あなたは 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 を共有します。 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

第 2 次 世界 大戦 日本 軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0第二次世界大戦 > 太平洋戦争 > ソロモン諸島の戦い
ソロモン諸島の戦い
1942年8月8日、連合軍の対空砲火をかいくぐり雷撃を行う日本軍の一式陸攻
戦争:太平洋戦争(大東亜戦争)
年月日:1942年1月 – 1945年8月15日
場所:ソロモン諸島
結果:連合軍の勝利
交戦勢力
大日本帝国

アメリカ合衆国 オーストラリア ニュージーランド イギリス
指導者・指揮官
山本五十六  † 井上成美 塚原二四三 草鹿任一 三川軍一 田中頼三 今村均

チェスター・ニミッツ ダグラス・マッカーサー フランク・J・フレッチャー リッチモンド・K・ターナー
損害
戦死 80,000艦船 50隻航空機 1500機

戦死 11,000艦船 40隻航空機 800機
ソロモン諸島の戦い

FS作戦
ウォッチタワー作戦
フロリダ諸島
ガダルカナル
第一次ソロモン
第二次ソロモン
サボ島沖
ヘンダーソン基地艦砲射撃
南太平洋
第三次ソロモン
ルンガ沖
レンネル島沖
ケ号作戦
ビスマルク海
ビラ・スタンモーア
ニュージョージア島
い号作戦
ルンガ沖航空戦
クラ湾
コロンバンガラ島沖
ベラ湾
第一次ベララベラ
第二次ベララベラ
ラバウル空襲
ブーゲンビル島
ブーゲンビル島沖
ろ号作戦
ブーゲンビル島沖航空戦
セント・ジョージ岬沖
グリーン諸島
表示
ソロモン諸島の戦い(ソロモンしょとうのたたかい)は、第二次世界大戦[1]中に日本軍と連合軍の間で、南太平洋ソロモン諸島の争奪をめぐり行われた戦闘である。
一連の戦闘の中で大きなものはガダルカナル島の戦いとブーゲンビル島の戦いであるが、このほかにも多くの陸海空の戦闘が行われた。

背景[編集]
太平洋をめぐる日本と連合国との戦いは、緒戦の南方作戦では周到に準備した日本軍が西太平洋を制し、南方資源地帯を押さえる結果となった。資源的に余裕が出てきた日本軍は第二段作戦として、陸軍の中国・インドを押さえようという案と、海軍のオーストラリアを押さえる案とが浮上してきた。
しかし、海軍軍令部はオーストラリアを押さえるには新たに20万人程度の軍が必要と試算、陸軍側と折衝したが中国戦線を主戦場と見る陸軍側はこれを拒否した。このため軍令部はアメリカとオーストラリアの間の交通を分断し、オーストラリアを孤立させ、休戦させるという構想(米豪遮断作戦)を立て、陸軍の了承を得るにいたった。そのため、日本海軍はフィジー、サモア、ニューカレドニアを攻略するFS作戦を計画した。1942年4月頃の日本海軍の作戦計画は次のとおりであった[2]。

5月上旬 – ポートモレスビー攻略作戦
6月上旬 – ミッドウェー、アリューシャン作戦
7月 – FS作戦ガダルカナル島のすぐ北に位置するフロリダ島のツラギは、珊瑚海海戦直前の5月3日に日本軍が占領した。

詳細は「珊瑚海海戦#ツラギ攻略」を参照
すぐにツラギに哨戒活動用の水上機を配備し、ツラギの部隊はガダルカナル島に飛行場適地があることを報告した。6月のミッドウェー海戦の敗北の直後、日本軍はFS作戦の2ヶ月延期を決定したが、ツラギの強化やFS作戦のためにガダルカナル島に飛行場を建設することとし、1942年7月6日に飛行場設営隊が島に上陸して建設が始まった。同じ頃、FS作戦の中止が決定したが、飛行場の建設はそのまま進められ、8月5日には完成して、16日に戦闘機を派遣する予定であった。ただ、この頃の日本軍の関心はFS作戦が中止になったことでソロモン諸島よりもニューギニアのポートモレスビーを再攻略(5月の攻略作戦は珊瑚海海戦のため、途中で中止)することに向いていた。
一方、7月2日に連合軍はウォッチタワー作戦と呼ばれる対日反攻作戦を発動し、8月7日にガダルカナル島で日本軍が建設中の飛行場の奪取と、フロリダ島のツラギにある日本軍基地の攻略のため、アメリカ海兵隊第1海兵師団を主力とするアメリカ軍が両島に上陸した。
同時期、ニューギニアでも日本軍のポートモレスビー陸路攻略作戦が行われていたが、ガダルカナル島の戦いが始まると日本軍は戦力(兵員、航空機、艦船)をガダルカナル島に優先投入した。
日本海軍はインド洋で大規模な作戦を行う予定であったが、こちらも中止された[3]。

ガダルカナル島をめぐる戦い[編集]
フロリダ諸島[編集]
1942年時の前線
詳細は「フロリダ諸島の戦い」を参照
ガダルカナル島のすぐ北に位置するフロリダ島の入江にある3つの小島(ツラギ、タナンボコ、ガブツ)に日本海軍の横浜海軍航空隊(水上機部隊)と陸戦隊(第八十四警備隊)の800名弱[4]が駐留し、水上機による周辺の哨戒活動を行っていた。8月7日、アメリカ海兵隊が上陸し、激戦となったが翌8日に占領された。日本軍は少数の捕虜を除き全滅した。

ガダルカナル島[編集]
連合軍の補給線
詳細は「ガダルカナル島の戦い」を参照
1942年(昭和17年)7月6日、日本海軍はガダルカナル島に飛行場設営隊とわずかな守備隊を送り込みルンガ飛行場(後のヘンダーソン飛行場、ホニアラ国際空港)の建設を開始し、8月5日に第一期工事を完成した。一方この情報をつかんだアメリカ軍は、8月7日にガダルカナル島に海兵隊10,000名[5]を上陸させて、さしたる抵抗も受けずに飛行場を占領した。またこれと同時にフロリダ島、ツラギ島、ガブツ島、タナンボゴ島に対しても陸海共同の占領作戦が行われた。ウォッチタワー作戦と呼ばれるこれらの作戦は、太平洋戦線のアメリカ軍にとっては初めての攻勢であった。こうしてそれまで注目されていなかったガダルカナル島は日本と連合軍(主力はアメリカ軍)の激戦地となった。
アメリカ軍のガダルカナル上陸に日本海軍は直ちに反撃行動を起こし、第一次ソロモン海戦が発生した。この時までの日本軍のガダルカナルでの作戦は海軍単独によるものであったが、8月12日に「ソロモン群島要地奪回作戦」(カ号作戦)の陸海軍中央協定が締結され陸軍も奪回作戦に加わることになった[6]。
しかしアメリカ軍が日本から奪取した飛行場を巡る地上戦では、日本軍の情勢判断の誤りにより被害が拡大した。この間、周辺の海域では多くの海戦が行われ、日米両軍とも多数の艦船を失ったが工業生産力が劣る日本の方がより大きな打撃であった。また、この戦いでラバウル航空隊は往復2,000キロもの長距離飛行を強いられた。そのため、搭乗員の疲労は激しく、多くの航空機と貴重な熟練搭乗員を消耗していった。
1942年12月31日に日本はガダルカナル島からの撤退を決定し、翌年2月に撤退が行われた(ケ号作戦)。一連の撤退作戦が行われた後、1943年(昭和18年)2月9日ガダルカナル島からの「転進」(撤退)を伝える大本営発表が行われた。この戦いにおける日本軍の死傷者24,000名、アメリカ軍の死傷者6,000名を数えるまでになっていた。日本軍はガダルカナル島での戦いに敗北し、以後戦況は悪化の一途をたどる。

主な戦い[編集]
丸括弧内は連合軍における呼称。
1942年(昭和17年)

8月7日 – 連合軍がガダルカナル島とフロリダ諸島に上陸
8月9日 – 第一次ソロモン海戦(サボ島沖海戦) [鉄]
8月21日 – イル川渡河戦にて、日本軍(一木支隊)はヘンダーソン飛行場の奪回作戦を行うが壊滅(テナルの戦い)
8月24日 – 第二次ソロモン海戦(東ソロモン沖海戦)
9月12日~14日 – 日本軍(川口支隊)はヘンダーソン飛行場の奪回作戦(第一次総攻撃)を行うが失敗
10月11日~12日 – サボ島沖夜戦(エスペランス岬沖海戦) [鉄]
10月13日~14日 – ヘンダーソン基地艦砲射撃
10月24日~26日 – 日本軍(第2師団)はヘンダーソン飛行場の奪回作戦(第二次総攻撃)を行うが失敗
10月26日 – 南太平洋海戦(サンタ・クルーズ諸島海戦)
11月12日~13日 – 第三次ソロモン海戦(第一次ガダルカナル海戦) [鉄]
11月14日~15日 – 第三次ソロモン海戦(第二次ガダルカナル海戦) [鉄]
11月30日 – ルンガ沖夜戦(タサファロンガ海戦) [鉄] ※ [鉄]は「鉄底海峡(アイアンボトム・サウンド)」での海戦1943年(昭和18年)

1月29日~30日 – レンネル島沖海戦
2月1日~7日 – ケ号作戦により、日本軍がガダルカナル島から撤退。イサベル島沖海戦が発生。中部・北部ソロモン諸島の戦い(ガダルカナル後)[編集]
中部ソロモン諸島(ニュージョージア諸島)の戦い[編集]
日本軍のガダルカナル島撤退後、連合軍の進撃は次の作戦(カートホイール作戦)の準備と休養のため小休止となり[7]、日本軍は中部ソロモン諸島と東部ニューギニアの防衛の強化に努めた。
ただ、この間も戦闘は続いており、その主なものはラバウルからニューギニアへ向かっていた日本の輸送部隊の壊滅(ビスマルク海海戦)、日本軍による連合軍に対する大規模な航空作戦(い号作戦)、山本五十六連合艦隊司令長官の戦死(海軍甲事件)である。
連合軍は小休止のあと、南太平洋方面の日本軍の一大拠点ラバウルに向けてソロモン諸島とニューギニアの両方から前進を開始する(カートホイール作戦)。ソロモン諸島方面の連合軍の最初の行動は中部ソロモンのニュージョージア島のムンダ飛行場の奪取を目的としたものである。
以後のこの海域の戦いは、ソロモン諸島沿いにラバウルに向かうアメリカ軍が飛行場を確保するために行った作戦と、これに反撃する日本軍の間で発生した戦闘である。

ニュージョージア島・レンドバ島[編集]
詳細は「ニュージョージア島の戦い」を参照
詳細は「レンドバ島の戦い(英語版)」を参照
日本軍はガダルカナル島での戦いを支援するため、1942年12月にニュージョージア島のムンダに飛行場を建設した。ガダルカナル島撤退後、日本軍はソロモン方面の防衛線を中部ソロモンとすることに決定し[8][9]、ニュージョージア島やそのすぐ北にあるコロンバンガラ島の戦力増強を続けた。
アメリカ軍はニュージョージア島の日本軍のムンダ飛行場を占領して自軍の飛行場とするため、その準備作戦として1943年6月30日、ムンダの対岸のレンドバ島に上陸した。続いて、7月5日にニュージョージア島に上陸し、8月5日にムンダを占領した。残存の日本軍は同月下旬にコロンバンガラ島へ撤退した。
アメリカ軍のニュージョージア島上陸からムンダ飛行場占領までの経過は順調なものではなく、事前計画より多くの日数と損害を強いられることになった。ジャングルを通って敵飛行場に接近し占領するという困難な問題(ガダルカナル島で日本軍が解決できなかった問題[10])を経験したアメリカ軍は、この苦い経験によりその後の作戦計画を修正することになる。
また、1943年8月にアメリカ軍統合参謀本部が発表した指令書は「ラバウルは占領するよりもむしろ無力化すべきである」と述べている[11]。

ベララベラ島・コロンバンガラ島[編集]
詳細は「ベララベラ島の戦い(英語版)」を参照
アメリカ軍の最初の計画は日本軍のコロンバンガラ島のビラ飛行場の占領であったが、ニュージョージア島攻略の苦い経験から日本軍の防備が厚いコロンバンガラ島への侵攻は止め、代わりに防備が薄いベララベラ島に飛行場を建設することにした[12][13]。1943年8月15日、アメリカ軍は同島の南部に上陸した。島には少数の日本軍しかおらず、増援部隊が送られたが大きな戦闘は発生しなかった。
ベララベラ島がアメリカ軍に占領されたことで、コロンバンガラ島の日本軍は連合軍に包囲されて孤立することになり、9月28日~10月2日に日本軍のコロンバンガラ島からの撤退作戦(セ号作戦)が行われた。
ベララベラ島にいた約600名の日本軍は、10月6日に島から撤退した。これにより連合軍は中部ソロモンへの進撃を達成し、次は北部ソロモンのブーゲンビル島を目指すことになる。

北部ソロモン諸島(ブーゲンビル島)の戦い[編集]
ブーゲンビル島[編集]
詳細は「ブーゲンビル島の戦い」を参照
1943年4月7日、ブインからサボ海峡を航行する空母を始めとする連合軍艦隊への出撃に向かう瑞鶴航空隊
北部ソロモンのブーゲンビル島では日本軍はブイン等に飛行場を建設し、ガダルカナル島の戦いのときはガダルカナル島への中継基地として活用した。また、コロンバンガラ島からの撤退が行われた頃に策定された絶対国防圏構想では、ソロモン方面の前衛線はブーゲンビル島とした[14]。
アメリカ軍はラバウルに向けてさらに前進するためにブーゲンビル島に飛行場を必要としたが、ニュージョージア島攻略の苦い経験から、ブーゲンビル島の日本軍飛行場は占領せず、同島に新たな飛行場を建設することにした。飛行場建設地はタロキナに決定し[15]、1943年11月1日、アメリカ軍は同島のタロキナ岬に上陸した。日本軍は上陸したアメリカ軍に対し攻撃(第一次タロキナ攻撃)を行ったが失敗に終わり、12月にタロキナに飛行場を完成したアメリカ軍は以後、それまでを大きく上回る規模でラバウルの空襲を行った[16]。翌年3月に日本軍は再びタロキナを攻撃(第二次タロキナ攻撃)したがこれも失敗し以後、日本軍は食糧不足と熱帯病のためその状況は「墓島」と呼ばれるものになった。戦闘(オーストラリア軍による掃討と日本軍の抵抗)は終戦まで続き、日本軍は1945年9月3日に降伏した。

グリーン島[編集]
詳細は「グリーン諸島の戦い」を参照
連合軍は飛行場の建設を目的として、1944年2月15日にグリーン島(ラバウルの東、ブーゲンビル島の北西)に上陸した。島には約100名の日本軍がいたが玉砕した。飛行場は3月4日に完成し、連合軍の航空基地からラバウルまでの距離はブーゲンビル島のタロキナに比べ、半分の約200kmとなった[17]。

主な戦い[編集]
ソロモン諸島とその周辺
海戦の丸括弧内は連合軍における呼称。
1943年(昭和18年)

3月2日~3日 – ビスマルク海海戦 (ソロモン諸島ではなく、ニューギニア方面での戦闘)
3月5日 – ビラ・スタンモーア夜戦
4月7日~14日 – い号作戦・フロリダ沖海戦 (ソロモン諸島と、ニューギニア方面での戦闘)
4月18日 – 山本五十六連合艦隊司令長官戦死
5月8日 – 日本海軍の駆逐艦三隻が触雷により全滅
6月7日~16日 – ルンガ沖航空戦
6月30日 – アメリカ軍がニュージョージア島の対岸のレンドバ島に上陸
7月5日 – クラ湾夜戦(クラ湾海戦)
7月12日 – コロンバンガラ島沖海戦(コロンバンガラ海戦)
8月6日 – ベラ湾夜戦(ベラ湾海戦)
8月15日 – アメリカ軍がベララベラ島に上陸
8月17日 – 第一次ベララベラ海戦(ホラニウ海戦)
8月30日 – 日本軍がニュージョージア島から撤退
9月28日~10月2日 – 日本軍がコロンバンガラ島から撤退(セ号作戦)
10月6日~7日 – 日本軍がベララベラ島から撤退
10月6日 – 第二次ベララベラ海戦(ベララベラ海戦)
11月1日 – アメリカ軍がブーゲンビル島のタロキナに上陸
11月2日 – ブーゲンビル島沖海戦(エンプレス・オーガスタ湾海戦)
11月5日~12日 – ろ号作戦(第一次~第三次ブーゲンビル島沖航空戦)
11月5日と11月11日 – ラバウル空襲
11月13日~12月3日 – 第四次~第六次ブーゲンビル島沖航空戦
11月24日 – セントジョージ岬沖海戦
11月29日 – ナボイの戦い
12月17日 – アメリカ軍はブーゲンビル島のタロキナ基地からのラバウル空襲を開始1944年(昭和19年)

2月15日 – 連合軍がグリーン島(ブーゲンビル島の北西)に上陸
3月8日~3月25日 – ブーゲンビル島で日本軍は第二次タロキナ攻撃を行うが失敗結果[編集]
ガダルカナルの戦いは、日本の海軍に大打撃を与えた1942年(昭和17年)6月5日のミッドウェー海戦とともに、太平洋戦争(大東亜戦争)におけるターニング・ポイントだと考えられている。日本の勢力圏に最初の突破口を開いた連合軍にとっては太平洋戦線における反攻の開始を意味し、日本軍にとっては敗北の始まりであった。ガダルカナル島の戦いの後、連合軍は中部ソロモン諸島の西進と東部ニューギニアから北岸沿いの西進により、1944年(昭和19年)3月までにソロモン諸島侵攻当初の目標であった「ラバウルの攻略(のちに『ラバウルの無力化』に方針を変更)」を達成した。この頃になると連合軍の戦力(空母の数等)はガダルカナル島上陸の頃に比べてはるかに充実していて、中部太平洋でもアメリカ軍の大規模な反攻が始まっていた。この後、連合軍は

マリアナ諸島(サイパン・グアム)を目指して中部太平洋を西に進撃(ニミッツが指揮)
フィリピンを目指してニューギニア北岸を西に進撃(マッカーサーが指揮)の二方面からの作戦に移っていく。
一方、日本海軍はガダルカナルからラバウルに至る消耗戦に対し、基地航空隊だけではなく米軍迎撃の主力となるべき空母艦載機部隊第一航空艦隊および第二航空艦隊をも投入し、そして消耗戦で失ってしまった。この結果、米軍の二方面反攻のどちらに対しても有効な反撃ができないまま、孤立した離島の守備隊が各個撃破されて玉砕していく悲劇が繰り返されることになる。

脚注[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ソロモン諸島の戦いに関連するカテゴリがあります。
^ 大日本帝国政府では大東亜戦争、連合国では第二次世界大戦太平洋戦線(The Pacific War)と呼称されていた

^ 戦史叢書 49 p.356

^ #S1704七戦隊日誌(3)p.29『(一)八月一日戰艦一、航空母艦二、巡洋艦又ハ駆逐艦九隻ヨリナル敵ノ機動部隊「ツリンコマリ」ノ北東方海面ニ出現セル等ノ爲B作戰ヲ一時延期セラレ「メルギー」ニ待機中ノ処外南洋方面ノ情勢急迫セシヲ以テB作戰ヲ取止メ同部隊ノ大部ヲ外南洋方面作戰ニ参加セシメラル』

^ 平塚柾緒 42 ページ

^ ニミッツ 129ページ

^ 戦史叢書 14 285ページ、戦史叢書 49 514ページ、平塚柾緒 70 ページ

^ ニミッツ 151,160ページ

^ 戦史叢書40 169 ページ

^ 戦史叢書96 4 ページ

^ BULL HALSEY 360ページ

^ BULL HALSEY 401ページ

^ ニミッツ 168ページ

^ 戦史叢書40 383 ページ

^ 戦史叢書40 539 ページ

^ BULL HALSEY 403ページ

^ 戦史叢書96 456 ページ

^ 戦史叢書 96 479ページ

参考文献[編集]
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2016年2月)防衛研究所戦史室編『戦史叢書 14 南太平洋陸軍作戦(1) ポートモレスビー・ガ島 初期作戦』朝雲新聞社、1968年
防衛研究所戦史室編『戦史叢書 28 南太平洋陸軍作戦(2) ガダルカナル・ブナ 作戦』朝雲新聞社、1969年
防衛研究所戦史室編『戦史叢書 40 南太平洋陸軍作戦(3) ムンダ・サラモア』朝雲新聞社、1970年
防衛研究所戦史室編『戦史叢書 58 南太平洋陸軍作戦(4) フィンシュハーヘン・ツルブ・タロキナ』朝雲新聞社、1972年
防衛研究所戦史室編『戦史叢書 49 南東方面海軍作戦(1) ガ島奪回作戦開始まで』朝雲新聞社、1971年
防衛研究所戦史室編『戦史叢書 96 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』朝雲新聞社、1976年
C・W・ニミッツ / E・B・ポッター 共著、実松譲 / 冨永謙吾 共訳『ニミッツの太平洋海戦史』(英題 THE GREAT SEA WAR)恒文社、1992年新装版。ISBN 4-7704-0757-2
E・B・ポッター/秋山信雄(訳)『BULL HALSEY/キル・ジャップス! ブル・ハルゼー提督の太平洋海戦史』光人社、1991年、ISBN 4-7698-0576-4
平塚柾緒『米軍が記録したガダルカナルの戦い』草思社、1995年、ISBN 4-7942-0632-1
『歴史群像 No.69 ソロモン1942』、学研、2005
『南十字星文芸集 : 比島軍派遣軍 陣中新聞(4)』、陣中新聞南十字星編輯部編 ; 第1輯、比島軍派遣軍宣伝班, 1942
『ソロモン海戰從軍(7)』、清水進、軍事教育研究會, 1943
『ソロモン戦記(5)』、泉毅一、朝日新聞社, 1943
『空戰記録(4)上巻 , 下巻』、坂井三郎、日本出版協同, 1953
『ソロモン陸戦隊(1)』、山田栄三、日本出版協同, 1953
『ソロモン戦斗記(2)』、福山孝之、福山孝之, 1965
『悪夢のボーゲンビル 海軍第一通信隊員の手記』, 高畠喜次, 高畠喜次, 1967
『ブーゲンビル島(正 , 続)』, 蔵原惟和, 日本談義社, 1967
『ビッグ・デス ソロモン人が回想する第二次世界大戦』, ジェフリ-・ホワイト ほか 編, 小柏葉子, 今泉裕美子訳, 現代史料出版, 東出版 (発売), 1999
『死闘ガダルカナル』, 学習研究社(歴史群像太平洋戦史シリーズ 6), 2000
『ソロモン海戦』, 学習研究社(歴史群像太平洋戦史シリーズ 5), 2000, 185p
『日本海軍航空隊のエース1937 – 1945』, サカイダ, ヘンリー, 小林昇 訳, 大日本絵画 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ . 世界の戦闘機エース), 2000, 111p
『ラバウル航空戦 (2)』,学習研究社(歴史群像太平洋戦史シリーズ 7), 2001, 185p小説[編集]
『ソロモンの最後』、篠原孝、隆文館, 1966DVD[編集]
『太平洋戦争 ロード・トゥ・トーキョー ドキュメンタリー』6枚組み、エスピーオー, 2007年1月関連項目[編集]
太平洋戦争の年表
アイアンボトム・サウンド外部リンク[編集]
NHK 戦争証言 アーカイブス 証言記録 兵士たちの戦争
『ガダルカナル 繰り返された白兵突撃 ~北海道・旭川歩兵第28連隊~』
『ガダルカナル島 最後の部隊 繰り返された失敗 ~名古屋・歩兵第228連隊~』
『ブーゲンビル 墓島と呼ばれた戦場 ~都城・歩兵第23連隊~』
『“鼠”輸送を命じられた精鋭部隊 ~駆逐艦・第二水雷戦隊~』表話編歴太平洋戦争/大東亜戦争開戦前
ロンドン海軍軍縮会議
オレンジ計画
排日移民法
防共協定
日中戦争
日独伊三国同盟
日ソ中立条約
東亜新秩序
日米交渉
仏印進駐
関東軍特種演習
ABCD包囲網
日蘭会商
帝国国策遂行要領
タイ・仏印戦争
ハル・ノート南方作戦
マレー作戦
真珠湾攻撃
ニイハウ島事件
マレー沖海戦
タイ進駐
シンガポールの戦い
フィリピンの戦い
バターン死の行進
香港の戦い
グアムの戦い
ウェーク島の戦い
英領ボルネオ作戦
蘭印作戦
ビルマの戦い
セイロン沖海戦
ティモール島の戦い(英語版)アメリカ本土攻撃
アメリカ本土砲撃
ロサンゼルスの戦い
フォート・スティーブンス砲撃
アメリカ本土空襲
日系人の強制収容
風船爆弾ソロモン諸島の戦い
第二段作戦
FS作戦
ウォッチタワー作戦
フロリダ諸島の戦い
ガダルカナル島の戦い
イル川渡河戦
ヘンダーソン砲撃
ガダルカナル島撤収作戦
第一次ソロモン海戦
第二次ソロモン海戦
サボ島沖海戦
南太平洋海戦
第三次ソロモン海戦
ルンガ沖夜戦
レンネル島沖海戦
ビスマルク海海戦
ビラ・スタンモーア夜戦
ニュージョージア島の戦い
い号作戦
クラ湾夜戦
コロンバンガラ島沖海戦
ベラ湾夜戦
第一次ベララベラ海戦
第二次ベララベラ海戦
ラバウル攻撃
ブーゲンビル島の戦い
ブーゲンビル島沖海戦
ろ号作戦
セント・ジョージ岬沖海戦インド洋・アフリカの戦い
アンダマン・ニコバル諸島占領
クリスマス島占領
マダガスカルの戦い
柳船
ストーンウォール作戦
遣独潜水艦作戦
モンスーン戦隊
コックピット作戦
オンボード作戦
ペナン沖海戦オーストラリア攻撃
オーストラリア空襲
ダーウィン空襲
シドニー港攻撃
第二次世界大戦中の日本のオーストラリア侵攻計画(英語版)ニューギニアの戦い
珊瑚海海戦
ポートモレスビー作戦
ラビの戦い
ビスマルク海海戦
カートホイール作戦
ラエ・サラモアの戦い
フィンシュハーフェンの戦い
アドミラルティ諸島の戦い
ホーランジアの戦い
竹一船団
ビアク島の戦い
渾作戦
アイタペの戦いミッドウェー攻略作戦
K作戦
ミッドウェー海戦アリューシャン方面の戦い
アリューシャン攻略作戦
アッツ島沖海戦
アッツ島の戦い
キスカ撤退
コテージ作戦ビルマの戦い
南機関
日本軍の進攻
第一次アキャブ作戦
泰緬鉄道
チンディット
第二次アキャブ作戦
フーコンの戦い
インパール作戦
ミイトキーナの戦い
拉孟・騰越の戦い
イラワジ会戦
シッタン作戦中部太平洋の戦い
マキン奇襲
マキンの戦い
タラワの戦い
ギルバート沖航空戦
マーシャル沖航空戦
クェゼリンの戦い -トラック島空襲
エニウェトクの戦いマリアナ諸島の戦い
絶対国防圏
パラオ空襲
松輸送
サイパンの戦い
バンザイクリフ
マリアナ沖海戦
グアムの戦い
テニアンの戦い
ペリリューの戦い
アンガウルの戦いフィリピンの戦い
モロタイ島の戦い
台湾沖航空戦
レイテ島の戦い
レイテ沖海戦
多号作戦
薫空挺隊
ミンドロ島の戦い
礼号作戦
ルソン島の戦い
マニラの戦い
マニラ大虐殺
セブ島の戦い
ビサヤ諸島の戦い
ミンダナオ島の戦い
スールー諸島の戦い
南号作戦
北号作戦
ボルネオの戦い
サンダカン死の行進仏印の戦い
1945年ベトナム飢饉
明号作戦沖縄戦
十・十空襲
天号作戦
九州沖航空戦
沖縄戦
ピナクルの戦い
菊水作戦
坊ノ岬沖海戦
嘉数の戦い
シュガーローフの戦い
義烈空挺隊
鉄血勤皇隊
ひめゆり学徒隊
白梅学徒隊
集団自決日本本土の戦い(内地での戦い)
ドーリットル空襲
日本本土空襲
東京大空襲
硫黄島の戦い
沖縄戦
飢餓作戦
日号作戦
日本への原子爆弾投下
ヒロシマ
ナガサキ
樺太の戦い
占守島の戦いソ連対日参戦
ソ連対日宣戦布告
ソビエト連邦による満洲侵攻
樺太の戦い
牡丹江の戦い
麻山事件
葛根廟事件
占守島の戦い
三船殉難事件
敦化事件
真岡郵便電信局事件
北方領土問題中国戦線
表話編歴日中戦争中華民国国民政府
指導者
蒋介石
何応欽
程潜
白崇禧
閻錫山
馮玉祥
李宗仁
陳紹寛
李済深
唐生智
宋哲元
熊式輝
衛立煌
万福麟
顧祝同
陳誠
張發奎
朱紹良
蔣鼎文
湯恩伯
薛岳
張靈甫
胡璉
李品仙
劉峙
余漢謀
孫連仲
傅作義
アレクサンダー・フォン・ファルケンハウゼン
ジョセフ・スティルウェル
アルバート・ウェデマイヤー
クレア・リー・シェンノート軍隊
国民革命軍
抗日戦争戦区
中国遠征軍
民国軍閥
察哈爾民衆抗日同盟軍
ソ連空軍志願隊
飛虎隊
中国敵後遊撃隊
中国青年軍
韓国光復軍
中国共産党
指導者
毛沢東
朱德
彭徳懐
周恩来
潘漢年
王稼祥
劉少奇
陳毅
葉挺
項英
張雲逸軍隊
東北抗日連軍
新四軍
八路軍
朝鮮義勇隊(朝鮮義勇軍)
抗日パルチザン
大日本帝国
指導者
昭和天皇
近衛文麿
東條英機
杉山元
南次郎
寺内寿一
松井石根
岡村寧次
梅津美治郎
畑俊六
阿南惟幾
蒙疆聯合自治政府
徳王
李守信
中華民国維新政府
梁鴻志
溫宗堯
陳群
汪兆銘政権
汪兆銘
陳公博
周佛海
斉燮元
満洲国
溥儀
張景惠
張海鵬
冀東防共自治政府
殷汝耕
華北臨時政府
王克敏
王揖唐軍隊
日本陸軍
関東軍
支那派遣軍
北支那方面軍
中支那方面軍
南支那方面軍
支那駐屯軍
台湾軍
上海派遣軍
駐蒙軍
日本海軍
支那方面艦隊
皇協軍/偽軍
満洲国軍
華北治安軍
和平建国軍
蒙疆軍
東亜皇協軍
背景
組織・思想
寧漢分裂
統一戦線
犠牲救国同盟会
中華ソビエト共和国
天皇制ファシズム
黒龍会
革新派
木曜会
一夕会
桜会
皇道派
統制派
満洲派
安内攘外
対支一撃論
暴支膺懲
持久戦論
日本切腹中国介錯論日中紛争
九一八事変
柳条湖事件
満洲事変
東北抗戦
黒龍江戦役
江橋抗戦
錦州爆撃
錦州行動
遼寧戦役
ハルビンの戦い
第一次上海事変
長城戦役
熱河作戦
塘沽協定
撫順襲撃事件
平頂山事件
華北分離工作
梅津・何応欽協定
土肥原・秦徳純協定
綏遠事件関連事項
第一次国共内戦
中原大戦
中東路事件
東トルキスタン独立運動
済南事件
万宝山事件
中村大尉事件
皇姑屯事件
西安事件
広田三原則
八・一宣言
中ソ不可侵条約
中山水兵射殺事件
一二・九運動
成都事件
北海事件
漢口邦人巡査射殺事件
上海日本人水兵狙撃事件
1937–1939年
盧溝橋事件
廊坊事件
広安門事件
平津作戦
通州事件
チャハル作戦
南口戦役
張家口の戦い
大同の戦い
集寧の戦い
第二次上海事変
大山事件
上海爆撃
プレジデント・フーヴァー号事件
四行倉庫の戦い
京漢線作戦
津浦線作戦
太原作戦
平型関の戦い
忻口会戦
娘子関の戦い
太原の戦い
江陰の戦い
南京の戦い
南京爆撃
パナイ号事件
レディバード号事件
徐州会戦
台児荘の戦い
黄河決壊事件
松山空襲
蘭封会戦
廈門の戦い
重慶爆撃
ツツイラ号事件
武漢作戦
万家岭戦役
文夕大火
德安の戦い
広州の戦い
海南島作戦
南昌会戦
修水会戦
襄東会戦
潮汕の戦い
贛湘作戦
南寧作戦
崑崙関の戦い
冬季攻勢
晋西事変
綏西戦役
後套進攻作戦
翁英作戦1940–1942年
宜昌作戦
百団大戦
黄橋戦役
仏印進駐
江南作戦
漢水作戦
皖南事変
予南作戦
湖北西部行動
錦江作戦
中原会戦
江北作戦
第一次長沙作戦
第二次長沙作戦
滇湎路戦役
奧敦の戦い
同古戦役
イナンジョンの戦い
冀中五一戦役
浙赣作戦
五号作戦
ハンプ越え1943–1945年
江北殲滅作戦
江南殲滅作戦
石牌保衛戦
滇西缅北戦役
フーコンの戦い
ミイトキーナの戦い
拉孟・騰越の戦い
龍陵会戦
瓦魯班戦役
常徳作戦
大陸打通作戦
京漢作戦
湘桂作戦
第四次長沙会戦
衡陽戦役
桂柳攻略作戦
独山戦役
漢口大空襲
湘粤赣戦役
老河口作戦
芷江作戦
湘桂反転作戦
イリ事変
東トルキスタン共和国
ソ連の対日参戦
日本の降伏
終戦詔書
日華条約和平工作
宮崎工作
船津和平工作
トラウトマン工作
宇垣工作
汪兆銘工作
桐工作
姜豪工作
銭永銘・周作民工作
スチュアート工作
繆斌工作
何柱国工作その他
廬山談話
近衛声明
中独合作
ドイツ軍事顧問団
反軍演説
援蔣ルート
ビルマ公路
レド公路
レンドリース法
対中武器貸与法
中緬印戦区
日本の戦争犯罪
南京事件
万人坑
731部隊
三光作戦
大日本帝国の化学兵器
日本の生物兵器
百人斬り競争
日中戦争における航空戦
渡洋爆撃
人道遠征
漢口空襲
マッターホルン作戦
新竹空襲
香港空襲
日中関係
知華派
支那通
カイロ会談
東亜協同体論
東亜新秩序
大東亜共栄圏
張鼓峰事件
ノモンハン事件
日ソ戦争
日本人民反戦同盟
日本人民解放連盟
新民主義
日華基本条約
日満華共同宣言戦後
連合国軍占領下の日本
極東国際軍事法廷
以德報怨
中国山西省日本軍残留問題
第二次国共内戦
ブリーガー作戦
内モンゴル独立運動
反日
抵制日貨
反中
中国からの引き揚げ
葫芦島在留日本人大送還
中国残留日本人
台湾からの引き揚げ
中国帰還者連絡会
自虐史観
靖国神社問題
歴史教科書問題
台湾問題
遺棄化学兵器問題
南京事件論争
中国の喪失
関連:年表 – 第二次世界大戦/太平洋戦争(大東亜戦争/15年戦争/アジア太平洋戦争)
その他の地域
ベンガル飢饉
カウラ事件
学徒出陣
神風特別攻撃隊
特別攻撃隊
竹槍事件情報戦
東亜放送
日の丸アワー
東京ローズ
大本営発表
パープル暗号
海軍暗号書D政治
大東亜共栄圏
大東亜会議
大東亜共同宣言
マンハッタン計画
トリニティ実験
カイロ宣言
ヤルタ会談
ポツダム宣言
ダウンフォール作戦
本土決戦終戦工作
東條英機暗殺未遂事件
繆斌工作
近衛上奏文
バッゲ工作
ダレス工作
対ソ工作終戦後
宮城事件
玉音放送
日本の降伏
終戦の日
川口放送所占拠事件
対日戦勝記念日
冷戦勃発
GHQ
日本軍解体
連合国軍占領下の日本
極東国際軍事裁判
大日本帝国憲法廃止・日本国憲法制定
貴族院廃止・参議院設置
日本の戦後改革
マニラ軍事裁判
通化事件
シベリア抑留
北方領土
サンフランシスコ平和条約
アメリカ合衆国による沖縄統治
アメリカ施政権下の小笠原諸島
朝鮮戦争勃発
警察予備隊創設
沖縄返還
残留日本兵
横井庄一
小塚金七
小野田寛郎
中村輝夫/スニヨン
深谷義治
田中清明アジア各地(含外地)
朝鮮
台湾
南洋庁
インドネシア
ベトナム一覧・年表
関連人物の一覧
太平洋戦争の年表交戦国
大日本帝国
満洲国
汪兆銘政権
 蒙古自治邦政府 (1941-)
ナチス・ドイツ (1941-)
イタリア王国 (1941-)
タイ王国 (1942)
自由インド仮政府 (1943-)
ビルマ独立義勇軍対
イギリス
アメリカ合衆国
中華民国
オーストラリア
ニュージーランド
カナダ
オランダ
フランス (1945)
ソビエト連邦 (1945)、
他連合国
日中戦争 / 支那事変
第二次世界大戦
西部戦線
独ソ戦
大西洋の戦い
枢軸国
表話編歴大東亜共栄圏を構成する国・地域
ウィキポータル:Portal:大東亜共栄圏 日本(提唱国)
共通法における領土区分
内地(本土)1
台湾 – 朝鮮(外地)統治権を一時保有する地
租借地:関東州(外地)
委任統治領:南洋諸島(外地)
中国方面2
 冀東防共自治政府地†  ·  上海市大道政府地†  ·  中華民国臨時政府†  ·  中華民国維新政府†  · 汪兆銘政権
中国東北部: 満洲国
内蒙古: 察東特別自治区地†  ·  蒙古軍政府地†  ·  蒙古聯盟自治政府地†  ·  察南自治政府地†  ·  晋北自治政府地†  · 蒙古自治邦政府地南方・北方方面
既存の国家
タイ(日本軍進駐下)新設の国または政府
ビルマ国(日本軍占領下)
 フィリピン共和国(日本軍占領下)
 自由インド假政府(日本軍政関与)
 ベトナム帝国(日本軍占領下(英語版))※
 カンボジア王国(日本軍占領下)※
 ラオス王国(日本軍占領下(英語版))※ 日本のその他占領地
大宮島
香港
大鳥島
クリスマス島
熱田島
鳴神島(英語版)
ナウル(英語版)
マラヤ占領地(英語版)
北ボルネオ占領地
昭南特別市
ラブアン占領地
旧蘭印占領地
独立準備
ニューギニア島
ソロモン諸島
仏印
進駐→占領:チャンパーサック
ポルトガル領ティモール
広州湾
ギルバート諸島
関連する出来事
満蒙問題(1920年代)
満洲事変(1931年)
華北分離工作(1935年)
日華事変(1937年)
東亜新秩序(1938年)
基本国策要綱(1940年)
日満華共同宣言(1940年)
大東亜戦争(1941年)
大東亜建設審議会(1942年)
大東亜会議と大東亜共同宣言(1943年)
小磯声明(1944年)
1:共通法第1条の規定により、樺太は内地に包含された。
2:中国東北は、内蒙古と同様に中国本土とは異なる地域として扱われたが、政治権力上は中国内の自治行政区画に留められた。
地:地方自治の為に設置された組織。現地の意向に関わらず、日本には中央政府へ発展させる意図がなかった。
†:大東亜会議開催(1943年)以前に消滅した組織。
※:日本政府から政府承認を受ける前に消滅した組織。
典拠管理
J9U: 987007542254005171
LCCN: sh2002005425

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ソロモン諸島の戦い&oldid=86865123」から取得
カテゴリ: 太平洋戦争の作戦と戦いソロモン諸島の歴史日本・ソロモン諸島関係1942年の戦闘チェスター・ニミッツダグラス・マッカーサーフランク・J・フレッチャーリッチモンド・K・ターナー山本五十六井上成美今村均隠しカテゴリ: 参照方法解消済み仮リンクを含む記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事ISBNマジックリンクを使用しているページ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 4587
再生回数: 8284
[spincontent type=”j”]

カラー版 第二次世界大戦 最終回 太平洋での戦い Youtube

2002年 イギリス、最終回 太平洋での戦い 1943 – 1945

2. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Yomiuri

Yomiuri
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 20 66
[spincontent type=”j”]

3. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Asahi Shimbun

朝日新聞
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 朝日新聞で検索した 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する上記の情報が、第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7601
[spincontent type=”j”]

4. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 The Japan Times

The Japan Times
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: ジャパン タイムズで検索した 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する記事のトップです。第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4935
[spincontent type=”j”]

5. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Yomiuri Shimbun

読売新聞
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する詳細情報はすでにありますか? 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 34 19
[spincontent type=”j”]

6. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Mainichi Shimbun

毎日新聞
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 毎日新聞で見つけた 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する上記の情報が、第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1300
[spincontent type=”j”]

7. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Sankei Shimbun

産経新聞
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 産経新聞で検索した 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する記事のトップです。第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9824
[spincontent type=”j”]

8. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 22 12
[spincontent type=”j”]

9. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Chunichi Shimbun

中日新聞
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 中日新聞で検索した 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する上記の情報が、第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6240
[spincontent type=”j”]

10. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Tokyo Shimbun

東京新聞
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4931
[spincontent type=”j”]

11. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8586
[spincontent type=”j”]

12. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 日刊工業新聞で見つけた 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する上記の情報が、第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7745
[spincontent type=”j”]

13. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Ainu Times

アイヌタイムス
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: アイヌ タイムズで検索した 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する記事のトップです。第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4636
[spincontent type=”j”]

14. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する詳細情報はすでにありますか? 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2348
[spincontent type=”j”]

15. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Chiba Nippo

千葉日報
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 千葉日報で検索した 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する上記の情報が、第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 40 83
[spincontent type=”j”]

16. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Chugoku Shimbun

中国新聞
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 中国新聞で検索した 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する記事のトップです。第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7662
[spincontent type=”j”]

17. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 Daily Tohoku

デイリー東北
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7663
[spincontent type=”j”]

18. 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
第 2 次 世界 大戦 日本 軍

説明: イースタン クロニクルで検索した 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する上記の情報が、第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6966
[spincontent type=”j”]

第 2 次 世界 大戦 日本 軍 に関する質問

第 2 次 世界 大戦 日本 軍 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 第 2 次 世界 大戦 日本 軍 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 第 2 次 世界 大戦 日本 軍

第 2 次 世界 大戦 日本 軍
方法第 2 次 世界 大戦 日本 軍
チュートリアル 第 2 次 世界 大戦 日本 軍
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: