あなたは 8 月 15 日 誕生 日 有名人 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 8 月 15 日 誕生 日 有名人 を共有します。 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

8 月 15 日 誕生 日 有名人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2022年 8月(葉月)

1

2

3

4

5

6
7

8

9

10

11

12

13
14

15

16

17

18

19

20
21

22

23

24

25

26

27
28

29

30

31

365日 各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
8月15日(はちがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から227日目(閏年では228日目)にあたり、年末まであと138日ある。

できごと[編集]
.mw-parser-output .tmulti .thumbinnerdisplay:flex;flex-direction:column.mw-parser-output .tmulti .trowdisplay:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box.mw-parser-output .tmulti .tsinglemargin:1px;float:left.mw-parser-output .tmulti .theaderclear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%.mw-parser-output .tmulti .thumbcaptionbackground-color:transparent.mw-parser-output .tmulti .text-align-lefttext-align:left.mw-parser-output .tmulti .text-align-righttext-align:right.mw-parser-output .tmulti .text-align-centertext-align:center@media all and (max-width:720px).mw-parser-output .tmulti .thumbinnerwidth:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trowjustify-content:center.mw-parser-output .tmulti .tsinglefloat:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaptiontext-align:centerマルカムがスコットランド王マクベスを討ち取る、ランファナンの戦い(1057)
イグナチオ・デ・ロヨラ(左)、フランシスコ・ザビエル(右)ら7名、イエズス会を結成(1534)。右画像の右部にイエズス会の印(IHS)が見える
薩英戦争(1863)
明治政府が北海道に開拓使を設置(1869)。画像は1873年頃の本庁舎の再現
与謝野晶子の歌集『みだれ髪』発刊(1901)
パナマ運河開通(1914)
嘆きの壁事件、シオニストとアラブ人が衝突(1929)
第二次世界大戦のできごとペデスタル作戦終結(1942)。画像はマルタ島へ入港するタンカー「オハイオ」、損傷が激しくこの後海没日本の降伏を阻止しようとした宮城事件鎮圧(1945)。画像は玉音盤朝鮮建国準備委員会発足(1945)。画像は済物浦支部
大韓民国成立(1948)
富士山頂レーダー完成(1964)。画像は移設保存されたもの
ウッドストック・フェスティバル開幕(1969)
地球外知的生命体探査で、特徴的な信号「Wow! シグナル」受信(1977)
ペルー地震(2007)
カブール陥落(2021)
1057年 – ランファナンの戦い。スコットランド王マクベスがマルカム(後のスコットランド王マルカム3世)に討たれる。
1248年 – ケルン大聖堂が起工。1880年に完成。
1261年 – 東ローマ帝国・パレオロゴス王朝の初代皇帝ミカエル8世パレオロゴスが戴冠。
1519年 – ペドロ・アリアス・デ・アビラ(英語版)によってパナマシティ建都。
1534年 – イグナチオ・デ・ロヨラ他7名によってイエズス会が結成。
1537年 – アスンシオン建都。
1549年(天文18年7月22日) – フランシスコ・ザビエル一行が鹿児島に上陸。日本でキリスト教の布教が始まる。
1573年(天正元年7月18日) – 槇島城の戦い: 宇治・槇島城に立て籠っていた将軍・足利義昭が織田信長に降伏。義昭は京を追放され、室町幕府が事実上滅亡。
1760年 – 七年戦争: リーグニッツの戦い
1843年 – デンマーク・コペンハーゲンにチボリ公園が開園。
1863年(文久3年7月2日) – イギリス艦隊が鹿児島に砲撃し、薩英戦争が開戦。
1868年 – エクアドル地震。エクアドル・コロンビア国境付近で地震。翌日も地震。二度の地震で死傷者7万人。
1869年(明治2年7月8日) – 明治政府が太政官・神祇官、および太政官の管轄下に民部省以下6省を設置。同時に、百官・受領の廃止を布告。
1869年(明治2年7月8日) – 明治政府が蝦夷地に開拓使を設置。
1886年 – 長崎事件。清国(中国)の水兵が長崎市内で暴動を起こし、日清両国に死傷者が出る。
1899年 – 森永太一郎によって森永西洋菓子製造所(森永製菓の前身)が創業。
1901年 – 与謝野晶子の第一歌集『みだれ髪』が発刊。
1914年 – パナマ運河開通。
1915年 – 東海道本線の横浜駅(2代目)が開業し、それまでの横浜駅(初代)を桜木町駅に改称。
1916年 – 大正兌換銀行券(アラビア数字1円)が発行。
1929年 – 嘆きの壁事件。嘆きの壁においてシオニストとアラブ人が衝突、多数の死傷者を出す。
1939年 – ジュディー・ガーランド主演のファンタジー・ミュージカル映画『オズの魔法使』が、ハリウッドでプレミア。
1940年 – 立憲民政党が解党して大政翼賛会に合流し、日本の全政党が解散。
1942年 – 第二次世界大戦: ペデスタル作戦が終結。
1944年 – 第二次世界大戦: ドラグーン作戦が始まる。
1945年 – 第二次世界大戦: 未明、宮城事件が鎮圧される。
1945年 – 第二次世界大戦: 正午、昭和天皇が「戦争終結の詔書」を読み上げる玉音放送により、ポツダム宣言(正式には「日本軍への降伏要求の最終宣言(Proclamation Defining Terms for Japanese Surrender)」。7月26日にアメリカ合衆国大統領、イギリス首相、中華民国主席の名において大日本帝国(日本)に対して発された、「全日本軍の無条件降伏」等を求めた全13か条から成る宣言)の受諾・連合国への降伏がラジオと新聞で日本国民に伝えられる(日本の終戦の日)。
1945年 – 鈴木貫太郎内閣が総辞職。
1945年 – ソウルで朝鮮建国準備委員会が発足。
1946年 – 第28回全国中等学校優勝野球大会が開幕。戦時中中断されていた中等学校野球大会が再開。
1947年 – 前日のパキスタンに続いてインドがイギリスから独立。
1948年 – 大韓民国が成立。
1949年 – 大韓民国の「府」を「市」に変更、人口が多い郡の邑も市に昇格。
1949年 – ジュディス台風が九州に上陸。死者154人。
1954年 – 滋賀県八日市市が市制施行。
1960年 – コンゴ共和国がフランスから独立。
1961年 – 京葉道路が日本初の自動車専用道路に指定される(名神高速道路の初開通より2年前)。
1962年 – オランダとインドネシアが西イリアン(イリアンジャヤ)の帰属に関する西イリアン協定に調印。
1963年 – 日比谷公会堂で日本政府主催の全国戦没者追悼式が初めて行われる。
1964年 – 富士山頂レーダーが完成。
1969年 – 米・ニューヨーク州サリバン郡ベセルで大規模な野外ロックコンサート・ウッドストック・フェスティバルが開幕。8月17日まで。
1971年 – ニクソン・ショック。ニクソン米大統領が金とドルの交換の一時停止を発表。
1971年 – 韓国・ソウル特別市の清渓高架道路が開通。
1974年 – 文世光事件。在日韓国人文世光による韓国の朴正煕大統領暗殺未遂事件。大統領夫人陸英修が死亡。[1]
1974年 – 津川雅彦長女誘拐事件。翌16日に誘拐犯が逮捕され、人質を保護。
1975年 – バングラデシュで軍事クーデター。初代大統領ムジブル・ラフマンとその家族が陸軍部隊により暗殺。
1975年 – 三木武夫が現職首相としては初めて終戦の日に靖国神社に参拝。
1977年 – オハイオ州立大学の地球外知的生命体探査 (SETI) で、電波望遠鏡ビッグイヤーが特徴的な信号Wow! シグナルを受信する。
1977年 – 『愛のコリーダ』の著者・大島渚らがわいせつ文書図画販売で起訴。1979年に無罪判決。
1980年 – 司ちゃん誘拐殺人事件: 山梨県東八代郡一宮町(現:笛吹市)在住の男児(当時5歳:保育園児)を身代金目的で誘拐したとして、犯人の男を逮捕。男の自供通り、中巨摩郡敷島町(現:甲斐市/昇仙峡付近)の山林で男児の遺体が発見された[2]。
1985年 – 中曽根康弘首相が閣僚17人とともに靖国神社に公式参拝。
1986年 – 新自由クラブ解散。多くの議員が自民党に復党する。
1993年 – 世界陸上選手権の女子マラソンで浅利純子が優勝する。世界陸上・五輪を含め女子陸上では日本初の金メダル。
1995年 – 村山富市首相が、第二次世界大戦における日本の植民地支配と侵略を反省し謝罪する村山談話を発表。
1998年 – 北アイルランド問題: オマー爆弾テロ事件(英語版)。北アイルランド・ティロン県・オマーで、IRA暫定派の分派(真のIRA)により、ベルファスト合意を否定する自動車爆弾テロ。29人死亡、約220人負傷の惨事。
1998年 – 気象庁が東北地方での梅雨明けの発表を断念。梅雨明けなしは史上初。
2006年 – 小泉純一郎首相が靖国神社に参拝。
2006年 – 加藤紘一宅放火事件。
2007年 – ペルー地震。
2013年 – ドッコイセ福知山花火大会屋台爆発事故が発生。
2017年 – 翌16日にかけて台湾全土で600万戸を超える規模の大停電が発生[3]。大潭発電所の停止によるもの[3]。
2019年 – ウラル航空178便不時着事故。
2019年 – としまえんの水上設置遊具による溺水事故が発生。
2020年 – 東京ヤクルトスワローズの小川泰弘選手が横浜DeNAベイスターズとの試合でノーヒットノーランを達成。日本プロ野球史上82人目の快挙。
2021年 – ターリバーンがアフガニスタン全土を支配下に置いたと宣言し、アシュラフ・ガニー政権が事実上崩壊(カブール陥落)[4][5][6]。誕生日[編集]
フランス皇帝、ナポレオン・ボナパルト(1769-1821)誕生。右画像はダヴィッド画『アルプス越えのナポレオン』。

「不可能」という語はフランス語ではない。
詩人ウォルター・スコット(1771-1832)誕生。

復讐は最も口に甘いご馳走である、地獄で調理された中では。――『ミドロジアンの心臓』(1818)批評家トマス・ド・クインシー(1785-1859)宗教家オーロビンド・ゴーシュ(1872-1950)
物理学者ルイ・ド・ブロイ(1892-1987)。ド・ブロイ波を提唱生化学者ゲルティー・コリ(1896-1957)。炭水化物代謝を研究
物理学者レフ・テルミン(1896-1993)。画像は楽器「テルミン」を演奏するレフ
カトリック司祭、オスカル・ロメロ(1917-1980)。エルサルバドルで貧民を擁護
1171年 – アルフォンソ9世、レオン王国の王(+ 1230年)
1740年 – マティアス・クラウディウス(英語版)、詩人(+ 1815年)
1769年 – ナポレオン・ボナパルト、フランス皇帝(+ 1821年)
1771年 – ウォルター・スコット、詩人、作家(+ 1832年)
1785年 – トマス・ド・クインシー、評論家(+ 1859年)
1794年 – エリーアス・フリース、菌類、植物学者(+ 1878年)
1813年 – ジュール・グレヴィ、フランス共和国大統領(+ 1891年)
1851年 – エミール・ヴァン・エルメンゲム、細菌学者(+ 1932年)
1858年 – イーディス・ネズビット、児童文学作家(+ 1924年)
1859年 – チャールズ・コミスキー、野球選手(+ 1931年)
1865年 – 臼井甕男、臼井靈氣療法創始者(+ 1926年)
1867年(慶応3年7月16日) – 池田成彬、財政家(+ 1950年)
1872年 – オーロビンド・ゴーシュ、インドの反英独立運動家、宗教家、哲学家(+ 1950年)
1877年 – 太刀山峯右エ門、大相撲第22代横綱(+ 1941年)
1878年 – ピョートル・ヴラーンゲリ、ロシア内戦時の白衛軍司令官(+ 1928年)
1879年 – エセル・バリモア、女優(+ 1959年)
1883年 – イヴァン・メシュトロヴィッチ(英語版)、脚本家(+ 1962年)
1884年 – 三木武吉、政治家(+ 1956年)
1887年 – ポール・メリル、天文学者(+ 1961年)
1890年 – ジャック・イベール、作曲家(+ 1962年)
1890年 – エリザベス・ボールデン、長寿世界一の女性(+ 2006年)
1891年 – トール・ベルシェロン、気象学者(+ 1977年)
1892年 – ルイ・ド・ブロイ、物理学者(+ 1987年)
1896年 – ゲルティー・コリ、生化学者(+ 1957年)
1898年 – 吉田一穂、詩人(+ 1973年)
1901年 – 浅野晃、詩人、国文学者(+ 1990年)
1901年 – 木村庄之助 (24代)、大相撲立行司(+ 1973年)
1903年 – 八雲恵美子、女優(+ 1979年)
1912年 – 田島直人、陸上競技選手(+ 1990年)
1917年 – オスカル・ロメロ、カトリック教会司祭(+ 1980年)
1917年 – 津田幸男、サッカー選手(+ 1979年)
1918年 – レイモン・ガロワ=モンブラン、作曲家、ヴァイオリニスト(+ 1994年)
1919年 – ヴィクトル・メルジャーノフ、ピアニスト、音楽教師(+ 2012年)
1919年 – 高松利夫、元プロ野球選手
1923年 – 大辻清司、写真家(+ 2001年)
1923年 – 村松暎、中国文学者、作家(+ 2008年)
1924年 – ロバート・ボルト、劇作家、脚本家(+ 1995年)
1925年 – 杉浦喬也、第10代日本国有鉄道総裁(+ 2008年)
1925年 – オスカー・ピーターソン、ジャズピアニスト(+ 2007年)
1926年 – コンスタンディノス・ステファノプロス、元ギリシャ大統領(+ 2016年)
1926年 – ジュリアス・カッチェン、ピアニスト(+ 1969年)
1926年 – 水野忠彦、元プロ野球選手(+ 1998年)
1927年 – 菅原都々子、歌手
1928年 – 出口裕弘、作家、フランス文学者(+ 2015年)
1928年 – ニコラス・ローグ、映画監督(+ 2018年)
1930年 – 沼澤康一郎、元プロ野球選手(+ 1989年)
1934年 – 原田信吉、元プロ野球選手
1937年 – 嵯峨健四郎、元プロ野球選手(+ 2011年)
1939年 – 木村勉、政治家
1943年 – 伊東秀子、弁護士
1944年 – 尾崎真吾、アニメーター・イラストレーター
1944年 – シルヴィ・ヴァルタン、歌手
1944年 – 鈴木れい子、声優
1945年 – アラン・ジュペ、政治家
1945年 – カレダ・ジア、政治家、元バングラデシュ首相
1947年 – 目黒祐樹、俳優
1948年 – 石田芳夫、囲碁棋士
1949年 – 正岡真二、元プロ野球選手
1949年 – 大島忠一、元プロ野球選手
1949年 – 笠谷和比古、歴史学者
1950年 – アン王女、イギリス王室
1952年 – 渥美二郎、演歌歌手
1953年 – 風祭ゆき、女優
1957年 – 高望山大造、元大相撲力士
1958年 – 河崎実、映画監督
1959年 – 山下和美、漫画家
1960年 – サンプラザ中野くん、ミュージシャン(爆風スランプ)
1960年 – 近藤康成、俳優
1960年 – 大野久、元プロ野球選手
1960年 – 小宮暁、実業家
1960年 – 菅野将晃、元サッカー選手
1961年 – 大八木淳史、元ラグビー選手
1961年 – 川﨑聡、アナウンサー
1961年 – 浜田治貴、俳優、声優
1962年 – 宇梶剛士、俳優
1962年 – 愛甲猛、元プロ野球選手
1962年 – 山崎一夫、プロレスラー
1963年 – 麻生祐未、女優
1963年 – 陳義信、元プロ野球選手
1963年 – 本田多聞、元レスリング選手、プロレスラー
1963年 – ヴァレーリィ・レヴォネフスキー、政治家、社会活動家、起業家、元政治囚
1964年 – 中村光一、ゲームクリエーター
1964年 – 椿鮒子、女優
1964年 – メリンダ・ゲイツ、ビル&メリンダゲイツ財団共同会長
1965年 – 石丸幹二、俳優、歌手
1966年 – シャーリー・クァン、歌手、俳優
1967年 – 保坂和拓、元アナウンサー
1968年 – 内山智之、元プロ野球選手
1968年 – デブラ・メッシング、女優
1968年 – ヴォルフガング・ティルマンス、写真家
1968年 – 宍戸マサル、俳優
1969年 – 高塚正也、声優
1970年 – クリス・バード、ボクシング選手
1970年 – 遠藤雅大、元サッカー選手
1970年 – 李鍾範、元プロ野球選手
1972年 – ベン・アフレック、俳優
1972年 – ジェイソン・ブラック、総合格闘家
1972年 – 山田真弘、オートレース選手
1973年 – 背尾伊洋、元プロ野球選手
1973年 – 橋本美純、元騎手
1973年 – ネボイシャ・クルプニコビッチ、元サッカー選手
1973年 – NAOTO、ヴァイオリニスト
1974年 – ラモン・モレル、元プロ野球選手
1974年 – エフゲニー・スヴィリドフ、フィギュアスケート選手
1974年 – アキラ100%、お笑いタレント
1975年 – 川口能活、元サッカー選手
1975年 – いずみ包、お笑いタレント
1976年 – エンリケ・ラミレス、プロ野球選手
1976年 – 飯島一彦、元プロ野球選手
1976年 – ボウデヴァイン・ゼンデン、元サッカー選手
1977年 – 日高剛、元プロ野球選手
1977年 – 岩堀せり、ファッションモデル
1977年 – 白仁裕介、俳優
1977年 – 西村卓朗、元サッカー選手
1977年 – 金城綾乃、キーボーディスト(Kiroro)
1977年 – 菅原リサ、元体操競技選手
1978年 – 秋山竜次、お笑いタレント(ロバート)
1978年 – 大橋未歩、アナウンサー
1978年 – サンティアゴ・ラミレス、プロ野球選手
1978年 – 松尾政寿、元俳優
1979年 – 竹内洋輔、フィギュアスケート選手
1979年 – 佟健、フィギュアスケート選手
1979年 – ナオト・インティライミ、ミュージシャン
1980年 – マイケル・カティディス、ボクシング選手
1980年 – イリヤ・クリムキン、フィギュアスケート選手
1981年 – 宋智孝、女優
1982年 – 林剛史、俳優
1982年 – 張伏佳、野球選手
1983年 – 本多陽子、声優
1983年 – 中村剛也、プロ野球選手
1983年 – マリリンジョイ、お笑いタレント
1984年 – 桂夏丸、落語家
1984年 – ジェニファー・カーク、フィギュアスケート選手
1985年 – 川口盛外、元プロ野球選手
1986年 – 永瀬はるか、元グラビアアイドル
1986年 – 穴井さやか、柔道家
1987年 – 北谷ゆり、グラビアアイドル
1987年 – トランザム★ヒロシ、プロレスラー
1987年 – 佐藤歩、ファッションモデル
1987年 – 西川拓喜、元プロ野球選手
1988年 – キタキュウマン、北九州市のローカルヒーロー
1988年 – 清水良太郎、元ものまねタレント
1988年 – 萩原紀子、タレント
1989年 – 岡田将生、俳優
1989年 – ジョー・ジョナス、ミュージシャン
1990年 – 花原あんり、女優
1990年 – 田辺季正、元俳優
1990年 – ジェニファー・ローレンス、女優
1990年 – エロージャン・チンコ、バスケットボール選手
1991年 – アーミン・マーバヌーザデー、フィギュアスケート選手
1991年 – 東條大樹、プロ野球選手
1993年 – アレックス・オックスレイド=チェンバレン、サッカー選手
1993年 – 仲田歩夢、サッカー選手
1994年 – 萩野公介、競泳選手
1994年 – 森田絹子、アナウンサー
1995年 – 伊藤祐奈、起業家、元アイドル(元アイドリング!!!23号)
1995年 – 小倉唯、声優、歌手
1999年 – 安斉かれん、女優、歌手
1999年 ー 阪口皓亮、プロ野球選手
2000年 – 今井月、競泳選手[7][8][9]
2002年 – 長尾謙杜、アイドル(なにわ男子)[10]
生年不明 – 大垣理香、声優[11]
忌日[編集]
西ローマ帝国初代皇帝、ホノリウス(384-423)没ハンガリー王国初代国王、イシュトヴァーン1世(969または975-1038)東ローマ帝国皇帝、アレクシオス1世コムネノス(1048-1118)
初の単独世界一周飛行などを成し遂げた飛行家ウィリー・ポスト(1898-1935)、墜落死
陸軍軍人阿南惟幾(1887-1945)、終戦日の未明に自刃海軍軍人宇垣纏(1890-1945)、玉音放送後に特攻を行い没
陸軍軍人、石原莞爾(1889-1949)没
化学者ヨハン・ガドリン(1760-1852)。イットリウムを発見物理学者ルートヴィヒ・プラントル(1875-1953)生化学者スネ・ベリストローム(1916-2004)没。プロスタグランジンを発見
新印象派の画家、ポール・シニャック(1863-1935)没。画像は『朝食』(1886-87)Lothar Wollehによるルネ・マグリットのポートレート
朴正煕の妻、陸英修(1925-1974)暗殺
バングラデシュ初代大統領、ムジブル・ラフマン(1920-1975)
423年 – ホノリウス、西ローマ帝国初代皇帝(* 384年)
1038年 – イシュトヴァーン1世、ハンガリー王国初代国王(* 969年または975年)
1057年 – マクベス、スコットランド王(* 1005年)
1118年 – アレクシオス1世コムネノス[要出典]、東ローマ帝国コムネノス王朝初代皇帝(* 1048年)
1257年(正嘉元年7月5日) – 源在子、後鳥羽天皇の後宮(* 1171年)
1342年 – ピエトロ2世、シチリア王(* 1305年)
1498年 – イサベル・デ・アラゴン、ポルトガル王マヌエル1世の妃(* 1470年)[要検証 – ノート]
1645年(正保2年6月24日) – 一柳直重、第2代西条藩主(* 1598年)
1665年(寛文5年7月5日) – 松前高広、第4代松前藩主(* 1643年)
1728年 – マラン・マレー、作曲家、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者(* 1656年)
1744年(延享元年7月8日) – 一柳頼邦、第4代小松藩主(* 1696年)
1802年(享和2年7月18日) – 唐衣橘洲、狂歌師(* 1744年)
1832年(天保3年7月20日) – 中田粲堂、儒学者、漢詩人、篆刻家(* 1771年)
1841年(天保12年6月29日) – 松浦静山、大名、肥前平戸藩第9代藩主(* 1760年)
1852年 – ヨハン・ガドリン、化学者(* 1760年)
1883年 – アントン・ヨハネス・ゲールツ、オランダの薬学者(* 1843年)
1907年 – ヨーゼフ・ヨアヒム、ヴァイオリニスト(* 1831年)
1910年 – 初代桐竹紋十郎、人形浄瑠璃の人形遣い(* 1845年)
1924年 – 郡司成忠、海軍軍人、探検家(* 1860年)
1929年 – ジョージ・パーキンス・メリル、地質学者(* 1854年)
1930年 – 大井玄洞、生薬学という用語を創出した薬学者(* 1855年)
1935年 – ウィリー・ポスト、パイロット(* 1898年)
1935年 – ポール・シニャック、画家(* 1863年)
1938年 – ニコラ・ロメオ、実業家、アルファロメオ創業者(* 1876年)
1945年 – 阿南惟幾、陸軍大臣(* 1887年)
1945年 – 宇垣纏、大日本帝国海軍中将(* 1890年)
1949年 – 石原莞爾、軍人(* 1889年)
1951年 – アルトゥル・シュナーベル、ピアニスト(* 1882年)
1953年 – ルドウィッヒ・プラントル、物理学者(* 1875年)
1962年 – 雷鋒、中国人民解放軍の模範兵士として知られる人物(* 1940年)
1967年 – ルネ・マグリット、画家(* 1898年)
1974年 – オットー・ブラウン、中国共産党の軍事顧問(* 1900年)
1974年 – 陸英修、韓国大統領朴正煕の妻(* 1925年)
1975年 – ムジブル・ラフマン、初代バングラデシュ首相(* 1920年)
1981年 – 湯浅八郎、昆虫学者(* 1890年)
1983年 – 加藤辨三郎、実業家、協和醗酵工業社長(* 1899年)
1989年 – 源田実、日本海軍の大佐、航空幕僚長、参議院議員(* 1904年)
1991年 – 芳賀檀、ドイツ文学者(* 1903年)
1991年 – 阿部桂一、脚本家(* 1923年)
1992年 – 稲葉修、政治家(* 1909年)
1995年 – 仲根正広、元プロ野球選手(* 1954年)
1996年 – 丸山眞男、政治学者(* 1914年)
1999年 – 渡辺茂夫、ヴァイオリニスト(* 1941年)
2004年 – スネ・ベリストローム、生化学者(* 1916年)
2006年 – ファース・ヴィルケス、元サッカー選手(* 1923年)
2007年 – 金丸三郎、鹿児島県知事、総務庁長官(* 1914年)
2007年 – 酒井敏明、元プロ野球選手(* 1934年)
2011年 – 正力亨、実業家、元読売ジャイアンツオーナー(* 1918年)
2016年 – 紅音ほたる、タレント、元AV女優(* 1983年)
2017年 – ドン・中矢・ニールセン[12]、キックボクサー(* 1960年)
2018年 – さくらももこ[13]、漫画家(* 1965年)記念日・年中行事[編集]
大東亜戦争終結ノ詔書日本の降伏を祝うパリの米兵第二次世界大戦終結(1945)。 玉音放送を聴く[ヘルプ/ファイル]
インドの独立記念日(1947年独立)。画像は1937年のガンディー(右)とネルー。 国歌『ジャナ・ガナ・マナ』を聴く[ヘルプ/ファイル]
コンゴの位置国旗コンゴ共和国の独立記念日(1960年独立)
月後れ盆。画像は精霊馬精霊流し
聖母の被昇天。画像はルーベンス画
第二次世界大戦終結の日なので、多くの関係国で記念日になっている。ただし、ポツダム宣言に基づき日本が降伏文書に調印した9月2日前後としている国家も多い。
終戦の日・戦没者を追悼し平和を祈念する日( 日本)
日本では、1945年8月15日の正午に、昭和天皇による終戦の詔書のラジオ放送(玉音放送)が行われ、国民にポツダム宣言受諾が伝えられた。1963年以降、毎年この日に「全国戦没者追悼式」が行われる。
対日戦勝記念日( イギリス)
光復節( 韓国)・解放記念日( 北朝鮮)
日本がポツダム宣言を受諾したことにより朝鮮が日本の統治から解放されたことから。
月遅れ盆(旧盆)( 日本)
国民の祝日では無いものの、この日を前後にして、製造業を中心に企業が「休業日」に設定している場合が多い。
精霊流し(長崎県)独立記念日( インド)
1947年のこの日、前日のパキスタンに続いてインドがイギリスから独立した。
独立記念日( コンゴ共和国)
1960年のこの日、コンゴ共和国がフランスから独立。
聖母の被昇天の祭日(カトリック教会)
聖母マリアが死ぬことなく、生きたまま天にあげられたことを記念する日。刺身の日( 日本)
室町時代後期の書記官だった中原康冨の日記に「鯛なら鯛と分かるように、その魚のひれを刺しておくので刺身、つまり“さしみなます”。」という記述があり、それが刺身と言う言葉が文献に最初に登場した時だった。それが、1448年の8月15日だったことから。
フィクションのできごと[編集]
この節の内容に関する文献や情報源が必要です。ご存じの方はご提示ください。「Wikipedia:スタイルマニュアル (フィクション関連)」も参照してください。ガイドラインに沿っていない記述は除去されますのでご注意ください。(2011年6月)昭和20年(西暦換算1945年) – 日本海軍援英派遣艦隊「旭日艦隊」、横須賀、呉等の各軍港から出撃(架空戦記『旭日の艦隊』)
昭和21年(西暦換算1946年) – 英国南部沿岸にドイツ軍が上陸作戦「トド作戦」を開始、上陸に成功(架空戦記『旭日の艦隊』)
200X年 – 仮名ライダーとモドキング一味の最終決戦。日本初の有人ロケットが、抗カラーウィルスワクチンを搭載して種子島宇宙センターより打ち上げられる(漫画『空想科学大戦!』)
2032年 – 太陽系絶対防衛戦。雷王星(架空の太陽系第13惑星)など三惑星が、縮退炉を暴走させてブラックホール爆弾となったヱクセリヲンにより、宇宙怪獣約30億体もろとも消滅。後のブラックホールエグゼリオが誕生する(アニメ『トップをねらえ!』)
2038年 – アンドロイドが意図的に人間に危害を加えた初めての事件が発生。(ゲーム『デトロイト ビカム ヒューマン』)
U.C.0069年 – ジオン公国建国記念日(アニメ『機動戦士ガンダム』)
U.C.0081年 – ギーユ・デラーズ率いるデラーズ・フリートが、茨の園を中心としてゲリラ活動を開始する。(アニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』)
年不明 – じんによるボーカロイド楽曲、カゲロウデイズが発生しヒビヤとヒヨリが巻き込まれる。
年不明(2200年?) – 作曲家じん氏(じんPとも言う)が制作したカゲロウプロジェクトと呼ばれる作品において、【終わらないセカイ】を作り出したが故に発生したループがあり、その日は8月15日である。誕生日(フィクション)[編集]
1937年 – 奥原なつ – テレビドラマ『なつぞら』の主人公[14]
1948年 – 本郷猛『仮面ライダー』の主人公[15]
1973年 – 真田遼、アニメ『鎧伝サムライトルーパー』の主人公[16]
1980年 – ショーン(ショーン・マツダ)、ゲーム『ストリートファイターシリーズ』に登場するキャラクター[17]
生年不明 – 熱気バサラ、アニメ『マクロス7』の主人公
生年不明 – 薊、小説・コミック『カゲロウデイズ』およびアニメ『メカクシティアクターズ』に登場するキャラクター
生年不明 – ケイト、ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』に登場するキャラクター
生年不明 – サターニャ、漫画・アニメ『ガヴリールドロップアウト』に登場するキャラクター[18]
生年不明 – 藤原道長、アニメ『茜さすセカイでキミと詠う』に登場するキャラクター
生年不明 – ジョディー・爆竜・カレン、漫画・アニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に登場するキャラクター[19]
生年不明 – 弓塚さつき、ゲーム『月姫』に登場するキャラクター[20]
生年不明 – 鳳凰星座の一輝 、漫画・アニメ『聖闘士星矢』に登場するキャラクター[21]
生年不明 – 大筒木カグヤ、漫画・アニメ『NARUTO -ナルト-』に登場するキャラクター
生年不明 – 角都、漫画・アニメ『NARUTO -ナルト-』に登場するキャラクター[22]
生年不明 – 桃地再不斬、漫画・アニメ『NARUTO -ナルト-』に登場するキャラクター[23]
生年不明 – 越知月光、ゲーム『テニスの王子様』RisingBeatに登場するキャラクター[24]生年不明 – 現見ケミィ、漫画・アニメ『僕のヒーローアカデミア』に登場するキャラクター[25]
生年不明 – 大牙謙吾、小説『GENEZ』に登場するキャラクター[26][27]
生年不明 – 蓮華、漫画・アニメ『貧乏神が!』に登場するキャラクター
生年不明 – 半蔵、漫画・アニメ『すもももももも 地上最強のヨメ』に登場するキャラクター[28]
生年不明 – 望月涼子、アニメ『ライフル・イズ・ビューティフル』に登場するキャラクター
生年不明 – 韓国(任勇洙;いよんす)、アニメ『Axis powers ヘタリア』に登場するキャラクター
生年不明 – 丹波橋志津、漫画・アニメ『いなり、こんこん、恋いろは。』に登場するキャラクター
生年不明 – ゾンビーナ、アニメ『モンスター娘のいる日常』に登場するキャラクター
生年不明 – かぐや、アニメ『鬼斬』に登場するキャラクター
生年不明 – 源陽太、漫画『キミは宙のすべて』に登場するキャラクター
生年不明 – 更紗(さらさ)、漫画・アニメ・舞台『BASARA』の主人公
生年不明 – タタラ、漫画・アニメ・舞台『BASARA』に登場するキャラクター
生年不明 – 熱血隼人、ゲーム『ジャスティス学園』に登場するキャラクター[29]
生年不明 – 狭井君、アニメ『遙かなる時空の中で』に登場するキャラクター
生年不明 – 新橋カズマ 、アニメ『うわさの翠くん!!』に登場するキャラクター
生年不明 – エリカ・フォンティーヌ、アニメ『サクラ大戦』に登場するキャラクター
生年不明 – 小橋蒼空、アニメ『ちょっとかわいいアイアンメイデン』に登場するキャラクター
生年不明 – 雛子、アニメ『シスター・プリンセス』に登場するキャラクター
生年不明 – 大八木朔、漫画『宙のまにまに』に登場するキャラクター[30]出典[編集]
[脚注の使い方]
^ “네이버 뉴스 라이브러리”. NAVER Newslibrary. 2021年3月6日閲覧。

^ 『読売新聞』1980年8月16日東京朝刊第14版一面1頁「山梨 誘かい園児、遺体で発見 犯人、13日ぶり逮捕 身代金1000万円を要求 脅迫電話30回 昇仙峡近くに埋める」(読売新聞東京本社) – 『読売新聞』縮刷版 1980年(昭和55年)8月号509頁

^ a b “大規模停電、約668万戸に影響 経済相が引責辞任/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (2017年8月15日). 2018年1月2日閲覧。

^ “「全土を支配下に置いた」とタリバン”. 47NEWS. 共同通信社. (2021年8月15日). https://nordot.app/799566209875214336?c=39546741839462401 2021年8月15日閲覧。 

^ Afghan Pres Ghani leaves for Tajikistan – interior ministry official ロイター 2021年8月15日配信 2021年8月15日閲覧

^ “アフガン大統領が出国と報道”. 共同通信. (2021年8月15日). https://nordot.app/799638907697790976 2021年8月15日閲覧。 

^ 丸山和郎 (2015年5月10日). “【我ら東京五輪世代】「26・5センチ」が生む強力キック 競泳女子平泳ぎ・今井月(14)”. 産経WEST. 産経新聞. 2015年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月12日閲覧。

^ “最年少13歳・今井 20年東京五輪の期待の“月””. Sponichi Annex. スポーツニッポン (2013年10月3日). 2015年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月13日閲覧。

^ 田口潤 (2015年4月12日). “東京五輪の星は今井月(るな)200平トップ通過”. ニッカンスポーツ. 2015年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月12日閲覧。

^ “[j-island.net 長尾謙杜 プロフィール | ISLAND TV]”. ジャニーズ事務所. 2020年8月9日閲覧。

^ “大垣理香”. E-sprinG. 2021年1月9日閲覧。

^ “【訃報】前田日明と戦ったドン・中矢・ニールセンが死去”. イーファイト. 株式会社ヨシクラデザイン. (2017年8月18日). http://efight.jp/news-20170818_266031 2020年11月28日閲覧。 

^ “さくらももこさん、乳がんで死去 「ちびまる子ちゃん」”. 朝日新聞デジタル (2018年8月27日). 2020年11月11日閲覧。

^ “朝ドラ「なつぞら」時代設定”. ロケTV. 2020年5月13日閲覧。

^ “【8/15は仮面ライダー1号 本郷猛の誕生日!】関連記事をまとめて「とうっ!!」”. 電ホビ (2016年8月15日). 2020年5月13日閲覧。

^ アニメック編集部 編 『鎧伝サムライトルーパー大事典』ラポート〈ラポートデラックス〉、1989年、33頁。 

^ CAPCOM. “キャラ図鑑045:松田家 | キャラ図鑑 | 活動報告書” (日本語). CAPCOM:シャドルー格闘家研究所. 2022年4月13日閲覧。

^ “サターニャ(CV:大空直美)胡桃沢=サタニキア=マクドウェル”. うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会. 2022年7月10日閲覧。

^ 『Kamedas2』(集英社、2001年)72頁

^ 武内崇、奈須きのこ 『月姫読本PlusPeriod』宙出版、2004年、88頁。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 4-7767-9037-8。 

^ 車田正美 『聖闘士星矢大全』集英社、2001年、53頁。ISBN 4-8342-1690-X。 

^ 岸本斉史 『NARUTO -ナルト- [秘伝・者の書] キャラクター オフィシャルデータ BOOK』 集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2008年、57頁、ISBN 978-4-08-874247-2。

^ 岸本斉史 『NARUTO -ナルト- [秘伝・臨の書] キャラクター オフィシャルデータ BOOK』 集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2002年、125頁、ISBN 4-08-873288-X。

^ “https://twitter.com/risingbeat_app/status/1294287926449197061” (日本語). Twitter. 2022年7月8日閲覧。

^ “僕のヒーローアカデミア”. 僕のヒーローアカデミア制作委員会. 2020年5月13日閲覧。

^ “レビューン漫画 GENEZ”. レビューン. 2020年5月13日閲覧。

^ 『GENEZ-5』(ドラゴンマガジン2010年7月号掲載)富士見書房、2010年。

^ 『すもももももも 〜地上最強のヨメ〜 GUIDE BOOK』スクウェア・エニックス、2006年、102頁。ISBN 4-7575-1771-8。 

^ “熱血 隼人”. KAKUGE.COM. 2020年5月13日閲覧。

^ 柏原麻実 『宙のまにまに』 第6巻、講談社〈アフタヌーンKC〉、2009年、169頁。ISBN 978-4-06-314560-1。 

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、8月15日に関連するメディアおよびカテゴリがあります。365日: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
前日: 8月14日 翌日: 8月16日
前月: 7月15日 翌月: 9月15日
旧暦: 8月15日
記念日・年中行事表話編歴1年の月と日
今日: 2022年9月22日 [リフレッシュする]1月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29[1]
3月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

4月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

5月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

6月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

8月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

9月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

10月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

12月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

毎月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

その他の日付
1月0日 | 2月30日 | 3月0日 | 12月32日

^ 閏年の閏日

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=8月15日&oldid=91358453」から取得
カテゴリ: 日付8月隠しカテゴリ: 出典を必要とする記述のある記事/2021年3月検証が求められている記述のある記事/2010年以前出典を必要とする関連フィクションの記述

評価: 4~5 つ星
レビュー: 4666
再生回数: 6607
[spincontent type=”j”]

【8月15日】 今日は あの有名人の誕生日 / 100人 Youtube

【8月15日】生まれの有名人 100人分のデータをまとめてみました。
芸能人 / スポーツ選手 / 政治家 / 企業の創業者 / 歴史上の偉人など
はたして、あなたと同じ誕生日の有名人とは…

Aug 15 is a birthday of these Japanese celebrities.

※ネットなどのメディアから収集した情報のため、
 参考程度にご覧ください。

2. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Yomiuri

Yomiuri
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 8 月 15 日 誕生 日 有名人 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4971
[spincontent type=”j”]

3. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Asahi Shimbun

朝日新聞
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 朝日新聞で検索した 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4559
[spincontent type=”j”]

4. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 The Japan Times

The Japan Times
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: ジャパン タイムズで検索した 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4393
[spincontent type=”j”]

5. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Yomiuri Shimbun

読売新聞
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 8 月 15 日 誕生 日 有名人 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1708
[spincontent type=”j”]

6. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Mainichi Shimbun

毎日新聞
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 毎日新聞で見つけた 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7199
[spincontent type=”j”]

7. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Sankei Shimbun

産経新聞
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 産経新聞で検索した 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 47 13
[spincontent type=”j”]

8. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 8 月 15 日 誕生 日 有名人 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9998
[spincontent type=”j”]

9. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Chunichi Shimbun

中日新聞
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 中日新聞で検索した 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 96 12
[spincontent type=”j”]

10. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Tokyo Shimbun

東京新聞
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7783
[spincontent type=”j”]

11. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 8 月 15 日 誕生 日 有名人 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5592
[spincontent type=”j”]

12. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 日刊工業新聞で見つけた 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4760
[spincontent type=”j”]

13. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Ainu Times

アイヌタイムス
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: アイヌ タイムズで検索した 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 06
[spincontent type=”j”]

14. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 8 月 15 日 誕生 日 有名人 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7544
[spincontent type=”j”]

15. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Chiba Nippo

千葉日報
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 千葉日報で検索した 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8266
[spincontent type=”j”]

16. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Chugoku Shimbun

中国新聞
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 中国新聞で検索した 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6651
[spincontent type=”j”]

17. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 Daily Tohoku

デイリー東北
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 8 月 15 日 誕生 日 有名人 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8609
[spincontent type=”j”]

18. 8 月 15 日 誕生 日 有名人 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
8 月 15 日 誕生 日 有名人

説明: イースタン クロニクルで検索した 8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6577
[spincontent type=”j”]

8 月 15 日 誕生 日 有名人 に関する質問

8 月 15 日 誕生 日 有名人 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 8 月 15 日 誕生 日 有名人 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 8 月 15 日 誕生 日 有名人 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 8 月 15 日 誕生 日 有名人

8 月 15 日 誕生 日 有名人
方法8 月 15 日 誕生 日 有名人
チュートリアル 8 月 15 日 誕生 日 有名人
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: