あなたは 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 を共有します。 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output ruby.largefont-size:250%.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtcfont-size:.3em.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtcfont-feature-settings:”ruby”1.mw-parser-output ruby.yomigana>rtfont-feature-settings:”ruby”0高村(たかむら)光太郎(こうたろう)29歳の頃に撮影された肖像写真[注 1]生誕高村 光太郎(たかむら みつたろう)[1]1883年3月13日東京府東京市下谷区(現:東京都台東区)死没 (1956-04-02) 1956年4月2日(73歳没)東京都中野区国籍 日本教育東京美術学校[注 2]彫刻科卒業著名な実績文筆(詩、短歌ほか)彫刻代表作『道程』『智恵子抄』『典型』『乙女の像』(彫刻)『裸婦座像』(彫刻)『柘榴』(木彫)『蝉』(木彫)受賞帝国芸術院賞(1942年)読売文学賞(1950年)影響を受けた芸術家
高村光雲(父)

オーギュスト・ロダン影響を与えた芸術家
高田博厚
.mw-parser-output .tmulti .thumbinnerdisplay:flex;flex-direction:column.mw-parser-output .tmulti .trowdisplay:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box.mw-parser-output .tmulti .tsinglemargin:1px;float:left.mw-parser-output .tmulti .theaderclear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%.mw-parser-output .tmulti .thumbcaptionbackground-color:transparent.mw-parser-output .tmulti .text-align-lefttext-align:left.mw-parser-output .tmulti .text-align-righttext-align:right.mw-parser-output .tmulti .text-align-centertext-align:center@media all and (max-width:720px).mw-parser-output .tmulti .thumbinnerwidth:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trowjustify-content:center.mw-parser-output .tmulti .tsinglefloat:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaptiontext-align:center智恵子と光太郎
高村 光太郎(たかむら こうたろう、1883年〈明治16年〉3月13日 – 1956年〈昭和31年〉4月2日)は、日本の詩人・歌人・彫刻家・画家。本名は高村 光太郎(たかむら みつたろう)[1]。父は彫刻家の高村光雲。

人物[編集]
東京府東京市下谷区下谷西町三番地(現:東京都台東区東上野一丁目、二丁目付近)出身。
日本を代表する彫刻家であり画家でもあったが、今日にあって『道程』『智恵子抄』などの詩集が著名で、教科書にも多く作品が掲載されており、日本文学史上、近現代を代表する詩人として位置づけられる。著作には評論や随筆、短歌もあり能書家としても知られる。弟は鋳金家の高村豊周であり甥は写真家の高村規である。父である高村光雲などの作品鑑定も多くしている。

生涯[編集]
1883年(明治16年)に彫刻家の高村光雲の長男として生まれ、練塀小学校(現:台東区立平成小学校)に入学。1896年(明治29年)3月、下谷高等小学校卒業。同年4月、共立美術学館予備科に学期の途中から入学し、翌年8月、共立美術学館予備科卒業。
1897年(明治30年)9月、東京美術学校(現:東京芸術大学美術学部)彫刻科に入学。文学にも関心を寄せ、在学中に与謝野鉄幹の新詩社の同人となり『明星』に寄稿。1902年(明治35年)に彫刻科を卒業し研究科に進むが、1905年(明治38年)に西洋画科に移った。父・高村光雲から留学資金2000円を得て、1906年(明治39年)3月よりニューヨークに1年間2ヶ月、ロンドンに1年間1ヶ月、その後パリに1年滞在し、1909年(明治42年)6月に帰国[2]。
アメリカでは、繁華なニューヨークの厳しい生活の中で「どう食を求めて、どう勉強したらいいのか、まるで解らなかった」と不安で悩んでいる時に、オランダの日本というところで運良くメトロポリタン美術館で彫刻家ガットソン・ボーグラムの作品に出会う。感動した光太郎は熱心な手紙を書き、薄給ではあったが彼の助手にしてもらった。このようにして昼は働き夜はアート・スチューデンツ・リーグの夜学に通って学んだ[3]。
世界を観て帰国した光太郎は旧態依然とした日本の美術界に不満を持ち、ことごとに父に反抗し東京美術学校の教職も断った。パンの会に参加し『スバル』などに美術批評を寄せた。「緑色の太陽」(1910年)は芸術の自由を宣言した評論である。また、同年、神田淡路町に日本初の画廊「瑯玕洞」を開店する。この頃を振り返って光太郎は「当時日本に勃興したスバル一派の新文学運動に加はつたりしてゐたと同時に、遅蒔の青春が爆発して、北原白秋氏、長田秀雄氏、木下杢太郎氏などとさかんに往来してかなり烈しい所謂耽溺生活に陥つてゐた。不安と焦躁と渇望と、何か知られざるものに対する絶望とでめちやめちやな日々を送り、遂に北海道移住を企てたり、それにも忽ち失敗したり、どうなる事か自分でも分らないやうな精神の危機を経験してゐた時であつた」と書いている。[4]この年『白樺』が創刊されると、武者小路実篤らとの交友も始まり、『白樺』に「ロダンの言葉」などを寄稿している。
1912年(明治45年)、駒込林町にアトリエを建てた。この年、岸田劉生らと結成した第一回ヒュウザン会展に油絵を出品。1914年(大正3年)10月15日に詩集『道程』を出版。同年、長沼智恵子と結婚。1916年(大正5年)、塑像「今井邦子像」制作(未完成)。この頃ブロンズ塑像「裸婦裸像」制作。1918年(大正7年)、ブロンズ塑像「手」制作。1926年(大正15年)、木彫「鯰(なまず)」制作。1929年(昭和4年)に智恵子の実家が破産、この頃から智恵子の健康状態が悪くなり、のちに統合失調症を発病した。1938年(昭和13年)に智恵子と死別し、その後1941年(昭和16年)8月20日に詩集『智恵子抄』を出版した。
智恵子の死後、真珠湾攻撃を賞賛し「この日世界の歴史あらたまる。アングロサクソンの主権、この日東亜の陸と海とに否定さる」と記した「記憶せよ、十二月八日」[5]など、戦意高揚のための戦争協力詩を多く発表し、日本文学報国会詩部会長も務めた。歩くうた等の歌謡曲の作詞も行った。1942年(昭和17年)4月に詩「道程」で第1回帝国芸術院賞受賞[6]。1945年(昭和20年)4月の空襲によりアトリエとともに多くの彫刻やデッサンが焼失。同年5月、岩手県花巻町(現在の花巻市)の宮沢清六方に疎開(宮沢清六は宮沢賢治の弟で、その家は賢治の実家であった)[7][8]。しかし、同年8月には宮沢家も花巻空襲で被災し、辛うじて助かる[7][8]。
1945年8月17日、「一億の号泣」を『朝日新聞』に発表。終戦後の同年10月、花巻郊外の稗貫郡太田村山口(現在は花巻市)に粗末な小屋を建てて移り住み、ここで7年間独居自炊の生活を送る。これは戦争中に多くの戦争協力詩を作ったことへの自省の念から出た行動であった。光太郎はこのときから肺結核に苦しむようになる。この小屋は現在も「高村山荘」として保存公開され、近隣には「高村記念館」がある。
1950年(昭和25年)、戦後に書かれた詩を収録した詩集『典型』を出版。翌年に第2回読売文学賞を受賞。1952年(昭和27年)、青森県より十和田湖畔に建立する記念碑の作成を委嘱され、これを機に小屋を出て東京都中野区桃園町(現・東京都中野区中野三丁目)のアトリエに転居し、記念碑の塑像(裸婦像)を制作。この像は「乙女の像」として翌年完成した。1956年1月、光太郎最後の詩「生命の大河」を新聞に発表。
1956年(昭和31年)4月2日3時40分、自宅アトリエにて肺結核のために死去した。73歳没。戒名は光珠院殿顕誉智照居士[9]。この高村の命日(4月2日)は、高村がアトリエの庭に咲く連翹(れんぎょう)の花を好んで[10]おり、彼の告別式で棺の上にその一枝が置かれていた[11]ことから連翹忌と呼ばれている。

主な著作[編集]

ウィキソースに道程の原文があります。
ウィキソースに春駒の原文があります。詩集道程
智恵子抄(新潮文庫・角川文庫)
をぢさんの詩
記録
智恵子抄その後
典型
暗愚小伝歌集白斧美術評論印象主義の思想と芸術
美について
造形美論随筆某月某日
独居自炊
山の四季翻訳ロダンの言葉
天上の炎(エミール・ヴェルハーレン) 初版は新しき村出版部近年刊行の著作[編集]
文庫詩集は現在、新潮文庫、岩波文庫、集英社文庫、ハルキ文庫版で刊行高村光太郎秀作批評文集 美と生命(前篇+後篇)(書肆心水、2010年)
ロダンの言葉(講談社文芸文庫〈現代日本の翻訳〉、岩波文庫)
緑色の太陽 芸術論集(岩波文庫、1982年、復刊2010年ほか)
全集(筑摩書房刊、1957年 – 1958年に全18巻、別巻1、1976年に新版、1994年 – 1998年に増訂版全22巻)主な美術作品[編集]
彫刻手(東京国立近代美術館所蔵)
柘榴(ざくろ/木彫)(個人所蔵)
蓮根(れんこん/木彫)(個人所蔵)
鯰(なまず/木彫)(東京国立博物館所蔵)
裸婦坐像
成瀬仁蔵胸像(日本女子大学構内)
光雲一周忌記念胸像(東京芸術大学構内)
乙女の像(青森県十和田湖畔)彫刻作品も、多くの美術教科書に載っている。

書有機無機帖(日本近代文学館所蔵)など
「プラスなるもの食と美」(個人所蔵)エピソード[編集]
ニューヨーク留学以前はユージン・サンドウが世に広めた「サンドウ式体操」で肉体を鍛えた。
ニューヨーク留学時に通学した芸術学校のクラスメイトが頻繁に高村の作品に悪戯をした。これに高村は立腹したが、レスリング経験のある主犯格の男と教室を舞台に高村は柔道、相手の男はボクシングのスタイルで試合をすることとなった。高村はサンドウ式体操で鍛えた腕力で相手の男を締め上げ、それ以降クラスメイトからの悪戯はなくなった。晩年「作品への悪戯がなくなり幸いであった」と懐述している。
1942年に与謝野晶子が亡くなった際、青山斎場で行われた彼女の告別式で光太郎は弔辞を読んだ。関連動画[編集]
元東松山市教育委員会 教育長 田口弘氏が語る高村光太郎、高田博厚『高村光太郎との思い出を語る』田口弘 – YouTube
『高村光太郎書簡等寄贈記者会見』田口弘 – YouTube
『高村光太郎との交流について』田口弘 – YouTube高村光太郎、高田博厚 、田口弘の関係性について『田口弘と高村光太郎 交差する二つの詩魂』 – YouTube小山弘明:高村光太郎連翹忌運営委員会代表
『高田博厚、田口弘、高村光太郎 東松山に輝いたオリオンの三つ星』 – YouTube小山弘明:高村光太郎連翹忌運営委員会代表出典[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ 1911年作の彫刻「光雲の首」と共に撮影された写真の一部。

^ 現在の東京芸術大学美術学部。

出典[編集]

^ a b “高村光太郎│創業者ゆかりの人々│新宿中村屋”. 新宿中村屋. 2021年5月26日閲覧。

^ 潟沼 1979, p. 77.

^ 潟沼 1979, pp. 80–83.

^ 『智恵子抄』角川書店。 

^ “社説・春秋”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2013年12月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXDZO64719140Y3A221C1MM8000/ 2015年2月8日閲覧。 

^ 『朝日新聞』1942年4月14日(東京本社発行)朝刊、3頁。

^ a b “光太郎の心、今も 東京で空襲、賢治の縁で疎開”. 朝日新聞. (2020年8月22日). https://www.asahi.com/articles/ASN8P6QBHN8LULUC00Z.html 2021年2月28日閲覧。 

^ a b 宮沢清六「花巻から山小屋までの高村先生」『兄のトランク』筑摩書房、1987年、pp.152 – 157(初出は『文藝』臨時増刊『高村光太郎読本』、河出書房、1956年)

^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)186頁。

^ “連翹忌(れんぎょうき) の意味”. goo辞書. 2020年2月9日閲覧。

^ “連翹忌(4月2日 記念日)”. 雑学ネタ帳. 2020年2月9日閲覧。

参考文献[編集]
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2011年11月)北川太一 『高村光太郎 書の深淵』二玄社、1999年12月。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 4-544-01150-7。 ISBN 978-4-544-01150-0。
北川太一 『新帰朝者光太郎-「緑色の太陽」の背景』蒼史社〈高村光太郎ノート〉、2006年4月。ISBN 4-916-03608-5。 ISBN 978-4-916-03608-7。※シリーズで高村光太郎ノートを刊行。
平居高志 『「高村光太郎」という生き方』三一書房、2007年5月。ISBN 4-380-07205-3。 ISBN 978-4-380-07205-5。
潟沼誠二「研究発表 高村光太郎におけるアメリカ」『国際日本文学研究集会会議録』第2号、国文学研究資料館、1979年2月、 72-88頁、 doi:10.24619/00002012、 NAID 120006668476。
湯原かの子 『高村光太郎-智恵子と遊ぶ夢幻の生』ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本評伝選〉、2003年10月。ISBN 4-623-03870-X。 ISBN 978-4-623-03870-1。
安川定男『楽の音に魅せられた魂―高村光太郎・宮沢賢治など』 おうふう、2004年関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、高村光太郎に関連するカテゴリがあります。
ウィキクォートに高村光太郎に関する引用句集があります。高村光太郎賞
尾崎喜八
高田博厚
桜地人館
河野通勢外部リンク[編集]
高村光太郎記念館
高村光太郎:作家別作品リスト – 青空文庫
高村光太郎・智恵子のモニュメント – ウェイバックマシン(2000年10月18日アーカイブ分)
東松山市立図書館 田口弘文庫「高村光太郎資料コーナー」
高村光太郎連翹忌運営委員会のブログ
『高村光太郎』 – コトバンク表話編歴日本芸術院賞受賞者
 第一部(美術)日本画
1943: 島田墨仙
1948: 伊東深水
1951: 徳岡神泉
1953: 児玉希望
1954: 金島桂華
1955: 橋本明治
1956: 東山魁夷・山口華楊
1957: 杉山寧
1958: 森白甫・菅楯彦・望月春江
1959: 加藤栄三・森田沙伊
1960: 高山辰雄・池田遙邨・郷倉千靱
1961: 川崎小虎・岩田正巳・矢野橋村・西山英雄
1962: 榊原紫峰・小倉遊亀・三輪晁勢
1963: 奥田元宋・山田申吾
1964: 山本丘人
1965: 浜田観・麻田弁自
1966: 中村貞以・山本倉丘
1967: 上村松篁・佐藤太清
1968: 伊東万燿
1969: 三谷十糸子
1970: 寺島紫明
1971: 吉岡堅二
1972: 岩橋英遠
1973: 大山忠作
1974: 猪原大華
1975: 片岡球子
1976: 川本末雄
1977: 加藤東一
1978: 浦田正夫
1979: 松尾敏男
1980: 浜田台児
1981: 加倉井和夫
1982: 吉田善彦
1984: 福王寺法林
1985: 村山径
1986: 関主税
1987: 堂本元次
1988: 鈴木竹柏
1989: 佐藤圀夫
1990: 郷倉和子
1991: 稗田一穂
1992: 山岸純
1993: 岩沢重夫
1994: 白鳥映雪
1995: 上村淳之
1997: 中路融人
2000: 那波多目功一
2001: 福王寺一彦
2003: 岩倉寿
2004: 宇佐美江中
2005: 川崎春彦
2006: 福田千恵
2007: 土屋礼一
2008: 清水達三
2011: 山﨑隆夫
2013: 能島和明
2016: 後藤純男
2017: 西田俊英
2018: 田渕俊夫
2020: 村居正之洋画
1942: 小磯良平
1943: 宮本三郎
1950: 鍋井克之
1951: 三宅克己・寺内万治郎
1952: 白滝幾之助・中山巍
1953: 石川寅治
1954: 小糸源太郎
1956: 鬼頭鍋三郎
1957: 鈴木千久馬・東郷青児
1958: 中野和高
1959: 木村荘八・小山敬三・林武
1960: 大久保作次郎・鈴木信太郎
1961: 新道繁・田崎広助
1962: 耳野卯三郎
1963: 田村一男・中村琢二
1964: 中川紀元・岡鹿之助
1965: 吉井淳二
1966: 池部鈞・井手宣通
1967: 島村三七雄
1968: 佐竹徳・服部正一郎
1969: 黒田重太郎・中村善策
1970: 小堀進・森田茂
1971: 高光一也
1972: 高田誠
1973: 野村守夫
1976: 岡田又三郎
1977: 伊藤清永
1979: 宮永岳彦
1980: 西山真一
1981: 楢原健三
1982: 菅野矢一
1984: 寺田竹雄
1985: 渡辺武夫
1986: 広瀬功
1988: 大内田茂士
1990: 鶴岡義雄
1991: 国領経郎
1992: 平松譲
1993: 藤本東一良
1994: 芝田米三
1995: 織田広喜
1996: 奥谷博
1997: 寺島竜一
1998: 中山忠彦
1999: 島田章三
2000: 庄司栄吉
2001: 絹谷幸二
2002: 清原啓一
2003: 塗師祥一郎
2004: 山本貞
2005: 寺坂公雄
2006: 村田省蔵
2007: 大津英敏
2008: 藤森兼明
2009: 藪野健
2010: 山本文彦
2012: 池口史子
2013: 佐藤哲
2015: 馬越陽子
2017: 根岸右司
2018: 湯山俊久彫塑
1943: 古賀忠雄
1950: 吉田三郎
1952: 加藤顕清
1953: 沢田正広
1954: 清水多嘉示
1955: 橋本朝秀
1957: 雨宮治郎
1958: 松田尚之
1961: 堀進二
1963: 中川清・大内青圃
1966: 円鍔勝三・藤野舜正
1968: 北村治禧
1970: 昼間弘
1971: 水船六洲
1972: 富永直樹
1973: 進藤武松
1974: 木下繁
1975: 分部順治
1977: 淀井敏夫
1979: 三坂耿一郎
1980: 佐藤助雄
1981: 野々村一男
1982: 伊藤五百亀
1985: 小森邦夫
1986: 高橋剛
1987: 中村博直
1988: 中村晋也
1990: 雨宮敬子
1991: 長江録弥
1992: 柴田鋼造
1994: 吉田鎮雄
1996: 橋本堅太郎
1997: 雨宮淳
1998: 川崎普照
1999: 山田良定
2002: 蛭田二郎
2003: 澄川喜一
2004: 山本真輔
2005: 能島征二
2006: 市村緑郎
2007: 瀬戸剛
2008: 神戸峰男
2009: 宮瀬富之
2012: 吉野毅
2016: 山田朝彦
2019: 池川直工芸
1943: 吉田源十郎
1950: 小場恒吉
1951: 岩田藤七
1952: 山鹿清華
1953: 香取正彦
1954: 沼田一雅 山崎覚太郎・楠部弥一
1955: 杉浦非水・内藤春治
1956: 初代竜村平蔵・六代目清水六兵衛・三井義夫
1957: 宮之原謙
1958: 山室百世
1959: 三代目井上良斎・大須賀喬
1960: 各務鑛三・岸本景春
1961: 佐治賢使・皆川月華
1962: 蓮田修吾郎・山脇洋二
1963: 河村蜻山・番浦省吾・森野嘉光
1964: 辻光典
1965: 高橋節郎
1966: 帖佐美行
1967: 浅見隆三
1968: 北出塔次郎・安原喜明
1969: 般若侑弘
1970: 海野建夫
1971: 吉賀大眉
1973: 佐野猛夫
1980: 新開寛山
1981: 浅蔵五十吉
1982: 岩田久利
1983: 大久保婦久子
1984: 十三代目中里太郎右衛門
1985: 大樋年朗
1986: 折原久佐ヱ門
1988: 三谷吾一
1989: 藤田喬平
1990: 奥田小由女
1991: 青木竜山
1992: 永井鉄太郎
1993: 中井貞次
1994: 井波唯志
1996: 大塩正義
1997: 河合誓徳
1998: 今井政之
1999: 西本瑛泉
2000: 吉賀将夫
2001: 川尻一寛
2003: 大角勲
2004: 伊藤裕司
2006: 原益夫
2007: 森野泰明
2010: 武腰敏昭
2012: 宮田亮平
2013: 寺池静人
2016: 春山文典
2018: 三田村有純
2019: 並木恒延書
1951: 川村驥山
1953: 辻本史邑
1955: 西川寧
1957: 鈴木翠軒
1960: 田中親美・松本芳翠
1961: 安東聖空・二代中村蘭台
1962: 炭山南木
1963: 山崎節堂
1964: 松井如流
1965: 日比野五鳳
1966: 青山杉雨
1967: 金子鷗亭
1968: 村上三島
1969: 田中塊堂
1970: 桑田笹舟
1971: 大石隆子・金田心象
1972: 広津雲仙
1973: 宮本竹径
1976: 木村知石
1977: 殿村藍田
1978: 上条信山
1981: 小坂奇石
1983: 杉岡華邨
1984: 小林斗盦
1985: 古谷蒼韻
1986: 浅見筧洞
1987: 今井凌雪
1989: 浅香鉄心
1990: 伊藤鳳雲
1991: 近藤摂南
1992: 成瀬映山
1993: 尾崎邑鵬
1994: 栗原蘆水
1995: 高木聖鶴
1996: 榎倉香邨
1997: 甫田鵄川
1998: 松下芝堂
1999: 日比野光鳳
2000: 梅原清山
2001: 津金孝邦
2002: 桑田三舟
2003: 井茂圭洞
2004: 新井光風
2005: 黒野清宇
2006: 劉蒼居
2007: 池田桂鳳
2008: 杭迫柏樹
2009: 小山やす子
2010: 樽本樹邨
2011: 黒田賢一
2012: 星弘道
2017: 高木聖雨
2018: 土橋靖子
2019: 真神巍堂建築
1950: 岸田日出刀
1952: 吉田五十八
1953: 村野藤吾
1957: 堀口捨己
1959: 中村順平
1961: 谷口吉郎
1962: 竹腰健造
1965: 前田健二郎
1966: 今井兼次
1967: 佐藤武夫
1968: 藤島亥治郎
1971: 海老原一郎
1974: 前川国男
1975: 吉村順三
1980: 白井晟一
1981: 大江宏
1982: 高橋靗一
1984: 芦原義信
1985: 西沢文隆
1987: 谷口吉生
1988: 池原義郎
1989: 内井昭蔵
1990: 阪田誠造
1991: 中村昌生
1992: 黒川紀章
1993: 安藤忠雄
1995: 柳沢孝彦
1996: 岡田新一
1999: 伊東豊雄
2000: 長谷川逸子
2001: 山本理顕
2003: 栗生明
2004: 宮本忠長
2006: 香山寿夫
2008: 鈴木了二
2010: 北川原温
2011: 古谷誠章
2013: 槇文彦
2015: 陶器二三雄
2020: 藤森照信

 第二部(文芸)小説・戯曲
1950: 大仏次郎
1951: 小川未明
1952: 川端康成
1955: 坪田譲治
1956: 井伏鱒二
1957: 幸田文
1959: 井上靖
1960: 火野葦平
1961: 石川淳
1963: 獅子文六
1966: 中山義秀・永井竜男
1967: 伊藤整
1968: 網野菊
1969: 芹沢光治良
1972: 平林たい子・宇野千代
1973: 庄野潤三
1975: 中里恒子
1976: 司馬遼太郎・安岡章太郎
1977: 戸板康二・海音寺潮五郎
1979: 阿川弘之・遠藤周作・吉行淳之介
1980: 田中千禾夫
1981: 島尾敏雄
1982: 芝木好子・野口冨士男・小島信夫
1984: 河野多恵子
1986: 水上勉
1987: 三浦朱門・吉村昭
1988: 八木義徳
1989: 阪田寛夫
1993: 曽野綾子・石井桃子
1994: 竹西寛子
1995: 陳舜臣
1998: 大原富枝・堀田善衛
1999: 加賀乙彦
2000: 小川国夫・黒井千次・日野啓三
2001: 伊藤桂一
2003: 津村節子
2004: 中野孝次・富岡多恵子
2006: 辻井喬
2007: 三木卓
2009: 井上ひさし
2011: 山崎正和
2016: 辻原登
2017: 髙樹のぶ子
2019: 松浦寿輝詩歌
1942: 高村光太郎・川田順
1948: 折口信夫
1949: 半田良平
1951: 尾山篤二郎
1953: 三好達治・土屋文明・服部担風
1958: 川路柳虹
1964: 水原秋桜子
1971: 富安風生
1977: 宮柊二
1980: 佐藤佐太郎
1981: 飯田竜太
1983: 木俣修
1984: 中村草田男・中村汀女
1987: 山口誓子・上田三四二
1994: 那珂太郎
1995: 大岡信・清岡卓行
1997: 森澄雄
1998: 岡野弘彦・田村隆一
1999: 伊藤信吉
2003: 馬場あき子・まど・みちお・金子兜太
2005: 前登志夫
2015: 吉増剛造・鷹羽狩行
2016: 宇多喜代子
2019: 荒川洋治評論・翻訳
1943: 野口米次郎
1950: 山内義雄
1951: 小林秀雄
1952: 日夏耿之介
1953: 石川欣一
1954: 小宮豊隆
1955: 鈴木信太郎
1956: 昇曙夢
1957: 折口信夫
1957: 和田芳恵
1958: 新関良三
1959: 吉田精一
1961: 河上徹太郎
1963: 福原麟太郎
1964: 亀井勝一郎
1966: 舟木重信・山本健吉
1967: 三宅周太郎・中村光夫
1969: 高橋健二
1971: 唐木順三
1973: 中村白葉
1976: 江藤淳
1977: 平野謙
1981: 福田恒存
1981: 生島遼一
1982: 佐伯彰一
1984: 磯田光一
1986: 富士川英郎
1990: 新庄嘉章
1991: 佐藤朔
1997: 高橋英夫
2000: 河竹登志夫
2001: 菅野昭正
2002: 高階秀爾
2010: 粟津則雄
2012: 三浦雅士
2017: 渡辺保
2018: 芳賀徹

 第三部(音楽・演劇・舞踊)能楽
1948: 野口兼資
1951: 観世華雪
1953: 桜間弓川
1954: 茂山弥五郎
1960: 近藤乾三
1961: 橋岡久太郎
1963: 後藤得三
1970: 六世野村万蔵
1975: 喜多実
1977: 四世茂山千作
1980: 宝生弥一
1983: 田中幾之助
1985: 梅若雅俊
1987: 四世野村万之丞
1988: 梅若恭行・観世元正
1990: 九世片山九郎右衛門・二世野村万作
1992: 八世観世銕之丞・宝生閑
1995: 二世金剛巌
1996: 二十二世金春惣右衛門
1999: 五十六世梅若六郎
2000: 粟谷菊生
2001: 近藤乾之助
2002: 関根祥六
2003: 友枝昭世
2005: 三世観世喜之
2006: 野村四郎
2007: 四世山本東次郎
2008: 一噌仙幸
2009: 九世観世銕之丞
2011: 山本孝
2013: 浅見真州
2014: 香川靖嗣
2015: 柿原崇志
2016: 高橋章
2017: 大槻文蔵
2019: 亀井忠雄歌舞伎
1951: 三代目中村時蔵
1952: 二代目市川猿之助
1953: 三代目市川寿海
1954: 三代目阪東寿三郎
1956: 三代目市川左団次
1962: 六代目中村歌右衛門
1966: 七代目尾上梅幸・八代目坂東三津五郎
1969: 十七代目中村勘三郎
1970: 二代目中村鴈治郎
1972: 十三代目片岡仁左衛門
1974: 八代目松本幸四郎
1975: 七代目中村芝翫
1981: 四代目中村雀右衛門
1982: 三代目實川延若
1984: 十七代目市村羽左衛門
1985: 二代目中村吉右衛門
1986: 二代目中村扇雀
1987: 五代目中村富十郎・七代目尾上菊五郎
1988: 片岡孝夫
1989: 十二代目市川団十郎
1990: 八代目中村福助
1991: 九代目坂東三津五郎
1993: 五代目中村松江
1996: 二代目中村又五郎
1999: 五代目中村勘九郎
2001: 六代目沢村田之助
2005: 九代目中村福助
2006: 十代目坂東三津五郎
2007: 五代目中村翫雀
2008: 五代目中村時蔵・五代目中村芝雀
2011: 三代目中村橋之助
2016: 五代目中村歌六・五代目坂東玉三郎
2017: 四代目市川左團次
2018: 三代目中村扇雀
2020: 十代目松本幸四郎文楽
1944: 二代目豊竹古靱太夫
1950: 四代目鶴沢清六
1963: 八代目竹本綱大夫
1968: 二代目野沢喜左衛門
1972: 六代目鶴沢寛治
1976: 十代目竹沢弥七
1997: 三代目吉田簑助
1998: 七代目竹本住大夫
2003: 九代目竹本綱大夫
2009: 豊竹咲大夫
2010: 三代目桐竹勘十郎
2011: 五代目野沢錦糸
2012: 二代目鶴沢藤蔵
2013: 六代目鶴沢燕三
2014: 吉田玉女
2018: 鶴澤清介邦楽
1948: 芝祐泰
1953: 三代目常磐津文字兵衛・初代中尾都山
1955: 山田抄太郎
1956: 三代目杵屋栄蔵
1957: 七代目芳村伊十郎
1959: 中能島欣一
1961: 十四代目杵屋六左衛門
1962: 安倍季巌
1968: 清元志寿太夫
1971: 五代目荻江露友
1972: 杵屋六一朗
1974: 中能島慶子
1980: 二代目上原真佐喜
1983: 三代目今藤長十郎
1987: 初代富山清琴
1990: 多忠麿
1991: 二代目青木鈴慕・清元栄三郎
1992: 三代目杵屋五三郎
1993: 四代目常磐津文字兵衛
1994: 山彦節子
1995: 山口五郎
1999: 十五代目杵屋喜三郎
2000: 東儀俊美
2002: 六代目山勢松韻
2002: 初代米川敏子
2003: 芝祐靖・東音宮田哲男
2004: 鶴沢清治・川瀬白秋・二代目富山清琴
2007: 唯是震一
2009: 七代目杵屋巳太郎・豊英秋
2010: 二代目今藤政太郎・五代目常磐津文字兵衛
2011: 二代目野坂操寿
2012: 山本邦山・笠置侃一
2013: 二代目米川文子
2014: 小野功竜
2015: 十二代目都一中・二代目米川敏子
2017: 鳥羽屋里長
2020: 杵屋勝国洋楽
1943: 井口基成
1948: 藤原義江
1961: 豊増昇
1965: 柳兼子
1966: 団伊玖磨
1967: 渡辺暁雄
1971: 園田高弘
1972: 小沢征爾
1975: 安川加寿子
1976: 朝比奈隆
1979: 江藤俊哉
1980: 武満徹
1986: 山田一雄
1989: 伊藤京子
1990: 三善晃
1991: 東敦子
1992: 若杉弘
1993: 堤剛
1994: 吉田雅夫
1996: 木村俊光
1999: 湯浅譲二
2002: 岩城宏之
2004: 前橋汀子
2005: 内田光子
2006: 畑中良輔
2007: 栗林義信
2009: 中村紘子
2010: 大野和士
2011: 栗山昌良
2013: 飯守泰次郎
2014: 野島稔
2017: 一柳慧
2019: 野平一郎舞踊
1952: 四代目井上八千代
1957: 二代目花柳寿輔
1963: 六代目藤間勘十郎
1965: 四代目藤間勘右衛門
1966: 八代目坂東三津五郎
1967: 吾妻徳穂
1979: 藤間藤子
1985: 森下洋子
1988: 二代目花柳寿楽
1989: 藤間友章
1990: 三代目花柳寿輔
1991: 十代目西川扇蔵
1992: 花柳寿南海
1997: 七代目藤間勘十郎
1999: 五代目井上八千代
2000: 藤間蘭景
2001: 五代目花柳芳次郎
2002: 二代目尾上菊之丞
2004: 二代目吾妻徳弥
2008: 藤間藤太郎
2015: 山村友五郎
2016: 二代目中村梅弥
2018: 二代目花柳寿楽
2019: 宮城能鳳
2020: 藤間蘭黄演劇
1948: 杉村春子
1950: 伊藤熹朔
1955: 花柳章太郎
1956: 初代水谷八重子
1959: 小津安二郎
1980: 六代目市川染五郎

太字は恩賜賞受賞者。名跡は受賞時のもの。表記揺れによる混乱を避けるため漢字は便宜上すべて新字体に統一した。
典拠管理
BNF: cb13333932j (データ), cb12373074p (データ)
FAST: 49779
GND: 118953419
ISNI: 0000 0000 8390 0100
J9U: 987007279122205171
LCCN: n80014350
MBA: 06ac07ee-cec2-45e5-a495-91ce39e6fb51
NDL: 00078663
NLK: KAC200400384
NTA: 263671658
PLWABN: 9810617899605606
SUDOC: 032764634
Trove: 1079200
ULAN: 500121399
VIAF: 66545620
WorldCat Identities: lccn-n80014350
.mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、美術家・芸術家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:美術/PJ:美術)。

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=高村光太郎&oldid=91242869」から取得
カテゴリ: 高村光太郎20世紀日本の彫刻家20世紀日本の画家20世紀日本の詩人読売文学賞受賞者日本文学報国会の人物高村光雲家東京芸術大学出身の人物東京都区部出身の人物結核で死亡した日本の人物20世紀に結核で死亡した人物1883年生1956年没隠しカテゴリ: プロジェクト人物伝項目参照方法BNF識別子が指定されている記事FAST識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NLK識別子が指定されている記事NTA識別子が指定されている記事PLWABN識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事Trove識別子が指定されている記事ULAN識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事美術家関連のスタブ項目ISBNマジックリンクを使用しているページ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 1699
再生回数: 5705
[spincontent type=”j”]

高村光太郎 前編 Youtube

ぶんきょう浪漫紀行(7月11日~放送)

2. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Yomiuri

Yomiuri
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6570
[spincontent type=”j”]

3. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Asahi Shimbun

朝日新聞
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 朝日新聞で検索した 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する上記の情報が、高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4545
[spincontent type=”j”]

4. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 The Japan Times

The Japan Times
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: ジャパン タイムズで検索した 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する記事のトップです。高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6326
[spincontent type=”j”]

5. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Yomiuri Shimbun

読売新聞
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する詳細情報はすでにありますか? 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8907
[spincontent type=”j”]

6. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Mainichi Shimbun

毎日新聞
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 毎日新聞で見つけた 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する上記の情報が、高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 93 15
[spincontent type=”j”]

7. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Sankei Shimbun

産経新聞
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 産経新聞で検索した 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する記事のトップです。高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9160
[spincontent type=”j”]

8. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1640
[spincontent type=”j”]

9. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Chunichi Shimbun

中日新聞
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 中日新聞で検索した 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する上記の情報が、高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7544
[spincontent type=”j”]

10. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Tokyo Shimbun

東京新聞
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7741
[spincontent type=”j”]

11. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7886
[spincontent type=”j”]

12. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 日刊工業新聞で見つけた 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する上記の情報が、高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6588
[spincontent type=”j”]

13. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Ainu Times

アイヌタイムス
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: アイヌ タイムズで検索した 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する記事のトップです。高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 50 03
[spincontent type=”j”]

14. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する詳細情報はすでにありますか? 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8854
[spincontent type=”j”]

15. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Chiba Nippo

千葉日報
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 千葉日報で検索した 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する上記の情報が、高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8426
[spincontent type=”j”]

16. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Chugoku Shimbun

中国新聞
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 中国新聞で検索した 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する記事のトップです。高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1696
[spincontent type=”j”]

17. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 Daily Tohoku

デイリー東北
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 40 82
[spincontent type=”j”]

18. 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

説明: イースタン クロニクルで検索した 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する上記の情報が、高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 60 65
[spincontent type=”j”]

高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 に関する質問

高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家

高村光太郎は、詩人兼○○○○○家
方法高村光太郎は、詩人兼○○○○○家
チュートリアル 高村光太郎は、詩人兼○○○○○家
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: