あなたは 11 月 1 日 誕生 日 有名人 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 11 月 1 日 誕生 日 有名人 を共有します。 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

11 月 1 日 誕生 日 有名人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2022年11月(霜月)

1

2

3

4

5
6

7

8

9

10

11

12
13

14

15

16

17

18

19
20

21

22

23

24

25

26
27

28

29

30

365日 各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
11月1日(じゅういちがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から305日目(閏年では306日目)にあたり、年末まであと60日ある。

できごと[編集]
システィーナ礼拝堂の天井画公開(1512年)。1508年から足掛け4年ほどかかった
.mw-parser-output .tmulti .thumbinnerdisplay:flex;flex-direction:column.mw-parser-output .tmulti .trowdisplay:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box.mw-parser-output .tmulti .tsinglemargin:1px;float:left.mw-parser-output .tmulti .theaderclear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%.mw-parser-output .tmulti .thumbcaptionbackground-color:transparent.mw-parser-output .tmulti .text-align-lefttext-align:left.mw-parser-output .tmulti .text-align-righttext-align:right.mw-parser-output .tmulti .text-align-centertext-align:center@media all and (max-width:720px).mw-parser-output .tmulti .thumbinnerwidth:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trowjustify-content:center.mw-parser-output .tmulti .tsinglefloat:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaptiontext-align:center豊臣秀吉が北野大茶湯を開催(1587)。参加者が振るわず、わずか1日で終了
約6万人が犠牲になったリスボン大地震(1755)。復興を成し遂げた宰相セバスティアン・デ・カルヴァーリョは啓蒙専制政治を引く
イギリスによるアメリカ植民地への印紙税(1765)。アメリカ独立戦争の一因
トルコ、スルタン制の廃止(1922)。ドルマバフチェ宮殿を去るメフメト6世
山手線が環状運転を開始(1925)。画像は上野駅に進入する外回り電車特急「あじあ」運転開始(1934)。
アイビー作戦(1952)。目標のエルゲラブ島が完全に破壊される
マーストリヒト条約発効(1993)。欧州連合 (EU) が正式発足
ゆりかもめ開通(1995)
1512年 – ミケランジェロによるシスティーナ礼拝堂の天井画が公開される。
1587年(天正15年10月1日)- 北野天満宮で豊臣秀吉主催の茶会北野大茶湯が行われる。
1604年 – ウィリアム・シェイクスピアの『オセロ』がロンドンにて初演。
1611年 – ウィリアム・シェイクスピアの『テンペスト』がロンドンにて初演。
1612年(ユリウス暦10月22日) – ロシア・ポーランド戦争: ドミトリー・ポジャルスキー率いるロシア国民軍が、ポーランド軍が占領するモスクワを解放(動乱時代)。
1755年 – ポルトガルでリスボン大地震が発生。津波と火災による死者10万人。
1765年 – イギリス議会が北米の植民地13州に対する印紙条例を可決。北米駐在のイギリス軍の費用調達のため。
1790年 – エドマンド・バークが『フランス革命の省察』を出版。同書中でフランス革命が失敗に終わることを予言。
1791年 – 大黒屋光太夫がエカチェリーナ2世の茶会に招かれた公式記録が残る日(紅茶の日)。
1800年 – 米大統領ジョン・アダムズが大統領官邸(後のホワイトハウス)に入居。
1805年 – ナポレオン戦争・1805年オーストリア戦役: ナポレオン軍がオーストリアに侵攻。
1873年 – 日本初の石橋である東京・神田川の万世橋が竣工。
1880年 – 官設鉄道の全列車で日本人運転士が乗務開始。
1890年 – 石川倉次の日本語の6点式点字が正式に採用される(点字の日)。
1892年 – 黒岩涙香が『萬朝報』を創刊。
1894年(ユリウス暦10月20日) – ニコライ2世が帝政ロシア皇帝位を継承。
1894年 – 『ビルボード』誌の前身、『ビルボード・アドバタイジング』が創刊。
1897年 – 東武鉄道創立。
1911年 – 朝鮮・満洲国境の鴨緑江に鴨緑江橋梁が開通。京義線と満鉄安奉線が接続される。
1913年 – 常総鉄道(現関東鉄道常総線)取手駅 – 下館駅間開業。
1914年 – 第一次世界大戦:コロネル沖海戦。
1914年 – 岩越線(現在の磐越西線)・郡山 – 新津が全通。東北本線・磐越西線経由で上野 – 新潟の直通運転を開始。
1916年 – 第一次世界大戦: 第九次イゾンツォの戦い。
1920年 – 明治神宮創建。鎮座祭に群衆が殺到し、死傷者38人が生じる事故も発生[1]。
1922年 – トルコ革命: トルコで大国民議会がスルタン制の廃止を宣言。オスマン帝国が滅亡。
1925年 – 神田 – 上野の高架線路が開通し、山手線が環状運転を開始。
1928年 – トルコで、ラテン文字による現行のトルコ語表記法(トルコ語アルファベット)の使用が開始される。それまではアラビア文字を用いていた。
1928年 – ラジオ体操が放送開始。
1930年 – 日比谷交差点に国内初の自動交通信号が登場(米国製)。
1930年 – 名古屋市で市営電気バス登場。
1934年 – 南満州鉄道が特急列車「あじあ」の運転を開始。
1935年 – 汪兆銘狙撃事件。
1938年 – アメリカ合衆国の人気競走馬シービスケット対ウォーアドミラルのマッチレースが行われる。
1939年 – 中勢鉄道(三重県)の列車(ガソリンカー)が脱線転覆する事故。死者2人、負傷者多数[2]。
1940年 – 日本海軍の戦艦「武蔵」が進水。
1940年 – 日本統治下の南洋群島で南洋神社の鎮座式。
1942年 – 日本工業新聞など西日本(愛知県以西)の産業経済紙数社が合同して産業経済新聞(現・産経新聞)が発刊。
1943年 – 逓信省・鉄道省・商工省・企画院を廃止し、運輸通信省・軍需省・農商務省を設置。
1943年 – 節米を目的に全国主要駅の駅弁が一斉に芋弁当に切り替わる[3]。
1945年 – 朝鮮労働党の機関紙『労働新聞』が創刊。
1945年 – オーストラリアが国際連合に加盟。
1945年 – 日比谷公園にて餓死対策国民大会が開催。
1946年 – 京都・大阪で第1回国民体育大会秋季大会が開幕。
1949年 – 日本で、道路交通取締法改正により、歩行者は右側、車は左側の対面交通に。
1950年 – プエルトリコの国家主義者2人によりハリー・S・トルーマン米大統領の暗殺未遂。
1950年 – ローマ教皇ピウス12世が教皇不可謬権を行使して聖母の被昇天を正式にカトリックの教義として宣言。
1952年 – アイビー作戦: アメリカ合衆国がマーシャル諸島エニウェトク環礁で人類初の水爆実験。
1952年 – ラジオ静岡(現:静岡放送)開局。
1954年 – アルジェリア民族解放戦線が一斉蜂起。アルジェリア戦争が始まる。
1955年 – ユナイテッド航空629便爆破事件。
1957年 – アメリカミシガン州のマキナック橋が完成。
1958年 – 東海道本線東京駅 – 大阪駅間で、国鉄初の電車特急「こだま」が運転開始。
1958年 – 静岡放送テレビジョン本放送を開始。
1959年 – 国民年金法施行。
1959年 – 琉球初のテレビ局・沖縄テレビ放送 (OTV) 開局。
1959年 – アイスホッケー試合中に顔面を負傷したゴールテンダー、ジャック・プランテ(英語版)がマスクを装着して試合を続行。ホッケーマスクの始まり。
1961年 – 国立国会図書館東京本館が開館。
1963年 – 南ベトナム大統領ゴ・ディン・ジエムが軍部のクーデターにより暗殺される(1963年ベトナム共和国の軍事クーデター)。
1963年 – プエルトリコに世界最大の電波望遠鏡・アレシボ天文台が開設。
1963年 – 従来の聖徳太子の肖像から伊藤博文にデザインを変更した新千円札(C号券)を発行。
1965年 – 国鉄がダイヤ改正実施。
1966年 – 国立劇場が開場。
1967年 – 東急百貨店本店(渋谷区道玄坂)開店。
1967年 – 八郎潟干拓地への入植開始。
1968年 – 米国映画業協会によるアメリカでの映画のレイティングシステムが開始。
1968年 – テレビ静岡が開局。
1969年 – 日本銀行券C号500円(岩倉新500円)が発行。
1971年 – 『テレビマガジン』創刊号発売。
1973年 – 第一次オイルショック: トイレットペーパー騒動が発生。
1973年 – 日本科学技術振興財団のテレビ事業本部を引き継ぐ形で、東京12チャンネル(現在のテレビ東京)が発足。
1973年 – 日本教育テレビ(NETテレビ。現在のテレビ朝日)が教育専門局から一般総合局に移行。
1973年 – 読売ジャイアンツが日本シリーズで南海ホークスを破り、史上初の9年連続日本一を達成。
1974年 – 気象庁のアメダスが運用開始。
1981年 – アンティグア・バーブーダがイギリスから独立。
1984年 – 日本の新紙幣(D号券)が発行開始。一万円札は福沢諭吉、五千円札は新渡戸稲造、千円札は夏目漱石の肖像。
1986年 – 国鉄最後となる大規模ダイヤ改正。
1987年 – 10年間開催が休止されていたF1日本グランプリが開催場所を鈴鹿サーキットに移して復活。
1992年 – ソニーがMDプレーヤー1号機、MZ-1を発売。
1993年 – マーストリヒト条約が発効し、欧州共同体 (EC) を元に欧州連合 (EU) が正式発足。
1995年 – 食糧管理法廃止。米の生産・流通・販売が自由化。
1995年 – ゆりかもめ(東京臨海新交通臨海線)の新橋駅(仮駅) – 有明駅間が開業。
1995年 – 東京メトロポリタンテレビジョン (TOKYO MX) 開局。
1995年 – V6がMUSIC FOR THE PEOPLEでCDデビュー。
1998年 – 欧州人権裁判所が常置化される。
2000年 – 新ユーゴが国際連合に加盟。後に代表権はセルビア・モンテネグロ、セルビアが継承。
2002年 – 軽自動車の字光式ナンバーの払い出しが全国で始まる。
2004年 – 日本の新紙幣(E号券)が発行開始。一万円札はD号券に引き続き福沢諭吉、五千円札は樋口一葉、千円札は野口英世の肖像。
2006年 – 国際自由労働組合総連盟(国際自由労連)と国際労連が合併、国際労働組合総連合 (ITUC) を結成。
2007年 – 改正少年法が施行。少年院送致の対象年齢が「14歳以上」から「おおむね12歳以上」へ引き下げられる。
2007年 – 中日ドラゴンズが53年ぶりの日本一を達成。この試合で山井大介と岩瀬仁紀の継投による完全試合となる(2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投)。
2007年 – Folding@homeが1PFLOPS超えにより、世界一強力な分散コンピューティングネットワークとして、ギネスに認定されたと報じられる。
2008年 – 任天堂の携帯型ゲーム機、ニンテンドーDSiが日本国内で発売。
2009年 – 世界金融危機: アメリカのCITグループが連邦倒産法第11章の適用を申請して破綻。
2009年 – アラブ首長国連邦のアブダビでF1レースのアブダビグランプリが初開催。
2009年 – ソニー・コンピュータエンタテインメントが日本でPlayStation Portable goを発売。
2014年 – この日をもってインドがカルナータカ州の州都バンガロール(英語のBangalore)の都市名のベンガルール(カンナダ語: ಬೆಂಗಳೂರು)への改称を認可[4]。
2017年 – 日本で第195特別国会が召集され[5]、第48回衆議院議員総選挙で当選した465名が正式に衆議院議員に就任。第4次安倍内閣も発足[6]。
2021年 – 日本で3代目となる500円硬貨(バイカラークラッド貨幣)が発行開始。素材のバイメタル技術に、縁の異形斜めギザ、表面の一部に微細文字を施し、偽造抵抗力をより強化した。
2021年 – V6がこの日行われたコンサートツアーのファイナル公演をもって解散。26年の活動に終止符を打つ。日本の自治体改編[編集]
1919年 – 兵庫県明石市が市制施行。
1921年 – 山口県宇部市が市制施行。
1922年 – 大阪府岸和田市が市制施行。
1936年 – 岐阜県高山市が市制施行。
1946年 – 大阪府守口市が市制施行。
1954年 – 山形県村山市、茨城県勝田市(現在のひたちなか市)、新潟県新井市(現在の妙高市)、三重県鳥羽市が市制施行、愛媛県伊予三島市(現在の四国中央市)・川之江市(同)が市制施行。
1958年 – 栃木県矢板市、群馬県安中市、埼玉県草加市、愛知県稲沢市・新城市、愛媛県北条市(現在の松山市)、福岡県中間市、宮崎県西都市が市制施行。
1966年 – 埼玉県入間市、大阪府摂津市・高石市・藤井寺市が市制施行。
1970年 – 北海道恵庭市、栃木県黒磯市(現在の那須塩原市)、埼玉県新座市、新潟県豊栄市(現在の新潟市)、山口県新南陽市(現在の周南市)が市制施行。
1971年 – 北海道亀田市(現在の函館市)、宮城県岩沼市・泉市(現在の仙台市)・多賀城市、東京都多摩市・稲城市、神奈川県海老名市・座間市、奈良県生駒市が市制施行。
1977年 – 京都府八幡市が市制施行。
1978年 – 神奈川県綾瀬市が市制施行。
1991年 – 東京都羽村市が市制施行。
1994年 – 茨城県那珂湊市と勝田市が合併してひたちなか市になる。
2004年 – 山梨県北杜市、新潟県魚沼市・南魚沼市、富山県南砺市、兵庫県丹波市、岡山県瀬戸内市、広島県江田島市が市制施行。
2004年 – 島根県大原郡木次町、加茂町、大東町、飯石郡三刀屋町、掛合町、吉田村が合併して雲南市になる。
2004年 – 三重県上野市と5町村が合併して伊賀市になる。
2005年 – 岩手県和賀郡湯田町と同郡沢内村が合併して和賀郡西和賀町に、富山県新湊市と射水郡の全町村が合併して射水市に、山梨県塩山市ほか2町村が合併して甲州市になる。
2008年 – 鹿児島県大口市と伊佐郡菱刈町が合併して伊佐市になる。誕生日[編集]
イタリア新古典主義を代表する彫刻家、アントニオ・カノーヴァ(1757-1822)誕生。画像は『アモルの接吻で蘇るプシュケ』(1777)
チャコ戦争の調停でノーベル平和賞を受賞したアルゼンチンの学者にして政治家、カルロス・サアベドラ・ラマス(1878-1959)誕生
大陸移動説を提唱したドイツの気象学者、アルフレート・ヴェーゲナー(1880-1930)誕生
日本の口語自由詩を確立した詩人、萩原朔太郎(1886-1942)誕生

詩とは感情の神経を掴んだものである。生きて働く心理学である――詩集『月に吠える』(1919)オーストリアの作家、ヘルマン・ブロッホ(1886-195)誕生。代表作は『ウェルギリウスの死』(1945)
著書『オリエンタリズム』でポストコロニアル理論を打ち立てたパレスチナ系アメリカ人の文学批評家、エドワード・サイード(1935-2003)誕生
イタリア出身のベルギー人歌手、サルヴァトール・アダモ(1943-)誕生。代表曲『雪が降る』は日本でもヒットした
福原愛(1988-)誕生田中将大(1988-)誕生
1287年 – ナスル、ナスル朝スルターン(+ 1322年)
1596年 – ピエトロ・ダ・コルトーナ[7]、画家、建築家(+ 1669年)
1757年 – アントニオ・カノーヴァ、彫刻家(+ 1822年)
1761年 – スペンサー・パーシヴァル、イギリス首相(+ 1812年)
1778年 – グスタフ4世アドルフ、スウェーデン王(+ 1837年)
1782年 – ゴドリッチ子爵フレデリック・ジョン・ロビンソン、政治家、イギリス首相(+ 1859年)
1852年(嘉永5年9月20日) – 本因坊秀栄、囲碁棋士(+ 1907年)
1858年 – ジョセフ・ティレル、地質学者、古生物学者(+ 1957年)
1871年 – スティーヴン・クレイン、小説家、詩人(+ 1900年)
1878年 – カルロス・サアベドラ・ラマス、政治家、学者、ノーベル平和賞受賞者(+ 1959年)
1880年 – アルフレート・ヴェーゲナー、気象学者(+ 1930年)
1880年 – ショーレム・アッシュ、作家(+ 1957年)
1886年 – 萩原朔太郎、詩人(+ 1942年)
1886年 – ヘルマン・ブロッホ、小説家、劇作家、評論家(+ 1951年)
1889年 – ハンナ・ヘッヒ、ダダイスト(+ 1978年)
1891年 – ヤン・ムカジョフスキー、美学者、文学者、言語学者(+ 1975年)
1895年 – 池田遙邨、画家(+ 1988年)
1896年 – 石本秀一、元プロ野球監督(+ 1982年)
1896年 – エドマンド・ブランデン、詩人(+ 1974年)
1902年 – オイゲン・ヨッフム、指揮者(+ 1987年)
1903年 – ジャン・タルデュー、詩人、劇作家(+ 1995年)
1906年 – 西園寺公一、政治家(+ 1993年)
1913年 – 戸田吉蔵、プロ野球選手(+ 1986年)
1917年 – エーリッヒ・ルドルファー、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 2016年)
1919年 – 佐治敬三、サントリー元会長(+ 1999年)
1923年 – ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス、ソプラノ歌手(+ 2005年)
1924年 – 太田美實、医師、馬主(+ 2015年[8])
1924年 – スュレイマン・デミレル、政治家、トルコ首相、大統領(+ 2015年)
1924年 – バジル・バーンステイン、社会学者、言語学者(+ 2000年)
1927年 – 島美弥子、女優、声優
1927年 – ビクター・ペロット (Victor Pellot)、元プロ野球選手(+ 2005年)
1931年 – いかりや長介、お笑いタレント(ザ・ドリフターズ)、俳優(+ 2004年)
1931年 – 大村崑、俳優
1931年 – 菊池俊輔、作曲家(+ 2021年)[9]
1932年 – 伊藤四郎、元プロ野球選手(+ 2011年)
1932年 – 大神武俊、元プロ野球選手(+ 2003年)
1935年 – エドワード・サイード、文学研究者(+ 2003年)
1935年 – ゲーリー・プレーヤー、ゴルファー
1935年 – 水原弘、歌手(+ 1978年)
1935年 – アンジェイ・チャイコフスキ、ピアニスト、作曲家(+ 1982年)
1936年 – 亀井静香、政治家
1936年 – 服部克久、作曲家、編曲家(+ 2020年[10])
1937年 – 広島尚保、元プロ野球選手
1937年 – 土井豊、元プロ野球選手
1937年 – 牧野圭一、漫画家
1937年 – 赤井勝利、元プロ野球選手
1941年 – 目片信、政治家(+ 2020年)
1943年 – 逢坂剛、推理作家
1943年 – サルヴァトール・アダモ、作曲家、歌手
1944年 – 池田隆一、政治家
1945年 – 矢吹健、歌手(+ 2015年)
1945年 – 𨂊池均、プロ野球審判員(+ 2008年)
1947年 – 一ノ瀬泰造、写真家(+ 1973年)
1947年 – 廣重毅、空手家(+ 2018年)
1949年 – 上林成行、プロ野球選手
1950年 – 西口久美子、歌手、女優、タレント(元青い三角定規)
1950年 – ミッチ・ケイパー、実業家、プログラマ
1950年 – 越阪部豊、元プロ野球選手
1951年 – 今陽子、歌手、女優
1952年 – 島本講平、元プロ野球選手
1953年 – 阿川佐和子、エッセイスト、タレント
1953年 – ジーン・ダットサン、元プロ野球選手
1953年 – 石丸謙二郎、俳優
1953年 – ボー・ジョック、アコーディオン奏者、歌手(+ 1999年)
1956年 – ラルフ・イーザウ、ファンタジー作家
1956年 – 今井譲二、元プロ野球選手
1956年 – 松田浩平、心理学者
1958年 – ジョン・カビラ、タレント
1959年 – 原えりこ、声優
1959年 – 田城郁、政治家
1959年 – 奥谷彰男、サッカー審判員
1960年 – フェルナンド・バレンズエラ、元プロ野球選手
1960年 – 国本武春、浪曲師(+ 2015年)
1961年 – 中村弘道、元プロ野球選手
1961年 – アン・ドノバン、バスケットボール選手、指導者
1962年 – アンソニー・キーディス、ミュージシャン(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
1962年 – マグネ・フルホルメン、ミュージシャン(a-ha)
1962年 – みやすのんき、漫画家
1963年 – かの香織、ミュージシャン
1963年 – リック・アレン、ドラマー(デフ・レパード)
1964年 – 西原理恵子、漫画家
1965年 – IKUZONE、ミュージシャン(Dragon Ash)(+ 2012年)
1966年 – 山口貴由、漫画家
1966年 – インゴ・シュトイアー、フィギュアスケート選手
1968年 – 河本栄得、お笑い芸人(ベイブルース)(+ 1994年)
1970年 – 内山佳子、札幌テレビ放送アナウンサー
1970年 – 白川悟実、お笑いタレント(テンダラー)
1970年 – ミシェル・トゥームス、シンガー・ソングライター、ピアニスト
1971年 – アレクセイ・ティホノフ、フィギュアスケート選手
1972年 – 古内東子、シンガーソングライター
1972年 – トニ・コレット、女優
1972年 – 矢薙直樹、声優
1973年 – 中嶋潤一郎、ジャグラー
1973年 – アイシュワリヤー・ラーイ、女優、モデル
1973年 – 上野優作、サッカー選手
1973年 – 李小双、元体操選手
1974年 – フローラン・ダバディ、編集者、評論家
1974年 – ライアン・グリン、元プロ野球選手
1974年 – 筒井壮、元プロ野球選手
1975年 – メーガン・ウィング、フィギュアスケート選手
1977年 – 池内友彦、元サッカー選手
1977年 – 鈴木ともこ、エッセイスト、漫画家
1977年 – 木川絵理子[11]、声優
1979年 – 榎本温子[12]、声優
1979年 – 藤田太陽、元プロ野球選手
1979年 – ココ・クリスプ、元プロ野球選手
1980年 – 河野友軌、元プロ野球選手
1980年 – 永井ゆうじ、漫画家
1981年 – 小久保淳平、歌手
1981年 – 奥田絢子、歌手
1982年 – 全美貞、プロゴルファー
1983年 – 小倉優子、タレント
1983年 – 須藤温子、女優
1983年 – SoulJa、ミュージシャン
1983年 – スティーブ・トールソン、プロ野球選手
1984年 – 仁科仁美、タレント
1984年 – スティーブン・ボート、プロ野球選手
1984年 – 森麻貴、グラビアアイドル
1986年 – 丸山未沙希、声優
1986年 – ライナー・クルーズ、プロ野球選手
1987年 – 張田昂、騎手
1987年 – アンソニー・バス、プロ野球選手
1988年 – 福原愛、元卓球選手
1988年 – 田中将大、プロ野球選手
1988年 – 新井章太、サッカー選手
1989年 – 諸塚香奈実、タレント(元チャオ ベッラ チンクエッティ)
1989年 – 半田渚、元野球選手
1990年 – 杉山晃紀、元プロ野球選手
1990年 – 舛ノ山大晴、元大相撲力士
1990年 – ゆりやんレトリィバァ、お笑い芸人
1990年 – 杉山仁、タレント(元PrizmaX)
1990年 – 和田晃一良、実業家
1990年 – ジェフリー・モク、タレント
1991年 – 碇由貴子、女優
1991年 – 中野省吾、騎手
1991年 – 橋本汰斗、俳優
1991年 – 青山誠、元プロ野球選手
1992年 – 磯村嘉孝、プロ野球選手
1992年 – 白洲迅、俳優
1993年 – 伊藤大海、日本テレビアナウンサー
1993年 – 新井千鶴、柔道家
1995年 – 百川晴香、歌手、アイドル(全力少女R)
1995年 – マルガリータ・マムン、新体操選手
1996年 – 江野沢愛美、ファッションモデル、女優
1996年 – ジョンヨン、アイドル(TWICE)
1996年 – キム・ミンジェ、俳優
1996年 – リル・ピープ、ラッパー、シンガーソングライター
1997年 – 伊澤星花、総合格闘家
1997年 – 浦野雄平、陸上選手
1998年 – 工藤あかり、女優
1999年 – 渡辺みり愛、元歌手、元アイドル(元乃木坂46)
2003年 – ピンクレディ、アイドル(りんご娘)
生年不明 – 西田雅一、声優忌日[編集]
人物[編集]
マニエリスム芸術の巨匠たる建築家にして画家、ジュリオ・ロマーノ(1499-1546)没。画像の《巨人の間壁画》(1532-35) があるパラッツォ・デル・テは設計、建築、装飾すべてを手掛けた
スペイン・ハプスブルク朝最後の王、カルロス2世(1661-1700)没。病弱で知的障害もあり、黄金時代の終焉を象徴した
徳川吉宗に対抗して開放政策を行った第7代尾張藩主、徳川宗春(1696-1764)没。1739年から約25年間、隠居謹慎の身であった
頼三樹三郎(1825-1859)橋本左内(1834-1859)安政の大獄により刑死した思想家たち
自由民権運動の論客、馬場辰猪(1850-1888)、亡命先のアメリカ合衆国で客死
ギリシャ首相を3期務めた、ゲオルギオス・パパンドレウ(1888-1968)、クーデターによって自宅軟禁中に死去。息子アンドレアス(英語版)、孫のジョルゴスも首相となる
映画『戦争と平和』を手掛けたアメリカ合衆国の映画監督、キング・ヴィダー(1894-1982)没『七人の侍』林田平八役など、黒澤明作品の常連俳優、千秋実(1917-1999)没
1038年 – ヘルマン1世、マイセン辺境伯(* 980年頃)
1187年(文治3年9月29日)- 大中臣親隆、伊勢神宮祭主(* 1105年)
1243年(寛元元年9月18日)- 大炊御門麗子、土御門天皇中宮(* 1185年)
1456年 – エドマンド・テューダー、リッチモンド伯(* 1430年)
1457年 – フランチェスコ・フォスカリ、ヴェネツィアのドージェ(* 1373年)
1463年 – ダヴィド、トレビゾンド皇帝
1517年(永正14年10月18日)- 鷹司政平、室町時代の公卿(* 1415年)
1546年 – ジュリオ・ロマーノ、画家(* 1499年?)
1588年 – ジャン・ドラ、人文主義者、詩人(* 1508年)
1606年(慶長11年10月1日)- 桑山重晴、戦国武将(* 1524年?)
1629年 – ヘンドリック・テル・ブルッヘン、画家(* 1588年)
1700年 – カルロス2世、スペイン王(* 1661年)
1715年(正徳5年10月6日) – 渋川春海、天文暦学者、囲碁棋士(* 1639年)
1723年(享保8年10月4日)- 今井似閑、国学者(* 1657年)
1724年(享保9年9月16日)- 松平清武、館林藩主(* 1663年)
1764年(明和元年10月8日)- 徳川宗春[13]、第7代尾張藩主(* 1696年)
1787年(天明7年9月22日)- 九条尚実、江戸時代の公卿(* 1717年)
1801年(享和元年9月25日)- 尊信女王、江戸時代の皇族(* 1734年)
1818年 – マリー=ガブリエル・カペ、画家(* 1761年)
1823年(文政6年9月29日)- 小笠原長昌、唐津藩主(* 1796年)
1852年 – マクシミリアン・ド・ボアルネ、ロイヒテンベルク公(* 1817年)
1859年(安政6年10月7日)- 飯泉喜内、土浦藩士(* 1805年)
1859年(安政6年10月7日)- 頼三樹三郎、儒学者(* 1825年)
1859年(安政6年10月7日)- 橋本左内、福井藩士(* 1834年)
1877年 – オリヴァー・ハザード・ペリー・スロック・モートン、第14代インディアナ州知事(* 1823年)
1888年 – 馬場辰猪、自由民権運動の政論家(* 1850年)
1893年 – ヤン・マテイコ、画家(* 1838年)
1894年 – アレクサンドル3世、ロシア皇帝(* 1845年)
1903年 – テオドール・モムゼン、歴史家(* 1817年)
1907年 – アルフレッド・ジャリ、小説家(* 1873年)
1908年 – エドワード・ケアード、哲学者(* 1835年)
1910年 – 玉置半右衛門、実業家(* 1838年)
1914年 – クリストファー・クラドック、イギリス海軍の少将(* 1862年)
1916年 – 李人稙、小説家(* 1862年)
1919年 – 釈宗演、臨済宗の僧(* 1860年)
1925年 – 朴殷植、大韓民国臨時政府大統領(* 1859年)
1927年 – 横井時敬、農学者(* 1860年)
1938年 – 岩佐銈、囲碁棋士(* 1878年)
1942年 – フーゴー・ディストラー、作曲家(* 1908年)
1948年 – 曾我廼家五郎、お笑い芸人(* 1877年)
1955年 – デール・カーネギー、作家(* 1888年)
1956年 – ピエトロ・バドリオ、イタリア首相(* 1871年)
1959年 – 張景恵、満州国国務総理大臣(* 1871年)
1962年 – 信夫淳平、法学者(* 1871年)
1962年 – リカルド・ロドリゲス、F1ドライバー(* 1942年)
1968年 – ルドビカ・ヤコブソン、フィギュアスケート選手(* 1884年)
1968年 – ゲオルギオス・パパンドレウ、ギリシャ首相(* 1888年)
1972年 – エズラ・パウンド、詩人(* 1885年)
1972年 – ロバート・マッカーサー、生態学者(* 1930年)
1973年 – 鶴見祐輔、厚生大臣(* 1885年)
1974年 – 南条徳男、弁護士、政治家(* 1895年)
1975年 – 出井盛之、経済学博士(* 1892年)
1979年 – 堀切善次郎、内務大臣(* 1884年)
1979年 – マミー・アイゼンハワー、ドワイト・D・アイゼンハワー第34代アメリカ合衆国大統領の妻(* 1896年)
1982年 – キング・ヴィダー、映画監督(* 1894年)
1982年 – 桜井純、物理学者(* 1933年)
1983年 – アントニー・ヴァン・ホーボーケン、音楽学者(* 1887年)
1983年 – 北島正元、歴史学者(* 1912年)
1984年 – マルセル・モイーズ、フルート奏者(* 1889年)
1985年 – リュシアン・ミシャール、自転車競技選手(* 1903年)
1985年 – 大内山平吉、大相撲力士(* 1926年)
1991年 – デニス・ベネット、キリスト教カリスマ運動指導者(* 1917年)
1992年 – カール・ドイッチュ、政治学者(* 1912年)
1993年 – セベロ・オチョア、生化学者(* 1905年)
1994年 – 高原滋夫、医学者(* 1908年)
1995年 – エリカ・モリーニ、ヴァイオリニスト(* 1904年)
1997年 – 小坂一也、俳優、歌手(* 1935年)
1999年 – 千秋実、俳優(* 1917年)
1999年 – ウォルター・ペイトン、アメリカンフットボール選手(* 1954年)
2000年 – スティーヴン・ランシマン、歴史家(* 1903年)
2003年 – ジョージ川口、ジャズドラマー(* 1927年)
2003年 – 吉村大志郎(ネルソン吉村)、サッカー選手、指導者(* 1947年)
2003年 – 吉田治美、アナウンサー、タレント(* 1950年)
2004年 – 白井浩司、仏文学者(* 1917年)
2005年 – 虎島和夫、政治家、防衛庁長官(* 1928年)
2006年 – レオン・ヘンキン、論理学者(* 1921年)
2006年 – シルヴィオ・ヴァルヴィーゾ、指揮者(* 1924年)
2006年 – ウィリアム・スタイロン、小説家(* 1925年)
2006年 – ウラカン・ラミレス、プロレスラー(* 1926年)
2006年 – 牧田清、写真家(* 1952年)
2006年 – 永沢光雄、ノンフィクション作家(* 1959年)
2006年 – エイドリアン・シェリー、女優(* 1966年)
2007年 – ポール・ティベッツ、アメリカ空軍退役准将(* 1915年)
2007年 – 後藤喜八郎、武蔵野市第2代市長(* 1920年)
2008年 – ユマ・スマック、ソプラノ歌手(* 1922年)
2008年 – 林田賢太、映画監督(* 1976年)
2011年 – 嵯峨健四郎、プロ野球選手(* 1937年)
2014年 – 田村元、政治家、第66代衆議院議長(* 1924年)
2014年 – 弥永和子、声優(* 1947年)
2015年 – 深江章喜、俳優(* 1926年)
2015年 – ギュンター・シャボフスキー、ドイツ社会主義統一党政治局員(* 1929年)
2015年 – フレッド・トンプソン、俳優、元アメリカ上院議員(* 1942年)
2019年 – 鴈龍[14]、俳優(* 1964年)
2020年 – キャロル・アーサー[15]、女優(* 1935年)人物以外(動物など)[編集]
1947年 – マンノウォー、競走馬(* 1917年)
1998年 – サイレンススズカ、競走馬(* 1994年)記念日・年中行事[編集]
諸聖人の日・万聖節(カトリック)
全ての聖人と殉教者を記念する日。
全聖徒の日(一部のプロテスタント)
全ての聖徒(万人祭司の立場から死者生者を問わず記念する日。)
死者の日 (メキシコ)
ラテンアメリカ諸国における祝日
独立記念日( アンティグア・バーブーダ)
1981年のこの日、アンティグア・バーブーダがイギリスから独立した。
革命記念日( アルジェリア)
1954年のアルジェリア戦争(アルジェリア独立戦争)開戦を記念。
世界ヴィーガン・デー(英語版)
ヴィーガン(純粋菜食者)の記念日。
計量記念日( 日本)
1993年(平成5年)11月1日に現行の計量法が施行されたことから、当時の主管官庁である通商産業省が制定。それまでは旧計量法が施行された6月7日が計量記念日だった。
灯台記念日( 日本)
明治元年11月1日(1868年)に、日本初の洋式灯台である観音埼灯台が起工されたことに由来。1949年に海上保安庁が制定。
自衛隊記念日( 日本)
1966年に制定。実際の創立年月日は1954年7月1日であるが、7月から10月は災害での出動が予想され、記念行事等を行うのに都合が悪いため、天候が安定する11月1日を記念日とした。
古典の日( 日本)
2012年に法制化。源氏物語の存在が「紫式部日記」1008年(寛弘5年)11月1日の記述で確認できることに由来。源氏物語千年紀を記念して始まった[16]。
点字の日( 日本)
1890年のこの日、日本語用の点字として東京盲啞学校教諭石川倉次の点字案が正式に採用されたことを記念。
犬の日( 日本)
犬の鳴き声「ワンワンワン」の語呂合せ。ペットフード工業会(現 ペットフード協会)など6団体が1987年に制定。
寿司の日( 日本)
全国すし商環境衛生同業組合連合会が1961年に制定。新米の季節であり、ネタになる海や山の幸が美味しい時期であることから。
紅茶の日( 日本)
寛政3年11月1日(1791年)に、暴風雨のためロシアに漂着していた大黒屋光太夫がロシア皇帝エカチェリーナ2世の茶会に招かれ、日本人として初めて、外国での正式の茶会で紅茶を飲んだ最初の人として、この日が定められたことに由来。日本紅茶協会が1983年に制定。
本格焼酎の日( 日本)
1987年9月に九州で開かれた本格焼酎業者の会議の場で制定され、日本酒造組合中央会が実施。その年に8~9月ごろから仕込まれた焼酎の新酒が飲めるようになるのが11月1日ごろであることから。
泡盛の日( 日本)
沖縄県酒造組合連合会が1989年に制定。11月から泡盛製造の最盛期に入り、泡盛の美味しい季節となることから。
家具の日( 日本)
友の日( 日本)
サンリオが制定。同社創業者・辻信太郎が『いちご新聞』紙上で提案。ハローキティの誕生日に由来する[17]。
カーペットの日( 日本)
日本カーペット工業組合が1974年に制定。1956年のこの日、昭和天皇がカーペット工場を視察(どこへの行幸だったのかは不明)したことにちなむ[18]。
教育の日( 日本)
いくつかの都道府県が11月1日を「教育の日」、または11月1日からの1週間を「教育週間」としている。北海道教育の日(北海道)
あきた教育の日(秋田県)
いわて教育の日(岩手県)
みやぎ教育の日(宮城県)
ふくしま教育の日(福島県)
いばらき教育の日(茨城県)
ぐんま教育の日(群馬県)
彩の国教育の日(埼玉県)
いしかわ教育の日(石川県)
滋賀教育の日(滋賀県)
奈良県教育の日(奈良県)
おかやま教育週間(岡山県)
ひろしま教育週間(広島県)
しまね教育の日(島根県)
えひめ教育の日(愛媛県)
とくしま教育の日(徳島県)
おおいた教育の日(大分県)
くまもと教育の日(熊本県)
ウェザーリポーターの日( 日本)
気象情報会社ウェザーニューズが行っている、全国の協力者(ウェザーリポーター)から現在の天気・雲の様子や自然現象、季節の風景などを投稿してもらう取り組み『ウェザーリポート』が開始された2005年11月1日から2014年で9周年をむかえるにあたり、日々の報告活動に励まれている全国のリポーターに感謝の意を表し、その功績を顕彰する日として、2014年に日本記念日協会からの認定を受け、同年10月24日の同社が運営する気象情報番組「SOLiVE24」で発表。その当日には記念日登録証授与式も番組内で中継された。
警備の日( 日本)
全国警備業協会が2015年に制定。警備業法が1972年11月1日に施行されたことから。
いい医療の日( 日本)
日本医師会が2017年に制定。「いい(11)医(1)療」の語呂合わせから。
生命保険の月( 日本、11月30日まで)
生命保険協会が1947年に制定。
教育・文化週間( 日本、11月7日まで)
1959年9月の閣議決定により制定。11月3日の文化の日の前後1週間。フィクションのできごと[編集]
この節の内容に関する文献や情報源が必要です。ご存じの方はご提示ください。「Wikipedia:スタイルマニュアル (フィクション関連)」も参照してください。ガイドラインに沿っていない記述は除去されますのでご注意ください。(2011年7月)昭和2×年 – 犬神佐兵衛の遺言状の内容が発表される。(小説『犬神家の一族』第2章)誕生日(フィクション)[編集]
1966年 – 清滝鋼介、小説・漫画・アニメ『りゅうおうのおしごと!』に登場するキャラクター[19]
1974年 – キティ・ホワイト、サンリオの『ハローキティ』のメインキャラクター[20]
1974年 – ミミィ・ホワイト、キティの双子の妹[21]
1976年 – クラウド・ナイン、漫画『D.Gray-man』に登場するキャラクター[22][23]
1978年 – 芹澤レイラ、漫画『NANA』に登場するキャラクター[24]
1985年 – 岡崎真一(通称シン)、漫画『NANA』に登場するキャラクター[24]
生年不明 – 林大介、漫画『テニスの王子様』に登場するキャラクター[25]
生年不明 – 黒咲芽亜、漫画・アニメ『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』に登場するキャラクター[26][27][28]
生年不明 – 犬岡走、漫画・アニメ『ハイキュー!!』に登場するキャラクター[29]
生年不明 – 黒色支配、漫画・アニメ『僕のヒーローアカデミア』に登場するキャラクター[30]
生年不明 – デステゴロ、漫画・アニメ『僕のヒーローアカデミア』に登場するキャラクター[31]
生年不明 – 万丈数壱、漫画・アニメ『東京喰種トーキョーグール』に登場するキャラクター[32]
生年不明 – はやしだきっこ、ベネッセの教材『こどもちゃれんじ』、アニメ『しまじろうヘソカ』『しまじろうのわお!』に登場するキャラクター[33]
生年不明 – 黒木洋美、アニメ『ハイスクール・フリート』に登場するキャラクター[34]
生年不明 – 吹雪、漫画『SAMURAI DEEPER KYO』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 星空凛、メディアミックス企画『ラブライブ!』に登場するキャラクター[35]
生年不明 – 牧凌太、テレビ朝日土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』に登場するキャラクター[36]
生年不明 – MAKUBEX、漫画『GetBackers-奪還屋-』に登場するキャラクター[要出典]
生年不明 – 万作雄一郎、アニメ『イナズマイレブン アレスの天秤』に登場するキャラクター[37]
生年不明 – 宗谷いちか、ヴァーチャルYouTuber
生年不明 – ラテ、アニメ『ヒーリングっど♥プリキュア』に登場するキャラクター[38]
生年不明 – ミケ・ザカリアス、漫画・アニメ『進撃の巨人』に登場するキャラクター
生年不明 – シリウス、ゲーム・アニメ・小説・漫画『夢王国と眠れる100人の王子様』に登場するキャラクター[39]
生年不明 – プロキオン、ゲーム・アニメ・小説・漫画『夢王国と眠れる100人の王子様』に登場するキャラクター[40]
生年不明 – ヴァスティ、ゲーム・アニメ・小説・漫画『夢王国と眠れる100人の王子様』に登場するキャラクター[41]生年不明 – 國見タマ、ゲーム『ヘブンバーンズレッド』に登場するキャラクター[42]出典[編集]
[脚注の使い方]
^ 下川耿史 『環境史年表 明治・大正編(1868-1926)』p339 河出書房新社 2003年11月30日刊 全国書誌番号:.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inherit20522067

^ ガソリンカーが転覆、女学生ら死傷『伊勢新聞』(昭和14年11月2日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p743 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年

^ 富山市史編纂委員会編『富山市史 第二編』(p1154)1960年4月 富山市史編纂委員会

^ ““Bangalore, Mysore, Other Karnataka Cities to be Renamed on 1 November” (2005年5月18日). 2014年10月18日閲覧。

^ “特別国会:会期39日間 野党、準備不足で力量問われる”. 毎日新聞 (2017年11月1日). 2017年11月2日閲覧。

^ “第4次安倍内閣が発足 「安保環境最も厳しい」対北圧力「最大限高める」 補正予算案編成指示 特別国会は来月9日まで(1/2ページ)”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2017年11月1日). 2017年11月2日閲覧。

^ Pietro da Cortona Italian artist Encyclopædia Britannica

^ ダービー馬Wチケットなど所有、馬主の太田美實氏が死去… – スポニチアネックス、2020年11月20日閲覧

^ 作曲家・菊池俊輔さん、誤嚥性肺炎で死去 89歳 『ドラえもんのうた』『仮面ライダー』など手掛ける ORICON NEWS (2021年4月28日) 2021年5月28日閲覧。

^ “作曲家の服部克久さん死去 83歳 テレビ創生期から活躍「ミュージックフェア」など手掛ける”. Sponichi Annex. (2020年6月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/11/kiji/20200611s00041000300000c.html 2020年11月7日閲覧。 

^ 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年、167頁。ISBN 978-4-09-526302-1。 

^ “榎本温子(えのもとあつこ)の解説”. goo人名事典. 2020年11月10日閲覧。

^ 『御系譜』『系譜』(共に名古屋叢書三編)第一巻所収

^ “雁龍太郎さん死去 勝新太郎さん中村玉緒夫妻の長男”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 3 December 2019. 2021年1月6日閲覧。

^ “Carol Arthur, Actress in ‘Blazing Saddles’ and Wife of Dom DeLuise, Dies at 85” (英語). Hollywood Reporter. (2020年11月2日). https://www.hollywoodreporter.com/news/carol-arthur-actress-in-blazing-saddles-and-wife-of-dom-deluise-dies-at-85 2020年11月28日閲覧。 

^ “古典の日について”. 文化庁月報. 文化庁 (2013年10月). 2018年7月1日閲覧。

^ 辻信太郎 『いちごの王さまのメッセージ』サンリオ、2007年、34-35頁。ISBN 978-4-387-07141-9。 

^ 11月1日は「カーペットの日」日本カーペット工業組合

^ 白鳥士郎 『りゅうおうのおしごと!』 2巻、SBクリエイティブ、141頁。ISBN 978-4-7973-8676-9。 

^ “ハローキティ”. サンリオ 公式サイト. 2019年7月20日閲覧。

^ “ミミィ”. サンリオピューロランド 公式サイト. 2019年7月20日閲覧。

^ 星野桂 『D.Gray-man 公式ファンブック 灰色ノ聖櫃』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2008年、53頁。ISBN 978-4-08-874248-9。 

^ 星野桂 『D.Gray-man キャラクター ランキングブック キャラグレ!』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2011年、88頁。ISBN 978-4-08-870268-1。 

^ a b 矢沢あい 『NANA』 11巻、集英社〈りぼんマスコットコミックス Cookie〉、2004年、129頁。ISBN 4-08-856560-6。 

^ “https://twitter.com/tenipuri_staff/status/1454826762744045571” (日本語). Twitter. 2022年7月10日閲覧。

^ 矢吹健太朗、長谷見沙貴 『To LOVEる -とらぶる-&To LOVEる -とらぶる- ダークネス公式データブック「ぱ〜ふぇくとらぶる! 」』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2011年、136頁。ISBN 978-4-08-874852-8。 

^ 矢吹健太朗、長谷見沙貴 『To LOVEる-とらぶる-ダークネス 楽園計画ガイドブック「とらぶまにあ」』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年、36頁。ISBN 978-4-08-880260-2。 

^ 矢吹健太朗、長谷見沙貴 『To LOVEる -とらぶる- ダークネス総選挙BOOK「とらぶるくいーんず」』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2015年、44頁。ISBN 978-4-08-880576-4。 

^ 古舘春一 『ハイキュー!!』 4巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2013年、114頁。ISBN 978-4-08-870555-2。 

^ https://heroaca.com/sp/chara/character53.html

^ https://heroaca.com/sp/chara/character26.html

^ “万丈数壱”. 東京喰種トーキョーグール ―解体「真」報―. 週刊ヤングジャンプ公式サイト. 2015年11月14日閲覧。

^ kodomochallengeのツイート(129389108299698177)

^ “キャラクター”. TVアニメ「ハイスクール・フリート」公式サイト. 2016年4月11日閲覧。

^ “ラブライブ!Official Web Site|メンバー紹介”. 2021年3月13日閲覧。

^ 監修・テレビ朝日 『土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」公式ブック』文藝春秋、2018年、23頁。ISBN 978-4-16-390880-9。 

^ “【イナイレ㊙ネタ】円堂 守8月22日生誕記念!!! 好評発売中の「イレブンライセンス」で、イナズマイレブンのキャラクター達の誕生日まとめてみた!!”. コロコロオンライン. 小学館. p. 2 (2019年8月22日). 2022年5月5日閲覧。

^ ラテ | ヒーリングっど♥プリキュア

^ “シリウス”. 『夢王国と眠れる100人の王子様』公式サイト. 2022年7月14日閲覧。

^ “プロキオン”. 『夢王国と眠れる100人の王子様』公式サイト. 2022年7月18日閲覧。

^ “ヴァスティ”. 『夢王国と眠れる100人の王子様』公式サイト. 2022年7月18日閲覧。

^ “國見タマ”. ヘブンバーンズレッド公式サイト. 2022年7月14日閲覧。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、11月1日に関連するカテゴリがあります。365日: 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
前日: 10月31日 翌日: 11月2日
前月: 10月1日 翌月: 12月1日
旧暦: 11月1日
記念日・年中行事表話編歴1年の月と日
今日: 2022年9月21日 [リフレッシュする]1月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29[1]
3月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

4月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

5月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

6月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

7月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

8月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

9月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

10月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

12月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

毎月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

その他の日付
1月0日 | 2月30日 | 3月0日 | 12月32日

^ 閏年の閏日

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=11月1日&oldid=91199160」から取得
カテゴリ: 日付11月隠しカテゴリ: 出典を必要とする関連フィクションの記述出典を必要とする記述のある記事/2018年11月

評価: 4~5 つ星
レビュー: 12 19
再生回数: 5547
[spincontent type=”j”]

【11月1日】 今日は あの有名人の誕生日 / 100人 Youtube

【11月1日】生まれの有名人 100人分のデータをまとめてみました。
芸能人 / スポーツ選手 / 政治家 / 企業の創業者 / 歴史上の偉人など
はたして、あなたと同じ誕生日の有名人とは…

Nov 1 is a birthday of these Japanese celebrities.

※ネットなどのメディアから収集した情報のため、参考程度にご覧ください。

2. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Yomiuri

Yomiuri
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 11 月 1 日 誕生 日 有名人 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8875
[spincontent type=”j”]

3. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Asahi Shimbun

朝日新聞
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 朝日新聞で検索した 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1727
[spincontent type=”j”]

4. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 The Japan Times

The Japan Times
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: ジャパン タイムズで検索した 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 80 12
[spincontent type=”j”]

5. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Yomiuri Shimbun

読売新聞
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 11 月 1 日 誕生 日 有名人 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 37 12
[spincontent type=”j”]

6. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Mainichi Shimbun

毎日新聞
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 毎日新聞で見つけた 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 94 11
[spincontent type=”j”]

7. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Sankei Shimbun

産経新聞
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 産経新聞で検索した 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9503
[spincontent type=”j”]

8. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 11 月 1 日 誕生 日 有名人 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 39 17
[spincontent type=”j”]

9. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Chunichi Shimbun

中日新聞
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 中日新聞で検索した 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1638
[spincontent type=”j”]

10. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Tokyo Shimbun

東京新聞
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 71 10
[spincontent type=”j”]

11. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 11 月 1 日 誕生 日 有名人 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1355
[spincontent type=”j”]

12. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 日刊工業新聞で見つけた 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9371
[spincontent type=”j”]

13. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Ainu Times

アイヌタイムス
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: アイヌ タイムズで検索した 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9835
[spincontent type=”j”]

14. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 11 月 1 日 誕生 日 有名人 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3773
[spincontent type=”j”]

15. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Chiba Nippo

千葉日報
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 千葉日報で検索した 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6102
[spincontent type=”j”]

16. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Chugoku Shimbun

中国新聞
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 中国新聞で検索した 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する記事のトップです。11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7251
[spincontent type=”j”]

17. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 Daily Tohoku

デイリー東北
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 11 月 1 日 誕生 日 有名人 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 35
[spincontent type=”j”]

18. 11 月 1 日 誕生 日 有名人 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
11 月 1 日 誕生 日 有名人

説明: イースタン クロニクルで検索した 11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する上記の情報が、11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9647
[spincontent type=”j”]

11 月 1 日 誕生 日 有名人 に関する質問

11 月 1 日 誕生 日 有名人 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 11 月 1 日 誕生 日 有名人 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 11 月 1 日 誕生 日 有名人 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 11 月 1 日 誕生 日 有名人

11 月 1 日 誕生 日 有名人
方法11 月 1 日 誕生 日 有名人
チュートリアル 11 月 1 日 誕生 日 有名人
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: