あなたは 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) を共有します。 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

この項目では、「フィット」のガソリン車およびe:HEV車について説明しています。
2代目・3代目に設定のハイブリッド車については「ホンダ・フィットハイブリッド」をご覧ください。
フィットシャトルについては「ホンダ・フィットシャトル」をご覧ください。

画像提供依頼:HOMEやCROSSTAR以外の内外装の画像提供をお願いします。(2020年3月)ホンダ・フィット
4代目HOME概要別名
ホンダ・ジャズ (ハッチバック)(初代 – 、中国、北米、南米を除く海外向け)ホンダ・ライフ(4代目)製造国
日本 タイ 中国 ブラジル インド フィリピンなど販売期間
2001年 -ボディボディタイプ
5ドアハッチバック駆動方式
FF/4WD系譜先代
ホンダ・ロゴテンプレートを表示フィット(Fit、FIT)は、本田技研工業が生産・販売しているハッチバック型の小型乗用車である。

概要[編集]
日本では2001年6月にロゴの後継車として登場した。軽自動車を除くホンダの乗用車では最も小型であり、同時期同クラスの他車種と比べて優れた低燃費性能・立体駐車場に入庫可能な車高でありながら広い室内空間と広いラゲッジスペース・シンプルながら洗練されたスタイルなどで老若男女誰にでも適合する万能車であり、きわめて割安な価格も実現したことで空前の大ヒット、コンパクトカーのベンチマークの一つとして評されている。2002年には日本国内における年間販売台数で33年間トップを守り続けたトヨタのカローラを上回りトップとなった。
センタータンクレイアウトと呼ばれるホンダ独自の特許技術により、同クラスのコンパクトカーよりも広い室内空間を実現している。

初代 GD1/2/3/4型(2001年 – 2007年)[編集]
ホンダ・フィット(初代)GD1/2/3/4型
1.3W 4WD(2004年6月 – 2005年12月)
1.3W 4WD (2004年6月 – 2005年12月)
1.3W 4WD 室内 (2004年6月 – 2005年12月)概要別名
欧州・アジア:ホンダ・ジャズ (ハッチバック)(2代目)製造国
日本 鈴鹿市 タイ アユタヤ 中国 広州市 ブラジル サンパウロ インド フィリピン ラグナ州販売期間
2001年6月 – 2007年10月ボディ乗車定員
5名ボディタイプ
5ドア ハッチバック駆動方式
前輪駆動/四輪駆動パワートレインエンジン
L12A型:1.2L 直4 SOHC i-DSI(欧州仕様)L13A型:1.3L 直4 SOHC チェーン駆動 i-DSIL15A型:1.5L 直4 SOHC チェーン駆動 VTEC最高出力
L13A型:63kW (86PS) /5,700rpmL15A型:81kW (110PS) /5,800rpm最大トルク
L13A型:119N·m (12.1kgf·m) /2,800rpmL15A型:143N·m (14.6kgf·m) /4,800rpm変速機
CVT(ホンダマルチマチックS)5速MT5速AT(北米仕様)サスペンション
前:マクファーソンストラット後 (FF) :車軸式後 (4WD) :ド・ディオン式車両寸法ホイールベース
2,450mm全長
3,830 – 3,850mm全幅
1,675mm全高
1,525 – 1,550mm車両重量
990 – 1,110kgその他販売終了前月までの新車登録台数の累計
98万5931台[1]系譜先代
ホンダ・ロゴテンプレートを表示プラットフォームにはセンタータンクレイアウトを採用したグローバルスモールプラットフォームが採用されている。このプラットフォームは、のちにモビリオ、モビリオスパイク、フィットアリア、エアウェイブ、そして、欧州向け3代目シビック(3ドアおよび5ドアハッチバック)にも採用された。
発売当初の搭載エンジンは、新機構である「i-DSI」を採用したL13A型エンジンのみで、トランスミッションは、ホンダマルチマチックSと呼ばれるCVTのみの設定であったが、後に1.5L VTEC仕様のL15A型エンジンとホンダマルチマチックS+7スピードモード(7速自動変速モード)が、また、1.5LのFF車に5速MTが追加された(1.5AのMT仕様は遅れて追加)。なお、この初代GD系のMT車を除くホンダマルチマチック車はその後、発進時の振動(ジャダー)問題が多発し、ミッションの保証期間が2年間延長された[2]。保証延長後も発進時の振動(ジャダー)問題は根本的な解決にはなっておらず、中古車市場でGD系フィット、プラットフォームを共有するモビリオ(スパイク含)、フィットアリア、エアウェイブの中古車価格の早期下落に拍車がかかった。
デビュー当初の日本国内での月販目標台数は8,000台だったが、受注台数は発表後1か月でそれを大きく上回る約48,000台を記録した。この数値は3代目プリウスが出るまでは日本車歴代トップだった。その年の10月、グッドデザイン賞を受賞[3]し、11月には2001-2002「日本カー・オブ・ザ・イヤー」[4]と2002「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞[5]。さらに、同年(2002年)の日本国内での年間販売台数で33年間トップを守り続けたトヨタのカローラを上回りトップとなった[6]。2007年6月末に、世界累計販売台数が200万台を達成した[7]。

年表[編集]
2001年5月18日
新世代エンジン「iシリーズ」の第2弾として、1.3L 4気筒ガソリンエンジン「i-DSI」を新開発。同年6月発表予定の新型スモールカーに搭載すると発表[8]。
2001年6月21日
「フィット」を発表[9]。(6月22日発売。ただし4WD車は7月31日、福祉車両のフィット・アルマスは9月上旬より発売)
キャッチフレーズは「思い立ったが吉日生活」。当初は「W」・「A」・「Y」の3タイプが設定された。月販目標台数は8,000台2001年11月15日
2001-2002日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞[4]。
2001年11月20日
2002RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞[5]。
2002年1月10日
2001年6月の発売から2001年12月末までの約6か月で累計販売台数10万台を達成[10]。
ホンダの登録車としては、「ストリーム」の10か月を上回る、過去最短期間での達成となった。
2002年7月4日
2001年6月の発売から1年未満で累計販売台数20万台を達成[11]。
ホンダの登録車としては、「オデッセイ」の発売21か月を上回る、過去最短期間での達成となった。
2002年9月12日
1.5Lエンジン搭載車「1.5T」を追加[12]。(9月13日発売。「フィット・アルマス 1.5T」は10月15日発売)
「1.5T」は新開発の1.5Lエンジン「L15A」型エンジンと「ホンダマルチマチックS+7スピードモード」を搭載。専用のメーカーオプションとしてハーフシェイドウィンドウ、オートエアコン、電動格納ミラーをパックにした「Lパッケージ」や大型テールゲートスポイラー[注 1]などを設定した。
2002年11月14日
「1.3A」と「1.3W」を一部改良[13]。
HIDヘッドライトやハイマウントストップランプがメーカーオプションに設定され、キーレスエントリーにアンサーバック機能を追加した。
2003年1月9日
2002年国内累計販売台数が250,790台となり、日本国内の登録車販売において第1位になったと発表[6]。
2002年12月には、発売後約1年半で日本国内累計販売台数が35万台を突破したことを合わせて発表。
2003年4月10日
1.3L・FF車を改良し「超−低排出ガス」認定を取得[14]。(4月11日発売。「フィット・アルマス」は4月18日発売)
2003年4月23日
ブラジルでの現地生産を開始[15]。
2003年10月6日
2001年6月の発売後28か月目で、日本国内販売累計50万台を達成したと発表[16]。
2003年10月21日
一部改良[17]。(同日発売。「フィット・アルマス」は11月7日発売)
内装に「シフォンベージュインテリア」を設定した(「1.3Y」を除く)。新たに「Hondaスマートカードキーシステム(イモビライザー機能付)」を設定した[注 2]。「超-低排出ガス」認定を全タイプに拡大した。さらに、サスペンションチューニング、フロントスタビライザー径のアップ、フロア改良により乗り心地や操縦安定性を向上したほか、パワーステアリングモーターの容量アップや低フリクション化によりより自然なステアリングフィールを実現した。「1.5T」のFF車にはリアディスクブレーキが追加設定された(15インチアルミホイールとセットオプション)。ボディーカラーに「ショアラインベージュ・メタリック」を追加された代わりに、「エターナルブルー・パール」が廃止された。また「1.3W」に設定されていた本革巻ステアリングホイールは廃止された。
2003年11月18日
タイで「ジャズ(Jazz)」の生産・販売を開始[18]。
2003年12月25日
一部改良[19]。(2004年1月13日発売)
ボディカラーに「マッチャクレム」、「カラメルクレム」を新設定したほか「バニラクレム」を全国限定3,000台の限定色として追加。また、全タイプが平成17年排出ガス規制に適合し、1.3L車が「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」を、1.5L車が「平成17年排出ガス基準50%低減レベル(☆☆☆)」をそれぞれ取得した。
2004年6月10日
マイナーモデルチェンジ[20]。(6月11日発売)
キャッチフレーズは「あなたの自由にフィットする」。
1.3L車は専用エアロバンパーとサイドステップなどを装備したスポーティグレードの「S」を追加し、1.5L車は従来の「T」が廃止され、1.3L車と同じスポーティグレードの「S」、ベーシックグレードの「A」、上級グレードの「W」の3グレードとなり、「W」と「S」のFF車に5速MT仕様が追加された(後にAにも追加)。ホンダマルチマチックS+7スピードモードはパドルシフト式に改良された。バンパーやフロントグリルを変更し、LEDブレーキランプおよびテールランプ(全車)、LEDドアミラーウインカー(一部)を装備した。内装ではステアリングホイール、シフトノブのなどのデザインが変更された他にメーターを一新し、1.5L車は自発光タイプとなる。また、エンジンなどをさらに高効率化したことで全車「平成22年度燃費基準+5%」を達成した。
2004年12月16日
1.3A特別仕様車「ウエルカム エディション」を発売[21]。
「1.3A」をベースに、Hondaスマートカードキーシステム(イモビライザー機能付)、ドアミラーウィンカー (LED) 、エアクリーンフィルターなどを装備し機能を充実するとともに、専用ボディカラー「クリスタルアクア・メタリック」を設定。
2005年4月14日
両腕が不自由な人向けに両足で運転できる足動運転補助装置「Honda・フランツシステム」搭載車を設定[22]。
2005年6月24日
本田汽車(中国)有限公司がジャズの欧州への輸出を開始[23]。
2005年12月8日
マイナーモデルチェンジ[24]。(12月9日発売。助手席回転シート車は2006年1月6日発売)
キャッチフレーズは「Big performance」で、CMにはマリア・シャラポワが起用された。
フロントグリル、前後ランプ周りのデザインを変更。スポーティーグレードの「1.3S」・「1.5S」は、フロントディスクブレーキ径を14インチに拡大し、リアディスクブレーキ(それ以前は、1.5L FFのみメーカーオプション)と15インチアルミホイールを標準装備化するなどより差別化が図られ、4WD車が廃止された。また、キーレスシステムが「Hondaスマートキーシステム」となり、「1.5W」に標準装備、「1.3/1.5S」と「1.3W」にオプション設定された。また、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」を全タイプに拡大認定された。ボディカラーは4色が追加された。
2006年1月10日
北米国際自動車ショーにおいて、2006年4月に発売を予定している米国向け「フィット」を発表[25]。
2006年7月6日
1.3A特別仕様車「コンフォート エディション」、「HDDナビ コンフォート エディション」を発売[26]。
2006年12月21日
「1.3AU」を追加し、1.3AU特別仕様車「HDDナビ エディション」、1.5A特別仕様車「HDDナビ エディション」を発売[27]。
「1.3A」をベースに、プライバシーガラスや電動格納ドアミラー(LEDドアミラーウィンカーなし)を標準装備し、装備内容を見直した「1.3AU」を追加した。同時に「1.3AU」と「1.5A」をベースに「Honda HDDインターナビシステム」を装備した特別仕様車「HDDナビエディション」を発売した。HDDナビのほかに1.3L車にはマイクロアンテナを、1.5L車には電動格納式リモコンドアミラー(LEDドアミラーウィンカー付)、アレルフリー高性能脱臭フィルターなどを追加装備している。
2007年6月14日
1.3A特別仕様車「HID エディション」、「HDDナビ HID エディション」、1.5A特別仕様車「コンフォート エディション」、「HDDナビ コンフォート エディション」を発売[28]。
1.3A特別仕様車「HID エディション」はディスチャージヘッドライト<HID>、プライバシーガラス、マイクロアンテナを、1.5A特別仕様車「コンフォート エディション」にはフルオートエアコン、イモビライザーを装備した。さらに2タイプ共通で電動格納式リモコンカラードドアミラー(LEDドアミラーウィンカー付)、アレルフリー高機能フィルターなども装備を機能を充実させた。また、前述の装備に加えHonda HDDインターナビシステムを装備した「1.3A HDDナビ HID エディション」・「1.5A HDDナビ コンフォート エディション」も同時発売した。
2007年7月17日
「フィット」および「ジャズ」の世界累計販売台数が、2007年6月末で200万台を達成したと発表[7]。
2007年9月[29]
生産終了。在庫対応分のみの販売となる。
2007年10月
2代目と入れ替わる形で販売終了。
2009年10月21日(補足)
日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010特別賞『Best 3rd Decade Car賞』を受賞。

初期型(2001年6月 – 2004年6月)

初期型(2001年6月 – 2004年6月)後面

改良型(2005年12月 – 2007年10月)

北米仕様

中国仕様

中国仕様 後面

2代目 GE6/7/8/9型(2007年 – 2013年)[編集]
ホンダ・フィット(2代目)GE6/7/8/9型
13G/13L 改良型(2010年10月 – 2012年5月)前面
13G/13L 後面
初期型(2007年10月-2010年10月)室内概要別名
欧州・アジア:ホンダ・ジャズ (ハッチバック)(3代目)販売期間
2007年 – 2013年ボディ乗車定員
5名ボディタイプ
5ドア ハッチバック駆動方式
前輪駆動 / 四輪駆動パワートレインエンジン
L12B型:1.2L 直4 SOHC i-VTEC(日本仕様未搭載)L13A型:1.3L 直4 SOHC i-VTECL15A型:1.5L 直4 SOHC i-VTEC最高出力
L13A型:73kW (99 – 100PS) /6,000rpmL15A型:88kW (120PS) /6,600rpm最大トルク
L13A型:126 – 127N·m (12.8 – 13.0kgf·m) /4,800rpmL15A型:145N·m (14.8kgf·m) /4,800rpm変速機
CVT5速 / 6速MT5速AT6速セミAT(i-SHIFT)(欧州仕様)サスペンション
前:マクファーソンストラット後 (FF) :車軸式後 (4WD) :ド・ディオン式車両寸法ホイールベース
2,500mm全長
初期型:3,900 – 3,920mm改良型:3,900 – 3,915mm全幅
1,695mm1,720mm(フィットEV)全高
1,525 – 1,550mm車両重量
990 – 1,170kgその他販売終了前月までの新車登録台数の累計
106万9961台[30]テンプレートを表示ハイブリッド車についてはフィットハイブリッドを参照
2007年10月18日に2代目へのフルモデルチェンジが発表され、日本では10月26日に販売が開始された。月間販売目標は12,000台と発表されている。
先代と比べてボディは一回り大きくなり、全幅は5ナンバーサイズいっぱいの1,695mmとなった。スタイリングは先代GDのキープコンセプトを基本にシャープさと流麗さを取り入れ男性層にもアピールし2代目GE・GP1系も先代に続き大ヒットとなった。
エンジンは従来どおりのL13AおよびL15Aであるが、i-VTEC仕様に改良された(L13A:100PS, L15A:120PS)。L13A型はi-DSIから1バルブ休止型VTECへ、L15A型は1バルブ休止型VTECから低速域と高速域で切り替える高出力型VTECへ変更となった。後者については、新たに低速側のロッカーアームを高強度アルミ材を用いたL字型とすることで、従来の高出力型VTECでは3つのロッカーアーム(及び3つのカムローブ)が必要だったのに対し、コンパクトな2ロッカーで低速域と高速域を切り替える構造とした
トランスミッションは、FF仕様にはCVTが組合わされ、4WD仕様には5速ATが組合わされている。CVTは初代で採用されたクラッチ部に湿式多板クラッチを使用したタイプに替わり、ホンダでは初採用となった、クラッチ部にトルクコンバータを使用したタイプが採用された。当初、1.5L仕様はスポーツグレードの「RS」のみで、FF仕様には5速MTも組合わされていた。
2009年6月10日にはインド市場にもジャズが投入された。パワートレーンは1.2L i-VTECエンジンと5速MTの組み合わせのみとなる[31]。また、同年10月7日に英国スウィンドン工場でもフィットの生産が開始された[32]。
2010年10月8日にマイナーモデルチェンジを実施し、エクステリアを変更。RSには同クラスの日本車で初採用となる6速MTが採用された。同時にフィットハイブリッドを新設定した。

年表[編集]
2007年10月18日
フルモデルチェンジ[33]。(10月26日発売)
キャッチフレーズは「進化とは、フィットすること。」で、CMソングはクイーンの『イッツ・ア・ビューティフル・デイ』。
1.3L車は「G」と「L」の2タイプ、1.5L車は「RS」のみとなる。
2007年11月21日
2007-2008日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞[34]。
2007年12月6日
2001年6月の発売から6年6か月(78か月目)で、日本国内販売累計100万台を達成した、と発表[35]。
この記録は1997年4月発売の「ライフ」の79か月目を上回りホンダとして最速である。
2008年4月4日
2007年度(2007年4月-2008年3月)の販売台数が148,253台となり、日本国内の登録車販売において第1位になった、と発表[36]。
フィットが登録車の年度累計販売台数で第1位となったのは、2002年度(2002年4月-2003年3月)以来2回目である。
2008年6月19日
特別仕様車「ハイウェイ エディション」を発売[37]。
全タイプに設定されており、共通でETC車載器、ハーフシェイド・フロントウィンドウ、「コンフォートビューパッケージ(FF車のみ。4WD車はベース車に標準装備)」が装備される他、「G」には「Fパッケージ」※の装備が、「L」にはHIDヘッドライトが、「RS」には「Sパッケージ」の装備がそれぞれ追加され、「RS」の5速MT車にはさらに「Hondaスマートキーシステム」も追加される。
※「Fパッケージ」の装備
ドアミラーウインカー、電動格納式リモコンカラードドアミラー、高熱線吸収/UVカット機能付プライバシーガラス(リアドア/リアクォーター/テールゲート)、運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)、セキュリティアラーム(国土交通省認可品)、アレルフリー高性能脱臭フィルター2009年1月8日
2008年(1月-12月)の販売台数が174,910台となり、登録車販売において第1位となったと発表[38]。
ホンダの登録車が年間累計販売台数で第1位となったのは、初代フィットが2002年に獲得して以来2回目である。
2009年5月21日
特別仕様車「スマートスタイル エディション」を発売[39]。
「G」・「L」をベースに人気の高い「Hondaスマートキーシステム」や専用スウェード調ファブリックシート、専用フロントグリルなどを特別装備とした。
2009年7月6日
2009年上半期(1月-6月)の販売台数が65,589台となり、登録車販売において第1位となったと発表[40]。
2009年7月13日
「フィット」のハイブリッドモデルを2010年中に、日本国内で販売開始すると発表[41]。
2009年11月26日
一部改良[42]。
フロントコーナー(三角窓)に高熱線吸収/UVカット機能付ガラスを採用するとともに、「L」にはHIDヘッドライト、本革巻ステアリングホイール、エアコン連動温調機能付アッパーグローブボックスを、「RS」にはテールゲートスポイラーをそれぞれ標準装備し、「RS」のFF車は新デザインの16インチアルミホイールを採用した。同時に新タイプとして、「G」の装備にHondaスマートキーシステム、ETC車載器、ハーフシェイド・フロアウィンドウ、バニティミラー付サンバイザー(助手席側)、「Fパッケージ」の装備品を追加した「G・スマートセレクション」並びに「G・スマートセレクション」の装備に加え、LED仕様のリアコンビネーションランプ、クルーズコントロール、フルオート・エアコンディショナー、運転席&助手席シートヒーターなどを装備した1.5L車「X」を追加した。なお同じ1.5L車の「RS」は4輪ディスクブレーキだが、この1.5L車「X」のリヤブレーキは15インチ専用ドラムブレーキを採用している。また、1.3L・FF車(「L」を除く)にも5速MT車を追加した。
2010年5月17日
特別仕様車「シーズ(She’s)」と「スポーティ エディション」を発売[43]。
特別仕様車「シーズ(She’s)」は「1.3G」をベースに、Hondaスマートキーシステム、ETC車載器を装備し、ピンク系の加飾を施した専用インテリアを採用した。同じく「1.3G」をベースとした特別仕様車「スポーティ エディション」は15インチアルミホイール、リヤスタビライザー、テールゲートスポイラー、ディスチャージヘッドライト<HID>などを特別装備とした。なお、「シーズ」・「スポーティ エディション」ともに「Fパッケージ」の装備品も装備される。
2010年8月26日
同年10月にマイナーモデルチェンジ予定の「新型フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開[44]。「フィット ハイブリッド」を新たに追加することを合わせて発表。
2010年10月6日
同年9月末時点で日本国内累計販売台数150万台を達成したと発表[45]。
初代モデルの発売から9年4か月での達成は1997年から発売されている軽自動車ライフの10年6か月を上回り、ホンダ車としての最短記録となった
2010年10月8日
マイナーモデルチェンジにより後期型となる。「フィット ハイブリッド」を追加
キャッチフレーズは「人にフィットする。」で、CMソングはミック・ジャガーの「エブリバディ・ゲッティング・ハイ」。
1.3L車の「13G」と「13L」の外観は、空気抵抗を低減し燃費向上にも寄与するデザインに変更されたほか、CVT車には「ECONモード」を追加した。また、「13G」と「13G・スマートセレクション」にはスムーズな駐車をアシストする「Hondaスマートパーキングアシスト・システム」をメーカーオプションとして新たに設定した。
1.5L車の「15X」はクロームメッキ専用フロントグリルやリアライセンスガーニッシュを施した外装とブラウン基調の専用シート、クロームメッキ加飾や高輝度メタリック塗装を施した内装で質感の向上が図られた。また、CVT再セッティングとエンジンアンダーカバー&フロアアンダーカバーの追加で空気抵抗を低減させる事による燃費の向上と共にボンネットフードインシュレーター等を追加装備する事で吸音・遮音性能を向上させてより高い静粛性も実現した。
「RS」は、初代シビックの「1200RS」をイメージしたオレンジ色の専用色を設定したほか、専用外観デザインや2トーンカラー専用シート表皮、本革巻スポーツタイプ・ステアリングホイールなどを採用した。さらに、CVT車にはパドルシフトを、MT車は同クラスの日本車では初の6速MTに変更すると共に、スタビライザー径の変更、サスペンション、EPS、エキゾーストシステムの専用セッティングを行うことで、よりダイナミックな走りも実現した。なお「RS」の4WDは廃止した。
2010年11月18日
新型EVコンセプトモデル「フィットEVコンセプト」を2010年ロスアンゼルスオートショーで発表[46]。
フィットEVのプロトタイプ車を用いた実証実験を、2010年内に日米において開始するとともに、2012年の発売を目指すと発表。
2011年7月6日
2011年上半期(1月-6月)の販売台数が88,282台となり車名別新車販売台数において第1位となったと発表[47]。
「フィット」が車名別新車販売台数において、上半期で第1位となるのは2002年以来2回目となった。
2011年8月22日
10周年特別仕様車「13G・10th アニバーサリー」を発売[48]。
発売10周年を記念した特別仕様車「13G・10thアニバーサリー」は「13G」をベースに、専用メタリック塗装のフロントグリルとフルホイールキャップ(スパークルシルバー)、Hondaスマートキーシステム(2個付)、ETC車載器、ハーフシェイド・フロントウィンドウ、バニティミラー付サンバイザー(助手席側)、Fパッケージなどを装備し、専用ブラックインテリアを採用した。
2011年10月13日
10周年特別仕様車「13G・10th アニバーサリーII」、「RS・10th アニバーサリー」を発売[49]。
「13G・10th アニバーサリーII」は、同年8月に発売した「13G・10thアニバーサリー」の特別装備に加え、新たにバックモニター付オーディオ+USBジャック、IRカット<遮熱>/UVカット機能付フロントウインドウガラス、クロームメッキ・エアコンアウトレットノブ/リングを追加。また、Hondaスマートキーシステムのキーを通常の1個に変更し、専用ブラウンインテリアを採用した。「RS・10th アニバーサリー」は「RS」をベースにキーレスエントリー一体型キーを1個追加し、オレンジステッチ入り専用ブラックインテリア、16インチ専用アルミホイール、クロームメッキ・メーターリングを特別装備とした。
2011年11月17日
2011年ロスアンゼルスオートショーにて「フィットEV」の市販モデルを発表[50]。
2012年5月24日
マイナーモデルチェンジ[51]。キャッチフレーズは「すっとFIT」で、CMソングは美空ひばりの「魅惑のワルツ」。[注 3]空力性能やCVT効率の向上により、1.3L・CVT車で燃費が向上した。LEDコンソールライト、LEDドリンクホルダーイルミネーション、全席3点式ELRシートベルト&ヘッドレストを全車に標準装備し、一部タイプにはVSAも標準装備された。あわせて、2010年5月に特別仕様車として発売された「She’s(シーズ)」をラインアップに追加。新たにスーパーUVカット・フロントドアガラス、プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコン、アレルクリーンシート、カラードフロントグリル装備した。また「15X」は装備内容を変更し「15XH」に改称するとともに、「13L」を廃止した。ボディカラーには「She’s」専用色など2色を追加した。
2012年8月31日
「フィットEV」のリース販売を、自治体や企業に向けに開始[52]。
「フィット」の基本パッケージをベースに、燃料電池電気自動車FCXクラリティにも採用している、小型でありながら力強い加速性能を持つギアボックス同軸モーターを採用し、PCU(パワーコントロールユニット)とともに車体フロント部に集約配置することで「フィット」と同レベルのゆとりのある空間を実現。また、ブレーキペダル操作部とブレーキ動作部を独立し、ブレーキ動作部にブラシレスモーター・減速ギア・ポールネジを採用することでブレーキペダルの踏み始めから停止間際までの減速エネルギー回収を実現するとともに、モータートルク減速と液圧ブレーキの配分が変わってもドライバーに違和感を覚えさせない自然なブレーキフィールも実現する電動サーボブレーキシステムも採用したことで、JC08モードにおける一充電走行距離で225kmを実現した。リチウムイオンバッテリーには東芝製の「SCiB」を採用し、金属製のロアケースの上に樹脂カバーで覆い、モジュール化して床下に並べて固定した状態で配置し、バッテリーパック後方に2つの冷却ファンも設置したことで、走行と充電を繰り返してもバッテリーの上限温度を超えることがなくなり、温度上昇によるパワーダウンの回避と長期使用における耐久性向上を実現した。デザインも専用仕様となっており、発熱量が少ないEVの特性を活かして冷却のためのフロント開口部を最小化するとともに、メッキグリルをフロントバンパーと融合させてヘッドランプをつなげた未来感あるデザインとした。ボディカラーは新色の「リフレクションブルー・パール」のみの設定である。ちなみに車幅は1,720mmで、当時のフィットでは唯一の3ナンバーであった。
2012年10月4日
特別仕様車「ファインスタイル」を発売[53]。
4タイプが設定されており、HIDヘッドライト(ハイ/ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付)を「13G・スマートセレクション」と「She’s」に標準装備するとともに、「13G・スマートセレクション」にはフルオート・エアコンディショナー、ブルーステッチ入り専用ブラックシート、運転席アームレスト、「She’s」には運転席&助手席シートヒーターとETC車載器も標準装備された。「15XH」にはグランスムース&スウェード調ファブリックコンビインテリア、ダークガンメタリック塗装のセンターパネル・アッパーグローブボックスリッド・ステアリングガーニッシュ、本革巻CVT/ATセレクトレバー、シルバーリング塗装セレクトレバーエスカッション、専用15インチアルミホイールを、「RS」には専用塗装16インチアルミホイールとHondaスマートキーシステム(1個付)をそれぞれ標準装備した。
2012年10月23日
ブラジル専用の派生仕様「FIT twist」をサンパウロ国際モーターショー2012で発表[54]。
専用フロントグリルやルーフレール、専用シート表皮などを採用しSUV調の意匠を施したモデルである。
2013年4月4日
「フィット」シリーズ[注 4]の日本国内累計販売台数が同年3月31日時点で200万台を突破したことを発表[55]。
発売から11年10ヵ月目での200万台突破はホンダとしては当時の最速記録となった[注 5]。
2013年8月[56]
生産終了。在庫対応分のみの販売となる。
2013年9月
3代目のフルモデルチェンジに伴い販売終了。

初期型

初期型 後面

初期型 RS

初期型 RS 後面

初期型 RS 室内

2010年10月改良型 RS

2010年10月改良型 RS 後面

15X

15X 後面

13G・10thアニバーサリー

13G・10thアニバーサリー リア

北米仕様

北米仕様 後面

EV(北米仕様)

3代目 GK3/4/5/6型 (2013年 – 2020年)[編集]
ホンダ・フィット(3代目)GK3/4/5/6型
2017年6月改良型 RS・Honda SENSING

概要別名
欧州・アジア:ホンダ・ジャズ (ハッチバック)(4代目)販売期間
2013年9月6日 – 2020年2月12日(発表:2013年9月5日)ボディ乗車定員
5名ボディタイプ
5ドアハッチバック駆動方式
前輪駆動 四輪駆動パワートレインエンジン
L13B型:1,317cc 直列4気筒DOHCL15B型:1,496cc 直列4気筒 直噴DOHC「ハイブリッド車」についてはフィットハイブリッドを参照最高出力
L13B型:73kW (100PS)/6,000rpmL15B型:97kW (132PS)/6,600rpm最大トルク
L13B型:119N·m (12.1kgf·m)/5,000rpmL15B型:155N·m (15.8kgf·m)/4,600rpm変速機
無段変速オートマチック(CVT)5速MT[注 6]6速MT[注 7]サスペンション
前:マクファーソン式後:車軸式(FF)後:ド・ディオン式(4WD)車両寸法ホイールベース
2,530mm全長
3,955mm(2013年9月-2017年6月)3,990mm(2017年6月-)4,045mm[注 8](2017年6月-)4,005mm[注 9](2018年7月-)全幅
1,695mm全高
1,525mm(FF)1,550mm(4WD)車両重量
970-1,130kg(2013年9月-2017年6月)1,010-1,150kg(2017年6月-)その他ブレーキ
前:油圧式ベンチレーテッドディスク後:油圧式リーディング・トレーリング後:油圧式ディスク[注 10]2015年6月までの新車登録台数
38万1805台[57]テンプレートを表示ハイブリッド車についてはフィットハイブリッドを参照
3代目は、世界のコンパクトカーのベンチマークにふさわしいクルマを目指して開発が行われた。初代からの設計思想は継承しつつ、パワートレインや車体を新設計にしたことで性能を向上させた。デザインコンセプトを「EXCITING H DESIGN!!!(エキサイティング エイチ デザイン)」と定義し、日本を含むグローバル市場におけるホンダの最量販車となることを目標とした。通称は、CMで使用されていた「FIT3」。
先代モデルに対して、全長は40~55mm、ホイールベースは30mm延長されたが、全幅は先代と同数値の1,695mmで、5ナンバーサイズを維持した。
パワートレインは「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」を導入して全面刷新され、全てエンジンがSOHCからDOHCに切り替えられた。1.3L車はエンジンにアトキンソンサイクル仕様のL13B型を搭載。アイドリングストップを採用することで、燃費は26.0km/L(「13G」、JC08モード 国土交通省審査値)に向上した。1.5L車は直噴エンジンのL15B型を搭載し、最高出力は10%向上した。なお、燃費向上により、「RS」の6速MT車を除く全車が「平成27年度燃費基準(「13G」を除く1.3L・FF・CVT車は+10%、「13G」は+20%)」を達成した。
プラットフォームも新設計となり、初代から続くセンタータンクレイアウトを継承しつつ室内空間やパッケージの自由度を最大限に高め、製造手法や解析方法を刷新したことで軽量化と高剛性化を図った。防音材や遮音材の適応面積を最大化したことで静粛性能を向上させるとともに、段差の乗り越え時に発生するショックノイズも大幅に低減させた。シャシーはサスペンションを新設計にしたことで、操舵安定性と乗り心地の改善を目指した。
安全性能も強化され、VSAやヒルスタートアシスト機能に加え、急ブレーキ時にハザードランプが点滅し、後続車に注意を促すエマージェンシーストップシグナルも標準装備されたほか、衝突被害軽減ブレーキの一種である、追突や発進時の事故被害の軽減し、安全運転をサポートする「City-Brake Active system(シティブレーキアクティブシステム)」を新開発し、サイドカーテンエアバッグシステムと前席用i-サイドエアバッグシステム(連続容量変化タイプ)とのセットオプション「あんしんパッケージ」を設定した。

年表[編集]
2013年7月19日
3代目を同年9月に発売予定、と発表[58]。
2013年9月5日
フルモデルチェンジ[59]。(9月6日発売)
キャッチフレーズは「すべての車が、ひとつの車に。」。
ガソリン車のグレード体系は1.3Lの標準モデル「13G」、1.5Lの上級モデル「15X」、スポーティモデル「RS」の3グレードが基本となっており、「13G」には電動格納式リモコンカラードドアミラー(LEDドアミラーウィンカー付)、Hondaスマートキーシステム、ハーフシェイド・フロントウィンドウ、ULTR SEAT(ウルトラシート)等の快適装備をプラスした「Fパッケージ」、LEDヘッドライト、フルオート・エアコンディショナー等を追加した「Lパッケージ」、「RS」と同形状の大型テールゲートスポイラー、サイドシルガーニッシュ、リアバンパーを採用するとともに、パドルシフト、15インチアルミホイールなどを追加したスポーティ仕様「Sパッケージ」を設定。「15X」はLEDヘッドランプ、コンビシート(プライムスムース×ファブリック)&専用インテリア、本革巻ステアリングホイール、クルーズコントロールなどを追加した「Lパッケージ」が設定される。また、「13G・Fパッケージ」と「RS」には先代同様 MT車も設定される(前者は5速MTで、ECONモードが非装備、コンフォートビューパッケージのオプション設定が無しとなる。後者は6速MTとなる)。
ガソリン車のボディカラーは、新規開発色の「ティンテッドシルバー・メタリック(有料色)」、「アトラクトイエロー・パール(有料色)」、「ライトベージュ・メタリック」[注 11]、「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」の4色に加え、先代から継続設定となる「プレミアムホワイト・パール(有料色)」、「アラバスターシルバー・メタリック」、「クリスタルブラック・パール」、「ミラノレッド」[注 12]、「サンセットオレンジII」[注 13]、新設定の「プレミアムノーザンライツバイオレット・パール(有料色)」[注 14]、の全10色を設定[60]。
2014年1月14日
2014年北米国際自動車ショーにおいて北米仕様を公開[61]。
北米仕様のパワートレインはL15B型エンジンと新開発のCVTが採用され、2014年春より稼働するメキシコの新四輪車工場において生産する、と発表。
2014年4月25日
一部仕様向上
「13G・Fパッケージ」のFF・CVT車と「13G・Lパッケージ」のFF車においてJC08モード燃費を0.2km/L向上したことで、「平成27年度燃費基準+20%」を達成。(公式発表なし)
2014年10月9日
ガソリン車を一部改良[62]。(10月10日発売)
「13G」・「13G・Fパッケージ」を除くガソリン車全車に「あんしんパッケージ」を標準装備化するとともに、「13G」を除く全車にIRカット<遮熱>/UVカット機能付きフロントウインドウガラス、IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス、オートリトラミラーを、「13G・Fパッケージ」にはフルオート・エアコンディショナーを、「15XL(「15X」から改称)」は運転席&助手席シートヒーターをそれぞれ標準装備した。
ボディカラーの設定を変更。「アトラクトイエローパール(有料色)」と「ライトベージュメタリック」を廃止[注 15]し、全8色とした[63]。
2014年12月18日
ハイブリッド車を一部改良[64]。(12月19日発売)詳細はフィットハイブリッドを参照
2015年9月17日
一部改良[65]。(9月25日発売)
キャッチフレーズは「New Honda. New FIT.」で、CMナレーションは窪田正孝。
フロントグリルをより立体的で質感の高いデザインに変更すると共に、装備内容を充実し、プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナーを「13G」を除く全タイプに、セキュリティアラーム・ラゲッジルームランプ・助手席シートバックポケットを「13G・Fパッケージ」・「13G・Lパッケージ」・「13G・Sパッケージ」に、クルーズコントロールを「13G・Lパッケージ」と「13G・Sパッケージ」に、「ナビ装着用スペシャルパッケージ(リアワイドカメラ、照明付オーディオリモートコントロールスイッチ、デジタルTV用プリントアンテナ(12セグ/ワンセグ)、専用ワイヤーハーネス、4スピーカー)」と「コンフォートビューパッケージ(親水/ヒーテッドドアミラー、フロントドア撥水ガラス、熱線入りフロントウインドウ)を「15XL」と「RS」にそれぞれ標準装備した。
ボディカラーの設定を変更。ガソリン車は「プレミアムホワイト・パール(有料色)」に替わり「プレミアムホワイト・パールII(有料色)」、「プレミアムノーザンライツバイオレット・パール(有料色)」に替わり「ミスティックガーネット・パール(有料色)」[注 16]を追加し、全8色を設定した[66]。
2015年12月17日
特別仕様車「COMFORT EDITION(コンフォートエディション)」を設定[67]。(2016年1月21日発売)
「13G・Fパッケージ」をベースに、特別装備として360°スーパーUV・IRカットパッケージをはじめ、運転席&助手席シートヒーター、アームレスト付センターコンソールボックス(アクセサリーソケット<DC12V>付、HYBRID・Fパッケージはベースモデルで標準装備)を採用した。
ボディカラーは「プレミアムホワイト・パールII(有料色)」、「アラバスターシルバー・メタリック」、「クリスタルブラック・パール」に加え、専用色として「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(有料色)」、「プレミアムピンク・パール(有料色)」、「プレミアムディープモカ・パール(有料色)」を特別設定。全6色から選択可能とした[68]。これまでは廃止されていた「プレミアムディープモカ・パール」は2年3か月ぶりに復活された。
2016年9月8日
特別仕様車「FINE EDITION(ファインエディション)」を設定[69]。(9月9日発売)
キャッチフレーズは「好きなコト、やろう。」で、CMソングはマーク・ロンソン「アップタウン・ファンク」。
「13G・Fパッケージ」と「13G・Lパッケージ」をベースに、ナビ装着用スペシャルパッケージを特別装備。また、「13G・Fパッケージ ファインエディション」にはアームレスト付センターコンソールボックス(アクセサリーソケット(DC12V)付)を、「13G・Lパッケージ ファインエディション」にはコンビシート(プライムスムース×ファブリック)&専用インテリアとリアセンターアームレストをそれぞれ特別装備した。
ボディカラーは「プレミアムホワイト・パールII(有料色)」、「アラバスターシルバー・メタリック」、「ティンテッドシルバー・メタリック(有料色)」、「クリスタルブラック・パール」、「ミラノレッド」、「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」の6色を設定。
2017年5月
ボディカラーの設定を変更[70]。(公式発表なし)
「ティンテッドシルバー・メタリック」を廃止し、ガソリン車は全7色の設定となった。
2017年5月11日
6月下旬に予定されているマイナーモデルチェンジに関する情報をHondaホームページ上に公開したことを発表[71]。
2017年6月29日
マイナーモデルチェンジ[72]。(6月30日発売)
キャッチフレーズは「DON’T STAY.」で、CMには綾野剛、二階堂ふみ、CMソングはMIYAVIの「Fire Bird」が起用された。
安全運転支援システム「Honda SENSING」を新たに採用し、ガソリン車においては「13G・F(従来の「13G・Fパッケージ」から改称)」はメーカーオプション、それ以外のタイプには標準装備した[注 17]。外観は前後バンパーのデザインを変更し、インラインタイプのLEDヘッドランプを採用(「13G・F」はLEDフォグライトとのセットでメーカーオプション設定、それ以外のタイプは標準装備)。「13G・S Honda SENSING」と「RS・Honda SENSING」は専用バンパー、大型テールゲートスポイラー、サイドシルガーニッシュなどを採用した。
ボディカラーの設定を変更。「アラバスターシルバー・メタリック」に替わり「ルナシルバー・メタリック」、「ミラノレッド」に替わり特別仕様車「COMFORT EDITION」専用色であった「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(有料色)」を採用。「ミスティックガーネット・パール(有料色)」[注 18]を廃止し、新開発色の「ルージュアメジスト・メタリック」、「プレミアムアガットブラウン・パール(有料色)」、「スカイライドブルー・メタリック」の3色[注 19]と既存色の「シャイニンググレー・メタリック」を追加。さらに、ハイブリッド車専用色であった「ミッドナイトブルービーム・メタリック(有料色)」がガソリン車でも選択できるようになったほか、先代モデルに設定されていた「プレミアムイエロー・パールII(有料色)」が3年半ぶりに復活し、全12色を設定した。
内装では、「15XL・Honda SENSING」に本革のような風合いや肌触りの素材を採用し、シート・ステアリングホイール・ドアパネルパッドなどの随所にブラウンを配した「プレミアムブラウン・インテリア」をメーカーオプション設定。ガソリン車全タイプにメーカーオプション設定のHondaインターナビは「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応した。ボディー剛性の強化やサスペンションダンパーの減衰特性の最適化などを行った。パワートレインでは特性を活かしたチューニングを行ったほか、エンジンの燃焼技術の向上やフリクション低減を行い、フロントピラーやフロントバンパースポイラーの形状を最適化するなど空力を考慮した形状変更を施すことで燃費性能を向上し、「RS・Honda SENSING」のCVT車は「平成27年度燃費基準+10%」を達成した。なお、ガソリン車はタイプ体系の集約も行い、最廉価タイプの「13G」を廃止した。
2018年4月
ボディカラーの設定を変更。(公式発表なし)
「プレミアムホワイト・パールII(有料色)」に替わり「プラチナホワイト・パール(有料色)」を追加。
2018年5月17日
特別仕様車「COMFORT EDITION」を設定[73]。(5月18日発売)
ベースタイプは「13G・F」で、特別装備の内容は2015年12月発表モデルと共通。ボディカラーは、特別仕様車専用色「ブリティッシュグリーン・パール」、「モーニングミストブルー・メタリック」、「プレミアムアイボリー・パール(有料色)」の3色を含む全9色[注 20]を設定したほか、インテリアカラーは「ブラック」に加え、「15XL・Honda SENSING」で選択可能であったインテリアパッケージ「プレミアムブラウン・インテリア」をメーカーオプションとして設定した。
2018年6月29日
ドレスアップコンプリートカー「Modulo style(モデューロ スタイル)」に関する情報をホームページ上に公開[74]。
2018年7月26日
コンプリートカー「Modulo style」を追加[75]。(7月27日発売)
ホンダアクセスが開発した専用カスタムパーツを量販過程で装着・販売するドレスアップコンプリートカーで、ガソリン車は「13G・L Honda SENSING」をベースにした「13G・Modulo style Honda SENSING」が設定される。外観はフロントグリルを大開口のツヤ黒塗装メッシュタイプに変更するとともに、フロントバンパーと15インチアルミホイールも専用仕様に変更され、5連ラインタイプのLEDフォグランプが装備された。内装はルーフライニング・シート・本革巻ステアリングホイールを黒で統一するとともに、ステンレス製スポーツべダルとナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビ連動タイプ)も装備された。ボディカラーは「プラチナホワイト・パール(有料色)」、「シャイニンググレー・メタリック」、「クリスタルブラック・パール」、「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(有料色)」、「ミッドナイトブルービーム・メタリック(有料色)」の5色を設定。
同時に既存タイプのボディカラー設定を変更。「スカイライドブルー・メタリック」に替わって2018年5月に発売された特別仕様車「COMFORT EDITION」設定色「モーニングミストブルー・メタリック」が「RS・Honda SENSING」を除いて選択できるようになった[76]。
2018年10月
ボディカラーの設定を変更。(公式発表なし)
「プレミアムアガットブラウン・パール(有料色)」を廃止し、全11色の設定とした[77]。特別仕様車「COMFORT EDITION」では「プレミアムアイボリー・パール」に替わって、新色「プレミアムアイボリー・パールII(有料色)」を追加した[78]。
2020年1月[79]
生産終了。在庫対応分のみの販売となる。
2020年2月12日
4代目へのフルモデルチェンジに伴い販売終了。

初期型 13G Sパッケージ(2013年9月 – 2015年9月)

初期型 13G Sパッケージ 後面

初期型 13G(2013年9月 – 2015年9月)

初期型 13G 後面

初期型 13G(2015年9月 – 2017年6月)

初期型 13G 後面

初期型 RS(2013年9月 – 2015年9月)

初期型 RS 後面

2017年6月改良型 13G・F

2017年6月改良型 13G・F 後面

中国仕様2014型

中国仕様2014年型 後面

中国仕様2017年改良型

4代目 GR1/2/3/4/5/6/7/8型(2020年 – )[編集]
ホンダ・フィット(4代目)GR1/2/3/4/5/6/7/8型
e:HEV HOME

e:HEV HOME東京モーターショー2019展示車両[注 21]概要別名
ホンダ・ジャズ (ハッチバック)(5代目)中国 : ホンダ・ライフ(6代目)販売期間
2020年2月14日 – (発表:2020年2月13日)設計統括
田中健樹[80]デザイナー
白 鍾國[80]ボディ乗車定員
5名ボディタイプ
5ドアハッチバック駆動方式
前輪駆動四輪駆動パワートレインエンジン
L13B型:1,317cc 直列4気筒DOHCLEB型:1,496cc 直列4気筒 DOHCモーター
H5型:交流同期電動機最高出力
L13B型:72kW (98PS)/6,000rpmLEB型:72kW (98PS)/5,600-6,400rpmH5型:80kW (109PS)/3,500-8,000rpm最大トルク
L13B型:118N·m (12.0kgf·m)/5,000rpmLEB型:127N·m (13.0kgf·m)/4,500-5,000rpmH5型:253N·m (25.8kgf·m)/0-3,000rpm変速機
CVT(ガソリン車)電気式無段変速機(ハイブリッド車)サスペンション
前:マクファーソン式後:車軸式(FF)後:ド・ディオン式(4WD)車両寸法ホイールベース
2,530mm全長
3,995mm4,090mm[注 22]全幅
1,695mm1,725mm[注 22]全高
1,515-1,545mm(FF)1,540-1,565mm(4WD)車両重量
1,070-1,280kgその他ブレーキ
前:油圧式ベンチレーテッドディスク後:油圧式ディスクテンプレートを表示概要[編集]
断面構造の変更で衝突安全性能を確保しつつ、フロントピラーが3代目の半分以下の厚さとなった。インストルメントパネルは水平・直線基調とし、シンプル設計のバイザーレスメーターを採用。シートにはフロントに骨盤から腰椎までを樹脂製マットで支えるHonda車初のボディスタビライジングシートを採用。リアは厚みのあるやわらかな素材のパッドが採用された。
パワートレインはガソリンとハイブリッドの2種類の構成は踏襲され、ガソリンモデルは1.3Lのみに集約の上、3代目と同じL13B型を踏襲。ハイブリッドモデルはホンダのコンパクトカーで初搭載となる2モーター方式e:HEVが採用されたことにより、2代目・3代目の「フィットハイブリッド」から「フィットe:HEV(イー エイチイーブイ)」へ名称変更された。フロントシートの間にテーブルコンソールが設置されたほか、e:HEVモデルはIPU(インテリジェントパワーユニット)の小型化により、荷室容量を確保した。
本モデルは国産車ではクラス唯一の全輪ディスクブレーキを全車標準装備する[注 23]。
「Honda SENSING(ホンダセンシング)」は前後8箇所に配置したソナーセンサーに加え、フロントワイドビューカメラを搭載したことで性能が強化され、誤発進抑制機能を後方にも対応するとともに、オートハイビームとホンダ車で初搭載となる近距離衝突軽減ブレーキを追加した11の機能となった。さらに、ホンダ車の日本国内向けモデルでは初となる専用の車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」が搭載された。緊急サポートセンターとHondaリモート操作で構成され、「Honda ALSOK 駆けつけサービス(有料オプション)」を追加可能なコネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアム」を受けることが可能である。
WLTCモード走行による排出ガス並びに燃料消費率(燃料消費率はJC08モード走行時も併記)に対応し、ガソリン車・e:HEV問わず全タイプで「平成30年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆☆)」認定を取得するとともに、e:HEVモデルは2代目フィットハイブリッドよりもJC08モード走行における燃料消費率が向上された。
「CROSSTAR」系は樹脂製のホイールアーチプロテクター等の追加で全幅が+30mm拡幅されて1,725mmとなったことで、一般販売されるフィットでは初となる3ナンバー登録となっている[注 24]。
尚、生産は先代の埼玉製作所寄居完成車工場から鈴鹿製作所に移管している。

年表[編集]
2019年10月16日
新型モデルに関する情報をホームページ上に先行公開したことが発表され、助手席側のサイドシルエットの写真が公開された[82]。
2019年10月23日
第46回東京モーターショー2019にて世界初公開され、主な概要も発表された。発売は2020年2月予定とアナウンスされた[83]。
2020年2月13日
フルモデルチェンジが公式発表された(2月14日発売)[84]。
キャッチフレーズは「Human! FIT!」で、CMナレーターは妻夫木聡、CMソングは奥田民生の「And I Love Car」。
タイプ体系はガソリンモデル・e:HEVモデル共通となるが、体系そのものが刷新され、最廉価となるシンプル仕様の「BASIC」、コンビシート(プライムスムース×ナチュラルテキスタイル)やフルLEDヘッドライト[注 25]などを装備したコンフォート仕様の「HOME」、シートやソフトパッドに撥水ファブリックを採用し、16インチアルミホイールなどを装備したスポーティ仕様「NESS(ネス)[注 26]」、フロントグリルとバンパー(フロント・リア)を専用デザインに変えるとともに、ホイールアーチプロテクター・ガーニッシュ(サイドシル・ドアロアー)などを装備したアクティブ仕様「CROSSTAR(クロスター)[注 27]」、ブラウンの専用内装色を設定し、本革シートなどを装備した最上位となるスタイリッシュ仕様「LUXE(リュクス)」の5タイプ[注 28]となった。
ボディカラーは3代目から「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(有料色)」、「プラチナホワイト・パール(有料色)」、「ルナシルバー・メタリック」、「シャイニンググレー・メタリック」、「ミッドナイトブルービーム・メタリック(有料色)」、「クリスタルブラック・パール」の6色を踏襲し、「プレミアムサンライトホワイト・パール(有料色)」、「エアーライトブルー・メタリック(「CROSSTAR」を除く)」、「プレミアムグラマラスブロンズ・パール(有料色、「CROSSTAR」は除く)」、「サーフブルー(「CROSSTAR」専用色)」の4色を追加して10色展開に、また、「HOME」・「NESS」・「CROSSTAR」にはボディカラーによりブラック又はシルバーと組み合わせた2トーンカラー(有料色)10種(タイプにより設定可能なカラーは異なる)、「NESS」にはライムグリーンと組み合わせたアクセント2トーンカラー(有料色)5種も設定される。
2020年3月16日
発売から約1か月となる3月16日時点での累計受注台数が月販目標(10,000台)の3倍以上となる31,000台となったことが発表された[85]。
2021年6月3日
一部改良並びに20周年特別仕様車「Casa(カーサ)」・「Maison(メゾン)」を発表[86]、コンプリートカー「e:HEV Modulo X(モデューロ エックス)」の追加設定[87]が発表された(6月4日発売)。
一部改良では「Honda Total Care プレミアム」の対応サービスが増え、「Honda アプリセンター」や車内Wi-Fi等が新たに搭載され、「e:HEV Basic」・「Basic」を除くタイプには、専用設計のプレミアムオーディオのメーカーオプション設定を追加した。
特別仕様車は「Home」及び「e:HEV Home」をベースに、共通で運転席&助手席シートヒーター、アームレスト付センターコンソールボックス、ブラック塗装の電動格納式リモコンドアミラー、「LUXE」用と同デザインのブラッククリア塗装16インチアルミホイール、専用フロアカーペットを装備し、「Casa」はグレー×ブラック、「Maison」はグレー×ベージュのコンビシートを採用した。
なお、ボディカラーは「プレミアムグラマラスブロンズ・パール(有料色)」が特別仕様車「Maison」専用色へ移行され、新色として「ローズゴールド・メタリック(有料色/「CROSSTAR」を除く)」を設定。グレー系の「シャイニンググレー・メタリック」は「メテオロイドグレー・メタリック(有料色)」へ差し替え。「NESS」に設定のアクセント2トーンカラー(有料色)はライムグリーンからオレンジに変更され、「シャイニンググレー・メタリック&ライムグリーン」は「メテオロイドグレー・メタリック&オレンジ」へ入れ替えた。
「e:HEV Modulo X」はフロントに「Modulo X」エンブレム付の専用グリル、リアにテールゲートスポイラーが装着され、バンパーを専用仕様に変更。フロントとリアのHマーク・車両エンブレム・専用リアエンブレムをダーククロムメッキエンブレムに、電動格納式リモコンドアミラーやリアライセンスガーニッシュにブラック塗装を採用した。ダンパーは専用セッティングが施され、16インチアルミホイールはホンダアクセスがSUPER GTのレーシングマシン「Modulo NSX-GT」へ供給しているホイールと共用のデザインとした。内装は専用内装色としてブラックとブラック×ボルドーレッドの2色が設定され、ステアリングリモコン部・ドリンクホルダー部・エスカッションカバーのアクセントカラーインテリアパネルにグレーメタリックを、フロントシートは本革とセーレンの「ラックススェード」に「Modulo X」ロゴのステッチをあしらった専用コンビシートが採用された。また、ディーラーオプションのHonda CONNECT対応ギャザズナビを装着可能にする「Honda CONNECT for Gathers + ナビ装着用スペシャルパッケージ」が標準装備されるが、プレミアムオーディオのメーカーオプションは非設定となる。ボディカラーは「プラチナホワイト・パール(有料色)」、「ミッドナイトブルービーム・メタリック(有料色)」、「クリスタルブラック・パール」の3色に、2トーンカラーとなる「プラチナホワイト・パール&ブラック(有料色)」を加えた4色が設定される。なお、「e:HEV Modulo X」は持ち込み検査が必要である。
2022年8月5日
秋にマイナーチェンジを行うこととなり、ホームページ上に先行公開したことを発表。その中で、2・3代目に設定されていた「RS」をマイナーチェンジを機に復活することが明らかとなった[88]。

e:HEV HOME室内

e:HEV NESS

e:HEV NESS後面

e:HEV NESS室内

e:HEV LUXE

e:HEV LUXE後面

e:HEV LUXE室内

e:HEV CROSSTAR

e:HEV CROSSTAR後面

e:HEV CROSSTAR室内

HOME[注 21]

HOME[注 21]後面

LUXE

LUXE後面

CROSSTAR

CROSSTAR後面

搭載エンジン[編集]

初代

L13A型
エンジン種類:水冷直列4気筒横置き
弁機構:SOHCチェーン駆動 吸気1 排気1 i-DSI
総排気量:1,339cc
内径×行程:73.0mm × 80.0mm
圧縮比:10.8
最高出力:63kW(86PS) / 5,700rpm
最大トルク:119N·m(12.1kgf·m) / 2,800rpm
燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:42L
L15A型
エンジン種類:水冷直列4気筒横置き
弁機構:SOHCチェーン駆動 吸気2 排気2 VTEC
総排気量:1,496cc
内径×行程:73.0mm × 89.4mm
圧縮比:10.4
最高出力:81kW(110PS) / 5,800rpm
最大トルク:143N·m(14.6kgf·m) / 4,800rpm
燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:初代L13A型を参照2代目

L13A型
エンジン種類:水冷直列4気筒横置き
弁機構:SOHCチェーン駆動 吸気2 排気2 i-VTEC
総排気量:1,339cc
内径×行程:73.0mm × 80.0mm
圧縮比:10.5
最高出力:73kW(100 – 99PS) / 6,000rpm
最大トルク:127 – 126N·m(13.0 – 12.8kgf·m) / 4,800rpm
燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:42L
L15A型
エンジン種類:水冷直列4気筒横置き
弁機構:SOHCチェーン駆動 吸気2 排気2 i-VTEC
総排気量:1,496cc
内径×行程:73.0mm × 89.4mm
圧縮比:10.4
最高出力:88kW(120PS) / 6,600rpm
最大トルク:145N·m(14.8kgf·m) / 4,800rpm
燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:2代目L13A型を参照3代目

L13B型
エンジン種類:水冷直列4気筒横置き
弁機構:DOHCチェーン駆動 吸気2 排気2 i-VTEC ミラーサイクル
総排気量:1,317cc
内径×行程:73.0mm × 78.7mm
圧縮比:13.5
最高出力:73kW(100PS) / 6,000rpm
最大トルク:119N·m(12.1kgf·m) / 5,000rpm
燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:32L(13G)、40L(13G以外)
L15B型
エンジン種類:水冷直列4気筒横置き
弁機構:DOHCチェーン駆動 吸気2 排気2 i-VTEC
総排気量:1,496cc
内径×行程:73.0mm × 89.4mm
圧縮比:11.5
最高出力:97kW(132PS) / 6,600rpm
最大トルク:155N·m(15.8kgf·m) / 4,600rpm
燃料供給装置形式:筒内直接噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:40L4代目

L13B型
エンジン種類:水冷直列4気筒横置き
弁機構:DOHCチェーン駆動 吸気2 排気2 i-VTEC ミラーサイクル
総排気量:1,317cc
内径×行程:73.0mm × 78.7mm
圧縮比:13.5
最高出力:72kW(98PS) / 6,000rpm
最大トルク:118N·m(12.0kgf·m) / 5,000rpm
燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:40L
LEB型
エンジン種類:水冷直列4気筒横置き
弁機構:DOHCチェーン駆動 吸気2 排気2 i-VTEC ミラーサイクル
総排気量:1,496cc
内径×行程:73.0mm × 89.4mm
圧縮比:13.5
最高出力:72kW(98PS) / 5,600 – 6,400rpm
最大トルク:127N·m(13.0kgf·m) / 4,500 – 5,000rpm
燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量:40L
H5型
モーター種類:交流同期電動機
最高出力:80kW(109PS) / 3,500 – 8,000rpm
最大トルク:253N·m(25.8kgf·m) / 0 – 3,000rpm
動力用主電池:リチウムイオン電池
車名の由来[編集]
フィットは「ぴったりの」という意味の英語[89]。なお、フィット発売以前に2代目シティのグレード名やスクーターの3代目ディオのバリエーションモデル名として使用されており、1987年10月に商標登録されていた(商標登録番号:第1991947号)。
車名の文字は初代のみ小文字の「Fit」であったが、2代目以降は大文字の「FIT」に変更された。なお初代の車体後部に取り付けた「Fit」ロゴの「i」の上の点部は1.3Lモデルが赤、1.5Lモデルが青と分けて使用された。
日本国外では北米、南米、中国大陸、台湾で日本と同じ「フィット」の名称が使われているが、それ以外の欧州、東南アジア、オセアニア、中東、アフリカ、香港などでは「ジャズ(Jazz)」の名称で販売されている。
当初は「フィッタ(Fitta)」という名称が予定されていたが、発売直前になってフィットと変更になったという。フィッタの車名でパンフレットが印刷され、CMも完成しており、営業所向けの販売マニュアルやホンダによるフィッタの商標登録も確認されている[90][91]。車名の変更の原因は、フィッタがスウェーデン語で女性器を意味する言葉だったことが、スウェーデンホンダからの指摘により判明したため、といわれる[92]。これについてホンダ広報部は、『新潮45』の取材に対して、この噂が流れていること自体は認めつつも、噂の内容が事実であるかどうかについては、「そのような事実があったとも、なかったとも言えません」と回答した[91]。

モータースポーツ[編集]
ジムカーナやダートトライアル、ナンバー付き車両でのレースをはじめ、日本・海外[93]での各カテゴリーのモータースポーツに参戦している。

FIT 1.5チャレンジカップ[編集]
N1規定車両のフィットによるワンメイクレース。
2012年、ツインリンクもてぎにて『もてぎ1.5チャレンジカップ』が開催される。開催当初はフィット以外にも排気量1.5リッター以下の車両なら参戦可能であった。2014年にはツインリンクもてぎ以外にもスポーツランドSUGOでの開催が追加された。同年、鈴鹿サーキットにて初めてフィットによるワンメイクレース「FIT 1.5チャレンジカップ」の開催が始まる。
現在は、全シリーズがフィットのワンメイクレースとなっており、初代フィットから現行型フィットまで参戦が可能。
東日本は「JAF 地方選手権 もてぎ・菅生ツーリングカー選手権  FIT 1.5チャレンジカップ」、西日本は「JAF 地方選手権 鈴鹿・岡山ツーリングカー選手権 FIT 1.5チャレンジカップ」として開催されている[94]。

スーパー耐久[編集]
この節の加筆が望まれています。

スーパー耐久 ST5車両の例ピースMS 制動屋 SPM 大川ENG フィットRS

脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ 「Sパッケージ」+15インチアルミホイール+ハイマウントストップランプとのセット装着もしくは「Lパッケージ」、「Sパッケージ」のいずれかとセット装着

^ 「1.3W」に標準装備、「1.5T」にメーカーオプション

^ 同CMは2014年にも3代目モデル版で放送された。

^ フィット、フィット ハイブリッド、フィット シャトル、フィット シャトル ハイブリッド、フィットEVの合計

^ 2021年5月に軽乗用車のN-BOXシリーズが発売から9年6ヵ月目で累計販売台数200万台を達成し、Hondaでの最速記録が約8年1ヵ月ぶりに塗り替えられた。

^ 13G・Fパッケージ(FF車:2013年9月-2017年6月)、13G・F(FF車:2017年6月-)に設定

^ RS(2013年9月-2017年6月)、RS・Honda SENSING(2017年6月-)に設定

^ 13G・S Honda SENSING、RS・Honda SENSING

^ 13G・Modulo style Honda SENSING

^ RS(2013年9月-2017年6月)、RS・Honda SENSING(2017年6月-)のみ

^ 「13G」および各パッケージ専用色

^ 「RS」には未設定

^ 「RS」専用色

^ 「15X」、「15X・Lパッケージ」専用色

^ どちらもハイブリッド車には継続設定

^ 「15XL」専用色

^ 「Honda SENSING」の標準装備に伴い、「13G・Lパッケージ」は「13G・L Honda SENSING」、「13G・Sパッケージ」は「13G・S Honda SENSING」、「15XL」は「15XL・Honda SENSING」、「RS」は「RS・Honda SENSING」にそれぞれ改称。なお、「Honda SENSING」のレス化も可能。

^ 「15XL」専用色

^ 3色とも「RS・Honda SENSING」のみ未設定

^ その他のボディカラーは「プラチナホワイト・パール(有料色)」、「ルナシルバー・メタリック」、「クリスタルブラック・パール」、「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(有料色)」、「ルージュアメジスト・メタリック」、「ミッドナイトブルービーム・メタリック(有料色)」の6色

^ a b c 写真のホイールはオプション。

^ a b CROSSTAR、e:HEV CROSSTAR

^ 電動パーキングブレーキを採用する都合上、当初一部車種にドラムブレーキを装備する予定から変更された[81]。

^ 2代目ベースのフィットEV(全幅=1,720mm)はリース限定。

^ 「e:HEV BASIC」にも標準装備。

^ タイプ名はフィットネスの洒落(FITNESS → FIT NESS)である。

^ タイプ名については、フリード/フリード+の2代目・2019年10月マイナーチェンジモデルで使用されている。

^ e:HEVモデルは「e:HEV BASIC」、「e:HEV HOME」、「e:HEV NESS」、「e:HEV CROSSTAR」、「e:HEV LUXE」のタイプ名となる。

出典[編集]

^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第19号17ページより。

^ フィット、エアウェイブ、モビリオなど 5車種のトランスミッションの保証期間延長 | Honda

^ 小型乗用車[フィット ホンダ・LA-GD1, ホンダ・LA-GD2]|受賞対象一覧 – 日本デザイン振興会

^ a b “フィット、2001~2002日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞コメント” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2001年11月15日), https://www.honda.co.jp/news/2001/c011115.html 

^ a b “フィット、2002 RJCカー オブ ザ イヤー 受賞コメント” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2001年11月20日), https://www.honda.co.jp/news/2001/c011120.html 

^ a b “フィット、2002年登録車販売台数で第1位を達成” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2003年1月9日), https://www.honda.co.jp/news/2003/c030109.html 

^ a b “フィット世界累計販売200万台達成” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2007年7月17日), https://www.honda.co.jp/news/2007/4070717.html 

^ “新世代1.3L 4気筒「i-DSI」エンジンを新開発” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2001年5月18日), https://www.honda.co.jp/news/2001/4010518.html 

^ “新型スモール「フィット」を新発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2001年6月21日), https://www.honda.co.jp/news/2001/4010621-fit.html 

^ “「フィット」の累計販売台数が10万台を達成” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2002年1月10日), https://www.honda.co.jp/news/2002/c020110.html 

^ “「フィット」、発売後1年で国内累計販売台数20万台を達成” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2002年7月4日), https://www.honda.co.jp/news/2002/c020704.html 

^ “人気のスモールカー「フィット」に1.5リットル車を追加し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2002年9月12日), https://www.honda.co.jp/news/2002/4020912-fit.html 

^ “「フィット」1.3リットル車をマイナーモデルチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2002年11月14日), https://www.honda.co.jp/news/2002/4021114-fit.html 

^ “「フィット」1.3リットル FF車を改良し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2003年4月10日), https://www.honda.co.jp/news/2003/4030410-fit.html 

^ “ブラジル現地生産フィット販売開始” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2003年4月23日), https://www.honda.co.jp/news/2003/c030423.html 

^ “フィット、国内販売累計50万台達成” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2003年10月6日), https://www.honda.co.jp/news/2003/c031006b.html 

^ “「フィット」をマイナーモデルチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2003年10月21日), https://www.honda.co.jp/news/2003/4031021-fit.html 

^ “Honda タイで小型車「ジャズ」の生産・販売を開始” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2003年11月18日), https://www.honda.co.jp/news/2003/c031118.html 

^ “「フィット」に新ボディカラーを設定するとともに「平成17年排出ガス規制」に適合させて発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2003年12月25日), https://www.honda.co.jp/news/2003/4031225-fit.html 

^ “フィットをマイナーモデルチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2004年6月10日), https://www.honda.co.jp/news/2004/4040610-fit.html 

^ “フィット1.3A特別仕様車「ウエルカム エディション」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2004年12月16日), https://www.honda.co.jp/news/2004/4041216-fit.html 

^ “足動運転補助装置「Honda・フランツシステム」をフィットにも適用” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2005年4月14日), https://www.honda.co.jp/news/2005/4050414.html 

^ “本田汽車(中国)有限公司が輸出を開始” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2005年6月24日), https://www.honda.co.jp/news/2005/c050624c.html 

^ “フィットをマイナーモデルチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2005年12月8日), https://www.honda.co.jp/news/2005/4051208-fit.html 

^ “米国向け「フィット」を発表” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2006年1月10日), https://www.honda.co.jp/news/2006/4060110a.html 

^ “フィット 1.3A特別仕様車「コンフォート エディション」、「HDDナビ コンフォート エディション」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2006年7月6日), https://www.honda.co.jp/news/2006/4060706-fit.html 

^ “フィットに1.3AUタイプを追加し、1.3AU特別仕様車「HDDナビ エディション」1.5A特別仕様車「HDDナビ エディション」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2006年12月21日), https://www.honda.co.jp/news/2006/4061221-fit.html 

^ “フィット特別仕様車を発売 1.3A特別仕様車「HID エディション」「HDDナビ HID エディション」、1.5A特別仕様車「コンフォート エディション」「HDDナビ コンフォート エディション」” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2007年6月14日), https://www.honda.co.jp/news/2007/4070614-fit.html 

^ “フィット(ホンダ)2001年6月~2007年9月生産モデルのカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月23日). 2020年1月23日閲覧。

^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第70号9ページより。

^ “ホンダ、フィット をインドに投入—激戦市場”. Response. (2009年6月10日). 2009年6月11日閲覧。

^ “ホンダ フィット、英国工場で生産開始…年間10万台”. Response. (2009年10月8日). 2009年10月9日閲覧。

^ “「フィット」をフルモデルチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2007年10月18日), https://www.honda.co.jp/news/2007/4071018-fit.html 

^ “「フィット」2007-2008日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2007年11月21日), https://www.honda.co.jp/news/2007/4071121.html 

^ “フィット、国内販売累計100万台達成” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2007年12月6日), https://www.honda.co.jp/news/2007/4071206.html 

^ “フィット、2007年度国内登録車販売台数で第1位” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2008年4月4日), https://www.honda.co.jp/news/2008/4080404.html 

^ “フィット 特別仕様車「ハイウェイ エディション」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2008年6月19日), https://www.honda.co.jp/news/2008/4080619-fit.html 

^ “フィット、2008年登録車販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2009年1月8日), https://www.honda.co.jp/news/2009/4090108a.html 

^ “フィット 特別仕様車「スマートスタイル エディション」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2009年5月21日), https://www.honda.co.jp/news/2009/4090521-fit.html 

^ “フィット、2009年上半期 登録車販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2009年7月6日), https://www.honda.co.jp/news/2009/4090706.html 

^ “ハイブリッドモデル2車種を2010年に発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2009年7月13日), https://www.honda.co.jp/news/2009/c090713.html 

^ “フィットを一部改良するとともに新タイプ1.3L「G・スマート セレクション」、1.5L「X」を追加し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2009年11月26日), https://www.honda.co.jp/news/2009/4091126-fit.html 

^ “フィット 特別仕様車「シーズ」「スポーティ エディション」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2010年5月17日), https://www.honda.co.jp/news/2010/4100517-fit.html 

^ “新型「フィット/フィット ハイブリッド」と新型「ライフ」をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2010年8月26日), https://www.honda.co.jp/news/2010/4100826.html 

^ “フィット、国内累計販売150万台を達成” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2010年10月6日), https://www.honda.co.jp/news/2010/4101006.html 

^ “新型EVコンセプトモデル「フィットEVコンセプト」を2010年ロスアンゼルスオートショーで発表” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2010年11月18日), https://www.honda.co.jp/news/2010/4101118a.html 

^ “フィット、2011年上半期 車名別新車販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2011年7月6日), https://www.honda.co.jp/news/2011/4110706.html 

^ “フィット 10周年特別仕様車「13G・10th アニバーサリー」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2011年8月22日), https://www.honda.co.jp/news/2011/4110822-fit.html 

^ “フィット 10周年特別仕様車「13G・10th アニバーサリーII」「HYBRID・10th アニバーサリー」「RS・10th アニバーサリー」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2011年10月13日), https://www.honda.co.jp/news/2011/4111013-fit.html 

^ “北米仕様の「フィットEV」を2011年ロスアンゼルスオートショーで発表” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2011年11月17日), https://www.honda.co.jp/news/2011/4111117a.html 

^ “フィット/フィット ハイブリッドをマイナーモデルチェンジし発売 —シーズ/ハイブリッド シーズ、ハイブリッド RSをタイプ追加—” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2012年5月24日), https://www.honda.co.jp/news/2012/4120524-fit.html 

^ “「フィットEV」の国内リース販売を開始” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2012年8月31日), https://www.honda.co.jp/news/2012/4120831.html 

^ “「フィット」「フィット ハイブリッド」8種類の特別仕様車「ファインスタイル」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2012年10月4日), https://www.honda.co.jp/news/2012/4121004-fit.html 

^ “サンパウロ国際モーターショー2012でブラジル専用仕様車「FIT twist」を発表 〜ブラジルでの四輪研究開発をさらに強化〜” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2012年10月23日), https://www.honda.co.jp/news/2012/4121023.html 

^ “「フィット」シリーズ、国内累計販売200万台を突破” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2013年4月4日), https://www.honda.co.jp/news/2013/4130404a.html 

^ “フィット(ホンダ)2007年10月~2013年8月生産モデルのカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月23日). 2020年1月23日閲覧。

^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第91号11ページより。

^ “新型フィット ハイブリッドが国内ハイブリッドモデルとして最高燃費36.4km/Lを達成 〜軽量コンパクトハイブリッドシステム「SPORT HYBRID Intelligent Dual Clutch Drive」を新型フィットに初搭載〜” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2013年7月19日), https://www.honda.co.jp/news/2013/4130719a.html 

^ “新型「フィット」「フィット ハイブリッド」を発売 〜フィット、フィット ハイブリッドともにクラストップレベルの低燃費を達成〜” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2013年9月5日), https://www.honda.co.jp/news/2013/4130905-fit.html 

^ 「ホンダ フィット カタログ」39-40ページ ボディカラー、2013年9月発行。139FT-K2-1309

^ “2014年北米国際自動車ショーで北米仕様の新型「フィット」を公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2014年1月14日), https://www.honda.co.jp/news/2014/4140114.html 

^ “「FIT(フィット)」を一部改良し発売 — 安心・快適装備をさらに充実 —” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2014年10月9日), https://www.honda.co.jp/news/2014/4141009-fit.html 

^ 「ホンダ フィット13G/15XL/RS カタログ」3-4ページ ボディカラー、2014年10月発行。14AFTG-K-1410

^ “「FIT HYBRID(フィット ハイブリッド)」の快適・安心装備をさらに充実させ発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2014年12月18日), https://www.honda.co.jp/news/2014/4141218-fithybrid.html 

^ “「FIT(フィット)」を一部改良し発売 〜エクステリアデザインの変更に加え、快適装備をさらに充実〜” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年9月17日), https://www.honda.co.jp/news/2015/4150917-fit.html 

^ 「ホンダ フィット カタログ」27-28ページ ボディカラー、2015年9月発行。B411FT-1590-000 1510

^ “「FIT(フィット)」に特別仕様車「COMFORT EDITION(コンフォートエディション)」を設定し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年12月17日), https://www.honda.co.jp/news/2015/4151217-fit.html 

^ 「ホンダ フィット 特別仕様車カタログ」 ボディカラー、2015年12月発行。B412FT-15C0-000 1512

^ “「FIT(フィット)」に特別仕様車「FINE EDITION(ファインエディション)」を設定し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年9月8日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160908-fit.html 

^ 「ホンダ フィット カタログ」27-28ページ ボディカラー、2017年5月発行。B411FT-1591-000 1705

^ “「FIT(フィット)」の改良モデルをホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年5月11日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4170511a.html 

^ “「FIT」をマイナーモデルチェンジして発売 ~デザインを一新し、Honda SENSINGを採用~” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年6月29日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4170629-fit.html 

^ “「FIT」に特別仕様車「COMFORT EDITION」を設定し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2018年5月17日), https://www.honda.co.jp/news/2018/4180517-fit.html 

^ “新コンプリートカー「FIT Modulo style」をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業, (2018年6月29日), https://www.honda.co.jp/news/2018/4180629.html 

^ “新コンプリートカー「FIT Modulo style」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2018年7月26日), https://www.honda.co.jp/news/2018/4180726-fit-modulo-style.html 

^ 「ホンダ フィット カタログ」41-42ページ ボディカラー、2018年7月発行。B411FT1870000 1807

^ 「ホンダ フィット カタログ」41-42ページ ボディカラー、2018年10月発行。B411FT1871000 1809

^ 「ホンダ フィット 特別仕様車 カタログ」ボディカラー、2018年10月発行。B412FT1851000 1809

^ “フィット(ホンダ)2013年9月~2020年1月生産モデルのカタログ”. リクルート株式会社 (2020年2月15日). 2020年1月15日閲覧。

^ a b “ホンダ・フィット【開発者インタビュー】 すっかり変わった!”. webCG. (2019年12月13日). https://www.webcg.net/articles/-/42077 2022年1月1日閲覧。 

^ “苦渋の決断… 新型「フィット」発売延期に高コスト部品採用とホンダが慎重にならざる得ない理由”. クルマのニュース. 2021年5月19日閲覧。

^ “新型「FIT」をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2019年10月16日), https://www.honda.co.jp/news/2019/4191016.html 2019年10月16日閲覧。 

^ “新型「FIT」を「第46回東京モーターショー2019」で世界初公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2019年10月23日), https://www.honda.co.jp/news/2019/4191023.html 2019年10月23日閲覧。 

^ “新型「FIT」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2020年2月13日), https://www.honda.co.jp/news/2020/4200213-fit.html 2020年2月13日閲覧。 

^ “新型「FIT」受注状況について” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2020年3月16日), https://www.honda.co.jp/news/2020/4200316.html 2020年3月19日閲覧。 

^ “「FIT」を一部改良し発売~加えて、20周年特別仕様車「Casa」と「Maison」を発売~” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2021年6月3日), https://www.honda.co.jp/news/2021/4210603-fit.html 2021年6月3日閲覧。 

^ “「FIT e:HEV Modulo X」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2021年6月3日), https://www.honda.co.jp/news/2021/4210603-fitmodulox.html 2021年6月3日閲覧。 

^ “「FIT」改良モデルをホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2022年8月5日), https://www.honda.co.jp/news/2022/4220805.html 2022年8月5日閲覧。 

^ 車名の由来を教えて。本田技研工業公式サイト内 お客様相談センター

^ 1999年11月に商標登録されている。(商標登録番号:第4335513号)

^ a b ヨーコ「現役ストリッパーが徹底追跡!爆笑『性器と日本語考』」『新潮45』2007年10月号、pp.182-183

^ 総括!クルマ界の封印されたもの (4) 現代ビジネス 2010年10月10日

^ Mugen-powered Honda Jazz rally car looks Fit for the purpose

^ FIT 1.5 チャレンジカップとは?

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ホンダ・フィットに関連するカテゴリがあります。
ウィキメディア・コモンズには、ホンダ・ジャズ(フィット海外仕様)に関連するカテゴリがあります。本田技研工業
ホンダ・ロゴ – 先代車
ホンダ・フィットアリア – 初代の兄弟車
ホンダ・エアウェイブ – 同上
ホンダ・フィットシャトル – 2代目の兄弟車
ホンダ・インサイト – 2代目の派生車
ホンダ・グレイス – 3代目の兄弟車
ホンダ・シャトル – 同上外部リンク[編集]
フィット|Honda
Honda | 今まで販売したクルマ | フィット
Honda | 4輪製品アーカイブ | フィット
Honda | 4輪製品アーカイブ | フィットEV
Honda Fit(米国)
Honda Jazz(ドイツ)表・話・編・歴(←1980年代以前) ホンダ車種年表 1990年代以降
※赤背景は日本国外専売車
種類

1990年代

2000年代

2010年代

2020年代
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
軽自動車

トゥデイ(4ナンバー)

トゥデイ

N-ONE

N-ONE

ライフ

ライフ

ライフ

ライフ

N-WGN

N-WGN

ゼスト

ザッツ

N-BOX SLASH

N-BOX/N-BOX+

N-BOX

Z

ストリート

バモス/バモスホビオ

N-VAN
アクティバン

アクティバン
アクティトラック

アクティトラック

アクティトラック

ハッチバック

シティ

ロゴ

ブリオ

ブリオ

Honda e

フィット

フィット

フィット

フィット

インサイト

インサイト

ジーニア

シビック

シビック

シビック

シビック

シビック

シビック

シビックハッチバック/シビック(欧州)

シビック
コンチェルト

シビック(MA/MB/MC)

アコード(CL型)

セダン

アメイズ

シティ

フィットアリア(’02-’09)/シティ

シティ

グレイス(’14-’20)/シティ/グレイズ(’15-)

シティ
シビック

シビックフェリオ

シビックフェリオインテグラSJ

シビックフェリオ/シビックハイブリッド

シビック/シビックハイブリッド

シビック/シビックハイブリッド

シビックセダン(’17-’20)/シビック(北米・アジア)

シビック(北米)
コンチェルト

ドマーニ

ドマーニ

インサイト
インテグラ

インテグラ

クライダー

クライダー/エンヴィックス

アスコットイノーバアコード(欧州)

アコード(CL型)

アコード

アコードスピリア

スピリア

アコードアスコット

アスコットラファーガ

アコードトルネオ

アコードインスパイア
アコード

アコード(CG型)

インスパイアアコード/アコードハイブリッド(北米)

インスパイアアコード(北米)

アコード/アコードハイブリッド
インスパイアビガー

インスパイアセイバー

インスパイアセイバー

レジェンド

レジェンド

レジェンド

レジェンド

FCXクラリティ

クラリティ フューエル セル/PHEV

クーペ

CR-X

CR-X delSol

CR-Z

シビッククーペ

シビッククーペ

シビッククーペ

シビッククーペ

シビッククーペ

シビッククーペ

インテグラ

インテグラ

インテグラ

プレリュード

プレリュード

プレリュード

アコードクーペ

アコードクーペ

アコードクーペ

アコードクーペ

アコードクーペ

アコードクーペ

レジェンドクーペ

ワゴン

エアウェイブ

フィットシャトル

シャトル
シビックシャトル

オルティア

ストリーム

ジェイド

シビックエアロデッキ

シビックツアラー

アコードワゴン

アコードワゴン

アコードワゴン

アコードワゴン

アコードツアラー

アヴァンシア

バン

シビックプロ

パートナー

パートナー

ミニバントールワゴン

モビリオ

キャパ

モビリオスパイク

フリードFLEX→フリードスパイク

フリード+

モビリオ

フリード

フリード

ストリーム

ストリーム

S-MX

エディックス

ジェイド

ステップワゴン

ステップワゴン

ステップワゴン

ステップワゴン

ステップワゴン

ステップワゴン

オデッセイ

オデッセイ

オデッセイ

オデッセイ

オデッセイ

ラグレイトオデッセイ(北米)

オデッセイ

オデッセイ

オデッセイ

エリシオン

スポーツ

シビックタイプR

シビックタイプR

シビックタイプRユーロ

シビックタイプR

シビックタイプR

インテグラタイプR

インテグラタイプR

インテグラタイプR(セダン)

シビックタイプR(セダン)

ビート

S660

S2000

NSX

NSX

NSXタイプR

NSXタイプR

クロスオーバーSUV・SUV

HR-V

ヴェゼル

ヴェゼル

クロスロード

BR-V

CR-V

CR-V

CR-V

CR-V

CR-V

ジャズ

エレメント

クロスツアー

アヴァンシア/UR-V

パスポート

パスポート

パイロット

パイロット

パイロット

ホライゾン

MDX

クロスロード

ツアーマスター

リッジライン

リッジライン

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

0
1
2
表話編歴本田技研工業ホンダ
ブリオ
ブリオアメイズ
シティ
ロゴ
フィット
フィットハイブリッド
1300
145
フィットアリア
シビック
シビックシャトル
シビックフェリオ
シビックハイブリッド
バラード
クイント
インテグラ
コンチェルト
ドマーニ
インテグラSJ
アコード
アコードハイブリッド
ビガー
アスコット
アスコットイノーバ
トルネオ
ラファーガ
インスパイア
セイバー
レジェンド
シビックカントリー
エアウェイブ
フィットシャトル
シャトル
オルティア
アコードツアラー
アヴァンシア
クロスツアー
キャパ
モビリオ
モビリオスパイク
フリード
フリードスパイク
ストリーム
ジェイド
クロスロード
ステップワゴン
S-MX
エディックス
オデッセイ
エリシオン
ラグレイト
HR-V
ヴェゼル
CR-V
エレメント
パスポート
MDX
パイロット
リッジライン
EV Plus
FCX
FCXクラリティ
インサイト
グレイス
シビッククーペ
プレリュード
アコードクーペ
レジェンドハードトップ/クーペ
S500
S600
S800
ビート
S660
CR-Z
CR-X
シビックタイプR
インテグラタイプR
S2000
アコードユーロR
NSX
NSXタイプR
L700
シビックバン
パートナー
T360
TN360
アクティ
ストリート
バモス
N360
N600E
ライフ
Z
トゥデイ
N-ONE
ザッツ
ゼスト
N-WGN
N-BOX
N-VAN
クラリティ フューエル セル
e自動車(アキュラ)
EL
CSX
ILX
TSX
ビガー
TL
レジェンド
RL
RLX
ZDX
CL
インテグラ
RSX
NSX
RDX
MDX
SLXコンセプトカー
デュアルノート
HSC
J-VX
リミックス
Spocket
SSM
WOW
Acura Advanced Sports Car Concept
NeuV航空機
MH02
HA-420(HondaJet)エンジン
EA型
ZC型
A型
B型
C型
D型
E型
F型
G型
H型
J型
K型
L型
N型
P型
R型
S型
HF120 ターボファンロボット
Eシリーズ
E0
E1
E2
E3
E4
E5
E6
Pシリーズ
P1
P2
P3
P4
ASIMOパーソナルモビリティ
U3-X
UNI-CUB汎用製品
ピアンタFV200子会社
本田技術研究所
ホンダエンジニアリング
ホンダオートボディー
八千代工業
ユタカ技研
ホンダアクセス
ホンダ エアクラフト
ホンダ エアロ
ホンダ・レーシング(HRC)
ホンダロック
ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)
ホンダモビリティランド
ホンダロジスティクス
本田航空
ホンダセールスオペレーションジャパン
ホンダコムテック系列協力会社
日本精機
M-TEC
ジーテクト
エイチワン
テイ・エス テック
武蔵精密工業
エフテック
エフ・シー・シー
J-MAX
田中精密工業
日立Astemo生産工場
四輪新機種センター/高根沢工場(閉鎖)合弁会社
GE・ホンダ・エアロ・エンジン
カテゴリ
表話編歴 ポータル 自動車 / プロジェクト 乗用車 / プロジェクト 自動車   
自動車メーカー・ブランド
自動車の車種 – 自動車の車種名一覧

自動車の歴史
モータースポーツ

自動車画像
自動車関連のスタブ項目

典拠管理
J9U: 987007559228205171
LCCN: sh2007065062

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ホンダ・フィット&oldid=91340430」から取得
カテゴリ: 自動車の画像提供依頼ホンダの車種ハッチバック四輪駆動車電気自動車日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車RJCカー・オブ・ザ・イヤー受賞車グッドデザイン賞受賞車 (自動車)隠しカテゴリ: 書きかけの節のある項目J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 1859
再生回数: 9338
[spincontent type=”j”]

ホンダが要請 2050年にCO2実質ゼロ(2021年11月17日) Youtube

ホンダが取引先の主要な部品メーカーに対し、二酸化炭素の排出量を2050年に実質ゼロにするよう要請したことが分かりました。削減は2025年度からで2019年度と比べて毎年4%ずつ減らす基準を示しています。取引先の各社は、扱う部品の種類や企業の規模に応じて2050年に実質ゼロに向けた計画を提出します。ホンダは既に、自社の生産や販売などの企業活動を通じた排出量を2050年に実質ゼロにする目標を掲げていますが、国内の自動車メーカーとしては初めてサプライチェーン全体で長期的な削減計画を進めます。

#ホンダ#二酸化炭素#CO2#排出量#脱炭素#調達網#サプライチェーン

WBS、ガイアの夜明け、カンブリア宮殿 などが見放題!
日本最大級の経済動画配信サービス「テレ東BIZ」。
▼▼「テレ東BIZ」はこちら(入会月無料)▼▼
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta

◆毎日ニュースを更新中!
チャンネル登録:https://www.youtube.com/c/tvtokyonews

◆公式Twitter
テレ東BIZ:https://twitter.com/txbiz_ondemand
WBS:https://twitter.com/wbs_tvtokyo?
モーサテ:https://twitter.com/ms_tvtokyo?
ガイアの夜明け:https://twitter.com/gaia_no_yoake?
カンブリア宮殿:https://twitter.com/cambrian_palace?
池上彰の報道特番:https://twitter.com/tx_ikegami?
特命!池上ベンチャーズ:https://twitter.com/TVTOKYOventures

2. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Yomiuri

Yomiuri
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4379
[spincontent type=”j”]

3. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Asahi Shimbun

朝日新聞
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 朝日新聞で検索した 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する上記の情報が、2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 25 12
[spincontent type=”j”]

4. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) The Japan Times

The Japan Times
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: ジャパン タイムズで検索した 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する記事のトップです。2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5626
[spincontent type=”j”]

5. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Yomiuri Shimbun

読売新聞
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する詳細情報はすでにありますか? 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8594
[spincontent type=”j”]

6. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Mainichi Shimbun

毎日新聞
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 毎日新聞で見つけた 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する上記の情報が、2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8154
[spincontent type=”j”]

7. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Sankei Shimbun

産経新聞
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 産経新聞で検索した 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する記事のトップです。2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2240
[spincontent type=”j”]

8. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7258
[spincontent type=”j”]

9. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Chunichi Shimbun

中日新聞
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 中日新聞で検索した 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する上記の情報が、2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9530
[spincontent type=”j”]

10. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Tokyo Shimbun

東京新聞
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5125
[spincontent type=”j”]

11. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1839
[spincontent type=”j”]

12. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 日刊工業新聞で見つけた 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する上記の情報が、2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4324
[spincontent type=”j”]

13. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Ainu Times

アイヌタイムス
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: アイヌ タイムズで検索した 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する記事のトップです。2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9878
[spincontent type=”j”]

14. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する詳細情報はすでにありますか? 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6396
[spincontent type=”j”]

15. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Chiba Nippo

千葉日報
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 千葉日報で検索した 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する上記の情報が、2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6832
[spincontent type=”j”]

16. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Chugoku Shimbun

中国新聞
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 中国新聞で検索した 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する記事のトップです。2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3623
[spincontent type=”j”]

17. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) Daily Tohoku

デイリー東北
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8578
[spincontent type=”j”]

18. 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

説明: イースタン クロニクルで検索した 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する上記の情報が、2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 80 35
[spincontent type=”j”]

2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) に関する質問

2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点) が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)

2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)
方法2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)
チュートリアル 2021年11~12月上旬 honda製品の生産状況について(11月18日時点)
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: