あなたは 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 を共有します。 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

この項目では、朝鮮民族全般について説明しています。中国国籍の朝鮮系少数民族については「朝鮮族」をご覧ください。

 朝鮮民族/韓民族조선민족/한민족総人口約 8,446万人 (2019年)
居住地域 韓国51,709,000[1] 朝鮮民主主義人民共和国25,250,000[1] アメリカ2,546,982[2] 中国2,461,386[2] 日本824,977[2] カナダ241,750[2] ウズベキスタン177,270[2] ベトナム172,684[2] ロシア169,933[2] オーストラリア167,331[2] カザフスタン109,923[2] フィリピン85,125[2] ブラジル48,281[2] ドイツ44,864[2] フランス40,780[2] イギリス40,770[2] ニュージーランド38,114[2] アルゼンチン23,063[2] インドネシア22,774[2] シンガポール21,406[2] マレーシア20,861[2] タイ20,200[2] キルギス18,515[2] ウクライナ13,070[2] スウェーデン12,721[2] カンボジア11,969[2] メキシコ11,897[2] カンボジア11,969[2] インド11,273[2] アラブ首長国連邦10,930[2] デンマーク9,581[2] オランダ8,601[2]言語朝鮮語[3]宗教無宗教, 民間信仰, キリスト教 (プロテスタント · カトリック), 仏教, 巫俗, 儒教, 天道教[4][5]朝鮮民族各種表記チョソングル:
조선민족漢字:
朝鮮民族発音:
チョソンミンジョク日本語読み:
ちょうせんみんぞくRR式:
JoseonminjokMR式:
Chosŏnminjok英語表記:
Koreansテンプレートを表示韓民族各種表記ハングル:
한민족漢字:
韓民族発音:
ハンミンジョク日本語読み:
かんみんぞくRR式:
HanminjokMR式:
Hanminjok英語表記:
Koreansテンプレートを表示朝鮮民族(ちょうせんみんぞく、朝: 조선민족)は、朝鮮語をそのアイデンティティー・母語とする民族。大韓民国における自称は韓民族(朝: 한민족)[6] 。

概要[編集]
主に朝鮮半島地域に居住する。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)および中華圏では日本同様に民族名を朝鮮と呼ぶが、大韓民国(韓国)内では韓民族と自称する。この民族の総人口は約8000万人であり、韓国人が約5200万人、北朝鮮人が約2500万人、韓国系アメリカ人が約250万人、中華人民共和国の少数民族である朝鮮族が約190万人など分布している。
現代の朝鮮民族による朝鮮半島の統治は軍事境界線を境に分断されている。北側は朝鮮民主主義人民共和国で、南側は大韓民国である。どちらも国際連合に加盟し、半島唯一の主権国家であると主張している。実際は内戦の休戦中という建前のもとに、冷戦時代から続くアメリカとロシアの覇権争いの極東地域の緩衝のために分断されている半島である。軍事境界線は常に監視されており、不適切と判断される越境に対して取締りを行っているため、両国間が直接の交流を行う機会は限られている。
文化的には、漢姓や儒教、漢字など歴代中国王朝から多分野にわたり強く影響を受けてきたのに加えて、日本統治時代に由来するものもある一方で、近年になり改良を加えられた韓服などの服飾文化、キムチ、焼肉などの食文化(朝鮮料理)やパンソリ、タルチュム、などに独特の特徴が見られる。言語は朝鮮語、文字としてハングルを使用している。

歴史[編集]
「朝鮮の歴史」も参照この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “朝鮮民族” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2020年10月)先史時代の朝鮮半島は櫛目文土器(ウラル語族に関連)を有する遼河文明圏[7][8]に属していた。このウラル系民族が、朝鮮民族の基層にある可能性が高い。古代の朝鮮半島は現代と比べ人口も少なく諸種族が点在しており、半島南部には倭人、北部には沃沮(よくそ)、濊(わい)、扶余(ふよ)などの濊貊(わいはく)系、挹婁、扶余、を中心に定住していた。
その中の中国の満州南部から渡来した夫余から発展した高句麗が南下しながら半島に勢力を拡大し、これに連動するように半島中部で北部の馬韓諸国を統合した百済、半島東南部では辰韓諸国を統合した新羅が成立し、3国が鼎立するに至った[9]。三韓時代を代表する百済、新羅、高句麗の各国はそれぞれ種族の偏りはあれど国である。その後、半島東南部を根拠地とする三韓系の国家である新羅が、百済・高句麗などの扶余、濊貊系国家を打ち破って半島中南部を占拠し、半島北部と満州をつなぐ扶余系国家はなくなった。統一新羅の時代に新羅は旧百済や高句麗の一部の領域を支配し、これを治めていたが、住民の旧国家への帰属意識は依然と残り、統一新羅が弱まり後三国時代に入る。高句麗系住民が建国した渤海と対立したが、渤海の滅亡以後、新しく建国された高麗が帰順してきた一部の流民を受け入れた。こういったながれの中で、現在の民族意識の確立は13世紀頃とみられる。三国時代(新羅・高句麗・百済を指す)から民族集団としての歴史は受け継がれたとされるが、モンゴルに支配された13世紀に入り『三国史記』の編纂や民族の啓発や統合が活発となり、13世紀後半に、現在の民族としての自己独自性の熟成と遺伝子的な一致がほぼ完成されたとみられる。
朝鮮民族の成立に影響した域外民族に漢族と倭人及び満州族がある。朝鮮半島では古来、中国からの渡来人により征服(箕氏朝鮮)・植民され、「陳勝などの蜂起、天下の叛秦、燕・斉・趙の民が数万口で、朝鮮に逃避し渡来した。(魏志東夷伝)」「辰韓は馬韓の東において、その耆老の伝世では、古くの亡人が秦を避ける時、馬韓がその東界の地を彼らに割いたと自言していた。(同前)」とある。また衛氏朝鮮の滅亡後、漢四郡がおかれ、漢によって半島北部が直接支配に入ることで漢人の流入があり、後に土着化する。また、高麗時代初期に異民族が23万8000人余りも帰化した[10]。あるいは契丹が滅亡した後に、高麗に渡来した契丹人は100万に達するという記録もある[11]。したがって、祖先が中国から渡来した渡来人が数多くいる。済州島にも耽羅民族が存在する。

詳細は「朝鮮の外来帰化氏族」を参照
南部においては、前方後円墳等の倭人との関連が指摘されている遺跡が今も残されている。
東北部には、女真人など、ツングース民族の流入・渡来が相次いだ。

遺伝子的系譜[編集]
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “朝鮮民族” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2020年10月) 本土日本人 (Mainland Japanese)、琉球人 (Ryukyuan)、アイヌ人 (Ainu)と他のアジア民族集団の系統樹。図の表す通り本土日本人は集団としてはアイヌ・琉球と同じクラスターに属した[12][13]。
Y染色体・mtDNA[編集]
現在の朝鮮民族が持つY染色体ハプログループの大まかな分類では、割合の多い順に、O2-M122(東アジア全域に多い)、O1b2-M176(日本列島琉球列島及び朝鮮半島に多い)、C2-M217(北アジアに多い)、である。
最も多い O2-M122 系統は朝鮮民族で約41%の割合で確認されており、中国人など東アジアで多く見られる。
次に多い O1b2-M176 系統は約31%の割合でそれに続く。サブクレード(細分岐)まで分類すると朝鮮民族と、日本人(大和民族、琉球民族)には特徴的な違いがあり、朝鮮民族では約22%:約9%の割合で確認されるものが、日本国内では約8%:約24%の割合で確認されており比率がほぼ逆転する。
三番目に多い C2-M217 系統は約14%の割合で確認されている。この系統は中央アジア及び北アジアのカザフ人、モンゴル人、ブリヤート人、エヴェンキ人、ニヴフ人、コリャーク人や北アメリカのナ・デネ語族などに多く、漢民族、京族(ジン族)、ベトナム・キン族など、東アジアでは広域にわたって約10%の割合で確認されている。日本列島では北海道・日高のアイヌ民族と九州の住民がそれに準じ、日本全国では3%〜6%ほどである。なお、C2-M217保有の朝鮮民族男性のほとんど(84/89 = 94.4%)が東アジアに多いC-Z1338に属し、北アジアおよび北アメリカに多いC-L1373に属すものはC2-M217保有者の5.6%(5/89)に止まる[14]。
その他に、少数ながらも朝鮮民族男性はフィン人、リトアニア人、ヤクート人など、極北ユーラシアに多いN-M231(約4%)、台湾の先住民である高砂族やその他の東南アジア島嶼部に多いO1a-M119(約3%)、東アジア広域にわたり低頻度で見つかっているO1b-P31(xM95, M176)(約2%)、アメリカ大陸の先住民やインド、ヨーロッパなどに多いP-M45(約2%)、そして日本人固有のD1a2 (D-M64.1)系統(日本列島起源、日本では約40%存在)の保持が2%ほどの割合で確認されている。このD1a2 (D-M64.1) は、中国の正史「三国志」「後漢書」に登場する狗邪韓国や新羅時代に活躍した日本人の一部がそのまま帰化したものとみられる。その他の少数ハプログループについては、東アジアないし北アジアが起源と考えられており、朝鮮民族以外の民族でも同じ頻度以上で確認されているので、とりわけ朝鮮民族を特徴づけるものと言い難い。

HLA[編集]
韓国人(朝鮮民族)のHLAを系統発生的に分析した結果、日本人と山東省の漢民族に最も密接な関連があった[15]。
HLA遺伝子による調査で朝鮮民族は日本人、満州族、漢民族と近かった[16][17][18]。HLAハプロタイプは、満州や日本の日本海沿岸に特徴的なB44-DR13、B7-DR1がよく見られる[19][20][21][22]。

ゲノム[編集]
最近の研究では、朝鮮民族は悪魔の門古人骨に代表される新石器時代シベリア東部集団と、古代中国南部の集団の混合体として説明できることが示された[23]。

居住地域[編集]
南北対立[編集]
朝鮮民族の居住が最も多く集中する地域は朝鮮半島、すなわち韓国および北朝鮮である。一つの民族が2つ以上の国家に跨って分布することは、世界的にはありふれているが、両国の国民はともに朝鮮民族・韓民族による国民国家という自意識を共有しており、並立する2国家の国民が互いを別民族と認識することはほとんどない。もっとも、北朝鮮、特に韓国にも民族成立前・後に渡来した少数民族は存在しており、厳密に言えば単一民族国家ではなく多民族国家である。沙也可のように文禄・慶長の役の際に帰化した日本人もいたとされる。
両国における朝鮮民族の人口は、韓国・北朝鮮は国内に少数民族をほとんど抱えていないので、それぞれの総人口にほぼ一致し、韓国に5,000万人、北朝鮮に2,300万人ほどである。

在外移民[編集]
「朝鮮族」、「高麗人」、「在日韓国・朝鮮人」、「韓国系アメリカ人」、「韓国系カナダ人」、「コリア・タウン」、および「en:Korean diaspora」も参照
韓国・北朝鮮の国外では、中国・北朝鮮国境に近い中国東北地区の吉林省周辺に朝鮮族がおよそ200万人ほど居住し、中国55少数民族の一つと見なされている。
かつては北朝鮮・中国吉林省と境を接するロシアの沿海州にも居住していたが、第二次世界大戦中に中央アジアに集団追放され、そのまま中央アジアに住み続けている者もいる。そのうちウズベキスタンに住む朝鮮系の人口は110万人ほどで、同国の人口の5%近くを占める。ロシア語では朝鮮民族のことを英語のコリアンと同じように、「高麗」に由来する「コレイツィ(корейцы, korejtsy’)」という呼称を用い、中央アジアの朝鮮民族は「コリョサラム」(「高麗人」の意)と自称する。
世界各地にも、朝鮮系の人々がいる。日本には併合前の難民や、併合後及び戦時中の本土への「徴用及び徴兵」または出稼ぎ、戦後の本土在留、正規の入管手続きを経ない入国者、移民である在日韓国・朝鮮人、アメリカ合衆国にはコリアンアメリカン、カナダにはコリアンカナディアンと呼ばれるそれぞれ数十万から百数十万の朝鮮系の人々が居住しており、一定の民族意識を保って暮らしている。こうした在外の朝鮮系の人々が集住して暮らす町は「コリア・タウン」と呼ばれ、世界各地に点在する。
韓国人は、海外移住や海外留学を希望する者が多く、ソウル大学校が行った調査では、2005年の調査では「機会があれば外国に移住する」と回答した者が全体の46.1%、「子どもを早期留学させようと考えている」と回答した者は全体の69.8%となっている。2015年にはこの割合は減っているが、それでも「外国に移住」は30.3%、「早期留学」も50.9%となっている[24]。中央日報が大学生800人に対して行った調査では、回答者の70.4%が「韓国を離れて移住したいと考えたことがある」と答えた[25]。

文化[編集]
「朝鮮の文化」も参照
韓服
キムチこの節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “朝鮮民族” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2020年10月)宗教[編集]
「朝鮮の儒教」、「朝鮮の仏教」、「韓国のキリスト教」、および「天道教」も参照
習俗・習慣の面では、李氏朝鮮時代に民衆に浸透した儒教の影響が、しばしば指摘され、アニミズムを背景としたシャーマニズム的な信仰と儒教との混合形態による先祖崇拝が根付いている。なお、先祖崇拝は東アジア地域共通の特徴なので、その起源がどこにあるかを求めるのは難しい。
これに加えて、仏教信仰がある。仏教は高麗時代に国教とされるなどかつては隆盛を誇っていたが、李氏朝鮮が儒教を国教と定めて仏教を弾圧したので、現在では少数派になっている。
近代には西洋からもたらされたキリスト教が急速に広まった。特に北部ではキリスト教が深く浸透した。また、こうした新しい外来宗教に刺激される形で朝鮮民族独自の宗教である天道教が興った。第二次世界大戦後は、特に韓国においてキリスト教が強い影響力をもつに至っている。韓国社会におけるキリスト教の浸透はかなり深く、戦後、布教が停止状態にある北朝鮮においても根強く信仰が残っていると見られている。

郷土意識[編集]
近現代のディアスポラや植民地支配、南北分断などの経緯に加え、徴兵制度が存在する事から民族への帰属意識は高いが、一方で地方の郷土意識も根強く残っている(韓国の地域対立)。特に慶尚道と全羅道との対立は、朴正煕以降、長く慶尚道がエリートのリクルートや資源の配分において優遇されたことが背景となっており[26]、それ以前にどの程度の対立・差別が存在していたのかはつまびらかではない。西北差別については、南北分断によって実態がわかりにくくなっている。

脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ a b “북한정보포털 – 남북한 비교통계”. 統一部. 2021年2月17日閲覧。

^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad “다수거주국가 – 재외동포 정의 및 현황 외교부”. 韓国外交部. 2021年2月17日閲覧。

^ “Korean”. Ethnologue. 2021年2月17日閲覧。

^ “International Religious Freedom Report: Democratic People’s Republic of Korea (DPRK) 2015 (PDF)”. U.S. Department of State. Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor. 2021年2月17日閲覧。 “In a 2002 report … the government reported there were 12,000 Protestants, 10,000 Buddhists, and 800 Roman Catholics. The report noted that Cheondoism, a modern religious movement based on 19th century Korean neo-Confucian movement, had approximately 15,000 practitioners. Consulting shamans and engaging in shamanistic rituals is reportedly widespread but difficult to quantify.”

^ “International Religious Freedom Report: Republic of Korea 2015 (PDF)”. U.S. Department of State. Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor. 2021年2月17日閲覧。 “According to a 2010 survey, approximately 24 percent of the population is Buddhist; 24 percent Protestant; 8 percent Roman Catholic; and 43 percent professes no religious belief. Followers of all other religious groups … together constitute less than 1 percent of the population.”

^ “大韓民国基礎データ” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2020年12月3日閲覧。

^ 中国北方新石器文化研究の新展開【詳細報告】「東北アジアにおける先史文化の交流」 王 巍(中国社会科学院考古研究所・副所長)

^ Yinqiu Cui, Hongjie Li, Chao Ning, Ye Zhang, Lu Chen, Xin Zhao, Erika Hagelberg and Hui Zhou (2013)”Y Chromosome analysis of prehistoric human populations in the West Liao River Valley, Northeast China. ”

^ 「朝鮮民族」伊藤亜人『日本大百科全書』(小学館)

^ 初等教科書、高麗の時「23万帰化」言及もしない『京郷新聞』2007年8月21日

^ “권두논단 국민의식 선진화가 시급하다”. 時代精神. (2015年9月). オリジナルの2017年8月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170821215548/http://www.sdjs.co.kr/read.php?quarterId=SD201505&num=838 

^ Jinam, Timothy; Nishida, Nao; Hirai, Momoki; Kawamura, Shoji; Oota, Hiroki; Umetsu, Kazuo; Kimura, Ryosuke; Ohashi, Jun et al. (2012-12). “The history of human populations in the Japanese Archipelago inferred from genome-wide SNP data with a special reference to the Ainu and the Ryukyuan populations” (英語). Journal of Human Genetics 57 (12): 787–795. doi:10.1038/jhg.2012.114. .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISSN 1435-232X. https://www.nature.com/articles/jhg2012114. 

^ “記者会見「日本列島3人類集団の遺伝的近縁性」” (日本語). 東京大学. 2021年11月8日閲覧。

^ So Yeun Kwon, Hwan Young Lee, Eun Young Lee, Woo Ick Yang, and Kyoung-Jin Shin, “Confirmation of Y haplogroup tree topologies with newly suggested Y-SNPs for the C2, O2b and O3a subhaplogroups.” Forensic Science International: Genetics 19 (2015) 42–46. doi:10.1016/j.fsigen.2015.06.003

^ Yang, J. H.; Sohn, Y.-H.; Ko, S.-Y.; Choi, S.-E.; Kim, M. H.; Oh, H.-B. (2010-10). “Anthropological analysis of Koreans using HLA class II diversity among East Asians”. Tissue Antigens 76 (4): 282–288. doi:10.1111/j.1399-0039.2010.01511.x. ISSN 1399-0039. PMID 20522202. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20522202/. 

^ Song, E. Y.; Park, M. H.; Kang, S. J.; Park, H. J.; Kim, B. C.; Tokunaga, K.; Akaza, T.; Juji, T. (2002). “HLA class II allele and haplotype frequencies in Koreans based on 107 families” (英語). Tissue Antigens 59 (6): 475–486. doi:10.1034/j.1399-0039.2002.590604.x. ISSN 1399-0039. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1034/j.1399-0039.2002.590604.x. 

^ Chung, Hye Yoon; M.D; Yoon, Jung Ah; M.S; Han, Bok Youn; M.T; Song, Eun Yung; M.D et al. (2010-12-01). “Allelic and Haplotypic Diversity of HLA-A, -B, -C, and -DRB1 Genes in Koreans Defined by High-resolution DNA Typing” (英語). Annals of Laboratory Medicine 30 (6): 685–696. doi:10.3343/kjlm.2010.30.6.685. https://www.annlabmed.org/journal/view.html?doi=10.3343/kjlm.2010.30.6.685. 

^ Tokunaga, Katsushi; Ohashi, Jun; Bannai, Makoto; Juji, Takeo (2001-09-01). “Genetic link between Asians and native Americans: evidence from HLA genes and haplotypes” (英語). Human Immunology 62 (9): 1001–1008. doi:10.1016/S0198-8859(01)00301-9. ISSN 0198-8859. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0198885901003019. 

^ 徳永勝士 (1995)「HLA遺伝子群からみた日本人のなりたち」『モンゴロイドの地球(3)日本人のなりたち』東京大学出版会, 第4章, 遺伝子からみた日本人, p193-210

^ 徳永勝士 (1996) 「HLA の人類遺伝学」『日本臨床免疫学会会誌』=『Japanese journal of clinical immunology』19(6), 541-543

^ 徳永勝士 (2003)「HLA と人類の移動」『Science of humanity Bensei』(42), 4-9, 東京:勉誠出版

^ 徳永勝士 (2008)「HLA遺伝子:弥生人には別ルートをたどってやってきた四つのグループがあった!」『日本人のルーツがわかる本』逆転の日本史編集部, 東京:宝島社, p264-p280

^ Jungeun Kim, Sungwon Jeon, Jae-Pil Choi, Asta Blazyte, Yeonsu Jeon, Jong-Il Kim, Jun Ohashi, Katsushi Tokunaga, Sumio Sugano, Suthat Fucharoen, Fahd Al-Mulla, Jong Bhak, The Origin and Composition of Korean Ethnicity Analyzed by Ancient and Present-Day Genome Sequences, Genome Biology and Evolution, Volume 12, Issue 5, May 2020, Pages 553–565, https://doi.org/10.1093/gbe/evaa062

^ キム・ヨンジュ (2015年8月15日). “光復70年:海外移住・早期留学希望、10年前より大幅減”. 朝鮮日報. http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/08/13/2015081301914.html 2015年8月15日閲覧。 

^ “<魅力コリアレポ>(5)若者の目線-大学生…ハングル・技術力など自慢の種多いが、問題は…”. 中央日報. (2015年9月23日). http://japanese.joins.com/article/110/206110.html 2015年9月23日閲覧。 

^ 和田春樹・石坂浩一編『岩波小事典 現代韓国・朝鮮』岩波書店、2002年、p.154(磯崎典世執筆項)。

関連項目[編集]

ポータル 朝鮮朝鮮人の姓の一覧表話編歴朝鮮・韓国関連の主要項目
ウィキポータル
カテゴリ地理
朝鮮半島
朝鮮の地方

地方行政区画
都市一覧
世界遺産南
地方行政区画
都市一覧
世界遺産
歴史
年表
君主
元号
地方区分
歴史観(朝鮮民族主義歴史学・朝鮮の大陸史観)北
年表南
年表
政治
Template:朝鮮半島の国際関係北
法制度
憲法
最高人民会議常任委員長
内閣総理
最高人民会議
朝鮮労働党
政党一覧
国務委員会
朝鮮人民軍
諜報・情報機関
国際関係南
法制度
憲法
大統領
国務総理
国会
政党
一覧
地方自治
警察
国防部
大韓民国国軍
KCIA
大韓民国国家情報院
国際関係
李承晩ライン
経済
農業
ウォン北
北朝鮮ウォン
朝鮮中央銀行
交通
主体農法
青山里方式
鉄道
インターネット南
韓国ウォン
韓国銀行
新聞社一覧
交通
鉄道
バス
航空
携帯電話
インターネット
韓国航空宇宙研究院
文化
武術一覧
文学
美術
絵画
音楽
アリラン
パンソリ
映画
料理
韓流

世界五大文明
韓国起源説北
映画
革命歌劇
DPRK-POP
アニメ南
サムルノリ
トロット
K-POP
映画
テレビドラマ
漫画
温泉
社会
民族
朝鮮族
在日
在米
在加
在豪
言語
方言
言語の南北差
正書法
ハングル
漢字
ローマ字表記法
外来語
民族主義
宗教
キリスト教
仏教
儒教
主体思想
小中華思想
先軍政治
スポーツ
慰安婦
朝鮮人強制連行
ライダイハン
拉致
ネチズン
韓国のマフィア
両班
日韓秘密軍事情報保護協定北
宗教
教育
人権
著名人一覧
朝鮮民主主義人民共和国の人口統計南
宗教
教育
地域対立
著名人一覧
医療
大韓民国の人口統計
大韓民国の少子化

コリア
韓国学 朝鮮民主主義人民共和国の国旗
国歌
国章
記事一覧 大韓民国の国旗
国歌
国章
記事一覧
典拠管理
BNF: cb11967171k (データ)
J9U: 987007548353305171
LCCN: sh85073143
NARA: 10637596
NDL: 00573721
NKC: ph117682
NLK: NLK識別子の値KSH1998008330は正しくありません。

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=朝鮮民族&oldid=91152745」から取得
カテゴリ: 朝鮮民族北東アジアの民族アジアの民族隠しカテゴリ: 出典を必要とする記事/2020年10月BNF識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NARA識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事誤ったNLK識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 50 67
再生回数: 1224
[spincontent type=”j”]

「朝鮮半島の今を知る」(31) 朴喆煕・ソウル大学国際大学院教授 2019.7.30 Youtube

今年の6~7月にかけ 東京大学東京カレッジの特任教授として日本に滞在していた朴喆熙(パク・チョルヒ)教授が離日を前に登壇した。「日韓はもともとケンカばかり。今が最悪というわけではない。ただ両国のパイプが細くなっているのが心配」「単純化の誤謬に陥っている」「協議するしか道はない。このまま仲裁に持ち込んでも互いに傷つくだけ」。双方が自分の正義に拘泥する姿勢を憂えた。

司会 五味洋治 日本記者クラブ企画委員(東京新聞)

2. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Yomiuri

Yomiuri
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1877
[spincontent type=”j”]

3. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Asahi Shimbun

朝日新聞
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 朝日新聞で検索した 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する上記の情報が、韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7370
[spincontent type=”j”]

4. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 The Japan Times

The Japan Times
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: ジャパン タイムズで検索した 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する記事のトップです。韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4832
[spincontent type=”j”]

5. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Yomiuri Shimbun

読売新聞
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する詳細情報はすでにありますか? 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4272
[spincontent type=”j”]

6. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Mainichi Shimbun

毎日新聞
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 毎日新聞で見つけた 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する上記の情報が、韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3699
[spincontent type=”j”]

7. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Sankei Shimbun

産経新聞
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 産経新聞で検索した 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する記事のトップです。韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8101
[spincontent type=”j”]

8. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5694
[spincontent type=”j”]

9. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Chunichi Shimbun

中日新聞
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 中日新聞で検索した 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する上記の情報が、韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3780
[spincontent type=”j”]

10. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Tokyo Shimbun

東京新聞
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9553
[spincontent type=”j”]

11. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8428
[spincontent type=”j”]

12. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 日刊工業新聞で見つけた 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する上記の情報が、韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7809
[spincontent type=”j”]

13. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Ainu Times

アイヌタイムス
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: アイヌ タイムズで検索した 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する記事のトップです。韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 63 19
[spincontent type=”j”]

14. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する詳細情報はすでにありますか? 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8255
[spincontent type=”j”]

15. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Chiba Nippo

千葉日報
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 千葉日報で検索した 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する上記の情報が、韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1338
[spincontent type=”j”]

16. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Chugoku Shimbun

中国新聞
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 中国新聞で検索した 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する記事のトップです。韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7172
[spincontent type=”j”]

17. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 Daily Tohoku

デイリー東北
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 80 80
[spincontent type=”j”]

18. 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

説明: イースタン クロニクルで検索した 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する上記の情報が、韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 10 36
[spincontent type=”j”]

韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 に関する質問

韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授

韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授
方法韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授
チュートリアル 韓国 人 遺伝子 異常 ドイツ ゲノム 解析 大学 教授
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: