あなたは the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. を共有します。 the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0三菱UFJフィナンシャル・グループ > 三菱UFJ銀行株式会社三菱UFJ銀行MUFG Bank, Ltd.

三菱UFJ銀行本店種類
株式会社機関設計
監査等委員会設置会社[1]市場情報
非上場略称
MUFG Bank本社所在地
日本〒100-8388東京都千代田区丸の内二丁目7番1号.mw-parser-output .geo-default,.mw-parser-output .geo-dms,.mw-parser-output .geo-decdisplay:inline.mw-parser-output .geo-nondefault,.mw-parser-output .geo-multi-punctdisplay:none.mw-parser-output .longitude,.mw-parser-output .latitudewhite-space:nowrap北緯35度40分42.6秒 東経139度45分51.2秒 / 北緯35.678500度 東経139.764222度 / 35.678500; 139.764222座標: 北緯35度40分42.6秒 東経139度45分51.2秒 / 北緯35.678500度 東経139.764222度 / 35.678500; 139.764222設立
1919年(大正8年)8月15日(株式会社三菱銀行)[広報 1]業種
銀行業法人番号
5010001008846 金融機関コード
0005SWIFTコード
BOTKJPJT事業内容
金融業代表者
堀直樹(代表取締役会長)半沢淳一(代表取締役頭取執行役員)林尚見(代表取締役副頭取執行役員)宮田敦(代表取締役副頭取執行役員)高原一郎(代表取締役副頭取執行役員)米花哲也(代表取締役専務執行役員)松岡健太郎(代表取締役専務執行役員)佐々木照之(代表取締役専務執行役員)森浩志(代表取締役常務執行役員)宮下裕(代表取締役常務執行役員)大澤正和(代表取締役常務執行役員)横山修一(代表取締役常務執行役員)中濱文貴(代表取締役常務執行役員)関浩之(代表取締役常務執行役員)髙瀬英明(代表取締役常務執行役員)築山慶太郎(代表取締役常務執行役員)越智俊城(代表取締役常務執行役員)山本忠司(代表取締役常務執行役員)大和健一(代表取締役常務執行役員)資本金
1兆7119億5800万円発行済株式総数
135億8199万5120株売上高
連結:5兆3381億80百万円単体:3兆6612億円(経常収益)経常利益
連結:7119億42百万円単体:4591億84百万円純利益
連結:3077億61百万円純資産
連結:12兆2855億5百万円単体:9兆8019億68百万円総資産
連結:270兆4185億12百万円単体:239兆7885億48百万円従業員数
単体:28,843人 (2022年3月期)決算期
3月31日会計監査人
有限責任監査法人トーマツ主要株主
三菱UFJフィナンシャル・グループ:100%外部リンク
https://www.bk.mufg.jp特記事項:数値は2020年3月期有価証券報告書による[広報 2]。従業員数は、臨時従業員を含まない。テンプレートを表示三菱UFJ銀行のデータ統一金融機関コード
0005SWIFTコード
BOTKJPJT法人番号
5010001008846 店舗数
国内477店海外103店貸出金残高
88兆2,582億95百万円預金残高
158兆2,485億64百万円特記事項:店舗数は同行ウェブサイトによる[広報 1]。
貸出金残高、預金残高は、2020年3月期有価証券報告書による[広報 2]。テンプレートを表示株式会社三菱UFJ銀行(みつびしユーエフジェイぎんこう、英語: MUFG Bank, Ltd.)は、東京都千代田区丸の内に本店を置く、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の都市銀行である。三井住友銀行(三井住友フィナンシャルグループ、SMBCグループ[2])、みずほ銀行(みずほフィナンシャルグループ)とともに3大メガバンクの一角を占める[3]。
旧三菱銀行の流れを汲むことから、三菱金曜会[4] および三菱広報委員会[5] に所属している[6][7]。また、三菱商事、三菱重工業とともに三菱グループ(旧三菱財閥)の「御三家」と呼ばれる[8]。また、前身行の一つである旧三和銀行の流れから三和グループの企業で構成される三水会やみどり会にも加盟している[広報 3]。

概要[編集]

ウィキニュースに関連記事があります。
三菱東京UFJ銀行発足2006年1月1日に東京三菱銀行(MTFG)とUFJ銀行(UFJHD)が合併して、三菱東京UFJ銀行(みつびしとうきょうユーエフジェイぎんこう、英語: The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.)として誕生した。登記上は1月1日に商号変更、1月4日に合併となっている[注 1]。当初は2005年10月1日を合併日と発表していたが、みずほ銀行における勘定系システムの失敗事例を教訓に、合併時のコンピューター・システムの接続作業に万全を期するため、合併が3か月延期されている。存続会社は東京三菱銀行であり、金融機関番号(0005)や本店所在地も東京三菱(起源は三菱銀行)と同じである。なお、SWIFTコードについては東京銀行をそのまま引き継いでいる[注 2]。2009年1月を以て新システム移行が完了して、旧東京三菱店と旧UFJ店の共同店舗化も活発に行われているが、2013年6月現在も旧東京三菱店と旧UFJ店の間の(システム上での)店舗統合は一切行われておらず、発表もされていない[注 3]。ただし、各種振込手数料について共同店舗間の振込は「同一店宛」の手数料が適用される[注 4]。2017年5月、2018年4月1日を目途に法人貸出等業務を三菱UFJ信託銀行から会社分割方式によって移管すると発表した[9][10]。またこれにあわせ、商号を「三菱東京UFJ銀行」から「三菱UFJ銀行」に変更(英文名も「The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.」から「MUFG Bank, Ltd.」に変更)することも発表した[11]。持株会社は2005年秋の再編時点で既に「三菱UFJフィナンシャル・グループ」になっており、これにそろえた形となる[12]。これにより旧東京銀行の名が名実ともに消滅し、東京銀行の名残はSWIFTコードに残るのみとなった。
前身の旧三菱銀行・旧三和銀行(在阪三大都市銀行の一角)・旧東海銀行(名古屋市唯一の都市銀行)はそれぞれ首都圏・京阪神圏・中京圏を地盤としており、現在でも三大都市圏での経営基盤・店舗網を有する。外国為替専門銀行であった旧東京銀行(横浜正金銀行を起源とする東京三菱銀行の前身)の流れを汲むことから、国際業務でも優位性をもつ。旧UFJ銀行の前身である三和銀行の流れを引き継ぎ、大阪市・京都市・堺市の指定金融機関を受託しているとともに三和グループに属する[注 5]。また、同じく旧UFJ銀行の前身である東海銀行は中京圏唯一の都市銀行として、旧「名古屋五摂家」の1社に数えられる地元の有力企業であった。その流れを汲むことから、愛知県および名古屋市の指定金融機関も受託しており、3大メガバンクで唯一中京圏での地盤を有する。一方、旧東京三菱銀行(BTM)はいずれの都道府県・政令指定都市の指定金融機関にもされていなかったが、東京都の公営企業出納取扱金融機関(東京都交通局等)を旧第一勧業銀行・旧富士銀行と共に引き受けていたことから、現在はみずほ銀行と共に受託している。また、外国為替専門銀行であった東京銀行(東銀)時代の流れで、東京・大阪の各国際線主体の空港ターミナルビル内には成田空港支店、成田空港支店成田空港第2ビル出張所[注 6]、大阪中央支店関西空港出張所[注 7] がそれぞれ設置されている[注 8]。名古屋営業部中部国際空港出張所は、地元愛知県でも店舗網が強かった、旧UFJの流れで設置された出張所である[注 9]。東京銀行時代より発行されてきた割引金融債(「ワリトー」等)については、1996年の東京三菱銀行発足以降も6年間は特例として発行を認められたため、当行発足後も旧東京銀行店舗およびその承継店舗で債券償還(払い出し)の取り扱いを継続している。なお、前身のひとつである東京三菱銀行は公的資金の返還を早期に完了させるなど、旧4大メガバンクの中では財務の健全性が強い銀行であった。不良債権処理の遅れたUFJ銀行を統合した事により、公的資金注入行に再転落したが、2006年6月9日にはその返済も完了させている。これを受け、1998年から自粛していた政治献金も、銀行業界の先陣を切って再開する方向で調整に入っていたが、不良債権処理を完了させてその間法人税を免除されたのにもかかわらず[13]、政治献金を再開することは国民感情を逆撫でするという批判を受けて見送りとなる。
2007年1月、カブドットコム証券が同行を所属業者とする銀行代理店業務を行うこととなり、「三菱東京UFJ銀行カブドットコム支店」(旧東京三菱店扱い)が開設された[広報 4]。2008年には同行が設立関与したインターネット専業銀行であるじぶん銀行(現:auじぶん銀行)を所属業者とする銀行代理店業務を締結し、当行窓口や店舗設置のメールオーダーで同行の普通預金新規口座開設の媒介を行っている。
2005年12月31日までの「三菱東京」は三菱東京フィナンシャル・グループ(MTFG)を指し、2006年1月1日以降の「三菱東京」は三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱東京UFJ銀行を指すため誤表記を招く要因となっている。合併後の金融機関名称が長く、愛称で呼ばれることも多くなっている。合併前の地盤を引き継ぎ、関東周辺や銀行業界では「東京三菱」ないし「三菱」と呼ばれることが多いが、もともとUFJ銀行の前身である三和銀行・東海銀行の地盤だった関西地方や東海地方では「UFJ」と呼ばれることが多い。

沿革[編集]
統合前の沿革については、三菱銀行、東京銀行、東京三菱銀行、三和銀行、東海銀行、UFJ銀行を参照
三菱UFJ銀行の沿革
2005年(平成17年)10月 – 三菱東京フィナンシャル・グループ(MTFG)がUFJホールディングス(UFJHD)を事実上の救済合併。株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が誕生。東京三菱銀行とUFJ銀行はその傘下会社となる。 三菱東京UFJ銀行 明石支店に設置されている看板(2006年から2015年に設置されたもの)
2006年(平成18年)
1月 – 三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)傘下の東京三菱銀行がUFJ銀行を合併し、株式会社三菱東京UFJ銀行に商号変更。
4月 – スーパーICカードからクレジットカード機能を独立させた「ICクレジットカード」の発行を開始。
5月22日 – 個人預金者が自動化手段で行う同行および三菱UFJ信託銀行本支店宛振込(先述)の手数料を無料化。
5月25日 – KDDIと折半出資でネットバンク設立準備会社のモバイルネットバンク設立調査株式会社(現:auじぶん銀行)を設立。
2007年(平成19年)
3月19日 – 同行キャッシュカードにおけるコンビニATM(イーネット、セブン銀行、ローソンATM)利用手数料の引き下げを実施し、平日8時45分から17時59分までは利用手数料無料となる。
11月5日 – アコムに信用保証業務を委託した個人向けカードローン「バンクイック」取扱開始。
2008年(平成20年)
5月12日 – 東京三菱店(旧:東京三菱銀行)の国内預金勘定系システムを新システムへ移行する作業を実施。同日より、旧銀行の識別マークのない通帳が発行開始された。
5月12日 – セブン銀行ATMにおいて、新システムへの統合が完了した旧東京三菱店口座(全店が対象)のキャッシュカード出金が不能となるシステムトラブルが約2万件発生。
6月26日 – じぶん銀行(現:auじぶん銀行)が開業。同行を所属業者とする銀行代理業務(口座開設申込取次)を開始。
7月7日 – UFJ店(旧:UFJ銀行)の国内預金勘定系システムを新システムへ統合するシステム統合作業を店舗毎に段階的に開始。このシステム統合で旧東海銀行の通帳は統合が完了した店舗発行分は使用不可となった(新通帳への切り替えは全店の窓口で即時に可能)。
8月1日 – 三菱UFJニコスを完全子会社化(同年8月8日に持株の一部を農林中央金庫へ譲渡)。
10月20日 – 全国のJAバンク(農協・都道府県信連)とのATM・CD相互出金無料提携を開始。
12月15日 – UFJ店の勘定口座を新システムへ統合する作業が全て完了し、UFJ店のATM以外のシステム統合作業が完了。
2009年(平成21年)1月19日 – UFJ店のATM端末を新システムへ統合する作業が全て完了。全店のATMの画面・メニューが新システム仕様に更新され、これを以て全てのシステム統合作業が完了。
2010年(平成22年)
1月10日 – メインバンクプラスサービス開始。従来のメインバンク総合サービスはメインバンクプラスへ改定された。
10月 – 「バンクイック」以外の既存カードローン商品の信用保証業務委託先を三菱UFJニコス等が会社分割の手法によりアコムに譲渡し移管。
2011年(平成23年)12月 – 信用保証委託先をそれまでの三菱UFJニコスからジャックスとする個人向け無担保証書貸付ローン(マイカー・教育ローン等)の取扱開始(リフォームローンについては2006年に開始済)。
2014年(平成26年)
4月22日 – ミャンマーのコーポラティブ銀行とミャンマーマイクロファイナンス銀行との業務協力で合意したと発表[14]。
2015年(平成27年)
1月5日 – 三菱東京UFJ銀行がTOBを実施し7割超の株式を取得したアユタヤ銀行とBTMUバンコク支店の業務を統合[15][16]。
4月22日 – ミャンマーのヤンゴンに支店を開設[17]。
2016年(平成28年)
1月14日 – フィリピンのセキュリティバンクに約370億ペソを出資し、株式の約20%を取得すると発表[18]。
1月27日 – アユタヤ銀行がカンボジアのハッタ・カクセカーの全株式を取得すると発表[19]。
2017年(平成29年)
2月9日 – イギリスの健全性監督機構に「過去の取引に関する当局への情報提供が不十分」として罰金を科される[20]。
4月 – 東京都杉並区に「企業主導型保育所」を開設[21]。
2018年
4月1日 – 株式会社三菱UFJ銀行(英文名:MUFG Bank, Ltd.)に商号変更[22][23]。 行名変更後の三菱UFJ銀行小岩支店
8月1日 – MUFGの関西拠点となる「大阪ビル」(大阪市中央区)竣工式[24]。 行名変更直後の西院支店。三菱東京UFJ銀行末期のデザインを踏襲している。
2019年
5月20日 – 三菱UFJ銀行は、2023年度までに約180店舗を削減すると発表[25]。
7月5日 – 三井住友銀行と提携して、同年9月22日から店舗外ATMの共同利用(他行ATM利用手数料の一部無料化)を開始すると発表[26]
2021年
7月1日 – 2021年7月1日以降に開設された預金口座に「未利用口座管理手数料」を新設[27]。特徴[編集]
振込サービスの独自化[編集]
グループ本支店への振込手数料[編集]
三菱UFJフィナンシャル・グループは2006年5月22日から、同行および同グループの三菱UFJ信託銀行両社の個人預金者を対象に、自動化手段を利用して行う両社及びじぶん銀行(現:auじぶん銀行)の本支店宛振込の手数料を一律無料化した。
しかし、2013年12月20日から実施されたATMサービス内容の改定に伴い、ATM利用時の振込手数料の無料化は廃止となった[28]。

ATM本支店振込の当日付取扱時間帯拡大[編集]
2008年5月12日の新システム稼動開始から、同行ATM(システム移行前のATMを含む)による本支店(一部の振込専用支店を除く)の普通預金・貯蓄預金宛振込の当日附(月曜~金曜の平日に限る)扱い時限を、従来の15時から18時に繰り下げた(2007年11月26日発表)。なお、同行の当座預金(一部カードローン口座を除く)・一部の振込専用支店宛は15時までで変わらない。2017年2月12日からは、自行ATM(イーネット、ローソンATM、セブン銀行であれば、コンビニATMでも可能)または事前の設定を実施済みの三菱UFJダイレクトから自行本支店宛ての振込については24時間365日、普通預金、貯蓄預金、当座預金のいずれの預金科目宛であっても、即時入金となる。

通帳の口座集計サービス[編集]
旧来の三菱銀行・東京三菱銀行時代のサービスが現在でも設定ができる。単純に口座の入金と出金を集計してくれる家計簿サービスの原点になるものになる。
ホームページで検索をしても出てこないメニューとなっているが窓口で申し出をすると「スーパーパック口座集計サービス」と言う名前で申込みならびに設定ができる。
本サービスは、個人の口座で総合口座普通預金または普通預金が対象。6ヶ月間記帳がないと自動解約される。

キャッシュカード利用提携[編集]
MUFGでは自行ATMのみならずコンビニATMや全国のJAバンク、および一部の提携行との間での他行ATM手数料を条件付きでの時間内無料化を行うなどの利便性向上策を行っている。その一方で、東京スター銀行との間では、同行の一方的な手数料無料化施策に反発し、2008年11月4日をもってBTMU(当時)のキャッシュカードを東京スターのATMで利用不可とするなどの軋轢を生んでいる。
戦略的提携により「店舗外」の三井住友銀行ATMで自行と同様に使うことができる。対象のATMかどうかは現地のATMにおいて「有料」になるか「無料」で使えるかのステッカーが貼り出されているが、ホームページでATMを検索する際にも絞り込むことで確認ができる。これによりATMの統廃合が進んでいる。通帳記帳は双方の銀行のみでしかできないが、webで通帳を確認するタイプに近年切り替わってきているので記帳がないと格段に利便性は向上している。

ATM提携関係の詳細については公式サイトのATM・コンビニ関連を参照
コンビニATMの利用手数料は、セブン銀行ATM、イーネットATMおよびファミリーマート店内設置のゆうちょ銀行ATM[注 10]について2020年5月1日に手数料の改定が行われた。自行ATMの利用が高くなる毎月25日と末日(25日と末日が銀行休業日にあたる場合はその前の営業日)は日中時間帯の無料化および早朝・夜間時間帯の値下げが行われた一方で、それ以外の時間帯は値上げ(88円~110円)が行われた。ローソン銀行ATMでは2021年4月1日に利用手数料の改定を行い、先述のATMと同様の手数料に変更された。

三菱UFJ銀行とディズニーキャラクター[編集]
三菱UFJ銀行は、日本の銀行で唯一「ディズニーキャラクター」をイメージキャラクターとして採用している。
これは、前身のひとつである三菱銀行が、同じ三菱財閥系の三菱地所が東映と協力して行っていた「日本へのディズニーランド誘致運動」に呼応し[29]、1962年12月1日にディズニー・プロダクションズ(当時)と版権契約を結び、ディズニーキャラクターを使用した「絵入り通帳」の取り扱いを開始して以来続いているものである。日本へのディズニーランド誘致は、三菱地所と競合していた三井不動産・京成電鉄企業連合の子会社であるオリエンタルランドが権益を獲得したが(このため、東京ディズニーリゾート内には三井住友銀行の出張所とATMが設置されている)[29]、以後現在に至るまでディズニーキャラクターが採用され、通帳やカード類、キャンペーンの景品などに使用されているが、キャッシュカードのみ発行にメインバンクプラスを申し込むこと、と言う条件がついている。これにより、磁気やIC破損などの事情であっても条件を満たさない場合には一般の赤いキャッシュカードが発行されるようになった。
通帳に関しては今のところ条件はついていない。
ちなみに、富士銀行(みずほコーポレート銀行を経た現:みずほ銀行)も同時期に採用を図ろうとしたが、ディズニー社側の承諾を得られず断念している。
なお、「絵入り通帳」の取り扱い開始当初は、「普通預金」と「積立預金」の2種類の通帳が用意され、普通預金には「ディズニー預金」という名前が付けられた。また、キャラクターは、ドナルドダック・バンビ・シンデレラ・ピノキオなどが採用された。さらに、1963年1月からは、「ディズニー貯金箱シリーズ」が始まり、第1号である「ドナルドダック」の貯金箱が配布された。

携帯電話専業銀行「auじぶん銀行」の設立[編集]
詳細は「auじぶん銀行」を参照
2006年4月、同行とKDDIの共同で、auをはじめとする携帯電話の利用者向けに、預金口座・決済・消費者金融等の取引を提供するための専業銀行を合弁会社として設立することに合意し、当初2007年度上半期までの開業を目指していたが[広報 5]、このたび準備会社として、2006年5月25日に設立されたモバイルネットバンク設立調査株式会社が、2008年6月17日に銀行業免許を取得し、株式会社じぶん銀行に社名を変更した。出資比率はKDDIと三菱東京UFJの折半出資となり、同年7月17日に営業開始した[広報 6]。
2019年4月1日にKDDI側の持ち株会社がauフィナンシャルホールディングス株式会社に変更となり、2020年2月9日に社名をauじぶん銀行株式会社と変更した[30][31][32]。

関係が親密な地方銀行[編集]
(旧)三菱銀行系青森銀行
常陽銀行(めぶきフィナンシャルグループ傘下。旧第百銀行傍系)
千葉銀行(旧第百銀行傍系。三和銀行系でもある)
横浜銀行(コンコルディア・フィナンシャルグループ傘下。旧第百銀行傍系)
山梨中央銀行
八十二銀行(三菱UFJ銀行が大株主である)
静岡銀行
十六銀行(十六フィナンシャルグループ傘下。十六銀行に吸収された岐阜銀行は旧東海銀行系)
愛知銀行
百五銀行
南都銀行
阿波銀行
十八親和銀行(旧十八銀行。ふくおかフィナンシャルグループ傘下)(旧)三和銀行系みちのく銀行(みずほFG(特に旧:富士銀行)とも関係が深い。青森銀行との競合がある上、メガバンク統合の影響からみずほ系と解されることが多い)
池田泉州銀行(池田泉州ホールディングス傘下)
静岡中央銀行
紀陽銀行
徳島大正銀行(旧大正銀行。トモニホールディングス傘下)
鳥取銀行(旧)東海銀行系中京銀行(三菱UFJ銀行持分法適用会社)関係が親密な大口融資先[編集]
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “三菱UFJ銀行” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2018年4月)(旧)三菱銀行[編集]

三菱財閥系列

三菱広報委員会メンバー
三菱商事
三菱電機
三菱重工業
三菱自動車工業
AGC(旧:旭硝子)
ENEOSホールディングス[注 11]
キリンビール[注 12]
田辺三菱製薬(旧:三和銀行とも親密)
ニコン
日本郵船
三菱UFJニコス(旧:ディーシーカード)[注 13]
明治安田生命保険[注 14]
ローソン[注 15]
富士紡ホールディングス[注 16]
小岩井農牧
新東亜交易
丸の内よろず
千歳興産 (旧)島津財閥系列

島津製作所
日本電池
三菱ロジスネクスト (旧)森村財閥系列[注 17]

ノリタケカンパニーリミテド(Noritake)
日本碍子(日本ガイシ)
日本特殊陶業
TOTO
INAX(現・LIXIL)
その他親密先

アストモスエネルギー[注 18]
アディダスジャパン
イオングループ
伊勢丹[注 19]
伊藤園
オカムラ
オスカープロモーション
小田急電鉄
兼松(旧東京銀行とも親密)
カプコン[注 20]
近畿日本鉄道
グンゼ
ジャックス[注 21]
信越化学工業[注 22]
創価学会[33]
大正製薬ホールディングス(三井住友銀行とも親密)
大正製薬
武田薬品工業(三井住友銀行(旧住友)とも親密)
竹中工務店
テルモ
東映
東京ガス
東急
TBSホールディングス
TBSテレビ
TBSラジオ
BS-TBS
戸田建設
日興シティホールディングス[注 23]
日本ケンタッキー・フライド・チキン
日本航空[注 24]
日本テレビホールディングス
日本テレビ放送網
BS日テレ
パイオニア
パラマウント・グローバル(みずほ銀行、旧三和銀行とも親密)
浜松ホトニクス
東日本旅客鉄道(みずほ銀行とも親密)
現代自動車
本田技研工業
毎日新聞グループホールディングス
毎日新聞社(旧:三和銀行とも親密)
スポーツニッポン
丸井グループ
メモリーテック
ライオン(みずほ銀行とも親密)
ライフコーポレーション
ロイヤリティ マーケティング
(旧)三和銀行[編集]

関連会社

三菱UFJ信託銀行(旧:東洋信託銀行→UFJ信託銀行)
UFJ日立システムズ(現:三菱UFJインフォメーションテクノロジー)
東洋情報システム(現:TIS)
東洋興業
東洋ホテル(売却され ラマダホテル大阪 へ変更)
東洋不動産
東洋プロパティ
三信
T&Tアド
大蔵屋
オークラヤ住宅
洋伸不動産
日本ハウズイング
みどり会
主要親密先会社

大輪会
ヤンマーディーゼル
セレッソ大阪
淀川製鋼所
共英製鋼
奥村組
阪急阪神ホールディングス
阪急電鉄
エイチ・ツー・オー リテイリング
阪急阪神百貨店
東宝
(旧)日産コンツェルン系列
日立製作所(みずほ銀行とも親密)
日立金属
日立化成
日立造船
新明和工業
ニチレイ
りんかい日産建設(現在は今治造船傘下)
(旧)鈴木商店系列
双日[注 25][広報 7]
神戸製鋼所
神鋼環境ソリューション
帝人
ナブテスコ
IHI(旧石川島播磨重工業。三井住友銀行(旧三井)やみずほ銀行とも親密)
(旧)岩井財閥系列
関西ペイント
トーア紡コーポレーション
トクヤマ
メタルワン(双日と三菱商事との合弁)
(旧)日窒コンツェルン
積水化学工業
積水化成品工業
積水樹脂
積水ハウス
センコーグループホールディングス
センコー

その他親密先

アート引越センター
あいおいニッセイ同和損害保険[注 26]
朝日ウッドテック
旭屋書店
伊藤ハム米久ホールディングス[注 27]伊藤ハム
イトキン
岩崎通信機
岩谷産業
宇部興産
エイベックス(三井住友銀行(旧住友)とも親密)
江崎グリコ
NTN
大阪ガス
大阪ソーダ
オートバックス
大林組
オカモト
オリックス[注 28]
関西テレビ放送
京セラ
クラシエホールディングス
クリナップ
グリーンスタンプ
京成電鉄
KDDI
国際興業
コスモエネルギーホールディングス
コスモ石油
丸善石油化学
コニカミノルタ
小林製薬
相模鉄道
サンスター
サントリーホールディングス
ジェーシービー[注 29]
J.フロントリテイリング
大丸松坂屋百貨店(旧大丸は三和銀行をメインバンクとしていた。[注 30])
シナジーキャピタル
シャープ(みずほ銀行(旧富士)、りそな銀行(旧大和)とも親密)
商船三井
スクウェア・エニックス・ホールディングス
スクウェア・エニックス(旧エニックス)[注 31]
タイトー[注 32]
スズキ(静岡銀行とも親密)
鈴乃屋

錢高組
セブン&アイ・ホールディングス
イトーヨーカ堂[注 33]
そごう・西武[注 34]
象印マホービン
損害保険ジャパン日本興亜[注 35]
大王製紙
大京[注 36]
ダイハツディーゼル[注 37]
大日本除虫菊
髙島屋
タキロンシーアイ
辰馬本家酒造
中央倉庫
月島機械
T&Dホールディングス
大同生命保険
太陽生命保険
東京會舘
東洋建設
東洋ゴム工業
中山製鋼所
南海電気鉄道
ニチイ学館
日東電工
日本瓦斯
日本生命保険
日本通運
任天堂(京都銀行とも親密)[注 38]
野村ホールディングス[注 39]野村證券(旧大和銀行→りそな銀行とも親密)
パイロットコーポレーション
ハウス食品
パレスホテル(みずほ銀行とも親密)
バンダイナムコホールディングス
バンダイ
バンダイナムコエンターテインメント
ブルーブルーエ ジャパン(Bleu Bleuet)[広報 8]
ぺんてる
HOYA
MBSメディアホールディングス
毎日放送[注 40]
森下仁丹
UCC上島珈琲
ユニチカ
ユニ・チャーム
讀賣テレビ放送
リクルートホールディングス
六甲バター
ロッテ
(旧)東海銀行[編集]
関連会社

ミリオンカード・サービス(現:三菱UFJニコス)
セントラルリース(現:三菱HCキャピタル)
セントラルシステムズ(ユーフィットを経て現:TIS)
東栄
新東昭不動産
御幸ビルディング
T&Tアド
主要親密先会社

トヨタグループ
トヨタ自動車(三井住友銀行、旧三和銀行とも親密)
名古屋グランパスエイト[注 41]
豊田自動織機
豊田通商
デンソー
アイシン
トヨタファイナンシャルサービス
トヨタファイナンス
トヨタホーム
ダイハツ工業(旧三和銀行とも親密)
ジェイテクト
アルペングループ
出光興産
岡谷鋼機
熊谷組
小島プレス工業
J.フロントリテイリング
大丸松坂屋百貨店(旧松坂屋は東海銀行をメインバンクとしていた。)
敷島製パン
スガキコシステムズ
スズケン
中日新聞社
中部日本放送[注 42]CBCテレビ
CBCラジオ

中京テレビ放送[注 43]
中部電力
トーエネック
東海テレビ放送[注 44]
東海東京フィナンシャル・ホールディングス
東海東京証券[注 45]
東海旅客鉄道
東京エレクトロン
東邦ガス
東陽倉庫
豊島
トランコム
名古屋鉄道
名鉄百貨店
ヴィレッジヴァンガード
福助[注 46]
フジタ[注 47]
藤田観光(旧三和銀行とも親密)
マキタ
ミサワホーム[注 48]
三菱地所レジデンス[注 49]
名港海運
名鉄運輸
メニコン
ファミリーマート
ユニー
リコー
リンナイ
行政処分・不祥事[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています(詳細)。以下に、三菱UFJ銀行が絡んだ不祥事を紹介する。金融庁は、2007年(平成19年)6月11日の同行への処分に際し、「(三菱東京UFJ銀行は)他のメガバンクに比べ、問題が突出して多い」と指摘している。

中華人民共和国・深圳支店による過大融資
三菱東京UFJ銀行深圳支店は、2003年(当時はUFJ銀行深圳支店)、現地の大手医薬品メーカー三九集団が株式を上場する際、必要とする資金10億人民元(約140億円)を融資した。だが、当時の三九集団の業績や事業規模を踏まえると、あまりに多額の融資であった。これは実態を伴わない「不実融資」と認定され、中華人民共和国の金融当局は三菱東京UFJ銀行に対し28億円の罰金を支払うよう2006年2月に命じた[34]。また、当時の同支店の資金量は4億元超で、同行に許可されていた業務範囲を逸脱した取引ともみなされた。
三菱UFJの中国内業務に関しては、2006年にも中国銀行業監督管理委員会による摘発を受けている。システム開発を担当していた上海支店の行員は、プロジェクト受注に際して業者から5万9,000元の賄賂を受け取り、懲役1年を言い渡された[35]。
96万人分の個人情報紛失
三菱東京UFJ銀行新宿中央支店、上野中央支店など85か店において、個人情報合計96万人分を紛失したと2006年10月5日に発表した[36]。内訳は、ATMが出力する明細表86万人分、伝票3万5000人分、マイクロフィルムの内部資料3万8000人分、紙の内部資料1万8000人分である。
資料には顧客の氏名・口座番号・取引金額が記載され、一部には電話番号・住所・生年月日・届出印・振込み明細などまで含まれているものもあった。同行では、個人情報を営業店から管理センターへ集約する作業を実施中だったが、その過程で資料の一部を紛失した。誤って廃棄した可能性が高く、外部へ流失した恐れは少ないとしており、発表時点で悪用は確認されていない。
日本の金融機関による個人情報紛失としては、個人情報保護法の改善勧告第1号となったみちのく銀行の131万人に次ぐ規模である。
米国法人のマネーロンダリング対策過怠
金融機関に求められる資金洗浄監視体制が十分に整備されていないとして、2006年12月19日、米国の金融当局は、業務改善命令の行政処分を三菱UFJフィナンシャル・グループに下した[37]。2004年にも決済専門のカリフォルニア州子会社が資金洗浄対策を怠って行政処分を受けており、2度目の処分となるため、当局は事態を重く見て、異例ながら個別案件に対する処分内容を公表した。過去の教訓が生かされなかった結果、全グループを対象とする厳しい処分に拡大した。
2007年1月には、子会社のユニオン・バンク・オブ・カリフォルニアも、アメリカ合衆国通貨監督庁により検査を受けている[38]。これらの処分に伴い、三菱UFJは米国での金融持株会社(Financial Holding Company)資格の取得を見送り、銀行・証券の一体経営による投資銀行業務で遅れをとることになった。
同和利権団体への不正融資
部落問題の解決を目的として設立された大阪市の外郭団体である飛鳥会は、元理事長により私物化され同和利権と化していた[39]。旧三和銀行時代には元理事長に対し数十億円規模の融資を続けており、役員もこの事実を把握しながら、問題の解決を先送りし、融資はほとんど回収不能となった。2006年にこの元理事長が逮捕されて問題が表面化した後も、旧UFJ・旧東京三菱の経営陣間で情報が共有されず、また旧東京三菱出身の役員の一部には「我々の案件ではない」として処分を免れようとする動きもあった。
2007年2月15日、金融庁は、三菱東京UFJ銀行の内部管理体制に重大な問題があるとして、一部業務停止命令を下した。同行の全法人向け営業拠点で新規融資を3ヶ月停止し、法人向け営業拠点の新設を停止、経営責任を明確化し業務改善計画を提出することを求めた。
この事件では、一連の問題に直接的に関与した三菱東京UFJ銀行淡路支社次長も、業務上横領幇助で逮捕されている。
学生採用担当者によるわいせつ事件
採用活動中、同行に応募してきた女子大生に「あなたの評価は高い」「応援したい」などと内定をちらつかせ、わいせつ行為に及んだ三菱東京UFJ銀行員が、2007年5月19日、強制わいせつ容疑で逮捕された[40]。この行員は2007年4月8日午後に、国立大学4年の女子大生(21歳)を大阪市北区のカラオケ店内に呼び出し、抱きついたり、キスした疑いがかけられている。女子大生は抵抗し現場から逃れ、被害届を出した。
行員は女子大生の同窓生を名乗り、大学枠別の採用担当者を装っていたが、実際に採用の補助業務も担っていた。この補助業務中に、学生のエントリーシートなどから連絡先を知った可能性があるとみて、大阪府警は行員の勤務先である三菱東京UFJ銀行難波支社など3つの関連箇所を、家宅捜索した[41]。
同容疑者は別の学生にも同様のわいせつ行為を行ったとして、6月11日に再逮捕された。尚、同容疑者は後日懲戒解雇処分となった[42]。
投資信託販売での不適切処理
2007年6月11日、金融庁は三菱東京UFJ銀行に対し、複数業務に跨がる行政処分を出した[43]。銀行窓口での投資信託の販売で多数の不適切な処理が見つかったため。合わせて、不祥事が相次ぐ海外業務についても改善命令が下された。
投信の販売では、銀行利用者が購入を注文した商品とは別のものを誤って取り次いだにもかかわらず、財務局への過誤報告や顧客に対する損失補填などの定められた対応をしないケースが多数発覚した。複数の同行支店で、3年程度の間に約100件のこうした不適切処理が発生していた。日本銀行によるゼロ金利政策の長期化を背景に、投資信託による資産運用を求める利用者が増加しており、金融庁は消費者保護の観点から金融機関への監視を強めていた[44]。金融庁が投信の窓販に拘る処分を発動するのは初めて。
(旧)UFJでは過去に同様の問題が発覚したため、厳しい社内規定に改めていたが、三菱UFJへの経営統合後に旧東京三菱の緩い規定に合わせられていた。内部管理体制の甘さと経営陣の意識の低さに加え、「顧客軽視も甚だしい」「他のメガバンクに比べ問題が突出して多い」と金融庁に指摘されている[45]。(旧)三菱銀行はバブル景気期にも、生命保険会社と組んで高齢者顧客に融資とセットで変動性商品の変額保険を売り込み、その後多くの訴訟案件を抱えた経緯がある[46]。
海外支店での横領
海外業務では、資金洗浄対策過怠に加え、現地職員による横領・不正引き出しが数十件発生していたことを公表した。この処分により、発足後の1年半あまりで国内外から受けた処分は7分野に及ぶこととなる[47]。
信用情報12万件の誤登録
三菱東京UFJ銀行において、1994年 – 2007年の間、住宅ローンなどの融資を受けた顧客情報のうち7490件について、誤った信用情報が全国銀行個人信用情報センターに登録されていた[48]。うち2747件では、顧客が損害を被った恐れがある。大半は旧東京三菱の案件である。
子会社の三菱UFJニコスでの誤登録も合わせて公表された。同社のDCカード利用者関係で11万件超に情報登録ミスを生じ、うち2324件についてはキャッシングが利用できない不利益が生じた恐れがある。
両社とも2007年6月までに、信用情報機関へ情報修正を終えたとしている。
中華人民共和国・深圳支店での暴行事件
三菱東京UFJ銀行深圳支店にて2007年7月27日、日本人の課長が部下の中国人行員を平手打ちした。同僚の中国人行員らが抗議し、この課長は解任された[49][50]。
元三菱東京UFJ銀行の行員 顧客の預金1870万円を着服容疑
顧客の口座から預金約1870万円を着服したとして、警視庁捜査2課は27日、業務上横領の疑いで、三菱東京UFJ銀行の元支店長代理を逮捕。2002年5月以降、時効分を含めて33人から計約1億1千万円を着服したとみて裏付けを進めている[51]。
マルチ勧誘・巨額損失事件
2010年から2012年にかけて、同行で投資信託を運用していた高齢者(当時70代)が30代前半の行員2人とコンサルタントを名乗る者ら3人によってマルチ商法やコンサルタント自身への投資等に勧誘され、およそ4億円が詐取された事件。その一部が2012年に巨額詐欺事件で集団訴訟を提起されたマルチ商法投資会社を通して反社会的勢力に渡っている可能性が指摘されている。同行は「責任はない」と主張していた[52][53]。
実体の無い督促目的での住民票取得
三菱東京UFJ銀行系列の債権回収会社が、2015年9月に大阪府豊中市から、同行のカードローンの利用が無い同市民2人の住民票を、返済督促目的を理由にして取得していたことが、2016年4月に発覚した。同市は同行に対し抗議し、住民票を返還させた。同行は「一定年齢以上の高齢者が存命かどうかを確認する必要があったため」としているが、住民票をどれほど取得していたかについては説明を拒んでいる[54]。
1400億円倒産事件で不適切接待を認める
2015年最大の破綻となった、船舶会社ユナイテッドオーシャン・グループ(UOG)の倒産事件で、メガバンクトップの三菱東京UFJ銀行の新橋支社や同行幹部を含む複数の行員が、銀座の高級クラブなどで過剰な接待を強要していたことが明らかとなった。また倒産劇に絡み、三菱東京UFG銀行内の派閥争いも指摘されている[55][56]。
女性に乱暴で行員を逮捕
同銀行の28歳の男性行員が、東京都中央区内の居酒屋で、30歳代の女性に睡眠導入剤を混入した飲食物を摂取させ、意識をもうろうとさせた上で、当時住んでいた墨田区内のマンションに連れ込み性的暴行を加えたとして、2019年7月に準強制性交容疑で警視庁に逮捕された。銀行は同日付で男性行員を懲戒解雇[57]。9月12日、の女性2人も同様に乱暴したとして、警視庁築地警察署は準強制性交容疑で元男性行員を再逮捕した。同署によると、元男性行員宅にあったリュックには、睡眠薬が付着した食器類などが入っていた。また、自宅のパソコンから数十人分の女性の顔写真や身分証のデータが見つかっており、同署は他にも被害者がいるとみている。逮捕容疑は3月(行員時代)、20代の女性2人に、それぞれ都内の飲食店で飲み物に睡眠作用のある薬物を混ぜて飲ませ、ホテルに連れ込んでわいせつな行為をした疑い[58]。
金庫から現金3500万円の窃盗
羽衣支店(大阪府高石市)に勤務していた元男性嘱託職員(64歳)が、2020年3月30日午後1時ごろ、支店の金庫から現金3500万円を盗んだとして、9月15日、大阪府警高石警察署に窃盗容疑で逮捕された。男性嘱託職員は、調べに対し「借金の返済に充てた」と容疑を認めている。元男性嘱託職員は、支店で出納業務を担当し、金庫の鍵を扱う立場であった。銀行は4月に元男性嘱託職員を懲戒解雇処分にしていた[59]。ギャラリー[編集]
@media all and (max-width:720px).mw-parser-output .mod-gallerywidth:100%!important.mw-parser-output .mod-gallerydisplay:table.mw-parser-output .mod-gallery-defaultbackground:transparent;margin-top:.3em.mw-parser-output .mod-gallery-centermargin-left:auto;margin-right:auto.mw-parser-output .mod-gallery-leftfloat:left;margin-right:1em.mw-parser-output .mod-gallery-rightfloat:right.mw-parser-output .mod-gallery-nonefloat:none.mw-parser-output .mod-gallery-collapsiblewidth:100%.mw-parser-output .mod-gallery .title,.mw-parser-output .mod-gallery .main,.mw-parser-output .mod-gallery .footerdisplay:table-row.mw-parser-output .mod-gallery .title>divdisplay:table-cell;text-align:center;font-weight:bold.mw-parser-output .mod-gallery .main>divdisplay:table-cell.mw-parser-output .mod-gallery .galleryline-height:1.35em.mw-parser-output .mod-gallery .footer>divdisplay:table-cell;text-align:right;font-size:80%;line-height:1em.mw-parser-output .mod-gallery .title>div *,.mw-parser-output .mod-gallery .footer>div *overflow:visible.mw-parser-output .mod-gallery .gallerybox imgbackground:none!important.mw-parser-output .mod-gallery .bordered-images .thumb imgoutline:solid #eaecf0 1px;border:none.mw-parser-output .mod-gallery .whitebg .thumbbackground:#fff!important

府中支店(東京都)

多摩ビジネスセンター(東京都多摩市)

旧東京営業部・新丸の内支店および事務拠点が入居していた大手町ビル(2012年解体)

脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ これは合併の効力が法務局に登記申請する日になるためである。

^ 三菱UFJフィナンシャル・グループの英略号でもある“MU”が含まれるコードとしては、武蔵野銀行がMUBKJPJTを使用している。

^ 旧同一行同士でもシステム上の店舗番号が同じ場合に限られる。また、2014年に実施した岡本出張所が岡本駅前支店への事実上の昇格のケースは、システム上では岡本出張所(492)を親店舗の東神戸支店(492)へ統合廃止したうえで、同地に岡本駅前支店(489)を新設した扱いである。

^ 一例を挙げると、新橋駅前出張所(旧東京三菱店)は新橋支店(旧東京三菱店)単独の管轄だが、ここのATMから振込を行う場合、新橋支店と同居している新橋駅前支店・浜松町支店(いずれも旧UFJ店)宛の振込も同一店宛扱いとなる。また、自動定額送金や給与・賞与振込なども同様に、3支店間での振込は同一店宛扱いとなる。

^ 大阪市はみずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行との4行による輪番制。

^ 2014年9月8日より、第1ターミナル内に所在する母店である成田空港支店に取り込まれた。このため第2ターミナルには、店舗外ATMコーナーと外貨両替拠点である成田国際空港第二出張所・同第三出張所が残されている(同じく、外貨両替拠点の成田国際空港出張所・同第四出張所は、第1ターミナル側に所在)。

^ 母店名は旧東京銀行大阪支店→旧東京三菱銀行大阪淀屋橋営業部→旧三菱銀行側の大阪支店へ統合(但し店舗所在地は旧大阪淀屋橋営業部)→合併後に大阪中央支店となる。

^ かつて旧東京銀行時代後期まで、東京国際空港(羽田空港)の旧ターミナルビル内に羽田支店(旧三菱銀行から続く現在の羽田支店とは無関係)を、大阪国際空港ターミナルビル内には大阪空港支店がそれぞれ設置されていたこともあった。

^ 名古屋営業部中部国際空港出張所は旧東海銀行及び旧UFJ銀行から続く、東海銀行本店(→UFJ銀行名古屋営業部)名古屋空港出張所(国際線ターミナルビル内にあった)が旧UFJ銀行時代に中部国際空港へ移転した出張所である。

^ ファミリーマート以外に設置されているゆうちょ銀行ATMは手数料の改定は行われていない。

^ 三菱石油→日石三菱→新日本石油を経て、2010年に新日鉱ホールディングス(旧日産コンツェルン)と経営統合して、JXホールディングスが発足。そして、2017年4月1日に東燃ゼネラル石油と経営統合し、JXTGホールディングスが発足した。

^ 三菱金曜会及び三菱広報委員会のメンバーであるキリンホールディングスの傘下。

^ 2007年にUFJニコス(旧日本信販、旧UFJカード)が旧三菱銀行系列のディーシーカードを吸収合併。

^ 旧安田生命保険との関係で、みずほ銀行とも親密。旧明治生命保険は三菱グループで、旧安田生命保険は芙蓉グループ(旧富士銀行系列)である。

^ 現在は三菱商事の関連会社となっている。そして2016年に正式に三菱グループ・三菱広報委員会に加盟した。

^ 岩崎弥太郎の次男・秀弥が富士紡ホールディングスの前身・富士瓦斯紡績の取締役を務めていた。

^ 三菱銀行が森村財閥の金融部門であった森村銀行を吸収した関係から親密である。

^ 2006年に旧三菱液化ガスが三菱商事LPガス部門・出光興産LPG部門と事業統合。三菱商事系列・出光興産系列である。

^ 2008年4月1日に三井グループの百貨店三越と経営統合し、三越伊勢丹ホールディングスが発足。現在、伊勢丹の関東地区での店舗運営は子会社の三越伊勢丹が運営している。

^ 旧東海銀行並びにみずほ銀行(旧第一勧銀、旧富士)、三井住友銀行(旧住銀)とも親密。また創業者が奈良県出身という事もあり、奈良県の地方銀行南都銀行とも親密である。

^ 2008年にMUFGの持分法適用会社化。

^ 旧日窒コンツェルンでもある。

^ 日興證券はかつて三菱銀行と親密だった。現在は三井住友フィナンシャルグループの傘下である。

^ 2010年に経営破綻。その後、京セラの創業者である稲盛和夫主導による経営改革で会社を再建した。こうした経緯から、京セラとも親密である。

^ 1927年(昭和2年)4月に倒産した鈴木商店の貿易・商社部門を子会社である日本商業会社が引き継ぎ、日商が発足。その後、岩井産業(旧岩井財閥系列)と合併して、日商岩井が発足。そして2004年4月1日にニチメンと経営統合し、現在に至る。旧日商岩井と旧ニチメンも共に旧三和銀行との関係が深かった。

^ 旧同和火災海上→ニッセイ同和損保(日本生命系列)及びあいおい損保(トヨタ自動車系列)の前身の一つである旧大東京火災海上は三和銀行をメインバンクとしていた一方、あいおい損保の前身の一つである千代田火災海上はトヨタ自動車との関係から、東海銀行とは親密だった。

^ 三菱商事の関連会社でもある。

^ 当時の日綿実業と三和銀行を主体に設立された。

^ 三和銀行と日本信販によって設立された。

^ また旧東京三菱銀行とも親密だった。

^ なお旧スクウェアは四国銀行と親密。

^ かつては京セラの、現在はスクウェア・エニックス・ホールディングスの傘下。

^ 三井住友銀行と親密であるがアイワイバンク銀行(現:セブン銀行)の設立に協力。

^ 旧そごうは長信銀2行に次ぐ最多の融資をしていた。ミレニアムリテイリング発足により離脱するが買収により7&i傘下となる。

^ 2014年9月1日に、日本興亜損害保険が安田系・日産・日立系・古河系の損害保険ジャパンと合併した。SOMPOホールディングス傘下。

^ オリックスの子会社。

^ ダイハツ工業系列。

^ 過去に任天堂の社長を務めた君島達己も旧三和銀行出身である。なお、任天堂の社長に就任した以前は、関連会社のポケモンや任天堂の米国法人の社長を歴任した。

^ 旧野村財閥。

^ 同行が第3位の大株主となっている。三菱銀行も東京三菱銀行時代までほぼ同程度株式を所有していたが経営統合直前に大半をTBSに売却している。なお、2017年に在阪局として初の純粋持株会社であるMBSメディアホールディングスが発足した。テレビ事業ではTBSをキー局にしたJNN系列の準キー局である。

^ Jリーグに加盟するプロサッカークラブ。筆頭株主であるトヨタ自動車は約50%の株を保有している。

^ 2006年3月31日現在、有価証券報告書によると、同行が第4位の大株主となっている。また、同行の親会社である三菱UFJフィナンシャル・グループから大量保有報告書が提出されている。

^ 同行が第9位の大株主となっているほか、旧東海銀行系のシステムインテグレーターであるユーフィットが第2位の大株主となっている。

^ 同行が第7位の大株主となっている。

^ 東海証券として設立。2006年に三井住友海上と資本提携し東海色が薄まる。

^ 豊田通商傘下の繊維メーカー。以前は旧三和銀行系列のみどり会に加盟していたが、倒産・新会社設立を機に退会した。

^ 三井住友銀行(旧さくら銀行)とも親密。現在は大和ハウス工業の完全子会社。

^ トヨタホームの連結子会社。

^ 旧社名は「藤和不動産株式会社」。フジタの不動産部門が独立した。かつてはフジタの子会社だったが、親会社のフジタの経営危機により、2007年に三菱地所の子会社となる。そして2011年に現在の社名になる。

出典[編集]

^ 組織体制・コンプライアンス態勢 – 株式会社三菱UFJ銀行

^ “ビジュアル・アイデンティティ : 三井住友フィナンシャルグループ”. www.smfg.co.jp. 2022年7月26日閲覧。

^ “【バンクマップ】メガバンク|金融用語集”. www.homemate-research-finance.com. 2022年5月30日閲覧。

^ “三菱金曜会”. 三菱グループホームページ. 2020年12月6日閲覧。

^ “三菱広報委員会の活動”. 三菱グループホームページ. 2020年12月6日閲覧。

^ “三菱グループに「落ちこぼれ企業」続出、最強エリート集団の大ピンチ”. 週刊ダイヤモンド公式サイト. 2021年7月15日閲覧。

^ “三菱広報委員会の加盟会社”. 三菱グループホームページ. 2020年12月6日閲覧。

^ “三菱“御三家”に不協和音!最強財閥で崩れた「鉄の結束」” (日本語). ダイヤモンド・オンライン (2019年7月13日). 2022年5月6日閲覧。

^ “三菱UFJ、法人融資集約 信託分移管12兆円規模”. 日本経済新聞. (2017年5月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO16335820S7A510C1EA5000/ 2017年6月15日閲覧。 

^ “三菱UFJ、法人融資を銀行に集約 来春にも”. 産経ニュース. (2017年5月13日). https://www.sankei.com/article/20170513-V7H7PAWOSRI45G4ZURYSIQYKVU/ 2017年6月15日閲覧。 

^ “東銀DNA「海外」残るか 「東京」消え「三菱UFJ」へ”. 日本経済新聞. (2017年5月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGC16H03_W7A510C1EE9000/ 2017年6月24日閲覧。 

^ 東京を取り「三菱UFJ銀行」で最終調整 来年春にも – テレ朝news、2017/05/14 11:57配信、同日閲覧

^ 「3メガ6銀行 優遇政策で/法人税10年納めず/公的資金受け大もうけなのに/国民犠牲の政治改めよ/衆院委で佐々木議員」しんぶん赤旗、2008年10月30日

^ “ミャンマー銀と業務協力 三菱東京UFJ銀”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 8. (2014年6月27日) 

^ “アユタヤ銀、三菱UFJ銀支店と統合”. 日本経済新聞. (2015年1月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO81590850V00C15A1FFE000/ 2015年3月31日閲覧。 

^ “三菱UFJ、支店とタイ銀を統合 融資残高はタイ5位の規模に”. 共同通信. (2015年1月5日). オリジナルの2015年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150710000429/http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015010501000468.html 2015年3月31日閲覧。 

^ “ミャンマーに2邦銀の支店 三菱東京UFJなど”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 11. (2015年4月23日) 

^ “比銀に三菱UFJ出資発表”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 9. (2016年1月15日) 

^ “カンボジアの銀行買収 三菱東京UFJ”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 9. (2016年1月28日) 

^ “三菱UFJ銀など罰金37億円 英国”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 7. (2017年2月10日) 

^ “三菱UFJ、従業員向け保育所新設”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 11. (2017年3月29日) 

^ “行名変更のお知らせ”. 三菱東京UFJ銀行. 2018年2月6日閲覧。 Archived 2017年10月23日, at the Wayback Machine.

^ “三菱東京UFJ銀、「三菱UFJ銀行」に社名変更へ 18年4月に”. 日本経済新聞 (2017年5月15日). 2018年2月6日閲覧。

^ 「銀信証」の関西拠点 三菱UFJ銀、大阪ビル完成『日刊工業新聞』2018年8月2日(金融面)2018年11月25日閲覧。

^ “三菱UFJ銀、店舗削減を上乗せ 23年度まで180店” (日本語). 日本経済新聞 (2019年5月20日). 2019年5月25日閲覧。

^ “株式会社三井住友銀行との店舗外 ATM 共同利用開始について”. 株式会社三菱UFJ銀行(2019年7月5日作成). 2019年7月6日閲覧。

^ “預金規定改定のお知らせ | 三菱UFJ銀行” (日本語). 三菱UFJ銀行 公式ウェブサイト. 2021年6月6日閲覧。

^ “土日祝含めATMの利用無料に 三菱東京UFJ銀”. 共同通信. (2013年8月26日). オリジナルの2013年10月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131016100059/http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013082601002134.html 2014年3月24日閲覧。 

^ a b “三井が三菱に一矢報いた「ディズニー誘致合戦」の大逆転劇”. マネーポスト・週刊ポスト(2020年1月4日作成). 2020年1月4日閲覧。

^ 金融持株会社「auフィナンシャルホールディングス」を設立 – KDDI 2019年2月12日(2020年2月20日閲覧)

^ 「じぶん銀行」を「auじぶん銀行」へ商号変更 – KDDI・auフィナンシャルホールディングス・じぶん銀行 2019年7月29日(2020年2月20日閲覧)

^ “商号変更に関する認可取得のお知らせ”. 株式会社じぶん銀行 (2020年2月3日). 2020年2月20日閲覧。

^ 「学会マネー」研究会『創価学会財務部の内幕』 小学館〈小学館文庫〉、2000年7月1日; ISBN 978-4-0940-4571-0

^ 「三菱東京UFJ銀行、中国で28億円の罰金」日本経済新聞、2006年7月8日

^ 川瀬憲司「中国の行員汚職、06年は4億円・三菱東京UFJ上海行員も」日本経済新聞、2007年1月30日 Archived 2007年4月2日, at the Wayback Machine.

^ 「三菱東京UFJ銀、96万人分の顧客情報を紛失、住所/電話番号/届出印なども」nikkei BPnet、2006年10月6日

^ 「三菱UFJ 処分 米国戦略に痛手」読売新聞、2006年12月20日[リンク切れ]

^ 「三菱UFJ米子会社 2度目の処分へ」日本経済新聞、2007年1月26日

^ 大柳聡庸「「自己保身」続いた経営陣 三菱UFJ銀融資一週間停止」SANKEI EXPRESS、2007年1月28日[リンク切れ]

^ 「就職希望者にわいせつ行為/24歳の三菱UFJ行員逮捕」ShikokuNews、2007年5月19日 Archived 2007年9月27日, at the Wayback Machine.

^ 共同通信「採用補助業務を担当 わいせつの三菱UFJ行員」gooニュース、2007年5月21日 Archived 2007年5月23日, at the Wayback Machine.

^ 「別の女子大生にもわいせつ行為 容疑の元銀行員を再逮捕」asahi.com、2007年6月11日 Archived 2007年6月14日, at the Wayback Machine.

^ 「投信窓販で改善命令・金融庁、三菱UFJに通知へ」日本経済新聞、2007年6月8日 Archived 2007年6月10日, at the Wayback Machine.

^ 「三菱UFJに改善命令へ 投信窓販など不適切処理」東京新聞、2007年6月8日 Archived 2007年6月11日, at the Wayback Machine.

^ 「三菱東京UFJに業務改善命令 不祥事「突出して多い」」朝日新聞、2007年6月11日 Archived 2007年6月14日, at the Wayback Machine.

^ 前田昌孝「一目均衡 隣の芝生は青くない」日本経済新聞、2007年6月12日 Archived 2007年9月30日, at the Wayback Machine.

^ 山本明彦「三菱東京UFJ: 行政処分7分野に…金融庁が改善命令へ」毎日新聞、2007年6月8日

^ 「三菱UFJが顧客情報12万件を誤登録、5千件で不利益か」読売新聞、2007年7月2日[リンク切れ]

^ “「平手打ち」騒動の課長解任 三菱UFJ銀行が謝罪 中国・深セン”. 朝日新聞東京朝刊: p. 12. (2007年7月31日) 

^ “部下殴打の日本人課長を解職=中国の三菱UFJ銀支店”. 時事通信. (2007年7月31日) 

^ 「元三菱UFJ銀行の行員を逮捕 顧客の預金1870万円を着服容疑」ライブドアニュース、2015年5月27日

^ “三菱東京UFJ銀行員、顧客の高齢者女性をマルチ投資へ勧誘し、約4億円の被害与える”. ビジネスジャーナル (2013年09月28日06時00分). 2021年2月19日閲覧。

^ “三菱UFJ銀マルチ勧誘・巨額損失事件、被害女性が告訴へ〜銀行側は謝罪するも責任認めず”. ビジネスジャーナル (2013年10月14日06時00分). 2021年2月19日閲覧。

^ 債権回収会社、実態ない督促目的で住民票を取得 読売新聞 2016年3月30日[リンク切れ]

^ 「三菱東京UFJ銀行 1400億円倒産事件で不適切接待を認める」週刊文春、2016年7月6日

^ “融資先にタカり&倒産追い込みの三菱UFJ銀行、先鋭化するゲリラ的社内紛争が関係か”. ビジネスジャーナル (2016年7月22日00時13分). 2021年2月19日閲覧。

^ 女性乱暴の元三菱UFJ銀行社員逮捕 警視庁 産経新聞 2019年7月11日

^ “三菱UFJ元行員再逮捕=別の女性2人に乱暴容疑-警視庁”. 時事通信 (2019年09月12日14時06分). 2020年8月14日閲覧。

^ “三菱UFJ銀行の元職員、支店から3500万円盗んだ疑い 大阪府警逮捕”. 毎日新聞 2020年9月15日 22時08分. 2020年9月16日閲覧。

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

^ a b 会社概要 – 三菱UFJ銀行

^ a b 2020年3月期有価証券報告書 (PDF) – 三菱UFJ銀行 2020年6月29日

^ “メンバー会社一覧”. みどり会. 2021年7月15日閲覧。

^ カブドットコム証券-三菱東京UFJ銀行を所属銀行とした銀行代理業の許可取得について 2006年12月28日

^ 当該プレスリリース(KDDI)

^ じぶん銀行プレスリリース

^ 双日株式会社|投資家情報|株式・株主情報|株式の状況

^ ブルーブルーエ ジャパン[リンク切れ]

関連項目[編集]
サービスなど

メインバンクプラス(旧:メインバンク)
三菱UFJ-VISA
フィナンシャルワン
MUFGプラザ
インターナショナルカード銀行
前身となった銀行の関係図

三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券 – 国内富裕層向けのプライベートバンキング
横浜正金銀行
香港上海銀行
ユナイテッド・カリフォルニア銀行
ケス・デパーニュグループ
セキュリティバンク
auじぶん銀行その他

三菱銀行人質事件CM出演タレント

大谷翔平 – 2020年から広告キャンペーンに起用されている。
阿部寛・石原さとみ・山﨑賢人 – 広告キャンペーン「Do Smart」に出演。阿部は2009年から、石原は2012年から、山﨑は2015年から起用されている。
戸田恵梨香・岡あゆみ・高瀬友規奈・小松彩夏・三浦春馬・成海璃子・小日向文世 – 過去にCM・広告に出演番組スポンサー

笑点 特大号(BS日テレ)- 現筆頭スポンサー。
THE世界遺産(TBSテレビ) – 2015年4月から2016年3月までスポンサー。外部リンク[編集]

ウィキニュースに関連記事があります。
三菱東京UFJ銀行発足
ウィキメディア・コモンズには、三菱UFJ銀行に関連するメディアがあります。三菱UFJ銀行 公式ウェブサイト
三菱UFJ銀行 (bk.mufg.jp) – Facebook
MUFG Bank Channel – YouTubeチャンネル
三菱UFJ銀行 (@mufgbk_official) – Twitter
三菱UFJ銀行 (@mufgbk_official) – Instagram表話編歴三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)
公式サイト:www.mufg.jp| Category金融持株会社
三菱UFJフィナンシャル・グループ主要子会社
三菱UFJ銀行
三菱UFJ信託銀行
三菱UFJ証券ホールディングス地方銀行・第二地方銀行
中京銀行新たな形態の銀行
auじぶん銀行証券会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
モルガン・スタンレーMUFG証券
auカブコム証券海外銀行
ユニオン・バンク
アユタヤ銀行
ダナモン銀行
ベトナム産業貿易銀行(英語版)
大新銀行(英語版)
ハッタ・カクセカー
Mitsubishi UFJ Investor Services & Banking (Luxembourg)海外証券
モルガン・スタンレー
MUFG Securities (Canada)
MUFG Securities EMEA
Mitsubishi UFJ Trust International
MUFG Securities Asia (Singapore)
MUFG Securities Asiaリース
三菱HCキャピタル
東銀リース保険
キャピタル損害保険|債権回収
エム・ユー・フロンティア債権回収ベンチャーキャピタル・ベンチャー投資
三菱UFJキャピタル
三菱UFJイノベーション・パートナーズ
丸の内キャピタルファクタリング
三菱UFJファクター調査・コンサルティング
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
三菱アセット・ブレインズ
三菱UFJトラスト投資工学研究所
MUMECビジョナリーデザイン
三菱UFJ個人財務アドバイザーズ
Japan Digital Design
HRガバナンス・リーダーズシステム
三菱総研DCS
三菱UFJインフォメーションテクノロジー
三菱UFJトラストシステム
エム・ユー・ビジネス・エンジニアリング証券代行
日本シェアホルダーサービス銀行代理業務
三菱UFJフィナンシャルパートナーズ資産運用・管理
日本マスタートラスト信託銀行
三菱UFJ国際投信
MU投資顧問不動産・不動産仲介
三菱UFJ不動産販売住宅ローン・ファイナンス
三菱UFJローンビジネス
日本住宅無尽消費者金融
アコムカード・信販・ネット決済
三菱UFJニコス
菱信ディーシーカード
ジャックス
ジャルカード
東京クレジットサービス
ペイジェント電子債権記録
日本電子債権機構

関連項目
三菱財閥
三菱グループ
みどり会
MUFGプラザ
JCB
オーディー05オムニバスチャイナトリーティ
三菱銀行本店 (建築物)
東京銀行本店 (建築物)
BONYT JA
MUFG RFC前身企業
三菱東京フィナンシャル・グループ
東京三菱銀行
三菱銀行
第百銀行
東京銀行
横浜正金銀行
三菱信託銀行
日本信託銀行
UFJホールディングス
UFJ銀行
三和銀行
東海銀行
UFJ信託銀行
東洋信託銀行
しんきん信託銀行
表話編歴三菱グループ / 三菱広報委員会
太字は三菱金曜会のメンバー。食料品
キリンホールディングスパルプ・紙
三菱製紙建設
ピーエス三菱化学・医薬品
三菱ケミカルグループ
三菱ガス化学
三菱ケミカル(注4)
大日本塗料ガラス・窯業
AGC石油・原子力
ENEOSホールディングス(注1)鉄鋼
三菱製鋼非鉄金属
三菱マテリアル
三菱アルミニウム機械
三菱化工機
三菱重工業輸送用機械
三菱自動車工業
三菱ふそうトラック・バス
三菱造船電気機器
三菱電機

精密機器
ニコン
三菱プレシジョン卸売・小売
三菱商事
三菱食品
アストモスエネルギー
ローソン金融
三菱UFJ銀行(注2)
三菱UFJ証券ホールディングス
三菱UFJ信託銀行(注2)
三菱オートリース
三菱UFJニコス(注2)
三菱HCキャピタル(注2)保険
東京海上日動火災保険(注3)
明治安田生命保険(注3)不動産
三菱地所運輸・倉庫
三菱倉庫
日本郵船
三菱鉱石輸送情報・通信
三菱総合研究所
三菱スペース・ソフトウエア
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ関連項目
現代自動車グループ(起亜自動車・現代自動車)
フジサンケイグループ(フジ・メディア・ホールディングス)
三菱財閥
歴代総帥
初代:岩崎弥太郎
2代:岩崎弥之助
3代:岩崎久弥
4代:岩崎小弥太
岩崎家
旧岩崎邸庭園
スリーダイヤ
丸の内
ダイヤモンドカップゴルフ
三菱未来館三菱グループのポータルサイト
三菱金曜会
三菱広報委員会
(注1)日産・日立グループ(春光会・春光懇話会)メンバーでもある。
(注2)三和グループ(三水会・みどり会)メンバーでもある。
(注3)芙蓉グループ(芙蓉会・芙蓉懇談会)メンバーでもある。
(注4)三菱金曜会のメンバーであるが、三菱広報委員会のメンバーではない。
表話編歴三和グループ・みどり会あ行
アート引越センター
あいおいニッセイ同和損害保険
朝日ウッドテック
アズワン
天辻鋼球製作所
荒川化学工業
新家工業
ECC
一冨士フードサービス
イトキン
岩崎通信機
岩谷産業
上村工業
エクセディ
江崎グリコ
SBSホールディングス
NSD
エヌオーイー
NTN
OSJBホールディングス
オークラヤ住宅
オートバックスセブン
大阪ソーダ
大西
大林組(注4)
大林道路
奥村組土木興業
オリックスか行
学生情報センター
カサタニ
関西ペイント(注6)
KISCO
キミカ
牛乳石鹸共進社
クラシエホールディングス
クリナップ
栗原工業
グリーンスタンプ
くろがね工作所
京成電鉄
建設技術研究所
神戸製鋼所(注3)
国際興業
コスモエネルギーホールディングス
コニカミノルタ
コニシ
小林クリエイト
小林製薬さ行
堺化学工業
サクラクレパス
ザ・パック
三桜工業
サンスター
サンセイテクノス
サントリーホールディングス
サンリオ
JNC
ジェーシービー
CBC
島精機製作所
島田商事
シマノ(注4)
シミックホールディングス
昭和丸筒
新関西製鐵
神鋼環境ソリューション
新明和工業
鈴乃屋
積水化学工業
積水化成品工業
積水樹脂
積水ハウス(注4)
錢高組
錢屋アルミニウム製作所
センコーグループホールディングス
全日警
双日(注3)(注4)(注6)
象印マホービン
損害保険ジャパン(注2)(注3)(注5)た行
大栄電気
大王製紙
大京
大光電機
大末建設
ダイダン(注4)
大同生命保険
大日本除虫菊
ダイハツ工業
ダイハツディーゼル
太陽生命保険
ダイワボウホールディングス
髙島屋
タキロンシーアイ(注5)
辰馬本家酒造
田辺三菱製薬(注1)
田村駒
中央自動車工業
月島機械
TIS
T&Dフィナンシャル生命保険
TOA
帝人
電響社
トーア紡コーポレーション(注6)
東京會舘
東畑建築事務所
東宝
東洋カーマックス
東洋建設
東洋紙業
TOYO TIRE
東洋電機製造
東洋不動産
東リ
徳島大正銀行
トクヤマ(注6)な行
中山製鋼所
名村造船所
南海電気鉄道
ニチイ学館
日新
日東電工
日本瓦斯
日本コンクリート工業
野村ホールディングス
ノーリツ鋼機は行
ハーモニック
パイロットコーポレーション
ハウス食品
原田産業
パレスホテル(注2)
阪急電鉄
阪急阪神百貨店
阪急阪神ホテルズ
阪急阪神不動産
阪九フェリー
ビジネスコンサルタント
日立製作所(注2)(注3)
日立金属
日立グローバルライフソリューションズ
日立造船
非破壊検査(注4)
フジキン
藤田観光
フランスベッド
フルサト工業
ぺんてるま行
毎日新聞社
松本油脂製薬
丸善石油化学
マンダム
味覚糖
ミサワホーム
三菱UFJ銀行(注1)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(注1)
三菱UFJ信託銀行(注1)
三菱UFJニコス(注1)
三菱UFJリサーチ&コンサルティング(注1)
三菱HCキャピタル(注1)
三ツ星ベルト
モリ工業
森下仁丹や行
ヤマトインターナショナル
UCC上島珈琲
UBE
UBE三菱セメント
ユニオン
ユニチカ
ユニ・チャーム
寄神建設ら行
リンクレア
ロックペイント
六甲バター
ロッテ
ロングライフホールディングわ行
ワキタ関連項目
エイベックス・グループ
岩井財閥
トヨタ自動車
三水会
三和銀行
シャープ
鈴木商店
鴻池財閥
山口財閥
日産コンツェルン
日窒コンツェルン

注釈

(注1)は三菱グループでもある。
(注2)は芙蓉グループでもある。
(注3)は第一勧銀グループでもある。
(注4)は大輪会でもある。
(注5)は古河グループでもある。
(注6)は最勝会グループでもある。

表話編歴都市銀行みずほFG
みずほ銀行三菱UFJFG
三菱UFJ銀行SMBCグループ
三井住友銀行りそなグループ
りそな銀行
埼玉りそな銀行過去
Category:かつて存在した都市銀行関連項目
Category:都市銀行
メガバンク
都銀懇話会
BANCS
地方銀行
第二地方銀行
新たな形態の銀行
信託銀行
典拠管理
ISNI: 0000 0000 9407 0069
LCCN: n2010018330
NDL: 01075605
VIAF: 138388019, 140958058
WorldCat Identities: lccn-n81119256, lccn-n2010018330

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=三菱UFJ銀行&oldid=91337086」から取得
カテゴリ: 三菱UFJ銀行三菱UFJフィナンシャル・グループ三菱グループ三和グループみどり会DCカード都市銀行イギリスにおける外国銀行日本の多国籍企業千代田区の企業丸の内1919年設立の企業隠しカテゴリ: Webarchiveテンプレートのウェイバックリンク外部リンクがリンク切れになっている記事/2017年4月ISBNマジックリンクを使用しているページウィキデータにない座標出典を必要とする記事/2018年4月ウィキペディアとウィキデータで異なる公式ウェブサイトISNI識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 2233
再生回数: 8323
[spincontent type=”j”]

The Story of MUFG. Youtube

The modern Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc (MUFG) was formally created in 2005 with the merger of Mitsubishi Tokyo Financial Group and UFJ Group. But the roots of the bank go back to the seventeenth century.

2. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Yomiuri

Yomiuri
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8624
[spincontent type=”j”]

3. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Asahi Shimbun

朝日新聞
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: 朝日新聞で検索した the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する上記の情報が、the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2306
[spincontent type=”j”]

4. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. The Japan Times

The Japan Times
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: ジャパン タイムズで検索した the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する記事のトップです。the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3506
[spincontent type=”j”]

5. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Yomiuri Shimbun

読売新聞
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する詳細情報はすでにありますか? the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4249
[spincontent type=”j”]

6. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Mainichi Shimbun

毎日新聞
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: 毎日新聞で見つけた the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する上記の情報が、the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5136
[spincontent type=”j”]

7. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Sankei Shimbun

産経新聞
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: 産経新聞で検索した the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する記事のトップです。the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6223
[spincontent type=”j”]

8. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 74 10
[spincontent type=”j”]

9. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Chunichi Shimbun

中日新聞
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: 中日新聞で検索した the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する上記の情報が、the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2681
[spincontent type=”j”]

10. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Tokyo Shimbun

東京新聞
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6801
[spincontent type=”j”]

11. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6941
[spincontent type=”j”]

12. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: 日刊工業新聞で見つけた the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する上記の情報が、the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6746
[spincontent type=”j”]

13. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Ainu Times

アイヌタイムス
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: アイヌ タイムズで検索した the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する記事のトップです。the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4664
[spincontent type=”j”]

14. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する詳細情報はすでにありますか? the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 60 05
[spincontent type=”j”]

15. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Chiba Nippo

千葉日報
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: 千葉日報で検索した the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する上記の情報が、the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1102
[spincontent type=”j”]

16. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Chugoku Shimbun

中国新聞
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: 中国新聞で検索した the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する記事のトップです。the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1576
[spincontent type=”j”]

17. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. Daily Tohoku

デイリー東北
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4149
[spincontent type=”j”]

18. the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

説明: イースタン クロニクルで検索した the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する上記の情報が、the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6784
[spincontent type=”j”]

the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. に関する質問

the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd. が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.

the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.
方法the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.
チュートリアル the bank of tokyo-mitsubishi ufj, ltd.
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: