あなたは 1 2 3 4 5 6 7 8 9 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 を共有します。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フィボナッチ数を一辺とする正方形
ウィキペディア日本語版のメインページ(2007年〜2012年)で使われていたイメージ画像もフィボナッチ数列を利用していた[注釈 1]。
フィボナッチ数(フィボナッチすう、英: Fibonacci number)は、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ(ピサのレオナルド)に因んで名付けられた数である。

概要[編集]
フィボナッチ数列(フィボナッチすうれつ、(英: Fibonacci sequence) (Fn) は、次の漸化式で定義される:

F0 = 0,
F1 = 1,
Fn+2 = Fn + Fn+1 (n ≥ 0)第0~22項の値は次の通りである:

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946, 17711, …(オンライン整数列大辞典の数列 A000045)1202年にフィボナッチが発行した『算盤の書』(Liber Abaci) に記載されたことで「フィボナッチ数」と呼ばれているが、それ以前にもインドの学者であるヘーマチャンドラ (Hemachandra) が韻律の研究により発見し、書物に記したことが判明している[1][2]。

兎の問題[編集]
レオナルド・フィボナッチは次の問題を考案した[3]。

1つがいの兎は、産まれて2か月後から毎月1つがいずつの兎を産む。
兎が死ぬことはない。
この条件の下で、産まれたばかりの1つがいの兎は1年の間に何つがいの兎になるか?つがいの数は次の表のようになる。どの月のつがいの合計も、その前の2つの月での合計の和となり、フィボナッチ数が現れていることが分かる。

産まれたばかりのつがい
生後1か月のつがい
生後2か月以降のつがい
つがいの数(合計)
0か月後

1
0
0
1
1か月後

0
1
0
1
2か月後

1
0
1
2
3か月後

1
1
1
3
4か月後

2
1
2
5
5か月後

3
2
3
8
6か月後

5
3
5
13
7か月後

8
5
8
21
8か月後

13
8
13
34
9か月後

21
13
21
55
10か月後

34
21
34
89
11か月後

55
34
55
144
12か月後

89
55
89
233
一般項[編集]
フィボナッチ数列の一般項は次の式で表される[3]:

Fn=15(1+52)n−(1−52)n=ϕn−(1−ϕ)n5=ϕn−(−ϕ)−n5{displaystyle F_n=frac 1sqrt 5left{left(frac 1+sqrt 52right)^n-left(frac 1-sqrt 52right)^nright}=frac phi ^n-(1-phi )^nsqrt 5=frac phi ^n-(-phi )^-nsqrt 5}この式は1843年にビネ (Jacques Philippe Marie Binet) が発表したことからビネの公式と呼ばれるが、それ以前の1730年(ド・モアブル)・1765年(オイラー)にも発表されており、ビネは最初の発見者ではない。
なお、この式に現れる

ϕ=1+52=1.618033988749894⋯{displaystyle phi =frac 1+sqrt 52=1.618033988749894cdots }は黄金数で、いくつかの数学的特徴がある。黄金数を作る二次方程式 x2 − x − 1 = 0 の解を α, β (α > β) とすると、上記の一般項は

Fn=αn−βnα−β=αnα−β+βnβ−αdisplaystyle F_n=frac alpha ^n-beta ^nalpha -beta =frac alpha ^nalpha -beta +frac beta ^nbeta -alpha と表せる。
また、一般項の第2項 −15(1−52)n{displaystyle -frac 1sqrt 5left(frac 1-sqrt 52right)^n} の絶対値は減少列で、n = 0 のとき 15=0.447⋯<12displaystyle frac 1sqrt 5=0.447cdots <frac 12 より、第2項を切り捨てた式は Fn の値を 0.447 以下(n > 4 のとき1%以下)の誤差で与える近似式である。

Fn≒ϕn5displaystyle F_nfallingdotseq frac phi ^nsqrt 5この誤差の絶対値は0.5未満なので、Fn の正確な整数値は以下の式で得られる[3]。

Fn=⌊ϕn5+12⌋=⌊15(1+52)n+12⌋{displaystyle F_n=leftlfloor frac phi ^nsqrt 5+frac 12rightrfloor =leftlfloor frac 1sqrt 5left(frac 1+sqrt 52right)^n+frac 12rightrfloor }ただし、⌊x⌋displaystyle lfloor xrfloor は床関数である。
なお、後述の負数番への拡張を考慮した場合、n < 0 では逆に一般項の第1項の絶対値が0.5未満となるため、n < 0 における Fn の正確な整数値は以下の式で得られる。

Fn=−⌊(−ϕ)−n5+12⌋=−⌊15(1−52)n+12⌋{displaystyle F_n=-leftlfloor frac (-phi )^-nsqrt 5+frac 12rightrfloor =-leftlfloor frac 1sqrt 5left(frac 1-sqrt 52right)^n+frac 12rightrfloor }これらのことから、任意の整数 n における Fn の正確な整数値は以下の式で得られる。

Fn=(sgn⁡n)⌊(sgn⁡n)ϕ|n|5+12⌋=(sgn⁡n)⌊151+(sgn⁡n)52n+12⌋{displaystyle F_n=(operatorname sgn n)leftlfloor frac (operatorname sgn n)phi ^sqrt 5+frac 12rightrfloor =(operatorname sgn n)leftlfloor frac 1sqrt 5left{frac 1+(operatorname sgn n)sqrt 52right}^n+frac 12rightrfloor }ただし、sgn x は符号関数である。
また、フィボナッチ数列の漸化式は次のように行列表現できる[3]:

(Fn+2Fn+1)=(1110)(Fn+1Fn)displaystyle F_n+2 choose F_n+1=beginpmatrix1&1\1&0endpmatrixF_n+1 choose F_n
∴(Fn+1FnFnFn−1)=(1110)ndisplaystyle therefore beginpmatrixF_n+1&F_n\F_n&F_n-1endpmatrix=beginpmatrix1&1\1&0endpmatrix^n母関数は

g(x)=∑n=0∞Fnxn=x1−x−x2displaystyle g(x)=textstyle sum limits _n=0^infty F_nx^n=dfrac x1-x-x^2である。

性質[編集]
フィボナッチ数列の隣接2項の商は黄金数 φ に収束する。この性質は初期値 (F0 = 0, F1 = 1) に依らない。

limn→∞FnFn−1=ϕdisplaystyle lim _nto infty frac F_nF_n-1=phi これは次のように導出される:

x=limn→∞FnFn−1displaystyle x=lim _nto infty frac F_nF_n-1 が収束するとすれば、
x=limn→∞Fn−1+Fn−2Fn−1=limn→∞(1+1Fn−1/Fn−2)=1+1xdisplaystyle x=lim _nto infty frac F_n-1+F_n-2F_n-1=lim _nto infty left(1+frac 1F_n-1/F_n-2right)=1+frac 1x
x2−x−1=0displaystyle x^2-x-1=0自然数 p, q の最大公約数を r とすると、Fp と Fq の最大公約数は Fr である。これより以下を導くことができる。

m が n で割り切れるならば、Fm は Fn で割り切れる。
連続する2数は互いに素であることより、隣り合うフィボナッチ数も互いに素である。
Fm が偶数となるのは m が 3 の倍数となるときと一致する。
Fm が 5 の倍数となるのは m が 5 の倍数となるときと一致する。
p が 2 でも 5 でもない素数のとき、m = p − (5/p) とおくと p は Fm を割り切る。ここで ( / ) はルジャンドル記号である。フィボナッチ数の累和や累積について以下の式が成り立つ。

F1 + F2 + F3 + … + Fn = Fn+2 − 1
F1 + F3 + F5 + … + F2n−1 = F2n
F2 + F4 + F6 + … + F2n = F2n+1 − 1
F12 + F22 + F32 + … + Fn2 = Fn Fn+1
Fn−1Fn+1 − Fn2 = (−1)nまた、次の関係式が知られている。

∑n=1∞Fn10n+1=189displaystyle sum _n=1^infty frac F_n10^n+1=frac 189フィボナッチ数のうち平方数であるのは F1 = F2 = 1, F12 = 144 のみ (Cohn 1964)[4]、立方数であるのは F1 = F2 = 1, F6 = 8 のみ (London and Finkelstein 1969)[5]である。フィボナッチ数のうち累乗数であるのはこれしかない (Bugeaud, Mignotte, Siksek 2006)[6]。(オンライン整数列大辞典の数列 A227875)
フィボナッチ数で素数であるのは 2, 3, 5, 13, 89, 233, 1597, 28657, … である(オンライン整数列大辞典の数列 A005478)。また、これらはフィボナッチ素数と呼ばれる。
フィボナッチ数で三角数であるのは 1, 3, 21, 55(オンライン整数列大辞典の数列 A039595)のみであることは Vern Hoggatt によって予想されていたが、のちに Luo Ming によって証明された[7]。
フィボナッチ数でハーシャッド数であるのは 1, 2, 3, 5, 8, 21, 144, 2584, …(オンライン整数列大辞典の数列 A117774)。
フィボナッチ数は完全数にはならない[8]。より一般に、フィボナッチ数は倍積完全数にもならず[9]、2つのフィボナッチ数の商も完全数にはならない[10]。
フィボナッチ数列の逆数和は収束し、記号 ψ で表される。

ψ=∑n=1∞1Fn=11+11+12+13+⋯=3.35988566⋯displaystyle psi =sum _n=1^infty frac 1F_n=frac 11+frac 11+frac 12+frac 13+cdots =3.35988566cdots [11]この ψ が無理数であることは証明されているが (André-Jeannin 1989)、超越数であるかどうかは分かっていない。
任意の正の整数は、1つ以上の連続しない相異なるフィボナッチ数の和として一意に表すことができる(ゼッケンドルフの定理)。

プログラミング言語での実装[編集]
再帰的処理の例としてよく紹介される。以下はPythonでの例。

例1(再帰的処理による実装例)[編集]
def fibonacci(n):
if n == 0 or n == 1:
return n
else:
return fibonacci(n – 2) + fibonacci(n – 1)

例2(ループ処理による実装例)[編集]
def fibonacci(n):
a, b = 1, 0
for _ in range(n):
a, b = b, a + b
return b

例3(一般項による実装例)[編集]
def fibonacci(n):
return round((((1 + 5 ** 0.5) / 2) ** n – ((1 – 5 ** 0.5) / 2) ** n) / 5 ** 0.5)

しかし、上記例1のプログラムでは n が与えられてから Fn が求まるまでに Fn∝ϕndisplaystyle F_npropto phi ^n 回の関数呼び出しが発生する(すなわち指数時間の計算となる)ため、実用的ではない。したがって通常は、線形時間で計算するためにメモ化などの手法を用いる。さらに、n が大きい場合には一般項の公式(上記例3)や行列表現[3]を利用して対数時間(英語版)での計算を行う。

その他の話題[編集]
ヒマワリの種は螺旋状に並んでおり、螺旋の数を数えていくとフィボナッチ数が現れる[12]
フィボナッチ数は自然界の現象に数多く出現する。
また、フィボナッチ数列が生み出す螺旋は、世界で最も美しい螺旋だと言われている。 ヨハネス・ケプラーは1611年に発表した小論文「深淵の贈り物あるいは六角形の雪について」において、フィボナッチ数を自己を増殖する比例と呼び、植物の種子の能力の現れであると論じた[13]。

花びらの数はフィボナッチ数であることが多い。
3枚:ユリ、アヤメ、エンレイソウ
5枚:オダマキ、サクラソウ、キンボウゲ、ノイバラ、ヒエンソウ
8枚:デルフィニウム属、サンギナリア、コスモス
13枚:シネラリア、コーンマリゴールド
21枚:チコリー、オオハンゴンソウ
34枚:オオバコ、シロバナムシヨケギク
55枚:ユウゼンギク
89枚:ミケルマス・デイジー
花弁の数が144に達することはない。この数は、他の自然界に見られるフィボナッチ数の例でも限界になっていることが多い[14]。
植物の花や実に現れる螺旋の数もフィボナッチ数であることが多い。
ヒマワリの螺旋の数はフィボナッチ数とされることもあるが、螺旋の数が多い場合、中心から離れると螺旋の隙間にも種ができてしまうため、途中から枝分かれしてフィボナッチ数にならないこともある[15]。
パイナップルの螺旋の数は時計回りは13、反時計回りは8になっている。
葉序(植物の葉の付き方)はフィボナッチ数と関連している。
ハチやアリなど、オスに父親がない家系を辿っていくとフィボナッチ数列が現れる(父母2匹、祖父母3匹、曽祖父母5匹、高祖父母8匹…)。
n 段の階段を1段または2段ずつ登るときに、登る場合の数は Fn+1 通りある。
●と○を合わせて n 個並べる。●が2個以上続かないように一列に並べる方法は Fn+2 通りある。
為替などのテクニカル分析で、フィボナッチ・リトレースメントという手法がよく使われている。負数番への拡張[編集]
フィボナッチ数列は、漸化式 Fn = Fn−1 + Fn−2 を全ての整数 n に対して適用することにより、n が負の整数の場合に拡張できる。そして F−n = (−1)n+1Fn が成り立つ。この式より、負の番号の項は次のようになる。

n

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
Fn

0
1
1
2
3
5
8
13
21
34
55
89
144
233
377
610
987
1597
2584
4181
6765
F−n

0
1
−1
2
−3
5
−8
13
−21
34
−55
89
−144
233
−377
610
−987
1597
−2584
4181
−6765
類似の数列[編集]
フィボナッチ数列の定義である初期値や漸化式をやや変更して、類似の数列が作れる。

項数の変更[編集]
フィボナッチ数列は各項が先行する二項の和であるものであったが、それを「先行する k 項の和」と置き換えた一般化

Fn+k(k):=Fn+k−1(k)+Fn+k−2(k)+⋯+Fn(k)(n≥0)displaystyle F_n+k^(k):=F_n+k-1^(k)+F_n+k-2^(k)+dotsb +F_n^(k)quad (ngeq 0)を考えることができる。ただし、初期値は 1 で埋める(1-fil型)

F0(k)=F1(k)=⋯=Fk−1(k)=1displaystyle F_0^(k)=F_1^(k)=dotsb =F_k-1^(k)=1あるいは 0 で埋める(0-fil型)

F0(k)=F1(k)=⋯=Fk−2(k)=0,Fk−1(k)=1displaystyle F_0^(k)=F_1^(k)=dotsb =F_k-2^(k)=0,quad F_k-1^(k)=1などを取るのが一般的である。これらフィボナッチ数列の類似物を、項数 k に対応するラテン語またはギリシャ語に由来する倍数接頭辞を「フィボナッチ」と組み合わせた名称で呼ぶ[注釈 2]。

和の項数や初期値の変更

k
接頭辞[16]
名称
整数列大辞典
3
tri-

トリボナッチ数

0 fil: A0000731 fil: A000213
4
tetra-

テトラナッチ数

0 fil: A0000781 fil: A000288
5
penta-

ペンタナッチ数

0 fil: A0015911 fil: A000322
6
hexa-

ヘキサナッチ数

0 fil: A0015921 fil: A000383
7
hepta-

ヘプタナッチ数

0 fil: A1221891 fil: A060455
8
octa-

オクタナッチ数

0 fil: A0792621 fil: A123526
9
nona-

ノナ(ボ)ナッチ数

1 fil: A127193
10
deca-

デカ(ボ)ナッチ数

1 fil: A127194
11
undeca-

ウンデカ(ボ)ナッチ数

1 fil: A127624
12
dodeca-

ドデカ(ボ)ナッチ数

1 fil: A207539

20
icosa-

イコサナッチ数


トリボナッチ数[編集]
特に直前の三項の和として各項が定まるトリボナッチ数列は、フィボナッチ数列に次いでよく調べられている。0-fil型でオフセットが0番目からのものは

T0 = T1 = 0, T2 = 1,
Tn+3 = Tn + Tn+1 + Tn+2 (n ≥ 0)と表される。第0~21項の値は次の通りである:

0, 0, 1, 1, 2, 4, 7, 13, 24, 44, 81, 149, 274, 504, 927, 1705, 3136, 5768, 10609, 19513, 35890, 66012, … (OEIS A000073)トリボナッチ数列の一般項は次で表される。

Tn=αn(α−β)(α−γ)+βn(β−γ)(β−α)+γn(γ−α)(γ−β)displaystyle T_n=frac alpha ^n(alpha -beta )(alpha -gamma )+frac beta ^n(beta -gamma )(beta -alpha )+frac gamma ^n(gamma -alpha )(gamma -beta )ただし、α, β, γ は三次方程式 x3 − x2 − x − 1 = 0 の3解

α=13(1+19−3333+19+3333)β=13(1+ω19−3333+ω¯19+3333)γ=13(1+ω¯19−3333+ω19+3333){displaystyle {beginalignedalpha &=frac 13left(1+sqrt[3]19-3sqrt 33+sqrt[3]19+3sqrt 33right)\beta &=frac 13left(1+omega sqrt[3]19-3sqrt 33+bar omega sqrt[3]19+3sqrt 33right)\gamma &=frac 13left(1+bar omega sqrt[3]19-3sqrt 33+omega sqrt[3]19+3sqrt 33right)endaligned}}であり、ここで

ω=−1+3i2{displaystyle omega =frac -1+sqrt 3i2}(1 の虚立方根)である。
また、上記の α をトリボナッチ定数という。これはフィボナッチ数列における黄金数に当たる定数で、トリボナッチ数列の隣接2項間の商はトリボナッチ定数に収束する:

limn→∞TnTn−1=α=1.839286755214161⋯displaystyle lim _nto infty frac T_nT_n-1=alpha =1.839286755214161cdots テトラナッチ数[編集]
直前の四項の和に変更したテトラナッチ数列も同様に様々なことが知られている。同様にオフセット0番の 0-fil型は

T0 = T1 = T2 = 0, T3 = 1,
Tn+4 = Tn + Tn+1 + Tn+2 + Tn+3 (n ≥ 0)と書けて、第0~21項の値は次の通りである:

0, 0, 0, 1, 1, 2, 4, 8, 15, 29, 56, 108, 208, 401, 773, 1490, 2872, 5536, 10671, 20569, 39648, 76424, … (OEIS A000078)一般項は、四次方程式 x4 − x3 − x2 − x − 1 = 0 の4解を α, β, γ, δ として、

Tn=αn(α−β)(α−γ)(α−δ)+βn(β−γ)(β−δ)(β−α)+γn(γ−δ)(γ−α)(γ−β)+δn(δ−α)(δ−β)(δ−γ)displaystyle T_n=frac alpha ^n(alpha -beta )(alpha -gamma )(alpha -delta )+frac beta ^n(beta -gamma )(beta -delta )(beta -alpha )+frac gamma ^n(gamma -delta )(gamma -alpha )(gamma -beta )+frac delta ^n(delta -alpha )(delta -beta )(delta -gamma )となる。

初期値の変更[編集]
リュカ数[編集]
フィボナッチ数列の最初の2項を 2, 1 に置き換えた数列の項をリュカ数という。

2, 1, 3, 4, 7, 11, 18, 29, 47, 76, 123, 199, 322, 521, 843, 1364, 2207, 3571, 5778, … (OECS A000032)この数列の一般項は

Ln=(1+52)n+(1−52)n=ϕn+(1−ϕ)n=ϕn+(−ϕ)−n{displaystyle L_n=left(frac 1+sqrt 52right)^n+left(frac 1-sqrt 52right)^n=phi ^n+(1-phi )^n=phi ^n+(-phi )^-n}と表される。
フィボナッチ数列やリュカ数の列を一般化したものがリュカ数列であり、1878年にエドゥアール・リュカが体系的な研究を行い、1913年にロバート・ダニエル・カーマイケル(英語版)がその結果を整理、拡張した[17]。これらの研究が現代のフィボナッチ数の理論の基礎となった。

脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ フィボナッチ数列を利用したこのウィキペディア日本語版のメインページの画像は、利用者:Co.kyoto/メインページ案中の「ウィキペディアにようこそ!」欄の左側に掲載されていた。なお、現在ウィキペディア日本語版のメインページで利用されている、「Template:メインページ/ようこそ」とは異なり、各テンプレートの集合で構成されているため、履歴にはない。

^ 当然のことだが “Fibonacci” は人名であって、”fibo-” + “-nacci” や “fi-” + “-bonacci” という構成の合成語でもないし、もちろん “fi-” や “fibo-” が “2” の意味を持つわけでもない(ただし、摩擦音 f と破裂音 b が音韻的に近い関係にあることから 2 を表す “bi-” を “fi-” に結び付けての類推ではあるかもしれない)が、「フィボナッチ」の語を頭から適当な音節分だけ倍数を表す接頭辞で置き換えるという、冗談のような名付けになっている。

出典[編集]

^ Parmanand Singh. “Acharya Hemachandra and the (so called) Fibonacci Numbers”. Math. Ed. Siwan, 20(1): pp. 28–30, 1986. ISSN 0047-6269.

^ Parmanand Singh, “The So-called Fibonacci numbers in ancient and medieval India.” Historia Mathematica 12(3), pp. 229–244, 1985.

^ a b c d e 奥村晴彦 『C言語による最新アルゴリズム事典』技術評論社、1991年、305頁。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 4-87408-414-1。 

^ J. H. E. Cohn, On square Fibonacci numbers, J. London Math. Soc. 39 (1964), pp. 537–540.

^ London, Hymie; Finkelstein, Raphael (1969), “On Fibonacci and Lucas numbers which are perfect powers”, Fibonacci Quart. 7 (5): 476-481, Part1, Part2, Correction 

^ Yann Bugeaud, Maurice Mignotte, Samir Siksek, Classical and modular approaches to exponential Diophantine equations. I. Fibonacci and Lucas perfect powers. Ann. of Math. 163(2006), pp. 969–1018. Yann Bugeaud, Publications, 2006.

^ Ming, Luo (1989), “On triangular Fibonacci numbers”, Fibonacci Quart. 27 (2): 98-108, https://www.fq.math.ca/Scanned/27-2/ming.pdf 

^ Luca, Florian (2000). “Perfect Fibonacci and Lucas numbers”. Rendiconti del Circolo Matematico di Palermo 49 (2): 313-318. doi:10.1007/BF02904236. ISSN 1973-4409. MR1765401. 

^ Broughan, Kevin A.; González, Marcos J.; Lewis, Ryan H.; Luca, Florian; Mejía Huguet, V. Janitzio; Togbé, Alain (2011). “There are no multiply-perfect Fibonacci numbers”. Integers 11a: A7. MR2988067. http://math.colgate.edu/~integers/vol11a.html. 

^ Luca, Florian; Mejía Huguet, V. Janitzio (2010). “On Perfect numbers which are ratios of two Fibonacci numbers”. Annales Mathematicae at Informaticae 37: 107-124. ISSN 1787-6117. MR2753031. https://ami.uni-eszterhazy.hu/index.php?vol=37. 

^ Reciprocal Fibonacci Constant — from Wolfram MathWorld

^ 数学広場の別名「ひまがり広場」の由来:数学と 黄金花『ひまわり』 (PDF) (愛媛県立丹原高等学校)

^ 榎本恵美子 (1977). “翻訳・新年の贈り物あるいは六角形の雪について”. 知の考古学 第11号: 286ページ. 

^ 聖なる幾何学 スティーヴン・スキナー著 p.63「植物成長の幾何学」より抜粋

^ 第14回:全ての植物をフィボナッチの呪いから救い出す(こんどうしげるの生命科学の明日はどっちだ!?)

^ より多くは、例えば [1] などを見よ

^ R. D. Carmichael, On the numerical factors of the arithmetic forms α n ± β n, Ann. of Math. 15 (1913), pp.30–70, doi:10.2307/1967797.

参考文献[編集]
佐藤修一 『自然にひそむ数学―自然と数学の不思議な関係』講談社〈ブルーバックス B-1201〉、1998年1月20日。ISBN 4-06-257201-X。 
中村滋 『フィボナッチ数の小宇宙(ミクロコスモス)―フィボナッチ数、リュカ数、黄金分割』日本評論社、2002年9月。ISBN 4-535-78281-4。 
中村滋 『フィボナッチ数の小宇宙(ミクロコスモス)―フィボナッチ数、リュカ数、黄金分割』(改訂版)日本評論社、2008年1月。ISBN 978-4-535-78492-5。 
中村滋「日本フィボナッチ協会の20年」『数学セミナー』第57巻第8号、日本評論社、2018年8月、 48-53頁。
Arakelian, Hrant (2014) (ロシア語), Mathematics and History of the Golden Section, Logos, ISBN 978-5-98704-663-0 
Dunlap, Richard A. (1997-12-17), The Golden Ratio and Fibonacci Numbers, World Scientific Pub. Co. Inc., ISBN 978-981-02-3264-1 
ダンラップ, R.A. 著、岩永恭雄・松井講介 訳 『黄金比とフィボナッチ数』日本評論社、2003年6月。ISBN 4-535-78370-5。 
Koshy, Thomas (2017-12-04), Fibonacci and Lucas Numbers with Applications, Pure and Applied Mathematics: A Wiley Series of Texts, Monographs and Tracts, Volume 1 (2nd ed.), Wiley, ISBN 978-1-118-74212-9 
Koshy, Thomas (2019-01-07), Fibonacci and Lucas Numbers with Applications, Pure and Applied Mathematics: A Wiley Series of Texts, Monographs and Tracts, Volume 2 (2nd ed.), Wiley, ISBN 978-1-118-74208-2 
Leonardo Pisano Fibonacci L. E. Sigler訳 (1987-02-11), The Book of Squares, Academic Press, ISBN 978-0-12-643130-8  – 『平方の書』の英訳。
Sigler, Laurence (2003-11-11), Fibonacci’s Liber Abaci: A Translation into Modern English of Leonardo Pisano’s Book of Calculation, Sources and Studies in the History of Mathematics and Physical Sciences, Springer-Verlag, ISBN 978-0-387-40737-1  – 『算盤の書』の英訳。関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、フィボナッチ数に関連するカテゴリがあります。
黄金比
数学定数
数列
フィボナッチ数列の逆数和
リュカ数
リュカ数列
外部リンク[編集]
竹之内脩『フィボナッチ数列』 – コトバンク
『フィボナッチ数列の一般項と数学的帰納法』 – 高校数学の美しい物語
フィボナッチ数、トリボナッチ数、テトラナッチ数、ペンタナッチ数、ヘキサナッチ数 の考察
Weisstein, Eric W. “Fibonacci Number”. MathWorld (英語).
The Fibonacci Association(フィボナッチ協会)(英語)
Fibonacci Quarterly Home Page(フィボナッチ・クォータリー)(英語)
日本フィボナッチ協会 第14回研究集会報告書2016年8月日本フィボナッチ協会
日本フィボナッチ協会 第15回研究集会報告書2017年8月日本フィボナッチ協会
日本フィボナッチ協会 第16回研究集会報告書2018年8月日本フィボナッチ協会
日本フィボナッチ協会 第17回研究集会報告書2019年8月日本フィボナッチ協会
日本フィボナッチ協会 第18回研究集会報告書2020年10月日本フィボナッチ協会
日本フィボナッチ協会 第19回研究集会報告書2021年10月日本フィボナッチ協会表話編歴級数・数列等差数列
発散級数
1 + 1 + 1 + 1 + ⋯
1 + 2 + 3 + 4 + ⋯
無限算術級数
等比数列
収束級数
'”`UNIQ–templatestyles-000000C3-QINU`”‘1/2 − 1/4 + 1/8 − 1/16 + ⋯
1/2 + 1/4 + 1/8 + 1/16 + ⋯
1/4 + 1/16 + 1/64 + 1/256 + ⋯発散級数
1 + 1 + 1 + 1 + ⋯
1 + 2 + 4 + 8 + ⋯
1 − 2 + 4 − 8 + ⋯
グランディ級数
整数列
オンライン整数列大辞典のリスト
階乗
フィボナッチ数
リュカ数
ペル数
三角数
五角数
六角数
七角数
八角数
九角数
十角数
多角数
平方数
立方数その他の数列
発散級数
1 − 2 + 3 − 4 + ⋯
1 − 1 + 2 − 6 + 24 − 120 + ⋯
調和級数収束級数
交項級数
幾何級数
超幾何級数
q超幾何級数
ライプニッツの公式
数列の加速法
エイトケンのΔ2乗加速法
典拠管理
NDL: 00923391
NKC: ph117552

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=フィボナッチ数&oldid=91262983」から取得
カテゴリ: 数列整数の類比レオナルド・フィボナッチ数学のエポニム数学に関する記事隠しカテゴリ: NDL識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 3989
再生回数: 80 01
[spincontent type=”j”]

Learn Numbers From 1 To 10 | 123 Number Names | 1234 Numbers Song | 12345 Counting for Kids Youtube

Learn Numbers From 1 To 10 With Balls | 123 Number Names | 1234 Numbers Song | 12345 Counting for Kids

This video is a kids cartoon which will help them learn Numbers 1 to 10. Visuals in the form of colorful cartoons is a treat for the kids. Toddlers & babies love colors hence we have used colourful balls to create this entertaining video for children. We produce very simple and fun loving straight forward videos for children & kids so that learning becomes easy. Our 3D & 2D animated videos have lots of colours so that kids get engrossed and learn from the educational videos we produce. We also use sounds for comic effects accompanied with background music which again makes the video more interesting for kids. Parents, teachers, kindergarten schools, preschools, Montessori going toddlers, babies, kids and children will surely enjoy the elearning baby videos that we have created.

Our collection of Nursery Rhyme Songs, Children Songs, Kids Songs, Baby Songs, Nursery Songs, ABC Songs will surely help your kids learn quick with entertainment and good music. Preschool & Kindergarten School Teachers can show our channel which has 3D animation videos to toddlers & babies to teach them basics like ABCD Songs & rhymes. Making learning & education fun is our passion. Hope you like the content we create. Please don’t forget to like & share. Loads of Love – Teddy & Timmy Poems For Kids.

2. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Yomiuri

Yomiuri
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7826
[spincontent type=”j”]

3. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Asahi Shimbun

朝日新聞
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 朝日新聞で検索した 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する上記の情報が、1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7938
[spincontent type=”j”]

4. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 The Japan Times

The Japan Times
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: ジャパン タイムズで検索した 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する記事のトップです。1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 14 14
[spincontent type=”j”]

5. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Yomiuri Shimbun

読売新聞
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する詳細情報はすでにありますか? 1 2 3 4 5 6 7 8 9 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3175
[spincontent type=”j”]

6. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Mainichi Shimbun

毎日新聞
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 毎日新聞で見つけた 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する上記の情報が、1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 14 15
[spincontent type=”j”]

7. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Sankei Shimbun

産経新聞
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 産経新聞で検索した 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する記事のトップです。1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5633
[spincontent type=”j”]

8. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 70 98
[spincontent type=”j”]

9. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Chunichi Shimbun

中日新聞
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 中日新聞で検索した 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する上記の情報が、1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 77 16
[spincontent type=”j”]

10. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Tokyo Shimbun

東京新聞
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 74 19
[spincontent type=”j”]

11. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8273
[spincontent type=”j”]

12. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 日刊工業新聞で見つけた 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する上記の情報が、1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6769
[spincontent type=”j”]

13. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Ainu Times

アイヌタイムス
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: アイヌ タイムズで検索した 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する記事のトップです。1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9821
[spincontent type=”j”]

14. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する詳細情報はすでにありますか? 1 2 3 4 5 6 7 8 9 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5298
[spincontent type=”j”]

15. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Chiba Nippo

千葉日報
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 千葉日報で検索した 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する上記の情報が、1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7204
[spincontent type=”j”]

16. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Chugoku Shimbun

中国新聞
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 中国新聞で検索した 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する記事のトップです。1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6433
[spincontent type=”j”]

17. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Daily Tohoku

デイリー東北
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 40 14
[spincontent type=”j”]

18. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
1 2 3 4 5 6 7 8 9

説明: イースタン クロニクルで検索した 1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する上記の情報が、1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7653
[spincontent type=”j”]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 に関する質問

1 2 3 4 5 6 7 8 9 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 1 2 3 4 5 6 7 8 9 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 1 2 3 4 5 6 7 8 9

1 2 3 4 5 6 7 8 9
方法1 2 3 4 5 6 7 8 9
チュートリアル 1 2 3 4 5 6 7 8 9
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: