あなたは microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード を共有します。 microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0Microsoft > Microsoft DirectX
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “Microsoft DirectX” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2018年10月)Microsoft DirectXMicrosoft Windows コンポーネント詳細標準提供
Windows 95 OSR2Windows NT 4.0 SP3以降のWindowsMicrosoft DirectX(ダイレクトエックス)は、マイクロソフトが開発したゲーム・マルチメディア処理用のAPIの集合である[1]。オーバーヘッドを少なくしたデバイスの仮想化・抽象化を提供する。Windows・Xbox・Xbox 360・Xbox Oneなど、マイクロソフト製のプラットフォームおよびデバイスにおいて広く利用されている。APIの一部はハードウェアアクセラレーションに対応しており、DirectX互換のハードウェアとデバイスドライバーが搭載されたコンピュータ上では、CPUの負担を低減しつつ高速処理することができる。グラフィックスに関しては、DirectX (Direct3D) 互換のGPU(ビデオカードやオンボードグラフィックスなど)を利用することにより、高品質の2次元・3次元コンピュータグラフィックスを高速にレンダリングできる。

DirectX Runtime[編集]
DirectXのランタイム (DLL) には大きく分けて2種あり、1つはd3d11.dllやd2d1.dllなどのような基本ランタイム、そしてもう1つはd3dx11_43.dll、D3DCompiler_43.dll、XAudio2_7.dllやxactengine3_7.dllといったSDK依存の追加ランタイムである。前者はWindowsオペレーティングシステム (OS) のセットアップ時(プリインストール)、もしくはMicrosoft Update/Windows Updateなどを通して最新のサービスパックや更新プログラムの適用時にシステムコンポーネントとして標準インストールされる一方で、後者はアプリケーションの開発に使用したDirectX SDK(Windows SDK)のバージョンに依存し、またMicrosoft Update/Windows Update経由でのインストールはできないため、DirectXアプリケーションの利用者がマイクロソフトの配布サイトからDirectXエンドユーザーランタイムのセットアッププログラム[2]をダウンロードして明示的にインストールする[3]か、もしくはDirectXアプリケーションの開発者がアプリケーションのセットアッププログラムに必須ランタイムのインストール機能を含める必要がある[4]。なお、Windows SDK 8.0付属のD3DCompiler_46.dllや、Windows SDK 8.1/10付属のD3DCompiler_47.dllなどは、OSによっては標準でインストールされておらず、また単独のエンドユーザー向けインストーラーも提供されていないため、開発者が対象環境に応じて明示的にアプリケーションに同梱しておく必要がある。.NET Framework 4.7はD3DCompiler_47.dllに依存しているが、インストーラーに含まれていないため、Windows 7などの旧環境では別途D3DCompiler更新プログラムを事前に適用しておく必要がある[5]。
Windows 8.x以降は前者の基本ランタイムに加えて後者の追加ランタイムのうち特定のバージョン(XInput1_4.dllやXAudio2_8.dllなど)が最初からシステムコンポーネントとしてプリインストールされており、Windows 8/RT向けストアアプリ、Windows 8.1/RT 8.1向けストアアプリおよびユニバーサルWindowsプラットフォーム (UWP) アプリの開発では基本ランタイムと、この特定のバージョンの追加ランタイムのみを使うことができる[6][7]。
DirectXを使用したアプリケーションプログラムを実行する際、「xxx.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。……」といったエラーに対処するには、DirectXランタイムのアップデートが必要になる[2][8][9]。ただし、使用するOSによっては完全に実行不可能である場合もある。例えばWindows XPではDirectX 10以降を使用したアプリケーションは実行できない。また、Windows Vista/7/8.xではDirectX 12を利用することはできない。

コンポーネント群[編集]
DirectXの機能のうち、大部分はCOMインターフェイスの形で提供されている[10]。DirectXのランタイムライブラリとSDKは、いずれもマイクロソフトのウェブサイトから無償でダウンロードできるが、プロプライエタリでソースコードは非公開である。また、単独のDirectX SDKは「June 2010」が最終バージョンであり、Windows 8向けの開発キットであるWindows SDK 8.0がリリースされた際にWindows SDKへと統合された[11]。PIX for WindowsなどのツールやD3DXライブラリはSDK統合の際に廃止され、代替としてGraphics DiagnosticsがMicrosoft Visual Studioに用意されたり、DirectX Tool Kitなどのオープンソースライブラリが開発・公開されたりしている(#補助ライブラリ)。

DirectX Graphics: DirectX 8からの名称。
Direct3D (D3D) : 3次元グラフィックス。DirectXの進化の歴史においてもっとも重要なコンポーネントとなっており、DirectXといえば間接的にDirect3Dを指していることがある。
DirectCompute: Windows 7以降で利用可能な、GPGPU用API。実際にはDirect3D 11/12の一部である。DirectX 11をサポートするためのプラットフォーム更新プログラムとしてWindows Vistaにもバックポートされた。
DirectML (Direct Machine Learning) : Direct3D 12上に構築された、機械学習向けのローレベルなアクセラレーションライブラリ[12]。Windows 10 1903以降で利用可能。
DirectX Graphics Infrastructure (DXGI) : Direct3D 10以降のグラフィックス基盤API。デバイスとの通信など、ローレベルタスクを担当する。
Direct2D (D2D) : Windows 7以降で利用可能な、新しい2次元グラフィックスAPI。バージョン1.0はWindows Vistaにもバックポートされた。
DirectWrite: Windows 7以降で利用可能な、新しい高品位テキスト描画API。バージョン1.0はWindows Vistaにもバックポートされた。
DirectDraw: 2次元グラフィックス(DirectX 7まで存在したが、DirectX 8以降はDirect3Dに吸収された)。
DirectX Audio: DirectX 8からの名称。
XAudio
X3DAudio
XACT: 更新終了。
DirectSound: サウンド再生及び録音。更新終了。
DirectSound3D (DS3D) : 3次元サウンド再生。
DirectMusic(英語版): DirectMusic Producerで作成された音楽トラックの再生。更新終了。
XInput: Xbox 360およびXbox One専用ゲームコントローラーに対応するAPI。Windows上でもこれらのデバイスをコンソール同等に利用することが可能になる。
DirectInput: キーボード、マウス、ゲームパッド、ジョイスティックからの入力処理、およびフォースフィードバックを扱う。DirectX 8以降更新終了。FPSゲーム開発のような用途であっても、キーボードやマウスはWM_INPUT (Raw Input) やWM_MOUSEMOVEなどを代わりに利用することが推奨されている[13]。
DirectX Video Acceleration (DXVA) : 動画処理API。バージョン1.0はDirectShowの一部だったが、Windows Vistaから利用可能なバージョン2.0はDirectShowやMedia Foundationからは独立している。
DirectShow: 各種音声・動画の再生・作成。後継としてMedia Foundationが存在する。
DirectAnimation[14]: 2D Webアニメーション用。
DirectX Media Objects[15]: エンコーダー、デコーダー、エフェクトといったストリーミングオブジェクトのサポート。
DirectPlay(英語版): ネットワーク通信。DirectX 8以降更新終了。
DirectSetup(英語版): DirectXランタイムのセットアップ用であり、正確にはAPIではない。DirectX APIは基本的にSide-by-Sideであり、複数のバージョンが競合することなく共存できるため、例えばDirectX 11がインストールされている環境でもDirectX 10およびそれ以前のバージョンを利用することは可能である。また、更新が終了したAPIのうち、OSに標準インストールされているコンポーネントに関しては、Windows 10などの新しいOSでも引き続きデスクトップアプリケーションにて標準的に利用すること自体は可能だが、Direct3D 8などのようにネイティブ64ビット版が用意されていないものも存在する[16]。

リリース履歴[編集]
DirectX 12およびDirectX 11.3はWindows 10 (Windows 10 for Desktop, Windows 10 for Xbox One, Windows 10 for Phone) 専用のバージョンである。PC用Windows 10のほか、Xbox One用Windows 10にも対応する[17]。DirectX 12はWindows Phone (Windows 10 Mobile/Windows 10 IoT) にも対応することが報じられている[18]が、DirectX 12/WDDM 2.0に対応するデバイスドライバーおよび機能レベル11_0以上に対応するハードウェアが必須となる。
DirectX 11.2はWindows 8.1以降/Xbox One専用のバージョンである[19]。
Windows 7(一部DirectX 11.1に対応)/Windows VistaにおいてはDirectX 11.0、Windows XP・2000/Me/98/98SEはDirectX 9(9.0c)、Windows 95はDirectX 8(8.0a)が最新バージョンとなる。ただしPC-9800シリーズの場合はDirectX 7(7.0a)が最新バージョンであり、それ以上のバージョンは制限を解除しないとインストールできないようになっている[20]。またWindows NT 4.0ではSP3以降に付随するDirectX 3相当機能が最新バージョンとなる。
一部のバージョンに関しては、Windows UpdateやWindowsストアを通じてOSが対応する最新のDirectXを更新プログラムとともに入手することが可能である。例えばWindows XPの場合、Windows Update経由でSP2と同時にDirectX 9.0cを入手できる。Windows Vistaの場合、SP1と同時にDirectX 10.1を、SP2+Platform Updateと同時にDirectX 11を入手できる[3]。なお、DirectX 10以降は、Windows Display Driver Modelの導入を始めとして、Windowsのグラフィックスアーキテクチャに大規模な修正が加えられたことから、Windows XPなどの旧Windows製品では利用できない。新しいOSでは、対応する最新バージョンよりも古いバージョンのDirectXに関しても基本的にすべて利用可能である。

バージョン
概要
日付
WinG、Display Control Interface

Windows 3.1時代。

DirectX 1.0

ゲーム作成用のAPI集Game SDKとして発表された。

1995年10月
DirectX 2.0

Direct3D (Immediate Mode, Retained Mode) の登場。

1996年6月
DirectX 3.0[21]
DirectSound3D登場、DirectInputの統合。Windows NT 4.0ではSP3以降に同梱。

1996年9月25日
ActiveMovie1

DirectShowの前身。ActiveXの1コンポーネントであり、DirectXには含まれない。

1996年11月5日
DirectX 5.0

Direct3DにDrawPrimitive(OpenGLのようなプリミティブ単位の描画機能)が登場。Windows 98にはDirectX 5.2が搭載された。

1997年8月4日
DirectX Media

DirectShowおよびDirectAnimationのみ頒布。「DirectX」は総称だが、特に区別する場合は「DirectX Foundation」「DirectX Media」と使い分ける事がある。

1997年12月1日
DirectX 6.0

3D描画向けの「Direct3D」の強化、AMD提唱の3D向け命令セット「AMD 3DNow!」への対応や、ジオメトリパイプラインの見直し、テクスチャデータ圧縮機能のサポートなどにより高速化が図られたほか、シングルパス・マルチテクスチャやバンプマッピングのサポートなど表現力の向上。

1998年8月7日
DirectX 6.1

DirectMusic登場。SSEのサポート。Windows 98 SEに搭載。

1999年2月3日
DirectX 7.0

Visual Basicをサポート、Direct3Dの機能強化(ハードウェアT&Lのサポートなど)。Windows 2000に搭載され、NT系列でも最新機能が使えるようになった。

1999年9月22日
DirectX 7.1

Windows Meに搭載された。

2000年
DirectX 8.0

DirectDrawとDirect3Dが統合されてDirectX Graphicsに、DirectSoundとDirectMusicが統合されてDirectX Audioと呼ばれるようになった。Windows 2000および9x系で使用可能。原始的なプログラマブルシェーダーが搭載された。

2000年11月9日[22]DirectX 8.1

Windows XPに搭載。Windows 2000・Me・98用に単体配布もされている。このバージョンより95が対象外となった。

2001年
DirectX 8.2

Windows 2000およびWindows XPで使用可能。短期間配布された。

2002年
DirectX 9.0

各コンポーネントの機能強化が中心。高レベルシェーダー言語HLSLが導入された。また、マイナーチェンジとなるDirectX 9.0cがMicrosoft Windows XP#Service PackWindows XP SP2に搭載された。Windows 2000・Me・98用に単体配布もされている。この頃から、DirectXのバージョンが上がっても、更新されるのはDirect3Dだけとなりつつあり、DirectX 9.0といえばDirect3D 9.0のことを指すことになる。

2002年12月20日
Direct3D 9.0Ex

Windows Vista以降に搭載されている、Direct3D 9.0の改良版。Windows VistaのWindows AeroはDirect3D 10ではなく9Exで描画されている。

2007年
DirectX 10.0

Windows Vista以降でのみ利用可能。DXGIやジオメトリシェーダーが導入された。

2007年
DirectX 10.1

Windows Vista SP1以降でのみ利用可能。GPUの仮想化技術の実装。

2008年
DirectX 11.0

Windows Vista SP2 + Platform UpdateとWindows 7以降で利用可能。高精細な描画を可能にするテッセレーションのサポートや新たな命令セットが追加されたほか、GPUコンピューティングを実現するDirectCompute (DirectX Compute Shader)、マルチコアCPUに対応したマルチスレッディング処理、HDR圧縮などの新機能を実装している。高レベル2DグラフィックスAPIであるDirect2Dなども含まれる。

2009年
DirectX 11.1

Windows 8以降で利用可能。WinRT相互運用やDirect2Dの大幅な機能強化なども含まれる。一部機能はWindows 7にもPlatform Updateとしてバックポートされた[23]。

2012年
DirectX 11.2

Windows 8.1・Xbox Oneでのみ利用可能[19]。

2013年
DirectX 11.3

Windows 10以降でのみ利用可能。DirectX 12に搭載される新機能の一部は、同時期に提供される従来からの高レベルAPIのマイナーチェンジとなるDirectX 11.3にも搭載される[24][25][26]。

2015年
DirectX 12

Windows 10以降でのみ利用可能。高レベルだがオーバーヘッドの大きかったDirect3D 11までと比べて、Direct3D 12はよりハードウェアに近いローレベルな制御を可能とするAPIとなった[27]。

2015年
DirectX 12 Ultimate

Windows 10バージョン2004以降でのみ利用可能。

2020年
DirectX 4はリリースされなかった。Raymond Chenの著書The Old New Thing(邦訳:Windowsプログラミングの極意 歴史から学ぶ実践的Windowsプログラミング!)によると、DirectX 3がリリースされた後に、マイクロソフトは4と5の開発を同時に始めた。Version 5がより実りの多いものになる予定だったのに対し、version 4は小幅な機能拡張を伴う短期リリース版となる予定だった。DirectX 4に実装される予定の機能はゲーム開発者の興味をそそらずに棚上げされる結果となり、またドキュメントはこれら2つのバージョンを明確に区別して執筆しており、マイクロソフトは(version 5の)機能はversion 5のためのものだと記述するため、version 4を再利用しないこととなった[28]。

歴史[編集]
1994年終盤、マイクロソフトはWindows 95をリリースしようとしていたが、当時のプログラマは、Windows 95よりもむしろMS-DOSの方がゲームプログラミングに適していると考える傾向にあった[29][30]。「どのようなプログラムを作れるか」というのはOSの評価基準として大きなウェイトを占める。マイクロソフトの三人の社員、クレイグ・アイスラー、アレックス・ジョン、エリック・イングシュトロームは、この傾向を危惧していた。
MS-DOSの環境下では、プログラムはビデオカード、キーボード、マウス、サウンドカードなど様々なシステムパーツに直接アクセスできていたが、Windows 95ではメモリ保護のためにこれらの直接のアクセスが制限されてしまっていた。あと数ヶ月でWindows 95がリリースされるという中で、マイクロソフトはWindows 95におけるプログラムの自由度を上げる仕組みを作り上げなければならなかった。アイスラーとジョンとイングシュトロームの三人はこれらの問題解決に乗り出した。こうして作られたのがDirectXである。
DirectXの最初のバージョンはWindows Games SDKとして1995年9月にリリースされた。これはWindows 3.1にあったWinG APIとDCI (Display Control Interface) とを32ビット用に移植したものである。このとき、マイクロソフトはATIの開発チームからゲームグラフィックの基本部分についての技術提供を受けた。これ以降、アイスラー(開発リーダー)、ジョン、イングシュトローム(プログラム責任者)の三人のチームを中心としてDirectXの開発が進められ、最終的にはこれ以降のすべてのWindowsにおいてDirectXがマルチメディア機能を担うことになった。DirectX 1から5までの開発でのドタバタは、アイスラーのブログに詳しく書かれている[31]。
DirectXの登場より前に、マイクロソフトはOpenGLをWindows NTに搭載してしまっていた[32][33]。OpenGLは、動作に(当時においては)ハイスペックな環境が必要だった上に、用途もCADやエンジニアリングに限られていた。そんな中Direct3Dは、ゲーム用としてはオーバースペック気味だったOpenGLの軽量版として設計され、ここからDirect3DとOpenGLとの、ユーザー同士の対立が始まった。Windows専用だったDirect3Dはマイクロソフトの3E戦略(embrace, extend, extinguish―吸収、拡大、根絶)だとOpenGLユーザーから非難されることとなった。しかしDirectXには、サウンドやジョイスティックなど、OpenGLがカバーできない機能が含まれていたため、DirectX上の他のAPIとOpenGLとを組み合わせて使われることが多かった。後にはOpenGLとSDLの組み合わせも多い。OpenGLはDirect3Dが先行して実装したジオメトリシェーダーやコンピュートシェーダーといった機能を数年遅れで取り入れるなど、Direct3Dの影響を受けている部分がある[34][35]。
ゲーム機では、セガのドリームキャストにWindows CEと共にDirectXが世界で初めて用いられた[36]。その後、マイクロソフトのXboxとXbox 360にも搭載された。XboxのコンソールAPIはマイクロソフトとNVIDIA(Xboxのカスタムグラフィックチップの開発元)で共同開発された。Xbox APIはDirectX 8.1に近いが、コンソール上からアップデートができないところが他と異なる。XboxのコードネームはDirectXboxだったが、商品名は短縮してXboxとなった[37]。

DirectX 9のリリース[編集]
2002年にマイクロソフトは、以前よりもはるかに長いシェーダープログラムを扱えるシェーダーモデル2.0(頂点シェーダー2.0、ピクセルシェーダー2.0)と高級シェーディング言語HLSLをサポートしたDirectX 9をリリースした。2004年8月にはさらに機能を強化したシェーダーモデル3.0を導入したDirectX 9.0cをリリースし、それ以降もDirectX一式の更新を続けている。
DirectX SDK February 2005を最後に、DirectShowはDirectX SDKから取り除かれ、代わりにMicrosoft Platform SDKへ移動された(DirectX SDK April 2005以降にはDirectShow関連ファイルが含まれない)。しかしPlatform SDKに付属するDirectShowのサンプルをビルドするためにはDirectX SDKが必要である[38]。

DirectX 10のリリース[編集]
2006年にリリースされたDirectX 10は、WDDM/DWM/DXGI 1.0とともにWindows Vista専用として提供され、Windows XP以前のOSにはバックポートされなかった。
DirectX SDK August 2007を最後に、DirectMusicはDirectX SDKから取り除かれた[39]。
2008年にはWindows Vista SP1と同時に、DirectX 10のマイナーバージョンアップとしてDirectX 10.1がリリースされた[40]。

DirectX 11のリリース[編集]
2009年、Windows 7と同時にDirectX 11がリリースされた。DirectX 11のうち、GPGPUのために導入されたAPIであるDirectComputeについては、当初はDirectX 11(シェーダーモデル5.0)世代のハードウェアのみに対して提供される予定だったが、2008年11月に開催されたハードウェア技術者向け国際会議「WinHEC 2008」にて「DirectX 10世代のハードウェアでもサポートする」との発表があった。最終的に、DirectX 10.x(シェーダーモデル4.x)世代のGPUでも、DirectX 11 APIを通してDirectComputeが利用できるようになった[41][42]。なおWindows Vista SP2およびWindows Server 2008 SP2向けのプラットフォーム更新プログラムKB971644には、DirectX 11のバックポートが含まれている。
DirectX 11.0のリリース後、Windows 8/8.1向けにそのマイナーアップデート版としてDirectX 11.1/11.2がリリースされた。Windows SDK 7.1およびDirectX SDK June 2010までは、Windows SDKとDirectX SDKとが別々に提供されてきたが、Windows SDK 8.0ではDirectX SDKと統合された。つまり、DirectX 11.1/11.2の開発環境は、Windows SDK 8.0/8.1に統合されることになった。Visual Studio 2012/2013には、それぞれWindows SDK 8.0/8.1がバンドルされている。なお、Windows SDK 8.0以降では後述するようにいくつかの補助ライブラリが廃止されているものの、DirectX 9/10/11のコアライブラリは含まれているため、Windows XP/Vista/7向けのDirectXアプリケーションを開発することも可能である[43]。しかし、Windows SDK 8.0/8.1に同梱されているXAudio2 (v2.8) はWindows 8以降でしか利用できないため、旧OS上でも利用可能なXAudio2 (v2.7以前) を利用するアプリケーションを開発する場合は旧DirectX SDKが別途必要となる。
2013年3月に、Windows 7 SP1およびWindows Server 2008 R2 SP1向けのプラットフォーム更新プログラムKB2670838がリリースされた。この更新プログラムには、DirectX 11.1のバックポートも含まれている。なお、KB2670838の副作用として旧DirectX SDKに付属するグラフィックス分析ツールPIX for Windowsが動作しなくなる[44]。DirectX 11.1がインストールされた環境では、代わりにVisual Studio 2012以降に統合されているGraphics Diagnosticsを使う必要があるが、Windows 7上では一部の機能が利用できない[45]。

DirectX 12のリリース[編集]
DirectX 11は2009年にリリースされてからDirectX 11.1/11.2のようなマイナーチェンジに終始し、メジャーアップデートとなるDirectX 12のロードマップは長らく示されていなかった。その間、OpenGLは組み込み向けのOpenGL ESとともに順調にバージョンアップを重ね、DirectX (Direct3D) に追いつくだけでなく一部ではDirectXを超える機能をサポートし始めていた[46][47][48][49]。また、AMDは従来のDirectXやOpenGLよりもハードウェアに近いローレベルな制御を可能とする独自APIとして2013年にMantleを発表した[50][51]。
DirectXが最先端のリアルタイムグラフィックスシーンを牽引していた時代から変化を迎えつつあったが、GDC 2014ではついにDirectX 12の発表が行なわれ[52]、特にDirect3D 12に関してはDirect3D 11までの高レベルAPIを刷新し、オーバーヘッドを低減したゲームコンソールに近いローレベルな制御を可能とするグラフィックスAPIとなることが明らかにされた。
DirectX 12はWindows 10専用としてそれに標準搭載される形で2015年7月に正式リリースされ、コマンドキューベースの効率的なマルチスレッドレンダリング機能や、マルチGPUによる分散レンダリングの標準化など、近代的なハードウェア設計に沿う形で革新的な多数の機能を備えるに至っている[53][54]。
一方で、従来の手厚い高レベルレイヤーであるDirectX 11にも、DirectX 12で導入された新機能の一部が盛り込まれる形で、DirectX 11.3/11.4のようにDirectX 12と平行してアップデートが継続されている。
2018年にリリースされたWindows 10 October 2018 Updateでは、DirectX Raytracing(英語版) (DXR) の機能が追加された。アップデートされたDirectX 12 APIを通じて、DXR対応ハードウェア上でリアルタイムレイトレーシングを実行できるようになった[55]。また、Windows 10バージョン1903では、DirectX 12をベースに実装された機械学習用のローレベルAPIとして、DirectMLが追加された[56][57]。

DirectX 12 Ultimateのリリース[編集]
DirectX 12 Ultimateのロゴ
マイクロソフトは2020年3月、「DirectX 12 Ultimate」を発表した[58]。PCとXbox Series Xのグラフィックスプラットフォームを統一し、ゲームエコシステム全体の拡大を図ることを目的としている。Windows 10バージョン2004以降で利用可能。
DirectX 12 Ultimateは以下の4つの技術から成る。下位互換性があるので、DirectX 12 Ultimateに対応しているハードウェアはDirectX 12を使用する既存のアプリケーションを実行することもできる。

DirectX Raytracing 1.1 (DXR 1.1): リアルタイムレイトレーシングを実現するグラフィックスAPIの次期版。マイクロソフトとNVIDIAが共同開発。
Variable Rate Shading (VRS): シェーダーのピクセル解像度を状況に応じて変化させることで、見た目に影響を与えず描画を高速化。
Mesh Shaders: Turing世代のNVIDIA製GPUに追加されたシェーダー。
Sampler Feedback: 不要な計算を省いてレンダリング負荷を下げる技術の一つ。補助ライブラリ[編集]
DirectXのうち、Direct3Dにはマイクロソフト純正の補助ライブラリとして、D3DX(英語版) (Direct3D Extension) と呼ばれるDirect3D拡張ライブラリが存在する[59][60]。Direct3D自体はバッファ/テクスチャメモリの管理やプリミティブの描画といった比較的ローレベルかつ最低限の機能しか持たないが、D3DXには3Dグラフィックスプログラミングで必要となる算術演算、スプライト、メッシュ/テクスチャの読み書きといった比較的高レベルの機能が実装されている。主にDirect3D 9向けのD3DX9、Direct3D 10向けのD3DX10、そしてDirect3D 11向けのD3DX11およびD3DCSX11が存在する。多くのD3DX機能はd3dx9_XX.dll、d3dx10_XX.dll、d3dx11_XX.dllなどのコンポーネントに、C/C++用の関数・クラスや、COMインターフェイスとして実装されている。D3DXランタイムはDirect3D本体(コアコンポーネント)とは異なり、前述のようにWindows OSのセットアップやWindows Updateによるシステム更新ではインストールされず、またアプリケーションの開発に使用したDirectX SDKのバージョンによって必要となるDLLが異なるため、エンドユーザー環境でD3DXを使用するためにはDirectXエンドユーザーランタイムのインストールが必要となる。
Windows SDKとDirectX SDKが統合されたWindows SDK 8.0では、D3DXは(D3DCSX11を除いて)廃止され、SDKに新しいバージョンが同梱されなくなっている[61]。廃止されたD3DXの代わりに、Windows SDK 8.0以降では算術ライブラリとしてDirectXMath[62][63]が標準提供されている。また、DirectXTK[1]、DirectXTex[2]、DirectXMesh[3] といったオープンソースのC++専用補助ライブラリが開発され、MITライセンスでGitHubにて公開されている(開発当初はMs-PLライセンスでCodePlexにて公開されていた)。なおWindows 8およびVisual Studio 2012以降でも旧DirectX SDKをインストールするか、DirectXエンドユーザーランタイムをインストールすることでD3DXを利用することは可能だが、Windowsストアアプリ(WinRTアプリ、Modern UIアプリ)の開発ではD3DXを使用することはできず、D3DXを使用できるのはデスクトップアプリケーションのみとなっている。
そのほか、旧DirectX SDKにはDXUTと呼ばれるフレームワークがソースコードごと同梱されており、SDKに付属するマイクロソフト公式のサンプル実装に使われていたほか、NVIDIA・インテル・AMDといったハードウェアベンダーが独自に作成・公開するDirectXサンプルにもフレームワークとしてしばしば使われていたが、DXUTもWindows SDK 8.0以降には同梱されない。DXUT自体はDirectX 11.x用のもの (DXUT11) がGitHubにて公開・メンテナンスされている[64]。Effects 11 (FX11) と呼ばれるシェーダーエフェクトフレームワークも、DXUT同様にGitHubに移管されている[65]。また、Visual Studio 2012以降には、Direct3D/Direct2DベースのWinRTアプリケーションプロジェクトテンプレートが含まれている。
旧DirectX SDKの最終バージョンJune 2010がサポートするVisual Studioはバージョン2008/2010のみ[66]だが、旧SDKに付属していたサンプルのうち、多くはVisual Studio 2012以降向けに更新されたものがMSDN Code Galleryに移管されている[67]。この更新によってD3DXなどの廃止されたライブラリへの依存も排除されている。
なお、DirectX Graphics SamplesがMITライセンスでGitHubにて公開されており、DirectX 12のサンプルおよびユーティリティライブラリが含まれている。例として、Direct3D 12用のC++ヘッダーベース補助ライブラリであるD3D12 Helper Library (d3dx12.h)[68][69]、DirectX 12 EngineのStarter KitであるMiniEngine[70]、Direct3D 12用メモリ管理ライブラリであるD3D12 Residency Starter Library[71][72][73]などが含まれている。

.NET Framework用ラッパー[編集]
かつてDirectX 7.0およびDirectX 8.0でC++向け以外にVisual Basic用のインターフェイスが提供されたものの、基本的にDirectXはC++言語専用のAPIである。ここでは.NET Framework言語環境向けにラップされたマネージコードライブラリを紹介する。

Managed DirectX (MDX)[編集]
Managed DirectXは.NET Frameworkで動作するアプリケーションからDirectXを呼び出すためのAPIである。Managed DirectXを使うと、.NET Framework上で動作するどんな言語からでもDirectXを呼び出すことができる。また、テクスチャオブジェクトをSystem.Drawing.Bitmapオブジェクトから生成できるなど、.NET Frameworkとの相互運用も強化されている。なお、Managed DirectX 1.1のグラフィックスコンポーネントはDirect3D 9およびD3DX 9を内部で使用している。Managed DirectX 1.1の後継であるManaged DirectX 2.0の開発は中止され[74]、Microsoft XNA (XNA) に置き換えられることになったが、そのXNAも2014年4月に開発・サポートを終了した[75]。

Microsoft XNA[編集]
詳細は「Microsoft XNA」を参照
XNAおよびXNA Game StudioはWindows、Xbox 360、Windows Phone、およびZune用のマルチプラットフォーム対応ゲーム開発環境・実行環境である。対応するアプリケーション開発言語はC# (Visual C#) のみであり、VB.NETやC++/CLIなどの他の.NET言語からは利用できない。グラフィックスコンポーネントの内部ではDirect3D 9が使用されている。

SlimDX[編集]
詳細は「SlimDX」を参照
Managed DirectX 2.0はキャンセルされたが、後継のXNAは基本的にC#からしか利用できない上、Xbox 360とWindows双方に互換性のあるコードを記述することを主目的として開発されており、Managed DirectXの方向性とはやや異なるAPI(ゲームアプリケーション向けのフレームワーク)となっている。このため、Windowsプラットフォームにおける.NET用にDirectXのAPIをカプセル化した、SlimDXと呼ばれるライブラリが有志によって開発・提供されていたが、2012年1月を最後に更新されておらず、公式サイトも2019年現在は消失している。SlimDXはMDXのように、Direct3Dコアライブラリに加えてDirect3D拡張ライブラリであるD3DXもカバーする。

SharpDX[編集]
SharpDXはDirectX Graphics、DirectX Audio、DirectX Inputなどのマネージラッパーを提供するオープンソースのプロジェクトである[76]。ライセンス形態はMITライセンスとなる。SharpDXは従来のデスクトップアプリのほか、Windowsストアアプリからも利用できる。バージョン2.6.3時点でDirectX 9、DirectX 10、DirectX 11をサポートする[77]。Windows 10と同時に正式リリースされたDirectX 12 (Direct3D 12) も、バージョン3.0にて対応したが、DirectX 10 (Direct3D 10) など一部のレガシーAPIのサポートが終了している[78]。2019年5月をもって、開発を終了することがアナウンスされた[79]。

Windows API Code Pack for Microsoft .NET Framework[編集]
マイクロソフトによる公式のマネージコード用ライブラリ。Windows VistaやWindows 7の拡張的なUI機能等の対応[80]が主な内容だが、DirectX 10以降のサポートも含まれている。2009年4月からアルファ版が公開されていたが、同年8月6日にバージョン1.0に移行した。Windows API Code Packでは、以下のDirectX APIがサポートされている。

Direct3D 11.0
Direct3D 10.0/10.1
DXGI 1.0/1.1
Direct2D 1.0
DirectWriteそのほか、Windows Imaging Component (WIC) のサポートも含まれるが、DirectWriteとWICは部分的なサポートにとどまる。
Windows API Code Pack 1.1のリンクは2015年9月現在消失しており、ダウンロードできなくなっている[81]が、NuGet経由で1.0.0をダウンロードできる[82]。

OpenGLとの関係[編集]
「OpenGL#DirectXとの関係」も参照
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “Microsoft DirectX” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2014年3月)この節には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2014年3月)DirectXのうちDirectX Graphics (Direct3D) は、同じくリアルタイム3次元コンピュータグラフィックス (3DCG) を扱うためのAPI集合であるOpenGLとしばしば比較される。

用途[編集]
主な違いは、DirectXは基本的に3DグラフィックAPIのみに限定されるものではなく、サウンド処理やヒューマンデバイス入出力処理、ネットワーク処理までを内包するトータルなマルチメディアアプリケーション(代表的なものはゲームなど)の作成用API/SDKを指向するものである[83]一方、OpenGLは純然たる3DグラフィックAPIとして設計されている点にある。またDirectXはWindowsや、Windows系OSを採用したDreamcastやXbox、Xbox 360等のゲーム機の動作する限られたプラットフォームでしかサポートされないのに対し、OpenGLはクロスプラットフォームであるという点である。
DirectXはその出自から、主にWindows用ゲームの分野で使用されてきたが、Direct3Dに関しては同環境における標準的な3DグラフィックAPIとしても用いられるようになり、ゲームに限らない一般的な3DアプリケーションやOSのグラフィカルシェル環境にまで用いられるようになった[84]。また、Direct2D/DirectWriteはIEやFirefoxといったWebブラウザーにおけるレンダリングエンジンのハードウェアアクセラレーターとして採用されている。
一方のOpenGLは、歴史的および機能的な理由から、3DCGの製作工程やCAD、データ可視化などの用途に、グラフィックワークステーションやEWS等のプロフェッショナルな分野で使用されてきた。またパーソナルユーザー向けの3Dデスクトップ環境において標準的な描画APIとしても用いられており、これらの環境では3DビデオゲームのグラフィックAPIとしても標準的な立場にある。このように、両者をその用途によって明確に区別することは困難となりつつある。
また、Direct3Dが標準的な3DグラフィックAPIとして定着したPC/Windows系の環境においてもOpenGLは今なお共存しており、実際にDirectXの登場以前から登場初期頃には、PC (Windows) 用ゲームの3DグラフィックAPIとしてOpenGLや、OpenGLを簡略化し3dfx社製グラフィックカードVoodooの専用APIとしたGlideがデファクトスタンダードとして用いられて来た歴史もあり、両者を比較する文脈においてよく言われるような単純な競合関係として説明することも、実態として困難と言える。Windows環境においては、3DCG製作ソフトにおける作業中のリアルタイムプレビュー表示に、Direct3DとOpenGLのうちどちらを使用するかをユーザーが選択できるものも存在する。

グラフィックスドライバー[編集]
WindowsがOS標準機能でサポートするOpenGLバージョンは1.1まで[85]であり、グラフィックスハードウェア (GPU) ベンダーが提供しているOpenGL対応ドライバー (Installable Client Driver, ICD) をインストールするまで、(たとえハードウェアがOpenGL 1.2以降をサポートしていても)OpenGL 1.2以降の機能を使用することはできない。また、OpenGL 1.2以降で追加された関数を使用するには、ICDがインストールされた状態で、wglGetProcAddress()関数を使用してエントリポイント(関数ポインタ)を取得する必要がある[86]。ICDがインストールされていない状態では、ソフトウェアやDirect3DラッパーによるOpenGL 1.1実装が使用される[87]。
Windows Vistaには最初からグラフィックスドライバーがプリインストールされているが、そのドライバーのOpenGLレイヤーはソフトウェア実装であり、OpenGLを利用したグラフィックスソフトウェアを満足に動作させることはできない[88]。グラフィックスハードウェアベンダーのICDをインストールするまで、OpenGL APIによってハードウェアアクセラレーターを直接駆動することはできない[89][90][91]。

ANGLE[編集]
GoogleのANGLE(英語版)[92]プロジェクトのように、OpenGLそのものではなく、内部でDirect3Dを使用したラッパーを経由して、Windows上でWebGLやOpenGL ESを間接的に実現するライブラリも存在する。ANGLEはハードウェアベンダーのOpenGLドライバー(ICD)を経由せず、Direct3Dを利用してOpenGL APIを実現している[93][94]。

GPGPU[編集]
DirectXはバージョン11において、GPGPU用APIであるDirectComputeをDirect3Dの一部(コンピュートシェーダー)として包括的に実装している。OpenGLもまたバージョン4.3において、Direct3Dと同様のコンピュートシェーダーを導入している。なお、Direct3D/OpenGLともに、GPGPUを含むクロスプラットフォームなヘテロ環境用アクセラレーターAPIであるOpenCLとの連携(相互運用)を行なう拡張機能が用意されている[95][96]。

脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ DirectXとは – IT用語辞典 e-Words

^ a b Download DirectX エンド ユーザー ランタイム Web インストーラ from Official Microsoft Download Center

^ a b 最新版の DirectX をインストールする方法 | Windows サポート

^ ゲーム開発者のための DirectX のインストール | Microsoft Docs

^ Windows 7、Windows Server 2008 R2、および Windows Server 2012 では、d3dcompiler の更新プログラムが欠落しているため、.NET Framework 4.7 のインストールがブロックされる

^ XInput Versions – Windows applications | Microsoft Docs

^ XAudio2 Versions – Windows applications | Microsoft Docs

^ “「PCゲームのお作法」第1回”. 2013年8月16日閲覧。

^ “「DirectX Runtime」Webインストーラの2011年4月版が登場。今回もアップデートはとくになし”. 2013年8月16日閲覧。

^ COM による DirectX のプログラミング

^ Where is the DirectX SDK?

^ DirectML の概要 – Windows applications | Microsoft Docs

^ 高解像度マウス動作の使用

^ DirectAnimation Samples

^ DirectX Media Objects (Windows)

^ ゲーム開発者のための 64 ビット プログラミング

^ Windows 10 ゲームのテクノロジ – Windows アプリの開発

^ 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】GPUの進化に対応したMicrosoftの次世代API「DirectX 12」の背景 – PC Watch

^ a b “Microsoftの開発者向けイベント「Build 2013」で見えたWindows 8.1。「DirectX 11.2」とUI面の改良がポイントに”. 2013年8月16日閲覧。

^ “DirectX8 For NEC98”. ベクター. 2013年8月17日閲覧。

^ “米Microsoft、「DirectX 3.0」を発表”. PC Watch (1996年9月26日). 2012年5月9日閲覧。

^ 「DirectXの新版8.0が正式出荷開始 CD-ROMでも入手可能」『日経ソフトウエア(2001/1)』第4巻第1号、日経BP、2000年12月24日、 56頁。“米Microsoftは11月11日,…DirectXの新版8.0…を出荷開始した。(「…」は該当記事を省略)”

^ DirectX 11.1 and Windows 7 – Games for Windows and the DirectX SDK – Site Home – MSDN Blogs

^ DirectX 12’s new rendering features are coming to DirectX 11.3 too | PC Gamer

^ DirectX 12 Lights Up NVIDIA’s Maxwell Launch – DirectX Developer Blog – Site Home – MSDN Blogs

^ 西川善司の3DGE:新しく来るDirectXは「12」だけじゃない。突如浮上した「DirectX 11.3」とは何か? – 4Gamer.net

^ Direct3D 12 特集 | iSUS

^ “What happened to DirectX 4?”. The Old New Thing (2004年1月22日). 2009年7月12日閲覧。

^ Hecker, Chris (1994年9月). “Tour of WinG”. Game Developer (CMP / United Business Media). http://chrishecker.com/images/6/66/Gdmwing.pdf. 

^ David, Carddock (2007年3月28日). “Alex St John Interview”. Shack News. 2014年1月1日閲覧。

^ Craig’s Musings: DirectX Then and Now (Part 1)

^ Prosise, Jeff (1994年10月). “Advanced 3-D Graphics for Windows NT 3.5:Introducing the OpenGL Interface, Part I”. Microsoft Systems Journal Volume 9 Issue 10 (Microsoft). 

^ “OpenGL Interface in Windows NT 3.5”. マイクロソフト (2006年10月31日). 2014年4月1日閲覧。

^ IGDA Japan chapter – Khronos Group、OpenGL 3.2を発表 12ヵ月で3回目のバージョンアップ Direct3Dアプリケーションからの移植性に関する記述がある。ジオメトリシェーダーを搭載したDirectX 10のリリースは2006年、対するOpenGL 3.2のリリースは2009年。

^ 4Gamer.net ― OpenGLはDirectX 11を超え,OpenGL ESは据え置き型ゲーム機と同等以上に。Khronosの最新動向レポート DirectX 11のCompute Shader仕様をそのまま取り入れた旨の記述がある。

^ WindowsCE SDK for Dreamcast

^ J. Allard, PC Proのインタビュー 2004年4月

^ Release Notes (MSDN)

^ DirectX SDKs of a certain age – Games for Windows and the DirectX SDK – Site Home – MSDN Blogs

^ DOS/V POWER REPORT | Impress Japan

^ AMDのGPGPU戦略は新章へ – ATI Streamの展望、DirectX Compute Shaderの衝撃 (4) 今後のGPGPU動向は? | マイナビニュース

^ ASCII.jp:GPGPUをWindowsでサポートする「DirectCompute」 (2/2)|あなたの知らないWindows

^ 事前にWINVERおよび_WIN32_WINNTマクロを適切に定義することで、旧OS向けに新SDKで開発できる。

^ DirectX 11.1 and Windows 7 Update – Games for Windows and the DirectX SDK

^ 方法: アプリケーションのグラフィックス診断を無効にする

^ 4Gamer.net ― [SIGGRAPH]Khronos,OpenGL 4.1を発表。カンファレンスからその詳細を確認する

^ 4Gamer.net ― [SIGGRAPH]ついにDirectX 11を凌駕した!? Khronosに聞く「OpenGL 4.2」の正体

^ 4Gamer.net ― OpenGLはDirectX 11を超え,OpenGL ESは据え置き型ゲーム機と同等以上に。Khronosの最新動向レポート

^ 4Gamer.net ― ValveはなぜSource EngineをLinux+OpenGL環境へ移植したのか。GTC 2013のValveセッションレポート

^ 2013*年末企画『AMDの新グラフィックAPI“Mantle”その一連の動向に迫る』 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

^ AMD独自グラフィックスAPI「Mantle」の詳細が明らかに。理論上はGeForceのMantle対応も可能!? – 4Gamer.net

^ [GDC 2014]DirectX 12,ついに発表。その特徴に迫る – 4Gamer.net

^ Windows 10 | GeForce

^ Windows 10環境におけるRadeonとAPUの優位性をAMDがアピール。DX12世代ではマルチGPUのトレンドが変わるか – 4Gamer.net

^ DirectX Raytracing and the Windows 10 October 2018 Update – DirectX Developer Blog

^ Direct Machine Learning (DirectML) | Microsoft Docs

^ インテル® インテグレーテッド・グラフィックス上のマシンラーニングを高速化する Windows® 10 May 2019 Update

^ “Microsoft、「DirectX 12 Ultimate」を発表 – 窓の杜”. 2022年2月6日閲覧。

^ Direct3D エクステンション (D3DX) C/C++ リファレンス

^ D3DX (Direct3D 9)

^ Living without D3DX – Games for Windows and the DirectX SDK – Site Home – MSDN Blogs

^ DirectXMath (Windows)

^ Introducing DirectXMath – Games for Windows and the DirectX SDK – Site Home – MSDN Blogs

^ Microsoft/DXUT · GitHub

^ Microsoft/FX11 · GitHub

^ Download DirectX Software Development Kit from Official Microsoft Download Center

^ DirectX SDK Samples Catalog – Games for Windows and the DirectX SDK

^ Helper Structures and Functions for D3D12 | Microsoft Docs

^ DirectX-Graphics-Samples/Libraries/D3DX12 at master · Microsoft/DirectX-Graphics-Samples

^ DirectX-Graphics-Samples/MiniEngine at master · Microsoft/DirectX-Graphics-Samples

^ Direct3D 12 Programming Environment Setup | Microsoft Docs

^ Memory Management in Vulkan and DX12 P.33 AMD 2018年

^ DirectX-Graphics-Samples/Libraries/D3DX12Residency at master · Microsoft/DirectX-Graphics-Samples

^ .NET開発者のためのDirectX連携手法 - @IT

^ マイクロソフト、ゲーム開発環境「XNA」を2014年4月に終了 | GGSOKU – ガジェット速報

^ Home | SharpDX

^ sharpdx/SharpDX at 2.6.3 – C#

^ Release Latest stable release · sharpdx/SharpDX

^ sharpdx/SharpDX: SharpDX GitHub Repository

^ Windows 7の新機能をC#やVBで利用するには? - @IT

^ Windows API Code Pack の過去、現在、そして未来 – オペレーティングシステム開発統括部 – Site Home – MSDN Blogs

^ NuGet Gallery | Windows 7 API Code Pack 1.0.0

^ DirectX (ダイレクトエックス) 最新ダウンロード/総合情報 | Microsoft

^ Aero Glass: Create Special Effects With The Desktop Window Manager

^ OpenGL – Win32 apps | Microsoft Docs

^ wglGetProcAddress function (wingdi.h) – Win32 apps | Microsoft Docs

^ Getting Started – OpenGL Wiki

^ RhinoはVistaで動作しますか? [McNeel Wiki]

^ OpenGL and Windows Vista – Windows Performance Blog – Site Home – MSDN Blogs, Internet Archive

^ DailyTech – OpenGL Now Natively Supported in Windows Vista, Internet Archive

^ Loading an OpenGL Installable Client Driver – Windows drivers | Microsoft Docs

^ angleproject – ANGLE: Almost Native Graphics Layer Engine – Google Project Hosting

^ Windows上でANGLEを使って、WebGLレンダリング

^ CEDEC 2015まとめ:ゲームバー、Cortana、Edge、HoloLens、Bridge、DirectX 12、ANGLE――Windows 10はゲーム開発者に何をもたらすのか (4/5) – @IT

^ Khronos OpenCL Registry

^ OpenCL 1.2 Reference Pages

関連項目[編集]
Windows API
Component Object Model
Direct3D
DirectCompute
Windowsストア
NVIDIA GeForce
AMD Radeon外部リンク[編集]
最新版の DirectX をインストールする方法 | Windows サポート表話編歴人物
創業者
ビル・ゲイツ
ポール・アレン取締役会
ジョン・W・トンプソン
サティア・ナデラ
チャールズ・ノスキー(英語版)
ヘルムート・パンケ(英語版)
ジョン・W・スタントン(英語版)
リード・ホフマン
サンディ・ピーターソン
ペニー・プリツカー
チャールズ・シャーフ(英語版)
アーン・ソレンソン(英語版)
パッドマスリー・ウォーリアー(英語版)上級幹部チーム
サティア・ナデラ(CEO)
スコット・ガスリー(英語版)
エイミー・フッド(英語版)(CFO)
フィル・スペンサーコーポレートバイスプレジデント
ジョー・ベルフィオーレ(英語版)
リチャード・ラシッド(SVP)
パノス・パネイ(英語版)(CVP)
ソフトウェア
クライアント
Windows(コンポーネント(英語版))
Internet Explorer
Microsoft Edge
Office
Visual Studio
Visual Studio Code
Security Essentials
Expression
Money
エンカルタ
Student
Mathematics
Works
MapPoint(英語版)
Virtual PC
Forefront
Home(英語版)
Midtown Madness
Bob
アップル・マッキントッシュ向け製品群
はがきスタジオサーバー
Windows Server
SQL Server
IIS
PWS(英語版)
Exchange
BizTalk
Commerce(英語版)
Dynamics
ISA Server
System Center
Home Server
SharePoint
WSS
MOSS
Search Server(英語版)
Skype for Biz
リモート デスクトップ サービス
Microsoft Host Integration Server(英語版)
開発言語
BASIC
VB.NET
VBA
VBScript
Visual Basic
C#
F#
MVPL(英語版)
PowerShell
Transact-SQL
TypeScript
Q#
Visual J#
Visual J++技術
Active Directory
DirectX
.NET
Windows Media
PlaysForSure(英語版)
App-V(英語版)
Hyper-V
Silverlight
Windows Mobile
Windows Embedded
Mediaroom(英語版)
HDi
大容量カラーバーコード(Microsoft Tag)オンラインサービス
ウェブサイト
adCenter(英語版)
Azure
Azure IoT
SQL Database
Bing
Channel 9(英語版)
CodePlex
HealthVault
Ignition(英語版)
Microsoft Store
MSDN
MSN (ゲーム(英語版)
msnbc.com(英語版)
MSN産経ニュース
MSN毎日インタラクティブ
ninemsn(英語版))
TechNet
Windows Live
グループ(英語版)
Hotmail
Microsoft アカウント
メッセンジャー
Spaces
Microsoft Popfly(英語版)
Microsoft 365
答えてねっと
Xbox Cloud Gaming
Xbox Game PassLive(英語版)
Games for Windows – LIVE(英語版)
Xbox Live (Arcade
Marketplace(英語版))
Zune Social(英語版)
ゲーム
Xbox
Xbox 360
Xbox One
Xbox Series X/S
XNA
Xbox Game Studios
Zone(英語版)
Games for Windows(英語版)
エイジ オブ エンパイア シリーズ
Flight Simulator
Train Simulatorハードウェア
Surface
Lumia
PixelSense
Zune
KIN
MSN TV
Microsoft Natural keyboard(英語版)
Jazz(英語版)
キーボード(英語版)
マウス
LifeCam
LifeChat(英語版)
SideWinder(英語版)
Ultra-Mobile PC
Fingerprint(英語版)
オーディオシステム(英語版)
コードレス電話(英語版)
Pocket PC
Microsoft RoundTable
Response Point(英語版)
Venus(英語版) (開発中止)教育と認識
BrowserChoice.eu
MCPs
MSDN AA
MSCA(英語版)
Microsoft Press
Microsoft MVP
スチューデントパートナー(英語版)
Microsoft Imagine
マイクロソフトリサーチ日本情報学研究賞
マイクロソフトに関連する研究(英語版)ライセンス
Client Access License
シェアードソース
ライセンスサービス(英語版)会議
Build(英語版)
Ignite
Inspire(英語版)
MIX (Microsoft)(英語版)
PDC(英語版)
WinHEC(英語版)批判(英語版)
Windows(英語版)
Windows Vista(英語版)
Windows XP(英語版)
Windows 2000(英語版)
Windows Meに対する批判(英語版)
Windows 9xに対する批判(英語版)
Office(英語版)
Xbox 360
Internet Explorer(英語版)
返金運動(英語版)訴訟(英語版)
アルカテル・ルーセント(英語版)
欧州連合
アメリカ合衆国(英語版)
Lindows(英語版)
アップルコンピュータ(英語版)
Mikerowesoft(英語版)買収企業(英語版)

6wunderkinder
アルタミラソフト(英語版)
AltspaceVR
アクアンティブ
Microsoft Amalga(英語版)
ブルーリボンサウンドワークス(英語版)
カリスタテクノロジーズ(英語版)
コロクイス(英語版)
コネクティクス
コンシューマーズソフト(英語版)
デンジャー(英語版)
フェアキャスト(英語版)
ファストサーチ & トランスファ
ファイアフライ(英語版)
フォアソート(英語版)
ジャイアントカンパニーソフト(英語版)
GitHub
グルーブネットワークス(英語版)
Hotmail
Jellyfish.com(英語版)
LinkedIn
リンクエクスチェンジ(英語版)
Microsoft Mobile(フィンランド語版)
Navision A/S
Nuance Communications
OneTree
オンフォリオ(英語版)
プレイスウェア
パワーセット
プロクラリティ(英語版)
スクリーントニック(英語版)
Skype
テレオ(英語版)
テルミーネットワークス(英語版)
バーミアテクノロジーズ(英語版)
Visio(英語版)
VXtreme(英語版)
WebTVネットワークス
ウィンターナルズ(英語版)
Xamarin
Yammer
Yupi(英語版)ゲーム
マッシブインコーポレイテッド(英語版)
FASAスタジオ(英語版)
ライオンヘッドスタジオ(英語版)
レア
Mojang
ゼニマックス・メディア(ベセスダ・ソフトワークス – ZeniMax Online Studios – id Software – Tango Gameworks)
キャラクター
マスターチーフ
クラウディア・窓辺
窓辺ななみ
窓辺ゆう&窓辺あい
窓辺とおこ
藍澤光
藍澤祈関連人物
スティーブ・バルマー
ダレン・ヒューストン
西和彦
成毛眞
古川享
メリンダ・ゲイツ
レイ・オジー
スティーブン・シノフスキー部門
マイクロソフトリサーチ
.NET Foundation
カテゴリ
コモンズ
表話編歴マイクロソフトのAPIとフレームワークグラフィック
Desktop Window Manager
Direct2D
Direct3D (拡張)
GDI / GDI+
WPF
Silverlight
WinUI
Windows Color System
Windows Image Acquisition
Windows Imaging Componentオーディオ
DirectMusic
DirectSound
DirectX plugin
XACT
Speech APIマルチメディア
DirectX (Media Objects
Video Acceleration)
DirectInput
DirectPlay
DirectShow
Image Mastering API
Managed DirectX
Media Foundation
XNA
Windows Media
Video for Windowsウェブ
MSHTML
EdgeHTML
RSS Platform
JScript
VBScript
BHO
XDR
SideBar Gadgetsデータアクセス
Data Access Components
Extensible Storage Engine
ADO.NET
ADO.NET Entity Framework
Sync Framework
Jet Engine
MSXML
OLE DB
OPCネットワーク
Winsock (LSP)
Winsock Kernel
Filtering Platform
Network Driver Interface Specification
Windows Rally
BITS
P2P API
MSMQ
MS MPIコミュニケーション
Messaging API
Telephony API
WCF管理
Win32 console
Windows Script Host
WMI
PowerShell
Task Scheduler
Offline Files
Shadow Copy
Windows Installer
Error Reporting
Event Log
Common Log File Systemコンポーネントモデル
COM
COM+
ActiveX
Distributed Component Object Model
.NET Frameworkライブラリ
Base Class Library (BCL)
Microsoft Foundation Classes (MFC)
Active Template Library (ATL)
Windows Template Library (WTL)デバイスドライバ
Windows Driver Model
Windows Driver Foundation
KMDF
UMDF
WDDM
NDIS
UAA
Broadcast Driver Architecture
VxDセキュリティ
Crypto API (CAPICOM)
Windows CardSpace
Data Protection API
Security Support Provider Interface (SSPI).NET
ASP.NET
ADO.NET
Base Class Library (BCL)
Remoting
Silverlight
TPL
WCF
WCS
WPF
WFソフトウェアファクトリー
EFx Factory
Enterprise Library
Composite UI
CCF
CSFIPC
MSRPC
Dynamic Data Exchange (DDE)
Remoting
WCFアクセシビリティ
Active Accessibility
UI Automationテキストと多言語サポート
DirectWrite
Text Services Framework
Text Object Model
Input method editor
Language Interface Pack
Multilingual User Interface
Uniscribe
一覧
カテゴリ:マイクロソフトのAPI
表話編歴Windows コンポーネント管理ツール
アプリインストーラ
コマンドプロンプト
コントロールパネル
アプレット
デバイスマネージャ
ディスク クリーンアップ
デフラグ
Driver Verifier
DxDiag
イベントビューア
IExpress
管理コンソール
Netsh
パフォーマンスモニタ
リソースモニタ
設定
Sysprep
システム構成
システム ファイル チェッカー
システム情報
システムポリシーエディター
システムの復元
タスクマネージャ
Windows エラー報告
Windows Ink
Windowsインストーラ
PowerShell
Windows Update
Windows Insider
WinRE
WMI
スキャンディスク
CHKDSK
問題の報告と解決アプリ
3Dビューア
アラーム & クロック
電卓
カメラ
外字エディタ
Cortana
Edge
FAX とスキャン
フィードバック Hub
サポートに問い合わせる
拡大鏡
メール/カレンダー
地図
メッセージング
映画&テレビ
モビリティセンター
ナレーター
メモ帳
OneDrive
OneNote
ペイント
ペイント3D
Pay
アドレス帳
People
フォト
クイック アシスト
スマホ同期
切り取り & スケッチ
音声認識
Skype
Sticky Notes
Microsoft Store
Windows Media Player
ボイスレコーダ
ワードパッド
WinSAT
文字コード表
リモート アシスタンスシェル
Aero
ClearType
エクスプローラ
Windows サーチ
スタートメニュー
タスクバー
特殊フォルダ
関連付け
シェル名前空間(英語版)サービス
サービス コントロール マネージャー
CLFS
BITS
Wireless Zero Configuration
シャドウ コピー
自動再生
タスク スケジューラ
マルチメディア クラス スケジューラファイルシステム
CDFS
DFS
exFAT
FAT12
FAT16
FAT32
IFS
NTFS
ジャンクション
マウント ポイント
リパース ポイント
シンボリック リンク
TxF
EFS
ReFS
UDFサーバ
Active Directory
DFS レプリケーション
DNS
IIS
MSDTC
NAP
AD RMS
SharePoint
Windows Media Services
WSUS
移動ユーザー プロファイル
グループ ポリシー
ドメイン
リモート デスクトップ サービス (Remote Desktop Protocol)アーキテクチャ
NT系のアーキテクチャ
スタートアップ プロセス (Vista)
CSRSS
DLL
EXE
HAL
I/O
Ntoskrnl.exe
Svchost.exe
WinPE
NTLDR/ブート マネージャー
アイドル プロセス
カーネル パッチ保護
レジストリ
IRP
KTM
LSASS
SMSS
Windows リソース保護
オブジェクト マネージャー
Win32コンソール
Winlogon
セキュリティアカウントマネージャー(SAM)(英語版)
論理ディスク マネージャーセキュリティ
Defender
ファイアウォール
Security Essentials
悪意のあるソフトウェアの削除ツール
Safety Scanner
DEP
MIC
UAC
UIPI
KPP
セキュリティとメンテナンス
BitLocker互換性
互換モード
COMMAND.COM
仮想DOSマシン
WOW
WOW64
Windows Subsystem for LinuxAPI
.NET Framework
COM
OLE
OLE オートメーション(英語版)
DCOM
ActiveX
構造化ストレージ
MTS
DirectX
DWM
GDI
Protected Media Path(英語版)
PlayReady
Windows Imaging Component
Windows Imaging Format
Windows Script Host
VBScript
JScript開発終了
ゲーム
リバーシ
ピンボール
インクボール
Chess Titans
Mahjong Titans
Purble Place
スパイダ ソリティア
ソリティア
ハーツ
フリーセル
マインスイーパアプリ
Windowsアドレス帳
Anytime Upgrade
Windows Calendar(Vista)
CardSpace
DVD メーカー
Internet Explorer
Windows Journal
画像とFAXビューア(XP)
Windows Mail(Vista)
Media Center
Messenger
Microsoft ActiveSync
Windows Mobile デバイス センター
NetMeeting
Outlook Express
Snipping Tool
WinHelp
Write
サウンド レコーダー
デスクトップ ガジェット
ハイパーターミナル
バックアップと復元センター
フォト ギャラリー
プログラムマネージャ
ミーティング スペース
ムービー メーカー
リソースメーターその他
UNIX サブシステム
Interix
Video for Windows

 カテゴリ
典拠管理
NKC: ph446988
.mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、ソフトウェアに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(PJ:コンピュータ/P:コンピュータ)。

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Microsoft_DirectX&oldid=91500614」から取得
カテゴリ: DirectXグラフィックカードライブラリ (プログラミング)マイクロソフトのAPIWindowsのコンポーネント1995年のソフトウェア3DCG隠しカテゴリ: 出典を必要とする記事/2018年10月出典を必要とする節のある記事/2014年1月-3月独自研究の除去が必要な節のある記事/2014年1月-6月NKC識別子が指定されている記事ソフトウェア関連のスタブ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 6428
再生回数: 1387
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Yomiuri

Yomiuri
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9767
[spincontent type=”j”]

3. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Asahi Shimbun

朝日新聞
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: 朝日新聞で検索した microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する上記の情報が、microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3899
[spincontent type=”j”]

4. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード The Japan Times

The Japan Times
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: ジャパン タイムズで検索した microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する記事のトップです。microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9530
[spincontent type=”j”]

5. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Yomiuri Shimbun

読売新聞
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する詳細情報はすでにありますか? microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4790
[spincontent type=”j”]

6. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Mainichi Shimbun

毎日新聞
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: 毎日新聞で見つけた microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する上記の情報が、microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8642
[spincontent type=”j”]

7. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Sankei Shimbun

産経新聞
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: 産経新聞で検索した microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する記事のトップです。microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6797
[spincontent type=”j”]

8. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 66
[spincontent type=”j”]

9. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Chunichi Shimbun

中日新聞
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: 中日新聞で検索した microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する上記の情報が、microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 60 79
[spincontent type=”j”]

10. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Tokyo Shimbun

東京新聞
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7564
[spincontent type=”j”]

11. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9753
[spincontent type=”j”]

12. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: 日刊工業新聞で見つけた microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する上記の情報が、microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7421
[spincontent type=”j”]

13. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Ainu Times

アイヌタイムス
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: アイヌ タイムズで検索した microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する記事のトップです。microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4175
[spincontent type=”j”]

14. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する詳細情報はすでにありますか? microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2145
[spincontent type=”j”]

15. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Chiba Nippo

千葉日報
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: 千葉日報で検索した microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する上記の情報が、microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1137
[spincontent type=”j”]

16. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Chugoku Shimbun

中国新聞
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: 中国新聞で検索した microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する記事のトップです。microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6371
[spincontent type=”j”]

17. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード Daily Tohoku

デイリー東北
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9294
[spincontent type=”j”]

18. microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

説明: イースタン クロニクルで検索した microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する上記の情報が、microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3376
[spincontent type=”j”]

microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード に関する質問

microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード

microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード
方法microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード
チュートリアル microsoft directx sdk (june 2010) ダウンロード
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: