あなたは microsoft office multi language pack 2007 トレント について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 microsoft office multi language pack 2007 トレント を共有します。 microsoft office multi language pack 2007 トレント に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

microsoft office multi language pack 2007 トレント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事の正確性に疑問が呈されています。問題箇所に信頼できる情報源を示して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2010年4月)OpenDocument Text拡張子.odtMIMEタイプapplication/vnd.oasis.opendocument.text開発者OASIS種別ワープロソフトフォーマット国際標準ISO/IEC 26300OpenDocument Spreadsheet拡張子.odsMIMEタイプapplication/vnd.oasis.opendocument.spreadsheet開発者OASIS種別表計算ソフトフォーマット国際標準ISO/IEC 26300OpenDocument Presentation拡張子.odpMIMEタイプapplication/vnd.oasis.opendocument.presentation開発者OASIS種別プレゼンテーションソフトウェアフォーマット国際標準ISO/IEC 26300OpenDocument Database拡張子.odbMIMEタイプapplication/vnd.oasis.opendocument.database開発者OASIS種別データベースフォーマット国際標準ISO/IEC 26300OpenDocument Graphics拡張子.odgMIMEタイプapplication/vnd.oasis.opendocument.graphics開発者OASIS種別図像フォーマット国際標準ISO/IEC 26300OpenDocument Formula拡張子.odfMIMEタイプapplication/vnd.oasis.opendocument.formula開発者OASIS種別数式処理システムフォーマット国際標準ISO/IEC 26300OpenDocument(オープンドキュメント、日: オフィス文書のためのオープン文書形式[1])とは、XMLをベースとしたオフィススイート用のファイルフォーマットである。
構造化情報標準促進協会 (OASIS)[2]、国際標準化機構 (ISO) / 国際電気標準会議 (IEC)[3]および日本産業規格 (JIS X 4401:2014)[1]、韓国工業規格[4]、ブラジル[5]、南アフリカ[6]の標準規格に認定されている。
競合国際規格として、「ISO/IEC 29500:Office Open XML(OpenXML, OOXML) 」がある。

概要[編集]
OpenDocumentは、OpenOffice.orgが利用していたドキュメントファイルフォーマットを元に策定された、オフィスソフト用の文書ファイルフォーマットである。
一つの規格でありながら、テキスト、表計算(スプレッドシート)、プレゼンテーションの他、数式、グラフィックドキュメント、データベースの各形式をサポートしている。
多言語対応となっており、仕様上は、文章・段落・文字列について、各々「言語」及び「国又は地域」を指定できるようになっている。
データの記述方法とその(画面上および紙上での)表現方法については一定の規格があるが、詳細な表現方法については各アプリケーションに依存している。そのため、閲覧するオペレーティングシステムやアプリケーションによって、表示される結果が異なることがある。しかし最近ではソフト間の対応によって、これらの問題は改善されつつある。

仕様[編集]
ODFは、複数のXMLファイルをZIP形式でデータ圧縮したファイルである。
ODFファイルの中身となっているXMLファイルはそれぞれ次のような内容となっている。

.mw-parser-output .monospacedfont-family:monospace,monospacecontent.xml
テキストコンテンツ
meta.xml
メタ情報。
settings.xml
設定情報
styles.xml
テキストのスタイル情報
meta-inf/manifest.xml
XMLファイルの構造
Thumbnails/thumbnail.png
サムネイル画像(必須ではない)ファイルの種類[編集]
ファイルの種類

拡張形式

MIMEタイプ

ODF仕様
ワープロ

.odt

application/vnd.oasis.opendocument.text

1.0-
表計算

.ods

application/vnd.oasis.opendocument.spreadsheet

1.0-
プレゼンテーション

.odp

application/vnd.oasis.opendocument.presentation

1.0-
図形

.odg

application/vnd.oasis.opendocument.graphics

1.0-
グラフ

.odc

application/vnd.oasis.opendocument.chart

1.0-
数式

.odf

application/vnd.oasis.opendocument.formula

1.0-
イメージ

.odi

application/vnd.oasis.opendocument.image

1.0-
マスタードキュメント

.odm

application/vnd.oasis.opendocument.text-master

1.0-
データベース

.odb

application/vnd.oasis.opendocument.base

1.2-[7]バージョン[編集]
OpenDocument 1.0
OpenDocument 1.0 は2005年5月1日にOASIS標準規格として承認された規格である。
OpenDocument 1.0 (second edition)
OpenDocument 1.0 (Second edition)は、2006年5月1日にISO/IEC 26300:2006 として公開された規格である。これはOASISによる Committee Specification を含み、JTC1 ballot のコメントを検討した上で、編集上の修正がなされたものである。国際規格化されたことに伴い、2007年に韓国工業規格 KS X ISO IEC 26300、2008年にブラジルABNT NBR ISO/IEC 26300、南アフリカSANS 26300 の各国で相次いで規格化された。日本に於いては、2010年にJIS X 4401:2010 – ウェイバックマシン(2013年10月3日アーカイブ分)として規格化された。
OpenDocument 1.1
OpenDocument 1.1 は2006年10月19日にOASISにより策定された規格である。アクセシビリティの観点から諸機能が追加された[8]。また、”The Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) Specification”の バージョン1.1が、2007年1月16日に行われた投票の結果、OASIS標準規格として2月1日に承認された[9][10]。このことは2007年2月13日に公式に発表された[11]。この規格は、2012年3月8日に ISO/IEC 26300:2006/Amd 1:2012 – Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) v1.1として公開された。[12][13]
OpenDocument 1.2
OpenDocument 1.2 は2011年10月5日にOASIS標準規格として承認された規格である。RDFベースのメタデータ、OpenFormulaに基づくスプレッドシートの計算式等の標準化などが行われた[14]。この規格は2015年6月17日に ISO/IEC 26300:2015として公開された。[15][16][17]OpenDocument 1.3
OpenDocument 1.3 は2020年6月23日にOASIS標準規格として承認された規格である。OpenDocument 1.2を改訂したもので、ドキュメントへの電子署名、OpenPGPベースの暗号化、変更追跡などが加わった[18]。 また、仕様不足であったところの明確化が行われている[19]。経緯[編集]
一般にプロプライエタリなフォーマットでは、そのプロプライエタリさを支えている「ライセンス」の文言上の禁止事項により以下のような問題点があることが極めて多い(著作権法上、そのような禁止事項にどのような法理があるのかはともかく)。

互換性が無い
複数のデータ形式は互換性がない。特定の製品で作成したデータは、基本的に他社の製品では使用することができない。
仕様が非公開
データ形式は公開されていないため、第三者が相互変換のためのツールを作成するなどの対策を行うことや対応するシステムを開発することは困難である。このことは、既に広く使われている製品を選択せざるを得ない状況を生み、特定製品に依存するシステムを生むため、営業戦略において効果的であった。実際、MS-DOS全盛時代において表計算ソフトLotus 1-2-3、日本国内でワープロソフト一太郎を普及させ、Windows全盛期においてはオフィススイート製品の分野においてMicrosoft Officeの独占に近い状態をもたらした一因ともなっている。
このように、特定ベンダによって独占されたファイル形式に依存すること(ベンダロックイン)は、コンピュータの環境が変わると過去のドキュメントの参照や編集ができなくなるなど、知的資産としてのドキュメントの存在意義を低下させる上に、電子文書の活用を妨げるものでもあった。
また、Microsoft Officeが提供されていないオペレーティングシステム(Linuxなど)の普及に伴い、Microsoft Officeとデータを交換できるオフィススイート向けファイル形式も必要とされていた。
要するに情報化社会において、(法学的にはともかく)コンプライアンスを遵守しライセンスに従わなければならないならば、プロプライエタリなフォーマットで作られたデータは、サポートの終了などによりゴミになってしまうか、ライセンス違反を犯すか、という多大なリスクとなっていた。
よって、特定ベンダに独占されないオープンなファイル形式(オープンフォーマット)の要求、オフィススイート共通のドキュメントファイル形式を策定する動きが起こり、特定のベンダーに依存しないオフィススイートのためのファイル形式として、OASISのオフィス文書のためのオープン文書形式技術委員会によって策定された。なお、策定開始時の仕様は、サン・マイクロシステムズが「OpenOffice.org」のファイル形式をもとに作成したものである。

反応[編集]
支持団体[編集]
OpenDocumentは、一部の公共団体、企業とソフトウェア製品から支持されている。

OpenDocument Format Alliance
IBM、Google、コーレル、アメリカ図書館協会、ジャストシステムなど、600以上の企業・団体が普及促進[20]
OASIS ODF Adoption Committee
インド政府の国立情報センター、オランダの税関管理局ほか
日本Open Source Office Suites & OpenDocument Format利用推進グループ(ODPG)[21][22]アイコクアルファ株式会社、会津若松市、株式会社アシスト、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社、クリオン株式会社、株式会社コミューチュア情報システム、三洋機工株式会社、住友電気工業株式会社、住友電工情報システム株式会社ほか
Apple、 アドビ、 Google、 IBM、 インテル、 マイクロソフト、 ノキア、 ノベル、 レッドハット、 サン・マイクロシステムズ 、カノニカルなどのIT企業
オープンソースオフィスソフト LibreOffice、 Apache OpenOffice 、 KOffice などが標準ファイル形式として採用、普及促進をしている。
OpenDoc Society採用[編集]
組織

採用時期

備考
国土交通省(日本)

2007年

2007年頃から申請書などでODF形式を採用[23]マサチューセッツ州政府(アメリカ)

2007年01月01日

2005年9月2日に米国マサチューセッツ州が2007年1月1日以降の同州の公文書のフォーマットをODFとする方針を発表した。その後、担当者の辞任等が相次ぎ、2007年8月1日、マサチューセッツ州は、ODFに加えOOXMLを同州の公文書フォーマットの一つとして追加採用する方針を発表している。
マレーシア政府

2007年08月

2007年8月、ODF形式をマレーシアの公共機関で採用する計画を発表[24]ベルギー政府

2007年09月

ベルギー政府は、2007年9月から連邦政府全省庁でODFの可読を義務化、2008年9月からODF を文書交換用ファイル形式として採用した[25]。
会津若松市役所(日本)

2008年08月

2008年8月よりOpenOffice.orgを標準ソフトとして840台に導入し、ODF形式を標準フォーマットとして採用した[26]。
交野市役所(日本)

2010年07月

Microsoft Office 2007ならびに2010年7月からOpenOffice.orgを標準ソフトとして導入し、ODF形式を標準フォーマットとして採用した[27]。
経済産業省(日本)

2011年

2011年ごろから一部調達仕様により、ISO 26300(ODF)形式により保存したファイルの納品を要求[28]。
徳島県庁(日本)

2011年07月01日

2011年7月1日からOpenOffice.orgを標準ソフトと位置付け約4,000台に導入し、ODF形式を標準フォーマットとして採用した[29]。
JA福岡

2011年12月06日

2011年12月6日からLibreOfficeを標準ソフトとして約400台に導入、ODFを標準フォーマットとして採用した[30]。
甲賀市役所(日本)

2012年04月

2012年4月ごろよりLibreOfficeを導入。ODFを標準フォーマットとして採用
[31]
ポルトガル政府

2012年11月

ポルトガル政府は、2012年11月、ODF形式を採用[32]イギリス政府

2014年06月

イギリス政府は、2014年6月、政府が利用する外部交換用文書形式としてODF採用を発表 [33]台湾中央政府

2015年06月

2015年6月、台湾中央政府は政府の利用する文書形式としてODFの利用を発表。自治体や企業にODFの利用を呼びかける。[34][35][36]イタリア国防省

2015年09月

イタリア国防省は使用するオフィスソフトをLibreOfficeに移行し、省内で利用する文書形式にODFを採用。[37]フランス政府

2015年07月

2015年7月、フランス政府は政府内で利用する文書形式としてODFの利用を確認。OOXMLの利用は却下された。[38]北大西洋条約機構

義務的な利用[39]アプリケーションソフトウェアの対応[編集]
The Document Foundation
LibreOffice は、ODFを標準ファイル形式として採用している。
Apacheソフトウェア財団
Apache OpenOfficeは、 ODFを標準ファイル形式として採用している。
ジャストシステム
一太郎 2006、花子 2007も追加モジュール(一太郎は2006年9月、花子は2007年2月リリース)によってODFの入出力に対応した。また、三四郎 2008、Agree 2008では2008年10月リリースの修正プログラムを適用することで対応する。4製品ともその後のバージョンでは標準で対応している。また、JUST Slideは当初から標準で対応している。JUST CalcとJUST Focusでは、法人向け版のみ対応している。
マイクロソフト
2009年に「2007 Office system Service Pack 2 (SP2)」をリリースし、Word、Excel、PowerPointでODFの読み込み、保存に対応した[40]。また、Windows 7付属のワードパッドでも対応した[41]。「OpenDocumentをサポートするアプリケーションの一覧」を参照
批判[編集]
OASIS ODF 1.0、1.1、ISO/IEC 26300:2006 では、表計算の数式言語、構文、関数が明確に定義されていない[42][43]。
OASIS ODF 1.0、1.1、ISO/IEC 26300:2006 では、電子署名が定義されていない[44]。脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ a b JIS X 4401:2014「オフィス文書のためのオープン文書形式 (OpenDocument) v1.1」(日本産業標準調査会、経済産業省)

^ OpenDocument Format for Office Applications (OpenDocument) v1.0

^ ISO/IEC 26300:2006 Information technology — Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) v1.0

^ http://www.standard.go.kr/CODE02/USER/0B/03/SerKS_View.asp?ks_no=KSXISOIEC26300&OlapCode=STAU020201 KSXISOIEC26300:Information technology – Open Document Format for Office Applications:(OpenDocument) v1.0

^ ABNT Catalogo:ABNT NBR ISO/IEC 26300:2008:Information technology – Open document format for office aplications (OpenDocument) v1.0

^ https://www.sabs.co.za/content/uploads/files/SANS26300%28colour%29.pdf SANS 26300 Information technology – Open technology – Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) v1.0

^ Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) Version 1.2, Part 1: Introduction and OpenDocument Schema, Committee Draft 04, 15 December 2009, http://docs.oasis-open.org/office/v1.2/part1/cd04/OpenDocument-v1.2-part1-cd04.html 2010年6月6日閲覧。 

^ “OpenDocument 1.1 Specifications”. OASIS (2006年). 2006年10月31日閲覧。

^ “Approval of OpenDocument v1.1 as OASIS Standard”. OASIS. 2007年2月6日閲覧。

^ “Approval of OpenDocument v1.1 as OASIS Standard”. OASIS. 2007年2月6日閲覧。

^ “Members Approve OpenDocument Version 1.1 as OASIS Standard”. OASIS. 2007年2月15日閲覧。

^ ISO/IEC 26300:2006/Amd 1:2012 – Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) v1.1, (8 March 2012), http://www.iso.org/iso/iso_catalogue/catalogue_tc/catalogue_detail.htm?csnumber=59302 2012年4月12日閲覧。 

^ “ISO/IEC 26300:2006/DAM 1 – OpenDocument v1.1”. 2011年3月29日閲覧。

^ Geyer, Carol (2011年10月5日). “Members Approve OpenDocument Format (ODF) Version 1.2 as OASIS Standard 2008-02-11”. Oasis`s News. OASIS. 2011年11月26日閲覧。

^ “ISO/IEC 26300-1:2015 – Information technology – Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) v1.2 – Part 1: OpenDocument Schema” (2015年5月13日). 2015年6月2日閲覧。

^ “ISO/IEC 26300-2:2015 – Information technology – Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) v1.2 – Part 2: Recalculated Formula (OpenFormula) Format” (2015年5月13日). 2015年6月2日閲覧。

^ “ISO/IEC 26300-3:2015 – Information technology – Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) v1.2 – Part 3: Packages” (2015年5月13日). 2015年6月2日閲覧。

^ “オープンなドキュメントフォーマット「ODF 1.3」がOASIS標準として承認 | OSDN Magazine” (日本語). OSDN. 2021年9月16日閲覧。

^ “ODF 1.3、OASIS委員会標準として承認” (英語). LibreOffice日本語チームBlog (2020年1月23日). 2021年9月16日閲覧。

^ “ODF Alliance members”. ODF Alliance. 2009年5月24日閲覧。

^ ODPG 2014年4月1日閲覧。

^ c71210710583b702b0a4c4e8d49fe578.pdf:日本 OpenOffice.org & OpenDocument Format 利用推進グループを設立 ~ 企業・団体での利用促進を目指すとともに、国内のコミュニティ活動を支援 ~

^ 建設産業・不動産業:関連書類ダウンロード – 国土交通省

^ http://www.zdnetasia.com/malaysia-formally-embraces-open-document-format-62030781.htm

^ Belgium adopts OpenDocument | Apps & wearables | Techworld

^ http://www.e-aizu.jp/ja/shisei/torikumi/ooo/

^ http://www.city.katano.osaka.jp/docs/2011082200248/

^ http://www.meti.go.jp/information_2/downloadfiles/2012032113420107.pdf

^ http://www.pref.tokushima.jp/docs/2011080900034/files/siryou1.pdf

^ 高橋信頼 (2011年12月7日). “JA福岡市がLibreOffice導入、MS Officeから移行で約840万円削減見込む”. ITpro. 2011年12月7日閲覧。

^ https://web.archive.org/web/20170420111412/http://www.city.koka.lg.jp/item/10035.htm

^ 0646006465.pdf

^ Open document formats selected to meet user needs – GOV.UK

^ 國家發展委員會-推動ODF-CNS15251為政府文件標準格式

^ 台湾で進行するLibreOffice導入、「完全移行を強いないのがコツ」 | 日経 xTECH(クロステック)

^ 簡報_slat:台湾における LibreOffice/ODF への移行

^ Italian military to switch to… | Joinup

^ French Government IT Directorate Stands Its Ground : ODF Supported, OOXML Rejected | April

^ http://nhqc3s.nato.int/architecture/_docs/NISPv2/volume2/ch03s04.html

^ “2007 Microsoft Office system Service Pack 2”. マイクロソフト (2009年4月30日). 2010年4月18日閲覧。

^ http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/Using-WordPad

^ Morten Welinder (Gnome) (2005年6月15日). “OpenDocument for Spreadsheets”. 2011年12月11日閲覧。 “”So there. As far as spreadsheets are concerned, the OpenDocument Standard v1.0 is the equivalent of giving precise punctuation rules for sentences without telling if it is for English, German, French, or something else.””

^ Marco Fioretti. “OpenDocument office suites lack formula compatibility”. 2008年5月11日閲覧。

^ Jirka Kosek (DocBook specialist, participating member in OASIS, W3C and ISO/IEC). “From the Office Document Format Battlefield”. 2011年12月11日閲覧。 “”the opendocument format lacks various “enterprise” features, including standardized support for spreadsheet formulas and digital signatures””

参考文献[編集]
“Open Document Format for Office Applications. v1.0(ODFの規格詳細) (PDF)” (English). OASIS (2005年5月1日). 2014年9月15日閲覧。関連項目[編集]

ポータル FLOSSオープンフォーマット
OpenDocument Format Alliance
国際標準化機構
OASIS(構造化情報標準促進協会)
Office Open XML (OpenXML, OOXML)
Compound Document Format (CDF)
オフィススイートの比較
Uniform Office Format外部リンク[編集]
ウィキニュースに関連記事があります。国際標準化機構がオープンドキュメントを認定

OpenDocument Format(英語)
OASIS OpenDocument(英語)
“未来は開かれている:オープンドキュメントとは何か、そしてなぜ気にかけるべきなのか” (日本語). 2014年9月15日閲覧。
岸 和孝 (2008年5月8日). “第14回: オフィス文書のボキャブラリ―ODF(その3)”. 2016年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月30日閲覧。表話編歴OASIS標準
CAP
CIQ
DSS
DocBook
DITA
ebXML
OpenDocument
SAML
SDD
SPML
UBL
WSDM
XRI
XDI
WSS
WSRF
表話編歴ISO標準
国際標準一覧 · ローマ字表記国際規格一覧 · 国際電気標準会議が定める国際標準一覧1から10000まで
1
2
3
4
5
6
7
9
16
31
-0
-1
-2
-3
-4
-5
-6
-7
-8
-9
-10
-11
-12
-13
128
216
217
226
228
233
259
269
302
306
428
518
519
639
-1
-2
-3
-5
-6
646
668
690
732
764
843
898
965
1000
1004
1007
1073-1
1413
1538
1745
1989
2014
2015
2022
2047
2108
2145
2146
2240
2281
2382
2709
2711
2788
2852
3029
3103
3166
-1
-2
-3
3297
3307
3602
3864
3901
3977
4031
4157
4217
4909
5218
5428
5775
5776
5800
5964
6166
6344
6346
6385
6425
6429
6438
6523
6709
6937
7001
7002
7010
7098
7185
7200
7498
7736
7810
7811
7812
7813
7816
7942
8000
8178
8217
8571
8473
8583
8601
8613
8632
8652
8691
8807
8820-5
8859
-1
-2
-3
-4
-5
-6
-7
-8
-8-I
-9
-10
-11
-12
-13
-14
-15
-16
8879
9000/9001
9075
-10
9126
9293
9241
-210
9362
9407
9506
9529
9564
9592
9594
9660
9897
9899
9945
9984
9985
999510001から20000まで
10006
10021
10116
10118-3
10160
10161
10165
10179
10206
10218
10303
-11
-21
-22
-28
-238
10383
10487
10585
10589
10646
10664
10746
10861
10957
10962
10967
11073
11170
11179
11404
11519
11544
11783
11784
11785
11801
11898
11940
-2
11941
11941 (TR)
11992
12006
12100
12182
12207
12234
-2
-3
13211
-1
-2
13216-1
13250
13399
13406-2
13407
13450
13482
13485
13490
13522-5
13567
13568
13584
13616
14000
14031
14224
14230
14289
14396
14443
14492
14496
-2
-3
-6
-10
-11
-12
-14
-17
-20
14644
-1
-2
-3
-4
-5
-6
-7
-8
-9
14649
14651
14698
-2
14750
14764
14882
14971
15022
15189
15288
15291
15292
15398
15408
15444
-3
15445
15438
15504
15511
15686
15693
15706
-2
15707
15836
15897
15919
15924
15926
15926 WIP
15930
15948
16023
16262
16612-2
16750
16949
17024
17025
17203
17369
17799
18000
18004
18014
18033
18092
18245
18629
18916
19005
19011
19092
-1
-2
19100
19114
19115
19125
19136
19439
19500
19501
19502
19503
19505
19506
19507
19508
19509
19510
19600
19752
19757
-2
-3
-4
19770
19775
19784
19794-5
19831
2000020001以上
20022
20121
21000
21047
21500
21827:2002
22000
22196
22250-1
22307
22324
23270
23271
23360
24517
24613
24617
24707
25178
25964
26000
26262
26300
26324
27000シリーズ
27000
27001:2005
27001:2013
27002
27003
27004
27005
27006
27007
27729
27799
28000
29110
29148
29199-2
29500
30170
31000
32000
37001
38500
40500
42010
80000
-1
-2
-3
-4
-5
-6
-7
-8
-9
-10
-11
-12
-13
-14組織
国際標準化機構 カテゴリ
ISO標準
ISO 31
ISO 639
ISO 3166
ISO 8859
ISO/IEC 80000
ISO/IEC標準
関連項目: ISOで始まる記事一覧
表話編歴多目的オフィス文書ファイルフォーマット編集可能フォーマット
Compound Document Format
Microsoft Office XML formats
Office Open XML
Open Document Architecture
OpenDoc
OpenDocument
OpenOffice.org XML
Revisable-Form Text
Rich Text Format
Uniform Office Format
Word Document編集不可フォーマット
DjVu
Envoy
Open XML Paper Specification
Portable Document Format関連項目
文字コード
ASCII
Unicode
TeX
表話編歴マークアップ言語オフィススイート
CDF
OOXML
PML
PML
WML
ODF
UOF主な言語
HTML
XHTML
MathML
RTF
TeX
LaTeX
Markdown
MultiMarkdown(英語版)
CommonMark(英語版)その他の言語
AmigaGuide(英語版)
AsciiDoc
CML(英語版)
cHTML
ConTeXt
Crossmark(英語版)
DITA
DocBook
eLML(英語版)
EAD(英語版)
Enriched text(英語版)
FHTML(英語版)
GuideML(英語版)
HDML
HyTime(英語版)
IPF(英語版)
LilyPond
LinuxDoc(英語版)
Lout(英語版)
MIF(英語版)
MAML(英語版)
MEI(英語版)
MusicXML
OMDoc(英語版)
OpenMath(英語版)
POD
RTML(英語版)
reStructuredText
Re:VIEW
RFT(英語版)
S1000D(英語版)
SATySFi
TEI
Texinfo
TOML
troff
Wiki
WML
WapTV(英語版)
XAML
YAML
.mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、FLOSSに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(Portal:FLOSS)。
典拠管理
GND: 7691035-0

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=OpenDocument&oldid=90724101」から取得
カテゴリ: OpenDocumentオフィスソフトオープンフォーマットXMLベースの技術隠しカテゴリ: 日本産業規格を典拠にしている記事正確性日本語版記事がリダイレクトの仮リンクを含む記事FLOSS関連のスタブ項目GND識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 8641
再生回数: 4128
[spincontent type=”j”]

How to install microsoft office from torrent Youtube

Video Tutorial for installing Microsoft office from torrentz,

2. microsoft office multi language pack 2007 トレント Yomiuri

Yomiuri
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 microsoft office multi language pack 2007 トレント は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 86 19
[spincontent type=”j”]

3. microsoft office multi language pack 2007 トレント Asahi Shimbun

朝日新聞
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: 朝日新聞で検索した microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する上記の情報が、microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6601
[spincontent type=”j”]

4. microsoft office multi language pack 2007 トレント The Japan Times

The Japan Times
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: ジャパン タイムズで検索した microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する記事のトップです。microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1172
[spincontent type=”j”]

5. microsoft office multi language pack 2007 トレント Yomiuri Shimbun

読売新聞
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する詳細情報はすでにありますか? microsoft office multi language pack 2007 トレント という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9195
[spincontent type=”j”]

6. microsoft office multi language pack 2007 トレント Mainichi Shimbun

毎日新聞
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: 毎日新聞で見つけた microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する上記の情報が、microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6857
[spincontent type=”j”]

7. microsoft office multi language pack 2007 トレント Sankei Shimbun

産経新聞
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: 産経新聞で検索した microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する記事のトップです。microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5400
[spincontent type=”j”]

8. microsoft office multi language pack 2007 トレント Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 microsoft office multi language pack 2007 トレント は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6564
[spincontent type=”j”]

9. microsoft office multi language pack 2007 トレント Chunichi Shimbun

中日新聞
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: 中日新聞で検索した microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する上記の情報が、microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4186
[spincontent type=”j”]

10. microsoft office multi language pack 2007 トレント Tokyo Shimbun

東京新聞
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 98 11
[spincontent type=”j”]

11. microsoft office multi language pack 2007 トレント Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 microsoft office multi language pack 2007 トレント は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6133
[spincontent type=”j”]

12. microsoft office multi language pack 2007 トレント Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: 日刊工業新聞で見つけた microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する上記の情報が、microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9472
[spincontent type=”j”]

13. microsoft office multi language pack 2007 トレント Ainu Times

アイヌタイムス
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: アイヌ タイムズで検索した microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する記事のトップです。microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4679
[spincontent type=”j”]

14. microsoft office multi language pack 2007 トレント Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する詳細情報はすでにありますか? microsoft office multi language pack 2007 トレント という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3747
[spincontent type=”j”]

15. microsoft office multi language pack 2007 トレント Chiba Nippo

千葉日報
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: 千葉日報で検索した microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する上記の情報が、microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5921
[spincontent type=”j”]

16. microsoft office multi language pack 2007 トレント Chugoku Shimbun

中国新聞
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: 中国新聞で検索した microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する記事のトップです。microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6769
[spincontent type=”j”]

17. microsoft office multi language pack 2007 トレント Daily Tohoku

デイリー東北
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 microsoft office multi language pack 2007 トレント はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1547
[spincontent type=”j”]

18. microsoft office multi language pack 2007 トレント The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
microsoft office multi language pack 2007 トレント

説明: イースタン クロニクルで検索した microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する上記の情報が、microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3681
[spincontent type=”j”]

microsoft office multi language pack 2007 トレント に関する質問

microsoft office multi language pack 2007 トレント についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 microsoft office multi language pack 2007 トレント は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 microsoft office multi language pack 2007 トレント が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード microsoft office multi language pack 2007 トレント

microsoft office multi language pack 2007 トレント
方法microsoft office multi language pack 2007 トレント
チュートリアル microsoft office multi language pack 2007 トレント
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: