あなたは l'arc〜en〜ciel winter fall について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 l'arc〜en〜ciel winter fall を共有します。 l'arc〜en〜ciel winter fall に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

l'arc〜en〜ciel winter fall

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0L’Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > Winter fall
「winter fall」L’Arc〜en〜Ciel の シングル初出アルバム『HEART』B面
metropolisリリース
1998年1月28日(8cmCD)2006年8月30日(12cmCD)2006年9月27日(配信)2019年12月11日(定額配信)規格
8cmシングル12cmシングルデジタル・ダウンロードジャンル
ポップスロック時間
14分13秒レーベル
Ki/oon Sony Records作詞・作曲
hyde (作詞)ken (作曲)プロデュース
L’Arc〜en〜Ciel岡野ハジメゴールドディスク
ダブル・プラチナ(CD[1])
プラチナ(シングルトラック[2])
※ いずれも日本レコード協会認定チャート最高順位
週間1位(オリコン)
週間21位(12cmCD再発盤・オリコン)
1998年2月度月間3位(オリコン)
1998年3月度月間9位(オリコン)
1998年度年間25位(オリコン)
登場回数24回(オリコン)L’Arc〜en〜Ciel シングル 年表
虹(1997年)winter fall(1998年)DIVE TO BLUE(1998年)

『HEART』 収録曲

LORELEY(1)

Winter fall(2)

Singin’ in the Rain(3)
ミュージックビデオ
L’Arc~en~Ciel「winter fall」-Music Clip- – YouTube(※) 2019年12月11日から2022年4月7日まではYouTube Music Premium限定有料公開(※) 2022年4月8日から無料公開
テンプレートを表示「winter fall」(ウィンター・フォール)は、日本のロックバンド、L’Arc〜en〜Cielの8作目のシングル。1998年1月28日発売。発売元はKi/oon Sony Records。

解説[編集]
前作「虹」以来約3ヶ月ぶりとなるシングル。同年2月に発売された5thアルバム『HEART』の先行シングルとなっている。また、L’Arc〜en〜Cielにyukihiroが正式加入してから発表した初のシングルでもある。
本作の表題曲は、管楽器や弦楽器が大々的にフィーチャーされたウィンターソングとなっており、この曲について作曲者のkenは「構成だったり、楽器の組み合わせの作り方はアルバム『True』の名残がよく出てる[3]」と語っている。さらに、表題曲のプロデュースおよびアレンジには岡野ハジメ(ex.PINK)が参加している。岡野は『True』に収録された楽曲「Caress of Venus」と「”good-morning Hide”」で共同プロデュースおよび共同アレンジを担当しているが、L’Arc〜en〜Cielのシングル作品に関わるのは本作が初となった。そして本作以降、岡野は長きに渡りL’Arc〜en〜Cielの作品の制作に関わることとなり、hydeが岡野を指して「ラルクのもう1人のメンバー[4]」と表現するほど、バンドに欠かせないプロデューサーとなっている。ちなみに表題曲は、前作「虹」や次作「DIVE TO BLUE」と合わせ、本作発売前の1997年に東京ドームで開催したライヴ「1997 REINCARNATION」で先行演奏されている[注 1]。余談だが、2004年にtetsuyaとTAKURO(GLAY)がTOKYO FM系ラジオ番組『やまだひさしのラジアンリミテッドDX』で対談した際、TAKUROは「L’Arc〜en〜Cielの楽曲の中で好きな曲」として、本作の表題曲とインディーズ時代に発表した楽曲「As if in a dream」「予感」の3曲を挙げたというエピソードがある[5]。
本作のフィジカルの売上枚数と、表題曲のダウンロード数を合わせると100万ポイント以上を売り上げており[1][2]、表題曲は1990年代のL’Arc〜en〜Cielを代表する楽曲の一つとなっている。また、L’Arc〜en〜Cielの楽曲の中では後年に発表した「snow drop」とならび知名度の高いウィンターソングとなっており、本作発売から約12年後となる2010年12月24日にはテレビ朝日系列で放送された音楽番組『ミュージックステーション スーパーライブ 2010』において久々にテレビで披露されている他、2021年12月24日にもこの曲を同番組で披露している。ちなみに、L’Arc〜en〜Cielが主催するライヴでは、ヒット作ということもあってか開催季節に関わらず頻繁に演奏されている。
また、表題曲は、本作発売の約2週間前となる1998年1月14日からテレビ朝日系列で放送された海外ドラマ『シカゴ・ホープ』第2シーズンのイメージソングに起用された。L’Arc〜en〜Cielの楽曲がテレビドラマに起用されたのはこの曲が初となった。ちなみに、このドラマの他にもJR東日本のキャンペーン・JR Ski Skiのテーマソングがタイアップ先の候補として当時あがっていたといい、テレビ朝日とJR東日本の間で激しいタイアップ争奪戦となり、最終的にテレビ朝日が勝ち取る結果となったという[注 2]。
表題曲のミュージック・ビデオは1998年4月22日に発表したMV・ライヴ映像集『A PIECE OF REINCARNATION』に初収録されている。また、2019年12月11日に公式YouTubeアーティストチャンネルにおいてYouTube Music Premium限定で映像の有料公開を開始している。この映像のディレクターは竹石渉が務めており、映像はアメリカ・カリフォルニア州のデスヴァレーにある塩湖で空撮を交え撮影されている。前述のYouTubeチャンネルでの有料公開開始から約2年4ヶ月後となる2022年4月8日からは映像の無料公開が開始されている。
カップリングには、未発表楽曲の「metropolis」に加え、表題曲からhydeのボーカルトラックを抜き取ったインストバージョン「hydeless version」が収録されている。「hydeless version」がシングルに収録されるのは、前々作「Lies and Truth」以来2作ぶりのこととなる。
フィジカルは当時8cmシングルで発表されていたが、2006年のシングル14作品再発企画において12cmシングルとして再発売されている。
発売初週の1998年2月9日付のオリコン週間シングルチャートでは、L’Arc〜en〜Cielとして初となるシングルチャートの首位を獲得している。また、前作「虹」のヒットからのリリースという流れもあってか、初動・累計ともに前作を上回る売上枚数を記録している。

収録曲[編集]
winter fall
作詞: hyde / 作曲: ken / 編曲: L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okanoテレビ朝日系列で放送されたアメリカCBS製作ドラマ『シカゴ・ホープ』第2シーズンイメージソング。
コーラスワークが印象深い幻想的なウィンターソングとなっており[6]、ストリングスやブラスのサウンドを導入し華やかなアレンジを施した楽曲となっている。作曲を担当したken曰く、この曲を作り始めた時期が冬だったこともあり、「冬の海。砂浜に打ち寄せる波、そんな雰囲気をイメージして書いた[7]」という。ただ、曲の原型を作った後にデモ音源を録ることとなったタイミングがたまたま”夏”の時期であったことから、kenの中で曲のイメージが「海の家のスピーカーから鳴ってる感じ[8]」に変わったといい、作詞を手掛ける前のhydeに「夏の雰囲気を感じる曲」というイメージを伝えたという。ただ、デモ音源を聴いたhydeの印象は「スキー場のスピーカーから流れてるイメージだった[8]」といい、結果的にhydeの意向により”冬”や”雪”を題材にした歌詞が書かれることとなった。ちなみに、この曲の原型はコンサートツアー「CONCERT TOUR ’96〜’97 Carnival of True」を終えた直後に作られたため[7]、kenは「構成だったり、楽器の組み合わせの作り方はアルバム『True』の名残がよく出てる[3]」と、この曲の印象について述べている。
この曲の編曲作業には、アルバム『True』に収録された「Caress of Venus」と「”good-morning Hide”」で共同プロデュースおよび共同アレンジを担当した岡野ハジメ(ex.PINK)が参加している。この曲が岡野が共同プロデュースを手掛けた、最初のL’Arc〜en〜Cielのシングル表題曲となっている。また、ストリングスおよびホーンアレンジ作業には、ピチカートファイヴやMONDO GROSSOの作品制作に携わった村山達哉に加え、作曲者であるkenが参加している。この曲のアレンジ作業について、岡野は「この曲は8割ぐらいkenのプリプロ段階で完成していたと思います。コードの感じやメロディ、ストリングス、ブラスの基礎構造はkenのデモの段階で出来上がっていたので、”これは凄いな”と思いました。(中略)俺はそれをさらにメジャー感が出るようにブラッシュ・アップしただけで、基礎構造はkenが作ったままです[9]」と語っている。また、kenの楽曲制作について、岡野は「彼はアレンジができて、譜面の読み書きもできる人です。彼と仕事をしていて凄く勉強になったのは、彼は内声に凄くこだわるんですよ。ギタリストだからでしょうけど、ミッドのところをどうするか、歌と他の楽器の音が当たってないか、ストリングスの中でビオラの帯域をどうするか?といった、内声の動きにこだわるんです[10]」「彼はたまにリズム・テイクだけだと、最終的にどういう音楽になるかわからないようなギターを弾くことがあるんです。1音だけピーン!という音を弾いて、この音は何で鳴ってるのかなと思ったら、あとでいろいろな音が出揃った時に、”このピーン!はトップノートだったんだ。やっと分かった”なんていうこともありました。最初から、重ねた末にそういうハーモニーになることをちゃんと検証できて弾いているんです[10]」と、2019年に発表した単行本において評価している。また、メンバーであるtetsuyaは「彼はギターに対してというよりも全体を見てるから。ギタリストだからそれをギターでやろうっていうタイプじゃなくて、全体を考えてる[11]」とkenのアレンジを評しており、yukihiroも「この曲にkenのこだわりを感じた。ストリングス・アレンジとか、そういう音の積み重ね方とか[11]」とアルバム発売当時のインタビューで語っている。
また、この曲のベース録りについてtetsuyaは「(アルバム『HEART』に収録された楽曲の中で)この曲だけ使ってるベースが違うんですよ。kenのイメージがあったみたいで[12]」と語っており、kenの意を汲んだうえでベース録りが行われている。ちなみに、この曲のレコーディングでtetsuyaは珍しく1971年製のギブソン・EB-3(SGベース)を使用しており[13]、全編にわたりフィンガー・ピッキングで弾いている。
ドラム録りにおいても、ベース録りと同様にkenの求めるサウンドがあったという。具体的にはyukihiro曰く、kenから「ローファイなサウンドがほしい[13]」というリクエストがあったといい、その音を再現するため本作に収録された楽曲の中で唯一異なるドラムセットを使いレコーディングを行っている[14]。ドラムアプローチについて、yukihiroは「俺のイメージではちょっと古い音で、でもしっかり後押ししてるような感じの。だからこの曲だけはドラムセットを小さくして、狭い部屋に入れて、すごくデッドな感じで録った。マイクは2〜3本しか立ってなかったと思う[14]」と語っている。また、yukihiro曰く「ジャングルの要素も意識した[14]」といい、曲中にブレイクビーツが終始取り入れられている[14]。後年に受けたインタビューでyukihiroは「この時ちょうどエヴリシング・バット・ザ・ガールとかがちょっとドラムンベースっぽいアプローチしてて、”ああ、こういうふうにアプローチしたらハマるかな”と思ってやったのが”winter fall”なんですよ[15]」と語っている。ちなみにyukihiro曰く、この曲のイメージとしてkenから「スウィング・アウト・シスターみたいな感じ[15]」という話もあったという。
歌詞はシアトリカルなリリックとなっており、作詞者であるhydeが”冬”や”雪”に対して抱いている憧れのようなフレーズが歌詞に散りばめられている。この憧れの感情には、hydeが雪がほとんど降らない地域で育ったという背景が影響しており、歌詞には<目を閉じた僕は冬の冷たさを 今でも暖かく感じている>など、冬を題材にしながらも温もりを感じるようなフレーズが入っている。歌詞のイメージについて、hydeは「雪国の人はあんまり雪が好きじゃないらしいですけど、僕は雪のない所で育ってるから、すごくワクワクする。そういう雰囲気を出せればいいかなって[8]」「人間って、寒いときは温まろうとするじゃないですか。寒いからこそ、ストーブでちょっと温めようとか、お鍋しようとか。そういうのがいいなと思うんですよね。だから、僕のなかでは、冬ってあったかいイメージなんです[16]」と語っている。ちなみに、hydeはこの曲の作詞作業にはかなり苦労したといい、本作発売当時のインタビューにおいて「作詞はすっごい煮詰まりました。曲を貰った時は色恋沙汰めいた雰囲気を感じたんですけど、僕の精神状態が全然そういうものじゃなかったっていうのが大きいですね。だから、そういう雰囲気に自分を持って行くのがいちばん難しかった。でもアルバム『HEART』のバリエーションを考えた時に、これはこれで突き詰めた方がいいんじゃないかと思っていた[6]」と語っている。ちなみに、タイトルはhydeが考えた造語で、「winter(冬)」と「curtain fall(閉幕)」を組み合わせ、「冬の終わり」を意味するワードとなっている[8]。また、歌詞は曲名の「冬の終わり」と「恋の終わり」がリンクしたリリックとなっている。
metropolis
作詞: hyde / 作曲: ken / 編曲: L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano淫猥な歌詞と不安定で妙なサウンドが印象的な楽曲[7]。作曲を担当したken曰く、L’Arc〜en〜Cielに自身が加入する遥か前となる、本作発売の約10年前頃にはこの曲の原型が存在していたという[12]。この曲の原型を作った当時にkenがジューダス・プリーストなどのヘヴィ・メタルに傾倒していたことから[7]、原型のイメージはken曰く「ヘヴィメタの人ががんばってニュー・オーダーにしたかったという感じ[12]」だったという。新たにL’Arc〜en〜Cielでレコーディングするにあたり、kenは「サウンドの壊れ具合[12]」をテーマに制作したといい、ken曰く「ループにしたyukihiroのドラムも、ベースも全部仮で録ったものをいかした[12]」という。ちなみに、tetsuyaはプリプロダクションで弾いたベースが本番テイクに採用されると思っていなかったといい[8]、「プリプロはシャレで弾いたからデヴィッド・ボウイの「レッツ・ダンス」のフレーズとか入ってるんですよ(笑)[8]」と述べている。
また、この曲のリズム制作ではまずyukihiroがドラムを叩き、その生音をサンプリングしコラージュのように音を繋ぎ合わせ、そのループにさらにリズムを乗せている。そのため、yukihiroはプリプロでハットだけを別途で叩く作業を行っている[8]。プリプロで仮として録った音の多くを本番テイクとした経緯について、kenは「yukihiroが作ったループに合わせて演奏したものが力が抜けてて、再現性がない部分とかがあっていい壊れ具合だったんです。そのいい壊れ具合と、大音量で聴いてちょっと身体が浮き出すような感じが出ればいいなと思ってたんで、その雰囲気がその時点で出たから録り直すまでもないなって[8]」と語っている。さらに、kenの頭の中には「腕が折れてしまってうまく弾けないバイオリニストが弾いてるフレーズ[8]」「マッチョでめちゃくちゃ不器用な人の鉄琴の音[12]」といった不可思議なサウンドのイメージもあったといい、こういったkenの入れたい音色を重ねこの曲が制作されている。
ちなみに、制作当初この曲はシングルの表題曲候補のひとつだったといい、アレンジ案が複数パターン存在していたという[8]。それらの中には、この曲をサンバ調にするアレンジ案もあったといい、その案を踏まえ「猪木ボンバイエ」と仮タイトルが名付けられていたが[17]、結局サンバ調にする案は制作途中で白紙化されている[17]。
また、タイトルは1927年に公開されたモノクロサイレント映画『メトロポリス』から取られており、作詞を担当したhydeは「アンドロイドがいる世界はどんな世界だろうって説明するときに映画のタイトルが浮かんだ[8]」と、曲名を決めた経緯について語っている。歌詞に<アンドロイド>を登場させた理由について、hydeは「(曲が)最初からいやらしいイメージがあって、出来上がったオケを聴いてると、なんとなくそのイメージの中に退廃的なものを感じたんですよ。たとえるなら映画『ブレードランナー』的な、ああいう雰囲気を感じた[8]」と語っている。
余談だが、hydeは作品が完成するたびに恩師である小学校の先生にCDを送っていたそうだが、この曲の歌詞が淫猥であったため、送付することを躊躇したという(結果的には送っている)。ちなみに、2006年にバンド結成15周年を記念し開催したライヴ「15th L’Anniversary Live」では、この曲を披露する際に、エロティックな歌詞の内容に合わせ、会場のスクリーンにメンバーの股間部分を頻繁に映し出す演出が行なわれている。
本作発売翌年となる1999年にはyukihiroが手掛けたリミックスバージョン「metropolis -android goes to sleep mix-」が発表されており、その音源は15thシングル「HEAVEN’S DRIVE」のカップリングとして収録されている。このリミックスは、yukihiro曰く「スロウなハウスを意識した[18]」といい、音源のイメージについて「ダウナーで朝方かかるような、踊り疲れた後にどうぞっていう感じ[19]」と語っている。また、エロティックなイメージで原曲の歌詞が手掛けられていることもあってか、yukihiroは「もうちょっとエッチな感じにしたかった[18]」といい、原曲からテンポを落とし気怠い印象のある音源にリミックスされている[18]。2000年にはリミックスアルバム『ectomorphed works』にシングル収録版とは別バージョンのリミックス音源「metropolis [android goes to be a deep sleep mix]」が収録されている。リミックスアルバムに収録されたバージョンでは、本作収録版よりも爽やかなイメージのあるミックスにするため、あえて音数を減らしている[20]。
さらに、2011年にはパートチェンジバンド、P’UNK〜EN〜CIELとして、この曲をtetsuyaのディレクションのもとリアレンジしたうえでセルフカバーしている。このセルフカバーは、37thシングル「GOOD LUCK MY WAY」に「metropolis –2011–」として収録されている。このセルフカバーでは、tetsuyaの意向によりサイモン&ガーファンクル風にアレンジされており、同アーティストの代表曲のひとつである「冬の散歩道」を彷彿とさせるギターリフのループが印象的なカバーに仕上がっている。
winter fall (hydeless version)参加ミュージシャン[編集]
hyde:Vocal
ken:Guitars
tetsu:Bass
yukihiro:Drums
winter fall
ken:Strings & Horns Arrangement, Keyboard Programming
村山達哉:Strings & Horns Arrangement
佐々木真理:Piano
金原千恵子ストリングス:Strings
佐々木史郎セッション:Horns
Chinpaul Gorichie:Female Chorus
yukihiro:Beat Programming
斎藤仁:Manipulateカバー・サンプリング[編集]
laica breeze (2004年、サンプリング、シングル「STANDING STILL (winter fall Re-calling)」に収録)
SATOMI’ (2007年、カバー、カバーミニアルバム『SINGS 〜Winter, and Luv〜』に収録)
玉置成実 (2007年、カバー、シングル「Winter Ballades」に収録)
moumoon (2013年、カバー、配信楽曲「winter fall」)
天才凡人 (2021年、カバー、アルバム『10才凡人』に収録)収録アルバム[編集]
オリジナルアルバム『HEART』 (#1)ベストアルバム『Clicked Singles Best 13』 (#1)
『The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1994-1998』 (#1)
『The Best of L’Arc〜en〜Ciel c/w』 (#2)
『TWENITY 1997-1999』 (#1)脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ 「winter fall」の初披露の場は、L’Arc〜en〜Ciel名義での開催公演としてはライヴ「1997 REINCARNATION」となっている。ただ、同ライヴの1週間前にL’Arc〜en〜Cielは、変名バンドthe Zombiesとして、ライヴ「Live Tour NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS EVE」を開催しており、この公演で「winter fall」の初披露が行われている。

^ 「Winter fall」がテレビ朝日系列で放送された海外ドラマ『シカゴ・ホープ』第2シーズンのイメージソングに起用された一方、JR東日本のキャンペーン・JR Ski Skiには浜田雅功の「春はまだか」が起用されている。

出典[編集]

^ a b ゴールドディスク認定 1998年3月 – 日本レコード協会

^ a b ダウンロード認定 2021年12月 – 日本レコード協会

^ a b 『WHAT’s IN? PICTORIAL』、p.30、ソニー・マガジンズ、1998年Vol.6

^ “ラルクのもう1人のメンバー”岡野ハジメのプロデュース論が書籍化、帯コメントはhyde – ナタリー

^ TOKYO FM系ラジオ番組『やまだひさしのラジアンリミテッドDX』2004年2月18日放送分

^ a b 『L’Arc〜en〜Ciel Box Set of The 15th anniversary in formation CHRONICLE of TEXT 02』、p.29、ソニー・マガジンズ、2006年(『uv vol.27』の再掲)

^ a b c d 『L’Arc〜en〜Ciel Box Set of The 15th anniversary in formation CHRONICLE of TEXT 02』、p.31、ソニー・マガジンズ、2006年(『uv vol.27』の再掲)

^ a b c d e f g h i j k l 『B=PASS』、p.38-p.39、シンコー・ミュージック、1998年2月号

^ 『音楽プロデューサー 岡野ハジメ エンサイクロペディア CATHARSIS OF MUSIC』、p.149、シンコーミュージック・エンタテイメント、2019年

^ a b 『音楽プロデューサー 岡野ハジメ エンサイクロペディア CATHARSIS OF MUSIC』、p.152、シンコーミュージック・エンタテイメント、2019年

^ a b 『L’Arc〜en〜Ciel Box Set of The 15th anniversary in formation CHRONICLE of TEXT 02』、p.48、ソニー・マガジンズ、2006年(『uv vol.28』の再掲)

^ a b c d e f 『L’Arc〜en〜Ciel Box Set of The 15th anniversary in formation CHRONICLE of TEXT 02』、p.10、ソニー・マガジンズ、2006年(『WHAT’s IN? 1998年2月号』の再掲)

^ a b 『GiGS』、p.6、シンコー・ミュージック、1998年4月号

^ a b c d 『L’Arc〜en〜Ciel Box Set of The 15th anniversary in formation CHRONICLE of TEXT 02』、p.33、ソニー・マガジンズ、2006年(『uv vol.27』の再掲)

^ a b 著者:鹿野淳『WORDS L’Arc〜en〜Ciel』、p.153、角川書店、2005年

^ 『L’Arc〜en〜Ciel Box Set of The 15th anniversary in formation CHRONICLE of TEXT 02』、p.16、ソニー・マガジンズ、2006年(『PATi PATi 1998年3月号』の再掲)

^ a b NHK-FM系ラジオ番組『ミュージックスクエア』1998年2月25日放送分

^ a b c 『R&R NewsMaker』、p.37、ビクターエンタテイメント、1999年7月号

^ 『R&R NewsMaker』、p.20、ビクターエンタテイメント、1999年6月号

^ 『WHAT’s IN?』、p.42、ソニー・マガジンズ、2000年7月号

表話編歴L’Arc'”`UNIQ–templatestyles-0000003E-QINU`”‘〜en〜Ciel
hyde – ken – tetsuya – yukihirohiro – pero – sakuraシングル
表話編歴L’Arc〜en〜CielのシングルCD
1990年代
1992年
indies.Floods of tears/夜想花

1994年
1.Blurry Eyes

1995年
2.Vivid Colors – 3.夏の憂鬱 [time to say good-bye]

1996年
4.風にきえないで – 5.flower – 6.Lies and Truth

1997年
7.虹

1998年
8.winter fall – 9.DIVE TO BLUE – 10.HONEY – 11.花葬 – 12.浸食 〜lose control〜 – 13.snow drop – 14.forbidden lover

1999年
15.HEAVEN’S DRIVE – 16.Pieces – 17.Driver’s High – 18.LOVE FLIES

2000年代
2000年
19.NEO UNIVERSE/finale – 20.STAY AWAY

2001年
21.Spirit dreams inside -another dream-

2004年
22.READY STEADY GO – 23.瞳の住人 – 24.自由への招待

2005年
25.Killing Me – 26.New World – 27.叙情詩 – 28.Link

2006年
29.the Fourth Avenue Café

2007年
30.SEVENTH HEAVEN – 31.MY HEART DRAWS A DREAM – 32.DAYBREAK’S BELL – 33.Hurry Xmas

2008年
34.DRINK IT DOWN – 35.NEXUS 4/SHINE

2010年代
2010年
36.BLESS

2011年
37.GOOD LUCK MY WAY – 38.X X X – 39.CHASE

2014年
限定.EVERLASTING

2015年
40.Wings Flap

2016年
41.Don’t be Afraid

2020年代
2021年
42.ミライ – 43.FOREVER

ビデオ
1.眠りによせて – 2.and She Said

配信限定
1.I Love Rock’n Roll – 2.X X X -English version- – 3.CHASE -English version- – 4.Don’t be Afraid -English version- – 5.FOREVER (Anime Edit)

アルバム
スタジオ
1. DUNE
2. Tierra
3. heavenly
4. True
5. HEART
6. ark
7. ray
8. REAL
9. SMILE
10. AWAKE
11. KISS
12. BUTTERFLYベスト
国内版
1. Clicked Singles Best 13
2. The Best of L’Arc〜en〜Ciel (1994-1998, 1998-2000, c/w)
3. QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜
4. TWENITY (1991-1996, 1997-1999, 2000-2010, BOX)海外版
WORLD’S BEST SELECTION
リミックス
ectomorphed worksライヴ
25th L’Anniversary LIVEトリビュート
L’Arc〜en〜Ciel Tribute再発盤

1. DUNE 10th Anniversary Edition
2. ark 15th Anniversary Expanded Edition
3. ray 15th Anniversary Expanded EditionBOX
L’Album Complete Box -Remastered Edition-

映像作品
ミュージック・クリップ

indies. TOUCH OF DUNE
1. CHRONICLE
2. CHRONICLE 2
3. CHRONICLE 0 -ZERO-
4. CHRONICLE 3
5. CHRONICLE 4+ライヴ映像
A PIECE OF REINCARNATIONイメージビデオ
Siesta 〜Film of Dreams〜
ライヴ

自主制作. L’Arc-en-Ciel
1. heavenly 〜films〜
2. ハートに火をつけろ!
3. 1999 GRAND CROSS CONCLUSION
4. CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE -NO CUT-
5. 7
6. LIVE IN U.S.A 〜at 1st Mariner Arena July 31, 2004〜
7. SMILE TOUR 2004 〜全国編〜
8. AWAKE TOUR 2005
9. ASIALIVE 2005
10. 15th L’Anniversary Live
11. Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ! in OKINAWA
12. TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS
13. LIVE IN PARIS
14. TOUR 2008 L’7 〜Trans ASIA via PARIS〜
15. 20th L’Anniversary LIVE(-Complete Box-, -Day1-, -Day2-)
16. WORLD TOUR 2012 LIVE at MADISON SQUARE GARDEN
17. 20th L’Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL LIVE at 国立競技場
18. L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2014 at 国立競技場
19. L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO
20. 25th L’Anniversary LIVE
21. LIVE 2018 L’ArChristmasベスト
LIVE TWENITYBOX

1. FIVE LIVE ARCHIVES
2. FIVE LIVE ARCHIVES 2再発盤
L’Aive Blu-ray BOX -Limited Edition-

ドキュメンタリー
1. DOCUMENTARY FILMS 〜Trans ASIA via PARIS〜
2. DOCUMENTARY FILMS 〜WORLD TOUR 2012〜「Over The L’Arc-en-Ciel」
映画
Over The L’Arc-en-Cielゲーム
1. 激突トマラルク TOMARUNNER VS L’Arc〜en〜Ciel
2. L’Arcollection関連項目
ディスコグラフィ
マーヴェリック・ディー・シー・グループ
デンジャークルー・レコード
キューンミュージック
P’UNK〜EN〜CIEL
VAMPS
TETSU69
Creature Creature
SONS OF ALL PUSSYS
acid android
geek sleep sheep
FLYING〜L’Arc〜ATTACK
JACK IN THE BOX
表話編歴オリコン週間シングルチャート第1位(1998年2月9日付)1月
12日(合算週: 2週分) CAN YOU CELEBRATE? (12cm)(安室奈美恵)
19日 Face the change(Every Little Thing)
26日 夜空ノムコウ(SMAP)2月
2日 明日が聴こえる/Children’s Holiday(J-FRIENDS)
9日 winter fall(L’Arc〜en〜Ciel)
16日 球根(THE YELLOW MONKEY)
23日 ニシエヒガシエ(Mr.Children)3月
2日・9日・16日 my graduation(SPEED)
23日 Be Yourself!/always(V6/20th Century)
30日 長い間(Kiroro)4月
6日・13日 DIVE TO BLUE(L’Arc〜en〜Ciel)
20日 さまよえる蒼い弾丸(B’z)
27日 STORM(LUNA SEA)5月
4日 ジェットコースター・ロマンス(KinKi Kids)
11日・18日 誘惑(GLAY)
25日 ピンク スパイダー(hide with Spread Beaver)6月
1日 ピンク スパイダー(hide with Spread Beaver)
8日 ever free(hide with Spread Beaver)
15日 SHINE(LUNA SEA)
22日 There will be love there -愛のある場所-(the brilliant green)
29日 FOREVER YOURS(Every Little Thing)7月
6日 HOT LIMIT(T.M.Revolution)
13日 ALIVE(SPEED)
20日 HOME(B’z)
27日 HONEY(L’Arc〜en〜Ciel)8月
3日 POWER(ポケットビスケッツ)
10日・17日・24日・31日 全部だきしめて/青の時代(KinKi Kids)9月
7日 冷たい花(the brilliant green)
14日 wanna Be A Dreammaker(globe)
21日 抱いてHOLD ON ME!(モーニング娘。)
28日 運命のルーレット廻して(ZARD)10月
5日 Sa Yo Na Ra(globe)
12日 sweet heart(globe)
19日 snow drop(L’Arc〜en〜Ciel)
26日 forbidden lover(L’Arc〜en〜Ciel)11月
2日 終わりなき旅(Mr.Children)
9日・16日 ALL MY TRUE LOVE(SPEED)
23日 over/EASY SHOW TIME(V6)
30日 カムフラージュ/Winter Lovers(竹内まりや)12月
7日・14日 BE WITH YOU(GLAY)
21日 Happy Happy Greeting/シンデレラ・クリスマス(KinKi Kids)
28日 遠くまで(稲葉浩志)
シングル:1967
1968
1969
1970
1971
1972
1973
1974
1975
1976
1977
1978
1979
1980
1981
1982
1983
1984
1985
1986
1987
1988
1989
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022デジタルシングル:2017・2018
2019
2020
2021
2022合算シングル:2018・2019
2020
2021
2022ストリーミング:2018・2019
2020
2021
2022
典拠管理
MBRG: dd32565f-a8b9-3129-8897-dd5e775a6d57

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Winter_fall&oldid=91077689」から取得
カテゴリ: L’Arc〜en〜Cielの楽曲Hydeが制作した楽曲Kenが制作した楽曲1998年のシングル1998年のオリコンシングルチャート1位獲得作品冬を題材とした楽曲楽曲 う隠しカテゴリ: MusicBrainzリリース・グループ識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 75 17
再生回数: 9996
[spincontent type=”j”]

L'Arc~en~Ciel「winter fall」-Music Clip- Youtube

L’Arc〜en〜Ciel、7週連続で過去Music Clipの公開が決定!
〇Music Clip一覧はこちら→https://youtube.com/playlist?list=PLUsP-war7Md5UzH1zSnEpANrImi-MWcA9
〇各サブスクリプションサービスはこちら→https://kmu.lnk.to/LArcenCiel_st

30th L’Anniversary
「L’Album Complete Box -Remastered Edition-」
2022年5月18日(水)発売
予約はこちら→https://kmu.lnk.to/LAlbum

L’Arc〜en〜Ciel「30th L’Anniversary LIVE」
東京ドーム
2022年5月21日(土) OPEN 15:30 / START 18:00
2022年5月22日(日) OPEN 14:30 / START 17:00
詳細はこちら→https://LE-CIEL.com/live-30th

Follow L’Arc~en~Ciel
Official Website https://LArc-en-Ciel.com/
Official Fan Club “LE-CIEL”  https://LE-CIEL.com
Digital Fan Club “LE-CIEL” https://digital-LECIEL.com
Mobile Site L’mobile https://sp.LArc-mobile.com/
Twitter https://twitter.com/LArc_official
Instagram  https://www.instagram.com/LArcenCiel.official/
Facebook https://facebook.com/LArc.en.Ciel
Weibo  https://www.weibo.com/LArcenCielOfficial

2. l'arc〜en〜ciel winter fall Yomiuri

Yomiuri
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: l'arc〜en〜ciel winter fall に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 l'arc〜en〜ciel winter fall は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6447
[spincontent type=”j”]

3. l'arc〜en〜ciel winter fall Asahi Shimbun

朝日新聞
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: 朝日新聞で検索した l'arc〜en〜ciel winter fall に関する上記の情報が、l'arc〜en〜ciel winter fall に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7552
[spincontent type=”j”]

4. l'arc〜en〜ciel winter fall The Japan Times

The Japan Times
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: ジャパン タイムズで検索した l'arc〜en〜ciel winter fall に関する記事のトップです。l'arc〜en〜ciel winter fall に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6953
[spincontent type=”j”]

5. l'arc〜en〜ciel winter fall Yomiuri Shimbun

読売新聞
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: l'arc〜en〜ciel winter fall に関する詳細情報はすでにありますか? l'arc〜en〜ciel winter fall という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6221
[spincontent type=”j”]

6. l'arc〜en〜ciel winter fall Mainichi Shimbun

毎日新聞
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: 毎日新聞で見つけた l'arc〜en〜ciel winter fall に関する上記の情報が、l'arc〜en〜ciel winter fall に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1183
[spincontent type=”j”]

7. l'arc〜en〜ciel winter fall Sankei Shimbun

産経新聞
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: 産経新聞で検索した l'arc〜en〜ciel winter fall に関する記事のトップです。l'arc〜en〜ciel winter fall に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7223
[spincontent type=”j”]

8. l'arc〜en〜ciel winter fall Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: l'arc〜en〜ciel winter fall に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 l'arc〜en〜ciel winter fall は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6388
[spincontent type=”j”]

9. l'arc〜en〜ciel winter fall Chunichi Shimbun

中日新聞
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: 中日新聞で検索した l'arc〜en〜ciel winter fall に関する上記の情報が、l'arc〜en〜ciel winter fall に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9390
[spincontent type=”j”]

10. l'arc〜en〜ciel winter fall Tokyo Shimbun

東京新聞
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: l'arc〜en〜ciel winter fall に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した l'arc〜en〜ciel winter fall に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8601
[spincontent type=”j”]

11. l'arc〜en〜ciel winter fall Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: l'arc〜en〜ciel winter fall に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 l'arc〜en〜ciel winter fall は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9245
[spincontent type=”j”]

12. l'arc〜en〜ciel winter fall Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: 日刊工業新聞で見つけた l'arc〜en〜ciel winter fall に関する上記の情報が、l'arc〜en〜ciel winter fall に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1250
[spincontent type=”j”]

13. l'arc〜en〜ciel winter fall Ainu Times

アイヌタイムス
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: アイヌ タイムズで検索した l'arc〜en〜ciel winter fall に関する記事のトップです。l'arc〜en〜ciel winter fall に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3456
[spincontent type=”j”]

14. l'arc〜en〜ciel winter fall Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: l'arc〜en〜ciel winter fall に関する詳細情報はすでにありますか? l'arc〜en〜ciel winter fall という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7151
[spincontent type=”j”]

15. l'arc〜en〜ciel winter fall Chiba Nippo

千葉日報
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: 千葉日報で検索した l'arc〜en〜ciel winter fall に関する上記の情報が、l'arc〜en〜ciel winter fall に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 47 15
[spincontent type=”j”]

16. l'arc〜en〜ciel winter fall Chugoku Shimbun

中国新聞
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: 中国新聞で検索した l'arc〜en〜ciel winter fall に関する記事のトップです。l'arc〜en〜ciel winter fall に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7803
[spincontent type=”j”]

17. l'arc〜en〜ciel winter fall Daily Tohoku

デイリー東北
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: l'arc〜en〜ciel winter fall に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 l'arc〜en〜ciel winter fall はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9872
[spincontent type=”j”]

18. l'arc〜en〜ciel winter fall The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
l'arc〜en〜ciel winter fall

説明: イースタン クロニクルで検索した l'arc〜en〜ciel winter fall に関する上記の情報が、l'arc〜en〜ciel winter fall に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2607
[spincontent type=”j”]

l'arc〜en〜ciel winter fall に関する質問

l'arc〜en〜ciel winter fall についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 l'arc〜en〜ciel winter fall は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 l'arc〜en〜ciel winter fall が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード l'arc〜en〜ciel winter fall

l'arc〜en〜ciel winter fall
方法l'arc〜en〜ciel winter fall
チュートリアル l'arc〜en〜ciel winter fall
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: