あなたは nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット を共有します。 nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

「ポケモン」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「ポケモン (曖昧さ回避)」をご覧ください。

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “ポケットモンスター” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2014年2月)
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Pokemonのeにアクセント記号「アキュート・アクセント」がついた〈é〉もの)が含まれています(詳細)。ポケットモンスター
海外版のロゴマーク創作者
田尻智杉森建増田順一初作品
ポケットモンスター 赤・緑所有者
任天堂クリーチャーズゲームフリーク期間
1996年 -映画・テレビ映画
ポケットモンスター (劇場版)アニメーションシリーズ
ポケットモンスター (アニメ)オリジナルビデオ
ポケットモンスター (OVA)ゲームゲーム
ポケモンカードゲームコンピュータゲーム
ポケットモンスター (ゲームシリーズ)公式ウェブサイト
ポケットモンスターオフィシャルサイトポケットモンスター(Pocket Monsters)は、株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称。また、同作品に登場する架空の生物の総称、それらを題材にしたアニメを始めとするメディアミックス作品群を指す。略称は「ポケモン(Pokémon)」。

概説[編集]
ピカチュウジャンボ・JA8957
ANAポケモンジェット1999・JA8288
ポケットモンスターの原点は、1996年2月27日に発売されたゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』である。開発元はゲームフリーク。コンセプトメーカーにしてディレクターを務めたのは、同社代表取締役でもある田尻智。この作品が小学生を中心に、口コミから火が点き大ヒットとなり、以降も多くの続編が発売されている(詳しくは「ポケットモンスター(ゲーム)」を参照)。ゲーム本編作品だけでなく、派生作品や関連作品が数多く発売されている(詳しくはポケットモンスターの関連ゲームを参照)。
ポケモンはゲームのみならず、アニメ化、キャラクター商品化、カードゲーム、アーケードゲームと様々なメディアミックス展開がなされ、日本国外でも人気を獲得している。
ポケモン関連ゲームソフトの累計出荷数は、全世界で2017年11月時点で3億本以上[1]、2022年3月時点で4億4000万本以上に達している[2]。その中で、メインシリーズの累計販売本数は2016年2月時点での最新作、ニンテンドー3DS『オメガルビー・アルファサファイア』までの25作品で2億100万本となる[3]。
この数字をゲームキャラクター毎のシリーズ別で比較した場合、世界第2位の数値であり(1位はマリオシリーズの5億本以上)、1996年のソフト発売以来、ゲームを含めた関連市場(いわゆるポケモン市場)の誕生からの全世界累計市場規模は、2017年3月末時点で6兆円を突破している(海外65%、国内35%)株式会社ポケモンホームページより[4] 。現在においてはポケモンは最も収益性の高いメディア・フランチャイズの1つとなっており、2019年にTitleMaxが制作した、キャラクター「メディアミックス」総収益の世界ランキングではハローキティを抑え、921億$(約10.1兆円)で世界1位を獲得している[5]。
登場するポケモンのキャラクター性も重要な要素の1つであり、中でもアニメ放送以来ピカチュウは抜群の知名度を持つ。現在までに920種類のポケモンが登場している。
1997年4月1日よりテレビ東京系列にてテレビアニメが放送開始。主人公のサトシおよび、その仲間と彼らのポケモンたちによる冒険物語を描いた長寿シリーズとなる(詳しくは「ポケットモンスター(アニメ)」を参照)。
ポケモンバトルの戦術性の高さを再現したトレーディングカードゲーム (TCG) 『ポケモンカードゲームシリーズ』も制作されており、TCGプレイヤー層も巻き込んでファンを広げた(詳しくは「ポケモンカードゲーム」を参照)。

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズ[編集]
詳細は「ポケットモンスター (ゲームシリーズ)」を参照
『ポケットモンスター』シリーズは、「ポケットモンスター」(以下「ポケモン」)という不思議な生き物が生息する世界において、ポケモンを自らのパートナーとし、ポケモン同士のバトルを行う「ポケモントレーナー」たちの冒険を描くロールプレイングゲーム (RPG) である。
主人公(プレイヤー)は、ポケモントレーナーとなり旅にでる。ゲーム内に存在する他のポケモントレーナー達と対戦を多数交え、ジムバッジ[注釈 1] を集めポケモンリーグへの出場条件を獲得し、ポケモントレーナーの頂点チャンピオンを目指す。また、多数の種類のポケモンを捕まえてポケモン図鑑の完成を目指すなどの目的がある。ストーリーは伝説のポケモンとその力を利用しようとする、若しくはジム巡りの妨害を企む組織を中心に展開する。他プレーヤーとの対戦やポケモンの交換ができる通信機能が存在する。
シリーズの舞台は同一世界中の様々な地域(「地方」と称される)である。また、いずれの地方も現実世界の特定の地域がモデルであり、地理や一部登場キャラクターの設定などがそのモデル地域と大まかに似ていることが多い。

シリーズ一覧[編集]
詳細は「ポケットモンスター (ゲームシリーズ)#シリーズ一覧」を参照
.mw-parser-output .release_timelinefloat:right!important;clear:right!important;width:auto!important;flex:1 1 100%;margin:0 0 .3em 1em;padding:.75em 1em;font-size:80%;line-height:.9;border-collapse:separate;border-spacing:0 1px;background-color:transparent@media(max-width:550px).mw-parser-output .release_timelinewidth:100%!important;box-sizing:border-box.mw-parser-output .rt_leftfloat:left!important;clear:left!important;margin:0 1em 0 .3em.mw-parser-output .release_timeline .rt_captionpadding:.4em .4em .2em;font-size:112.5%;text-align:center;display:table-caption.mw-parser-output .release_timeline .rt_subtitlepadding-top:.3em;font-size:90%;font-weight:normal.mw-parser-output .release_timeline tdborder:none;padding:.4em;text-align:left;background:none;font:inherit;color:inherit.mw-parser-output .release_timeline thborder:none;padding:.4em;text-align:right;background:none;font:inherit;color:inherit.mw-parser-output .release_timeline .rt_firstpadding:.4em .4em .2em.mw-parser-output .release_timeline .rt_nextpadding:.2em .4em.mw-parser-output .release_timeline .rt_lastpadding:.2em .4em.mw-parser-output .release_timeline .tlmainborder-right:1.4em solid #0BDA51.mw-parser-output .release_timeline .tlsubborder-right:1.4em solid #228B22発売の年表1996赤・緑・青19971998ピカチュウ1999金・銀2000クリスタルバージョン20012002ルビー・サファイア20032004ファイアレッド・リーフグリーンエメラルド20052006ダイヤモンド・パール20072008プラチナ2009ハートゴールド・ソウルシルバー2010ブラック・ホワイト20112012ブラック2・ホワイト22013X・Y2014オメガルビー・アルファサファイア20152016サン・ムーン2017ウルトラサン・ウルトラムーン2018Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ2019ソード・シールド20202021ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール2022LEGENDS アルセウススカーレット・バイオレットゲーム本編作品としては、日本では以下の各バージョンが発売・発表されている。カッコ内は発売日と対応機種を表している[6]。

ポケットモンスター 赤・緑(1996年2月27日、ゲームボーイ[注釈 2])
ポケットモンスター 青(1996年10月15日[注釈 3]、ゲームボーイ)
ポケットモンスター ピカチュウ(1998年9月12日、ゲームボーイ)
2016年2月27日に上記4作品のニンテンドー3DSバーチャルコンソール版も発売。このソフトが最初からダウンロードされているニンテンドー2DS本体も初めて日本で販売された。
ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン(2004年1月29日、ゲームボーイアドバンス)
「ポケットモンスター 赤・緑」のリメイク作品。
ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ(2018年11月16日、Nintendo Switch)
「ポケットモンスター ピカチュウ」をベースとしたフルリメイク作品。
ポケットモンスター 金・銀(1999年11月21日、ゲームボーイカラー共通)
2017年9月22日にニンテンドー3DSバーチャルコンソール版も発売[7]。
ポケットモンスター クリスタルバージョン(2000年12月14日、ゲームボーイカラー専用)
2018年1月26日にニンテンドー3DSバーチャルコンソール版も発売[8]
ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー(2009年9月12日、ニンテンドーDS)
「ポケットモンスター 金・銀」のリメイク作品。
ポケットモンスター ルビー・サファイア(2002年11月21日、ゲームボーイアドバンス)
ポケットモンスター エメラルド(2004年9月16日、ゲームボーイアドバンス)
ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア(2014年11月21日、ニンテンドー3DS)
「ポケットモンスター ルビー・サファイア」のリメイク作品。
ポケットモンスター ダイヤモンド・パール(2006年9月28日、ニンテンドーDS)
ポケットモンスター プラチナ(2008年9月13日、ニンテンドーDS)
ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール(2021年11月19日、Nintendo Switch)
「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」のリメイク作品。
ポケットモンスター ブラック・ホワイト(2010年9月18日、ニンテンドーDS[注釈 4])
ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(2012年6月23日、ニンテンドーDS)
ポケットモンスター X・Y(2013年10月12日、ニンテンドー3DS)
ポケットモンスター サン・ムーン(2016年11月18日、ニンテンドー3DS)
ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン(2017年11月17日、ニンテンドー3DS)
ポケットモンスター ソード・シールド(2019年11月15日、Nintendo Switch)
Pokémon LEGENDS アルセウス(2022年1月28日、Nintendo Switch)
ポケットモンスター スカーレット・バイオレット(2022年11月18日発売予定、Nintendo Switch)ゲーム開発の背景とヒットまでの経緯[編集]
ポケモン前史[編集]
収集、育成を楽しむ趣味・遊びは以前から存在した。1971年から1972年に「仮面ライダースナック」の仮面ライダーカードのコレクションブームがある。
1988年から1993年にはロッテの『ビックリマンチョコ』が、第10代目の天使悪魔シリーズのシール集めで爆発的なブームとなった。小学館は自社の雑誌『月刊コロコロコミック』、『学年別学習雑誌』やアニメを含む、大規模なメディアミックス戦略でこのブームを後押ししていた。この路線で、作り込み・対戦型おもちゃミニ四駆や収集・対戦型おもちゃバーコードバトラー、さらにはポケモンブームを後押しすることになる。
1989年、ポケモンの生みの親である田尻智が「ゲームフリーク」を設立し、同社初のゲーム作品『クインティ』をナムコから発売。また同年、任天堂からゲームボーイ (GB) が発売。携帯機の特性上、ゲームボーイは当初パズルやアクションゲーム向けの機種と見られており、実際にそうしたゲームも多数発売されたが、田尻はスクウェアのRPG『魔界塔士Sa・Ga』の成功を見て、携帯機でもアクションでない分野を追求できると気づいた[9]。
田尻はとりわけゲームボーイの通信機能に着目し、「交換する」という動詞をコンセプトにしたゲームの着想を得る。また田尻は『ウルトラセブン』のファンでもあり、同作のカプセル怪獣からも着想を得て、「カプセルモンスター」というRPGの企画書を書き上げた。
田尻の企画した「カプセルモンスター」はカプセルトイのようなケースに入ったモンスターが、通信ケーブルを行き来するというものであった。田尻はこの企画書を任天堂に持ち込み、それを受け任天堂は開発費の援助を決定した。後に「カプセルモンスター」の名称は、商標権の問題で商品名に使えないこと・略した時に「カプモン」となり語呂が悪いという理由などから、「ポケットモンスター(略して「ポケモン」)」に改められた。田尻はノスタルジーを感じさせるカプセルという単語を気に入っており、渋々断念している[10]。

開発[編集]
ポケットモンスターは、製作陣のRPGの開発経験が不足していたことやゲームで最も重要な要素である「交換する」ということへの動機付けを見つけられず、開発には長い年月を要した。その間不足した資金を補うため他のゲームを開発するなどの理由で、ポケモンの開発はしばしば中断された。1995年頃までに、『MOTHER』および『MOTHER2 ギーグの逆襲』を制作した株式会社エイプから新会社クリーチャーズの社長に就任した石原恒和(のち株式会社ポケモン代表取締役社長)が全体をまとめて方向付けを行う役を担うようになった。『MOTHERシリーズ』は田尻がポケモンを製作する上で参考にしたRPGでもあり、そのためか共通点も多い(RPGでは当時珍しい現代の世界観であることや主人公の設定など)。また、ゲームフリークと開発委託契約を結び、石原自身がプロデューサーとして数々の企画を任天堂などへと提案していく火付け役ともなった。当初から開発を支援していた任天堂も製品の完成を粘り強く待ち続けた。
ゲームフリークの制作陣は、当時まだ着目されていなかった「収集、育成、対戦、交換」という要素を徹底的に遊ばせようという方針を定めていた、ゲームボーイの通信機能を活用して「別のソフトとの間で通信を行わないとポケモン図鑑が完成しない」、「(強制ではないが)自分が育てたポケモンで友達と対戦できる」という仕様はその方針を支えるためにある。
個々のプレイデータには個別のID(数字)と主人公の名前が与えられ、所有するポケモンに対して「親ID」として働き個々のポケモンをさらに個性化する、という仕様も持たせた。当初はプレイヤーIDによってソフト1本毎に登場するポケモンが異なるという仕様だったが、過剰に複雑化したため、2種類に分けて発売する手法が採られた。また、当時の主流に比べ大容量のバックアップメモリを搭載する仕様に切り替える事で、150種類全てのポケモンの保存が可能になった。この「ソフトを2種類にわける」、「大容量のカートリッジを採用する」という案は任天堂の宮本茂の案である[11]。
当初は1995年秋から年末発売予定であったが[注釈 5]、デバッグなどが遅れ1996年2月27日に繰り下げた後に[11][12]、開発開始から6年経って『ポケットモンスター 赤・緑』は発売を迎えた。カラーバリエーションは、マリオとルイージの服の色に因んでおり、後に発売される青は2人の「つなぎ」の色に由来する[13]。

発売[編集]
1996年当時、ゲームボーイに限らず、携帯型ゲーム機市場は停滞していた。ゲームギアなどカラー表現が可能な後続機種もほぼ終息状態にあり、テレビゲームには「次世代機」と銘打ちPlayStationやセガサターンが既に登場し、発売から丸7年が経過したゲームボーイは時代遅れと見られていた。事実『ポケットモンスター』発売直後の時点でゲームボーイにて発売が予定されていたゲームソフトはわずか3タイトルのみであった。
市場にはRPGだけでも既に多数のゲームが発売されており、さらに「過去の機種」であったゲームボーイでリリースされる『ポケットモンスター』はさほど大きな期待を持たれず、年末商戦も逃した[11]。しかし、「収集、育成、対戦、交換」というゲーム要素が徐々にユーザーの支持を獲得し、さらにユーザー間の口コミで爆発的ヒットへ繋がった。結果的にポケモンは制作側の期待や予測を越えた大ヒットを記録した。日本国内での販売本数はゲームボーイ向け『赤・緑・青』で最終的に1023万本である[14]。

「ポケモン後」の市場の変化[編集]
『ポケットモンスター』発売以降ゲームボーイ市場、ひいてはコンシューマーゲーム市場自体が変化した。
他メーカーからの後続ゲームソフトも「収集、育成、対戦、交換」の要素を盛り込んだり、数バージョン同時リリースなど、ポケモンに倣った手法が定番化した。任天堂自身もそうしたゲームの開発に力を注いだ他、「ポケモン頼み」のラインナップに切り替えるなどの路線を歩んだ時期もあった。しかし、前者については、各社で販売本数に差が付き、結局はゲームソフトの商品力が販売力を決めることを再認識させた。
本作アニメ放映開始後には女子のファンを獲得し、それまで男子中心のゲームボーイユーザーに女子を呼び込んだ。少女漫画誌『ちゃお』でのコミカライズも始まったのもこの頃である。また、『クリスタル』からは女の子の主人公を選択できるようになった。これ以降、任天堂の携帯ゲーム層に女性ユーザーが増加した。

メディアミックス、関連商品[編集]
アニメ[編集]
詳細は「ポケットモンスター (アニメ)」を参照
1997年4月1日からテレビ東京系列(TXN)ほかで放送されている。

劇場版[編集]
詳細は「ポケットモンスター (劇場版)」を参照
1998年から上映されている劇場版アニメ。配給は東宝。

OVA[編集]
詳細は「ポケットモンスター (OVA)」を参照
1998年から2000年に発売されていたOVA。こちらはポケモン達の視点で物語が描かれる。

関連番組[編集]
詳細は「週刊ポケモン放送局」、「ポケモン☆サンデー」、「ポケモンスマッシュ!」、「ポケモンゲット☆TV」、「ポケモンの家あつまる?」、および「ポケットモンスター (アニメ)#その他の作品、番組」を参照
テレビ東京系列などで放送されているバラエティ番組、及びスペシャル番組。

その他のテレビ番組[編集]
『ポケモンぼうさいクラブ』2020年にNHK Eテレで放送された、ポケモンの人形劇による防災教育番組(全5話)。スピンオフゲーム[編集]
詳細は「ポケットモンスターのスピンオフゲーム」を参照
本編以外にも様々な派生ゲーム作品が発売されており、ジャンルも多岐にわたる。

漫画作品[編集]
詳細は「Category:ポケットモンスターの漫画作品」を参照
『ポケットモンスター』 穴久保幸作
『ポケットモンスターSPECIAL』 シナリオ – 日下秀憲 作画 – 真斗→山本サトシ
『電撃!ピカチュウ』おのとしひろ
『ポケットモンスターアニメコミック サトシとピカチュウ』 てしろぎたかし (.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 4-09-142841-X)
『劇場版ポケットモンスターAGスペシャルコミック 七夜の願い星 ジラーチ』 大内水軍
『劇場版ポケットモンスターAGスペシャルコミック 裂空の訪問者 デオキシス』 てしろぎたかし
『劇場版ポケットモンスターAGスペシャルコミック ミュウと波導の勇者 ルカリオ』 伊原しげかつ
『劇場版ポケットモンスターDPコミック ディアルガVSパルキアVSダークライ』 鷹岬諒
『ギラティナと氷空の花束シェイミ – 劇場版ポケットモンスターダイヤモンド・パールスペシャルコミック』 ひじおか誠
『アルセウス超克の時空へ』 溝渕誠
『幻影の覇者 ゾロアーク』 井上桃太
『ポケットモンスター PiPiPi★アドベンチャー』 月梨野ゆみ
『ポケットモンスター チャモチャモ☆ぷりてぃ♪』 月梨野ゆみ
『ポケットモンスター金・銀 ゴールデン・ボーイズ』 斉藤むねお
『ポケットモンスタールビー・サファイア まんがで読む4つ星攻略』 日下秀憲、吉野恵美子 (ISBN 4-09-106101-X)
『ポケットモンスターエメラルド 挑戦!バトルフロンティア』 伊原しげかつ (ISBN 4-09-143361-8)
『ポケモン 4コマギャグ劇場』 姫野かげまる (ISBN 4-09-149541-9)
『ポケットモンスター 4コママンガ劇場』 向水遙 (エニックス出版局、ISBN 4-87025-922-2)
『ポケットモンスター 4コマDX』 山本まるみ (ソフトバンククリエイティブ、ISBN 4-7973-0055-8)
『ポケットモンスター 4コマギャグバトル』 (光文社)
『ポケモン 4コマ笑事典』 やましたたかひろ (ISBN 4-09-295112-4)
『ポケモン レッツゴー! だじゃれクラブ』 春風邪三太
『ポケットモンスター 4コマ大百科』 やましたたかひろ
『ポケモン4コマまんが全集』 春風邪三太
『ポケモンゲットだぜ!』 あさだみほ
『ポケモンカードになったワケ』 姫野かげまる (メディアファクトリー[注釈 6]、ISBN 4-88991-717-9)
『まんが版 ポケットモンスター全書』 中村里美 (ISBN 4-09-259084-9)
『めざせ!!カードマスター』 印照 (ISBN 4-09-149544-3)
『ポケットモンスター おはなし超ひゃっか』
『ポケットモンスター ホライズン』 やぶのてんや
『ポケモンえにっき ポケモンじまのなかまたち』 ふくやまけいこ (ISBN 4-09-253275-X)
『ポケモンDP4コマ劇場』 松島リュウ
『ポケモンだにへ ピカチュウのだいぼうけん』 小北和哉、天野雅栄 (ISBN 4-09-747212-7)
『ポケモン不思議のダンジョン ギンジの救助隊』 溝渕誠 (ISBN 4-09-140235-6)
『ポケットモンスターダイヤモンド・パール物語 ポケモンDP』 伊原しげかつ
『ポケットモンスターHG・SS ジョウの大冒険』 松島リュウ
『ポケモン不思議のダンジョン 炎の探検隊』 溝渕誠 (ISBN 978-4-09-140670-5)
『ポケモンクイズパズルランド ピカチュウは名たんてい』 須藤ゆみこ (ISBN 978-4-09-140680-4)
『ピカチュウのかくれんぼ』 須藤ゆみこ
『ピカチュウVSエビワラー』 須藤ゆみこ
Webコミック『Wミッションストーリー ポケモンレンジャー the Comic』 日下秀憲、山本サトシ
Webコミック『ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊』 杉森建
『快盗!ポケモン7』 あさだみほ
『ポケットモンスター RéBURST』 楠出尽、田村光久
『ポケットモンスターB・W グッドパートナーズ』 険持ちよ、七月鏡一 (ISBN 978-4-09-141680-3)絵本作品[編集]
ポケモンえほん
『なかよし3びき ポケモンたびにっき』 文 – カサハラチュウ 絵 – よしのえみこ
『ポケットモンスター ピカブイのほっこりDAYS』 作 – すずきさなえ 絵 – ふじのきともこ雑誌[編集]
ポケモンワンダーランド(小学館) – 不定期雑誌
ポケモンファン(小学館) – 不定期雑誌
Pokémon イーブイとあそぼう!(宝島社)
monpoké 2021 AUTUMN/WINTER COLLECTION BIG MULTI POUCH BOOK(宝島社)その他関連商品[編集]
この節の加筆が望まれています。ポケモンカードゲーム(共通)
ポケットモンスターをモチーフにしたトレーディングカードゲーム。プレイヤーをポケモントレーナーに見立て、ポケモン同士のバトルをトレーディングカードゲーム形式の対戦で再現している。
ポケモンずかんカード
カードダスのブランドで発売されているカード。ゲーム要素はない。
ポケモンバトルカードe+
『ルビー・サファイア』にゲストトレーナーを呼び込んだり、特殊なアイテムを手に入れるためのカードe+。12種類のパッケージが存在する。
ポケモンコロシアム ダブルバトルカードe+
『コロシアム』にバーチャルトレーナーを呼び込むカードe+。4種類のパッケージが存在する。
ポケモンバトルカードe+ ファイアレッド&リーフグリーン
『ファイアレッド・リーフグリーン』のタイムアタック系イベント「トレーナータワー」を強化するカードe+。全44枚。読み込む枚数および順番によりトレーナータワーの内容と賞品が変化する。
ポケモンバトルカードe+ エメラルド
『エメラルド』の「トレーナーヒル」のタイムアタック系イベント「トレーナーヒル」を強化するカードe+。全66枚。概要は上記と同様だがマップ構造も変化させる。
ポケモーション
バトルえんぴつ
ポケモン シール烈伝
みつけてピカチュウ しっぽでバンバン
ポケットモンスターの音楽
アニメ版ポケットモンスターシリーズの主題歌・挿入歌はたびたび一新し、膨大な曲数に上る。最初の主題歌『めざせポケモンマスター』は純粋なアニメソングとしては異例の185万枚のミリオンセラーとなった。詳しくはCategory:ポケットモンスターの音楽を参照のこと。
小説「ポケットモンスター The Animation」シリーズ(スーパークエスト文庫)
アニメ初期にシリーズ構成を務めた首藤剛志著書の「小説版ポケットモンスター」。アニメ第1話から第7話までの内容がノベライズされている。
『ポケットモンスター―The animation (Vol.1) 』 ISBN 4-09-440541-0
『ポケットモンスター―The animation (Vol.2) 』 ISBN 4-09-440542-9ゲームブック「ポケットモンスター」(アスペクト、ファミ通ゲーム文庫)
雑誌 小学館スペシャル「ポケモンワンダーランド」(不定期刊行)
歴代悪事団体マジックインキ(寺西化学工業とのコラボレーション)
赤・緑・青・ピカチュウ〜X・Yまでの悪事団体のイメージカラーを揃えた8色セット。ゲームデータの配布と関連商品との連動[編集]
シリーズ第1作目『赤・緑』の「ミュウ」に始まるゲームデータ配信は、シリーズを通して続いている。
配布イベントはさまざまな媒体や店舗で随時行われるが、ソフト本体とは別に映画の前売り・鑑賞券、雑誌などの購入特典として配信されることもある。また、配信されるポケモンが数種類の内でランダムであったり、タマゴの状態(孵るまでどのポケモンか不明なことも多い)で配信される場合もある。
欧米ではこれらの配信サービスを行うにあたり、ユーザーがソフト本体以外の金銭を払わずとも日本版と同様のデータを受け取れるようになっている。

『赤・緑・青・ピカチュウ』 (1996 – 1999)
幻のポケモン「ミュウ」はゲーム中では入手できず図鑑完成にも影響しないが、当時大きな話題を呼んだ。基本的に抽選での当選者のみに配られ、バグ技などを除くと入手方法はなかった。
『金・銀・クリスタル』 (1999 – 2002)
新たな幻のポケモン「セレビィ」が登場。前作におけるミュウと同様に配布が行われたほか、『クリスタル』ではモバイルシステムGBのイベントでセレビィを入手することもできた。ミュウに関しては配布イベントがなく、前作で配布されたものを「タイムカプセル」で連れてくる必要があった。
『ルビー・サファイア・エメラルド』『ファイアレッド・リーフグリーン』 (2002 – 2006)
この世代から映画との連動が始まり、前売り券に特定のポケモンまたはどうぐの引換券が付くようになった。
『ダイヤモンド・パール・プラチナ』『ハートゴールド・ソウルシルバー』 (2006 – 2010)
映画との連動のほかに、ニンテンドーWi-Fiコネクションを利用したサービスも開始され、自宅の無線LANやDSステーションを利用して特定のデータを受け取ることができた。
『ブラック・ホワイト』『ブラック2・ホワイト2』 (2010 – 2013)
引き続き映画との連動や、Wi-Fiコネクションによるデータの配信などが行われた。
また、シリーズ初となるWEBサイトとの連動サービス「ポケモングローバルリンク」が始まり、隠れ特性を持ったポケモンや幻のポケモンなどを入手できた。他にも関連商品に同梱のシリアルナンバーや合言葉を入力して入手できるものもあった。
『X・Y』『オメガルビー・アルファサファイア』 (2013 – 2016)
『サン・ムーン』『ウルトラサン・ウルトラムーン』 (2016 – 2019)
『Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』 (2018・2019)
『ソード・シールド』 (2016 – 2019)
Wi-Fiコネクションに代わりニンテンドーネットワークによる配信となった。
映画の前売券における特典は券にシリアルナンバーが付与されるようになり、店頭での受け取りは『光輪の超魔神 フーパ』のおでましポケモンを除いて廃止された。関連施設、イベント[編集]
ポケモンセンタートウホク
ポケモンのラッピングをした名鉄2200系電車(ギラティナ・シェイミ号)
指宿市に設置されたイーブイのマンホール蓋(ポケふた)
ポケモンセンター
オリジナルも含め、数多くのポケモングッズを取りそろえるショップ。ポケモンのキャラクター戦略の拠点として、各国・各地の店舗や移動型店舗、オンラインショップまで、多角的に展開する。名称の由来は、ゲーム内に存在する療養施設「ポケモンセンター」から。
ポケモンストア
上記ポケモンセンターの小型店舗として主要ターミナル内などで展開。
ポケモンセンターなつまつり・ふゆまつり
有名百貨店などで開かれる季節限定イベント。
ポケモン・ザ・パーク
ポケモンの世界観をモチーフにした遊園地。2005年に名古屋、2006年に台湾で開催。名古屋での詳細はPokémon The Park 2005を参照。
ポケモンフェスタ
小中高校の夏期休暇期間に開催される、ポケモンおよび任天堂ハードゲームの展示ショウ等のイベント。携帯ハードゲームやカードゲームの公式大会等も行われる。
JR東日本ポケモンスタンプラリー
小中高校の夏期休暇期間に開催される、首都圏におけるJR東日本の駅を舞台としたスタンプラリー企画。1997年から開催(2001年除く)。JR北海道やJR東海およびJR四国を除くJR旅客各社の他に名鉄など一部の私鉄や地下鉄でも実施。スタンプラリーを参照
セブン-イレブンポケモンスタンプラリー
2005年の夏から開催。セブンイレブンの店舗を回り、スタンプを集める。
ポケモン列車
JR東日本が上記のスタンプラリーの一環として、山手線でポケモンのラッピングをした列車をほぼ毎年夏に運行しているほか、名鉄でも2007年の春以降、新作映画の宣伝キャンペーンの一環として運行されている。2008年には、ポケモンジェットを運航しているANAとタイアップし、東北新幹線などJR東日本管内の新幹線車両にポケモンのラッピングを施した「ポケモン新幹線」を運行している。東北地方では下記にあるPOKÉMON with YOUの一環として「POKÉMON with YOU トレイン」も運行している。
ポケモンジェット
1998年に初号機が全日本空輸から就航。以降もANA出資エアライン(ソラシドエア、スカイマーク、AIRDOなど)とコラボレーションしている。
POKÉMON with YOU
「POKÉMON with YOU – ポケモンはいつもキミといっしょ -」は東日本大震災の復興支援としてスタート。募金活動、被災地をワゴンで訪問して、ポケモン映画の上映やポケモンを使った工作などで子供たちを笑顔にすることを目的としている。公式ウェブサイトでは活動の様子などを公開している[15]。
ピカチュウ大量発生チュウ!
2014年から例年8月のお盆期間中に横浜みなとみらい地区で開催されている[16][17][18][19]。2018年及び2019年には、イーブイの大行進も行われた。また、桜木町駅とのコラボレーションも例年行われている。2020年は中止され、代替イベントとして「ポケモンバーチャルフェスト」を開催した[20]。
ポケモンワールドチャンピオンシップス
毎年開催されるポケモンゲームの公式世界大会で賞金(奨学金)付き。
ポケモン竜王戦
2015年から現在まで5回開催。1回と2回は小学生までが参加対象であったが、3回大会からはその年齢制限がなくなった。2020年は中止され、2021年に『ポケモン竜王戦2020』として開催。
プロジェクトイーブイ
2017年11月20日に特別サイト、Twitter及びInstagramを開設し、同年11月21日に運営を開始したイーブイとその進化形8種類を応援するプロジェクト活動。多数の企業とのコラボレーションや応援訪問見学、最新の情報の告知、グッズ展開、イーブイズの応援などを行なっている。株式会社ポケモンが運営しており、担当者は2021年3月から現在まで3代目(1代目:2017.11〜2018.12、2代目:2019.1〜2021.2)。
ポケモンローカルActs
2018年4月以降に日本国内の地域(都道府県単位)で「推しポケモン」を選定し、両者の魅力を同時に発信する取り組み。イベントの実施や特産品とのコラボレーション商品の発売等が行なわれているが、キャラクター使用料は地域とポケモンそれぞれのファンを増やす相乗効果を考慮し、無償としている[21]。
前述のPOKÉMON with YOUの立ち上げやポケモンGOによる地方への経済効果をきっかけに始動し、2019年7月に上記名称でポータルサイトを開設し、各地域の取り組みをまとめている[22]。
ポケふた
ポケモンのキャラクターがデザインされたマンホールの蓋(ご当地マンホール)。2018年4月29日に「鹿児島県指宿市スポーツ・文化交流大使」として任命されたイーブイのマンホール蓋が2018年12月に指宿駅前に設置[23] されたことが実質上の前身となった。2019年7月に「ポケふた」の名称で日本国内各地への展開が発表され、以降はポケモンローカルActsの一環として扱われるようになった[22]。2020年8月21日に100枚目のポケふたが町田市(田尻智の出身地)に設置された[24]。
ラッキー公園
ラッキーを表象にした公園。第1号は福島県双葉郡浪江町道の駅なみえにて、2021年12月12日に開園予定。郡山市、河沼郡柳津町、会津地方大沼郡昭和村にも順次開設を予定している。ラッキーをモチーフにした複合遊具他、多種のポケモンの遊具が備えられている。2019年に福島県と連携協定を締結し、ラッキーは「ふくしま応援ポケモン」に任命されている。また、ポケモンの原作者でゲームクリエイターの田尻智の父は浪江町出身のため、これまで町に紅房桜を寄贈するなど故郷の復興の支援をしていた[25]。『ラッキー×福島県公式サイト 』。日本国外でのポケットモンスター[編集]
日本国外での展開
「ポケットモンスター」は1998年にE3に出展(一部のポケモンの名称が製品版と異なる)。同年9月7日にアメリカでテレビアニメの放送がスタートし、同28日にゲームボーイソフト『POKÉMON』が価格29ドル95セントで発売された。これを皮切りに、世界各国でテレビアニメの放送とゲームソフトの発売が開始された。英語版YELLOW(和名 – ピカチュウバージョン)はゲームソフトにおけるミリオンセラーの最短記録としてギネス・ワールド・レコーズに掲載されている。
1999年11月12日に映画『Pokémon The First Movie』(日本版名 – 『ミュウツーの逆襲』)が全米3000館で公開され、興行収入8000万ドル、その他の国々で9100万ドルを記録した。この作品のサウンドトラックCDは初回出荷枚数100万枚を突破し、全米チャート8位を記録した。
スマホゲーム「Pokémon GO」が2016年7月にアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで先行配信され、その後世界的な社会現象を引き起こした。
2001年にロシアの子供番組『Спокойной ночи, малыши!』(『おやすみ子供たち』、『おやすみなさい、子供たち![26]』、英語版)のロシア公共テレビでの放送が打ち切られた際、日本では「ロシアの代表的子供番組が『ポケモン』に敗れた」という報道がされた[27]。
アメリカのパレードイベント「Macy’s Thanksgiving Day Parade」に巨大バルーンを提供しており、2021年現在第4版まである。第4版は、25周年を記念してピカチュウの他に、イーブイが加わっている[28][29]。
テレビ朝日の『決定!これが日本のベスト』での「好きな日本アニメは?」というアンケートで、アニメ版ポケットモンスターが2位にランクインした[30]。
日本国外版のゲームソフト
英語版ではポケモン名・地名・人名などが国柄に合わせた形に英訳されている。また民家の仏壇が「ディグダの像」に、道具の「饅頭」「煎餅」が「キャンディバー」「クッキー」に、通貨である「円」が「ポケドル」になるなど日本的なものは一部差し替えられている。なお英語版に続き各国で発売されたソフトは、英語名を元にしている部分が多々ある。
日本語版での『赤・緑』は、日本国外版では星条旗の色と同じ『赤・青』として発売された。ただし、『青』の内容は日本語版での『緑』と同じものである。
ゲーム内容はほぼ変化はないが、『金・銀』で一部ポケモンの出現種類が異なったり、『ポケモンコロシアム』ではボーナスディスクでの入手ポケモンが差し替えられている。『ファイアレッド・リーフグリーン』では主人公の家やタマムシデパートにあるゲーム機のグラフィックが異なっている。また、DS版ではゲームコーナーの内容が変更になっているものもある。
GBソフトである『金・銀』までは名前文字数の関係からか日本国外版との通信は正常に働かないが、GBAになりデータ形式が一新された『ルビー・サファイア』からは日本国外版との通信が可能となっている[31]。一部の通信では一時的に文字化けすることが確認されているが問題はない。
DS版以降では異なる言語のソフトで手に入れたポケモンを通信で手に入れると、ポケモン図鑑にその言語での解説文が追加される(日本国外のGBA版で手に入れたポケモンでも可。『ダイヤモンド・パール』では一部のポケモンに限る)。ニンテンドーWi-Fiコネクション・ニンテンドーネットワークを利用した世界規模の通信が可能であることもゲーム内で示唆されている。
日本以外での「ポケットモンスター」の名称
アメリカで『Monster in My Pocket』という商標が既に登録されていたため、多くの国々では「ポケットモンスター」ではなく、タイトルの省略形である「ポケモン (POKÉMON) 」を採用した。日本国内版においても『ルビー・サファイア』以降はこの英語表記を用いている。
Éの上のアクセント記号は、このEが黙字でなく、発音をもつEであることを表すもので、公式では原則として必ずアクセント記号が付加される。発音は[ˈpoʊkeɪˌmɒn]もしくは[ˈpoʊkɪˌmɒn]。この他、英語圏(特にアメリカ)においては「ポケット」という単語に男性器を連想させるニュアンスがあるのではないか、という解釈が行われることもある[32]。
中国語においては意訳が採用されており、台湾では『神奇寶貝』(訳 – 不思議ベイビー)、香港では『寵物小精靈』(ペット妖精)である。正式に翻訳される以前は『口袋怪物』等の直訳が用いられることもあった(口袋はポケットの意)。2015年7月10日から中国では『精霊宝可夢』(宝可夢はポケモンの音訳)という正式作品名が採用された[33]。関連ニュース・話題[編集]
作品中の名前などの由来
各作品中の固有名詞は、『赤・緑』系、『金・銀』系では各街の名前が色の呼び名(特に日本語での古式ゆかしい名称)で統一されているなど、何らかのコンセプトに沿って命名されている。なお、『赤・緑』系のスタート地点となる町「マサラタウン」は、「何色にも染まっていない汚れなき色」という意味で「まっさら」から付けられている。また、多くの主要キャラクターの名前の由来は植物からとられている。
ポケモンの舞台となっているカントー地方、ジョウト地方、ホウエン地方、シンオウ地方、イッシュ地方、カロス地方、アローラ地方、ガラル地方は、それぞれ関東地方、東海-近畿地方-四国地方、九州地方、北海道、アメリカ合衆国ニューヨーク州、フランス、ハワイ、グレートブリテン島がモデルになっている。
バンダイのアンケート
バンダイが1998年に実施した「好きなキャラクター」のアンケートで、『ポケットモンスター』が男児・女児共に第1位を獲得した。支持率は男児27.7%、女児27.4%[34]。
ポケモンおじさん
2000年頃にかけてポケモン関連のテレビCMにレギュラー起用されていた綿引勝彦は当時、ファンの間から「ポケモンおじさん」と呼ばれていた。ヤクザ映画やNHK大河ドラマにも多数出演している強面の綿引がポケモンゲームにはまっていく様子を愛嬌たっぷりに描いたCM群は、当時大きな話題を呼んだ。
『ピカチュウげんきでちゅう』TVCM(1998年末、綿引初登場)
『ポケモンスナップ』TVCM(1999年春)
この時の綿引を再起用したことにより、「ポケモンおじさん」というキャラクターが明確になっていく。
『ポケモンスタジアム金銀』のCMを最後に担当が替わり、以降は別のタレントが起用された。
多数のバグ
ゲームシリーズ初期は、当時では複雑なシステムゆえに群を抜いてバグが多かった。初代ポケモンでは、公式イベントでしか手に入らないはずのミュウが入手できたり、けつばんを筆頭とするバグポケモンが現れたり、フィールドの壁を抜けられるようになるなどの破天荒な物も多かったため、バグ探しもポケモンの楽しみ方の一つとなった。
なお、出荷ごとにバグフィックスを行うなど、適切な企業努力は行われており、後期出荷のものはほとんどバグは発生しない。また、GBA版からはパッチ配信によるバグフィックスが行われている。一般社団法人日本記念日協会の記念日認定
2018年11月21日に『イーブイの日』、2020年2月27日に「Pokémon Day』が上記協会の記念日として登録された。『イーブイの日』は、「11(イー)月21(ブイ)日」と語呂合せからファンの間で親しまれ、2017年には公式公認となった。また、公式応援プロジェクト「プロジェクトイーブイ」のサイト及びSNS(Twitter,Instagram)公認開設日でもある。『Pokémon Day』は、『ポケットモンスター』シリーズの第1作『ポケットモンスター 赤・緑』が発売された1996年2月27日を記念としており、「Pokémon Presents」の配信や著名なアーティストとのコラボ、ポケモン人気投票など各種イベントが毎年開催されている。「水の日」大使
「水の日(8月1日)」は、平成26年に制定された水循環基本法において、国民の間に広く健全な水循環の重要性についての理解と関心を深める日として位置づけられ、その応援大使として、水タイプ・特性 貯水である「シャワーズ」が任命された[35]。関連事件・批判[編集]
ポケモンが人気になる一方、様々な批判や衝突も起きている。日本国外では、思想や宗教観の違いによるものも起きている。

日本[編集]
1997年12月16日、アニメ版『ポケットモンスター』第38話「でんのうせんしポリゴン」中の演出効果に激しく画面が明滅するものがあり、これを原因として一部の視聴者が痙攣など光過敏性発作を発症、病院に搬送される事件が発生。詳細についてはポケモンショックを参照。
1998年夏の同人誌即売会にて、ポケモンのキャラクターを用いたある同人誌が販売された。任天堂は1999年1月5日に著作権法違反(複製権侵害)で所轄の京都府警生活環境部に被害届を提出し告訴した。同月13日に京都府警が容疑者である作家を九州の自宅で逮捕後、京都まで容疑者を護送した[36]。容疑者は略式起訴され、罰金10万円の略式命令が下されている。詳細についてはポケモン同人誌事件を参照。日本国外[編集]
日本国外版のテレビアニメにおいても、先述のポケモンショックの回以外にも欠番となったり、一部の国で未放送の回が存在する。en:Pokémon episodes removed from rotationも参照。
第4話の「サムライしょうねんのちょうせん!」は韓国では放送されていない。日本文化である侍が登場したため。同様の理由で他にも第17話がカットされている[要出典][注釈 7]。
第18話の「アオプルコのきゅうじつ」は日本国外版(台湾を除く)では欠番となっている。ミスコンやコジロウのビキニ女装など一部キャラクターの描写が女性蔑視を助長するとされたため。
第26話の「エリカとクサイハナ」はサトシの女装シーンがあるため、中東諸国などでは放送されていない。
第35話の「ミニリュウのでんせつ」ではサトシたちが不適切に銃を突きつけられるシーンがあるため、日本国外版(台湾を除く)では欠番となっている。
第64話「ルージュラのクリスマス」、第251話「こおりのどうくつ!」は日本国外版(台湾を除く)では欠番となっている。この二話に登場しているひとがたポケモン「ルージュラ」の黒い皮膚や大きな唇が、黒人差別を助長するという批判を受けたため。また、この件を受けて『ファイアレッド・リーフグリーン』以降公式的にルージュラの肌の色は黒から紫に変更された(当該記事参照)。
エスパーポケモン「ユンゲラー」に対し、ユリ・ゲラーが名誉毀損として提訴。スプーンを曲げる超能力系キャラとして、自分のイメージを勝手に使われたとして損害賠償を求めたが、「ユンゲラー」と称するキャラクターは日本のみで扱われている商品であり連邦法での訴訟は要件を満たさず、敗訴となった。
アメリカのアニメ番組『サウスパーク』で本作をパロディ化した話「チンポコモン」が1999年に放送された。強烈な諷刺が込められた話で、前述のポケモンショックをもネタに取り込んでいる。
アメリカのアニメ番組『シンプソンズ』の第10シーズン第23エピソード「Thirty Minutes Over Tokyo」でもポケモンショックのネタが登場する。
アメリカでは1999年までにポケモンカードを巡り、子供による脅迫、窃盗、強盗、傷害事件が各地で起こった[37]。また、多くの学校でポケモンカードを発端として、トレーディングカードが禁止された[38]。イギリスでも2000年までにカードの流行によるいじめ、恐喝事件などが多発し、多数の学校でポケモンカードが禁止された[39]。
アメリカで子供がモンスターボールを模ったラバー製の玩具で遊んでいた所、誤って飲み込み、喉を詰らせて窒息死した[40]。
トルコでは2人の子供が自分のことを「ポケモン」と思い込み、バルコニーから飛び降りて足を骨折したため、一時的にアニメの放映が休止された[41]。イスラム諸国[編集]
2001年に、アラブ首長国連邦でイスラム宗教局 (Department of Awqaf and Islamic Affairs) がポケモンをハラーム(禁忌)であるとのファトワー(宗教見解)を発すると、ドバイでアニメの放送が禁止され、ポケモングッズが店頭から撤去された。イスラム原理主義的な思想の色濃いサウジアラビアやカタールの法学者がこれを支持すると、サウジアラビアでも同様の禁止処置が取られ、イスラム諸国にポケモンの可否をめぐる論争が飛び火した。マレーシアなどでも、ポケモンが反イスラームではないかと保守派ムスリム法学者から疑われるようになった。さらには一部で「ポケモンはシオニズムの宣伝メディアであり、イスラム教徒をユダヤ教に改宗させようとするたくらみの一環である」「『ポケモン』とは『私はユダヤ人である』の意味である」「『ピカチュウ』とは『ユダヤ人になれ』の意である」などと全く根拠のないデマまで広まった[42]。その後、ドバイなどイスラーム保守派に支配された諸国ではポケモンを反イスラーム的と認定し、ゲームやグッズの販売制限を行った[43]。サウジアラビアやカタールでは、ポケモン自体がハラームとされ全面禁止された[44][45]。サウジアラビアの法学者がポケモンをハラームとし、保守派ムスリムがそれに賛同している理由としては、「ポケモンの後天的形態変化は生物学では『変態』と呼ばれるものであるが、ポケモンではこれを『進化』と呼んでいる。進化論は保守派イスラームからはコーランの無謬性を汚すとしてハラーム扱いを受けている[46]」ということが挙げられる。後にこれらの騒動は鎮静化した。
なおエジプトやレバノンではポケモンは禁止されていない。レバノンでは、シーア派の高位法学者、大アーヤットゥッラームハンマド・フセイン・ファドラッラーが「ポケモンは合法である」とのファトワー(宗教的見解)も出している[47]。
また、サッダーム・フセイン政権下のイラクではポケモン問題調査委員会が設置され、「宗教を利用した反動的なファトワーを出すことは間違いである」「知的な根拠のあるファトワーを出すことが、宗教者の義務である」として、早々に解禁された。

関連書籍[編集]
とみさわ, 昭仁 『ゲームフリーク 遊びの世界標準を塗り替えるクリエイティブ集団』太田出版、東京、2000年。ISBN 4-8401-0118-3。 
畠山, けんじ、久保雅一 『ポケモンストーリー』日経BP出版センター、東京、2000年。ISBN 4-8222-4199-8。 
宮昌, 太郎、田尻智 『田尻智 ポケモンを創った男』太田出版、東京、2004年。ISBN 4-87233-833-2。 
中沢, 新一 『ポケットの中の野生』岩波書店、東京、1997年。ISBN 4-00-026068-5。 
『ポケモンの秘密』小学館文庫、東京、1998年。ISBN 4-09-416211-9。 脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ ただし、『サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』ではスタンプに変更されている。

^ スーパーゲームボーイ対応の機能あり。

^ 当初は限定販売。一般販売は1999年10月10日から。

^ ニンテンドーDSi対応の機能あり。

^ 1995 Nintendo, 1995 Creatures Inc, 1995 GAME FREAK Incと書かれているのは、これの名残である。

^ その後は角川書店等の角川グループと合併してKADOKAWAとなったが、ポケモンの分野に関してはKADOKAWAではなくメディアファクトリーの一部の社員が独立して設立したオーバーラップが引き継いでいる。

^ 当初は地上波局であるSBSが放送しており、局内の審議規定に抵触しないよう削除された。しかし削除エピソードが多くなった結果、半年単位と定められている放映権との整合性に問題が出たため、更に第262話から第276話がカットされ、最終的に平成無印編では合計34話放送されなかった。AG編以降の韓国語版の放送は放映期間や内容に関して制限の少ないケーブルテレビ局が担うことになったため、未放送回は総集編などに留まっている。

出典[編集]
^ https://www.4gamer.net/games/383/G038332/20171124003/

^ “数字でみるポケモン” (日本語). 株式会社ポケモン (2022年3月31日). 2022年8月22日閲覧。

^ “『ポケットモンスター』シリーズ世界累計販売2億本を突破、誕生から20年で” (日本語). マイナビ (2016年3月17日). 2019年1月1日閲覧。

^ https://www.pokemon.co.jp/corporate/services/

^ “1位はポケモン!キャラクター「メディアミックス」総収益の世界ランキングに日本の底力を見た!”. FINDERS. 2021年3月15日閲覧。

^ 『これまでのゲーム』ポケットモンスターオフィシャルサイト(2016年7月31日閲覧)

^ “Pokemon Direct 2017.6.6|任天堂”. 任天堂. 2017年6月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月7日閲覧。

^ “ポケットモンスター クリスタルバージョン(ニンテンドー3DSバーチャルコンソール)|任天堂”. 任天堂. 2018年2月8日閲覧。

^ 田尻智さん(ゲームフリーク)VS石原恒和さん(クリーチャーズ)対談 前編 b.ポケモンを作る前に – 任天堂オンラインマガジン2000年7月号。

^ 『ポケモン・ストーリー』(畠山けんじ, 久保雅一、pp.99)

^ a b c 「ポケモンふぁみちゅう団 石原社長に聞く、20年目の『ポケモン 赤・緑』」『週刊ファミ通』第1422巻2016年3/17号、 178-183頁。

^ 『マイコンBASICマガジン』1996年2月号とじ込み付録「スーパーソフト・ホット・インフォメーション」には「発売日が1995年12月21日から1996年2月27日に延期された」という記述がある。『マイコンBASICマガジン』1996年2月号208頁(付録30頁)。

^ 『ポケモン・ストーリー』(畠山けんじ, 久保雅一、pp.154)

^ “1996 Top 30 Best Selling Japanese Console Games”. The Magic Box. 2019年1月6日閲覧。

^ POKÉMON with YOU – ポケモンはいつもキミといっしょ – 2013年4月2日

^ ““ピカチュウ大量発生チュウ! at 横浜みなとみらい”が8月9日より開催 1000匹のピカチュウがやってくる”. ファミ通.com (2014年7月11日). 2017年8月15日閲覧。

^ “踊るピカチュウが横浜みなとみらいで大量発生チュウ 黄色いのが激しく踊る”. ねとらぼ (2015年08月09日 11時30分). 2017年8月15日閲覧。

^ “今年も横浜みなとみらいで、「ピカチュウ大量発生チュウ!」開催決定!”. ポケモン公式 (2016年6月9日). 2017年8月15日閲覧。

^ “ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!”. ポケモン公式. 2017年8月15日閲覧。

^ ポケモンバーチャルフェスト

^ “ポケモンと地域がタッグ キャンベルさんが訪れた「ポケモンローカルActs」の現場”. 産経新聞 (2020年2月27日). 2020年8月9日閲覧。

^ a b “ポケモンマンホール“ポケふた”の全国展開が決定!“推しポケモン”の魅力を訴求するポータルサイト“ポケモンローカルActs”も開設”. ファミ通.com (2019年7月31日). 2020年8月9日閲覧。

^ “「指宿市スポーツ・文化交流大使」イーブイのマンホールを設置!”. いぶすき観光ネット(指宿市、指宿市観光協会) (2018年12月20日). 2020年8月9日閲覧。

^ ポケモンマンホール「ポケふた」が町田に/町田市ホームページ

^ 福島・浪江町のポケモン「ラッキー公園」は12月12日開園 全国初 福島民報 2021年11月12日配信 2021年11月29日閲覧

^ rusembassyjのツイート(1067002390337835009)

^ ポケモンに降参!ロシア人気番組終了、スポニチアネックス、2001年8月29日。

^ PokémonのTwitter投稿 @pokemon 2021年11月24日配信 2021年11月25日閲覧

^ 2年ぶりに観客も 米 感謝祭のパレード開催 テレビ東京

^ 世界に進出した日本の人気アニメ ベスト100 (2004.4.11)

^ 増田部長のめざめるパワー 2004年8月6日

^ “『ポケットモンスター』は欧米で『ポケモン』として発売”. ロケットニュース24 (ソシオコーポレーション). (2009年9月12日). オリジナルの2017年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170202054224/http://rocketnews24.com/2009/09/12/%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%81%99%E3%81%8E%E3%82%8B%E7%90%86%E7%94%B1%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%8E%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%8F%E3%81%AF%E6%AC%A7/ 2017年1月26日閲覧。 

^ 决定是你了!!皮卡丘和它的伙伴们,大陆地区统一名称《精灵宝可梦》启用(中国語)

^ 1999年4月 お子さまの好きなキャラクターは? | こどもアンケート | 株式会社バンダイ

^ “国土交通省|報道資料|【日時決定】ポケットモンスター「シャワーズ」を「水の日」応援大使に任命!~日本の水の魅力や「水の日(8月1日)」をPR!~” (日本語). 国土交通省. 2021年7月22日閲覧。

^ 朝日新聞1999年1月14日朝刊第3社会面

^ ポケモン大流行の暗い側面[リンク切れ] 1999年11月24日 セントピーターズバーグ・タイムズ

^ 学校がトレーディングカードを禁止[リンク切れ] 1999年11月10日 セントピーターズバーグ・タイムズ

^ Pokemon cards ‘exploit children’(ポケモンカードは「子供達を食い物にする」)2000年4月25日 ガーディアン

^ Parents of Boy Who Choked to Death on Pokemon Ball File Suit(ポケモンボールで窒息死した男の子の両親が告訴) 1999年11月13日 ニューヨーク・タイムズ

^ Turkey cracks down on Pokemon show アーカイブ 2014年4月11日 – ウェイバックマシン(トルコはポケモンの番組に断固たる処置)、highbeam.com(シカゴ・サンタイムズ、2000年12月13日の記事より)

^ “ポケモン陰謀説の謎(エジPOPトピックスVol.3)”. 2007年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月5日閲覧。

^ “ドバイで「ポケモンは反イスラム的」とのファトワ”. 2015年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月22日閲覧。

^ “反イスラム的との疑惑が浮上!アラブポケモン騒動の行方は? – World News Cafe”. 2005年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月5日閲覧。

^ “Saudi bans Pokemon”. 2008年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月5日閲覧。

^ イスラームQ&A(イスラームの道しるべ)→イスラームは、進化論についてどう考えているのでしょうか?

^ アラブ社会における日本のアニメ・マンガの影響 保坂修司、国際日本文化研究センター, 2007.12.20.

外部リンク[編集]

プロジェクト ポケモン
ウィキメディア・コモンズには、ポケットモンスターに関連するメディアがあります。ポケットモンスターオフィシャルサイト
ポケモンだいすきクラブ
ポケモン公式YouTubeチャンネル – YouTubeチャンネル
ポケモン公式ツイッター (@Pokemon_cojp) – Twitter
【公式】ポケモン情報局 (@poke_times) – Twitter
ポケモンだいすきクラブ編集部【公式】 (@pokemon_pdc) – Twitter
【公式】プロジェクトイーブイ (@project_eevee) – Twitter
Pokémon (@pokemon) – Twitter(英語)
ポケモン (PokemonCoJp) – Facebook
ポケモン公式インスタグラム (@pokemon_jpn) – Instagram
ポケモン (@pokemon) – LINE Add Friend
【公式】ポケモン|Pokémon (@pokemon) – TikTok表話編歴 ポケットモンスター 世界観
ポケモン
概説
ポケットモンスター (架空の生物)

ポケモン一覧 (全国図鑑順)
1-51
25:ピカチュウ
52-101
102-151
150:ミュウツー
151:ミュウ
152-201
202-251
252-297
298-342
343-386
387-440
441-493
494-545
546-598
599-649
650-721
722-809
810-その他の順序
五十音順
ジョウト順
ホウエン順
シンオウ順
イッシュ順
カロス順
アローラ順
ガラル順
人物・地理

人物一覧
赤・緑・青・ピカチュウ・ファイア・リーフ・Let’s Go!
金・銀・クリスタル・ハート・ソウル
ルビー・サファイア・エメラルド・オメガ・アルファ
ダイヤモンド・パール・プラチナ・ブリリアント・シャイニング
ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2
X・Y
サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン
ソード・シールド
オーキド博士
タケシ
カスミ
ロケット団
地名
カントー地方
ジョウト地方
ホウエン地方
シンオウ地方 / ヒスイ地方
イッシュ地方
カロス地方
アローラ地方
ガラル地方
パルデア地方
オーレ地方
フィオレ地方
アルミア地方
オブリビア地方
フェルム地方
レンティル地方
道具・用語
モンスターボール
わざマシン
ポロック
バッジ
ポケモン図鑑
用語一覧
ポケモンコンテスト
バトルフロンティア
 ゲーム
本編
GB
赤・緑・青・ピカチュウ
金・銀・クリスタルバージョンGBA
ルビー・サファイア・エメラルド
ファイアレッド・リーフグリーンDS
ダイヤモンド・パール・プラチナ
ハートゴールド・ソウルシルバー
ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト23DS
X・Y
オメガルビー・アルファサファイア
サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーンSwitch
Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ
ソード・シールド
ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール
LEGENDS アルセウス
スカーレット・バイオレット
外伝
対戦・保管
スタジアム
ボックス
コロシアム
XD
バトルレボリューション
バンク・ムーバー
HOME不思議のダンジョン
救助隊
探検隊
冒険団
マグナゲートと∞迷宮

救助隊DXレンジャー
レンジャー
バトナージ
光の軌跡スクランブル
乱戦!
スーパー
U
みんなパズル
パネポン
トローゼ
バトルトローゼ
ポケとる
ピクロス
Café Mixコミュニケーション
げんきでちゅう
チャンネル
牧場コラボレーション
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
ノブナガの野望
ポッ拳その他
カードGB
スナップ
ピンボール
カードGB2
ピンボール ルビー&サファイア
ダッシュ
ポケパークWii
タイピング
立体図鑑BW
ポケパーク2
ARサーチャー
全国図鑑Pro
アートアカデミー
名探偵ピカチュウ
クエスト
Newスナップ
UNITEスマートフォン
ポケとる スマホ版
コマスター
Pokémon GO
はねろ! コイキング
クエスト スマホ版
マスターズ
スマイル
Café Mix スマホ版
UNITE スマホ版専用機器
ポケットピカチュウ
ポケモンミニチップ型TCG
バトリオ
トレッタ
ガオーレ
メザスタアーケード
メダルワールド
カードゲームガチャ
バトルナイン
ポッ拳

 メディア
アニメーション作品
本編
無印
AG
DP
BW / BW2
XY / XY&Z
SM
無印 (2019年版)外伝
OVA
我ココ
ライ伝
サイド
ミラージュ
ダンジョン1
ダンジョン2
ダンジョン3
光の軌跡
覚醒への序章
THE ORIGIN
最強メガシンカ
ジェネレーションズ
薄明の翼
POKÉTOON
Evolutions映画
ミュウツー
なつやすみ
ルギア
たんけんたい
エンテイ
ピチュー
セレビィ
ドキドキかくれんぼ
ラティアス・ラティオス
ピカピカ星空キャンプ
ジラーチ
ひみつ基地
デオキシス
ルカリオ
マナフィ
ダークライ
シェイミ
アルセウス
ゾロアーク
ゼクロム / レシラム
ケルディオ
メロエッタ
ゲノセクト
イーブイ☆フレンズ
ディアンシー
これなんのカギ?
フーパ
おんがくたい
ボルケニオン・マギアナ
キミにきめた!
みんなの物語
ミュウツーEVO
ココ人物
サトシ
サトシのポケモン
ピカチュウ
KT・OS
JT
AG
DP
BW
XY
SM
PM2
カスミ
タケシ
ケンジ
ハルカ
マサト
ヒカリ
アイリス
デント
セレナ
シトロン
ユリーカ
ゴウ
ゴウのポケモン
コハル
サクラギ博士
ロケット団
ムサシ
コジロウ
ニャース
オーキド博士
シゲル
シュウ
ハーリー
シンジ
ノゾミ
ジュン
ジムリーダー
四天王・チャンピオン
フロンティアブレーン
漫画
穴久保版
SPECIAL
登場人物
電撃!ピカチュウ
4コマ大百科
ポケモンゲットだぜ!
ゴールデン・ボーイズ
PiPiPi★アドベンチャー
チャモチャモ☆ぷりてぃ♪
ポケモンDP
サトシとピカチュウ
快盗!ポケモン7
ギャグワールド
ギャグバトル
ジョウの大冒険
RéBURST雑誌・小説
ポケモンワンダーランド
ポケモンファン
The Animation絵本
ポケモンえほん
ポケモンえにっき
ポケモンたびにっきアナログゲーム
ポケモンカードゲーム
発売タイトル
公式大会
ポケモンカード
ポケモントレーディングフィギュアゲーム
ポケモンバトルチェス
ポケマニア商品とサービス
ポケモンセンター
ポケモンキッズ
ポケモンカー
ポケモンジェット
ポケモンパン
ポケパーク
ポケモンガーデン
ワールドチャンピオンシップス
S.H.Figuartsラジオドラマ
白い明日だ!ロケット団
ミュウツーの誕生テレビ番組
週刊ポケモン放送局
ポケモン☆サンデー
ポケモンだいすきNOW
ポケモンスマッシュ!
ポケモンゲット☆TV
ポケモンの家あつまる?
ポケモンとどこいく!?インターネット番組
P-Sportsラジオ番組
犬山犬子のポケモンアワー
ロケット団ひみつ帝国実写映画
名探偵ピカチュウ
 楽曲
アニメオープニング
無印
めざせポケモンマスター
ライバル!
OK!
めざせポケモンマスター(Whiteberryバージョン)
Ready Go!AG
アドバンス・アドベンチャー
チャレンジャー!!
ポケモンシンフォニックメドレー
バトルフロンティア
スパート!DP
Together
Together2008
ハイタッチ!
ハイタッチ!2009
サイコー・エブリデイ!
サイコー・エブリデイ! (BAND VERSION)BW / BW2
ベストウイッシュ!
やじるしになって!
やじるしになって!2013
夏めく坂道XY / XY&Z
V(ボルト)
メガV(メガボルト)
ゲッタバンバン
XY&ZSM
アローラ!!
めざせポケモンマスター -20th Anniversary-
未来コネクション
キミの冒険PM2
1・2・3
アニメエンディング
無印
ひゃくごじゅういち
ニャースのうた
ポケットにファンタジー
ポケモン音頭
タイプ:ワイルド
ラプラスにのって
ニャースのパーティ
ポケモンはらはらリレー
ポケモンはらはら²リレー(むずかし版)
タケシのパラダイス
ぼくのベストフレンドへ
前向きロケット団!
ポケッターリ モンスターリAG
そこに空があるから
ポルカ・オ・ドルカ
スマイル
いっぱいサマー!!
GLORY DAY 〜輝くその日〜
ポケモンかぞえうた
私、負けない!〜ハルカのテーマ〜DP
君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜
君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜(PopUp. Version)
君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜(Winter. Version)
風のメッセージ
風のメッセージ(PokaPoka-VERSION)
あしたはきっと
もえよ ギザみみピチュー!
ドッチ〜ニョ?
君の胸にLaLaLaBW / BW2
心のファンファーレ
ポケモン言えるかな?BW
七色アーチ
みてみて☆こっちっち
サクラ・ゴーラウンド
手をつなごうXY / XY&Z
X海峡Y景色
ピースマイル!
ドリドリ
ガオガオ・オールスター
プニちゃんのうた
ロケット団 団歌
キラキラ
ピカチュウのうた
ニャースのバラードSM
ポーズ
ジャリボーイ・ジャリガール
心のノート
タイプ:ワイルドPM2
ポケモンしりとり
映画主題歌
長編
風といっしょに
toi et moi
虹がうまれた日
明日天気にしておくれ
ひとりぼっちじゃない
小さきもの
L・O・V・E・L・Y 〜夢見るLOVELY BOY〜
はじまりのうた
守るべきもの
ビー・ウィズ・ユー 〜いつもそばに〜
ONE
心のアンテナ
アイスクリーム シンドローム
宙 -そら- / 響 -こえ-
Memories
笑顔
夜明けの流星群
Tweedia
ポストに声を投げ入れて
オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜
ブレス
風といっしょに
ふしぎなふしぎな生きもの短編
ピカピカまっさいチュウ
そらとぶポケモンキッズ
ともだち記念日
かくれんぼ
あの丘を目指して
ポルカ・オ・ドルカ
みてみて☆こっちっち
手をつなごう
ピースマイル!
ガオガオ・オールスター
関連番組主題歌
ポケモンなりきりサンデー
Endless Fighters
ポケモン言えるかな?BW
アイ アム ア ヒーローサウンドトラック
テレビアニメ
サウンドアニメコレクション
オリジナルサウンドトラックベスト
オリジナルサウンドトラックベスト2劇場版
ミュウツー
ルギア
エンテイ
セレビィ
ラティアス・ラティオス
ジラーチ
デオキシス
ルカリオ
マナフィ
ダークライ
シェイミ
アルセウス
ゾロアーク
ゼクロム / レシラム
ケルディオ
ゲノセクトゲーム
赤・緑・青・ピカチュウ
ルビー・サファイア
ファイアレッド・リーフグリーン
ダイヤモンド・パール
ハートゴールド・ソウルシルバー
ブラック・ホワイト
ブラック2・ホワイト2
X・Y
アルバム
ポケモンソング♪ ベストコレクション
テレビアニメ主題歌ソング集
映画アニメ主題歌ソング集
ポケモン音楽集運動会編
松本梨香が歌うポケモンソングベスト
ポケモンTVアニメ主題歌 BEST OF BEST 1997-2012
アニメ「ポケットモンスターXY&Z」キャラソンプロジェクト集
「劇場版ポケットモンスター ココ」テーマソング集その他
ピカチュウレコード
ロケット団よ永遠に
とりかえっこプリーズ
アカシア
 関連項目
企業
ポケモン
任天堂
ゲームフリーク
クリーチャーズその他
ポケモンショック
ポケモン同人誌事件
Zbtb7(旧ポケモン遺伝子)
けつばん
POKÉMON with YOU トレイン(観光列車)
ウィキプロジェクト
カテゴリ

表話編歴 主なソフト(ソフト一覧)
マリオシリーズ
スーパーマリオシリーズ
マリオカートシリーズ
マリオパーティシリーズ
ペーパーマリオシリーズ
マリオ&ルイージRPGシリーズ
ドンキーコングシリーズ
ヨッシーシリーズ
ワリオシリーズ
ルイージマンションシリーズ
マリオvs.ドンキーコングシリーズアーケード
パンチアウト!!
バルーンファイトファミリーコンピュータ
ゼルダの伝説シリーズ
メトロイドシリーズ
光神話 パルテナの鏡
ファミコン探偵倶楽部
ファミコンウォーズ
MOTHERシリーズ
ファイアーエムブレムゲームボーイ
役満
星のカービィシリーズ
ピクロス
ポケットモンスタースーパーファミコン
F-ZEROシリーズ
スターフォックスシリーズ‎
パネルでポンNINTENDO64
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
カスタムロボ
どうぶつの森シリーズゲームボーイアドバンス
くるくるくるりんシリーズ
黄金の太陽
伝説のスタフィーシリーズ
ファミコンミニ
bit Generations
リズム天国ニンテンドーゲームキューブ
ピクミンシリーズ
ちびロボ!ニンテンドーDS
大合奏!バンドブラザーズ
nintendogs
脳を鍛える大人のDSトレーニング
トモダチコレクション
ぼくらはカセキホリダーWii
Wii Sports
Wii Fit
ゼノブレイドニンテンドー3DS
引ク押スシリーズ
ザ・ローリング・ウエスタン
ハコボーイ!Wii U
スプラトゥーンNintendo Switch
Nintendo Labo
 主な製品
据え置き機
ファミリーコンピュータ
ファミコンテレビC1
ツインファミコン
編集ファミコン
NES
Advanced Video System
FCディスクシステム
ファミリーベーシック
光線銃シリーズ
FCロボ
3Dシステム
クラシックミニFC
ソフト一覧 (ファミリーコンピュータ – ディスクシステム)スーパーファミコン
SF1
スーパーゲームボーイ
サテラビュー
SFCマウス
スーパースコープ
スーファミターボ
クラシックミニSFC
ソフト一覧NINTENDO64
iQue Player
64DD
振動パック
64GBパック
メモリー拡張パック
ソフト一覧ニンテンドーゲームキューブ
ゲームボーイプレーヤー
GBAケーブル
タルコンガ
カードe
ソフト一覧Wii
Wiiリモコン
拡張コントローラ
ヌンチャク
クラシックコントローラ
アタッチメント
Wiiザッパー
Wiiハンドル)
バランスWiiボード
Wiiモーションプラス
センサーバー
Wiiスピーク
ソフト一覧
パッケージソフト
VCソフト
Wiiウェア
アップデートWii U
ソフト一覧
パッケージソフト・DLソフト
VCソフト
アップデートNintendo Switch
ソフト一覧
パッケージソフト
DLソフト
アップデートその他
テレビゲーム15
携帯機
ゲームボーイ
ポケット
ライト
カラー
通信ケーブル
モバイルアダプタGB
ポケットプリンタ
ライトボーイ
ソフト一覧ゲームボーイアドバンス
SP
ミクロ
ゲームボーイアドバンス専用ワイヤレスアダプタ
プレイやん
ソフト一覧ニンテンドーDS
DS Lite
DSi
DSi LL
DS振動カートリッジ
ワンセグ受信アダプタ DSテレビ
生活リズム計
ポケウォーカー
ワイヤレスキーボード
ソフト一覧
パッケージソフト
DSiウェアニンテンドー3DS
3DS LL
2DS
New3DS
New3DS LL
New2DS LL
ソフト一覧
パッケージソフト
DLソフト
VCソフト
アップデートその他
ゲーム&ウオッチ
バーチャルボーイ
ポケットピカチュウ
ポケモンミニ
Switch Lite
アーケードゲーム
スペースフィーバー
シェリフ
モンキーマジック
スペースファイアバード
スカイスキッパー
レーダースコープ
ドンキーコング
ドンキーコングJR.
ポパイ
ドンキーコング3
マリオブラザーズ業務用ゲーム
VS.システム
ファミコンボックス
トライフォーステーブルゲーム
花札
トランプ
麻雀
囲碁
将棋
小倉百人一首
サイコロ
ポーカーチップ
ドンキーコングカードゲーム
ファイアーエムブレム0玩具
ウルトラハンド
ウルトラマシン
N&Bブロック
ラブテスター
光線銃シリーズ
ウルトラスコープ
タイムショック
レフティRX
チリトリー
テンビリオン
ポケモーション
amiiboその他
ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ
ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ
ママベリカ
コピラス
 主なサービス
ソフト書き換えサービス
ディスクライター
ニンテンドウパワー試遊台
月刊任天堂店頭デモ
DSステーション
Wiiステーションダウンロード販売
ニンテンドーeショップ
Wiiショッピングチャンネル
バーチャルコンソール
Wiiウェア
ニンテンドーDSiウェアネットワークサービス
Nintendo Switch Online
ニンテンドーネットワーク
ニンテンドーゾーン
ニンテンドーWi-Fiコネクション
WiiConnect24
ランドネットコミュニケーション
すれちがい通信
すれちがいMii広場
いつの間に交換日記
Miiverseインターネット番組
Nintendo Direct
ニャニャニャ! ネコマリオタイム
よゐこの○○で○○生活映像配信サービス
ニンテンドービデオ
いつの間にテレビ
Wiiの間ウェブブラウザ
インターネットチャンネル
ニンテンドーDSiブラウザー
ニンテンドーDSブラウザーイベント
任天堂スペースワールド
Nintendo World 2006 Wii体験会会員サービス
マイニンテンドー
クラブニンテンドーその他
任天堂ゲームセミナー
ニンテンドーゲームフロント
みんなのニンテンドーチャンネル
ニンテンドーポイント
Nintendo Creators Program
 主な人物
歴代社長
初代:山内房治郎
第2代:山内積良
第3代:山内溥
第4代:岩田聡
第5代:君島達己
第6代:古川俊太郎代表取締役
社長:古川俊太郎
フェロー:宮本茂ゲームクリエイター
青沼英二
足助重之
阿部将道
有本正直
出石武宏
今村孝矢
上村雅之
江口勝也
岡田智
尾山佳之
加納誠
河越巧
木村浩之
京極あや
清武博二
葛原貴光
小泉歓晃
小田部羊一
紺野秀樹
坂本賀勇
澤野貴夫
清水隆雄
白川真理
杉山直
副島康成
高橋伸也(取締役 常務執行役員)
竹内高
田邊賢輔
手塚卓志
寺崎啓祐
中植茂久
中郷俊彦
中野祐輔
野上恒
日野重文
藤林秀麿
堀田拓司
松岡洋史
三木研次
宮永真
森田和明
山上仁志
山田洋一
山村康久
横井軍平作曲家
朝日温子
石川こずえ
岡素世
近藤浩治
椎葉大翼
須戸敏之
田中宏和
戸高一生
永田権太
永田しのぶ
中塚章人
永松亮
濱野美奈子
早崎あすか
藤井志帆
峰岸透
山本健誌
横田真人
若井淑Nintendo of America
荒川實
レジナルド・フィサメィ(京都本社 執行役員兼務)
ダグ・バウザー(英語版)
ハワード・リンカーン関連人物
浅田篤(元代表取締役会長)
池田宏
糸井重里
今西紘史
桜井政博
竹田玄洋(元代表取締役 技術フェロー)
田尻智
萩島光明
波多野信治
山内成介
 関連企業
グループ企業
日本
1-UPスタジオ
エヌディーキューブ
SRD
任天堂販売株式会社
株式会社ポケモン
マリオクラブ
モノリスソフト
ワープスター北米
Nintendo of America
Nintendo Software Technology
Nintendo Technology Development
レトロスタジオ
Nintendo of Canada
Next Level Games欧州
Nintendo of Europe
Nintendo Benelux
Nintendo France
Nintendo European Research and Development
Nintendo Ibérica
Nintendo RU
Nintendo Australiaアジア
神游科技
任天堂香港
韓国任天堂
出資先企業・セカンドパーティー
DeNA
VITEI
アーゼスト
インテリジェントシステムズ
エイプ
グッド・フィール
クリーチャーズ
グレッゾ
ゲームフリーク‎
ジニアス・ソノリティ
ソラ
ハル研究所過去のグループ企業
日本
衛星デジタル音楽放送
プロジェクトソラ
ダイヤタクシー(現・南ヤサカ交通)
ランドネットディディ海外
レア
A/N Software
任天堂溥天

 関連項目
任天堂ハード専門誌
Theスーパーファミコン
電撃Nintendo
Nintendo Kids
ニンテンドードリーム
ファミコン必勝本
ファミ通DS+Wii
ファミリーコンピュータMagazine
マル勝ファミコン関連書籍シリーズ
任天堂公式ガイドブック
任天堂公認曲集スポーツ
シアトル・マリナーズ
京都サンガF.C.関連施設
時雨殿
Nintendo New York
スーパー・ニンテンドー・ワールド一社提供番組
遠山の金さん捕物帳(夏目俊二主演版)
紫頭巾(夏目俊二主演版)
少年シンドバッド
スーパーマリオクラブ
スーパーマリオスタジアム
64マリオスタジアム
マリオスクール
マジック王国
Mr.マリック魔法の時間
恋のカイトウ!?トモコレ2世サテラビュー放送番組
E.D.F
伊集院光の怪電波発信基地
伊集院光の放課後の王様
F-ZERO
すってはっくん
ゼルダの伝説
ドクターマリオ
パネルでポン
BSゼルダの伝説
BS探偵倶楽部 雪に消えた過去
BSドラゴンクエストI
BSファイアーエムブレム アカネイア戦記
BSマーヴェラス
ピクロス
平成 新・鬼ヶ島
ヨッシーのパネポン
ラジカル・ドリーマーズ -盗めない宝石-
ワリオの森訴訟
池上通信機裁判
ユニバーサル・シティ・スタジオ対任天堂裁判
ティアリングサーガ裁判その他
マリオ
Mii
Bダッシュ
企画制作本部
旧企画開発本部
旧情報開発本部
データ漏洩事件

カテゴリ
コモンズ
典拠管理
BNF: cb16550976m (データ)
GND: 4630629-8
J9U: 987007412209405171
LCCN: no99066432, sh99014668
MBA: 42c981ec-aa76-43ee-bd60-dd8b2a3d8857
NKC: unn20221147478
NLG: 184756
NLP: A17196619
VIAF: 192610673
WorldCat Identities(VIAF経由): 192610673

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ポケットモンスター&oldid=91445426」から取得
カテゴリ: ポケットモンスターメディアミックス作品ファミ通ゲーム文庫隠しカテゴリ: 外部リンクがリンク切れになっている記事/2010年9月出典を必要とする記事/2014年2月書きかけの節のある項目出典を必要とする記事/2022年3月ウィキペディアとウィキデータで異なる公式ウェブサイトBNF識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事NLG識別子が指定されている記事NLP識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WorldCat-VIAF識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 14 11
再生回数: 2851
[spincontent type=”j”]

【Switch】ニンテンドースイッチポケモンLet' Go!ピカチュウセット開封すっぞーっ! Youtube

よろしくお願い新米で作った五平餅!
ご視聴ありがとうございます!

・任天堂はこちら
https://www.nintendo.co.jp/

・ゲームソフト+ Nintendo Switch+ 「モンスターボール Plus」の同梱版はこちら
https://www.pokemon.co.jp/ex/pika_vee/lineup/#lineup-switchset

・ポケットモンスターLet’ Go!ピカチュウとイーブイはこちら
https://www.pokemon.co.jp/ex/pika_vee/

・ポケモンセンターオンラインはこちら
https://www.pokemoncenter-online.com/

・コリラックマはこちら
プロフィール
http://www.san-x.co.jp/rilakkuma/profile/
ツイッター

撮影:iPhone8
編集:Final Cut Pro X

・FREE BGM(Thanks!)
DOVA-SYNDROME
https://dova-s.jp/

2. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Yomiuri

Yomiuri
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3921
[spincontent type=”j”]

3. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Asahi Shimbun

朝日新聞
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: 朝日新聞で検索した nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する上記の情報が、nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6460
[spincontent type=”j”]

4. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット The Japan Times

The Japan Times
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: ジャパン タイムズで検索した nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する記事のトップです。nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9485
[spincontent type=”j”]

5. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Yomiuri Shimbun

読売新聞
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する詳細情報はすでにありますか? nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4936
[spincontent type=”j”]

6. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Mainichi Shimbun

毎日新聞
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: 毎日新聞で見つけた nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する上記の情報が、nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5451
[spincontent type=”j”]

7. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Sankei Shimbun

産経新聞
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: 産経新聞で検索した nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する記事のトップです。nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4396
[spincontent type=”j”]

8. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7335
[spincontent type=”j”]

9. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Chunichi Shimbun

中日新聞
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: 中日新聞で検索した nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する上記の情報が、nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8478
[spincontent type=”j”]

10. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Tokyo Shimbun

東京新聞
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4521
[spincontent type=”j”]

11. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3843
[spincontent type=”j”]

12. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: 日刊工業新聞で見つけた nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する上記の情報が、nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3898
[spincontent type=”j”]

13. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Ainu Times

アイヌタイムス
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: アイヌ タイムズで検索した nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する記事のトップです。nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 34
[spincontent type=”j”]

14. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する詳細情報はすでにありますか? nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4894
[spincontent type=”j”]

15. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Chiba Nippo

千葉日報
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: 千葉日報で検索した nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する上記の情報が、nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 28 18
[spincontent type=”j”]

16. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Chugoku Shimbun

中国新聞
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: 中国新聞で検索した nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する記事のトップです。nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2442
[spincontent type=”j”]

17. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット Daily Tohoku

デイリー東北
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 47
[spincontent type=”j”]

18. nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

説明: イースタン クロニクルで検索した nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する上記の情報が、nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4657
[spincontent type=”j”]

nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット に関する質問

nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット

nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット
方法nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット
チュートリアル nintendo switch 『ポケットモンスター let’s go! ピカチュウ』セット
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: