あなたは bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント を共有します。 bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ポータル ディズニーBFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
The BFG
監督
スティーヴン・スピルバーグ脚本
メリッサ・マシスン原作
ロアルド・ダール『オ・ヤサシ巨人BFG(英語版)』製作
スティーヴン・スピルバーグフランク・マーシャルサム・マーサー(英語版)製作総指揮
キャスリーン・ケネディジョン・マッデンクリスティ・マコスコ・クリーガーマイケル・シーゲル出演者
マーク・ライランスルビー・バーンヒル(英語版)ペネロープ・ウィルトンジェマイン・クレメントレベッカ・ホールレイフ・スポールビル・ヘイダー音楽
ジョン・ウィリアムズ撮影
ヤヌス・カミンスキー編集
マイケル・カーン製作会社
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズアンブリン・エンターテインメントリライアンス・エンターテインメントウォールデン・メディアザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー配給
ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ公開
2016年5月14日(第69回カンヌ国際映画祭) 2016年7月1日 2016年9月17日[1]上映時間
117分[2]製作国
アメリカ合衆国言語
英語製作費
$140,000,000[3]興行収入
$195,243,411[3] $55,483,770[3] 4億2000万円[4]テンプレートを表示『BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(原題: The BFG)は、スティーヴン・スピルバーグ監督による2016年のアメリカ合衆国のファンタジー映画。
『チャーリーとチョコレート工場』や『マチルダ』の原作者として知られるイギリス児童文学作家ロアルド・ダールの『オ・ヤサシ巨人BFG(英語版)』を原作としている。

あらすじ[編集]
ある日の真夜中、ロンドンの児童養護施設で暮らす少女ソフィーは巨人BFGによって巨人の国に連れ去られる。
BFGはソフィーが巨人を見たことを大人たちに告げることを恐れていて、彼女は「誰にも言わない」と返答するがBFGは聞く耳を持たない。ソフィーはBFGの家で暮らし始めるが、家の外には人間を好物にしているマルノミたち9人の巨人が居座り、巨人の中では小柄なBFGをいじめていた。
BFGはソフィーを守るため、彼女を自分の仕事場に隠して「夢探し」の仕事に向かおうとするが、その話を聞いたソフィーもBFGに同行する。マルノミたちから逃げた2人は夢を捕まえ、人間に夢を見せるためロンドンに向かう。しかし、ソフィーが落とした毛布がマルノミたちに見付かってしまい、BFGは彼女を守るためロンドンに残していこうとする。彼女はそれを断り巨人の国に戻ろうとするが、BFGは過去に自分と親しくなり「BFG」の名前を名付けてくれた子供がマルノミたちに食べられたことを語り、その場を立ち去る。残されたソフィーはBFGの心に語りかけ、戻ってきたBFGと共に巨人の国に戻り、マルノミたちを倒そうと提案する。
BFGの仕事場で2人は対策を考えるが、そこにマルノミたちが現れてソフィーを探し始める。仕事場を荒らされたBFGは何とかマルノミたちを追い返す。BFGの仕事場に掲げてあったヴィクトリア女王の肖像画を見つけたソフィーはBFGと共にマルノミたちを倒すアイディアを思いつく。
2人は「マルノミたちに子供が食べられる夢」を作り出し、ロンドンのバッキンガム宮殿にいる女王(エリザベス2世)に夢を見せ、マルノミたちを倒すための協力を依頼する。女王は2人の頼みを聞き入れ、(自身が最高司令官を務める)イギリス軍を巨人の国に同行させる。
2人は眠っている巨人たちに悪夢を見せるが、夢を体内に取り入れなかったマルノミはソフィーを食べようとする。しかし、BFGが駆け付けてソフィーは逃げ出すことに成功し、マルノミは悪夢に混乱している巨人たちと共にヘリコプター部隊によって捕獲され、誰も近付けない遠方の孤島に隔離される。
マルノミたちを倒したBFGは巨人の国で野菜や果物を育てて暮らし、ソフィーは女王に仕えるメアリーの元で暮らし始める。

キャスト[編集]
※括弧内は日本語吹替[5]
BFG / ビッグ・フレンドリー・ジャイアント – マーク・ライランス(山路和弘[6])
ソフィー – ルビー・バーンヒル(英語版)(本田望結[7])
女王 – ペネロープ・ウィルトン(鈴木弘子)
マルノミ(フレッシュランピーター) – ジェマイン・クレメント(山野井仁)
メアリー – レベッカ・ホール(山田里奈)
Mr.ティブズ – レイフ・スポール(小林親弘)
チダラリン(ブラッドボトラー) – ビル・ヘイダー(落合弘治)
ツブシー(メイドマッシャー)、料理人 – オラフル・ダッリ・オラフソン(中村大樹)
ハグリン(マンハガー)、酔っ払い – アダム・ゴドリー(佐々木啓夫)
ニクスキー(ブッチャーボーイ)、デンマーク人運転手 – マイケル・デヴィッド・アダムスウェイト(英語版)(田尻浩章)
ガブリン(ボーンクランチャー)、酔っ払い – ダニエル・ベーコン(宗矢樹頼)
ペロリン(チャイルドチュワー)、パブの店主 – ジョナサン・ホームズ(斎藤志郎)
ゴックリン(ギザードガルパー)、深夜の散歩者 – クリス・ギブス(石住昭彦)
ダラリー(ミートドリッパー)、酔っ払い – ポール・モニツ・デ・サ(北村謙次)
児童養護施設の院長 – マリリン・ノリー(英語版)製作[編集]
企画[編集]
スティーヴン・スピルバーグ
1991年にプロデューサーのフランク・マーシャルとキャスリーン・ケネディは、『オ・ヤサシ巨人BFG(英語版)』を映画化する企画をパラマウント映画に持ち込んだ[8]。1998年にロビン・スウィコードとニコラス・カザンが脚本を執筆し、製作側はロビン・ウィリアムズを主演に起用するために交渉に入った[9][10][11]。しかし、製作総指揮のマイケル・シーゲルは、脚本の読み合わせに参加したウィリアムズを見て「驚くほど失望した」という[12]。それは、ウィリアムズの即興的なスタイルが、BFGの独自の言語に合わないためだった[12]。シーゲルは、「ロビンは即興で演技していたが、それはとても不器用で、彼も見た目よりも難しいと感じていた」と語っている[12]。脚本は2001年までの間にグイン・ローリーによって書き直され、修正された内容は、原作者ロアルド・ダールの権利を管理するダール財団からも肯定された[13]。テリー・ジョーンズとエド・ソロモンも脚本の草稿を練っており、その後脚本は開発地獄に陥り、パラマウントは映画化の権利をダール財団に返上している[12]。
2011年9月にドリームワークスが映画化の権利を取得し、マーシャルとケネディは脚本家としてメリッサ・マシスンを起用した[14]。当初、監督にはジョン・マッデンが予定されていたが、2014年4月にスティーヴン・スピルバーグが監督に起用され、マッデンはシーゲルと共にプロデューサーとして製作に参加することになった[15]。ケネディは元々スピルバーグに監督を打診するつもりでいたが、脚本が具体的な形に仕上がるまで打診を躊躇っていたという[16]。スピルバーグは、「『BFG』は30年以上にわたり、多くの家庭と子供たちを魅了してきました。ダール財団が、この古典的な物語を私たちに託してくれたことを光栄に思います」とコメントしている[17]。
2015年3月にドリームワークス、ウォールデン・メディア、アンブリン・エンターテインメントが共同制作することに合意した[18]。1か月後にはウォルト・ディズニー・スタジオが製作に加わり、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズが中心となって製作されることになった[19]。3月23日から6月12日にかけてカナダ・バンクーバーで主要撮影が行われた[20][21][22]。視覚効果はWETAデジタルが担当している[23]。

キャスティング[編集]
2014年10月にマーク・ライランスが主役に起用された。スピルバーグは『ブリッジ・オブ・スパイ』の撮影中に、同作に出演したライランスに本作への出演を打診していた[24][25]。ライランスについて、スピルバーグは「マークは変形的な俳優です。彼と一緒にジャイアント・カントリーを旅することに、とても興奮しています。彼のキャリアの全ては勇敢な選択をすることにあり、『BFG』を次のパフォーマンスに選んでくれたことを光栄に思います」とコメントしている[26][27]。ライランスはモーションキャプチャを通してBFGを演じている[28]。11月中旬、10歳の学生ルビー・バーンヒル(英語版)がソフィー役のオーディションを受けたことが報じられた。12月16日にオーディションの結果が発表され、バーンヒルがソフィー役に起用された。スピルバーグは、「ルビー・バーンヒルの中に素敵なソフィーを見付けました」とコメントしている[29]。
2015年3月27日にビル・ヘイダーの出演が発表された[30]。4月13日にはペネロープ・ウィルトン、レベッカ・ホール、ジェマイン・クレメント、マイケル・デヴィッド・アダムスウェイト(英語版)、ダニエル・ベーコン、クリス・ギブス、アダム・ゴドリー、オラフル・ダッリ・オラフソン、ジョナサン・ホームズ、ポール・モニツ・デ・サの出演が発表された[20]。

公開[編集]
2016年5月14日に第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で初上映された[31]。7月1日からアメリカで公開され、ドリームワークスの国際パートナーであるミスター・スミス・エンターテインメントがヨーロッパ、中東、アフリカの配給を行い、それ以外の全地域をウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給した[32][19][33]。7月22日からは、エンターテインメント・ワン・フィルム(英語版)がイギリスでの配給を開始した[34]。7月29日からはリライアンス・エンターテインメントがインドでの配給を開始した[35]。

評価[編集]
興行収入[編集]
第69回カンヌ国際映画祭でのスタッフ・キャスト
北米では『ターザン:REBORN』『パージ:大統領令』と同日公開となり3,357スクリーンで上映され、公開初週の興行収入は2,200万から3,200万ドルと予想された[36][37]。本作は、同じくウォルト・ディズニー製作の『ファインディング・ドリー』との間で、ファミリー層の取り込むために競合していた[38]。プレミア上映では77万5,000ドルの収益しか上げられなかったが、夜間の上映でファミリー向け映画を鑑賞する人が少ないことを考慮すると、特別低い興行成績ではないと指摘されている[39][40][41]。公開初日には700万ドルの収益を挙げ、公開週末の興行収入は1,860万ドルを記録した[42][43]。
北米では、映画のパフォーマンスの低さから興行収入は製作費を下回ると予想された[44]。これに対し、ディズニーの配給担当デヴィッド・ホリスは北米での上映数が少ないことを理由に挙げ、映画は国際市場で収益を挙げると反論している[45]。2016年の独立記念日は休日ではなかったため、興行収入は390万ドルに留まった[46]。同日にオーストラリア・ロシアで公開され、オーストラリアでは初日に200万ドルの収益を挙げてランキング第3位となり、ロシアでは『チャーリーとチョコレート工場』『戦火の馬』の記録を上回る190万ドルの収益を挙げ、ランキング第2位となった。原作の知名度が高いイギリスでは、690万ドルの興行収入を記録している[47]。中国では1,380万ドルの収益を上げたが、「大人が鑑賞するには幼稚過ぎる」というレビューが目立った[48][49][50]。
本作はスピルバーグ監督作品の中で最も低い興行収入を記録した作品の一つであるが、ハリウッド・リポーターは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『ファインディング・ドリー』の収益によって本作の出した損失分を補うことができると指摘している[51]。また、ディズニーが被った損失は、9,000万ドルから1億ドルになるという指摘もされている[52]。

批評[編集]
スピルバーグ、バーンヒル、ライランス
Rotten Tomatoesには267件のレビューが寄せられ、支持率75%、平均評価6.8/10となっており、「『BFG』はロアルド・ダールの古典の暗い要素を最小限に抑え、上質で視覚的に素晴らしく、大成功を収めたファミリー・アドベンチャー映画です」と批評されている[53]。Metacriticでは47件の批評に基き66/100のスコアを与え[54]、CinemaScoreでは「A-」評価となっている[55]。
ロサンゼルス・タイムズのジャスティン・チャンは、「パフォーマンス・キャプチャ技術と無敵のスクリーン・プレゼンスの華麗なアマルガム」と批評した[56]。フォーブス誌のスコット・メンデルソンは、「チャーミングで知的、そして気の利いたアドベンチャー映」と批評し、ライランスとバーンヒルの演技を評価した[57]。デイリー・テレグラフのロビー・コリン(英語版)は、本作を「重要な映画技術の業績」と呼び、「モーション技術はライランスのパフォーマンスの幅を拡大した」とコメントした[58]。
ハリウッド・リポーターのトッド・マッカーシーは、『E.T.』と比較して「著しく魅力的ではない」と批評した[59]。一方、バラエティ誌のピーター・ダブローグも同作と比較して、「スピルバーグの素晴らしい映画は、全ての年齢層が映画史上最も魅力的な友情を観ることを可能にした」と批評している[60]。ニューヨーク・タイムズのA・O・スコットは「以前のスピルバーグ映画よりも興奮に欠けるが、特殊効果は絶妙なもの」と評価した[61]。
ザ・ニューヨーカーのリチャード・ブロディー(英語版)は、「楽しい行進、魔法的な処方箋だが、スピルバーグは観客を啓蒙すことに関心がなく、消費するだけです」と批評した[62]。シカゴ・サンタイムズのリチャード・ローパーは、「技術的には印象深いが、不気味で退屈、気まぐれで面白いものではない」と批評し、「『BFG』をもう一度観なければならないのならば、その前に全てのスピルバーグの過去作品を観るべきです」とコメントした[63]。批評家コール・スミシーは五ツ星満点中一ツ星を与え、「狂ったアニメーション」を批判した[64]。

受賞・ノミネート[編集]
受賞とノミネート
映画賞

部門

対象

結果

出典
アニー賞

実写映画におけるアニメーション効果

クロード・シッター、ベンジャマン・フォークマンゲイリー・ボイル、デヴィッド・カイロ、ルーク・ミラー

ノミネート

[65]英国子供アカデミー賞(英語版)

キッズ賞

BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

ノミネート

[66][67]英国イヴニング・スタンダード映画賞(英語版)

俳優賞

マーク・ライランス

ノミネート

[68]ゴールデン・トマト・アワード

ファミリー・キッズ映画賞

BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

第5位

[69]ロンドン映画批評家協会賞

子役賞

ルビー・バーンヒル(英語版)

ノミネート

[70]サテライト賞

オリジナル・スコア賞

ジョン・ウィリアムズ

ノミネート

[71]特殊効果賞

BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

ノミネート
サターン賞

ファンタジー映画賞

ノミネート

[72]監督賞

スティーヴン・スピルバーグ

ノミネート
脚本賞

メリッサ・マシスン

ノミネート
主演男優賞

マーク・ライランス

ノミネート
若手俳優賞

ルビー・バーンヒル

ノミネート
音楽賞

ジョン・ウィリアムズ

ノミネート
編集賞(英語版)

マイケル・カーン

受賞
プロダクション・デザイン賞(英語版)

リック・カーター、ロバート・ストロンバーグ

受賞
衣装デザイン賞

ジョアンナ・ジョンストン

ノミネート
特殊効果賞

ジョー・レッテリ、ジョエル・ウィスト

ノミネート
ワシントンD.C.映画批評家協会

モーション・キャプチャ俳優賞

マーク・ライランス

受賞

[73]女性映画批評家協会(英語版)

アニメ賞

BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

ノミネート

[74]ワールド・サウンドトラック・アワード(英語版)

作曲家賞

ジョン・ウィリアムズ(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と同時ノミネート)

ノミネート

[75]出典[編集]

^ “『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』9/17(土)日本公開決定&特報映像解禁!”. Disney.jp. 2016年5月20日閲覧。

^ “The BFG [2D (PG)]”. British Board of Film Classification (2016年6月17日). 2016年9月17日閲覧。

^ a b c “The BFG” (英語). Box Office Mojo. 2022年8月3日閲覧。

^ 『キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.43

^ “BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント”. ふきカエル大作戦!! (2016年9月17日). 2016年9月17日閲覧。

^ “「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」日本語版の本編クリップ公開 巨人役は山路和弘”. エキサイトニュース. (2016年9月3日). https://www.excite.co.jp/news/article/Animeanime_30319/ 2016年9月3日閲覧。 

^ “本田望結がスピルバーグ「BFG」で声優初挑戦、ヒロインとの共通点は「強い気持ち」”. 映画ナタリー. (2016年8月18日). https://natalie.mu/eiga/news/198536 2016年8月18日閲覧。 

^ Glenn Whipp (2009年2月17日). “Frank Marshall focuses on practical”. Variety. https://variety.com/2009/film/news/frank-marshall-focuses-on-practical-1118000223/ 2015年3月18日閲覧。 

^ Staff (1998年10月22日). “‘Husband’ vows renewed; doc on saint set”. Variety. https://variety.com/1998/voices/columns/husband-vows-renewed-doc-on-saint-set-1117481695/ 2015年3月18日閲覧。 

^ Denham, Jess (2016年4月13日). “The BFG: Robin Williams did ‘hilarious’ cast readings as the big friendly giant”. 2016年4月19日閲覧。

^ Breznican, Anthony (2016年4月12日). “Robin Williams was almost The BFG’s big, friendly giant”. Entertainment Weekly. https://ew.com/article/2016/04/12/bfg-movie-robin-williams/ 2016年4月19日閲覧。 

^ a b c d Setoodah, Ramin (2016年7月29日). “From ‘The BFG’ to ‘Matilda’: How 5 Roald Dahl Books Landed on the Big Screen”. Variety. https://variety.com/2016/film/news/roald-dahl-movies-bfg-steven-spielberg-matilda-1201806205/ 2016年7月8日閲覧。 

^ Dana Harris (2002年2月27日). “Lurie back to book for ‘Chocolate’ pic”. https://variety.com/2002/film/news/lurie-back-to-book-for-chocolate-pic-1117861538/ 2015年3月18日閲覧。 

^ Weinstein, Joshua L. (2011年9月24日). “DreamWorks Is Still Buying – Picks Up Roald Dahl’s ‘BFG’ (Exclusive)”. https://www.thewrap.com/dreamworks-picks-roald-dahl-movie-plows-ahead-39-clues-31284/ 2011年9月27日閲覧。 

^ Kroll, Justin. “Steven Spielberg to Direct Roald Dahl’s ‘The BFG,’ Will Shoot Tom Hanks Thriller First”. 2015年9月21日閲覧。

^ Masters, Kim (2016年6月15日). “Steven Spielberg Reveals ‘The BFG’s’ 20-Year Journey to Theaters”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/bfg-movie-2016-steven-spielberg-902546 2016年6月27日閲覧。 

^ “Steven Spielberg to direct BFG film from Roald Dahl book”. BBC News. Retrieved 29 April 2014

^ Kilday, Gregg (2015年3月5日). “Steven Spielberg’s ‘The BFG’ to be Co-Financed and Co-Produced by Walden Media”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/steven-spielbergs-bfg-be-financed-779604 2016年6月27日閲覧。 

^ a b Rainey, James. “Steven Spielberg Takes First Directing Turn With Walt Disney Studios”. Variety. 2015年4月13日閲覧。

^ a b “Disney Signs On To Co-Fi Steven Spielberg’s ‘The BFG’”. Deadline.com (2015年4月13日). 2015年4月13日閲覧。

^ “On the Set for 3/23/15: Ryan Reynolds Starts Shooting ‘Deadpool’, Chloë Grace Moretz Begins ‘November Criminal’ & More”. ssninsider.com. (2015年3月23日). http://www.ssninsider.com/on-the-set-for-32315-ryan-reynolds-starts-shooting-deadpool-chloe-grace-moretz-begins-november-criminal-more/ 2015年3月23日閲覧。 

^ “Frank Marshall tweets from last day of BFG shoot”. fromdirectorstevenspielberg.tumblr.com (2015年6月13日). 2015年6月18日閲覧。

^ Ritman, Alex (2015年6月22日). “CineEurope: Steven Spielberg Talks ‘BFG’ Filming”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/cineeurope-steven-spielberg-talks-bfg-804202 2015年10月16日閲覧。 

^ Masters, Tim (2015年11月26日). “Mark Rylance: From Bridge of Spies to BFG”. BBC News. https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-34811138 2016年7月9日閲覧。 

^ Alexander, Bryan (2016年6月26日). “New BFFs Spielberg, Rylance team up for ‘The BFG’ and big things beyond”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/life/movies/2016/06/26/bfg-steven-spielberg-mark-rylance/86164382/ 2016年7月9日閲覧。 

^ “Mark Rylance to be Spielberg’s BFG”. the Guardian. 2014年10月28日閲覧。

^ Tatiana Siegel (2014年10月27日). “Three-Time Tony Winner Mark Rylance Nabs Lead in Steven Spielberg’s ‘The BFG’”. The Hollywood Reporter. 2014年10月28日閲覧。

^ Breznican, Anthony (2016年2月3日). “Meet Mark Rylance, the Oscar contender who’s never himself unless he’s someone else”. Entertainment Weekly. https://ew.com/article/2016/02/03/mark-rylance-bridge-spies-oscar-bfg/ 2016年2月7日閲覧。 

^ “Steven Spielberg Casts 10-Year-Old Ruby Barnhill as Lead in ‘The BFG’”. thewrap.com. (2014年12月16日). 2017年11月3日閲覧。

^ Ge, Linda (2015年3月27日). “Bill Hader Joining Steven Spielberg’s ‘The BFG’”. thewrap.com. http://www.thewrap.com/bill-hader-joining-steven-spielbergs-the-bfg/ 2015年3月31日閲覧。 

^ “2016 Cannes Film Festival Announces Lineup”. IndieWire. 2016年4月14日閲覧。

^ McNary, Dave (2014年6月16日). “Tom Hanks-Steven Spielberg Cold War Thriller Set for Oct. 16, 2015”. Variety. https://variety.com/2014/film/news/tom-hanks-steven-spielberg-cold-war-thriller-set-for-oct-16-2015-1201221269/ 2014年6月6日閲覧。 

^ Barraclough, Leo (2015年5月8日). “David Garrett, Ralpho Borgos Hope to Take Mr. Smith Shingle to the Summit”. Variety. https://variety.com/2015/film/global/execs-david-garrett-ralpho-borgos-use-hands-on-approach-with-mister-smith-shingle-1201490337/ 2016年2月15日閲覧。 

^ “Steven Spielberg’s ‘The BFG’ Primed for U.K. Release With eOne”. Variety. (2014年7月11日). https://variety.com/2014/film/news/steven-spielbergs-the-bfg-primed-for-u-k-release-with-eone-1201261149/ 2014年7月12日閲覧。 

^ Groves, Don (2016年7月14日). “Can Amitabh Bachchan And Parineeti Chopra Boost Spielberg’s ‘The BFG’ In India?”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/dongroves/2016/07/14/can-hindi-telugu-and-tamil-stars-boost-spielbergs-the-bfg-in-india/#5bb78915572e 2016年7月21日閲覧。 

^ Brent Lang (2016年6月16日). “‘The BFG,’ ‘The Legend of Tarzan’ Failing to Generate Much Box Office Heat”. Variety. 2016年6月23日閲覧。

^ Brad Brevet (2016年6月26日). “’Finding Dory’ #1 Again, Topping All Four of the Weekend’s New Wide Releases Combined”. Box Office Mojo. 2016年6月26日閲覧。

^ Pamela McClintock (2016年6月24日). “July Fourth Box Office: Few Fireworks Expected as ‘BFG,’ ‘Tarzan’ Track Poorly”. The Hollywood Reporter. 2016年6月24日閲覧。

^ Scott Mendelson (2016年7月1日). “Thursday Box Office: ‘Purge’ Steals $3.64M, ‘Tarzan’ Swings To $2.55M, ‘BFG’ Eats $775K”. Forbes. 2016年7月3日閲覧。

^ Brad Brevet (2016年6月30日). “’Tarzan’, ‘BFG’ and ‘Purge 3’ Will be No Match for ‘Finding Dory’”. Box Office Mojo. 2016年7月3日閲覧。

^ McNary, Dave (2016年7月1日). “Box Office: ‘The Purge 3’ Expunges ‘Legend of Tarzan,’ ‘The BFG’ on Thursday Night”. Variety. https://variety.com/2016/film/news/purge-election-year-box-office-legend-of-tarzan-bfg-1201807265/ 2016年7月10日閲覧。 

^ Scott Mendelson (2016年7月2日). “Box Office: Disney’s ‘The BFG’ Earns Not-So-Huge $7M Friday”. Forbes. 2016年7月3日閲覧。

^ Anthony D’Alessandro (2016年7月3日). “‘Dory’ Dominates, ‘Tarzan’ Improves, ‘Purge’ Excels As ‘BFG’ Falls: July 4th Weekend B.O. – Sunday Update”. Deadline.com. 2016年7月3日閲覧。

^ Mendleson, Scott (2016年7月4日). “Box Office: ‘The BFG’ Could Be Steven Spielberg’s Most Significant Flop”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/scottmendelson/2016/07/04/box-office-the-bfg-could-be-steven-spielbergs-first-outright-commercial-flop/#1c105a4a51d6 2016年7月10日閲覧。 

^ Brooks Barnes (2016年7月3日). “‘The BFG’ Stumbles as ‘Finding Dory’ Rules Box Office”. The New York Times. 2016年7月4日閲覧。

^ Nancy Tartaglione (2016年7月3日). “‘Tarzan’ Takes $18.8M In First Offshore Swing; ‘TMNT2’ Kicks Up $26M China Bow; ‘Pets’ Purrs – International Box Office”. Deadline.com. 2016年7月3日閲覧。

^ Gant, Charles (2016年7月26日). “The BFG towers over UK box office while Star Trek Beyond fails to prosper”. The Guardian. https://www.theguardian.com/film/filmblog/2016/jul/26/the-bfg-top-spot-uk-box-office-spielberg-star-trek-beyond 2016年8月2日閲覧。 

^ Nancy Tartaglione (2016年10月16日). “‘Inferno’ Ignites With $50M Offshore; ‘Miss Peregrine’ Tops $130M – Intl Box Office”. Deadline.com. 2016年10月17日閲覧。

^ Patrick Frater (2016年10月16日). “China Box Office: ‘Operation Mekong’ Stays Ahead of ‘The BFG’”. Variety. 2016年10月17日閲覧。

^ Jonathan Papish (2016年10月18日). “China Box Office: ‘Mekong’ Still Tops Spielberg’s ‘BFG’”. China Film Insider. 2016年10月18日閲覧。

^ Pamela McClintock (2016年9月4日). “Summer Box-Office Winners and Losers: From ‘Finding Dory’ to ‘Ben-Hur’”. The Hollywood Reporter. 2016年9月4日閲覧。

^ Pamela McClintock (2016年9月8日). “’Ben-Hur’ Faces Epic $120M Loss as Summer’s Biggest Box-Office Bust”. The Hollywood Reporter. 2016年9月8日閲覧。

^ “The BFG (2016)”. Rotten Tomatoes. 2017年7月23日閲覧。

^ “The BFG reviews”. Metacritic. 2016年7月14日閲覧。

^ “CinemaScore search”. CinemaScore. 2016年7月15日閲覧。

^ Chang, Justin (2016年6月30日). “Steven Spielberg’s ‘The BFG’ seeks to recapture the heights of ‘E.T.’”. Los Angeles Times. https://www.latimes.com/entertainment/movies/la-et-mn-the-bfg-review-20160627-snap-story.html 2016年7月10日閲覧。 

^ Mendelson, Scott (2016年6月21日). “’The BFG’ Review: Yup, Steven Spielberg Made Another Great Movie”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/scottmendelson/2016/06/21/the-bfg-review-yup-steven-spielberg-made-another-great-movie/#38599e026dc5 2016年7月10日閲覧。 

^ Collin, Robbie (2016年7月17日). “Steven Spielberg creates a landscape of astonishments in The BFG – review”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/films/2016/05/14/the-bfg-review-steven-spielberg-and-mark-rylance-create-a-landsc/ 2016年7月20日閲覧。 

^ McCarthy, Todd (2016年5月14日). “’The BFG’: Cannes Review”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/review/bfg-movie-review-894036 2016年7月10日閲覧。 

^ Debruge, Peter (2016年5月14日). “Cannes Film Review: Steven Spielberg’s ‘The BFG’”. Variety. https://variety.com/2016/film/reviews/the-bfg-review-steven-spielberg-1201774476/ 2016年7月11日閲覧。 

^ Scott, A. O. (2016年6月30日). “Review: In ‘The BFG,’ Walking Gently and Wearing Huge Shoes”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2016/07/01/movies/the-bfg-review-steven-spielberg-mark-rylance.html?_r=0 2016年7月10日閲覧。 

^ “Steven Spielberg’s ‘The BFG’ Is a Forced March of Fun”. The New Yorker (2016年7月1日). 2016年7月7日閲覧。

^ Richard Roeper (2016年6月28日). “‘The BFG’: Even Steven Spielberg can’t stir a lumbering giant”. Chicago Sun-Time. https://chicago.suntimes.com/2016/6/28/18345705/the-bfg-even-steven-spielberg-can-t-stir-a-lumbering-giant 2016年12月7日閲覧。 

^ Cole Smithey (2016年6月28日). “THE BFG — CANNES 2016”. ColeSmithey.com. https://www.colesmithey.com/capsules/2016/06/the-bfg.html 2016年12月7日閲覧。 

^ Flores, Terry (2016年11月28日). “‘Zootopia’ Tops Annie Awards Nominations, ‘Kubo and the Two Strings’ in Close Second”. Variety. https://variety.com/2016/film/news/annie-awards-nominations-2017-zootopia-kubo-and-the-two-strings-1201927492/ 2016年11月29日閲覧。 

^ Foster, Elizabeth (2016年10月19日). “Horrible Histories, TrueTube lead BAFTA Children’s noms”. Kidscreen. 2016年10月23日閲覧。

^ “2016 Children’s BAFTA Kids’ Vote – Film”. British Academy of Film and Television Arts (2016年11月21日). 2016年12月2日閲覧。

^ Moore, William (2016年11月17日). “Evening Standard British Film Awards – The Longlist”. London Evening Standard. 2016年11月29日閲覧。

^ “Golden Tomato Awards – Best of 2016”. Rotten Tomatoes (2017年1月12日). 2017年11月3日閲覧。

^ “‘Moonlight’ and ‘Love and Friendship’ Lead London Film Critics’ Circle Nominations”. Variety (2016年12月20日). 2016年12月20日閲覧。

^ Kilday, Gregg (2016年11月29日). “Satellite Awards Nominees Revealed”. The Hollywood Reporter. 2016年11月29日閲覧。

^ McNary, Dave (2017年3月2日). “Saturn Awards Nominations 2017: ‘Rogue One,’ ‘Walking Dead’ Lead”. Variety. 2017年3月3日閲覧。

^ “The 2016 WAFCA Awards Nominations” (2016年12月3日). 2016年12月4日閲覧。

^ “Women Film Critics Circle Nominations: “Hidden Figures,” “13th,” & More”. Women And Hollywood (2016年12月19日). 2016年12月15日閲覧。

^ “Winners of the 15th World Soundtrack Awards”. World Soundtrack Awards (2015年10月24日). 2016年10月16日閲覧。

外部リンク[編集]
The BFG (2016) – Steven Spielberg, Director | Amblin(英語)
BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント|映画/ブルーレイ・DVD・デジタル配信|ディズニー公式(日本語)
BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント – allcinema
The BFG – IMDb(英語)表話編歴スティーヴン・スピルバーグ
フィルモグラフィ監督作品
1960年代
Firelight(1964、兼脚本)
Slipstream(1967、兼脚本)
Amblin(1968、兼脚本)1970年代
ネーム・オブ・ザ・ゲーム – “L.A. 2017″(1971)
激突!(1971)
続・激突!/カージャック(1974、兼脚本)
ジョーズ(1975)
未知との遭遇(1977、兼脚本)
1941(1979)1980年代
レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981)
E.T.(1982)
トワイライトゾーン/超次元の体験 – “真夜中の遊戯”(1983)
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984)
カラーパープル(1985)
太陽の帝国(1987)
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989)
オールウェイズ(1989)1990年代
フック(1991)
ジュラシック・パーク(1993)
シンドラーのリスト(1993)
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997)
アミスタッド(1997)
プライベート・ライアン(1998)2000年代
A.I.(2001、兼脚本)
マイノリティ・リポート(2002)
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002)
ターミナル(2004)
宇宙戦争(2005)
ミュンヘン(2005)
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008)2010年代
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2011)
戦火の馬(2011)
リンカーン(2012)
ブリッジ・オブ・スパイ(2015)
BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016)
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017)
レディ・プレイヤー1(2018)2020年代
ウエスト・サイド・ストーリー(2021)
原案のみ
大空のエース/父の戦い子の戦い(1973)
ポルターガイスト(1982、兼制作)
グーニーズ(1985)製作のみ
アメリカ物語2/ファイベル西へ行く(1991)
SAYURI(2005)
父親たちの星条旗(2006)
硫黄島からの手紙(2006)
SUPER8/スーパーエイト(2011)
マダム・マロリーと魔法のスパイス(2014)
インディ・ジョーンズ5(2023)テレビ作品
刑事コロンボ – “構想の死角”(1971)
恐怖の館(1972)
世にも不思議なアメージング・ストーリー(1985–1987)
ハイ・インシデント/警察ファイルJ(1996–1997)
インヴェイジョンUSA(1998)ビデオゲーム
The Dig(1995)
メダル・オブ・オナー アライドアサルト(2002)関連項目
アンブリン・エンターテインメント
ドリームワークス
ショアー財団
アンブリメーション
スピルバーグ!
典拠管理
BNE: XX5676997
J9U: 987009956986305171
VIAF: 7020148523914220970008
WorldCat Identities(VIAF経由): 7020148523914220970008

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=BFG:_ビッグ・フレンドリー・ジャイアント&oldid=90800172」から取得
カテゴリ: 2016年の映画アメリカ合衆国の冒険映画アメリカ合衆国のファンタジー映画アメリカ合衆国のファミリー映画巨人を題材とした作品児童文学を原作とする映画作品ロンドンを舞台とした映画作品小説を原作とする映画ロアルド・ダール原作の映画作品バンクーバーで製作された映画作品Computer Generated Imageryを使用した映画作品モーションキャプチャを使用した映画作品アンブリン・エンターテインメントの作品リライアンス・エンターテインメントの作品アメリカ合衆国の3D映画作品スティーヴン・スピルバーグの監督映画ジョン・ウィリアムズの作曲映画ディズニーの映画作品隠しカテゴリ: BNE識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WorldCat-VIAF識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 94 11
再生回数: 4638
[spincontent type=”j”]

映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』予告編 Youtube

巨匠スティーヴン・スピルバーグがロアルド・ダールの児童文学「オ・ヤサシ巨人BFG」を映画化した、孤独な少女と心優しい巨人の友情を描くファンタジーアドベンチャー。ロンドンの児童養護施設で暮らす少女が巨人の国に連れていかれ、巨人と心の距離を縮めていくさまを映す。『E.T.』などで知られるメリッサ・マシスンが脚本に名を連ね、巨人を『ブリッジ・オブ・スパイ』で第88回アカデミー賞助演男優賞に輝いたマーク・ライランスが、少女を新鋭ルビー・バーンヒルが演じる。スピルバーグが手掛けるファンタジー作品に期待。

作品情報:http://www.cinematoday.jp/movie/T0021008
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C) 2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

2. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Yomiuri

Yomiuri
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6577
[spincontent type=”j”]

3. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Asahi Shimbun

朝日新聞
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: 朝日新聞で検索した bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する上記の情報が、bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4424
[spincontent type=”j”]

4. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント The Japan Times

The Japan Times
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: ジャパン タイムズで検索した bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する記事のトップです。bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2187
[spincontent type=”j”]

5. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Yomiuri Shimbun

読売新聞
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する詳細情報はすでにありますか? bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4238
[spincontent type=”j”]

6. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Mainichi Shimbun

毎日新聞
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: 毎日新聞で見つけた bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する上記の情報が、bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6181
[spincontent type=”j”]

7. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Sankei Shimbun

産経新聞
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: 産経新聞で検索した bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する記事のトップです。bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9905
[spincontent type=”j”]

8. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8560
[spincontent type=”j”]

9. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Chunichi Shimbun

中日新聞
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: 中日新聞で検索した bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する上記の情報が、bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4662
[spincontent type=”j”]

10. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Tokyo Shimbun

東京新聞
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2289
[spincontent type=”j”]

11. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8355
[spincontent type=”j”]

12. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: 日刊工業新聞で見つけた bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する上記の情報が、bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7978
[spincontent type=”j”]

13. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Ainu Times

アイヌタイムス
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: アイヌ タイムズで検索した bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する記事のトップです。bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8558
[spincontent type=”j”]

14. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する詳細情報はすでにありますか? bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4478
[spincontent type=”j”]

15. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Chiba Nippo

千葉日報
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: 千葉日報で検索した bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する上記の情報が、bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 52
[spincontent type=”j”]

16. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Chugoku Shimbun

中国新聞
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: 中国新聞で検索した bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する記事のトップです。bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7588
[spincontent type=”j”]

17. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント Daily Tohoku

デイリー東北
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9876
[spincontent type=”j”]

18. bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

説明: イースタン クロニクルで検索した bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する上記の情報が、bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7364
[spincontent type=”j”]

bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント に関する質問

bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
方法bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
チュートリアル bfg:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: