あなたは 7 月 19 日 生まれ の キャラクター について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 7 月 19 日 生まれ の キャラクター を共有します。 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

7 月 19 日 生まれ の キャラクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2022年 7月(文月)

1

2
3

4

5

6

7

8

9
10

11

12

13

14

15

16
17

18

19

20

21

22

23
24

25

26

27

28

29

30
31

365日 各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
7月19日(しちがつじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から200日目(閏年では201日目)にあたり、年末まであと165日ある。

できごと[編集]
スコットランド独立戦争、ハリドンヒルの戦い(英語版)(1333)。イングランドが決定的勝利。画像はモニュメント
イングランドの軍艦メアリー・ローズ沈没(1545)。
南京が陥落し太平天国の乱終結(1864)。画像は太平天国の天王府のミニチュア
.mw-parser-output .tmulti .thumbinnerdisplay:flex;flex-direction:column.mw-parser-output .tmulti .trowdisplay:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box.mw-parser-output .tmulti .tsinglemargin:1px;float:left.mw-parser-output .tmulti .theaderclear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%.mw-parser-output .tmulti .thumbcaptionbackground-color:transparent.mw-parser-output .tmulti .text-align-lefttext-align:left.mw-parser-output .tmulti .text-align-righttext-align:right.mw-parser-output .tmulti .text-align-centertext-align:center@media all and (max-width:720px).mw-parser-output .tmulti .thumbinnerwidth:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trowjustify-content:center.mw-parser-output .tmulti .tsinglefloat:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaptiontext-align:center普仏戦争はじまる(1870)。左画像は7月末の布陣、右は8月16日の戦闘
パリ初の地下鉄、パリメトロ1号線開通(1900)。左画像は当時のバスティーユ駅
第一次世界大戦、フロメルの戦い(英語版)はじまる(1916)。オーストラリア兵5,533名が死亡し「濠史最悪の24時間」となった
ナチス・ドイツ、「退廃芸術展」を開催(1937)。左画像は展を視察するゲッベルス、右は初回に展示されたフランツ・マルク『青い馬の塔』(1913)。
荻窪会談。画像左から近衛文麿、松岡洋右、吉田善吾、東條英機。
ネパールのサガルマータ国立公園創設(1976)。現在は世界自然遺産となっている
モスクワオリンピック開催(1980)。67ヶ国がボイコット(右画像は参加国)
二千円紙幣発行(2000)
64年 – ローマ大火
711年 – グアダレテの戦い(英語版)。タリク・イブン・ジヤード率いるムスリム軍が西ゴート王国のロデリック王を破る。
970年(天禄元年6月14日) – 祇園祭が初めて官祭として実施。以降毎年行われるようになる。
1333年 – スコットランド独立戦争: ハリドンヒルの戦い(英語版)
1544年 – 第4次イタリア戦争: ブローニュ攻城戦(英語版)が始まる。
1545年 – 前日のソレントの海戦で炎上したイングランドの軍艦「メアリー・ローズ」がプリマス沖で沈没。
1553年 – 即位9日目のジェーン・グレイが逮捕・廃位され、メアリー1世がイングランド女王に即位。
1723年(享保8年6月18日) – 足高の制制定。
1863年(文久3年6月4日) – 香港からアメリカに向けて航海をしていた「バイキング号」(1349トン)が、荒天により伊豆諸島御蔵島の岩場に引き寄せられて座礁。乗っていた中国人労働者や乗員ら483人が島民により救助された[1]。
1864年(同治3年6月16日) – 太平天国の乱: 曽国藩が天京(南京)を占領し、天京攻防戦が終結。太平天国が清に敗れ、14年に及ぶ太平天国の乱が事実上終結。
1870年 – 普仏戦争勃発。
1879年 – 西部開拓時代: ガンマンのドク・ホリデイが初めての殺人を犯す。
1886年 – 東京 – 大阪の幹線鉄道予定線を中山道経由から東海道経由に変更することを公布。
1900年 – パリ初の地下鉄・パリメトロ1号線が開通。
1916年 – 第一次世界大戦: フロメルの戦い(英語版)が始まる。
1917年 – ロシア臨時政府が、ペトログラードで蜂起 (en:July Days) を起こしたレーニンの逮捕を命じる。
1919年 – 寛城子事件。満洲の寛城子で日中両軍が衝突。日本軍で18人が死亡。
1937年 – ミュンヘンでナチス・ドイツの宣伝省の手により退廃芸術展が開催される。
1940年 – 第二次世界大戦: スパダ岬沖海戦
1940年 – 荻窪会談。近衛文麿が松岡洋右・東條英機・吉田善吾を荻窪の私邸荻外荘に招き国策を協議。
1946年 – 渋谷事件。東京都渋谷区で渋谷警察署・暴力団の連合隊と在日台湾人が銃撃戦。双方で死傷者43人。
1947年 – ビルマの独立運動家アウン・サンと6人の閣僚が政敵ウー・ソーに暗殺される。 (en:Burmese Martyrs’ Day)
1949年 – 今井正監督の映画『青い山脈』が封切り。
1952年 – 第15回夏季オリンピック、ヘルシンキ大会開催。8月3日まで。
1959年 – ガーナ・ギニア・リベリア3国の首脳会談で、アフリカ独立国共同体の構想についての「サンクエリー宣言」を発表。
1960年 – 池田勇人が第58代内閣総理大臣に任命され、第一次池田勇人内閣が発足。中山マサが日本初の女性大臣として入閣[2]。
1964年 – 石ノ森章太郎の漫画『サイボーグ009』が週刊少年キングで連載開始。
1968年 – 首都高速神奈川1号横羽線・東神奈川 – 浅田が開通。首都高速神奈川線初の開通区間。
1976年 – ネパールで、エベレストなどを含むサガルマータ国立公園が創設。
1977年 – マサチューセッツ州知事マイケル・デュカキスが、1927年8月に処刑されたニコラ・サッコとバルトロメオ・ヴァンゼッティの無罪を宣言。
1979年 – ニカラグア革命: ニカラグアで独裁政治を行っていたアナスタシオ・ソモサ・デバイレらソモサ一族がアメリカに亡命。サンディニスタ民族解放戦線の民族再建政府が樹立。(ニカラグアの革命記念日)
1980年 – 第22回夏季オリンピック、モスクワ大会開催。日本・アメリカ・中華人民共和国など67か国が不参加。
1985年 – ライオンとヒョウの雑種であるレオポンの最後の個体で、甲子園阪神パークで飼育されていたジョニーが死亡。
1989年 – ユナイテッド航空232便不時着事故。
1992年 – イタリアの反マフィア治安判事パオロ・ボルセリーノが、自動車に仕掛けられた爆弾により暗殺。
1992年 – プロ野球オールスターゲーム第2戦(千葉マリン)で、全セの古田敦也(ヤクルト)が球宴史上初のサイクルヒットを達成[3]。
1995年 – 従軍慰安婦問題: 女性のためのアジア平和国民基金発足。[4]
1996年 – 第26回夏季オリンピック、アトランタ大会開催。8月4日まで。
2000年 – 二千円紙幣発行[5]。
2002年 – 群馬女子高生誘拐殺人事件が発生[6]。(7月23日に発覚)。
2013年 – 地球が微笑んだ日。土星探査機カッシーニが太陽の食に合わせて土星全体と地球を撮影した。誕生日[編集]
イエズス会宣教師、ジュゼッペ・カスティリオーネ(1688-1766)誕生。宮廷画家「郎世寧」として清朝に仕える。左画像は『儀礼用甲冑を着けた乾隆帝』、右は花鳥画
江戸幕府の老中、水野忠邦(1794-1851)。天保の改革を行った
発明家・工業家サミュエル・コルト(1814-1862)。リボルバー拳銃を普及させた。右画像はウォーカー・コルト(英語版)
印象派の画家、エドガー・ドガ(1834-1917)誕生。左画像は自画像、右は『バレエのレッスン』(1874頃)。
画家、エドガー・ドガ(1834-1917)の作品。左画像は『フェルナンド・サーカスのララ嬢』、右は『「化粧室』(「髪を梳る女性」)
歌手三波春夫(1923-2001)
1603年(慶長8年6月11日) – 山口弘隆、第2代牛久藩主(+ 1677年)
1672年(寛文12年6月25日) – 前田利直、第3代大聖寺藩主(+ 1711年)
1688年 – ジュゼッペ・カスティリオーネ、宣教師(+ 1766年)
1691年(元禄2年6月24日) – 松平重休、第3代杵築藩主(+ 1715年)
1698年 – ヨハン・ヤーコプ・ボードマー、言語学者(+ 1783年)
1767年 – ギデオン・グレンジャー、第7代アメリカ合衆国郵政長官(+ 1822年)
1794年(寛政6年6月23日) – 水野忠邦、江戸幕府の老中(+ 1851年)
1801年(享和元年6月9日) – 松平忠堯、初代忍藩主(+ 1864年)
1814年 – サミュエル・コルト、コルト・ファイヤーアームズ創設者(+ 1862年)
1834年 – エドガー・ドガ、画家(+ 1917年)
1848年 – エドウィン・ダン、農学者(+ 1931年)
1849年 – イェールハルド・ムンテ、画家(+ 1929年)
1856年(安政3年6月18日) – 水野忠弘、第3代山形藩主・子爵(+ 1905年)
1859年 – ホレイス・グラント・アンダーウッド、宣教師、言語学者、教育者(+ 1916年)
1863年 – ヘルマン・バール、小説家、劇作家、評論家(+ 1934年)
1868年 – フローレンス・フォスター・ジェンキンス、歌手(+ 1944年)
1873年 – ハリー・デービス、元プロ野球選手(+ 1947年)
1879年 – 山川登美子、歌人(+ 1909年)
1880年 – 熊谷岱蔵、医学者(+ 1962年)
1885年 – 野依秀市 – ジャーナリスト、政治家(+ 1968年)
1896年 – ボブ・ミューゼル、元プロ野球選手(+ 1977年)
1896年 – A・J・クローニン、小説家、劇作家(+ 1981年)
1897年 – 易作霖、教育者、言語学者(+ 1945年)
1903年 – 荒垣秀雄、評論家(+ 1989年)
1904年 – 荒井源吉、政治家、武蔵野市初代市長(+ 1983年)
1905年 – ルイス・ケントナー、ピアニスト(+ 1987年)
1911年 – 平桝敏男、元プロ野球選手(+ 1971年)
1916年 – フィル・キャバレッタ、元プロ野球選手(+ 2010年)
1916年 – アリス・ブリッジス、競泳選手(+ 2011年)
1918年 – 近藤久、元プロ野球選手(+ 1975年)
1921年 – 保井浩一、元プロ野球選手(+ 2001年)
1921年 – 古角俊郎、高校野球指導者(+ 2013年)
1922年 – 金山次郎、元プロ野球選手(+ 1984年)
1923年 – 三波春夫、演歌歌手(+ 2001年)
1931年 – 水野晴郎、映画評論家(+ 2008年)
1932年 – 田の中勇、声優(+ 2010年)
1935年 – 児玉泰、元プロ野球選手
1936年 – 橋本敬包、元プロ野球選手(+ 2007年)
1940年 – 正仁親王妃華子、皇族
1945年 – 菅原やすのり、歌手(+ 2015年[7])
1946年 – 島かおり、女優
1947年 – 天木直人、作家、外交官
1947年 – 宮塚利雄、山梨学院大学教授
1947年 – ブライアン・メイ、ミュージシャン
1947年 – 安岡力也、俳優(+ 2012年)
1948年 – 数原英一郎、実業家
1949年 – ジーン・ロックレア、元プロ野球選手
1949年 – 山林明雄、元プロ野球選手
1951年 – 古今亭八朝、落語家
1951年 – 鳥居恵子、女優
1951年 – 山本秀樹、元プロ野球選手
1953年 – 中川昭一、政治家(+ 2009年)
1953年 – 大迫幸一、アスレティックトレーナー
1955年 – 黒沢清、映画監督
1956年 – 東原力哉、ドラマー
1956年 – 佐田の海鴻嗣、元大相撲力士
1958年 – 木村和司、元プロサッカー選手、サッカー指導者
1958年 – 趙本山、俳優、コメディアン
1960年 – 滝沢直己、ファッションデザイナー
1961年 – 阿部記之、アニメーション監督、音響監督
1961年 – 中田秀夫、映画監督
1961年 – ニール・マッケンジー、元オートバイレーサー
1963年 – マーク・キャリオン、元プロ野球選手
1964年 – 近藤真彦、歌手、レーシングドライバー
1964年 – 村石雅行、ドラマー
1964年 – 羽中田昌、元サッカー選手、監督
1965年 – 加藤伸一、元プロ野球選手
1966年 – 鶴見信彦、元プロ野球選手
1968年 – 杉本彩、タレント
1970年 – 石田洋介、シンガーソングライター、ボーカリスト、ギタリスト
1970年 – 宮藤官九郎、脚本家、俳優
1970年 – 小久保知之進、元アナウンサー
1970年 – 古今亭菊生、落語家
1971年 – ビタリ・クリチコ、プロボクサー
1971年 – 相馬直樹、元サッカー選手
1971年 – 高久昌義、空手家
1972年 – 藤木直人、俳優、ミュージシャン
1972年 – 大貝恭史、元プロ野球選手
1973年 – 高橋優子、調教師
1973年 – 林恵子、アナウンサー
1974年 – 菊池麻衣子、女優
1974年 – プレストン・ウィルソン、元プロ野球選手
1975年 – KAMIJO、ミュージシャン
1975年 – 芦澤孝臣、声優
1976年 – マンボウやしろ、演出家、脚本家、元お笑い芸人
1977年 – 木塚敦志、元プロ野球選手
1978年 – 原田篤、俳優
1979年 – 浅井良、元プロ野球選手
1980年 – 小嶺麗奈、元女優
1980年 – 松原真琴、小説家
1980年 – 岩部彰、お笑い芸人(ミサイルマン)
1980年 – 高橋敏郎、元プロ野球選手
1982年 – フィル・コーク、プロ野球選手
1983年 – 菅原卓郎、ギタリスト(9mm Parabellum Bullet)
1984年 – ディアナ・モカヌ、競泳選手
1985年 – 水田芙美子、タレント
1985年 – 成嶋早穂、アナウンサー
1985年 – ラマーカス・オルドリッジ、プロバスケットボール選手
1985年 – ダリヤ・ピシャルニコワ、陸上競技選手
1985年 – エルネスト・フリエリ、プロ野球選手
1985年 – エバン・スクリブナー、プロ野球選手
1986年 – 内田仁菜、元ファッションモデル
1987年 – 炭谷銀仁朗、プロ野球選手
1987年 – 高林祐介、陸上競技選手
1987年 – 古賀淳也、競泳選手
1988年 – 松下一郎、元プロ野球選手
1989年 – ミゲル・アンヘル・マルティネス、サッカー選手
1989年 – 黒川結衣、女優、グラビアアイドル
1989年 – 鉢嶺杏奈、女優
1989年 – 熊崎風斗、アナウンサー
1989年 – 垣岩令佳、元バドミントン選手
1990年 – 日高亮、元プロ野球選手
1990年 – 高田志織、アイドル(元SKE48)
1990年 – ジョナサン・ペティボーン、プロ野球選手
1990年 – 佐伯大地、俳優
1990年 – ステファニア・ベルトン、フィギュアスケート選手
1991年 – 菅聡美、ファッションモデル
1991年 – 森田直幸、元俳優
1991年 – 天野純、サッカー選手
1992年 – ウンジ、アイドル、ミュージシャン(Brave Girls)
1993年 – 歳内宏明、プロ野球選手
1993年 – 原樹理、プロ野球選手
1994年 – 小森美果、元タレント(元AKB48)
1994年 – 田中正義、プロ野球選手
1994年 – ソフィヤ・ビリュコワ、フィギュアスケート選手
1995年 – 山下七海、声優(元Wake Up, Girls!)
1996年 – 森田遥、プロゴルファー
1997年 – 菊原結里、女優(元ひめキュンフルーツ缶)
1998年 – 川瀬翔矢、陸上選手
2000年 – 三田美吹、タレント、女優(CROWN POP)
2000年 – 天沢璃人、アイドル(ミームトーキョー、でんぱ組.inc)
2000年 – 金田竜也、ミュージシャン(KALMA)
2000年 – 8467、モデル、タレント
2001年 – 下口ひなな、アイドル(AKB48)
2002年 – 藤井聡太、将棋棋士
2007年 – 加藤憲史郎、子役
生年不明 – 風間リチャ.、声優
生年不明 – 根本明宏、声優
生年不明 – 金子真由美[8]、声優
生年不明 – 藍川珪、声優
生年不明 – 西口有香、声優忌日[編集]
平家の武将、平宗盛(1147-1185)斬首
メキシコ立憲皇帝であったアグスティン・デ・イトゥルビデ(1783-1824)、射殺される。右画像は死亡時に所持していた手稿
幕臣、山岡鉄舟(1836-1888)没。
ドイツの東アフリカ進出に抵抗したヘヘ族(英語版)指導者ムクワワ(1855-1898)
美術史家ハインリヒ・ヴェルフリン(1864-1945)没。「バロック」などの美術様式区分を確立
ビルマの独立運動家、アウン・サン(1915-1947)暗殺
呂運亨(1886-1947)暗殺大韓民国初代大統領、李承晩(1875-1965)没
第70代日本国内閣総理大臣、鈴木善幸(1911-2004)没
781年(天応元年6月24日)- 石上宅嗣、奈良時代の公卿(* 729年)
1027年(万寿4年6月13日) – 源俊賢、平安時代の公卿(* 959年)
1185年(元暦2年6月19日) – 平宗盛、平氏の武将(* 1147年)
1185年(元暦2年6月19日) – 平清宗、平氏の武将(* 1170年)
1275年(建治元年6月25日) – 北条時広、鎌倉時代の武将(* 1222年)
1319年(元応元年7月2日) – 六条有房、鎌倉時代の公卿、歌人(* 1251年)
1374年 – ペトラルカ、詩人、学者(* 1304年)
1415年 – フィリパ・デ・レンカストレ、ポルトガル王ジョアン1世の妃(* 1357年)
1543年 – メアリー・ブーリン、イングランド王ヘンリー8世の愛人(* 1499年頃)
1614年(慶長19年6月13日) – 秋月種長、日向国の戦国大名、高鍋藩主(* 1567年)
1683年(天和3年5月25日) – 土井利房、江戸幕府老中(* 1631年)
1702年 – フレデリク4世、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公(* 1671年)
1711年(正徳元年6月4日) – 伊達綱宗、仙台藩主(* 1640年)
1730年 – ジャン=バティスト・ルイエ・ド・ロンドル、作曲家(* 1680年)
1783年 – ヨハン・ヤーコプ・ボードマー、言語学者(* 1698年)
1796年(寛政18年6月15日) – 沢田東江、書家、儒学者(* 1732年)
1810年 – ルイーゼ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツ、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の妃(* 1776年)
1814年 – マシュー・フリンダース、探検家(* 1774年)
1824年 – アグスティン・デ・イトゥルビデ、メキシコ独立革命の指導者、メキシコ皇帝(* 1783年)
1838年 – ピエール・ルイ・デュロン、化学者、物理学者(* 1785年)
1843年 – アウグスト・フォン・プロイセン、プロイセンの王族(* 1779年)
1861年 – ミケーレ・テノーレ、植物学者(* 1780年)
1864年(元治元年6月16日) – 平岡円四郎、一橋徳川家家老(* 1822年)
1868年(慶応4年5月30日) – 沖田総司、新選組一番隊組長(* 1842年頃)
1873年 – フェルディナンド・ダヴィッド、ヴァイオリニスト(* 1810年)
1888年 – 山岡鉄舟、政治家(* 1836年)
1898年 – ムクワワ、ドイツ領東アフリカヘヘ族の指導者(* 1855年)
1909年 – 荒井郁之助、日本の中央気象台長(* 1836年)
1916年 – 津軽承昭、弘前藩主(* 1840年)
1935年 – 杉山茂丸、明治から昭和初期のフィクサー(* 1864年)
1936年 – 志田順、地球物理学者(* 1876年)
1943年 – ジュゼッペ・テラーニ、建築家(* 1904年)
1943年 – エカテリーナ・ブダノワ、ソ連空軍のエース・パイロット(* 1916年)
1944年 – 新井茂雄、競泳選手(* 1916年)
1945年 – ハインリヒ・ヴェルフリン、美術史家(* 1864年)
1947年 – 呂運亨、朝鮮の独立運動家(* 1886年)
1947年 – アウン・サン、ミャンマーの独立運動家(* 1915年)
1954年 – ジャン・ロジェ=デュカス、作曲家(* 1873年)
1954年 – 山崎延吉、農政家(* 1873年)
1954年 – ハンネス・マイヤー、建築家(* 1889年)
1961年 – ポール・メリル、天文学者(* 1887年)
1963年 – 山之口貘、詩人(* 1903年)
1965年 – 李承晩、初代大韓民国大統領(* 1875年)
1965年 – 梅崎春生、小説家(* 1915年)
1968年 – 子母沢寛、小説家(* 1892年)
1972年 – ハインリッヒス・スクーヤ、藻類学者、植物学者(* 1892年)
1974年 – ステファノ・マガディーノ、マフィアのボス(* 1891年)
1976年 – アイヴァン・モリス、翻訳家、文学研究者(* 1925年)
1977年 – 大木惇夫、詩人、作詞家(* 1895年)
1980年 – ハンス・モーゲンソウ、政治学者(* 1904年)
1980年 – ニハト・エリム、トルコ首相(* 1912年)
1981年 – 伊藤大輔、映画監督、脚本家(* 1898年)
1984年 – マルコ・タイチェヴィチ、作曲家(* 1900年)
1986年 – 3世茂山千作、狂言師(* 1896年)
1987年 – 文野朋子、女優(* 1923年)
1989年 – 伊藤真乗、真如苑開祖(* 1906年)
1992年 – アレン・ニューウェル、人工知能学者(* 1927年)
1993年 – シモン・ゴールドベルク、ヴァイオリニスト(* 1909年)
1994年 – ルドルフ・フィルクスニー、ピアニスト(* 1912年)
1999年 – 井狩彌治郎、実業家(* 1905年)
2003年 – 大林芳郎、実業家(* 1918年)
2004年 – 鈴木善幸、政治家、第70代内閣総理大臣(* 1911年)
2004年 – 栗栖弘臣、統合幕僚会議議長(* 1920年)
2005年 – 西尾徳、声優(* 1939年)
2006年 – ジャック・ウォーデン、俳優(* 1920年)
2006年 – 田口周、元プロ野球監督(* 1932年)
2006年 – ナウム・シュタルクマン、ピアニスト(* 1927年)
2007年 – 河合隼雄、心理学者(* 1928年)
2009年 – フランク・マコート、小説家(* 1930年)
2009年 – ヘンリー・サーティース、レーサー(* 1991年)
2010年 – 佐藤大基、サッカー選手(* 1988年)
2011年 – 原田芳雄、俳優、歌手(* 1940年)
2014年 – ジェームズ・ガーナー、俳優(* 1928年)
2014年 – スカイ・マッコール・バートシアク、女優(* 1992年)
2018年 – 橋本忍、脚本家(* 1918年)
2018年 – デニス・テン[9][10]、フィギュアスケート選手(* 1993年)
記念日・年中行事[編集]
ニカラグアの革命記念日を祝うパレスチナ系ニカラグア人たち
映画『青い山脈』封切り(1949)
革命記念日( ニカラグア)
1979年のこの日、サンディニスタ民族解放戦線が武装蜂起し、独裁政治をしていたソモサ大統領を亡命に追い込んだ。
殉教者の日(英語版)( ミャンマー)
1947年のこの日、ビルマの独立運動家アウン・サンらが暗殺された。
海の日( 日本、2004年・2010年)※7月の第3月曜日
土用の丑の日( 日本、2009年)
女性大臣の日( 日本)
1960年7月19日に、中山マサが第一次池田勇人内閣の厚生大臣として入閣し、日本初の女性大臣となったことに由来。
戦後民主主義到来の日( 日本)
1949年のこの日、日本の新しい民主主義の到来を謳った青春映画『青い山脈』が封切られた。
北壁の日( 日本)
1967年のこの日、東京女子医大山岳部の今井通子と若山美子の2人がマッターホルン北壁の登頂に成功した。女性だけのパーティーでの北壁登攀は世界初だった。
サイボーグ009の日( 日本)
1964年のこの日、石ノ森章太郎の漫画『サイボーグ009』が週刊少年キングで連載を開始した。「009」が千年に一度揃う2009年に先立ち、株式会社石森プロが2008年に制定した[11][12]。
やまなし桃の日( 日本)
山梨県果樹園芸会が制定。「百」を「もも」と読むことから、1年で200日目で、桃の出荷時期に当たるこの日を記念日とした。
フィクションのできごと[編集]
この節の内容に関する文献や情報源が必要です。ご存じの方はご提示ください。「Wikipedia:スタイルマニュアル (フィクション関連)」も参照してください。ガイドラインに沿っていない記述は除去されますのでご注意ください。(2011年6月)1947年(昭和22年)- 南雲千草の絞殺体と詩人内海明の刺殺体が発見される。歌川家連続殺人事件の第三、第四の殺人。(小説『不連続殺人事件』第11章)
1988年 – 鰻料理店「鰻浜」で、陽一が3種類の特製鰻丼を出典する。(『ミスター味っ子』)[13]誕生日(フィクション)[編集]
1992年 – 篠原夏希、アニメ映画『サマーウォーズ』の女性主人公[要出典]
1999年 – 久海菜々美、アニメ『Wake Up, Girls!』に登場するキャラクター[14]
2006年 – 椚創多、小説・漫画・アニメ『りゅうおうのおしごと!』に登場するキャラクター[15][16]
生年不明 – プロメテウス、漫画・アニメ『ONE PIECE』に登場するキャラクター[17]
生年不明 – マチルダ・マティス(マッチ)、漫画・アニメ『シャーマンキング』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – タマ、漫画・アニメ『貧乏神が!』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 野間マチコ、アニメ『ハイスクール・フリート』に登場するキャラクター[18]
生年不明 – 辻堂剛史、アニメ『sola』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 木寅ミルヤ、アニメ『刀使ノ巫女』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – くろまめっち、ゲーム・アニメ『たまごっち』に登場するキャラクター[19][20]
生年不明 – 三浦あずさ、ゲーム『THE IDOLM@STER』に登場するキャラクター[21]
生年不明 – 藤宮桃香、漫画・アニメ『ケータイ少女』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 朝比奈桃子、ゲーム・アニメ『ガールフレンド(仮)』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 御子柴琉生、ゲーム『声カレ~放課後キミに会いに行く~』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 新導ミクル、ゲーム・アニメ『カードファイト!! ヴァンガード』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 宇津木聡里、ゲーム『CUE!』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – ウピールチカ、メディアミックス『メルヘン・メドヘン』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 此村朱己、メディアミックス『プリンス・オブ・ストライド』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 風間トオル、漫画・アニメ『クレヨンしんちゃん』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 春日部咲、漫画・アニメ『げんしけん』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 白星蝶子、漫画・アニメ『CRASH!』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 篠崎サチコ、漫画・アニメ『コープスパーティー BloodCovered』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 遠井成美、漫画・アニメ『はるかなレシーブ』に登場するキャラクター[22]
生年不明 – ウェルガー、ゲーム・アニメ・小説・漫画『夢王国と眠れる100人の王子様』に登場するキャラクター[23]出典[編集]
[脚注の使い方]
^ 107年目のアメリカの良心 救われた難破の483人 カーター米公使「ささやかな恩返し」『朝日新聞』1970年(昭和45年)11月5日 12版 23面

^ “1960年7月19日 日本初の女性大臣誕生”. 日本経済新聞. 2020年7月19日閲覧。

^ “古田敦也がオールスターで史上初のサイクル安打(1992年7月19日)”. 週刊ベースボール. 2020年7月19日閲覧。

^ “アジア女性基金の誕生と事業の基本性格”. 財団法人女性のためのアジア平和国民基金. 2020年7月19日閲覧。

^ “二千円札発行、西暦2000年「ミレニアム」記念【2000(平成12)年7月19日】”. Infoseekニュース (2018年7月19日). 2020年7月19日閲覧。

^ 『読売新聞』2004年7月24日東京夕刊一面1頁「高1女子を誘拐、殺害 36歳無職男を逮捕 殺人・遺棄容疑/群馬県警」(読売新聞東京本社)

^ 菅原やすのり氏骨髄性白血病で死去 復活公演ならず 日刊スポーツ 2015年8月8日

^ “金子 真由美 – アイムエンタープライズ公式ホームページ Talent Profile”. 2021年1月10日閲覧。

^ “フィギュア・テン選手刺殺、容疑の2人拘束 カザフ”. 日本経済新聞. (2018年7月20日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO33240870Q8A720C1CC1000?s=1 2020年12月17日閲覧。 

^ “フィギュア五輪銅のデニス・テン選手、強盗に襲われ死亡:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2018年7月19日). 2020年11月13日閲覧。

^ 加瀬清志 編 『366日記念日事典 下』創元社、2020年、27頁。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-4422021157。 

^ “7月19日は「サイボーグ009の日」 石ノ森章太郎展も開催”. アニメ!アニメ! (2008年7月18日). 2022年7月13日閲覧。

^ アニメ第40話「うな丼勝負! 黄金のうなぎを求めて」

^ メガミマガジン編集部 編 『Wake Up, Girls! ステージの天使 The Illustrations』学研プラス、2014年5月27日、36頁。ISBN 978-4054060227。 

^ “『りゅうおうのおしごと!』登場人物(キャラクター)のまとめ”. MARVEOL (2018年10月1日). 2020年7月11日閲覧。

^ 白鳥士郎 『りゅうおうのおしごと!』 (6)巻、SBクリエイティブ、2017年7月14日、277頁。ISBN 978-4797391893。 

^ “プロメテウス”. フジテレビ・東映アニメーション. 2020年7月19日閲覧。

^ “野間マチコ CV:小林ゆう”. TVアニメ「ハイスクール・フリート」公式サイト. 2020年7月19日閲覧。

^ 講談社 編 『Tamagotchi iD らくらく育て方ガイド』講談社、2010年1月20日、34頁。ISBN 978-4063648140。 

^ ウィズ(監修)、バンダイ 編 『テレビ超ひゃっか たまごっち!たまともプロフずかん』小学館〈テレビ超ひゃっか〉、2011年11月1日、19頁。ISBN 978-4097510482。 

^ “アイドル紹介(Angel)”. THE IDOLM@STER MILLION LIVE!. 窪岡俊之・バンダイナムコゲームス. 2020年7月19日閲覧。

^ “CHARACTER 遠井成美 CV:島袋美由利”. TVアニメ『はるかなレシーブ』公式サイト. 如意自在・芳文社/はるかなレシーブ製作委員会. 2020年7月19日閲覧。

^ “ウェルガー”. 『夢王国と眠れる100人の王子様』公式サイト. 2022年7月14日閲覧。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、7月19日に関連するメディアおよびカテゴリがあります。365日: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
前日: 7月18日 翌日: 7月20日
前月: 6月19日 翌月: 8月19日
旧暦: 7月19日
記念日・年中行事表話編歴1年の月と日
今日: 2022年9月1日 [リフレッシュする]1月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29[1]
3月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

4月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

5月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

6月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

8月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

9月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

10月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

12月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

毎月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

その他の日付
1月0日 | 2月30日 | 3月0日 | 12月32日

^ 閏年の閏日

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=7月19日&oldid=90555267」から取得
カテゴリ: 日付7月隠しカテゴリ: 出典を必要とする関連フィクションの記述出典を必要とする記述のある記事/2020年7月

評価: 4~5 つ星
レビュー: 2180
再生回数: 7229
[spincontent type=”j”]

【誕生日の書】7月19日生まれの才能は……. Youtube

誕生日に与えられた才能を毛筆で綴るオリジナル作品「366talents(バースデイ・タレンツ)」
誕生日ごとの才能を1年かけて毎日紹介していきます。

オンライン専門パーソナル書道教室「獅流書道教室」
https://www.shiryusyodo.com

作品は1枚ごとショッピングアプリBASEからお買い求めいただけます。
366talents -毛筆で綴るオンリーワンの贈り物-
https://gsfr3.app.goo.gl/64fzMN

366talentsメイキングPV

獅佑PV

インタビュー動画

動画内での発言は統計学に基づいて、私自身が感じたことを話しています。
才能の有無などを保証するものではないと、ご理解ください。

2. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Yomiuri

Yomiuri
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 7 月 19 日 生まれ の キャラクター は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3142
[spincontent type=”j”]

3. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Asahi Shimbun

朝日新聞
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 朝日新聞で検索した 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する上記の情報が、7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 46 11
[spincontent type=”j”]

4. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター The Japan Times

The Japan Times
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: ジャパン タイムズで検索した 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する記事のトップです。7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7435
[spincontent type=”j”]

5. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Yomiuri Shimbun

読売新聞
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する詳細情報はすでにありますか? 7 月 19 日 生まれ の キャラクター という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4309
[spincontent type=”j”]

6. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Mainichi Shimbun

毎日新聞
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 毎日新聞で見つけた 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する上記の情報が、7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9535
[spincontent type=”j”]

7. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Sankei Shimbun

産経新聞
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 産経新聞で検索した 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する記事のトップです。7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2309
[spincontent type=”j”]

8. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 7 月 19 日 生まれ の キャラクター は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4620
[spincontent type=”j”]

9. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Chunichi Shimbun

中日新聞
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 中日新聞で検索した 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する上記の情報が、7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2938
[spincontent type=”j”]

10. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Tokyo Shimbun

東京新聞
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3707
[spincontent type=”j”]

11. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 7 月 19 日 生まれ の キャラクター は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5622
[spincontent type=”j”]

12. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 日刊工業新聞で見つけた 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する上記の情報が、7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3781
[spincontent type=”j”]

13. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Ainu Times

アイヌタイムス
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: アイヌ タイムズで検索した 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する記事のトップです。7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4106
[spincontent type=”j”]

14. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する詳細情報はすでにありますか? 7 月 19 日 生まれ の キャラクター という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 50 13
[spincontent type=”j”]

15. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Chiba Nippo

千葉日報
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 千葉日報で検索した 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する上記の情報が、7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6635
[spincontent type=”j”]

16. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Chugoku Shimbun

中国新聞
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 中国新聞で検索した 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する記事のトップです。7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3904
[spincontent type=”j”]

17. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター Daily Tohoku

デイリー東北
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 7 月 19 日 生まれ の キャラクター はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6304
[spincontent type=”j”]

18. 7 月 19 日 生まれ の キャラクター The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
7 月 19 日 生まれ の キャラクター

説明: イースタン クロニクルで検索した 7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する上記の情報が、7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3187
[spincontent type=”j”]

7 月 19 日 生まれ の キャラクター に関する質問

7 月 19 日 生まれ の キャラクター についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 7 月 19 日 生まれ の キャラクター は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 7 月 19 日 生まれ の キャラクター が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 7 月 19 日 生まれ の キャラクター

7 月 19 日 生まれ の キャラクター
方法7 月 19 日 生まれ の キャラクター
チュートリアル 7 月 19 日 生まれ の キャラクター
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: