あなたは jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? を共有します。 jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アビスパ福岡原語表記
アビスパ福岡呼称
アビスパ福岡愛称
アビスパクラブカラー
.mw-parser-output .legendpage-break-inside:avoid;break-inside:avoid-column.mw-parser-output .legend-colordisplay:inline-block;min-width:1.5em;height:1.5em;margin:1px 0;text-align:center;border:1px solid black;background-color:transparent;color:black.mw-parser-output .legend-text  ネイビー[1]  ブルーヴェールダンス[1]  シルバー[1]創設年
1982年所属リーグ
日本プロサッカーリーグ所属ディビジョン
J1リーグクラブライセンス
J1ホームタウン
福岡県福岡市[1]ホームスタジアム
ベスト電器スタジアム[1]収容人数
21,562[1]運営法人
アビスパ福岡株式会社[1][2]代表者
川森敬史[1]監督
長谷部茂利公式サイト
公式サイト

ホームカラー

アウェイカラー
■テンプレート(■ノート)■サッカークラブPJアビスパ福岡株式会社Avispa Fukuoka Co., Ltd.本社所在地
813-8585福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17福岡フットボールセンター 管理棟内[2]設立
1994年9月29日[2]業種
サービス業法人番号
8290001016199 事業内容
サッカークラブの運営代表者
川森敬史[1][2]資本金
1億7,611万円(2014年9月22日現在)[2]売上高
19億7,900万円 (2018年1月期)[3]営業利益
5,200万円 (2018年1月期)[3]経常利益
3,400万円 (2018年1月期)[3]純利益
▲1億0703万2000円(2020年01月31日時点)[4]総資産
6億4994万3000円(2020年01月31日時点)[4]決算期
1月期主要株主
システムソフト 45.8%[5]関係する人物
野見山篤(元社長)外部リンク
https://www.avispa.co.jp/特記事項:2006年に福岡ブルックス株式会社から商号変更テンプレートを表示アビスパ福岡(アビスパふくおか、Avispa Fukuoka)は、福岡県福岡市をホームタウンとする[1]、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

概要
1982年創部の中央防犯サッカー部が前身。1994年にJリーグ準会員となり、1996年よりJリーグへ加盟している[1]。クラブ名のアビスパは、スペイン語で「熊ん蜂(スズメバチ)」の意味[1]。ハチの持つ集団的行動や俊敏性が「軽快で統制のとれた多様なグループ攻撃」という、チームの目指すスタイルを象徴する[1]。運営会社はアビスパ福岡株式会社である[1]。
ホームタウンは福岡市1市のみであるが、2017年4月29日にホームスタジアムのある東平尾公園の近郊に位置する糟屋郡宇美町、志免町との間で「地域活性化とスポーツ文化の振興」並びに、「地域に根ざしたスポーツクラブ」および「地域に生活する人々とともにスポーツを通じて子どもたちに夢と感動を、地域に誇りと活力を与える」ことを目的とした「フレンドリータウン協定」を締結している
[6][7]。このフレンドリータウン協定は2021年10月時点で12市町村[注 1]と締結されている。
ホームスタジアムは東平尾公園博多の森球技場(命名権名称、ベスト電器スタジアム)[1]、練習場は福岡市雁の巣レクリエーションセンター球技場である[1](詳細は#スタジアムを参照)。
運営会社の出資企業・団体の多くは福岡市に主要拠点を置く、もしくは福岡が発祥の企業であり[注 2]、取締役には主要株主であるコカ・コーラウエスト・福岡市(市民局)・九州電力・西日本新聞社・九電工・ふくや・福岡銀行・西日本シティ銀行の幹部が就いている。なお、主要な出資者にセコムが入っているのはクラブの母体となった中央防犯アクトサービス(現・中央防犯)がセコムの販売代理店を請け負っていた縁があり、大都技研が入っているのは2008年の増資時に大都からの出資の意向を受け入れたことによる(後述)。2014年に増資を行い、システムソフトが筆頭株主となった(後述)。
福岡市の姉妹都市でもあるボルドー(フランス)をホームタウンするFCジロンダン・ボルドー(リーグ・アン)と技術提携し、若い選手の短期留学やコーチングスタッフの交流などを行っていた[21]。

歴史
前身
詳細は「中央防犯サッカー部」を参照
1982年に静岡県藤枝市で創部された中央防犯サッカー部が前身であり[1]、1991年に日本サッカーリーグ2部[1]、1993年にジャパンフットボールリーグ1部に昇格した[1]。1994年に中央防犯FC藤枝ブルックスと改名し、同年にJリーグ準会員となった[1] が、当時藤枝市内にJリーグ基準を満たすスタジアムが存在しなかったことなどからJリーグクラブ誘致に動いていた福岡市の要請を受け、1995年に福岡市にホームタウンを移すと共に福岡ブルックスへ改名した[1]。

1995年(JFL)

監督 オルギン
佐野友昭
(慶越雄二)
梅山修
礒田由和
(前田浩二)
マジョール
中込正行
(古邊考功)
トログリオ
宮村正志
(永井篤志)
其田秀太
マラドーナ
(永井秀樹)
簑口祐介
(ピッコリ)
竹元義幸
(ホルヘ)

1995年JFL優勝主要メンバー
チームスローガン:iARRIBA!(上へ向かってさあ行こう)監督に1978 FIFAワールドカップでアルゼンチン代表であったホルヘ・マリオ・オルギンが就任。
鳥栖Fよりウーゴ・マラドーナ、簔口祐介、中込正行らを獲得、引き続き中央防犯時代より所属の元アルゼンチン代表ペドロ・トログリオらを擁し、京都、鳥栖F、神戸などと争った結果、24勝6敗の成績でJFLで優勝し、1996年からのJリーグ加盟を決めた[1]。なお、シーズン終了後にオルギンが監督を退任した。
また、Jリーグ加盟に合わせ「アビスパ福岡」へ改称した[1]。これは「ブルックス」の呼称が紳士服メーカー「ブルックス・ブラザーズ社」の商標であり、ブルックスの名称を付したユニフォームを販売することが商標権侵害の恐れを生じるためであった。

1996年 – 1998年(Jリーグ)

監督 森孝慈
佐野友昭
西ヶ谷隆之
岩井厚裕
森秀昭
石丸清隆
フェルナンド
久永辰徳
藤本主税
栄井健太郎
山下芳輝
上野優作

1998年 J 2nd 第04節 清水戦(年間総合順位最下位)

監督 パチャメ
塚本秀樹
森秀昭
バスケス
古邊芳昇
梅山修
中田一三
永井篤志
中払大介
カラセード
ロッシ
上野優作

1997年 J 1st 第02節 磐田戦

監督 清水秀彦
佐野友昭
古邊考功
マジョール
岩井厚裕
都並敏史
篠田善之
中田一三
トログリオ
永井篤志
マラドーナ
上野優作

1996年 J 第02節 浦和戦(Jリーグホームゲーム初戦)
1996年、横浜M元監督の清水秀彦が監督に就任。マラドーナ、トログリオ、マジョールの3外国籍選手らが残留。元日本代表の都並敏史、広島から森秀昭などベテラン選手、中払・藤本・久永・石丸らも入団したが、順位は15位。1997年は17位、1998年は18位と2年連続シーズン最下位。1998年はJ1参入決定戦に参加したが、1回戦で川崎、第3参入クラブ決定戦で札幌を破り、J1残留を果たした。なお、1998年に千代反田充(東福岡高等学校3年)を強化指定選手第1号(現在の特別指定選手)として受け入れた。

1999年 – 2001年(J1)

監督 ピッコリ
塚本秀樹
平島崇
河口真一
小島光顕
藤崎義孝
盧廷潤
篠田善之
バデア
中払大介
山下芳輝
服部浩紀

2001年 J1 2nd 第10節 FC東京戦(J2降格前最終勝利)

監督 ピッコリ
小島伸幸
藤崎義孝
河口真一
前田浩二
三浦泰年
久永辰徳
石丸清隆
野田知
中払大介
モントージャ
江口倫司

2000年 J1 1st 第11節 清水戦

監督 菊川凱夫
小島伸幸
森秀昭
小島光顕
藤崎義孝
西田吉洋
篠田善之
三浦泰年
中払大介
マスロバル
フェルナンド
山下芳輝

1999年 J1 2nd 第08節 浦和戦(連勝時)
1999年
チームスローガン:.mw-parser-output .jis2004fontfont-family:”源ノ角ゴシック JP Normal”,”源ノ角ゴシック JP”,”Source Han Sans Normal”,”Source Han Sans”,”NotoSansJP-DemiLight”,”Noto Sans CJK JP DemiLight”,”ヒラギノ角ゴ ProN W3″,”ヒラギノ角ゴ ProN”,”Hiragino Kaku Gothic ProN”,”メイリオ”,Meiryo,”新ゴ Pr6N R”,”A-OTF 新ゴ Pr6N R”,”小塚ゴシック Pr6N M”,”IPAexゴシック”,”Takaoゴシック”,”XANO明朝U32″,”XANO明朝”,”和田研中丸ゴシック2004絵文字”,”和田研中丸ゴシック2004ARIB”,”和田研中丸ゴシック2004P4″,”和田研細丸ゴシック2004絵文字”,”和田研細丸ゴシック2004ARIB”,”和田研細丸ゴシック2004P4″,”和田研細丸ゴシックProN”,YOzFont04,”IPA Pゴシック”,”Yu Gothic UI”,”Meiryo UI”,”MS Pゴシック”;font-feature-settings:”jp04″1¡MAS ARRIBA!(もっと上を目指そう)
監督に菊川凱夫が就任。前年、監督を務めた森孝慈はGMに就任。
平塚からGK小島伸幸、鹿島からDF水筑優文、広島からDF小島光顕、横浜FMからMF野田知、市原からMFネナド・マスロバル、V川崎からMF三浦泰年などを獲得したが、最終順位は14位。
2000年
チームスローガン:¡JUNTOS,PODEMOS!(一丸となれば、やれる)
元福岡所属で、前年アシスタントコーチのネストール・オマール・ピッコリが監督に就任。
例年下位に低迷するチーム状態からの脱却を目指すことを念頭に置き、キャンプは朝・昼・晩練習することや戦術面などはそこそこにし砂浜での走り込みなどを中心にまず徹底してフィジカルトレーニングを課して精神・肉体面の基礎力向上(スキルアップ)を選手に求めた。第2ステージでは最後まで優勝争いに加わり、結果として6位の成績を収めた。
新加入の高卒ルーキー平島崇が主力として機能したことや、外国人も元横浜MのMFダビド・ビスコンティ、平塚や柏で活躍したバデア、エースフォワードのモントージャも活躍した。
2001年
チームスローガン:¡MAS JUNTOS,PODEMOS MAS!(もっと一丸となれば、もっとやれる)
ピッコリ体制2年目。元韓国代表で広島やC大阪に所属したMF盧廷潤、元U-23日本代表のFW松原良香を補強したが、年間成績15位となりJ2へ降格。なお、所属のDF平島崇が児童買春等禁止法違反で逮捕された(当時は19歳であったため、実名では報じられていない)。
シーズン終了後にピッコリが監督を退任。また、三浦泰年らベテランも運営費縮小に伴って、退団した。
2002年 – 2005年(J2)

監督 松田浩
水谷雄一
川島眞也
千代反田充
藏田茂樹
アレックス
宮崎光平
原田武男
米田兼一郎
古賀誠史
ベンチーニョ
林祐征

2003年 J2 第39節 広島戦

監督 今井雅隆
大神友明
内藤就行
藏田茂樹
小島光顕
飯島寿久
牛鼻健
原田武男
篠田善之
古賀誠史
服部浩紀
ビスコンティ

2002年 J2 第09節 C大阪戦
2002年
チームスローガン:Just in ONE
名古屋元コーチの今井雅隆が監督に就任。
中払大介・山下芳輝らが退団した一方、呂比須ワグナー・内藤就行・盧廷潤などが残留し、横浜FMから古賀誠史、磐田から元日本代表GKの大神友明などを補強し1年でのJ1復帰を目指したが、後半戦はわずか3勝に留まり、8位の成績。
2003年
チームスローガン:新生
松田浩が監督に就任。前半戦は下位に低迷したが、千代反田・米田・宮崎・古賀・宮原・林ら若手を辛抱強く使い、後半戦は5連勝を含む16勝3分3敗(後半戦だけの成績ではトップ)の成績を残し、シーズン4位の成績を収めた。
2004年

監督 松田浩
水谷雄一
中村北斗
宮本亨
千代反田充
アレックス
宮崎光平
ホベルト
山形恭平
古賀誠史
田中佑昌
グラウシオ

2005年 J2 第27節 京都戦

監督 松田浩
水谷雄一
平島崇
増川隆洋
千代反田充
アレックス
山形恭平
ホベルト
米田兼一郎
古賀誠史
林祐征
太田恵介

2004年 J2 第35節 大宮戦
チームスローガン:We WILL make it! 成し遂げる!
松田体制2年目。前年に行ったサポーターへのアンケートを受けてユニフォームの色を変更した(1stがシルバー、2ndがネイビーだったのを逆にした)。
リーグ戦では第37節から最終節まで8連勝して3位。J1・J2入れ替え戦に進出したが、柏に敗れて昇格はならなかった。2005年
チームスローガン:挑戦 〜Try it again to J1 !
松田体制3年目。チームの育成路線が実を結び高卒2年目の中村・同じく2年目ユース出身の田中、新加入の元ブラジルユース代表グラウシオらが活躍。11月23日のホームでの第42節徳島戦を引き分けて2位を確定。5年ぶりのJ1復帰を決めた。
6月の2005 FIFAワールドユース選手権に中村北斗・柳楽智和が日本代表として出場した。
2006年(J1)

監督 松田浩
水谷雄一
中村北斗
金古聖司
千代反田充
アレックス
久藤清一
城後寿
ホベルト
薮田光教
田中佑昌
グラウシオ

2006年 J1 第09節 新潟戦(J1復帰後初勝利)
チームスローガン:Climb to the top !松田体制4年目。薮田光教(前神戸)、布部陽功、久藤清一(共に前C大阪)などを補強したが、12節終了時点で1勝6敗5分の16位。5月22日に松田を監督から解任。後任にV川崎と神戸の元監督の川勝良一が就任。
2006 FIFAワールドカップによるリーグ戦中断期間に神戸からバロンを完全移籍、また大宮から佐伯直哉、東京Vから飯尾一慶を期限付き移籍で獲得。シーズン成績は16位。J1・J2入れ替え戦でJ2・3位の神戸に2分けながらアウェーゴール差で敗れ、1年でのJ2降格が決まった。
シーズン終了後に川勝が監督を辞任。5回戦へ勝ち残っていた天皇杯は沖野等が代行監督を務めた。なお、この年に運営会社の商号が福岡ブルックス株式会社からアビスパ福岡株式会社へ変更された。

2007年 – 2010年(J2)
2007年

監督 リトバルスキー
神山竜一
山形辰徳
川島眞也
宮本亨
チェッコリ
布部陽功
城後寿
久永辰徳
田中佑昌
アレックス
リンコン

2007年 J2 第43節 山形戦
チームスローガン:SUFFER FOR SUCCESS!
シドニーFC元監督のピエール・リトバルスキーが監督に就任。GK水谷雄一が柏、DF千代反田充が新潟にそれぞれ移籍。さらに前年キャプテンを務めたMFホベルトが退団した。一方で、ブラジルからFWリンコン、かつてリトバルスキー監督の下でプレイしたDFチェッコリを獲得した。そのリンコン、アレックスのコンビは2007年チームにとって重要な得点源となった。
開幕戦の鳥栖とのダービーで攻撃的布陣が機能し5-0で完勝するなど第1クールを1位で終えた。第2クールに入って以降も上位に入っていたが、第36節京都戦から第40節東京V戦まで5年ぶりとなる5連敗。第48節の仙台戦に敗れてJ1昇格が消滅。最終順位は7位で終了した。なお、シーズン終了後にチーム統括グループ長の小林伸二、同副長の中村重和、育成統括の沖野等を解任した。
2008年

監督 篠田善之
吉田宗弘
山形辰徳
丹羽大輝
柳楽智和
中島崇典
中村北斗
タレイ
城後寿
久永辰徳
大久保哲哉
ハーフナー

2008年 J2 第40節 横浜FC戦
チームスローガン:ココロ粋 !
リトバルスキー体制2年目。前年の登録メンバー31人の半数以上にあたる16人(レンタル選手、外国籍選手含む)と契約を結ばなかったため、選手が大幅に入れ替わった。また、外国籍選手は全員退団し、新たにいずれもオーストラリア出身のDFルダン、MFタレイ、FWグリフィスを獲得した。また、京都から元福岡所属のMF中払大介、千葉からFW黒部光昭、横浜FCからDF中島崇典、C大阪からGK吉田宗弘らが加入。横浜FMからハーフナー・マイク、柏から大久保哲哉の両FWがレンタル移籍、鈴木惇、大山恭平の両名をユースチームから昇格した(鈴木は2007年シーズンに2種登録で出場)。
4月12日の岐阜戦では5分間で4失点[22] するなど守備が崩壊、第1クールは15チーム中14位に終わった。7月11日、成績不振により監督・リトバルスキー、ヘッドコーチ・クルーク、フィジカルコーチ・クレアを解任し、篠田善之が監督に就任したが、最終順位は8位に終わった。
2009年

監督 篠田善之
六反勇治
山形辰徳
丹羽大輝
長野聡
中島崇典
田中佑昌
鈴木惇
久藤清一
岡本英也
大久保哲哉
高橋泰

2009年 J2 第51節 横浜FC戦
チームスローガン:結心 〜全ての心をひとつに〜
前年途中から監督に就任した篠田が引き続き指揮を執る。中村北斗がFC東京へ完全移籍した他、昨季所属した外国籍選手もすべて退団。一方で熊本からFW高橋泰、磐田から元日本代表DFの田中誠を獲得。シーズン序盤は、この年よりJリーグに加盟した岡山にJ2初勝利を献上するなど、第1クール(17試合)終了時点で4勝5分け8敗の勝ち点17。第41節の徳島戦の引き分けにより、J2残留が決定。最終順位も11位。また、鳥栖とのダービーでクラブ史上初めて未勝利に終わった。その一方でJ2を優勝した仙台には2勝1敗と勝ち越した。
2010年

監督 篠田善之
神山竜一
山形辰徳
丹羽大輝
田中誠
中島崇典
久藤清一
中町公祐
末吉隼也
永里源気
大久保哲哉
城後寿

2010年 J2 第34節 大分戦
チームスローガン:福岡 維心
篠田体制3年目。前年度のオフに吉田宗弘や黒部光昭らベテランを中心に選手9人との契約を打ち切り、監督以外のコーチ陣も一斉に退団。30歳を越える選手が久藤、田中誠だけと大きく若返り、下部組織から昇格した朝鮮籍の孫正倫以外は日本人選手だけでシーズンに臨んだ(7月に韓国人の李鍾民が加入)。なおシーズン直前の1月27日にJ1時代の2006年途中からクラブ社長に就いていた都筑興が辞任し、3月4日に後任として電通九州大分支社長の大塚唯史が就任した。
東京Vから加入した永里源気が得点源として、更には大卒選手の中町公祐(高校卒業後の2004年 – 2007年に湘南在籍)と末吉隼也がボランチコンビを形成し中盤の要として、移籍2年目の田中誠が守備の中心としてチームを牽引した。
開幕戦で甲府に3-1と快勝。4月には4連敗を喫したが、5月5日の11節熊本戦で6-1と大勝するとそれ以降は順調に勝ち点を積み上げて9月12日に千葉、11月20日に東京Vと昇格争いのライバル相手にホームゲームで勝利を収め、アウェイで岐阜を破った11月23日に4位の千葉が草津に敗れ3位以内が確定、5年ぶりのJ1復帰を決めた(最終順位は3位)。外国籍選手は李と孫の2人のみであったため、この年のリーグ戦での全得点を日本人選手が挙げた(ちなみに天皇杯では孫が1ゴールを挙げている)。
天皇杯では広島、大宮とJ1勢を連覇して15年ぶりでアビスパ福岡となってからは初のベスト8へ進出(準々決勝はFC東京に延長戦の末に2-3で敗退)。
2011年(J1)

監督 篠田善之
神山竜一
山形辰徳
丹羽大輝
小原章吾
キム・ミンジェ
田中佑昌
鈴木惇
末吉隼也
松浦拓弥
成岡翔
城後寿

2011年 基本布陣
チームスローガン:福岡力! 〜Run with the ALL〜篠田体制4年目。長年在籍した久藤清一が引退、前シーズン15ゴールを挙げた永里源気が甲府へ、中島崇典が柏へ、大久保哲哉が山形へ、柳楽智和がFC東京へ、阿部嵩が金沢へ移籍、大山恭平、平石健太が退団した。
補強は、千葉から和田拓三、磐田から成岡翔、横浜FMから清水範久が完全移籍で、磐田から松浦拓弥、FC東京から重松健太郎がレンタル移籍で加入。キム・ミンジェ、畑本時央、牛之濱拓が新加入した。また丹羽大輝のレンタル移籍期間も延長した。
開幕戦で新潟に敗れて以降、開幕から9連敗(Jリーグ杯・磐田戦を含めると公式戦10連敗)。6月15日の第15節(リーグ10戦目)の神戸戦に引き分けて初の勝ち点を得た。その後、3連敗で13試合連続勝ち無しとなったが、7月2日のリーグ戦14試合目の甲府戦で初勝利を挙げたが、8月に篠田を解任し、ヘッドコーチの浅野哲也が監督に就任した。
10月22日に新潟に敗戦してJ2降格が決定[23]。最終順位は17位でシーズンを終えた。天皇杯は3回戦で仙台に敗退した。

2012年 – 2015年(J2)
2012年
チームスローガン:ガムシャラ!! 今年だから出せる力がある。2012福岡ヂカラ
クラブOBで神戸元コーチの前田浩二が監督に就任。田中誠が引退、田中佑昌が千葉へ、岡本英也が鹿島へ、中町公祐、六反勇治が横浜FMへ、山形辰徳が栃木SCへ完全移籍、丹羽大輝(G大阪へ復帰)、松浦拓弥(磐田へ復帰)、重松健太郎(FC東京へ復帰)がレンタル移籍期間満了、清水範久、ハマゾッチが退団した。一方で横浜FCから西田剛、C大阪から尾亦弘友希、磐田から古賀正紘、FC東京から坂田大輔、浦和から堤俊輔を完全移籍で、大宮から木原正和、G大阪から河田晃兵、磐田から岡田隆をレンタル移籍で獲得、 呉昌炫、石津大介が新加入した。
鹿児島市出身の前田を始めとして九州にゆかりのある人物で戦っていく「オール九州」の方針を打ち出し、同時に1年でのJ1復帰を目指したが、開幕2連勝を挙げて4位タイとなったが、それが最高順位となりその後はJ2ワースト2となる失点の多さ(68失点53得点 得失点差-15)などで、第6節京都戦、第7節愛媛戦と連敗して5位→8位→13位と転落して以降は一度も一ケタ順位に復帰できず、第35節の熊本戦に敗れてJ1自動昇格となる2位以内の可能性が、第36節の横浜FC戦に引き分けてJ1昇格プレーオフに出場できる6位以内の可能性も消滅した。8月26日の第31節松本山雅FC戦から10試合連続勝利なしとなった10月28日、第40節大分戦での敗戦後に前田を監督から解任、池田太が監督代行に就任したが、結局シーズン終了まで12戦連続勝利なし(5分7敗)のまま、J1在籍経験のあるクラブとして2011年の横浜FCと並びシーズン終了時最低の順位となるJ2リーグ戦18位[注 3] でシーズンを終えた。バトルオブ九州は、全てホームゲームだった前半3戦は2勝1分ながら、後半は3戦全敗し最終的に最下位となった。
天皇杯は3回戦で大宮に敗退した。2013年
チームスローガン:一燃蜂起 〜2013 福岡ヂカラ〜
NKマリボルなどの元監督のマリヤン・プシュニクが監督に就任。成岡翔がアルビレックス新潟へ、鈴木惇が東京Vへ、高橋泰および小原章吾が愛媛FCへ完全移籍、和田拓三が引退、河田晃兵は期限付き移籍期間満了でG大阪に復帰した一方、2006年まで福岡に所属していた水谷雄一が京都から完全移籍で獲得、前年ギラヴァンツ北九州に特別指定選手として所属した中原秀人が福岡教育大学から加入した。
開幕から連勝スタートで第2節終了時には2位となるが、直後に3連敗を含む5試合勝ちなしとなり15位まで順位を下げる。第8節、福岡ダービー対北九州戦で勝利し、第9節で連勝した時点で8位まで再浮上して以降、前半戦終了の第21節までは8位から11位の間を推移する。6月19日には、元フォルトゥナ・デュッセルドルフU-19で5月から練習生として参加していた金城クリストファー達樹が加入。また、8月に入って、長崎に期限付き移籍していたオ・チャンヒョンが期間満了前の契約解除で復帰し、ルーマニアからブラティスラフ・プノセバッチを獲得した。第24、25節終了時にはJ1昇格プレーオフ圏内の6位となるが、その直後10試合で3連敗5連敗各1回を含む1勝1分8敗と低迷し、第34節終了時には15位まで転落。11月10日、第40節の時点で6位以内の可能性が消滅し、最終的に14位でシーズンを終了した。ただし、バトルオブ九州では、福岡ダービーで連勝するなど3勝3分で、2010年シーズン以来2度目の制覇となった。
天皇杯では、初戦(2回戦)で栃木SCに敗北。なお、10月に経営問題が表面化した(詳細は#経営問題を参照)。2014年
チームスローガン:協力同心 福岡ヂカラ2014
プシュニク体制2年目。宮本卓也、船山祐二、尾亦弘友希らと契約を更新せず、岡田隆、金久保順、金永基が期限付き移籍満了(金久保は後に川崎に期限付き移籍、金は長野に完全移籍)、水谷雄一が富山、西田剛、キム・ミンジェが愛媛、木原正和がカンボジア・リーグのトライアジア プノンペンFCにそれぞれ完全移籍し、畑本時央が金沢へ期限付き移籍した。一方、北九州から森村昂太、神戸からイ・グァンソン、松本から阿部巧、G大阪から平井将生がいずれも完全移籍、浦和から野崎雅也、大分から清水圭介、新潟から酒井宣福、横浜FMから武田英二郎がいずれも期限付き移籍でそれぞれ加入した。
天皇杯では、2回戦で水戸に敗れ、2年連続の初戦敗退となった。
前半戦は第9節終了時に5位にまで上昇し、その後16位まで順位を下げたものの、第17節からの4連勝で第21節終了時点で9勝5分7敗の勝点32、プレーオフ圏内の6位となる。後半戦に入り一旦10位まで順位を下げたものの、第30節終了時点でも12勝8分10敗の勝点44で6位と勝点差1の7位につけていた。しかし第31節から最終節までの12試合で1勝3分8敗、第35節以降8試合連続勝利なしという結果に終わり、最終成績は13勝11分18敗の勝点50で順位は前年度を下回る16位。バトルオブ九州は最下位となった。
このシーズンをもってマリヤン・プシュニクが退任した。2015年

監督 井原正巳
中村航輔
田村友
濱田水輝
堤俊輔
中村北斗
亀川諒史
中原秀人
末吉隼也
城後寿
酒井宣福
ウェリントン

2015年 J1昇格プレーオフ 決勝
チームスローガン:福岡MOVEMENT 鼓動。躍動。感動。
元日本代表DFで前柏のヘッドコーチだった井原正巳が監督に就任。鈴木健仁がチーム統括部長に、三浦文丈がコーチに就任。選手では、MF金城クリストファー達樹、MFタム・シイアンツン、DF畑本時央との契約を満了[24]、DF山口和樹が現役引退。また、MF野崎雅也、DF武田英二郎、FW鍋田亜人夢、GK清水圭介が期限付き移籍期間満了で退団。DFオ・チャンヒョンがソウルイーランドFCに移籍。一方、MF鈴木惇、DF中村北斗、MF末吉隼也が完全移籍により復帰したほか、浦和からDF濱田水輝と仙台からFW中原貴之がそれぞれ完全移籍で、柏からGK中村航輔と湘南からDF亀川諒史がそれぞれ期限付き移籍で加入。また、浦和ユース出身のMF邦本宜裕、福岡大学からMF田村友が新加入した。
開幕節から3連敗し一時は最下位に沈んだものの、井原が挑んだ3バックによる守備の再構築が功を奏し第4節からクラブ記録を更新する11戦無敗(8勝3分)と戦績が向上[25]。さらに夏の移籍期間には湘南などでプレーしたFWウェリントンを完全移籍で獲得すると攻撃にも厚みを増すようになり、相手によって3バックと4バックを使い分けるシステムも機能し始め、シーズン後半には自動昇格争いにも絡めるようになる。終盤には8連勝を含む12戦負け無し(11勝1分)でシーズンを終え、最終的に2位磐田に同勝点ながら得失点差で4点届かず3位でJ1昇格プレーオフに駒を進めることになった[26]。
昇格プレーオフは、準決勝で長崎戦に勝利。決勝でC大阪に引き分けでレギュレーションにより5年ぶりのJ1昇格が決まった。
「2015年のJリーグ#J1昇格プレーオフ」も参照
天皇杯は、2回戦で磐田を下し3年ぶりに初戦を突破するも、3回戦でJ3の町田に敗れた。2016年 (J1)
チームスローガン:子供たちに夢と感動を!
井原体制2年目。コーチの三浦文丈が長野監督に就任のため退団。前年守備の要として活躍したGK中村航輔が柏に、MF酒井宣福が新潟に復帰したものの、湘南から期限付き移籍中だったDF亀川諒史を完全移籍で獲得。また、名古屋からMFダニルソン、川崎からDF實藤友紀、千葉からDFキム・ヒョヌン、長崎からMF古部健太、大分からMF為田大貴を獲得したほか、Kリーグクラシック・釜山から韓国代表のGKイ・ボムヨンが加入した。
5年振りのJ1は、開幕から7試合勝ちがなく(3分4敗)、第9節のFC東京戦で初勝利を挙げるも、結局1stステージはわずか2勝にとどまり最下位に終わる。夏の移籍期間には巻き返しのためにFC東京からDF駒野友一、横浜FMから三門雄大を獲得するも、得点源のFWウェリントンが7月に持病の左膝痛を悪化させて出場機会が激減したことも影響し、8月から9月にかけては今季チーム最長の5連敗を喫する[27]。2nd第14節で名古屋に敗れ、残留を争っていた新潟が勝利したことにより、年間順位16位以下が決定し、1年でJ2降格となった。4度目のJ1からの降格はJリーグ史上最多タイ、またJ1最下位でのJ2降格はクラブ初で、J1年間総合順位で最下位となるのもJ2創設前の1998年シーズン(J1参入決定戦で勝ち残りJ1残留)以来18シーズンぶりとなった。YBCルヴァンカップでは、Bグループ第6節終了時点では6位だったものの、最終節対新潟戦の勝利により逆転でグループ2位となり、クラブ史上初の準々決勝進出を果たす。準々決勝でFC東京に敗れた。天皇杯は2回戦で山口にPK戦で敗れた。2017年 – 2020年(J2)
2017年
チームスローガン:子供たちに夢と感動を!
井原体制3年目。FW金森健志が鹿島、MF古部健太が長崎、沼津へ期限付き移籍していたDF光永祐也が熊本、GKイ・ボムヨンがKリーグクラシック・江原FCへ完全移籍、MF田村友が浦和、MF鈴木惇が大分へ期限付き移籍、DF阿部巧(群馬へ移籍)、MF中原秀人、FW平井将生(以上北九州へ移籍)が契約満了になった一方で、名古屋からFW松田力、G大阪からDF岩下敬輔、清水からGK杉山力裕、京都からMF山瀬功治を完全移籍で獲得。FW石津大介が神戸への期限付き移籍から復帰、期限付き移籍加入だったDF駒野友一が完全移籍で加入し、U-18のFW崎村祐丞が昇格、静岡学園高校のGK山ノ井拓己が加入、新外国人選手として磐田・甲府・岐阜でプレーしていたMFジウシーニョがアトレチコ・ゴイアニエンセから加入した。
シーズン中にMFダニルソンが家庭の事情により退団したが、漢陽大学校のDFウォン・ドゥジェを獲得、さらに横浜FMからFW仲川輝人が期限付き移籍で加入した。
開幕戦は大分に敗れたが、第3節からは1桁順位を維持、第12節からの4連勝で、第15節終了時に首位に立つ。第16節には2位となるも、第17節から前半戦終了の第21節まで首位をキープする。第22節に湘南に首位を明け渡すと、その後は2位をキープしていたが、第28節から6試合未勝利で第33節にはついに長崎に抜かれ3位となる。第34節から3連勝し再び2位に浮上するが、第39節には長崎だけでなく名古屋にも抜かれ4位に落ちる。最終的に長崎を抜き返すことは出来ず、4位でシーズンを終え、2シーズンぶりのJ1昇格プレーオフに回ることとなった。えがお健康スタジアムで開催された[注 4]プレーオフ初戦の5位・東京V戦は山瀬功治のゴールで1-0で勝利。3位名古屋とのプレーオフ決勝に進むも、アウェーの豊田スタジアムで0-0の引き分けに終わり、規定により名古屋が2018年のJ1リーグ昇格となり、1年でのJ1復帰を逃した。
リーグ戦では42試合で僅か36失点、次に少ない優勝した湘南の41失点よりさらに5点少ない守備力の高さを誇りながらも、得点は54点でリーグ12位タイ、うちウェリントンだけで19得点を挙げており、次点が石津の8得点、山瀬の6得点と差が大きく、ウェリントン以外の攻撃力が課題であった。
天皇杯は3回戦で筑波大学に敗れた。2018年
チームスローガン:感動と勝ちにこだわる
井原体制4年目。FW坂田大輔が引退、DF冨安健洋(ベルギー・シント=トロイデンVV)、DF中村北斗(長崎)、DF亀川諒史(柏)、MF三門雄大(大宮)、FWウェリントン(神戸)、DF濱田水輝、MF末吉隼也(以上岡山)、GK兼田亜季重(大分)、FW中原貴之(JFL青森)、MF三島勇太(JFL宮崎)、MFジウシーニョ(ブラジル・フェロヴィアリア)、FWウィリアン・ポッピ(韓国・富川)が完全移籍、DF下坂晃城か町田に期限付き移籍。期限付き移籍していたFW仲川輝人が横浜FMに復帰した。一方、DF篠原弘次郎(岡山)、DF輪湖直樹(柏)、FW森本貴幸(川崎)、FWトゥーリオ・デ・メロ(ブラジル・シャペコエンセ)が完全移籍で、FW平尾壮(G大阪)、MFユ・インス(FC東京)、GK圍謙太朗(C大阪)、MF枝村匠馬(清水)、FWドゥドゥ(甲府)が期限付き移籍でそれぞれ加入、FW木戸皓貴(明治大)が新加入した。またMF鈴木惇(大分)、DF田村友(浦和)が期限付き移籍から復帰した。シーズン中の6月には、DFエウレーとFWトゥーリオ・デ・メロが相次ぎ退団した一方、ブラジル・コインブラECからFWレオミネイロ、FC東京からDF吉本一謙、柏からDF古賀太陽がいずれも期限付き移籍(古賀は育成型)で加入した。7月には田村友が山形に完全移籍した。
開幕から3節は負けなし(2勝1分)だったが、直後に3戦未勝利(1分2敗)で一旦順位を11位まで下げた後、8戦負けなし(5勝3分)で3位まで浮上、1敗の後3連勝で、第17節終了時には暫定2位、第18節終了時には暫定首位に浮上する。しかし自動昇格圏内順位となったのはこの時だけで、直後に連敗し暫定4位となり、その後は第26節ホーム横浜FC戦が台風12号の影響で中止になった際に暫定8位、第29節栃木戦に敗れた直後と第33節から第34節にかけ暫定7位となった以外、第41節終了時点までプレーオフ進出圏内となる6位以内を維持していたが、最終節アウェー岐阜戦に引き分け、前節まで7位だった大宮が最終節勝利したことにより順位を逆転され、最終的に5位大宮、6位東京Vと勝点差1の勝点70(19勝13分10敗)、7位で終了、2年連続のプレーオフ進出を逃した[28]。ホームゲームでは6連勝するなどし、優勝した松本と並びJ2トップの勝点42(12勝6分3敗)を挙げながら、アウェーでは最終節含め勝ちきれない試合も多く、勝点28(7勝7分7敗)しか挙げられなかったことも、昇格を逃した原因の一つとなった[29]。
最終節終了後の11月19日、監督の井原の退任が発表され[30]、同月23日には、奥野僚右、山岸範之、竹原靖和、菊池忍各コーチの退団も発表された[31]。2019年
チームスローガン:感動と勝ちにこだわる
イタリア・エラス・ヴェローナFC前監督のファビオ・ペッキアが監督に就任[32]。
神山竜一、堤俊輔、山瀬功治[33]、駒野友一[34]が契約満了、ドゥドゥ、枝村匠馬、ユ・インスら6選手が期限付き移籍期間終了で[35]それぞれ退団するなど計11人を放出。また町田に期限付き移籍中であった下坂晃城はそのまま町田に完全移籍となった。一方でセランテス、石原広教、菊地直哉、三國ケネディエブス、田邉草民ら計10人が新たに加入した。
シーズン開幕直後には岩下敬輔が鳥栖に期限付き移籍した一方で、C大阪からヤン・ドンヒョンが完全移籍で加入。夏の移籍期間では吉本一謙が清水へ完全移籍した一方で、初瀬亮、加藤大ら4選手が期限付き移籍で加入した。
開幕から4戦未勝利で最下位に転落、第5節アウェー新潟戦でシーズン初勝利を挙げ20位に浮上するも、続く第6節に敗れ再び最下位となる。第7節栃木戦でようやくホームゲーム初勝利を挙げ最下位は脱したが、順位は第1節終了時以降常に17位以下、第14節終了時にはJ3降格圏内の21位となるなど低迷。第16節終了翌日の6月3日、監督のペッキアが家庭の事情を理由に急遽退任、コーチを務めていた久藤清一が監督に昇格した。先述の栃木戦以降ホームゲーム10戦勝ちなし(3分7敗)や、第17節から21節、23節には再び21位になるなど低迷は続き、最終節の勝利により、同シーズン最高順位の16位に浮上してシーズンを終えた。シーズン終了後、久藤が監督を退任した。2020年
チームスローガン:感動と勝ちにこだわる
前年水戸で監督を務めていた長谷部茂利が監督に就任[36]。
菊地が現役を引退した他、松田力、ヤン・ドンヒョン、ウォン・ドゥジェ、石原、初瀬、加藤ら計12人が退団。また、前年鳥栖に期限付き移籍していた岩下はそのまま鳥栖に完全移籍した。一方で前年水戸で長谷部の元でプレーした前寛之、福満隆貴、村上昌謙をはじめ、フアンマ・デルガド、エミル・サロモンソン、湯澤聖人、重廣卓也、菊池大介ら計14人が新たに加入した。
シーズン開幕後には實藤友紀が横浜FMに完全移籍した一方で、藤井悠太が横浜FCから完全移籍で加入した。
開幕戦、5シーズンぶりとなる北九州との福岡ダービーに1-0で勝利した後、新型コロナウイルス感染拡大の影響による4ヶ月余りの中断から再開すると、3試合勝利なしで第4節終了時には17位まで順位を下げたものの、直後の3連勝で、第8節終了時には3位まで浮上する。
7月27日にスタッフ1名の新型コロナウイルス感染が判明したため、クラブ独自で他の選手とクラブ関係者計51人に対しPCR検査を施したところ全選手陰性だったものの[37]、8月2日になり、Jリーグ公式検査の結果、MF前が陽性である可能性が高いと診断され、同日夜の第9節対大宮戦(NACK5スタジアム大宮)は試合開始2時間前を切った17時過ぎに急遽中止となり[38]、前は翌3日のPCR検査により陽性と診断され、無症状ながら医療施設にて経過観察となりチームを離脱した[39]。
この中止後、第11節からの3連敗など、第10節から7試合で1勝2分4敗となり、第16節終了時には再び17位まで低下、同節首位の長崎との勝点差は17にまで拡大した。その間、第13節終了後の8月20日、広島からU-23日本代表のMF松本泰志が育成型期限付き移籍で加入、また第17節から前が復帰すると、同節から先述の第9節の振替試合を含む8試合を8連勝し9月は無敗で、第23節には長崎を抜き3位に再浮上[40]、さらに10月4日、第24節ホームでの福岡ダービー北九州戦に2-0で勝利し、クラブ新記録の9連勝を達成すると同時に、北九州を抜きシーズン初の2位に浮上する[41]。
昇格圏浮上直後の10月6日、山形から、今シーズンの同チーム得点王である山岸祐也を完全移籍で獲得する[42]。
その後第27節、勝点で並んでいた首位徳島が敗れる中、アウェー群馬戦に1-0で勝利し、連勝を12まで伸ばした時点で、シーズン初の首位に浮上、その後連勝は12で止まったものの、連続無敗記録を15まで伸ばす。しかし第30節アウェー磐田戦に1-2で16試合ぶりに敗れると、同節勝利した徳島に勝点で並ばれ、得失点差で2位となる。その後首位に復帰することはなかったものの、3位長崎に逆転を許すこともなく、第41節アウェー愛媛戦に2-0で勝利、同節長崎が引き分けたことにより、1試合を残して2位以上が確定、2005年、2010年、2015年に続く5年ぶり4度目のJ1昇格が決定し、”5年周期”神話が続くこととなった[43]。
最終節、首位徳島にも勝利し、後半戦は全チーム中トップの14勝5分2敗で勝点47を挙げ、得失点差で徳島に及ばなかったものの、勝点84で徳島と並び2位で終わった。上島拓巳と並びチーム最多の41試合に出場した遠野大弥がチームトップの11得点、フアンマが8得点を挙げた以外は5得点以下ということもあり、チームの総得点は51でリーグ10位ながら、失点は全チーム中唯一30を下回る29という堅い守備で勝ち抜き、25勝のうち実に15勝までもが1-0の勝利だった。2021年 – (J1)
2021年
長谷部体制2年目。鈴木惇とセランテスが契約満了により、また期限付き移籍で加入していた上島拓巳(柏)、増山朝陽(神戸)、松本泰志(広島)、遠野大弥(川崎)がそれぞれのクラブに復帰するなど計12人が退団。一方、補強面では渡大生(大分)、志知孝明(横浜FC)、宮大樹(鳥栖)、杉本太郎(松本)、ジョルディ・クルークス(オランダ・ローダJC)、吉岡雅和(長崎)、金森健志(鳥栖)、カウエ(ポルトガル・ベレネンセスSAD)を完全移籍で、永石拓海(C大阪)、ブルーノ・メンデス(ウルグアイ・デポルティーボ・マルドナド)、奈良竜樹(鹿島)、ジョン・マリ(中国・深圳FC)を期限付き移籍で獲得した。また前年期限付き移籍で加入していたエミル・サロモンソンはそのまま完全移籍した。シーズン中、甲南大から翌年加入予定の井上聖也がJFA・Jリーグ特別指定選手として加入する一方、三國ケネディエブスと桑原海人の二人がそれぞれ栃木と山口に育成型期限付き移籍。夏の移籍期間には中村駿(湘南)を完全移籍で獲得した。
J1リーグは開幕3試合無勝利で向かえた4戦目の徳島戦でシーズン初勝利を挙げた。その後もJ1ではクラブ新記録となる6連勝を達成、第14節終了時点では順位を5位まで上げることに成功した。しかし5月26日の第16節・横浜FC戦から8月9日の第23節・広島戦まで5連敗を含む0勝2分け5敗と大ブレーキがかかってしまい、順位も11位まで下げた。8月15日の第24節・C大阪戦で約2か月半ぶりの勝利を収めると、その後は再び上昇傾向に転じ、8月25日の川崎F戦ではクルークスの得点で1-0で勝利し、前年度J1王者にシーズン初の土を付けることに成功した。9月の九州ダービーでは鳥栖に3-0で圧勝。その後、自力で残留を決められる可能性があった10月16日の第32節・神戸戦では敗れてしまったものの、他会場の結果を受けて残留が確定した。これにより2001年に初めてJ2に降格して以降、5年周期で続いていた「J1に昇格した翌年、必ずJ2に降格する」という負のジンクスを終わらせた[44]。最終節、アウェーで勝点差1に迫るFC東京との直接対決に引き分け、クラブ史上最高順位となるJ1年間8位でシーズンを終了した。
ルヴァンカップはグループステージ敗退、天皇杯は3回戦でサガン鳥栖に敗れた。2022年
長谷部体制3年目。カウエが契約満了、ブルーノ・メンデスは期限付き移籍満了、サロモンソンがIFKヨーテボリ(スウェーデン)、グティエレスが栃木、吉岡雅和が山口へそれぞれ完全移籍のため退団。一方、奈良竜樹、永石拓海が完全移籍へ移行、前嶋洋太(横浜FC)、前年J2得点王のルキアン(磐田)、東福岡高校出身の熊本雄太(山形)、アビスパ福岡U-15出身の田中達也(浦和)らを完全移籍で獲得、前年特別指定選手だった井上聖也(甲南大)が正式加入。成績
詳細は「アビスパ福岡の年度別成績一覧」を参照
タイトル
国内タイトル
ジャパンフットボールリーグ:1回
1995年※福岡ブルックスとして

個人別
J1リーグ
優秀新人賞
2006年:中村北斗
月間ベストゴール
2016年6月:金森健志
2021年4月:前寛之
J2リーグ
月間MVP
2014年6月:金森健志
2015年11月:ウェリントン
2017年5月:ウェリントン
2020年9月:上島拓巳
2020年12月:遠野大弥
月間優秀監督賞
2020年9月:長谷部茂利
ジャパンフットボールリーグ
ベストイレブン
1995年:梅山修、磯田由和、永井篤志、ペドロ・トログリオ、宮村正志、ウーゴ・マラドーナ
新人王
1995年:永井篤志
ベストGK賞
1995年:佐野友昭ハットトリック
リーグ
得点数
選手名
開催日
対戦クラブ
スタジアム
得点時間
J1
3得点
ビスコンティ
2000年11月18日(2nd第13節)
ジェフユナイテッド市原
市原臨海
 12分, 44分, 82分
J2
3得点
江口倫司
2002年7月24日(第20節)
セレッソ大阪
博多球
 19分, 28分, 29分
宮崎光平
2003年5月31日(第15節)
サガン鳥栖
 19分, 39分, 80分
アレックス
2007年7月25日(第30節)
ザスパ草津
群馬陸
 11分, 31分, 34分
旧JFL
3得点
ウーゴ・マラドーナ
1995年5月7日(第1節)
福島FC
平和台
 36分, 55分, 68分
1995年6月11日(第7節)
NTT関東サッカー部
 15分, 40分, 70分
スタジアム
雁の巣レクリエーションセンター球技場
ホームスタジアムは福岡市博多区の東平尾公園内にある東平尾公園博多の森球技場(命名権名称:ベスト電器スタジアム)。
2008年以降のリーグ公式戦は全て同競技場で開催しているが、同競技場がラグビーワールドカップ2019の会場の一つとなったことから、これに向けての改修工事のため2017年11月26日のJ1昇格プレーオフ準決勝は熊本県民総合運動公園陸上競技場(命名権名称:えがお健康スタジアム)で開催した[45]ほか、2019年のリーグ戦では東平尾公園博多の森陸上競技場をホームスタジアムとして併用する[46]。
なお、過去のホームゲーム開催スタジアムは「アビスパ福岡の年度別成績一覧#年度別入場者数」を参照のこと。
練習場は福岡市東区の福岡市雁の巣レクリエーションセンター球技場である。

スタジアムDJ
信川竜太(1996年 – )信川不在時EIJI
MAX – LOVE FMAJ。(2008年)
honey – CROSS FMナビゲーター。
TOM G(2022年3月2日)チームマスコット
アビー[1]
ビビー[1] (2000年2月27日「選手激励のつどい」にて初披露目)詳細は「アビー (アビスパ福岡)」を参照
ユニフォーム

ユニフォームの色

カラー

シャツ

パンツ

ストッキング
FP(1st)

ネイビー

ネイビー

ネイビー
FP(2nd)

シルバー

シルバー

シルバー
GK(1st)

サンセットレッド

サンセットレッド

サンセットレッド
GK(2nd)

グリーン

グリーン

グリーン
GK(3rd)

ブラック

ブラック

ブラック

FP 1st

FP 2nd

GK 1st

GK 2nd

GK 3rd

チームカラー
  ネイビー[1]
  ブルーベールダンス[1]
  シルバー[1]2003年までは1stユニフォームがシルバー、2ndユニフォームがネイビーブルーであったが、2004年からは前述のサポーターのアンケート結果を受けて、1stユニフォームがネイビーブルー、2ndユニフォームがシルバーに変更された。クラブカラーについてもメインカラーがネイビーブルーと定められていたが、2020年にクラブとサポーターとの間でカラーに対して意識の隔たりがあった事を理由として、メインカラーをネイビー(カラーコード:PANTONE281C)に変更した[47]。

限定ユニフォーム
2015年1996年のJリーグ加盟から20周年目のシーズンを迎えた事を踏まえ「20周年記念ユニフォーム」を製作。デザインは事前にファン・サポーターから公募した結果[48]、J加盟初年度のユニフォームをベースにしたデザインに決まった。白地に縦ストライプ柄が入り、差し色の一部には前身「藤枝ブルックス」のチームカラーであった藤色も使用された[49]。2017年「2017ハチ祭り記念ユニフォーム」と題して製作。前身「福岡ブルックス」のユニフォームデザインをベースに、ネイビーとイエローのボーダー柄でクラブ名の由来である「蜂」をイメージしたデザインに仕上げられた。8月27日のJ2第30節・水戸戦で着用[50]。2018年「2018ハチ祭り記念ユニフォーム」と題して製作。「ビクトリー」をコンセプトとし、同シーズンの目標であるJ2優勝・J1昇格を胸のVラインで表現。濃紺をベースに伝統のストライプで仕上げられた[51]。着用試合は当初の発表では8月11日のJ2第28節・水戸戦のみの予定であったが[51]、同試合を勝利し、多くのファン・サポーターからリクエストされた事を受け、9月1日・J2第31節大分戦でも着用した[52]。同試合でも勝利した事もあり、その後着用試合を9月の全ホームゲームに拡大した他[53]、関東在住のサポーターからの要望を受けて、アウェー・フクダ電子アリーナで行われた9月16日・J2第33節千葉戦でも着用した[54]。2019年「2019ハチ祭り記念ユニフォーム」と題して製作。デザインは福岡県内の市町村を迷彩で表現したもの。8月のホームゲーム(4日横浜FC戦、17日徳島戦、31日愛媛戦)と最終節・鹿児島戦で着用[55][56]。2020年1995年のクラブ創設から25周年を迎えた事を踏まえ「25周年記念ユニフォーム」を製作。福岡移転初年度(1995年)に旧JFLを優勝した福岡ブルックス時代のユニフォームをオマージュしたデザイン。FP用にはブルーヴェールダンスを、GK用には黒をベースカラーに使用し、2020年ユニフォームのストライプ柄がデザインされている。9月中旬から10月にかけてのホームゲーム5試合(9月13日町田戦、23日群馬戦、30日栃木戦、10月4日北九州戦、25日千葉戦)で着用[57][58]。ユニフォームスポンサー
掲出箇所
スポンサー名
表記
掲出年
備考

新日本製薬
新日本製薬
2021年 –
2018年 – 2020年は背中上部
鎖骨

博多グリーンホテル
HAKATAGREENHOTEL
2018年 –
左側に表記
DMM.com
DMMほけん
2022年 –
右側に表記2021年は背中上部
背中上部

Bybit Fintech Limited
BYBIT
2022年 –
2021年10月 – 同年12月はパンツ背面[59]背中下部

ユーピーエス
ユーピーエス
2020年 –
2020年は「プランテルEX」表記

キリンビバレッジ
KIRINキリンビバレッジ
2022年 –

パンツ前面

ピエトロ
ピエトロ
2020年 –
2017年 – 2019年は背中下部
パンツ背面

なし

ユニフォームサプライヤーの遍歴
1995年:アドミラル
1996年:リーグ戦はミズノ、カップ戦はアドミラル
1997年 – 2010年:ミズノ
2011年 – 2014年:スボルメ
2015年 – 2017年:アスレタ
2018年 – 現在:ヨネックス[60]歴代ユニフォーム
FP 1st

1996 – 1998

1999 – 2000

2001 – 2002

2003

2004

2005

2006

2007

2008

2009

2010

2011

2012

2013

2014

2015

2016

2017

2018

2019

2020

2021

2022 –

FP 2nd

1996 – 1998

1999 – 2000

2001 – 2002

2003

2004

2005

2006

2007

2008

2009

2010

2011

2012

2013

2014

2015

2016

2017

2018

2019

2020

2021

2022 –

FP Other

201520周年記念

2017ハチ祭り記念

2018ハチ祭り記念

2019ハチ祭り記念

202025周年記念

2021勝負の秋の陣

歴代ユニフォームスポンサー表記
年度
箇所
サプライヤー

鎖骨左
鎖骨右
背中上部
背中下部

パンツ前面
パンツ背面
1995
GEORGIA
解禁前
-(FUKUOKA)
解禁前
三洋信販

解禁前
Admiral
1996
RICOH
Admiral / Mizuno
1997
1998
Mizuno
1999
三洋信販
RICOH
2000
2001
EnjoyGEORGIA
2002
ポケットバンク
2003

2004
九州電力
2005
J:COM
2006
ゼンリン
2007
2008

アクセス・ジャパン
.Rドッとあ~る
九州電力
2009
everlife 皇潤
OdysseyCommunications
2010
2011
– / 西日本新聞
– / 味の明太子博多中洲 ふくや
svolme
2012
– / Nishitetsu Group

味の明太子博多中洲 ふくや
西日本新聞
2013
Nishitetsu Group
2014

Broad-minded
味の明太子博多中洲 ふくやWITH ALL SUPPORTERS
福岡県 糸島産あまおう苺 加工販売所伊都きんぐ
2015
Fj.福岡地所
伊都きんぐ
ATHLETA
2016
Toppa!
E保険
BIKENTECHNO
2017
プレモバPremiere Mobile
ピエトロ
2018
HAKATAGREENHOTEL

新日本製薬
YONEX
2019
2020
プランテルEX
ピエトロ

2021
新日本製薬
日本パーク
DMMほけん
ユーピーエス
– /BYBIT
2022
DMMほけん
BYBIT
KIRINキリンビバレッジ

スポンサー
スポンサーについては、スポンサー一覧 を参照
アカデミー
この節の加筆が望まれています。 主に: 2017年7月アビスパ福岡U-18
アビスパ福岡U-15
アビスパ福岡U-14
アビスパ福岡U-13タイトル
U-18

高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ九州:2010年U-15

九州ユース (U-15)サッカーリーグ:2010年、2011年問題・トラブル
李官雨入団問題
1999年11月に、韓国の漢陽大学校に所属していた李官雨(当時五輪韓国代表)の獲得を発表したが、Kリーグからドラフト規約違反と反発があったため、入団契約を解除した。詳細は「李官雨#来歴」を参照
主力温存(Jリーグ規定)問題
2000年のJリーグカップ予選・湘南ベルマーレ戦(4月12日)で、アビスパは主力を温存し、若手・中堅選手が中心となって出場し、「最強メンバーで試合を戦うこと」というリーグ規定に反するのではないかということで問題になったものの、試合は勝利を収めた。詳細は「ネストール・オマール・ピッコリ#ピッコリ事件」を参照
経営問題
福岡移転後から、1998年に福岡市が4億円の増資引き受けと最大9億円の融資を拠出、2006年には資本金34億円の99%減資と大株主からの追加支援を受ける[61] など、慢性的な赤字体質が続いていた。そんな中、ユニフォームの胸スポンサー(「GEORGIA」のロゴを掲出)であった筆頭株主の北九州コカ・コーラボトリング→コカ・コーラウエストジャパン(CCWJ、リコー三愛グループ)が2007年シーズンを最後にユニフォームスポンサーを撤退[62]。その他のユニフォームスポンサーもすべて交替となったが、胸スポンサーだけは後継が埋まらず(#歴代ユニフォームスポンサー表記も参照)、経営問題がクローズアップされることになる。
2008年6月、パチスロ機メーカーの大都技研がクラブに資本参加し、ユニフォームスポンサーとなると報道された[63]。同社の関連会社がパチンコホール経営を行っていることなどを理由に一時Jリーグ側が難色を示した[64]、が同年9月に正式に同社の資本参加が発表された[65]。ただし、ユニフォームスポンサーとしての参加は見送られた。
2009年シーズンはパンツ以外のユニフォームスポンサーが無い状態でシーズンに突入するという異常事態となった[66] が、2009年4月にユニフォームの胸スポンサーが「エバーライフ」に決定した[67]。背スポンサーも オデッセイ コミュニケーションズ に決まった[68]。2010年には電通出身の大塚唯史が社長に就任、大口スポンサー頼みの企業体質からの脱却を図るべく広告スポンサー数を約90社から約150社にまで増やし[61]、経営問題に改善の傾向が見られたかに思われた。
しかし2013年、2014年度のJリーグクラブライセンスで経営状態について「是正通達」より一段階軽い「個別通知」の付帯付きのJ1ライセンスが交付された[69] 直後の10月15日に、地元紙の西日本新聞(西日本スポーツ)が、アビスパがJリーグ退会の可能性もある極めて厳しい経営状態にあることを報じた[70]。具体的には2013年5月ごろから運営会社の資金繰りが厳しくなり、数千万円の短期借入で運転資金を回したが、9月末現在でも約9億6000万円の営業収入を見込んだ予算に対し実際の営業収入が約8億2000万円に留まる一方、10月の時点で運転資金について新規の借入が出来なくなったため、手元資金が底を付く11月末に運営資金約5000万円が決済不能になり、12月分の選手の給与が遅配になる可能性があるというものであり、アビスパの小学生招待事業「アビスパKidsパートナー」の協賛金募集に際して、福岡県サッカー協会が傘下の少年サッカークラブに対し「アビスパ福岡が資金面で最大の危機に面しております。11月30日までに5000万円の運転資金が準備できなければ、お金の流れが滞り、最悪の結果を招くことになります」という趣旨の文書を送付したことで明らかになったものであった。
アビスパ社長の大塚唯史は「最悪の場合は、Jリーグから借金して、勝ち点マイナス10となることを覚悟している」とコメントし、大株主らに協賛金の要請を行ったが、2006年当時の経緯もあり、大株主の福岡市や西部ガス[71]、ふくおかフィナンシャルグループ、西日本鉄道[72] などがアビスパに対する追加支援に否定的な見解を示した。しかし「アビスパKidsパートナー」協賛金をはじめとする個人・法人からの小口協賛金2645万円や、大株主のふくやによる間接的な支援(支援商品を販売し、売り上げをアビスパに寄付[73]・最大約1776万円)などが集まり、11月16日時点で年内の資金繰りは手当てできたことを発表[74]。11月30日には一連の経営問題の責任を取って大塚唯史が代表取締役を辞任し[75]、後任には元鹿島アントラーズ強化担当部長の野見山篤が就任し、野見山をサポートする役割として常勤の取締役に市文化振興部課長の樽見哲が就任した[61]。
翌2014年2月5日、クラブ経営強化を図るためにアドバイザリーボード(経営諮問委員会)を設置[76]。7月23日に発表されたJリーグ参加51クラブの2013年度決算において、2期連続赤字で約2800万円の債務超過となっていることが報告された。大河正明Jリーグ常務理事は「黒字化はなんとかなるが、債務超過(解消)は確証が持てない」と指摘[77]、報告時点において債務超過であった11のクラブのうち、9月のライセンス審査までに債務超過を解消させる目処が立っていないクラブは福岡のみであった[78]。
2014年8月25日、この日行われた臨時取締役会で、福岡市発祥で基幹・業務系システムの開発やWebアプリの開発を手がけるシステムソフトを対象に約1億円の第三者割当増資を実施することを9月の臨時株主総会に諮ることを決議[79]。8月29日付けでシステムソフトがアビスパへの資本参加決定を発表した[80] ことから、懸念されていた債務超過の解消と、Jリーグクラブライセンス制度の剥奪は回避される見通しとなった。第三者割当増資は9月22日付けで実施されシステムソフトが筆頭株主となり、同社社長の吉尾春樹とシステムソフトの親会社であるアパマンショップホールディングス常務取締役(アパマンショップネットワーク代表取締役、あるあるCity代表取締役)の川森敬史が新たに非常勤の取締役に就任[81]。川森は2015年3月30日に開かれた株主総会および取締役会で社長に就任(前社長の野見山は常勤の取締役に交代)した[82]。
社長に就任した川森敬史は、経営再建と効率化に向けた様々な改革を実施。業務限定社員の導入を含めた営業体制の拡充、社員それぞれのスキルを生かせる雇用環境の確立、キャッシュフローの改善等を進めた。その結果、スポンサー数が186社(2014年度)から1010社(2015年度)と約5倍以上に増加。観客動員においても「レベスタ1.5万人プロジェクト」を始め、トップチームはもちろん、アカデミー・スクール生に対する理念共有を含めた様々な取り組みを重ねた結果、2016年では2015年との比較で観客動員数172%へアップした[83][84]。

メディア
テレビ
現在
ロクいち福岡 (NHK福岡放送局、月曜 18時15分 – 19時00分)
夢空間スポーツ (福岡放送、日曜 16時55分 – 17時25分)
あみ〜ご!アビスパ (J:COM福岡)過去
瞬感スポーツ (RKB毎日放送、金曜 23時55分 – 24時15分)
VIVA!SPORTAS (TVQ九州放送、土曜 18時30分 – 19時00分)
アビスパッと!TV (テレビ西日本、土曜25時35分 – 25時40分)ラジオ
現在
NEWSIC (CROSS FM、月曜-金曜 6時30分 – 9時00分)
D U Know? ~アビスパ MOVEMENT~ (FM FUKUOKA、土曜 6時55分 – 7時00分)過去
バモス!アビスパ (FREE WAVE、木曜 19時00分 – 19時30分)
NOBUKAWA SPORTS (CROSS FM、金曜 20時00分 – 23時00分)
オーレ!アビスパ (RKB毎日放送、土曜 6時00分 – 6時20分)決算
アビスパ福岡の決算は、つぎのとおり。

損益
年度
収入
広告料
入場料
配分
その他
費用
事業費
人件費
管理費
利益
純利益
2005
1,220
581
237
120
282
1,243
908
N.A.
335
-23
-21
2006
1,575
767
387
235
186
1,682
1,238
778
444
-107
-117
2007
1,421
669
266
121
365
1,385
1,024
610
361
36
21
2008
1,157
552
245
110
250
1,209
930
559
279
-52
-61
2009
1,006
424
201
103
278
1,119
872
479
247
-113
-109
2010
938
377
206
105
250
925
693
401
232
13
33

金額の単位: 百万円
人件費は事業費に含まれる。出典: 各年度のJ1 クラブ決算一覧。
2005、
2006、
2007、
2008、
2009、
2010

年度
収益
広告料
入場料
配分
育成
その他
費用
人件費
試合
トップ
育成
女子
販売
利益
純利益
2011
1,246
441
308
207
144
146
1,122
428
101
157
71
0
365
124
130
2012
854
301
170
95
172
116
1,015
411
86
155
63
0
300
-161
-158
2013
871
324
180
94
171
102
986
390
73
161
58
0
284
-95
-87
2014
947
334
192
96
210
115
942
417
76
121
65
0
263
5
9
2015
1,654
474
235
94
211
640
1,595
626
96
374
73
0
426
59
49

金額の単位: 百万円出典: 各年度のJ1 クラブ決算一覧。
2011、
2012、
2013、
2014、
2015

年度
収益
広告料
入場料
配分
育成
物販
その他
費用
人件費
試合
トップ
育成
女子
物販
販売
利益
純利益
2016
1,836
618
275
207
175
112
449
1,814
937
142
187
67
0
92
389
22
21

金額の単位: 百万円出典: 各年度のJ1 クラブ決算一覧。
2016

@media all and (max-width:720px)body.skin-minerva .mw-parser-output div.mw-graphmin-width:auto!important;max-width:100%;overflow-x:auto;overflow-y:visible.mw-parser-output .mw-graph-imgwidth:inherit;height:inherit
資産
年度
総資産
総負債
純資産
資本金
2005
449
196
252
3,370
2006
558
424
134
90
2007
439
284
155
90
2008
437
273
164
125
2009
463
409
54
125
2010
440
353
87
125
2011
515
298
217
217
2012
415
355
60
126
2013
345
373
-28
126
2014
389
307
82
176
2015
537
406
130
176
2016
732
580
152
176

金額の単位: 百万円出典: 各年度のJ1 クラブ決算一覧。
2005、
2006、
2007、
2008、
2009、
2010、
2011、
2012、
2013、
2014、
2015、
2016

脚注
[脚注の使い方]注釈

^ 宇美町、志免町以外の締結自治体と締結日とは以下の通り(2020年12月20日現在)。
2018年12月13日:飯塚市[8][9]
2019年10月19日:糟屋郡粕屋町[10][11]。
2019年11月2日:糟屋郡篠栗町[12][13]。
2019年11月16日:糟屋郡須恵町・朝倉郡東峰村[14]。
2019年11月20日:糟屋郡新宮町[15]。
2019年12月11日:古賀市[16]。
2020年9月13日:朝倉市[17]。
2021年3月10日:那珂川市[18]。
2021年5月9日:糟屋郡久山町[19]。
^ 2008年9月25日現在の資本構成は、コカ・コーラウエストホールディングス 14.95%、福岡市 14.10%、セコム 7.05%、三洋信販 6.69%、リコー 5.64%、大都技研 4.94%であった[20]。

^ 但し、横浜FCは20クラブ中18位、福岡は22クラブ中18位。

^ リーグ4位の福岡にホーム開催権があったが、本来のホームスタジアムであるレベルファイブスタジアムが改修工事の為使用できなかった為、ロアッソ熊本のホームスタジアムであるえがお健康スタジアムで開催した。

出典

^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab “クラブガイド:アビスパ福岡・プロフィール”. 日本プロサッカーリーグ. 2017年9月23日閲覧。

^ a b c d e “会社概要”. アビスパ福岡. 2017年9月23日閲覧。

^ a b c “2017年度(平成29年度)Jクラブ個別情報開示資料”. 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。

^ a b アビスパ福岡株式会社 第26期決算公告

^ 第33期有価証券報告書(p.7) (PDF) – 株式会社システムソフト 2017年9月23日閲覧

^ “宇美町および志免町との「フレンドリータウンに関する協定書」締結調印式についてのお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡公式ホームページ, (2017年4月24日), https://www.avispa.co.jp/news/post-10536 2019年10月31日閲覧。 

^ “アビスパ福岡と「フレンドリータウンに関する協定書」を締結いたしました!” (プレスリリース), 宇美町公式ホームページ, (2017年5月1日), https://www.town.umi.lg.jp/soshiki/23/4274.html 2019年10月31日閲覧。 

^ “『飯塚市との「フレンドリータウンに関する協定書」締結調印式についてのお知らせ』” (プレスリリース), アビスパ福岡公式ホームページ, (2018年12月13日), https://www.avispa.co.jp/news/post-21619 2019年10月31日閲覧。 

^ “アビスパ福岡と「フレンドリータウン協定」を締結しました” (プレスリリース), 飯塚市公式ホームページ, (2018年12月19日), https://www.city.iizuka.lg.jp/jyohokoho/shise/koho/machi/taiku/h3012/1219.html 2019年10月31日閲覧。 

^ “10/19(土)アルビレックス新潟戦 粕屋町応援デー のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡公式ホームページ, (2019年10月18日), https://www.avispa.co.jp/news/post-27027 2019年10月31日閲覧。 

^ “J2福岡、ハーフタイムに粕屋町と調印 4試合ぶりに勝利”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2019年10月19日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/552485/ 2019年10月31日閲覧。 

^ “篠栗町との「フレンドリータウンに関する協定書」締結に伴う調印式についてのお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡公式ホームページ, (2019年10月31日), https://www.avispa.co.jp/news/post-27293 2019年10月31日閲覧。 

^ “アビスパ福岡公式戦「篠栗町応援デー」開催!” (プレスリリース), 篠栗町公式ホームページ, (2019年10月31日), https://www.town.sasaguri.fukuoka.jp/soshiki/sangyo/1/2775.html 2019年10月31日閲覧。 

^ “須恵町・東峰村との「フレンドリータウンに関する協定書」締結にともなう合同調印式についてのお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡公式ホームページ, (2019年11月13日), https://www.avispa.co.jp/news/post-27502 2019年11月29日閲覧。 

^ “新宮町との「フレンドリータウンに関する協定書」締結に伴う調印式についてのお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡公式ホームページ, (2019年11月19日), https://www.avispa.co.jp/news/post-27603 2019年11月29日閲覧。 

^ “古賀市との「フレンドリータウンに関する協定書」締結に伴う調印式についてのお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡公式ホームページ, (2019年11月19日), https://www.avispa.co.jp/news/post-27602 2019年11月29日閲覧。 

^ “朝倉市との「フレンドリータウンに関する協定書」 締結にともなう調印式について” (プレスリリース), アビスパ福岡公式ホームページ, (2020年9月11日), https://www.avispa.co.jp/news/post-32800 2021年1月4日閲覧。 

^ “那珂川市との「フレンドリータウンに関する協定書」締結にともなう調印式について” (プレスリリース), アビスパ福岡公式ホームページ, (2021年3月5日), https://www.avispa.co.jp/news/post-38106 2021年10月31日閲覧。 

^ “久山町との「フレンドリータウンに関する協定書」締結にともなう調印式について” (プレスリリース), アビスパ福岡公式ホームページ, (2021年4月30日), https://www.avispa.co.jp/news/post-39800 2021年10月31日閲覧。 

^ アビスパ福岡株式会社 増資等についてのお知らせ – アビスパ福岡・2008年9月25日

^ “FCジロンダン・ド・ボルドー(フランス・リーグ1) 練習参加のお知らせ”. アビスパ福岡. (2011年3月18日). http://www.avispa.co.jp/index_box/release/release_2011_090.html 2012年11月17日閲覧。 

^ 2008 J2 第7節 福岡 vs 岐阜 J’s GOAL ゲームサマリー

^ アビスパ福岡を応援してくださったすべての皆さまへ

^ “福岡が3選手の契約満了を発表”. ゲキサカ (講談社). (2014年11月30日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?152631-152631-fl 2015年11月29日閲覧。 

^ 藤江直人 (2015年12月8日). ““井原マジック”の真実。福岡J1昇格へ指揮官が施した一年間の取り組み”. サッカーキング. フロムワン. 2015年12月8日閲覧。

^ “井原福岡が4発8連勝も自動昇格に4得点届かず”. 日刊スポーツ. (2015年11月24日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/1570384.html 2015年11月29日閲覧。 

^ “アビスパ「J1残留」正念場 守備に甘さ? ミスも多く”. 西日本新聞. (2016年9月23日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/276745 2016年10月2日閲覧。 

^ “大宮が“窮地”からの逆転PO進出!!下位とドローの福岡は土壇場でPO圏外へ”. ゲキサカ (講談社). (2018年11月17日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?259441-259441-fl 2018年11月18日閲覧。 

^ “史上稀に見る大混戦…今シーズンのJ2を5つのポイントで振り返る”. サッカーキング. フロムワン (2018年11月22日). 2018年11月22日閲覧。

^ “福岡、井原正巳監督の退任を発表「一番長く指揮を執ったことは誇り」”. サッカーキング. フロムワン (2018年11月19日). 2018年11月22日閲覧。

^ “チームスタッフ 契約満了のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2018年11月23日), https://www.avispa.co.jp/news/post-21454 2018年11月26日閲覧。 

^ “ファビオ ペッキア氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2018年12月14日), https://www.avispa.co.jp/news/post-21623 2018年12月14日閲覧。 

^ “J2福岡 神山、堤が退団 山瀬契約満了も発表”. 西日本新聞. 西日本新聞社 (2018年11月23日). 2018年11月23日閲覧。

^ “元日本代表DF駒野が福岡退団「まだサッカーしたい」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2018年11月25日). 2018年11月26日閲覧。

^ “枝村 匠馬 選手 期限付き移籍期間 満了のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2018年12月11日), https://www.avispa.co.jp/news/post-21587 2018年12月12日閲覧。 

^ “長谷部 茂利氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2019年11月26日), https://www.avispa.co.jp/news/post-27808 2020年5月27日閲覧。 

^ “チームスタッフ 新型コロナウイルス感染症の陽性判定について” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2020年7月27日), https://www.avispa.co.jp/news/post-31428 2020年8月6日閲覧。 

^ “J2福岡、寝耳に水の陽性疑いで試合前ミーティングから選手隔離 福岡スポーツ界にコロナ禍”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2020年8月3日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/631958.amp 2020年8月5日閲覧。 

^ “新型コロナウイルス感染症の陽性判定について” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2020年8月3日), https://www.avispa.co.jp/news/post-31623 2020年8月5日閲覧。 

^ “福岡がクラブ記録タイ破竹の8連勝!! 今季9度目“ウノゼロ”で3位に浮上”. ゲキサカ (講談社). (2020年9月30日). https://web.gekisaka.jp/news/amp/?312339-312339-fl 2020年10月6日閲覧。 

^ “福岡がクラブ新の9連勝!上位対決“福岡ダービー”制し順位交代、自動昇格圏2位浮上!!”. ゲキサカ (講談社). (2020年10月4日). https://web.gekisaka.jp/news/amp/?312680-312680-fl 2020年10月6日閲覧。 

^ “山岸 祐也 選手 モンテディオ山形より完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2020年10月6日), https://www.avispa.co.jp/news/post-33517 2020年10月6日閲覧。 

^ “福岡のJ1昇格決定!! J参入から続く驚異の“5年周期”神話またも継続”. ゲキサカ (講談社). (2020年12月16日). https://web.gekisaka.jp/news/amp/?319060-319060-fl 2020年12月17日閲覧。 

^ “福岡「5年周期」断ち切りJ1残留決定「通過点」長谷部監督”. 日刊スポーツ. (2021年10月16日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/202110160001196.html 2021年11月21日閲覧。 

^ “2017 J1昇格プレーオフ 出場決定 11/26(日) 準決勝 チケット販売について” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2017年11月15日), https://www.avispa.co.jp/news/post-14501 2017年11月23日閲覧。 

^ “2019明治安田生命J2リーグ 開幕カード決定!!” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2019年1月11日), https://www.avispa.co.jp/news/post-21929 2019年3月10日閲覧。 

^ “クラブのメインカラーについて” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2019年12月23日), https://www.avispa.co.jp/news/post-28122 2020年2月22日閲覧。 

^ “アビスパ福岡が「20周年記念ユニフォーム」のアイデアを急募!”. Qoly (2015年5月16日). 2018年10月2日閲覧。

^ “アビスパ福岡、20周年記念ユニフォームは懐かしのデザイン”. Qoly (2015年6月24日). 2018年10月2日閲覧。

^ “2017ハチ祭り記念ユニフォームの着用およびレプリカユニフォーム販売のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2017年8月14日), https://www.avispa.co.jp/news/post-12724 2018年10月2日閲覧。 

^ a b “2018ハチ祭り記念ユニフォームの着用およびレプリカユニフォーム販売のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2018年7月11日), https://www.avispa.co.jp/goods/post-18678 2018年10月2日閲覧。 

^ “9/1(土)バトルオブ九州 大分戦 2018ハチ祭り記念ユニフォームの着用試合追加日程のお知らせ ハチユニ&スティックバルーンで応援しよう!” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2017年8月17日), https://www.avispa.co.jp/news/post-19559 2018年10月2日閲覧。 

^ “9月のホームゲームは「ハチユニ」で勝利をつかみ取ろう! 2018ハチ祭り記念ユニフォームの着用試合追加日程のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2017年9月7日), https://www.avispa.co.jp/news/post-19923 2018年10月2日閲覧。 

^ “9/16(日)アウェイ千葉戦 2018ハチ祭り記念ユニフォームの着用試合追加日程のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2017年9月14日), https://www.avispa.co.jp/news/post-20173 2018年10月2日閲覧。 

^ “2019ハチ祭り記念ユニフォームの着用 および記念ユニフォーム販売のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2019年7月10日), https://www.avispa.co.jp/goods/post-25006 2021年1月4日閲覧。 

^ “11/24(日) 鹿児島ユナイテッドFC戦  グッズ販売のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2019年11月22日), https://www.avispa.co.jp/news/post-27759 2021年1月4日閲覧。 

^ “25周年記念ユニフォームの着用および記念ユニフォーム販売のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2020年8月7日), https://www.avispa.co.jp/news/post-31722 2021年1月4日閲覧。 

^ “2020ホームゲーム 試合情報” (プレスリリース), アビスパ福岡, https://www.avispa.co.jp/game_practice/event 2021年1月4日閲覧。 

^ “2021シーズン ユニフォームスポンサー契約締結のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2021年10月22日), https://www.avispa.co.jp/news/post-44701 2021年10月22日閲覧。 

^ “『ヨネックス株式会社』様との オフィシャルユニフォームサプライヤー契約締結のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年1月5日), https://www.avispa.co.jp/news/post-15267 2018年1月7日閲覧。 

^ a b c “再生なるか?アビスパ福岡 課題は脱・有力企業頼み…”. MSN産経ニュース. (2013年12月28日). オリジナルの2013年12月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131227222743/http://sankei.jp.msn.com/region/news/131228/fkk13122802050000-n1.htm 2017年10月20日閲覧。 

^ “福岡胸スポンサー「GEORGIA」撤退”. 日刊スポーツ. (2007年11月22日). オリジナルの2011年8月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110816131750/http://kyusyu.nikkansports.com/soccer/jleague/avispa/p-ka-tp0-20071122-286158.html 2014年11月8日閲覧。 

^ “サッカー・J2福岡に遊技機メーカー「大都技研」が資本参加へ”. 読売新聞. (2008年6月5日). オリジナルの2008年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080608090557/http://kyushu.yomiuri.co.jp/sports/soccer/j_league/20080605-OYS1T00231.htm 2014年11月8日閲覧。 

^ “J2福岡への大都技研出資、自粛対象業種とリーグ難色”. 読売新聞. (2008年6月7日). オリジナルの2008年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080612073618/http://kyushu.yomiuri.co.jp/sports/soccer/j_league/20080607-OYS1T00177.htm 2014年11月8日閲覧。 

^ Jリーグ アビスパ福岡への資本参加について 大都技研 2008年9月25日

^ J2アビスパ、ユニホーム広告なしの非常事態に 朝日新聞 2009年2月7日

^ スポンサー名が入ったユニホームで敵陣に攻め込む。 朝日新聞 2009年4月14日

^ 背中スポンサー入りユニホームがお披露目された。 朝日新聞 2009年4月27日

^ “クラブライセンス交付第一審機関(FIB)による 2014シーズン Jリーグクラブライセンスの交付について”. Jリーグ. (2013年9月30日). http://www.j-league.or.jp/release/000/00005359.html 2013年10月16日閲覧。 

^ “アビスパ危機 経営難 資金5000万円不足 Jリーグ退会も”. 西日本新聞. (2013年10月16日). オリジナルの2013年10月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131016034015/http://www.nishinippon.co.jp/nsp/avispa/article/46467 2014年11月14日閲覧。 

^ “アビスパ福岡へ追加支援、地元企業に慎重論広がる”. 日本経済新聞. (2013年10月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO61824910Z21C13A0LX0000/ 2013年11月3日閲覧。 

^ “アビスパ支援「ノー」、福岡銀・西鉄トップ表明”. 読売新聞九州版. (2013年10月29日). オリジナルの2013年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131031011638/http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20131029-OYS1T00221.htm 2014年11月15日閲覧。 

^ “明太子がアビスパを救う?スポンサー「ふくや」が支援商品販売へ”. スポーツニッポン. (2013年10月31日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/10/31/kiji/K20131031006918760.html 2014年11月15日閲覧。 

^ “アビスパ社長「年内の資金繰りにはメド」”. 日本経済新聞. (2013年11月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO62659030V11C13A1LX0000/ 2014年2月8日閲覧。 

^ “代表取締役社長の辞任に関するお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2013年11月29日), http://www.avispa.co.jp/index_box/release/release_2013_329.html7 2014年2月8日閲覧。 

^ “「アドバイザリーボード(経営諮問委員会)」設置のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2014年2月5日), http://www.avispa.co.jp/index_box/release/release_2014_044.html 2014年2月8日閲覧。 

^ “福岡の経営状況を注視=全51クラブの経営情報を開示-Jリーグ”. 時事ドットコム (時事通信社). (2014年7月22日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014072200891 2014年7月23日閲覧。 

^ “Jリーグ、福岡の債務超過を問題視 9月にライセンス審査”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2014年7月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKC0733_S4A720C1000000/ 2014年7月23日閲覧。 

^ “アビスパ福岡株式会社 増資等に関するご報告” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2014年8月28日), http://www.avispa.co.jp/index_box/release/release_2014_264.html 2014年9月6日閲覧。 

^ “アビスパ福岡株式会社への資本参加のお知らせ” (プレスリリース), システムソフト, (2014年8月29日), http://www.systemsoft.co.jp/wp-content/uploads/2014/08/shihonsanka_avispa20140829.pdf 2014年11月15日閲覧。 

^ “クラブライセンス交付第一審機関(FIB)による2015シーズン Jリーグクラブライセンスの交付について” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2014年9月29日), http://www.avispa.co.jp/index_box/release/release_2014_288.html 2014年11月15日閲覧。 

^ “役員人事に関するお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2015年3月30日), http://www.avispa.co.jp/index_box/release/release_2015_101.html 2015年4月4日閲覧。 

^ “【レポート】アビスパ福岡社長が語る、100億円クラブへの展望” (プレスリリース), サッカーキング, (2016年6月15日), https://www.soccer-king.jp/news/japan/20160615/456075.html 2018年4月16日閲覧。 

^ “【インタビュー】川森敬史さん|アビスパ福岡(株) 代表取締役 女性活躍が支えた、アビスパ福岡のJ1復帰” (プレスリリース), 九州イクボスドットコム, (2016年8月12日), http://kyushu.ikuboss.com/kawamori-avispa.html 2018年4月16日閲覧。 

関連項目
アビスパ福岡の選手一覧
九州ダービー
福岡ダービー
福岡J・アンクラス – かつてアビスパのホームゲームでボールスタッフをしていた。外部リンク
公式ウェブサイト
アビスパ福岡 (avispaf) – Facebook
アビスパ福岡 (@AvispaF) – Twitter
アビスパ福岡 (@avispaf) – Instagram
AVISPA FUKUOKA CHANNEL – YouTubeチャンネル
広報ブログ
西日本新聞/アビスパ福岡 アビスパ福岡 関連テンプレート表話編歴アビスパ福岡 – 2022スタッフ
監督 長谷部茂利
ヘッドコーチ 吉田恵
コーチ 田中遼太郎
コーチ兼分析 中嶋円野
GKコーチ 塚本秀樹
コンディショニングコーチ 樋口創太郎選手
GK
21 山ノ井拓己
23 杉山力裕
31 村上昌謙
41 永石拓海
46 甲斐鉄士(2種)DF
2 湯澤聖人
3 奈良竜樹
5 宮大樹
13 志知孝明
15 熊本雄太
20 三國ケネディエブス
22 輪湖直樹
26 井上聖也
29 前嶋洋太
33 ドウグラス・グローリ
36 柳貴博
44 森山公弥MF
6 前寛之
7 金森健志
14 ジョルディ・クルークス
19 田邉草民
25 北島祐二
35 平塚悠知
39 田中達也
40 中村駿FW
9 フアンマ・デルガド
10 城後寿
11 山岸祐也
16 渡大生
17 ルキアン
18 東家聡樹
28 鶴野怜樹(特別指定)
45 ジョン・マリ-
12 サポーター
関連項目
前身
スタジアム
練習場
マスコット
強化部長
選手一覧
成績一覧
表話編歴アビスパ福岡及びその前身チーム歴代監督中央防犯
菊川凱夫 1982-1994

福岡ブルックス
ホルヘ・マリオ・オルギン 1995

アビスパ福岡
清水秀彦 1996
カルロス・パチャメ 1997
森孝慈 1998
菊川凱夫 1999
ネストール・オマール・ピッコリ 2000-2001
今井雅隆 2002-2002.7
望月達也(代行)2002.8
中村重和 2002.8-12
松田浩 2003-2006.6
川勝良一 2006.6-12
沖野等(代行)2006.12
ピエール・リトバルスキー 2007-2008.7
篠田善之 2008.7-2011.8
浅野哲也 2011.8-12
前田浩二 2012-2012.10
池田太(代行)2012.10-12
マリヤン・プシュニク 2013-2014
井原正巳 2015-2018
ファビオ・ペッキア 2019.1-2019.6
久藤清一 2019.6-11
長谷部茂利 2020-表話編歴Jリーグ 2022
日本プロサッカーリーグ (法人)
日本サッカー協会J1
北海道コンサドーレ札幌
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜F・マリノス
湘南ベルマーレ
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパス
京都サンガF.C.
ガンバ大阪
セレッソ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
アビスパ福岡
サガン鳥栖
J2
いわてグルージャ盛岡
ベガルタ仙台
ブラウブリッツ秋田
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
栃木SC
ザスパクサツ群馬
大宮アルディージャ
ジェフユナイテッド千葉
東京ヴェルディ
FC町田ゼルビア
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
ツエーゲン金沢
ファジアーノ岡山
レノファ山口FC
徳島ヴォルティス
V・ファーレン長崎
ロアッソ熊本
大分トリニータ
FC琉球J3
ヴァンラーレ八戸
福島ユナイテッドFC
いわきFC
Y.S.C.C.横浜
SC相模原
松本山雅FC
AC長野パルセイロ
カターレ富山
藤枝MYFC
アスルクラロ沼津
FC岐阜
ガイナーレ鳥取
カマタマーレ讃岐
愛媛FC
FC今治
ギラヴァンツ北九州
テゲバジャーロ宮崎
鹿児島ユナイテッドFC百年構想クラブ
ラインメール青森
コバルトーレ女川
栃木シティFC
VONDS市原
南葛SC
クリアソン新宿
東京23FC
ヴィアティン三重
奈良クラブ
FC大阪
高知ユナイテッドSC
ヴェルスパ大分
沖縄SV過去に存在したクラブ
横浜フリューゲルス過去に存在したチーム
Jリーグ・アンダー22選抜
FC東京U-23
ガンバ大阪U-23
セレッソ大阪U-23過去の準会員・準加盟・百年構想クラブ
鳥栖フューチャーズ
浜松FC
tonan前橋
東京武蔵野シティFC
鈴鹿ポイントゲッターズJリーグの主な大会
ルヴァンカップ
FUJIFILM SUPER CUP
Jリーグカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦
Jエリートリーグ
Jユース選手権廃止された大会
チャンピオンシップ
オールスターサッカー
JOMO CUP
ドリームマッチ
サンワバンクカップ
Jサテライトリーグ
育成マッチデー
ニューイヤーカップ
アジアチャレンジ
ワールドチャレンジ昇格・降格関連試合
J1参入プレーオフ
J1・J2入れ替え戦
J1昇格プレーオフ
J2・J3入れ替え戦
J1参入決定戦表彰
アウォーズ
ベストイレブン
月間MVP
クロニクルベスト
マン・オブ・ザ・マッチ各種一覧
クラブの年度別成績
クラブ別選手
外国籍選手
中止になった試合
クラブの下部組織チーム
記念ゴール達成者
監督経験者メディア
中継
J’s GOAL
ナイトプレビューショー
アフターゲームショー
マッチデーハイライト
RADIO
オフィシャル書籍
イレブンミリオンプロジェクト
特命PR部
公認 スタジアムへキックオフ関連団体
(株)Jリーグ (メディアプロモーション – エンタープライズ)
協賛団体各社関連項目
天皇杯
マッチスケジューラー
フラッグスタウン
ファミリーJoinデイズ
ワンタッチパス
キックオフカンファレンス
クラブライセンス制度
セミナー
加盟を目指すクラブ
百年構想
百年構想クラブ
オリジナル10
準会員制度
準加盟クラブ
譲渡試合
公式試合安定開催基金
選手の出場諸条件
選手契約条件
合同トライアウト
選手会
OB会
東日本大震災復興支援スペシャルマッチ
Jリーグ(シーズン – 成績一覧 – 選手一覧 – スタジアム – マスコット – チアリーディング)
男子(Jリーグ – JFL – 地域 – 都道府県) – 女子(WEリーグ – なでしこ – 地域 – 都道府県)
表話編歴ジャパンフットボールリーグ(旧JFL)および日本フットボールリーグ(JFL)優勝クラブ
▲…旧JFL ※…1992・1993年は2部制1990年代
92▲※: ヤマハ/中央防犯
93▲※: フジタ/本田技研
94▲: セレッソ大阪
95▲: 福岡ブルックス
96▲: 本田技研
97▲: コンサドーレ札幌
98▲: 東京ガス
99: 横浜FC2000年代
00: 横浜FC
01: 本田技研
02: Honda FC
03: 大塚製薬
04: 大塚製薬
05: 愛媛FC
06: Honda FC
07: 佐川急便SC
08: Honda FC
09: SAGAWA SHIGA FC2010年代
10: ガイナーレ鳥取
11: SAGAWA SHIGA FC
12: V・ファーレン長崎
13: AC長野パルセイロ
14: Honda FC
15: ソニー仙台FC
16: Honda FC
17: Honda FC
18: Honda FC
19: Honda FC2020年代
20: ヴェルスパ大分
21: いわきFC
JFL(シーズン – 優勝 – スタジアム)
リーグ(J1 – J2 – J3 – JFL – なでしこ) – カップ(天皇杯 – ルヴァン杯 – 皇后杯)
表話編歴高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグリーグ構成
ファイナル
プレミアリーグ
プリンスリーグ
都道府県リーグプリンスリーグ
北海道
東北
関東
北信越
東海
関西
中国
四国
九州  廃止された大会
高円宮杯全日本ユース(U-18)選手権大会

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アビスパ福岡&oldid=91351298」から取得
カテゴリ: アビスパ福岡1982年設立のスポーツチーム1994年設立の企業福岡市東区の企業Jリーグクラブ隠しカテゴリ: グラフのあるページ編集半保護中のページ書きかけの節のある項目

評価: 4~5 つ星
レビュー: 60 45
再生回数: 2597
[spincontent type=”j”]

【アビスパ福岡】市場価値ランキング2021 Youtube

Transfermarkt参照

https://www.transfermarkt.jp/avispa-fukuoka/startseite/verein/9597/saison_id/2020

#アビスパ福岡
#市場価値
#jリーグ
#ランキング
#横浜Fマリノス
#鹿島アントラーズ
#名古屋グランパス
#浦和レッズ
#川崎フロンターレ
#FC東京
#サンフレッチェ広島
#ガンバ大阪
#セレッソ大阪
#ヴィッセル神戸
#湘南ベルマーレ
#清水エスパルス
#ジュビロ磐田
#北海道コンサドーレ札幌
#アルビレックス新潟
#アビスパ福岡
#サガン鳥栖
#松本山雅FC
#モンテディオ山形
#大宮アルディージャ
#Vファーレン長崎
#ジェフユナイテッド千葉
#水戸ホーリーホック
#ヴァンフォーレ甲府
#京都サンガFC
#横浜FC
#ロアッソ熊本
#大分トリニータ
#東京ヴェルディ
#FC岐阜
#レノファ山口FC
#FC町田ゼルビア
#柏レイソル
#ツエーゲン金沢
#ギラヴァンツ北九州
#栃木SC
#愛媛FC
#ベガルタ仙台
#カマタマーレ讃岐
#鹿児島ユナイテッドFC
#AC長野パルセイロ
#SC相模原
#徳島ヴォルティス
#カターレ富山
#FC琉球
#ファジアーノ岡山
#FC今治
#ブラウブリッツ秋田
#ザスパクサツ群馬
#いわてグルージャ盛岡
#ガイナーレ鳥取
#アスルクラロ沼津
#ヴァンラーレ八戸
#福島ユナイテッドFC
#YSCC横浜
#藤枝MYFC
#テゲバジャーロ宮崎

2. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Yomiuri

Yomiuri
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2497
[spincontent type=”j”]

3. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Asahi Shimbun

朝日新聞
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: 朝日新聞で検索した jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する上記の情報が、jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3486
[spincontent type=”j”]

4. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? The Japan Times

The Japan Times
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: ジャパン タイムズで検索した jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する記事のトップです。jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1477
[spincontent type=”j”]

5. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Yomiuri Shimbun

読売新聞
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7109
[spincontent type=”j”]

6. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Mainichi Shimbun

毎日新聞
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: 毎日新聞で見つけた jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する上記の情報が、jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 57 16
[spincontent type=”j”]

7. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Sankei Shimbun

産経新聞
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: 産経新聞で検索した jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する記事のトップです。jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5695
[spincontent type=”j”]

8. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6906
[spincontent type=”j”]

9. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Chunichi Shimbun

中日新聞
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: 中日新聞で検索した jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する上記の情報が、jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 33
[spincontent type=”j”]

10. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Tokyo Shimbun

東京新聞
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9833
[spincontent type=”j”]

11. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8622
[spincontent type=”j”]

12. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: 日刊工業新聞で見つけた jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する上記の情報が、jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1444
[spincontent type=”j”]

13. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Ainu Times

アイヌタイムス
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: アイヌ タイムズで検索した jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する記事のトップです。jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 97 19
[spincontent type=”j”]

14. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8881
[spincontent type=”j”]

15. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Chiba Nippo

千葉日報
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: 千葉日報で検索した jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する上記の情報が、jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6589
[spincontent type=”j”]

16. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Chugoku Shimbun

中国新聞
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: 中国新聞で検索した jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する記事のトップです。jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5802
[spincontent type=”j”]

17. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? Daily Tohoku

デイリー東北
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9125
[spincontent type=”j”]

18. jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

説明: イースタン クロニクルで検索した jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する上記の情報が、jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3934
[spincontent type=”j”]

jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? に関する質問

jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは? が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?

jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?
方法jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?
チュートリアル jリーグのアビスパ福岡のクラブ名のアビスパは、スペイン語で「●」の意味だが、●に入るのは?
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: