あなたは 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? を共有します。 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

この項目では、球技について説明しています。その他の用法については「クリケット (曖昧さ回避)」をご覧ください。

クリケット
クリケットの試合風景 ベージュ色の線がピッチ。右側で黒いズボンを着用しているのが審判。統括団体
国際クリケット評議会起源
16世紀前半 イングランド特徴身体接触
無選手数
グラウンド上:11人男女混合
男女別カテゴリ
チーム競技、屋外競技、バットアンドボール用品
クリケットボール、クリケットバット、ウィケット(スタンプ、ベイル)実施状況オリンピック
1900年夏季オリンピックのみテンプレートを表示 攻撃側のバッツマン(サチン・テンドルカール)と守備側のウィケットキーパーおよび2人のフィールダー
クリケット(英: cricket、英語発音: [ˈkrikit] )は、クリケットバットとクリケットボールを用いて1チームが11人の計2チームの間で行われるスポーツ(球技)である。長径140メートル程の楕円形のフィールドの中で、長さ20メートル程の長方形のピッチを中心に各チームが交互に攻撃と守備を行い、得点数の優劣に基づいて勝敗を競う。国際クリケット評議会の発表によると、世界の競技人口は3億人を超える[1]。

概要[編集]
ロンドンにあるローズ・クリケット・グラウンドは『クリケットの聖地』と呼ばれる。創設されて200年以上の長い歴史がある。
クリケットの試合は1チーム11人の2チームによって交互に攻撃と守備を1回ずつの1イニング制、または2回ずつの2イニング制で行われる[2]。守備側が攻撃側から10アウトを取るか、規定投球数を投げ切るかで攻守交代となる。試合を行うフィールド[注 1]は長径140メートル程の楕円形であり、その中央には長さ22ヤード(20.12メートル)の長方形のピッチがある。
主な得点方法は攻撃側のバッツマンが守備側のボウラーの投げたボールをバットで打ち、その間に2人のバッツマンがピッチの反対側のクリース(英語版)まで走り、守備側の返球でウィケットを倒されるよりも早く、2人とも体の一部かバットがクリースを越えると1点(ラン)となる(往復で2点)[2]。また打球がフィールド境界線のバウンダリーをゴロで越えると4点、ノーバウンドで越えると6点となる[2]。
主なアウトの方法はボウラーが投球によってウィケットを倒すことやフィールダーがバッツマンの打った飛球をグラウンドに着く前にキャッチすることである。全面芝のフィールドでプレイされ、試合中にはティータイムもある。その優雅な雰囲気から別名「紳士のスポーツ」といわれる。イギリスでは上流階級がたしなむスポーツとされており、イートン校やハーロー校などの名門校の体育ではクリケットは必修種目とされている[2]。
国際試合の形式は主に3種類ある。テスト・クリケットは球数無制限の2イニング制で5日間に渡って行われ、12のナショナルチームしか行うことができない伝統的な形式である。ワン・デイ・インターナショナル(ODI)は規定投球数が50オーバー(300球)[3]ずつの1イニング制であり、7時間程度で試合が終了する形式である。クリケット・ワールドカップはこの形式である。トゥエンティ20(T20)は規定投球数が20オーバー(120球)ずつの1イニング制であり、2-3時間程度で試合が終了する形式である。世界で最も普及しており、国内プロリーグでもメジャーな形式である。クリケット競技規則(英語版)は国際クリケット評議会 (ICC) およびメリルボーン・クリケット・クラブ(英語版) (MCC) によって維持されており[4]、試合の形式を定めた追加規則がある。
16世紀にイングランド南部で初めてプレーされた。18世紀末までには、イングランドの国民的スポーツへと発展した。大英帝国の拡大によってクリケットは海外でプレーされるようになり、19世紀中頃までには初の国際試合が開催された。2019年現在、12の国・地域の協会がクリケットの統括団体である国際クリケット評議会の正会員であり、93の国・地域が準会員である[5]。とりわけ、オーストララシア、インド亜大陸、西インド諸島、アフリカ南部、イングランドでプレーされている。

クリケットバット
イギリスで発祥したスポーツであるため、英連邦諸国ではサッカーなどと並び高い人気を誇る。とりわけインド、パキスタン、バングラデシュなどインド亜大陸では最も人気のあるスポーツである。インドでは圧倒的に一番人気スポーツであり、他のスポーツを大きく引き離している[6]。オーストラリアや南アフリカ、ジンバブエ、ニュージーランド、アフガニスタン、西インド諸島も典型的な人気国である。国際クリケット評議会の調査によると、世界のクリケットファンは10億人を越えている[1]。クリケット・ワールドカップは200以上の国と地域で視聴されており[7]、サッカーのワールドカップと夏季オリンピックに次いで世界で3番目に視聴者数の多いスポーツイベントである[8]。世界選手権大会は他にICC T20ワールドカップや女子クリケット・ワールドカップ等がある。多くの国際試合は2カ国の間で行われるテストマッチシリーズであり、イングランド代表とオーストラリア代表のジ・アッシズが有名である。
国際クリケット評議会が2018年に発表した国際調査によると[1]、世界の競技人口は3億人を越えており、サッカーを上回った[9]。ただ、世界のクリケットファンの大半をインド亜大陸で占めていることから、地域的な人気の偏りが強いとされる[10]。日本での競技人口は日本在住外国人を含めておよそ1,500人[11]。日本やアメリカ合衆国での人気、認知度はあまり高くないが、世界の100以上の国と地域でクリケットが行われている[2]。また、プロ野球・横浜DeNAベイスターズの本拠地でもある横浜スタジアムの前身・横浜公園平和野球場は元々1876年に居留外国人向けにクリケットグラウンドを開設したことに起因している[12]。
2003年に従来のクリケットとは異なり2、3時間程度で試合が終了するトゥエンティ20形式が導入された。これにより夜のプライムタイムに試合を開始することも可能になり、この形式のプロリーグが世界で急速に普及した。世界最大のプロリーグは2008年に発足したインドのインディアン・プレミアリーグ(IPL)であり、世界のトップクラスの選手の多くはこのリーグでプレーしている。オーストラリアのビッグ・バッシュ・リーグや西インド諸島のカリビアン・プレミアリーグも高い人気があり、アメリカ合衆国では2021年にプロリーグが開始される見込みである[13]。
オリンピックでは1900年のパリ大会においてクリケット競技が1度だけ採用されたことがある。また近年、クリケットをオリンピック競技にしようとする動きがある[14]。オリンピックのクリケット競技#オリンピック競技復帰を目指すも参照。

歴史[編集]
詳細は「クリケットの歴史」を参照
初期クリケットは、「club-ball、stool-ball、trap-ball、stob-ballといった古代の競技のように棍棒でボールを打つ競技」と解説される[15]。クリケットの歴史は16世紀初頭イングランド、テューダー朝の時代まで間違いなく遡ることができる。1301年にケント、Newendenにおいてエドワード1世(長脛王)の息子エドワードによって「creag」として知られる競技がプレーされたという文献が存在しており[16]、証拠はないものの、この競技が一種のクリケットであったと推測されている。
その他多くの単語が「cricket」の語源として提唱されている。1598年のこのスポーツに関する最も初期の確かな文献では[17]、「creckett」と呼ばれている。イングランド南東部とフランドル伯領(英語版)(ブルゴーニュ公国に属していた)との間の中世における強い貿易関係を考えると、この名称は中期オランダ語(当時フランドルで話されていた)で棒(杖)を意味するkrick(-e)に由来するかもしれない。あるいは、古英語で松葉杖 (crutch) を意味する cricc あるいは杖 (staff) を意味する cryce に由来するかもしれない[18]。古フランス語では、criquest という単語は杖あるいは棒の一種を意味していたようである[19]。サミュエル・ジョンソンの「英語辞典」では、サクソン語で棒を意味する cryce に由来をたどっている[20]。
その他可能性のある語源としては、中期オランダ語で教会で使われる背の低く長い膝付き台を意味する Krickstoel がある。これは初期クリケットで使用された2つのスタンプからなる背の低く長いウィケットに似ている[21]。ボン大学のヨーロッパ言語の専門家であるHeiner Gillmeisterによれば、「cricket」は中期オランダ語でホッケーを意味するフレーズ「met de (krik ket)sen」に由来する[22]。Gillmeisterは名称だけでなくスポーツ自体もフランドル地方が起源であると考えている[23]。

1859年リヴァプールの船上での、初のイングランド遠征チーム
クリケットがイングランドでプレーされたことに関する最も初期の確かな言及は、1598年の訴訟である。ここでは1550年頃に、 サリー、ギルフォードの共有地において「creckett」がプレーされていたと述べられている。ギルフォード裁判所において、1597年1月17日月曜日@media screen.mw-parser-output .fix-domainborder-bottom:dashed 1px(ユリウス暦における日付、グレゴリオ暦の1598年に相当)[疑問点 – ノート]に59歳の検視官、ジョン・デリック(英語版)は、50年前に”Free School at Guildford”の学生だった時に「hee and diverse of his fellows did runne and play [on the common land] at creckett and other plaies(彼と彼の仲間は〔共有地で〕クリケットやその他の遊びを行った)」と証言した[24][25]。元々はこれは子供の遊びだったと考えられているが、1610年頃の資料[25]によると大人もクリケットをプレーし始めており、教区間の対抗戦あるいはビレッジ・クリケットがすぐに興った。1624年、ジャスパー・ヴァイナルと呼ばれる選手がサセックスの2つの教区チーム間の試合中に頭を打たれ殺された[26]。
17世紀の間、膨大な資料がイングランド南東部でクリケットが成長したことを示している。この世紀の終わりまでには、大金のためにプレーする組織化された活動となり、1660年の王政復古の後数年で初の職業(プロ)選手が登場したと考えられている。1697年にサセックスにおいて大金を掛けて1チーム11人で争われた「a great cricket match」に関する新聞の記録が残っており、これはこのような重要性を持つクリケットの試合に関する最も初期の資料である。
クリケットは18世紀に大きく発展し、イングランドの国民的スポーツとなった。賭け事この発展において主要な役割を果たし、裕福なパトロンは自分の「select XIs」を作った。クリケットは1707年には早くもロンドンで盛んとなり、フィンズベリー(英語版)のArtillery Groundで行われた試合は多くの観衆を集めた。2人で争われるシングル・ウィケット・クリケット(英語版)は多くの観衆を魅了し、賭けの対象となった。ボウリングは1760年頃に考案された。それまではバッツマンに向かってボールを転がすか地面を弾ませて飛ばしていた。これによりバットのデザインの革命が起こった。バウンドしたボールを打つためには古い「ホッケースティック」型ではなく現代的な形のバットの導入が必要だったためである。ハンブルドン・クラブ(英語版)は1760年代に創立された。1787年にMCCが設立、ローズ・オールド・グラウンド(英語版)が落成されるまでのその後20年間、ハンブルドンはクリケットの最も偉大なクラブ・中心であった。MCCはすぐにクリケットの一流クラブとクリケット競技規則(英語版)の管理者となった。18世紀後半に導入された新たな規則としては、3本のスタンプからなるウィケットやレッグ・ビフォー・ウィケット (lbw) がある。

ドン・ブラッドマンはテストクリケットでの通算打率99.94、ファーストクラスマッチでの通算打率95.14と、他に並ぶもののない記録を残した[27]。
19世紀には、アンダーアーム・ボウリング(下投げ)が初めにラウンドアーム・ボウリング(横投げ)に、次にオーバーアーム・ボウリング(上投げ)に取って代わられた。カウンティー(郡)単位でのクリケット競技の組織化はカウンティークラブの成立につながり、1839年にサセックスCCC(英語版)が開始し、最終的には1890年にカウンティー・チャンピオンシップが始まった。それと同時に、大英帝国はクリケットが海外に普及する手助けとなり、19世紀半ばまでにはインド、北米、カリブ、南米、オーストラリア、ニュージーランドに定着した。1844年には、アメリカ合衆国代表とカナダ代表の間で初の国際試合が行われた。

サチン・テンドルカールは、テストクリケットおよびワン・デイ・インターナショナル・クリケットにおける通算ラン(得点)およびセンチュリー(1試合100点)の記録保持者である。
1859年、イングランドの選手が北米に初めて海外遠征を行った。海外遠征を行った初のオーストラリアチームはアボリジニ牧夫(ストックマン)のチームである。彼らは1868年にイングランドに渡り、州(カウンティー)チームと対戦した[28]。1862年、イングランドのチームは初のオーストラリア遠征を行い、1876-77年にはメルボルン・クリケット・グラウンドにおいてオーストラリアと史上初のテストマッチを行った。
W・G・グレースは1865年にその長いキャリアを開始した。グレースのキャリアはクリケットに革命をもたらしたとしばしば言われる[29]。イングランドとオーストラリアとのライバル意識の結果、1882年に両国の対抗戦であるジ・アッシズが始まり、現在も続いている。テスト・クリケットは、1888-89年に南アフリカがイングランドと対戦したのを期に拡大していった。第一次世界大戦前の20年間は「クリケットの黄金時代(英語版)」と呼ばれている。これは戦争による共通の喪失感から来る懐古の念にとらえられた名前であるが、この時期は偉大な選手や記憶に残る試合を本当に生んだ。
世界大戦の間の時代は一人の選手によって支配された。クリケットの歴史において記録上最も偉大なバッツマン、オーストラリアのドン・ブラッドマンである。ブラッドマンの打撃技術に対抗するため、1932-33年のジ・アッシズにおいてイングランドは悪名高いボディーライン戦術(手前でボールを弾ませ、打者の体を狙う)を採った。テスト・クリケットは20世紀の間拡大を続け、西インド諸島、インド、ニュージーランドが第二次世界大戦前に、パキスタン、スリランカ、バングラデシュが戦後にテスト国に加わった。しかしながら、南アフリカはアパルトヘイト政策のため1970年から1992年まで国際クリケットから追放されていた。
クリケットは1963年に、イングランドの州チームがリミテッド・オーバー(英語版)(オーバー数の制限された)ルールを導入したのを期に新しい時代に入った。リミテッド・オーバー形式による初の国際試合は1971年に行われた。国際クリケット評議会 (ICC) は、この形式の将来性を見て、1975年には初のリミテッド・オーバー形式によるクリケット・ワールドカップを開催した。21世紀には、新たなリミテッド・オーバー形式であるトゥエンティ20が人気を博している。

ルール[編集]
概略[編集]
1234567891011121審判2ウィケット3ノンストライカー・バッツマン4ボウラー5ボール6ピッチ7ポッピングクリース8ストライカー・バッツマン9ウィケット10ウィケットキーパー(捕手)11フィールダー12リターンクリース 典型的なクリケット場
以下ではクリケット・ワールドカップも準拠する50 オーバー制(300球限定)1イニングマッチ、通称ワン・デー・マッチ (one-day match) の概要を説明する。
ゲームは、各11人で構成される2チームがコイントスで先攻と後攻を決め、攻撃側と守備側に交互に分かれて対戦する。プレイフィールドの中央にピッチと呼ばれる縦長の場所があり、20.12メートル離れたその両端に高さ71センチメートルの3本の杭(スタンプ)とそれを上部で繫ぐ梁(ベイル)で構成されるウィケットと呼ばれる柱状のものが刺さっている。
守備側はボールを投げるボウラー(投手)、それを受けるウィケットキーパー(捕手)、その他の9人はフィールダー(野手)としてプレイフィールド各所に配置する。
攻撃側は1番から11番まで打順を決め、1番打者と2番打者がバットを持ちプロテクターをつけて各ウィケットの手前で配置につき、3番打者以降はベンチで成り行きを見守る。片方の打者がアウトになったら、アウトになった打者と交代で順番に従ってフィールドに入り打撃を行う。フィールドに出ている打者 2 人をバッツマンといい、ボウラーと対峙する方のバッツマンをストライカー、ストライカーの反対側でランナーとなるバッツマンをノンストライカーという。
ボウラーは片側のウィケットの後方から助走をつけて、肘を伸ばし、もう片側のウィケット目掛けてワンバウンドさせるようにして投球する。それに対してバッツマンは、アウトにならないようにバットを用いてそれをブロックしたり、ラン(得点)するためにボールを遠くまで打つ。打つ方向は360度どの方向に打っても良い。
バッツマンがボウラーの投球を打った後、2人のバッツマン(ストライカーとノンストライカー)がそれぞれ相方側のウィケットの方向まで走り、双方がウィケットの前に引いてある安全線(ポッピングクリース)に到達すると1ランが入る。バッツマンが打球を遠くまで打ったときは1往復、1往復半、2往復などしても良く、それぞれ2ラン、3ラン、4ランなどと得点が入る。また、プレイフィールドの境界(バウンダリー)を超えてボールが飛んでいった場合は、走らなくても規定の得点が入る。ゴロでバウンダリーを越えた場合は4ラン、飛球であれば6ランである。バッツマンは、走ってもアウトになりそうだと判断した場合は走らなくて良く、またアウトにならない限り投球を見送ってもよい。
バッツマンがアウトになるのは、

ボウルド (Bowled)
ボウラーによって投げられたボールがウィケットに当たる
コート (Caught)
バッツマンが打った飛球をグラウンドに着く前にキャッチされる
ランアウト (Run Out)
バッツマンの体やバットの一部がポッピングクリースの後側に位置していない時に、相手チームによって正しくウィケットが倒されるなどの場合である。詳細は#アウト節を参照のこと。アウトになったバッツマンは次の打順のバッツマンと交替する。クリケットでは、アウトにならない限りいつまで打っていてもよく、逆にアウトになったらその試合ではもう打つことはできない。
ボウラーが6球投球することを1オーバーといい、オーバーになるとボウラーは交替し(2オーバー連続して投げることはできない)、反対側のウィケットから次のボウラーが投球する。
規則では1オーバーは6球または8球で、大会ごとに定めることとなっているが、今日では1オーバー8球という試合はないものとおもわれる。
1人のボウラーは総オーバーの5分の1(10オーバー60球)までしか投球できないため、1チームにボウラーは最低5人は必要である。
攻撃側が10人アウトになるか、50オーバー(300球)経過した場合にイニング終了となり、攻守交替する。
先攻後攻それぞれ1イニングずつ攻撃し、ランの多い方が勝利チームとなる。
両者の力関係にもよるが、クリケット・ワールドカップルールでは1イニング200 – 300ラン程度入り、試合時間はティータイム、ランチタイムを含めると6時間以上かかる長丁場である。

チーム構成[編集]
クリケットのチームは11人で構成される。試合中に1人までは交代が認められているが、この交代は怪我などの理由による交代のみで、基本的には最初から最後まで同じ11人でプレーする。また交代で入ったものには、ボウリング等に制約があり、他の競技のようにまわりの選手と同様のプレーは行えない。
また、クリケットは他のイギリス発祥のスポーツ・ラグビーと似て、監督(マネージャー)が指示できず、試合中は主将(キャプテン)の指示に従う。そのため、キャプテンシーも重要な試合の勝敗を決める要因となる。
戦術的には、3名 – 4名ほどのボウラー、3名ほどのバッツマン、3 – 4名ほどのオールラウンダーに1人のウィケットキーパーでチームを構成する。その中でもボウラーは速球派なのか、変化球派なのか、バッツマンはハードヒッターなのか、ブロッキングに長けているのか、などのそれぞれの個性によってメンバーを決める必要がある。
攻撃中は1番から11番までのバッツマンがアウトになるまで2人ずつでバッティングを行う。
守備中はボウラー1名、ウィケットキーパー1名とフィールダー9名で守る。

試合のフィールド[編集]
クリケットのピッチの寸法
試合の中心となるピッチは、長さ20.12mの2つのウィケット間と幅2.64mのエリアである。
試合のルールを変えることにより全体の競技エリアの大きさについては対応が出来る。
長径60m、短径40mほどあれば試合が行えるが、成人が行うならば長径90m、短径70mほどあると良い。
国際大会の規格はこれよりも大きく、長径120m、短径100m程度が必要となる。

試合の進行[編集]
試合は2チームの攻撃によって行われる。上記のように大会によりルールは異なるが、1回の攻撃と守備が1イニングとカウントされ、またボウラーが6球投げ1オーバーとカウントされる。このイニングか、オーバーのどちらか、または両方で試合の長さに関する制限がされ、試合時間が決まる。
試合はコイントスなどにより先攻・後攻を決めて試合が始まる。トスから30分程度の後に試合が始まる。それぞれのチームが攻撃(バッティング)と守備(フィールディング)につき、試合が始まる。

バッティング[編集]
詳細は「バッティング (クリケット)」を参照
競技で使用されるボール。コルクの芯をウールと皮で巻きつけた作り。非常に硬い。男子用は156-163g。女子用は140-151g。
クリケットには以下のような打ち方がある。

ドライブ
フロントフットドライブ(投球の来た方向に打球が飛ぶ)
バックフットドライブ(投球の来た方向、または体の前に打球が飛ぶ)
プルショット(引っぱり、体の向きの真後ろに飛ばす)
レッググランス(足下への投球を後ろにそらす)
カットショット(体の真正面に打球を飛ばす)
レイトカット(打撃点を遅らせ後ろ45度の方向に打球を飛ばす)
スウィープショット(足下への遅い球を、ほうきで払うように横に飛ばす)などといった打ち方がある。
また、必ずしも投球を打たなくても良く、ブロックし、投球がウィケットに当たるのを阻止したり、アウトにならないために無理に打たずに見送ったりということがある。

ラン(得点)[編集]
得点は走った数で数えられるので、得点はラン(run/runs)として数えられる。
クリケットの得点は、バッツマンが二人同時にフィールドに入るが、お互いに反対側のウィケット付近(ホッピングクリースのラインをまたぐこと)で1点と数える。片方のバッツマンのみが入っただけの場合は得点にならず、もう片方が辿り着く前に送球等でウィケットが倒されてしまえば、1点もカウントされない。そして倒された側のウィケットに近かったバッツマンがアウトとなる。
クリケットのランにおいて最大の特徴は、バットを使えることである。体の一部としてバットを考えるため、バットを持って走った方が距離が稼げる。通常は、バットをホッピングクリースのラインに擦るようにしてランを行う。往復する時は、バットの先をラインよりもウィケット側につけて返ることで、早く往復できる。
走者の距離が足りなかった場合、ホッピングクリースのラインよりも手前、またはライン上までしか来なかった場合はランが不成立となる。このような場合に気がつかず、往復してしまっている場合は「ショートラン」と言い、得点がカウントされない。カウントされない得点はショートランとなったもののみを数える(往復する際の初めの時が足りていなかったら、1ラン目のみ無効とされ、帰りの1点はカウントされる)。
通常は上記のように走った回数によって得点が入るが、

4ラン
バッツマンにより打たれたボールが、ワンバウンド以上して転がったままバウンダリーを越えた場合。
5ラン
反則等により、相手側に点数が入る場合。例えば守備側のヘルメット等の道具をフィールドに置き、打球が当たった場合はこれに当たる。
6ラン
打球がノーバウンドでバウンダリーを越えた場合。1球で取れる通常の最大得点に当たるが、理論上は往復し続けた方が得点を取れる。などのように、あらかじめ決められている得点の入り方も存在する。
クリケットの醍醐味の1つにバッツマン2人のパートナーシップがある。このパートナーシップにより伸ばせるランに違いが出ることも面白い点である。勝手に走ることは許されない。

アウト[編集]
審判
バッツマンはアウトになると、次のバッツマンと交代しなければならない。
Laws of Cricket(クリケットのルールブック code 2000)に記載されているアウトを簡単に紹介する。

ボウルド (Bowled (Law 30))
ボウラーの投球によりウィケットが直接倒された場合。
コート (Caught (Law 32))
バッツマンの打ったボールがノーバウンドで捕球された場合に宣告される。360度どの方向に打ってもよいことから、チップによるアウトを狙うために速球投手の場合は打者後方7、8メートルのところへ数名の守備が配置される。
ランアウト (Run Out (Law 38))
バッツマンが走っている間にボールがウィケットに戻ってきて、送球により、または捕球したフィールダーがボールで触れ、ウィケットが倒された場合。どこまで走れば良いのかといった区切りについてはランの項目を参照のこと。
タイムド・アウト (Timed out (Law 31))
3分以内に前のウィケットが落ちてから(アウトになってから)次のバッツマンが準備し構えない時に、宣告される。これはアンパイアの試合進行義務 (Law 21.3) からくる。
ハンドルド・ザ・ボール (Handled the ball (Law 33))
怪我を防ぐためや守備にボールを返す時を除いて、バットを握らない状態でボールに触れた時に反則と見なされアウトとなる。
ヒット・ザ・ボール・トゥワイス (Hit the ball twice (Law 34))
意図的に投球を止めて打つような行為を防ぐもの。同時に守備側の送球を打ってしまうことも禁じている。ブロックやショットの際に流れの中で2度打ちした場合はこの限りでない。また打った後のボールがウィケットに向かって転がるまたは飛んでいる際に、ウィケットを守るために2度打ちすることは許されているが、この場合は走れなくなる(=得点できなくなる)。上記2項目はオブストラクティング・ザ・フィールド (Obstructing the field (Law 37)) にも密接に関わる。
ヒット・ウィケット (Hit wicket (Law 35))
守るはずのウィケットを自ら倒してもアウトとなる。ショットのために足を移動しウィケットに触れてもアウトになる。
LBW (Leg before wicket (Law 36))
バッツマンが足で、投球がウィケットに当たるのを防いだとされる場合にアウトにされる(細かい条件がある)
スタンプト (stumped (Law 39))
ノーボールでない投球に対してホッピングクリースの外でボールを空振り、または見逃し、そのままランを試みぬまま、ウィケットキーパーによって捕球したグラブでウィケットを倒された場合に、ランアウトではなく宣告されるアウト。スピンを打ちに前に出てミスショットした際によく見られる。キーパーの早技が鍵となる瞬間的なプレー。通常は反則(Law 33・34・37)などは起こりにくいので、ボウルド、コート、ランアウト、スタンプト、LBWがアウトの中心となる。
なお、バッツマンが1点の得点も上げられずにアウトになる事をダック(Duck)と呼び、スコアカードの自身の得点欄にはアヒルのマークが記載され、テレビ中継でもその様に表示される。

ボウリング[編集]
ペースボウリングの投球フォーム
詳細は「ボウリング (クリケット)」を参照
ボウリングは肘を曲げずに投球することを指す。クリケットにおいてはバッツマンに向かって投げることを指している。
助走を付けてよく、走り込みながら投げられる。この際、バッツマンに対して1バウンドしても良く、通常はノーバウンドより打たれにくい1バウンドを利用してバッツマンに投げ込む。このとき、打者から大きく外れ打たれなかった投球はワイド・ボール (Wide ball (Law 25))、肘曲げやオーバーステップなどの違反投球の場合はノー・ボール (No ball (Law 24)) といって、投球数にカウントされない。
空気抵抗を利用した変化球のほか、ワンバウンドでの投球もあるので、バウンド後の変化を利用する投球もある。

ペースボウリング
シームボウリング
スイングボウリング 速い投球が鋭く変化する
アウトスインガー 打者の体から遠ざかる。
インスインガー 打者の手元に食い込む。
スロワーボール
カッター 速めの投球で、バウンドが少し変化する
オフカット
レッグカット
スピンボウリング 遅い投球で、跳ね上がりが大きく変化する
フィンガースピン
オフブレーク
レフトアームオーソドックス
トップスピン
ドゥーズラ
アームボール
リストスピン
レッグブレーク
チャイナマン
トップスピン
グーグリー
スライダー
フリッパー
フルトス ノーバウンドの投げ方また、投球スタイルにより、

ファストボウラー(本格派・速球投手)
スピナー(技巧派・変化球投手)などの業種分けがなされる。

オーバー[編集]
1試合の中で、ボウラーが正規の投球を6球投げたところで1区切りとなる。この6球を1オーバーという。この中には、前述の通りワイド・ボール、ノーボールは含まれない。
オーバー数制限がある場合は打てる球数に実質制限があるため、出来る限りボールを打ちにいく必要がある(ルール上ではノー・ボールは際限なく打てるため、打てる球数は最大で無限になる)。逆にオーバー数制限がない場合はいくらでもボールを見逃すことができる。

休憩[編集]
試合中に、一定のオーバーが経過した場合、または時間が経った場合にはドリンクタイム、ティータイム、ランチタイムなどが入り試合を休憩する。詳細は試合形式により異なる。
例えば最も正式な試合形式であるテストマッチでは、1日に2時間のプレーを3回行い、プレーとプレーの間にお昼の時間(lunch time)40分とお茶の時間(tea time)20分が設定される。1日の流れとしては、まず午前中にプレーを行い、昼食を楽しんだ後再びプレーを行い、さらにアフタヌーン・ティーを楽しんだ後に再びプレーを行い終了となる。
午前11時に試合を開始した場合、午後6時ごろの終了となるが、インド亜大陸は季節による日の長さの差が少ないため、日没による影響なく試合を行うことができる。
選手や観客たちは休憩時間になると、炎暑を避けて日陰でランチョン敷物を広げ、ランチボックスやティーポットを使って飲食し、家族や友人たちとの歓談を楽しむ。

試合の終了[編集]
試合は規程のオーバー数またはアウト数により攻守を交代する。
そしてそれぞれバッティングによって得た得点により勝敗を決する。
先攻側が勝利したときは、得たラン数の差で勝敗を表す。たとえば1イニング制の試合で先攻チームが200ラン、後攻チームが190ランだった場合、先攻チームが「10ランで勝利」とされる。これに対し、後攻側が勝利したときは、残ったウィケットの数で表記する。たとえば1イニング制で先攻チームが200ラン獲得しており、後攻チームが逆転して201ランになったときはその場で後攻側の勝利となるが、この反撃中に4回ウィケットを落としていた場合(ウィケットは10本とされるため)後攻チームは「6ウィケットで勝利」とされる。
1イニングの試合(オーバー数制限あり)であれば、先攻チームによる逃げきりか後攻チームによる逆転で試合の終了が決まる。先攻チームは後攻チームをオールアウトにするか規程のオーバー数を使い切る中で得点を上回られなければ勝ちになる。逆に後攻チームは規程のオーバー数の中で、オールアウトにならずに先攻チームの得点を上回れば勝ちとなる。
2イニングの試合(オーバー数制限なし)であれば、そのまま逆転したとしてもゲームを続け、後攻チームのオールアウトをもって攻守を交代し、もう1イニングを行う。この際に、これ以上先攻チームor後攻チームが得点を必要としないと判断した場合はデクラレイション(Declaration、宣言)することができる。これは2イニング制において試合の時間制限はあれど、オーバー数制限がないために、試合時間以内に試合を終わらせるための手段である(試合が時間以内に終わらなければ、自動的に引き分けとなるが、大会により勝ち点などの細かいルールが規程されていることが多い)。また、同様の理由から、先攻チームが大量リード(100点以上の差など)して1イニング目が終わった際に、後攻チームに再度攻撃をさせる(先攻・後攻が入れ替わる)ことができる。これをフォロー・オン (follow-on) という。

試合の形式[編集]
なお、概略ではクリケット・ワールドカップルールの概要を説明したが、それ以外にもクリケットの国際大会には下記のようなさまざまな試合形式がある。近年、メディアの影響と人々のライフスタイルの変化により、所要時間の短い試合形式が徐々に支持を得てきており、短い時間でも十分楽しむことができるスポーツとなった。

テストマッチ
伝統的な国別対抗戦の試合形式。球数無制限の2イニング制を採用、1試合のリミットは無い。最大5日間で勝敗を決する。
ワン・デイ・インターナショナル (ODI)
ワールドカップ形式で行われる国別対抗戦。50オーバー(300球)限定1イニング制である。試合時間はおよそ6-7時間程度となる。
トゥエンティトゥエンティ (Twenty20)
2003年に登場した短時間で終わる試合形式。20オーバー(120球)限定1イニング制を採用、1試合2時間半程度で終了する。
T10
10オーバー(60球)限定。1試合90分程度で終了する。
シックス・ア・サイド(6-a-side)
6人制クリケット。5オーバー(30球)限定1イニング制で、1試合50分程度で終了する。試合での服装[編集]
2005年に行われた南アフリカとイギリスの試合(テストマッチ)。選手は伝統的な白い制服を着用している。黒いズボンを身に付けているのは審判である。
テスト・クリケットやアマチュアの試合では、伝統的な白のユニフォーム(白い襟付きのシャツ、白いズボン、帽子、気温の低いときはベストまたはセーターを着用することもある)に赤のボールを使用し競技を行うが、プロフェッショナルチームのワン・デイ・インターナショナルでは、着色されたユニフォームに白のボールを使用する。
近年では、国際試合でも、着色されたユニフォームを着用することもある。白いユニフォームの着用は、スポーツ競技として潔白を表す白色とともに、夏季に開催されるクリケットの試合で、日差しを避ける意味がある。

用具[編集]
ウィケットキーパーが使用するグローブ
主な用具は以下の通りである。

クリケットボール
クリケットをプレーするために使用される硬いボール。
クリケットバット
バッツマンが投球を打つために用いられる。
スタンプ
ウィケットを構成している3本の柱。
ベイル
ウィケットを構成しているスタンプ(3本の柱)の上に乗った横木2本。
ヘルメット
バッツマンやウィケットキーパー、バッツマンから近距離のポジションのいるフィールダーが安全確保のため着用する。
パッド
バッツマンやウィケットキーパーが安全確保のため着用する。
グローブ
バッツマンやウィケットキーパーが安全確保のため着用する。女子クリケット[編集]
1745年にイギリス・ロンドン近郊のサリ―で初めて女子クリケットがプレーされたことが記録されている[30]。国際的に発展し始めたのは20世紀からであり、1934年にイングランドとオーストラリアの間で初めてナショナルチームのテストマッチが行われた[31]。その翌年にはニュージーランドも参加した。1958年には国際女子クリケット評議会(International Women’s Cricket Council)が創設された。1973年には女子クリケット・ワールドカップがイングランドで初開催された。2020年現在の女子クリケット・ワールドカップの最多優勝国は6回のオーストラリアである。2005年には国際女子クリケット評議会が国際クリケット評議会(ICC)に吸収合併され、男女一体となる一つの統括団体となった。2015年10月1日からICCによって3つの形式による女子の世界ランキングが開始された。

統括団体[編集]
.mw-parser-output .legendpage-break-inside:avoid;break-inside:avoid-column.mw-parser-output .legend-colordisplay:inline-block;min-width:1.5em;height:1.5em;margin:1px 0;text-align:center;border:1px solid black;background-color:transparent;color:black.mw-parser-output .legend-text  正会員   準会員(ODI形式に参戦可能)   準会員   元会員又は資格停止   非会員
詳細は「国際クリケット評議会」を参照
クリケットの国際競技連盟は国際クリケット評議会(International Cricket Council, ICC)である。本部はアラブ首長国連邦のドバイにある。2020年現在の正会員の国・地域は12、準会員は92、合計の会員は104である[32]。正会員の国・地域は以下の通り。

国・地域

正会員加盟日[33] イングランド

1909年7月15日
 オーストラリア

1909年7月15日
 南アフリカ共和国

1909年7月15日
 インド

1926年5月31日
西インド諸島

1926年5月31日
 ニュージーランド

1926年5月31日
 パキスタン

1952年7月28日
 スリランカ

1981年7月21日
 ジンバブエ

1992年7月6日
 バングラデシュ

2000年6月26日
 アイルランド

2017年6月22日
 アフガニスタン

2017年6月22日
国際大会[編集]
クリケット・ワールドカップトロフィー
クリケット・ワールドカップ詳細は「クリケット・ワールドカップ」を参照
1975年に始まった4年に1度開催されるクリケットで最大の世界選手権大会。試合形式はワン・デイ・インターナショナル(ODI)。FIFAワールドカップと夏季オリンピックに次いで世界で3番目に視聴者数の多いスポーツイベント[8]。最多優勝チームは5回のオーストラリア。通算最多得点(ラン)を記録している選手はインドのサチン・テンドルカール。
ICC T20ワールドカップ詳細は「ICC T20ワールドカップ」を参照
男子は2007年、女子は2009年に始まったトゥエンティ20形式の世界選手権大会。男子の最多優勝チームは2回の西インド諸島。女子の最多優勝チームは5回のオーストラリア。
ICCチャンピオンズトロフィー詳細は「ICCチャンピオンズトロフィー」を参照
1998年に始まった4年に1度開催されるODI形式の国際大会。ODI形式ではクリケット・ワールドカップに次ぐ重要な大会。最多優勝チームはオーストラリアとインド。
女子クリケット・ワールドカップ詳細は「女子クリケット・ワールドカップ」を参照
1973年に始まった女子の世界選手権大会。近年は4年に1度開催される。最多優勝チームは6回のオーストラリア。
ICC U19クリケット・ワールドカップ詳細は「ICC U19クリケット・ワールドカップ」を参照
1988年に始まった2年に1度開催される19歳以下の世界選手権大会。試合形式はODI。最多優勝チームは4回のインド。
ICCテストチャンピオンシップ詳細は「ICCテストチャンピオンシップ」を参照
2003年に始まった国際クリケット評議会に認定を受けた12のナショナルチームが参加をするテスト・クリケット形式の国際大会。各国リーグ[編集]
ファーストクラス・クリケット[編集]
球数無制限の2イニング制を採用している伝統的なクリケットの形式を特に国内リーグではファーストクラス・クリケット(英語版)と呼ぶ。この形式のリーグではイングランド・ウェールズクリケット評議会(ECB)が1890年から実施しているカウンティ・チャンピオンシップが有名である。オーストラリアでは1892年度に始まったシェフィールド・シールドという大会があり、インドでは1934年に始まったランジ・トロフィー(英語版)という大会がある。

オーバー制限のある形式[編集]
伝統国を中心に世界に様々な大会がある。オーストラリアでは1969年度に始まった50オーバー制で行われるワン・デイ・カップがある。日本では2006年に始まった40オーバー制で行われる日本クリケットリーグがある[34]。

トゥエンティ20[編集]
更に短時間で試合が終わる20オーバー制のトゥエンティ20形式が2003年に導入され、その後各国でプロリーグが新設された。インドのインディアン・プレミアリーグ(IPL)は世界最大規模のプロクリケットリーグである。

国・地域

リーグ
アフガニスタン
アフガニスタン・プレミアリーグ
イングランド、ウェールズ
トゥエンティ20カップ
インド
インディアン・プレミアリーグ
オーストラリア
ビッグ・バッシュ・リーグ
スリランカ
ランカン・プレミアリーグ(英語版)
西インド諸島
カリビアン・プレミアリーグ
ニュージーランド
スーパースマッシュ(英語版)
パキスタン
パキスタン・スーパーリーグ
バングラデシュ
バングラデシュ・プレミアリーグ
南アフリカ
ラムスラム・T20・チャレンジ(英語版)
クリケット選手[編集]
詳細は「クリケット選手一覧」を参照
代表的な選手[編集]
ヴィラット・コーリは世界最高の現役選手の一人である[35]。
クリケットの長い歴史の中で最も偉大な選手の一人としてオーストラリアのドナルド・ブラッドマンが挙げられる。ブラッドマンは史上最高のクリケット選手と評され[36][37]、ペレやモハメド・アリ等と共に20世紀を代表するスポーツ選手の一人である[38][39]。インドのサチン・テンドルカールはクリケットの神様とも呼ばれ[40]、テスト形式とODI形式で歴代最多得点(ラン)を記録している。バルバドスのガーフィールド・ソバーズは史上最高のオールラウンダーの一人であり、ジャック・ホッブスやシェーン・ウォーン、ヴィヴ・リチャーズも20世紀のトップ5選手に選出されている[41]。19世紀を代表する選手はイングランドのW・G・グレースが挙げられる[42]。現役選手ではインドのヴィラット・コーリが代表的で、2010年代から世界最高選手の一人としてトップレベルの実力と圧倒的な人気を兼ね備えている[37]。

世界最優秀選手賞[編集]
サー・ガーフィールド・ソバーズ・トロフィー
ウィズデン・リーディング・クリケッター・イン・ザ・ワールドアマチュア・クリケット[編集]
テニスボール・クリケットを路上で行うインドの少年達
「en:Forms of cricket」も参照
アマチュア向けの様々な形式のクリケットが世界各地で行われている。

クラブ・クリケット(英語版)
デクラレーション・クリケット
ショートフォーム・クリケット(英語版)
インドア・クリケット
シングル・ウィケット・クリケット(英語版)
クイック・クリケット(英語版)
バックヤード・クリケット(英語版)
ガーデン・クリケット
フレンチ・クリケット(英語版)
テニスボール・クリケット
テープボール・クリケット(英語版)
キリキティ(英語版)
ヴィゴロ(英語版)
トロブリアンド・クリケット(英語版)
テーブル・クリケット(英語版)類似競技[編集]
野球[編集]
「en:Comparison of cricket and baseball」も参照
イギリス出身のヘンリー・チャドウィックはクリケットの知識を利用し、野球用のボックススコアや打率、防御率などを考案したとされ、『野球の父』と呼ばれる。
野球は一見クリケットと似ており、投手が投げたボールを打者が打ち、打ったボールがフィールドを転がる間に打者が走って点を重ねるスポーツである。
クリケットは野球との相違も多く、代表的な点としては

投手は助走を付けられるが、肘は伸ばして投げなくてはいけない。
打者は投げられたボールがノーバウンドであろうと、ワンバウンドであろうと構わず打つ。
打者は全方位どこに向かって打ってもよい。
後ろに立つ3本の棒(ウィケット、三柱門と書かれている時がある)に投球が当たるとアウト。
3ストライクなどではなく、ウィケットに1球でも投球が当たればアウト。
そのかわりアウトにならなければ、何球でも打者は打てる。
打者はペアを組んで打撃し、投球をいくら見送っても良く、打って走らなくてもいい(但し、得点するためには走る)。などの違いがある。
また、道具にも違いがあり、バットは棒形ではなく平たいオール型をし、グローブは捕手のみが着用を許され、両手に付けることができる。

その他[編集]
ソフトボール
ラプター
ラウンダーズ
シュラークバルクリケットを扱った作品[編集]
スペティグの魔球 Spedegue’s Dropper[43]:著者 アーサー・コナン・ドイル
宇宙クリケット大戦争 Life, the Universe and Everything[43]:著者 ダグラス・アダムス
黒執事 (漫画作品):著者 枢やな / 19世紀の、英国寄宿学校の寮対抗クリケット大会が、スポ魂マンガ風に描かれる。漫画16巻 – 17巻に収録。
スーラジ ザ・ライジングスター(アニメ作品):野球マンガ作品『巨人の星』をインドでクリケットに置き換えて制作[44]。同作品の出版元である講談社が筆頭になり、トムス・エンタテインメントとインドのアニメ会社と共同制作[45]。
ラガーン – 2001年公開のインド映画。脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ クリケットではオーヴァル:oval とも呼ばれる

出典[編集]

^ a b c First global market research project unveils more than one billion cricket fans 国際クリケット評議会 2019年7月6日閲覧。

^ a b c d e 日本クリケット協会. “クリケットとは”. 2020年7月1日閲覧。

^ ボウラー(投手)が6球投げることを1オーバーと言う。1オーバーが終わると他のボウラーと交代する。

^ Lord’s. “Laws – Laws of Cricket – Laws & Spirit”. 2012年7月24日閲覧。

^ ICC Global Map 国際クリケット評議会 2019年7月6日閲覧。

^ IPL only third-most popular cricket event in India, international competitions more favoured, survey reveals CNBC TV18 2019年7月6日閲覧。

^ ICC announce broadcast and digital distribution plans for ICC Men’s Cricket World Cup 2019 国際クリケット評議会 2019年7月6日閲覧。

^ a b More money, more viewers and fewer runs in prospect for intriguing World Cup More money, more viewers and fewer runs in prospect for intriguing World Cup The Guardian 2019年7月15日閲覧。

^ 265 million playing football FIFA 2019年7月6日閲覧。

^ India constitutes 90 percent of one billion cricket fans: ICC research The Economic Times 2019年7月6日閲覧。

^ クリケットスタートアップ・キャンペーン 日本クリケット協会

^ “横浜スタジアムの歴史”. 横浜スタジアム公式サイト. 2020年6月24日閲覧。

^ US$1bn US T20 cricket league set to launch in 2021 SportsPro 2019年8月3日閲覧。

^ Cricket Set To Be Included In 2028 Los Angeles Olympics Forbes (2019年8月14日) 2019年10月2日閲覧

^ John Major, More Than A Game, HarperCollins, 2007

^ John Leach (2012年6月19日). “From Lads to Lord’s”. 2012年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月24日閲覧。

^ John Leach (2012年6月19日). “From Lads to Lord’s”. 2012年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月20日閲覧。 quotes the precise date of the court case in Guildford as Monday, 17 January 1597 (Julian date), which is in the Gregorian year of 1598.

^ Birley, p.3

^ Birley, op. cit.

^ Altham, p.21

^ Bowen, p.33

^ David Terry. “The Seventeenth Century Game of Cricket: A Reconstruction of the Game (PDF)”. 2012年8月20日閲覧。

^ Gillmeister’s theory is summarised in the introduction to the book The Language of Cricket by John Eddowes, ISBN 1-85754-270-3.

^ David Underdown, Start of Play, Allen Lane, 2000, p.3

^ a b H S Altham, A History of Cricket, Volume 1 (to 1914), George Allen & Unwin, 1962, p.21

^ Timothy J McCann, Sussex Cricket in the Eighteenth Century, Sussex Record Society, 2004

^ “Don Bradman”. CricketArchive. 2012年8月20日閲覧。

^ National Museum of Australia. “The Australian Eleven: The first Australian team”. 2012年8月23日閲覧。

^ Neville Cardus. “Six giants of the Wisden century”. ESPN CricInfo. 2012年8月23日閲覧。

^ History of Cricket Early Cricket (Pre 1799) 国際クリケット評議会公式サイト 2020年6月29日閲覧。

^ History of Cricket 20th Century Cricket 国際クリケット評議会公式サイト 2020年6月29日閲覧。

^ About Our Members 国際クリケット評議会公式サイト 2020年6月26日現在。

^ List of full member nations under ICC CricTracker. 2020年6月26日閲覧。

^ 日本クリケットリーグ1部 日本クリケット協会. 2020年6月27日閲覧。

^ Players of the Decade: 2010-2019 Wisden. 2020年6月27日閲覧。

^ The Greatest Cricketer of All Time – your votes revealed! BBC. 2020年6月15日閲覧。

^ a b Kohli can be the best after Sir Don Bradman Hindustan Times. 2020年6月15日閲覧。

^ The Independent’s 100 sportsmen and women of the 20th century The Independent. 2020年6月15日閲覧。

^ Pele tops sportsman of the century poll IOL. 2020年6月15日閲覧。

^ Sachin Tendulkar, India’s ‘God of Cricket,’ retires Washington Post 2019年7月6日閲覧。

^ BBC News | CRICKET | Widen’s cricketers of the century BBC. 2020年6月20日閲覧。

^ WG Grace and Shane Warne in Wisden all-time World Test XI BBC. 2020年6月27日閲覧。

^ a b 『黒執事』第17巻 173頁2コマ目

^ インド版『巨人の星』:Suraj The Rising Starのサイト(英語)

^ 「インド版巨人の星」が放映 大リーグ養成ギプスも登場 (2012.12 MSN産経ニュース)

関連項目[編集]

ポータル スポーツ国際クリケット評議会
日本クリケット協会
クリケット・ワールドカップ
テニスボール・クリケット
野球の起源
二階堂トクヨ – クリケットを日本に初めて紹介した人物
ペサパッロ – 野球に類似した種目でフィンランド発祥
木村昇吾 – NPBの3球団に在籍した元プロ野球選手で、2017年末からクリケット選手に転向。外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、クリケットに関連するメディアおよびカテゴリがあります。
ウィクショナリーに関連の辞書項目があります。クリケット、Cricket、cricket 公式

ICC – 国際クリケット評議会 (英語)
JCA – 一般社団法人日本クリケット協会 (日本語)
BCCIその他

Cricinfo – 世界最大のクリケット情報サイト(英語)
『クリケット』 – コトバンク表話編歴スポーツ競技
スポーツ
競技統括団体
スポーツ選手
国技陸上競技
競走
短距離走
中距離走
長距離走
障害走
競歩
リレー走
駅伝競走跳躍競技
走高跳
棒高跳
走幅跳
三段跳投てき競技
砲丸投
円盤投
ハンマー投
やり投
こん棒投混成競技
四種競技
五種競技
七種競技
八種競技
十種競技
十四種競技
二十種競技
水泳
競泳
自由形
平泳ぎ
背泳ぎ
バタフライ
個人メドレー
フリーリレー
メドレーリレー
オープンウォータースイミング
アーティスティックスイミング
水球
飛込競技
ハイダイビング
日本泳法体操
体操競技
種目別
個人総合
団体総合
新体操
トランポリン
エアロビクス
フィットネス
スポーツアクロ体操
ラート
バトントワリング
ポールダンス
パルクールダンススポーツ
競技ダンス
社交ダンス
ブレイキン
ロックンロール格闘技・武道
プロレス
総合格闘技
ボクシング
レスリング
マーシャルアーツ
レスリング
グラップリング
テコンドー
ムエタイ
ブラジリアン柔術
カラリパヤット
クラッシュ
クラヴ・マガ
サンボ
柔道
剣道
空手道
相撲
合気道
柔術
空道
躰道
なぎなた
形意拳
居合道
銃剣道
短剣道
杖道
抜刀道
槍道
斧道
フェンシング
少林寺拳法
日本拳法
八卦掌
太極拳
キックボクシング
シュートボクシング
カポエイラ
中国武術
武術太極拳
散打
套路
ラウェイ
サバット
グリマ
シュアイジャオ
シルム
セネガル相撲
ヤールギュレシ
クシュティー
エスクリマ射的
弓道
アーチェリー
ターゲットアーチェリー
フィールドアーチェリー
射撃
ライフル射撃
クレー射撃
スポーツ吹き矢
クロッケー
ダーツ
カーリング
ボウリング
モルック球技
フットボールハンドボールホッケーバスケットボール
フットボール
サッカー
フットサル
ソサイチ
ビーチサッカー
バブルサッカー
サイクルサッカー
ラグビーフットボール
ラグビーユニオン
ラグビーリーグ
ビーチラグビー
水中ラグビー
アメリカンフットボール
オージーフットボール
ハンドボール
ビーチハンドボール
水球
チュックボール
ゴールボール
トーボール
セストボール
ホッケー
フィールドホッケー
アイスホッケー
インラインホッケー
リンクホッケー
フロアボール
ハーリング
ラクロス
バスケットボール
ビーチバスケットボール
ウォーターバスケットボール
ネットボール
コーフボール
ポートボール
クロナムラケットスポーツ
ジュ・ド・ポーム
テニス
ローンテニス(硬式)
ソフトテニス(軟式)
ビーチテニス
車いすテニス
パドルテニス
フリーテニス
エスキーテニス
バウンドテニス
パデル
卓球
バドミントン
スカッシュ
タムビーチ
タンブレリ
タンブレロ
スピードミントン
ラケットボール
ハイアライ
ピックルボール
バトポン
パンポン
テニピンバレーボール
バレーボール
ビーチバレー
ソフトバレーボール
ファウストボール
インディアカその他
フリースタイルフットボール
野球
硬式野球
準硬式野球
軟式野球
クリケット
ソフトボール
スティックボール
ティーボール
ラウンダーズ
ペサパッロ
シュラークバル
キックベースボール
ラプター
ウィッフルボール
ベースボール5
セパタクロー
パドボール
ビリヤード
スヌーカー
ドッジボール
スポールブール
ペタンク
ボッチャ
ローンボウルズ
ゴルフ
ミニ
バーン
パター
ガーデン
グラウンド
パーク
マレット
ゴロッケー
ケイマン
スピード
ディスクゴルフ
ウッドボール
クロッケー
ゲートボール
玉入れ
ウィンタースポーツ雪氷滑走競技
スキー
ノルディックスキー
クロスカントリースキー
スキージャンプ
スキー・オリエンテーリング
ノルディック複合
アルペンスキー
滑降
回転
大回転
スーパー大回転
複合
スーパー複合
フリースタイルスキー
モーグル
エアリアル
アクロ
スキークロス
ハーフパイプ
テレマークスキー
スピードスキースノーボード
アルペンスノーボード
スラローム (スノーボード)
ジャイアントスラローム
スーパーG
ダウンヒル
フリースタイルスノーボード
ハーフパイプ
ストレートジャンプ
クォーターパイプ
レールジャム
スロープスタイル
スノーボードクロス
バックカントリースノーボードスケート
フィギュアスケート
スピードスケート
ショートトラックスピードスケート
アイスクロスそり競技
スケルトン
リュージュ
ボブスレー
自転車競技
ロードレース
トラックレース
マディソン
競輪
マウンテンバイクレース
MTBオリエンテーリング
BMX
サイクルフィギュアモータースポーツ
自動車競技
ラリー
カートレース
オートバイ競技
オートレース
フリースタイルモトクロス
競艇
水上オートバイ
エアレースアウトドアスポーツ
登山
アドベンチャーレース
オリエンテーリング
トレイルランニング
スカイランニング
ロッククライミング(ボルダリング)
フリークライミング
ワンダーフォーゲル
ジオキャッシング
サバイバルゲーム
沢登り
キャニオニング
ケイビング
スポーツカイトウォータースポーツ
ボート競技
カヌー
カヤック
カヌーポロ
パラカヌー
セーリング
ラフティング
ドラゴンボート
フィンスイミング
ライフセービング
スクーバダイビング
テクニカルダイビング
フリーダイビング
サーフィン
ウィンドサーフィン
アップウインドレース
レースボードクラス
フォーミュラウィンドサーフィンクラス
スラローム
フリースタイル
ウェイブパフォーマンス
スピードセイリング
ボディボード
スキムボード
水上スキー
ウェイクボード
カイトサーフィン
スタンドアップパドルボードスカイスポーツ
バンジージャンプ
ベースジャンピング
スカイダイビング
グライダー
ハンググライダー
パラグライダー
熱気球雪上スポーツ
スノーカイト
スノースクート
雪合戦ローラースポーツ
スクーター
スケートボード
ローラースケート
アグレッシブインラインスケート
インラインスピードスケート
ローラーダービーアニマルスポーツ
闘牛
馬術
競馬
ポロ
ホースボール
ロデオ
コレオ
レイニング
犬ぞりレース混合スポーツ
近代五種競技
トライアスロン
バイアスロンマインドスポーツ
eスポーツ
オセロ
ブリッジ
シャンチー
スクラブル
チェス
チェッカー
テーブル・フットボール
ディプロマシー
ポーカー
囲碁
将棋
麻雀
連珠その他
フットバッグ
重量挙げ
パワーリフティング
ボディビル
アームレスリング
綱引き
インディアカ
カバディ
バンディ
フライングディスク
アルティメット
ガッツ(英語版)
ディスクゴルフ
KanJam
一輪車
マウンテンボード
スポーツスタッキング
チアリーディング
縄跳び
奥様運び
携帯電話投げ
スピードキュービング
障害者スポーツ
騎馬戦
棒倒し
一覧
カテゴリ
ポータル:スポーツ
表話編歴チームスポーツ
スポーツ
競技統括団体
スポーツ選手
国技フットボール

サッカー
フットサル
ビーチ
インドア
ストリート
ソサイチ
ブラインド
電動車いす
CPサッカー
アンプティ
バブル
オーストラリアンフットボール
9人制
レックフッティー
メトロフッティー
ゲーリックフットボール
サイクルサッカーグリッド系
アメリカンフットボール
8人制
フラッグ
インドア
9人制
6人制
スプリント
タッチ
アリーナフットボール
カナディアンフットボールハイブリッド系
オースタス
インターナショナルルールフットボール
サモアルール
スウェーデンフットボール
ユニバーサルフットボール
ボラータ歴史的ルール
バ・ゲーム
カイド
カルチョ・フィオレンティノ
キャンピング
クナパン
コーニッシュ・ハーリング
ハルパストゥム
蹴鞠
ラ・ソーユ
モブフットボール
ロイヤル・シュローヴタイド
アッピーズ・アンド・ダウニーズラグビー系
ビーチ
田んぼ
ラグビーリーグ
マスターズ
ミニ
モッド
ナインズ
セブンズ
タグ
タッチ
車いす
ラグビーユニオン
アメリカンフラッグ
ミニ
7人制
タグ
タッチ
10人制
X
ハンド系
ハンドボール
ビーチ
フィールド
水球
チュックボール
ゴールボール
トーボールバスケット系
バスケットボール
ビーチ
ウォーター
3×3
デフ
車いす
コーフボール
ネットボール
ファストネット
インドア
セストボール
スラムボールバットを使う球技
野球
硬式野球
準硬式野球
軟式野球
ブレンボール
英国野球
クリケット
インドア
リミテッド・オーバー
テスト
ワン・デイ・インターナショナル
トゥエンティ20
ダニッシュ・ロングボール
ラプター
オイナ
オーバー・ザ・ライン
ペサパッロ
ラウンダーズ
ソフトボール
スティックボール
ティーボール
ストゥールボール
タウンボール
ビゴロ
シュラークバル
ウィッフルボール
ベースボール5スティックを使う球技

コンポジットルール・シンティハーリング
ハーリング
カモギー
ラクロス
ボックス/インドア
フィールド
インタークロス
ポロクロス
シンティ
ボールバドミントン
ポロ
カヌー
カウボーイ
サイクル
モトボール
エレファント
ホースボール
セグウェイ
ヤクホッケー系
ボール
バンディ
リンク
ブルームボール
モスクワ
フィールド
インドア
フロア
フロアボール
アイス
リンゲット
ローラー
インライン
ロッシャル
スケーター
ストリート
水中
水中アイス
一輪車
パラアイス
ネット越え系
ビリドル
ボサボール
ファウストボール
フットボールテニス
フットバレー
チェンズ
フットバグネット
インディアカ
セパタクロー
パドボール
スローボール
バレーボール
ビーチ
シッティングその他
アーティスティックスイミング
クロナム
キックベースボール
ボブスレー
ドラゴンボート
駅伝競走
リレー
フリーリレー
メドレーリレー
サバイバルゲーム
バスク・ペロタ
フロンテニス
ハイアライ
シャレ
ブズカシ
カーリング
モルック
ドッジボール
ポートボール
クロッケー
ゲートボール
チンロン
カバディ
コーコー
ラゴリ
ペイントボール
スポールブール
ペタンク
ローンボウルズ
ボッチャ
ローラーゲーム
ウラマ
アルティメット
水中ラグビー
水中フットボール
雪合戦
綱引き
KanJam
表話編歴球技コートあり
ゴール入れ
フットボール
サッカー
サッカー
フットサル
ビーチ
視覚障害者
オーストラリアンフットボール
ゲーリックフットボール
ソサイチ
棒サッカー
電動車椅子サッカー
CPサッカー
アンプティサッカー
サイクルサッカー
バブルサッカーアメフト
アメリカンフットボール
フラッグ
アリーナフットボール
カナディアンフットボール
アルティメットラグビーフットボール
ラグビーユニオン
ラグビーリーグ
7人制ラグビー
ビーチラグビー
タグラグビー
タッチラグビー
田んぼラグビー
水中ラグビー
車いすラグビー
ハンドボール
ハンドボール
ビーチ
ゴールボール
トーボール
水球
チュックボールバスケット
バスケットボール
ビーチ
ウォーター
車いす
デフ
3×3
コーフボール
ネットボール
セストボール
ポートボール
ホースボール複合
クロナムスティックアンドボール

ハーリング
ラクロスホッケー
バンディ
フィールドホッケー
フロアボール
アイスホッケー
ローラーホッケー
インライン
ローラー
パラアイスホッケー
水中ホッケーポロ
カヌー
カウボーイ
サイクル
モトボール
エレファント
ホースボール
セグウェイ
ヤク

ネット越え
バレーボール型
インディアカ
セパタクロー
パドボール
バレーボール
ソフト
ミニ
ビーチボール
バルーン
風船
ビーチ
シッティング
ファウストボール
ゲーリックハンドボール
ボサボール
キンボール
テックボールラケットスポーツ
テニス
ローン(硬式)
ソフト(軟式)
車いす
ビーチ
パドル
フリー
エスキー
バウンド
卓球
うちわ
ヘディス
バドミントン
パラ
スピードミントン
スカッシュ
タムビーチ
タンブレリ
タンブレロ
ラケットボール
ハイアライ
ピックルボール
フレスコボール
バトポン
パンポン
パデル
テニピン
ジュ・ド・ポーム
人当て
ドッジボール
ドッヂビー
かたき
コートなし
バットアンドボール
クリケット
テニスボール
トゥエンティ20
野球
硬式
準硬式
軟式
三角ベース
ロングベースボール
キックベースボール
ソフトボール
スティックボール
ティーボール
グランドソフトボール
カラーボール野球
ラケットベースボール
ハンドベースボール
ラウンダーズ
ペサパッロ
シュラークバル
ラプター
ウィッフルボール
オイナ
ベースボール5ゴルフ型
ゴルフ
ミニ
バーン
パター
ガーデン
グラウンド
パーク
マレット
ゴロッケー
ケイマン
スピード
ターゲットバード
ディスクゴルフ
ウッドボール
クロッケー
ゲートボール補遺
がんばこ
囲碁ボール
大球送り
玉入れ
ボウリング
ローンボウルズ
スポールブール
ペタンク
ボッチャ
ビリヤード
スヌーカー
打毬
蹴鞠
毬杖
カルチョ・フィオレンティノ

典拠管理
BNF: cb12508116w (データ)
GND: 4165669-6
J9U: 987007533424405171
LCCN: sh85033969
NARA: 10646451
NDL: 00567027
NKC: ph121953

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=クリケット&oldid=90458034」から取得
カテゴリ: クリケットイギリスのスポーツオリンピック競技隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ正確性BNF識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NARA識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 1205
再生回数: 1849
[spincontent type=”j”]

【大谷選手】投手とバッターどっちが良いの?【大きい英語字幕付き】 Youtube

2022年MLBオールスター前のインタビューで米アナウンサーが大谷選手に質問!

フル動画はこちら↓

#大谷翔平 #大谷 インタビュー #英語 英語リスニング

2. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Yomiuri

Yomiuri
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6802
[spincontent type=”j”]

3. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Asahi Shimbun

朝日新聞
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 朝日新聞で検索した 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する上記の情報が、野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 88 18
[spincontent type=”j”]

4. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? The Japan Times

The Japan Times
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: ジャパン タイムズで検索した 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する記事のトップです。野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6231
[spincontent type=”j”]

5. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Yomiuri Shimbun

読売新聞
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する詳細情報はすでにありますか? 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9934
[spincontent type=”j”]

6. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Mainichi Shimbun

毎日新聞
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 毎日新聞で見つけた 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する上記の情報が、野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8304
[spincontent type=”j”]

7. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Sankei Shimbun

産経新聞
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 産経新聞で検索した 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する記事のトップです。野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8480
[spincontent type=”j”]

8. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5782
[spincontent type=”j”]

9. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Chunichi Shimbun

中日新聞
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 中日新聞で検索した 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する上記の情報が、野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5241
[spincontent type=”j”]

10. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Tokyo Shimbun

東京新聞
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 32
[spincontent type=”j”]

11. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8772
[spincontent type=”j”]

12. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 日刊工業新聞で見つけた 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する上記の情報が、野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 44 14
[spincontent type=”j”]

13. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Ainu Times

アイヌタイムス
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: アイヌ タイムズで検索した 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する記事のトップです。野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6320
[spincontent type=”j”]

14. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する詳細情報はすでにありますか? 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6462
[spincontent type=”j”]

15. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Chiba Nippo

千葉日報
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 千葉日報で検索した 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する上記の情報が、野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3545
[spincontent type=”j”]

16. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Chugoku Shimbun

中国新聞
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 中国新聞で検索した 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する記事のトップです。野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8848
[spincontent type=”j”]

17. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? Daily Tohoku

デイリー東北
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8479
[spincontent type=”j”]

18. 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

説明: イースタン クロニクルで検索した 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する上記の情報が、野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8983
[spincontent type=”j”]

野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? に関する質問

野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう? が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?

野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?
方法野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?
チュートリアル 野球の投手は英語で「ピッチャー」といいますが、クリケットの投手は英語で何というでしょう?
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: