あなたは one ok rock 人生×僕= について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 one ok rock 人生×僕= を共有します。 one ok rock 人生×僕= に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

one ok rock 人生×僕=

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『人生×僕=』ONE OK ROCK の スタジオ・アルバムリリース
2013年3月6日ジャンル
ロックエモポスト・ハードコア時間
65分27秒(初回限定盤)53分48秒(通常盤)約16分(DVD)レーベル
A-Sketchチャート最高順位
週間2位(オリコン)
2013年年間24位(オリコン)
登場回数244回(オリコン)ゴールドディスク
プラチナ(日本レコード協会)[1]ONE OK ROCK アルバム 年表
残響リファレンス(2011年)人生×僕=(2013年)35xxxv(2015年)『人生×僕=』収録のシングル
「The Beginning」リリース: 2012年8月22日
「Deeper Deeper/Nothing Helps」リリース: 2013年1月9日ミュージックビデオ
Be the light – YouTubeClock Strikes – YouTubeThe Beginning – YouTubeDeeper Deeper – YouTube
テンプレートを表示『人生×僕=』(ジンセイカケテボクハ)は、2013年3月6日に発売されたONE OK ROCKの6枚目のアルバム[2]。

解説[編集]
前作『残響リファレンス』から、約1年5か月ぶりとなるオリジナルアルバム。
シングルからは「The Beginning」、「Deeper Deeper」、「Nothing Helps」の3曲が収録された。
初回限定盤(AZZS-15)と通常盤(AZCS-1024)の全2種でリリースされ、初回限定盤にはシークレットトラック(お遊びトラック)が収録されている。また、初回限定盤は「DVD付初回限定スペシャルパッケージ」で、DVDには「The Beginning」と「the same as…」のスタジオセッションの模様がドキュメントムービーとして収録されている。
初回限定盤と初回仕様の通常盤(AZCS-1024X)には、リリースの約2ヶ月後から始まる全国ツアー『ONE OK ROCK 2013 “人生×君=”TOUR』先行抽選予約のチラシが封入されている。
タイトル「人生×僕=」はTakaの人生のテーマ・方程式であり[3]、それを「アルバムのタイトルにすることで決意表明をし、その決意と共に残りの人生を歩いていく中で、変にかっこつけずに付けた。」と語っている[3]。
また、Takaは「前前作『Nicheシンドローム』で速さとスピード感と爆発力を覚えて、前作『残響リファレンス』でそれらを抑えて我慢を覚えて、今作では激しい音を気持ちよく聴かせることができた」と感じ、今作は「やっと自由に表現ができたアルバム」と語っている[4]。
本作のミックスを、米国人のジョン・フェルドマンに依頼しているが、当初メンバーには、自分らの作品をどういうふうにいじられるかわからないという恐怖があったという。しかしTakaが、このタイミングで次の挑戦をしなければ、守りに入るバンドになると思い、それで、結果として良いものができたと語っている[5]。
2017年02月13日付の週間アルバムチャート(オリコン)で、チャートイン回数が200回を達成した[6]。これで『Nicheシンドローム』に続き、チャートインが200回を達成したアルバムは2作となった。
B’zの松本孝弘が雑誌で『アーティストが選ぶ今年の名盤』のひとつとして本作を選出。「日本も彼らのようなRock Bandが出てくるようになったんですね。歌、演奏、楽曲共に素晴らしい。」とコメント。[7]
収録曲[編集]
Introduction 〜Where idiot should go〜[1:12]
作曲:Toru 編曲・プログラミング:Toru/akkin
Ending Story??[4:15]
作詞:Taka 作曲:Toru/Taka 編曲:ONE OK ROCK 編曲・ストリングスアレンジ:akkin
ONION![3:18]
作詞・作曲:Taka 編曲:ONE OK ROCK・akkin
The Beginning[4:52]
作詞・作曲:Taka 編曲:ONE OK ROCK・akkinワーナー・ブラザース映画配給映画『るろうに剣心』主題歌
Clock Strikes[3:55]
作詞:Taka 作曲:Toru/Taka 編曲:ONE OK ROCK・akkinこのアルバムのリード曲
PS4™/PS3®専用ソフト『龍が如く 維新!』主題歌
Be the light[5:38]
作詞・作曲:Taka 編曲:ONE OK ROCK・akkin東映配給映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』主題歌
演奏時間がONE OK ROCK史上最長。
2013年3月11日、YouTubeのONE OK ROCKオフィシャルチャンネルにてミュージックビデオが公開された。英語字幕、日本語字幕、フランス語字幕、中国語字幕、スペイン語字幕、ポルトガル語字幕、字幕無しの合計7種類で、いずれのバージョンも内容自体は同じ。
Nothing Helps[4:46]
作詞:Taka 作曲:ONE OK ROCK 編曲:ONE OK ROCK・akkinPS3/Xbox360用ソフト「DmCデビルメイクライ」イメージソング
シングル版とはアレンジが異なっている。
Juvenile[3:58]
作詞・作曲:Taka 編曲:ONE OK ROCK・akkin元々のタイトルは「ジェイソン」であった。
デモはNicheシンドロームの時期にできていた。
All Mine[4:36]
作詞・作曲:Taka 編曲:ONE OK ROCK 編曲・ストリングスアレンジ:akkinTakaによる歌唱とピアノ、ストリングスでの伴奏のみで構成されている。
Smiling down[4:24]
作詞:Taka 作曲:Toru/Taka 編曲:ONE OK ROCK・akkin2012年末に急逝したPay money To my PainのKへの追悼の歌と言われている。
Deeper Deeper[3:36]
作詞:Taka 作曲:Tomoya/Ryota 編曲:ONE OK ROCK・akkinスズキ「スイフト スポーツ」CMソング
69[4:37]
作詞:Taka 作曲:ONE OK ROCK 編曲:ONE OK ROCK・akkin「ロック」と読む。
「アルバムに足りないものは何か。」という感覚の下に作られた楽曲で、このアルバムのアンサーソングである [8] 。収録曲の中では最後に出来上がった[8]。
サビ以外はTakaによる語りで構成されている。また終わりに差し掛かる部分で、歌詞カードに記載されていない語りも含まれている。
the same as…[16:16](初回限定盤)[4:36](通常盤)
作詞・作曲:Taka 編曲:ONE OK ROCK・akkinショウゲート配給映画「グッモーエビアン!」主題歌
初回限定盤のみ、楽曲の後に約1分30秒程の空白があり、6分9秒(「ロック」へのこだわりからの語呂合わせ)あたりからシークレットトラック「ONE OK ROCK劇場」が収録されている。DVD収録曲[編集]
※初回限定盤のみ
『STUDIO JAM SESSION』

The Beginning
the same as…参加ミュージシャン[編集]
皆川真人:Piano(#4,6,9,10)
浦清英:Piano(#13)
岡村美央:1st Violin(#2)
吉田翔平:2nd Violin(#2)
菊池幹代:Viola(#2)
Robin Dupuy:Cello(#2)
竹下欣伸:Contrabass(#2)
笠原あやの:Cello(#9)
増本麻理:Cello(#9)脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ “2013年3月度 認定作品”. 日本レコード協会 (2013年4月10日). 2013年4月11日閲覧。

^ “ONE OK ROCK、新アルバム収録曲先行配信&MV公開 / BARKSニュース”. BARKSニュース (グローバル・プラス). (2013年2月25日). http://www.barks.jp/news/?id=1000087774 2013年3月6日閲覧。 

^ a b 雑誌「ROCKIN’ON JAPAN」2013年4月号 p66

^ 雑誌「ROCKIN’ON JAPAN」2013年4月号 p65

^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2014年9月号、ONE OK ROCK Takap52

^ “人生×僕=(初回盤)”. Oricon. 2017年2月8日閲覧。

^ 「WHAT’s IN?」2014年2月号

^ a b 雑誌「ROCKIN’ON JAPAN」2013年4月号 p67

表話編歴ONE OK ROCK
Taka(Vocal) – Toru(Vocal&Guitar) – Ryota(Bass) – Tomoya(Drums)シングル
内秘心書 – 努努-ゆめゆめ- – エトセトラ – 完全感覚Dreamer – アンサイズニア – Re:make/NO SCARED – The Beginning – Deeper Deeper/Nothing Helps – Mighty Long Fall/Decision

ミニアルバム
ONE OK ROCK – Keep it real

アルバム
ゼイタクビョウ – BEAM OF LIGHT – 感情エフェクト – Nicheシンドローム – 残響リファレンス – 人生×僕= – 35xxxv – Ambitions – Eye of the Storm

映像作品
世の中シュレッダー – THIS IS MY BUDOKAN?! 2010.11.28 – “残響リファレンス”TOUR in YOKOHAMA ARENA – ONE OK ROCK 2013 “人生×君=”TOUR LIVE&FILM – FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM

その他作品
Around ザ world 少年 – じぶんROCK from Nicheシンドローム – 『』 – Let’s try again(チーム・アミューズ!!)

関連項目
ALEX – Tomo – アミューズ – 株式会社10969 – A-Sketch – THE 夢人島 Fes.

表話編歴CDショップ大賞 大賞
第1回 相対性理論『シフォン主義』
2 THE BAWDIES『THIS IS MY STORY』
3 andymori『ファンファーレと熱狂』
4 ももいろクローバーZ『バトル アンド ロマンス』
5 MAN WITH A MISSION『MASH UP THE WORLD』
6 マキシマム ザ ホルモン『予襲復讐』
7 BABYMETAL『BABYMETAL』
8 星野源『YELLOW DANCER』
9 宇多田ヒカル『Fantome』
10 米津玄師『BOOTLEG』
11 星野源『POP VIRUS』 / 折坂悠太『平成』
12 Official髭男dism『Traveler』 / カネコアヤノ『燦々』 準大賞
第1回 大橋トリオ『THIS IS MUSIC』 / Perfume『GAME』
2 清竜人『PHILOSOPHY』 / Superfly『Box Emotions』
3 神聖かまってちゃん『友だちを殺してまで。』
4 SEKAI NO OWARI『EARTH』 / 秦基博『Documentary』 / 星野源『エピソード』
5 きゃりーぱみゅぱみゅ『ぱみゅぱみゅレボリューション』
6 (最優秀新人賞) KANA-BOON『DOPPEL』『僕がCDを出したら』
7 (BEST ARTIST賞) ゲスの極み乙女。『みんなノーマル』『魅力がすごいよ』
8 水曜日のカンパネラ『ジパング』 / WANIMA『Are You Coming?』
9 Aimer『daydream』
10 台風クラブ『初期の台風クラブ』 / PUNPEE『MODERN TIMES』
11 (該当作品なし)
12 (該当作品なし) 入賞
第1回(2009年)
宇多田ヒカル『HEART STATION』
HY『HeartY』
SAKEROCK『ホニャララ』
秦基博『ALRIGHT』
pupa『floating pupa』
Mr.Children『SUPERMARKET FANTASY』第2回(2010年)
阿部真央『ふりぃ』
サカナクション『シンシロ』
椎名林檎『三文ゴシップ』
ハナレグミ『あいのわ』
FACT『FACT』
UNICORN『シャンブル』
RADWIMPS『アルトコロニーの定理』第3回(2011年)
小林太郎『Orkonpood』
サカナクション『kikUUiki』
ナオト・インティライミ『Shall we travel??』
七尾旅人『billion voices』
FAT PROP『THE DIE IS CAST』
星野源『ばかのうた』
The Mirraz『TOP OF THE FUCK’N WORLD』第4回(2012年)
熊谷育美『その先の青へ』
サカナクション『DocumentaLy』
高橋優『リアルタイム・シンガーソングライター』
back number『スーパースター』
MAN WITH A MISSION『MAN WITH A MISSION』第5回(2013年)
クリープハイプ『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』
SEKAI NO OWARI『ENTERTAINMENT』
七尾旅人『リトルメロディ』
back number『blues』
米津玄師『diorama』第6回(2014年)
クリープハイプ『吹き零れる程のI、哀、愛』
ゲスの極み乙女。『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』
サカナクション『Sakanaction』
パスピエ『演出家出演』
Perfume『LEVEL3』
星野源『Stranger』
miwa『Delight』
ONE OK ROCK『人生×僕=』第7回(2015年)
片平里菜『amazing sky』
きのこ帝国『フェイクワールドワンダーランド』
くるり『THE PIER』
坂本慎太郎『ナマで踊ろう』
椎名林檎『日出処』
back number『ラブストーリー』
MAN WITH A MISSION『Tales of Purefly』
米津玄師『YANKEE』第8回(2016年)
Acid Black Cherry『L-エル-』
大原櫻子『HAPPY』
cero『Obsure Ride』
back number『シャンデリア』
米津玄師『Bremen』第9回(2017年)
[Alexandros]『EXIST!』
D.A.N.『D.A.N.』
never young beach『fam fam』
My Hair is Bad『woman’s』
RADWIMPS『君の名は。』第10回(2018年)
欅坂46『真っ白なものは汚したくなる』
Suchmos『THE KIDS』
竹原ピストル『PEACE OUT』
CHAI『PINK』
Hi-STANDARD『THE GIFT』
BiSH『THE GUERRiLLA BiSH』
My Hair is Bad『mothers』第11回(2019年)
宇多田ヒカル『初恋』
エレファントカシマシ『Wake Up』
Official髭男dism『エスカパレード』
カネコアヤノ『祝祭』
KID FRESINO『ai qing』
ずっと真夜中でいいのに。『正しい偽りからの起床』
cero『POLY LIFE MULTI SOUL』
WANIMA『Everybody!!』第12回(2020年)
あいみょん『瞬間的シックスセンス』
THE YELLOW MONKEY『9999』
小沢健二『So kakkoii 宇宙』
King Gnu『Sympa』
サカナクション『834.194』
椎名林檎『三毒史』
スピッツ『見っけ』
sumika『Chime』
Tempalay『21世紀より愛をこめて』
DYGL『Songs of Innocence&Experience』
長谷川白紙『エアにに』
パソコン音楽クラブ『Night Flow』
BiSH『CARROTS and STiCKS』
 洋楽賞
第2回
大賞
レディー・ガガ『ザ・フェイム』準大賞
ダイアン・バーチ『バイブル・ベルト(英語版)』
ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート『The Pains of Being Pure at Heart(英語版)』
第3回
ザ・ドラムス(英語版)『ザ・ドラムス(英語版)』
マルーン5『ハンズ・オール・オーヴァー』
ヴァンパイア・ウィークエンド『Contra(英語版)』
第4回 フォスター・ザ・ピープル『Torches(英語版)』
5 ミューズ『ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則』
6 ポール・マッカートニー『NEW』
7 ファレル・ウィリアムス『ガール』
8 アデル『25(英語版)』
9 ブルーノ・マーズ『24K・マジック』
10 エド・シーラン『÷』
11 トム・ミッシュ『ジオグラフィー(英語版)』
12 ビリー・アイリッシュ『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』
(特別賞) トゥール『フィア・イノキュラム(英語版)』
 マエストロ賞
第4回 山下達郎『Ray Of Hope』
5 矢沢永吉『Last Song』
6 松任谷由実『POP CLASSICO』
7 竹内まりや『TRAD』
8 サザンオールスターズ『葡萄』
9 松任谷由実『宇宙図書館』
10 桑田佳祐『がらくた』
11 サザンオールスターズ『海のOh, Yeah!!』 ライヴ作品賞
第5回 SiM『DUSK and DAWN』
6 Hi-STANDARD『Live at TOHOKU AIR JAM 2012』
7 星野源『STRANGER IN BUDOKAN』
8 マキシマム ザ ホルモン『Deka Vs Deka 〜デカ対デカ〜』
9 THE YELLOW MONKEY『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10-』
10 Hi-STANDARD『Live at AIR JAM 2000』
11 サカナクション『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』
12 ナンバーガール『LIVE ALBUM『感電の記憶』 2002.5.19 TOUR『NUM-HEAVYMETALLIC』日比谷野外大音楽堂』 クラシック賞
第6回海上自衛隊東京音楽隊/ 三宅由佳莉『祈り〜未来への歌声』
7 マルタ・アルゲリッチ・クラウディオ・アバド指揮 モーツァルト管弦楽団『モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第25番』
8 清水真弓『ファンタジー』
9 反田恭平『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 / パガニーニの主題による狂詩曲』
10 加藤訓子『J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集』
11 アリス=紗良・オット『ナイトフォール』
12 河村尚子『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集1 悲愴&月光』 ジャズ賞
第6回 fox capture plan『Bridge』
7 上原ひろみ『ザ・トリオ・プロジェクト(ALIVE)』
8 fox capture plan『BUTTERFLY』
9 WONK『Sphere』
10 大西順子『Glamorous Life』/『Very Special』
11 Ai Kuwabara the Project『To The End Of This World』 / 纐纈歩美『O PATO』
12 ADAM at『トワイライトシンドローム』 / (特別賞) 渡辺貞夫『SADAO 2019 – ライヴ・アット・ブルーノート・トーキョー』 演歌賞
第6回 福田こうへい『響~南部蝉しぐれ~』
7 福田こうへい『煌 (きらめき)』
8 三山ひろし『お岩木山』
9 山内惠介『流転の波止場』
10 葵かを里『葵かを里 全曲集〜雪の兼六園〜』
11 純烈『プロポーズ』
12 (歌謡曲賞) 市川由紀乃「雪恋華」 特別賞
第4回 薫と友樹、たまにムック。『マル・マル・モリ・モリ!』
5 柴田淳『COVER 70’s』
6 大友良英他(あまちゃんスペシャル・ビッグバンド)『連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック』
7 『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック』、他
9 Hi-STANDARD『Another Starting Line』
10 安室奈美恵『Finally』
11 安室奈美恵『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』 / クイーン『ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)』、他 地方賞
北海道
2 sleepy.ab『paratroop』
3 サトウヨシアキ『cacoi』
4 サノトモミ『ミッドナイト エクスプローラー』
5 Ao『Trigger of Life』
6 Drop’s『DAWN SIGNALS』
7 FOLKS『NEWTOWN』
8 THE BOYS&GIRLS『バックグラウンドミュージック』
9 The Floor『ライトアップ』
10 THE BOYS&GIRLS『拝啓、エンドレス様』
11 金子智也『手をつなごう』
12 爽「Runaway」東北
2 YHE YOUTH『Rain The Rainbow』
3 ソンソン弁当箱『ロマンの日本』
4 熊谷育美『その先の青へ』
5 THE YOUTH『SYNCHRONICITY』
6 ひとりぼっち秀吉BAND『道しるべ』
7 PLASTIC GIRL IN CLOSET『eye cue rew see』
8 朝倉さや『River Boat Song -Future Trax-』
9 zero zero z『musicΔ』
10 アンテナ『モーンガータ』
11 村松徳一『星めぐりの歌』
12 りんご娘『FOURs』関東
2 harmonic hammock『ハローとグッバイ』
3 SuiseiNoboAz『SuiseiNoboAz』
4 玲里『KISS AND FLY』
5 なつし聡『キャッチボール~ソングブック・オブ・マイ・ライフ』
6 Charisma.com『アイ アイ シンドローム』
7 シャムキャッツ『AFTER HOURS』
8 Suchmos『THE BAY』
9 never young beach『fam fam』
10 SUNNY CAR WASH『週末を待ちくたびれて』
11 KOTORI『CLEAR』
12 ドミコ『Nice Body?』甲信越
2 OGRE YOU ASSHOLE『フォグランプ』
3 Coba-U『童謡レゲエII』
4 Negicco『GET IT ON!』
5 a crowd of rebellion『Hydrangea』
7 GLIM SPANKY『焦燥』
8 北園みなみ『Never Let Me Go』
9 NECOKICKS『パパはNewギニア』
10 FAITH『2×3 BORDER』
11 須澤紀信『半径50センチ』
12 NO BRIGHT GIRL『HAPPY』北陸
7 Family Basik『A False Dawn And Posthumous Notoriety』
8 POLTA『SAD COMMUNICATION』
9 Kan Sano『k is s』
10 YOCO ORGAN『GOOD BYE』
11 Gen『Singin’ and smilin’』
12 tonari no Hanako『切ったら、空』東海
2 OGRE YOU ASSHOLE『フォグランプ』
3 小林太郎『Orkonpood』
4 cinema staff『cinema staff』
5 みそっかす『異次元からの来訪者』
6 THREE LIGHTS DOWN KINGS『LiVERTY』
7 04 Limited Sazabys『monolith』
8 Qaijff『organism』
9 鳴ル銅鑼『文明開化』
10 ビッケブランカ『FEARLESS』
11 崎山蒼志『いつかみた国』
12 Suspended 4th『GIANTSTAMP』関西
2 モーモールルギャバン『野口、久津川で爆死』
3 chaqq『Pleasure』
4 N’夙川BOYS『PLANET MAGIC』
5 tricot『小学生と宇宙』
6 THE ORAL CIGARETTES『オレンジの抜け殻、私が生きたアイの証』
7 フレデリック『oddloop』
8 夜の本気ダンス『By My Side』
9 yonige『かたつむりになりたい』
10 ナードマグネット『MISS YOU』
11 ハンブレッダーズ『純異性交遊』
12 ドラマストア『DRAMA STORE』中国
7 RED in BLUE『NEW AGE』
8 カナヤ『藍のうた』
9 丸本莉子『誰にもわからない〜何が幸せ?〜』
10 ゆるふわリムーブ『芽生』
11 CRAZY VODKA TONIC『書を灯す』
12 H!dE『STORIES』四国
7 四星球『もはやCDではない』
8 LONGMAN『tick』
9 Cold Retriever『carry on』
10 sympathy『海鳴りと絶景』
11 STU48『暗闇』
12 LONGMAN「Wish on」九州
2 CHEESE CAKE『強がり虫*寝グセ』
3 awamok『ミチノセカイ』
4 mahos『icicles』
5 LinQ『Love in Qushu 〜LinQ 第一楽章〜』
6 CHEESE CAKE『C』
7 戸渡陽太『プリズムの起点』
8 BLUE ENCOUNT『≒』
9 SIX LOUNGE『東雲』
10 彼女 IN THE DISPLAY『GOLD EXPERIENCE REQUIEM』
11 odol『往来するもの』
12 NYAI『HAO』沖縄
6 きいやま商店『ダックァーセ!』
7 Manami『シャングリラ』
8 MONGOL800『People People』
9 安次嶺希和子『TROPICAL GREEN』
10 Anly『anly one』
11 下地イサム『GAFU』
12 HoRookies『HoRookies』甲信越・北陸
6 noid『so are millions of us』中国・四国
3 simploop『unlock』
4 宇宙人『お部屋でミステリーサークル』
5 ひめキュンフルーツ缶『恋愛ミラクル!!』
6 四星球『COMICBAND ~アホの最先端~』
 その他各賞
ニューブラッド賞
4 Fear, and Loathing in Las Vegas『NEXTREME』
5 Ye Ye『朝を開けだして、夜をとじるまで』
6 WHITE ASH『Quit or Quiet』
KANA-BOON『DOPPEL・僕がCDを出したら』
キュウソネコカミ『ウィーアーインディーズバンド!!』リビジテッド賞
7 大瀧詠一『Best Always』
8 ビートルズ『ザ・ビートルズ1』
シュガー・ベイブ『SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition-』ライブパフォーマンス賞
4 モーモールルギャバン『PINK and BLACK』ベスト盤アルバム賞
5 松任谷由実『日本の恋と、ユーミンと。』
山下達郎『OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜』

関連項目
音楽に関する賞
全日本CDショップ店員組合
第1回(2009年) – 第12回(2020年)
.mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、アルバムに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:音楽/PJアルバム)。
典拠管理
MBRG: 47b5df3c-263d-475a-b90e-a236c5e6300c

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=人生×僕%3D&oldid=91201873」から取得
カテゴリ: ONE OK ROCKのアルバム2013年のアルバムA-SketchのアルバムCDショップ大賞受賞作品隠しカテゴリ: アルバム関連のスタブ項目MusicBrainzリリース・グループ識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 60 94
再生回数: 40 59
[spincontent type=”j”]

Album: Jinsei kakete Boku wa [One Ok Rock]. Youtube

Album: 人生x僕=(Jinsei kakete Boku wa)
Released: 2013.03.06
Tracklist:

1. Introduction~Where idiot should go~
2. Ending Story?!
3. ONION!
4. The Beginning
5. Clock Strikes
6. Be the light
7. Nothing Helps
8. Juvenile
9. All Mine
10. Smiling down
11. Deeper Deeper
12. 69
13. the same as…

2. one ok rock 人生×僕= Yomiuri

Yomiuri
one ok rock 人生×僕=

説明: one ok rock 人生×僕= に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 one ok rock 人生×僕= は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1370
[spincontent type=”j”]

3. one ok rock 人生×僕= Asahi Shimbun

朝日新聞
one ok rock 人生×僕=

説明: 朝日新聞で検索した one ok rock 人生×僕= に関する上記の情報が、one ok rock 人生×僕= に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8152
[spincontent type=”j”]

4. one ok rock 人生×僕= The Japan Times

The Japan Times
one ok rock 人生×僕=

説明: ジャパン タイムズで検索した one ok rock 人生×僕= に関する記事のトップです。one ok rock 人生×僕= に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3261
[spincontent type=”j”]

5. one ok rock 人生×僕= Yomiuri Shimbun

読売新聞
one ok rock 人生×僕=

説明: one ok rock 人生×僕= に関する詳細情報はすでにありますか? one ok rock 人生×僕= という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 50 18
[spincontent type=”j”]

6. one ok rock 人生×僕= Mainichi Shimbun

毎日新聞
one ok rock 人生×僕=

説明: 毎日新聞で見つけた one ok rock 人生×僕= に関する上記の情報が、one ok rock 人生×僕= に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3750
[spincontent type=”j”]

7. one ok rock 人生×僕= Sankei Shimbun

産経新聞
one ok rock 人生×僕=

説明: 産経新聞で検索した one ok rock 人生×僕= に関する記事のトップです。one ok rock 人生×僕= に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4464
[spincontent type=”j”]

8. one ok rock 人生×僕= Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
one ok rock 人生×僕=

説明: one ok rock 人生×僕= に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 one ok rock 人生×僕= は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2464
[spincontent type=”j”]

9. one ok rock 人生×僕= Chunichi Shimbun

中日新聞
one ok rock 人生×僕=

説明: 中日新聞で検索した one ok rock 人生×僕= に関する上記の情報が、one ok rock 人生×僕= に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4299
[spincontent type=”j”]

10. one ok rock 人生×僕= Tokyo Shimbun

東京新聞
one ok rock 人生×僕=

説明: one ok rock 人生×僕= に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した one ok rock 人生×僕= に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4874
[spincontent type=”j”]

11. one ok rock 人生×僕= Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
one ok rock 人生×僕=

説明: one ok rock 人生×僕= に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 one ok rock 人生×僕= は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6250
[spincontent type=”j”]

12. one ok rock 人生×僕= Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
one ok rock 人生×僕=

説明: 日刊工業新聞で見つけた one ok rock 人生×僕= に関する上記の情報が、one ok rock 人生×僕= に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6884
[spincontent type=”j”]

13. one ok rock 人生×僕= Ainu Times

アイヌタイムス
one ok rock 人生×僕=

説明: アイヌ タイムズで検索した one ok rock 人生×僕= に関する記事のトップです。one ok rock 人生×僕= に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2720
[spincontent type=”j”]

14. one ok rock 人生×僕= Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
one ok rock 人生×僕=

説明: one ok rock 人生×僕= に関する詳細情報はすでにありますか? one ok rock 人生×僕= という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7129
[spincontent type=”j”]

15. one ok rock 人生×僕= Chiba Nippo

千葉日報
one ok rock 人生×僕=

説明: 千葉日報で検索した one ok rock 人生×僕= に関する上記の情報が、one ok rock 人生×僕= に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1656
[spincontent type=”j”]

16. one ok rock 人生×僕= Chugoku Shimbun

中国新聞
one ok rock 人生×僕=

説明: 中国新聞で検索した one ok rock 人生×僕= に関する記事のトップです。one ok rock 人生×僕= に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5671
[spincontent type=”j”]

17. one ok rock 人生×僕= Daily Tohoku

デイリー東北
one ok rock 人生×僕=

説明: one ok rock 人生×僕= に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 one ok rock 人生×僕= はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 96 18
[spincontent type=”j”]

18. one ok rock 人生×僕= The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
one ok rock 人生×僕=

説明: イースタン クロニクルで検索した one ok rock 人生×僕= に関する上記の情報が、one ok rock 人生×僕= に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1391
[spincontent type=”j”]

one ok rock 人生×僕= に関する質問

one ok rock 人生×僕= についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 one ok rock 人生×僕= は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 one ok rock 人生×僕= が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード one ok rock 人生×僕=

one ok rock 人生×僕=
方法one ok rock 人生×僕=
チュートリアル one ok rock 人生×僕=
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: