あなたは 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 を共有します。 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

だいち まお大地 真央本名
森田 真裕美(もりた まゆみ)生年月日
(1956-02-05) 1956年2月5日(66歳)出生地
兵庫県洲本市[1]国籍
日本身長
166 cm血液型
B型職業
女優ジャンル
舞台・テレビドラマ・映画活動期間
1973年 -活動内容
1973年: 宝塚歌劇団入団1974年: 月組に配属1982年: 月組トップスター就任1985年: 宝塚歌劇団退団。その後、主に舞台女優として活躍。1990年: 松平健と結婚1998年: 第24回菊田一夫演劇大賞受賞2000年: 第22回松尾芸能賞・演劇優秀賞受賞2004年: 松平と離婚2007年: 森田恭通と再婚2011年: 第36回菊田一夫演劇賞特別賞を受賞配偶者
松平健(1990年 – 2004年)[1]森田恭通[1](2007年 – )公式サイト
大地真央オフィシャルWebサイト主な作品
舞台『ロミオとジュリエット』『ガイズ&ドールズ』『二都物語』『風と共に去りぬ』『カルメン』『マイ・フェア・レディ』[1]『サウンド・オブ・ミュージック』『ローマの休日』テレビドラマ『武田信玄』[1]『功名が辻』『MR.BRAIN』『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』『とと姉ちゃん』『越路吹雪物語』映画『日本沈没』
 受賞
第15回菊田一夫演劇賞1990年『マイ・フェア・レディ』(この公演のイライザ役に対し)1998年度文化庁芸術祭賞の大賞・第24回菊田一夫演劇大賞1998年『ローマの休日』第22回松尾芸能賞・演劇優秀賞2000年『ローマの休日』『ミツコ』『ワンス・アポン・ア・マットレス』第36回菊田一夫演劇賞・特別賞2011年『マイ・フェア・レディ』のイライザ役600回以上の公演の偉業に対して備考
宝塚歌劇団卒業生テンプレートを表示大地 真央(だいち まお、1956年2月5日[1] – )は、日本の女優。元宝塚歌劇団月組トップスター[1]。
戸籍名: 森田 真裕美(もりた まゆみ)、旧姓: 多田(ただ)。兵庫県洲本市出身。身長166センチ、血液型B型。愛称は真央、マミ。

来歴・人物[編集]
外国航路船長職・陸軍軍人などの経験をもつ父と横浜市出身の母のもと、三人姉妹の末子として出生。4歳から日本舞踊を始める[2]。
洲本市立洲本第二小学校を卒業、洲本市立洲浜中学校に進学。同校在学中に、ひょんなことから舞台に立ち、その面白さから芸能活動を希望するようになり、父に相談するも猛反対されてしまう。しかし、「宝塚歌劇団なら軍隊なみに規律が厳しいから、ためになるのではないか」との父の軍隊時代の友人の進言があり、受験を許された。
また、いとこにはコマ・スタジアムの社長だった白川公一がおり、毎年「宝塚カレンダー」が送られてきていた[2]。
数か月の受験レッスンを受け、49人中42番目の成績で一発合格[2]。中学卒業後1971年、宝塚音楽学校に入学[3]。
のちトップスターになった時に、試験官だった内海重典に「なぜ私は合格できたのですか?」と問うと「試験では今の状態を見るだけでなく、その子のこれからの可能性を見るのだ。」と返答され「先生、見る目があったわね。」と発言した。
1973年、59期生として宝塚歌劇団に入団。芸名の「真央」は幼い頃から考えていたもので、「大地」は長姉の提案だったという[2]。星組公演『花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク』[4] で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は49人中25番[4]。同期に平みち・姿晴香・四季乃花恵(笹本玲奈の母)・山城はるか・未沙のえる・湖条千秋らがいる。現役では専科所属の一樹千尋がいる。
翌年4月[4]、月組に配属。新進男役スターとして早くから注目される。
1973年、ラジオ番組『MBSヤングタウン』(毎日放送制作)土曜日公開放送(司会: 桂三枝〈現・六代目桂文枝〉)のアシスタントを務める。
1975年、サンミュージックプロダクションのマネージメント協力のもと、アイドルとして『悲しみのアイドル』(日本コロムビア)のレコードリリース・テレビ・CM出演など活動(劇団内のオーディションで決まった約1年半の期限付き活動)を行ってきた。この時のキャッチフレーズは「まぶしいアイドル 太陽の19歳」[2]。活動当初はあまり注目も集まらなかったために、レコードセールスなどは芳しくなかった。その後歌手としての活動は自然消滅している。
舞台では、1976年、『ベルサイユのばらIII』の小公子(役代わり公演ではフェルゼン役)など目立つ役どころを務めるようになる。また新人公演の主役を多数務める。
1980年、当時の月組トップ兼副組長の榛名由梨のもと二番手男役になる。
1981年の本公演『新源氏物語』では日程中数日間主役・榛名にかわり光源氏を演じた。
1982年、『あしびきの山の雫に』で大津皇子を演じる。同公演では入団1年目の黒木瞳が相手役の石川郎女役に大抜擢され、併演のショーでも大地と組んだ。榛名の専科異動に伴い、『愛限りなく/情熱のバルセロナ』で月組トップスターの座に就く。トップ娘役には黒木が就任したが、『愛限りなく』(『春琴抄』)では若手娘役:春風ひとみが相手役となり、『情熱のバルセロナ』ではベテラン女役スターの条はるきも黒木と並び別格スターとして大地の相手役をつとめた。
1984年、自ら劇団に企画を提案し『ガイズ&ドールズ』日本初演でスカイ役を演じた。1985年9月1日[4] に『二都物語/ヒートウェイブ』で黒木と共に退団。以後は女優としてミュージカルなど舞台を中心に活躍をしている。特に『風と共に去りぬ』のスカーレット役・『マイ・フェア・レディ』のイライザ役が当たり役として知られる。イライザ役については、2010年の博多座、中日劇場、東京公演にて卒業[5]。
2010年の『マイ・フェア・レディ』博多座公演初日では、東宝ミュージカル主演2300回を達成し、10月29日には『マイ・フェア・レディ』の主演600回を達成した[6]。
私生活では舞台『風と共に去りぬ』他で共演が多かった松平健と1990年に神前結婚したものの、2004年に離婚。
2007年、12歳年下のインテリアデザイナー森田恭通と再婚[7]。3月14日、ファンクラブの公式ホームページにて婚約を発表。インテリアデザイナーとして東京・大阪・ニューヨーク・香港などにあるレストランやバーの内装デザインをあまた手がける森田との婚約は、多方面から祝福された。7月25日、フランス・シャンパーニュ地方の教会で挙式。日本に帰国後、都内某所にて関係者を招待した結婚披露パーティーを開催。その中には、大地を芸能界のママと慕う神田沙也加も出席した。
2014年、古巣である宝塚歌劇団創立100周年を記念して創立された『宝塚歌劇の殿堂』最初の100人のひとりとして殿堂入りを果たしている。

宝塚歌劇団時代の主な活動[編集]
主な舞台[編集]
1973年

3月 – 4月 「花かげろう」「ラ・ラ・ファンタシーク」(初舞台)
5月 「新・花かげろう」「ラ・ラ・ファンタシーク」
10月 「秋の宝塚踊り」「イフ」1974年

7月 「花のオランダ坂」「インスピレーション」
9月 「秋扇抄」「ベルサイユのばら」 – 新人公演:小公子(本役:常花代)1975年

1月 「春鶯囀」「ラビング・ユー」1976年

3月 「赤と黒」 – 新人公演:フーケ(本役:瀬戸内美八)、「イマージュ」で復帰(東京公演)
5月 – 6月 「スパーク&スパーク」「長靴をはいた猫」 – 6月・新人公演:ジャック(本役:大滝子)
8月 「ベルサイユのばらIII」 – 小公子、(役替りで)フェルゼン(東京公演)
11月 – 12月 「紙すき恋歌」「バレンシアの熱い花」 – 新人公演:ロドリーゴ(本役:瀬戸内美八)1977年

3月 – 5月 「風と共に去りぬ」 – 機関士、4月・新人公演:スカーレット(本役:順みつき)
9月 – 11月
「わが愛しのマリアンヌ」 – 11月・新人公演:クレアント(本役:榛名由梨)
「ボーイ・ミーツ・ガール」1978年

3月 – 5月 「祭りファンタジー」「マイ・ラッキー・チャンス」 – 5月・新人公演:ミスター・ラッキーI(本役:榛名由梨)
6月 「マリウス」 – マリウス(バウホール公演)
8月 – 9月
「隼別王子の叛乱」 – 安麻
「ラブ・メッセージ」
10月 – 11月 中南米公演1979年

2月 – 3月 「日本の恋詩」「カリブの太陽」 – ヘンリー
4月 – 5月 「ロミオとジュリエット」 – ロミオ(バウホール公演)
6月 – 8月
「春愁の記」 – 不動丸
「ラ・ベルたからづか」 – ディガディガの青年
9月 「恋とかもめと六文銭」 – 真田大助(バウホール公演)
11月 「バレンシアの熱い花」 – ロドリーゴ、「ラ・ベルたからづか」(東京公演)1980年

1月 – 2月
「アンジェリク」 – フィリップ・デュ・プレシ・ベリエール侯爵
「仮面舞踏会」
2月 – 3月 「ワンモア・ドリーム」 – マリオン(バウホール公演)
6月 – 8月 「スリナガルの黒水仙」 – ディリプ、「クラシカル・メニュー」 – まぼろし人A、白馬S1981年

1月 – 2月 「ジャンピング!」「新源氏物語」 – 惟光、夕霧(二役)
2月 – 3月 「ディーン」 – ジェームス・ディーン(バウホール公演)
4月 「新源氏物語」 – 惟光、夕霧(二役) ※役代わり公演で光源氏も演じた。(東京公演)
6月 – 8月 「白鳥の道を越えて」 – ギスカール、「ザ・ビッグ・アップル」 – 踊る女
9月 「公開講座」(朝日カルチャーセンター)
11月 – 12月 「天明ふあんたじい」 – 水船隼人(バウホール公演)1982年

2月 – 3月
「あしびきの山の雫に」 – 大津皇子
「ジョリー・シャポー」 – 町の青年A
5月 「DEAN」 – ジェームス・ディーン(西武劇場公演)
8月 「シブーレット」(バウホール公演)
10月 – 11月
「愛限りなく」 – 佐助
「情熱のバルセロナ」 – フランシスコ・ラフォーレ(トップ披露公演演目)1983年

1月 「まい・みらくる」 – クリスタル(バウホール公演)
3月 – 5月
「春の踊り」 – 祐佐、天草四郎
「ムーンライト・ロマンス」 – ミシェル
6月 「恋と十手と千両箱」(バウホール公演)
9月 ディナーショー(新阪急ホテル、パレスホテル)
11月 – 12月
「翔んでアラビアン・ナイト」 – カマラルザーマン、アブリザー(二役)
「ハート・ジャック」 – ハート・ジャッカー1984年

1月 「I am What I am」(バウホール公演)
2月 「公開講座」(朝日カルチャーセンター)
5月 – 6月
「沈丁花の細道」 – 折岩半之助
「ザ・レビューII」 – ジェラール、ビッグランド(二役)
9月 「I am What I am」(西武パルコ公演)
11月 – 12月 「ガイズ&ドールズ」 – スカイ・マスターソン
12月 ディナーショー(新阪急ホテル、パレスホテル)1985年

5月 – 6月
「二都物語」 – シドニー・カートン
「ヒート・ウェーブ」(サヨナラ公演演目)テレビドラマ[編集]
阪急ドラマシリーズ「たすきと包丁」(1974年4月、関西テレビ) ※準レギュラー
連続テレビ小説「虹を織る」(1980年10月 – 1981年4月) – 春風かおる 役
池中玄太80キロ 第2シリーズ 第13話 「数字で決めるな!」(1981年6月27日、日本テレビ系)
愛の讃歌 越路吹雪の青春(1983年5月11日・18日、TBSテレビ) – 主演・越路吹雪 役 前・後編(全2回)宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]
舞台[編集]
1986年

3月 「プリンセス・モリー」 – モリー・トビン(日生劇場)
4月 – 5月 「大地真央リサイタル」(東京パルコ劇場、大阪サンケイホール)
7月 「野田秀樹の十二夜」 – ヴァイオラ、セバスチャン(二役)(日生劇場)1987年

3月 – 4月 「風と共に去りぬ」 – スカーレット(帝国劇場)
6月 – 7月 「大地真央リサイタル」(東京パルコ劇場、愛知文化講堂、大阪サンケイホール)
10月 「王子と踊り子」 – メアリー(青山劇場)1988年

5月 – 6月 「羅因伝説」(新橋演舞場)
7月 – 8月 「大地真央リサイタル」(東京パルコ劇場、大阪サンケイホール、愛知厚生年金会館)1989年

1月 – 2月 「カルメン」 – カルメン(青山劇場)
6月 「スーパーオペラ・海光」(横浜アリーナ)
8月 「エニシング・ゴーズ」 – リノ・スウィーニー(日生劇場)
10月 – 11月 「大地真央リサイタル」(東京パルコ劇場,大阪サンケイホール)1990年

3月 – 4月 「マイ・フェア・レディ」 – イライザ(帝国劇場) ※この公演のイライザ役に対し第十五回菊田一夫演劇賞を受賞
7月 「エニシング・ゴーズ」(近鉄劇場)
10月 「20世紀号に乗って」(青山劇場)1991年

7月 「エニシング・ゴーズ」(日生劇場)
8月 「エニシング・ゴーズ」(中日劇場) ※この公演の演技に対し名古屋演劇ペンクラブ受賞
11月 「大地真央リサイタル」(東京、大阪、神戸)1992年

3月 – 4月 「サウンド・オブ・ミュージック」 – マリア(青山劇場)
9月 日中国交20周年記念公演「チンギス・ハーン わが剣熱砂を染めよ」(北京二十一世紀劇場) ※特別出演1993年

4月 – 5月 「大地真央舞台生活20周年記念リサイタル」(東京パルコ劇場、大阪サンケイホール)
7月 「マイ・フェア・レディ」(劇場飛天)
11月 「レディ・ビー・グッド!」 – スージー(青山劇場)1994年

9月 「マイ・フェア・レディ」(帝国劇場)
11月 「恋らんまん」 – 千姫(新橋演舞場)1995年

4月 「サウンド・オブ・ミュージック」(帝国劇場)
5月 「サウンド・オブ・ミュージック」(中日劇場)
8月 「サウンド・オブ・ミュージック」(劇場飛天)
10月 「アイリーン」 – アイリーン(日生劇場)1996年

2月 – 4月 「スカーレット」- スカーレット(帝国劇場) ※風と共に去りぬの続編の舞台化
10月 「エニシング・ゴーズ」(青山劇場)
11月 – 12月 全国12ヵ所コンサート「voyage」1997年

4月 「マイ・フェア・レディ」(帝国劇場)
5月 「マイ・フェア・レディ」(劇場飛天)
9月 – 10月 「クレオパトラ」 – クレオパトラ(日生劇場)
11月 「クレオパトラ」(大阪松竹座)1998年

3月 – 4月 「サウンド・オブ・ミュージック」(日生劇場)
5月 「アイリーン」(日生劇場)
6月 – 7月 25thリサイタル「Mindage」(名古屋、大阪、東京)
10月 「ローマの休日」 – アン王女(青山劇場)
11月 「ローマの休日」(劇場 飛天)※この公演の演技に対し平成10年度文化庁芸術祭賞の大賞を受賞。第二十四回菊田一夫演劇大賞受賞1999年

2月 – 3月 「マイ・フェア・レディ」(帝国劇場)
5月 「ローマの休日」(中日劇場)
7月 「ローマの休日」(博多座)
10月 – 11月 青山劇場 「カルメン」(青山劇場)
12月 – 1月 グランドショー「MAny moons agO」(大阪、福岡、山梨、東京)2000年

3月 – 4月 「ローマの休日」(帝国劇場)
6月 「ミツコ」クーデンホーフ・ミツコ(新橋演舞場)
8月 「サウンド・オブ・ミュージック」(梅田コマ劇場)
11月 「ワンス・アポン・ア・マットレス」 – ウィニフレッド姫(青山劇場)
12月 大地真央グランドショー「MAny moons agO II」(梅田コマ劇場)
この年に上演した「ローマの休日」「ミツコ」「ワンス・アポン・ア・マットレス」の演技に対し第22回松尾芸能賞・演劇優秀賞を受賞2001年

1月 大地真央グランドショー「MAny moons agO II」(東京国際フォーラム)
3月 「カルメン」(中日劇場)
7月 – 8月 「風と共に去りぬ」-スカーレット(帝国劇場) ※東宝ミュージカル版
10月 「カルメン」(梅田コマ劇場)
12月 大地真央グランドショー「MAny moons agO III」(梅田コマ劇場)2002年

1月 大地真央グランドショー「MAny moons agO III」(東京国際フォーラム)
3月 「パナマ・ハッティー」 – ハッティー(帝国劇場)
5月 「マイ・フェア・レディ」(中日劇場)
7月 「マイ・フェア・レディ」(博多座)
10月 「椿姫」 – マルグリット(新橋演舞場)
12月 「風と共に去りぬ」(梅田コマ劇場)2003年

1月 「風と共に去りぬ」(梅田コマ劇場)
4月 「風と共に去りぬ」(中日劇場)
5月 「風と共に去りぬ」(帝国劇場)
10月 – 11月 「十二夜」 – ヴァイオラ(帝国劇場)2004年

2月 「椿姫」(松竹座)
5月 「サウンド・オブ・ミュージック」(博多座)
8月 「マイ・フェア・レディ」(梅田コマ劇場)
11月 「マリー・アントワネット」 – マリー・アントワネット(新橋演舞場)(ミュージカル「マリー・アントワネット」とは別作品)2005年

4月 「トスカ」 – フロリア・トスカ(草月ホール)(同名オペラの原作の戯曲)
4月 「トスカ」(シアタードラマシティ)
5月 「トスカ」(りゅーとぴあ)
8月 「大地真央コンサート2005 Proof of Brightness」(紀尾井ホール)
8月 「大地真央コンサート2005 Proof of Brightness」(いずみホール)
11月 「マイ・フェア・レディ」(帝国劇場)
12月 X’mas ディナーショー(全国4ヶ所)2006年

5月 「マリー・アントワネット」(松竹座)
8月 「十二夜」(中日劇場)
9月 「十二夜」(波切ホール)
10月 「風と共に去りぬ」(博多座)
12月 「紫式部ものがたり」(日生劇場) – 紫式部、光源氏(二役)2007年

4月 – 7月 「マイ・フェア・レディ」(全国ツアー)
11月 「女ねずみ小僧」(明治座)2008年

3月 「紫式部物語」(松竹座)
8月 「紫式部物語」(大阪松竹座)
11月 – 12月 「月の輝く夜に」(ル・テアトル銀座他、神戸、名古屋、岸和田、広島)2009年

4月 「マイ・フェア・レディ」(帝国劇場)
7月 「ガブリエル・シャネル」(新橋演舞場)2010年

9月 「ヘッダ・ガーブレル」(新国立劇場 小ホール)
10月 「マイ・フェア・レディ」(博多座、中日劇場、JBCホール)2011年

5月 「ガブリエル・シャネル」(日生劇場)
12月 – 2012年1月 「8人の女たち」(ル・テアトル銀座、森ノ宮ピロティホール)2012年

8月 「大江戸緋鳥808」(明治座)2013年

9月 「40カラット」(大阪松竹座、東京芸術劇場プレイハウス)2014年

1月「コンダーさんの恋 〜鹿鳴館騒動記〜」(明治座)
11月 – 12月 「夫が多すぎて」(シアタークリエ)2015年

6月「熱海五郎一座 爆笑ミステリー プリティウーマンの勝手にボディガード」(新橋演舞場)2016年

10月 – 12月 「一人二役 〜殺したいほどジュテーム〜」(シアター1010、シアタークリエ ほか)フランソワーズ 役 [8]2017年

7月 「ふるあめりかに袖はぬらさじ」(明治座)
11月 – 12月「夫婦漫才」(博多座、新歌舞伎座、シアター1010)2018年

8月 – 9月 大地真央ディナーショー「Muse」(京王プラザホテルコンコードボールルーム、加賀屋コンベンションホール「飛鳥」、ホテルハマツ「平安の間」)2019年

2月 「夫婦漫才」(明治座、新歌舞伎座ほか)2020年

10月 – 11月 「おかしな二人」(シアタークリエ)2021年

2月 – 3月 「ローズのジレンマ」 (シアタークリエ、新歌舞伎座、刈谷市総合文化センターアイリス)
10月 – 11月 「夫婦漫才」(シアター1010、新歌舞伎座、博多座、御園座)テレビドラマ[編集]
武蔵坊弁慶(1986年、NHK) – 巴御前 役
スペシャルドラマ「チャオチャオたこかいな〜たこやきルネッサンスや。〜」(1986年、毎日放送) – 主演・田代優子 役
大河ドラマ(NHK)
武田信玄(1988年) – 里美 役
功名が辻(2006年) – 市 役
女ねずみ小僧[1](1989年、フジテレビ系) – 主演・お凛 役
天国から北へ3キロ(1991年、フジテレビ系) – 主演・千代田たま子 役
土曜ワイド劇場
「花嫁の鮮やかな完全犯罪」(1993年、テレビ朝日系) – 主演
「犯罪被害者相談室〜癒やしの事件簿〜」(2007年3月31日、朝日放送系) – 主演・藤井若葉 役
「天才刑事・野呂盆六8・見知らぬ他人〜悪女の完全犯罪!」(2013年8月10日、朝日放送系) – 三俣東見 役
世にも奇妙な物語春の特別編「ある朝パニック」(1994年、フジテレビ系) – 主演
金曜エンタテイメント春の特別企画第三弾「ざけんなヨ!!6・家を買ってみたものの」(1994年4月15日、フジテレビ系) – 主演・滝沢亮子 役
竜馬がゆく(1997年、TBS) – 坂本乙女 役
古畑任三郎 第3シリーズ 第31回「アリバイの死角」(1999年5月4日、フジテレビ系) – 金森晴子 役
愛の家〜泣き虫サトと7人の子〜(2003年、NHK) – 主演・五十嵐サト 役
西遊記(2006年、フジテレビ系) – 羅刹女 役
MR.BRAIN(2009年、TBS) – 佐々未春 役
金曜プレステージ特別企画「刑事・鳴沢了2〜偽りの聖母〜(2011年5月20日、フジテレビ系) – 小山内清美 役
リッチマン、プアウーマン(2012年、フジテレビ系) – 藤川真沙子 役
東京バンドワゴン〜下町大家族物語 第7話(2013年11月23日、日本テレビ系) – 池沢百合枝 役
死刑台の72時間(2013年11月26日・12月3日、NHK BSプレミアム) – 薫 役
金曜ロードSHOW!「ヒガンバナ〜女たちの犯罪ファイル」(2014年10月24日、日本テレビ系) – 瀬川すみれ 役
プレミアムよるドラマ「その男、意識高い系。」(2015年、NHK BSプレミアム) – 早乙女蘭子 役
金曜プレミアム アンダーウェア(2015年11月13日 – 12月4日、全4話、フジテレビ) – 南上マユミ 役
ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜(2016年1月13日 – 3月16日、日本テレビ系) – 瀬川すみれ 役[9]
連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016年4月 – 10月、NHK総合) – 青柳滝子 役[10]
女たちの特捜最前線 最終話(2016年8月25日、テレビ朝日) – 河原崎時恵 役
勇者ヨシヒコと導かれし七人 第7話(2016年11月18日、テレビ東京) – レオパルド(ひとみ) 役[11]
二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった(2017年3月25日・26日、テレビ朝日) – 星空綾子 役
釣りバカ日誌 Season2 〜新入社員 浜崎伝助〜 第6話 (2017年5月26日、テレビ東京) – 三輪修子 役
警視庁・捜査一課長 Season2 第7話(2017年6月1日、テレビ朝日) ‐ 仙道香奈恵 役
ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第5期(2017年10月 – 12月、テレビ朝日) – 志村まどか 役
命売ります 第6話(2018年2月28日、BSジャパン) – 結城みさと(占い師) 役
越路吹雪物語(2018年1月30日 – 3月30日、テレビ朝日) – 主演・越路吹雪 役
ぬけまいる〜女三人伊勢参り(2018年10月 – 12月、NHK総合) – お凛 役
相棒 season17 第10話「ディーバ」(2019年1月1日、テレビ朝日) – 神崎瞳子 役
ドラマスペシャル アガサ・クリスティ 予告殺人(2019年4月14日、テレビ朝日) – 黒岩怜里 役
伝説のお母さん(2020年、NHK総合) – 魔王 役
連続ドラマW「大江戸グレートジャーニー 〜ザ・お伊勢参り〜」第6話(2020年7月11日、WOWOW) – 麗光院 役 ※ 全編で語りを担当[12]
最高のオバハン 中島ハルコ(2021年4月10日 – 5月29日、フジテレビ) – 主演・中島ハルコ 役[13]
正直不動産(2022年4月5日 – 6月7日、NHK総合) – マダム 役[14]
特捜9 Season5 第7話(2022年5月18日、テレビ朝日) – 三条祐子 役Web配信ドラマ[編集]
アンダーウェア(2015年秋、Netflix) – 南上マユミ 役 ※配信後にフジテレビ系列で放送[15]映画[編集]
エンジェル 僕の歌は君の歌(1992年) – 神係爽子 役
日本沈没(2006年) – 鷹森沙織 役
映画 クロサギ(2008年) – さくらママ(染谷綾子) 役
R100(2013年)
高台家の人々(2016年)[16]
母性(2022年公開予定)[17]テレビアニメ[編集]
NO.6(2011年、フジテレビ系) – エリウリアス 役劇場アニメ[編集]
劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム(2011年、東宝) – ジャンタ 役吹き替え[編集]
ナルニア国物語シリーズ – 白い魔女〈ティルダ・スウィントン〉
ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女(2006年)[18]
ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛(2008年)
ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島(2011年)[19]
SING/シングシリーズ – ナナ・ヌードルマン〈ジェニファー・ソーンダース〉
SING/シング(2017年)[20]
SING/シング: ネクストステージ(2022年)[21]バラエティ[編集]
キミハ・ブレイク 世界の恐怖映像50連発 2009!(2009年1月13日、TBS)チュートリアルとともに司会を務めた
DON!(2010年3月30日 – 2011年3月25日、日本テレビ) – 火曜日レギュラー
〜どうぶつ冒険バラエティ〜ワンダ!(2011年10月14日 – 2012年9月7日、テレビ東京) – レギュラー
象印クイズヒントでピント(1979年3月11日(第2回)[22]〜1979年6月17日(第16回)、女性軍3枠レギュラー解答者)
いのちの響(TBS)
コントの劇場 〜The Actors’ Comedy〜(NHKBSプレミアム)
「エチカの鏡〜ココロにキクTV〜」(フジテレビ) – 不定期出演他CM[編集]
雪印乳業 宝石箱(1980年代初頭)
サッポロビール ひとくち生(1984年)
宝酒造 紹興酒(1986年)「氷を浮かべて、上海ロック」篇
くにうみの祭典(1985年)
興和 アノンコーワ(1980年代中盤-後半)
日本生命 女性向け保険CM・ナイスデイ(1988年)※地方の理容店で働く女性という設定でCMに登場。
三洋電機 ルームエアコン PUROO (1990年)
銀座ステファニー化粧品 企業CM(2002年 – 2003年)※現在CMは放送されていないが、継続して同社のイメージキャラクターを務めている。
キリンビバレッジ 上海冷茶(2004年)
近未來通信 adomo(2004年)
サントリーフーズ BOSS・ファーストクラス(2009年)
アイフル(2018年 – )いずれも今野浩喜と共演
「試食」篇
「庭掃除」篇
「結婚式」篇
「本当の愛」篇
「車掌」篇
「写真撮影会」篇
「映画館」篇(2019年10月7日 – )[23]
「動画SNS」篇(2020年1月6日 – )[24]
「デリバリー女将」篇(2020年4月20日 – )[25]
「アーティスティックスイミングの美女」篇(2020年8月26日 – )[26]
「CG女将」篇(2020年11月26日 – )[27]
「愛のポエム」篇(2020年12月25日 – )[28]
「ポスター」篇(2021年5月10日 – )[29]
「ビューティフルファイター」篇(2021年7月17日 – )[30]
「和尚女将」篇(2021年11月1日 – )[31]
「最強女将」篇(2022年2月21日 – )[32]
「現代文講師」篇(2022年5月9日 – )[33]
UQコミュニケーションズ「UQモバイル」『シニア三姉妹』篇(2020年8月7日 – ) – 松坂慶子、田中美佐子と共演[34]ディスコグラフィ[編集]
シングル[編集]
#
発売日
A/B面
タイトル
作詞
作曲
編曲
規格品番
日本コロムビア
1

1975年3月1日
A面
悲しみのアイドル

橋本淳

中村泰士

高田弘

P-395
B面
私生活
2

1975年10月1日
A面
みずうみ

山川啓介

馬飼野康二

P-433
B面
最後のおねがい
3

1977年1月1日
A面
霧のシベール

里中満智子

佐瀬寿一

PK-40
B面
愛について
4

1977年4月1日
A面
君はマグノリアの花の如く

植田紳爾

都倉俊一

PK-49
B面
幸せはどこ
都倉俊一
田辺信一
ビクター
5

1980年2月21日
A面
マイ・ジュエリー・ラブ

篠塚満由美

馬飼野康二

KV-1036
B面
南風
くぎ哲朗
戸塚修
CBS・ソニー
6

1980年4月21日
A面
ボートピア’81がやって来る[35]
内海重典
寺田瀧雄

小谷充

06SH-748
B面
ボートピア’81音頭
阿古健
中元清純
Invitation
7

1982年3月21日
A面
またね
嶺岸未来

小笠原寛

VIHX-1569
B面
Strange Affair
丸山圭子
8

1984年5月21日
A面
この愛よ永遠に
小原弘稔
吉崎憲治

小笠原寛

VIHX-1634
B面
タモリさんが作った歌

森田一義
9

1985年8月21日
A面
NEXT DOOR
秋元康
岸正之
上柴はじめ

VIHX-1634
B面
海をみつめて
安井かずみ
宮川泰
谷口雅洋
ポニーキャニオン
10

1988年6月21日
A面
蒼い地球の女

及川眠子
中崎英也

西平彰

7A-0868
B面
WONDERFUL LIFE
C.Vearncombe
11

1988年8月21日
A面
真夜中のライオン

八田雅弘

7A-0887
B面
ARIA
日本コロムビア
12

1998年4月21日
01
今宵満月

及川眠子
都志見隆
坂本昌之

CODA-1481
02
シングル・ モード
羽田一郎
岩崎文紀
13

2000年12月1日
01
PARTNERSHIP

松任谷由実
川口講一

CODA-1920
02
失恋
新川博
徳間ジャパン
14

2009年4月8日
01
あなたがすき

吉田隆

沢田完

TKCA-73418
02
私はうた
企画シングル[編集]
恋の曼陀羅(1980年/CBS・ソニー、07SH-906)
作詞:田辺聖子、柴田侑宏/作曲・編曲:寺田瀧雄
I LOVE BIG APPLE(1981年/CBS・ソニー、07SH-1006)
作詞:酒井澄夫/作曲・編曲:寺田瀧雄
SO NICE DAY/アスファルトはフリー(1984年/プロモーション用シングル/PRA-11315)
SO NICE DAY – 作詞:三浦徳子/作曲・編曲:井上大輔
アスファルトはフリー – 作詞:三浦徳子/作曲・編曲:井上大輔アルバム[編集]

1. 「SHE’S A LADY」(1980年4月/ビクター、KVA-3001)

SIDE Aマイ・ジュエリー・ラブ
作詞:篠塚満由美/作曲・編曲:馬飼野康二
ジュ・テーム
作詞:篠塚満由美/作曲:くぎ哲朗/編曲:戸塚修
センチメンタル・アヴェニュー
作詞・作曲:松宮恭子/編曲:大浜和史
そっとひととき
作詞:来生えつこ/作曲・編曲:馬飼野康二
レディ・ペルシャ
作詞:有川正沙子/作曲:芳野藤丸/編曲:戸塚修SIDE Bシャドー・ゲーム
作詞:篠塚満由美/作曲:くぎ哲朗/編曲:戸塚修
アプローズ
作詞:大地真央、有川正沙子/作曲・編曲:馬飼野康二
ラブ・イズ・イルージョン
作詞・作曲:松宮恭子/編曲:大浜和史
南風
作詞:篠塚満由美/作曲:くぎ哲朗/編曲:戸塚修
クリスタル・レビュー
作詞:山川啓介/作曲・編曲:佐藤準

2. 「LOST LOVE」(1981年4月/ビクター、KVA-3010)

SIDE AあなたにはTeen-Age-Girl
作詞:山川啓介/作曲・編曲:梅垣達志
Judy Judy Judy
訳詞:有川正沙子/作曲:J.Tillotson / D.Pomus / M.Shuman/編曲:松木恒秀
※原曲歌唱:ジョニー・ティロットソン
To Know Him is To Love Him
訳詞:篠塚満由美/作曲:Phil Spector/編曲:松木恒秀
※原曲歌唱:テディ・ベアーズ
Baby It’s You
訳詞:篠塚満由美/作曲:M.David / B.Bacharach / B.Williams/編曲:松木恒秀
※原曲歌唱:シュレルズ
Stand By Me
作詞・作曲:B.E.King / J.Leiber / M.Stoller/編曲:松木恒秀
※原曲歌唱:ベン・E・キングSIDE BIt’s My Party
作詞・作曲:H.Weiner / W.Gold / J.Gluck/編曲:松木恒秀
※原曲歌唱:レスリー・ゴーア
I Love How You Love Me
訳詞:奥山侊伸/作曲:L.Kolber / B.Mann/編曲:松木恒秀
※原曲歌唱:パリス・シスターズ
I’m Sorry
訳詞:篠塚満由美/作曲:D.Allbritten / R.Self/編曲:松木恒秀
※原曲歌唱:ブレンダ・リー
Summer Kisses Winter Tears
作詞・作曲:J.Lloyd / B.Weisman / F.Wise/編曲:松木恒秀
※原曲歌唱:エルヴィス・プレスリー
パーティーはおしまい
作詞:山川啓介/作曲・編曲:梅垣達志

3. 「MAO-SING FOR YOU-」(1985年3月21日/Invitation、VIH-28211)

SIDE ASING FOR YOU(OVERTURE)
作詞・作曲:伊藤薫/編曲:川村栄二
ロマンス
作詞・作曲:伊藤薫/編曲:川村栄二
SO NICE DAY
作詞:三浦徳子/作曲・編曲:井上大輔
ゆるやかに愛が…
作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお/編曲:作山功二、川村栄二
※原曲歌唱:来生たかお
YOU’RE SO SEXY
作詞:下田逸郎/作曲:岡本朗/編曲:谷口雅洋SIDE B黒猫と私
作詞・作曲:南佳孝/編曲:八木正生
※原曲歌唱:KAY
アスファルトはフリー
作詞:三浦徳子/作曲・編曲:井上大輔
漂流記
作詞:小林和子/作曲:大野克夫/編曲:作山功二、川村栄二
※原曲歌唱:萩原健一
RIMBAUD(ランボオ)
作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:八木正生
※原曲歌唱:原由子
SING FOR YOU
作詞・作曲:伊藤薫/編曲:川村栄二

4. 「La Durione」(1988年7月21日/ポニーキャニオン、LP:C28A-0657、CD:D32A-0382)

※全作詞:及川眠子/全編曲:西平彰SIDE Aプロフィール
作曲:中崎英也
さっきまで愛していた
作曲:松本俊明
蒼い地球の女
作曲:中崎英也
真夜中のライオン
作曲:八田雅弘
上海ミストレス
作曲:松本俊明SIDE Bやりかけの恋
作曲:中崎英也
Farewell
作曲:小森田実
WONDERFUL LIFE
作曲:Colin Vearncombe
※原曲歌唱:ブラック
風のパ・ド・ドゥ
作曲:小森田実
ARIA
作曲:八田雅弘

5. 「Mindage」(1998年6月20日/日本コロムビア、COCA-15073)

※全作詞:及川眠子今宵満月(album version)
作曲:都志見隆/編曲:坂本昌之
リズム・イズム
作曲:羽田一郎/編曲:岩崎文紀
女神の毒牙
作曲:谷本新/編曲:岩崎文紀
Sentimental Love Song
作曲:川上明彦/編曲:服部隆之
星の器
作曲:都志見隆/編曲:前嶋康明
ヒロインの条件
作曲:谷本新/編曲:前嶋康明
何だったの
作曲:羽田一郎/編曲:坂本昌之
暗くなるまでこの恋を
作曲:川上明彦/編曲:坂本昌之
抱擁
作曲:羽田一郎/編曲:坂本昌之
ララバイ
作曲:都志見隆/編曲:服部隆之

6. 「Proof of Brightness」(2003年4月23日/ビクター、VICL-61100)

※全編曲:大島ミチル私のお気に入り
作詞:Oscar Hammerstein II/作曲:Richard Rodgers
※原曲:ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」劇中歌
夜明けまで踊り明かそう
作詞:Alan Jay Lerner/作曲:Frederick Loewe
※原曲:ミュージカル「マイ・フェア・レディ」劇中歌
ファッシネイティング・リズム
作詞:Ira Gershwin/作曲:George Gershwin
※原曲:ミュージカル「レディー・ビー・グッド」劇中歌
エニシング・ゴーズ&あなたに夢中
作詞・作曲:Cole Porter
※原曲:ミュージカル「エニシング・ゴーズ」劇中歌
オール・ザット・ジャズ
作詞:Fred Ebb/作曲:John Kander
※原曲:ミュージカル「シカゴ」劇中歌
はじめての恋
作詞・作曲:Frank Loesser
※原曲:ミュージカル「ガイズ&ドールズ」劇中歌

作詞:斉藤由貴/作曲:大島ミチル
※原曲:ミュージカル「ローマの休日」劇中歌
ブエノスアイレス
作詞:Tim Rice/作曲:Andrew Lloyd Webber
※原曲:ミュージカル「エビータ」劇中歌
ザ・パーフェクト・イヤー
訳詞:及川眠子/作曲:Andrew Lloyd Webber
※原曲:ミュージカル「サンセット・ブールバード」劇中歌
リトゥン・イン・ザ・スターズ
作詞:Tim Rice/作曲:Elton John
※原曲:ミュージカル「アイーダ」劇中歌
孤独の森
作詞:秋元康/作曲:佐橋俊彦
※原曲:ミュージカル「風と共に去りぬ」劇中歌
シーズンズ・オブ・ラブ
作詞・作曲:Jonathan Larson
※原曲:ミュージカル「レント」劇中歌
大地 真央 BEST 配信限定アルバム (2017年11月22日(オリジナル発売日 1988年01月21日/ビクターエンタテインメント))
01 RIMBAUD(ランボオ)
02 Stand By Me
03 この愛よ永遠に(TAKARAZUKA FOREVER)
04 センチメンタル・アヴェニュー
05 YOU’RE SO SEXY
06 パーティーはおしまい
07 タモリさんが作った歌
08 黒猫と私
09 I love How You Love Me(忘れたいのに)
10 漂流記
11 果てぬ想い  To Know Him is To Love Him
12 海をみつめてタイアップ曲[編集]

楽曲
タイアップ
1982年
またね
サッポロビール「グイミー・サマーオレンジ」キャンペーンソング
1984年
SO NICE DAY
日本生命「ナイスデイ」CMソング
1985年
NEXT DOOR
フジテレビ系テレビドラマ「のぶ子マイウェイ」主題歌
1988年
真夜中のライオン
興和「アノン」CMソング
2009年
あなたがすき
NHKの音楽番組「みんなのうた」挿入歌
参加作品[編集]
シングル[編集]
「サン・トワ・マミー」 (2018年2月21日/UNIVERSAL MUSIC)アルバム[編集]
『越路吹雪物語』主題歌集(2018年03月07日/UNIVERSAL MUSIC)受賞歴[編集]
第15回菊田一夫演劇賞(1990年、『マイ・フェア・レディ』のイライザ役に対して)
第22回松尾芸能賞優秀賞・演劇部門(2001年)
第36回菊田一夫演劇賞・特別賞(2011年、『マイ・フェア・レディ』のイライザ役600回以上の公演の偉業に対して)
第2回プラチナエイジスト・女性部門(2016年)[36]
フォーエバーマーク賞(2016年)[37]著書[編集]
『私ね…。大地真央』マガジンハウス 2007脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.91.

^ a b c d e スポーツ報知 2013年8月10日、28面「おゝ宝塚100周年 8」

^ “大地真央、失敗ばかりだった新人時代 宝塚で学んだすべてが「自分の誇り」 2ページ目”. クランクイン! (2021年4月10日). 2021年6月9日閲覧。

^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日 85頁。ISBN 9784484146010

^ 大地真央がイライザ役を卒業!『マイ・フェア・レディ』制作発表会(2010年6月25日、シアターガイド)

^ 大地真央イライザ主演600回達成!!

^ “大地真央 夫と顔寄せラブラブ おうちご飯が超絶豪華すぎで「すっごく幸せ溢れてる」”. デイリースポーツ online (2022年5月6日). 2022年5月6日閲覧。

^ “大地真央が一見貞淑な妻演じるサスペンス喜劇「一人二役」全国15会場巡演”. ステージナタリー. (2016年7月12日). http://natalie.mu/stage/news/194256 2016年7月12日閲覧。 

^ “堀北真希が主演『ヒガンバナ』連続ドラマ化決定 2016年1月放送決定”. テレビドガッチ (2015年9月29日). 2015年10月1日閲覧。

^ “『とと姉ちゃん』ヒロイン父に西島秀俊 追加キャスト15人発表”. ORICON STYLE (2015年11月6日). 2015年11月6日閲覧。

^ テレビ東京 勇者ヨシヒコと導かれし七人公式サイト 2016年11月26日閲覧

^ “丸山隆平主演時代劇「大江戸グレートジャーニー」ゲスト一挙発表”. シネマカフェ (イード). (2020年4月14日). https://www.cinemacafe.net/article/2020/04/14/66711.html 2020年4月14日閲覧。 

^ “大地真央、『最高のオバハン』で32年ぶりフジ系連ドラ主演「とにかくよくしゃべるので大変」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年12月14日). https://www.sanspo.com/article/20201214-2IBWI35AEVLBRP7WYH3CHBVICI/ 2020年12月14日閲覧。 

^ “山下智久主演『正直不動産』4・5放送開始 市原隼人・泉里香ら新出演者7人も発表”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年2月10日). https://news.mynavi.jp/article/20220210-2270011/ 2022年2月10日閲覧。 

^ “桐谷美玲主演ドラマ『アンダーウェア』大地真央ら出演者発表”. ORICON (2015年8月1日). 2015年8月3日閲覧。

^ “綾瀬はるか「高台家の人々」主演で妄想女子に!恋人役は斎藤工”. 映画.com (2015年11月6日). 2015年11月6日閲覧。

^ “戸田恵梨香×永野芽郁、映画『母性』で初の母娘役に ポスタービジュアル&特報映像も”. Real Sound映画部 (blueprint). (2022年6月6日). https://realsound.jp/movie/2022/06/post-1045394.html 2022年6月6日閲覧。 

^ “ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女”. 日曜洋画劇場. 2016年7月17日閲覧。

^ “ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月16日閲覧。

^ “長澤まさみ、大橋卓弥、トレエン斎藤、大地真央ら10名が「SING」吹替版に参加”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年1月30日). http://natalie.mu/eiga/news/218662 2017年1月30日閲覧。 

^ “映画『SING/シング:ネクストステージ』豪華声優陣が再結集!本予告映像が公開” (日本語). otocoto | こだわりの映画エンタメサイト. 2022年1月31日閲覧。

^ 読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、日本経済新聞(1979年3月11日付のテレビ欄)より。

^ “新TV-CM「映画館」篇 放送開始!~凛とした女将シリーズ第7弾~『凛とした女将』シリーズの第7弾として「映画館」篇を全国で放送開始しました!! 新CMも、引き続き元宝塚スター大地真央さんと、俳優の今野浩喜さんが出演中です。”. アイフル (2019年10月17日). 2020年9月17日閲覧。

^ “新TV-CM「動画SNS」篇放送開始!~凛とした女将シリーズ第8弾~『凛とした女将』シリーズの第8弾として「動画SNS」篇を全国で放送開始しました!! 新CMも、引き続き元宝塚スター大地真央さんと、俳優の今野浩喜さんが出演中です。”. アイフル (2020年1月6日). 2020年9月13日閲覧。

^ ““そこに愛はあるんか”でお馴染みのアイフルTVCM『凛とした女将』シリーズ。第9弾「デリバリー女将篇を2020年4月20日(月)から全国でオンエア開始”. PR TIMES (2020年4月20日). 2020年9月13日閲覧。

^ “アイフルTVCM「凛とした女将」シリーズ第10弾となる『アーティスティックスイミングの美女』篇を2020年8月26日(水)より全国で放映開始します。”. PR TIMES (2020年8月26日). 2020年9月13日閲覧。

^ “アイフルTVCM「凛とした女将」シリーズ第11弾となる『CG女将』編を2020年11月26日(木)より全国で放映開始します。”. PR TIMES (2020年11月26日). 2021年1月18日閲覧。

^ “アイフルTVCM「凛とした女将」シリーズ第12弾となる『愛のポエム』篇を2020年12月25日(金)より全国で放映開始します。今回は、特別仕様の『愛のポエム』篇も放映されます。”. PR TIMES (2020年12月25日). 2021年1月18日閲覧。

^ “アイフルTVCM「凛とした女将」シリーズ第13弾となる『ポスター』篇を2021年5月10日(月)より全国で放映開始します。”. PR TIMES (2021年5月10日). 2021年5月18日閲覧。

^ “愛がいちばん。アイフル新TVCM「ビューティフルファイター」篇7月17日(土)から全国でオンエア開始”. PR TIMES (2021年7月16日). 2021年8月6日閲覧。

^ “愛がいちばん。アイフル新TVCM「和尚女将」篇11月1日(月)から全国でオンエア開始”. PR TIMES (2021年11月1日). 2021年11月15日閲覧。

^ “≪キャンペーンも同時開催!≫愛がいちばん。アイフル 新TVCM「最強女将」篇 2月21日(月)から全国でオンエア開始”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年7月6日閲覧。

^ “愛がいちばん。アイフル 新TVCM「現代文講師」篇 5月9日(月)から全国でオンエア開始”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年7月6日閲覧。

^ “松坂慶子・大地真央・田中美佐子が初共演で「シニア三姉妹」 「UQモバイル」新CM”. 中日スポーツ (2020年8月7日). 2020年8月8日閲覧。

^ ジャケット違いの東宝レコード版も存在する(規格品番:AT-4105)。

^ “大地真央「お水に野菜、寝ること」でプラチナエイジ”. 日刊スポーツ. (2016年7月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1673752.html 2016年7月6日閲覧。 

^ “大地真央「宝石のように永遠に輝ければ」 『フォーエバーマーク賞』を受賞”. ORICON STYLE. (2016年9月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2078455/full/ 2016年9月15日閲覧。 

外部リンク[編集]
大地真央オフィシャルWebサイト
大地真央 (Mao.Daichi.Official) – Facebook
大地真央 (@daichimao_official) – Instagram
大地真央スタッフ (@daichimao_staff) – Twitter
2005年のインタビュー記事
近未来通信TVCM
大地真央 – NHK人物録表話編歴宝塚歌劇団 各組
 花組
所属生徒
男役
航琉ひびき
舞月なぎさ
和海しょう
羽立光来
水美舞斗
柚香光
永久輝せあ
紅羽真希
峰果とわ
帆純まひろ
高峰潤
春矢祐璃
聖乃あすか
泉まいら
一之瀬航季
和礼彩
愛乃一真
龍季澪
翼杏寿
涼香希南
侑輝大弥
太凰旬
南音あきら
涼葉まれ
希波らいと
海叶あさひ
颯美汐紗
天城れいん
珀斗星来
青騎司
美空真瑠
夏希真斗
伶愛輝みら
花翔ひかり
鏡星珠
遼美来
宇咲瞬
月翔きら
慧那まや
希蘭るね
瀬七波いろ
華波侑希
滝みらい
光稀れん
纏涼
輝涼じゅん娘役
美風舞良
華雅りりか
春妃うらら
凛乃しづか
星風まどか
糸月雪羽
咲乃深音
鈴美梛なつ紀
三空凜花
朝葉ことの
詩希すみれ
二葉ゆゆ
琴美くらら
都姫ここ
愛蘭みこ
美羽愛
美里玲菜
星空美咲
稀奈ゆい
湖華詩
初音夢
湖春ひめ花
美遥あゆ
真澄ゆかり
七彩はづき
静乃めぐみ
咲良さき
常和紅葉
花海凛
美翠せいら
華路らら
歴代主演男役
高峰妙子・・初代瀧川末子・・奈良美也子・・汐見洋子・・神代錦・・打吹美砂・・越路吹雪・・淀かほる・・星空ひかる・・麻鳥千穂 ・・甲にしき – 安奈淳、松あきら&瀬戸内美八 – 榛名由梨&安奈淳 – 安奈淳 – 松あきら – 松あきら&順みつき – 順みつき – 高汐巴 – 大浦みずき – 安寿ミラ – 真矢みき – 愛華みれ – 匠ひびき – 春野寿美礼 – 真飛聖 – 蘭寿とむ – 明日海りお – 柚香光(現役)

歴代主演娘役
秋田露子・・初代春日花子・・初代大江美智子・・久美京子・・打吹美砂・・日下輝子・・宮城野由美子・・鳳八千代・・夏亜矢子・・美和久百合・・竹生沙由里・・上原まり(固定でない) – 上原まり&北原千琴 – 美雪花代 – 若葉ひろみ – 秋篠美帆 – ひびき美都 – 森奈みはる – 純名里沙 – 千ほさち – 大鳥れい – ふづき美世 – 桜乃彩音 – 蘭乃はな – 花乃まりあ – 仙名彩世 – 華優希 – 星風まどか(現役)

歴代組長
高砂松子 – 初代瀧川末子 – 奈良美也子 – 三浦時子 – 汐見洋子 – 神代錦 – 打吹美砂 – 大路三千緒 – 藤波洸子 – 打吹美砂 – 畷克美 – 美吉左久子 – 淡路通子 – 恵さかえ – 但馬久美 – 宝純子 – 北小路みほ – 未沙のえる – 星原美沙緒 – 磯野千尋 – 夏美よう – 高翔みず希 – 美風舞良(現役)

歴代副組長
秩父晴世 – 打吹美砂 – 楓茂美 – 玉野ひかり – 日下輝子 – 櫻野美也子 – 玉野ひか留 – 美山しぐれ – 桃山千歳 – 桂木ゆたか – 睦千賀&桂木ゆたか – 御幸沙智子&歌川波瑠美 – 歌川波瑠美 – 藤園さとみ – 銀あけみ – 宝純子 – 北小路みほ – 未沙のえる – 磯野千尋 – 一原けい – 梨花ますみ – 高翔みず希 – 悠真倫 – 紫峰七海 – 花野じゅりあ – 芽吹幸奈 – 冴月瑠那 – 美風舞良 – 航琉ひびき(現役)

 月組
所属生徒
男役
光月るう
千海華蘭
鳳月杏
月城かなと
春海ゆう
夢奈瑠音
蓮つかさ
佳城葵
朝霧真
英かおと
朝陽つばさ
蘭尚樹
風間柚乃
空城ゆう
彩音星凪
礼華はる
甲海夏帆
彩海せら
柊木絢斗
一星慧
大楠てら
瑠皇りあ
彩路ゆりか
爽悠季
毬矢ソナタ
真弘蓮
月乃だい亜
七城雅
槙照斗
遥稀れお
水城あおい
和真あさ乃
涼宮蘭奈
澪あゆと
大瀬いぶき
綺乃ゆず
天つ風朱李
一輝翔琉
美颯りひと
相星旬
雅耀
穂波舞咲
桜之真緒
白霧椿娘役
夏月都
白雪さち花
晴音アキ
海乃美月
麗泉里
清華蘭
彩みちる
桃歌雪
妃純凛
天紫珠李
結愛かれん
佳乃百合香
花時舞香
天愛るりあ
蘭世惠翔
菜々野あり
白河りり
羽音みか
まのあ澪
きよら羽龍
咲彩いちご
美海そら
朝香ゆらら
静音ほたる
奏羽美緒
一乃凜
花妃舞音
蘭叶みり
澪花えりさ
華羽りみ
愛梛ちとせ
朝雪薫
彩姫みみ
星丘しずく
美渦せいか
八重ひめか
歴代主演男役
天津乙女・・門田芦子・・小夜福子・・佐保美代子・・久慈あさみ・・南悠子・・故里明美・・藤里美保・・内重のぼる・・古城都 – 大滝子&榛名由梨 – 大滝子 – 榛名由梨 – 大地真央 – 剣幸 – 涼風真世 – 天海祐希 – 久世星佳 – 真琴つばさ – 紫吹淳 – 彩輝直 – 瀬奈じゅん – 霧矢大夢 – 龍真咲 – 珠城りょう – 月城かなと(現役)

歴代主演娘役
住江岸子・・笹原いな子・・初代有明月子・・雲野かよ子・・勿来なほ子・・轟夕起子・・浦島歌女・・淡島千景・・固定スター不在(筑紫まり、加茂さくらら)・・八汐路まり – 初風諄 – 小松美保 – 五條愛川 – 黒木瞳 – こだま愛 – 麻乃佳世 – 風花舞 – 檀れい – 映美くらら – 固定スター不在 – 彩乃かなみ – 固定スター不在 – 蒼乃夕妃 – 愛希れいか – 美園さくら – 海乃美月(現役)

歴代組長
初瀬音羽子 – 天津乙女 – 門田芦子 – 小夜福子 – 佐保美代子 – 室町良子 – 美吉左久子 – 畷克美 – 故里明美 – 沖ゆき子 – 美山しぐれ – 水代玉藻 – 麻月鞠緒 – 朝みち子 – 汝鳥伶 – 邦なつき – 汝鳥伶 – 立ともみ – 夏河ゆら – 出雲綾 – 越乃リュウ – 飛鳥裕 – 憧花ゆりの – 光月るう(現役)

歴代副組長
山部志賀子 – 野花千代 – 天城月江 – 沖ゆき子 – 葦城まこと – 朝倉道子 – 畷克美 – 清川はやみ – 睦千賀 – 恵さかえ – 恵さかえ&岬ありさ – 小柳日鶴 – 葉山三千子 – 榛名由梨 – 有明淳 – 汝鳥伶 – 京三紗 – 葵美哉 – 梨花ますみ – 夏河ゆら – 光樹すばる – 嘉月絵理 – 越乃リュウ – 花瀬みずか – 憧花ゆりの -綾月せり – 光月るう – 夏月都(現役)

 雪組
所属生徒
男役
奏乃はると
透真かずき
真那春人
彩風咲奈
久城あす
朝美絢
桜路薫
天月翼
和希そら
叶ゆうり
諏訪さき
眞ノ宮るい
星加梨杏
縣千
日和春磨
麻斗海伶
一禾あお
咲城けい
真友月れあ
稀羽りんと
聖海由侑
壮海はるま
紗蘭令愛
蒼波黎也
絢斗しおん
風雅奏
和奏樹
紀城ゆりや
海咲圭
希翠那音
月瀬陽
華世京
霧乃あさと
夢翔みわ
藤影ゆら
彩名美希
風立にき
絢月晴斗
瞳月りく
乙瀬千晴
苑利香輝
水月胡蝶
榊歩
千乃新娘役
千風カレン
杏野このみ
愛すみれ
白峰ゆり
朝月希和
妃華ゆきの
沙羅アンナ
野々花ひまり
希良々うみ
羽織夕夏
琴羽りり
有栖妃華
涼花美雨
花束ゆめ
夢白あや
愛羽あやね
莉奈くるみ
天咲礼愛
千早真央
愛陽みち
麻花すわん
菜乃葉みと
音彩唯
琴峰紗あら
愛空みなみ
美影くらら
華純沙那
天音ことは
夢陽まり
白綺華
瑞季せれな
妃奈環
小乃美ゆき
紗香にいな
星沢ありさ
琴華ひまわり
清羽美伶
歴代主演男役
高峰妙子・・雪野富士子・・初音麗子・・春日野八千代・・明石照子・・真帆志ぶき・・郷ちぐさ&汀夏子 – 汀夏子 – 麻実れい – 平みち – 杜けあき – 一路真輝 – 高嶺ふぶき – 轟悠 – 絵麻緒ゆう – 朝海ひかる – 水夏希 – 音月桂 – 壮一帆 – 早霧せいな – 望海風斗 – 彩風咲奈(現役)

歴代主演娘役
御垣悦子・・初代紅千鶴・・櫻町公子・・深緑夏代・・乙羽信子・・固定スター不在(東郷晴子ら)・・新珠三千代・・浜木綿子・・加茂さくら・・大原ますみ・・摩耶明美&高宮沙千 – 高宮沙千 – 東千晃 – 遥くらら – 固定スター不在 – 神奈美帆 – 鮎ゆうき – 紫とも – 花總まり – 月影瞳 – 紺野まひる – 舞風りら – 白羽ゆり – 愛原実花 – 固定スター不在 – 舞羽美海 – 愛加あゆ – 咲妃みゆ – 真彩希帆 – 朝月希和(現役)

歴代組長
2代目若菜君子 – 桂よし子 – 秋月さえ子 – 初音麗子 – 春日野八千代 – 天城月江 – 東郷晴子 – 登代春枝 – 美吉左久子 – 大路三千緒 – 睦千賀 – 曽我桂子 – 銀あけみ – 真咲佳子 – 京三紗 – 箙かおる – 飛鳥裕 – 梨花ますみ – 奏乃はると(現役)

歴代副組長
千村克子 – 梢音羽 – 清川はやみ – 壬生櫻子 – 緋櫻陽子 – 水原節子 – 淡路通子 – 三鷹恵子 – 三鷹恵子&木花咲耶 – 曽我桂子&葉山三千子 – 曽我桂子 – 岸香織 – 尚すみれ – 真咲佳子 – 沙羅けい – 北斗ひかる – 飛鳥裕 – 灯奈美 – 未来優希 – 麻樹ゆめみ – 奏乃はると – 千風カレン(現役)

 星組
所属生徒
男役
美稀千種
大輝真琴
輝咲玲央
礼真琴
ひろ香祐
瀬央ゆりあ
朝水りょう
綺城ひか理
暁千星
天華えま
夕渚りょう
天希ほまれ
天路そら
遥斗勇帆
蒼舞咲歩
朱紫令真
希沙薫
極美慎
煌えりせ
碧海さりお
颯香凜
夕陽真輝
天飛華音
奏碧タケル
鳳真斗愛
紘希柚葉
羽玲有華
碧音斗和
御剣海
世晴あさ
凛央捺はる
透綺らいあ
稀惺かずと
大希颯
彩紋ねお
青風希央
凰陽さや華
飛翠真凜
樹澄せいや
朝稀さいら
和波煌
世奈未蘭
桃李拍
馳琉輝
珀亜れい
瑠羽らいと
風希咲玖娘役
白妙なつ
紫りら
音咲いつき
有沙瞳
澪乃桜季
小桜ほのか
七星美妃
二條華
彩園ひな
舞空瞳
紅咲梨乃
都優奈
水乃ゆり
瑠璃花夏
侑蘭粋
星咲希
瑛美花れな
綾音美蘭
麻丘乃愛
光莉あん
詩ちづる
鳳花るりな
星影なな
瞳きらり
彩夏こいき
乙華菜乃
愛花いと
咲園りさ
碧羽陽
美玲ひな
詩花すず
藍羽ひより
茉莉那ふみ
乙妃優寿
絢咲羽蘭
歴代主演男役
春日野八千代・・葦原邦子・・南悠子・・寿美花代・・那智わたる・・上月晃・・鳳蘭&安奈淳 – 鳳蘭 – 瀬戸内美八 – 峰さを理 – 日向薫 – 紫苑ゆう – 麻路さき – 稔幸 – 香寿たつき – 湖月わたる – 安蘭けい – 柚希礼音 – 北翔海莉 – 紅ゆずる – 礼真琴(現役)

歴代主演娘役
梓真弓・・浅茅しのぶ・・宮城野由美子・・初風諄・・大原ますみ – 固定スター不在(衣通月子、奈緒ひろき、初風諄ら) – 遥くらら – 東千晃 – 姿晴香 – 南風まい – 南風まい&湖条れいか – 南風まい – 毬藻えり – 白城あやか – 月影瞳 – 星奈優里 – 渚あき – 檀れい – 白羽ゆり – 遠野あすか – 夢咲ねね – 妃海風 – 綺咲愛里 – 舞空瞳(現役)

歴代組長
門田芦子 – 汐見洋子 -(星組廃止中)- 神代錦 – 水原節子 – 御山櫻 – 天城月江 – 美吉左久子 – 淡路通子 – 葉山三千子 – 一樹千尋 – 夏美よう – 英真なおき – 万里柚美 – 美稀千種(現役)

歴代副組長
(星組廃止中) – 美吉左久子 – 汐風享子 – 瑠璃豊美 – 由美あづさ – 汐風享子 – 畷克美 – 鳴海潮 – 瑠璃豊美 – 木花咲耶&水代玉藻 – 木花咲耶 – 麻月鞠緒 – 但馬久美 – 新城まゆみ – 萬あきら – 一樹千尋 – 夏美よう – 英真なおき – 万里柚美 – 美稀千種 – 白妙なつ(現役)

 宙組
所属生徒
男役
寿つかさ
真風涼帆
松風輝
芹香斗亜
桜木みなと
秋音光
紫藤りゅう
秋奈るい
留依蒔世
瑠風輝
若翔りつ
希峰かなた
澄風なぎ
優希しおん
琥南まこと
鷹翔千空
真名瀬みら
惟吹優羽
雪輝れんや
湖風珀
風色日向
凰海るの
輝ゆう
亜音有星
琉稀みうさ
嵐之真
真白悠希
梓唯央
陽彩風華
泉堂成
大路りせ
葵祐稀
聖叶亜
明希翔せい
鳳城のあん
郁いりや
波輝瑛斗
風翔夕
奈央麗斗
朱涼
織史青
華楽逸聖
海玖里粋
志凪咲杜
朝比奈天娘役
花菱りず
小春乃さよ
天彩峰里
湖々さくら
水音志保
花城さあや
潤花
花宮沙羅
春乃さくら
夢風咲也花
有愛きい
栞菜ひまり
彩妃花
朝木陽彩
楓姫るる
舞こころ
愛未サラ
山吹ひばり
美星帆那
渚ゆり
風羽咲季
葉咲うらら
花咲美玖
結沙かのん
華乃みゆ
澄乃紬
結花のの
梨恋あやめ
花恋こまち
愛城美紗
輝珠ななせ
歴代主演男役
姿月あさと – 和央ようか – 貴城けい – 大和悠河 – 大空祐飛 – 凰稀かなめ – 朝夏まなと – 真風涼帆(現役)

歴代主演娘役
花總まり – 紫城るい – 陽月華 – 野々すみ花 – 実咲凜音 – 固定スター不在 – 星風まどか – 潤花(現役)

歴代組長
大峯麻友 – 出雲綾 – 美郷真也 – 寿つかさ(現役)

歴代副組長
出雲綾 – 貴柳みどり – 寿つかさ – 鈴奈沙也 – 美風舞良 – 松風輝(現役)

 専科
現役の理事
英真なおき現役生徒
京三紗
汝鳥伶
一樹千尋
夏美よう
梨花ますみ
万里柚美
五峰亜季
美穂圭子
高翔みず希
悠真倫
凪七瑠海
紫門ゆりや
凛城きら
輝月ゆうま過去の主な在籍者
天津乙女
春日野八千代
神代錦
葉山三千子
松本悠里
轟悠
美吉左久子
天城月江
沖ゆき子
大路三千緒
八千草薫(映画専科)
淀かほる
寿美花代
真帆志ぶき
那智わたる
扇千景(映画専科)
加茂さくら
上月晃
南原美佐保
麻月鞠緒
榛名由梨
但馬久美
朝みち子
鳳蘭
高宮沙千
上原まり
立ともみ
萬あきら
星原美沙緒
邦なつき
未沙のえる
磯野千尋
箙かおる
一原けい
飛鳥裕
出雲綾
鈴奈沙也
檀れい
遠野あすか
北翔海莉
華形ひかる
星条海斗
沙央くらま
愛月ひかる
星風まどか
星蘭ひとみ(映像)新専科に在籍していた生徒
紫吹淳
香寿たつき
絵麻緒ゆう
匠ひびき
初風緑
汐風幸
湖月わたる
伊織直加
樹里咲穂
彩輝直
成瀬こうき

 スタッフ一覧
経営者
小林一三
小林米三
小林公平
小林公一演出
坪内士行
楳茂都陸平
岸田辰彌
久松一聲
小野晴通
白井鐵造
堀正旗
岩村和雄
平井房人
竹原光三
水田茂
坪井正直
中西武夫
宇津秀男
東郷静男
岡田恵吉
菊田一夫
高木史朗
内海重典
渡辺武雄
横澤英雄
菅沼潤
鴨川清作
小原弘稔
植田紳爾◎
柴田侑宏
川井秀幸
阿古健
大関弘政
酒井澄夫◎
岡田敬二◎
草野旦◎
太田哲則
三木章雄◎
村上信夫(プロデューサーに転身)
正塚晴彦◎
小池修一郎◎
中村暁◎
石田昌也◎
谷正純◎
中村一徳◎
木村信司◎
藤井大介◎
荻田浩一
植田景子◎
齋藤吉正◎
大野拓史◎
児玉明子
小柳奈穂子◎
鈴木圭◎
稲葉太地◎
生田大和◎
原田諒◎
田渕大輔◎
上田久美子
野口幸作◎
樫畑亜依子◎
谷貴矢◎
町田菜花◎
指田珠子◎
竹田悠一郎◎
栗田優香◎
熊倉飛鳥◎
生駒怜子◎音楽
安藤弘
古谷幸一
高木和夫
酒井協
河崎一朗
須藤五郎
高橋廉
河村篤二
入江薫
中元清純
寺田瀧雄
吉崎憲治
高橋城
吉田優子
岡田良機
玉麻尚一
青木朝子
太田健振付
山田卓
喜多弘
朱里みさを
司このみ
家城比呂志
羽山紀代美
名倉加代子
謝珠栄(演出も担当)
尚すみれ
前田清実
KAZUMI BOY
若央りさ
花柳壽楽
御織ゆみ乃
AYAKO
ANJU舞台美術
田中良
遠山静雄
野崎一郎
 生徒・期別一覧
1 – 10
1期生 – 2期生 – 3期生 – 4期生 – 5期生 – 6期生 – 7期生 – 8期生 – 9期生 – 10期生

11 – 20
11期生 – 12期生 – 13期生 – 14期生 – 15期生 – 16期生 – 17期生 – 18期生 – 19期生 – 20期生

21 – 30
21期生 – 22期生 – 23期生 – 24期生 – 25期生 – 26期生 – 27期生 – 28期生 – 29期生 – 30期生

31 – 40
31期生 – 32期生 – 33期生 – 34期生 – 35期生 – 36期生 – 37期生 – 38期生 – 39期生 – 40期生

41 – 50
41期生 – 42期生 – 43期生 – 44期生 – 45期生 – 46期生 – 47期生 – 48期生 – 49期生 – 50期生

51 – 60
51期生 – 52期生 – 53期生 – 54期生 – 55期生 – 56期生 – 57期生 – 58期生 – 59期生 – 60期生

61 – 70
61期生 – 62期生 – 63期生 – 64期生 – 65期生 – 66期生 – 67期生 – 68期生 – 69期生 – 70期生

71 – 80
71期生 – 72期生 – 73期生 – 74期生 – 75期生 – 76期生 – 77期生 – 78期生 – 79期生 – 80期生

81 – 90
81期生 – 82期生 – 83期生 – 84期生 – 85期生 – 86期生 – 87期生 – 88期生 – 89期生 – 90期生

91 – 100
91期生 – 92期生 – 93期生 – 94期生 – 95期生 – 96期生 – 97期生 – 98期生 – 99期生 – 100期生

101 – 110
101期生 – 102期生 – 103期生 – 104期生 – 105期生 – 106期生 – 107期生 – 108期生

 公演一覧
1910年代
1914年 – 1915年 – 1916年 – 1917年 – 1918年 – 1919年

1920年代
1920年 – 1921年 – 1922年 – 1923年 – 1924年 – 1925年 – 1926年 – 1927年 – 1928年 – 1929年

1930年代
1930年 – 1931年 – 1932年 – 1933年 – 1934年 – 1935年 – 1936年 – 1937年 – 1938年 – 1939年

1940年代
1940年 – 1941年 – 1942年 – 1943年 – 1944年 – 1945年 – 1946年 – 1947年 – 1948年 – 1949年

1950年代
1950年 – 1951年 – 1952年 – 1953年 – 1954年 – 1955年 – 1956年 – 1957年 – 1958年 – 1959年

1960年代
1960年 – 1961年 – 1962年 – 1963年 – 1964年 – 1965年 – 1966年 – 1967年 – 1968年 – 1969年

1970年代
1970年 – 1971年 – 1972年 – 1973年 – 1974年 – 1975年 – 1976年 – 1977年 – 1978年 – 1979年

1980年代
1980年 – 1981年 – 1982年 – 1983年 – 1984年 – 1985年 – 1986年 – 1987年 – 1988年 – 1989年

1990年代
1990年 – 1991年 – 1992年 – 1993年 – 1994年 – 1995年 – 1996年 – 1997年 – 1998年 – 1999年

2000年代
2000年 – 2001年 – 2002年 – 2003年 – 2004年 – 2005年 – 2006年 – 2007年 – 2008年 – 2009年

2010年代
2010年 – 2011年 – 2012年 – 2013年 – 2014年 – 2015年 – 2016年 – 2017年 – 2018年 – 2019年

2020年代
2020年 – 2021年 – 2022年

 用語一覧
専用劇場
宝塚大劇場
宝塚バウホール
東京宝塚ビル(東京宝塚劇場)定期公演会場
梅田芸術劇場メインホール
シアター・ドラマシティ
日本青年館
東京国際フォーラム
東京建物 Brillia HALL
KAAT神奈川芸術劇場
御園座
博多座劇団統括団体
阪急阪神東宝グループ(阪急電鉄、関連会社:東宝)関連会社
宝塚クリエイティブアーツ
宝塚舞台
阪急コミュニケーションズメディア展開
歌劇
宝塚GRAPH
関西テレビ宝塚歌劇舞台中継(ザ・タカラヅカ、宝塚テレビロマン・はいからさんが通る、OH!タカラヅカ、タカラヅカ花の指定席)
タカラヅカ花組図鑑
TAKARAZUKA CAFE BREAK
TAKARAZUKA SKY STAGE
TAKARAZUKA 旅美写美
On/Offの秘密
ビバ!タカラジェンヌ
風さやかの愛と夢 永遠のタカラジェンヌ
愛と青春の宝塚関連項目
タカラジェンヌ
宝塚歌劇団によって舞台化された作品の一覧(ベルサイユのばら、風と共に去りぬ、エリザベート)
宝塚コドモアテネ
宝塚音楽学校
宝塚歌劇団卒業生
TAKARAZUKA1000days劇場
中日劇場
宝塚歌劇検定
池田泉州銀行
タカラヅカ・ライブ・ネクスト

歴代主演男役・主演娘役・組長・副組長の’・・’は先代次代関係なし、’-‘は先代次代関係あり。◎マークは現在宝塚歌劇団に在籍している演出家。
表話編歴宝塚歌劇団月組主演男役(1982.8.1 – 1985.9.1)

天津乙女(1928年〜1933年月組組長、1980年在団のまま死去) ・・ 門田芦子(〜1933年月組組長、1933年〜1937年星組組長、1938年退団) ・・ 小夜福子(1939年からは月組組長も兼任、1942年退団) ・・ 佐保美代子(1944年退団) ・・ 久慈あさみ(1950年退団) ・・ 南悠子(1971年退団) ・・ 故里明美(1959年退団) ・・ 藤里美保(1964年退団) ・・ 内重のぼる(1967年退団) ・・ 古城都(1967年5月31日?〜1973年11月29日?) – 大滝子&榛名由梨(1973年11月30日?〜1975年1月30日) – 大滝子(1975年1月31日〜1976年6月22日) – 榛名由梨(1976年6月23日〜1982年7月31日<1979年〜副組長兼任>、1982年8月1日専科へ組替)  – 大地真央(1982年8月1日〜1985年9月1日) – 剣幸(1985年9月2日〜1990年12月26日) – 涼風真世(1990年12月27日〜1993年7月31日) – 天海祐希(1993年8月1日〜1995年12月26日) – 久世星佳(1995年12月27日〜1997年4月30日) – 真琴つばさ(1997年5月1日〜2001年7月2日) – 紫吹淳(2001年7月3日〜2004年3月21日) – 彩輝直(2004年3月22日〜2005年5月22日) – 瀬奈じゅん(2005年5月23日〜2009年12月27日) – 霧矢大夢(2009年12月28日〜2012年4月22日) – 龍真咲(2012年4月23日〜2016年9月4日) – 珠城りょう(2016年9月5日〜2021年8月15日) – 月城かなと(2021年8月16日〜)

‘・・’は基本、先代次代関係なし。’-‘は先代次代関係あり。
表話編歴阪急・阪神電鉄 歴代初詣ポスターモデル1950年代
1951年:朝倉道子(30期)・高千穂ひづる(35期)|1952年:八千草薫(34期)|1953年:新珠三千代(33期)|1954年:上月左知子(36期)|1955年:丘真琴(37期)|1956年:毬るい子(38期)|1957年:夏ノ宮千世子(40期)|1958年:夏亜矢子(42期)|1959年:モデルなし

1960年代
1960年:萩雅恵(43期)|1961年:夏亜矢子(42期)|1962年:夏川真巳(47期)|1963年:竹川由起(45期)|1964年:甲にしき(46期)|1965年:モデルなし|1966年:久慈かをり(49期)|1967年:衣通月子(51期)|1968年:富士ます美(48期)|1969年:竹生沙由里(50期)

1970年代
1970年:橘さつき(55期)|1971年:東千晃(56期)|1972年:北原千琴(57期)|1973年:モデルなし|1974年:山城はるか(59期)|1975年:若宮あいの(60期)|1976年:若葉ひろみ(61期)|1977年:如月巳麗(62期)|1978年:瞳真理(63期)|1979年:秋篠美帆(64期)

1980年代
1980年:南風まい(65期)|1981年:こだま愛(66期)|1982年:黒木瞳(67期)|1983年:朝凪鈴(68期)|1984年:麻木瑞穂(69期)|1985年:大輝ゆう(70期)|1986年:鮎ゆうき(71期)|1987年:茜このみ(72期)|1988年:天海祐希(73期)・星野伸之(阪急)|1989年:麻乃佳世(74期)

1990年代
1990年:万理沙ひとみ(75期)|1991年:純名里沙(76期)|1992年:花總まり(77期)|1993年:千紘れいか(78期)|1994年:南城ひかり(79期)|1995年:純名里沙(76期)|1996年:大和悠河(81期)|1997年:紺野まひる(82期)|1998年:天勢いづる(83期)|1999年:遠野あすか(84期)

2000年代
2000年:柚希礼音(85期)|2001年:陽月華(86期)|2002年:沙央くらま(87期)|2003年:桜乃彩音(88期)|2004年:凪七瑠海(89期)|2005年:愛原実花(90期)|2006年:天寿光希(91期)|2007年:蘭乃はな(92期)|2008年:彩風咲奈(93期)|2009年:麻央侑希(94期)

2010年代
2010年:実咲凜音(95期)|2011年:紫藤りゅう(96期)|2012年:留依蒔世(97期)|2013年:暁千星(98期)|2014年:美園さくら(99期)|2015年:星風まどか(100期)|2016年:鷹翔千空(101期)|2017年:舞空瞳(102期)|2018年:夢白あや(103期)|2019年:きよら羽龍(104期)

2020年代
2020年:音彩唯(105期)|2021年:華世京(106期)|2022年:一輝翔琉(107期)

注:2006年以降、阪急・阪神経営統合により阪急電鉄・阪神電鉄双方に掲載出典:ノート
表話編歴DON!MC
中山秀征 – 馬場典子 – 桝太一 (月曜日、火曜日) – 上重聡 (水曜日から金曜日)

パネリスト
(月曜日) 徳光和夫 – 西山茉希 – NON STYLE (石田明、井上裕介) (火曜日) 大地真央 – ミッツ・マングローブ – サバンナ (八木真澄、高橋茂雄) – 益若つばさ (水曜日) 有吉弘行 – 小倉優子 – ハライチ – ヨネスケ (木曜日) 松本明子 – 優木まおみ – 土田晃之(金曜日) 草野仁 – 東MAX – 神田沙也加 – ナイツ – ヨンア

曜日企画
(月曜日) NON STYLE (石田明、井上裕介) – (火曜日) ミッツ・マングローブ – 益若つばさ – (水曜日A) ハライチ – (水曜日B) ヨネスケ – (木曜日) 女性芸人 – (金曜日) ナイツ

ナレーター
佐野文俊 – MAYU

ニュースコーナー担当
岸田雪子

過去の出演者
レッド吉田 – 森泉 – U字工事

関連項目
日本テレビ – 突撃!隣の晩ごはん – 細川知正

前身番組など
おもいッきりシリーズ(午後は○○おもいッきりテレビ・おもいッきりイイ!!テレビ・おもいッきりDON!) – ラジかる!! – ラジかるッ – PON!

パネリストのうち一部は曜日企画を兼務。(女性芸人) はいずれも不定期出演。曜日は太字で表記。パネリスト、曜日企画などの担当は、担当出演者の前もしくは後ろに表記。水曜日は曜日企画が二つあり、隔週交代で放送されている為に曜日企画担当者としては共演していない。ハライチの担当企画は (水曜日A)。ヨネスケの担当企画は (水曜日B) と表記する。神田沙也加とヨンアは、隔週交代で出演。
表話編歴日本ジュエリーベストドレッサー賞10代
1999:ともさかりえ
2000:加藤あい
01:深田恭子
02:上原多香子
03:上戸彩
04:後藤真希
05:松浦亜弥
06:BoA
07:長澤まさみ
08:堀北真希
09:成海璃子
10:福田沙紀
11:前田敦子
12:武井咲
13:川島海荷
14:川口春奈
15:橋本環奈
16:小松菜奈
17:中条あやみ
18:岡田結実
19:浜辺美波
20:Kōki,
21:森七菜
22:芦田愛菜20代
1990:紺野美沙子
91:安田成美
92:今井美樹
93:牧瀬里穂
94:松雪泰子
95:石田ゆり子
96:飯島直子
97:梅宮アンナ
98:鶴田真由
99:松嶋菜々子
2000:安室奈美恵
01:本上まなみ
02:米倉涼子
03:菊川怜
04:伊東美咲
05:長谷川京子
06:小雪
07:倖田來未
08:加藤ローサ
09:広末涼子
10:ベッキー
11:黒木メイサ
12:大島優子
13:剛力彩芽
14:吉高由里子
15:桐谷美玲
16:井上真央
17:西内まりや
18:菜々緒
19:吉岡里帆
20:有村架純
21:新木優子
22:広瀬アリス30代
1990:池上季実子
91:古手川祐子
92:島田陽子
93:名取裕子
94:樋口可南子
95:黒木瞳
96:石川さゆり
97:かたせ梨乃
98:川島なお美
99:高島礼子
2000:財前直見
01:中村江里子
02:川原亜矢子
03:小島奈津子
04:水野真紀
05:天海祐希
06:深津絵里
07:篠原涼子
08:中谷美紀
09:滝川クリステル
10:観月ありさ
11:木村佳乃
12:米倉涼子*
13:松嶋菜々子*
14:吉瀬美智子
15:深田恭子*
16:松下奈緒
17:柴咲コウ
18:上戸彩*
19:橋本マナミ
20:木村文乃
21:戸田恵梨香
22:佐々木希40代
1990:村山勝美
91:沢田研二
92:阿川泰子
93:篠ひろ子
94:小池百合子
95:和田アキ子
96:田丸美寿々
97:小林幸子
98:小柳ルミ子
99:天童よしみ
2000:安藤優子
01:林真理子
02:萬田久子
03:浅田美代子
04:黒木瞳*
05:大竹しのぶ
06:大地真央
07:YOU
08:江角マキコ
09:真矢みき
10:大塚寧々
11:草刈民代
12:檀れい
13:永作博美
14:鈴木保奈美
15:宮沢りえ
16:吉田羊
17:石田ゆり子*
18:遼河はるひ
19:常盤貴子
20:藤原紀香
21:小池栄子
22:アンミカ50代
1990:芳村真理
91:岩下志麻
92:若尾文子
93:佐久間良子
94:野際陽子
95:三田佳子
96:浅丘ルリ子
97:中村玉緒
98:島倉千代子
99:五月みどり
2000:瀬川瑛子
01:木の実ナナ
02:由美かおる
03:松坂慶子
04:桃井かおり
05:秋吉久美子
06:小池百合子*
07:阿川佐和子
08:風吹ジュン
09:夏木マリ
10:戸田恵子
11:高畑淳子
12:余貴美子
13:高橋惠子
14:浅野温子
15:片平なぎさ
16:沢口靖子
17:賀来千香子
18:浅野ゆう子
19:紫吹淳
20:松下由樹
21:斉藤由貴
22:真矢ミキ60代以上
1997:森英恵
98:朝丘雪路
99:雪村いづみ
2000:市原悦子
01:デヴィ・スカルノ
02:白川由美
03:黒柳徹子
04:十朱幸代
05:野際陽子*
06:八千草薫
07:岩下志麻*
08:阿木燿子
09:森山良子
10:髙橋真梨子
11:八代亜紀
12:浅丘ルリ子*
13:由紀さおり
14:竹下景子
15:伊藤蘭
16:和田アキ子*
17:桃井かおり*
18:大竹しのぶ*
19:森昌子
20:原田美枝子
21:田中美佐子
22:宮崎美子男性
1992:岡田眞澄
93:山城新伍
94:カールスモーキー石井
95:鹿賀丈史
98:小林旭
99:佐々木主浩
2000:高橋由伸
01:西城秀樹
02:新庄剛志
03:氷川きよし
04:坂口憲二
05:中村獅童
06:清原和博
07:速水もこみち
08:谷原章介
09:松山ケンイチ
10:佐藤隆太
11:伊藤英明
12:佐藤浩市
13:東山紀之
14:市原隼人
15:哀川翔
16:DAIGO
17:三浦春馬
18:福士蒼汰
19:舘ひろし
20:田中圭
21:横浜流星
22:北村匠海特別賞
92:ジュリー・ドレフュス
93:ヒロコ・グレース
2001:高橋尚子
08:松坂大輔
10:イ・ビョンホン,鳩山幸
11:ウォンビン,蓮舫
12:少女時代,本田圭佑
13:KARA,内村航平
14:松本潤
15:髙橋大輔,May J.
16:ももいろクローバーZ,市川海老蔵
17:福原愛
18:浅丘ルリ子,村田諒太
19:コシノジュンコ, 加山雄三
20:浅田真央, 高橋英樹
21:内田篤人
22:水谷隼
*は複数回の受賞。男性は1992年から、60代以上は97年から、10代は99年から対象
表話編歴NHK紅白歌合戦審査員第1回
春日由三
吉本明光第2回
中山晋平第3回
春日由三
吉川義雄第4回
春日由三
吉川義雄
川村専一
狩野近雄
河上英一
笹本恭彦
明瀬裕
池田太郎
牧定忠第5回
春日由三
吉川義雄
渋沢秀雄
横山隆一
西崎緑
貝谷八百子
田付辰子
メイ牛山第6回
春日由三
吉川義雄
岩田専太郎
勅使河原蒼風
千代の山雅信
小山いと子
吉村公三郎
市川翠穂
マヤ片岡第7回
春日由三
吉川義雄
三國連太郎
小西得郎
栃錦清隆
青木茂高
河上牧子
水木洋子
坂西志保
田村佐紀子
吾妻徳穂第8回
吉川義雄
田中角栄
菊田一夫
若乃花勝治
金田正一
奥むめお
森田たま
細川ちか子
近藤百合子第9回
吉川義雄
横山泰三
水原茂
稲垣浩
朝汐太郎
沢田美喜
杉村春子
戸川エマ
赤堀全子第10回
吉川義雄
木下惠介
大宅壮一
杉浦幸雄
若羽黒朋明
長谷川春子
大濱英子
榊淑子
谷桃子第11回
吉川義雄
秋山登
唐島基智三
柏戸剛
松本幸四郎
中村汀女
田中絹代
秋山ちえ子
江上トミ第12回
長沢泰治
土門拳
高田元三郎
仲代達矢
大鵬幸喜
和田夏十
勅使河原霞
村山リウ
森光子第13回
長沢泰治
工藤昭四郎
東郷青児
森英恵
大山康晴
山内一弘
佐田の山晋松
藤間紫
岡田茉莉子
十返千鶴子
浪花千栄子第14回
長沢泰治
細川隆元
丹羽文雄
實川延若
中西太
栃ノ海晃嘉
飯田蝶子
貞閑晴
新珠三千代
花柳壽輔
佐久間良子第15回
長沢泰治
大林清
北葉山英俊
林与一
古賀忠道
春風亭柳橋
岩下志麻
司葉子
長谷川町子
林美智子
吉屋信子第16回
坂本朝一
円地文子
安達曈子
入江美樹
藤村志保
小絲源太郎
松下幸之助
ファイティング原田
緒形拳第17回
坂本朝一
樫山文枝
五代利矢子
浜美枝
山崎豊子
大佛次郎
尾上菊之助
加藤芳郎
鶴ヶ嶺昭男第18回
中山卯郎
福島慎太郎
木村秀政
西本幸雄
石坂浩二
福原美和
栗原小巻
塩月弥栄子
平岩弓枝第19回
中山卯郎
江夏豊
王馬熙純
榊原仟
鈴木俊一
曽野綾子
高田敏子
藤田弓子
三船敏郎第20回
中山卯郎
浅丘ルリ子
市川海老蔵
今井通子
大谷直子
菅野義丸
佐藤愛子
鶴岡一人
平幹二朗第21回
中道定雄
坂東玉三郎
樋口久子
小林弘
三田佳子
志村喬
武原はん
玉の海正洋
中山律子第22回
仲代達矢
小野田勇
浪花家辰造
大場政夫
宇田川竜男
堀内寿子
大山英子
村山加代子
中山きよ子
樫山文枝
山口果林
高橋信雄
山下迪子
館弘子
石田芳夫
中山紀子
井沢つま
森戸辰男
溝尾正志
花本方美
為久優子
成田知子
桑田たつ子
村上巳里
山下誠
小川善三郎
河野久枝
桑原永子
田川由紀子
佐藤太圭子
山田三智穂
大谷豊二
高橋優子
貴ノ花利彰
赤塚洋文
平内義幸
富岡雅寛
平賀輝子
中川時子第23回
加藤稔
池内淳子
中原誠
森英恵
小林桂樹
中村汀女
井上ひさし
中野貴代
神田好武
真木洋子
輪島大士第24回
高橋洋子
生沼スミエ
棟方志功
村上元三
京マチ子
サトウサンペイ
高田ユリ
尾上菊五郎
寺島純子
北の湖敏満第25回
根本良夫
橋本明治
杉村春子
尾上松緑
栗原小巻
堀江謙一
檀ふみ
魁傑將晃
新垣留美子第26回
根本良夫
尾上梅幸
高橋展子
吉永小百合
加藤剛
三林京子
大竹しのぶ
古葉竹識
三重ノ海五郎第27回
池田彌三郎
浅丘ルリ子
中村梅之助
小野清子
村上隆
堤加蓉子
カロリーナ・ピレス・ド・リオ
若三杉壽人
川上哲治第28回
川口幹夫
市川染五郎
上田利治
旭國斗雄
水島新司
川橋幸子
橋田壽賀子
新井春美
竹下景子第29回
川口幹夫
北の湖敏満
岩下志麻
植村直己
八千草薫
安奈淳
森和人
森下洋子
山本浩二第30回
加藤好雄
若山富三郎
ミヤコ蝶々
菅原文太
大原麗子
松本零士
重兼芳子
古葉竹識
多岐川裕美第31回
加藤好雄
松本幸四郎
陳舜臣
佐久間良子
木田勇
向田邦子
島田陽子
鈴木喜久子
角田好雄第32回
渡辺一雄
石毛宏典
古手川祐子
緒形拳
花井幸子
倉本昌弘
森光子
坂田栄男
高橋洋子
秋竜山
澤地久枝第33回
香川宏
生沼スミエ
玉の海梅吉
森英恵
山藤章二
池上季実子
広岡達朗
村松友視
真野響子
滝田栄
橋田壽賀子
前橋汀子
市川猿之助第34回
香川宏
三船敏郎
松本幸四郎
大原麗子
田淵幸一
樋口久子
松坂慶子
田中裕子
隆の里俊英
谷川浩司
林真理子
胡桃沢耕史
宮尾登美子
山口小夜子
役所広司第35回
菊池綜一
江上由美
釜本邦茂
名取裕子
風間杜夫
石井幹子
連城三紀彦
里中満智子
衣笠祥雄
松坂慶子
市川海老蔵第36回
遠藤利男
三田佳子
中村吉右衛門
高野悦子
小池一夫
武原はん
ジェームス三木
山口洋子
吉田義男
大地真央
北尾光司第37回
中野正之
森光子
清原和博
森下洋子
雁屋哲
黒柳朝
加藤芳郎
山崎洋子
渡辺謙
加納みゆき
千代の富士貢第38回
吉岡利夫
若尾文子
中井貴一
森瑤子
江藤俊哉
俵万智
逢坂剛
森口祐子
近藤真一
若村麻由美
北勝海信芳第39回
今西陽一郎
三田佳子
片岡孝夫
伊藤京子
森祇晶
浅野温子
安野光雅
伊勢桃代
新井満
山口智子
千代の富士貢第40回
沖清司
千代の富士貢
いしだあゆみ
ねじめ正一
小林浩美
中村勘九郎
村崎芙蓉子
西田敏行
石岡瑛子
斎藤雅樹
渡辺梓第41回
沖清司
山本陽子
中村鴈治郎
諏訪内晶子
野田秀樹
コシノジュンコ
渡辺久信
森口祐子
松岡修造
沢口靖子
真田広之第42回
小林由紀子
増井光子
山崎豊子
秋山幸二
芦原すなお
荻野アンナ
若花田勝
貴花田光司
緒形直人
鷲尾いさ子
田中好子第43回
内林達夫
有森裕子
曙太郎
古賀稔彦
富司純子
中田久美
野茂英雄
村上弘明
伊藤みどり
森光子
高橋克彦第44回
松尾武
三田佳子
米長邦雄
市川團十郎
細川直美
筒井道隆
つみきみほ
松原敏春
平瀬真由美
宮尾登美子
川淵三郎
内館牧子
田村亮子
植木等
野村克也
中丸三千繪
古田敦也
ミヤコ蝶々
曙太郎
古橋廣之進
大林素子第45回
松尾武
イチロー
赤井英和
奥野史子
岩下志麻
羽生善治
南井克巳
賀来千香子
川本ゆかり
市川崑
森光子第46回
上田洋一
古田敦也
田村亮子
天海祐希
竹中直人
原辰徳
水谷八重子
中村紘子
ジョージ川口
柳家小さん
大石芳野第47回
上田洋一
有森裕子
川口能活
江角マキコ
仰木彬
清水市代
中村橋之助
森英恵
桂米朝
大石静
周防正行第48回
大橋晴夫
井原正巳
吉永小百合
片岡仁左衛門
伊藤みどり
佐々木主浩
佐藤夕美子
本木雅弘
篠田節子
谷川浩司
吉行あぐり第49回
大橋晴夫
清水宏保
藤原紀香
琴錦功宗
中村玉緒
松平健
俵万智
ジェームス三木
服部道子
熊川哲也
浅利純子第50回
伊東律子
出島武春
松嶋菜々子
内館牧子
野村萬斎
田村亮子
津川雅彦
草笛光子
阿久悠
福嶋晃子
乙武洋匡第51回
伊東律子
田村亮子
長嶋茂雄
高橋尚子
渡辺謙
池内淳子
佐々木主浩
岡本綾
井上康生
木村佳乃
内藤國雄第52回
出田幸彦
栃東大裕
川原亜矢子
室伏広治
竹田恆和
松岡佑子
唐沢寿明
平良とみ
天海祐希
藤田宜永
森下洋子第53回
出田幸彦
朝青龍明徳
米倉涼子
市川新之助
阿川佐和子
宮本恒靖
仲間由紀恵
高橋由伸
恩田美栄
岩合光昭
岸惠子第54回
中村季恵
浅野ゆう子
五木寛之
優香
三谷幸喜
村山由佳
末續慎吾
村主章枝
武田真治
有馬稲子
星野仙一第55回
中村季恵
野口みずき
野村忠宏
橋田壽賀子
中村勘九郎
荒川静香
滝沢秀明
高島礼子
和田一浩
森光子
日野原重明第56回
琴欧州勝紀
薬師丸ひろ子
野口聡一
長澤まさみ
山田洋次
森光子
上川隆也
眞鍋かをり
林家正蔵
栗原はるみ第57回
渡辺謙
阿木燿子
リリー・フランキー
藤山直美
内野聖陽
横峯さくら
田口壮
吉田都
鎌田實
瀬戸内寂聴第58回
宮﨑あおい
上田桃子
岡島秀樹
青木功
中村勘三郎
新垣結衣
茂木健一郎
坂東眞理子
陣内智則
藤原紀香第59回
本木雅弘
吉田沙保里
太田雄貴
高橋尚子
松本幸四郎
松坂慶子
姜尚中
堀北真希
妻夫木聡
上野由岐子第60回
白鵬翔
草刈民代
阿部寛
深田恭子
原辰徳
勝間和代
城田優
杉山愛
西田敏行
森光子第61回
野口聡一
湊かなえ
岩崎夏海
寺島しのぶ
髙橋大輔
上野樹里
伊勢谷友介
仲間由紀恵
北大路欣也
武良布枝第62回
大竹しのぶ
田中将大
コシノジュンコ
三谷幸喜
鈴木京香
佐々木則夫
鈴木明子
松山ケンイチ
松井冬子
琴奨菊和弘第63回
綾瀬はるか
尾木直樹
澤穂希
中村勘九郎
樹木希林
桂文枝
吉田沙保里
入江陵介
菅野よう子
日馬富士公平第64回
田中将大
滝川クリステル
宮藤官九郎
宮本信子
杉良太郎
風吹ジュン
岡田准一

片岡愛之助
阿川佐和子第65回
中園ミホ
尾上松也
蜷川実花
山中伸弥
井上真央
阿部寛
仲間由紀恵
タモリ
黒柳徹子第66回
羽生結弦
堺雅人
長澤まさみ
大泉洋
土屋太鳳
三宅宏実
上橋菜穂子
所ジョージ
有村架純
又吉直樹第67回
高畑充希
辻沙絵
草刈正雄
新垣結衣
大谷翔平
萩野公介
伊調馨
秋本治
春風亭昇太
村田沙耶香第68回
村田諒太
村上茉愛
加藤一二三
吉岡里帆
高橋一生
宮本信子
鈴木亮平
林真理子第69回
阿部サダヲ
安藤サクラ
池江璃花子
小平奈緒
佐藤健
出川哲朗
永野芽郁
中村勘九郎
夏井いつき
野村萬斎
長谷部誠第70回
井上尚弥
上沼恵美子
サンドウィッチマン
渋野日向子
瀬戸大也
田中圭
戸田恵梨香
中西麻耶
長谷川博己
広瀬すず
吉野彰第71回
黒柳徹子
サンドウィッチマン
杉咲花
染谷将太
チコちゃん
宮崎美子
宮本亞門
室伏広治
吉沢亮第72回
石川佳純
清原果耶
小池栄子
坂口健太郎
谷真海
三谷幸喜
典拠管理
LCCN: no2017107928
MBA: a5948996-ab5b-4b31-a1c1-d2794745c488
VIAF: 9894150382274113500009
WorldCat Identities: lccn-no2017107928

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=大地真央&oldid=91388310」から取得
カテゴリ: 大地真央松平健日本の女優日本のミュージカル女優宝塚歌劇団卒業生宝塚歌劇団59期生宝塚歌劇団殿堂表彰者男役兵庫県出身の人物1956年生存命人物隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページプロジェクト人物伝項目LCCN識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 1939
再生回数: 72 12
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Yomiuri

Yomiuri
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4286
[spincontent type=”j”]

3. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Asahi Shimbun

朝日新聞
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 朝日新聞で検索した 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する上記の情報が、若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7988
[spincontent type=”j”]

4. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 The Japan Times

The Japan Times
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: ジャパン タイムズで検索した 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する記事のトップです。若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9764
[spincontent type=”j”]

5. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Yomiuri Shimbun

読売新聞
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する詳細情報はすでにありますか? 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3594
[spincontent type=”j”]

6. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Mainichi Shimbun

毎日新聞
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 毎日新聞で見つけた 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する上記の情報が、若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2942
[spincontent type=”j”]

7. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Sankei Shimbun

産経新聞
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 産経新聞で検索した 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する記事のトップです。若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1559
[spincontent type=”j”]

8. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1876
[spincontent type=”j”]

9. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Chunichi Shimbun

中日新聞
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 中日新聞で検索した 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する上記の情報が、若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3643
[spincontent type=”j”]

10. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Tokyo Shimbun

東京新聞
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6986
[spincontent type=”j”]

11. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5851
[spincontent type=”j”]

12. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 日刊工業新聞で見つけた 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する上記の情報が、若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4172
[spincontent type=”j”]

13. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Ainu Times

アイヌタイムス
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: アイヌ タイムズで検索した 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する記事のトップです。若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 16 14
[spincontent type=”j”]

14. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する詳細情報はすでにありますか? 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2361
[spincontent type=”j”]

15. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Chiba Nippo

千葉日報
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 千葉日報で検索した 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する上記の情報が、若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2925
[spincontent type=”j”]

16. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Chugoku Shimbun

中国新聞
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 中国新聞で検索した 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する記事のトップです。若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3572
[spincontent type=”j”]

17. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 Daily Tohoku

デイリー東北
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6808
[spincontent type=”j”]

18. 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

説明: イースタン クロニクルで検索した 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する上記の情報が、若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1952
[spincontent type=”j”]

若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 に関する質問

若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央

若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央
方法若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央
チュートリアル 若い 頃 すっぴん 若い 頃 大地 真央
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: