[66]。7月2日、東京体育館にて日本初の単独公演「TWICE DEBUT SHOWCASE “Touchdown in JAPAN”」を開催。8月5日と6日には、幕張メッセとインテックス大阪にて「#TWICE」ハイタッチ会を開催。
10月18日、日本1stシングル「One More Time」をリリース[67]。30日付のオリコン週間シングルランキングで日本デビュー首位を獲得[68]。プラチナ認定を受け、日本でリリースした初のアルバムとシングルがすべてプラチナ認定された韓国初のアーティストとなった[69]。21日と28日には、幕張メッセにてと神戸国際展示場にて「One More Time」ハイタッチ会を開催[67]。
10月22日、青海P地区 特設ステージ(江東区)にて「めざましテレビ presents T-SPOOK ~TOKYO HALLOWEEN PARTY~」に出演[70]。
11月29日、横浜アリーナにて開催された「2017 MAMA in Japan」に出演。
12月22日、テレビ朝日系「MUSIC STATION SUPER LIVE 2017」に出演[71]。
12月20日、日本映像作品『TWICE DEBUT SHOWCASE “Touchdown in JAPAN”』を公開[72] 。
12月31日、第68回NHK紅白歌合戦に初出場[73]。

2018年1月19日から2月1日にかけて、全国6都市(瀬戸市文化センター・福岡サンパレス・上野学園ホール・グランキューブ大阪・NHKホール・大宮ソニックシティ)で、初の日本ツアー「TWICE SHOWCASE LIVE TOUR 2018 “Candy Pop”」を開催[74]。
2月7日、日本2ndシングル「Candy Pop」をリリース[75]。プラチナ認定を受けた[76]。3月31日に、幕張メッセにて「Candy Pop」ハイタッチ会を開催[77]。
2月27日、第32回日本ゴールドディスク大賞で、ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア)やアルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア)を含む計五冠を受賞[78]。
4月15日、幕張メッセにて開催された「KCON 2018 Japan × M COUNTDOWN」に出演。
5月16日、日本3rdシングル「Wake Me Up」をリリース[79]。ダブルプラチナ認定を受け[80]、12月30日には「日本レコード大賞」優秀作品賞を受賞した。6月9日と10日に、よみうりランドにて「Wake Me Up」ハイタッチ会を開催。
5月26日から6月3日まで、さいたまスーパーアリーナと大阪城ホールにて単独ツアー「TWICE 2ND TOUR ‘TWICELAND ZONE 2:Fantasy Park’ IN JAPAN」を開催。
9月1日、さいたまスーパーアリーナにて「マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション 2018 AUTUMN/WINTER」のメインアーティストとして出演[81]。
9月12日、日本1stアルバム『BDZ』をリリース[82]。10月20日に、幕張メッセにて「BDZ」ハイタッチ会を開催。
9月24日時点で、日本で343万8,971枚のアルバムを売り上げ、日本でもっとも売り上げているK-POPガールズグループとなった[注 1][83]。
9月29から10月17日にかけて、全国4都市(幕張イベントホール・日本ガイシホール・神戸ワールド記念ホール・武蔵野の森総合スポーツプラザ)で、初の日本アリーナツアー「TWICE 1st ARENA TOUR 2018 “BDZ”」を開催[84]。
12月11日、幕張メッセにて開催された「YouTube FanFest Music」に出演。翌日、さいたまスーパーアリーナにて開催された「2018 MAMA FAN’S CHOICE in JAPAN」に出演。
12月21日、テレビ朝日系「MUSIC STATION SUPERLIVE 2018」に出演[85]。
12月26日、日本1stアルバム『BDZ』のリパッケージアルバム『BDZ-Repackage-』をリリース。
12月30日、第60回日本レコード大賞にて、楽曲「Wake Me Up」で優秀作品賞を受賞[86]。
12月31日、第69回NHK紅白歌合戦に昨年に続き出場[87]。同日、TBS系列「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2018→2019」に出演[88]。

2019年3月6日、日本2ndベストアルバム『#TWICE2』をリリース[89]。3月24日に、インテックス大阪にて「#TWICE2」ハイタッチ会を開催。
3月31日、リーダーのジヒョがTBS系列「情熱大陸」に出演[90]。
3月20日から4月6日にかけて、全国3都市(京セラドーム・東京ドーム・ナゴヤドーム)にて初のドームツアー「TWICE DOME TOUR 2019 “#Dreamday”」を開催[91]。
7月17日、日本4thシングル「HAPPY HAPPY」をリリース。29日と31日に、幕張メッセとインテックス大阪にて「HAPPY HAPPY」ハイタッチ会を開催。
7月24日、日本5thシングル「Breakthrough」をリリース。翌月25日と27日に、幕張メッセとインテックス大阪にて「Breakthrough」ハイタッチ会を開催。
9月7日、NHK「シブヤノオト」に出演[92]。
10月23日から翌年2月23日にかけて、全国7都市15公演で「TWICE WORLD TOUR 2019 ‘TWICELIGHTS’ IN JAPAN」を開催。
11月20日、日本2ndアルバム『&TWICE』をリリース[93]。12月7日に東京ビッグサイトにて「&TWICE」ハイタッチ会を開催。
12月4日、ナゴヤドームにて開催された「2019 Mnet Asian Music Awards」に出演[94]。
12月31日、第70回NHK紅白歌合戦に3回目の出場。

2020年2月5日、日本2ndアルバム『&TWICE』のリパッケージアルバム『&TWICE-Repackage-』をリリース[95]。
3月4日、TWICE LIVE DVD & Blu-ray『TWICE DOME TOUR 2019 “#Dreamday” in TOKYO DOME』をリリース[96]。
3月3日と4日に開催される予定であった「TWICE WORLD TOUR 2019 ‘TWICELIGHTS’ IN JAPAN」の東京ドーム公演が、新型コロナウイルスの感染拡大阻止のため開催が翌月15日と16日に延期された。その後再び延期され、11月11日と12日に振替公演および京セラドームにて追加公演が予定されていたがいずれも中止となった[97]。
7月8日、日本6thシングル「Fanfare」をリリース[98]。同日付のオリコンデイリーチャート1位を獲得[99]。
9月16日、日本3rdベストアルバム『#TWICE3』をリリース[100]。17日付のオリコンチャート1位を獲得[101]。
11月18日、日本7thシングル「BETTER」をリリース[102]。

2021年3月6日、日本オンラインコンサート「NTTdocomo新体感ライブCONNECT Special Live 『TWICE in Wonderland』」を開催[103]。
5月12日、日本8thシングル「Kura Kura」をリリース[104]。
7月28日、日本3rdアルバム『Perfect World』をリリース[105]。
12月15日、日本9thシングル「Doughnut」をリリース[106]。
12月24日、テレビ朝日系「MUSIC STATION ウルトラSUPERLIVE 2021」に出演[107]。

2022年3月16日、日本4thベストアルバム『#TWICE4』をリリース[108]。28日付のオリコンチャート1位を獲得[109]。
4月23日から25日にかけて、東京ドームにて「TWICE 4TH WORLD TOUR ‘Ⅲ’ IN JAPAN」を開催[110]。
5月25日、日本デビュー5周年記念DVD & Blu-ray『T・W・I・C・E』をリリース[111]。
7月27日、日本4thアルバム『Celebrate』をリリース[112]。

メンバー

画像

名前

本名

生年月日

血液型

出身地[113]
ポジション[114]
メンバーカラー

ラブリー[115]
JYP入所日[116]仮名

ハングル

漢字

ローマ字

ローマ字

仮名

ナヨンNAYEON나연

イム・ナヨン

임나연

林娜璉

Lim Na-Yeon

(1995-09-22) 1995年9月22日(27歳)

A型

 大韓民国 ソウル特別市江東区

リードボーカルリードダンサー

   スカイブルー

NAVELY

ナブリー

2010年9月15日

ジョンヨンJEONGYEON정연

ユ・ジョンヨン

유정연

兪定延

Yoo Jeong-Yeon

(1996-11-01) 1996年11月1日(25歳)

O型

 大韓民国 京畿道水原市

リードボーカル

   ライトグリーン

JEONGVELY

ジョンブリー

2010年3月1日

モモMOMO모모

ひらい もも

히라이 모모

平井もも

Hirai Momo

(1996-11-09) 1996年11月9日(25歳)

A型

日本 京都府京田辺市[注 2]
メインダンサーサブボーカル

   ピンク

MOVELY

モブリー

2012年4月13日

サナSANA사나

みなとざき さな

미나토자키 사나

湊﨑紗夏

Minatozaki Sana

(1996-12-29) 1996年12月29日(25歳)

B型

日本 大阪府大阪市天王寺区

サブボーカル

   パープル

SAVELY

サブリー

2012年4月13日

ジヒョJIHYO지효

パク・ジヒョ

박지효

朴志效

Park Ji-Hyo

(1997-02-01) 1997年2月1日(25歳)

O型

 大韓民国 京畿道九里市

リーダーメインボーカル

   アプリコット

JIVELY

ジブリー

2005年7月15日

ミナMINA미나

みょうい みな

묘이 미나

名井南

Myōi Mina

(1997-03-24) 1997年3月24日(25歳)

A型

日本 兵庫県西宮市

メインダンサーサブボーカル

   ミント

MIVELY

ミブリー

2014年1月2日

ダヒョンDAHYUN다현

キム・ダヒョン

김다현

金多賢

Kim Da-Hyun

(1998-05-28) 1998年5月28日(24歳)

O型

 大韓民国 京畿道城南市

リードラッパーサブボーカル

   ホワイト

DAVELY

ダブリー

2012年7月7日

チェヨンCHAEYOUNG채영

ソン・チェヨン

손채영

孫彩瑛

Son Chae-Young

(1999-04-23) 1999年4月23日(23歳)

B型

 大韓民国 ソウル特別市江東区

メインラッパーサブボーカル

   レッド

CHAENGVELY

チェンブリー

2012年6月6日

ツウィTZUYU쯔위

チョウ・ツーユィ

저우 쯔위

周子瑜

Chou Tzu-Yu

(1999-06-14) 1999年6月14日(23歳)

A型

中華民国(台湾) 台南市東区

リードダンサーサブボーカル

   ブルー

TZUVELY

ツブリー

2012年11月15日
ディスコグラフィ
韓国
ミニアルバム
No.

リリース日

タイトル

商品番号

形態

Gaonチャート(週間)

売上枚数

表題曲
KTミュージック レーベル
1st

2015年10月20日

THE STORY BEGINS

JYPK0583

CD

4位[117]
150,256枚[118]
Like OOH-AHH(OOH-AHH하게)
2nd

2016年4月25日

PAGE TWO

JYPK0652

Pink Ver. (CD)

2位[119]
256,027枚[120]
CHEER UP
Mint Ver.
3rd

2016年10月24日

TWICEcoaster : LANE 1

JYPK0711

Apricot Ver. (CD)

1位[121]
422,853枚[122]
TT
Neon Magenta Ver. (CD)
GENIE MUSIC レーベル
4th

2017年5月15日

SIGNAL

JYPK0785

A Ver. (CD)

1位[123]
331,622枚[124]
SIGNAL
B Ver. (CD)
C Ver. (CD)
Dreamus レーベル
5th

2018年4月9日

What is Love?

JYPK1006K

A Ver. (CD)

2位[125]
399,674枚[126]
What is Love?
B Ver. (CD)
6th

2018年11月5日

YES or YES

JYPK1039

A VER. (CD)

6位[127]
325,761枚[128]
YES or YES
B VER. (CD)
C VER. (CD)
7th

2019年4月22日

FANCY YOU

JYPK1061

A VER. (CD)

2位[129]
394,405枚[130]
FANCY
B VER. (CD)
C VER. (CD)
8th

2019年9月23日

Feel Special

JYPK1094

A VER. (CD)

1位[131]
449,528枚[132]
Feel Special
B VER. (CD)
C VER. (CD)
9th

2020年6月1日

MORE & MORE

JYPK1154

A VER. (CD)

1位[133]
573,431枚[134]
MORE & MORE
B VER. (CD)
C VER. (CD)
10th

2021年6月11日

Taste of Love

JYPK1231

Taste ver. (CD)

2位[135]
559,093枚[136]
Alcohol-Free
Fallen ver. (CD)
In Love ver. (CD)
11th

2022年8月26日

BETWEEN 1&2

JYPK1452

Archive ver. (CD)

2位[137]
TBA

Talk that Talk
Cryptography ver. (CD)
Pathfinder ver. (CD)
Complete ver. (CD)
フルアルバム
No.

リリース日

タイトル

商品番号

形態

Gaonチャート(週間)

売上枚数

表題曲
GENIE MUSIC レーベル
1st

2017年10月30日

twicetagram

JYPK0854

A Ver. (CD)

1位[138]
342,482枚[139]
LIKEY
B Ver. (CD)
C Ver. (CD)
Dreamus レーベル
2nd

2020年10月26日

Eyes wide open

JYPK1180

Story ver. (CD)

2位[140]
479,885枚[141]
I CAN’T STOP ME
Style ver. (CD)
Retro ver. (CD)
3rd

2021年11月12日

Formula of Love: O+T=<3

JYPK1276

STUDY ABOUT LOVE ver. (CD)

1位[142]
788,983枚[143]
SCIENTIST
BREAK IT ver. (CD)
EXPLOSION ver. (CD)
FULL OF LOVE ver. (CD)
2021年12月17日

JYPK1309

Result file ver. (CD)
リパッケージアルバム
No.

リリース日

タイトル

商品番号

形態

Gaonチャート(週間)

売上枚数

表題曲
GENIE MUSIC レーベル
1st

2017年12月11日

Merry & Happy

JYPK0884

Merry Ver. (CD)

1位[144]
238,622枚[145]
Heart Shaker
Happy Ver. (CD)
スペシャルアルバム
No.

リリース日

タイトル

商品番号

形態

Gaonチャート(週間)

売上枚数

表題曲
KTミュージック レーベル
1st

2017年2月20日

TWICEcoaster : LANE 2

JYPK0760

A Ver. (CD)

1位[146]
305,939枚[147]
KNOCK KNOCK
B Ver. (CD)
Dreamus レーベル
2nd

2018年7月9日

Summer Nights

JYPK1011

A VER. (CD)

1位[148]
332,162枚[149]
Dance The Night Away
B VER. (CD)
C VER. (CD)
3rd

2018年12月12日

The year of “Yes”

JYPK1046

A VER. (CD)

2位[150]
196,034枚[151]
The Best Thing I Ever Did(올해 제일 잘한 일)
B VER. (CD)
シングル
No.

発売日

タイトル

規格
JYPエンターテインメント レーベル
1st

2020年8月21日

MORE & MORE (English Ver.)

音楽配信
2nd

2020年11月30日

I CAN’T STOP ME (English Ver.)
3rd

2020年12月18日

CRY FOR ME
英語シングル
No.

発売日

タイトル

規格
JYPエンターテインメント レーベル
1st

2021年10月1日

The Feels

音楽配信
OST
映画「별리섬」OST -「별처럼」- コン・スンヨン & ジョンヨン
ドラマ「賢い医師生活 シーズン2」OST -「I love you more than anyone」- TWICE映像作品
TWICE TV2(2016年)
TWICE PAGE TWO MONOGRAPH(2016年)
TWICE TV3(2016年)
TWICE 2017 SEASON’S GREETINGS(2016年)
TWICE TV4(2017年)
TWICEcoaster: LANE 1 MONOGRAPH(2017年)
TWICE SUPER EVENT(2017年)
TWICEZINE: JEJU ISLAND EDITION(2017年)
SIGNAL MONOGRAPH(2017年)
TWICE 2018 SEASON’S GREETINGS “FIRST LOVE”(2017年)
TWICE 1ST TOUR TWICELAND THE OPENING (2017年)
TWICE TV5(2018年)
Twicetagram MONOGRAPH(2018年)
Merry&Happy MONOGRAPH(2018年)
TWICE 1ST TOUR TWICELAND THE OPENING [ENCORE](2018年)
TWICE TV6 in SINGAPORE(2018年)
ONCE BEGINS(2018年)
TWICE 2019 SEASON’S GREETINGS “THE ROSE”(2018年)
TWICE TV 2018(2019年)
TWICE 2ND TOUR TWICELAND ZONE 2: Fantasy Park(2019年)
TWICE WORLD TOUR 2019 [TWICELIGHTS] IN SEOUL(2020年)
TWICE 2021 SEASON’S GREETINGS “THE MOMENT FOREVER”(2020年)
TWICE 2022 SEASON’S GREETINGS “LETTERS TO YOU”(2021年)
TWICE 4TH WORLD TOUR ‘Ⅲ’ IN SEOUL(2022年)日本
シングル
No.

リリース日

タイトル

規格品番

形態

オリコンチャート(週間)

売上枚数

初出アルバム
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st

2017年10月18日

One More Time

WPZL-31379/80

初回限定盤A (CD+DVD)

1位[152]
219,131枚[153]
BDZ
WPZL-31381/2

初回限定盤B (CD+DVD)
WPCL-12761

通常盤 (CD)
WPCL-12768

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
2nd

2018年2月7日

Candy Pop

WPZL-31403/4

初回限定盤A (CD+DVD)

1位[154]
303,746枚[155]WPZL-31405/6

初回限定盤B (CD+DVD)
WPCL-12820

通常盤 (CD)
WPCL-12821

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
3rd

2018年5月16日

Wake Me Up

WPZL-31450/1

初回限定盤A (CD+DVD)

1位[156]
299,195枚[157]WPZL-31452/3

初回限定盤B (CD+DVD)
WPCL-12871

通常盤 (CD)
WPCL-12872

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
4th

2019年7月17日

HAPPY HAPPY

WPZL-31615/6

初回限定盤A (CD+DVD)

2位[158]
302,963枚[159]
&TWICE
WPZL-31617/8

初回限定盤B (CD+DVD)
WPCL-13052

通常盤 (CD)
WPCL-13053

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
5th

2019年7月24日

Breakthrough

WPZL-31621/2

初回限定盤A (CD+DVD)

2位[160]
288,502枚[161]WPZL-31623/4

初回限定盤B (CD+DVD)
WPCL-13054

通常盤 (CD)
WPCL-13055

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
6th

2020年7月8日

Fanfare

WPZL-31750/1

初回限定盤A (CD+DVD)

1位[162]
208,778枚[163]
Perfect World
WPZL-31752/3

初回限定盤B (CD+DVD)
WPCL-13203

通常盤 (CD)
WPCL-13204

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
7th

2020年11月18日

BETTER

WPZL-31785/86

初回限定盤A (CD+DVD)

2位[164]
93,548枚[165]WPCL-13259

初回限定盤B (CD)
WPCL-13246

通常盤 (CD)
WPCL-13247

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
8th

2021年5月12日

Kura Kura

WPZL-31855/6

初回限定盤A (CD+DVD)

3位[166]
96,394枚[167]WPCL-13294

初回限定盤B (CD)
WPCL-13289

通常盤 (CD)
WPCL-13290

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
9th

2021年12月15日

Doughnut

WPZL-31920

初回限定盤A (CD+DVD)

3位[168]
84,036枚[169]
Celebrate
WPCL-13353

初回限定盤B (CD)
WPCL-13347

通常盤 (CD)
WPCL-60001

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
アルバム
No.

リリース日

タイトル

規格品番

形態

オリコンチャート(週間)

売上枚数

リード曲
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st

2018年9月12日

BDZ

WPZL-31490/1

初回限定盤A (CD+DVD)

1位[170]
181,605枚[171]
BDZ
WPZL-31492/3

初回限定盤B (CD+DVD)
WPCL-12914

通常盤 (CD)
WPCL-12915

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
2nd

2019年11月20日

&TWICE

WPZL-31685/6

初回限定盤A (CD+DVD)

1位[172]
133,163枚[173]
Fake & True
WPZL-31689/90

初回限定盤B (CD+DVD)
WPCL-13122

通常盤 (CD)
WPCL-13123

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
3rd

2021年7月28日

Perfect World

WPZL-31871/72

初回限定盤A (CD+DVD)

2位[174]
73,890枚[175]
Perfect World
WPCL-13315

初回限定盤B (CD)
WPCL-13299

通常盤 (CD)
WPCL-13300

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
4th

2022年7月27日

Celebrate

WPZL-31973/74

初回限定盤A (CD+DVD)

Celebrate
WPCL-13391

初回限定盤B (CD)
WPCL-13392

通常盤 (CD)
WPCL-60004

ONCE JAPAN限定盤 (CD)
WPCL-60005

NAYEON盤 (CD)
WPCL-60006

JEONGYEON盤 (CD)
WPCL-60007

MOMO盤 (CD)
WPCL-60008

SANA盤 (CD)
WPCL-60009

JIHYO盤 (CD)
WPCL-60010

MINA盤 (CD)
WPCL-60011

DAHYUN盤 (CD)
WPCL-60012

CHAEYOUNG盤 (CD)
WPCL-60013

TZUYU盤 (CD)
リパッケージアルバム
No.

リリース日

タイトル

規格品番

形態

リード曲
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st

2018年12月26日

BDZ -Repackage-

WPZL-31564/5

初回限定版 (CD+DVD)

STAY BY MY SIDE
WPCL-12984

通常盤 (CD)
2nd

2020年2月5日

&TWICE -Repackage-

WPZL-31720/21

初回限定盤 (CD+DVD)

SWING
WPCL-13163

通常盤 (CD)
ベストアルバム
No.

リリース日

タイトル

規格品番

形態

オリコンチャート(週間)

売上枚数
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st

2017年6月28日

#TWICE

WPCL-12634

初回限定盤A (CD+写真集)

2位[176]
137,642枚[177]WPZL-31298/9

初回限定盤B (CD+DVD)
WPCL-12635

通常盤 (CD)
2nd

2019年3月6日

#TWICE2

WPCL-13019

初回限定盤A (CD+フォトブック)

1位[178]
211,406枚[179]WPZL-31583/84

初回限定盤B (CD+DVD)
WPCL-13020

通常盤 (CD)
3rd

2020年9月16日

#TWICE3

WPCL-13019

初回限定盤A (CD+フォトブック)

1位[180]
113,601枚[181]WPZL-31773/74

初回限定盤B (CD+DVD)
WPCL-13228

通常盤 (CD)
4th

2022年3月16日

#TWICE4

WPCL-13363

初回限定盤A (CD+フォトブック)

1位[182]
70,275枚[183]WPZL-31947/8

初回限定盤B (CD+DVD)
WPCL-13364

通常盤 (CD)
配信限定シングル
No.

発売日

タイトル

規格

初出アルバム
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st

2018年6月15日

I WANT YOU BACK

音楽配信

BDZ
2nd

2018年10月22日

STAY BY MY SIDE

BDZ -Repackage-
3rd

2022年3月22日

Just be yourself

Celebrate
配信限定アルバム
No.

発売日

タイトル

規格
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st

2017年2月24日

WHAT’S TWICE?

音楽配信
映像作品
No.

発売日

タイトル
ワーナーミュージック・ジャパン レーベル
1st

2017年12月20日
TWICE DEBUT SHOWCASE “Touchdown in JAPAN”
2nd

2020年3月4日
TWICE DOME TOUR 2019 “#Dreamday” in TOKYO DOME
3rd

2022年5月25日
T・W・I・C・E
書籍
TWICE JAPAN SEASON’S GREETINGS 2018 “TWISTAR”(2017年)
TWICE JAPAN SEASON’S GREETINGS 2019 “TWICE AIRLINES”(2018年)
TWICE JAPAN SEASON’S GREETINGS 2020 “ILLUSION”(2019年)
TWICE JAPAN SEASON’S GREETINGS 2021 “ON & OFF”(2020年)
TWICE JAPAN SEASON’S GREETINGS 2022 “ONCE-WAY”(2021年)タイアップ

楽曲
タイアップ
収録作品
2018年

BRAND NEW GIRL

Clova Friends「双子ダンス篇」CMソング

Candy Pop
I WANT YOU BACK

映画『センセイ君主』主題歌

I WANT YOU BACK
STAY BY MY SIDE

テレビ朝日系ドラマ『深夜のダメ恋図鑑』主題歌

BDZ -Repackage-
2019年

HAPPY HAPPY

日本コカ・コーラ『Qoo』CMソング

HAPPY HAPPY
Breakthrough

花王『AUBE』CMソング

Breakthrough
2022年

Just be yourself

LUX『LUX×TWICE』CMソング

Celebrate
ミュージックビデオ
韓国
JYP Entertainment – YouTubeチャンネル


タイトル
収録作品
2015年
「OOH-AHH(OOH-AHH하게)[動画 1]」

THE STORY BEGINS
2016年
「CHEER UP[動画 2]」

PAGE TWO
「TT[動画 3]」

TWICEcoaster: LANE 1
2017年
「KNOCK KNOCK[動画 4]」

TWICEcoaster: LANE 2
「SIGNAL[動画 5]」

SIGNAL
「LIKEY[動画 6]」

Twicetagram
「Heart Shaker[動画 7]」

Merry&Happy
「Merry & Happy[動画 8]」
2018年
「What is Love?[動画 9]」

What is Love?
「Dance The Night Away[動画 10]」

Summer Nights
「YES or YES[動画 11]」

YES or YES
「The Best Thing I Ever Did(올해 제일 잘한 일)[動画 12]」

The year of “Yes”
2019年

「FANCY[動画 13]」

FANCY YOU
「Feel Special[動画 14]」

Feel Special
2020年

「MORE & MORE[動画 15]」

MORE & MORE
「I CAN’T STOP ME[動画 16]」

Eyes wide open
2021年

「Alcohol-Free[動画 17]」

Taste of Love
「The Feels[動画 18]」

The Feels
「SCIENTIST[動画 19]」

Formula of Love: O+T=<3
日本
TWICE JAPAN OFFICIAL YouTube Channel – YouTubeチャンネル


タイトル
収録作品
2017年

Like OOH-AHH -Japanese ver.-Making Music Video (short ver.)

#TWICE
SIGNAL -Japanese ver.-(Short ver.)
TT -Japanese ver.-
One More Time

One More Time
2018年

Candy Pop

Candy Pop
BRAND NEW GIRL
Wake Me Up

Wake Me Up
I WANT YOU BACK

I WANT YOU BACK
BDZ

BDZ
STAY BY SIDE making music video

BDZ -Repackage-
2019年

LIKEY -Japanese ver.-

#TWICE2
What is Love? -Japanese ver.-
HAPPY HAPPY

HAPPY HAPPY
Breakthrough

Breakthrough
Fake & True

&TWICE
2020年

Fanfare

Fanfare
FANCY -Japanese ver.-

#TWICE3
MORE & MORE -Japanese ver.-(Short ver.)
BETTER

BETTER
2021年

Kura Kura

Kura Kura
Perfect World

Perfect World
Doughnut

Doughnut
2022年

SCIENTIST -Japanese ver.-

#TWICE4
Celebrate

Celebrate
書籍
フォトブック
Twice Mini Photobook(2016年、JYP Entertainment)
TWICEZINE VOL.1(2017年、JYP Entertainment)
TWICE 1ST PHOTOBOOK ONE IN A MILLION(2017年、GENIE MUSIC)
TWICEZINE JEJU ISLAND EDITION(2017年、JYP Entertainment)
TWICEZINE VOL.2(2020年、JYP Entertainment)
TWICE JAPAN DEBUT 5th Anniversary Making Photo Book「ONCE UPON A TIME」(2022年、JYP Entertainment)雑誌連載
『ViVi』2017年12月号 – 2018年10月号(講談社、2017年10月 – 2018年8月)[184]出演
映画
公開日

作品名
備考
2018年

12月9日

TWICELAND

ScreenX単独上映[185]単独番組
放送日
放送局
番組名
2015年

7月10日 – 8月14日

Naver TV、V LIVE

TWICE TV
10月23日 – 12月25日

TWICE TV2
2016年

3月1日 – 4月19日

Mnet

TWICEの優雅な私生活
4月29日 – 6月17日

Naver TV、V LIVE

TWICE TV3
6月29日 – 8月20日

V LIVE

TWICE TV BEGINS
8月28日 – 9月14日

TWICE TV 給食団の大冒険
9月15日 – 12月3日

Naver TV、V LIVE

TWICE TV MELODY PROJECT
10月31日 – 12月26日

TWICE TV4
2017年

1月17日 – 1月27日

Naver TV、JTBC

TWICE LOST:TIME
2月12日 – 2月19日

Naver TV、V LIVE

TWICE TV4 Roommate
2月27日 – 5月8日

TWICE TV SPECIAL
5月4日 – 6月29日

LINE LIVE

TWICE LINE LIVE
5月22日 – 7月14日

Naver TV、MBC

TWICE TV 5
11月8日 – 12月16日

Naver TV、V LIVE

TWICE TV 6
2018年

1月14日 – 12月19日

Naver TV、V LIVE、YouTube

TWICE TV 2018
4月18日 – 5月19日

TWICE TV What is Love?
7月9日 – 7月20日

TWICE TV Dance The Night Away
11月12日 – 1月25日

TWICE TV YES or YES
12月21日 – 12月27日

TWICE TV The Best Thing I Ever Did
2019年

2月1日

TWICE TV MBC歌謡大祭典
2月8日

TWICE TV SBS歌謡大祭典
2月15日

TWICE TV KBS歌謡大祝祭
2月22日 – 2月28日

TWICE TV 33rd Golden Disc Awards
3月8日

TWICE TV 28th Seoul Music Awards
3月15日

TWICE TV ONCE & TWICE FAMILY
3月22日

TWICE TV 8th Gaonchart Music Awards
3月29日 – 4月5日

TWICE TV Pocari Sweat
4月12日

TWICE TV V re:memVer PARTY
4月23日

TWICE TV TOKYO DOME
4月30日 – 7月5日

TWICE TV FANCY
6月7日

TWICE TV THE FACT MUSIC AWARDS
7月5日 – 1月31日

TWICE TV TDOONG Entertainment
7月19日 – 7月21日

AbemaTV

TWICE in Hawaii
8月2日

Naver TV、V LIVE、YouTube

TWICE TV Allure
8月9日

TWICE TV ESTEE LAUDER
8月16日

TWICE TV AKARAKA
8月30日

TWICE TV MGMA
9月13日

TWICE TV 2019 SORIBADA AWARDS
9月23日 – 9月26日

TWICE TV Feel Special Jacket Shooting Behind
9月29日 – 12月6日

TWICE TV Feel Special
12月20日

TWICE TV TWICE CLASSIC
2020年

1月3日

TWICE TV お豆腐の始球式
1月9日

TWICE TV Peach Sisters
1月17日

TWICE TV 2019 SBS歌謡大祭典
1月24日

TWICE TV 2019 KBS歌謡大祝祭
2月7日

TWICE TV 2019 MBC歌謡大祭典
2月14日 – 2月21日

TWICE TV 34th Golden Disc Awards
2月17日

TWICE TV ONCE HALLOWEEN 2
2月28日

TWICE TV 29th Seoul Music Awards
3月6日 – 3月20日

TWICE TV TWICE Fashion Club
4月3日 – 4月24日

TIME TO TWICE
4月29日 – 6月24日

YouTube

TWICE: Seize the Light
5月5日 – 7月6日

V LIVE、YouTube

TWICE TV Finding TWICE’s MBTI
5月15日 – 6月12日

Naver TV、V LIVE、YouTube

TIME TO TWICE カラオケバトル
6月1日

V LIVE、YouTube

TWICE MORE & MORE SPECIAL LIVE
6月9日 – 7月16日

Naver TV、V LIVE、YouTube

TWICE TV MORE & MORE
6月26日 – 7月17日

TIME TO TWICE THE GREAT ESCAPE
8月7日 – 9月4日

TIME TO TWICE Healing Camping
9月3日 – 9月10日

TWICE TV 2020 SOBA
9月16日 – 9月23日

TWICE TV Home Gardening
9月18日 – 10月23日

TIME TO TWICE TDOONG High School
10月19日

V LIVE、YouTube

TWICE 5th Anniversary Special Live WITH
11月3日 – 12月10日

Naver TV、V LIVE、YouTube

TWICE TV I CAN’T STOP ME
11月20日 – 12月25日

TIME TO TWICE Crime Scene
12月17日

TWICE TV 2020 ASIA ARTIST AWARDS
12月24日 – 12月31日

TWICE TV 2020 MAMA
2021年

1月8日 – 2月5日

TIME TO TWICE TWICE New Year
2月26日 – 3月19日

TIME TO TWICE TWICE and the Chocolate Factory
4月2日 – 4月30日

TIME TO TWICE TDOONG Entertainment Season 2
5月13日

TWICE TV The Kelly Clarkson Show
5月14日 – 6月4日

TIME TO TWICE YES or NO
6月9日

V LIVE、YouTube、Facebook、Twitter、Instagram、TikTok

Comeback Premiere Live With TWICE : Tasting the ‘Taste of Love’
6月18日

Naver TV、V LIVE、YouTube

TWICE TV The Ellen DeGeneres Show
6月22日 – 7月1日

TWICE TV Alcohol-Free M/V Behind the Scenes
7月2日 – 8月6日

TIME TO TWICE TDOONG Forest
8月20日 – 9月24日

TIME TO TWICE TDOONG High School Season 2
8月21日 – 9月28日

ONCE JAPAN

TWICE Channel
10月3日

Naver TV、V LIVE、YouTube

TWICE TV The Tonight Show Starring Jimmy Fallon Behind the Scenes
10月8日

TWICE TV GMA3: What You Need to Know Behind the Scenes
10月11日 – 10月15日

TWICE TV The Feels Behind the Scenes
10月20日

TWICE 6th Anniversary: H6ME PARTY with 6NCE
10月22日

2021 6th Anniversary Exam & TDOONG Quiz Show
11月12日

TWICE 3RD FULL ALBUM COMEBACK LIVE: TWICE LOVE LAB
11月16日

TWICE TV MTV Fresh Out Live Behind the Scenes
11月21日 – 12月25日

ONCE JAPAN

TWICE Channel SEASON2
11月22日 – 12月1日

Naver TV、V LIVE、YouTube

TWICE TV SCIENTIST M/V Behind the Scenes
12月3日 – 12月24日

TIME TO TWICE Crime Scene Season 2
2022年

1月7日 – 2月4日

TIME TO TWICE TWICE New Year 2022
2月18日 – 3月18日

TIME TO TWICE TDOONG Tour
4月8日 – 4月29日

TIME TO TWICE Soulmate
5月13日 – 6月10日

TIME TO TWICE Spring Picnic
6月17日

TIME TO TWICE Behind the Scenes
6月28日 –

ONCE JAPAN

TWICE Channel SEASON3
バラエティ番組
レギュラー出演のみ。

SIXTEEN(2015年5月5日 – 7月7日、Mnet)[186]
本物の男(2016年2月21日 – 4月10日、MBC) – ダヒョン[187]
週刊アイドル(2016年4月13日 – 、MBC every1) – ダヒョン(MC)[188]
SBS人気歌謡(2016年7月3日 – 2017年1月22日、SBS) – ジョンヨン(MC)[189][190]
Hit The Stage(2016年7月27日 – 8月17日、全10回、Mnet)- モモ[191]
냄비받침(鍋敷き)(2017年6月6日 – 9月5日、3回出演、KBS2)[192]
뭉쳐야 뜬다(パッケージで世界一周~集まってこそ旅立てる)(2017年10月17日 – 10月31日、JTBC)ミュージックビデオ

タイトル
アーティスト
メンバー
2011年

「Please Don’t Go[動画 20]」

San E

ナヨン
2014年

「NO LOVE (Korean Ver.)[動画 21]」「NO LOVE (Japanese Ver.)」

Jun. K
「Girls Girls Girls[動画 22]」

GOT7

ナヨン、ジョンヨン
「A[動画 23]」

サナ
「Stop stop it[動画 24]」

ダヒョン、モモ、ミナ、チェヨン、ツウィ
「FEEL (Korean Ver.)[動画 25]」「FEEL (Japanese Ver.)」

JUNHO (From 2PM)

モモ、サナ、ミナ
2015年

「R.O.S.E」

WOOYOUNG (From 2PM)

モモ、ミナ、ダヒョン
「Only You[動画 26]」

miss A

ナヨン、ジョンヨン、モモ、ジヒョ、ミナ、チェヨン、ツウィ
2016年

「Fire[動画 27]」

J.Y. Park ( ft. Conan O’Brien & Steven Yeun & Jimin Park)

全員(ダヒョンを除く)
「Sweet Dream[動画 28]」

ヒチョル × ミン・ギョンフン

モモ
2017年

「Winter 一人[動画 29]」

TAECYEON (From 2PM)

ミナ(声の出演)
「Your Wedding[動画 30]」

Jun. K

ナヨン
「Instant love[動画 31]」

JUNHO (From 2PM)

サナ
ゲーム
TWICE -GO! GO! Fightin’-(2018年12月19日 – 2020年12月31日、10ANTZ)[193]広告
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “TWICE” 韓国の音楽グループ – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2018年5月)韓国


ブランド
メンバー
共演者
2011年

SPRIS(スポーツブランド)

ナヨン

キム・スヒョン、ハム・ウンジョン
TN化粧品

ナヨン、ジヒョ

ペ・スジ、キム・ソヒョン、BOYFRIEND
Wii Just Dance 2

ナヨン、ジョンヨン

2013年

SMART(ファッションブランド)

ナヨン
2015年

SKOOLOOKS(ファッションブランド)

全員

パク・ジニョン
CJ CGV(シネマコンプレックス)

LG U+ LTE ME APP

ナヨン、ジョンヨン、ツウィ
エルソード
全員
韓国国民銀行
The Peanuts Movie(宣伝大使)
LG U+ 華為技術

ツウィ
2016年

韓国観光大使(I.Seoul.U)

全員

ニックン
エルソード

SKOOLOOKS
韓国国民銀行
Sudden Attack
Red Cettu
TOMARU 化粧品
NBA Style 2016春夏服飾

GOT7
NBA Style 2016秋冬服飾
Gamaro

LG U+ LTE ME APP

ナヨン、ジョンヨン、ツウィ
LG U+ 華為技術

ツウィ
LG U+ rayBeam
youtu.be Legion of Heroes

全員
Dunkin’Donuts
TWICE X CGV1318 Club CHEER UP活動
GOLFZON
STRIKEZON
LOTTE DUTY FREE免税店(第2ロッテワールドタワー)
Nature Collection
SPRIS
LOST TALE
2017年

SKOOLOOKS
Sudden Attack
SPRIS
LOTTE DUTY FREE免税店(第2ロッテワールドタワー)
Nature Collection(化粧品)
LOST TALE(スマートフォンアプリ)
ポカリスエット
MLB 2017 春夏服飾
国民銀行ナショナル・クレジットカード
11番街(インターネット通販)
LG V30
2018年

BEANPOLE sport
ACUVUE
2019年

ポカリスエット
Estée Lauder
2021年

A’pieu(化粧品ブランド)

サナ、ダヒョン
Nintendo Switch Miitopia 韓国版

全員
日本


ブランド
メンバー
2018年

ソフトバンク Y!mobile

全員
ABCマート NIKE AIR MAX
ACUVUE
2019年

コカ・コーラ Qoo
AUBE
2022年

LUX
Google検索

サナ
公演
ツアー

開催日
公演名
都市
会場
2017年

2月17日-19日

TWICE 1ST TOUR TWICELAND -The Opening-

ソウル

SKハンドボール競技場
4月8日

バンコク

サンダードーム・ムアントンタニ
4月29日

シンガポール

スターパフォーミングアーツセンター
6月17日-18日

ソウル

蚕室室内体育館
2018年

1月19日

TWICE SHOWCASE LIVE TOUR 2018 “Candy Pop”

愛知

瀬戸市文化センター
1月22日

福岡

福岡サンパレス
1月23日

広島

上野学園ホール
1月25日-26日

大阪

グランキューブ大阪
1月29日

東京

NHKホール
1月31日-2月1日

埼玉

大宮ソニックシティ
2018年

5月18日-20日

TWICE 2ND TOUR ‘TWICELAND ZONE 2 : Fantasy Park’

ソウル

蚕室室内体育館
5月26日-27日

埼玉

さいたまスーパーアリーナ
6月2日-3日

大阪

大阪城ホール
6月17日

シンガポール

シンガポール・インドア・スタジアム
7月28日 → 中止[注 3][194]
クアラルンプール

マラワティ・スタジアム
8月18日

バンコク

インパクト・ムアントーンターニー
8月25日

ジャカルタ

インドネシアコンベンションエキシビション
2018年

9月29日-30日 → 中止[注 4][195]
TWICE 1st ARENA TOUR 2018 “BDZ”

千葉

幕張イベントホール
10月2日‐3日

愛知

日本ガイシホール
10月12日‐14日

兵庫

神戸ワールド記念ホール
10月16日‐17日

東京

武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
2019年

3月20日-21日

TWICE DOME TOUR 2019 “#Dreamday”

大阪

京セラドーム
3月29日-30日

東京

東京ドーム
4月6日

愛知

ナゴヤドーム
2019年

5月25日-26日

TWICE WORLD TOUR 2019 ‘TWICELIGHTS’

ソウル

オリンピック公園 体操競技場
6月15日

バンコク

インパクト・ムアントーンターニー
6月29日

マニラ

モール・オブ・アジア・アリーナ
7月13日

シンガポール

シンガポール・インドア・スタジアム
7月17日

ロサンゼルス

ザ・フォーラム
7月19日

メキシコシティ

パラシオ・デ・ロス・デポルテス
7月21日

ニューアーク

プルデンシャル・センター
7月23日

シカゴ

ウィントラスト・アリーナ
8月17日

クアラルンプール

アシアタ・アリーナ
10月23日

TWICE WORLD TOUR 2019 ‘TWICELIGHTS’ IN JAPAN[196]
北海道

真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
10月27日, 29日-30日

千葉

幕張メッセ
11月6日-7日

大阪

大阪城ホール
11月16日-17日

宮城

宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
11月29日-12月1日

愛知

ポートメッセなごや
2020年

2月11日-12日

福岡

マリンメッセ福岡
2月22日-23日

静岡

エコパアリーナ
3月7日-8日 → 中止[注 5]
TWICE WORLD TOUR 2019 ‘TWICELIGHTS’(追加公演)

ソウル

オリンピック公園 体操競技場
3月3日-4日4月15日-16日11月11日-12日→ 中止[注 5]
TWICE WORLD TOUR 2019 ‘TWICELIGHTS’ IN JAPAN(追加公演)[197]
東京

東京ドーム
日程未定 → 中止[注 5]
大阪

京セラドーム
2021年

12月24日-26日 → 24日中止[注 6][198]
TWICE 4TH WORLD TOUR ‘Ⅲ’

ソウル

オリンピック公園 体操競技場
2022年

2月15日-16日

ロサンゼルス

ザ・フォーラム
2月18日

オークランド

オークランド・アリーナ
2月22日

ダラス

ディッキーズ・アリーナ
2月24日

アトランタ

ステートファーム・アリーナ
2月26日-27日

ニューヨーク

UBSアリーナ
4月23日-25日

TWICE 4TH WORLD TOUR ‘Ⅲ’ IN JAPAN[199]
東京

東京ドーム
5月14日-15日

TWICE 4TH WORLD TOUR ‘Ⅲ’

ロサンゼルス

バンク・オブ・カリフォルニア・スタジアム
オンラインコンサート
日程

コンサート名
2020年

8月9日

Beyond LIVE – TWICE : World in A Day
2021年

3月6日

NTTdocomo新体感ライブCONNECT Special Live 『TWICE in Wonderland』
12月26日

Beyond LIVE – TWICE 4TH WORLD TOUR ‘Ⅲ’ : SEOUL[注 7]ファンミーティング
日程
都市
会場
ファンミーティング名
2017年

10月14日-15日

ソウル

慶熙大学校平和の殿堂

ONCE BEGINS
2018年

10月28日

延世大学校野外劇場

ONCE HALLOWEEN
2019年

10月20日

慶熙大学校ファジョン体育館

ONCE HALLOWEEN 2
ショーケース
日程
都市
会場
内容
2015年

10月20日

ソウル

AX-KOREA (YES24 LIVE HALL)

1stミニアルバム、デビューショーケース
2016年

4月25日

YES24 LIVE HALL

2ndミニアルバムショーケース
10月24日

BLUE SQUARE Samsung Card Hall

3rdミニアルバムショーケース
2017年

5月15日

4thミニアルバムショーケース
7月2日

東京

東京体育館

日本デビューショーケース
10月30日

ソウル

YES24 LIVE HALL

1stフルアルバムショーケース
2018年

4月9日

5thミニアルバムショーケース
11月5日

KBS Arena

6thミニアルバムショーケース
2019年

4月22日

YES24 LIVE HALL

7thミニアルバムショーケース
9月23日

8thミニアルバムショーケース
JYP NATION
日程
都市
会場
JYP NATION 2016 “MIX & MATCH”
2016年

8月6日-7日

ソウル

蚕室室内体育館
9月2日-4日

東京

国立代々木競技場
NHK紅白歌合戦

放送回

曲目

対戦相手

司会者

備考
2017年

第68回

TT -Japanese ver.-

TT -Japanese ver.-

三浦大知

二宮和也/有村架純


2018年

第69回

紅白メドレー2018

I WANT YOU BACK、BDZ

EXILE

櫻井翔/広瀬すず


2019年

第70回

Let’s Dance Medley 2019

TT -Japanese ver.-、FANCY -Japanese ver.-

五木ひろし

櫻井翔/綾瀬はるか

前半トリ
その他の大規模なコンサート
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “TWICE” 韓国の音楽グループ – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2018年5月)年
開催日
イベント

会場
2015年

10月25日

2015 K-pop 済州フェスティバル

韓国

済州ワールドカップ競技場
10月31日

2015 アジアドリームコンサート

高尺スカイドーム
12月24日

2015 K.Will -「Ke Dae Bak」コンサート

慶熙大学校
12月27日

2015 SBS歌謡大祭典

ソウル三成洞COEX
2016年

4月10日

KCON 2016 JAPAN

日本

幕張メッセ
5月5日

SGC SUPER LIVE 2016

韓国

ソウル貿易展示コンベンションセンター(SETEC)
5月21日

2016 AKARAKA(延世大学校学校祭)

延世大学校
6月17日

水原 K-pop スーパーコンサート

水原ワールドカップ競技場
7月31日

KCON 2016 LA

アメリカ

ロサンゼルス ステイプルズ・センター
8月20日

KBS Open Concert

韓国

江陵原州大学校
9月8日

平昌 K-pop フェスティバル

高尺スカイドーム
9月11日

ワールドフレンズミュージック フェスティバル

華城総合運動場
9月24日

仁川 K-pop コンサート

仁川文鶴競技場
9月30日

2016 K-pop ワールドフェスティバル

昌原総合運動場
10月1日

2016 DMCフェスティバル -「祭りの序幕」

MBC上岩文化広場
10月2日

2016 アジアドリームコンサート

アニャン川の川沿い特設会場
10月8日

2016 DMCフェスティバル -「Korean Music Wave」

MBC上岩文化広場
10月9日

KBS Open Concert

ソウル特別市 瑞草区
釜山 アジア・ソング・フェスティバル

釜山アジアド主競技場
10月22日

LOTTE DUTY FREE FAMILY FESTIVAL 2016

ソウルオリンピック主競技場
10月23日

2016 釜山ワンアジアフェスティバル

釜山アジアド主競技場
10月27日

M COUNT DOWN IN JEJU

済州ワールドカップ競技場
11月1日

I • SEOUL • U POWER20 K-POP コンサート

蚕室室内体育館
11月11日

KBS Open Concert

済州島
11月27日

2016 スーパーソウルドリームコンサート

高尺スカイドーム
12月26日

2016 SBS歌謡大祭典

ソウル三成洞COEX
12月29日

2016 KBS歌謡祭

ソウル汝矣島KBSホール
12月31日

2016 MBC歌謠大祭典

ソウルMBCドリームセンター
2017年

5月5日

MBC 2017 New Life for Children

5月20日

LOTTE DUTY FREE FAMILY FESTIVAL 2017

ソウルオリンピック主競技場
5月26日

2017 高麗大学校 学校祭

高麗大学校
5月28日

2017 ソン・シギョン – 「祝歌」コンサート

延世大学校
6月3日

2017 ドリームコンサート

ソウルワールドカップ競技場
6月9日

KBS Open Concert

全州VISION大学校
6月25日

KCON 2017 NY

アメリカ

プルデンシャル・センター
7月8日

KB国民銀行リブ&ロックスターコンサート

韓国

漢陽大学校オリンピック体育館
9月15日

LOTTE DUTY FREE 26th FAMILY FESTIVAL

ソウルオリンピック主競技場
9月29日

2017 Kpop ワールドフェスティバル

昌原総合運動場
10月1日

FANDOM SCHOOL 2017 KOREA MUSIC FESTIVAL

高尺スカイドーム
11月1日

2018 平昌オリンピックG-100記念コンサート

光化門広場
11月29日

2017 Mnet Asian Music Awards in JAPAN

日本

横浜アリーナ
2018年

4月15日

KCON in JAPAN

幕張メッセ
9月1日

東京ガールズコレクション

さいたまスーパーアリーナ
12月11日

YouTube Fanfest Music

幕張メッセ
12月12日

MAMA FAN’S CHOICE in JAPAN

さいたまスーパーアリーナ
12月25日

2018 SBS歌謡大祭典

韓国

高尺スカイドーム
12月28日

2018 KBS歌謡祭

汝矣島KBSホール
12月31日

2018 MBC歌謡大祭典

一山MBCドリームセンター公開ホール
上岩MBC公開ホール

2019年

5月18日

Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER

日本

幕張メッセ
5月19日

KCON 2019 JAPAN

幕張メッセ 国際展示場ホール
9月27日

MBN Hero concert

韓国

蚕室アリーナ
10月6日

SBS Super Concert

仁川アシアド主競技場
受賞歴

内容
2015年

第17回Mnet Asian Music Awards – 女性新人賞[200]
Simply K-pop Awards – 最優秀女性アイドルグループ賞
第7回フィリピンK-POP大会 – 女性新人賞2016年

第30回ゴールデンディスク賞 – アルバム部門新人賞[201]
第10回ケーブルテレビ放送大賞 – ケーブルテレビの音楽プロデューサーが選んだ最高歌手賞
韓国年間ブランド大賞 – 特別賞
Naver V-app Awards – 新人賞
SBS Pop Asia Awards – ベストグループ
第1回Asia Artist Awards – 歌手部門ベストアーティスト賞[202]
第8回MelOn Music Awards – TOP10歌手賞、ベストソング賞《CHEER UP》[15]
第18回Mnet Asian Music Awards – 最優秀女性グループ賞、今年の歌賞《CHEER UP》[16]
第8回フィリピンKPOP年次大会 – ベスト女性グループ賞、年間歌曲賞《CHEER UP》
2016 SBS芸能大賞 – 女性新人賞(ジョンヨン)2017年

第31回ゴールデンディスク賞 – デジタル音源部門大賞《CHEER UP》、デジタル音源部門本賞[203]
第26回ソウル歌謡大賞 – 本賞、ダンスパフォーマンス賞、デジタル音源賞[204]
第6回ガオンチャートミュージックアワード – 今年の歌手賞(音源部門)4月《CHEER UP》、今年の歌手賞(音源部門)10月《TT》[205]
第12回Annual Soompi Awards – 最優秀女性グループ賞
第11回ケーブルテレビ放送大賞 – 今年の歌手賞[206]
第29回韓国プロデューサー大賞 – 歌手賞
第1回Soribada Best K-Music Award – 本賞、音源大賞[207]
2017 韓国大衆文化芸術賞 – 文化体育観光部長官表彰[208]
第19回Mnet Asian Music Awards – 今年の歌賞《SIGNAL》[39]、ベストダンスパフォーマンス女性グループ賞
第9回MelOn Music Awards – ベストダンス女性賞《Knock Knock》[209]、TOP10歌手賞2018年

第32回ゴールデンディスクアワード – アルバム部門本賞[210]、デジタル音源部門本賞[211]、CeCiアジア アイコン賞[212]
第27回ソウル歌謡大賞 – 本賞
第7回ガオンチャートミュージックアワード – 今年の歌手賞(音源部門)2月《KNOCK KNOCK》、今年の歌手賞(音源部門)12月《Heart Shaker》
第32回日本ゴールドディスク大賞 – ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア)、ベスト3ニュー・アーティスト(アジア)、アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア)《#TWICE》、ベスト3アルバム(アジア)《#TWICE》、ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(アジア)《TT -Japanese ver.-》[78]
第2回Soribada Best K-Music Award – 本賞、音源大賞
2018 MBC PLUS × genie music AWARDS – 女性グループ賞、ベストセーリングアーティスト賞、グローバル人気賞[213]
第60回日本レコード大賞 – 優秀作品賞《Wake Me Up》[86]
第3回Asia Artist Awards – ベストアーティスト賞、ファビュラス賞
2018 MelOn Music Awards – TOP10歌手賞
第20回Mnet Asian Music Awards – 今年の歌賞《What is Love?》、女性グループ賞、ベストダンスパフォーマンス女性グループ賞《What is Love?》、フェバリットダンス女性アーティスト賞、ワールド・ワイド・ファン・チョイス・トップ10
2018 KPMA – 本賞、音源賞《Heart Shaker》2019年

第33回ゴールデンディスクアワード – アルバム部門本賞、デジタル音源部門本賞
第28回ソウル歌謡大賞 – 本賞[214]
第8回ガオンチャートミュージックアワード – 今年の歌手賞(音源部門)4月《What is Love?》、今年の歌手賞(音源部門)7月《Dance the Night Away》
第1回THE FACT MUSIC AWARDS – 今年のアーティスト賞、ワールドワイドアイコン賞
2019 M2 X GENIE MUSIC AWARDS – The Best Selling Artist、The Female Group
第3回Soribada Best K-Music Award – 本賞、今年のミュージック賞、女性人気賞
第4回Asia Artist Awards in Vietnam – 大賞[46]
第21回Mnet Asian Music Awards – 女性グループ賞、ベストダンスパフォーマンス女性グループ賞、ワールド・ワイド・ファン・チョイス・トップ10、Qoo 10フェバリット・アーティスト[215]
ニューシス2019韓流エキスポ – 韓流文化大賞(文化体育観光部長官賞)2020年

第34回ゴールデンディスクアワード – アルバム部門本賞、デジタル音源部門本賞、コスモポリタンアーティスト賞
第29回ソウル歌謡大賞 – 本賞
第34回日本ゴールドディスク大賞 – アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア)《#TWICE2》、ベスト3アルバム(アジア)《&TWICE》《#TWICE2》
第4回Soribada Best K-Music Award – 本賞、今年のアーティスト賞、新韓流最愛ドル人気賞
第22回Mnet Asian Music Awards – モストポピュラーアーティスト賞、ワールド・ワイド・ファン・チョイス・トップ10
第2回THE FACT MUSIC AWARDS – 今年のアーティスト賞
第5回Asia Artist Awards – 今年の歌手賞、人気賞[52]2021年

第35回ゴールデンディスクアワード – デジタルアルバム部門本賞
第30回ソウル歌謡大賞 – 本賞
2020 APAN MUSIC AWARDS – APAN TOP 10、Represent Record of the Year音楽番組
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “TWICE” 韓国の音楽グループ – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2021年10月)年度

受賞歴
2016年

CHEER UP
5月5日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
5月6日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
5月8日:SBS「人気歌謡」- 1位
5月19日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位(2週連続)
5月20日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位(2週連続)
5月22日:SBS「人気歌謡」- 1位(2週連続)
5月26日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位(3週連続)
5月27日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位(3週連続)
5月29日:SBS「人気歌謡」- 1位(3週連続)
6月3日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位(4週連続)
6月10日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位(5週連続)TT
11月1日:SBS MTV「THE SHOW」- THE SHOW Choice!
11月2日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位
11月3日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
11月4日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
11月6日:SBS「人気歌謡」- 1位
11月10日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
11月11日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位(2週連続)
11月13日:SBS「人気歌謡」- 1位(2週連続)
11月18日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位(3週連続)
11月20日:SBS「人気歌謡」- 1位(3週連続)
11月25日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位(4週連続)
12月2日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位(5週連続)2017年

1月6日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位KNOCK KNOCK
3月2日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
3月3日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
3月5日:SBS「人気歌謡」- 1位
3月7日:SBS MTV「THE SHOW」- THE SHOW Choice!
3月8日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位
3月12日:SBS「人気歌謡」- 1位(2週連続)
3月16日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
3月17日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
3月19日:SBS「人気歌謡」- 1位(3週連続)SIGNAL
5月24日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位
5月25日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
5月26日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
5月27日:MBC「ショー! 音楽中心」- 1位
5月28日:SBS「人気歌謡」- 1位
5月31日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位(2週連続)
6月1日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位(2週連続)
6月3日:MBC「ショー! 音楽中心」- 1位(2週連続)
6月4日:SBS「人気歌謡」- 1位(2週連続)
6月9日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
6月11日:SBS「人気歌謡」- 1位(3週連続)
6月16日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位(2週連続)LIKEY
11月8日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位
11月9日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
11月10日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
11月12日:SBS「人気歌謡」- 1位
11月16日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位(2週連続)
11月19日:SBS「人気歌謡」- 1位(2週連続)
11月26日:SBS「人気歌謡」- 1位(3週連続)Heart Shaker
12月21日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
12月22日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
12月23日:MBC「ショー! 音楽中心」- 1位
12月24日:SBS「人気歌謡」- 1位
12月28日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位(2週連続)
12月29日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位(2週連続)
12月31日:SBS「人気歌謡」- 1位(2週連続)2018年

1月7日:SBS「人気歌謡」- 1位(3週連続)
1月13日:MBC「ショー! 音楽中心」- 1位What is Love?
4月18日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位
4月19日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
4月20日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
4月21日:MBC「ショー! 音楽中心」- 1位
4月22日:SBS「人気歌謡」- 1位
4月25日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位(2週連続)
4月26日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位(2週連続)
4月27日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位(2週連続)
4月28日:MBC「ショー! 音楽中心」- 1位(2週連続)
4月29日:SBS「人気歌謡」- 1位(2週連続)
5月2日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位(2週連続)
5月6日:SBS「人気歌謡」- 1位(3週連続)Dance The Night Away
7月18日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位
7月19日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
7月20日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
7月21日:MBC「ショー! 音楽中心」- 1位
7月22日:SBS「人気歌謡」- 1位
7月29日:SBS「人気歌謡」- 1位(2週連続)
8月4日:MBC「ショー! 音楽中心」- 1位
8月5日:SBS「人気歌謡」- 1位(2週連続)
8月11日:MBC「ショー! 音楽中心」- 1位(2週連続)YES or YES
11月14日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位
11月15日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
11月18日:SBS「人気歌謡」- 1位
11月21日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位(2週連続)2019年

FANCY
5月1日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位
5月2日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
5月5日:SBS「人気歌謡」- 1位Feel Special
10月2日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位
10月3日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
10月4日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
10月6日:SBS「人気歌謡」- 1位
10月9日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位(2週連続)
10月10日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位(2週連続)
10月13日:SBS「人気歌謡」- 1位(2週連続)2020年

MORE & MORE
6月10日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位
6月11日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
6月12日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
6月13日:MBC「ショー! 音楽中心」- 1位
6月14日:SBS「人気歌謡」- 1位
6月19日:MBC MUSIC「ミュージックバンク」- 1位(2週連続)
6月20日:MBC「ショー! 音楽中心」- 1位(2週連続)
6月21日:SBS「人気歌謡」- 1位(2週連続)I CAN’T STOP ME
11月4日:MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」- 1位
11月5日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位
11月6日:KBS 2TV「ミュージックバンク」- 1位
11月8日:SBS「人気歌謡」- 1位
11月12日:Mnet「M COUNTDOWN」- 1位(2週連続)
11月15日:SBS「人気歌謡」- 1位(2週連続)2021年

Alcohol-Free
6月17日:Mnet「M COUNTDOWN」
6月20日:SBS「人気歌謡」
6月24日:Mnet「M COUNTDOWN」(2週連続)
6月27日:SBS「人気歌謡」(2週連続)SCIENTIST
11月19日:Mnet「M COUNTDOWN」
11月28日:SBS「人気歌謡」脚注
[脚注の使い方]注釈

^ これまでの最多売り上げはKARAの320万枚であった

^ 出生時は綴喜郡田辺町。1997年4月1日に市に昇格して京田辺市となった。

^ 会場の安全上の問題によって中止。

^ 当初は9月30日にも開催予定であったが、台風接近に伴い中止。

^ a b c 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う措置。

^ 当初は12月24日にも開催予定であったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う公演会場の運営時間の制限によって中止。

^ 同日ソウル公演のオンライン配信。

出典

^ a b Yeung, Neil Z.. Twice | Biography & History – オールミュージック. 2020年11月11日閲覧。

^ “TWICE、新曲「TT」がUSEN洋楽・邦楽リクエストチャート同時1位獲得”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク). (2017年9月27日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/55821/2 2020年11月11日閲覧。 

^ “TWICE プロフィール | Warner Music Japan”. Warner Music Japan. Warner Music Japan. 2021年10月1日閲覧。

^ “TWICE”. 音楽ナタリー. https://natalie.mu/music/artist/95145 2021年2月14日閲覧。 

^ a b “JYP新人グループ、日本人3人もデビューへ。9人のメンバーが決定”. Kstyle. (2015年7月8日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2024140 

^ “TWICE、「”One in a million”はパク・ジニョンプロデューサーがつけてくれた」”. KpopStarz. (2015年11月13日). http://japanese.kpopstarz.com/articles/44844/20151113/twice-mbc-radio.htm 2021年2月15日閲覧。 

^ “ABOUT “TWICE””. TWICE OFFICIAL SITE. 2021年3月12日閲覧。

^ “TWICEの公式カラーが”アプリコット”と”ネオンマジェンタ”に決まる”. TWICE fan BLOG (2016年9月23日). 2021年6月9日閲覧。

^ “「ONCE(ワンス)」を朝鮮語では?TWICEファンONCEの意味と読み方”. コネルWEB (2018年10月1日). 2021年3月12日閲覧。

^ “韓国アイドルの挨拶まとめ【女性グループ編】”. JOAH (2020年2月17日). 2021年3月12日閲覧。

^ “「映画泥棒」?も登場する韓国で2016年一番流行った「今年の歌」MV 「シャー、シャー、シャー」って何?”. 産経ニュース. (2017年2月8日). https://www.sankei.com/article/20170208-QMGGM4OKXZLF5GRFNROZ6VGRG4/2/ 2021年2月15日閲覧。 

^ “TWICE「2016 MelOn MUSIC AWARDS」今年のベストソング賞を受賞“大きな愛をありがとう””. Kstyle. (2016年11月19日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2057238 2021年2月15日閲覧。 

^ a b “「2016 MAMA」防弾少年団&TWICE&EXO、大賞を受賞(総合)”. Kstyle. (2016年12月3日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2058235 

^ a b “「第31回ゴールデンディスクアワード」音源部門の大賞はTWICE…BLACK PINK、少女時代 テヨンらも受賞(総合)”. Kstyle. (2016年1月14日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2061239 

^ a b “TWICEが楽曲賞「MAMA in Japan」でAKB48×I.O.I、SEVENTEEN×NU’EST Wも”. 音楽ナタリー. (2017年11月30日). https://natalie.mu/music/news/258916 2021年2月15日閲覧。 

^ a b c “TWICE「2018 MAMA」で今年の歌賞を受賞!3年連続の快挙…SNSでファンに感謝“夢が現実になった日””. Kstyle. 2021年2月1日閲覧。

^ “TWICE、練習生時代を涙で振り返る…YouTubeドキュメンタリー配信開始へ”. スポーツソウル. (2020年5月1日). https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=12061 2021年2月15日閲覧。 

^ “【公式】「TWICE」、「MORE & MORE」の英語バージョンをリリース…「世界の“ONCE”のためのプレゼント」”. wowKorea. (2020年8月22日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2020/0822/10268302.html 2021年2月15日閲覧。 

^ a b TWICE、初週15万4000枚突破…「ガールズグループ新記録更新」 KBS WORLD 2019年10月19日閲覧。

^ a b ““TTポーズ”で人気 「TWICE」6月に日本上陸”. ORICON NEWS. (2017年2月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2086455/full/ 

^ “TWICE、日本3rdベストアルバム「#TWICE3」がオリコンデイリーランキング1位に…11連続プラチナなるか”. Kstyle. (2020年9月17日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2151932 2021年2月15日閲覧。 

^ “TWICE、美脚全開で「Wake Me Up」パフォーマンス<レコ大>”. モデルプレス. (2018年12月30日). https://mdpr.jp/music/detail/1813437 2021年2月15日閲覧。 

^ “TWICE、ワールドツアーのアメリカ公演でファンを魅了!7公演で約10万人を動員”. 2022年2月28日閲覧。

^ “TWICE、ワールドツアーのアメリカ公演でファンを魅了!7公演で約10万人を動員”. 2022年2月28日閲覧。

^ “JYP新人ガールズグループのデビューリアリティー番組、5月5日より放送スタート!”. Kstyle. (2015年4月10日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2018036 

^ “TWICE 1stミニアルバム『THE STORY BEGINS』でデビュー”. HMV ONLINE. (2015年10月14日). http://www.hmv.co.jp/fl/58/252/1/ 

^ ““日本人3人所属”TWICE、デビューショーケース「OOH-AHH、TWICE」を開催”. Kstyle. (2015年10月20日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2031181 

^ “「TWICE」、デビュー1週間で音楽番組の首位候補にデビュー44日で新人賞…名実共に“最高の新人””. WoW!Korea. (2015年12月3日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2015/1203/10156672.html 

^ “EXO、SHINee、CNBLUE…アルバム部門の頂点に立ったのは?「ゴールデンディスクアワード」開催(総合)”. Kstyle. (2016年1月22日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2037377 

^ “日本人メンバーも涙!TWICE、デビュー6ヶ月で手にした初の音楽番組1位に感激”. Kstyle. (2016年5月6日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2044295 

^ “EXOからTWICEまで…「人気歌謡」今年の最高スコアBEST5!”. Kstyle. (2016年8月1日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2049740 

^ “GAONチャート年間ランキングを発表!今年最高のヒット曲は何?”. Kstyle. (2016年12月7日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2058490 

^ “TWICE、BIGBANGを押さえ「ミュージックバンク」新年最初の1位獲得!”. Kstyle. (2017年1月7日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2060753 

^ オリコン週間 CDアルバムランキング 2016年11月07日付(2016年10月24日~2016年10月30日)

^ “EXO&TWICE&防弾少年団「2016 MelOn MUSIC AWARDS」で大賞受賞…(総合)”. Kstyle. (2016年11月20日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2057266 

^ “EXOから日本のアニソンまで豪華カバー!TWICE、韓国で初の単独コンサート開催”. Kstyle. (2017年2月20日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2063850 

^ “「TWICE」、30日に1stフルアルバムでカムバック確定!”. WoW! Korea (2017年10月16日). 2017年10月16日閲覧。

^ “TWICE、新曲「Heart Shaker」予告イメージ公開…12/11にリパッケージアルバム発売決定!”. Kstyle (2017年11月27日). 2017年11月27日閲覧。

^ a b 「2017 MAMA in Japan」、日本初開催に1万5千人が熱狂! Mnet 2017年11月30日

^ “TWICE、4月9日にカムバック確定!5thミニアルバム「What is Love?」をリリース”. Kstyle (2018年3月25日). 2018年3月25日閲覧。

^ “TWICE、新曲「Dance The Night Away」で7月9日にカムバック決定!”. Kstyle (2018年6月18日). 2018年6月23日閲覧。

^ “TWICE、6thミニアルバム「YES or YES」予告イメージを公開…新曲に込められたメッセージに期待”. Kstyle (2018年10月24日). 2018年11月18日閲覧。

^ “TWICE『FANCY YOU』” (日本語). 【PHOTO】TWICE、7thミニアルバム「FANCY YOU」発売記念ショーケースを開催…クールなブラックの衣装で登場. 2019年4月22日閲覧。

^ TWICE 韓国史上もっとも売り上げたガールズグループに! 新アルバム「FANCY YOU」が大ヒット KPOP monster 2019年9月30日閲覧。

^ TWICE’s ‘Feel Special’ Hits No. 1 on World Digital Song Sales & Enters Canadian Hot 100 Billboard 2019年10月19日閲覧。

^ a b mydaily: “GOT7、TWICE、Red Velvet、SEVENTEEN、チャン・ドンゴン「2019 Asia Artist Awards」大賞を受賞(総合)”. Kstyle (2019年11月27日). 2021年5月22日閲覧。

^ TWICE – “More & More”MV公開+9thミニアルバムリリース デバク K-POPニュース&ゴシップ 2020年6 月1日閲覧。

^ TWICE – 英語版”More & More”リリース、音源公開 デバク K-POPニュース&ゴシップ 2020年8月21日閲覧。

^ “TWICE、8月9日にオンラインコンサート「WORLD IN A DAY」を開催…世界中のファンが注目”. Kstyle (2020-07-17日). 2020年7月17日閲覧。

^ “TWICE、10月26日にカムバック決定!JYPが公式コメント「ニューアルバムの準備に専念している」”. Kstyle (2020年9月25日). 2020年9月25日閲覧。

^ “[韓流]TWICEの「Feel Special」MV 再生3億回突破”. 聯合ニュース (2020年12月8日). 2020年12月31日閲覧。

^ a b OSEN: “BTS(防弾少年団)が2冠!TWICEからSUPER JUNIORまで「2020 Asia Artist Awards」で受賞(総合)”. Kstyle (2020年11月29日). 2021年5月22日閲覧。

^ “「TWICE」、本日(18日)新曲「CRY FOR ME」を発表…“サプライズステージに大きな声援を感謝””. WoW!Korea (2020年12月18日). 2020年12月31日閲覧。

^ “TWICEのカムバック発表に!!タイトルと日程に“サマークイーン”の予感ふたたび!!”. スポーツソウル (2021年5月3日). 2021年5月3日閲覧。

^ a b c “TWICE、ワールドツアーのアメリカ公演でファンを魅了!7公演で約10万人を動員”. Kstyle (LINE). (2022年2月28日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2187818 2022年8月10日閲覧。 

^ “TWICE、6月9日に新曲の音源&MVを先行公開…カムバックに期待高まる”. Kstyle. LINE株式会社 (2021年5月11日). 2021年5月11日閲覧。

^ “TWICE、タイトル曲「Alcohol-Free」MVを先行公開…ラテン風のダンス&清涼感あふれる映像に注目”. Kstyle. LINE株式会社 (2021年6月9日). 2021年6月14日閲覧。

^ “TWICE、初の英語シングル 「The Feels」10月1日に全世界で同時リリース!予告映像を公開”. Kstyle. LINE株式会社. Newsen (2021年8月23日). 2021年10月1日閲覧。

^ “TWICEの“愛の公式”は?3rdフルアルバム「Formula of Love: O+T=<3」リリース決定”. 音楽ナタリー. Natasha, Inc. (2021年10月8日). 2021年10月8日閲覧。

^ “TWICE、ワールドツアー「III」がソウル公演で幕を上げる…「今日が2021年で一番幸せな瞬間」”. 2021年12月28日閲覧。

^ “【公式】「TWICE」、北米スタジアムで公演=K-POPガールズグループとして初” (日本語). WoW! Korea. 2022年5月16日閲覧。

^ “TWICE、メンバー全員が個人インスタを開設!最初の投稿に注目” (日本語). Kstyle. 2022年5月19日閲覧。

^ “TWICE“不動のセンター”、ナヨンがソロデビュー決定!ミニアルバムでメインボーカルの実力発揮か” (日本語). スポーツソウル. 2022年7月3日閲覧。

^ “TWICE,JYPと全員再契約完了..[公式]”. daum芸能ニュース. 2022年7月12日閲覧。

^ “TWICE、全員がJYPと再契約 8月26日にカムバック決定” (日本語). modelpress. 2022年7月31日閲覧。

^ “続く「TWICEブーム」…日本デビューアルバム売上25万枚突破!“韓国アーティスト唯一のプラチナ作品”に認定”. Kstyle (2017年8月11日). 2017年8月11日閲覧。

^ a b “TWICE、10・18初の日本オリジナル曲「One More Time」”. ORICON NEWS (2017年9月15日). 2017年12月22日閲覧。

^ “10/30付週間シングルランキング1位はTWICEの「One More Time」”. ORICON NEWS (2017年10月25日). 2017年11月19日閲覧。

^ “TWICE、初アルバム&初シングルがプラチナに認定!”. THE FACT JAPAN (2017年11月14日). 2017年11月16日閲覧。

^ “超特急、SKE48、TWICE、SPYAIRらが本気仮装!雨の「T-SPOOK」盛況で幕”. 音楽ナタリー (2017年10月23日). 2017年10月23日閲覧。

^ “TWICEが『Mステスーパーライブ2017』に出演!”. TOWER RECORDS ONLINE (2017年12月21日). 2021年1月15日閲覧。

^ “TWICE、日本初の単独公演をDVD&Blu-rayで発売 メイキングやメンバーインタビュー映像も”. リアルサウンド. 2018年5月1日閲覧。

^ “【紅白】“TTポーズ”TWICEが初出場 NHK制作統括「今年の活躍が顕著だった」”. ORICON NEWS (2017年11月16日). 2017年11月19日閲覧。

^ “2018年もTWICE旋風、初のショーケースツアーで1ヵ月ぶりのNHKホール”. BARKS (2018年1月29日). 2018年2月6日閲覧。

^ “TWICE、来年2・7に新曲「Candy Pop」 カラフル&ポップなアートワーク公開”. ORICON NEWS (2017年12月22日). 2017年12月22日閲覧。

^ “TWICE、日本で3連続プラチナ獲得!「Candy Pop」が日本オリコンシングル月間チャート2位に”. K style (2018年3月19日). 2018年4月5日閲覧。

^ “TWICE JAPAN 2nd SINGLE「Candy Pop」”. TWICE OFFICIAL SITE. 2018年2月12日閲覧。

^ a b “TWICE、5冠の快挙 K-POP最注目新人として話題沸騰<第32回日本ゴールドディスク大賞>”. modelpress (2018年2月27日). 2018年2月28日閲覧。

^ “TWICE、JAPAN 3rdシングル「Wake Me Up」発売決定。NIKE AIR MAXとコラボ” (2018年4月1日). 2018年4月2日閲覧。

^ “TWICE 3rdシングル「Wake Me Up」ダブル・プラチナ認定”. excite ニュース (2018年6月9日). 2018年6月15日閲覧。

^ “TWICEライブでTGC開幕 美ボディに釘付けの熱狂ステージ<TGC2018A/W>”. modelpress (2018年9月1日). 2018年9月2日閲覧。

^ “TWICE、9・12日本初アルバムは『BDZ』 ハイタッチ会開催も決定”. ORICON NEWS (2018年6月22日). 2018年6月23日閲覧。

^ TWICE 日本でもっとも売り上げたK-POPガールズグループに! KARA 超えの大記録を達成 KPOP monster 2019年9月30日閲覧。

^ “TWICEが秋にアリーナツアー、新アルバム発売も決定”. ナタリー (2018年6月3日). 2018年6月5日閲覧。

^ Kstyle編集部 (2018年12月19日). “TWICE、12/21放送「Mステスーパーライブ」でスペシャルメドレー披露!”. Kstyle. 2018年12月27日閲覧。

^ a b “「TWICE」、日本レコード大賞「優秀作品賞」を受賞!”. WOW! Korea (2018年11月16日). 2018年11月23日閲覧。

^ “TWICE、今年もNHK紅白歌合戦出場へ。K-POP女性グループ史上初の2年連続”. livedoor NEWS (2018年11月14日). 2018年11月18日閲覧。

^ “TWICE「CDTVスペシャル! 年越しプレミアライブ2018→2019」出演決定!”. Kstyle (2018年12月25日). 2018年12月27日閲覧。

^ “TWICE、東名阪ドームに先駆けベストアルバム「#TWICE2」発表”. 音楽ナタリー (2018年1月11日). 2018年1月11日閲覧。

^ “ジヒョ(TWICE)、「情熱大陸」の主人公に 「リーダーでよかったこと? この番組に出れたこと」”. WOW!Korea (2019年4月1日). 2019年4月2日閲覧。

^ “TWICE、2019年春のドームツアー「TWICE DOME TOUR 2019(仮)」詳細が決定!”. Kstyle (2018年11月15日). 2018年11月18日閲覧。

^ 日本放送協会. “シブヤノオト | NHK” (日本語). シブヤノオト. 2019年9月5日閲覧。

^ TWICE、11月20日に日本2ndアルバム『&TWICE』リリース決定 TOWER RECORDS 2019年12月28日閲覧。

^ “BTS・TWICEら圧巻ステージでナゴヤドーム揺らす「2019 MAMA」過去最大規模で開催<イベントレポ/受賞一覧>”. modelpress (2019年12月5日). 2020年10月2日閲覧。

^ TWICEの最新アルバム「&TWICE」リパッケージ版発売 音楽ナタリー 2019年12月28日閲覧。

^ TWICE初のドームツアーが映像化 音楽ナタリー 2020年3月4日閲覧。

^ “TWICE、11月の東京ドーム振替公演を中止”. 日刊スポーツ (2020年9月4日). 2020年9月5日閲覧。

^ TWICE「世界を明るくつなげる!」最新ビジュアル公開 音楽ナタリー 2020年6月1日閲覧

^ “[韓流]TWICEのシングル「Fanfare」 オリコン1位”. wowkorea.jp (2020年7月10日). 2020年7月10日閲覧。

^ “TWICE、9・16ベストアルバム第3弾『#TWICE3』発売 新ビジュアルも解禁”. ORICON NEWS (2020年7月17日). 2020年7月17日閲覧。

^ “「TWICE」、日本ベストアルバム「#TWICE3」でオリコン&タワーレコード首位”. wowkorea.jp (2020年9月18日). 2020年9月18日閲覧。

^ “TWICE、日本7thシングル「BETTER」リリース決定”. BARKS. JAPAN MUSIC NETWORK (2020年9月23日). 2021年6月14日閲覧。

^ “TWICE、生配信ライヴ「新体感ライブ CONNECT Special Live 『TWICE in Wonderland』」3月6日に開催決定”. TOWER RECORDS ONLINE (2021年1月14日). 2021年1月15日閲覧。

^ “TWICE、日本シングル『Kura Kura』で5月12日カムバック”. 時事通信 (2021年3月8日). 2021年3月10日閲覧。

^ “TWICE、日本3rdアルバム『Perfect World』発売決定 ティザー写真公開”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年5月19日). 2021年5月19日閲覧。

^ “TWICE、クリスマスシーズンに新シングル発売決定 日本オリジナル曲初のバラード”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年10月15日). 2021年10月16日閲覧。

^ Kstyle編集部 (2021年12月25日). “TWICE&ジェジュン「ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE 2021」に登場!3年ぶりの披露&流暢な日本語も”. Kstyle. 2021年12月26日閲覧。

^ “TWICE、洗練された『#TWICE4』ビジュアル解禁 SHIBUYA109広告もチェンジ”. ORICON NEWS (2022年2月8日). 2022年3月27日閲覧。

^ “3/28付週間アルバムランキング1位はTWICEの『#TWICE4』”. ORICON NEWS (2022年3月25日). 2022年3月27日閲覧。

^ “TWICE、東京ドーム1公演追加で3daysに プレミアムチケット化を受けて”. ORICON NEWS (2022年3月7日). 2022年3月27日閲覧。

^ TWICE、日本デビュー5周年記念DVD/Blu-ray『T・W・I・C・E』のビジュアル公開 LUXとのタイアップソング「Just be yourself」をサプライズ配信も SPICE 2022年3月27日閲覧。

^ “TWICE、韓国ガールズグループ初の東京ドーム3days成功 日本4枚目アルバム『Celebrate』7・27発売”. ORICON NEWS (2022年4月25日). 2022年5月16日閲覧。

^ “네이버V앱 트와이스TV2 EP.5”. 네이버 V앱. (2015年11月20日). http://www.vlive.tv/video/3452 

^ “백만에 하나 있을까 말까 한 특별한 소녀들, 트와이스”. bnt뉴스. (2015年10月29日). http://bntnews.hankyung.com/apps/news?popup=0&nid=04&c1=04&c2=04&c3=00&nkey=201510290921003&mode=sub_view 

^ “「TWICE LOVELYS」introduction”. YouTube. TWICE JAPAN OFFICIAL YouTube Channel (2019年2月16日). 2022年8月19日閲覧。

^ “[네이버 연예 아이엠그라운드, 트와이스 소개 하기!”] (朝鮮語). NAVER. (2015年10月26日). https://entertain.naver.com/topic/998557/998557/read?oid=420&aid=0000002610 

^ Gaon週間アルバムチャート 2015年10月18日〜2015年10月24日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2016年4月24日〜2016年4月30日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2016年10月23日〜2016年10月29日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2017年5月14日〜2017年5月20日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2018年4月8日〜2018年4月14日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2018年11月4日〜2018年11月10日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2019年4月21日〜2019年4月27日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2019年9月22日〜2019年9月28日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2020年5月31日〜2020年6月8日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2021年6月6日〜2021年6月12日

^ Circle Chart

^ Circle Chart週間アルバムチャート 2022年8月21日〜2022年8月28日

^ Gaon週間アルバムチャート 2017年10月29日〜2017年11月4日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2020年10月25日〜2020年10月31日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2021年11月7日〜2021年11月13日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2017年12月10日〜2017年12月16日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2017年2月19日〜2017年2月25日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2018年7月8日〜2018年7月14日

^ Circle Chart

^ Gaon週間アルバムチャート 2018年12月9日〜2018年12月15日

^ Circle Chart

^ “2017年10月16日~2017年10月22日 オリコン週間 シングルランキング”. ORICON NEWS. 2020年12月2日閲覧。

^ “【ビルボード】TWICE『One More Time』が219,131枚を売り上げシングル・セールス首位獲得 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年12月2日閲覧。

^ “2018年02月05日~2018年02月11日 オリコン週間 シングルランキング”. ORICON NEWS. 2020年12月2日閲覧。

^ “【ビルボード】TWICE『Candy Pop』が30万枚超の売上で週間シングル・セールス首位 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年12月2日閲覧。

^ “2018年05月14日~2018年05月20日 オリコン週間 シングルランキング”. ORICON NEWS. 2020年12月2日閲覧。

^ “【ビルボード】TWICE『Wake Me Up』が299,195枚を売り上げてシングル・セールス首位 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年12月2日閲覧。

^ “2019年07月15日~2019年07月21日 オリコン週間 シングルランキング”. ORICON NEWS. 2020年12月2日閲覧。

^ “【ビルボード】日向坂46『ドレミソラシド』が約45万枚売り上げSGセールス首位獲得 TWICEは約30万枚売り上げて2位に | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年12月2日閲覧。

^ “2019年07月22日~2019年07月28日 オリコン週間 シングルランキング”. ORICON NEWS. 2020年12月2日閲覧。

^ “【ビルボード】SKE48『FRUSTRATION』が36万枚売り上げSGセールス首位獲得 2位と3位にはTWICEがチャートイン | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年12月2日閲覧。

^ “2020年07月06日~2020年07月12日 オリコン週間 シングルランキング”. ORICON NEWS. 2020年12月2日閲覧。

^ “【ビルボード】TWICE『Fanfare』が初週20万枚でシングル・セールス1位、=LOVEは自己最高セールス更新 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年12月2日閲覧。

^ “2020年11月16日~2020年11月22日 オリコン週間 シングルランキング”. ORICON NEWS. 2020年12月2日閲覧。

^ “【ビルボード】NMB48『恋なんかNo thank you!』初週14.6万枚でSGセールス首位 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年12月2日閲覧。

^ “2021年5月10日~2021年5月16日 オリコン週間 シングルランキング”. ORICON NEWS. 2021年5月20日閲覧。

^ “【ビルボード】Hey! Say! JUMP『ネガティブファイター』初週21.5万枚でシングル・セールス首位 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年6月13日閲覧。

^ “2021年12月13日~2021年12月19日 オリコン週間 シングルランキング”. ORICON NEWS. 2021年12月26日閲覧。

^ “ビルボード】JO1『WANDERING』初週51.6万枚でシングル・セールス首位、自己最高記録に | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年12月26日閲覧。

^ “週間 アルバムランキング 2018年09月24日付(2018年09月10日~2018年09月16日)”. ORICON NEWS (2018年9月24日). 2021年8月22日閲覧。

^ “【ビルボード】TWICE『BDZ』が181,605枚で週間アルバム・セールス首位に、安室奈美恵『Finally』は週末で伸びを見せ3位に浮上 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年12月2日閲覧。

^ “2019年11月18日~2019年11月24日 オリコン週間 アルバムランキング”. ORICON NEWS. 2020年12月2日閲覧。

^ “【ビルボード】TWICE『&TWICE』が133,163枚を売り上げてアルバムセールス首位 GENERATIONSが2位に | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年12月2日閲覧。

^ “週間 アルバムランキング 2021年08月09日付(2021年07月26日~2021年08月01日)”. ORICON NEWS. 2021年8月17日閲覧。

^ “【ビルボード】TWICE『Perfect World』が総合アルバム首位 SHINee/Guilty Kissが続く” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年8月17日閲覧。

^ “2017年06月26日~2017年07月02日 オリコン週間 アルバムランキング”. ORICON NEWS. 2020年12月2日閲覧。

^ “【ビルボード】関ジャニ∞『ジャム』が337,677枚を売り上げ、TWICEを抑えアルバム・セールス・チャート首位 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年12月2日閲覧。

^ “2019年03月04日~2019年03月10日 オリコン週間 アルバムランキング”. ORICON NEWS. 2020年12月2日閲覧。

^ “【深ヨミ】TWICEベスト盤第2弾『#TWICE2』の売上はまだまだ伸びる?過去2作の動向と比較する | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2020年12月2日閲覧。

^ “2020年09月14日~2020年09月20日 オリコン週間 アルバムランキング”. ORICON NEWS. 2020年12月2日閲覧。

^ “【ビルボード】TWICE『#TWICE3』が113,601枚でALセールス首位 森口博子/あいみょんが続く(Billboard JAPAN)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年12月2日閲覧。

^ “2022年03月14日~2022年03月20日 オリコン週間 アルバムランキング”. ORICON NEWS. 2022年3月27日閲覧。

^ “【ビルボード】TWICE『#TWICE4』初週7万枚を売り上げてアルバム・セールス首位” (日本語). Billboard JAPAN. 2022年5月15日閲覧。

^ “TWICE『ViVi』12月号から連載スタート! 初回はナヨンをフィーチャー”. ビルボードジャパン. 2018年5月1日閲覧。

^ “「TWICE」、ワールドツアーの軌跡が映画に!「TWICELAND」公開決定!”. WOW! Korea (2018年8月10日). 2020年10月20日閲覧。

^ “TWICE「祝!日本デビューTWICE特集」がMnetにて放送決定!”. Kstyle. 2018年5月1日閲覧。

^ “「本物の男」女性兵士特集がスタート! TWICE ダヒョンからSecret ヒョソンまで、ドタバタ成長記の始まり(総合)”. Kstyle. 2018年5月1日閲覧。

^ “GOT7 ジャクソン&MONSTA X ジュホン&TWICE ダヒョン「週刊アイドル」にMCとして合流“感謝する””. Kstyle. 2018年5月1日閲覧。

^ “「人気歌謡」TWICE ジョンヨン&コン・スンヨン&キム・ミンソク、新MCの青春ドラマのような初ミーティング”. kstyle. 2018年5月1日閲覧。

^ “キム・ミンソク、コン・スンヨン、ジョンヨン(TWICE)、「人気歌謡」MCを降板”. wowkorea. 2018年5月1日閲覧。

^ “HIT THE STAGE”. m-net. 2018年5月1日閲覧。

^ “TWICEを利用?出演分量めぐり議論に…バラエティ番組「鍋敷き」に非難の声”. kstyle. 2018年5月1日閲覧。

^ “【配信開始】TWICEの10人目のメンバーになって世界を救おう!スマホ向けパズルゲーム『TWICE -GO! GO! Fightin’-』”. ファミ通App (2018年12月19日). 2018年12月20日閲覧。

^ “公演キャンセルのTWICEを、マレーシアファンが空港で見送り ‐ サナとダヒョンが感激の涙”. デバク (2018年7月29日). 2021年12月28日閲覧。

^ “TWICE、台風影響でツアー公演中止「お客様の安全を第一に考え」 振替えの予定なし”. ORICON NEWS (2018年9月30日). 2020年9月1日閲覧。

^ “TWICE、世界を魅了したワールドツアー日本公演がスタート&東京ドーム追加公演決定”. billboard JAPAN (2019年10月18日). 2021年8月17日閲覧。

^ “「TWICE WORLD TOUR 2019 ‘TWICELIGHTS’ IN JAPAN」(4月15日、4月16日)東京ドーム振替公演開催中止および払い戻しに関するお知らせ”. TWICE JAPAN OFFICIAL SITE. Warner Music Japan (2020年9月3日). 2021年8月17日閲覧。

^ “TWICE、12月24日開催予定の有観客コンサートが中止に。韓国のコロナ拡大による制限強化で【全文】”. スポーツソウル (2021年12月17日). 2021年12月20日閲覧。

^ “TWICE 4TH WORLD TOUR ‘III’ IN JAPAN 東京ドーム開催決定!”. TWICE JAPAN OFFICIAL SITE. Warner Music Japan (2021年12月26日). 2022年1月1日閲覧。

^ アジアNo.1音楽授賞式「2015 Mnet Asian Music Awards」受賞者決定 Mnet.(2015年12月3日)

^ <30thゴールデンディスク>TWICE、JTBC2新人賞受賞…感激の瞬間 中央日報(2016年1月22日)

^ “HISTORY 2016 Winners” (朝鮮語). Asia Artist Awards組織委員会. 2017年10月23日閲覧。

^ TWICE「第31回ゴールデンディスクアワード」大賞に輝く…感動のアンコールステージ Kstyle.(2017年1月13日)

^ TWICE「第26回ソウル歌謡大賞」で最高音源賞を受賞…3冠達成! Ktyle.(2017年1月20日)

^ TWICE、BLACKPINK、BIGBANG「第6回GAON CHART MUSIC AWARDS」今年の歌手賞を受賞 Kstyle.(2017年2月22日)

^ ドラマ「トッケビ」が4冠王に…「2017 ケーブルテレビ放送大賞」受賞者が発表!(総合) Kstyle.(2017年3月11日)

^ “수상내역” (朝鮮語). Soribada. 2017年10月26日閲覧。

^ EXO&TWICE&パク・ボゴム&チソンなど…「2017韓国大衆文化芸術賞」受賞者リスト公開 Kstyle.(2017年10月30日)

^ EXO&防弾少年団「2017 MelOn Music Awards」で快挙!共に5冠に…アルバム賞はIU(総合) Kstyle.(2017年12月3日)

^ 防弾少年団「第32回ゴールデンディスクアワード」アルバム部門の大賞を受賞…EXOは4冠達成(総合) Kstyle.(2018年1月12日)

^ IU「第32回ゴールデンディスクアワード」音源部門で大賞を受賞…新人賞はWanna One(総合) Kstyle.(2018年1月12日)

^ 【第32回ゴールデンディスク】防弾少年団、“大賞”…EXOは栄光の“4冠王” Innonet.(2018年1月12日)

^ “BTS、ベストアーティスト含む最多5冠 韓国の新音楽賞『MGA』開催”. ORICON MUSIC. (2018年11月7日). https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52054/ 2018年11月7日閲覧。 

^ TVREPORT: “BTS(防弾少年団)「第28回ソウル歌謡大賞」大賞受賞で3冠達成…“僕たちも皆さんのファン”(総合)”. Kstyle (2019年1月16日). 2021年5月22日閲覧。

^ TVREPORT: “BTS(防弾少年団)「2019 MAMA」で驚異の9冠を獲得!気になる今年の結果は?(総合)”. Kstyle (2019年12月5日). 2021年5月22日閲覧。

動画

^ TWICE “Like OOH-AHH(OOH-AHH하게)” M/V. JYP Entertainment. (2015年10月20日). https://www.youtube.com/watch?v=0rtV5esQT6I 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “CHEER UP” M/V. JYP Entertainment. (2016年4月25日). https://www.youtube.com/watch?v=c7rCyll5AeY 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “TT” M/V. JYP Entertainment. (2016年10月24日). https://www.youtube.com/watch?v=ePpPVE-GGJw 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “KNOCK KNOCK” M/V. JYP Entertainment. (2016年10月24日). https://www.youtube.com/watch?v=8A2t_tAjMz8 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “SIGNAL” M/V. JYP Entertainment. (2017年5月15日). https://www.youtube.com/watch?v=VQtonf1fv_s 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “LIKEY” M/V. JYP Entertainment. (2017年10月30日). https://www.youtube.com/watch?v=V2hlQkVJZhE 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “Heart Shaker” M/V. JYP Entertainment. (2017年12月11日). https://www.youtube.com/watch?v=rRzxEiBLQCA 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “Merry & Happy” M/V. JYP Entertainment. (2017年12月22日). https://www.youtube.com/watch?v=zi_6oaQyckM 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “What is Love?” M/V. JYP Entertainment. (2018年4月9日). https://www.youtube.com/watch?v=i0p1bmr0EmE 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “Dance The Night Away” M/V. JYP Entertainment. (2018年7月9日). https://www.youtube.com/watch?v=Fm5iP0S1z9w 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “YES or YES” M/V. JYP Entertainment. (2018年11月5日). https://www.youtube.com/watch?v=mAKsZ26SabQ 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “The Best Thing I Ever Did(올해 제일 잘한 일)” M/V. JYP Entertainment. (2018年11月5日). https://www.youtube.com/watch?v=CfUGjK6gGgs 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “FANCY” M/V. JYP Entertainment. (2019年4月22日). https://www.youtube.com/watch?v=kOHB85vDuow 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “Feel Special” M/V. JYP Entertainment. (2019年9月23日). https://www.youtube.com/watch?v=3ymwOvzhwHs 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “MORE & MORE” M/V. JYP Entertainment. (2020年6月1日). https://www.youtube.com/watch?v=mH0_XpSHkZo 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “I CAN’T STOP ME” M/V. JYP Entertainment. (2020年10月26日). https://www.youtube.com/watch?v=CM4CkVFmTds 2021年2月3日閲覧。 

^ TWICE “Alcohol-Free” M/V. JYP Entertainment. (2021年6月9日). https://www.youtube.com/watch?v=XA2YEHn-A8Q 2021年6月13日閲覧。 

^ TWICE “The Feels” M/V. JYP Entertainment. (2021年10月1日). https://www.youtube.com/watch?v=f5_wn8mexmM 2021年10月1日閲覧。 

^ TWICE “SCIENTIST” M/V. JYP Entertainment. (2021年11月12日). https://www.youtube.com/watch?v=vPwaXytZcgI 2021年11月16日閲覧。 

^ San E (2011年4月29日). San E “가면 안돼” M/V. https://www.youtube.com/watch?v=KyhNRnABBCM 2021年2月3日閲覧。 

^ Jun. K (2014年6月12日). Jun. K(ジュンケイ) “NO LOVE (Korean Ver.)” M/V. https://www.youtube.com/watch?v=5rAfyWWP2Ps 2021年2月3日閲覧。 

^ GOT7 (2014年1月15日). GOT7(ガットセブン) “Girls Girls Girls” M/V. https://www.youtube.com/watch?v=2sAoKmg7qPI 2021年2月3日閲覧。 

^ GOT7 (2014年6月23日). GOT7(ガットセブン) “A” M/V. https://www.youtube.com/watch?v=eISomx-VMow 2021年2月3日閲覧。 

^ GOT7 (2014年11月27日). GOT7(ガットセブン) “Stop stop it(하지하지마)” M/V. https://www.youtube.com/watch?v=R_DX64EwH9M 2021年2月3日閲覧。 

^ JUNHO (From 2PM) (2014年8月14日). Junho(ジュノ) “FEEL (Korean Ver.)” M/V. https://www.youtube.com/watch?v=QHOePrycK8g 2021年2月3日閲覧。 

^ miss A (2015年3月29日). miss A “Only You(다른 남자 말고 너)” M/V. https://www.youtube.com/watch?v=zO9RzrhYR-I 2021年2月3日閲覧。 

^ J.Y. Park ft. Conan O’Brien & Steven Yeun & Jimin Park (2016年4月10日). J.Y. Park “Fire” feat. Conan O’Brien & Steven Yeun & Jimin Park Official M/V. https://www.youtube.com/watch?v=X2mqrzKHb3w 2021年2月3日閲覧。 

^ ヒチョル × ミン・ギョンフン (2016年11月20日). [STATION] 희철 X 민경훈 ‘나비잠 (Sweet Dream)’ MV. https://www.youtube.com/watch?v=5JbVVlqrreE 2021年2月3日閲覧。 

^ TAECYEON (From 2PM) (2017年1月5日). TAECYEON (From 2PM) 『Winter 一人』MV. https://www.youtube.com/watch?v=6m7Sf4Az1Sc 2021年2月3日閲覧。 

^ Jun. K (2017年1月3日). JUN. K(ジュンケイ) “Your Wedding(결혼식)” M/V. https://www.youtube.com/watch?v=ykLspPsNYtY 2021年2月3日閲覧。 

^ JUNHO of 2PM (2017年9月11日). JUNHO(ジュノ) Of 2PM “Instant love” M/V. https://www.youtube.com/watch?v=eVvg3O2wBJ4 2021年2月3日閲覧。 

外部リンク

ポータル 音楽
ウィキメディア・コモンズには、TWICE (韓国の音楽グループ)に関連するカテゴリがあります。TWICE(JYPエンターテインメント)
TWICE OFFICIAL SITE(日本公式サイト)(日本語)(英語)(中国語)(朝鮮語)
TWICE OFFICIAL FANCLUB ONCE JAPAN(日本語)(英語)(中国語)(朝鮮語)
TWICE | Warner Music Japan(日本語)
ONCE JAPAN OFFICIAL SHOP(日本語)
Twice Official Store(英語)
TWICE (@JYPETWICE) – Twitter(朝鮮語)
TWICE JAPAN OFFICIAL (@JYPETWICE_JAPAN) – Twitter(日本語)
TWICE (@twicetagram) – Instagram(朝鮮語)
TWICE JAPAN OFFICIAL (@jypetwice_japan) – Instagram(日本語)
ナヨン (@nayeonyny) – Instagram(朝鮮語)
ジョンヨン (@jy_piece) – Instagram(朝鮮語)
モモ (@momo) – Instagram(朝鮮語)
サナ (@m.by__sana) – Instagram(朝鮮語)
ジヒョ (@_zyozyo) – Instagram(朝鮮語)
ミナ (@mina_sr_my) – Instagram(朝鮮語)
ダヒョン (@dahhyunnee) – Instagram(朝鮮語)
チェヨン (@chaeyo.0) – Instagram(朝鮮語)
ツウィ (@thinkaboutzu) – Instagram(朝鮮語)
TWICE (JYPETWICE) – Facebook(朝鮮語)
TWICE – IMDb(英語)
TWICE(JP) (@twice_japan) – LINE Add Friend
TWICE – YouTubeチャンネル(朝鮮語)
TWICE JAPAN OFFICIAL YouTube Channel – YouTubeチャンネル(日本語)
TWICE – YouTube Music チャンネル
TWICE – Apple Music
TWICE – Amazon Music
TWICE – LINE MUSIC
TWICE – Spotify
TWICE – AWA
TWICE – SoundCloud.mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、歌手に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:音楽/PJ芸能人)。
表話編歴TWICE
ナヨン
ジョンヨン
モモ
サナ
ジヒョ
ミナ
ダヒョン
チェヨン
ツウィアルバム
韓国
ミニアルバム
THE STORY BEGINS(2015年)
PAGE TWO(2016年)
TWICEcoaster : LANE 1(2016年)
SIGNAL(2017年)
What is Love?(2018年)
YES or YES(2018年)
FANCY YOU(2019年)
Feel Special(2019年)
MORE & MORE(2020年)
Taste of Love(2021年)
BETWEEN 1&2(2022年)フルアルバム
Twicetagram(2017年)
Eyes wide open(2020年)
Formula of Love: O+T=<3(2021年)リパッケージアルバム
TWICEcoaster : LANE 1 CHRISTMAS EDITION(2016年)
Merry & Happy (2017年)スペシャルアルバム
TWICEcoaster : LANE 2(2017年)
Summer Nights(2018年)
The year of “Yes”(2018年)
日本
アルバム
BDZ(2018年)
&TWICE(2019年)
Perfect World(2021年)
Celebrate(2022年)リパッケージアルバム
BDZ -Repackage-(2018年)
&TWICE -Repackage-(2020年)ベストアルバム
#TWICE(2017年)
#TWICE2(2019年)
#TWICE3(2020年)
#TWICE4(2022年)デジタルアルバム
WHAT’S TWICE?(2017年)

シングル
韓国
デジタルシングル
MORE & MORE (English Ver.)(2020年)
I CAN’T STOP ME (English Ver.)(2020年)
CRY FOR ME(2020年)
日本
シングル
One More Time(2017年)
Candy Pop (2018年)
Wake Me Up(2018年)
HAPPY HAPPY(2019年)
Breakthrough(2019年)
Fanfare(2020年)
BETTER(2020年)
Kura Kura(2021年)
Doughnut(2021年)デジタルシングル
I WANT YOU BACK(2018年)

コンサート
TWICELAND – The Opening(2017年)
Candy Pop(2018年)
TWICELAND ZONE 2 : Fantasy Park(2018年)
BDZ(2018年)
#Dreamday(2019年)
TWICELIGHTS(2019年)
TWICELIGHTS IN JAPAN(2019年 – 2020年)
Ⅲ(2021年 – 2022年)
Ⅲ IN JAPAN(2022年)関連項目
SIXTEEN
パク・ジニョン
JYPエンターテインメント
Dreamus
Warner Music Japan
Republic Records
 受賞歴表話編歴ゴールデンディスク賞
歴代大賞受賞者()内の数字は第○回の意、『』内は曲名、アルバム部門の『』内のみアルバム名1980年代
1986(1)チョー・ヨンピル『虚空』
1987(2)イ・ムンセ『愛が過ぎ去れば』
1988(3)チュ・ヒョンミ『新沙洞のあの人』
1989(4)ピョン・ジンソプ『あまりに遅れたでしょう』1990年代
1990(5)ピョン・ジンソプ『君に再び』
1991(6)キム・ヒョンシク『私の愛私のそばに』
1992(7)シン・スンフン『見えない愛』
1993(8)シン・スンフン『君を愛するから』
1994(9)キム・ゴンモ『言い訳』
1995(10)キム・ゴンモ『誤った出会い』
1996(11)キム・ゴンモ『スピード』
1997(12)H.O.T.『幸福』
1998(13)キム・ジョンファン『愛のために』
1999(14)チョ・ソンモ『悲しい霊魂式』2000年代

2000(15)チョ・ソンモ『ご存知ですか』
2001(16)god『道』
2002(17)COOL『真実』
2003(18)チョ・ソンモ『ピアノ』
2004(19)イ・スヨン『フィルリルリ』
2005(20)SG Wannabe『罪と罰』
2006(21)東方神起『“O”-正・反・合』
2007(22)SG Wannabe『アリラン』
2008(23)東方神起『呪文 – MIROTIC』アルバム部門
2009(24)スーパージュニア『SORRY, SORRY』デジタル音源部門
2006(21)SG Wannabe『私の人: Partner For Life』
2007(22)IVY『こんなことなら』
2008(23)JEWELRY『One More Time』
2009(24)少女時代『Gee』
2010年代
アルバム部門
2010(25)少女時代『Oh!』『Run Devil Run』※2作品対象
2011(26)スーパージュニア『Mr.Simple』
2012(27)スーパージュニア『Sexy, Free & Single』
2013(28)EXO『XOXO』
2014(29)EXO『Overdose』
2015(30)EXO『Exodus』
2016(31)EXO『Ex’act』
2017 (32) BTS『LOVE YOURSELF 承“Her”』
2018(33)BTS『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』
2019(34)BTS『MAP OF THE SOUL : PERSONA』デジタル音源部門
2010(25)2AM『死んでも離さない』
2011(26)少女時代『The Boys』
2012(27)PSY『江南スタイル』
2013(28)PSY『ジェントルマン』
2014(29)テヤン『Eyes, Nose, Lips』
2015(30)BIGBANG『LOSER』
2016(31)TWICE『CHEER UP』
2017 (32) IU『Through the Night』
2018(33)iKON『LOVE SCENARIO』
2019(34)BTS『Boy With Luv』
2020年代
アルバム部門
2020(35)BTS『MAP OF THE SOUL : 7』
2021(36)BTS『BE』デジタル音源部門
2020(35)IU『Blueming』
2021(36)IU『Celebrity』

21回デジタル音源部門新設、アルバム部門大賞は24回から、授賞式開催時期は25回まで年末、26回以降は翌年年始音楽の賞のテンプレート韓国の音楽に関する賞
表話編歴Mnet Asian Music Awards
歴代大賞受賞者()内の数字は第○回の意、今年のアルバム賞『』内はアルバム名、今年の歌賞『』内は曲名2000年代
今年の歌手賞
2006(8)東方神起
2007(9)スーパージュニア
2008(10)BIGBANG
2009(11)2PM今年のアルバム賞
2006(8)SG Wannabe『The 3rd Masterpiece』
2007(9)Epik High『Remapping the Human Soul』
2008(10)東方神起『MIROTIC』
2009(11)G-DRAGON『Heartbreaker』今年の歌賞
2006(8)SG Wannabe『私の人: Partner For Life』
2007(9)BIGBANG『LIES』
2008(10)Wonder Girls『Nobody』
2009(11)2NE1『I Don’t Care』
2010年代
今年の歌手賞
2010(12)2NE1
2011(13)少女時代
2012(14)BIGBANG
2013(15)G-DRAGON
2014(16)EXO
2015(17)BIGBANG
2016(18)BTS
2017(19)BTS
2018 (20) BTS
2019 (21) BTS今年のアルバム賞
2010(12)2NE1『To Anyone』
2011(13)スーパージュニア『Mr.Simple』
2012(14)スーパージュニア『Sexy, Free & Single』
2013(15)EXO『XOXO』
2014(16)EXO『Overdose』
2015(17)EXO『Exodus』
2016(18)EXO『Ex’act』
2017(19)EXO『THE WAR』
2018 (20) BTS『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』
2019 (21) BTS『MAP OF THE SOUL : PERSONA』今年の歌賞
2010(12)miss A『Bad Girl Good Girl』
2011(13)2NE1『I AM THE BEST』
2012(14)PSY『江南スタイル』
2013(15)チョー・ヨンピル『Bounce』
2014(16)テヤン『Eyes, Nose, Lips』
2015(17)BIGBANG『BANG BANG BANG』
2016(18)TWICE『CHEER UP』
2017 (19) TWICE『SIGNAL』
2018 (20) TWICE『What is Love?』
2019 (21) BTS『Boy With Luv (feat. Halsey)』
2020年代
今年の歌手賞
2020(22)BTS
2021(23)BTS今年のアルバム賞
2020(22)BTS『MAP OF THE SOUL : 7』
2021(23)BTS『BE』今年の歌賞
2020(22)BTS『Dynamite』
2021(23)BTS『Butter』

2006年から大賞3部門

カテゴリ:音楽の賞
表話編歴Melon Music Awards
歴代大賞受賞者()内の数字は第○回の意、ベストソング賞『』内は曲名、アルバム賞『』内はアルバム名2000年代
アーティスト賞
2009(1)少女時代アルバム賞
2009(1)G-DRAGON『Heartbreaker』ベストソング賞
2009(1)少女時代『Gee』
2010年代
アーティスト賞
2010(2)少女時代
2011(3)BEAST
2012(4)BEAST
2013(5)SHINee
2014(6)IU
2015(7)BIGBANG
2016(8)EXO
2017(9)EXO
2018(10)BTS
2019(11)BTSアルバム賞
2010(2)2NE1『To Anyone』
2011(3)2NE1『2NE1 2nd Mini Album』
2012(4)Busker Busker『Busker Busker1集』
2013(5)Busker Busker『Busker Busker2集』
2014(6)god『Chapter 8』
2015(7)EXO『Exodus』
2016(8)BTS『花様年華 Young Forever』
2017 (9) IU『Palette』
2018(10)BTS『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』
2019(11)BTS『MAP OF THE SOUL : PERSONA』ベストソング賞
2010(2)2AM『死んでも離さない』
2011(3)IU『良い日』
2012(4)PSY『江南スタイル』
2013(5)EXO『Growl』
2014(6)テヤン『Eyes, Nose, Lips』
2015(7)BIGBANG『BANG BANG BANG』
2016(8)TWICE『CHEER UP』
2017 (9) BTS『Spring Day』
2018(10)iKON『LOVE SCENARIO』
2019(11)BTS『Boy With Luv (feat. Halsey)』
2020年代
アーティスト賞
2020(12)BTS
2021(13)IUアルバム賞
2020(12)BTS『MAP OF THE SOUL : 7』
2021(13)IU『LILAC』ベストソング賞
2020(12)BTS『Dynamite』
2021(13)BTS『Butter』

2005年にオンラインで創設、2009年に第1回授賞式開催音楽の賞・韓国の音楽に関する賞
表話編歴ガオンチャートミュージックアワード今年の歌手賞音源部門
歴代受賞者()内の数字は第○回、受賞曲は音源部門を参照2010年代
1月
’11(1)Secret
’12(2)T-ARA
’13(3)少女時代
’14(4)Girl’s Day
’15(5)Mad Clown
’16(6)GFRIEND
’17(7)楽童ミュージシャン
’18(8)iKON
’19(9)M.C the MAX2月
’11(1)IU
’12(2)BIGBANG
’13(3)SISTAR19
’14(4)ソユ&チョンギゴ
’15(5)ナオル
’16(6)MAMAMOO
’17(7)TWICE
’18(8)ロイ・キム
’19(9)ファサ3月
’11(1)K.Will
’12(2)BIGBANG
’13(3)ダビチ
’14(4)2NE1
’15(5)MCモン
’16(6)チャン・ボムジュン
’17(7)IU
’18(8)BIGBANG
’19(9)テヨン4月
’11(1)BIGBANG
’12(2)Busker Busker
’13(3)PSY
’14(4)楽童ミュージシャン
’15(5)miss A
’16(6)TWICE
’17(7)IU
’18(8)TWICE
’19(9)BOL45月
’11(1)2NE1
’12(2)少女時代-テティソ
’13(3)4minute
’14(4)god
’15(5)BIGBANG
’16(6)Urban Zakapa
’17(7)PSY
’18(8)BOL4
’19(9)ダビチ6月
’11(1)Secret
’12(2)Wonder Girls
’13(3)SISTAR
’14(4)テヤン
’15(5)BIGBANG
’16(6)SISTAR
’17(7)G-DRAGON
’18(8)BLACKPINK
’19(9)ジャン・ヘジン&ユン・ミンス7月
’11(1)T-ARA
’12(2)2NE1
’13(3)Dynamic Duo
’14(4)San E&レイナ
’15(5)BIGBANG
’16(6)Wonder Girls
’17(7)EXO
’18(8)TWICE
’19(9)ベン8月
’11(1)Leessang
’12(2)PSY
’13(3)San E
’14(4)パク・ボラム
’15(5)BIGBANG
’16(6)BLACKPINK
’17(7)ソンミ
’18(8)Red Velvet
’19(9)ソンミ9月
’11(1)ダビチ
’12(2)ソ・イングク&チョン・ウンジ
’13(3)Mad Clown&ソユ
’14(4)SISTAR
’15(5)iKON
’16(6)イム・チャンジョン
’17(7)SECHSKIES
’18(8)イム・チャンジョン
’19(9)楽童ミュージシャン10月
’11(1)イ・スンギ
’12(2)ガイン
’13(3)IU
’14(4)キム・ドンリュル
’15(5)テヨン
’16(6)TWICE
’17(7)Epik High
’18(8)IU
’19(9)MCモン11月
’11(1)Wonder Girls
’12(2)イ・ハイ
’13(3)miss A
’14(4)MCモン
’15(5)ジコ
’16(6)BLACKPINK
’17(7)Wanna One
’18(8)ジェニー
’19(9)IU12月
’11(1)IU
’12(2)イ・スンギ
’13(3)ソ・イングク&ZIA
’14(4)Apink
’15(5)PSY
’16(6)BIGBANG
’17(7)TWICE
’18(8)ベン
’19(9)Red Velvet
2020年代
1月
’20(10)ジコ
’21(11)IU2月
’20(10)BTS
’21(11)SHINee3月
’20(10)M.C the MAX
’21(11)IU4月
’20(10)OH MY GIRL
’21(11)カン・ダニエル5月
’20(10)IU
’21(11)BTS6月
’20(10)BLACKPINK
’21(11)Brave Girls7月
’20(10)ジコ
’21(11)BTS8月
’20(10)BTS
’21(11)Red Velvet9月
’20(10)チョンハ&Christopher
’21(11)BTS&コールドプレイ10月
’20(10)BLACKPINK
’21(11)IU11月
’20(10)BTS
’21(11)TWICE12月
’20(10)テヨン

授賞式開催は翌年。音楽の賞のテンプレートアルバム部門韓国の音楽に関する賞
表話編歴ガオンチャート年間1位
歴代1位獲得者『』内はデジタルチャートが曲名、アルバムチャートがアルバム名2010年代
デジタルチャート
2010『Bad Girl Good Girl』Miss A
2011『Roly-Poly』T-ARA
2012『江南スタイル』PSY
2013『ジェントルマン』PSY
2014『SOME』ソユ&チョンギゴ
2015『BANG BANG BANG』BIGBANG
2016『CHEER UP』TWICE
2017『初雪のように君に会いにゆく』Ailee
2018『LOVE SCENARIO』iKON
2019『2002』アン・マリーアルバムチャート
2010『BONAMANA』SUPER JUNIOR
2011『The Boys』少女時代
2012『Sexy, Free & Single』SUPER JUNIOR
2013『XOXO Repackage』朝鮮語版 EXO
2014『Overdose』EXO-K
2015『Exodus』朝鮮語版 EXO
2016『WINGS』BTS
2017『LOVE YOURSELF 承 ‘Her’』BTS
2018『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』BTS
2019『MAP OF THE SOUL : PERSONA』BTS
2020年代
デジタルチャート
2020『Any Song』ZICO
2021『Celebrity』IUアルバムチャート
2020『MAP OF THE SOUL : 7』BTS
2021『Butter』BTS

音楽の賞のテンプレート典拠管理
ISNI: 0000 0004 6103 2970
MBA: 8da127cc-c432-418f-b356-ef36210d82ac
NLK: KAB201731898
VIAF: 178150468353504172529
WorldCat Identities: nc-twice$musical%20group
アジアポータル朝鮮ポータル音楽ポータル

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=TWICE_(韓国の音楽グループ)&oldid=91392302」から取得
カテゴリ: TWICE韓国のガール・グループ韓国のポップ・グループ9人組の音楽グループ多国籍音楽グループ2015年に結成した音楽グループJYPエンターテインメントワーナーミュージック・ジャパンのアーティストユニバーサル ミュージック グループのアーティストNHK紅白歌合戦出演者隠しカテゴリ: 編集半保護中のページ出典を必要とする記事/2018年5月出典を必要とする記事/2021年10月ウィキペディアとウィキデータで異なる公式ウェブサイトウィキデータにあるSoundCloud ID歌手に関するスタブISNI識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事NLK識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 9166
再生回数: 7728
[spincontent type=”j”]

[페이스캠4K] 트와이스 사나 'I CAN'T STOP ME' (TWICE SANA FaceCam)│@SBS Inkigayo_2020.11.08. Youtube

[페이스캠4K] 트와이스 사나 ‘I CAN’T STOP ME’ (TWICE SANA FaceCam)│@SBS Inkigayo_2020.11.08.

#인기가요 #TWICE #ICANTSTOPME
——————————————————————————————

☞ MORE "SBS KPOP"

– Twitter : https://twitter.com/kpop_sbs
– Facebook : https://www.facebook.com/sbskpop
– Instagram : https://instagram.com/sbskpop_official

2. twice i can t stop me サナ Yomiuri

Yomiuri
twice i can t stop me サナ

説明: twice i can t stop me サナ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 twice i can t stop me サナ は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2608
[spincontent type=”j”]

3. twice i can t stop me サナ Asahi Shimbun

朝日新聞
twice i can t stop me サナ

説明: 朝日新聞で検索した twice i can t stop me サナ に関する上記の情報が、twice i can t stop me サナ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 50 73
[spincontent type=”j”]

4. twice i can t stop me サナ The Japan Times

The Japan Times
twice i can t stop me サナ

説明: ジャパン タイムズで検索した twice i can t stop me サナ に関する記事のトップです。twice i can t stop me サナ に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6126
[spincontent type=”j”]

5. twice i can t stop me サナ Yomiuri Shimbun

読売新聞
twice i can t stop me サナ

説明: twice i can t stop me サナ に関する詳細情報はすでにありますか? twice i can t stop me サナ という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2382
[spincontent type=”j”]

6. twice i can t stop me サナ Mainichi Shimbun

毎日新聞
twice i can t stop me サナ

説明: 毎日新聞で見つけた twice i can t stop me サナ に関する上記の情報が、twice i can t stop me サナ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9650
[spincontent type=”j”]

7. twice i can t stop me サナ Sankei Shimbun

産経新聞
twice i can t stop me サナ

説明: 産経新聞で検索した twice i can t stop me サナ に関する記事のトップです。twice i can t stop me サナ に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1231
[spincontent type=”j”]

8. twice i can t stop me サナ Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
twice i can t stop me サナ

説明: twice i can t stop me サナ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 twice i can t stop me サナ は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4696
[spincontent type=”j”]

9. twice i can t stop me サナ Chunichi Shimbun

中日新聞
twice i can t stop me サナ

説明: 中日新聞で検索した twice i can t stop me サナ に関する上記の情報が、twice i can t stop me サナ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7159
[spincontent type=”j”]

10. twice i can t stop me サナ Tokyo Shimbun

東京新聞
twice i can t stop me サナ

説明: twice i can t stop me サナ に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した twice i can t stop me サナ に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7486
[spincontent type=”j”]

11. twice i can t stop me サナ Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
twice i can t stop me サナ

説明: twice i can t stop me サナ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 twice i can t stop me サナ は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 48 15
[spincontent type=”j”]

12. twice i can t stop me サナ Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
twice i can t stop me サナ

説明: 日刊工業新聞で見つけた twice i can t stop me サナ に関する上記の情報が、twice i can t stop me サナ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 50 20
[spincontent type=”j”]

13. twice i can t stop me サナ Ainu Times

アイヌタイムス
twice i can t stop me サナ

説明: アイヌ タイムズで検索した twice i can t stop me サナ に関する記事のトップです。twice i can t stop me サナ に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 50 88
[spincontent type=”j”]

14. twice i can t stop me サナ Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
twice i can t stop me サナ

説明: twice i can t stop me サナ に関する詳細情報はすでにありますか? twice i can t stop me サナ という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4506
[spincontent type=”j”]

15. twice i can t stop me サナ Chiba Nippo

千葉日報
twice i can t stop me サナ

説明: 千葉日報で検索した twice i can t stop me サナ に関する上記の情報が、twice i can t stop me サナ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5287
[spincontent type=”j”]

16. twice i can t stop me サナ Chugoku Shimbun

中国新聞
twice i can t stop me サナ

説明: 中国新聞で検索した twice i can t stop me サナ に関する記事のトップです。twice i can t stop me サナ に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 71
[spincontent type=”j”]

17. twice i can t stop me サナ Daily Tohoku

デイリー東北
twice i can t stop me サナ

説明: twice i can t stop me サナ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 twice i can t stop me サナ はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5902
[spincontent type=”j”]

18. twice i can t stop me サナ The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
twice i can t stop me サナ

説明: イースタン クロニクルで検索した twice i can t stop me サナ に関する上記の情報が、twice i can t stop me サナ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6103
[spincontent type=”j”]

twice i can t stop me サナ に関する質問

twice i can t stop me サナ についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 twice i can t stop me サナ は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 twice i can t stop me サナ が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード twice i can t stop me サナ

twice i can t stop me サナ
方法twice i can t stop me サナ
チュートリアル twice i can t stop me サナ
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: