あなたは 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 を共有します。 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はクルス、第二姓(母方の姓)はサンチェスです。ペネロペ・クルスPenélope Cruz
ペネロペ・クルス(2018年)本名
Penélope Cruz Sánchez生年月日
(1974-04-28) 1974年4月28日(48歳)出生地
スペインマドリード州アルコベンダス職業
女優ジャンル
映画活動期間
1988年 -配偶者
ハビエル・バルデム(2010年 – )主な作品
映画『ハモンハモン』『オール・アバウト・マイ・マザー』『バニラ・スカイ』『ボルベール〈帰郷〉』『それでも恋するバルセロナ』『抱擁のかけら』『NINE』『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』『悪の法則』『オリエント急行殺人事件』『誰もがそれを知っている』『ペイン・アンド・グローリー』テレビドラマ『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』
 受賞アカデミー賞
助演女優賞2008年『それでも恋するバルセロナ』カンヌ国際映画祭
女優賞2006年『ボルベール〈帰郷〉』ヴェネツィア国際映画祭
女優賞2021年『パラレル・マザーズ』ヨーロッパ映画賞
女優賞2006年『ボルベール〈帰郷〉』全米映画批評家協会賞
主演女優賞2021年『パラレル・マザーズ』ニューヨーク映画批評家協会賞
助演女優賞2008年『それでも恋するバルセロナ』ロサンゼルス映画批評家協会賞
主演女優賞2021年『パラレル・マザーズ』助演女優賞2008年『それでも恋するバルセロナ』『エレジー』英国アカデミー賞
助演女優賞2008年『それでも恋するバルセロナ』ゴヤ賞
主演女優賞1998年『美しき虜』2006年『ボルベール〈帰郷〉』助演女優賞2008年『それでも恋するバルセロナ』セザール賞
名誉賞2018年その他の賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞助演女優賞2008年『それでも恋するバルセロナ』ハリウッド名声の歩道2011年 映画産業への功績、映画、演劇界における業績に対してテンプレートを表示ペネロペ・クルス[1]、本名ペネロペ・クルス・サンチェス(Penélope Cruz、Penélope Cruz Sánchez スペイン語: [peˈnelope kɾuθ ˈsantʃeθ], 1974年4月28日 – )は、スペインの女優。夫は俳優のハビエル・バルデム。身長168cm。「ペネロペ」の英語圏での発音は「ペネロピー」となる。

生い立ち[編集]
マドリード県アルコベンダスにて生まれる。父エドゥアルド・クルスは商人、母エンカルナ・サンチェスは美容師[2][3]。妹は元ダンサー現女優のモニカ・クルス、弟は歌手のエドゥアルド・クルス・ジュニア[4]。
高校を中退し、国立芸術院で9年間[5]、ニューヨークで4年間クラシックバレエやスペイン舞踊を学ぶ[6][7]。
15歳の時に約300人の中からタレント・エージェンシーのオーディションで選ばれる[5]。

キャリア[編集]
1991年にフランスのテレビシリーズに出演後、1992年にスペイン映画『ハモンハモン』で映画デビュー。
1998年公開の『美しき虜』でゴヤ賞主演女優賞を受賞。同年公開のペドロ・アルモドバル監督の『オール・アバウト・マイ・マザー』で国際的に知られるようになる。その後、ハリウッドに招かれ、アメリカ映画にも出演するようになるが、典型的なラテン系の役ばかりで良い評価は得られなかった。
2006年公開のスペイン映画『ボルベール〈帰郷〉』でカンヌ国際映画祭女優賞、ヨーロッパ映画賞最優秀女優賞などを受賞。また、スペイン人女優として初めてアカデミー主演女優賞にもノミネートされた。
2007年には弟エドゥアルドのシングル「Cosas que contar」のミュージックビデオに妹のモニカやミア・マエストロと共に出演。同年10月、出演しているロレアルのマスカラのCMでイギリスの広告基準局ASAから監査が入った。同CMでは「まつげを60%長くする」と宣伝しているが、CM撮影ではペネロペが付けまつげをしていることから、誤解を招くと指摘された[8]。
2008年公開のウディ・アレン監督の『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー助演女優賞を受賞した。これはラテン系女優として二人目、スペイン人俳優として二人目、スペイン人女優として初めての受賞者となった。また、英国アカデミー賞 助演女優賞、ゴヤ賞助演女優賞なども受賞。翌年にはロブ・マーシャル監督のミュージカル映画『NINE』で2年連続のアカデミー助演女優賞ノミネートを獲得。
2010年代に入っても幅広いジャンルで活動を続け、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(2011年)や『オリエント急行殺人事件』(2017年)といったハリウッドの超大作から『誰もがそれを知っている』(2018年)や『ペイン・アンド・グローリー』(2019年)といった祖国の文芸作品まで幅広く出演。
2021年にはペドロ・アルモドバル監督の『パラレル・マザーズ』でヴェネツィア国際映画祭 女優賞を受賞し、アカデミー主演女優賞に再びノミネートされる。同年には夫のハビエル・バルデムも『愛すべき夫妻の秘密』で主演男優賞にノミネートされており、夫婦揃ってのノミネートとなった。

私生活[編集]
スペイン語、英語の他にイタリア語、フランス語が堪能で、イタリア映画『赤いアモーレ』やフランス映画『花咲ける騎士道』にも出演。
2000年、『すべての美しい馬』を撮影終了後、ベジタリアンに転向。
インドの少女たちを救うサベラ基金を支援し、他の著名人とともに、カルカッタのホームレスや結核の少女たちに学校や家、クリニックを建設した[9]。
女優のサルマ・ハエック、歌手のシャキーラと仲が良い。
過去に俳優のマット・デイモンやトム・クルーズ[10][11]、ニコラス・ケイジ、マシュー・マコノヒー[12]などとの交際歴がある。
2010年7月、度々共演し、旧知の仲であったスペイン人俳優のハビエル・バルデムと結婚[13][14]。同年9月半ば、妊娠4か月半であることを代理人を通して発表した。2011年1月21日、ロサンゼルスの病院にて第一子となる男の子(レオナルド)を出産した[13]。2013年2月には、第二子を妊娠していることが分かり[15]、2013年7月22日に女の子(ルナ)を出産した[16]。

主な出演作品[編集]
映画[編集]

日本語題 原題
役名
備考
1992
ハモンハモンJamon, jamon
シルビア

ベルエポックBelle epoque
ルス

1994
捕らわれた唇Entre rojas
ルシア
DVDスルー
1996
17歳Brujas
パトリシア

フレネシ-愛じゃない、それは熱-Más que amor, frenesí
ラウラ

ペネロペ・クルスの 抱きしめたい!Amor perjudica seriamente la salud, El
ディアナ
VHS&DVDスルー
ペネロペ・クルス/情熱の処女 ~スペインの宝石~Celestina, La
メリベア

1997
ライブ・フレッシュCarne tremula
イサベル

オープン・ユア・アイズAbre los ojos
ソフィア

1998
ドン・ジュアンDon Juan
マチュリーヌ
DVDスルー
美しき虜Niña de tus ojos, La
マカレナ
ゴヤ賞主演女優賞受賞DVDスルー
イフ・オンリーThe Man with Rain in His Shoes
ルイーズ

ハイロー・カントリーThe Hi-Lo Country
ジョセファ・オニール

オール・アバウト・マイ・マザーTodo sobre mi madre
シスター・ロサ

1999
裸のマハVolaverunt
ペピータ・トゥドー

2000
ウーマン・オン・トップWoman on Top
イサベラ

すべての美しい馬All the Pretty Horses
アレハンドラ

2001
ブロウBlow
マーサ・ユング

コレリ大尉のマンドリンCaptain Corelli’s Mandolin
ペラギア

ウェルカム!ヘヴンSin noticias de Dios
カルメン・ラモス

バニラ・スカイVanilla Sky
ソフィア

2003
ボブ・ディランの頭のなかMasked and Anonymous
ペイガン・レース

花咲ける騎士道Fanfan la tulipe
アドリーヌ

ゴシカGothika
クロエ・サバ

2004
赤いアモーレNon ti muovere
イタリア

トリコロールに燃えてHead in the Clouds
ミア

NOEL ノエルNoel
イタリア

2005
サハラ 死の砂漠を脱出せよSahara
エバ・ロハス

2006
ボルベール〈帰郷〉Volver
ライムンダ
ゴヤ賞主演女優賞受賞アカデミー主演女優賞ノミネートゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)ノミネート英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
バンディダスBandidas
マリア・アルバレス
DVDスルー
2007
恋愛上手になるためにThe Good Night
アンナ/メロディア

マノレテ 情熱のマタドールManolete
アントニア・“ルーペ”・シノ
DVDスルー
2008
エレジーElegy
コンスエラ・カスティーリョ

それでも恋するバルセロナVicky Cristina Barcelona
マリア・エレーナ
アカデミー助演女優賞受賞英国アカデミー賞 助演女優賞受賞ゴヤ賞助演女優賞受賞ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
2009
スパイアニマル・GフォースG-Force
フアレス
声の出演
抱擁のかけらLos abrazos rotos
マグダレーナ
ゴヤ賞主演女優賞ノミネート
NINENine
カルラ・アルバネーゼ
アカデミー助演女優賞ノミネートゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
2010
セックス・アンド・ザ・シティ2Sex and the City 2
カルメン
カメオ出演
2011
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides
アンジェリカ

2012
ローマでアモーレTo Rome with Love
アンナ

ある愛へと続く旅Venuto al mondo
ジェンマ

2013
アイム・ソー・エキサイテッド!Los amantes pasajeros

カメオ出演
悪の法則The Counselor
ラウラ

2015
あなたのママになるためにMa ma
マグダ
ゴヤ賞主演女優賞ノミネートWOWOWジャパンプレミアにて放映[1]
2016
ズーランダー NO.2Zoolander No.2
バレンティナ・バレンシア
DVDスルー
Grimsby
ロンダ

La reina de España
マカレナ・グラナダ
兼製作
2017
オリエント急行殺人事件Murder on the Orient Express
ピラール・エストラバドス

2018
誰もがそれを知っているTodos lo saben
ラウラ
ゴヤ賞主演女優賞ノミネート
2019
ペイン・アンド・グローリーDolor y gloria
ジャシンタ・マロ 

WASP ネットワークWasp Network
オルガ・ゴンザレス

2022
355The 355
グラシエラ 

テレビシリーズ[編集]

日本語題 原題
役名
備考
2018
アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺The Assassination of Gianni Versace: American Crime Story
ドナテラ・ヴェルサーチ
メインキャスト
主な受賞[編集]
アカデミー賞
2008年度 助演女優賞 『それでも恋するバルセロナ』
ゴヤ賞
1998年度 主演女優賞 『美しき虜』
2006年度 主演女優賞 『ボルベール〈帰郷〉』
2008年度 助演女優賞 『それでも恋するバルセロナ』
英国アカデミー賞
2008年度 助演女優賞 『それでも恋するバルセロナ』
ヨーロッパ映画賞
2004年度 観客賞(女優賞) 『赤いアモーレ』
2006年度 女優賞 『ボルベール〈帰郷〉』
カンヌ国際映画祭
2006年度 女優賞 『ボルベール〈帰郷〉』
英国エンパイア映画賞
2006年度 女優賞 『ボルベール〈帰郷〉』
ハリウッド映画祭
2006年度 女優賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞
2008年度 助演女優賞 『それでも恋するバルセロナ』
ニューヨーク映画批評家協会賞
2008年度 助演女優賞 『それでも恋するバルセロナ』
ドノスティア賞
2019年関連書籍[編集]
『オールアバウト ペネロペ・クルス』(ブランドン・ハースト著、奥 めぐみ 訳、ACクリエイト 2010年3月)脚注[編集]
^ Penélope Cruz RIGHT PRONUNCIATION 2018年5月4日閲覧。

^ “Penelope Cruz Biography (1974–)”. Film Reference. 2010年4月18日閲覧。

^ Rose, Charlie (2010年1月17日). “The Rising Star of Penelope Cruz (Page 2)”. CBS News. CBS Interactive Inc. 2010年4月25日閲覧。

^ De Vries, Hilary (2004年2月). “Penelope Cruz: Will She Say I Do, or I Don’t (Page 3)”. Marie Claire. Hearst Communication, Inc. 2010年3月14日閲覧。

^ a b “Penélope Cruz Biography”. People. Time Warner Inc. 2010年3月14日閲覧。

^ Gilchrist, Todd. “10 Questions With Penelope Cruz”. Ask Men. IGN Entertainment. 2010年3月14日閲覧。

^ “Últimas noticias y biografía de Penélope Cruz” (Spanish). Hola. 2010年5月3日閲覧。

^ “ペネロペ・クルス、つけまつげCMが問題に”. シネマトゥデイ. (2007年7月31日). http://cinematoday.jp/page/N0011094 2013年3月22日閲覧。 

^ Penelope Cruz, Award Winner – MovieActors.com

^ De Vries, Hilary (2004年2月). “Penelope Cruz: Will She Say I Do, or I Don’t (Page 1)”. Marie Claire. Hearst Communication, Inc. 2010年3月14日閲覧。

^ Cagle, Jess (2004年4月25日). “Tom & Penelope Split After 3 Years”. People. Time Warner Inc. 2010年3月14日閲覧。

^ “Matthew McConaughey & Penelope Cruz Are ‘Separating’”. People. Time Warner Inc (2006年6月2日). 2010年3月14日閲覧。

^ a b “Penelope Cruz and Javier Bardem welcome a baby boy”. Marie Claire (2011年1月26日). 2011年1月26日閲覧。

^ “Actors Penelope Cruz and Javier Bardem marry in the Bahamas”. The Daily Telegraph (2010年7月14日). 2011年1月17日閲覧。

^ “ペネロペ・クルス、第2子妊娠を認める!”. シネマトゥデイ. (2013年2月13日). http://www.cinematoday.jp/page/N0050200 2013年3月22日閲覧。 

^ “ペネロペ・クルスが第2子を出産。待望の女の子!”. excite.ニュース. (2013年7月23日). https://www.excite.co.jp/news/article/Techinsight_20130723_76482/ 2013年7月23日閲覧。 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ペネロペ・クルスに関連するカテゴリがあります。ペネロペ・クルス – allcinema
ペネロペ・クルス – KINENOTE
Penélope Cruz – IMDb(英語)
表話編歴アカデミー助演女優賞1936–1940
ゲイル・ソンダガード(1936)
アリス・ブラディ(1937)
フェイ・ベインター(1938)
ハティ・マクダニエル(1939)
ジェーン・ダーウェル(1940)1941–1960
メアリー・アスター(1941)
テレサ・ライト(1942)
カティーナ・パクシヌー(1943)
エセル・バリモア(1944)
アン・リヴィア(1945)
アン・バクスター(1946)
セレステ・ホルム(1947)
クレア・トレヴァー(1948)
マーセデス・マッケンブリッジ(1949)
ジョセフィン・ハル(1950)
キム・ハンター(1951)
グロリア・グレアム(1952)
ドナ・リード(1953)
エヴァ・マリー・セイント(1954)
ジョー・ヴァン・フリート(1955)
ドロシー・マローン(1956)
ミヨシ・ウメキ(1957)
ウェンディ・ヒラー(1958)
シェリー・ウィンタース(1959)
シャーリー・ジョーンズ(1960)1961–1980
リタ・モレノ (1961)
パティ・デューク (1962)
マーガレット・ラザフォード (1963)
リラ・ケドロヴァ (1964)
シェリー・ウィンタース (1965)
サンディ・デニス (1966)
エステル・パーソンズ (1967)
ルース・ゴードン (1968)
ゴールディ・ホーン (1969)
ヘレン・ヘイズ (1970)
クロリス・リーチマン (1971)
アイリーン・ヘッカート (1972)
テータム・オニール (1973)
イングリッド・バーグマン (1974)
リー・グラント (1975)
ベアトリス・ストレイト (1976)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (1977)
マギー・スミス (1978)
メリル・ストリープ (1979)
メアリー・スティーンバージェン (1980)1981–2000
モーリン・ステイプルトン(1981)
ジェシカ・ラング(1982)
リンダ・ハント(1983)
ペギー・アシュクロフト(1984)
アンジェリカ・ヒューストン(1985)
ダイアン・ウィースト(1986)
オリンピア・デュカキス(1987)
ジーナ・デイヴィス(1988)
ブレンダ・フリッカー(1989)
ウーピー・ゴールドバーグ(1990)
マーセデス・ルール(1991)
マリサ・トメイ(1992)
アンナ・パキン(1993)
ダイアン・ウィースト(1994)
ミラ・ソルヴィノ(1995)
ジュリエット・ビノシュ(1996)
キム・ベイシンガー(1997)
ジュディ・デンチ(1998)
アンジェリーナ・ジョリー(1999)
マーシャ・ゲイ・ハーデン(2000)2001–2020
ジェニファー・コネリー(2001)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(2002)
レネー・ゼルウィガー(2003)
ケイト・ブランシェット(2004)
レイチェル・ワイズ(2005)
ジェニファー・ハドソン(2006)
ティルダ・スウィントン(2007)
ペネロペ・クルス(2008)
モニーク(2009)
メリッサ・レオ(2010)
オクタヴィア・スペンサー(2011)
アン・ハサウェイ(2012)
ルピタ・ニョンゴ(2013)
パトリシア・アークエット(2014)
アリシア・ヴィキャンデル(2015)
ヴィオラ・デイヴィス(2016)
アリソン・ジャネイ(2017)
レジーナ・キング (2018)
ローラ・ダーン(2019)
ユン・ヨジョン(2020)2021–現在
アリアナ・デボーズ(2021)
表話編歴英国アカデミー賞助演女優賞1968–1980
ビリー・ホワイトロー(1968)
セリア・ジョンソン(1969)
スザンナ・ヨーク(1970)
マーガレット・レイトン(1971)
クロリス・リーチマン(1972)
ヴァレンティナ・コルテーゼ(1973(
イングリッド・バーグマン(1974)
ダイアン・ラッド(1975)
ジョディ・フォスター(1976)
ジェニー・アガター(1977)
ジェラルディン・ペイジ(1978)
レイチェル・ロバーツ(1979)1981–2000
ロヒニ・ハタンガディ / モーリン・ステイプルトン(1982)
ジェイミー・リー・カーティス(1983)
リズ・スミス(1984)
ロザンナ・アークエット(1985)
ジュディ・デンチ(1986)
スーザン・ウールドリッジ(1987)
ジュディ・デンチ(1988)
ミシェル・ファイファー(1989)
ウーピー・ゴールドバーグ(1990)
ケイト・ネリガン(1991)
ミランダ・リチャードソン(1992)
ミリアム・マーゴリーズ(1993)
クリスティン・スコット・トーマス(1994)
ケイト・ウィンスレット(1995)
ジュリエット・ビノシュ(1996)
シガニー・ウィーバー(1997)
ジュディ・デンチ(1998)
マギー・スミス(1999)
ジュリー・ウォルターズ(2000)2001–現在
ジェニファー・コネリー(2001)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(2002)
レネー・ゼルウィガー(2003)
ケイト・ブランシェット(2004)
タンディ・ニュートン(2005)
ジェニファー・ハドソン(2006)
ティルダ・スウィントン(2007)
ペネロペ・クルス(2008)
モニーク(2009)
ヘレナ・ボナム=カーター(2010)
オクタヴィア・スペンサー(2011)
アン・ハサウェイ(2012)
ジェニファー・ローレンス(2013)
パトリシア・アークエット(2014)
ケイト・ウィンスレット(2015)
ヴィオラ・デイヴィス(2016)
アリソン・ジャネイ(2017)
レイチェル・ワイズ(2018)
ローラ・ダーン(2019)
ユン・ヨジョン(2020)
アリアナ・デボーズ(2021)
表話編歴カンヌ国際映画祭女優賞1946-1960
ミシェル・モルガン (1946)
イザ・ミランダ (1949)
ベティ・デイヴィス (1951)
リー・グラント (1952)
シャーリー・ブース (1953)
Bolshaya Semyaのキャスト陣 (1955)
スーザン・ヘイワード (1956)
ジュリエッタ・マシーナ (1957)
ビビ・アンデショーン/エヴァ・ダールベック/バルブロ・ヒオルト・アフ・オルネス/イングリッド・チューリン (1958)
シモーヌ・シニョレ (1959)
メリナ・メルクーリ/ジャンヌ・モロー (1960)1961-1980
ソフィア・ローレン (1961)
キャサリン・ヘプバーン/リタ・トゥシンハム (1962)
マリナ・ヴラディ (1963)
アン・バンクロフト/バーバラ・バリー (1964)
サマンサ・エッガー (1965)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (1966)
ピア・デゲルマルク (1967)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (1969)
オッタヴィア・ピッコロ (1970)
キティ・ウィン (1971)
スザンナ・ヨーク (1972)
ジョアン・ウッドワード (1973)
マリー=ジョゼ・ナット (1974)
ヴァレリー・ペリン (1975)
ドミニク・サンダ/マリ・テレシク (1976)
シェリー・デュヴァル/モニーク・メルキューレ (1977)
ジル・クレイバーグ/イザベル・ユペール (1978)
サリー・フィールド (1979)
アヌーク・エーメ (1980)1981-2000
イザベル・アジャーニ (1981)
ヤドヴィガ・ヤンコフスカ=チェースラック (1982)
ハンナ・シグラ (1983)
ヘレン・ミレン (1984)
ノルマ・アレアンドロ/シェール (1985)
バルバラ・スコヴァ/フェルナンダ・トレス (1986)
バーバラ・ハーシー (1987)
バーバラ・ハーシー/ジョディ・メイ/リンダ・ムブシ (1988)
メリル・ストリープ (1989)
クリスティナ・ヤンダ (1990)
イレーヌ・ジャコブ (1991)
ペルニラ・アウグスト (1992)
ホリー・ハンター (1993)
ヴィルナ・リージ (1994)
ヘレン・ミレン (1995)
ブレンダ・ブレッシン (1996)
キャシー・バーク (1997)
エロディ・ブシェーズ/ナターシャ・レニエ (1998)
セヴリーヌ・カネル/エミリー・ドゥケンヌ (1999)
ビョーク (2000)2001-2020
イザベル・ユペール (2001)
カティ・オウティネン (2002)
マリ=ジョゼ・クローズ (2003)
張曼玉 (2004)
ハンナ・ラズロ (2005)
ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ロラ・ドゥエニャス/チェス・ランプレアヴェ/ブランカ・ポルティージョ/ヨハナ・コボ (2006)
チョン・ドヨン (2007)
サンドラ・コルベローニ (2008)
シャルロット・ゲンズブール (2009)
ジュリエット・ビノシュ (2010)
キルスティン・ダンスト (2011)
コスミナ・ストラタン/クリスティナ・フルトゥル (2012)
ベレニス・ベジョ (2013)
ジュリアン・ムーア (2014)
エマニュエル・ベルコ/ルーニー・マーラ (2015)
ジャクリン・ホセ (2016)
ダイアン・クルーガー (2017)
サマル・イェスリャーモワ (2018)
エミリー・ビーチャム (2019)2021-2040
レナーテ・ラインスヴェ (2021)
表話編歴ヴォルピ杯(女優賞)1934–1968年
キャサリン・ヘプバーン (1934)
ポーラ・ウェセリー (1935)
アナベラ (1936)
ベティ・デイヴィス (1937)
ノーマ・シアラー (1938)
ルイーゼ・ウルリッヒ (1941)
クリスティーナ・ゼーダーバウム (1942)
アンナ・マニャーニ (1947)
ジーン・シモンズ (1948)
オリヴィア・デ・ハヴィランド (1949)
エリノア・パーカー (1950)
ヴィヴィアン・リー (1951)
イングリッド・バーグマン (1952)
リリー・パルマー (1953)
マリア・シェル (1956)
Dzidra Ritenberga (1957)
ソフィア・ローレン (1958)
マドレーヌ・ロバンソン (1959)
シャーリー・マクレーン (1960)
シュザンヌ・フロン (1961)
エマニュエル・リヴァ (1962)
デルフィーヌ・セイリグ (1963)
ハリエット・アンデルセン (1964)
アニー・ジラルド (1965)
ナターリヤ・アリンバサロワ (1966)
シャーリー・ナイト (1967)
ラウラ・ベッティ (1968)1983–present
ダーリン・レジティム (1983)
パスカル・オジェ (1984)
ヴァレリア・ゴリノ (1986)
カン・スヨン (1987)
イザベル・ユペール / シャーリー・マクレーン (1988)
ペギー・アシュクロフト / ジェラルディン・ジェームズ (1989)
Gloria Münchmeyer (1990)
ティルダ・スウィントン (1991)
コン・リー (1992)
ジュリエット・ビノシュ / アンナ・ボナイウート (1993)
マリア・デ・メディロス / ヴァネッサ・レッドグレイヴ (1994)
サンドリーヌ・ボネール / イザベル・ユペール/イザベラ・フェラーリ (1995)
ヴィクトワール・ティヴィソル (1996)
ロビン・タニー (1997)
カトリーヌ・ドヌーヴ (1998)
ナタリー・バイ (1999)
ローズ・バーン (2000)
サンドラ・チェッカレッリ (2001)
ジュリアン・ムーア (2002)
カーチャ・リーマン (2003)
イメルダ・スタウントン (2004)
ジョヴァンナ・メッツォジョルノ (2005)
ヘレン・ミレン (2006)
ケイト・ブランシェット (2007)
ドミニク・ブラン (2008)
クセニア・ラパポルト (2009)
アリアーヌ・ラベド (2010)
ディニー・イップ (2011)
ハダス・ヤロン (2012)
エレナ・コッタ (2013)
アルバ・ロルヴァケル (2014)
ヴァレリア・ゴリノ (2015)
エマ・ストーン (2016)
シャーロット・ランプリング (2017)
オリヴィア・コールマン (2018)
アリアンヌ・アスカリッド (2019)
ヴァネッサ・カービー (2020)
ペネロペ・クルス (2021)
表話編歴ニューヨーク映画批評家協会賞 助演女優賞1969–1980
ダイアン・キャノン(1969)
カレン・ブラック(1970)
エレン・バースティン(1971)
ジーニー・バーリン(1972)
ヴァレンティナ・コルテーゼ(1973)
ヴァレリー・ペリン(1974)
リリー・トムリン(1975)
タリア・シャイア(1976)
シシー・スペイセク(1977)
モーリン・ステイプルトン(1978)
メリル・ストリープ(1979)
メアリー・スティーンバージェン(1980)1981–2000
モナ・ウォッシュボーン(1981)
ジェシカ・ラング(1982)
リンダ・ハント(1983)
クリスティーン・ラーティ(1984)
アンジェリカ・ヒューストン(1985)
ダイアン・ウィースト(1986)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ(1987)
ダイアン・ヴェノーラ(1988)
レナ・オリン(1989)
ジェニファー・ジェイソン・リー(1990)
ジュディ・デイヴィス(1991)
ミランダ・リチャードソン(1992)
コン・リー(1993)
ダイアン・ウィースト(1994)
ミラ・ソルヴィノ(1995)
コートニー・ラヴ(1996)
ジョーン・キューザック(1997)
リサ・クドロー(1998)
キャサリン・キーナー(1999)
マーシャ・ゲイ・ハーデン(2000)2001–2020
ヘレン・ミレン(2001)
パトリシア・クラークソン(2002)
ショーレ・アグダシュルー(2003)
ヴァージニア・マドセン(2004)
マリア・ベロ(2005)
ジェニファー・ハドソン(2006)
エイミー・ライアン(2007)
ペネロペ・クルス(2008)
モニーク(2009)
メリッサ・レオ(2010)
ジェシカ・チャステイン(2011)
サリー・フィールド(2012)
ジェニファー・ローレンス(2013)
パトリシア・アークエット(2014)
クリステン・スチュワート(2015)
ミシェル・ウィリアムズ(2016)
ティファニー・ハディッシュ(英語版)(2017)
レジーナ・キング(2018)
ローラ・ダーン(2019)
マリア・バカローヴァ(2020)
表話編歴ロサンゼルス映画批評家協会賞 助演女優賞1977–1980
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (1977)
モーリン・ステイプルトン / モナ・ウォッシュボーン(英語版) (1978)
メリル・ストリープ (1979)
メアリー・スティーンバージェン (1980)1981–2000
モーリン・ステイプルトン (1981)
グレン・クローズ (1982)
リンダ・ハント (1983)
ペギー・アシュクロフト (1984)
アンジェリカ・ヒューストン (1985)
キャシー・タイソン(英語版) / ダイアン・ウィースト (1986)
オリンピア・デュカキス (1987)
ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド (1988)
ブレンダ・フリッカー (1989)
ロレイン・ブラッコ (1990)
ジェーン・ホロックス (1991)
ジュディ・デイヴィス (1992)
アンナ・パキン / ロージー・ペレス (1993)
ダイアン・ウィースト (1994)
ジョアン・アレン (1995)
バーバラ・ハーシー (1996)
ジュリアン・ムーア (1997)
ジョアン・アレン (1998)
クロエ・セヴィニー (1999)
フランシス・マクドーマンド (2000)2001–現在
ケイト・ウィンスレット (2001)
イーディ・ファルコ (2002)
ショーレ・アグダシュルー (2003)
ヴァージニア・マドセン (2004)
キャサリン・キーナー (2005)
ルミニツァ・ゲオルジウ(英語版) (2006)
エイミー・ライアン (2007)
ペネロペ・クルス (2008)
モニーク (2009)
ジャッキー・ウィーヴァー (2010)
ジェシカ・チャステイン (2011)
エイミー・アダムス (2012)
ルピタ・ニョンゴ (2013)
アガタ・クレシャ(英語版) (2014)
アリシア・ヴィキャンデル (2015)
リリー・グラッドストーン(英語版) (2016)
ローリー・メトカーフ (2017)
レジーナ・キング (2018)
ジェニファー・ロペス (2019)
ユン・ヨジョン (2020)
典拠管理
BIBSYS: 1081340
BNE: XX1107320
BNF: cb14024972f (データ)
CANTIC: a10903392
CINII: DA14193503
FAST: 432668
GND: 129996807
ISNI: 0000 0001 0901 1804
J9U: 987007422739805171
LCCN: nr99010888
LNB: 000243187
MBA: 1d89d17d-7224-4ae2-bd74-87cececc164f
NDL: 01208571
NKC: pna2005261869
NLA: 40407898
NLK: KAC2020K7213
NTA: 113524609
PLWABN: 9810548206805606
RERO: 02-A026688476
SUDOC: 061150495
Trove: 1446389
VIAF: 51888451
WorldCat Identities: lccn-nr99010888

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ペネロペ・クルス&oldid=90826809」から取得
カテゴリ: スペインの女優アカデミー賞受賞者英国アカデミー賞受賞者菜食主義者マドリード州の人物1974年生存命人物隠しカテゴリ: プロジェクト人物伝項目ウィキデータにあるallcinema人物識別子ウィキデータにあるKINENOTE IDBIBSYS識別子が指定されている記事BNE識別子が指定されている記事BNF識別子が指定されている記事CANTIC識別子が指定されている記事CINII識別子が指定されている記事FAST識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事LNB識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事NLA識別子が指定されている記事NLK識別子が指定されている記事NTA識別子が指定されている記事PLWABN識別子が指定されている記事RERO識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事Trove識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 6338
再生回数: 1874
[spincontent type=”j”]

2017年スペイン・マドリード国際映画祭【最優秀外国映画主演女優賞】/「キセキの葉書」鈴木紗理奈インタビュー Youtube

2017年スペイン・マドリード国際映画祭【最優秀外国映画主演女優賞】/映画「キセキの葉書」鈴木紗理奈インタビュー / Madrid IFF 2017 Sarina Suzuki The Miraculous Postcards1

JackyWoo(ジャッキーウー)オフィシャルHP
http://www.jackywoo.com/

2. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Yomiuri

Yomiuri
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 13
[spincontent type=”j”]

3. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Asahi Shimbun

朝日新聞
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 朝日新聞で検索した 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する上記の情報が、2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8609
[spincontent type=”j”]

4. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 The Japan Times

The Japan Times
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: ジャパン タイムズで検索した 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する記事のトップです。2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6253
[spincontent type=”j”]

5. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Yomiuri Shimbun

読売新聞
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する詳細情報はすでにありますか? 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4562
[spincontent type=”j”]

6. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Mainichi Shimbun

毎日新聞
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 毎日新聞で見つけた 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する上記の情報が、2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 49 18
[spincontent type=”j”]

7. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Sankei Shimbun

産経新聞
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 産経新聞で検索した 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する記事のトップです。2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8185
[spincontent type=”j”]

8. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1940
[spincontent type=”j”]

9. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Chunichi Shimbun

中日新聞
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 中日新聞で検索した 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する上記の情報が、2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6627
[spincontent type=”j”]

10. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Tokyo Shimbun

東京新聞
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5609
[spincontent type=”j”]

11. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1348
[spincontent type=”j”]

12. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 日刊工業新聞で見つけた 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する上記の情報が、2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7293
[spincontent type=”j”]

13. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Ainu Times

アイヌタイムス
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: アイヌ タイムズで検索した 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する記事のトップです。2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 32 13
[spincontent type=”j”]

14. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する詳細情報はすでにありますか? 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4326
[spincontent type=”j”]

15. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Chiba Nippo

千葉日報
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 千葉日報で検索した 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する上記の情報が、2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2825
[spincontent type=”j”]

16. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Chugoku Shimbun

中国新聞
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 中国新聞で検索した 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する記事のトップです。2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9582
[spincontent type=”j”]

17. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 Daily Tohoku

デイリー東北
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 48
[spincontent type=”j”]

18. 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

説明: イースタン クロニクルで検索した 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する上記の情報が、2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6398
[spincontent type=”j”]

2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 に関する質問

2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞

2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞
方法2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞
チュートリアル 2017年7月、○○がスペインの『マドリード国際映画祭』で最優秀外国映画主演女優賞を受賞
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: