あなたは 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? を共有します。 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フレッド・ペリー Fred Perry

フレッド・ペリー基本情報フルネーム
Frederick John Perry国籍
イギリス出身地
イングランド・ストックポート生年月日
(1909-05-18) 1909年5月18日没年月日
(1995-02-02) 1995年2月2日(85歳没)死没地
オーストラリア・メルボルン身長
183 センチメートル利き手
右バックハンド
片手打ち殿堂入り
1975年ツアー経歴デビュー年
1936年引退年
1956年生涯獲得賞金
値なし4大大会最高成績・シングルス全豪
優勝 (1934)全仏
優勝 (1935)全英
優勝 (1934-1936)全米
優勝 (1933・34・36)優勝回数
8(豪1・仏1・英3・米3)4大大会最高成績・ダブルス全豪
優勝 (1934)全仏
優勝 (1933)全英
準優勝 (1932)優勝回数
2(豪1・仏1)4大大会最高成績・混合ダブルス全仏
優勝 (1932)全英
優勝 (1935・36)全米
優勝 (1932)優勝回数
4(仏1・英2・米1)国別対抗戦最高成績デビス杯
優勝(1933-36)キャリア自己最高ランキングシングルス
1位(1934)■テンプレート  ■プロジェクト テニス
フレッド・ペリー(Fred Perry, 1909年5月18日 – 1995年2月2日[1])は、イングランド・ストックポート出身の男子テニス選手。フルネームは Frederick John Perry (フレデリック・ジョン・ペリー)という。“イギリスのテニスの神様”として、今なお尊敬を集め続けている名選手である。4大大会でシングルス通算「8勝」を挙げた。1934年から1936年にかけて、地元のウィンブルドン選手権で大会3連覇を達成した。
彼以降永らくイギリス人男子が優勝出来なかったためウィンブルドン現象とまで言われるようになっていた。2013年、アンディ・マリーがウィンブルドンでイギリス人男子として実に77年ぶりの優勝となった。

キャリア[編集]
ウィンブルドン選手権会場にあるフレッド・ペリー像
ペリーは最初は卓球選手として名声があり(1929年、第3回世界卓球選手権ブダペスト大会男子シングルス優勝)、20歳の時にテニスに転向した。ペリーが手本にした選手は、フランスのアンリ・コシェ(1901年 – 1987年)だったという。やがてペリーはイギリスのテニス界の第一人者となり、1931年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのイギリス代表となる。1933年、ペリーはイギリスの「デイリー・テレグラフ」紙の評論家の選考による世界ランキングで2位に入った。この年の全仏選手権準々決勝で、ペリーは日本の佐藤次郎(同ランキング3位)に敗れたことがある。
1933年の全米選手権で4大大会に初優勝を果たした時から、ペリーの最盛期が始まる。1934年には全豪選手権、ウィンブルドン選手権、全米選手権の年間3冠を獲得し、この年からイギリス人選手としてウィンブルドン3連覇の偉業を樹立する。初優勝の時は、前年度の世界ランキング1位だったジャック・クロフォード(オーストラリア、1908年 – 1991年)を 6-3, 6-0, 7-5 で破り、1935年と1936年は2年連続でゴットフリート・フォン・クラム(ドイツ、1909年 – 1976年)を圧倒した。
1935年の全仏選手権で初優勝を飾ったペリーは、男子テニス選手として初めて4大大会のシングルス・タイトルをすべて獲得した選手になった。これは男子テニス史上初の「キャリア・グランドスラム」達成を意味する。正真正銘の「年間グランドスラム」は、3年後の1938年にドン・バッジ(アメリカ、1915年 – 2000年)によって実現された。
1936年の全米選手権優勝。グランドスラム優勝8回はリチャード・シアーズ、ウィリアム・レンショー、ウィリアム・ラーンドを抜いてビル・チルデンに次ぐ歴代2位記録となった(当時)。
その後ペリーはプロテニス選手に転向する[1]。1938年にペリーはイギリスを離れ、アメリカ市民権を取得した。第2次世界大戦の期間中はアメリカ空軍に勤務し、終戦後は実業家として生計を立てた。
ペリーは長年にわたってウィンブルドン選手権のラジオ放送解説を担当し、1975年に国際テニス殿堂入りを果たす。ウィンブルドン選手権の会場内にあるペリーの銅像は、1984年に建立された。晩年はオーストラリアに定住し、1995年2月2日にオーストラリアのメルボルンの病院で逝去、85歳[1]。1月末、同市内のホテルに滞在中にろっ骨を折り入院していた[1]。

ファッションブランド[編集]
フレッドペリーのポロシャツ
1952年、ペリーはロンドンで「フレッド・ペリー・スポーツウェア社」を設立した。このブランドは月桂樹のロゴで広く知られ、テニスウェアとしてだけではなく、1960年代にはモッズと呼ばれた若者にも好んで着られており、現在でも服飾ブランドとしての地位を固めている。
2020年9月、フレッド・ペリーの黒と黄色のポロシャツがアメリカ合衆国の極右グループ「プラウド・ボーイズ」の「非公式な制服」となったことを受けて、フレッド・ペリー社は同アイテムの北米全域での販売を停止し[2][3][4]、メンバーらには着るのをやめるよう呼びかけた。

卓球世界選手権[編集]
獲得メダル
卓球
イングランド
世界卓球選手権

1928 ストックホルム
男子ダブルス

1928 ストックホルム
混合ダブルス

1928 ストックホルム
男子団体

1929 ブダペスト
男子シングルス

1929 ブダペスト
男子ダブルス

1929 ブダペスト
男子団体
金メダル 1個; 銀メダル 1個; 銅メダル 4個獲得1928年ストックホルム世界卓球選手権: 男子ダブルス銀メダル、混合ダブルス・男子団体銅メダル
1929年ブダペスト世界卓球選手権: 男子シングルス金メダル、男子ダブルス・男子団体銅メダル記録[編集]
グランドスラム大会を1セットも落とさず「3連覇」
1934年から1936年のウィンブルドンで達成。
グランドスラムで連続セット獲得「62連続」
全米オープンで55セット連続勝利
1933年から1935年
グランドスラム大会で29連勝
1969–1970。歴代2位記録。4大大会優勝[編集]
全豪選手権 男子シングルス・男子ダブルス:1勝(1934年)
全仏選手権 男子シングルス:1勝(1935年)/男子ダブルス:1勝(1933年)/混合ダブルス:1勝(1932年)
ウィンブルドン選手権 男子シングルス:3勝(1934年-1936年)/混合ダブルス:2勝(1935年・1936年) [大会3連覇]
全米選手権 男子シングルス:3勝(1933年・1934年・1936年)/混合ダブルス:1勝(1932年)年
大会
対戦相手
試合結果
1933年
全米選手権
ジャック・クロフォード
6-3, 11-13, 4-6, 6-0, 6-1
1934年
全豪選手権
ジャック・クロフォード
6-3, 7-5, 6-1
1934年
ウィンブルドン選手権
ジャック・クロフォード
6-3, 6-0, 7-5
1934年
全米選手権
ウィルマー・アリソン
6-4, 6-3, 1-6, 8-6
1935年
全仏選手権
ゴットフリート・フォン・クラム
6-3, 3-6, 6-1, 6-3
1935年
ウィンブルドン選手権
ゴットフリート・フォン・クラム
6-2, 6-4, 6-4
1936年
ウィンブルドン選手権
ゴットフリート・フォン・クラム
6-1, 6-1, 6-0
1936年
全米選手権
ドン・バッジ
2-6, 6-2, 8-6, 1-6, 10-8
4大大会シングルス成績[編集]
略語の説明 W 

 F 

SF

QF

#R

RR

Q#

LQ

 A 

Z#

PO

 G 

 S 

 B 

NMS

 P 

NH
W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, Z#=デビスカップ/BJKカップ地域ゾーン, PO=デビスカップ/BJKカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, P=開催延期, NH=開催なし.

大会

’29

’30

’31

’32

’33

’34

’35

’36

W-L

勝率
グランドスラム

101–15
87.07
全豪
A
A
A
A
A
W
F
A
9–1
90
全仏
A
A
4R
QF
QF
QF
W
F
22–5
81.48
ウィンブルドン
3R
4R
SF
QF
2R
W
W
W
36–5
87.8
全米
A
4R
SF
4R
W
W
SF
W
34–4
89.47
出典[編集]

^ a b c d 朝日新聞大阪版夕刊 1995年2月3日 13面。

^ “Fred Perry stops selling polo shirt after it becomes associated with far-right group”. Sky News. (2020年9月28日). https://news.sky.com/story/fred-perry-stops-selling-polo-shirt-after-it-becomes-associated-with-far-right-group-12084253 2020年9月28日閲覧。 

^ Miller-Idriss, Cynthia (2019年8月29日). “Why does the far-right love Fred Perry? Mainstream fashion is its new camouflage”. The Guardian. https://www.theguardian.com/commentisfree/2019/aug/29/far-right-fred-perry-mainstream-fashion-camouflage-brands 2018年9月28日閲覧。 

^ Woolf, Jake (2017年7月11日). “Fred Perry Wants Alt-Right Bros to Stop Wearing Their Polos”. GQ Magazine. https://www.gq.com/story/fred-perry-wants-alt-right-bros-to-stop-wearing-their-polos 2020年9月28日閲覧。 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、フレッド・ペリーに関連するカテゴリがあります。
フレッド・ペリー – 国際テニス殿堂のプロフィール (英語)

フレッド・ペリー – デビスカップのプロフィール (英語)
フレッド・ペリー – 国際テニス連盟
フレッド・ペリー公式サイト (英語)
フレッドペリー日本公式サイト (日本語)

フレッド・ペリー ITTFデータベース (英語) フレッド・ペリー 獲得タイトル
表話編歴 全豪テニス選手権(1905–1968)男子シングルス優勝者

1905 · ロドニー・ヒース 1906 · アンソニー・ワイルディング 1907 · ホーレス・ライス 1908 · フレッド・アレクサンダー 1909 · アンソニー・ワイルディング 1910 · ロドニー・ヒース 1911 · ノーマン・ブルックス 1912 · ジェームズ・パーク 1913 · アーニー・パーカー 1914 · アーサー・オハラウッド 1915 · ゴードン・ロウ 1916-18 第一次世界大戦 1919 · アルガーノン・キングスコート 1920 · パット・オハラウッド 1921 · リス・ゲメル 1922 · ジェームズ・アンダーソン 1923 · パット・オハラウッド 1924・25 · ジェームズ・アンダーソン 1926 · ジョン・ホークス 1927 · ジェラルド・パターソン 1928 · ジャン・ボロトラ 1929 · コリン・グレゴリー 1930 · エドガー・ムーン 1931-33 · ジャック・クロフォード 1934 · フレッド・ペリー 1935 · ジャック・クロフォード 1936 · エイドリアン・クイスト 1937 · ビビアン・マグラス 1938 · ドン・バッジ 1939 · ジョン・ブロムウィッチ 1940 · エイドリアン・クイスト 1941-45 第二次世界大戦 1946 · ジョン・ブロムウィッチ 1947 · ディニー・ペイルズ 1948 · エイドリアン・クイスト 1949・50 · フランク・セッジマン 1951 · ディック・サビット 1952 · ケン・マグレガー 1953 · ケン・ローズウォール 1954 · メルビン・ローズ 1955 · ケン・ローズウォール 1956 · ルー・ホード 1957・58 · アシュレー・クーパー 1959 · アレックス・オルメド 1960 · ロッド・レーバー 1961 · ロイ・エマーソン 1962 · ロッド・レーバー 1963-67 · ロイ・エマーソン 1968 · ビル・ボウリー

全豪オープン(オープン化以後)男単 || 女単 | 男複 • 女複 • 混複
表話編歴 全仏テニス選手権(1925–1967)男子シングルス優勝者
1925 ルネ・ラコステ
1926 アンリ・コシェ
1927 ルネ・ラコステ
1928 アンリ・コシェ
1929 ルネ・ラコステ
1930 アンリ・コシェ
1931 ジャン・ボロトラ
1932 アンリ・コシェ
1933 ジャック・クロフォード
1934 ゴットフリート・フォン・クラム
1935 フレッド・ペリー
1936 ゴットフリート・フォン・クラム
1937 ヘンナー・ヘンケル
1938 ドン・バッジ
1939 ドン・マクニール
1940-45 第二次世界大戦
1946 マルセル・ベルナール
1947 ヨージェフ・アシュボード
1948・49 フランク・パーカー
1950 バッジ・パティー
1951・52 ヤロスラフ・ドロブニー
1953 ケン・ローズウォール
1954・55 トニー・トラバート
1956 ルー・ホード
1957 スベン・デビッドソン
1958 メルビン・ローズ
1959・60 ニコラ・ピエトランジェリ
1961 マニュエル・サンタナ
1962 ロッド・レーバー
1963 ロイ・エマーソン
1964 マニュエル・サンタナ
1965 フレッド・ストール
1966 トニー・ローチ
1967 ロイ・エマーソン
全仏オープン(オープン化以後)男単 || 女単 | 男複 | 女複 | 混複
表話編歴 ウィンブルドン(1877–1967)男子シングルス優勝者
(1877年)スペンサー・ゴア
(1878年)フランク・ハドー
(1879年・80年)ジョン・ハートリー
(1881年-86年)ウィリアム・レンショー
(1887年)ハーバート・ローフォード
(1888年)アーネスト・レンショー
(1889年)ウィリアム・レンショー
(1890年)ウィロビー・ハミルトン
(1891年・92年)ウィルフレッド・バデリー
(1893年・94年)ジョシュア・ピム
(1895年)ウィルフレッド・バデリー
(1896年)ハロルド・マホニー
(1897年-1900年)レジナルド・ドハティー
(1901年)アーサー・ゴア
(1902年-06年)ローレンス・ドハティー
(1907年)ノーマン・ブルックス
(1908年・09年)アーサー・ゴア
(1910年-13年)アンソニー・ワイルディング
(1914年)ノーマン・ブルックス
1915年-18年 第一次世界大戦
(1919年)ジェラルド・パターソン
(1920年・21年)ビル・チルデン
(1922年)ジェラルド・パターソン
(1923年)ビル・ジョンストン
(1924年)ジャン・ボロトラ
(1925年)ルネ・ラコステ
(1926年)ジャン・ボロトラ
(1927年)アンリ・コシェ
(1928年)ルネ・ラコステ
(1929年)アンリ・コシェ
(1930年)ビル・チルデン
(1931年)シドニー・ウッド
(1932年)エルスワース・バインズ
(1933年)ジャック・クロフォード
(1934年-36年)フレッド・ペリー
(1937年・38年)ドン・バッジ
(1939年)ボビー・リッグス
1940年-45年 第二次世界大戦
(1946年)イボン・ペトラ
(1947年)ジャック・クレーマー
(1948年)ボブ・ファルケンバーグ
(1949年)テッド・シュローダー
(1950年)バッジ・パティー
(1951年)ディック・サビット
(1952年)フランク・セッジマン
(1953年)ビック・セイシャス
(1954年)ヤロスラフ・ドロブニー
(1955年)トニー・トラバート
(1956年・57年)ルー・ホード
(1958年)アシュレー・クーパー
(1959年)アレックス・オルメド
(1960年)ニール・フレーザー
(1961年・62年)ロッド・レーバー
(1963年)チャック・マッキンリー
(1964年・65年)ロイ・エマーソン
(1966年)マニュエル・サンタナ
(1967年)ジョン・ニューカム
一覧
表話編歴 全米テニス選手権(1881–1967)男子シングルス優勝者
(1881年-87年)リチャード・シアーズ
(1888年・89年)ヘンリー・スローカム
(1890年-92年)オリバー・キャンベル
(1893年・94年)ロバート・レン
(1895年)フレッド・ホビー
(1896年・97年)ロバート・レン
(1898年-1900年)マルコム・ホイットマン
(1901年・02年)ウィリアム・ラーンド
(1903年)ローレンス・ドハティー
(1904年)ホルコム・ウォード
(1905年)ビールズ・ライト
(1906年)ウィリアム・クローシャー
(1907年-11年)ウィリアム・ラーンド
(1912年・13年)モーリス・マクローリン
(1914年)リチャード・ウィリアムズ
(1915年)ビル・ジョンストン
(1916年)リチャード・ウィリアムズ
(1917年・18年)リンドレイ・マレー
(1919年)ビル・ジョンストン
(1920年-25年)ビル・チルデン
(1926年・27年)ルネ・ラコステ
(1928年)アンリ・コシェ
(1929年)ビル・チルデン
(1930年)ジョン・ドエグ
(1931年・32年)エルスワース・バインズ
(1933年・34年)フレッド・ペリー
(1935年)ウィルマー・アリソン
(1936年)フレッド・ペリー
(1937年・38年)ドン・バッジ
(1939年)ボビー・リッグス
(1940年)ドン・マクニール
(1941年)ボビー・リッグス
(1942年)テッド・シュローダー
(1943年)ジョー・ハント
(1944年・45年)フランク・パーカー
(1946年・47年)ジャック・クレーマー
(1948年・49年)パンチョ・ゴンザレス
(1950年)アーサー・ラーセン
(1951年・52年)フランク・セッジマン
(1953年)トニー・トラバート
(1954年)ビック・セイシャス
(1955年)トニー・トラバート
(1956年)ケン・ローズウォール
(1957年)マルコム・アンダーソン
(1958年)アシュレー・クーパー
(1959年・60年)ニール・フレーザー
(1961年)ロイ・エマーソン
(1962年)ロッド・レーバー
(1963年)ラファエル・オスナ
(1964年)ロイ・エマーソン
(1965年)マニュエル・サンタナ
(1966年)フレッド・ストール
(1967年)ジョン・ニューカム
全米オープン(オープン化以後)男単 || 女単 | 男複 • 女複 • 混複
表話編歴 全豪テニス選手権(1905–1968)男子ダブルス優勝者
1905 ランドルフ・ライセット&トム・タッチェル
1906 ロドニー・ヒース&アンソニー・ワイルディング
1907 ハリー・パーカー&ビル・グレッグ
1908 フレッド・アレクサンダー&アルフレッド・ダンロップ
1909 アーニー・パーカー&J・V・キーン
1910 ホーレス・ライス&アシュレー・キャンベル
1911 ロドニー・ヒース&ランドルフ・ライセット
1912 ジェームズ・パーク&チャールズ・ディクソン
1913 アーニー・パーカー&アルフ・ヘデマン
1914 ジェラルド・パターソン&アシュレー・キャンベル
1915 ホーレス・ライス&クラレンス・トッド
1916-18 第一次世界大戦
1919・20 パット・オハラウッド&ロナルド・トーマス
1921 リス・ゲメル&スタンレー・イートン
1922 ジェラルド・パターソン&ジョン・ホークス
1923 パット・オハラウッド&バート・セント・ジョン
1924 ノーマン・ブルックス&ジェームズ・アンダーソン
1925 ジェラルド・パターソン&パット・オハラウッド
1926・27 ジェラルド・パターソン&ジョン・ホークス
1928 ジャン・ボロトラ&ジャック・ブルニョン
1929・30 ジャック・クロフォード&ハリー・ホップマン
1931 ジチャールズ・ドノホー&レイ・ダンロップ
1932 ジャック・クロフォード&エドガー・ムーン
1933 エルスワース・バインズ&キース・グレッドヒル
1934 フレッド・ペリー&ジョージ・ヒューズ
1935 ジャック・クロフォード&ビビアン・マグラス
1936・37 エイドリアン・クイスト&ドン・ターンブル
1938-40 エイドリアン・クイスト&ジョン・ブロムウィッチ
1941-45 第二次世界大戦
1946-50 エイドリアン・クイスト&ジョン・ブロムウィッチ
1951・52 フランク・セッジマン&ケン・マグレガー
1953 ケン・ローズウォール&ルー・ホード
1954 メルビン・ローズ&レックス・ハートウィグ
1955 ビック・セイシャス&トニー・トラバート
1956 ケン・ローズウォール&ルー・ホード
1957 ルー・ホード&ニール・フレーザー
1958 アシュレー・クーパー&ニール・フレーザー
1959-61 ロッド・レーバー&ボブ・マーク
1962 ロイ・エマーソン&ニール・フレーザー
1963・64 フレッド・ストール&ボブ・ヒューイット
1965 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
1966 ロイ・エマーソン&フレッド・ストール
1967 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
1968 ディック・クリーリー&アラン・ストーン
全豪オープン(オープン化以後)男複 || 男単 • 女単 | 女複 • 混複
表話編歴 全仏テニス選手権(1925–1967)男子ダブルス優勝者
1925 ジャン・ボロトラ&ルネ・ラコステ
1926 ビンセント・リチャーズ&ハワード・キンゼイ
1927 アンリ・コシェ&ジャック・ブルニョン
1928 ジャン・ボロトラ&ジャック・ブルニョン
1929 ジャン・ボロトラ&ルネ・ラコステ
1930 アンリ・コシェ&ジャック・ブルニョン
1931 ジョージ・ロット&ジョン・バン・リン
1932 アンリ・コシェ&ジャック・ブルニョン
1933 フレッド・ペリー&ジョージ・ヒューズ
1934 ジャン・ボロトラ&ジャック・ブルニョン
1935 ジャック・クロフォード&エイドリアン・クイスト
1936 ジャン・ボロトラ&マルセル・ベルナール
1937 ゴットフリート・フォン・クラム&ヘンナー・ヘンケル
1938 イボン・ペトラ&ベルナール・デストレモー
1939 チャールズ・ハリス&ドン・マクニール
1940-45 第二次世界大戦
1946 イボン・ペトラ&マルセル・ベルナール
1947 エリック・スタージェス・ユースタス・ファニン
1948 ヤロスラフ・ドロブニー&レナート・ベルゲリン
1949 パンチョ・ゴンザレス&フランク・パーカー
1950 ビル・タルバート&トニー・トラバート
1951・52 フランク・セッジマン&ケン・マグレガー
1953 ケン・ローズウォール&ルー・ホード
1954・55 ビック・セイシャス&トニー・トラバート
1956 ドン・キャンディ・ロバート・ペリー
1957 アシュレー・クーパー&マルコム・アンダーソン
1958 アシュレー・クーパー&ニール・フレーザー
1959 ニコラ・ピエトランジェリ&オーランド・シロラ
1960-62 ロイ・エマーソン&ニール・フレーザー
1963 ロイ・エマーソン&マニュエル・サンタナ
1964 ロイ・エマーソン&ケン・フレッチャー
1965 ロイ・エマーソン&フレッド・ストール
1966 デニス・ラルストン&クラーク・グレーブナー
1967 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
全仏オープン(オープン化以後)男複 || 男単 | 女単 | 女複 | 混複
表話編歴 全仏テニス選手権(1925–1967)混合ダブルス優勝者
1925・26 ジャック・ブルニョン&スザンヌ・ランラン
1927 ジャン・ボロトラ&マルグリット・ブロクディス
1928・29 アンリ・コシェ&アイリーン・ベネット
1930 ビル・チルデン&シリー・アウセム
1931 パトリック・スペンス&ベティ・ナットール
1932 フレッド・ペリー&ベティ・ナットール
1933 ジャック・クロフォード&マーガレット・スクリブン
1934 ジャン・ボロトラ・コレット・ロザンベール
1935 マルセル・ベルナール&ロレット・パヨー
1936 マルセル・ベルナール&ビリー・ヨーク
1937 イボン・ペトラ&シモーヌ・マチュー
1938 ドラグティン・ミティッチ・シモーヌ・マチュー
1939 エルウッド・クック&サラ・ファビアン
1940-45 第二次世界大戦
1946 バッジ・パティー&ポーリーン・ベッツ
1947 エリック・スタージェス・シーラ・サマーズ
1948 ヤロスラフ・ドロブニー&パトリシア・カニング・トッド
1949 エリック・スタージェス・シーラ・サマーズ
1950 エンリケ・モレア&バーバラ・スコフィールド
1951・52 フランク・セッジマン&ドリス・ハート
1953 ビック・セイシャス&ドリス・ハート
1954 ルー・ホード&モーリーン・コノリー
1955 ゴードン・フォーブス&ダーリーン・ハード
1956 ルイス・アヤラ&テルマ・コイン・ロング
1957 イリ・ヤホルスキ・ベラ・プツェヨワ
1958 ニコラ・ピエトランジェリ&シャーリー・ブルーマー
1959 ウィリアム・ナイト・ヨラ・ラミレス
1960 ロバート・ハウ&マリア・ブエノ
1961 ロッド・レーバー&ダーリーン・ハード
1962 ロバート・ハウ&レネ・シュールマン
1963-65 ケン・フレッチャー&マーガレット・スミス
1966 フルー・マクミラン&アネッテ・バン・ジル
1967 オーウェン・デビッドソン&ビリー・ジーン・キング
全仏オープン(オープン化以後)混複 || 男単 | 女単 | 男複 | 女複
表話編歴 ウィンブルドン(1913–1967)混合ダブルス優勝者10年代
(1913年)ホープ・クリスプ&アグネス・タッキー
(1914年)ジェームズ・パーク&エセル・トムソン・ラーコム
1915年-18年 第一次世界大戦
(1919年)ランドルフ・ライセット&エリザベス・ライアン20年代
(1920年)ジェラルド・パターソン&スザンヌ・ランラン
(1921年)ランドルフ・ライセット&エリザベス・ライアン
(1922年)パット・オハラウッド&スザンヌ・ランラン
(1923年)ランドルフ・ライセット&エリザベス・ライアン
(1924年)ジョン・ギルバート&キティ・マッケイン
(1925年)ジャン・ボロトラ&スザンヌ・ランラン
(1926年)レスリー・ゴッドフリー&キティ・ゴッドフリー
(1927年)フランシス・ハンター&エリザベス・ライアン
(1928年)パトリック・スペンス&エリザベス・ライアン
(1929年)フランシス・ハンター&ヘレン・ウィルス30年代
(1930年)ジャック・クロフォード&エリザベス・ライアン
(1931年)ジョージ・ロット&アンナ・ハーパー
(1932年)エンリケ・マイアー&エリザベス・ライアン
(1933年)ゴットフリート・フォン・クラム&ヒルデ・クラーヴィンケル
(1934年)三木龍喜&ドロシー・ラウンド
(1935年・36年)フレッド・ペリー&ドロシー・ラウンド
(1937年・38年)ドン・バッジ&アリス・マーブル
(1939年)ボビー・リッグス&アリス・マーブル40年代
1940年-45年 第二次世界大戦
(1946年)トム・ブラウン&ルイーズ・ブラフ
(1947年・48年)ジョン・ブロムウィッチ&ルイーズ・ブラフ
(1949年)エリック・スタージェス&シーラ・サマーズ50年代
(1950年)エリック・スタージェス&ルイーズ・ブラフ
(1951年・52年)フランク・セッジマン&ドリス・ハート
(1953年-55年)ビック・セイシャス&ドリス・ハート
(1956年)ビック・セイシャス&シャーリー・フライ
(1957年)メルビン・ローズ&ダーリーン・ハード
(1958年)ロバート・ハウ&ロレイン・コグラン
(1959年・60年)ロッド・レーバー&ダーリーン・ハード60年代
(1961年)フレッド・ストール&レスリー・ターナー
(1962年)ニール・フレーザー&マーガレット・オズボーン・デュポン
(1963年)ケン・フレッチャー&マーガレット・スミス
(1964年)フレッド・ストール&レスリー・ターナー
(1965年・66年)ケン・フレッチャー&マーガレット・スミス
(1967年)オーウェン・デビッドソン&ビリー・ジーン・キング
一覧
表話編歴 全米テニス選手権(1892-1967)混合ダブルス優勝者
(1892年)クラレンス・ホバート&マーベル・カーヒル
(1893年)クラレンス・ホバート&エレン・ルーズベルト
(1894年-96年)エドウィン・フィッシャー&ジュリエット・アトキンソン
(1897年)D・L・マグルーダー&ローラ・ヘンソン
(1898年)エドウィン・フィッシャー&キャリー・ニーリー
(1899年)アルバート・ホスキンズ&エリザベス・ラストール
(1900年)アルフレッド・コッドマン&マーガレット・ハンネウェル
(1901年)レイモンド・リトル&マリオン・ジョーンズ
(1902年)ウィリー・グラント&エリザベス・ムーア
(1903年)ハリー・アレン&ヘレン・チャップマン
(1904年)ウィリー・グラント&エリザベス・ムーア
(1905年)クラレンス・ホバート&オーガスタ・シュルツ
(1906年)エドワード・デューハースト&サラ・コフィン
(1907年)ウォレス・F・ジョンソン&メイ・セイヤーズ
(1908年)ナサニエル・ナイルズ&エディット・ロッチ
(1909年)ウォレス・F・ジョンソン&ヘイゼル・ホッチキス
(1910年)ジョセフ・カーペンター&ヘイゼル・ホッチキス
(1911年)ウォレス・F・ジョンソン&ヘイゼル・ホッチキス
(1912年)リチャード・ウィリアムズ&メアリー・ブラウニー
(1913年・14年)ビル・チルデン&メアリー・ブラウニー
(1915年)ハリー・ジョンソン&ヘイゼル・ホッチキス・ワイトマン
(1916年)ウィリス・デービス&エレオノラ・シアーズ
(1917年)アービング・ライト&モーラ・ビュルステット
(1918年)アービング・ライト&ヘイゼル・ホッチキス・ワイトマン
(1919年)ビンセント・リチャーズ&マリオン・ジンダースタイン
(1920年)ウォレス・F・ジョンソン&ヘイゼル・ホッチキス・ワイトマン
(1921年)ビル・ジョンストン&メアリー・ブラウニー
(1922年・23年)ビル・チルデン&モーラ・マロリー
(1924年)ビンセント・リチャーズ&ヘレン・ウィルス
(1925年)ジョン・ホークス&キティ・マッケイン
(1926年)ジャン・ボロトラ&エリザベス・ライアン
(1927年)アンリ・コシェ&アイリーン・ベネット
(1928年)ジョン・ホークス&ヘレン・ウィルス
(1929年)ジョージ・ロット&ベティ・ナットール
(1930年)ウィルマー・アリソン&エディット・クロス
(1931年)ジョージ・ロット&ベティ・ナットール
(1932年)フレッド・ペリー&サラ・ポールフリー
(1933年)エルスワース・バインズ&エリザベス・ライアン
(1934年)ジョージ・ロット&ヘレン・ジェイコブス
(1935年)エンリケ・マイアー&サラ・ポールフリー
(1936年)ジーン・マコ&アリス・マーブル
(1937年)ドン・バッジ&サラ・ファビアン
(1938年)ドン・バッジ&アリス・マーブル
(1939年)ハリー・ホップマン&アリス・マーブル
(1940年)ボビー・リッグス&アリス・マーブル
(1941年)ジャック・クレーマー&サラ・ポールフリー・クック
(1942年)テッド・シュローダー&ルイーズ・ブラフ
(1943年-46年)ビル・タルバート&マーガレット・オズボーン
(1947年)ジョン・ブロムウィッチ&ルイーズ・ブラフ
(1948年)トム・ブラウン&ルイーズ・ブラフ
(1949年)エリック・スタージェス&ルイーズ・ブラフ
(1950年)ケン・マグレガー&マーガレット・オズボーン・デュポン
(1951年・52年)フランク・セッジマン&ドリス・ハート
(1953年-55年)ビック・セイシャス&ドリス・ハート
(1956年)ケン・ローズウォール&マーガレット・オズボーン・デュポン
(1957年)クルト・ニールセン&アリシア・ギブソン
(1958年-60年)ニール・フレーザー&マーガレット・オズボーン・デュポン
(1961年)ボブ・マーク&マーガレット・スミス
(1962年)フレッド・ストール&マーガレット・スミス
(1963年)ケン・フレッチャー&マーガレット・スミス
(1964年)ジョン・ニューカム&マーガレット・スミス
(1965年)フレッド・ストール&マーガレット・スミス
(1966年)オーウェン・デビッドソン&ドナ・フェールズ
(1967年)オーウェン・デビッドソン&ビリー・ジーン・キング
全米オープン(オープン化以後)混複 || 男単 • 女単 | 男複 • 女複表話編歴キャリア・グランドスラム達成 男子シングルス
1933-34-35: フレッド・ペリー
1937-38: ドン・バッジ
1960-61-62: ロッド・レーバー
1961-63-64: ロイ・エマーソン
1992-94-95-99: アンドレ・アガシ
2003-04-09: ロジャー・フェデラー
2005-08-09-10: ラファエル・ナダル
2008-11-16: ノバク・ジョコビッチ
表話編歴世界卓球選手権男子シングルス優勝者

1926年 ヤコビ
1928年 メクロビッツ
1929年 ペリー
1930年 バルナ
1931年 サバドス
1932年 バルナ
1933年 バルナ
1934年 バルナ
1935年 バルナ
1936年 コラー
1937年 バーグマン
1938年 バーナ
1939年 バーグマン
1947年 バーナ
1948年 バーグマン
1949年 リーチ
1950年 バーグマン
1951年 リーチ
1952年 佐藤博治
1953年 シド
1954年 荻村伊智朗
1955年 田中利明
1956年 荻村伊智朗
1957年 田中利明
1959年 容国団
1961年 荘則棟
1963年 荘則棟
1965年 荘則棟
1967年 長谷川信彦
1969年 伊藤繁雄
1971年 ベンクソン
1973年 郗恩庭
1975年 ヨニエル
1977年 河野満
1979年 小野誠治
1981年 郭躍華
1983年 郭躍華
1985年 江加良
1987年 江加良
1989年 ワルドナー
1991年 パーソン
1993年 ガシアン
1995年 孔令輝
1997年 ワルドナー
1999年 劉国梁
2001年 王励勤
2003年 シュラガー
2005年 王励勤
2007年 王励勤
2009年 王皓
2011年 張継科
2013年 張継科
2015年 馬龍
2017年 馬龍
2019年 馬龍
2021: 樊振東 (CHN)

典拠管理
FAST: 140168
GND: 139978267
ISNI: 0000 0000 8271 471X
LCCN: n84126722
VIAF: 77718639
WorldCat Identities: lccn-n84126722

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=フレッド・ペリー&oldid=91217147」から取得
カテゴリ: イングランドのテニス選手イギリスの男子テニス選手イングランドの卓球選手国際テニス殿堂入りの人物複数のスポーツで活躍した選手イギリスの実業家イギリスのファッションブランドストックポート出身の人物1909年生1995年没スポーツウェアのブランド隠しカテゴリ: ウィキデータにあるITF IDFAST識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 2157
再生回数: 6721
[spincontent type=”j”]

フレッド・ペリー Youtube

フレッド・ペリー, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=410497 / CC BY SA 3.0

#イングランドのテニス選手
#イギリスの男子テニス選手
#イングランドの卓球選手
#国際テニス殿堂入りの人物
#複数のスポーツで活躍した選手
#イギリスの実業家
#イギリスのファッションブランド
#ストックポート出身の人物
#1909年生
#1995年没
フレッド・ペリー(Fred Perry, 1909年5月18日 – 1995年2月2日)は、イングランド・ストックポート出身の男子テニス選手。
フルネームは Frederick John Perry (フレデリック・ジョン・ペリー)という。
“イギリスのテニスの神様”として、今なお尊敬を集め続けている名選手である。
4大大会でシングルス通算「8勝」を挙げた。
1934年から1936年にかけて、地元のウィンブルドン選手権で大会3連覇を達成した。
彼以降永らくイギリス人男子が優勝出来なかったためウィンブルドン現象とまで言われるようになっていた。
2013年、アンディ・マリーがウィンブルドンでイギリス人男子として実に77年ぶりの優勝となった。
ウィンブルドン選手権会場にあるフレッド・ペリー像 ペリーは最初は卓球選手として名声があり(1929年、第3回世界卓球選手権ブダペスト大会男子シングルス優勝)、20歳の時にテニスに転向した。
ペリーが手本にした選手は、フランスのアンリ・コシェ(1901年 – 1987年)だったという。
やがてペリーはイギリスのテニス界の第一人者となり、1931年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのイギリス代表となる。
1933年、ペリーはイギリスの「デイリー・テレグラフ」紙の評論家の選考による世界ランキングで2位に入った。
この年の全仏選手権準々決勝で、ペリーは日本の佐藤次郎(同ランキング3位)に敗れたことがある。
1933年の全米選手権で4大大会に初優勝を果たした時から、ペリーの最盛期が始まる。
1934年には全豪選手権、ウィンブルドン選手権、全米選手権の年間3冠を獲得し、この年からイギリス人選手としてウィンブルドン3連覇の偉業を樹立する。
初優勝の時は、前年度の世界ランキング1位だったジャック・クロフォード(オーストラリア、1908年 – 1991年)を 6-3, 6-0, 7-5 で破り、1935年と1936年は2年連続でゴットフリート・フォン・クラム(ドイツ、1909年 – 1976年)を圧倒した。
1935年の全仏選手権で初優勝を飾ったペリーは、男子テニス選手として初めて4大大会のシングルス・タイトルをすべて獲得した選手になった。
これは男子テニス史上初の「キャリア・グランドスラム」達成を意味する。
正真正銘の「年間グランドスラム」は、3年後の1938年にドン・バッジ(アメリカ、1915年 – 2000年)によって実現された。
1936年の全米選手権優勝。
グランドスラム優勝8回はリチャード・シアーズ、ウィリアム・レンショー、ウィリアム・ラーンドを抜いてビル・チルデンに次ぐ歴代2位記録となった(当時)。
その後ペリーはプロテニス選手に転向する。
1938年にペリーはイギリスを離れ、アメリカ市民権を取得した。
第2次世界大戦の期間中はアメリカ空軍に勤務し、終戦後は実業家として生計を立てた。
ペリーは長年にわたってウィンブルドン選手権のラジオ放送解説を担当し、1975年に国際テニス殿堂入りを果たす。
ウィンブルドン選手権の会場内にあるペリーの銅像は、1984年に建立された。
晩年はオーストラリアに定住し、1995年2月2日にオーストラリアのメルボルンの病院で逝去、85歳。
1月末、同市内のホテルに滞在中にろっ骨を折り入院していた。
フレッドペリーのポロシャツ 1952年、ペリーはロンドンで「フレッド・ペリー・スポーツウェア社」を設立した。
このブランドは月桂樹のロゴで広く知られ、テニスウェアとしてだけではなく、1960年代にはモッズと呼ばれた若者にも好んで着られており、現在でも服飾ブランドとしての地位を固めている。
2020年9月、フレッド・ペリーの黒と黄色のポロシャツがアメリカ合衆国の極右グループ「プラウド・ボーイズ」の「非公式な制服」となったことを受けて、フレッド・ペリー社は同アイテムの北米全域での販売を停止し、メンバーらには着るのをやめるよう呼びかけた。
W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期 WG=デビスカップワールドグ…

2. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Yomiuri

Yomiuri
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2326
[spincontent type=”j”]

3. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Asahi Shimbun

朝日新聞
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 朝日新聞で検索した 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する上記の情報が、英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4335
[spincontent type=”j”]

4. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? The Japan Times

The Japan Times
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: ジャパン タイムズで検索した 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する記事のトップです。英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9232
[spincontent type=”j”]

5. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Yomiuri Shimbun

読売新聞
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する詳細情報はすでにありますか? 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 70 90
[spincontent type=”j”]

6. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Mainichi Shimbun

毎日新聞
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 毎日新聞で見つけた 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する上記の情報が、英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4182
[spincontent type=”j”]

7. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Sankei Shimbun

産経新聞
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 産経新聞で検索した 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する記事のトップです。英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3541
[spincontent type=”j”]

8. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2656
[spincontent type=”j”]

9. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Chunichi Shimbun

中日新聞
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 中日新聞で検索した 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する上記の情報が、英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1442
[spincontent type=”j”]

10. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Tokyo Shimbun

東京新聞
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2691
[spincontent type=”j”]

11. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2965
[spincontent type=”j”]

12. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 日刊工業新聞で見つけた 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する上記の情報が、英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8282
[spincontent type=”j”]

13. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Ainu Times

アイヌタイムス
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: アイヌ タイムズで検索した 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する記事のトップです。英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1322
[spincontent type=”j”]

14. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する詳細情報はすでにありますか? 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8493
[spincontent type=”j”]

15. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Chiba Nippo

千葉日報
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 千葉日報で検索した 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する上記の情報が、英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5994
[spincontent type=”j”]

16. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Chugoku Shimbun

中国新聞
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 中国新聞で検索した 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する記事のトップです。英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3485
[spincontent type=”j”]

17. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? Daily Tohoku

デイリー東北
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2783
[spincontent type=”j”]

18. 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

説明: イースタン クロニクルで検索した 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する上記の情報が、英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 80 57
[spincontent type=”j”]

英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? に関する質問

英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか? が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?

英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?
方法英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?
チュートリアル 英国人のフレデリック・ジョン・ペリーは、イギリスの何の神様と 呼ばれていたでしょうか?
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: