あなたは the house of the dead: remake について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 the house of the dead: remake を共有します。 the house of the dead: remake に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

the house of the dead: remake

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

日本ローカルの事柄については「1997年の日本」をご覧ください。

千年紀:
2千年紀世紀:
19世紀 – 20世紀 – 21世紀十年紀:
1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代年:
1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年.mw-parser-output .sidebarwidth:auto;float:right;clear:right;margin:0.5em 0 1em 1em;background:#f8f9fa;border:1px solid #aaa;padding:0.2em;text-align:center;line-height:1.4em;font-size:88%;border-collapse:collapse;display:tablebody.skin-minerva .mw-parser-output .sidebardisplay:table!important;float:right!important;margin:0.5em 0 1em 1em!important.mw-parser-output .sidebar-subgroupwidth:100%;margin:0;border-spacing:0.mw-parser-output .sidebar-leftfloat:left;clear:left;margin:0.5em 1em 1em 0.mw-parser-output .sidebar-nonefloat:none;clear:both;margin:0.5em 1em 1em 0.mw-parser-output .sidebar-outer-titlepadding:0 0.4em 0.2em;font-size:125%;line-height:1.2em;font-weight:bold.mw-parser-output .sidebar-top-imagepadding:0.4em.mw-parser-output .sidebar-top-caption,.mw-parser-output .sidebar-pretitle-with-top-image,.mw-parser-output .sidebar-captionpadding:0.2em 0.4em 0;line-height:1.2em.mw-parser-output .sidebar-pretitlepadding:0.4em 0.4em 0;line-height:1.2em.mw-parser-output .sidebar-title,.mw-parser-output .sidebar-title-with-pretitlepadding:0.2em 0.8em;font-size:145%;line-height:1.2em.mw-parser-output .sidebar-title-with-pretitlepadding:0 0.4em.mw-parser-output .sidebar-imagepadding:0.2em 0.4em 0.4em.mw-parser-output .sidebar-headingpadding:0.1em 0.4em.mw-parser-output .sidebar-contentpadding:0 0.5em 0.4em.mw-parser-output .sidebar-content-with-subgrouppadding:0.1em 0.4em 0.2em.mw-parser-output .sidebar-above,.mw-parser-output .sidebar-belowpadding:0.3em 0.8em;font-weight:bold.mw-parser-output .sidebar-collapse .sidebar-above,.mw-parser-output .sidebar-collapse .sidebar-belowborder-top:1px solid #aaa;border-bottom:1px solid #aaa.mw-parser-output .sidebar-navbartext-align:right;font-size:75%;padding:0 0.4em 0.4em.mw-parser-output .sidebar-list-titlepadding:0 0.4em;text-align:left;font-weight:bold;line-height:1.6em;font-size:105%.mw-parser-output .sidebar-list-title-cpadding:0 0.4em;text-align:center;margin:0 3.3em@media(max-width:720px)body.mediawiki .mw-parser-output .sidebarwidth:100%!important;clear:both;float:none!important;margin-left:0!important;margin-right:0!important1997年(1997 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、水曜日から始まる平年。平成9年。
この項目では、国際的な視点に基づいた1997年について記載する。

他の紀年法[編集]
各紀年法による1997年

 

西暦

1997年 MCMXCVII
干支

丁丑
和暦

平成9年
檀君紀元

檀紀4330年
 – 主体暦

主体86年
民国紀元

民國86年
タイ太陽暦

พ.ศ. 2540
ローマ建国紀元

2750
アルメニア暦

1446 ԹՎ ՌՆԽԶ
アッシリア暦

6747
バハーイ暦

153–154
ベンガル暦

1404
ベルベル暦

2947
英国元号

45 Eliz. 2 – 46 Eliz. 2
ビルマ暦

1359
世界創造紀元

7505–7506
コプト暦

1713–1714
エチオピア暦

1989–1990
ユダヤ暦

5757–5758
ヒンドゥー暦
 – ビクラム暦

2053–2054
 – インド国定暦

1919–1920
 – カリ・ユガ

5098–5099
完新世暦

11997
イラン暦

1375–1376
ヒジュラ暦

1417–1418
UNIX時間

852076800–883612799

このテンプレートを: 表示・ノート・編集・履歴
干支:丁丑(ひのと うし)
日本(月日は一致)
平成9年
皇紀2657年
大韓民国(月日は一致)
大韓民国79年
檀紀4330年
中華民国(月日は一致)
中華民国暦86年
朝鮮民主主義人民共和国(月日は一致)
主体86年
仏滅紀元:2539年 – 2540年
イスラム暦:1417年8月21日 – 1418年9月1日
ユダヤ暦:5757年4月22日 – 5758年4月2日
UNIX時間:852076800 – 883612799
修正ユリウス日(MJD):50449 – 50813
リリウス日(LD):151290 – 151654
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国で本年制定された。

カレンダー[編集]

1月

1

2

3

4
5

6

7

8

9

10

11
12

13

14

15

16

17

18
19

20

21

22

23

24

25
26

27

28

29

30

31

2月

1
2

3

4

5

6

7

8
9

10

11

12

13

14

15
16

17

18

19

20

21

22
23

24

25

26

27

28

3月

1
2

3

4

5

6

7

8
9

10

11

12

13

14

15
16

17

18

19

20

21

22
23

24

25

26

27

28

29
30

31

4月

1

2

3

4

5
6

7

8

9

10

11

12
13

14

15

16

17

18

19
20

21

22

23

24

25

26
27

28

29

30

5月

1

2

3
4

5

6

7

8

9

10
11

12

13

14

15

16

17
18

19

20

21

22

23

24
25

26

27

28

29

30

31

6月


1

2

3

4

5

6

7
8

9

10

11

12

13

14
15

16

17

18

19

20

21
22

23

24

25

26

27

28
29

30

7月

1

2

3

4

5
6

7

8

9

10

11

12
13

14

15

16

17

18

19
20

21

22

23

24

25

26
27

28

29

30

31

8月

1

2
3

4

5

6

7

8

9
10

11

12

13

14

15

16
17

18

19

20

21

22

23
24

25

26

27

28

29

30
31

9月

1

2

3

4

5

6
7

8

9

10

11

12

13
14

15

16

17

18

19

20
21

22

23

24

25

26

27
28

29

30

10月

1

2

3

4
5

6

7

8

9

10

11
12

13

14

15

16

17

18
19

20

21

22

23

24

25
26

27

28

29

30

31

11月

1
2

3

4

5

6

7

8
9

10

11

12

13

14

15
16

17

18

19

20

21

22
23

24

25

26

27

28

29
30

12月

1

2

3

4

5

6
7

8

9

10

11

12

13
14

15

16

17

18

19

20
21

22

23

24

25

26

27
28

29

30

31

できごと[編集]
1月[編集]
1月1日 – コフィー・アナンが国際連合事務総長に就任(第一期)した[1]。2月[編集]
2月22日 – 世界初のクローン羊(ドリー)開発の成功が判明。3月[編集]
3月13日 – アメリカ合衆国アリゾナ州近辺でUFOとも目されるかの発光移動現象目撃事件(「フェニックスの光」の項参照)。4月[編集]
4月13日 – 男子プロゴルフの第61回マスターズ・トーナメントでタイガー・ウッズが大会最年少で初優勝。
4月15日 – 北朝鮮で金剛山青年線が開通。
4月22日 – ペルー日本大使館公邸に特殊部隊突入、人質全員解放(ペルー日本大使公邸占拠事件)。
4月29日 – 化学兵器禁止条約が発効した[2]。5月[編集]
5月1日 – この日行われたイギリスの総選挙で労働党が勝利。翌日、同党党首のトニー・ブレアが首相に就任、労働党は18年ぶりの政権奪還を果たした。→(1997年イギリス総選挙)
5月11日 – IBMのコンピューター・ディープ・ブルーが史上はじめてチェス世界チャンピオンのガリー・カスパロフを破る。
5月14日 – 航空連合・スターアライアンスが設立。
5月17日 – ザイール独裁政権が崩壊。コンゴ民主共和国となる。6月[編集]
6月12日 – 2005年万国博覧会の会場が愛知県瀬戸市に決定する。
6月20日 – アメリカ合衆国でデンバーサミット開催。7月[編集]
7月1日 – 香港がイギリスから返還される。(香港返還)
7月2日 – タイ政府によるタイバーツの変動相場制導入により、アジア通貨危機が始まる。
7月4日 – 米国の火星探査機が火星に着陸。詳細は「マーズ・パスファインダー」を参照
7月5日 – カンボジア、カンボジア人民党のフン・センがクーデターをおこした。
7月23日 – ラオスが東南アジア諸国連合 (ASEAN) に加盟。8月[編集]
8月1日 – 航空機メーカーのマクドネル・ダグラスがボーイングに吸収合併される。
8月4日 – 世界最高齢のフランス人女性、ジャンヌ・カルマンが122歳で死去。
8月6日 – ソウル発グアム行きの大韓航空801便ボーイング747-300型機がグアム国際空港への着陸進入中に墜落、乗員乗客254名中228名が死亡(大韓航空801便墜落事故)。
8月6日 – マイクロソフトが1億5000万ドル相当のApple Computer株を購入し、両社は業務提携およびライセンス交換に合意する。
8月31日 – ダイアナ元イギリス王太子妃、パリで交通事故死。9月[編集]
9月5日 – マザー・テレサ死去。
9月6日 – ヴェネツィア国際映画祭で北野武監督の日本映画『HANA-BI』が金獅子賞(グランプリ)を受賞。
9月6日 – ダイアナ元イギリス皇太子妃葬儀。
9月13日 – インドにてマザー・テレサ国葬。
9月18日 – オスロでの政府間会合で対人地雷全面禁止条約が採択される。
インドネシアのメナド・トゥア島でシーラカンスの新種、インドネシア・シーラカンスの現生が確認される。
9月22日 – X JAPAN、解散を発表。
9月26日 – Apple Computer、Mac OS 8を発売。10月[編集]
10月8日 – 金正日、朝鮮労働党総書記に就任。
10月17日 – ペルー早稲田大学探検部員殺害事件が発生(当初失踪事件として扱われ、12月にペルーイキトスの東約200km離れたアマゾン川の陸軍監視所付近で遺体発見)。11月[編集]
11月16日 – サッカー日本代表が延長戦の末3-2でイランを下し、ワールドカップ(フランス大会)初出場を決める。(ジョホールバルの歓喜)
11月17日 – エジプトルクソール神殿でイスラム過激派によるテロ事件。(ルクソール事件)
11月18日 – まんが名作劇場サザエさん放送終了12月[編集]
12月1日 – 地球温暖化防止京都会議開幕。11日、京都議定書が採択される。
12月16日 – この日放送されたテレビアニメ『ポケットモンスター』が原因で、ポケモンショックが発生する。
12月19日 – この日行われた韓国大統領選挙で、野党の新政治国民会議の大統領候補である金大中が、与党ハンナラ党の李会昌候補を僅差で破って当選を果たす。韓国憲政史上初の平和的な与野党の政権交代。→(1997年大韓民国大統領選挙)
12月30日 – 韓国で死刑囚23人が死刑執行される。この日以降現在まで死刑の執行命令はない。
12月31日 – X JAPAN、東京ドームにて「Last Live」を行う。天候・天災・観測等[編集]
ペルー沖でそれまでの観測史上最大規模のエルニーニョ現象が発生し、世界規模で干ばつや洪水などの異常気象が発生した。
3月下旬〜4月上旬 – ヘール・ボップ彗星が非常に明るく観測される。芸術・文化・ファッション[編集]
スポーツ[編集]
女子テニスのマルチナ・ヒンギスが1月の全豪オープンテニスで「16歳3か月」の史上最年少優勝、3月31日に最年少世界ランキング1位。男子ゴルフのタイガー・ウッズが4月のマスターズ・ゴルフで「21歳3か月」の最年少優勝を遂げる。本年の春にヒンギスとウッズの両選手が「最年少フィーバー」を沸き起こした。
ダカール・ラリーで篠塚建次郎(三菱自動車)が四輪部門で日本人初の総合優勝。日野自動車がトラック部門で優勝。
野球
モータースポーツ
F1世界選手権
ドライバーズチャンピオン ジャック・ヴィルヌーヴ(ウィリアムズ)
コンストラクターズチャンピオン ウィリアムズ・ルノー 
世界ラリー選手権
ドライバーズチャンピオン トミ・マキネン(三菱)
マニファクチャラーズチャンピオン スバル
ロードレース世界選手権
500cc ミック・ドゥーハン
250cc マックス・ビアッジ音楽[編集]
  詳細は「1997年の音楽」を参照

映画[編集]
詳細は「1997年の映画」を参照
日付は本国公開日。

本国公開・日本公開ともに当年2月28日 – フェイク(監督:マイク・ニューウェル)
5月30日 – ブエノスアイレス(監督:ウォン・カーウァイ)
6月27日 – ヘラクレス
8月29日 – フル・モンティ(監督:ピーター・カッタネオ)
11月21日 – アナスタシア
12月19日 – タイタニック(監督:ジェームズ・キャメロン)本国公開映画(日本公開は翌年以降)3月26日 – キャッツ・ドント・ダンス
5月 – 桜桃の味(監督:アッバス・キアロスタミ)
6月27日 – フェイス/オフ(監督:ジョン・ウー)
9月19日 – L.A.コンフィデンシャル(監督:カーティス・ハンソン)
10月10日 – ブギーナイツ(監督:ポール・トーマス・アンダーソン)
10月24日 – ガタカ(監督:アンドリュー・ニコル)
11月7日 – スターシップ・トゥルーパーズ(監督:ポール・バーホーベン)
12月5日 – グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(監督:ガス・ヴァン・サント)
12月12日 – 007 トゥモロー・ネバー・ダイ(監督:ロジャー・スポティスウッド)
12月20日 – ライフ・イズ・ビューティフル(監督:ロベルト・ベニーニ)
運動靴と赤い金魚(監督:マジッド・マジディ)イベント[編集]
2月 – マジック:ザ・ギャザリング(トレーディングカードゲーム)の第1回「アジアパシフィックチャンピオンシップ」開催。コンピュータゲーム[編集]
スクウェアがPS用ソフト『ファイナルファンタジーVII』(FF7)を1月に発売、全世界で1000万本以上を売り上げてシリーズ最大のヒットとなった。その他[編集]
IBMのコンピュータ「ディープ・ブルー」がガルリ・カスパロフ(露)とチェスで対戦し、初めて世界チャンピオンに勝利を収めた[注 1]。誕生[編集]
「1997年の日本#誕生」および「Category:1997年生」も参照
1月[編集]
1月1日 – チドジー・アワジーム、サッカー選手
1月3日 – ジェレミー・ボガ、サッカー選手
1月4日 – 上村莉菜、アイドル(欅坂46)
1月5日 – ヘスス・バジェホ、サッカー選手
1月6日 – デミ・オリモロイ、マイナーリーガー
1月7日 – オジー・アルビーズ、メジャーリーガー
1月7日 – 川村壱馬、歌手、ダンサー、俳優(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
1月7日 – ラマー・ジャクソン、アメリカンフットボール選手
1月7日 – イザイア・ブラウン、サッカー選手
1月7日 – パブロ・ロサリオ、サッカー選手
1月7日 – セロム、アイドル(fromis_9)
1月7日 – 石田亜佑美、アイドル(モーニング娘。)
1月9日 – 西畑大吾、アイドル、俳優(なにわ男子)
1月10日 – 今野鮎莉、女優
1月11日 – コーディー・シンプソン、シンガーソングライター
1月14日 – オーロラ、アイドル(NATURE)
1月17日 – ジェイク・ポール、YouTuber、俳優、プロボクサー
1月18日 – バム・アデバヨ、バスケットボール選手 (C)
1月21日 – ジェレミー・シャダ、俳優、声優
1月22日 – 生田絵梨花、女優、ミュージカル女優、元アイドル (元乃木坂46)
1月23日 – ラマダン・ソブヒ、サッカー選手
1月25日 – 溝手るか、アイドル(SUPER☆GiRLS)
1月26日 – ジェディオン・ゼラレム、サッカー選手
1月26日 – ラミレス・ヨンデル[3]、野球選手
1月29日 – 長谷川唯、サッカー選手
1月29日 – 平野紫耀、アイドル、俳優(King & Prince)
1月29日 – メロディー・チューバック、歌手
1月30日 – セボム、アイドル(NATURE)
1月31日 – ミヨン、アイドル((G)I-DLE)2月[編集]
2月1日 – ジヒョ、アイドル(TWICE)
2月3日 – ルイス・クック、サッカー選手
2月4日 – 中条あやみ、女優、モデル
2月5日 – パトリック・ロバーツ、サッカー選手
2月5日 – 松本穂香、女優
2月6日 – コリン・モリカワ、プロゴルファー
2月6日 – 後藤拓実、お笑いトリオ(四千頭身)
2月6日 – ルダ、アイドル(宇宙少女)
2月8日 – キャスリン・ニュートン、女優
2月9日 – セイクワン・バークリー、アメリカンフットボール選手
2月10日 – アダム・アームストロング、サッカー選手
2月10日 – リリー・キング、競泳選手
2月10日 – ジョシュ・ジャクソン、バスケットボール選手(SF、SG)
2月10日 – クロエ・グレース・モレッツ、女優
2月11日 – ロゼ、アイドル(BLACKPINK)
2月12日 – 木野日菜、声優
2月13日 – 依田菜津、声優
2月14日 – ジェヒョン、アイドル(NCT)
2月15日 – デリック・ジョーンズ・ジュニア、バスケットボール選手 (SF)
2月16日 – 目黒蓮、アイドル、俳優(Snow Man)
2月17日 – 斎藤ちはる、アナウンサー、元アイドル(元乃木坂46)
2月18日 – ドギョム(朝鮮語版)、アイドル(SEVENTEEN)
2月23日 – ジャマール・マリー、バスケットボール選手(SG)
2月24日 – 矢倉楓子、アイドル(NMB48)
2月25日 – イザベル・ファーマン、女優
2月25日 – 相馬勇紀、サッカー選手
2月28日 – 芳根京子、女優3月[編集]
3月3日 – カミラ・カベロ、シンガーソングライター
3月3日 – 村岡桃佳、チェアスキー選手
3月5日 – 今田美桜、女優、モデル
3月5日 – 矢野妃菜喜、声優
3月5日 – ユジュ、アイドル(Cherry Bullet)
3月6日 – 吉野北人、歌手、俳優(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
3月7日 – ダミ、アイドル(DREAMCATCHER)
3月8日 – 松井珠理奈、女優、元アイドル(元SKE48)
3月9日 – ニーヴ・ウィルソン、女優
3月10日 – ベリンダ・ベンチッチ、テニス選手
3月11日 – 岩谷翔吾、ダンサー、俳優(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
3月12日 – アラン・サン=マクシマン、サッカー選手
3月13日 – ランドリー・シャメット、バスケットボール選手 (SG)
3月15日 – 黒島結菜、女優
3月17日 – 村上虹郎、俳優
3月18日 – シアラ・ブラヴォ、女優
3月18日 – イヴィチャ・ズバッチ、バスケットボール選手 (C)
3月20日 – 都築 拓紀、お笑いトリオ (四千頭身)
3月24日 – ミナ、アイドル(TWICE)
3月27日 – リサ、アイドル(BLACKPINK)
3月29日 – エセキエル・ポンセ、サッカー選手
3月30日 – チャ・ウヌ、アイドル、俳優(ASTRO)4月[編集]
4月1日 – オリヴィア・スマート、フィギュアスケート選手
4月1日 – エイサ・バターフィールド、俳優
4月2日 – アブドゥルハーク・ヌーリ、サッカー選手
4月2日 – 桜井日奈子、女優、モデル
4月4日 – ジホ、アイドル(OH MY GIRL)
4月6日 – ミンギュ、アイドル(SEVENTEEN)
4月10日 – 梶原悠未、自転車競技選手
4月15日 – 中村海人、アイドル(ジャニーズJr.、Travis Japan)
4月15日 – メイジー・ウィリアムズ、女優
4月16日 – 小芝風花、女優、モデル
4月17日 – 熊沢世莉奈、アイドル(HKT48)
4月20日 – アレクサンダー・ズベレフ、テニス選手
4月20日 – スヨン、アイドル(Weki Meki)
4月22日 – ルイ・デレトラズ、レーシングドライバー
4月23日 – 金海珍、フィギュアスケート選手
4月30日 – 玉川来夢、アイドル(アイドリング!!!29号)5月[編集]
5月1日 – アリエル・ゲイド、女優
5月2日 – ベンベン、アイドル(GOT7)
5月2日 – 大西亜玖璃、声優
5月6日 – 八木勇征、歌手、俳優(FANTASTICS from EXILE TRIBE)
5月8日 – 髙橋純平、プロ野球選手
5月12日 – フレンキー・デ・ヨング、サッカー選手
5月19日 – ビクター・ロブレス、メジャーリーガー
5月20日 – 三笘薫、サッカー選手
5月21日 – 山崎怜奈、タレント、元アイドル(元乃木坂46)
5月22日 – ラウリー・マルケネン、バスケットボール選手(PF)
5月23日 – 浦川翔平、ダンサー(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
5月24日 – イヴ、アイドル(LOONA)
5月25日 – リンカ・オーエン、タレント、ファッションモデル
5月30日 – ウナ、アイドル(元GFRIEND)
5月30日 – サンヨン、アイドル(THE BOYS)
5月31日 – 本村碧唯、アイドル(AKB48)6月[編集]
6月5日 – 北澤早記、アイドル(AKB48)
6月6日 – 山口茜、バドミントン選手
6月13日 – 渡辺勇大、バドミントン選手
6月13日 – ジンソル、アイドル(LOONA)
6月14日 – 藤井風、歌手
6月15日 – 村山彩希、アイドル(AKB48)
6月18日 – マックス・レコーズ、俳優
6月21日 – フェルディナント・ズヴォニミル・ハプスブルク=ロートリンゲン、レーシングドライバー
6月21日 – レベッカ・ブラック、歌手
6月22日 – ジョシュ・ネイラー、野球選手 (外野手)
6月22日 – 向田真優、レスリング選手
6月30日 – 伊藤健太郎、俳優7月[編集]
7月2日 – マーキーズ・クリス、バスケットボール選手 (PF)
7月11日 – 牛牛、ピアニスト
7月12日 – マララ・ユサフザイ、人権運動家
7月13日 – イェビン、アイドル(DIA)
7月15日 – 森本慎太郎、アイドル、俳優(SixTONES)
7月17日 – パーラ・ヘイニー=ジャーディン、女優
7月17日 – OG・アヌノビー、バスケットボール選手 (SF)
7月18日 – キアラ・ヘルツル、スキージャンプ選手
7月21日 – オコエ瑠偉、プロ野球選手
7月22日 – フィールド・ケイト、俳優
7月24日 – エムレ・モル、サッカー選手
7月31日 – トーマス・ブライアント、バスケットボール選手 (C)8月[編集]
8月3日 – アヤカ・ウィルソン、女優、タレント
8月4日 – マイク・ソロカ、野球選手(投手)
8月5日 – オリヴィア・ホルト、女優、歌手
8月5日 – アダム・イリゴエン、俳優
8月8日 – ヨンフン、アイドル、俳優(THE BOYS)
8月9日 – 阿部一二三、柔道家
8月9日 – 大橋和也、アイドル、俳優(なにわ男子)
8月9日 – 藤田菜七子、騎手
8月10日 – カイリー・ジェンナー、ファッションモデル、テレビタレント、女優
8月16日 – グレイソン・チャンス、シンガーソングライター
8月18日 – ハスル、アイドル(LOONA)
8月22日 – ラウタロ・マルティネス、サッカー選手
8月27日 – 川井友香子、アマチュアレスリング選手
8月30日 – 阿部顕嵐、アイドル(7ORDER)
8月31日 – 伊藤大海、プロ野球選手9月[編集]
9月1日 – ジョングク、アイドル(BTS (防弾少年団))
9月2日 – ブランドン・イングラム、バスケットボール選手
9月6日 – つくし、プロレスラー
9月9日 – ビニ、アイドル(OH MY GIRL)
9月12日 – 中島由貴、声優
9月13日 – リア・カイザー、フィギュアスケート選手
9月13日 – ヒョンジェ、アイドル(THE BOYS)
9月18日 – アリソン・クリステル・ペルティケト、フィギュアスケート選手
9月22日 – 宮近海斗、アイドル、俳優(ジャニーズJr.、Travis Japan)
9月23日 – ジョン・コリンズ、バスケットボール選手(PF)
9月29日 – 花守ゆみり、声優
9月29日 – ハヨン、アイドル(fromis_9)
9月30日 – ヤナ・クドリャフツェワ、新体操選手
9月30日 – マックス・フェルスタッペン、レーシングドライバー10月[編集]
10月2日 – タミー・アブラハム、サッカー選手
10月2日 – 杉咲花、女優
10月3日 – ジョナサン・アイザック、バスケットボール選手
10月3日 – 金博洋、フィギュアスケート選手
10月3日 – 高橋朱里、アイドル(Rocket Punch、元AKB48)
10月4日 – ユジュ、アイドル(元GFRIEND)
10月6日 – 曹志禕、フィギュアスケート選手
10月6日 – カスパー・ドルベリ、サッカー選手
10月8日 – ベラ・ソーン、女優、歌手、ダンサー
10月8日 – 玉城ティナ、女優、モデル
10月10日 – 劉昊然、俳優
10月12日 – カンタン・グロセ、女優
10月13日 – 山本舞香、女優、モデル
10月16日 – 大坂なおみ、女子プロテニス選手
10月16日 – シャルル・ルクレール、レーシングドライバー
10月20日 – 藤原樹、ダンサー、俳優(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
10月23日 – ミンニ、アイドル、女優((G)I-DLE)
10月27日 – ロンゾ・ボール、バスケットボール選手(PG)
10月28日 – ウィンウィン、アイドル(NCT)
10月30日 – 神宮寺勇太、アイドル、俳優(King & Prince)11月[編集]
11月1日 – アレックス・ウルフ、ミュージシャン、俳優
11月1日 – ノルディ・ムキエレ、サッカー選手
11月3日 – 北村匠海、歌手、俳優(DISH//)
11月7日 – THE8(朝鮮語版) 、アイドル(SEVENTEEN)
11月8日 – チェウォン、アイドル(元APRIL)
11月9日 – スジョン、アイドル(LOVELYS)
11月14日 – 松倉海斗、アイドル、俳優(ジャニーズJr.、Travis Japan)
11月17日 – ユギョム、アイドル(GOT7)
11月19日 – レイチェル・パーソンズ、フィギュアスケート選手
11月21日 – 旗手怜央、サッカー選手
11月25日 – デニス・スミス・ジュニア、バスケットボール選手(PG)
11月27日 – ソン・ユグン、韓国の英才少年
11月27日 – 松島聡、アイドル、俳優(Sexy Zone)12月[編集]
12月1日 – チェヨン、アイドル(DIA、元I.O.I)
12月2日 – デアンドレ・ハンター、バスケットボール選手 (SF)
12月3日 – ルー、アイドル(NATURE)
12月10日 – スーツ、YouTuber
12月11日 – 堀島行真、フリースタイルスキー選手
12月11日 – 井上苑子、シンガーソングライター
12月16日 – ザラ・ラーソン、歌手
12月17日 – 宇野昌磨、フィギュアスケート選手
12月18日 – ロナルド・アクーニャ・ジュニア、野球選手(外野手)
12月20日 – デアーロン・フォックス、バスケットボール選手(PG)
12月20日 – ジェイン、アイドル(MOMOLAND)
12月27日 – ギュリ、アイドル(fromis_9)
12月30日 – 髙橋彩音、アイドル(AKB48)死去[編集]
「訃報 1997年」を参照
ノーベル賞[編集]
物理学賞 – スティーブン・チュー、クロード・コーエン=タヌジ、ウィリアム・ダニエル・フィリップス
化学賞 – ポール・ボイヤー、ジョン・ウォーカー、イェンス・スコウ
生理学・医学賞 – スタンリー・B・プルシナー
文学賞 – ダリオ・フォ
平和賞 – 地雷禁止国際キャンペーン、ジョディ・ウィリアムズ
経済学賞 – ロバート・マートン、マイロン・ショールズフィクションのできごと[編集]
この節の内容に関する文献や情報源が必要です。ご存じの方はご提示ください。「Wikipedia:スタイルマニュアル (フィクション関連)」も参照してください。ガイドラインに沿っていない記述は除去されますのでご注意ください。(2011年7月)4月 – 考古学者ギルバート・オースティンおよび科学者ヴォルフガング・ライヒが所属する探検隊が、対タウルス山系のブラック・マウンテン地下2マイルから、「暗黒の王アブホート」という楔形文字が刻まれた高さ70フィートの火成玄武岩の角石「アブホート石材」を発掘する。(小説『精神寄生体(英語版)』)[4]
8月29日 – スカイネットが暴走してICBMをソ連に発射。いわゆるジャッジメント・デイ(審判の日)となり、核戦争が世界規模で勃発する。映画『ターミネーター』
月日不明 – 初代ブースカ、30年振りに地球へ帰還し、旧友・チョロ吉と再会。生みの親・屯田大作を探しに出かけるが見つからず。その後大作からの手紙を受け取る。(テレビ番組『夢さがしテレビ 懐かしのこども番組大集合』「ブースカ帰ったよ!」)
月日不明 – グナーデがREAL RACING ROOTS(RRR)から撤退(ゲーム『R4 -RIDGE RACER TYPE 4-』 ナムコ公式ガイドブック)
月日不明 – 島全体が刑務所と化したマンハッタン島に大統領専用機墜落。大統領が囚人たちの人質にされるが、スネーク・プリスキンによって救出される。(映画『ニューヨーク1997』)死去[編集]
月日不明 – マイケル・コルレオーネ、小説・映画『ゴッドファーザー』の登場人物。(* 1920年)脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ その後、人間がコンピュータに負けにくいアリマアという新しいボードゲームが考案された。

出典[編集]

^ 『アナン』 – コトバンク

^ “化学兵器禁止条約の概要”. 経済産業省. 2018年4月3日閲覧。

^ “夢は甲子園!ラミレスおいがベネズエラから野球留学”. スポニチ Sponichi Annex. https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/02/10/kiji/K20120210002602690.html 2021年1月22日閲覧。 

^ コリン・ウィルソン 『精神寄生体』学習研究社、2001年、34,54,59-61,75-94頁。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-4-05-900066-2。 

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、1997年に関連するカテゴリがあります。年の一覧
年表
年表一覧表話編歴20世紀の十年紀と各年
《1890年代 《1900年
18世紀 19世紀 – 20世紀 – 21世紀 22世紀
2001年》 2010年代》
1900年代

1901年
1902年
1903年
1904年
1905年
1906年
1907年
1908年
1909年
1910年代
1910年
1911年
1912年
1913年
1914年
1915年
1916年
1917年
1918年
1919年
1920年代
1920年
1921年
1922年
1923年
1924年
1925年
1926年
1927年
1928年
1929年
1930年代
1930年
1931年
1932年
1933年
1934年
1935年
1936年
1937年
1938年
1939年
1940年代
1940年
1941年
1942年
1943年
1944年
1945年
1946年
1947年
1948年
1949年
1950年代
1950年
1951年
1952年
1953年
1954年
1955年
1956年
1957年
1958年
1959年
1960年代
1960年
1961年
1962年
1963年
1964年
1965年
1966年
1967年
1968年
1969年
1970年代
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年代
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年代
2000年

 1997年の各国(一覧)表話編歴 1997年のアメリカ(関連カテゴリ:Category:1997年のアメリカ)北アメリカ
アメリカ合衆国1
カナダ
メキシコ中央アメリカ
エルサルバドル
グアテマラ
コスタリカ
ニカラグア
パナマ2
ベリーズ
ホンジュラスカリブ海地域
アンティグア・バーブーダ
キューバ
グレナダ
ジャマイカ
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ3
ハイチ
バハマ
バルバドス南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア1
スリナム
チリ
パラグアイ
ブラジル
ベネズエラ1
ペルー
ボリビア米国自治連邦区
プエルトリコ
グリーンランド
バミューダ諸島
各列内は五十音順。

1 カリブ海地域にも領土を有する。
2 中央アメリカと南アメリカに跨っている。
3 南アメリカにも分類され得る。
表話編歴 1997年のヨーロッパ(関連カテゴリ:Category:1997年のヨーロッパ)西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
オランダ
フランス
ベルギー
ルクセンブルク東ヨーロッパ
アゼルバイジャン1
アルバニア
アルメニア1
ウクライナ
クロアチア
ジョージア1
ブルガリア
ベラルーシ
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
ルーマニア
ロシア1中央ヨーロッパ
オーストリア
スイス
スロバキア
スロベニア
チェコ
ドイツ
ハンガリー
ポーランド
リヒテンシュタイン南ヨーロッパ
イタリア
キプロス2
ギリシャ2
サンマリノ
スペイン
トルコ3
バチカン
ポルトガル
マルタ
モナコ北ヨーロッパ
アイスランド
スウェーデン
デンマーク
ノルウェー
フィンランドバルト三国
エストニア
ラトビア
リトアニア自治領
フェロー諸島その他
沿ドニエストル共和国
オーランド諸島
各列内は五十音順。バチカンは国際連合非加盟。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧・独立主張のある地域一覧も参照。

1 アジアに分類されることもある。
2 島嶼部はアジアにも分類され得る。
3バルカン半島はヨーロッパに分類され得る。
表話編歴 1997年のアフリカ(関連カテゴリ:Category:1997年のアフリカ)北アフリカ
アルジェリア
エジプト1
スーダン
チュニジア
モロッコ
リビア西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
トーゴ
ナイジェリア
ニジェール
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア東アフリカ
ウガンダ
エチオピア
エリトリア
ケニア
コモロ
ジブチ
セーシェル
ソマリア
マダガスカル
モーリシャス中部アフリカ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ブルンジ
ルワンダ南部アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
タンザニア
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モザンビーク
レソトその他
ソマリランド
西サハラ
各列内は五十音順。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧・独立主張のある地域一覧も参照。モロッコ以外の独立国および西サハラはアフリカ連合に加盟。

1 一部はアジアに含まれる。
表話編歴 1997年のアジア(関連カテゴリ:Category:1997年のアジア)東アジア
大韓民国
中華人民共和国
香港
朝鮮民主主義人民共和国
日本
モンゴル国東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
モルディブ中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン1
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン西アジア
アゼルバイジャン1
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
アルメニア1
イエメン2
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
キプロス1
クウェート
サウジアラビア
ジョージア1
シリア
トルコ1
バーレーン
ヨルダン
レバノン北アジア
ロシア1その他
北キプロス
中華民国
台湾
ナゴルノ・カラバフ1
パレスチナ
マカオ
各列内は五十音順。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧・独立主張のある地域一覧も参照。

1ヨーロッパにも分類され得る。
2 一部はアフリカに含まれる。
表話編歴 1997年のオセアニア(関連カテゴリ:Category:1997年のオセアニア)大陸部
オーストラリアポリネシア
サモア
ツバル
トンガ
ニュージーランドミクロネシア
キリバス
ナウルメラネシア
ソロモン諸島
バヌアツ
パプアニューギニア
フィジーアメリカ合衆国の自由連合国
パラオ
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦ニュージーランドの自由連合国
クック諸島
ニウエ海外領土・自治領等
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
北マリアナ諸島
グアム
トケラウ
ニューカレドニア
ノーフォーク島
フランス領ポリネシア
ピトケアン諸島
各列内は五十音順。典拠管理
J9U: 987007285539805171
LCCN: sh00001919

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1997年&oldid=91231052」から取得
カテゴリ: 1997年隠しカテゴリ: 出典を必要とする関連フィクションの記述J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 5239
再生回数: 3384
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. the house of the dead: remake Yomiuri

Yomiuri
the house of the dead: remake

説明: the house of the dead: remake に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 the house of the dead: remake は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9772
[spincontent type=”j”]

3. the house of the dead: remake Asahi Shimbun

朝日新聞
the house of the dead: remake

説明: 朝日新聞で検索した the house of the dead: remake に関する上記の情報が、the house of the dead: remake に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 48 19
[spincontent type=”j”]

4. the house of the dead: remake The Japan Times

The Japan Times
the house of the dead: remake

説明: ジャパン タイムズで検索した the house of the dead: remake に関する記事のトップです。the house of the dead: remake に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1487
[spincontent type=”j”]

5. the house of the dead: remake Yomiuri Shimbun

読売新聞
the house of the dead: remake

説明: the house of the dead: remake に関する詳細情報はすでにありますか? the house of the dead: remake という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 81 15
[spincontent type=”j”]

6. the house of the dead: remake Mainichi Shimbun

毎日新聞
the house of the dead: remake

説明: 毎日新聞で見つけた the house of the dead: remake に関する上記の情報が、the house of the dead: remake に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1764
[spincontent type=”j”]

7. the house of the dead: remake Sankei Shimbun

産経新聞
the house of the dead: remake

説明: 産経新聞で検索した the house of the dead: remake に関する記事のトップです。the house of the dead: remake に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4631
[spincontent type=”j”]

8. the house of the dead: remake Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
the house of the dead: remake

説明: the house of the dead: remake に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 the house of the dead: remake は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4409
[spincontent type=”j”]

9. the house of the dead: remake Chunichi Shimbun

中日新聞
the house of the dead: remake

説明: 中日新聞で検索した the house of the dead: remake に関する上記の情報が、the house of the dead: remake に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3800
[spincontent type=”j”]

10. the house of the dead: remake Tokyo Shimbun

東京新聞
the house of the dead: remake

説明: the house of the dead: remake に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した the house of the dead: remake に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7371
[spincontent type=”j”]

11. the house of the dead: remake Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
the house of the dead: remake

説明: the house of the dead: remake に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 the house of the dead: remake は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9478
[spincontent type=”j”]

12. the house of the dead: remake Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
the house of the dead: remake

説明: 日刊工業新聞で見つけた the house of the dead: remake に関する上記の情報が、the house of the dead: remake に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2325
[spincontent type=”j”]

13. the house of the dead: remake Ainu Times

アイヌタイムス
the house of the dead: remake

説明: アイヌ タイムズで検索した the house of the dead: remake に関する記事のトップです。the house of the dead: remake に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2771
[spincontent type=”j”]

14. the house of the dead: remake Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
the house of the dead: remake

説明: the house of the dead: remake に関する詳細情報はすでにありますか? the house of the dead: remake という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8428
[spincontent type=”j”]

15. the house of the dead: remake Chiba Nippo

千葉日報
the house of the dead: remake

説明: 千葉日報で検索した the house of the dead: remake に関する上記の情報が、the house of the dead: remake に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6490
[spincontent type=”j”]

16. the house of the dead: remake Chugoku Shimbun

中国新聞
the house of the dead: remake

説明: 中国新聞で検索した the house of the dead: remake に関する記事のトップです。the house of the dead: remake に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6803
[spincontent type=”j”]

17. the house of the dead: remake Daily Tohoku

デイリー東北
the house of the dead: remake

説明: the house of the dead: remake に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 the house of the dead: remake はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5653
[spincontent type=”j”]

18. the house of the dead: remake The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
the house of the dead: remake

説明: イースタン クロニクルで検索した the house of the dead: remake に関する上記の情報が、the house of the dead: remake に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6830
[spincontent type=”j”]

the house of the dead: remake に関する質問

the house of the dead: remake についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 the house of the dead: remake は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 the house of the dead: remake が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード the house of the dead: remake

the house of the dead: remake
方法the house of the dead: remake
チュートリアル the house of the dead: remake
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: