あなたは bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 を共有します。 bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。
出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2021年3月)
古い情報を更新する必要があります。(2021年3月)出典検索?: “Bluetooth” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWLBluetooth
開発者
Bluetooth Special Interest Group(英語版)分野
Personal Area Network対応機器
パーソナルコンピュータスマートフォンゲーム機オーディオ機器物理的範囲
通常10 m (33 ft)未満、最大100 m (330 ft)までBluetooth 5.0: 40–400 m (100–1,000 ft)[1][2]ウェブサイト
bluetooth.comBluetooth(ブルートゥース、ブルーツース)は、デジタル機器用の近距離無線通信規格の1つである。Bluetooth Basic Rate/Enhanced Data Rate (BR/EDR) と Bluetooth Low Energy (LE) から構成される[3]。

概要[編集]
数メートルから数十メートル程度の距離の情報機器間で、電波を使い簡易な情報のやりとりを行うのに使用される。
当初、エリクソン、インテル、IBM、ノキア、東芝の5社(プロモーター企業)によって策定された。その後マイクロソフト、モトローラ、3COM、ルーセント・テクノロジーの4社がプロモーター企業として加わった。@media screen.mw-parser-output .fix-domainborder-bottom:dashed 1px現在[いつ?]は3COM、ルーセント・テクノロジーの2社が脱退し、Apple、およびノルディック・セミコンダクターが加わり、9社がプロモーター企業となっている。IEEEでの規格名は、IEEE 802.15.1である。
2.4 GHz帯を使用してPC(主にノートパソコン)等のマウス、キーボードをはじめ、携帯電話、PHS、スマートフォン、タブレットでの文字情報や音声情報といったデジタル情報の無線通信を比較的低速度で行う用途に採用されている。

基本事項[編集]
Bluetooth BR/EDRは2.4 GHz帯を79の周波数チャネルに分け(LEは40)、利用する周波数をランダムに変える周波数ホッピングを行いながら、半径10 – 100m程度のBluetooth搭載機器と、最大3Mbps(HSは24 Mbps)で無線通信を行う。
当初は赤外線短距離通信であるIrDAの完全置換えという誤った認識で普及が試みられたが、使いにくさが強調され、普及の妨げとなった。しかしその後(赤外線通信と比較して)指向性の少ない、簡易なデジタル無線通信としての利便性が認識され、多様な分野で普及が進んでいる。
Bluetooth BR/EDRは、無線接続の状態を意識せずに常時接続したままでの使用状況に適している[3]。反対にIrDAは、意図して接続するのに適している。これらは互いを補完している。LE は短時間のバースト通信に最適化している[3]。
Bluetooth BR/EDR/LEと2.4 GHz帯の無線LAN (Wi-Fi) は、ISMバンドで周波数帯を共用する[3]。そのため相互干渉・混信が起こり、Bluetooth使用時に無線LANの速度が著しく低下するという問題が起こることもある。
セキュリティに関しては、BR/EDR は SAFER+(英語版) 64bit もしくは 128bit を少し変更したアルゴリズムをキーの配送に使用し、E0(英語版) で暗号化できる。LE のポイント・ツー・ポイントとメッシュは AES 128bit が利用可能[4]。上位のアプリケーションレイヤーで独自の暗号化を施すことも可能。
Bluetooth Basic Rate/Enhanced Data Rate (BR/EDR) は、「Bluetoothクラシック」(Bluetooth Classic) と呼ばれることもある[5][6]。

名称の由来[編集]
名称はスウェーデンのエリクソン社の技術者がつけたものである。初めてノルウェーとデンマークを交渉により無血統合し、文化の橋渡しをしたデンマーク王、ハーラル・ブロタン・ゴームソン (Harald Blåtand Gormsen / Haraldr blátǫnn Gormsson) の歯に死歯があり、それが青黒い灰色だったので「青歯王」と呼ばれたことに由来している[7][8]。つまり、「乱立する無線通信規格を統合したい」という願いが込められている。
Bluetooth のロゴは、北欧の長枝ルーン文字(イェリング墳墓群の石碑に見られる)でハーラル・ブロタンの頭文字のH (ᚼ) とB (ᛒ) を組み合わせたものに由来する[9][10]。

沿革[編集]
1994年 – エリクソン社内のプロジェクトとして開発開始。
1998年5月20日 – エリクソン、インテル、IBM、ノキア、東芝の5社でBluetooth SIGを設立。同時に Bluetooth という名称を発表。
1999年7月26日 – Bluetooth仕様書バージョン1.0を発表[11]。
2001年2月 – バージョン1.1を発表。
2003年頃 – 日本でBluetoothが普及し始める。[要出典]
2003年11月 – バージョン1.2を発表。
2004年11月 – バージョン2.0を発表。Enhanced Data Rate (EDR) を追加。
2007年3月28日 – バージョン2.1を発表。
2009年4月21日 – バージョン3.0を発表。High Speed (HS) を追加。
2009年12月17日 – バージョン4.0を発表。Bluetooth Low Energy (LE) を追加。
2011年6月21日 – Appleとノルディック・セミコンダクターが理事会に加わる。
2013年12月4日 – バージョン4.1を発表[12]。
2014年12月3日 – バージョン4.2を発表[13]。
2016年12月8日 – バージョン5.0を発表[14]。
2019年1月21日 – バージョン5.1を発表。
2020年1月6日 – バージョン5.2を発表[15]。
2021年7月13日 – バージョン5.3を発表[16][17]。バージョン[編集]
Bluetooth規格には以下のバージョンがある。普及バージョンである1.1以降においては、3.0以前、3.0+HS、4.0以降の3グループで通信方式が異なるため、各グループ内でのみ互換性を持っている。ただし、複数の通信方式を同時に実装することが可能であり、論理層の基本的な仕様は大きく変わらないため、統一的なユーザーインターフェイスでラップされ、一般利用者が非互換性を意識する必要が無いよう配慮された実装となっている場合が多い。

1.0b
最初のバージョン。
1.0b + CE (Critical Errata)
1.0bに修正を加えた。
1.1
Bluetoothリリース後、最初に広く普及したバージョン。
1.2
2.4 GHz帯域の無線LAN (IEEE 802.11/b/g) などとの干渉対策が盛り込まれた。2003年11月公開。
2.0
容量の大きいデータを通信する際に最大通信速度を3 Mbpsの通信に切り替える Enhanced Data Rate (EDR) がオプションで追加できるようになった。2004年11月公開。
2.1
ペアリングが簡略化され、近距離無線通信の Near Field Communication (NFC) に対応した。マウスやキーボードなどのスリープ時間が多い機器のバッテリーを最大で5倍延長できる「Sniff Subrating」機能を加えた。2007年3月公開。
3.0
Protocol Adaptation Layer (PAL) とGeneric Alternate MAC/PHY (AMP) によって無線LAN規格IEEE 802.11のMAC/PHY層の利用が可能となり、最大通信速度が24 Mbpsとなる High Speed (HS) がオプションで追加できるようになった。また、電力管理機能を強化して省電力性を向上させた。2009年4月公開[18]。
4.0
従来からの Bluetooth Basic Rate/Enhanced Data Rate (BR/EDR) に加えて、BR/EDR に比べ大幅に省電力化された Bluetooth Low Energy (LE) が追加された。Bluetooth SIGが公開する資料によれば、ボタン電池1つのみでも数年駆動可能としている。転送速度は1 Mbpsだが、データパケットサイズが8 – 27オクテットと非常に小さくなっている。これは、例えば家電製品などに搭載されたセンサーとのデータ通信に向けた仕様となっている。この点が BR/EDR と方向性が異なっており、互換性が無く、ベンダーは BR/EDR と LE をそれぞれ目的別に採用するものとされている。ホスト側は両方を組み込んだ「デュアルモード」を実装できる。
BR/EDR に ATT and GATT over BR/EDR を追加。
2009年12月公開。
4.1
Bluetooth Low Energy にモバイル端末向け通信サービスの電波との干渉を抑える技術、データ転送の効率化、自動の再接続機能、直接インターネット接続できる機能、ホストとクライアント同時になれる機能[要出典]、が追加された[19]。
4.2
Bluetooth Low Energy に Data Packet Length Extension を追加し、通信速度(アプリケーションスループット)が260 kbpsから650 kbps[20]に2.5倍高速化。Bluetooth Low Energy が IPv6/6LoWPAN でインターネット接続できるようになる[21]。
5.0
Bluetooth Low Energy のデータレートが2 Mbps, 1 Mbps, 500 kbps, 125 kbpsになり、2 Mbpsおよび1 Mbpsは従来通り到達距離が100 m、125 kbpsは到達距離が400 mとなった[22]。
5.1
ペアリングされているBluetooth機器の方向を探知する機能が追加された。
5.2
LE Audio規格の追加を含む複数の改良。Bluetooth BR/EDR 最大実効速度[20]
バージョン
非対称型通信時
対称型通信時
データレート
BR (1.0 以降, GFSK)

下り723.2 kbps / 上り57.6 kbps

433.9 kbps

1 Mbps[3]EDR (2.0 以降, π/4 DQPSK)

下り1448.5 kbps / 上り115.2 kbps

869.1 kbps

2 Mbps[3]EDR (2.0 以降, 8DPSK)

下り2178.1 kbps / 上り177.1 kbps

1306.9 kbps

3 Mbps[3]Bluetooth+HS 最大実効速度[20]
バージョン
データレート
HS (3.0 以降 5.2まで, 802.11 PAL)

24 Mbps[23]Bluetooth Low Energy 転送速度

バージョン
アプリケーションスループット
データレート
4.0

260 kbps[20]
1 Mbps[24]4.2 Data Packet Length Extension

650 kbps[20]
1 Mbps
5.0

2 Mbps, 1 Mbps, 500 kbps, 125 kbps[3][22]プロファイル[編集]
詳細は「Bluetoothプロファイルの一覧」を参照
Bluetoothはその特性上、様々なデバイスでの通信に使用されるため、機器の種類ごとに策定されたプロトコルがあり、それらの使用方法をプロファイル (Profile) と呼び標準化している[25]。
通信しようとする機器同士が同じプロファイルを持っている場合に限り、そのプロファイルの機能を利用した通信をおこなえる。
代表的なものに以下のプロファイルがあり、Bluetooth対応機種であっても利用する機器の双方が適切なプロファイルに対応している必要がある。

A2DP (Advanced Audio Distribution Profile)
音声をレシーバー付きヘッドフォン(またはワイヤレススピーカー)に伝送するためのプロファイル。HSP/HFPと異なり、ステレオ音声・高音質となる。
AVRCP (Audio/Video Remote Control Profile)
AV機器のリモコン機能を実現するためのプロファイル。
BIP (Basic Imaging Profile)
静止画像を転送するためのプロファイル。
BPP (Basic Print Profile)
プリンターへ転送・印刷するためのプロファイル。
DUN (Dial-up Networking Profile)
携帯電話・PHSを介してインターネットにダイヤルアップ接続するためのプロファイル。
FTP (File Transfer Profile)
パソコン同士でデータ転送を行うためのプロファイル。コンピュータネットワークなどで用いられるファイル転送プロトコルのFTPとは無関係。
GAP (Generic Access Profile)
機器の接続/認証/暗号化を行うためのプロファイル。
HCRP (Hardcopy Cable Replacement Profile)
プリンターへの出力を無線化するためのプロファイル。
HDP (Health Device Profile)
健康管理機器同士を接続するためのプロファイル。
HFP (Hands-Free Profile)
車内やヘッドセットでハンズフリー通話を実現するためのプロファイル。HSPの機能に加え、通信の発信・着信機能を持つ。
HID (Human Interface Device Profile)
マウスやキーボードなどの入力機器を無線化するためのプロファイル。
HSP (Headset Profile)
Bluetooth搭載ヘッドセットと通信するためのプロファイル。モノラル音声の受信だけではなく、マイクで双方向通信する。
OBEX (Object Exchange)
オブジェクト交換 (OPP、BIP、FTP、SYNC) で用いる認証方式の一つ。データ転送プロファイルの一つで、実装しているとデータ送受信時にOBEX認証パスキーの入力を接続相手に要求する。
OPP (Object Push Profile)
名刺データの交換などを行うためのプロファイル。
PAN (Personal Area Network Profile)
小規模ネットワークを実現するためのプロファイル。
PBAP (Phone Book Access Profile)
電話帳のデータを転送するためのプロファイル。
SDAP (Service Discovery Application Profile)
他のBluetooth機器が提供する機能を調べるためのプロファイル。
SPP (Serial Port Profile)
Bluetooth機器を仮想シリアルポート化するためのプロファイル。
SYNC (Synchronization Profile)
携帯電話・PHSやPDAと、PCとの間で、スケジュール帳や電話帳のデータ転送を行い、自動的にアップデートするためのプロファイル。これらプロファイルのうち、DUN/FTP/HID/OPP/HSP/HFP/A2DP/AVRCPなどの使用頻度が高い。GAPやSDAPのような下位層のものは実装されていても意識されないことが多い。また、プロファイルによっては実装されていてもほとんど使われていないものもある。
同じプロファイルでもクライアント側とサーバー側の違いがあり、逆方向にも使えるとは限らない。DUNの場合を例にとると、本体になる側(PC・PDAなど)からモデムになる側(携帯電話・PHSなど)に対してBluetooth接続を要求する。つまり前者はクライアント (DUN-DT)、後者はサーバー (DUN-GW) であり、通常は片方の役割しか実装されていないため、役割を入れ替えて逆方向に使うことはできない。例えば、DUN-GWを実装しBluetoothモデムになれるスマートフォンがあったとして、これを本体として、DUN-GWを実装した他の携帯電話をモデムとしてダイヤルアップすることは通常できない。
プロファイルは、各機器がBluetoothを使って何ができるかを示したもので、機器同士の接続性が一目でわかるようになるものと期待された。しかし現実には、Bluetooth応用分野の拡大に伴って急激にプロファイルが増加したこともあり、以下のような問題が目立つ。

同じような機能のプロファイルが乱立気味であり、利用可能な、あるいは目的に適したプロファイルがわかりにくい。
対応プロファイルの少ない古い製品の陳腐化を助長し、しかもアップグレードが提供されないことが多いので買い替えを余儀なくされる。
「同じBluetoothなのにプロファイルの有無が原因でつながらない」という印象を与えやすい。
Advanced Audio Distribution Profileのように、基本的にプロファイルに対応していれば接続可能でも、コーデックなどが乱立しており、全て実装すると高価になるためにメーカーがトレードオフな開発を強いられる場合にユーザーは製品を選びにくくなる。クラス[編集]
Bluetoothには、電波強度を規定したクラスという概念がある。各機器はいずれかのクラスに分類される。電波強度の差だけであり、両方が同じクラスである必要はない。

Bluetoothのクラス (BR/EDR)[3]
クラス

出力

到達距離
Class 1

100 mW

100 m
Class 2

2.5 mW

10 m
Class 3

1 mW

1 m
Bluetoothのクラス (LE)[3]
クラス

出力
Class 1

100 mW
Class 1.5

10 mW
Class 2

2.5 mW
Class 3

1 mW
実際の接続手順[編集]
Bluetooth対応製品には、ペアリング状態を示す何らかのランプや画面が搭載されており、青色で点灯する製品が多い。Bluetooth機器を最初に使用する際には、接続相手を特定するため、ペアリング(ボンディング、組み合わせ)と呼ばれる操作が必要になる。ここでは、その一般的な手順を示す。
一方の機器を「ペアリング可能状態」に設定する。また、認証・暗号化の設定を双方であわせておく。
他方の機器から「探索(発見)」操作を行う。
探索可能状態にある周囲のBluetooth機器の一覧が提示されるので、その中から所望の接続相手を指定する。
双方に同一のパスキー(認証鍵のこと、PINともいう)を入力する。
パスキー

パスキーは、通常4 – 16桁程度の任意の数字で指定する。短いパスキーでは通信を傍受・解読されるおそれがあるので、ある程度長いほうがよい。パスキーを入力できないデバイス(マウス、ヘッドセットなど)では、パスキーが固定値、もしくは入力が不要な場合がある。こうした機器の場合、通常デフォルトでは「0000」「1234」などの単純な羅列となっている。
パスキーの交換が終われば、ペアリングが完了する。一度ペアリングを行った機器間では、次からは自動的あるいは半自動的に接続が確立され、パスキーの入力は不要である。相性によっては、毎回パスキー入力が必要となることもある。Bluetooth LEでは、位置情報を発信するだけのビーコンのような単方向のアドバタイズ用途の場合、必ずしもペアリングする必要はない[26]。

採用例[編集]
Bluetoothは汎用インターフェイスであり、様々な機器に採用されている。以下にその一例を挙げる。

携帯電話・スマートフォン・PHS[編集]
Bluetooth技術を搭載した携帯電話の一例 (au SH003)
Bluetooth接続を用いるヘッドセット
Bluetooth技術を用い、PDAにキーボードと携帯電話を接続してインターネットに接続している。写真では (iPAQ112) (RBK-2000BT II) (820P) が使われている
携帯電話やPHSの高機能化に伴い、携帯電話類同士や携帯電話類とBluetoothに対応したモバイル機器との間での情報の受け渡しに使われるようになっている。一部の携帯電話やPHS端末は、対応のPCやPDAとBluetoothで接続することで無線モデムにできる。
ワイヤレスヘッドセットでは中級品以下までBluetoothの採用が進んでいる。2008年の日本市場では、3キャリアがほぼ標準機能として採用していた。ソフトバンクモバイル向けでは3G機種のほとんどがBluetooth対応のためか普及率が高い。KDDI/沖縄セルラー電話(各auブランド)は2007年冬モデル以降の一部の「KCP+」採用機種に、NTTドコモは2008年秋冬の新コンセプトモデル以降に、積極的に採用している。Bluetoothの活用について携帯電話キャリア側からの目につく提案は、ミュージックプレーヤーとしての「音楽ケータイ」とワイヤレスヘッドホンを結ぶ機能であるというかたちがほとんどで、ファイル転送や車内ハンズフリー通話などについてカタログで大きく取り扱われるようにはなっていない。
スマートフォンに関しては、iPhoneや、Android OSを搭載している機種では概ね標準機能として採用されている。ただしiOSがサポートする標準BluetoothプロファイルはHFP/A2DP/HIDなどの一部に限定されており[27]、サードパーティー製のアプリケーションや周辺電子機器で自由に使用することはできず、SPPなどの非標準プロファイルを利用したデバイスを開発・製造するにはMFi認証プログラムへの参加が必要となる[28][29]。iOSバージョン5.0以降のCore BluetoothフレームワークによりBluetooth LEに対応し[30]、またiOSバージョン13.0以降のCore Bluetooth ClassicによりGATT over BR/EDRに対応している[31]。Androidはバージョン2.0以降(Bluetooth LEについてはバージョン4.3以降)[32][33]でOS側の対応が始まった。また文字入力の補助のために、スマートフォンと一緒に持ち歩ける小型サイズのBluetooth接続キーボードが出回っている。また最近[いつ?]ではBluetoothを利用したテザリングができる機種が出てきている。Android搭載機では、Bluetoothマウスでの操作も可能である。iPhoneでは、iOS 13以降でBluetoothマウスに対応している[34]。iOS機器のAirDrop[35][36]や、Android機器のNearby Share(英語版)[37]など、相手端末の探索には省電力のBluetoothを、ファイル転送には高速なWi-Fiを併用する機能もある。
なお、日本国内で発売された携帯電話で初めてBluetoothを搭載したのは、2001年にauから発売されたC413S(ソニー)である。ただし、この機種はA2DP/HSP/HFPプロファイルに対応しておらず、ヘッドセットを用いたハンズフリー通話には対応していなかった(Bluetooth搭載携帯電話・PCとの接続には対応しており、データのやりとりや後述の無線モデムとしての利用は可能だった)。

ハンズフリー通話[編集]
日本では2004年の道路交通法改正により、自動車の運転中に携帯電話・PHSを手に持って通話した場合の罰則が強化されたため、手に持たずに通話できるハンズフリー機能が注目されるようになった。
ハンズフリー・マイクロフォン機能としては、ヘッドセットやイヤホンマイクをイヤホンジャックに接続する安価なものが一般的であるが、事前に頭・耳にヘッドセット等を装備して、それと携帯電話等の間をコードで繋いだままでいなければならないなど煩雑であるため、無線により自動的にハンズフリー車載器(スピーカー・マイクは車内に装備)と接続してハンズフリー通話ができるBluetoothハンズフリー機器の開発や製品の輸入ライセンス販売が活発化した。
東京都をはじめとする一部の都道府県では、道路交通法第71条を根拠に公安委員会が定めた遵守事項として、イヤホンを付け運転することを(多くは条件付きであるが)禁じており、片耳だけのヘッドセットでも取締りの対象となる可能性がある。
サンバイザーに挟み込むような形状で使用するスピーカーフォンも登場している。

タブレット端末・タブレットPC・ノートPC[編集]
iPadやAndroid搭載タブレットのようなタブレット端末、Microsoft SurfaceのようなタブレットPCでも、Wi-FiやBluetoothを標準搭載している製品が多い。さらに一般的な従来型のノートPCなど、持ち運びのできる小型コンピュータ端末での採用も広がっている[38]。スマートフォン同様、Bluetooth規格の対応状況はハードウェアの世代およびそれぞれのOSによる。

無線モデム[編集]
「モバイルブロードバンド」も参照
パソコン・PDAなどのほかのコンピュータから、DUN (Dial-up Networking Profile) 機能を持つ携帯電話を無線モデムとして利用し、インターネットに接続することができる。日本では携帯電話会社がインターネット・プロバイダ契約を提供しており、別途独立したISPと契約しなくてもよいことが多い。W-CDMA網を用いたパケット通信、GSM網を用いたGPRS (General Packet Radio Service) 接続などが抽象化されて提供される。
パソコン・PDA側では通常のモデムの場合と違い、特別な初期化コマンドが必要となることもある。例えばソフトバンクモバイルの場合では、『+CGDCONT=1,”IP”,”softbank”』というものである。これらの設定を行うダイヤルアップ接続のセットアッププログラムが、携帯電話会社から供給されていることもある。

カーナビゲーション[編集]
自動車メーカー各社も、自動車向けBluetoothハンズフリー通話装置の開発を行った。既にカーナビゲーション・システムが自動車の情報端末として確立していたため、Bluetoothはこれらカーナビに組み込まれることが多くなり、「Bluetooth対応純正カーナビ」が登場した。
このうち、KDDIの第2位の株主であったトヨタ自動車が最も積極的で、現在[いつ?]ではおもにトヨタのG-BOOK、日産のカーウイングス、ホンダのインターナビの3つの陣営に分かれている。
2007年現在、カロッツェリアやパナソニックなどサードパーティー製カーナビにも、Bluetooth接続機能がオプションで用意されつつある。Bluetooth対応カーナビは、Bluetooth対応携帯電話とHFP/HSPで接続し、Bluetoothの設定などの操作はカーナビ画面、着信・発信時の操作はカーナビ画面・専用ボタン・自動着信/音声認識発信など、マイクは運転席の周辺、スピーカは車のカーステレオのものを流用している。
カーナビと携帯電話の連携は、単に携帯電話を発話・受話できることにとどまらず、各カーナビ陣営の運営するサーバーに収録された渋滞情報の取得やサーバーへの走行履歴の送信、カーナビに収録された店舗情報に収録されている電話番号に直接電話をかけることができるなどといった、より高度な利用法に進化している。
また、機種によってはBluetooth接続で携帯音楽プレーヤーに収録した音楽を操作・演奏することができ、両者がAVRCPのVer.1.3以上に対応していればカーナビ側に楽曲のタイトルなどを表示することもできる。また、PBAPに対応している場合は、スマートフォン・携帯電話などから電話帳情報をカーナビに読み込ませることもできる。

音楽プレーヤー[編集]
Bluetoothを利用できる音楽プレーヤーとして、ウォークマン、iPodなどのデジタルオーディオプレーヤー、Android、iPhoneなどのスマートフォンのような製品が見受けられるようになっている。
Bluetoothでワイヤレス再生する場合、A2DPの標準コーデックとして「Sub Band CODEC (SBC)」が使われることが多い。SBCは伝送環境の悪化に強く変換時の負荷も少ない反面、音質の劣化や再生時の遅延が起きやすい。そのため、標準以外の独自コーデックも採用する機種が増えている。CSR(後にクアルコムに買収)開発の「aptX」とそのハイレゾ対応版の「aptX HD」[39]および低遅延の「aptX LL (Low latency)」[40]、AppleのiPhoneやiPadで多く採用されている「AAC」、ソニー開発のハイレゾ対応「LDAC」[41][42]などの高音質・低遅延なコーデックを採用するようになっている。これらを利用して再生する際には音楽プレーヤーだけでなく、ヘッドフォンやヘッドセット、レシーバーなどもこれらのコーデックに対応した物が必要となる。

ワイヤレスヘッドフォン・イヤホン[編集]
一般的にヘッドホンやイヤホンは、再生機器にプラグを差し込んで使う有線型であるが、Bluetoothにて音楽信号を伝送する無線型が普及してきている。再生機器から伝送された音楽信号は、Bluetooth対応のヘッドホン・イヤホン側で処理が行われ、音楽として再生される。再生機器側と線がつながっていないため、取り回しがしやすく動きやすいという利便性がある。またヘッドホン・イヤホン側から再生機器側に対して、ワイヤレスで再生・停止・音量調整などを行う機能もある。欠点としては、バッテリーを搭載しているため定期的に充電が必要なことである(電池切れになると無線で再生できなくなる)。Bluetoothイヤホンは左右が線でつながっているものと、独立したもの(左右完全独立型)があり、他にも首掛け型や耳掛け型などがある。

RFIDタグとバーコードリーダー[編集]
GPSレシーバー (BT-359W)
産業界ではBluetoothを用いてパソコン、PDA、携帯電話等へデータ転送するRFIDタグリーダーやバーコードリーダーが広く用いられている。RFIDリーダーのうち、日立のミューチップなどのように2.45 GHz帯を用いるRFIDはBluetoothの搬送波と干渉するため、実装に対して特別な工夫が必要となる。
これらのリーダーはSPP (Serial Port Profile) を用いて接続するものが一般的である。

PC周辺機器[編集]
マウス (HID)
キーボード (HID)
GPSレシーバー(SPP (Serial Port Profile) で利用するものが一般的)
小型プリンター、走査(スキャン)[要説明](OPP他)PCでBluetooth機器と通信する場合、内蔵または外付けのBluetoothアダプターを利用する方法があるが、オペレーティングシステム (OS) の対応状況を考慮する必要がある。

Microsoft Windows[編集]
Windows XP SP2以降・Windows Server 2016以降では、Bluetoothワイヤレステクノロジーを標準サポートしている[43]。Windows 2000以前のOSやWindows Server 2012以前のOSは、標準でBluetoothをサポートしないが、マイクロソフト以外のBluetoothドライバーを利用できる可能性がある。Windowsが全くサポートしないプロファイルについても、マイクロソフト純正ドライバーを使用せずサードパーティー製のBluetoothドライバーをインストールすることで、プロファイルを使用できる可能性がある。
なお、Windowsは原則としてBluetooth 1.0に対応しない。マイクロソフトは、これについて「Bluetoothバージョン1.0の仕様には、WindowsがBluetoothワイヤレステクノロジーを十分にサポートするために必要な、いくつかの重要なアップデートが欠けていたため」と説明している[44]。また、High Speed (HS) は非推奨としていて、代わりにWi-Fi Direct(英語版)を使うことを推奨している[45]。

Windows が標準でサポートする Bluetooth のバージョン[46]

Windows のバージョン
Bluetooth のバージョン
対応プロファイル
Windows 2000 以前

サポートなし
Windows Server 2012 以前
Windows XP(SP2以降)

1.1〜2.0 BR・EDR

.mw-parser-output .hlist ul,.mw-parser-output .hlist olpadding-left:0.mw-parser-output .hlist li,.mw-parser-output .hlist dd,.mw-parser-output .hlist dtmargin-right:0;display:inline-block;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dt:after,.mw-parser-output .hlist dd:after,.mw-parser-output .hlist li:afterwhite-space:normal.mw-parser-output .hlist li:after,.mw-parser-output .hlist dd:aftercontent:” · “;font-weight:bold.mw-parser-output .hlist dt:aftercontent:”: “.mw-parser-output .hlist-pipe dd:after,.mw-parser-output .hlist-pipe li:aftercontent:” .mw-parser-output .hlist-hyphen dd:after,.mw-parser-output .hlist-hyphen li:aftercontent:” – “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-comma dd:after,.mw-parser-output .hlist-comma li:aftercontent:”、 “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist-slash dd:after,.mw-parser-output .hlist-slash li:aftercontent:” / “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li:last-child:aftercontent:none.mw-parser-output .hlist dd dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dd li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dd:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li dt:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li li:first-child:beforecontent:” (“;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist dd dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dd li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist dt li:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dd:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li dt:last-child:after,.mw-parser-output .hlist li li:last-child:aftercontent:”) “;font-weight:normal.mw-parser-output .hlist olcounter-reset:listitem.mw-parser-output .hlist ol>licounter-increment:listitem.mw-parser-output .hlist ol>li:beforecontent:” “counter(listitem)” “;white-space:nowrap.mw-parser-output .hlist dd ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist dt ol>li:first-child:before,.mw-parser-output .hlist li ol>li:first-child:beforecontent:” (“counter(listitem)” “HID v1.0PANUSPPOPPDUNHCRP
Windows Vista

1.1〜2.0 BR・EDR

HID v1.1PANUSPPOPPDUNHCRPHFP v1.5A2DP v1.2AVRCP v1.3HOGP[47](サードパーティー実装のプロファイルに対応)
Windows Vista(SP2以降)

1.1〜2.1 BR・EDR
Windows 7
Windows 8

1.1〜4.0 BR・EDR・LE

[要説明]Windows 8.1

[要説明]Windows 10

1.1〜5.0[48]BR・EDR・LE

A2DP 1.2AVRCP 1.3GATT ClientGATT ServerDUN 1.1DI 1.3HFP 1.6HCRP 1.0HOGP 1.0HID 1.1OPP 1.1PANU 1.0SPP 1.2[48]Windows Server 2016
Linux[編集]
Linuxの本体であるカーネルには各種のBluetoothコントローラーのドライバーが組み込まれている。実際に利用するためのツールは主だったデスクトップ向けディストリビューションで、BlueZパッケージなどの関連パッケージが用意されている。初期段階で組み込まれている場合もあり、また統合的なパッケージ管理ツールから、手軽にこれらを導入できることも多い。一般的に各種のGUI環境において、BluetoothについてのGUIツールが組み合わせられ、インジケーターなども提供される。BlueZなどはAndroidにも採用されており、Androidで利用できるプロファイルはLinuxでも利用可能で、A2DP, HFP/HSP, FTP, HID, RFCOMMなどを活用できる。ただし、プロファイルは対応していても、実際にそれを活用するソフトウェアが不足するような場合はある。
ディストリビューションの構成、バージョンによって、設定に手間がかかる場合もある。ただし、たとえば2011年10月現在のUbuntu 11.10では、Bluetooth対応は標準機能に近い位置づけで、Bluetooth機能の自動認識、デバイスドライバーの自動組み込みが行われる。また、Bluetooth機器の登録もウィザード機能で手軽に行えるようになっている。
実際の使い勝手も改良が進み、A2DP、HFP/HSP、内蔵音源、USB音源などの混在した音源デバイスを、個別のアプリケーションごと自由に切り替えることもできるほか、A2DPホスト機能によってスマートフォンで再生する音楽を、PCに繋いだスピーカーで鳴らすこともできるようになっている。

macOS[編集]
macOSでは、Mac OS X v10.2.8以降から、OS標準でBluetoothワイヤレステクノロジーをサポートしている。対応するプロファイルは、DUN・HID・SPP・OPP・FTP・SYNC[49]。更に、Bluetooth software 1.5にて、HCRP・HSPに対応する。OS X Mountain Lion (10.8) では、更にA2DPとAVRCPもサポートしている[50]。
Bluetooth Low Energyに関しては、セントラルロールはMac OS X Lion (10.7) 以降[51]、ペリフェラルロールはOS X Mavericks (10.9) 以降[52][53]で対応。

ゲーム機[編集]
家庭用ゲーム機の無線コントローラー (HID)
Wii、Wii U、Nintendo Switch
Wiiリモコン、バランスWiiボード、Wii U Proコントローラー、Joy-Con、Nintendo Switch Proコントローラー
PlayStation 3、PlayStation 4、PlayStation 5
SIXAXIS(→PlayStation 3#コントローラ)、デュアルショック3、4、DualSense
携帯型ゲーム
ニンテンドーDS
ニンテンドー ワイヤレスキーボード
PlayStation Portable go
PlayStation Vita
たまごっち
2018年発売の「たまごっちみーつ」にて、スマートフォン「たまごっちみーつ アプリ」と連携。マイクロソフトのXboxシリーズの本体はBluetoothに対応しておらず、専用のワイヤレス技術を使用している[54]が、ヘッドセットやコントローラーなどの周辺機器はBluetooth接続にも対応している[55]。Xbox OneやXbox Series X/Sのワイヤレスコントローラーは、Windows/Android/iOSデバイスとBluetooth接続することができる[56]。

健康管理機器[編集]
コンティニュア・ヘルス・アライアンスが標準的な接続方法としてBluetoothを採用しているため、多くの健康管理機器がBluetoothでの接続を実現している。

体重計
体脂肪計
血圧計
心拍計勤怠機器[編集]
タイムレコーダー・タイムレコーダー用アダプター
アマノ「TimeP@ck STD/iC/EX」
アマノ「TP@C-6101C 打刻印刷専用プリンター」その他の採用例[編集]
Bluetooth技術を用いてスマートフォンとリンクする腕時計
Bluetoothを利用するスマホ自販機
補聴器
デジタルペン(ノキア、ぺんてる製など)
超小型のヘッドフォン(Skypeなどの利用から、補聴器使用者のPC利用などにも有効)
インターカム バイク用(ライダー間会話用)の製品などが複数商品化されている。class1出力の場合見通し100mまで通話可能で、中には500mまで可能と宣伝している物もある。同時に普通のヘッドセットとして携帯電話等と接続できる機能も備えているものが多い。
NTTが販売するビジネスホンαNXシリーズおよびαGXシリーズのカールコードレス電話機。GXシリーズではカナ品名に<2>が付くもので、GX-24CCLSTEL-<2>-<W>等。ただし、他機器との相互接続はできない仕様となっている。
トータルステーション
デジタルカメラ・デジタルカメラ用アダプター
リコー「Caplio 500SE」
ソニー「サイバーショット DSC-FX77」
オリンパス「PENPAL PP-1」 – 同社製の対応デジタルカメラから写真画像をスマートフォンなどに転送できるアダプター。
カシオ「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR1600」
腕時計・スマートウォッチ(腕時計型デバイス)
シチズン「i:VIRT」「i:VIRT M」
カシオ計算機 「G-SHOCK GB-6900/GB-5600」「G-MIX GBA-400」「EDIFICE EQB-500D」
ソニー・エリクソン/ソニーモバイルコミュニケーションズ「MBW-100」「MBW-150 Music Edition」「MBW-200」「LiveView MN800」「SmartWatch MN2」「SmartWatch 2 SW2」
Wear OS(旧Android Wear)搭載端末
Apple「Apple Watch」
フィットネストラッカー
自撮り棒
サイクルコンピュータ
キャットアイ「アベントゥーラ」「パドローネ スマート」
自転車用フロントライト・リアライト
キャットアイ「シンク コア」「シンク キネティック」「シンク ウェアラブル」
歯ブラシ
ブラウン「オーラルB ジーニアス10000・9000/スマート7000・5000・4000/プラチナ」
フィリップス「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン/フレックスケアープラチナム」
センサーを内蔵した電動歯ブラシにスマートフォンの専用アプリと連携して、磨き方のチェックやスケジュール管理等を行う。
サンスター「G・U・M PLAY」 – 歯ブラシのハンドル部に装着するアタッチメント。スマートフォンの専用アプリと連携して、歯磨き動作の記録・管理等を行う。
貨物追跡システム
アメリカのデルタ航空が、コンテナ追跡のため、大手航空会社として初導入[57]。
自動販売機
コカ・コーラ「Coke On」
自動車用フォグランプ
スマートフォンのアプリと連携して発光色や照度等の設定・管理を行う。問題点[編集]
速度
Bluetoothの通信速度は、Wi-Fiなどと比べると遥かに低速である。最大でもBluetooth 3.0 HSモード(オプション)の24Mbps(物理層の公称値)となっており、またHSモードを利用できる機器は一般的には普及しておらず、大容量データなどの転送には向いていない。なお、後発のBluetooth LEは高速通信よりも省電力や通信距離の向上を目指して策定された規格であり、Wi-Fiと競合することを意図しているわけではない[58][59]。
電波干渉
Wi-Fi (2.4GHz) とBluetoothは同じ周波数帯を使うため、両方の機器を同時に使用すると電波干渉が発生する。Bluetoothの出力はWi-Fiよりもずっと小さいため、Wi-Fiに競り負けることが多い。この問題の回避技術として、アダプティブ周波数ホッピング (AFH) がBluetooth 1.2において導入されたが、干渉により通信速度が低下する問題が解決できるわけではない[60][61]。電子レンジも2.4GHz帯を使用しており、Bluetoothと干渉する。なお、Wi-Fiには2.4GHz帯のほか5GHz帯を利用することのできる規格バージョンもあり、対応機器では周波数帯を選択できる[62]。
セキュリティ
接続の容易さがBluetoothのメリットだが、セキュリティ脆弱性を突いた攻撃にさらされやすいというデメリットにもなりえる。Bluetoothの代表的な脆弱性としては、BlueBorne、KNOB (Key Negotiation Of Bluetooth)、BlueFrag、Apple Bleeeなどがある[63]。対策としては、Bluetoothを使用しない場合はOFFにする、Bluetoothデバイス名に個人情報を含めない、デバイスのファームウェアやOSのアップデートを実施して最新のセキュリティパッチを適用する、などがある[64]。
遅延
プロファイルによって遅延の大きさは異なるが、Bluetoothを採用したヘッドセットなどの音響製品では、遅延のために若干音が遅れる。例えば高音質の音楽転送に使用するA2DPプロファイルなどでは、仕様上0.2秒程度の遅延が発生することとなる。これは例えば1秒間に5回手を叩く場合の一間隔で、ある種の用途では特に顕著に体感される。電話や音楽再生のみの用途ではほとんど問題ないものの、動画視聴などの用途で映像と音声のズレが気になったり、ゲーム用途では「反応が遅れる」などの問題が出てくる。また、実装方法によっては、遅延を補うために再生速度を上げるBluetoothデバイスも存在するが、これによって「ミュージックの再生時に音程が変化する」という致命的な問題が発生する[65]。新しい機種では同期を取っているため、気にならない程度にまで遅延は改善されているが、それでも遅延は存在する。[要出典]
Bluetoothを採用したゲームコントローラー、キーボード、マウスなどでは、HIDプロファイルが使用されるが、こちらの遅延はほとんど問題ない状態(レベル)となっており、WiiやPlayStation 3といったゲーム機の標準コントローラーにBluetoothが採用されている。
音質
遅延と共に、イヤホンなどでは特に低音質が指摘されることがある。これは転送可能なデータの上限にならい、音声を圧縮するからである。圧縮率や音質の低下はバージョンによっても異なるが、基本的に原音よりも低音質になる。
この音質の悪さ(低下)を解消するため、A2DPプロファイルでは前述のように標準搭載のSBCだけでなく、aptX、AAC、LDAC[66]といった高音質・低遅延のコーデックに対応したプレーヤーやヘッドフォン・スピーカーなどが発売されている。
ただし、電話等で使用されるHFPプロファイルでは、標準搭載はCVSDと呼ばれるコーデックが使用されており、SBCに比べて音質は悪い。これは、A2DPは音声は単方向であるのに対し、HFPは双方向に音声が必要なためである。そのため、音楽から電話での通話に切り替わった時にいきなり音が悪くなるということが発生する。なお、HFPの1.6からはSBCを元にしたmSBCというコーデック(Wide Band Speech, HD Voiceと記載される場合もあり)が追加となり、音質は改善されているがそれでもSBCに比べると音質は悪い。また、Qualcomm社のチップを搭載したヘッドセットでは、aptX Voiceと呼ばれるコーデックに対応しているものがあり、さらに音質は改善されている。
いずれも場合も、イヤホン/ヘッドセット側と、スマホや音楽プレーヤー側の双方が同じコーデックに対応していなければ、標準搭載のコーデックが使用されるため、高音質対応のヘッドセットであるはずなのに、音が悪いといったことも起こり得る。
固定パスキー
音楽機器用BluetoothアダプターなどのBluetoothを採用した製品の中には、パスキーが事前に固定されているものがある。この場合、通常のヘッドセットやレシーバーのように、通信相手がパスキーを指定できない場合に接続できない。
必ずしも製品の箱書きに、利用者にとってわかりやすい形で書かれていないことが多いため、ほとんどの場合、購入後に接続できずに問題が顕在化する。互換性の問題とよく勘違いされる。
こうした固定・変動を問わずパスキーやペアリングの分かりづらさを解消するため、スマートフォンやタブレットとヘッドフォン・ヘッドセット・スピーカー・キーボードなどBluetooth対応端末によっては、NFCを使用し、端末に内蔵されたNFCタグ同士を接触させることでペアリングを行うようにできるものも出てきている。
SCMS-T
SCMS-T方式のコンテンツ保護とは、Bluetooth無線技術における、コンテンツ保護方式の1つ[67]。
著作権保護技術の規格で、音楽データの転送の際に不正なコピーを防止する目的で利用されている。
Bluetooth通信機能をもつ携帯電話では機種によりSCMS-Tが採用されており、これらの機種では、SCMS-T対応のレシーバーでなければ携帯電話に搭載されているワンセグ音声が出力されない。東芝が作った日本国内のみの規格であり、海外メーカー品では適合がないものが多い。
これも固定パスキーの問題同様に、利用者にとってわかりやすい形で書かれていないため、購入後に音声出力がされずに問題が顕在化する。ライセンス・法規制[編集]
この節は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。 技適マークの表示例
Bluetoothのマークは、Bluetooth SIGが商標登録(登録番号は第4477936号他)をしており、これらを製品に表示しようとする時はBluetooth SIGと契約しなければならない。
日本国内でBluetooth機器を利用するには、電波法に基づくいわゆる小電力無線局の一種、最大空中線電力 10 mWの小電力データ通信システムの無線局として技術基準適合証明を、更に電気通信事業者の回線に接続するものは電気通信事業法に基づく技術基準適合認定も受けたものでなければならない。これらの認証を受けた製品は技適マークが表示される。
技術基準適合証明を受けていない機器を使用することは不法無線局を開設したとして電波法第4条違反となり、第110条に規定する罰則の対象にもなる。
また、電波法令の技術基準には「一の筐体に収められており、容易に開けることができないこと」とされ、特殊ねじなどが用いられている。
電気通信事業者への回線接続については、技術基準適合認定が無いと電気通信事業法第52条により拒否されることがある。

詳細は技適マーク#規制事項を参照。2016年5月には電波法が改正[68]され、訪日外国人が持ち込んだBluetooth端末については、入国日から90日以内は適合表示無線設備とみなし免許不要局の一種として使用を認められる。
条件はロゴマークが明示してあることである[69][70]。
一方、輸入品については基準不適合設備に位置づけられ、製造業者、販売業者または輸入業者は他の無線局の運用を妨害したり、そのおそれが認められる場合に必要な措置を講ずるよう勧告される。
このため、技適マークが無い国外販売品や並行輸入品は、電波法違反の対象であるとして修理や不良対応などのサービスを受けられないことがある。
2.4 GHz帯は本来、無線通信以外の業務に用いられるISMバンドであり、電子レンジがこの周波数を使用するため動作中は強力な混信を受けるが、総務省告示周波数割当計画脚注に容認しなければならないとされている。
また、RFIDを利用した電子タグシステムの免許局・登録局やアマチュア無線にも割り当てられており、これらからの混信も容認しなければならず、逆に妨害を与えてはならないので使用中止を要求されたらこれに従わねばならない。
更に、Bluetooth機器と同等の小電力無線局として電子タグシステムの特定小電力無線局などがあり、これらは先に使用しているものが優先するが、実際には混信を完全に回避できるものではない。
混信等の優先度は、ISM機器 > 一次業務の局> 二次業務の局 > 免許不要局 であり、2.4 GHz帯においては次のとおりである。
電子レンジ > 一般用RFID(電子タグシステム)> アマチュア無線 > Bluetooth、小電力RFID、無線LAN、2.4 GHz帯デジタルコードレス電話、模型飛行機のラジコンなど

その他[編集]
携帯電話ウイルス
2004年6月にはS60搭載携帯電話でBluetoothを経由して感染するワーム(携帯電話ウイルス)「Cabir」が発見されている。なお、これがVodafone 702NKにも感染したとの報道があったが、その信憑性には疑義がもたれている(→Nokia 6630を参照)。出典[編集]

^ bluAir. “Bluetooth Range: 100m, 1km, or 10km?”. bluair.pl. 2015年6月4日閲覧。

^ “Basics | Bluetooth Technology Website”. Bluetooth.com (2010年5月23日). 2011年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月7日閲覧。

^ a b c d e f g h i j Radio Versions |Bluetooth Technology Website

^ Topology Options |Bluetooth Technology Website

^ Bluetooth 技術概要|Bluetooth® Technology Website

^ Bluetooth Technology Overview | Bluetooth® Technology Website

^ “CNN.co.jp : 10世紀の王の財宝、13歳少年の発見契機に見つかる 独北部”. CNN.co.jp (2018年4月17日). 2020年12月27日閲覧。

^ “Origin of the Name” (英語). Bluetooth® Technology Website. 2020年5月23日閲覧。

^ “Bluetooth on Twitter”. 2020年5月23日閲覧。

^ “Bluetooth Experience Icons (PDF)”. Bluetooth Special Interest Group. 2016年10月21日閲覧。 “Bluetooth Experience Icons borrow two of these three features: the blue color and the rune-inspired symbol.”

^ “Ericssonら5社、Bluetooth 1.0の仕様を公開”. PC Watch (1999年7月27日). 2012年9月3日閲覧。

^ Bluetooth SIG Introduces New Bluetooth 4.1 Specification |Bluetooth Technology Website

^ 「Bluetooth 4.2」発表 2.5倍高速になり、セキュリティも強化 – ITmedia ニュース

^ Bluetooth 5 Now Available

^ “Bluetooth 5.2”. フィールドデザイン株式会社. 2020年9月19日閲覧。

^ 最新規格Bluetooth® 5.3 Low Energy対応、次世代無線マイコン開発を発表 | Renesas

^ What’s New in Bluetooth® 5.3 Low Energy | Renesas

^ 「日経エレクトロニクス2009年5月18日号」126頁

^ Bluetooth 4.0とBluetooth 4.1の違い[出典無効]

^ a b c d e AnandTech |Bluetooth 4.2 Core Specifications Finalized

^ Bluetooth 4.2 発表。Bluetooth Smart で直接インターネットに接続。通信速度とセキュリティ強化 – Engadget Japanese

^ a b Bluetooth SIG幹部が詳細明かす:Bluetooth 5、2Mbpsで100m、125Kbpsなら400m – EE Times Japan

^ Bluetooth 3.0発表 24Mbpsに高速化 – ITmedia ニュース

^ 第511回:Bluetooth Low Energy とは – ケータイ Watch

^ Traditional Profile Specifications |Bluetooth Technology Website

^ Bluetooth機器、「BLE」対応ならペアリングなしで使える? – PHILE WEB

^ Bluetooth profiles that iOS and iPadOS support – Apple Support

^ Frequently Asked Questions | Apple MFi Program

^ アップルの「MFi」認証、“安全性”だけではない意外なメリットとは? – PHILE WEB

^ Core Bluetooth | Apple Developer Documentation

^ Using Core Bluetooth Classic | Apple Developer Documentation

^ BluetoothAdapter | Android Developers

^ Bluetooth Low Energy の概要 | Android デベロッパー | Android Developers

^ iPhoneでAssistiveTouchを使用する – Apple サポート (日本)

^ 「AirDrop」はなぜBluetoothとWi-Fiの両方が必要なの? – いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース

^ iPhone、iPad、iPod touch で AirDrop を使う方法 – Apple サポート (日本)

^ Instantly share files with people around you with Nearby Share | Google

^ パソコンとBluetoothイヤホンを接続する方法 | radius|ラディウス株式会社 オーディオ・デジタル音響機器・Lightning製品メーカー

^ Bluetoothで24bit伝送!話題の新コーデック「aptX HD」を聴いた,Phile-web,2016年2月5日

^ Bluetoothを高音質/低遅延化する「aptX」。CSRが説明,AV Watch,2014年12月2日

^ 【CES】“Bluetoothでハイレゾ伝送” 新コーデック「LDAC」の詳細を関係者に直撃!対応機試聴レポも,PhileWeb,2015年1月6日

^ Sony Japan |LDAC™で高音質ワイヤレスリスニング

^ Bluetooth Version and Profile Support in Previous Windows Versions – Windows drivers | Microsoft Docs

^ General Bluetooth Support in Windows (Windows Drivers), Internet Archive

^ Bluetooth | Microsoft Docs

^ Bluetooth ワイヤレス テクノロジに関する FAQ(英語版) – 2013(マイクロソフト社、2013年10月12日)[リンク切れ]

^ Bluetooth Version and Profile Support in Previous Windows Versions – Windows drivers | Microsoft Docs – Windows 7 and Windows Vista In-Box Bluetooth Profiles

^ a b Supported Bluetooth profiles – Windows Help

^ Bluetooth on OS X

^ OS X Mountain Lion:Apple Bluetooth ソフトウェアによってサポートされる Bluetooth プロファイル

^ CBCentralManager | Apple Developer Documentation

^ CBPeripheralManager | Apple Developer Documentation

^ About Core Bluetooth | Documentation Archive

^ Xbox Series X と Xbox Series Sを比較する | Xbox

^ 互換性のあるヘッドセットを接続する | Xbox Support

^ Xbox ワイヤレス コントローラーでの Bluetooth による接続と問題解決 | Xbox Support

^ デルタ・カーゴ、大手航空会社で初めて、ブルートゥースを使ったリアルタイム追跡システムを導入 – デルタ航空日本支社 ニュースリリース 2018年3月9日

^ ようやく登場した「Bluetooth 5」で何が変わるのか?:5分で分かる最新キーワード解説(1/4 ページ) – キーマンズネット

^ Wi-Fiとbluetoothは何が違う?違いとメリット・デメリットを徹底比較!|Joshisu Man(情シスマン)

^ Bluetoothのはなし(5)|Wireless・のおと|サイレックス・テクノロジー株式会社

^ Wi-FiとBluetoothの電波がケンカ! 勝つのはどっち? – PHILE WEB

^ 2.4GHz帯と5GHz帯は何が違う?【“Wi-Fiの困った”を解決:基本編 第7回】 – INTERNET Watch

^ Bluetooth通信にセキュリティリスクはあるのか? | サイバーセキュリティ情報局

^ 意外と知られていない身近な脅威!Bluetoothのセキュリティリスクとその対策とは | セキュマガ | LRM株式会社が発信する情報セキュリティの専門マガジン

^ Bluetoothのオーディオスタックを追求する,PC Watch,2007年8月17日

^ SONYはA2DP用のコーデックとしてmp3を採用したレシーバーを何点か商品化していたが送信側に対応機器がなかったため有用性が確認できなかった。DRC-BT15/BT15Pマニュアル

^ 第497回:SCMS-Tとは,ケータイ Watch,2010年12月21日

^ 平成27年法律第26号による電波法改正の施行

^ 日本へ入国される皆様へ (PDF) 対象となるWi-Fi端末等 総務省電波利用ホームページ

^ 海外から持ち込まれる携帯電話・BWA端末、Wi-Fi端末等の利用 総務省電波利用ホームページ

関連項目[編集]
Bluetooth Low Energy – もともとはWibreeという名前の別規格であった
無線LAN
IrDA
Wireless USB
ZigBee
Personal Area Network
無線PAN
人体通信
DTCP外部リンク[編集]
Bluetooth SIG
Bluetooth Japan (@bluetooth_japan) – Twitter
Bluetooth Japan (Bluetooth.Japan) – Facebook
BlueZ – 公式 Linux Bluetooth プロトコルスタック(英語)表話編歴インターネット接続
ブロードバンドインターネット接続
市営ブロードバンド(英語版)
ナローバンド
無線アクセス
市営無線ネットワーク(英語版)
地域BWA
ラストワンマイル
データ回線終端装置
モデム>25Gbps
有線
FTTH/シングルスター方式
50GBASE-LR/-ER(英語版)
40GbE/100GbE
200GbE/400GbE/800GbE
FTTH/PON
50G-EPON
50G-PON(英語版)
WDM-PON(帯域専有)無線
6G
光無線通信
Li-Fi
公衆無線LAN
7(11be)
≦25Gbps
有線
FTTH/シングルスター方式
10GBASE-LR/-ER/-ZR/-W/-X
25GBASE-LR/-ER(英語版)
FTTH/PON
10G-EPON(英語版)
XG-PON/XGS-PON(英語版)
NG-PON2(英語版)
Super-PON
FTTB
VDSL XG-FAST
10GBASE-T
MoCA 3.0
FTTN/HFC
DOCSIS 3.1 / 4.0
10GPASS-XR(英語版)無線
5G
LTE Advanced Pro(4.5G)
衛星インターネットアクセス
公衆無線LAN
Wi-Fi 5(11ac) / 6(11ax)
≦5Gbps
有線
FTTH/シングルスター方式
1000BASE-X
FTTH/PON
EPON(英語版)
BPON(英語版)
GPON(英語版)
FTTB
VDSL G.fast
1000BASE-T
2.5GBASE-T/5GBASE-T
MoCA 2.0 / 2.5
FTTN/HFC
DOCSIS 3.0無線
4G
LTE-Advanced
WiMAX 2.1(CA時)
公衆無線LAN
Wi-Fi 4(11n)
≦500Mbps
有線
FTTH/シングルスター方式
100BASE-X
FTTB
VDSL2
Vplus
100BASE-T
MoCA 1.0 / 1.1
電力線ブロードバンド(英語版)
IEEE 1901(英語版)無線
WiMAX
第3.9世代移動通信システム
モバイルWiMAX
LTE
MMDS(英語版)
≦60Mbps
有線
FTTH/シングルスター方式
10BASE-F
FTTH/PON
STM-PON
FTTB
VDSL
10BASE-T
FTTN/HFC
DOCSIS 1.0 / 1.1 / 2.0
同軸ケーブル
10BROAD36
電話回線/ADSL
G.dmt(英語版)
ADSL2(英語版)
ANSI T1.413(英語版)
ADSL2+(英語版)無線
第3.5世代移動通信システム
HSPA
HSPA+
CDMA2000 1x EV-DO
CDMA2000 1x EV-DO Advanced
XGP
公衆無線LAN
11a / 11b / 11g
高出力無線LAN
11j
≦2Mbps
有線
ダイヤルアップ
ISDN無線
第2世代移動通信システム
GSM
第3世代移動通信システム
EDGE / EDGE Evolution
W-CDMA
CDMA2000 1x
DECT
iBurst
PIAFS
AirH” パケット方式
W-OAM
公衆無線LAN
IEEE 802.11
建物内(LAN)
有線
イーサネット
光ファイバーケーブル
LANケーブル
G.hn(英語版)
HD-PLC
HomePNA
電力線搬送通信
HomePlug無線
無線LAN
Wi-Fi
WiGig
IEEE 802.11ay(英語版)
個人内(PAN)/ テザリング
有線
USB
USB4
IEEE 1394(FireWire)
Lightning
Thunderbolt無線
Bluetooth
LE
Wireless USB

表話編歴IEEE標準現行
488
730
754
854
828
829
896
1003
1014
1016
1076
1149.1
1154
1164
1275
1278
1284
1355
1394
1451
1497
1516
1541
1547
1584
1588
1596
1603
1613
1666
1667
1675
1685
1800
1801
1815
1850
1888
1900
1901
1902
1904
1905
2030
11073
12207
14764
16085
16326
29148
42010802系列
802.1
D
p
Q
Qat
Qay
w
X
ab
ad
AE
ag
ah
ak
aq
ax
az802.3
a
b
e
i
j
u
y
z
ab
ae
af
ah
ak
an
aq
at
az
ba
bg
bj
bm
bs
bt
bu
bz802.11
a
b
c
d
e
f
g
h
i
j
k
n
p
r
s
u
v
w
y
ac
ad
af
ah
ai
ax
be
.2
.4
.5
.6
.9
.10
.12
.14
.15
.1
.4
.6
.7
.16
.17
.20
.21
.22提案
P1363
P1619
P1699
P1823
P1906.1廃止
754-1985
830
1219
1233
1362
1364
1471組織
IEEE
IEEE Standards Association
カテゴリ
表話編歴テレコミュニケーション通信
通信工学
無線工学
電波工学
交換工学
トラヒック理論
電磁気学
マクスウェルの方程式
電磁波
電波/光波
周波数/波長
アンテナ(空中線)
空中線電力
実効輻射電力(ERP)
電離層
電波伝播
ダイバーシティ
MIMO
情報理論
シャノン=ハートレーの定理
最尤復号
誤り訂正
変調方式
標本化定理
フーリエ変換
電信
電気通信
モールス符号
探照灯信号
光通信
光ファイバ
光無線通信
可視光通信
イーサネット(IEEE802.3)
インターネット・プロトコル
IPv4
IPv6
TCP/IP
OSI参照モデル
WWW
HTTP
HTML
ストリーミング有線電気通信/有線放送
電話
IP電話
Skype
ISDN
公衆交換電話網
インターネット
パソコン通信
ADSL
WAN
LAN
FTTx
FTTH
PON
ケーブルテレビ
IP放送
インターネット放送
ネットテレビ/ネットラジオ
radiko
電気通信事業
電気通信事業者
電気通信役務
基礎的電気通信役務
キャプテンシステム無線通信/放送
携帯電話
1G
2G
3G
3.5G
3.9G
4G
5G
6G
移動体通信
衛星電話
放送局
テレビ
テレビ局
テレビネットワーク
ラジオ
ラジオ局
ラジオネットワーク
無線局
業務無線
アマチュア無線
識別信号
コールサイン
Q符号
RSTコード
SINPOコード
フォネティックコード
無線LAN
IEEE802.11
Wi-Fi
Bluetooth
通信衛星
放送衛星歴史

ビーコン
放送(英語版)
コンピュータネットワーク
ドラム通信
電信
ファクシミリ
回光通信機
ハイドロリックテレグラフ(英語版)
インターネット
マスメディア
携帯電話
光無線通信
オプティカルテレグラフィ
フォトフォン
プリペイド式携帯電話
ラジオ(英語版)
無線電話
衛星通信
狼煙
電報
電話
電話特許論争
テレビ(英語版)
通信技術の年表
海底ケーブル
ビデオ会議
テレビ電話人物
アレクサンダー・グラハム・ベル
ニコラ・テスラ
マイケル・ファラデー
ジェームズ・クラーク・マクスウェル
ハインリヒ・ヘルツ
ラルフ・ハートレー
クロード・シャノン
エドウィン・アームストロング
ジョン・ロジー・ベアード
ティム・バーナーズ=リー
ジャガディッシュ・チャンドラ・ボース
ヴィントン・サーフ
クロード・シャップ
リー・ド・フォレスト
フィロ・ファーンズワース
レジナルド・フェッセンデン
イライシャ・グレイ
インノチェンツォ・マンゼッチ(英語版)
グリエルモ・マルコーニ
アントニオ・メウッチ
アレクサンドル・ポポフ
ヨハン・フィリップ・ライス
カミーユ・ティソ(英語版)
アルフレッド・ヴェイル
チャールズ・ホイートストン
ウラジミール・ツヴォルキン
ハリー・ナイキスト伝送媒体
伝送路
光による通信有線
同軸ケーブル
光ファイバー
光通信
電話回線無線
電磁波
電波
マイクロ波
光無線通信
スイッチング
ノード
交換機 (回線交換
パケット通信)
電話交換機多重化
空間分割
周波数分割
時分割
波長分割
偏光分割(英語版)
符号分割ネットワーク(英語版)
ARPANET
BITNET
移動体通信ネットワーク
コンピュータネットワーク
FidoNet
NGN
通信機器
テレックス
典拠管理
GND: 4638953-2
J9U: 987007290950905171
LCCN: sh00004813
NKC: ph307648

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Bluetooth&oldid=91235129」から取得
カテゴリ: Bluetoothモバイルネットワーク無線工学隠しカテゴリ: 無効な出典が含まれている記事/2021年外部リンクがリンク切れになっている記事/2021年12月出典を必要とする記事/2021年3月情報の更新が必要とされている項目/2021年1月-6月言葉を濁した記述のある記事 (いつ)/2021年11月-12月出典を必要とする記述のある記事/2021年12月説明が求められている文章がある記事出典を必要とする記述のある記事/2013年6月GND識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 1229
再生回数: 1184
[spincontent type=”j”]

Install Toshiba Bluetooth Stack Driver on Non-Toshiba Computer | Wii Remote Plus | Windows 10 Youtube

Install Toshiba Bluetooth Stack on Non-Toshiba Computer | Wii Remote Plus | Windows 10

RVL-CNT-01-TR | RVL-CNT-01 | Wii Remote Plus
——————————————–
5-STEPS:
1- Disabling Device Driver Signature Enforcement
2- Obtaining Bluetooth Device Info & Uninstalling the Default Driver
3- Disabling Automatic Device Driver Installation
4- Installing the Toshiba Bluetooth Stack
5- Removing the 30 Day Evaluation Period

——————————————–

COMMANDS:

Disable Driver Signature
bcdedit /set testsigning on

Enable Driver Signature
bcdedit /set testsigning off

——————————————–
2 Other options to remove 30-Day Evaluation

Option 1:
Sometimes the file “TosBtChk” is located also in “C:Program Files (x86)ToshibaBluetooth Toshiba Stack” , try to copy it there

Option 2:
– Open the registry editor (search regedit on the start menu and press enter)
– Navigate to the following location: HKEY_CURRENT_USERSOFTWAREToshibaBluetoothStackv1.0Mng
– Add a new DWORD value named TestVersion
– Double click the key and set the value to 1

——————————————-
Toshiba Stack Drivers [ٌRe-Uploaded 13-2-2019]
Download
https://www.mirrored.to/files/ZC019OHS/ToshibaStackDrivers_MsAiThAn.zip_links

2. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Yomiuri

Yomiuri
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1740
[spincontent type=”j”]

3. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Asahi Shimbun

朝日新聞
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: 朝日新聞で検索した bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する上記の情報が、bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3188
[spincontent type=”j”]

4. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 The Japan Times

The Japan Times
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: ジャパン タイムズで検索した bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する記事のトップです。bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8325
[spincontent type=”j”]

5. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Yomiuri Shimbun

読売新聞
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する詳細情報はすでにありますか? bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8975
[spincontent type=”j”]

6. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Mainichi Shimbun

毎日新聞
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: 毎日新聞で見つけた bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する上記の情報が、bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1767
[spincontent type=”j”]

7. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Sankei Shimbun

産経新聞
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: 産経新聞で検索した bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する記事のトップです。bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8392
[spincontent type=”j”]

8. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8729
[spincontent type=”j”]

9. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Chunichi Shimbun

中日新聞
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: 中日新聞で検索した bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する上記の情報が、bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9370
[spincontent type=”j”]

10. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Tokyo Shimbun

東京新聞
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5802
[spincontent type=”j”]

11. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3275
[spincontent type=”j”]

12. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: 日刊工業新聞で見つけた bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する上記の情報が、bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6655
[spincontent type=”j”]

13. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Ainu Times

アイヌタイムス
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: アイヌ タイムズで検索した bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する記事のトップです。bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6267
[spincontent type=”j”]

14. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する詳細情報はすでにありますか? bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 88 18
[spincontent type=”j”]

15. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Chiba Nippo

千葉日報
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: 千葉日報で検索した bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する上記の情報が、bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9233
[spincontent type=”j”]

16. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Chugoku Shimbun

中国新聞
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: 中国新聞で検索した bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する記事のトップです。bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1458
[spincontent type=”j”]

17. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 Daily Tohoku

デイリー東北
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2528
[spincontent type=”j”]

18. bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

説明: イースタン クロニクルで検索した bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する上記の情報が、bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8625
[spincontent type=”j”]

bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 に関する質問

bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除

bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除
方法bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除
チュートリアル bluetooth stack for windows by toshiba 評価 解除
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: