あなたは ah^~ my heart will be hopping^~ について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 ah^~ my heart will be hopping^~ を共有します。 ah^~ my heart will be hopping^~ に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

ah^~ my heart will be hopping^~

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」セリーヌ・ディオン の シングル初出アルバム『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ、タイタニック:ミュージック・フロム・ザ・モーション・ピクチャー』リリース
1997年12月8日 (1997-12-08)規格
CDシングル、レコード、ミニCDシングル、カセットシングル録音
1997年5月 ウォリーワールド、ザ・ヒット・ファクトリージャンル
ポップ時間
4:40(アルバムバージョン)

5:11 (サウンドトラックバージョン)レーベル
コロムビア、エピック作詞・作曲
ジェームズ・ホーナー、ウィル・ジェニングス[1]プロデュース
サイモン・フラングレン、ジェームズ・ホーナー、ウォルター・アファナシエフゴールドディスク
ダイアモンド(フランス)4xプラチナ(ドイツ)3xプラチナ(ベルギー)2xプラチナ(オーストラリア、日本、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、スイス、イギリス)プラチナ(ギリシャ)ゴールド(オーストリア、アメリカ)

プラチナ(着うたフル、日本レコード協会)セリーヌ・ディオン シングル 年表
ザ・リーズン(1997年)マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(1997年)イモータリティ(1998年)

ミュージックビデオ
「My Heart Will Go On」 – YouTube
テンプレートを表示「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(英: My Heart Will Go On = 私の心は生き続ける)は、1997年の映画『タイタニック』の主題歌。アカデミー歌曲賞を受賞した。作詞はウィル・ジェニングス、作曲はジェームズ・ホーナー、プロデュースはサイモン・フラングレン、ジェームズ・ホーナー、ウォルター・アファナシエフ[2]。歌はセリーヌ・ディオンである[1]。元々は1997年のセリーヌ・ディオンのアルバム『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』でリリースされ、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど世界各地でナンバーワンを記録した。1997年12月8日にオーストラリアとドイツ、その他の国では1998年1月と2月にそれぞれリリースされた[3]。

概要[編集]
『タイタニック』の音楽を担当したホーナーは、本編中の作曲を制作した最中「ローズのテーマ」を元にフルボーカルの曲を作った方がいいのではないかと構想する。当初はジェームズ・キャメロン監督は、映画に主題歌を作ることを反対しており、ホーナーはキャメロンを説得する為、キャメロンには秘密裏にジェニングスに作詞を依頼し、セリーヌ・ディオンに唄を依頼する。しかし、ディオンもサビで高いキーを出す事の難しさ等で経験したことの無い曲であったため消極的であったが、彼女のマネージャ兼夫であるレネ・アンジェリルがデモ版をレコーディングするよう説得した。完成後に秘密裏に作っていた曲をデモで流したところ、キャメロンは気に入り、本作のエンディングに使用する事を決める。これ以降からキャメロンは『アバター』でもテーマ曲を元にフルボーカルを組み込んだテーマ曲を作る作風を取り入れる事となる。
ラジオやディオンのアルバムで聞かれる歌は、伴奏無しで一発レコーディングされた。ホーナー、ディオン、ソニーミュージックは「ディオンの声は完璧」と、最初のレコーディングを使用すると決めた。ミュージック・ビデオは、bille Woodruffによって製作され、1997年の終わりにリリースされた。DVD『ザ・ベリー・ベスト~ビデオ・コレクション~』に収録されている。
ディオンのレッツ・トーク・アバウト・ラヴやタイタニックサウンドトラックに加え、『オ・クール・デュ・スタード〜スタジアム・ライヴ〜』、『ザ・ベリー・ベスト』、『ア・ニュー・デイ…ライヴ・イン・ラス・ヴェガス』など、数枚のアルバムにこの曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」が収録されている。
歌の人気の高さにおいては、アメリカとイギリスのいくつかの放送局でこの歌の編集されたバージョンが放送され、映画『タイタニック』でのクライマックスのジャックとローズのやり取りがディオンの歌声の間に挿入された。 後に、2枚目のサウンドトラックアルバム『Back to Titanic』に収録された。
フランスでは、「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は「ザ・リーズン」との両面A面シングルとしてリリースされた。

調(転調あり):ホ長調(E)→変イ長調(Ab)チャート推移[編集]
この「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」はセリーヌ・ディオンの最もヒットした曲となり、また歴史上最も売り上げたシングルの一つでもある。ユナイティッド・ワールド・チャートで世界中でチャートトップに達した他、アメリカのビルボード・ホット100で初登場2週間連続1位を記録したにもかかわらず、ビルボード・ホット100エアプレイでも10週間連続1位を記録した。また、ホット100シングル・セールス部門でも2週間連続1位であった。また68万7000枚の限定版がリリースされるも数週間で完売。アメリカではゴールドに認定された。
ドイツでは、「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は、200万枚以上を売り上げ、4xプラチナに認定された。また、イギリス(1,312,551枚)とフランス(1,197,000枚)では100万枚以上を売り、それぞれ2xダイヤモンドとプラチナに認定された。その他の認定は、3xプラチナ:ベルギー(150,000枚)、2xプラチナ:オーストラリア(140,000枚)、オランダ(150,000枚)、ノルウェー(40,000枚)、スイス(100,000枚)、プラチナ:ギリシア(40,000枚)、ゴールド:オーストリア(25,000枚)。
日本では「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は2度リリースされた。1998年1月の通常版は20万5300枚を売り上げ、2xプラチナ(20万枚以上)に認定、1998年6月のリミックス版は11万1920枚を売り上げた。それぞれシングルとマキシシングルで発売したためリミックス版はアルバム扱いになり、通常版とは別にゴールド(10万枚)に認定された。日本のオリコンチャートでは総合で第34位に達し、洋楽部門では最高1位となった。
カナダでは輸入盤のみしか発売されなかったにもかかわらず14位に達し、それまでで最も上位に達した輸入盤シングルの一つになった。ニュージーランドではプロモーションシングル無しのラジオシングルとしてリリースされたため、第34位より上昇することはなかった。

賞[編集]
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は1997年のアカデミー歌曲賞を受賞、グラミー賞では最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀女性ポップ歌手、Best Song Written Specifically for a Motion Picture or Televisionを総なめにし、1998年のゴールデングローブ賞も受賞した。その他の賞では、ビルボード・ミュージック・アワード ザ・サウンドトラック・シングル・オブ・ザ・イヤー、超大作エンターテイメント賞 for the Favourite Song from a Movie、ビルボード・ラテン・アワード for the First English-language Song to Top Billboard’s Hot Latin Tracks Chart、第40回日本レコード大賞特別賞、日本ゴールドディスク大賞ソング・オブ・ザ・イヤーを受賞、2006年にはThe Hits’ 50 Greatest Love Songs 第3位になった。
2006年にFiveの「Britain’s Favourite Break-up Songs」という番組で行われた投票では、「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は第10位にランクし、Songs of the Centuryに認定された。1998年に世界中でベストセラーになったシングルとしてイギリスで「best-selling singles ever in the UK」になった。またAFI’s 100 Years… 100 Songsの第14位にもランクし、アメリカ映画史上最も偉大な100曲として紹介された。
この曲がリリースされたときの人気の高さ故、この曲はセリーヌ・ディオンの代表曲であるといえる。また、他の2つの映画サウンドトラック、『ボディガード』よりホイットニー・ヒューストンの「オールウェイズ・ラヴ・ユー」と、『ロビン・フッド』よりブライアン・アダムスの「アイ・ドゥ・イット・フォー・ユー」の3曲は1990年代を代表するラヴ・バラードであるといわれている。

影響[編集]
この曲の世界的な大ヒット以降、多くの映画スタジオやレコード・レーベルがこの曲のインパクトを真似ようとした。「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」以前にも多くのサウンドトラックシングルがヒットしていたが、その後『アルマゲドン』よりエアロスミスの「ミス・ア・シング」、『パール・ハーバー』よりフェイス・ヒルの「永遠に愛されて〜パール・ハーバー愛のテーマ〜」などがその後を追った。それぞれ『タイタニック』のテーマと同様、悲劇のラブバラードをベースに作られ、それなりにヒットしたが、「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」ほどの成功ではなかった。
作曲者のホーナー自身はその後『ビューティフル・マインド』、『アンドリューNDR114』、『パーフェクト・ストーム』などで映画のテーマから作曲する彼の手法を繰り広げた。

収録曲[編集]

ヨーロッパ版CDシングル

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」 – 4:33ヨーロッパ版CDシングル#2

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モラン・ミックス) – 4:21フランス版CDシングル

「ザ・リーズン」 – 5:01
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40フランス版CDシングル#2

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
「サウサンプトン」 – 4:02フランス版CDシングル#3

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モラン・ミックス) – 4:21日本版CDシングル

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」 – 4:04イギリス版カセットシングル

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
「アイ・ラヴ・ユー」 – 5:30アメリカ版CDシングル

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
「ローズ」(インストロメンタル) – 2:52オーストラリア/ブラジル/ヨーロッパ/イギリス/韓国版CDマキシシングル

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」 – 4:33
「めぐり逢えたら・愛のテーマ」 – 4:19
「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」 – 4:04オーストラリア版CDマキシシングル#2

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モラン・ミックス) – 4:21
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・ミックス) – 4:15
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション) – 4:18
「ミスレッド」(シリアス・ミックス) – 4:59
「ラヴ・キャン・ムーヴ・マウンテンズ」(アンダーグラウンド・ヴォーカル・ミックス) – 7:10

ブラジル版CDマキシシングル#2

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(クカズ・ラジオ・エディット) – 4:22
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モランズ・アンセム・エディット) – 4:21
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・アンシンカブル・エディット) – 4:15
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モランズ・アンセム・ボーカル) – 9:41ヨーロッパ版CDマキシシングル#2/イギリス版12″レコードシングル

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モラン・ミックス) – 4:21
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・ミックス) – 4:15
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション) – 4:18日本/韓国版CDマキシシングル

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モラン・ミックス) – 4:21
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・ミックス) – 4:15
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション) – 4:18
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・アンシンカブル・クラブ・ミックス) – 10:04
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(マット・アンド・ヴィトーズ・アンシンカブル・エピック・ミックス) – 9:53イギリス版CDマキシシングル#2

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(サウンドトラック・バージョン) – 5:11
「ハヴ・ア・ハート」 – 4:12
「ナッシング・ブロークン・バット・マイ・ハート」 – 5:55
「哀しみのハートビート」 – 4:32

公式編曲版[編集]
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・ラジオ・ミックス) – 4:15
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・ラヴ・ゴー・オン・ミックス) – 4:58
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・ゴー・オン・ビート) – 5:10
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・アンシンカブル・クラブ・ミックス) – 10:04
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モラン・ラジオ・ミックス) – 4:21
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モランズ・アンセム・ボーカル) – 9:41
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション・ボーナス・ビート) – 3:31
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション・ラジオ・ミックス) – 4:18
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション・ラジオ・ミックス・パーキャッペラ) – 4:16
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション・ドラマ・アット・ザ・シー) – 8:54
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(マット・アンド・ヴィトーズ・ペニー・ホイッスル・ダブ) – 3:23
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(マット・アンド・ヴィトーズ・アンシンカブル・エピック・ミックス) – 9:53
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(クカズ・ラジオ・エディット) – 4:22
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ムービー・ダイアログ) – 4:41
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(サウンドトラック・バージョン) – 5:11
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(オールタネート・オーケストラ・バージョン) – 5:51
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(TVトラック) – 3:12
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(オフボーカル) – 4:41
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(アルバム・バージョン) – 4:40チャート[編集]

チャート (1997年)

最高位
オーストラリア・シングル・チャート

1 (4週)
ドイツ・シングル・チャート

1 (13週)
チャート (1998年)

最高位
アルゼンチン・シングル・チャート

1 (2週)
オーストリア・シングル・チャート

1 (4週)
ベルギーワロン地域・シングル・チャート

1 (10週)
ベルギーワロン地域・有線チャート

1
ベルギーフランドル地域・シングル・チャート

1 (7週)
ベルギーフランドル地域・有線チャート

1
ブラジル・シングル・チャート

1
カナダ・シングル・チャート

14
カナダ・アダルト・コンテンポラリー・チャート

1
カナダ・コンテンポラリー・ヒット・ラジオ・チャート

1
チリ・シングル・チャート

1
コロンビア・シングル・チャート

1
デンマーク・シングル・チャート

1 (10週)
オランダ・メガ・シングル・トップ100チャート

1 (11週)
オランダ・トップ40チャート

1 (10週)
オランダ・メガ・トップ50チャート

1 (10週)
ヨーロッパ・シングル・チャート

1 (17週)
フィンランド・シングル・チャート

1 (1週)
フランス・シングル・チャート

1 (13週)
ギリシャ・シングル・チャート

1
アイルランド・シングル・チャート

1 (6週)

チャート (1998年)

最高位
イタリア・シングル・チャート

1 (10週)
日本オリコンシングルチャート

34
日本Tokio Hot 100ラジオチャート

1
ラトビア・シングル・チャート

1 (6週)
メキシコ・シングル・チャート

1
ニュージーランド・シングル・チャート

34
ノルウェー・シングル・チャート

1 (10週)
ペルー・シングル・チャート

1
ポーランド30トン・チャート

1
ポーランド・ラジオ3チャート

2
スペイン・シングル・チャート

1 (2週)
スウェーデン・シングル・チャート

1 (11週)
スイス・シングル・チャート

1 (15週)
イギリス・シングル・チャート

1 (2週)
アメリカ・ビルボード・ホット100

1 (2週)
アメリカ・ビルボード・ホット・アダルト・コンテンポラリー・トラック

1 (10週)
アメリカ・ビルボード・トップ40メインストリーム

1 (10週)
アメリカ・ビルボード・ホット・ラテン・トラック

1 (1週)
アメリカ・ビルボード・ホット・ラテン・トップ・エアプレイ

1 (4週)
アメリカ・ビルボード・ラテン・トロピカル・エアプレイ

2
アメリカ・ビルボード・ホット・アダルト・トップ40トラック

3
アメリカ・ビルボード・リズミック・トップ40

3
アメリカ・ARCウィークリー・トップ40

1 (6週)
ワールド・シングル・チャート

1 (16週)
ベネズエラ・シングル・チャート

1
カヴァー[編集]
後に映画アルバム用にニール・ダイアモンドによってレコーディングされた。
サラ・ブライトマンは「Il Mio Cuore Va.」という名でこの曲のイタリア語バージョンを1998年のアルバム『エデン』に収録。同曲はセガの競馬メダルゲーム『STARHORSE3』で使用されている。
1998年に、サンディー&ジュニアのサンディーはこの曲のカヴァーとポルトガル語バージョンを編成した。
ケニー・Gは1998年にインストゥメンタル・カヴァー・バージョンをレコーディングした。
マイケル・ボールはこの歌のカヴァー・バージョンを1998年のアルバム『Movies』に収録した。
1999年、英ロンドンのオーケストラに所属するホルン奏者たちによって「Titanic Fantasy」と題され、他の劇中音楽とともに112本のフレンチホルン、および打楽器のためにインストゥルメンタル・カヴァーされた。
ドイツのポップソウル歌手、サラ・コナーはシングル「Living to Love You」で「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」を取り入れた。
エリックD.スナイダーは一度、タイタニックのパロディーの監督をした際に「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」のパロディーを披露した。
アル・ヤンコビックはコンサートに限り「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」のパロディーを「フリー・デリバリー」する宣言をした。
ニュー・ファウンド・グローリーはカヴァーを2000年のEP「From the Screen to Your Stereo」に収録した。
ビッグ・ダディー・バンドは2000年、アップビートなカバー/パロディーを「The Best of Big Daddy」というアルバムに収録した。
葉蒨文(サリー・イップ)はこの曲を中国語(広東語)でカヴァーした。
ギタリストのニール・ショーンはこの歌のカヴァーを2001年のアルバム『情熱の音色〜ヴォイス』にインストゥルメンタルとして収録した。
ジェームズ・ゴールウェイはインストゥメンタル・カヴァー・バージョンを彼のアルバム『Love Song』に収録した。
ティナ・アリーナは彼女のコンサートで多くの持ち歌の1つとしてこの曲を披露した。
ヒットショー『アメリカン・アイドル』のシーズン2でキンバーリー・ロックが、シーズン3でダイアナ・デガーモがこの曲を歌った。
パキスタン人のポップ・ロック女性歌手ハディカ・キヤニ(حدیقہ کیانی)は彼女の楽曲「Aao Phir Eik Baar」でこの曲のビデオを使用した。
2007年9月、日本でリリースされたトリビュートアルバム『セリーヌ・ディオン・トリビュート』の中で伊藤由奈がこの曲をカヴァーしている。
2012年2月、音楽ユニットのSkoop On Somebodyがセルフカバー&カバー&コラボレーションアルバム『Nice’n Slow Jam 15years Limited』に収録した。
2013年9月、演歌歌手の島津亜矢がアルバム『SINGER 2』に収録した。
2016年11月、声優の高垣彩陽がカバーミニアルバム『melodia 3』に収録した。
2017年12月、歌手の小野正利がカバーアルバム『VS』に収録した。
ラウンジ歌手「Bobby Bittman」として名を馳せるユージン・レヴィは、ライブショーのために「My Act Will Go On」と名付けられ皮肉ったパロディーをレコーディングした。
alanはコンサート「alan 2nd concert – alan symphony 2010」東京公演(2010年7月24日)および「alan JAPAN PREMIUM BEST & MORE LIVE 2011」にてこの曲のカヴァー(英語歌詞)を披露した。関連項目[編集]
セリーヌ・ディオンのシングル一覧
タイタニック参考文献[編集]

^ a b Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 137. .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 1-904994-10-5 

^ http://www.grammy.com/videos/41st-annual-grammy-awards-record-of-the-year

^ Glatzer, Jenna (2005). Céline Dion: For Keeps. Andrews McMeel Publishing. ISBN 0-7407-5559-5 

外部リンク[編集]
セリーヌ・ディオン – 公式ウェブサイト(英語)
セリーヌ・ディオン – チャートヒストリー(英語)先代アクア「ドクター・ジョーンズ」

イギリスシングルチャート第1位 (第1期)1998年2月15日

次代コーナーショップ「ブリンフル・オブ・アシャ」
アイルランドシングルチャート第1位1998年2月14日 – 1998年3月21日

次代Run-D.M.C. vs ジェイソン・ネビンス「イッツ・ライク・ザット」
オーストラリアARIAシングルチャート第1位1998年2月15日 – 1998年3月8日
先代ジャネット・ジャクソン「トゥギャザー・アゲイン」

United World Chart第1位1998年2月28日 – 1998年6月13日

次代ブランディ&モニカ「ザ・ボーイ・イズ・マイン」
先代アッシャー「ナイス・アンド・スロウ」

ビルボードホット100第1位1998年2月28日 – 1998年3月7日

次代ウィル・スミス「ゲッティン・ジギー・ウィット・イット」
先代ナタリー・インブルーリア「トーン」

ベルギーシングルチャート第1位 (第1期)1998年3月7日 – 1998年3月14日

次代DJ Visage「フォーミュラ」
先代マドンナ 「フローズン」

イギリスシングルチャート第1位 (第2期)1998年3月8日

次代Run-D.M.C. vs ジェイソン・ネビンス「イッツ・ライク・ザット」
先代セリーヌ・ディオン「ザ・リーズン」

フランスシングルチャート第1位1998年3月28日 – 1998年5月2日

次代リッキー・マーティン「La Copa De La Vida」
先代DJ Visage「Formula」

ベルギーシングルチャート第1位 (第2期)1998年4月18日 – 1998年5月16日

次代ステップス「ラスト・シング・オン・マイ・マインド」
受賞
先代エビータ「ユー・モスト・ラヴ・ミー」

ゴールデングローブ賞 主題歌賞1997年

次代クエスト・フォー・キャメロット「ザ・プレイヤー」
先代アクア「ドクター・ジョーンズ」

イギリスメインストリーム2月15日 – 3月8日 – 3週

次代デスティニーズ・チャイルド「ノー・ノー・ノー」
表話編歴タイタニック
一等船客用設備(英語版)
二等船客・三等船客用設備(英語版)
大階段(英語版)
楽団(英語版)沈没事故
船体すり替え説(英語版)
安全対策の見直し(英語版)
伝説や作り話(英語版)
救命ボート(英語版)
1号救命ボート(英語版)
イギリスの調査(英語版)
アメリカの調査(英語版)
残骸(英語版)
海事記念物法(英語版)
甲板部士官
エドワード・スミス (船長)
ヘンリー・ティングル・ワイルド (航海長)
ウィリアム・マクマスター・マードック (一等航海士)
チャールズ・ライトラー (二等航海士)
ハーバート・ピットマン (三等航海士)
ジョセフ・ボックスホール (四等航海士)
ハロルド・ロウ (五等航海士)
ジェームズ・ポール・ムーディ (六等航海士)
ジョセフ・ベル (機関士長)乗員(英語版)
フレデリック・バレット(英語版)
ハロルド・ブライド(英語版)
ウィリアム・デントン・コックス(英語版)
シド・ダニエルズ(英語版)
アルフレッド・フランク・エヴァンス(英語版)
フレデリック・フリート
ルイージ・ガッティ(英語版)
ロバート・ヒッチェンス
ヴァイオレット・ジェソップ
チャールズ・ジョーキン
レジナルド・リー(英語版)
エヴリン・マースデン(英語版)
ウィリアム・ミントラム(英語版)
ジャック・フィリップス
ジョージ・サイモンズ(英語版)乗客(英語版)
犠牲者
アリソン一家(英語版)
トーマス・アンドリューズ
ジョン・ジェイコブ・アスター4世
アン・エリザベス・アイシャム
デイヴィッド・ジョン・ボーウェン(英語版)
アーチボルド・バット(英語版)
トーマス・バイルズ
ロデリック・チザム(英語版)
ウォルター・ドナルド・ダグラス(英語版)
エディス・C・エヴァンズ
アニー・ファンク(英語版)
ジャック・フットレル
シドニー・レスリー・グッドウィン
ベンジャミン・グッゲンハイム
ジョン・ハーパー(英語版)
ウォレス・ハートリー
チャールズ・メルヴィル・ヘイズ(英語版)
エドワード・オースティン・ケント
ジョゼフ・フィリップ・ルメルシェ・ラロッシュ
フランシス・デイヴィス・ミレット
ハリー・マークランド・モルソン
ミシェル・ナヴラティル
エイノ・パヌラ
ウィリアム・トーマス・ステッド
アイダ・ストラウス
イジドー・ストラウス
ジョン・ボーランド・セイヤー(英語版)
フランク・マンリー・ウォーレン・シニア(英語版)
ジョージ・デニック・ウィック
ジョージ・ダントン・ワイドナー
ハリー・エルキンズ・ワイドナー
デュアン・ウィリアムズ
ジョージ・ヘンリー・ライト生存者
ローザ・アボット
トレヴァー・アリソン
リリアン・アスプランド
マデリン・アスター(英語版)
ルース・ベッカー
ローレンス・ビーズリー(英語版)
カール・ベア
ディキンソン・ビショップ(英語版)
マウリッツ・ホーカン・ビョルンストロム=ステファンソン
エルシー・ボワーマン(英語版)
フランシス・ブラウン(英語版)
マーガレット・ブラウン
ダニエル・バックリー(英語版)
オールデン・コールドウェル(英語版)
ヘレン・チャーチル・キャンディー(英語版)
シャーロット・ドレイク・カルデザ(英語版)
ルーシー・カーター(英語版)
グラディス・チェリー(英語版)
ミルヴィナ・ディーン
マーガレット・デヴァニー(英語版)
コズモ・ダフ=ゴードン
ルーシー・ダフ=ゴードン
エセル・フローラ・フォーチュン(英語版)
ドロシー・ギブソン
アーチボルド・グレーシー4世
フランク・ジョン・ウィリアム・ゴールドスミス(英語版)
エディス・ハイスマン(英語版)
ヘンリー・スリーパー・ハーパー(英語版)
エヴァ・ハート(英語版)
マーガレット・ベヒシュタイン・ヘイズ(英語版)
細野正文
ジョセフ・ブルース・イズメイ
エレノア・アイリーン・ジョンソン(英語版)
ルイーズ・ラロッシュ
ルイーズ・キンク(英語版)
マーガレット・マニオン(英語版)
ミシェル・ナヴラティル
アルフリート・ノウニー(英語版)
アーサー・ゴッドフリー・ペウチェン(英語版)
ウィニフレッド・クイック(英語版)
マージョリー・ニューウェル・ロッブ(英語版)
エディス・ローゼンバウム(英語版)
ノエル・レズリー
エミリー・ライアソン(英語版)
ベアトリス・サンドストレーム(英語版)
フレデリック・キンバー・スワード
エロイース・ヒューズ・スミス(英語版)
ジャック・セイヤー(英語版)
マリアン・セイヤー(英語版)
バーバラ・ウェスト(英語版)
エラ・ホームズ・ホワイト
リチャード・ノリス・ウィリアムズ
マリー・グライス・ヤング(英語版)
記念碑・記念物等
全般
記念碑・記念物(英語版)オーストラリア
野外ステージ(英語版) (バララット)イギリス
機関室の英雄(英語版) (リヴァプール)
機関士(英語版) (サウサンプトン)
楽団(英語版) (サウサンプトン)
タイタニック号(英語版) (ベルファスト)
オーケストラ(英語版) (リヴァプール)アメリカ
ストラウス・パーク(英語版) (ニューヨーク)
タイタニック号(英語版) (ニューヨーク)
タイタニック号(英語版) (ワシントンD.C.)
バット=ミレット記念噴水(英語版) (ワシントンD.C.)
大衆文化(英語版)
書籍
フューティリティ/タイタン号の遭難(英語版) (1898年)
忘れえぬ夜(英語版)
ポーラー タイタニック号にのったぬいぐるみのクマのお話映画
Saved from the Titanic (1912年)
夜と氷の中で(英語版) (1912年)
アトランティック(英語版) (1929年)
タイタニック(英語版) (1943年)
タイタニックの最期 (1953年)
SOSタイタニック/忘れえぬ夜 (1958年)
不沈のモリー・ブラウン(英語版) (1964年)
レイズ・ザ・タイタニック (1980年)
シークレット・オブ・ザ・タイタニック(英語版) (1986年)
タイタニック 真実の姿(英語版) (1992年)
タイタニック (1997年)
ザ・レジェンド・オブ・ザ・タイタニック(英語版) (1999年)
タイタニック: ザ・レジェンド・ゴーズ・オン(英語版) (2000年)
ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密 (2003年)
Tentacolino(英語版) (2004年)
タイタニック2012 (2010年)テレビ
失われた航海(英語版) (1979年)
タイタニック: ザ・コンプリート・ストーリー(英語版) (1994年)
ザ・タイタニック (1996年)
ダニエル・スティール/タイタニック(英語版) (1996年)
A Flight to Remember (フューチュラマ)(英語版) (1999年)
タイタニック 愛と偽りの航海(英語版) (2012年)
Titanic: Blood and Steel(英語版) (2012年)
Saving the Titanic(英語版) (2012年)音楽
ザ・タイタニック (巨大な船が沈没するのは悲しいこと)(英語版) (フォークソング)
タイタニック号の沈没(英語版) (作曲)
タイタニック (ミュージカル)
不沈のモリー・ブラウン(英語版) (ミュージカル)
マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン (セリーヌ・ディオンの曲)
主よ御許に近づかん (讃美歌)ゲーム
タイタニック アドベンチャー・アウト・オブ・タイム(英語版) (1996年)
Titanic: Honor and Glory(英語版) (後日発売)
博物館
海事歴史博物館(英語版) (サウサンプトン)
タイタニック博物館(英語版) (ミズーリ)
タイタニック博物館(英語版) (テネシー)
大西洋海洋博物館(英語版) (ハリファックス)
タイタニック・ベルファスト(英語版)場所
タイタニック(英語版)
タイタニック谷(英語版)
タイタニック・クォーター(英語版)
レース岬(英語版)
フェアビュー墓地(英語版)
マウント・オリベット墓地(英語版)関連
船舶
オリンピック
カルパチア
ブリタニック
マッケイ=ベネット(英語版)
カリフォルニアン(英語版)
タイタニック2号その他
ホワイト・スター・ライン社
デイヴィッド・ブレア(英語版)
アーサー・ロストロン
スタンリー・ロード(英語版)
タイタニック歴史協会(英語版)
エンサイクロペディア・タイタニカ
ハロモナス・ティタニカエ
ウィメン・アンド・チルドレン・ファースト
SOS
CQD
ロバート・バラード

表話編歴セリーヌ・ディオン
アルバム一覧
シングル一覧
曲一覧(英語版)
映像作品一覧
ツアー一覧
受賞一覧(英語版)スタジオアルバム
フランス語
『神様の声』
『セリーヌ・ディオン・シャンテ・ノエル』
『テルマン・ジェ・ダムール…』
『家路』
『シャン・エ・コント・ド・ノエル』
『メラニー』
『あなたのため』
『アンコニト』
『セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌う』
『フレンチ・アルバム』
『愛するだけでよかったら』
『1人の女と4人の男』
『愛のうた』
『サンズ・アタンドレ』英語
『ユニゾン』
『セリーヌ・ディオン』
『ラヴ・ストーリーズ』
『FALLING INTO YOU』
『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』
『スペシャル・タイムス』
『ア・ニュー・デイ・ハズ・カム』
『ワン・ハート』
『ミラクル〜奇跡』
『Taking Chances』
『ラヴド・ミー・バック・トゥ・ライフ』
ライブアルバム
『セリーヌ・ディオン・アン・コンセール』
『ア・ロランピア』
『パリ・ライヴ』
『オ・クール・デュ・スタード』
『ア・ニュー・デイ…ライヴ・イン・ラス・ヴェガス』
『Taking Chances ワールド・ツアー:ザ・コンサート』
『セリーヌ・ユヌ・スール・フォワ/ライヴ2013』ベストアルバム
フランス語
『デュ・ソレイユ・オ・クール』
『レ・プリュ・グラン・スクセ・ド・セリーヌ・ディオン』
『レ・ワゾー・デュ・ボヌール』
『レ・シャンソン・アン・オル』
『ザ・ベスト・オブ・セリーヌ・ディオン』
『レ・プレミエールズ・アネ』
『ゴールド・ボリューム1』
『ゴールド・ボリューム2』
『生きるために』
『ザ・コレクション1982–1988』
『ジ・アーリー・シングルス』
『オン・ヌ・シャンジュ・パ』英語
『ザ・ベリー・ベスト』
『ザ・スペシャル・ベスト』
『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ/FALLING INTO YOU/ア・ニュー・デイ・ハズ・カム』
『コンプリート・ベスト』
『ULTIMATE BOX』
『マイ・ラヴ:エッセンシャル・コレクション』
『ザ・ベスト・オブ・セリーヌ・ディオン&デイヴィッド・フォスター』
映像作品
『ユニゾン』
『ラヴ・ストーリーズ・コンサート』
『ライヴ!』
『ライヴ・イン・メンフィス』
『オ・クール・デュ・スタード』
『ザ・ベリー・ベスト〜ビデオ・コレクション』
『オン・ヌ・シャンジュ・パ』
『ライヴ・イン・ラスベガス』
『セリーヌ・シュ・レ・プレーヌ』
『スルー・ザ・アイズ・オブ・ザ・ワールド』
『Taking Chances ワールド・ツアー:ザ・コンサート』
『セリーヌ・ユヌ・スール・フォワ/ライヴ2013』コンサートツアー
セリーヌ・ディオン・アン・コンセール
アンコニト・トゥルネー
ユニゾン・ツアー
セリーヌ・ディオン・イン・コンサート
ラヴ・ストーリーズ・ツアー
フレンチ・アルバム・ツアー
FALLING INTO YOU アラウンド・ザ・ワールド・ツアー
レッツ・トーク・アバウト・ラヴ・ワールド・ツアー
Taking Chances ワールド・ツアー
サンズ・アタンドレ・ツアー
アジア・ツアー(中止)レジデンシーショー
A New Day…
セリーヌ関連項目
ユーロビジョン・ソング・コンテスト1988
レネ・アンジェリル
テレサ・ディオン
ニッケルズ・グリル&バー
シュワルツ
セリーヌ・ディオン・パーヒューム
『ザッツ・ジャスト・ザ・ウーマン・イン・ミー』
『セリーヌ』
カテゴリ
ブック(英語版)
表話編歴セリーヌ・ディオンのシングル(英語)ユニゾン
「エニイ・アザー・ウェイ」 · 「ユニゾン・リミックス」 · 「哀しみのハートビート」 · 「ザ・ラスト・トゥ・ノウ」 · 「ハヴ・ア・ハート」

セリーヌ・ディオン
「美女と野獣」 · 「イフ・ユー・アスクト・ミー・トゥ」 · 「ナッシング・ブロークン・バット・マイ・ハート」 · 「ラヴ・キャン・ムーヴ・マウンテンズ」 · 「ウォーター・フロム・ザ・ムーン」 · 「ディド・ユー・キヴ・イナフ・ラヴ」

ラヴ・ストーリーズ
「めぐり逢えたら・愛のテーマ」 · 「パワー・オブ・ラヴ」 · 「ミスレッド」 · 「シンク・トワイス」 · 「オンリー・ワン・ロード」 · 「ネクスト・プレイン・アウト」 · 「ジャスト・ウォーク・アウェイ」 · 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」

ア・ロランピア
「コーリング・ユー」

FALLING INTO YOU
「(ユー・メイク・ミー・フィール・ライク)ア・ナチュラル・ウーマン」 · 「フォーリング・イントゥ・ユー」 · 「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」 · 「イッツ・オール・カミング・バック・トゥ・ミー・ナウ」 · 「パワー・オブ・ザ・ドリーム」 · 「オール・バイ・マイセルフ」 · 「コール・ザ・マン」 · 「メイク・ユー・ハッピー」 · 「ドリーミン’オブ・ユー」

レッツ・トーク・アバウト・ラヴ
「愛を伝えて」 · 「ビー・ザ・マン」 · 「ザ・リーズン」 · 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 · 「イモータリティ」 · 「ホエン・アイ・ニード・ユー」 · 「アイ・ヘイト・ユー・ゼン・アイ・ラヴ・ユー」 · 「マイルズ・トゥ・ゴー(ビフォー・アイ・スリープ)」 · 「トリート・ハー・ライク・ア・レディー」 · 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」

スペシャル・タイムス
「アイム・ユア・エンジェル」 · 「ザ・プレイヤー」 · 「ドント・セイヴ・イット・オール・フォー・クリスマス・デイ」

ザ・ベリー・ベスト
「ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ」 · 「ゼン・ユー・ルック・アット・ミー」 · 「リヴ(フォー・ザ・ワン・アイ・ラヴ)」 · 「ザ・ファースト・タイム・エバー・アイ・ソー・ユア・フェイス」 · 「アイ・ウォント・ユー・トゥ・ニード・ミー」 · 「イフ・ウォールズ・クッド・トーク」

ア・ニュー・デイ・ハズ・カム
「ア・ニュー・デイ・ハズ・カム」 · 「アイム・アライヴ」 · 「アウン・エクシステ・アモール」 · 「グッドバイズ(ザ・サッデスト・ワード)」 · 「アット・ラスト」

ワン・ハート
「アイ・ドローヴ・オール・ナイト」 · 「ハヴ・ユー・エヴァー・ビーン・イン・ラヴ」 · 「ワン・ハート」 · 「スタンド・バイ・ユア・サイド」 · 「フェイス」

ア・ニュー・デイ…
「ユー・アンド・アイ」

ミラクル〜奇跡
「ビューティフル・ボーイ」 · 「ミラクル」 · 「イン・サム・スモール・ウェイ」

Taking Chances
「Taking Chances」 · 「アイズ・オン・ミー」 · 「あなたがいる限り 〜A World to Believe In〜」 · 「アローン」

マイ・ラヴ
「マイ・ラヴ」

その他のシングル
「リッスン・トゥ・ザ・マジック・マン」 · 「マイケルズ・ソング」 · 「キャント・リヴ・ウィズ・ユー,キャント・リヴ・ウィズアウト・ユー」 · 「ヴォイセズ・ザット・ケア」 · 「ラヴ・ライツ・ザ・ワールド」 · 「センド・ミー・ア・ラヴァー」 · 「イッツ・ハード・トゥ・セイ・グッドバイ」 · 「君の友だち」 · 「ゴッド・ブレス・アメリカ」 · 「ホワット・モア・キャン・アイ・キブ」 · 「ユー・ショック・ミー・オール・ナイト・ロング」 · 「カム・トゥゲザー・ナウ」 · 「シング」 · 「ウィ・アー・ザ・ワールド:25 フォー・ハイチ」

ブック · カテゴリー · ポータル
表話編歴アカデミー歌曲賞1934–1940
「コンチネンタル(英語版)」
作曲: コン・コンラッド(英語版)
作詞: ハーブ・マジッドソン(英語版)(1934)
「ブロードウェイの子守歌」
作曲: ハリー・ウォーレン(英語版)
作詞: アル・デュビン(英語版)(1935)
「今宵の君は」
作曲: ジェローム・カーン
作詞: ドロシー・フィールズ(英語版)(1936)
「麗しのレイラニ」
作曲・作詞: ハリー・オーウェンス(英語版)(1937)
「思い出によみがえる(英語版)」
作曲: ラルフ・レインジャー(英語版)
作詞: レオ・ロビン(英語版)(1938)
「虹の彼方に」
作曲: ハロルド・アーレン
作詞: E・Y・ハーバーグ(1939)
「星に願いを」
作曲: リー・ハーライン
作詞: ネッド・ワシントン(英語版)(1940)1941–1950

「思い出のパリ(英語版)」
作曲: ジェローム・カーン
作詞: オスカー・ハマースタイン2世(1941)
「ホワイト・クリスマス」
作曲・作詞: アーヴィング・バーリン(1942)
「知らないでしょう(英語版)」
作曲: ハリー・ウォーレン(英語版)
作詞: マック・ゴードン(英語版)(1943)
「星にスイング(英語版)」
作曲: ジミー・ヴァン・ヒューゼン
作詞: ジョニー・バーク(英語版)(1944)
「春の如く(英語版)」
作曲: リチャード・ロジャース
作詞: オスカー・ハマースタイン2世(1945)
「サンタフェ鉄道(英語版)」
作曲: ハリー・ウォーレン(英語版)
作詞: ジョニー・マーサー(1946)
「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」
作曲: アリー・リューベル(英語版)
作詞: レイ・ギルバート(英語版)(1947)
「ボタンとリボン(英語版)」
作曲: ジェイ・リビングストン
作詞: レイ・エバンズ(1948)
「ベイビー、イッツ・コールド・アウトサイド」
作曲・作詞: フランク・レッサー(1949)
「モナ・リザ(英語版)」
作曲・作詞: レイ・エバンズ&ジェイ・リビングストン(1950)
1951–1960
「冷たき宵に(英語版)」
作曲: ホーギー・カーマイケル
作詞: ジョニー・マーサー(1951)
“High Noon (Do Not Forsake Me, Oh My Darlin’)”
作曲: ディミトリ・ティオムキン
作詞: ネッド・ワシントン(英語版)(1952)
「秘めたる恋(英語版)」
作曲: サミー・フェイン
作詞: ポール・フランシス・ウェブスター(英語版)(1953)
「泉の中の三つの銀貨(英語版)」
作曲: ジューリー・スタイン
作詞: サミー・カーン(1954)
「慕情(英語版)」
作曲: サミー・フェイン
作詞: ポール・フランシス・ウェブスター(英語版)(1955)
「ケセラセラ」
作曲・作詞: ジェイ・リビングストン&レイ・エバンズ(1956)
「オール・ザ・ウェイ(英語版)」
作曲: ジミー・ヴァン・ヒューゼン
作詞: サミー・カーン(1957)
「いとしのジジ(英語版)」
作曲: フレデリック・ロウ(英語版)
作詞: アラン・ジェイ・ラーナー(1958)
「望みを高く(英語版)」
作曲: ジミー・ヴァン・ヒューゼン
作詞: サミー・カーン(1959)
「日曜はダメよ(英語版)」
作曲・作詞: マノス・ハジダキス(1960)1961–1970

「ムーン・リバー」
作曲: ヘンリー・マンシーニ
作詞: ジョニー・マーサー(1961)
「酒とバラの日々」
作曲: ヘンリー・マンシーニ
作詞: ジョニー・マーサー(1962)
“Call Me Irresponsible”
作曲: ジミー・ヴァン・ヒューゼン
作詞: サミー・カーン(1963)
「チム・チム・チェリー」
作曲・作詞: リチャード・M・シャーマン&ロバート・B・シャーマン(1964)
「シャドウ・オブ・ユア・スマイル」
作曲: ジョニー・マンデル
作詞: ポール・フランシス・ウェブスター(英語版)(1965)
「野性のエルザ(英語版)」
作曲: ジョン・バリー
作詞: ドン・ブラック(英語版)(1966)
「動物とおしゃべり(英語版)」
作曲・作詞: レスリー・ブリッカス(英語版)(1967)
「風のささやき(英語版)」
作曲: ミシェル・ルグラン
作詞: アラン・バーグマン&マリリン・バーグマン(英語版)(1968)
「雨にぬれても」
作曲: バート・バカラック
作詞: ハル・デヴィッド(1969)
「ふたりの誓い」
作曲: フレッド・カーリン(英語版)
作詞: ロブ・ロイヤー(英語版)&ジェイムス・グリフィン(1970)
1971–1980
「黒いジャガーのテーマ」
作曲・作詞: アイザック・ヘイズ(1971)
「モーニング・アフター(英語版)」
作曲・作詞: アル・カシャ(英語版)&ジョエル・ハーシュホーン(英語版)(1972)
「追憶」
作曲: マーヴィン・ハムリッシュ
作詞: アラン・バーグマン&マリリン・バーグマン(英語版)(1973)
「タワーリング・インフェルノ/愛のテーマ(英語版)」
作曲・作詞: アル・カシャ(英語版)&ジョエル・ハーシュホーン(英語版)(1974)
「アイム・イージー(英語版)」
作曲・作詞: キース・キャラダイン(1975)
「スター誕生の愛のテーマ」
作曲: バーブラ・ストライサンド
作詞: ポール・ウィリアムズ(1976)
「恋するデビー」
作曲・作詞: ジョセフ・ブルックス(英語版)(1977)
「ラスト・ダンス(英語版)」
作曲・作詞: ポール・ジャバラ(英語版)(1978)
「流れのままに」
作曲: デヴィッド・シャイア
作詞: ノーマン・ギンベル(英語版)(1979)
「フェーム(英語版)」
作曲: マイケル・ゴア
作詞: ディーン・ピッチフォード(英語版)(1980)1981–1990

「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」
作曲・作詞: バート・バカラック&キャロル・ベイヤー・セイガー&クリストファー・クロス&ピーター・アレン(1981)
「愛と青春の旅だち(英語版)」
作曲: ジャック・ニッチェ&バフィ・セント=マリー(英語版)
作詞: ウィル・ジェニングス(英語版)(1982)
「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」
作曲: ジョルジオ・モロダー
作詞: キース・フォーシー(英語版)&アイリーン・キャラ(1983)
「心の愛」
作曲・作詞: スティーヴィー・ワンダー(1984)
「セイ・ユー、セイ・ミー」
作曲・作詞: ライオネル・リッチー(1985)
「愛は吐息のように(英語版)」
作曲: ジョルジオ・モロダー
作詞: トム・ウィットロック(英語版)(1986)
「タイム・オブ・マイ・ライフ(英語版)」
作曲: フランク・プリヴァイト(英語版)&ジョン・デニコラ(英語版)&ドナルド・マーコウィッツ
作詞: フランク・プリヴァイト(英語版)(1987)
「レット・ザ・リヴァー・ラン(英語版)」
作曲・作詞: カーリー・サイモン(1988)
「アンダー・ザ・シー」
作曲: アラン・メンケン
作詞: ハワード・アッシュマン(1989)
「スーナー・オア・レイター(英語版)」
作曲・作詞: スティーヴン・ソンドハイム(1990)
1991–2000
「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」
作曲: アラン・メンケン
作詞: ハワード・アッシュマン(1991)
「ホール・ニュー・ワールド」
作曲: アラン・メンケン
作詞: ティム・ライス(1992)
「ストリーツ・オブ・フィラデルフィア」
作曲・作詞: ブルース・スプリングスティーン(1993)
「愛を感じて」
作曲: エルトン・ジョン
作詞: ティム・ライス(1994)
「カラー・オブ・ザ・ウィンド(英語版)」
作曲: アラン・メンケン
作詞: スティーヴン・シュワルツ(英語版)(1995)
「ユー・マスト・ラヴ・ミー」
作曲: アンドルー・ロイド・ウェバー
作詞: ティム・ライス(1996)
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」
作曲: ジェームズ・ホーナー
作詞: ウィル・ジェニングス(英語版)(1997)
「ホエン・ユー・ビリーヴ」
作曲・作詞: スティーヴン・シュワルツ(英語版)(1998)
「ユール・ビー・イン・マイ・ハート(英語版)」
作曲・作詞: フィル・コリンズ(1999)
「シングス・ハヴ・チェンジド」
作曲・作詞: ボブ・ディラン(2000)2001–2010

「君がいないと」
作曲・作詞: ランディ・ニューマン(2001)
「ルーズ・ユアセルフ」
作曲: エミネム&ジェフ・バス(英語版)&ルイス・レスト(英語版)
作詞: エミネム(2002)
「イントゥー・ザ・ウエスト」
作曲・作詞: フラン・ウォルシュ&ハワード・ショア&アニー・レノックス(2003)
「河を渡って木立の中へ(英語版)」
作曲・作詞: ホルヘ・ドレクスレル(2004)
「イッツ・ハード・アウト・ヒア・フォア・ア・ピンプ(英語版)」
作曲・作詞: ジョーダン・ヒューストン&セドリック・コールマン(英語版)&ポール・ボーリガード(英語版)(2005)
「アイ・ニード・トゥ・ウェイク・アップ」
作曲・作詞: メリッサ・エスリッジ(英語版)(2006)
「フォーリング・スローリー(英語版)」
作曲・作詞: グレン・ハンサード(英語版)&マルケタ・イルグロヴァ(英語版)(2007)
「ジャイ・ホー(英語版)」
作曲: A・R・ラフマーン
作詞: ガルザー(英語版)(2008)
「ザ・ウイーリ・カインド(英語版)
作曲・作詞: ライアン・ビンガム(英語版)&T・ボーン・バーネット(2009)
「僕らはひとつ(英語版)」
作曲・作詞: ランディ・ニューマン(2010)
2011–2020
“Man or Muppet”
作曲・作詞: ブレット・マッケンジー(2011)
「スカイフォール」
作曲・作詞: アデル・アドキンス&ポール・エプワース(英語版)(2012)
「レット・イット・ゴー」
作曲・作詞: クリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス(2013)
「グローリー」
作曲・作詞: ジョン・ステファンズ&ロニー・リン(2014)
「ライティングズ・オン・ザ・ウォール」
作曲・作詞: ジミー・ネピア(英語版)&サム・スミス(2015)
「シティ・オブ・スターズ」
作曲: ジャスティン・ハーウィッツ
作詞: ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール(2016)
「リメンバー・ミー」
作曲・作詞: クリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス(2017)
「シャロウ 〜『アリー/ スター誕生』 愛のうた」
作詞・作曲: レディー・ガガ&マーク・ロンソン&アンソニー・ロッソマンド(英語版)&アンソニー・ワイアット(英語版)(2018)
「(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン」
作曲: エルトン・ジョン
作詞: バーニー・トーピン(2019)
“Fight for You”
作曲: H.E.R.&ダーンスト・エミール2世(英語版)
作詞: H.E.R.&ティアラ・トーマス(英語版)(2020)2021–現在
「ノー・タイム・トゥ・ダイ」
作詞・作曲: ビリー・アイリッシュ&フィニアス・オコネル(2021)
典拠管理
GND: 1160093717
MBRG: a8a98e33-d70c-311e-931a-26a7b0daf7fe
MBW: 78fc1f10-cbbf-3603-8c07-99a3d4f81397

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン&oldid=90871485」から取得
カテゴリ: セリーヌ・ディオンの楽曲1997年のシングル映画主題歌Billboard Hot 100 1位獲得作品タイタニックに関する作品全英シングルチャート1位獲得作品グラミー賞最優秀レコード賞受賞作アカデミー賞歌曲賞受賞曲グラミー賞最優秀楽曲賞受賞作グラミー賞最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞受賞作楽曲 ま恋愛を題材とした楽曲ミュージック・ミーム隠しカテゴリ: 段組みにテーブルを使用している記事日本語版記事がリダイレクトの仮リンクを含む記事GND識別子が指定されている記事MusicBrainzリリース・グループ識別子が指定されている記事MusicBrainz作品識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 7467
再生回数: 2346
[spincontent type=”j”]

Ah^~ My heart will be hopping^~ Youtube

ごちうさかみdあろ
Twitter@padOOTA
日常ツイート@padOOTA

動画用Twitter@ootaowt

2. ah^~ my heart will be hopping^~ Yomiuri

Yomiuri
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: ah^~ my heart will be hopping^~ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ah^~ my heart will be hopping^~ は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3836
[spincontent type=”j”]

3. ah^~ my heart will be hopping^~ Asahi Shimbun

朝日新聞
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: 朝日新聞で検索した ah^~ my heart will be hopping^~ に関する上記の情報が、ah^~ my heart will be hopping^~ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2359
[spincontent type=”j”]

4. ah^~ my heart will be hopping^~ The Japan Times

The Japan Times
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: ジャパン タイムズで検索した ah^~ my heart will be hopping^~ に関する記事のトップです。ah^~ my heart will be hopping^~ に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3308
[spincontent type=”j”]

5. ah^~ my heart will be hopping^~ Yomiuri Shimbun

読売新聞
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: ah^~ my heart will be hopping^~ に関する詳細情報はすでにありますか? ah^~ my heart will be hopping^~ という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 64 16
[spincontent type=”j”]

6. ah^~ my heart will be hopping^~ Mainichi Shimbun

毎日新聞
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: 毎日新聞で見つけた ah^~ my heart will be hopping^~ に関する上記の情報が、ah^~ my heart will be hopping^~ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7944
[spincontent type=”j”]

7. ah^~ my heart will be hopping^~ Sankei Shimbun

産経新聞
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: 産経新聞で検索した ah^~ my heart will be hopping^~ に関する記事のトップです。ah^~ my heart will be hopping^~ に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1590
[spincontent type=”j”]

8. ah^~ my heart will be hopping^~ Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: ah^~ my heart will be hopping^~ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ah^~ my heart will be hopping^~ は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3882
[spincontent type=”j”]

9. ah^~ my heart will be hopping^~ Chunichi Shimbun

中日新聞
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: 中日新聞で検索した ah^~ my heart will be hopping^~ に関する上記の情報が、ah^~ my heart will be hopping^~ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9644
[spincontent type=”j”]

10. ah^~ my heart will be hopping^~ Tokyo Shimbun

東京新聞
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: ah^~ my heart will be hopping^~ に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した ah^~ my heart will be hopping^~ に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5136
[spincontent type=”j”]

11. ah^~ my heart will be hopping^~ Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: ah^~ my heart will be hopping^~ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ah^~ my heart will be hopping^~ は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 80 37
[spincontent type=”j”]

12. ah^~ my heart will be hopping^~ Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: 日刊工業新聞で見つけた ah^~ my heart will be hopping^~ に関する上記の情報が、ah^~ my heart will be hopping^~ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4928
[spincontent type=”j”]

13. ah^~ my heart will be hopping^~ Ainu Times

アイヌタイムス
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: アイヌ タイムズで検索した ah^~ my heart will be hopping^~ に関する記事のトップです。ah^~ my heart will be hopping^~ に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2544
[spincontent type=”j”]

14. ah^~ my heart will be hopping^~ Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: ah^~ my heart will be hopping^~ に関する詳細情報はすでにありますか? ah^~ my heart will be hopping^~ という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5120
[spincontent type=”j”]

15. ah^~ my heart will be hopping^~ Chiba Nippo

千葉日報
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: 千葉日報で検索した ah^~ my heart will be hopping^~ に関する上記の情報が、ah^~ my heart will be hopping^~ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 70 37
[spincontent type=”j”]

16. ah^~ my heart will be hopping^~ Chugoku Shimbun

中国新聞
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: 中国新聞で検索した ah^~ my heart will be hopping^~ に関する記事のトップです。ah^~ my heart will be hopping^~ に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2875
[spincontent type=”j”]

17. ah^~ my heart will be hopping^~ Daily Tohoku

デイリー東北
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: ah^~ my heart will be hopping^~ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 ah^~ my heart will be hopping^~ はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 46 16
[spincontent type=”j”]

18. ah^~ my heart will be hopping^~ The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
ah^~ my heart will be hopping^~

説明: イースタン クロニクルで検索した ah^~ my heart will be hopping^~ に関する上記の情報が、ah^~ my heart will be hopping^~ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5881
[spincontent type=”j”]

ah^~ my heart will be hopping^~ に関する質問

ah^~ my heart will be hopping^~ についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 ah^~ my heart will be hopping^~ は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 ah^~ my heart will be hopping^~ が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード ah^~ my heart will be hopping^~

ah^~ my heart will be hopping^~
方法ah^~ my heart will be hopping^~
チュートリアル ah^~ my heart will be hopping^~
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: