あなたは 9 月 30 日 誕生 日 有名人 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 9 月 30 日 誕生 日 有名人 を共有します。 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

9 月 30 日 誕生 日 有名人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2022年 9月(長月)

1

2

3
4

5

6

7

8

9

10
11

12

13

14

15

16

17
18

19

20

21

22

23

24
25

26

27

28

29

30

365日 各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
9月30日(くがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から273日目(閏年では274日目)にあたり、年末まであと92日ある。9月の最終日である。

できごと[編集]
織田信長による比叡山焼き討ち(1571)
オペラ『魔笛』初演(1791) アリア「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」を聴く[ヘルプ/ファイル]
オットー・フォン・ビスマルクの鉄血演説(1862)。国内外で総顰蹙を受けた失敗演説となった 現在の問題は演説や多数決によってではなく、鉄と血によってのみ解決される
三井・三菱・安田の3財閥が解散(1946)
原子力潜水艦「ノーチラス」就役(1954)
都営トロリーバス廃止(1968)
489年 – ローマ・ゲルマン戦争(Germanic wars): ヴェローナの戦い
1399年 – イングランド議会がリチャード2世の廃位とヘンリー4世の王位継承を議決。ランカスター朝が始まる。
1520年 – 壮麗王スレイマン1世がオスマン帝国のスルタンに即位。
1551年(天文20年9月1日) – 大寧寺の変: 大内義隆が家臣の陶隆房(のちの晴賢)の謀反により自害させられる。
1571年(元亀2年9月12日) – 織田信長が延暦寺を焼き討ち。
1744年 – オーストリア継承戦争: マドンナ・デル・オルモの戦い
1791年 – モーツァルトの最後のオペラ『魔笛』が初演。
1791年 – フランス革命: 憲法制定国民議会が廃止され、立法議会に引き継がれる。
1862年 – プロイセン首相オットー・フォン・ビスマルクが議会で「鉄血演説」を行う。
1863年(文久3年8月18日) – 八月十八日の政変が起きる。
1882年 – トーマス・エジソンの最初の商用水力発電所ヴァルカン・ストリート・プラント(Vulcan Street Plant)が操業開始。
1888年 – 切り裂きジャックが第3・第4の殺人。
1895年 – マダガスカルがフランスの保護領になる。
1903年 – アメリカの富豪ジョージ・モルガンが祇園の芸妓・加藤雪を身請け。
1909年 – 客船の初代モーリタニアが進水。
1910年 – 韓国併合: 李氏朝鮮の首都であった漢城府が京城府に改称される。
1917年 – 大正6年の高潮災害。台風通過と満潮の時刻が重なり、東京湾一帯の住宅街が水没。東京府の溺死者500人以上。
1921年 – 婦人及児童ノ売買禁止ニ関スル国際条約が国際連盟で採択・署名される。
1938年 – ミュンヘン会談の結果、イギリス・フランスがナチス・ドイツのズデーテン地方併合を容認。
1939年 – ヴワディスワフ・シコルスキがポーランド亡命政府の初代首相に就任。
1939年 – NBCが初めてアメフトの試合をテレビ放送する(First televised American football game)。
1943年 – 第二次世界大戦: 御前会議で「今後採ルヘキ戦争指導ノ大綱」を決定。絶対国防圏を定める。
1944年 – 第二次世界大戦: ナイメーヘン突堤の戦い(Battle of the Nijmegen salient)
1945年 – 大日本産業報国会が解散。
1946年 – 財閥解体: 三井・三菱・安田の3財閥が正式解散を決定。
1947年 – 8月12日の国際連合安全保障理事会決議29による承認を受けてパキスタン・イエメンが国連に加盟。
1947年 – ワールドシリーズが初めてテレビ中継される(1947年のワールドシリーズ)。
1948年 – 昭和電工事件: 栗栖赳夫経済安定本部総務長官が逮捕。
1949年 – ベルリン封鎖に対する西ベルリンへの空輸作戦(ベルリン大空輸)が終了。
1954年 – アメリカ海軍が建造した世界初の原子力潜水艦「ノーチラス」が就役。
1954年 – 埼玉県鴻巣市が市制施行。
1955年 – 新疆ウイグル自治区成立。
1960年 – 日本プロレス台東体育館大会で馬場正平と猪木寛至が同時デビュー[1]。
1961年 – 欧州経済協力機構が経済協力開発機構 (OECD) に改組。
1961年 – 愛知用水が完成。
1962年 – ジェームズ・メレディスがミシシッピ大学初の黒人学生として入学を果たす。
1964年 – 義宮正仁親王と津軽華子の結婚の儀。同日常陸宮家が創設される。
1965年 – 9月30日事件。インドネシアで軍事クーデター。
1966年 – イギリス保護領ベチュアナランドがボツワナとして独立。
1968年 – 都営トロリーバスがこの日限りで全面廃止される。
1969年 – 総武本線の無煙化達成。関東地方から蒸気機関車が消える。
1975年 – 昭和天皇が史上初めてアメリカ合衆国を公式訪問。10月14日まで。
1975年 – AH-64 アパッチが初飛行。
1978年 – 京都市電がこの日限りで運転を停止し翌日付けで廃止。
1978年 – フィンエアー405便ハイジャック事件(Finnair Flight 405)
1984年 – 阪急のブーマー・ウェルズが日本プロ野球における外国人選手初の三冠王になる。
1985年 – 埼京線が開業、川越線が電化。両線の直通運転を開始。
1986年 – イスラエルの元核兵器開発技術者で、核兵器開発の実態を内部告発したモルデハイ・ヴァヌヌが、ローマでイスラエル諜報特務庁に拉致される。
1987年 – 大乃国が第62代横綱に昇進。
1989年 – 西ドイツのゲンシャー外相がプラハの西ドイツ大使館前に詰め掛けていた東ドイツからの出国者を前に受け入れを表明。
1990年 – 韓国とソ連が国交樹立。
1991年 – ハイチでクーデター。ジャン=ベルトラン・アリスティド大統領が失脚し亡命。
1991年 – 中華人民共和国とブルネイが国交樹立。
1991年 – 『フジ三太郎』連載終了。
1992年 – 高エネルギー物理学研究所の森田洋平が日本最初のホームページ(KEK Information)を公開する。
1993年 – ラトゥール地震発生。
1994年 – リヨン大モスク(Grande mosquée de Lyon)が竣工。
1996年 – 兵庫県南部地震により倒壊する被害を受けた阪神高速3号神戸線が全面復旧。
1997年 – 翌日の北陸新幹線(長野行新幹線)開業に伴い、信越本線横川駅 – 軽井沢駅間がこの日限りで運転を停止し翌日付けで廃止。
1999年 – 東海村JCO臨界事故発生。
1999年 – ドイツの作家ギュンター・グラスがノーベル文学賞を受賞。
2000年 – auがTACS方式アナログ携帯電話サービスを終了。
2000年 – 第2次インティファーダ(Second Intifada): 12歳だったムハンマド・アルデュッラーの殺害事件(Killing of Muhammad al-Durrah)が起こる。
2001年 – 高橋尚子がベルリンマラソンで女子選手として初めて2時間20分の壁を破る2時間19分46秒の世界新記録(当時)で優勝。
2005年 – ムハンマド風刺漫画掲載問題: デンマークの新聞ユランズ・ポステンがムハンマドの風刺漫画を掲載。イスラム世界から非難の声が上がる。
2006年 – 日本の戦後初の国産旅客機YS-11が航空会社の定期便におけるラストフライトを行う。
2006年 – 桃花台新交通桃花台線がこの日限りで廃止。新交通システム路線としては国内初の廃線。
2007年 – 日本で衛星アナログハイビジョンテレビの放送が終了。
2009年 – スマトラ島沖地震が発生。
2010年 – 日本国内ではコミュニティFMを除いて初めてとなる、県域放送局(厳密に言えば広域放送局)愛知国際放送が閉局。2014年4月、InterFM NAGOYA、同周波数で、別送信場所、別コールサインで新規開局)。
2010年 – 2010年エクアドル危機(2010 Ecuador crisis): 警官の給与削減に抗議するデモ隊を説得していたラファエル・コレアがデモ隊から催涙弾を投げつけられ、搬送された病院も反対派の警官らに囲まれたため、エクアドル軍によって救出される。
2014年 – MSN産経ニュースサービス終了。
2015年 – シリア内戦にロシアが軍事介入(Russian military intervention in the Syrian civil war)。
2016年 – 8時40分(UTC)、宇宙探査機のロゼッタが彗星の表面へ落下(または衝突)し、これを以ってESAによる一連の全ミッションを終了。
2018年 – 2018年マケドニア国民投票(2018 Macedonian referendum)が行われ、投票率36%ながら欧州連合とNATOへの加盟への賛成多数になる。誕生日[編集]
放射線量測定器(ガイガー・カウンター)で知られるドイツの物理学者、ハンス・ガイガー(1882-1945)誕生
女優、東山千栄子(1890-1980)誕生。画像は『東京物語』(1953)
アメリカ合衆国の小説家、トルーマン・カポーティ(1924-1984)誕生。代表作に『ティファニーで朝食を』(1958)
石原慎太郎(1932-2022)誕生
スイスの女子プロテニス選手、マルチナ・ヒンギス(1980-)誕生
1207年 – ジャラール・ウッディーン・ルーミー、スーフィー・神秘主義詩人(+ 1273年)
1227年 – ニコラウス4世、ローマ教皇(+ 1292年)
1550年 – ミヒャエル・メストリン、天文学者(+ 1631年)
1572年 – ドゥニ・シモン・ド・マルケモン(Denis-Simon_de_Marquemont)、リヨン大司教(+ 1626年)
1594年 – マルク・アントワーヌ・ジラール・ド・サン・アマン(Antoine Girard de Saint-Amant)、詩人(+ 1661年)
1622年 – ヨハン・セバスティアーニ(Johann Sebastiani)、作曲家(+ 1683年)
1655年 – シャルル3世・ド・ロアン=ゲメネ、貴族・延臣(+ 1727年)
1672年 – ジャン・ラルクヴェック(Jean L’Archevêque)、探検家(+ 1720年)
1679年 – ジャック・カサール(Jacques Cassard)、探検家(+ 1740年)
1689年 – ジャック・オベール、ヴァイオリニスト(+ 1753年)
1700年 – スタニスワフ・コナルスキ(Stanisław_Konarski)、詩人(+ 1773年)
1710年 – ジョン・ラッセル、第4代ベッドフォード公(+ 1771年)
1714年 – エティエンヌ・ボノ・ドゥ・コンディヤック、哲学者(+ 1780年)
1732年 – ジャック・ネッケル、銀行家・政治家・フランス首相(+ 1804年)
1737年 – モルテン・スラーネ・ブリュンニヒ(Morten Thrane Brünnich)、動物学者(+ 1827年)
1743年 – クリスチャン・エレゴット・ウェインリグ(Christian_Ehregott_Weinlig)、作曲家(+ 1813年)
1765年 – ホセ・マリア・モレーロス、ローマ・カトリック教会の神父(+ 1815年)
1767年 – メルキオール・ジョイア(Melchiorre Gioia)、作家・哲学者(+ 1829年)
1800年 – デシマス・バートン(Decimus Burton)、建築家(+ 1881年)
1813年 – ジョン・レイ、探検家(+ 1893年)
1827年 – エリス・H・ロバーツ(Ellis H. Roberts)、第20代アメリカ合衆国財務官(+ 1918年)
1832年 – アン・ジャーヴィス、母の日創設者(+ 1905年)
1834年 – ルイ・ピエール・ムイヤール、重航空機研究者(+ 1897年)
1836年 – レミヒオ・モラレス・ベルムデス(es: Remigio Morales Bermúdez)、第56代ペルー大統領(+ 1894年)
1840年 – ヨハン・スヴェンセン、作曲家、指揮者、ヴァイオリニスト(+ 1911年)
1851年 – カルロ・アナドーネ(it: Carlo Anadone)、画家(+ 1941年)
1852年 – チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード、作曲家(+ 1924年)
1855年(安政2年8月20日) – 末松謙澄、政治家(+ 1920年)
1857年 – ヘルマン・ズーダーマン、劇作家(+ 1928年)
1861年 – ウィリアム・リグレー・ジュニア(William Wrigley Jr.)、ウィリアム・リグレー・ジュニア・カンパニー設立者(+ 1932年)
1863年 – ラインハルト・シェア、ドイツ帝国の海軍軍人(+ 1928年)
1870年 – ジャン・ペラン、物理学者(+ 1942年)
1870年 – トーマス・W・ラモント(Thomas W. Lamont)、銀行家(+ 1948年)
1879年 – アンリ・カサドシュ、ヴィオラ奏者(+ 1947年)
1880年 – 森山汀川、歌人(+ 1946年)
1882年 – ハンス・ガイガー、物理学者(+ 1945年)
1882年 – ジョージ・バンクロフト(George Bancroft (actor))、俳優(+ 1956年)
1883年 – ベルンハルト・ルスト、ヒトラー内閣の科学・教育・文化大臣(+ 1945年)
1883年 – ノラ・スタントン・ブラッチ・バーニー(Nora Stanton Blatch Barney)、土木技師(+ 1971年)
1884年 – 天野貞祐、哲学者(+ 1980年)
1886年 – ガストン・ラモン(Gaston Ramon)、獣医(+ 1963年)
1887年 – リル・ダゴファー、女優(+ 1980年)
1890年 – 東山千栄子、新劇女優(+ 1980年)
1890年 – アンドレ・ゴベール、男子テニス選手(+ 1951年)
1891年 – オットー・シュミット、科学者、数学者、地質学者 (+ 1956年)
1893年 – ランズデール・ギセリン・サッサー(Lansdale Ghiselin Sasscer)、政治家(+ 1964年)
1895年 – ルイス・マイルストン、映画監督(+ 1980年)
1897年 – ガスパール・カサド、チェリスト(+ 1966年)
1897年 – シャルロット・ヴォルフ(Charlotte Wolff)、物理学者(+ 1986年)
1898年 – ルネ・アドレ(Renée Adorée)、女優(+ 1933年)
1898年 – シャルロット・ド・モナコ、モナコ公ルイ2世の娘(+ 1977年)
1900年 – ジェローム・ベズナール(Jérôme Besnard (résistant))、司祭、レジスタンス活動家(+ 1968年)
1905年 – ネヴィル・モット、物理学者(+ 1996年)
1905年 – マイケル・パウエル、映画監督(+ 1990年)
1905年 – ボビー・ピアース(Bobby Pearce (rower))、ボート競技選手(+ 1976年)
1906年 – ミレイユ・ハルトゥーシュ(Mireille Hartuch)、シンガーソングライター(+ 1996年)
1908年 – ダヴィッド・オイストラフ、ヴァイオリニスト(+ 1974年)
1911年 – グスタフ・ギルバート、ニュルンベルク裁判の心理分析官(+ 1977年)
1912年 – ケニー・ベイカー(Kenny Baker (American performer))、歌手・俳優(+ 1985年)
1913年 – サミュエル・アイレンベルグ、数学者(+ 1998年)
1913年 – ロバート・ニスベット、社会学者、歴史家(+ 1996年)
1913年 – ビル・ウォルシュ、映画プロデューサー(+ 1975年)
1914年 – 野上清光、元プロ野球選手(+ 1991年)
1915年 – レスター・マドックス、第75代ジョージア州知事(+ 2003年)
1917年 – バディ・リッチ、ジャズ・ドラマー(+ 1987年)
1917年 – 岩崎利夫、プロ野球選手(+ 没年不詳)
1917年 – ダニエル=イツハク・レヴィー(Daniel-Yitzhak Levy)、クネセト議員(+ 1995年)
1918年 – ルイス・ニクソン(Lewis Nixon III)、軍人(+ 1995年)
1918年 – ルネ・レモン(René Rémond)、歴史家(+ 2007年)
1919年 – ウィリアム・L・ガイ(William L. Guy)、第26代ノースダコタ州知事(+ 2013年)
1919年 – パトリシア・ネウェイ(Patricia Neway)、ソプラニスト(+ 2012年)
1921年 – デボラ・カー、女優(+ 2007年)
1921年 – 並木路子、歌手(+ 2001年)
1921年 – アルド・パリソット(Aldo Parisot)、チェリスト(+ 2018年)
1922年 – ラモント・ジョンソン(Lamont Johnson)、俳優(+ 2010年)
1923年 – 隆慶一郎、小説家(+ 1989年)
1923年 – ドナルド・スワン(Donald Swann)、ピアニスト(+ 1994年)
1924年 – トルーマン・カポーティ、小説家(+ 1984年)
1925年 – 星野哲郎、作詞家(+ 2010年)
1926年 – ロビン・ロバーツ、プロ野球選手(+ 2010年)
1927年 – 石橋エータロー、ピアニスト、タレント(+ 1994年)
1927年 – W・S・マーウィン(W. S. Merwin)、詩人(+ 2019年)
1928年 – エリ・ヴィーゼル、作家(+ 2016年)
1929年 – レティシア・ラモス=シャハニ(Leticia Ramos-Shahani)、政治家(+ 2017年)
1929年 – ドロテー・ゼレ、福音主義神学者(+ 2003年)
1930年 – 大山克巳、俳優(+ 2012年)
1931年 – アンジー・ディキンソン、女優
1932年 – 石原慎太郎、小説家、政治家(+ 2022年)
1932年 – 五木寛之、小説家
1932年 – ジョニー・ポドレス、元プロ野球選手(+ 2008年)
1933年 – 小野正一、元プロ野球選手(+ 2003年)
1933年 – 古田昌幸、野球選手(+ 1999年)
1933年 – シシー・ヒューストン(Cissy Houston)、歌手
1934年 – 西本鶏介、作家
1934年 – 山本義司、元プロ野球選手(+ 2004年)
1934年 – ウド・ユルゲンス、ポップ歌手(+ 2014年)
1934年 – アンナ・カシュフィ(Anna Kashfi)、女優(+ 2015年)
1935年 – ジョニー・マティス、歌手
1936年 – ジム・サッサー(Jim Sasser)、第6代在中国アメリカ大使
1937年 – ヴァレンティン・シルヴェストロフ、作曲家
1937年 – ゲイリー・ホッキング、オートバイレーサー(+ 1962年)
1937年 – ユレック・ベッカー(Jurek Becker)、作家(+ 1997年)
1938年 – 依田郁子、陸上競技選手(+ 1983年)
1939年 – ジャン=マリー・レーン、化学者
1939年 – レン・キャリオー、俳優
1939年 – アンソニー・グリーン(英語版)、画家
1939年 – ミシェル・バロイユ(フランス語版)、歌手
1940年 – ハリー・ジェローム、陸上競技選手(+ 1982年)
1940年 – デューイ・マーティン(Dewey Martin (musician))、ドラマー(+ 2009年)
1941年 – レイネ・ウィセル、元F1ドライバー
1941年 – 大井道夫、高校野球指導者
1942年 – ガス・ダッジョン、音楽プロデューサー(+ 2002年)
1942年 – フランキー・ライモン(Frankie Lymon)、フランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズのメンバー(+ 1968年)
1943年 – ヨハン・ダイゼンホーファー、生化学者
1943年 – マリリン・マックー、歌手
1943年 – 政山恵一、元プロ野球選手
1943年 – イアン・オギルビー、俳優・児童文学作家
1944年 – ジミー・ジョンストン(Jimmy Johnstone)、サッカー選手(+ 2006年)
1944年 – ベルナール・ドブレ(Bernard Debré)、政治家(+ 2020年)
1944年 – ジャン・ルイ・ドブレ、政治家(+ 2007年)
1945年 – エフード・オルメルト、元イスラエル首相
1945年 – リチャード・エドウィン・ヒルズ(Richard Edwin Hills)、天文学者
1946年 – クロード・ヴォリロン(ラエル)(Claude Vorilhon)、ラエリアン・ムーブメントの主宰者
1946年 – ヨッヘン・マス、F1ドライバー
1946年 – 山本和生、元プロ野球選手
1946年 – ロバート・ガスコイン=セシル、第7代ソールズベリー侯爵
1946年 – エクトル・ラボー、サルサ歌手(+ 1993年)
1946年 – ダン・オバノン、脚本家(+ 2009年)
1947年 – 加藤千洋、ジャーナリスト
1947年 – 白川和子、女優
1947年 – 瀬尾一三、音楽プロデューサー
1947年 – マーク・ボラン、歌手(T.Rex)(+ 1977年)
1948年 – クレイグ・キューシック(Craig Kusick)、野球選手(+ 2006年)
1949年 – デヴィッド・マギリヴレイ、フィギュアスケート選手
1949年 – ミシェル・トニーニ(Michel Tognini)、宇宙飛行士
1950年 – 内田樹、思想家
1950年 – ラウラ・エスキヴェル(Laura Esquivel)、作家
1950年 – ヴィクトリア・テナント、女優
1951年 – 竜真知子、作詞家
1951年 – バリー・マーシャル、医師
1951年 – 八重沢憲一、元プロ野球選手
1951年 – サイモン・ホワイト、天体物理学者
1952年 – ジャック・ワイルド、俳優(+ 2006年)
1953年 – ダン・ゴンザレス、元プロ野球選手
1953年 – ジェームス・ピータース、元プロ野球選手
1953年 – マット・アブツ(Matt Abts)、ミュージシャン(ガヴァメント・ミュール(英語版))
1953年 – デボラ・アレン(Deborah Allen)、シンガーソングライター
1954年 – 岩谷テンホー、漫画家
1954年 – バーシア、歌手
1954年 – パトリース・ラッシェン、歌手
1955年 – アンディ・ベクトルシャイム、コンピュータ技術者
1956年 – 土屋敏男、テレビ・プロデューサー
1957年 – 高口里純、漫画家
1957年 – 杉尾秀哉、政治家、ジャーナリスト
1957年 – フラン・ドレシャー、女優・コメディアン・活動家
1958年 – 次原隆二、漫画家
1958年 – マーティ・スチュアート(Marty Stuart)、シンガーソングライター
1959年 – エットレ・メッシーナ、バスケットボール指導者
1960年 – 工藤幹夫、元プロ野球選手(+ 2016年)
1960年 – ニコラ・グリフィス、作家
1960年 – ブランチ・リンカーン(Blanche Lincoln)、政治家
1961年 – エリック・ストルツ、俳優
1961年 – クリスタル・バーナード、女優、歌手
1962年 – 田中経一、演出家、テレビディレクター
1962年 – フランク・ライカールト、元サッカー選手、サッカー指導者
1964年 – モニカ・ベルッチ、女優
1964年 – 石井章夫、元野球選手
1964年 – ダグ・ジェニングス、元プロ野球選手
1964年 – 小山ちれ、元卓球選手
1965年 – 平井史生、気象予報士
1966年 – 西山優里子、漫画家
1966年 – 東山紀之、歌手、俳優
1967年 – 斉藤こず恵、女優
1967年 – ヨーキス・ペレス、元プロ野球選手
1969年 – 竹谷とし子、公認会計士
1970年 – 風間勇刀、声優
1970年 – 南克幸、元バレーボール選手
1970年 – 森下雅子、ファッションモデル
1970年 – 佐野秀光、実業家、政治活動家
1970年 – 天野武文、元プロ野球選手
1971年 – ジェナ・エルフマン、女優
1971年 – 前間卓、元プロ野球選手
1971年 – 坪井智浩、声優
1971年 – 長月みそか、漫画家
1972年 – 岸由一郎、鉄道博物館学芸員(+ 2008年)
1972年 – 長嶋有、小説家
1972年 – 小島麻由美、歌手
1974年 – 田崎昌弘、元プロ野球選手
1974年 – 丹波幹雄、元プロ野球選手
1974年 – ダニエル・ウー(呉彦祖)、映画俳優
1975年 – 五十嵐冬樹、騎手
1975年 – 濱村進、政治家
1975年 – カルロス・ギーエン、元プロ野球選手
1975年 – マリオン・コティヤール、女優
1975年 – コヴァンサン、お笑いタレント(チョップリン、ザ・プラン9)
1977年 – 北川祐介、バレーボール選手
1977年 – ロイ・キャロル、サッカー選手
1977年 – 孫継海、サッカー選手
1978年 – 小山宙哉、漫画家
1978年 – Gたかし、お笑いタレント
1978年 – 菅沼久義、声優
1979年 – コザック前田、ミュージシャン(ガガガSP)
1979年 – アンディ・ファン・デル・メイデ、元サッカー選手
1979年 – 南雄太、サッカー選手
1980年 – マルチナ・ヒンギス、テニス選手
1980年 – シュテファン・リンデマン、元フィギュアスケート選手
1980年 – 小笠原亜里沙、声優
1980年 – ブライアン・バリントン、プロ野球選手
1982年 – キーラン・カルキン、俳優
1982年 – ユリア・ゴロヴィナ、フィギュアスケート選手
1983年 – 潮田玲子、元バドミントン選手
1983年 – 川名真知子、声優
1984年 – 中谷翼、元プロ野球選手
1984年 – T-ペイン、ラッパー
1984年 – 石出奈々子、お笑いタレント
1985年 – 榎並大二郎、フジテレビアナウンサー
1985年 – 松田理奈、ヴァイオリニスト
1985年 – ダニエル・ロバートソン、プロ野球選手
1985年 – ジェイミー・ロマック、プロ野球選手
1986年 – 西島隆弘、歌手(AAA)
1986年 – 岡田めぐみ、元女優
1986年 – オリヴィエ・ジルー、サッカー選手
1986年 – 紺野ぶるま、お笑いタレント
1986年 – ジェームズ・ホイト、プロ野球選手
1987年 – 片岡健太、ミュージシャン(sumika)
1988年 – シュガー・レイ・マリモン、プロ野球選手
1988年 – 藤井亮太、プロ野球選手
1989年 – 鈴木彩香、ラグビー選手
1990年 – 梶浦愛子、グラビアアイドル
1990年 – ドミニク・エガーター、レーサー
1990年 – アルシノ・ゴメス・ダ・シウヴァ、カヌー競技選手
1991年 – 山田絵里奈、ファッションモデル、女優
1992年 – 安藤美希子、重量挙げ選手
1992年 – 石川慧、サッカー選手
1992年 – 西脇彩華、アイドル、歌手(9nine)
1992年 – エズラ・ミラー、俳優
1995年 – 高畑翼、俳優
1996年 – 西森なみ、アイドル
1996年 – 山田遥楓、プロ野球選手
1997年 – マックス・フェルスタッペン、F1ドライバー
1997年 – 呉屋開斗、元プロ野球選手
1998年 – 今泉佑唯、女優、ファッションモデル、元アイドル(元欅坂46)
2002年 – 作間龍斗、アイドル(ジャニーズJr.、HiHi Jets)
2006年 – 鈴木夢、子役
2006年 – 金星、アイドル(りんご娘・3代目)
生年不明 – 大石育美、声優
生年不明 – 橋本昌也、声優
生年不明 – 武田羅梨沙多胡、声優
生年不明 – P丸様。、Youtuber
生年不明 – かいりきベア、ミュージシャン忌日[編集]
聖書をラテン語に訳したヒエロニムス(347頃-420)没。画像はカラヴァッジオによる《聖ヒエロニムス》(1606頃)
.mw-parser-output .tmulti .thumbinnerdisplay:flex;flex-direction:column.mw-parser-output .tmulti .trowdisplay:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box.mw-parser-output .tmulti .tsinglemargin:1px;float:left.mw-parser-output .tmulti .theaderclear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%.mw-parser-output .tmulti .thumbcaptionbackground-color:transparent.mw-parser-output .tmulti .text-align-lefttext-align:left.mw-parser-output .tmulti .text-align-righttext-align:right.mw-parser-output .tmulti .text-align-centertext-align:center@media all and (max-width:720px).mw-parser-output .tmulti .thumbinnerwidth:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trowjustify-content:center.mw-parser-output .tmulti .tsinglefloat:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaptiontext-align:center大内氏第31代当主、大内義隆(1507-1551)、陶晴賢の謀反に破れ自刃後金創始者、ヌルハチ(1559-1626)戦傷死ブーランジェ将軍事件の主役、ジョルジュ・ブーランジェ(1837-1891)、亡き恋人の墓前で自殺
ディーゼルエンジンを発明したドイツの発明家、ルドルフ・ディーゼル(1858-1912)、船上で失踪158機を撃墜した“アフリカの星”、ハンス・ヨアヒム・マルセイユ(1919-1942)墜死
ジェームズ・ディーン(1931-1955)交通事故死。画像は事故現場である州道46号線と41号線の分岐点に立てられた看板アメリカ合衆国のSF作家、アルフレッド・ベスター(1913-1987)没。画像は代表作『虎よ、虎よ!』が掲載された『ギャラクシー』誌
420年 – ヒエロニムス、キリスト教のラテン教父(* 347年頃)
1246年 – ヤロスラフ2世、ウラジーミル大公(* 1191年)
1551年(天文20年9月1日) – 大内義隆、周防国の戦国大名(* 1507年)
1572年 – フランシスコ・ボルハ、カトリック教会の聖人、イエズス会総長(* 1510年)
1626年(天啓6年/天命11年8月11日)- ヌルハチ、後金創始者、初代清皇帝(* 1559年)
1770年 – ジョージ・ホウィットフィールド、イングランド国教会の牧師(* 1714年)
1891年 – ジョルジュ・ブーランジェ、軍人、政治家(* 1837年)
1897年 – リジューのテレーズ、カルメル会修道女(* 1873年)
1913年 – ルドルフ・ディーゼル、発明家(* 1858年)
1933年 – 沖ツ海福雄、大相撲力士・関脇(* 1910年)
1943年 – フランツ・オッペンハイマー、社会学者(* 1864年)
1942年 – ハンス・ヨアヒム・マルセイユ、ドイツ空軍のエース・パイロット(* 1919年)
1944年 – 根津辰治、野球選手(* 1916年)
1953年 – ルイス・フライ・リチャードソン、数学者、気象学者(* 1881年)
1955年 – ジェームズ・ディーン、俳優(* 1931年)
1969年 – ハンク・トンプソン、プロ野球選手(* 1925年)
1974年 – 宮川哲夫、作詞家(* 1922年)
1978年 – 山岡荘八、小説家(* 1907年)
1979年 – 椎名悦三郎、政治家(* 1898年)
1979年 – 伊藤一葉、奇術師(* 1934年)
1985年 – ヘルベルト・バイヤー、グラフィックデザイナー、写真家、画家(* 1900年)
1985年 – チャールズ・リヒター、地震学者(* 1900年)
1985年 – シモーヌ・シニョレ、女優(* 1921年)
1987年 – アルフレッド・ベスター、SF作家(* 1913年)
1990年 – パトリック・ホワイト、小説家(* 1912年)
1994年 – アンドレ・ルヴォフ、分子生物学者(* 1902年)
1997年 – 藤田信雄、日本海軍軍人(* 1911年)
1998年 – ブルーノ・ムナーリ、美術家(* 1907年)
1998年 – ダン・クイゼンベリー、元プロ野球選手(* 1953年)
2003年 – ロバート・カーダシアン、弁護士(* 1944年)
2006年 – 多々良純、俳優(* 1917年)
2008年 – 吉田直哉、テレビディレクター(* 1931年)
2011年 – ラルフ・スタインマン、免疫学者(* 1943年)
2014年 – 郷静子、小説家(* 1929年)
2014年 – 家弓家正[2][3]、声優(* 1933年)
2017年 – ウラジーミル・ヴォエヴォドスキー[4]、数学者(* 1966年)
2021年 – すぎやまこういち、作曲家、編曲家、指揮者(* 1931年)
記念日・年中行事[編集]
世界翻訳の日
国際翻訳家連盟(英語版)が制定。キリスト教の聖職者で、聖書をラテン語訳したことで知られるヒエロニムスが亡くなった日。独立記念日( ボツワナ)
1966年のこの日、ボツワナがイギリスから独立した。
国有化の日( サントメ・プリンシペ)交通事故死ゼロを目指す日( 日本)
日本政府が「生活安心プロジェクト」の一環として2008年から実施。1年に3回あり、2月20日と、春・秋の全国交通安全運動の期間中の4月10日・9月30日。
クレーンの日( 日本)
日本クレーン協会とボイラ・クレーン協会が1980年に制定。1972年のこの日、「クレーン等安全規則」が公布されたことを記念。
くるみの日( 日本)
「く(9)るみ(3)まるい(0)」の語呂合わせ。
HAPPY FM93の日( 日本)
AMラジオ放送局ニッポン放送が2015年に制定。同年12月7日から開始されたFM補完放送(呼称:ワイドFM)の同局周波数が93.0MHzになることを記念。フィクションのできごと[編集]
この節の内容に関する文献や情報源が必要です。ご存じの方はご提示ください。「Wikipedia:スタイルマニュアル (フィクション関連)」も参照してください。ガイドラインに沿っていない記述は除去されますのでご注意ください。(2011年7月)1659年 – ロビンソン・クルーソー、無人島に漂着。(ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』)
1947年(昭和22年)- 午前8時半、六本木の椿元子爵邸に到着した金田一耕助は等々力警部から玉虫公丸元伯爵が殺害されたことを告げられる。(小説『悪魔が来りて笛を吹く』第7章)
2003年 – 南空ナオミ、結婚のためFBIを辞職。(漫画・アニメ『DEATH NOTE』)[5]
2045年 – 大空勇仁がリヴァイアサンと自分のデータを削除する完全消滅プログラムを新海ハルの代わりに起動させ、リヴァイアサンと共に消滅する。 (アニメ『デジモンユニバース アプリモンスターズ』)
2651年 – 人類と異界魔族との戦争が終結。(アニメ『バトルスピリッツ ブレイヴ』)
年不明 – 「0930」事件。前方のヴェントが学園都市に侵入、ほとんどの都市機能が停止。猟犬部隊の暗躍により「ヒューズ=カザキリ」が出現。(小説『とある魔術の禁書目録』 12巻・13巻)誕生日(フィクション)[編集]
2007年 – アスナ(結城明日奈)、小説・漫画・アニメ・ゲーム『ソードアート・オンライン』に登場するキャラクター[6]2032年 – 黒雪姫、アニメ『アクセル・ワールド』に登場するキャラクター[7]
2034年 – 常磐くるみ、ゲーム「バトルガールハイスクール」に登場するキャラクター[8][9]
ギルガメス暦2323年 – バニラ・バートラー、アニメ『装甲騎兵ボトムズ』に登場するキャラクター[10]
生年不明 – アバロ・ピサロ、漫画・アニメ『ONE PIECE』に登場するキャラクター[11]
生年不明 – 木葉秋紀、漫画・アニメ『ハイキュー!!』に登場するキャラクター[12]
生年不明 – 隠岐孝二、漫画・アニメ『ワールドトリガー』に登場するキャラクター[13]
生年不明 – 兵藤聡、漫画・アニメ『ゆらぎ荘の幽奈さん』に登場するキャラクター[14]
生年不明 – 臼田桜、漫画・アニメ『三者三葉』に登場するキャラクター[15]
生年不明 – 東晃一、漫画『君と僕。』に登場するキャラクター[16]
生年不明 – 本藤悠彗、漫画 『シノハユ the dawn of age(咲-Saki-)』に登場するキャラクター[17]
生年不明 – 御来屋千智、漫画・アニメ『ナナマル サンバツ』に登場するキャラクター[18]
生年不明 – 経流背有珠(ペルセウス)、アニメ『イナズマイレブン アレスの天秤』に登場するキャラクター[19]
生年不明 – 片桐彩子、ゲーム『ときめきメモリアル』に登場するキャラクター[20]
生年不明 – 鈴音先生、ゲーム『閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-』に登場するキャラクター[21]
生年不明 – 鶯木こはる、ゲーム『あんさんぶるガールズ!』に登場するキャラクター[22]
生年不明 – 黄陽セリア、ゲーム『ステーションメモリーズ!』に登場するキャラクター[23]
生年不明 – 瀬戸ファーブ、ゲーム・映画『Tokyo 7th シスターズ』に登場するキャラクター[24]
生年不明 – アンジュ・カトリーナ、ANYCOLOR株式会社が運営する『にじさんじ』に所属するバーチャルライバー
生年不明 – 八重樫剣介、メディアミックス『ツキノ芸能プロダクション』に登場するキャラクター[25]
生年不明 – 黒部加紋、メディアミックス『プリンス・オブ・ストライド』に登場するキャラクター[26]出典[編集]
[脚注の使い方]
^ “アントニオ猪木60周年!足跡を振り返る/写真館”. 日刊スポーツ (2020年9月30日). 2022年9月21日閲覧。

^ “「ナウシカ」クロトワ役 声優の家弓家正が死去”. スポーツニッポン. https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/10/09/kiji/K20141009009070020.html 2020年12月25日閲覧。 

^ “俳優・声優の家弓家正さんが死去 「ナウシカ」のクロトワや「ドラゴンボールZ」パラガス役など演じる”. ITmedia. https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1410/08/news123.html 2020年12月15日閲覧。 

^ “Vladimir Voevodsky, Fields Medalist, Dies at 51”. 2020年11月10日閲覧。

^ 大場つぐみ、小畑健 『DEATH NOTE』 第13巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2002年、85頁。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-4-08-874095-9。 

^ kunoriのツイート(383051506938687488)

^ misawa_officialのツイート(1311149245278240768)

^ “【バトガール キャラ名鑑】不思議系少女・常磐くるみはなぜ大人気!?(声優:早見沙織)”. 電撃オンライン (2015年3月14日). 2022年9月12日閲覧。

^ 電撃オンライン編集部『バトルガール ハイスクール 公式ビジュアルファンブック』KADOKAWA/アスキー・メディアワークス、2016年4月27日。

^ 『完全版資料集 装甲騎兵ボトムズ』ムービック、1987年、20頁。ISBN 4-943966-04-7。 

^ “アバロ・ピサロ”. ONE PIECE.com. 2022年9月12日閲覧。

^ 古舘春一 『ハイキュー!!』 11巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年、128頁。ISBN 978-4-08-880071-4。 

^ w_trigger_offのツイート(1178324816207724544)

^ ミウラタダヒロ 『ゆらぎ荘の幽奈さん』 24巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2020年、167頁。ISBN 978-4-08-882496-3。 

^ sansya_animeのツイート(781739512414208000)

^ 堀田きいち(原作) 『堀田きいち OFFICIAL FANBOOK 君と僕。-AFTER SCHOOL-』スクウェア・エニックス、2011年、76頁。ISBN 978-4-7575-3383-7。 

^ 小林立 『咲-Saki-』 第14巻、スクウェア・エニックス、2015年、134頁。ISBN 978-4-7575-4490-1。 

^ “キャラクター|御来屋千智”. アニメ『ナナマル サンバツ』公式サイト. 杉基イクラ/KADOKAWA. 2022年9月12日閲覧。

^ “【イナイレ㊙ネタ】円堂 守8月22日生誕記念!!! 好評発売中の「イレブンライセンス」で、イナズマイレブンのキャラクター達の誕生日まとめてみた!!”. コロコロオンライン. 小学館. p. 2 (2019年8月22日). 2022年9月12日閲覧。

^ 『ときめきメモリアル オフィシャルイラスト集』徳間書店インターメディア、1996年、34頁。ISBN 978-4-7575-3383-7。 

^ “鈴音先生”. 閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-. 2022年9月12日閲覧。

^ ensemble_girlsのツイート(781693454497812481)

^ ekimemoのツイート(1178466991142666240)

^ “瀬戸ファーブ”. Tokyo 7th シスターズ. 2022年9月12日閲覧。

^ “八重樫剣介”. ツキノ芸能プロダクション -ツキノプロ-. 2022年9月12日閲覧。

^ “サブキャラクター|黒部加紋”. TVアニメ「プリンス・オブ・ストライド」公式ウェブサイト. 2022年9月12日閲覧。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、9月30日に関連するカテゴリがあります。365日: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
前日: 9月29日 翌日: 10月1日
前月: 8月30日 翌月: 10月30日
旧暦: 9月30日
記念日・年中行事表話編歴1年の月と日
今日: 2022年9月21日 [リフレッシュする]1月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29[1]
3月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

4月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

5月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

6月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

8月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

9月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

10月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

12月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

毎月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

その他の日付
1月0日 | 2月30日 | 3月0日 | 12月32日

^ 閏年の閏日

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=9月30日&oldid=91568925」から取得
カテゴリ: 日付9月隠しカテゴリ: 出典を必要とする関連フィクションの記述

評価: 4~5 つ星
レビュー: 2951
再生回数: 4350
[spincontent type=”j”]

9月30日生まれの有名人 Youtube

9月30日生まれの有名人です、お誕生日おめでとうございます!

毎朝7時更新してます!

#石原慎太郎 #東山千栄子 #土屋敏男 #東山紀之 #ダニエルウー #紺野ぶるま #片岡健太 #西脇彩華 #西島隆弘 #西森なみ #今泉佑唯 #作間龍斗 #鈴木夢 #モニカベルッチ

音楽: Don’t Lie To Me ( by FUGUE )
URL: https://icons8.com/music/

2. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Yomiuri

Yomiuri
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 9 月 30 日 誕生 日 有名人 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4238
[spincontent type=”j”]

3. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Asahi Shimbun

朝日新聞
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 朝日新聞で検索した 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9641
[spincontent type=”j”]

4. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 The Japan Times

The Japan Times
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: ジャパン タイムズで検索した 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 54 16
[spincontent type=”j”]

5. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Yomiuri Shimbun

読売新聞
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 9 月 30 日 誕生 日 有名人 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5507
[spincontent type=”j”]

6. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Mainichi Shimbun

毎日新聞
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 毎日新聞で見つけた 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9642
[spincontent type=”j”]

7. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Sankei Shimbun

産経新聞
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 産経新聞で検索した 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8181
[spincontent type=”j”]

8. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 9 月 30 日 誕生 日 有名人 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6195
[spincontent type=”j”]

9. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Chunichi Shimbun

中日新聞
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 中日新聞で検索した 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9436
[spincontent type=”j”]

10. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Tokyo Shimbun

東京新聞
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6101
[spincontent type=”j”]

11. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 9 月 30 日 誕生 日 有名人 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9936
[spincontent type=”j”]

12. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 日刊工業新聞で見つけた 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8844
[spincontent type=”j”]

13. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Ainu Times

アイヌタイムス
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: アイヌ タイムズで検索した 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 70 90
[spincontent type=”j”]

14. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 9 月 30 日 誕生 日 有名人 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4536
[spincontent type=”j”]

15. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Chiba Nippo

千葉日報
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 千葉日報で検索した 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 40 93
[spincontent type=”j”]

16. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Chugoku Shimbun

中国新聞
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 中国新聞で検索した 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 34 19
[spincontent type=”j”]

17. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 Daily Tohoku

デイリー東北
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 9 月 30 日 誕生 日 有名人 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4931
[spincontent type=”j”]

18. 9 月 30 日 誕生 日 有名人 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
9 月 30 日 誕生 日 有名人

説明: イースタン クロニクルで検索した 9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7227
[spincontent type=”j”]

9 月 30 日 誕生 日 有名人 に関する質問

9 月 30 日 誕生 日 有名人 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 9 月 30 日 誕生 日 有名人 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 9 月 30 日 誕生 日 有名人 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 9 月 30 日 誕生 日 有名人

9 月 30 日 誕生 日 有名人
方法9 月 30 日 誕生 日 有名人
チュートリアル 9 月 30 日 誕生 日 有名人
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: