あなたは 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい を共有します。 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

有森 裕子

選手情報フルネーム
有森 裕子国籍
日本種目
マラソン生年月日
(1966-12-17) 1966年12月17日(55歳)生誕地
日本、岡山県岡山市身長
165cm体重
48kg自己ベストハーフマラソン
1時間12分52秒(2000年)マラソン
2時間26分39秒(1999年)
獲得メダル

陸上競技
オリンピック

1992 バルセロナ
マラソン

1996 アトランタ
マラソン

編集 有森 裕子(ありもり ゆうこ、1966年12月17日 – )は、元女子マラソン選手で日本におけるプロランナーの草分けでもある。日本体育大学体育学部体育学科卒業。株式会社アニモ所属
日体大客員教授、日本陸上競技連盟副会長[1]。日本プロサッカーリーグの理事、スペシャルオリンピックス日本の理事長、IOCのSport and Active Society Commissionメンバー[2][3]、国際陸上競技連盟女性委員会委員、国連人口基金親善大使[4]、リーフラス株式会社社外取締役。[5]
プロフィール
岡山県岡山市出身。岡山市立牧石小学校、岡山市立岡北中学校を経て就実高等学校へ進む。中学時代はバスケットボール部に所属したが、校内運動会の800メートル競走で3回優勝していた。高校入学の際、陸上部に入部を希望するも、中学から大学までの一貫校である就実では中等部から持ち上がってきた素質ある陸上選手がおり、他の中学校から来た素人同然のランナーなど不要であると言われる。しかし有森は諦めず、1ヶ月後に入部を認めさせた[6]。高校時代に陸上競技で目立つ結果は残していないが、有森が高校に入学した年度に始まった全国都道府県対抗女子駅伝に、第1回から第3回まで補欠で登録されるという、同大会役員によれば大会史上唯一の記録が残っている[7]。このころの有森は、日本の女子長距離走の第一人者であった増田明美にあこがれ、増田について書かれた記事を練習日誌に貼っていた[8]。
高校卒業後、高校の陸上部顧問の推薦を得て日本体育大学に進学[8]。1年の時に関東学生陸上競技対校選手権大会の3000mで2位、また3年間補欠であった全国都道府県対抗女子駅伝に、4度目の正直で正選手として出走を果たす。が、生まれたときに股関節脱臼だったこともあり怪我が絶えず、その後は2年半に亘り鳴かず飛ばずで、密かにトライアスロン転向を目論み(女子の第一人者がいないという安易な思惑からであった)、親の仕送り全部を使って高額なトライアスロン用自転車を購入した。ところがその自転車は盗まれてしまい、そのことで有森は我に返ったという。3年の冬に学生駅伝にメンバーとして選ばれ、以降、有森は陸上競技からの転向は考えなくなった。全日本大学女子駅伝では区間賞を獲得している。
大学で競技者としての生活は終えて卒業後は教師になるつもりでいた。父親が教師をしている影響で、高校時代から体育教員志望であったという。しかし、教育実習期間中に、何の特別な準備もせずに出場した記録会で自己ベストから2番目の好タイムで優勝したことで、進路を実業団へと変える。折しもリクルート事件の真っ只中にあったリクルート社に、半ば押し掛けのような形で自分から連絡を取り、全くの無名で記録も残していない身でありながらその熱意を監督の小出義雄に認められ、最初はマネージャー兼選手という形で陸上部への入部を果たす。

初マラソン日本最高・日本最高記録達成
1990年の大阪国際女子マラソンがマラソン初レースだった。中間点を過ぎて先頭集団から脱落するが、その後も粘り続けて2時間32分51秒の記録で6位に入賞する。この記録は当時の初マラソン日本女子最高記録であった。1991年にも大阪国際女子マラソンへ2年連続で出場。レース後半に入った35Km手前からカトリン・ドーレ( ドイツ、当時 東ドイツ)と激しく首位を競り合うが、終盤でドーレに突き放される。優勝はならなかったものの日本人ではトップでゴール、2時間28分1秒の2位と健闘し、当時の日本最高記録を樹立。同年開催の世界陸上東京大会女子マラソン代表にも選出され、一躍日本女子のトップランナーへ世間の注目を集め始めた。
この間の1990年、有森は日本陸上競技連盟(日本陸連)が初めて行った高地トレーニング(アメリカ合衆国・ボルダー)に、当時から有森のライバルでもあった山下佐知子らとともに参加した[9]。

世界陸上4位入賞・オリンピック代表選考騒動
同1991年夏に東京で開かれた世界陸上競技選手権大会のマラソンでは、メダルには届かなかったが、2時間31分08秒で4位入賞を果たし、バルセロナオリンピック(1992年)代表の有力候補となったものの、その時点ではまだ代表内定は出なかった(山下佐知子が2時間29分57秒で日本人トップの2位に入り銀メダル獲得、先にバルセロナ五輪内定に決まった。荒木久美は12位)。有森はその後バルセロナ五輪国内選考会の一つである、翌1992年1月の大阪国際女子マラソンに出場予定だったが、左足の怪我の為に欠場。又次の同年3月の名古屋国際女子マラソンも回避し、バルセロナ五輪女子マラソン代表選考は決定をただ待つのみとなる。尚名古屋国際が終了後の有森に対し、日本陸連からは「ケガが完治した事をアピールして欲しい」という要請もあって、有森は地元岡山市と及び千葉県の各10Kmロードレースで優勝するなど、不安が無いという存在を示していた。
そのオリンピックの女子マラソン代表の座をめぐり、有森が出場しなかった1992年1月の大阪国際女子マラソンでは、有森の日本最高記録を更新して2時間26分26秒のゴールタイムで優勝し、バルセロナ五輪代表を確定的にした小鴨由水に次ぎ、2時間27分2秒の好記録で2位となった松野明美と比較されることになる[10]。当時の国民的な大論議となり、松野が自ら五輪代表決定直前に「私を選んで下さい」という異例の記者会見も大きな話題となった。
しかし代表選考の結末は、最後の3人目に有森の方がマラソンの経験と実績が買われて、山下・小鴨と共にバルセロナ五輪女子マラソン代表となった。それでも、有森よりも記録が良かった松野を落選させるという、日本陸連の不透明で曖昧な選考方法に抗議の声が殺到、有森の所属するリクルート等にも誹謗中傷の電話や手紙が相次いだという。尚、念願のオリンピック初代表に選出された有森は記者会見で「色んな形でこういう感じで決まった事も有りますが、『よかったな』という想いを、少しでも今日は出して良いんじゃないかなと」「受験発表を待つよりもちょっと酷いかな、という気持ちが有りました」等と落選した松野を気遣ってか、喜びの笑顔は殆ど見せなかった。
その後、有森と松野は20年間に渡って一度も互いに言葉を交わすことはなかった。後に『[劇場版]ライバル伝説 光と影』の映画鑑賞企画において20年ぶりに再会した際、有森は「20年間、松野明美を避けて来た」、「以前も何回か対面の機会はあったのですが、心情簡単には会えないなと思いまして、私の方が避けていました」と心情を吐露している[11]。

バルセロナ五輪で銀メダル
その1992年バルセロナ五輪女子マラソン本番での有森は、29Km付近で3位集団から抜け出してスパート。レース終盤の35Km過ぎ、先頭を走っていたワレンティナ・エゴロワ( ロシア、当時 独立国家共同体)に追いつき、その後エゴロワと二人で急な登り坂が続くモンジュイクの丘にて、約6キロに及ぶ激しい死闘を繰り広げた。
競技場へ入る直前でエゴロワに引き離され、8秒差で五輪優勝はならなかったが、2位でゴールし、銀メダルを獲得する。日本女子陸上競技界では、1928年のアムステルダムオリンピック・女子800mで同じく銀メダリストの人見絹枝以来、64年ぶりの五輪メダル獲得である[12]。奇しくも有森は人見と同郷(岡山出身)であり、その上銀メダルを獲得した日付も同じ8月2日(日本時間・現地では8月1日)というおまけも付いた。さらにその8月2日は、人見の命日でもあった。
その後は足底筋膜炎や、小出監督やチームメート等との軋轢等もあってスランプに陥った。「何故走り続けるのか」という事に答えが出ず、苦悩する時期が続いてマラソンは暫く走れなかった。その頃はよく、机の引き出しにしまっていた銀メダルを何度も見つめては「御免なさい」とつぶやき、メダルに向かって謝りながら泣いた事もあったという。さらには「もう死んでしまいたい」と、真剣に思い詰めたりしていたらしい。それでも「このまま選手生活を終わらせたくない」とも常に考えていた有森は、1994年足の踵の手術成功をきっかけに、再び走る事への意欲を持ち、次の1996年開催のアトランタオリンピックにも女子マラソン代表で目指す事を決意する。

アトランタ五輪で銅メダル
1995年、五輪選考レースだった北海道マラソンへバルセロナ五輪以来、約3年ぶりのフルマラソンに出走する。そのレース前日の記者会見で有森は、今までの苦悩を思い巡らせながら「もう一度スタートラインに立てて嬉しい」と涙を見せた。北海道マラソン当日は、気温25度前後と小雨の涼しい好条件の中をスタート。有森はレース前半から独走となり、粘り強い走りが復活。大会初のサブ30となる2時間29分17秒の当時の大会新記録を樹立し、マラソン初優勝を達成。この成績が高く評価されて、アトランタ五輪女子マラソン代表に選出。二大会連続の五輪出場となった。
1996年アトランタ五輪女子マラソン本番での有森は、30Km地点で2位集団を抜け出してスパート、トップを走っていたファツマ・ロバ( エチオピア)を追いかけ始める。その後33Km過ぎでは、前回のバルセロナ五輪に続いて、ワレンティナ・エゴロワとの激闘を繰り広げた。しかし35Km手前でエゴロワとは徐々に引き離され、苦しい表情を浮かべながらも3番手の位置を死守していた。
そして有森は優勝したファツマ・ロバ、2位のエゴロワに続いて陸上競技場へ入る。4位のカトリン・ドーレにゴール直前で追い上げられたが、わずか6秒の差で逃げ切って3位入賞、銅メダルを獲得した。二大会連続の五輪メダル獲得は、日本女子陸上選手では有森が初である。
ゴール後のインタビューで「メダルの色は、銅かもしれませんけれども……、終わってから、なんでもっと頑張れなかったのかと思うレースはしたくなかったし、今回はそう思っていないし……、初めて自分で自分をほめたいと思います」と涙ながらに語った姿は感動を呼んだ。「自分で自分をほめたい」という言葉はフォーク歌手高石ともやが書いた詩の一節を引用したもので、この詩を初めて聞いたとき涙を流して感動し、いつかこの言葉を言いたいと暖めていたもので、その年の流行語大賞に選ばれた。なお、「自分で自分をほめてあげたい」は誤記である[13]。
この年、肖像権の自主管理(それまで日本の陸上選手は、日本陸連が選手から肖像権の預託を受け、陸連が日本オリンピック委員会に一括して委託していた[14])を主張し、自らプロ宣言を行いCMに出演。事実上日本の「プロランナー」第1号となった。有森のプロ宣言や上述のライツの影響もあり、日本オリンピック委員会は選手の肖像権の一括管理を断念した[15]。

休養宣言・引退
1999年4月、アトランタ五輪以来2年8カ月ぶりのマラソンとなったボストンマラソンに出走。練習過程で転倒し、膝や顔を打撲するハプニングに遭いながらも、自己記録を8年ぶりに更新する2時間26分39秒のゴールタイムをマークして3位入賞を果たす(6位には後の世界記録保持者となる初マラソンのキャサリン・ヌデレバ( ケニア)がいる)。この記録が有森のマラソン自己ベスト記録となった。
翌2000年1月の大阪国際女子マラソンに出走、シドニーオリンピック代表を目指した。体調が万全でない中、レース序盤から先頭集団のハイペースに加わるも、15Km手前で集団から脱落して結局9位に終わり、五輪3大会連続出場はならなかった。翌2001年6月のゴールドコーストマラソンでは約6年ぶりのマラソン優勝を果たしたが、ゴールタイムは2時間35分40秒の平凡な記録に留まった。同年11月の東京国際女子マラソンでは20km付近まで大集団を引っ張って10位でゴール、その後一旦休養を宣言する。
2000年9月、シドニー五輪本番で有森はTVゲスト解説者として出演、かつてリクルート所属時の後輩だった高橋尚子(当時積水化学所属)の優勝を見届けている。2004年8月のアテネオリンピックでも、TVのマラソン実況解説者として野口みずきの優勝を伝えた。
2006年5月、翌年2月の東京マラソン2007を最後に、競技生活から引退することを発表する。その東京マラソン女子の部では22km過ぎで転倒、膝や手を出血するアクシデントに見舞われたが、2時間52分45秒で5位と完走した(優勝は豊田自動織機の新谷仁美、2時間31分1秒)。この東京マラソンでは走行中、自身のarimoと書かれた帽子をスーパーニュースの記者・スタッフに向かって投げた。後に帽子は視聴者にプレゼントされた。
競技者としては引退したが、それ以降もゲストランナーとしてはレースに出る意向である。

現在の活動
有森裕子像(岡山県総合グラウンド内)
2001年に休養を宣言してからの有森は、ハート・オブ・ゴールドや国連人口基金親善大使(2002年より[16])などで幅広く活躍している。また、2002年にはスポーツ選手のマネジメントやイベントなどスポーツビジネスを手掛ける会社、ライツ(小出義雄・金哲彦・鈴木博美・衣笠祥雄・デーブ大久保・竹原慎二・中垣内祐一・デューク更家やイアン・ソープらの窓口となっている)の設立に参画し、自らは同社取締役として経営の一角を担う。現在は自身のマネジメントを株式会社アニモが行っている。[4][15]。
2004年12月22日に桃太郎スタジアム(岡山県総合グラウンド陸上競技場)にブロンズ像が設置された。像のタイトルは「animo」。岡山大学の上田久利助教授が製作した。また、2003年5月17日には郷里の岡山市に記念館「アニモ・ミュージアム」が開館した。全盛期の靴やウェア、各種メダル等を展示している。
2007年3月12日に日本陸上競技連盟の理事に新しく就任した(同じく元走高跳五輪代表の曽根幹子も新理事に就任。それに伴い、2001年から理事を6年間務めた増田明美と山下佐知子の二人が退任)。
2016年の東京オリンピック招致に際してはアンバサダーに任命された。オリンピックデーと重なった2007年6月23日には、セ・パ交流戦東京ヤクルトスワローズVS千葉ロッテマリーンズ(明治神宮球場)の始球式をおこなった[17]。
2008年3月20日に認定特定非営利活動法人スペシャルオリンピックス日本の理事長に就任。2014年1月31日付で、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)理事(非常勤)に就任[18][19]。
また、母校の日本体育大学で講義(教員・客員教授)を受け持ち、教員になるという若い頃の夢を実現させている。
2015年7月には、「日本フェアプレイ大賞」(日本体育協会が展開)のフェアプレイ・アンバサダーに就任した[20]。
2015年11月8日、出身地の岡山市にて「第1回おかやまマラソン」が開催、同大会のスペシャルアンバサダーに就任[21]。尚おかやまマラソン本番当日の有森は、「東京マラソン2007」以来8年振りにフルマラソンに出場。事前の練習が殆ど出来ず、20Km付近で立ち止まる場面も有った中、4時間46分32秒のゴールタイムで完走を果たした[22]。
翌2016年11月13日、「第2回おかやまマラソン」に再びフルマラソンに出走。昨年より約25分も速い、4時間21分59秒で走破した[23]。

恩師・小出義雄監督が80歳で病逝
2019年4月24日、かつて実業団のリクルート所属時代に監督として指導を受けた恩師・小出義雄が、肺炎により80歳で逝去。その訃報に関して有森は「体調が悪く、何度か倒れて練習を見られないという事は聞いていた。それでも小出監督と会った時は気を遣って元気でいるが、会った後にガクンと来るらしくて。病院で見舞いに行った時もよく喋り続けて、私が忘れている出来事迄よく覚えてくれていた」「最初に監督と会ったのは、まだ私が全く無名の頃。リクルートに入ってからも全然走れない私に、監督はその都度練習メニューを一生懸命考えてくれた。喧嘩もよくしたけど、手の掛かるアスリートに困り続けていた監督の顔が浮かんでくる」と涙ながらに想い出を語った。
さらに有森は「小出監督と最後に逢ったのは今年3月の名古屋ウィメンズマラソン。「マラソン当日の朝ホテルで私がうろうろしてた時、鈴木博美・高橋尚子・他の積水化学時代のOG・元市立船橋高校の卒業生達も含めて全員と監督がバッタリ。『小出監督、来ていたんですね。元気じゃないですか』と言った後に『監督、一緒に写真撮りましょうか』って。今と成っては本当に良い写真が撮れて良かった」「近年の監督の口癖は『最近の選手は指導がとても難しい。お前達みたいな、根性の有る選手が今居ないんだよ』と嘆いていた。1人でも2人でも、東京(五輪)に出させたかったみたいで。段々と監督自身が選手達の練習風景を、直接見に行けない事を凄く悔やんでいた」等とコメントしていた[24][25][26]。

交友関係
師であった小出義雄によると、日本最高記録を作ったことがあるとはいえ、有森のトラックでのスピードや練習量自体は他のランナーと比較して決して突出したものではないという。ただ彼女はいざというときに限界まで自分の力を出し切れる能力があり、それがレース本番での結果に結びついたとのことである[27]。なお1999年、小出の著書である『夢を力に!』が英訳されるかたちで、有森が高校2年生の英語教科書に登場している。
有森は、1988年のソウルオリンピック女子マラソンで優勝し金メダルを獲得したロザ・モタ( ポルトガル)を尊敬している。1990年有森の初マラソンで6位だった大阪のレースでモタが優勝したが、一緒に出走したそのレースをきっかけに親交を深めていった。91年世界陸上女子マラソン東京大会で、優勝候補ながらも体調不良だったモタは、レース中盤で脱落しかける頃、有森に対し「イケル!」と笑顔で声を掛けた後に遅れていったという(その後モタは途中棄権)。そのモタの応援のおかげで有森は4位入賞が出来た、と言っている。又世界陸上最終日の男子マラソンで、谷口浩美が金メダル獲得の快挙を成し遂げた際、競技場のスタンドで有森の横に座っていたモタは、谷口の優勝の瞬間自分の事のように喜んだ、という。モタが現役引退後の96年アトランタ五輪女子マラソンでは、レース前にモタは有森の前にやって来て激励してくれて、有森は大変嬉しかったと語っている。
1994年に有森が足の踵の手術で入院中、バルセロナ五輪男子マラソンの金メダリストの黄永祚( 韓国)も有森と一緒に同じ病院で過ごしていた。その時に黄からは「僕はオリンピックで金メダル獲ったけど、あなたは銀メダルでしょ?又次のアトランタ五輪に出場して、今度は金メダルを獲りにいかないとね」と励まされたのをきっかけに、黄とも仲良しになったという。
他、有森がトップランナーだった頃の日本女子代表の良き戦友であった、バルセロナ五輪女子マラソン4位入賞の山下佐知子(現・第一生命女子陸上部監督)とは、今でも仲の良い親友である。特に有森は1996年の正月に、山下から「頼むから(アトランタ五輪の)スタートラインだけには立ってくれ」と記した、年賀状を貰った事が一番の思い出であるという[15]。
歌手の渡辺美里と親交があり、笑っていいともテレフォンショッキングでも紹介する間柄である。また渡辺の「ランナー」という曲は、「頑張っている友人(有森)のために歌う」として1997年の西武球場ライブで披露された。
1998年にアメリカ人男性と結婚したが、2011年からさかのぼること数年前に活動拠点が別々になった。このため同年7月に離婚したことを2012年6月25日付けのマスコミ各社に向けたFAXにおいて公表した[28][29]。

主な記録(マラソンのみ)
レース日
レース名
順位
記録
備考
1990年1月28日

大阪国際女子マラソン

06位

2時間32分51秒

当時初マラソン日本最高記録
1991年1月27日

大阪国際女子マラソン

02位

2時間28分01秒

当時日本最高記録、世界陸上東京大会選考レース
1991年8月25日

世界陸上競技選手権大会東京大会

04位

2時間31分08秒

世界陸上入賞、バルセロナ五輪選考レース
1992年8月1日

バルセロナオリンピック

02位

2時間32分49秒

五輪2位入賞、銀メダル獲得
1995年8月27日

北海道マラソン

01/優勝

2時間29分17秒

マラソン初優勝、当時大会新記録、アトランタ五輪選考レース
1996年7月28日

アトランタオリンピック

03位

2時間28分39秒

五輪3位入賞、銅メダル獲得
1999年4月19日

ボストンマラソン

03位

2時間26分39秒

マラソン自己最高記録
2000年01月30日

大阪国際女子マラソン

09位

2時間31分22秒

シドニー五輪選考レース
2000年11月5日

ニューヨークシティマラソン

10位

2時間31分12秒

2001年06月24日

ゴールドコーストマラソン

01/優勝

2時間35分40秒

約6年ぶりのマラソン優勝
2001年11月18日

東京国際女子マラソン

10位

2時間31分00秒

このマラソンで暫くの間休養宣言
2007年2月18日

東京マラソン

05位

2時間52分45秒

このマラソンを最後に現役引退
自己ベスト
10 km 33分28秒 (2000年8月5日)
15 km 51分51秒 (2000年7月9日)
ハーフマラソン 1時間11分05秒 (1996年2月11日)
マラソン 2時間26分39秒 (ボストンマラソン・1999年4月19日)エピソード
日本体育大学在学時代の1986年にTBSテレビにて放映されたテレビドラマ『早春物語』では駅伝レースの場面で自らランナーとして出演している。その縁でドラマの主演を務めた荻野目洋子と親しくなったことを明かしている[30]。
2008年5月に全国公開された映画『相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン』に、特別出演として約1万人のエキストラと共に、マラソンランナーとして数秒間スクリーンに登場している。

メディア出演
かながわ情熱アスリート(神奈川県内ケーブルテレビ協議会加盟各局) – ナビゲーター著作
『有森裕子 光りかがやくために (ビデオ)』小学館、1996年(ISBN 978-4099037581)
『わたしはだれ? 10代の哲学(1)』(里中満智子・武宮正樹・西本鶏介との共著)ポプラ社、1997年(ISBN 978-4591032817)
『アニモ』メディアファクトリー、1997年(ISBN 978-4889914597)
『わたし革命』岩波書店、2003年(ISBN 978-4000026468)
『有森裕子と読む人口問題ガイドブック 知っておきたい世界のこと、からだのこと』(国連人口基金東京事務所との共著)国際開発ジャーナル社、2004年(ISBN 978-4875390701)
『スマイル・ランニングフォー・レディース』(稲次潤子との共著)保健同人社、2009年(ISBN 978-4832703865)
『有森裕子のマラソンブック フルマラソンで4時間を切る!』マガジンハウス、2009年(ISBN 978-4838719884)関連書籍
有森茂夫『裕子へ 旅立ちへの愛情物語』スターツ出版、1996年(ISBN 978-4915901287)
有森茂夫『娘・裕子と私たち (かもがわライブラリー)』かもがわ出版、1997年(ISBN 978-4876993246)
有森茂夫・有森広子『娘からの贈りもの 有森家の親と子の絆』((共著)、移動大学出版会、1994年(ISBN 978-4900801004)
有森広子『母が語る有森裕子物語』あいゆうぴい、1997年(ISBN 978-4900801097)
伊勢暁史『走る! 有森裕子・志水見千子・千葉真子アトランタ1996の激走』双葉社、1996年(ISBN 978-4575286298)
奥田益也『カントク オリンピック女子マラソンランナーを育てた男たち』家の光協会、1996年(ISBN 978-4259544980) – 第1章 に『踵に翼を 有森裕子と小出義雄総監督』を掲載。
金子ひろみ『メダルへの食卓 食べてきれいに強くなる 有森裕子アトランタ五輪銅メダルを支えた食事法』ベネッセコーポレーション、1996年(ISBN 978-4828817804)
小出義雄『夢を力に!』ザマサダ、2000年(ISBN 978-4883970599) – リクルート陸上部入部の経緯からアトランタ五輪銅メダル獲得までを詳述。脚注
[脚注の使い方]
^ 日本陸連について 団体情報 役員 2021年11月19日現在 2022年3月28日閲覧。

^ IOCの「Sport and Active Society Commission」のメンバーに! – 有森裕子オフィシャルブログ、2016年3月31日

^ 「いらんことばっかり言う」? 有森裕子がそう思われている相手とは? (2/3) 週刊朝日 2017年2月10日号より抜粋

^ a b 「時代を駆ける:有森裕子:YUKO ARIMORI (1)」 『毎日新聞』 2010年1月4日、13版、5面。

^ リーフラス株式会社 会社概要

^ 「時代を駆ける:有森裕子:YUKO ARIMORI (2)」 『毎日新聞』 2010年1月5日、12版、9面。

^ 20年後、20周年を記念して行われた、同大会を通過して世界に羽ばたいたランナー3人、オリンピックのメダリストである有森、高橋尚子、野口みずきの足形を飾る式典の除幕式においてこの珍記録が披露され、会場は笑いに包まれ、有森も苦笑いしたという

^ a b 「一生つきあえる」三菱UFJニコスカード会員誌『DEAR PARTNER』2010年10・11月号、p42 [1]

^ 「時代を駆ける:有森裕子:YUKO ARIMORI (3)」 『毎日新聞』 2010年1月6日、12版、9面。

^ 有森や松野の他には、1991年の東京国際女子マラソンで後にバルセロナ五輪を制覇する事になるワレンティナ・エゴロワ( ロシア、当時 独立国家共同体)を破り2時間31分27秒で優勝した谷川真理と、1992年の名古屋国際女子マラソンで谷川を破り2時間31分04秒で優勝した大江光子がいたが、有森や松野と比べてタイムや実績で劣るとみなされ、最終候補には挙げられなかった。奇しくも、女子マラソン五輪代表選考レースで優勝しながら五輪代表から落選したは、この時の谷川と大江の二人だけである。

^ 有森裕子 「20年間、松野明美を避けて来た」と吐露

^ 三上孝道『これだけは知っておきたい(11) オリンピックの大常識』株式会社ポプラ社、2004年、82ページ、ISBN 4-591-08135-4

^ [2] 名言はこうして生まれた、「初めて自分で自分をほめたいと思います」、有森:実は、一部の新聞は「自分をほめてあげたい」になっていたんです。それを見た人からは「あげたい、なんておかしい。何を言っているんだ」と、批判されたんです。「ほめたい」と言ったんですが。 2012年7月6日

^ 武田薫 「武田薫の激辛スポーツ歳時記 フジテレビ・スポーツコラム1999年6月22日

^ a b c 「時代を駆ける:有森裕子:YUKO ARIMORI (4)」 『毎日新聞』 2010年1月11日、13版、5面。山下は故障により、アトランタ五輪の代表にはなれなかった

^ 「時代を駆ける:有森裕子:YUKO ARIMORI (5)」 『毎日新聞』 2010年1月12日、13版、7面。

^ 有森の公式ブログによる

^ “理事・監事内定の件”. 日本プロサッカーリーグ. (2014年1月17日). http://www.j-league.or.jp/release/000/00005596.html 2014年1月18日閲覧。 

^ Jリーグ新理事に有森裕子氏、小宮山悟氏 日刊スポーツ 2014年1月31日閲覧

^ 有森裕子さん 日本フェアプレイ大賞アンバサダーに就任 ― スポニチ、2015年7月10日

^ 第1回おかやまマラソン 公式HP

^ 有森さん 8年ぶり完走「感無量」声援が後押し、おかやまマラソン山陽新聞 2015年11月8日記事

^ 有森さん 郷土への思い胸に完走 おかやまマラソン、声援に笑顔山陽新聞 2016年11月13日記事

^ 小出さん死去 有森さん、やりとり詳報「私の性格に合わせてくれた産経新聞 2019年4月24日記事

^ 有森裕子と高橋尚子。小出義雄監督が支えた平成女子マラソン栄光の時代。Number Weてb 2019年4月29日記事

^ 有森裕子 頑固な私と共に歩んでくれた恩師・小出監督 -マラソン指導者・小出義雄監督の逝去によせて-日経Gooday(有森裕子の「Coolランニング」)2019年5月23日記事

^ 増田明美『おしゃべりなランナー』リヨン社、1997年、p90 – 91

^ 有森さん離婚していた 数年前から別居日刊スポーツ 2012年6月26日記事

^ 有森裕子さん 昨年7月に離婚していたスポーツニッポン新聞 2012年6月25日記事

^ 『週刊新潮』2014年3月27日号「掲示板」

関連項目
山陽女子ロードレース – ハーフマラソンの部に『有森裕子杯』の冠があり、優勝者に贈られている。外部リンク
所属事務所「株式会社アニモ」有森裕子プロフィール
Yuko Arimori 有森裕子 (@yuko_arimori_official) – Instagram
有森裕子マネージャー (@arimori_manager) – Twitter

有森裕子 – ワールドアスレティックスのプロフィール(英語)
アニモ・ミュージアム
バルセロナオリンピック、アトランタオリンピック両大会の女子マラソンメダリスト 有森裕子
パーソンアップ:有森裕子さん(前編)
パーソンアップ:有森裕子さん(中編)
パーソンアップ:有森裕子さん(後編)
プロフェッショナルの唯言・有森裕子
smartsleeplibrary:有森裕子さん(元マラソンランナー)/第1回 ココロは世界を駆け巡る!
smartsleeplibrary:有森裕子さん(元マラソンランナー)/第2回 アスリートにとっての睡眠とは
観光庁 ランナーズインフォ 表話編歴<< 歴代の新語・流行語大賞の受賞者 (年間大賞選定以後・1991-2010) >>第8回(1991年)
…じゃあ〜りませんか チャーリー浜

第9回(1992年)
「うれしいような、かなしいような」「はだかのおつきあい」 きんさんぎんさん

第10回(1993年)
Jリーグ 川淵三郎(Jリーグチェアマン)

第11回(1994年)

すったもんだがありました 宮沢りえ / イチロー(効果) イチロー(オリックス・ブルーウェーブ) / 同情するならカネをくれ 安達祐実

第12回(1995年)

無党派 青島幸男(東京都知事) / NOMO 野茂英雄(ロサンゼルス・ドジャース) / がんばろうKOBE 仰木彬(オリックス・ブルーウェーブ監督)

第13回(1996年)

自分で自分をほめたい 有森裕子(マラソン選手) / 友愛 / 排除の論理 鳩山由紀夫(民主党代表) / メークドラマ 長嶋茂雄(読売ジャイアンツ監督)

第14回(1997年)
失楽園(する) 渡辺淳一、黒木瞳

第15回(1998年)

ハマの大魔神 佐々木主浩(横浜ベイスターズ) / だっちゅーの パイレーツ(お笑い芸人)

第16回(1999年)

ブッチホン 小渕恵三(内閣総理大臣) / リベンジ 松坂大輔(西武ライオンズ) / 雑草魂 上原浩治(読売ジャイアンツ)

第17回(2000年)

おっはー 慎吾ママ / IT革命 木下斉(商店街ネットワーク社長・早稲田大学高等学院三年)

第18回(2001年)
「小泉語録」(米百俵・聖域なき構造改革・恐れず怯まず捉われず・骨太の方針・ワイドショー内閣・改革の「痛み」) 小泉純一郎(内閣総理大臣)

第19回(2002年)

タマちゃん 佐々木裕司(川崎市民)、黒住祐子(フジテレビ・レポーター) / W杯(中津江村) 坂本休(中津江村・村長)

第20回(2003年)

毒まんじゅう 野中広務(元衆議院議員) / なんでだろ〜 テツandトモ(お笑いグループ) / マニフェスト 北川正恭(早稲田大学教授)

第21回(2004年)
チョー気持ちいい 北島康介(競泳選手)

第22回(2005年)

小泉劇場 武部勤(自由民主党幹事長)ほか / 想定内(外) 堀江貴文(ライブドア社長)

第23回(2006年)

イナバウアー 荒川静香(プロスケーター) / 品格 藤原正彦(数学者)

第24回(2007年)

(宮崎を)どげんかせんといかん 東国原英夫(宮崎県知事) / ハニカミ王子 石川遼(アマチュアゴルフ選手)

第25回(2008年)

グ〜! エド・はるみ / アラフォー 天海祐希

第26回(2009年)
政権交代 鳩山由紀夫(内閣総理大臣)

第27回(2010年)
ゲゲゲの –  武良布枝(『ゲゲゲの女房』作者)

※受賞者の役職は当時のもの。
表話編歴スポーツ観光マイスター第1回
(2010.07.18) ・ フィリップ・トルシエ
寺田陽次郎
小原工第2回
(2010.08.06) 朝日健太郎
浦田聖子
篠宮龍三
塚原光男第3回
(2010.09.07) 荻原健司第4回
(2010.09.29) 小林可夢偉第5回
(2010.10.18) 船木和喜第6回
(2010.10.26) 大林素子第7回
(2010.12.06) ドラガン・ストイコビッチ第8回
(2011.08.09) 廣道純
福島千里第9回
(2011.11.25) 有森裕子第10回
(2011.11.28) 鏑木毅第11回
(2012.02.28) 駒澤李佳第12回
(2012.03.24) 李大浩第13回
(2012.03.29) アルベルト・ザッケローニ第14回
(2012.07.18) フランコ・バレージ任命者
溝畑宏(観光庁長官)
坪田知広(観光庁スポーツ観光推進室長)
志村格(観光庁観光地域振興部長)関連項目
観光庁
観光大使
表話編歴全日本実業団女子駅伝5区区間賞1980年代
82 柏木千恵美(関西実業団)
83 北野昌世(旭化成)
84 熊野千景(京セラ)*
85 石田潔美(京セラA)*
86 井上ひとみ(三田工業)*
87 金刺貴子(三田工業)
88 石倉あゆみ(京セラ)*
89 有森裕子(リクルート)*1990年代
90 松本初美(ワコール)*
91 志水見千子(リクルート)
92 王秀婷 (東海銀行)
93 川崎麻衣子(天満屋)
94 片岡純子(富士銀行)*
95 岡本幸子(沖電気宮崎)*
96 川上優子(沖電気宮崎)*
97 エスタ・ワンジロ(日立)
98 高橋尚子(積水化学)
99 川上優子(沖電気宮崎)2000年代
00 小鳥田貴子(デオデオ)
01 坂下奈穂美(三井住友海上)
02 田中めぐみ(あさひ銀行)
03 坂下奈穂美(三井住友海上)
04 原裕美子(京セラ)
05 福士加代子(ワコール)
06 福士加代子(ワコール)
07 福士加代子(ワコール)
08 赤羽有紀子(ホクレン)
09 赤羽有紀子(ホクレン)2010年代
10 重友梨佐(天満屋)
11 重友梨佐(天満屋)*
12 重友梨佐(天満屋)
13 木﨑良子(ダイハツ)*
14 木﨑良子(ダイハツ)
15 横江里沙(豊田自動織機)*
16 鍋島莉奈(日本郵政グループ)
17 前田彩里(ダイハツ)
18 鍋島莉奈(日本郵政グループ),堀優花(パナソニック)*
19 三宅紗蘭 (天満屋)2020年代
20 鈴木亜由子 (日本郵政グループ)
21 五島莉乃 (資生堂)(31:28)**
*は区間新、**は現行区間記録
1区
2区
3区
4区
5区
6区
 陸上競技日本代表 – 出場大会表話編歴陸上競技日本代表 – 1991 東京世界陸上男子
井上悟
杉本龍勇
山下徹也
奥山義行
高野進
奥山光広
熊谷勝仁
森下広一
浦田春生
池田克美
岩崎利彦
苅部俊二
斎藤嘉彦
山崎一彦
仲村明
小中富公一
渡辺高博
伊東浩司
吉田孝久
竹井秀行
下仁
山下訓史
溝口和洋
金子宗弘
谷口浩美
篠原太
中山竹通
酒井浩文
今村文男
小坂忠広
園原健弘女子
早狩実紀
五十嵐美紀
真木和
松野明美
佐々木あゆみ
長谷川順子
正木典子
柿沼和恵
北田敏恵
野村綾子
徳田由美子
北川政代
佐藤涼子
天野恵子
佐藤恵
北森郁子
宮島秋子
山下佐知子
有森裕子
荒木久美
佐藤優子
平山秀子
増田房子
表話編歴陸上競技日本代表 – 1992 バルセロナオリンピック男子
井上悟
杉本龍勇
青戸慎司
高野進
渡辺高博
浦田春生
大崎栄
岩崎利彦
斎藤嘉彦
山崎一彦
鈴木久嗣
簡優好
森長正樹
山下訓史
佐野浩之
吉田雅美
森下広一
谷口浩美
中山竹通
園原健弘
今村文男
小坂忠広女子
五十嵐美紀
真木和
鈴木博美
佐藤恵
山下佐知子
小鴨由水
有森裕子
佐藤優子
板倉美紀
表話編歴陸上競技日本代表 – 1996 アトランタオリンピック男子
朝原宣治
土江寛裕
伊東浩司
馬塚貴弘
大森盛一
花田勝彦
高岡寿成
渡辺康幸
河村英昭
苅部俊二
山崎一彦
井上悟
小坂田淳
田端健児
米倉照恭
野村智宏
実井謙二郎
谷口浩美
大家正喜
池島大介
小坂忠広女子
志水見千子
弘山晴美
市川良子
千葉真子
川上優子
鈴木博美
金沢イボンヌ
宮島秋子
真木和
浅利純子
有森裕子
三森由佳表話編歴NHK紅白歌合戦審査員第1回
春日由三
吉本明光第2回
中山晋平第3回
春日由三
吉川義雄第4回
春日由三
吉川義雄
川村専一
狩野近雄
河上英一
笹本恭彦
明瀬裕
池田太郎
牧定忠第5回
春日由三
吉川義雄
渋沢秀雄
横山隆一
西崎緑
貝谷八百子
田付辰子
メイ牛山第6回
春日由三
吉川義雄
岩田専太郎
勅使河原蒼風
千代の山雅信
小山いと子
吉村公三郎
市川翠穂
マヤ片岡第7回
春日由三
吉川義雄
三國連太郎
小西得郎
栃錦清隆
青木茂高
河上牧子
水木洋子
坂西志保
田村佐紀子
吾妻徳穂第8回
吉川義雄
田中角栄
菊田一夫
若乃花勝治
金田正一
奥むめお
森田たま
細川ちか子
近藤百合子第9回
吉川義雄
横山泰三
水原茂
稲垣浩
朝汐太郎
沢田美喜
杉村春子
戸川エマ
赤堀全子第10回
吉川義雄
木下惠介
大宅壮一
杉浦幸雄
若羽黒朋明
長谷川春子
大濱英子
榊淑子
谷桃子第11回
吉川義雄
秋山登
唐島基智三
柏戸剛
松本幸四郎
中村汀女
田中絹代
秋山ちえ子
江上トミ第12回
長沢泰治
土門拳
高田元三郎
仲代達矢
大鵬幸喜
和田夏十
勅使河原霞
村山リウ
森光子第13回
長沢泰治
工藤昭四郎
東郷青児
森英恵
大山康晴
山内一弘
佐田の山晋松
藤間紫
岡田茉莉子
十返千鶴子
浪花千栄子第14回
長沢泰治
細川隆元
丹羽文雄
實川延若
中西太
栃ノ海晃嘉
飯田蝶子
貞閑晴
新珠三千代
花柳壽輔
佐久間良子第15回
長沢泰治
大林清
北葉山英俊
林与一
古賀忠道
春風亭柳橋
岩下志麻
司葉子
長谷川町子
林美智子
吉屋信子第16回
坂本朝一
円地文子
安達曈子
入江美樹
藤村志保
小絲源太郎
松下幸之助
ファイティング原田
緒形拳第17回
坂本朝一
樫山文枝
五代利矢子
浜美枝
山崎豊子
大佛次郎
尾上菊之助
加藤芳郎
鶴ヶ嶺昭男第18回
中山卯郎
福島慎太郎
木村秀政
西本幸雄
石坂浩二
福原美和
栗原小巻
塩月弥栄子
平岩弓枝第19回
中山卯郎
江夏豊
王馬熙純
榊原仟
鈴木俊一
曽野綾子
高田敏子
藤田弓子
三船敏郎第20回
中山卯郎
浅丘ルリ子
市川海老蔵
今井通子
大谷直子
菅野義丸
佐藤愛子
鶴岡一人
平幹二朗第21回
中道定雄
坂東玉三郎
樋口久子
小林弘
三田佳子
志村喬
武原はん
玉の海正洋
中山律子第22回
仲代達矢
小野田勇
浪花家辰造
大場政夫
宇田川竜男
堀内寿子
大山英子
村山加代子
中山きよ子
樫山文枝
山口果林
高橋信雄
山下迪子
館弘子
石田芳夫
中山紀子
井沢つま
森戸辰男
溝尾正志
花本方美
為久優子
成田知子
桑田たつ子
村上巳里
山下誠
小川善三郎
河野久枝
桑原永子
田川由紀子
佐藤太圭子
山田三智穂
大谷豊二
高橋優子
貴ノ花利彰
赤塚洋文
平内義幸
富岡雅寛
平賀輝子
中川時子第23回
加藤稔
池内淳子
中原誠
森英恵
小林桂樹
中村汀女
井上ひさし
中野貴代
神田好武
真木洋子
輪島大士第24回
高橋洋子
生沼スミエ
棟方志功
村上元三
京マチ子
サトウサンペイ
高田ユリ
尾上菊五郎
寺島純子
北の湖敏満第25回
根本良夫
橋本明治
杉村春子
尾上松緑
栗原小巻
堀江謙一
檀ふみ
魁傑將晃
新垣留美子第26回
根本良夫
尾上梅幸
高橋展子
吉永小百合
加藤剛
三林京子
大竹しのぶ
古葉竹識
三重ノ海五郎第27回
池田彌三郎
浅丘ルリ子
中村梅之助
小野清子
村上隆
堤加蓉子
カロリーナ・ピレス・ド・リオ
若三杉壽人
川上哲治第28回
川口幹夫
市川染五郎
上田利治
旭國斗雄
水島新司
川橋幸子
橋田壽賀子
新井春美
竹下景子第29回
川口幹夫
北の湖敏満
岩下志麻
植村直己
八千草薫
安奈淳
森和人
森下洋子
山本浩二第30回
加藤好雄
若山富三郎
ミヤコ蝶々
菅原文太
大原麗子
松本零士
重兼芳子
古葉竹識
多岐川裕美第31回
加藤好雄
松本幸四郎
陳舜臣
佐久間良子
木田勇
向田邦子
島田陽子
鈴木喜久子
角田好雄第32回
渡辺一雄
石毛宏典
古手川祐子
緒形拳
花井幸子
倉本昌弘
森光子
坂田栄男
高橋洋子
秋竜山
澤地久枝第33回
香川宏
生沼スミエ
玉の海梅吉
森英恵
山藤章二
池上季実子
広岡達朗
村松友視
真野響子
滝田栄
橋田壽賀子
前橋汀子
市川猿之助第34回
香川宏
三船敏郎
松本幸四郎
大原麗子
田淵幸一
樋口久子
松坂慶子
田中裕子
隆の里俊英
谷川浩司
林真理子
胡桃沢耕史
宮尾登美子
山口小夜子
役所広司第35回
菊池綜一
江上由美
釜本邦茂
名取裕子
風間杜夫
石井幹子
連城三紀彦
里中満智子
衣笠祥雄
松坂慶子
市川海老蔵第36回
遠藤利男
三田佳子
中村吉右衛門
高野悦子
小池一夫
武原はん
ジェームス三木
山口洋子
吉田義男
大地真央
北尾光司第37回
中野正之
森光子
清原和博
森下洋子
雁屋哲
黒柳朝
加藤芳郎
山崎洋子
渡辺謙
加納みゆき
千代の富士貢第38回
吉岡利夫
若尾文子
中井貴一
森瑤子
江藤俊哉
俵万智
逢坂剛
森口祐子
近藤真一
若村麻由美
北勝海信芳第39回
今西陽一郎
三田佳子
片岡孝夫
伊藤京子
森祇晶
浅野温子
安野光雅
伊勢桃代
新井満
山口智子
千代の富士貢第40回
沖清司
千代の富士貢
いしだあゆみ
ねじめ正一
小林浩美
中村勘九郎
村崎芙蓉子
西田敏行
石岡瑛子
斎藤雅樹
渡辺梓第41回
沖清司
山本陽子
中村鴈治郎
諏訪内晶子
野田秀樹
コシノジュンコ
渡辺久信
森口祐子
松岡修造
沢口靖子
真田広之第42回
小林由紀子
増井光子
山崎豊子
秋山幸二
芦原すなお
荻野アンナ
若花田勝
貴花田光司
緒形直人
鷲尾いさ子
田中好子第43回
内林達夫
有森裕子
曙太郎
古賀稔彦
富司純子
中田久美
野茂英雄
村上弘明
伊藤みどり
森光子
高橋克彦第44回
松尾武
三田佳子
米長邦雄
市川團十郎
細川直美
筒井道隆
つみきみほ
松原敏春
平瀬真由美
宮尾登美子
川淵三郎
内館牧子
田村亮子
植木等
野村克也
中丸三千繪
古田敦也
ミヤコ蝶々
曙太郎
古橋廣之進
大林素子第45回
松尾武
イチロー
赤井英和
奥野史子
岩下志麻
羽生善治
南井克巳
賀来千香子
川本ゆかり
市川崑
森光子第46回
上田洋一
古田敦也
田村亮子
天海祐希
竹中直人
原辰徳
水谷八重子
中村紘子
ジョージ川口
柳家小さん
大石芳野第47回
上田洋一
有森裕子
川口能活
江角マキコ
仰木彬
清水市代
中村橋之助
森英恵
桂米朝
大石静
周防正行第48回
大橋晴夫
井原正巳
吉永小百合
片岡仁左衛門
伊藤みどり
佐々木主浩
佐藤夕美子
本木雅弘
篠田節子
谷川浩司
吉行あぐり第49回
大橋晴夫
清水宏保
藤原紀香
琴錦功宗
中村玉緒
松平健
俵万智
ジェームス三木
服部道子
熊川哲也
浅利純子第50回
伊東律子
出島武春
松嶋菜々子
内館牧子
野村萬斎
田村亮子
津川雅彦
草笛光子
阿久悠
福嶋晃子
乙武洋匡第51回
伊東律子
田村亮子
長嶋茂雄
高橋尚子
渡辺謙
池内淳子
佐々木主浩
岡本綾
井上康生
木村佳乃
内藤國雄第52回
出田幸彦
栃東大裕
川原亜矢子
室伏広治
竹田恆和
松岡佑子
唐沢寿明
平良とみ
天海祐希
藤田宜永
森下洋子第53回
出田幸彦
朝青龍明徳
米倉涼子
市川新之助
阿川佐和子
宮本恒靖
仲間由紀恵
高橋由伸
恩田美栄
岩合光昭
岸惠子第54回
中村季恵
浅野ゆう子
五木寛之
優香
三谷幸喜
村山由佳
末續慎吾
村主章枝
武田真治
有馬稲子
星野仙一第55回
中村季恵
野口みずき
野村忠宏
橋田壽賀子
中村勘九郎
荒川静香
滝沢秀明
高島礼子
和田一浩
森光子
日野原重明第56回
琴欧州勝紀
薬師丸ひろ子
野口聡一
長澤まさみ
山田洋次
森光子
上川隆也
眞鍋かをり
林家正蔵
栗原はるみ第57回
渡辺謙
阿木燿子
リリー・フランキー
藤山直美
内野聖陽
横峯さくら
田口壮
吉田都
鎌田實
瀬戸内寂聴第58回
宮﨑あおい
上田桃子
岡島秀樹
青木功
中村勘三郎
新垣結衣
茂木健一郎
坂東眞理子
陣内智則
藤原紀香第59回
本木雅弘
吉田沙保里
太田雄貴
高橋尚子
松本幸四郎
松坂慶子
姜尚中
堀北真希
妻夫木聡
上野由岐子第60回
白鵬翔
草刈民代
阿部寛
深田恭子
原辰徳
勝間和代
城田優
杉山愛
西田敏行
森光子第61回
野口聡一
湊かなえ
岩崎夏海
寺島しのぶ
髙橋大輔
上野樹里
伊勢谷友介
仲間由紀恵
北大路欣也
武良布枝第62回
大竹しのぶ
田中将大
コシノジュンコ
三谷幸喜
鈴木京香
佐々木則夫
鈴木明子
松山ケンイチ
松井冬子
琴奨菊和弘第63回
綾瀬はるか
尾木直樹
澤穂希
中村勘九郎
樹木希林
桂文枝
吉田沙保里
入江陵介
菅野よう子
日馬富士公平第64回
田中将大
滝川クリステル
宮藤官九郎
宮本信子
杉良太郎
風吹ジュン
岡田准一

片岡愛之助
阿川佐和子第65回
中園ミホ
尾上松也
蜷川実花
山中伸弥
井上真央
阿部寛
仲間由紀恵
タモリ
黒柳徹子第66回
羽生結弦
堺雅人
長澤まさみ
大泉洋
土屋太鳳
三宅宏実
上橋菜穂子
所ジョージ
有村架純
又吉直樹第67回
高畑充希
辻沙絵
草刈正雄
新垣結衣
大谷翔平
萩野公介
伊調馨
秋本治
春風亭昇太
村田沙耶香第68回
村田諒太
村上茉愛
加藤一二三
吉岡里帆
高橋一生
宮本信子
鈴木亮平
林真理子第69回
阿部サダヲ
安藤サクラ
池江璃花子
小平奈緒
佐藤健
出川哲朗
永野芽郁
中村勘九郎
夏井いつき
野村萬斎
長谷部誠第70回
井上尚弥
上沼恵美子
サンドウィッチマン
渋野日向子
瀬戸大也
田中圭
戸田恵梨香
中西麻耶
長谷川博己
広瀬すず
吉野彰第71回
黒柳徹子
サンドウィッチマン
杉咲花
染谷将太
チコちゃん
宮崎美子
宮本亞門
室伏広治
吉沢亮第72回
石川佳純
清原果耶
小池栄子
坂口健太郎
谷真海
三谷幸喜
典拠管理
CINII: DA10964146
IAAF: 62971
ISNI: 0000 0003 7625 7999
NDL: 00554514
VIAF: 252976864
WorldCat Identities: viaf-252976864

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=有森裕子&oldid=88797760」から取得
カテゴリ: 日本の女子マラソン選手陸上競技日本代表選手オリンピック陸上競技日本代表選手世界陸上選手権日本代表選手日本体育大学の教員リクルートの人物日本のオリンピック銀メダリスト日本のオリンピック銅メダリスト陸上競技のオリンピックメダリスト20世紀のスポーツ選手21世紀のスポーツ選手ロイヤル・モニサラポン勲章受章者菊池寛賞受賞者Jリーグの役員日本体育大学出身の人物就実高等学校出身の人物岡山市出身の人物20世紀日本の女性21世紀日本の女性1966年生存命人物隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ編集半保護中のページウィキデータにあるIAAF IDCINII識別子が指定されている記事IAAF識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 7990
再生回数: 86 19
[spincontent type=”j”]

名言「初めて自分で自分をほめたいと思います」有森裕子 Youtube

2. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Yomiuri

Yomiuri
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8469
[spincontent type=”j”]

3. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Asahi Shimbun

朝日新聞
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 朝日新聞で検索した 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する上記の情報が、自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 40 30
[spincontent type=”j”]

4. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい The Japan Times

The Japan Times
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: ジャパン タイムズで検索した 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する記事のトップです。自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6601
[spincontent type=”j”]

5. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Yomiuri Shimbun

読売新聞
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する詳細情報はすでにありますか? 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 37 13
[spincontent type=”j”]

6. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Mainichi Shimbun

毎日新聞
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 毎日新聞で見つけた 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する上記の情報が、自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5133
[spincontent type=”j”]

7. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Sankei Shimbun

産経新聞
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 産経新聞で検索した 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する記事のトップです。自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5121
[spincontent type=”j”]

8. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 95 19
[spincontent type=”j”]

9. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Chunichi Shimbun

中日新聞
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 中日新聞で検索した 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する上記の情報が、自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 21
[spincontent type=”j”]

10. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Tokyo Shimbun

東京新聞
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 70 48
[spincontent type=”j”]

11. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7796
[spincontent type=”j”]

12. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 日刊工業新聞で見つけた 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する上記の情報が、自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8687
[spincontent type=”j”]

13. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Ainu Times

アイヌタイムス
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: アイヌ タイムズで検索した 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する記事のトップです。自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 80 27
[spincontent type=”j”]

14. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する詳細情報はすでにありますか? 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 40 32
[spincontent type=”j”]

15. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Chiba Nippo

千葉日報
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 千葉日報で検索した 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する上記の情報が、自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9190
[spincontent type=”j”]

16. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Chugoku Shimbun

中国新聞
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 中国新聞で検索した 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する記事のトップです。自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4604
[spincontent type=”j”]

17. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい Daily Tohoku

デイリー東北
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6255
[spincontent type=”j”]

18. 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

説明: イースタン クロニクルで検索した 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する上記の情報が、自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9632
[spincontent type=”j”]

自分 で 自分 を 褒め て あげ たい に関する質問

自分 で 自分 を 褒め て あげ たい についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい

自分 で 自分 を 褒め て あげ たい
方法自分 で 自分 を 褒め て あげ たい
チュートリアル 自分 で 自分 を 褒め て あげ たい
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: