あなたは la la la love song 久保田 利伸 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 la la la love song 久保田 利伸 を共有します。 la la la love song 久保田 利伸 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

la la la love song 久保田 利伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

日本ローカルの事柄については「1996年の日本」をご覧ください。

千年紀:
2千年紀世紀:
19世紀 – 20世紀 – 21世紀十年紀:
1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代年:
1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年.mw-parser-output .sidebarwidth:auto;float:right;clear:right;margin:0.5em 0 1em 1em;background:#f8f9fa;border:1px solid #aaa;padding:0.2em;text-align:center;line-height:1.4em;font-size:88%;border-collapse:collapse;display:tablebody.skin-minerva .mw-parser-output .sidebardisplay:table!important;float:right!important;margin:0.5em 0 1em 1em!important.mw-parser-output .sidebar-subgroupwidth:100%;margin:0;border-spacing:0.mw-parser-output .sidebar-leftfloat:left;clear:left;margin:0.5em 1em 1em 0.mw-parser-output .sidebar-nonefloat:none;clear:both;margin:0.5em 1em 1em 0.mw-parser-output .sidebar-outer-titlepadding:0 0.4em 0.2em;font-size:125%;line-height:1.2em;font-weight:bold.mw-parser-output .sidebar-top-imagepadding:0.4em.mw-parser-output .sidebar-top-caption,.mw-parser-output .sidebar-pretitle-with-top-image,.mw-parser-output .sidebar-captionpadding:0.2em 0.4em 0;line-height:1.2em.mw-parser-output .sidebar-pretitlepadding:0.4em 0.4em 0;line-height:1.2em.mw-parser-output .sidebar-title,.mw-parser-output .sidebar-title-with-pretitlepadding:0.2em 0.8em;font-size:145%;line-height:1.2em.mw-parser-output .sidebar-title-with-pretitlepadding:0 0.4em.mw-parser-output .sidebar-imagepadding:0.2em 0.4em 0.4em.mw-parser-output .sidebar-headingpadding:0.1em 0.4em.mw-parser-output .sidebar-contentpadding:0 0.5em 0.4em.mw-parser-output .sidebar-content-with-subgrouppadding:0.1em 0.4em 0.2em.mw-parser-output .sidebar-above,.mw-parser-output .sidebar-belowpadding:0.3em 0.8em;font-weight:bold.mw-parser-output .sidebar-collapse .sidebar-above,.mw-parser-output .sidebar-collapse .sidebar-belowborder-top:1px solid #aaa;border-bottom:1px solid #aaa.mw-parser-output .sidebar-navbartext-align:right;font-size:75%;padding:0 0.4em 0.4em.mw-parser-output .sidebar-list-titlepadding:0 0.4em;text-align:left;font-weight:bold;line-height:1.6em;font-size:105%.mw-parser-output .sidebar-list-title-cpadding:0 0.4em;text-align:center;margin:0 3.3em@media(max-width:720px)body.mediawiki .mw-parser-output .sidebarwidth:100%!important;clear:both;float:none!important;margin-left:0!important;margin-right:0!important1996年(1996 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、月曜日から始まる閏年。平成8年。
この項目では、国際的な視点に基づいた1996年について記載する。

他の紀年法[編集]
各紀年法による1996年

 

西暦

1996年 MCMXCVI
干支

丙子
和暦

平成8年
檀君紀元

檀紀4329年
 – 主体暦

主体85年
民国紀元

民國85年
タイ太陽暦

พ.ศ. 2539
ローマ建国紀元

2749
アルメニア暦

1445 ԹՎ ՌՆԽԵ
アッシリア暦

6746
バハーイ暦

152–153
ベンガル暦

1403
ベルベル暦

2946
英国元号

44 Eliz. 2 – 45 Eliz. 2
ビルマ暦

1358
世界創造紀元

7504–7505
コプト暦

1712–1713
エチオピア暦

1988–1989
ユダヤ暦

5756–5757
ヒンドゥー暦
 – ビクラム暦

2052–2053
 – インド国定暦

1918–1919
 – カリ・ユガ

5097–5098
完新世暦

11996
イラン暦

1374–1375
ヒジュラ暦

1416–1417
UNIX時間

820454400–852076799

このテンプレートを: 表示・ノート・編集・履歴
干支:丙子(ひのえ ね)
日本(月日は一致)
平成8年
皇紀2656年
大韓民国(月日は一致)
大韓民国78年
檀紀4329年
中華民国(月日は一致)
中華民国暦85年
朝鮮民主主義人民共和国(月日は一致)
主体85年
仏滅紀元:2538年 – 2539年
イスラム暦:1416年8月9日 – 1417年8月20日
ユダヤ暦:5756年4月9日 – 5757年4月21日
UNIX時間:820454400 – 852076799
修正ユリウス日(MJD):50083 – 50448
リリウス日(LD):150924 – 151289
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国で1997年に制定された。

カレンダー[編集]

1月

1

2

3

4

5

6
7

8

9

10

11

12

13
14

15

16

17

18

19

20
21

22

23

24

25

26

27
28

29

30

31

2月

1

2

3
4

5

6

7

8

9

10
11

12

13

14

15

16

17
18

19

20

21

22

23

24
25

26

27

28

29

3月

1

2
3

4

5

6

7

8

9
10

11

12

13

14

15

16
17

18

19

20

21

22

23
24

25

26

27

28

29

30
31

4月

1

2

3

4

5

6
7

8

9

10

11

12

13
14

15

16

17

18

19

20
21

22

23

24

25

26

27
28

29

30

5月

1

2

3

4
5

6

7

8

9

10

11
12

13

14

15

16

17

18
19

20

21

22

23

24

25
26

27

28

29

30

31

6月

1
2

3

4

5

6

7

8
9

10

11

12

13

14

15
16

17

18

19

20

21

22
23

24

25

26

27

28

29
30

7月

1

2

3

4

5

6
7

8

9

10

11

12

13
14

15

16

17

18

19

20
21

22

23

24

25

26

27
28

29

30

31

8月

1

2

3
4

5

6

7

8

9

10
11

12

13

14

15

16

17
18

19

20

21

22

23

24
25

26

27

28

29

30

31

9月


1

2

3

4

5

6

7
8

9

10

11

12

13

14
15

16

17

18

19

20

21
22

23

24

25

26

27

28
29

30

10月

1

2

3

4

5
6

7

8

9

10

11

12
13

14

15

16

17

18

19
20

21

22

23

24

25

26
27

28

29

30

31

11月

1

2
3

4

5

6

7

8

9
10

11

12

13

14

15

16
17

18

19

20

21

22

23
24

25

26

27

28

29

30

12月


1

2

3

4

5

6

7
8

9

10

11

12

13

14
15

16

17

18

19

20

21
22

23

24

25

26

27

28
29

30

31

できごと[編集]
1月[編集]
1月17日 – チェコがEUへの加盟を申請。
1月30日 – HIV感染を理由に引退していた、アメリカNBAのマジック・ジョンソンがNBAに復帰。2月[編集]
2月 – アメリカワシントン州の中学校で14歳の少年がライフル銃乱射。
2月10日 – IBMのコンピューター・ディープ・ブルーがガルリ・カスパロフとチェスで初対戦(ディープ・ブルー対ガルリ・カスパロフ)。
2月11日 – 日本のロックバンド・BUMP OF CHICKENが現編成での初ステージを踏む。
2月14日 – 羽生善治が史上初となる将棋タイトル七冠独占を達成。
2月28日 – イギリスのチャールズ皇太子、ダイアナ皇太子妃夫妻が離婚。3月[編集]
3月23日 – 李登輝、台湾初の中華民国総統直接選挙で当選。4月[編集]
4月25日 – エリツィン露大統領、江沢民主席と北京会談。
4月28日 – オーストラリアタスマニア州でポートアーサー事件が発生。5月[編集]
5月8日 – 全人種の平等などを規定した南アフリカ共和国憲法が施行される。
5月27日 – 第一次チェチェン紛争の休戦成立。
5月31日 – 2002 FIFAワールドカップにおける日本と韓国の共同開催が決定。6月[編集]
6月8日 – 中国が核実験。
6月25日 – サウジアラビアの米軍基地宿舎で爆発し、米国人ら7人が死亡。
6月28日 – ベトナム共産党第8回党大会、ドー・ムオイを書記長に再選、「工業化・現代化」を提唱。
6月 – マレーシアのクアラルンプールにペトロナスツインタワー完成(41階と42階にはスカイブリッジがあり、タワーの補強の役目を担っていると言われている)。なお、この時点では世界一の高さを誇ったが、2003年10月17日、台湾の台北101が世界一となっている。7月[編集]
7月3日 – ボリス・エリツィン、ロシア大統領決選投票で再選。
7月8日 – ヴィクター・ロスチャイルド (第3代ロスチャイルド男爵)の子、アムシェル・ロートシルト(英語版)が変死。
7月12日 – 英国のチャールズ皇太子、ダイアナ妃と離婚合意。
7月17日 – ポルトガル語諸国共同体結成。
7月17日 – 米・ニューヨーク沖でトランス・ワールド航空 (TWA) 機が墜落し、乗客乗員230人全員が死亡(トランス・ワールド航空800便墜落事故)。
7月20日 – 8月4日 – アトランタオリンピック開催。
7月24日 – ウクライナ西部フメリニツキ原子力発電所で、放射能漏れ事故が発生し、作業員1人が死亡。
7月26日 – 韓国、京畿道と江原道で集中豪雨があり、死者行方不明者が多数でる。
7月27日 – アメリカ合衆国ジョージア州アトランタの「センテニアル・オリンピック・パーク」内のイヴェントステージ付近で、爆弾テロが発生、2人が死亡し、110人が負傷。
7月27日 – インドネシアの首都ジャカルタで、軍・警察が野党の「インドネシア民主党」党本部からメガワティ党派を強制排除したのをきっかけに1万人が暴徒化。
7月27日 – オーストラリアのシドニーで開催されていた「米豪定期閣僚会議」が『シドニー宣言(共同安全保障宣言)』を発表し終了。8月[編集]
8月6日 – アメリカ航空宇宙局が南極で採取された火星由来の隕石の破片『アラン・ヒルズ84001』から微小な生命活動が行われた可能性を示す物質が検出されたと発表。
8月22日 – ビル・クリントン米大統領が個人責任と就労機会調停法(英語版)に署名し、社会福祉改革を断行する。9月[編集]
9月10日 – 国連総会で包括的核実験禁止条約(CTBT)が採択される。
9月18日 – 北朝鮮ゲリラ、韓国東海岸に侵入。(江陵浸透事件)
9月23日 – 藤子・F・不二雄が死亡。
9月25日 – アイルランドのマグダレン修道院閉鎖。10月[編集]
10月1日 – 国境なき医師団がソウル平和賞を受賞。11月[編集]
11月5日 – アメリカ大統領選でビル・クリントン再選。
11月12日 – ニューデリー空中衝突事故。349人死亡。12月[編集]
12月5日 – 日本の原爆ドームが世界遺産に登録される。
12月12日 – 大韓民国が経済協力開発機構に加盟。
12月17日 – 在ペルー日本大使公邸占拠事件発生、翌年4月22日解決。
12月20日 – Apple Computer、NeXTを買収しOPENSTEPをMac OSの後継とすることを発表。スティーブ・ジョブズがApple Computerに復帰。
12月26日 – ジョンベネ殺害事件発生。日付不明[編集]
東方Projectが原作者ZUN氏によってスタート。同時に東方靈異伝がZUN氏の大学祭でお披露目される。周年[編集]
周年であること自体に特筆性のある項目(元のトピックの特筆性ではありません)のみ記述してください。また期間限定イベント(五輪、万博など)は開幕日-閉幕日起点で記述してください以下に、過去の主な出来事からの区切りの良い年数(周年)を記す。

4月26日 – チェルノブイリ原子力発電所事故から10周年。
7月15日 – ボーイング社(米ワシントン州シアトル)創業80周年。
7月26日 – スエズ運河国有化宣言から30周年。
12月25日 – ソビエト連邦の崩壊から5周年。天候・天災・観測等[編集]
3月下旬 – 百武彗星が地球に接近。非常に明るくなる。芸術・文化・ファッション・テレビ[編集]
スポーツ[編集]
アトランタオリンピック開催。モータースポーツ[編集]
F1世界選手権
ドライバーズチャンピオン・デイモン・ヒル
コンストラクターズチャンピオン・ウィリアムズ・ルノー音楽[編集]
スパイス・ガールズのシングル「Wannabe」が世界37カ国でチャート1位を獲得。
カーペンターズ、「青春の輝き」「トップ・オブ・ザ・ワールド」リバイバルヒット映画[編集]
詳細は「1996年の映画」を参照
ミッション:インポッシブル
インデペンデンス・デイ
スペース・ジャム
ジャイアント・ピーチ
ノートルダムの鐘
トレインスポッティング
秘密と嘘
浮き雲
マーズ・アタック!
イングリッシュ・ペイシェントゲーム[編集]
任天堂が家庭用ゲーム機「NINTENDO64」を発売。
任天堂がゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』を日本で発売(日本国外では1998年〜1999年に発売)。全世界で最終的に4500万本売り上げ(『青』、『ピカチュウ』を含む)、ロールプレイングゲーム史上売上高世界一を記録した。

NINTENDO64

テレビ[編集]
青山剛昌の同名漫画原作のテレビアニメ『名探偵コナン』がよみうりテレビ・東京ムービー→TMSの制作によって、よみうりテレビ・日本テレビ系列で同月8日の夜7時30分から8時までの枠で放送開始。誕生[編集]
「1996年の日本#誕生」および「Category:1996年生」も参照
1月[編集]
1月1日 – アンドレアス・ペレイラ、サッカー選手
1月1日 – クン、アイドル(NCT、WayV、NCT U)
1月2日 – 于小雨、フィギュアスケート選手
1月3日 – フローレンス・ピュー、女優
1月4日 – 桜田佳歩、声優
1月5日 – エマ・ボルジャー、女優
1月5日 – マックス・ボルドリー、俳優
1月6日 – ウ・ジユン、歌手(BOL4)
1月7日 – 范蘊若、囲碁棋士( – 2020年)
1月8日 – クリス・パダック、野球選手(投手)
1月8日 – 佐野玲於、ダンサー、俳優(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
1月9日 – 永原和可那、バドミントン選手
1月10日 – 大原櫻子、シンガーソングライター、女優
1月10日 – パク・へユン、アイドル(Cherry Bullet)
1月11日 – 楓、ダンサー、ファッションモデル(元Happiness、元E-girls)
1月11日 – 草間リチャード敬太、アイドル、俳優(関西ジャニーズJr.、Aぇ! group)
1月12日 – 橋本愛、女優
1月13日 – 稲村亜美、グラビアアイドル、タレント
1月15日 – ダヴ・キャメロン、女優、歌手
1月16日 – ジェニー、アイドル、モデル(BLACKPINK)
1月18日 – サラ・ギルマン、女優
1月20日 – ヤン・ヘジ、女優
1月21日 – マルコ・アセンシオ、サッカー選手
1月22日 – 市來玲奈、元アイドル、アナウンサー(元乃木坂46)
1月22日 – イ・テビン、元アイドル、俳優(元MYTEEN)
1月22日 佐々木久美 日向坂46
1月23日 – アウロ・アウヴァロ・ダ・クルス・ジュニオル、サッカー選手
1月24日 – 辻佳奈美、テニス選手
1月25日 – スンヒ、アイドル(OH MY GIRL)
1月26日 – ザカリア・バカリ、サッカー選手
1月27日 – 並木万里菜、アナウンサー
1月28日 – 樋口黎、レスリング選手
1月30日 – 柏原明日架、プロゴルファー
1月31日 – ジョエル・コートニー、俳優2月[編集]
2月1日 – ドヨン、アイドル(NCT、NCT U、NCT127)
2月3日 – 熊谷知博、俳優
2月5日 – 大山千広、競艇選手
2月7日 – ピエール・ガスリー、レーシングドライバー
2月8日 – ロベルト・ケネディ・ヌネス・ド・ナシメント、サッカー選手
2月8日 – 藤原丈一郎、アイドル、俳優(なにわ男子)
2月9日 – ジミー・ベネット、俳優
2月9日 – キム・チョンハ、元アイドル、歌手(元I.O.I)
2月10日 – 新山詩織、シンガーソングライター
2月11日 – ヨナタン・ター、サッカー選手
2月12日 – 千葉一磨、俳優、タレント
2月15日 – 貴島明日香、ファッションモデル、女優
2月16日 – 小松菜奈、女優、モデル
2月17日 – サーシャ・ピーターズ、女優
2月18日 – 久松郁実、タレント、モデル
2月19日 – 菅原梨央、タレント
2月20日 – 伊藤万理華、元アイドル、女優(元乃木坂46)
2月21日 – ソフィー・ターナー、女優
2月22日 – 原風佳、タレント
2月23日 – デアンジェロ・ラッセル、バスケットボール選手(PG)
2月24日 – 金城茉奈、女優(+ 2020年)
2月25日 – ウルフ・アロン、柔道家
2月26日 – 西尾優希、アナウンサー
2月27日 – テン、アイドル(NCT U、WayV、SuperM)
2月28日 – カルステン・ワーホルム、陸上競技選手3月[編集]
3月1日 – 葉詩文、水泳選手
3月2日 – キム・ヨングク、アイドル(元JBJ)
3月3日 – 須藤駿介、アナウンサー
3月4日 – ティモ・バウムガルトル、サッカー選手
3月5日 – 遠野ひかる、声優
3月5日 – テイラー・マリー・ヒル、ファッションモデル
3月5日 – エマニュエル・ムディエイ、バスケットボール選手
3月6日 – ティモ・ヴェルナー、サッカー選手
3月6日 – 閻涵、フィギュアスケート選手
3月8日 – 田代りさ、タレント
3月9日 – マリア・アンドレイチク、陸上競技選手
3月10日 – チョ・ジョンウン、子役
3月10日 – 呂彦青、プロ野球選手
3月11日 – 川口翔子、タレント
3月12日 – 根岸拓哉、俳優
3月13日 – テイエムオペラオー、競走馬
3月15日 – ジンジン (JINJIN)(朝鮮語版)、(ASTRO)
3月16日 – アンナ・オフチャロワ、フィギュアスケート選手
3月17日 – 東條麻依子、アナウンサー
3月18日 – 朱正廷、アイドル、俳優(NINE PERCENT)
3月21日 – ハン・ジヒョン、女優
3月23日 – アレクサンダー・アルボン、レーシングドライバー
3月24日 – マイルス・ターナー、バスケットボール選手(C)
3月25日 – 坂口佳穂、ビーチバレー選手、タレント
3月26日 – 鍬原拓也、プロ野球選手
3月27日 – ヨウォン、アイドル(PENTAGON)
3月28日 – ベンジャマン・パヴァール、サッカー選手
3月30日 – 當山美智子、タレント
3月31日 – カン・ソンヒョン、俳優4月[編集]
4月1日 – おぎのかな、タレント
4月2日 – ポリーナ・アガフォノワ、フィギュアスケート選手
4月3日 – 岩元颯オリビエ、サッカー選手
4月4日 – オースティン・マホーン、歌手
4月5日 – 萩原汐希、タレント
4月6日 – 小野寺天汰、空手家、テコンドー選手
4月7日 – ローリー・ブルイン、スノーボード選手
4月8日 – 宮原華音、タレント
4月9日 – 広瀬裕也、声優
4月9日 – ジオヴァニ・ロ・チェルソ、サッカー選手
4月10日 – アンドレアス・クリステンセン、サッカー選手
4月10日 – タナシ・コッキナキス、テニス選手
4月11日 – デレ・アリ、サッカー選手
4月12日 – ポリーナ・コロベイニコワ、フィギュアスケート選手
4月13日 – 中元日芽香、元アイドル、心理カウンセラー(元乃木坂46)
4月14日 – アビゲイル・ブレスリン、女優
4月15日 – 渡部峻、アナウンサー
4月16日 – 池田エライザ、女優、モデル、歌手、監督
4月17日 – 佐藤ミケーラ倭子、元アイドル(元アイドリング!!!35号)
4月18日 – 興津正太郎、俳優
4月19日 – 植田海、プロ野球選手
4月21日 – タヴィ・ゲヴィンソン、雑誌ライター、編集者、女優
4月22日 – 青木詩織、アイドル(SKE48)
4月23日 – アレックス・マルケス、オートバイレーサー
4月24日 – 霧馬山鐵雄、力士
4月25日 – 前田佳織里、声優
4月25日 – アリソン・アシュリー・アーム、女優
4月26日 – 山口真司、サッカー選手
4月27日 – 志村滉、サッカー選手
4月28日 – トニー・レヴォロリ、俳優
4月29日 – 戸川大輔、プロ野球選手
4月30日 – 中村誠、プロ野球選手5月[編集]
5月1日 – 青山聖佳、陸上競技選手
5月2日 – 松田華音、ミュージシャン
5月3日 – ドマンタス・サボニス、バスケットボール選手(PF/C)
5月4日 – 内藤もゆの、女優
5月5日 – ブリトニー・シンプソン、フィギュアスケート選手
5月6日 – シュイ・ズーイン、歌手、女優
5月7日 – イ・サンヒョク、プロゲーマー
5月8日 – 伊藤将司、プロ野球選手
5月9日 – 弭間花菜、アナウンサー
5月10日 – 向田茉夏、元アイドル(元SKE48)
5月11日 – 宮武美桜、タレント
5月12日 – パク・ソンス、サッカー選手
5月13日 – 佐々木健、プロ野球選手
5月14日 – マーティン・ギャリックス、DJ、音楽プロデューサー。
5月15日 – バーディー、シンガーソングライター
5月15日 – アレックス・ベルドゥーゴ、プロ野球選手
5月18日 – 角野友基、スノーボード選手
5月19日 – コギョル、アイドル(UP10TION)
5月20日 – 甲野優美、タレント
5月21日 – 古賀紗理那、バレーボール選手
5月22日 – 清水優心、プロ野球選手
5月23日 – 野口美和、アナウンサー
5月24日 – 浅田春奈、アナウンサー
5月25日 – 山田朱莉、ファッションモデル
5月26日 – 堀池亮介、アナウンサー
5月27日 – キム・ジェファン、アイドル(元Wanna One)
5月29日 – 井上理香子、アイドル(Fairies)
5月30日 – 重田倫明、プロ野球選手
5月31日 – ノーマニ・コーディ、歌手(Fifth Harmony)6月[編集]
6月1日 – トム・ホランド、俳優
6月1日 – 山本祥彰、YouTuber、クイズプレイヤー、ライター
6月2日 – 伊藤凌、タレント
6月3日 – 吉﨑綾、タレント
6月6日 – 井上祐貴、俳優
6月7日 – 宗佑磨、プロ野球選手
6月8日 – ジニョク、アイドル(UP10TION)
6月10日 – ジュン (JUN)(朝鮮語版)、アイドル(SEVENTEEN)
6月11日 – 佐々木彩夏、アイドル(ももいろクローバーZ)
6月11日 – ジェシー、アイドル、俳優、声優(SixTONES)
6月12日 – 矢野瞳、タレント
6月13日 – キングスレイ・コマン、サッカー選手
6月13日 – コディ・スミット=マクフィー、俳優
6月14日 – 関根梓、アイドル
6月15日 – ホシ (HOSHI)(朝鮮語版)、アイドル(SEVENTEEN)
6月16日 – 佐藤寛太、俳優
6月18日 – 三吉彩花、モデル、女優
6月19日 – チャンミ、アイドル(AOA)
6月20日 – 緒形敦、俳優
6月21日 – 淺間大基、プロ野球選手
6月22日 – 楢崎智亜、スポーツクライミング選手
6月23日 – 安田聖愛、タレント
6月24日 – 梶原夕希也、サッカー選手
6月25日 – グスタボ・サントス・コスタ、サッカー選手
6月26日 – Mamiko、ミュージシャン
6月27日 – 矢口蒼依、タレント
6月28日 – ドナ・ベキッチ、テニス選手
6月28日 – ミロト・ラシツァ、サッカー選手
6月29日 – バルト・ラムセラール、サッカー選手
6月30日 – 岡本和真、プロ野球選手7月[編集]
7月1日 – アデリナ・ソトニコワ、フィギュアスケート選手
7月3日 – 赤枝里々奈、元アイドル(元SKE48)
7月4日 – 高杉真宙、俳優
7月4日 – ロウン、アイドル、俳優、モデル(SF9)
7月5日 – 庄司理紗、フィギュアスケート選手
7月6日 – 辻美優、声優、女優
7月7日 – 小島和哉、プロ野球選手
7月7日 – ユン・チェギョン、アイドル(I.B.I)
7月8日 – 古畑星夏、モデル、女優
7月9日 – 栗林良吏、プロ野球選手
7月10日 – ムン・ガヨン、女優、モデル
7月11日 – アンドリヤ・ジヴコヴィッチ、サッカー選手
7月12日 – ムサ・デンベレ、サッカー選手
7月13日 – キーリー・マーシャル、女優
7月14日 – 高山和真、サッカー選手
7月16日 – 渡邉剣、俳優
7月17日 – 北野日奈子、女優、元アイドル(元乃木坂46)
7月17日 – ウォヌ(朝鮮語版)、アイドル(SEVENTEEN)
7月18日 – ヤング・リーン、ラッパー
7月18日 – ハイメ・バリア、野球選手
7月19日 – オ・ハヨン、アイドル、女優(Apink)
7月20日 – ベン・シモンズ、バスケットボール選手(PG)
7月22日 – スカイラー・ギソンド、俳優、声優
7月24日 – 宮本秀明、プロ野球選手
7月25日 – マリア=オリンピア、ギリシャの王女
7月26日 – 北川航也、サッカー選手
7月27日 – 久保拓眞、プロ野球選手
7月28日 – 佐々木渉、サッカー選手
7月29日 – 藤井皓哉、プロ野球選手
7月30日 – 小瀧望、アイドル、俳優(ジャニーズWEST)
7月31日 – ブレイク・マイケル、俳優
7月31日- 林家ぽん平、落語家8月[編集]
8月1日 – ヨヌ、元アイドル、女優(元MOMOLAND)
8月2日 – ケストン・ヒウラ、プロ野球選手
8月3日 – 小郷裕哉、プロ野球選手
8月4日 – 糸原美波、女優
8月5日 – チョ・スンヨン、アイドル、歌手(元X1)
8月5日 – 村上茉愛、体操競技選手
8月6日 – 黒瀬サラ、タレント
8月7日 – リアム・ジェームズ、子役
8月7日 – ダニ・セバージョス、サッカー選手
8月8日 – 松岡菜摘、アイドル(HKT48)
8月9日 – ウォン・ドクヒョン、俳優
8月10日 – 河出奈都美、アナウンサー
8月12日 – フリオ・ウリアス、野球選手(投手)
8月12日 – チェ・ユジン、アイドル(CLC、Kep1er)
8月14日 – ニール・モペイ、サッカー選手
8月15日 – 妹尾直哉、サッカー選手
8月16日 – ケーレブ・ドレッセル、競泳選手
8月16日 – 吉田朱里、元アイドル、モデル、YouTuber(元NMB48)
8月17日 – 伊藤彩沙、声優
8月19日 – ラウラ・テソーロ、歌手、女優
8月20日 – 平井美優、アナウンサー
8月22日 – 守屋都弥、サッカー選手
8月23日 – 井手口陽介、サッカー選手
8月24日 – 白井健三、体操競技選手
8月25日 – 渋谷凪咲、アイドル(NMB48、元AKB48)
8月26日 – グレイシー・ドジーニー、女優
8月27日 – 中熊大智、プロ野球選手
8月28日 – セジョン、元アイドル、歌手(元gugudan、元I.O.I)
8月29日 – 鎌田菜月、アイドル(SKE48)
8月29日 – ダリル・ネイタ、陸上競技選手[1]
8月30日 – ガブリエウ・バルボーザ・アウメイダ、サッカー選手
8月31日 – 大盛穂、プロ野球選手9月[編集]
9月1日 – ゼンデイヤ、女優、歌手、ダンサー
9月2日 – 佐野皓大、プロ野球選手
9月3日 – セーラ、タレント
9月3日 – ジョイ、アイドル、女優(Red Velvet)
9月4日 – 林瑞輝、サッカー選手
9月5日 – リハイロ・ジヴコヴィッチ、サッカー選手
9月5日 – イ・スヒョン、アイドル(I.B.I)
9月6日 – ジョーダン・ヒックス、プロ野球選手
9月7日 – ドノバン・ミッチェル、バスケットボール選手(SG)
9月8日 – 唯月ふうか、歌手
9月8日 – 高木美佑、声優
9月9日 – 荒井健太郎、俳優
9月10日 – 漆原大晟、プロ野球選手
9月12日 – 眉村ちあき、シンガーソングライター
9月13日 – 石橋遼大、お笑い芸人(四千頭身)
9月14日 – スビン、アイドル(宇宙少女)
9月14日 – ジェニ、元アイドル(元DIA)
9月15日 – 古畑奈和、アイドル(SKE48)
9月16日 – 横浜流星、俳優、モデル
9月17日 – エステバン・オコン、レーシングドライバー
9月17日 – ドゥイェ・チャレタ=ツァル、サッカー選手
9月17日 – エラ・パーネル、女優
9月19日 – 兒玉遥、元アイドル、女優(元HKT48、元AKB48)
9月20日 – ジェローム・シンクレア、サッカー選手
9月21日 – 渕上舞、アイドル(HKT48)
9月22日 – アントワーヌ・ユベール、レーシングドライバー( – 2019年)
9月23日 – エフゲニー・リロフ、競技選手
9月26日 – 都丸紗也華、グラビアアイドル、タレント
9月27日 – 茂木力也、サッカー選手
9月28日 – 佐々木美波、アナウンサー
9月30日 – 山田遥楓、プロ野球選手10月[編集]
10月1日 – 鈴木ゆうか、ファッションモデル、女優
10月2日 – 岩下大輝、プロ野球選手
10月3日 – ケレチ・イヘアナチョ、サッカー選手
10月4日 – 小川雄大、サッカー選手
10月5日 – 重本ことり、元アイドル、元タレント(元Dream5)
10月7日 – 黒田真友香、ファッションモデル
10月8日 – 高梨沙羅、スキージャンプ選手
10月9日 – ベラ・ハディッド、ファッションモデル
10月10日 – 岸田行倫、プロ野球選手
10月11日 – ライデル・マルティネス、プロ野球選手
10月12日 – 伊藤美来、声優
10月14日 – 太田光、プロ野球選手
10月15日 – 堀未央奈、アイドル(乃木坂46)
10月17日 – ユ・ヨンヒョク、プロゲーマー
10月18日 – 若井滉斗、ミュージシャン(Mrs. GREEN APPLE)
10月19日 – 嫁阪翔太、サッカー選手
10月20日 – 三浦透子、女優、歌手
10月22日 – 小林廉、俳優
10月23日 – 木村有希、モデル、タレント
10月24日 – ラファエル・デバース、プロ野球選手
10月24日 – ジェイレン・ブラウン、バスケットボール選手(SF)
10月25日 – 古川琴音、女優
10月25日 – イェナン、アイドル(PENTAGON)
10月26日 – 杉原凜、アナウンサー
10月27日 – キム・ウソク、アイドル、歌手、俳優(UP10TION、元X1)
10月29日 – 篠原梨菜、アナウンサー
10月30日 – デビン・ブッカー、バスケットボール選手(SG)
10月30日 – 佐藤勝利、アイドル、俳優(Sexy Zone)11月[編集]
11月1日 – ショーン・ゲラエル、レーシングドライバー
11月1日 – ジョンヨン、アイドル(TWICE)
11月1日 – キム・ミンジェ、俳優
11月1日 – リル・ピープ、ラッパー( – 2017年)
11月3日 – アリア・ウォーレス、女優
11月4日 – ケイトリン・ホワイエク、フィギュアスケート選手
11月4日 – マイケル・クリスチャン・マルティネス、フィギュアスケート選手
11月5日 – サビーナ・アルシンベコバ、バレーボール選手[2]
11月6日 – ソニュル、アイドル(UP10TION)
11月6日 – チャン・スンヨン、アイドル(CLC)
11月7日 – ロード、シンガーソングライター
11月8日 – 小林陵侑、スキージャンプ選手
11月9日 – モモ 、アイドル(TWICE)
11月10日 – キム・へユン、女優
11月11日 – 菅なな子、元アイドル(元SKE48)
1月14日 – 西口直人、プロ野球選手
11月15日 – 渡部香生子、競技選手
11月16日 – 新田真剣佑、俳優、モデル
11月17日 – 頓宮裕真、プロ野球選手
11月18日 – ノア・リンガー、女優
11月18日 – ソン、元アイドル(元CLC)
11月19日 – 沖野綾亜、琉球放送アナウンサー
11月19日 – 萱和磨、体操選手
11月20日 – 室加奈子、アイドル(NMB48)
11月21日 – ソイ、元アイドル、女優(元gugudan)
11月22日 – ウジ、アイドル(SEVENTEEN)
11月22日 – マディソン・ダヴェンポート、女優
11月23日 – アンナ・ヤノフスカヤ、フィギュアスケート選手
11月24日 – 小川諒也、サッカー選手
11月25日 – ウン・ソウ、俳優
11月26日 – ユンチャン、俳優
11月27日 – 中尾暢樹、俳優
11月28日 – 正門良規、アイドル、俳優(関西ジャニーズJr.、Aぇ! group)
11月30日 – 刈谷友衣子、ファッションモデル12月[編集]
12月1日 – 野村勇、プロ野球選手
12月2日 – チャ・ユンジ、歌手
12月3日 – 今川宇宙、女優、イラストレーター
12月4日 – 広田亮平、俳優
12月5日 – 勧修寺保都、俳優
12月6日 – ステファニー・スコット、女優、歌手
12月7日 – 斎藤翔太、サッカー選手
12月8日 – 岸潤一郎、プロ野球選手
12月9日 – 片山友希、女優
12月10日 – 佐藤綾乃、スピードスケート選手
12月10日 – カン・ダニエル、アイドル、俳優(元Wanna One)
12月10日 – ジョー・バロウ、アメリカンフットボール選手
12月11日 – ヘイリー・スタインフェルド、女優、歌手
12月11日 – 瀬尻稜、プロスケートボーダー選手
12月12日 – 美山加恋、声優
12月12日 – 渡辺貴裕、俳優
12月13日 – グレイバー・トーレス、プロ野球選手
12月14日 – 福田俊、プロ野球選手
12月16日 – 真山りか、アイドル(私立恵比寿中学)
12月17日 – エリザベータ・トゥクタミシェワ、フィギュアスケート選手
12月17日 – 岩橋玄樹、元アイドル、元俳優、歌手(元King&Prince)
12月18日 – 齋藤綱記、プロ野球選手
12月19日 – 味野和明日架、タレント
12月20日 – 市ノ瀬加那、声優
12月21日 – ケイトリン・デバー、女優
12月22日 – チョンジン、アイドル(MYTEEN)
12月23日 – ウ・ウォンジェ、ラッパー
12月24日 – 野津山幸宏、声優
12月26日 – 松井愛莉、女優、モデル
12月27日 – 辰己涼介、プロ野球選手
12月28日 – 吉本実憂、女優、歌手
12月29日 – サナ、アイドル(TWICE)
12月31日 – 平尾知佳、サッカー選手死去[編集]
「訃報 1996年」を参照
ノーベル賞[編集]
物理学賞 – デビッド・リー、ダグラス・D・オシェロフ、ロバート・リチャードソン
化学賞 – ロバート・カール、ハロルド・クロトー、リチャード・スモーリー
生理学・医学賞 – ピーター・ドハーティー、ロルフ・ツィンカーナーゲル
文学賞 – ヴィスワヴァ・シンボルスカ
平和賞 – カルロス・フィリペ・シメネス・ベロ、ジョゼ・ラモス=ホルタ
経済学賞 – ジェームズ・マーリーズ、ウィリアム・ヴィックリーフィクションのできごと[編集]
2月 – 第3次核大戦勃発。(漫画・アニメ『攻殻機動隊』)
夏 – 月面危の海を横断調査していた探検隊が、危の海内にある山の山頂にて、異星の知的存在の手によるものと見られる結晶状のピラミッド形建造物を発見する。(小説『前哨(英語版)』)[3]
9月28日 – 地質学教授エドワード・ショーらが、デスバレーに出現した宇宙船と思われる地図にない火山灰円錐丘に空いた洞窟の中で、瀕死状態の異星人「客」を発見。その後、「客」は調査のためにヴァンデンバーグ空軍基地に移送される。また、同時期にグレート・ビクトリア砂漠でも類似する事態が発生する。(小説『天空の劫火』)[4]
10月3日 – 国連の火星観測基地が異星人「グラドス人」の襲撃を受け壊滅。SPT「レイズナー」を奪いグラドス軍から脱走したアルバトロ・ナル・エイジ・アスカが、火星観測基地および基地を訪れていたコズミック・カルチャー・クラブ生徒の生存者と接触する。(アニメ『蒼き流星SPTレイズナー』)[5][6][7][8]
10月29日 – 夜見山北中学校で当時、3年3組の担任をしていた美術教師の三神怜子が帰宅途中に通り魔に刺殺され、遺体は近くを流れる夜見山川で発見される。(小説・アニメ『Another』)
11月20日 – ロサンゼルスの刑事ジョン・スパルタンが冷凍刑に処される。(映画『デモリションマン』)
12月28日 – 12モンキーズによって謎のウイルスがまかれ、全人類の99%が死滅する(映画『12モンキーズ』)
不明 – カーン・ノニエン・シンら優生人類が「優生戦争」に敗れ、宇宙船「ボタニー・ベイ」で地球を脱出する。(特撮テレビ番組『宇宙大作戦』)
不明 – 一九九六年エリート徴兵法制定。異星人「トーラン」の攻撃に対抗すべく、UNEF(国連探検軍)隷下に縮潰星(コラプサー)近傍の基地惑星防衛を任務とする歩兵軍が編成される。(小説『終りなき戦い』)[9]
不明 – アービー彗星の接近で地殻変動が起き、太古に死滅した筈の恐竜が目覚める。この事態に対し、「ボーンフリー隊」が結成される。(特撮テレビ番組『恐竜探険隊ボーンフリー』)[10]
不明 – 「イヤー・ゼロ」。新生児の段階で選ばれた一握りの子供が、人間らしい感情を持たず、ただ命令に従って戦うだけの人間兵器「ソルジャー」へと育成されることが始まる。(映画『ソルジャー』)
不明 – WCS(世界宇宙協会)が火星に第一次探検隊を派遣するが、ハース・レンコーン大尉ら一部の隊員が火星への宇宙人撃退用の要塞の建設を主張して反乱を起こし、火星に置き去りにされる。(漫画・アニメ『鉄腕アトム』「火星探検の巻」)
不明 – 日本がアメリカから八千億ドレン(架空の通貨)でハワイ州を買収し、新たに「ハワイ県」とする。また、ソ連とヨーロッパ諸国からなる「ユートラム連合」と、南米諸国からなる「南米連合」が結成される。(アニメ『トップをねらえ!』)[11]
不明 – BETAの侵攻によって国土を失った東南アジア諸国が「大東亜連合」を結成する。(ゲーム『マブラヴ オルタネイティヴ』)[12]
不明 – 各国共同による先進戦術機技術開発計画「プロミネンス計画」が開始され、根拠地に選ばれた国連軍ユーコン基地の拡張工事が開始される。(ゲーム・アニメ『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』)[12]
不明 – 11代目ドクターがアメリア・ポンドの家の庭に墜落。時間の裂け目を通ってプリズナー・ゼロがアメリアの家へ侵入する。(ドラマ『ドクター・フー』)脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ “Daryll NEITA”. World Athletics. 2022年7月17日閲覧。

^ “成名感壓力少女仍單身” (中国語). 都市日報. 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月6日閲覧。

^ アーサー・C・クラーク 『前哨』早川書房、1985年、263-274頁。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-4-15-010607-2。 

^ グレッグ・ベア 『天空の劫火〔上〕』早川書房、1988年、33,35-54,61-66,82-97頁。ISBN 978-4-15-010797-0。 

^ 蒼き流星SPTレイズナー – アニマックスPLUS。2016年6月19日閲覧。

^ WORLD – アニメ「蒼き流星SPTレイズナー」公式サイト。2016年6月19日閲覧。

^ STORY[第1話 〜 第13話] – アニメ「蒼き流星SPTレイズナー」公式サイト。2016年6月19日閲覧。

^ CHARACTER[地球側(第1話 〜 第25話)] – アニメ「蒼き流星SPTレイズナー」公式サイト。2016年6月19日閲覧。

^ ジョー・ホールドマン 『終りなき戦い』早川書房、1985年、21頁。ISBN 978-4-15-010634-8。 

^ 大石真司・江口水基・島崎淳・間宮尚彦 『円谷プロ全怪獣図鑑』小学館、2013年、132頁。ISBN 978-4-09-682074-2。 

^ 『トップをねらえ! 濃縮CD-ROM大図鑑』収録「おまけ年表」 ガイナックス、1996年。ASIN B005YNHX7G。

^ a b 吉宗鋼紀 『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス 3 虚耗の檻穽』エンターブレイン、2009年、183頁。ISBN 978-4-7577-4521-6。 

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、1996年に関連するカテゴリがあります。年の一覧
年表
年表一覧表話編歴20世紀の十年紀と各年
《1890年代 《1900年
18世紀 19世紀 – 20世紀 – 21世紀 22世紀
2001年》 2010年代》
1900年代

1901年
1902年
1903年
1904年
1905年
1906年
1907年
1908年
1909年
1910年代
1910年
1911年
1912年
1913年
1914年
1915年
1916年
1917年
1918年
1919年
1920年代
1920年
1921年
1922年
1923年
1924年
1925年
1926年
1927年
1928年
1929年
1930年代
1930年
1931年
1932年
1933年
1934年
1935年
1936年
1937年
1938年
1939年
1940年代
1940年
1941年
1942年
1943年
1944年
1945年
1946年
1947年
1948年
1949年
1950年代
1950年
1951年
1952年
1953年
1954年
1955年
1956年
1957年
1958年
1959年
1960年代
1960年
1961年
1962年
1963年
1964年
1965年
1966年
1967年
1968年
1969年
1970年代
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年代
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年代
2000年

 1996年の各国(一覧)表話編歴 1996年のアメリカ(関連カテゴリ:Category:1996年のアメリカ)北アメリカ
アメリカ合衆国1
カナダ
メキシコ中央アメリカ
エルサルバドル
グアテマラ
コスタリカ
ニカラグア
パナマ2
ベリーズ
ホンジュラスカリブ海地域
アンティグア・バーブーダ
キューバ
グレナダ
ジャマイカ
セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント・グレナディーン
セントルシア
ドミニカ共和国
ドミニカ国
トリニダード・トバゴ3
ハイチ
バハマ
バルバドス南アメリカ
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
ガイアナ
コロンビア1
スリナム
チリ
パラグアイ
ブラジル
ベネズエラ1
ペルー
ボリビア米国自治連邦区
プエルトリコ
グリーンランド
バミューダ諸島
各列内は五十音順。

1 カリブ海地域にも領土を有する。
2 中央アメリカと南アメリカに跨っている。
3 南アメリカにも分類され得る。
表話編歴 1996年のヨーロッパ(関連カテゴリ:Category:1996年のヨーロッパ)西ヨーロッパ
アイルランド
アンドラ
イギリス
オランダ
フランス
ベルギー
ルクセンブルク東ヨーロッパ
アゼルバイジャン1
アルバニア
アルメニア1
ウクライナ
クロアチア
ジョージア1
ブルガリア
ベラルーシ
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
モルドバ
ルーマニア
ロシア1中央ヨーロッパ
オーストリア
スイス
スロバキア
スロベニア
チェコ
ドイツ
ハンガリー
ポーランド
リヒテンシュタイン南ヨーロッパ
イタリア
キプロス2
ギリシャ2
サンマリノ
スペイン
トルコ3
バチカン
ポルトガル
マルタ
モナコ北ヨーロッパ
アイスランド
スウェーデン
デンマーク
ノルウェー
フィンランドバルト三国
エストニア
ラトビア
リトアニア自治領
フェロー諸島その他
沿ドニエストル共和国
オーランド諸島
各列内は五十音順。バチカンは国際連合非加盟。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧・独立主張のある地域一覧も参照。

1 アジアに分類されることもある。
2 島嶼部はアジアにも分類され得る。
3バルカン半島はヨーロッパに分類され得る。
表話編歴 1996年のアフリカ(関連カテゴリ:Category:1996年のアフリカ)北アフリカ
アルジェリア
エジプト1
スーダン
チュニジア
モロッコ
リビア西アフリカ
ガーナ
カーボベルデ
ガンビア
ギニア
ギニアビサウ
コートジボワール
シエラレオネ
セネガル
トーゴ
ナイジェリア
ニジェール
ブルキナファソ
ベナン
マリ共和国
モーリタニア
リベリア東アフリカ
ウガンダ
エチオピア
エリトリア
ケニア
コモロ
ジブチ
セーシェル
ソマリア
マダガスカル
モーリシャス中部アフリカ
ガボン
カメルーン
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国
サントメ・プリンシペ
赤道ギニア
チャド
中央アフリカ共和国
ブルンジ
ルワンダ南部アフリカ
アンゴラ
ザンビア
ジンバブエ
スワジランド
タンザニア
ナミビア
ボツワナ
マラウイ
南アフリカ共和国
モザンビーク
レソトその他
ソマリランド
西サハラ
各列内は五十音順。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧・独立主張のある地域一覧も参照。モロッコ以外の独立国および西サハラはアフリカ連合に加盟。

1 一部はアジアに含まれる。
表話編歴 1996年のアジア(関連カテゴリ:Category:1996年のアジア)東アジア
大韓民国
中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
日本
モンゴル国東南アジア
インドネシア
カンボジア
シンガポール
タイ
フィリピン
ブルネイ
ベトナム
マレーシア
ミャンマー
ラオス南アジア
インド
スリランカ
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ブータン
モルディブ中央アジア
ウズベキスタン
カザフスタン1
キルギス
タジキスタン
トルクメニスタン西アジア
アゼルバイジャン1
アフガニスタン
アラブ首長国連邦
アルメニア1
イエメン2
イスラエル
イラク
イラン
オマーン
カタール
キプロス1
クウェート
サウジアラビア
ジョージア1
シリア
トルコ1
バーレーン
ヨルダン
レバノン北アジア
ロシア1その他
北キプロス
中華民国
台湾
ナゴルノ・カラバフ1
パレスチナ
香港
マカオ
各列内は五十音順。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧・独立主張のある地域一覧も参照。

1ヨーロッパにも分類され得る。
2 一部はアフリカに含まれる。
表話編歴 1996年のオセアニア(関連カテゴリ:Category:1996年のオセアニア)大陸部
オーストラリアポリネシア
サモア
ツバル
トンガ
ニュージーランドミクロネシア
キリバス
ナウルメラネシア
ソロモン諸島
バヌアツ
パプアニューギニア
フィジーアメリカ合衆国の自由連合国
パラオ
マーシャル諸島
ミクロネシア連邦ニュージーランドの自由連合国
クック諸島
ニウエ海外領土・自治領等
アメリカ領サモア
ウォリス・フツナ
北マリアナ諸島
グアム
トケラウ
ニューカレドニア
ノーフォーク島
フランス領ポリネシア
ピトケアン諸島
各列内は五十音順。典拠管理
J9U: 987007534716005171
LCCN: sh96010644

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1996年&oldid=91020637」から取得
カテゴリ: 1996年隠しカテゴリ: J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 10 65
再生回数: 30 75
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. la la la love song 久保田 利伸 Yomiuri

Yomiuri
la la la love song 久保田 利伸

説明: la la la love song 久保田 利伸 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 la la la love song 久保田 利伸 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8341
[spincontent type=”j”]

3. la la la love song 久保田 利伸 Asahi Shimbun

朝日新聞
la la la love song 久保田 利伸

説明: 朝日新聞で検索した la la la love song 久保田 利伸 に関する上記の情報が、la la la love song 久保田 利伸 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2802
[spincontent type=”j”]

4. la la la love song 久保田 利伸 The Japan Times

The Japan Times
la la la love song 久保田 利伸

説明: ジャパン タイムズで検索した la la la love song 久保田 利伸 に関する記事のトップです。la la la love song 久保田 利伸 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4543
[spincontent type=”j”]

5. la la la love song 久保田 利伸 Yomiuri Shimbun

読売新聞
la la la love song 久保田 利伸

説明: la la la love song 久保田 利伸 に関する詳細情報はすでにありますか? la la la love song 久保田 利伸 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2102
[spincontent type=”j”]

6. la la la love song 久保田 利伸 Mainichi Shimbun

毎日新聞
la la la love song 久保田 利伸

説明: 毎日新聞で見つけた la la la love song 久保田 利伸 に関する上記の情報が、la la la love song 久保田 利伸 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9191
[spincontent type=”j”]

7. la la la love song 久保田 利伸 Sankei Shimbun

産経新聞
la la la love song 久保田 利伸

説明: 産経新聞で検索した la la la love song 久保田 利伸 に関する記事のトップです。la la la love song 久保田 利伸 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2538
[spincontent type=”j”]

8. la la la love song 久保田 利伸 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
la la la love song 久保田 利伸

説明: la la la love song 久保田 利伸 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 la la la love song 久保田 利伸 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2599
[spincontent type=”j”]

9. la la la love song 久保田 利伸 Chunichi Shimbun

中日新聞
la la la love song 久保田 利伸

説明: 中日新聞で検索した la la la love song 久保田 利伸 に関する上記の情報が、la la la love song 久保田 利伸 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4836
[spincontent type=”j”]

10. la la la love song 久保田 利伸 Tokyo Shimbun

東京新聞
la la la love song 久保田 利伸

説明: la la la love song 久保田 利伸 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した la la la love song 久保田 利伸 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 40 77
[spincontent type=”j”]

11. la la la love song 久保田 利伸 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
la la la love song 久保田 利伸

説明: la la la love song 久保田 利伸 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 la la la love song 久保田 利伸 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8479
[spincontent type=”j”]

12. la la la love song 久保田 利伸 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
la la la love song 久保田 利伸

説明: 日刊工業新聞で見つけた la la la love song 久保田 利伸 に関する上記の情報が、la la la love song 久保田 利伸 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5577
[spincontent type=”j”]

13. la la la love song 久保田 利伸 Ainu Times

アイヌタイムス
la la la love song 久保田 利伸

説明: アイヌ タイムズで検索した la la la love song 久保田 利伸 に関する記事のトップです。la la la love song 久保田 利伸 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7501
[spincontent type=”j”]

14. la la la love song 久保田 利伸 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
la la la love song 久保田 利伸

説明: la la la love song 久保田 利伸 に関する詳細情報はすでにありますか? la la la love song 久保田 利伸 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4493
[spincontent type=”j”]

15. la la la love song 久保田 利伸 Chiba Nippo

千葉日報
la la la love song 久保田 利伸

説明: 千葉日報で検索した la la la love song 久保田 利伸 に関する上記の情報が、la la la love song 久保田 利伸 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 59 17
[spincontent type=”j”]

16. la la la love song 久保田 利伸 Chugoku Shimbun

中国新聞
la la la love song 久保田 利伸

説明: 中国新聞で検索した la la la love song 久保田 利伸 に関する記事のトップです。la la la love song 久保田 利伸 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8460
[spincontent type=”j”]

17. la la la love song 久保田 利伸 Daily Tohoku

デイリー東北
la la la love song 久保田 利伸

説明: la la la love song 久保田 利伸 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 la la la love song 久保田 利伸 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8697
[spincontent type=”j”]

18. la la la love song 久保田 利伸 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
la la la love song 久保田 利伸

説明: イースタン クロニクルで検索した la la la love song 久保田 利伸 に関する上記の情報が、la la la love song 久保田 利伸 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2895
[spincontent type=”j”]

la la la love song 久保田 利伸 に関する質問

la la la love song 久保田 利伸 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 la la la love song 久保田 利伸 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 la la la love song 久保田 利伸 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード la la la love song 久保田 利伸

la la la love song 久保田 利伸
方法la la la love song 久保田 利伸
チュートリアル la la la love song 久保田 利伸
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: