あなたは 4 月 10 日 誕生 日 有名人 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 4 月 10 日 誕生 日 有名人 を共有します。 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

4 月 10 日 誕生 日 有名人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2022年 4月(卯月)

1

2
3

4

5

6

7

8

9
10

11

12

13

14

15

16
17

18

19

20

21

22

23
24

25

26

27

28

29

30
365日 各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
4月10日(しがつとおか)は、グレゴリオ暦で年始から100日目(閏年では101日目)にあたり、年末まではあと265日ある。

できごと[編集]
モルヴィッツの戦い(1741)
イギリス国会議事堂の大時鐘完成、ビッグ・ベンと命名(1858)
大韓民国臨時政府、上海に樹立(1918)。画像は要人たち
瀬戸大橋開通(1988)
628年(推古天皇36年3月2日) – 日本で記録(日本書紀)に残る最古の日食。
823年(弘仁14年2月26日) – 嵯峨天皇の勅により比叡山寺の寺号を延暦寺に改める。
879年 – ルイ3世が西フランク王に即位。
1246年(寛元4年3月23日) – 鎌倉幕府執権・北条経時が重病のため、弟の時頼が5代執権に就任。
1268年(文永5年2月27日) – 元寇: 鎌倉幕府が蒙古来襲に備えて西国御家人らに防備を命じる。
1302年 – フランス王フィリップ4世が初の三身分合同会議(三部会)を開催。
1657年(明暦3年2月27日) – 徳川光圀が『大日本史』の編纂に着手。完成は250年後の1906年。
1741年 – オーストリア継承戦争: モルヴィッツの戦い。シュレージェンのモルヴィッツでフリードリヒ2世率いるプロイセン軍がマリア・テレジア率いるオーストリア軍を破る。
1815年 – インドネシアのタンボラ山で過去最大規模の噴火が始まる。この影響により翌年は世界各地で夏のない年と呼ばれる異常気象となる。
1827年 – ジョージ・カニングがイギリスの第23代首相に就任。
1848年 – ロンドンのケニントン・コモン広場でのチャーティスト集会と第三回国民請願
1864年 – オーストリアのマクシミリアン大公がメキシコ帝国皇帝に就任。
1858年 – イギリス国会議事堂の時計塔に重さ13.5トンの大時鐘が完成。工事責任者ベンジャミン・ホール卿にちなみビッグ・ベンと命名。
1866年 – アメリカ動物虐待防止協会設立。
1874年 – 板垣退助らが高知で日本初の政治結社「立志社」を結成。
1876年 – 日蓮宗不受不施派の再興が認められる。
1886年 – 師範学校令・小学校令・中学校令公布。
1912年 – タイタニック号がイギリスのサウサンプトン港からアメリカのニューヨーク港に向けての最初で最後の航海に出航。
1916年 – 大蔵省銀行局を設置。
1916年 – 全米プロゴルフ協会 (PGA) 設立。
1919年 – 李承晩らが上海に亡命政権である大韓民国臨時政府を樹立も承認得られず。
1919年 – メキシコ革命の指導者エミリアーノ・サパタが暗殺される。
1919年 – 地方鉄道法公布。
1919年 – 史蹟名勝天然紀念物保存法公布。
1925年 – F・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー』が刊行。
1928年 – 日本商工会議所設立。
1928年 – 治安警察法により労働農民党・日本労働組合評議会・全日本無産青年同盟に解散命令。
1933年 – ニューディール政策: 失業対策のための市民保全部隊創設。
1934年 – 中国共産党が「全国民衆に告ぐるの書」を発表し、反日統一戦線の結成を呼びかける。
1938年 – 灯火管制規則施行。
1941年 – 第二次世界大戦: ナチス・ドイツによりクロアチア独立国が建国。
1942年 – 広島電鉄設立。
1946年 – 第22回衆議院議員総選挙投票日。大日本帝国憲法下最後で戦後初めての男女普通選挙。
1947年 – アメリカメジャーリーグのブルックリン・ドジャースに、メジャーリーグ初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンが入団。
1948年 – ビルマの国際連合加盟に関する国際連合安全保障理事会決議45が採択される。
1952年 – NHKで連続ラジオドラマ『君の名は』が放送開始。
1953年 – ダグ・ハマーショルドが国際連合事務総長に就任する。
1954年 – アジア初の国際見本市である第1回日本国際見本市が大阪で開催。
1959年 – 皇太子・明仁親王と正田美智子が結婚、ミッチー・ブームが最高潮に。
1963年 – アメリカの原子力潜水艦スレッシャーが沈没。初の原潜事故。
1968年 – 小学館の少女漫画雑誌『少女コミック』が創刊される。
1970年 – ポール・マッカートニーがビートルズからの脱退を発表。(ビートルズの解散問題)
1972年 – 生物兵器禁止条約に47か国が調印。
1988年 – 瀬戸大橋開通。瀬戸大橋線(児島 – 坂出・宇多津間)開通によりJR7社の線路が全てつながったことから、「一本列島」というキャッチフレーズも生まれた。
1997年 – ヤンク・ロックバンド氣志團結成。
1998年 – イギリスとアイルランドの間で和平合意「ベルファスト合意」が締結。
2000年 – 東京都交通局が都の増収策の一環としてラッピングバス(車体全面広告バス)の運行を開始。
2006年 – 日本司法支援センター(法テラス)が設立される。
2008年 – 当時国内最高齢だったアジアゾウ(インドゾウ)の諏訪子が65歳で死亡。
2009年 – 総事業費56兆8千億円の「経済危機対策」を政府・与党で正式決定。財政支出は過去最大の15兆4千億円で国民総生産 (GDP) の約8%に相当する。ちなみに1998年小渕内閣時には財政支出は7兆6千億円。
2009年 – 広島東洋カープの新本拠地MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島がオープン。
2010年 – ポーランドの政府専用機がロシア・スモレンスクで墜落、レフ・カチンスキ大統領夫妻を含め96人全員が死亡。(ポーランド空軍Tu-154墜落事故)
2010年 – 自民党を離党した与謝野馨、平沼赳夫らがたちあがれ日本を結成。
2017年 – 浅田真央が、自身のブログで現役引退を表明[1]。
2019年 – イベントホライズンテレスコープがM87にある超大質量ブラックホールの映像の撮影の成功を発表[2]。
2022年 – 千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希が史上16人目の完全試合を達成。(佐々木朗希の完全試合)日本の自治体改編[編集]
1929年 – 山口県山口市が市制施行。
1937年 – 静岡県熱海市が市制施行。
1955年 – 福岡県宇島市が市制施行。3日後に豊前市に改称。
1959年 – 山形県尾花沢市が市制施行。
1972年 – 埼玉県富士見市が市制施行。
2005年 – 高知県中村市・幡多郡西土佐村が合併して四万十市に。誕生日[編集]
国際法の父、法学者フーゴー・グロティウス(1583-1645)誕生
日本を開国させたアメリカ軍人、マシュー・ペリー(1794-1858)誕生
ピューリツァー賞に名を残すジャーナリスト、ジョセフ・ピュリッツァー(1847-1911)。イエロー・ジャーナリズムを始めた人物ともされる
アイルランド文芸復興運動の中心、ジョージ・ウィリアム・ラッセル(1867-1935)。画像はラッセル画の『海水浴客』
陶芸家、板谷波山(1872-1963)
有機合成化学を研究した化学者ロバート・バーンズ・ウッドワード(1917-1979)
遺伝暗号の解読を成功させた生化学者、マーシャル・ニーレンバーグ(1927-2010)
アメリカ合衆国の俳優スティーヴン・セガール(1951-)
人物[編集]
1512年 – ジェームズ5世、スコットランド王(+ 1542年[3])
1583年 – フーゴー・グロティウス、政治家、法律家(+ 1645年)
1651年 – エーレンフリート・ヴァルター・フォン・チルンハウス、哲学者、数学者、磁器製作者(+ 1708年)
1697年(元禄10年閏2月19日) – 相馬尊胤、第7代相馬中村藩主(+ 1772年)
1713年 – ジョン・ホワイトハースト、時計職人、科学者(+ 1788年)
1769年 – ジャン・ランヌ[4]、フランスの軍人・元帥(+ 1809年)
1794年 – マシュー・ペリー、軍人、日米和親条約を締結(+ 1858年)
1796年 – ジェームズ・ボウイ、アメリカテキサス州の開拓者、軍人(+ 1836年)
1798年(寛政10年2月25日) – 榊原政養、第4代高田藩主(+ 1846年)
1799年(寛政11年3月6日) – 松平近訓、第8代府内藩主(+ 1852年)
1808年 – オーギュスト・フランショーム、チェリスト、作曲家(+ 1884年)
1827年 – ルー・ウォーレス、政治家、軍人、作家(+ 1905年)
1829年 – ウィリアム・ブース、メソジスト説教者、救世軍の創立者(+ 1912年)
1847年 – ジョセフ・ピュリッツァー、新聞発行者、ジャーナリスト(+ 1911年)
1863年(文久3年2月23日) – 山極勝三郎、病理学者(+ 1930年)
1864年 – オイゲン・ダルベール、ピアニスト、作曲家(+ 1932年)
1866年 – ジョージ・アーリス、俳優(+ 1946年)
1866年(慶応2年2月25日) – 寺崎広業、日本画家(+ 1919年)
1867年 – ジョージ・ウィリアム・ラッセル、詩人(+ 1935年)
1871年(明治4年2月2日) – 横山源之助、ジャーナリスト(+ 1915年)
1872年(明治5年3月3日) – 板谷波山、陶芸家(+ 1963年)
1873年 – 下村観山、日本画家(+ 1930年)
1885年 – 井上登、裁判官、日本野球機構コミッショナー(+ 1971年)
1886年 – ジョニー・ヘイズ、陸上競技選手(+ 1965年)
1887年 – ハインツ・ティーセン、作曲家(+ 1971年)
1887年 – バーナード・ウッセイ、生理学者(+ 1971年)
1890年 – 原久一郎、ロシア文学者(+ 1971年)
1892年 – エーゴン・アイクシュテット、人類学者(+ 1965年)
1892年 – 星野直樹、官僚、政治家(+ 1978年)
1894年 – ベン・ニコルソン、画家(+ 1982年)
1895年 – 川上澄生、版画家(+ 1972年)
1897年 – 山口俊雄、俳優(+ 1945年)
1897年 – ロス・ヤングス、元プロ野球選手(+ 1927年)
1909年 – 淀川長治、映画評論家(+ 1998年)
1910年 – 池田みち子、作家(+ 2008年)
1910年 – ポール・スウィージー、経済学者(+ 2004年)
1911年 – マーティン・デニー、ミュージシャン(+ 2005年)
1914年 – 近衛十四郎、俳優(+ 1977年)
1914年 – 岸田麗子、画家、岸田劉生の娘、「麗子像」のモデル(+ 1962年)
1916年 – 深水藤子、女優(+ 2011年)
1917年 – ロバート・バーンズ・ウッドワード、化学者(+ 1979年)
1917年 – 宇野光雄、元プロ野球選手・監督(+ 1994年)
1918年 – 原一朗、プロ野球選手(+ 戦死)
1918年 – 安井鍵太郎、元プロ野球選手(+ 2015年[5])
1920年 – 木下勇、元プロ野球選手(+ 1997年)
1921年 – 平井啓之、フランス文学者(+ 1992年)
1925年 – 江藤隆美、政治家(+ 2007年)
1926年 – 大林辰蔵、宇宙物理学者(+ 1992年)
1927年 – マーシャル・ニーレンバーグ、生化学者(+ 2010年)
1927年 – 矢代静一、劇作家(+ 1998年)
1928年 – 高橋揆一郎、小説家(+ 2007年)
1929年 – マイク・ホーソーン、F1レーサー(+ 1959年)
1929年 – マックス・フォン・シドー、俳優(+ 2020年)
1930年 – クロード・ボリング、ジャズピアニスト (+ 2020年)
1932年 – オマー・シャリフ、俳優(+ 2015年)
1933年 – 永六輔、作詞家、タレント(+ 2016年)
1933年 – 内司正弘、元プロ野球選手(+ 1992年)
1934年 – デイヴィッド・ハルバースタム、ジャーナリスト(+ 2007年)
1934年 – 小林一喜、ジャーナリスト(+ 1991年)
1936年 – 和田誠、イラストレーター(+ 2019年)
1936年 – ジョン・マッデン、元アメリカンフットボール指導者、元解説者(+ 2021年)
1938年 – 松山恵子、歌手(+ 2006年)
1938年 – 村田元一、元プロ野球選手
1939年 – 水島新司、元漫画家 (+ 2022年)
1940年 – 村松友視、作家
1941年 – 垣添忠生、医者
1942年 – 高松和夫、政治家
1942年 – イアン・キャラハン、元サッカー選手
1944年 – 桜井郁三、政治家(+ 2013年)
1946年 – リロイ・スタントン、元プロ野球選手
1947年 – 福嶋久晃、元プロ野球選手
1947年 – 室井邦彦、政治家
1947年 – バニー・ウェイラー、レゲエミュージシャン
1947年 – 樫出三郎、元プロ野球選手
1948年 – 西村公一、元プロ野球選手
1948年 – 保谷俊夫、元プロ野球選手(+ 2010年)
1949年 – 中村喜四郎、政治家
1950年 – 和田アキ子、歌手
1950年 – 村上悦雄、元プロ野球選手
1951年 – スティーヴン・セガール、俳優
1951年 – 舛田山靖仁、元大相撲力士、年寄19代・21代千賀ノ浦
1952年 – さだまさし、シンガーソングライター
1952年 – 竹村よしひこ、漫画家
1953年 – デューク更家、ウォーキングドクター
1954年 – 六平直政、俳優
1954年 – ピーター・マクニコル、俳優
1955年 – 渡邊孝好、映画監督
1955年 – 有田二三男、元プロ野球選手
1956年 – 朝松健、小説家
1957年 – 長坂康正、政治家
1957年 – 中村昭、元プロ野球選手
1957年 – 小倉全由、高校野球指導者
1958年 – 寺嶋民哉、作曲家
1958年 – イェフィム・ブロンフマン、ピアニスト
1958年 – ベイビーフェイス、ミュージシャン
1959年 – ブライアン・セッツァー、ミュージシャン、ギタリスト
1959年 – 高原兄、シンガーソングライター
1959年 – 大橋志吉、脚本家
1959年 – 福家雅明、元プロ野球選手
1960年 – 筒井櫻子、アナウンサー
1960年 – 葛川健司、元プロ野球選手
1961年 – 羽仁知治、ジャズピアニスト
1962年 – 広澤克実、元プロ野球選手
1963年 – 須山浩継、スポーツライター
1963年 – 石井かおる、アナウンサー
1964年 – 箭内道彦、クリエイター
1967年 – 松永幹夫、元騎手、調教師
1968年 – 川村正太郎、元プロ野球選手
1970年 – うちやえゆか、歌手
1970年 – 川名慎一、元プロ野球選手
1971年 – 栗田善太郎、ローカルタレント
1972年 – 鈴木尚典、元プロ野球選手
1972年 – 三剣もとか、漫画家
1972年 – 鰐淵洋子、政治家
1973年 – ロベルト・カルロス、元サッカー選手、指導者
1973年 – ギヨーム・カネ、俳優
1974年 – 米村和樹、元プロ野球選手
1974年 – 井上浩司、元プロ野球選手
1974年 – 渡辺光輝、元サッカー選手
1974年 – ナジャ・グランディーバ、タレント、女装家、ドラァグクイーン
1975年 – 川口信男、元サッカー選手、指導者
1975年 – ミッツ・マングローブ、女装家
1975年 – 村上淳、プロ雀士
1975年 – 山田ルイ53世、お笑いタレント(髭男爵)
1976年 – 赤星憲広、元プロ野球選手
1976年 – 木村佳乃、女優
1976年 – 藤本貴之、情報デザイン学者
1978年 – 春日井静奈、タレント、女優
1978年 – 中濱裕之、元プロ野球選手
1978年 – 高木貴行、政治家
1978年 – MC HotDog、ラッパー
1979年 – 堂本剛、歌手(KinKi Kids)
1979年 – 山田優子、ローカルタレント
1979年 – 今村彩子、映画監督
1979年 – ソフィー・エリス・ベクスター、ミュージシャン
1980年 – 福井強、元プロ野球選手
1980年 – 飯尾和也、元サッカー選手
1980年 – 久我未来、俳優
1981年 – 上野弘文、元プロ野球選手
1981年 – マイケル・ピット、俳優
1981年 – 宇塚博之、ミュージシャン(ストレンジドラマ)
1982年 – 高橋久美子、ミュージシャン(元チャットモンチー)
1982年 – アンドレ・イーシアー、元プロ野球選手
1983年 – 別府史之、自転車競技選手
1984年 – 上原あずみ、元歌手
1984年 – 金刃憲人、元プロ野球選手
1984年 – 田畑勇一、お笑い芸人(元田畑藤本)
1984年 – 吉田正樹、元サッカー選手、指導者
1984年 – ゴンサロ・ロドリゲス、元サッカー選手
1984年 – カルロス・アドリアーノ・デ・ジョス・ソアレス(アレモン)、サッカー選手(+ 2007年)
1984年 – マンディ・ムーア、歌手、女優
1985年 – 籾山幸徳、元プロ野球選手
1985年 – ドリュー・ミーキンス、フィギュアスケート選手
1985年 – イゴール・マチプラ、フィギュアスケート選手
1985年 – 岩間よいこ、元お笑いタレント(元パルフェ)
1986年 – 中西健太、元プロ野球選手
1986年 – ヴァンサン・コンパニ、サッカー選手
1986年 – 桜花、お笑いタレント(元トリコロール)
1986年 – フェルナンド・ガゴ、サッカー選手
1986年 – コーリー・クルーバー、プロ野球選手
1987年 – 大津尋葵、俳優
1987年 – 末永仁志、元プロ野球選手
1987年 – マービンJr.、お笑いタレント、元大相撲力士
1987年 – ヘイリー・ウェステンラ、歌手
1987年 – 水卜麻美 、日本テレビアナウンサー
1987年 – マヤ・ガベイラ、サーファー
1987年 – 六反勇治、サッカー選手
1988年 – ハーレイ・ジョエル・オスメント、俳優
1988年 – ウィルソン・マトス、プロ野球選手
1988年 – 太田弦貴、元サッカー選手
1988年 – ユニス・ジェプコエチ・サム、陸上競技選手
1988年 – Nao☆、アイドル(Negicco)
1989年 – チャーリー・カルバーソン、プロ野球選手
1989年 – 三上朋也、プロ野球選手
1990年 – 小林由未子、TBSアナウンサー
1990年 – アレックス・ペティファー、俳優
1990年 – ベン・エイモス、サッカー選手
1990年 – フランチェスコ・ディ・タッキオ、サッカー選手
1990年 – ルイス・マルセロ・モライス・ドス・サントス、サッカー選手
1990年 – クリストフ・ハルティング、陸上競技選手
1990年 – 平賀翔太、元陸上選手
1990年 – イワクラ、お笑いタレント(蛙亭)
1991年 – 横山貴明、元プロ野球選手
1992年 – 徳永祥尭、ラグビーユニオン選手
1992年 – デイジー・リドリー、女優
1992年 – サディオ・マネ、サッカー選手
1992年 – ミシェル=リー・アイ、陸上競技選手[6]
1993年 – 井上尚弥、プロボクサー
1993年 – ソフィア・カーソン、女優
1993年 – 柳川由玲奈、タレント
1993年 – 宮澤茉凜、ギタリスト
1993年 – 土屋まり、アナウンサー
1994年 – 尾崎里紗、テニス選手
1994年 – 鈴木マリナ、DJ
1995年 – 石川倭、騎手
1996年 – 黒沢ともよ、声優、元子役
1996年 – アンドレアス・クリステンセン、サッカー選手
1997年 – 梶原悠未、自転車競技選手
1997年 – 土屋櫻子、女優
1998年 – 新井ひとみ、歌手(東京女子流)
1998年 – 杉浦健二郎、元プロ野球選手
1999年 – 北山亘基、プロ野球選手
2002年 – 畑芽育、モデル、タレント
生年不明 – 白井美香、声優
生年不明 – もりしげ、漫画家(+ 2020年)
生年不明 – 森田鉄也、予備校講師、YouTuber人物以外(動物など)[編集]
1987年 – アイネスフウジン、競走馬(+ 2004年)
1987年 – ダイタクヘリオス、競走馬(+ 2008年)
1991年 – ヤシマソブリン、競走馬
1996年 – オースミブライト、競走馬
1998年 – アグネスゴールド、競走馬
1998年 – タガノテイオー、競走馬(+ 2000年)
1999年 – アドマイヤマックス、競走馬
2001年 – ダンスインザムード、競走馬
2002年 – ヴァーミリアン、競走馬
2005年 – アポロドルチェ、競走馬忌日[編集]
俊寛(1143-1179)、流刑地の鬼界ヶ島で没。断食による自害という
ローマ教皇グレゴリウス13世(1502-1585)没。現在西暦として使われているグレゴリオ暦(西暦)を導入した
徳川家基(1762-1779)急死。「幻の第11代将軍」と呼ばれる
解析力学を創始した数学者ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ(1736-1813)没
ラファエル前派の画家・詩人、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(1828-1882)没。画像は『プロセルピナ』(1874)
ラファエル前派の画家・詩人、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(1828-1882)没。画像は『ベアタ・ベアトリクス』(1863頃)
画家・作曲家、ミカロユス・チュルリョーニス(1875-1911)。画像は『天地創造X』(1906-1907)
メキシコ革命の指導者エミリアーノ・サパタ(1879-1919)、暗殺される
カトリックの小説家イーヴリン・ウォー(1903-1966)
ポーランド大統領レフ・カチンスキ(1949-2010)航空事故死。
879年 – ルイ2世、西フランク王(* 846年)
1179年(治承3年3月2日) – 俊寛、真言宗の僧(* 1143年?)
1533年 – フレゼリク1世、デンマーク王(* 1471年)
1546年(天文15年3月10日) – 龍造寺家兼、肥前国の戦国大名(* 1454年)
1585年 – グレゴリウス13世[7]、ローマ教皇(* 1502年)
1652年(承応元年3月2日) – 栗山利章、福岡藩士(* 1591年)
1709年(宝永6年3月1日) – 大石吉之進、赤穂藩家老大石良雄の次男(* 1691年)
1752年 – ウィリアム・チェゼルデン、外科医、解剖学者(* 1688年)
1756年 – ジャコモ・アントニオ・ペルティ、作曲家(* 1661年)
1779年(安永8年2月24日) – 徳川家基、徳川家治の子(* 1762年)
1813年 – ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ、数学者(* 1736年)
1823年 – カール・レオンハルト・ラインホルト、哲学者(* 1757年)
1882年 – ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、画家(* 1828年)
1882年 – ウィリアム・ハルバート、ナショナルリーグ第2代会長(* 1832年)
1884年 – ジャン=バティスト・デュマ、化学者(* 1800年)
1886年 – 木戸松子、木戸孝允の妻(* 1843年)
1904年 – イサベル2世、スペイン女王(* 1830年)
1906年 – ゲオルギー・ガポン、ロシア正教司祭(* 1870年)
1910年 – ジョージ・ヘンリー・ウィリアムズ、第32代アメリカ合衆国司法長官(* 1823年)
1911年 – サム・ロイド、パズル作家(* 1841年)
1911年 – ミカロユス・チュルリョーニス、画家、作曲家(* 1875年)
1919年 – エミリアーノ・サパタ、メキシコ革命指導者(* 1879年)
1923年 – リーアム・リンチ、アイルランド内戦時のIRA指導者(* 1893年)
1939年 – 新井領一郎、実業家(* 1855年)
1944年 – 下畑卓、児童文学作家(* 1916年)
1954年 – オーギュスト・リュミエール、「映画の父」リュミエール兄弟の兄(* 1862年)
1955年 – ピエール・テイヤール・ド・シャルダン、カトリック司祭、古生物学者、思想家(* 1881年)
1956年 – ジンジャー・ビューモン、メジャーリーガー(* 1876年)
1961年 – 古海卓二、映画監督(* 1894年)
1962年 – スチュアート・サトクリフ、ベーシスト(* 1940年)
1965年 – リンダ・ダーネル、女優(* 1923年)
1966年 – 山下新太郎、洋画家(* 1881年)
1966年 – 川端龍子、日本画家(* 1885年)
1966年 – イーヴリン・ウォー、小説家(* 1903年)
1975年 – ウォーカー・エバンス、写真家(* 1903年)
1976年 – エンリコ・マイナルディ、チェリスト、作曲家、指揮者(* 1897年)
1979年 – ニーノ・ロータ、作曲家(* 1911年)
1982年 – 吉田猪佐喜[8]、プロ野球選手(* 1915年)
1984年 – 神田喜一郎、歴史学者、書誌学者(* 1897年)
1984年 – カール・スプーナー、プロ野球選手(* 1931年)
1985年 – 田中義雄、プロ野球選手、監督(* 1909年)
1988年 – 桑原武夫、フランス文学者(* 1904年)
1989年 – 色川武大(阿佐田哲也)、小説家(* 1929年)
1990年 – フォーチュン・ゴーディエン、陸上競技選手(* 1922年)
1992年 – 末松保和、歴史学者(* 1904年)
1992年 – 扇谷正造、ジャーナリスト(* 1913年)
1992年 – ピーター・ミッチェル、化学者(* 1920年)
1993年 – ラフモン・ナビエフ、タジキスタン初代大統領(* 1930年)
1995年 – 陳雲、中国共産党中央顧問委員会主任(* 1905年)
1995年 – アニー・フィッシャー、ピアニスト(* 1914年)
1995年 – ギュンター・ギヨーム、東ドイツ情報機関の情報員(* 1927年)
1997年 – 黛敏郎、作曲家(* 1929年)
1997年 – 大津あきら、作詞家(* 1950年)
1998年 – 笠原和夫、プロ野球選手、監督(* 1920年)
1999年 – 山田泉、作曲家(* 1952年)
1999年 – ジェームズ・マコーレー、言語学者(* 1938年)
2001年 – ジャン=ガブリエル・アルビコッコ、映画監督(* 1936年)
2002年 – 百武裕司、アマチュア天文家(* 1950年)
2003年 – 西田信一、政治家(* 1902年)
2005年 – 居作昌果、テレビプロデューサー(* 1934年)
2006年 – 菊池徹、南極探検家(* 1921年)
2010年 – レフ・カチンスキ、元ポーランド大統領(* 1949年)
2011年 – 落合勤一、プロ野球選手(* 1947年)
2011年 – 山下律夫、プロ野球選手(* 1944年)
2012年 – 宮崎勇、軍人(* 1919年)
2014年 – 星野行男、政治家、弁護士(* 1932年)
2015年 – 井上普方、政治家(* 1925年)
2015年 – 志賀一夫、政治家(* 1925年)
2016年 – 山岸章、労働運動家(* 1929年)
2017年 – 本岡昭次、政治家(* 1931年)
2020年 – 大林宣彦、映画監督 (* 1938年)
記念日・年中行事[編集]
女性の日。日本では1946年の総選挙で初めて婦人参政権が行使され、39名の女性代議士が誕生した
ヨットの日
女性の日( 日本)
労働省(現在の厚生労働省)が1949年に「婦人の日」として制定。1998年に「女性の日」に改称。1946年のこの日、戦後初の総選挙で初めて婦人参政権が行使されたことにちなむ。この日から1週間が「女性週間」となっている。
100の日( 日本)
一般社団法人人生100年時代協議会が制定。シニアライフに貢献する事業を行う同協議会がこの日を「長寿を願い、老舗の商品(店舗・施設)を利用する日」として啓発活動を実施している。4月10日は1月1日から数えて100日目となることから(閏年では101日目)。
建具の日(良い戸の日)( 日本)
日本建具組合連合会が1985年に制定。「良い(4)戸(10)」の語呂合わせ。
インテリアを考える日( 日本)
日本インテリアファブリックス協会が制定。4月は入学・入社・新学期など新しいこと始まる月であり、10日は「住」と「十」が同音であることから。
ヨットの日( 日本)
ヤマハ発動機が制定。「ヨッ(4)ト(10)」の語呂合わせ。
駅弁の日( 日本)
日本鉄道構内営業中央会が1993年に制定。4月では駅弁の需要拡大が見込まれる行楽シーズンであり、「弁当」の「とう」から10日、さらに「4」と「十」を合成すると「弁」に見えることから。
四万十の日( 日本)
高知県中村市の「四万十の日実行委員会」が1989年に制定。「し(4)まんと(10)」の語呂合わせ。(一般社団法人日本記念日評議会に公式認定済み)
交通事故死ゼロを目指す日( 日本)
2008年制定。統計が取られ始めた1968年以来、死亡事故の起きなかった日は1日も存在しないことに鑑み、内閣府中央交通安全対策会議交通対策本部で、交通死亡事故がこの1日だけは1件も起きないことを願い、全国的に死亡事故防止を呼びかける。
教科書の日( 日本)
社団法人教科書協会が制定。「良(4)い図(十)書」の語呂合わせと、新しい教科書を手にして、教科書に関心が高い時期であることから。
ステンレスボトルの日( 日本)
象印マホービン株式会社が制定。中国語の四の「スー」と英語の10の「テン」で「ステン」と読む語呂合わせ。
シートの日( 日本)
萩原工業が制定。工事現場や建築現場、運動会、お花見、さらには災害時の防護用など幅広い用途で使われるブルーシートを、より多くの人にPRするのが目的。日付は4と10で「シー(4)ト(10)」の語呂合わせと、新年度の節目となることから。
兄弟姉妹の日 ( アメリカ合衆国)
アメリカ合衆国の一部で開催されている。
瀬戸大橋開通記念日( 日本)
1988年(昭和63年)のこの日、本州の岡山県倉敷市と四国の香川県坂出市を結ぶ瀬戸大橋が開通し、本州と四国地方が橋で結ばれた。この橋は約9.4kmの海峡部を結ぶ橋で、道路・鉄道併用の6つの橋から構成されている。フィクションのできごと[編集]
この節の内容に関する文献や情報源が必要です。ご存じの方はご提示ください。「Wikipedia:スタイルマニュアル (フィクション関連)」も参照してください。ガイドラインに沿っていない記述は除去されますのでご注意ください。(2011年6月)年不明 – 日曜日、ルイザ・キャンピオンの卵酒に毒が盛られ、これを飲んだジャッキー・ハッターが中毒する。(『Yの悲劇』プロローグ第2場))
2017年 – レプリカントのリオンが製造される。(映画『ブレードランナー』)
西暦不明 – 五河士道が精霊の1人と出会う。(小説・アニメ『デート・ア・ライブ』)誕生日(フィクション)[編集]
アンダーワールド人界歴361年 – ユージオ、小説・アニメ『ソードアート・オンライン』に登場するキャラクター[9][10][11]
生年不明 – 春野はるか(キュアフローラ)、アニメ『Go!プリンセスプリキュア』の主人公[12][13]
生年不明 – 梓川咲太、小説・アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の主人公
生年不明 – 牧之原翔子、小説・アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』に登場するキャラクター
生年不明 – シャルロット=ヘイゼルリンク、ゲーム・アニメ『プリンセスラバー!』に登場するキャラクター[14]
生年不明 – のらギツネ、漫画・アニメ『ONE PIECE』に登場するキャラクター[15]
生年不明 – 花梨、漫画・アニメ『貧乏神が!』に登場するキャラクター
生年不明 – 馬連華、漫画・アニメ『史上最強の弟子ケンイチ』に登場するキャラクター[16]
生年不明 – 春日楠、漫画・アニメ『神のみぞ知るセカイ』に登場するキャラクター[17]
生年不明 – 鈴木さつき、漫画・アニメ『響け! ユーフォニアム』に登場するキャラクター[18]
生年不明 – ロンブル、漫画『EREMENTAR GERAD』に登場するキャラクター[19]
生年不明 – 戒能良子、漫画・アニメ『咲-Saki-』に登場するキャラクター[20]
生年不明 – 柴崎芦花、漫画『ディーふらぐ!』に登場するキャラクター
生年不明 – 保登心愛、漫画・アニメ『ご注文はうさぎですか?』の主人公[21]
生年不明 – 周藤摩耶、小説・アニメ『護くんに女神の祝福を!』に登場するキャラクター
生年不明 – 夜刀神十香、小説・アニメ『デート・ア・ライブ』に登場するキャラクター
生年不明 – 美竹蘭、メディアミックスプロジェクト『BanG Dream!』に登場するキャラクター[22]
生年不明 – 甘粕真与、ゲーム・アニメ『真剣で私に恋しなさい!!』に登場するキャラクター
生年不明 – 上条春菜、ゲーム・アニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』に登場するキャラクター
生年不明 – 島村抱月、小説・アニメ『安達としまむら』に登場するキャラクター忌日(フィクション)[編集]
2005年 – 尾々井剛、漫画・アニメ『DEATH NOTE』に登場するキャラクター[23]
2005年 – 樹多正彦、漫画・アニメ『DEATH NOTE』に登場するキャラクター[23]
2005年 – 紙村英、漫画・アニメ『DEATH NOTE』に登場するキャラクター[23]
2005年 – 鷹橋鋭一、漫画・アニメ『DEATH NOTE』に登場するキャラクター[23]
2005年 – 奈南川零司、漫画・アニメ『DEATH NOTE』に登場するキャラクター[23]
2005年 – 三堂芯吾、漫画・アニメ『DEATH NOTE』に登場するキャラクター[23]
2009年 – 小沢清貴、ドラマ『アイシテル〜海容〜』に登場するキャラクター[24][25]出典[編集]
[脚注の使い方]
^ “フィギュア=浅田真央が引退会見、「悔いはない」”. ロイター (2017年4月12日). 2017年4月13日閲覧。

^ “これがブラックホールの姿! 史上初、撮影に成功”. AFPBB News. AFP (2019年4月11日). 2019年11月5日閲覧。

^ 森、p. 259

^ Jean Lannes, duc de Montebello French general Encyclopædia Britannica

^ “元南海・安井鍵太郎氏が死去”. サンケイスポーツ (2015年11月10日). 2020年10月31日閲覧。

^ “Michelle-Lee AHYE”. World Athletics. 2021年8月2日閲覧。

^ Gregory XIII pope Encyclopædia Britannica

^ 森岡浩 『プロ野球人名事典2003』 日外アソシエーツ、2003年、620頁。

^ kunoriの2019年3月31日午前1時43分のツイート、2020年5月16日閲覧。

^ kunoriの2019年4月10日午後6時28分のツイート、2020年5月16日閲覧。

^ “CHARACTER|TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」”. 川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project. 2020年6月25日閲覧。

^ “春野はるか咲きほこる花のプリンセス!キュアフローラ!”. ABC・東映アニメーション. 2020年5月16日閲覧。

^ “プリキュア新聞 2015年春号”. 日刊スポーツ新聞社. (2015年3月13日) 

^ “TVアニメ『プリンセスラバー!』Character”. Ricotta/私立秀峰学園社交部. 2020年6月25日閲覧。

^ “のらギツネ”. フジテレビ・東映アニメーション. 2020年6月25日閲覧。

^ 松江名俊 『史上最強の弟子ケンイチ 公式ガイドブック 史上最強の秘伝書』小学館〈少年サンデーコミックス〉、2014年、116頁。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-4-09-125016-2。 

^ 若木民喜 著、キャラメル・ママ 編 『神のみぞ知るセカイ公式ガイドブック』小学館〈少年サンデーコミックススペシャル〉、2013年9月18日、44頁。ISBN 978-4091244512。 

^ “響け! ユーフォニアム NEW CHARACTER”. 『響け!』製作委員会. 2020年5月16日閲覧。

^ 東まゆみ 『EREMENTAR GERADアルティメットガイド』マッグガーデン〈BLADE COMICS〉、2009年3月10日、60頁。ISBN 978-4861276163。 

^ “咲-Saki- Characters”. 小林立公式サイト. 2020年5月16日閲覧。

^ koi 『「ご注文はうさぎですか?」画集 Cafe de Lapin』芳文社、2014年、12頁。ISBN 978-4-83-224448-1。 

^ “美竹 蘭”. バンドリ! ガールズバンドパーティ! 公式サイト. ブシロード. 2020年5月16日閲覧。

^ a b c d e f 小畑健、大場つぐみ 『DEATH NOTE』 13巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2006年10月13日、28-30頁。ISBN 978-4088740959。 

^ “佐藤 詩音 -小沢清貴役- #5”. 日テレ. 2020年6月25日閲覧。

^ “アイシテル-海容- 第8話”. どらま・のーと (2009年6月3日). 2020年6月25日閲覧。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、4月10日に関連するメディアおよびカテゴリがあります。365日: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
前日: 4月9日 翌日: 4月11日
前月: 3月10日 翌月: 5月10日
旧暦: 4月10日
記念日・年中行事表話編歴1年の月と日
今日: 2022年9月22日 [リフレッシュする]1月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29[1]
3月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

4月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

5月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

6月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

8月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

9月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

10月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

12月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

毎月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

その他の日付
1月0日 | 2月30日 | 3月0日 | 12月32日

^ 閏年の閏日

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=4月10日&oldid=91578906」から取得
カテゴリ: 日付4月隠しカテゴリ: 出典を必要とする関連フィクションの記述

評価: 4~5 つ星
レビュー: 8621
再生回数: 7604
[spincontent type=”j”]

4月10日生まれの有名人 Youtube

4月10日生まれの有名人です。
お誕生日おめでとうございます!
#マシューペリー #ジョセフピュリッツァー #永六輔 #松山恵子 #水島新司 #和田アキ子 #スティーヴンセガール #さだまさし #山田ルイ53世 #デューク更家 #赤星憲広 #木村佳乃 #堂本剛 #水卜麻美

♪初音ミクオリジナル/BlueSky
♪初音ミクオリジナル/シューティング☆ラブスター
https://piapro.jp/mootan
ダウンロードはご自由にどうぞ♪

2. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Yomiuri

Yomiuri
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 4 月 10 日 誕生 日 有名人 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5499
[spincontent type=”j”]

3. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Asahi Shimbun

朝日新聞
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 朝日新聞で検索した 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9738
[spincontent type=”j”]

4. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 The Japan Times

The Japan Times
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: ジャパン タイムズで検索した 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9439
[spincontent type=”j”]

5. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Yomiuri Shimbun

読売新聞
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 4 月 10 日 誕生 日 有名人 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2305
[spincontent type=”j”]

6. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Mainichi Shimbun

毎日新聞
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 毎日新聞で見つけた 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6780
[spincontent type=”j”]

7. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Sankei Shimbun

産経新聞
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 産経新聞で検索した 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2921
[spincontent type=”j”]

8. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 4 月 10 日 誕生 日 有名人 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1301
[spincontent type=”j”]

9. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Chunichi Shimbun

中日新聞
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 中日新聞で検索した 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3228
[spincontent type=”j”]

10. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Tokyo Shimbun

東京新聞
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5745
[spincontent type=”j”]

11. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 4 月 10 日 誕生 日 有名人 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8907
[spincontent type=”j”]

12. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 日刊工業新聞で見つけた 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1505
[spincontent type=”j”]

13. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Ainu Times

アイヌタイムス
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: アイヌ タイムズで検索した 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2700
[spincontent type=”j”]

14. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 4 月 10 日 誕生 日 有名人 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6137
[spincontent type=”j”]

15. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Chiba Nippo

千葉日報
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 千葉日報で検索した 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 70 09
[spincontent type=”j”]

16. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Chugoku Shimbun

中国新聞
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 中国新聞で検索した 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 50 40
[spincontent type=”j”]

17. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 Daily Tohoku

デイリー東北
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 4 月 10 日 誕生 日 有名人 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 80 14
[spincontent type=”j”]

18. 4 月 10 日 誕生 日 有名人 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
4 月 10 日 誕生 日 有名人

説明: イースタン クロニクルで検索した 4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8296
[spincontent type=”j”]

4 月 10 日 誕生 日 有名人 に関する質問

4 月 10 日 誕生 日 有名人 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 4 月 10 日 誕生 日 有名人 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 4 月 10 日 誕生 日 有名人 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 4 月 10 日 誕生 日 有名人

4 月 10 日 誕生 日 有名人
方法4 月 10 日 誕生 日 有名人
チュートリアル 4 月 10 日 誕生 日 有名人
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: