あなたは 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? を共有します。 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

「山田孝夫」とは異なります。

やまだ たかお山田 たかお本名
山田 隆夫生年月日
(1956-08-23) 1956年8月23日(66歳)出生地
日本・東京都江東区深川身長
148cm血液型
A型職業
タレント歌手落語家活動期間
1966年 -配偶者
既婚(離婚歴あり)事務所
山高帽テンプレートを表示山田 たかお(やまだ たかお)

別名

鈴々舎 鈴丸(旧名)、山田 隆夫
生年月日

(1956-08-23) 1956年8月23日(66歳)
出身地

日本・東京都江東区
師匠

5代目鈴々舎馬風
活動期間

1966年 –
表示
山田 隆夫(やまだ たかお、芸名: 山田 たかお[1]、高座名: 鈴々舎 鈴丸〈れいれいしゃ すずまる〉、1956年〈昭和31年〉8月23日 – )は、日本のタレント、歌手、落語家。5代目鈴々舎馬風門下でもある。東京都江東区深川出身。親類は、山田純大、杉良太郎(山田勝啓)が居る。

来歴・人物[編集]
生い立ち[編集]
幼少期、材木問屋の実家が詐欺に遭い全財産を失う[2]。それにより両親がいつも暗い顔をしていたので、山田は落語で両親を心から笑わせたいと思うようになり、これが落語に興味を持つきっかけになった[3]。
10歳の時、フジテレビの『ちびっこのどじまん』でデビュー[2]。番組の審査員に声をかけられ、NHKの歌番組に出演。さらに、その様子を目にした脚本家に見初められ『劇団ひまわり』に所属[2]。その後複数の番組に出演し、1970年からは日本テレビの『笑点』の「ちびっ子大喜利」にレギュラー出演した[3]。

ずうとるび[編集]
「ちびっ子大喜利」の座布団10枚獲得記念賞品がレコードデビューだったことから、1973年にずうとるびを結成し、歌手デビューを果たす[3]。ずうとるび在籍時代には歌手として、第26回NHK紅白歌合戦に出場。その後(1975年3月)日本大学豊山高等学校を卒業する。
1977年、結婚を機にずうとるびを脱退[3]。建前上は結婚のため脱退となっているが、実際はこの頃ずうとるびの音楽的方向性の考え方の相違から、当時は他のメンバーと険悪な状態になっており[2]、山田自身の意思による脱退だった(しかし、山田はメンバーらと後に和解し、2020年に再結成に至っている)。
ずうとるび脱退以降は俳優に主軸を置いた活動となるが、脱退と同時にずうとるびとして出演していた番組を軒並み降板することとなった。そのため仕事の数が急激に減り、当時既に所有していたマンションが主な収入源となっていた時期を経験することとなる。この時期の出演番組のひとつにNHKの子供向け番組『おかあさんといっしょ』があり、毎週土曜日に放送されていたコーナー『どんどんどん』のお兄さんを1980年度の1年間勤めた。この間、17歳でプロボクサーのライセンス(プロボクシングC級ライセンス)を取得した[4][5]。

俳優活動[編集]
俳優としても活動しており、多数のテレビドラマや映画に出演している。1987年にアメリカ映画『太陽の帝国』(監督スティーヴン・スピルバーグ)に出演[2]、オーディションにより決定したがその際には「キリストのお墓が日本のお寺にあるって聞いて、実際にそのお寺に行ってお坊さんに『本当にお墓はあるの?』って聞いたら、お坊さんが言ったんです。『イエス、イエス』」とギャグ披露、合格した[6]。また、これに伴い山田は役作りのために坊主頭になっている。その時期、警察署の一日署長を務めたことがあり、その写真が笑点40周年記念本に収録されている。
この演技が認められ、『ミスター・ベースボール』に通訳の役で出演が内定。山田自身も出演を公表していたものの、後に出演が取りやめとなった。

『笑点』の「座布団運び」として[編集]
1984年10月7日から松崎真の後任として、『笑点』大喜利での6代目座布団運び役に就任[2]。山田は前述の通り以前『笑点』の「ちびっ子大喜利」に出演していたことから、事実上番組に復帰した形となる。これまで座布団運びを務めてきた人は体格の良い者が多かったが、「重い座布団をちっちゃいのが運んだらおもしろいんじゃないか」という5代目三遊亭圓楽と番組プロデューサーのアイデアで、岐路に立っていた山田に白羽の矢が立った[7]。山田の色紋付は当初赤紫だったが、1年後朱色(番組では赤と扱われることが多い)に変わる。定紋は『剣かたばみ』。最初の挨拶の時は「座布団と幸せを運ぶ、山田隆夫です」というキャッチフレーズがあり、2015年の一時期は山田の挨拶がこのキャッチフレーズのみだった事がある。2016年頃から地方収録の時には、「山田流座布団運び家元とその一座でございます」という歌舞伎風の芝居がかった挨拶をするのが恒例となっている。
年齢的にはベテランながらいつまでも下働き的な役目をしていることから、回答者からしばしば「今日(今週)限りで番組卒業・クビ」「来週からは新座布団運びが登場」「あんな仕事は誰でも出来る」「山田の挨拶はつまらん」「いい加減辞めてほしい」などと罵倒されることが多く[注 1]、これに反発して回答者を突き飛ばすなど荒いやり方で座布団を没収する。罵倒されなくてもごく稀に突き飛ばして座布団を没収する事もある。これは、5代目三遊亭圓楽の目立たなくなりがちな座布団運びを番組に絡ませるための提案が元で始まった。山田の罵倒ネタは林家たい平、桂宮治を中心に、かつては林家こん平、6代目三遊亭円楽(楽太郎)、桂歌丸なども多用していた。座布団の没収に関して5代目圓楽からは「山田君に任せます」と言われてこの行為を黙認されていたが、歌丸や昇太からは奪った枚数+1枚(稀に2枚以上)を与えるように指示されることが多くなった。また、歌丸司会就任以降は、冒頭の挨拶の際に司会者から「○○な座布団運びのご挨拶からどうぞ」と、ほぼ毎回貶した形で紹介をされている[注 2]。
芸歴上は歌丸、林家木久扇、6代目円楽以外のメンバーは後輩にあたるが、メンバーからは「山田君」と呼ばれている[注 3]。2010年ごろからパーマをかけた独特の髪形にしており、これも「人間の髪型じゃない」「爆発に巻き込まれた人」等とイジられることがあるほか、歌丸からは「カビの生えたような頭を直しなさい」と苦言を呈されている[8]。
江戸川区在住時代は5代目圓楽から「江戸川のスター」と紹介されることが多かったが、東京都の区画整備により高圧鉄塔が立つために立退き、横浜市に引っ越した。新居落成時には、番組でメンバーのお宅訪問が行われた。山田本人はこの邸宅を「座布団御殿」と呼んでいる。
なお、笑点には座布団係に徹するために本名で出演しているが、鈴々舎馬風に入門し、落語家として「鈴々舎鈴丸」という名を持っている。入門のきっかけは笑点の座布団運びになった事で、落語での世界のしきたり・作法や立ち居振る舞いなどを勉強する意味で、落語家修行を始めたものである[7]。番組内では時折「大喜利メンバー入り」の意思を宣言しており、稀に大喜利で回答することもあるため弟子入りしたとも考えられている。
1998年7月には自身が務めていた「大喜利」の座布団運びを若手大喜利のメンバー[注 4]に任せることとなり休んだが、視聴者から苦情や抗議が殺到したために一ヶ月ですぐに復帰した[9]。
2020年5月17日放送分以降は新型コロナウイルスの流行の影響で、番組の収録形式がリモートに変更になったことに伴い、山田は出る幕が無いことから不要不急として一時休演することになった[注 5]。しかし視聴者から心配する声が相次いだことにより、6月14日以降は挨拶の時のみ電話音声やVTRで出演するようになり、8月23日放送の「チャリティ笑点」からスタジオ収録に復帰している。
「山田くん(春風亭昇太は山田さん)例の物を配って下さい」と指示されて被り物やフリップを配る際の返事は「はい、畏まりました」か「畏まりました」だが「畏まりやした」と言い、木久扇に指摘された事がある。
また、歌丸生前に福島県いわき市での大喜利で「山田くんね、皆さんに例の物を配って下さい」の指示に対して「えっ」と返した事がある。
挨拶で飛び六法をして足を踏み外した事がある。
歌丸生前、挨拶で著書を紹介すると「つまらない本の紹介」と揶揄されていた。

エピソード[編集]
部員として林家こん平が監督するらくご卓球クラブに所属[2]。世界ベテラン卓球選手権に出場して公式戦で2勝する経験を持つ[4]。
結婚歴は2回。元妻・吉川桂子との間に娘2人、現在の妻との間に息子と娘1人ずつがいる。そのため2000年代初頭までは『笑点』内で「子作りのことしか考えていない」「誰の子供だかわからない」などと子作りネタで罵倒されることが多かったほか、山田自らも「子作り名人」と挨拶で使うこともあった[注 6]。また元妻・吉川との結婚式は、当時東京12チャンネルでMCを務めていた『対決!スーパーカークイズ』内で行われた。元妻と現在の妻は漢字は違うものの、同じ「けいこ」という名である。『笑点』公式サイト上の用語集によると、元妻が「桂子」、現妻が「恵子」と表記されている。
認知症を患う母親をアパートに住まわせていたが、諸般の事情から母親の看護は姉に全て任せたため、母親が亡くなるまで山田自身は一度として見舞いに訪れなかったという。「笑点」の大喜利でたい平を突き飛ばして自らの小指の靱帯を切った際、嫌な予感がしたと思ったら、そのとき母親が危篤状態で、そのまま息を引き取ったと笑点オフィシャル本の中で語っており、「身体を休めなさい」という母親からのメッセージが、小指の靱帯を切ったという形で現れたのではないかと本人は語っている。
以前立川志の輔と共にペヤングソースやきそばのCMに出演した際、まるか食品からカップ焼きそばを段ボールで1年分贈られており、そのカップ焼きそばのファンでもある六代目三遊亭円楽から「分けてくれ」とせがまれた時期がある。
「笑点」大喜利コーナーで運んでいる座布団は1枚3kg以上あり、ぎっくり腰を何度もやっている。そのため、日頃からジムで筋トレをしていると語っている[10]。
1985年8月12日、当時の笑点メンバー(5代目三遊亭圓楽、桂歌丸、林家こん平、初代林家木久蔵(現・林家木久扇)、三遊亭小遊三、三遊亭楽太郎(現・6代目三遊亭圓楽)、古今亭朝次(現・7代目桂才賀))と共に翌日の阿波踊りに参加するべく徳島入りの予定だったが、当初予約した徳島空港行きに使われる航空機が遅延した上に同空港の悪天候により条件運行となったため、徳島行きの便の1つ後に出発する日本航空123便[注 7]に搭乗し神戸から船で移動する案が出された[注 8]。しかし、こん平が「いいじゃないかい、決まった便でゆったり行こうよ、きっと徳島空港に着陸できるよ」と提案したために当初の予定通り徳島行きの便に搭乗し、123便の墜落事故を逃れた。墜落事故については宿泊先のホテルへタクシーで移動中に知ったという[11]。出演[編集]
ドラマ[編集]
明るいなかま(NHK教育 道徳番組)
天下御免(1971年、NHK総合)
赤ひげ 第8話「霜夜」(1972年12月1日、NHK総合)
おやじ山脈(1972年、TBS)
刑事くん 第2シリーズ 第20話「瞼の母は夕焼け空」(1973年) – 伊達タカシ 役
夕ばえ作戦(NHK少年ドラマシリーズ、ずうとるびの仲間、今村良樹も共演)
おおヒバリ!(1977年 – 1978年、TBS)
必殺仕事人(1979年、朝日放送) – 半吉 役
ライオン奥様劇場 母さんの愛が聞こえる(1979年、フジテレビ/C.A.L) – 松山五郎 役
噂の刑事トミーとマツ(TBS / 大映テレビ)
第1シリーズ 第7話「あぁ煙突のてっぺんで」(1979年) – 水上オサム 役
第1シリーズ 第32話「ああトミマツの四回戦ボーイ」(1980年) – ライオン川口 役
第2シリーズ 第4話「トミー失神! マツの死を呼ぶ警察手帳」(1982年)- 中山三郎 役
大江戸捜査網 第3シリーズ(1980年、東京12チャンネル / 三船プロダクション) – 小者御用聞き 千代松親分 役(第432話~第498話)
スーパー戦隊シリーズ(テレビ朝日 / 東映)
電子戦隊デンジマン 第30話「消えた盗んだ出た」(1980年) – サブ 役
太陽戦隊サンバルカン(1981年) – 矢沢助八 役
二百三高地 愛は死にますか(1981年、TBS / 東映) – 木下九市 役
秘密のデカちゃん 第4話「ヤバイ!愛妻宣言が録音された」(1981年、TBS / 大映テレビ) – 鬼沢岩太 役
意地悪ばあさん 第16話「スリにご用心の巻」(1982年、フジテレビ / テレパック) – 源次 役
鬼平犯科帳 第3シリーズ 第20話「市松小僧」(1982年、テレビ朝日 / 東宝) – 又吉 役
ハウスこども劇場 第18話「五年二組の宿題戦争」(1982年7月20日、テレビ朝日)
あゝ野麦峠(TBS)
思えば遠くへ来たもんだ(TBS)
木曜ゴールデンドラマ(読売テレビ)
「遅れてきた年賀状」(1985年)
「稚い殺意」(1985年)
気分は名探偵 第23話「探偵事務所は大騒動!?」(1985年、日本テレビ / ユニオン映画)
あぶない刑事 第2話「救出」(1986年、日本テレビ / セントラルアーツ) – 依田 役
暴れん坊将軍II 第179話「箱根八里の鬼退治!」(1986年、テレビ朝日 / 東映) – 伊之助 役
名奉行 遠山の金さん 第2シリーズ 第6話「甘い囁きは女の敵」(1989年、テレビ朝日 / 東映) – 幸吉 役
三匹が斬る!(テレビ朝日 / 東映)
また又・三匹が斬る! 第19話「さすらいの、姫君悲し鬼街道」(1991年) – 小平次 役
新・三匹が斬る! 第14話「金儲けの、イロハ指南に賭けた首」(1992年) – 平吉 役
集団左遷!! 第1話(2019年4月21日、TBS) – 宅配業者 役映画[編集]
こちら葛飾区亀有公園前派出所(山口和彦監督)
沖縄10年戦争(松尾昭典監督)
くるみ割り人形(サンリオ製作の人形アニメ、声の出演)
英霊たちの応援歌 最後の早慶戦(岡本喜八監督) – 明大落研の学生 役(劇中「まんじゅうこわい」を披露)
思えば遠くへ来たもんだ(朝間義隆監督)
トロピカルミステリー 青春共和国(小原宏裕監督)
キネマの天地(山田洋次監督)
太陽の帝国(スティーヴン・スピルバーグ監督) – 日本兵 役
ぷりてぃ・ウーマン(渡邊孝好監督)
筆子・その愛 -天使のピアノ-(山田火砂子監督)広告[編集]
中外製薬「新・中外胃腸薬」(板東英二と共演として声の出演のみ)
ユニ・チャーム「ムーニーマンハイハイ用」 – ナレーション
大阪ガス「大阪ガスの安心システム」 – ナレーション(1994年・関西ローカル)
小学館「小学一年生」(2003年度・ナレーション)
味の素「ポテマヨ」(ナレーション)
まるか食品「ペヤングソースやきそば」(立川志の輔と共演)
サントリー「BOSS贅沢微糖」
ヤマダ電機バラエティ[編集]
学校そば屋テレビ局(TBS、ずうとるびの4人が中心になった公開型コメディ)
笑って!笑って!60分(TBS)
時間だヨ!アイドル登場(日本テレビ) – 降板したフィンガー5に代わりレギュラー出演
対決!スーパーカークイズ(東京12チャンネル、現・テレビ東京) – 司会
笑点(1970年8月24日 – 1974年頃、1984年10月7日 – 、日本テレビ) – 『ちびっ子大喜利』レギュラー、座布団運び
BS笑点(BS日テレ) – 2006年5月27日・6月10日放送分にて、座布団運びを担当していたセイラが仕事上の都合で出演できなくなったため、代役で座布団運びを務めた。
X年後の関係者たち~あのムーブメントの舞台裏~ – 2022年4月12日放送「スーパーカーブーム」の回に出演その他[編集]
晴ればれハローショッピング(独立UHF局ほか民放各局、吉村明宏の後継として出演中。共演はマッハ文朱)
おかあさんといっしょ(NHK総合、1980年4月 – 1981年3月) – 『どんどんどん』のお兄さん
KOWLOON’S GATE -九龍風水傳-(PlayStation用ゲームソフト、ハッカー役、1997年)ディスコグラフィ[編集]
僕はカウンタックマン/スーパーカーなーんちゃって(1978年4月) – 東芝EMI
幸せのザブトン/なぜか埼玉(2001年11月21日) – 日本クラウン著書[編集]
ボクに運が巡ってくる55の理由 座布団運び山田くんの法則(廣済堂出版) 2012年(平成24年)5月25日発刊(企画・構成:今村良樹)脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ また、24時間テレビ内で行われるチャリティ大喜利では、その年のパーソナリティーである女優が山田と共に座布団運びを務めており、司会者や回答者からも「来週以降もお願いします」と懇願されたり、女優自ら「後継を狙ってます」と発言することもある。

^ これは、前任の座布団運びである松崎真が務めていた際に、当時の司会だった三波伸介が行っていた紹介の仕方を踏襲している。

^ ただし、自身より年下の昇太・たい平・2代目三平・宮治からは「山田さん」と呼ばれることもある。

^ この若手の中には、現司会者の春風亭昇太や後に大喜利メンバーとなる林家たい平も含まれていた。

^ メンバーが映されているモニターの隣に等身大写真パネルが設置され、CGアニメーションで山田が座布団を運ぶ演出が導入された。

^ 笑点のオープニングアニメーションでも、多くの子供に囲まれたイラストが使用されることがあった。

^ 123便にはイベントに同行する予定の数名の広告代理店社員が搭乗した。

^ 当時は瀬戸大橋・明石海峡大橋・神戸空港は未開業。

出典[編集]

^ 2014年4月からは『笑点』出演時を除き芸名を本名から変更。

^ a b c d e f g .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inherit”『笑点』で座布団を運び続けて38年、山田たかおが語る『ずうとるび』と心に残るジャニーさんの言葉”. 週刊女性PRIME. 主婦と生活社. 10 April 2022. 2022年4月10日閲覧。

^ a b c d ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』90ページ

^ a b 幸せと座布団を運び続けて31年!笑点・山田クンが語る「継続する先に見えるもの」 リクナビNEXTジャーナル プロのシゴト観 2015年11月20日

^ 山田 たかお profile 株式会社フジプランニング

^ フジテレビトリビア普及委員会 『トリビアの泉〜へぇの本〜 3』講談社、2003年。 

^ a b ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』91ページ

^ ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』25ページ

^ ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』92ページ

^ 2014年5月16日付日本経済新聞 文化面「座布団と積み重ねた幸せ」

^ 山田隆夫. ボクに運が巡ってくる55の理由. 廣済堂出版 

関連項目[編集]
笑点
男子ボクサー一覧外部リンク[編集]
公式HP先代松崎真1971年7月18日〜1984年9月30日
「笑点」座布団運び6代目1984年10月〜 
次代- 表話編歴笑点 番組
本家番組
前身番組
金曜夜席

現番組
笑点-もう笑点(ミニ番組)

派生番組
スピンオフ
兄弟番組(BS笑点・笑点Jr.)
笑点デラックス
笑点 特大号
笑点 なつかし版特番
大笑点
おはよう笑点
BS笑点ドラマスペシャル
チャリティー笑点

 大喜利
レギュラー大喜利
大喜利 (笑点)

不定期大喜利
ちびっ子大喜利特別大喜利
寿大喜利
師弟大喜利
振袖大喜利
東西大喜利
 笑点メンバー
現出演者
◎□☆★6春風亭昇太
林家木久扇
三遊亭好楽
三遊亭小遊三
三遊亭圓楽(6代目)
◎□△林家たい平
桂宮治
◆6山田隆夫元出演者
金曜夜席時代
三遊亭圓彌
柳家きん平
◆西〆子談志司会時代
■★1立川談志(7代目)
■春風亭梅橋
鈴々舎馬風(5代目)
春風亭一柳
春風亭栄橋
◆1桂文字助(4代目)
◆2毒蝮三太夫前田司会時代
★2前田武彦
三遊亭圓歌(3代目)
三遊亭金馬(4代目)
三升家小勝(8代目)
柳家さん吉
◆3三遊亭圓遊(5代目)
◆3三笑亭夢丸(初代)三波司会時代
★3三波伸介(初代)
三遊亭小圓遊(4代目)
三遊亭圓窓(6代目)
柳家つば女(6代目)
三笑亭夢之助
▲◆4小野千春
◆4ヨネスケ5代目圓楽司会時代
■★4三遊亭圓楽(5代目)
■林家こん平
桂才賀(7代目)
◆5松崎真歌丸司会時代
■◎□★5桂歌丸昇太司会時代
林家三平(2代目)

 若手大喜利メンバー
現メンバー
立川晴の輔
鈴々舎馬るこ
柳家わさび
蝶花楼桃花
一龍斎貞鏡
春風亭昇也
林家あずみ
林家つる子
三遊亭わん丈
昔昔亭喜太郎
三遊亭遊かり
春風亭一花元メンバー
第1期
柳家小三治(10代目)
三笑亭茶楽第2期
桂歌春
古今亭菊丸
林家錦平
金原亭世之介
三遊亭貴楽
桂幸丸
林家正蔵(9代目)
桂竹丸
橘家蔵之助(2代目)
立川談春
伊集院光第3期
□五明樓玉の輔
△春風亭勢朝
□春風亭柳好(5代目)
□立川生志
◎□三遊亭愛楽
□林家木久蔵(2代目)
林家きく姫
△神田山陽(3代目)
橘家圓十郎
□三遊亭遊馬第4期
林家ぼたん
古今亭駒治
桂三四郎
三遊亭楽大
三遊亭とむBS笑点・笑点Jr.
□橘家文蔵(3代目)
□春風亭百栄
□林家彦いち
川柳つくし
□三遊亭王楽
□神田蘭
□◇セイラ
△阪井あかね

 その他
グッズ
木久蔵ラーメン
芝浜ゆらゆら
笑点 大博覧会 DVD-BOX
笑点 ありがとう円楽さん! 〜五代目 三遊亭円楽を偲ぶ映像集〜用語
後楽園ホール
若竹
チャーザー村
大月
秩父
真金町
静岡
ブラック団
落語協会
落語芸術協会
五代目円楽一門会
落語立川流番組
24時間テレビ 「愛は地球を救う」
香取慎吾の特上!天声慎吾
あなたの怨み晴らします
金曜スーパープライム
らくらくゴーゴー!
得する人損する人
ゴールデンまなびウィーク
カラダWEEK関連項目
日本テレビ
ユニオン映画関連人物
正力松太郎
正力亨
小林與三次
氏家齊一郎
萩原敏雄
間部耕苹
久保伸太郎
細川知正
大久保好男
小杉善信
中島銀兵

★司会者 ◆座布団運び ▲コーナーレギュラー ■金曜夜席から継続出演 ◎本家&BS笑点・笑点Jr.両方出演☆BS笑点・笑点Jr.司会者 ◇BS笑点・笑点Jr.座布団運び △BS笑点・笑点Jr.コーナーレギュラー □BS笑点から継続出演数字は世代(x代目)を表す。芸名(氏名)は現在当人が名乗っている表記。
表話編歴ずうとるび
江藤博利 (ギター・ボーカル) – 新井康弘 (ドラム・ボーカル) – 今村良樹 (ベース・ボーカル) – 池田善彦 (ギター・ボーカル)山田隆夫 (ギター・ボーカル・リーダー) (脱退)シングル
1.透明人間 – 2.恋のパピプペポ – 3.みかん色の恋 – 4.恋があぶない – 5.太陽の季節 – 6.初恋の絵日記 – 7.恋の夜行列車 – 8.ペチャパイブギ – 9.愛の反逆 – 10.大した娘だよキミは – 11.ふとしたはずみで – 12.明日の花嫁さん – 13.青春のひらめき – 14.止めるならいまのうち – 15.スカイランデブー – 16.あの娘は宇宙人 – 17.Dr.スロットマシーン – 18.Love Trip – 19.ウッカリBOY チャッカリGIRL – 20.マルガリータ

アルバム
オリジナル
1.ずうとるびファースト – 2.ずうとるびセカンド みかん色の恋 – 3.ずうとるびサード 恋があぶない – 4.ずうとるびフォース 愉快な仲間たち どりーむらんど – 5.恋の夜行列車〜愛と冒険の旅〜 – 6.ずうとるびファイト! – 7.明日の花嫁さん ビバ・ジャパン’77 – 8.Beginning – 9.真夜中のピクニック

ベスト
1.ずうとるび すとうりい – 2.ずうとるび すとうりい ぱあとII 山田隆夫卒業アルバム – 3.ずうとるび ゴールデン☆ベスト〜エレック・セレクション〜

その他
ずうとるびファースト・ライブ – ずうとるびとその仲間たち

テレビ
学校そば屋テレビ局 – 笑って!笑って!!60分 – 時間だヨ!アイドル登場 – ベスト3夢の顔合せ – 三波伸介の凸凹大学校 – レッツゴーヤング – 笑点 (ちびっ子大喜利)

関連項目
エレックレコード – EMIミュージック・ジャパン – ビートルズ – モンキーズ

典拠管理
NDL: 001110656
VIAF: 295169602
WorldCat Identities: viaf-295169602

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=山田隆夫&oldid=91340304」から取得
カテゴリ: 日本のタレント日本の男性アイドル日本の男優日本の子役日本のギタリスト日本の作詞家日本の男性作曲家日本の男性ポップ歌手落語家日本のボクシングに関する人物日本の卓球に関する人物笑点ずうとるびおかあさんといっしょ必殺シリーズ過去の劇団ひまわり系列所属者日本大学豊山高等学校出身の人物東京都区部出身の人物1956年生存命人物隠しカテゴリ: プロジェクト人物伝項目NDL識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 50 67
再生回数: 7725
[spincontent type=”j”]

「笑点」新司会者は春風亭昇太!理由をプロデューサーが明かす 「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」生放送後記者会見2 #Shoten #Press conference Youtube

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 日本テレビ系の長寿演芸番組「笑点」の司会者を勇退した落語家の歌丸さんは5月22日、東京都内で行われた生放送後の会見に大喜利メンバーと一緒に出席。後任の6代目司会者に決まった春風亭昇太さんについて「100%お任せします、それしかない」と信頼を寄せると、昇太さんの良さに「明るさと若さ」を挙げ、「本当は若くないけど(笑い)、見た目が若い。その若さで番組を引っ張っていっていただきたい」とエールを送った。

 歌丸さんの後任を決めるにあたって中村博行プロデューサーは「フラットに『笑点』が100年続くようにするにはと考えた」といい、その上で現在の大喜利メンバーで誰が司会に向いているか「一人一人、シミュレーションもした」とも告白。結果、昇太さん以外のメンバーは回答者として今後も必要という判断に至ったようで、中村プロデューサーが「この人(昇太さん)なら、『まあ、いっか』ってなったんです」と明かすと、昇太さんは「消去法じゃないですか!」と訴え、会見場は笑いに包まれた。

 昇太さんは、第1回からの大喜利レギュラーで、2006年5月21日の放送から10年間にわたって司会を務めてきた桂歌丸さんの後任ということで「大変なことが待っている」としながらも、「とにかく自分らしくやるしかない」と力を込めた。

 「笑点」は、1966年5月15日にスタートし、今年でちょうど50周年を迎えた国民的演芸番組。歴代司会者は初代が立川談志さん、2代目が前田武彦さん、3代目が三波伸介さん、4代目が三遊亭円楽さん。5代目が歌丸さんで、先月30日に行われた50周年特番(15日放送)収録中に、自ら勇退を発表。後任に注目が集まっていた。歌丸さんは、この日の放送が最後の出演で、今後は「終身名誉司会」に就任し、「笑点」の直前に放送される5分間番組「もう笑点」には登場する予定。

 この日の番組は「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」と題し、放送枠を1時間半に拡大して午後5時半から生放送され、三遊亭小遊三さん、三遊亭好楽さん、林家木久扇さん、三遊亭円楽さん、春風亭昇太さん、林家たい平さん、山田隆夫さんに加え、人気グループ「TOKIO」がゲスト出演し、大喜利対決などが行われた。

####
New MC of “Shoten” is Shunputei Shota! Producer reveals the reason. Press conference after live broadcast of “”Shoten Utamaru last Ogiri special” 2

Comic story teller, Utamaru, who voluntarily retired from the MC position of the longest-running entertainment program of Nippon Television “Shoten”, attended a press conference after the live broadcast along with member Ogiri in Tokyo on May 22nd.

When being asked about the credibility to successor Shunputei Shota, who was decided to be the sixth generation MC, Utamaru said: “I trust him 100% – that’s all” and talked about Shota’s strengths as “brightness and youthfulness”; at the same time, applauded: “Actually, he is not young (smiled), but he looks very young. I hope that with such youngness, he will be able to attract viewers to watch the program”.

2. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Yomiuri

Yomiuri
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6242
[spincontent type=”j”]

3. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Asahi Shimbun

朝日新聞
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 朝日新聞で検索した 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する上記の情報が、演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8423
[spincontent type=”j”]

4. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? The Japan Times

The Japan Times
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: ジャパン タイムズで検索した 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する記事のトップです。演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3248
[spincontent type=”j”]

5. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Yomiuri Shimbun

読売新聞
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する詳細情報はすでにありますか? 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8378
[spincontent type=”j”]

6. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Mainichi Shimbun

毎日新聞
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 毎日新聞で見つけた 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する上記の情報が、演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7344
[spincontent type=”j”]

7. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Sankei Shimbun

産経新聞
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 産経新聞で検索した 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する記事のトップです。演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3367
[spincontent type=”j”]

8. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5528
[spincontent type=”j”]

9. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Chunichi Shimbun

中日新聞
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 中日新聞で検索した 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する上記の情報が、演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8768
[spincontent type=”j”]

10. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Tokyo Shimbun

東京新聞
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 50 43
[spincontent type=”j”]

11. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4123
[spincontent type=”j”]

12. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 日刊工業新聞で見つけた 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する上記の情報が、演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6499
[spincontent type=”j”]

13. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Ainu Times

アイヌタイムス
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: アイヌ タイムズで検索した 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する記事のトップです。演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 58 13
[spincontent type=”j”]

14. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する詳細情報はすでにありますか? 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4943
[spincontent type=”j”]

15. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Chiba Nippo

千葉日報
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 千葉日報で検索した 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する上記の情報が、演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 34
[spincontent type=”j”]

16. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Chugoku Shimbun

中国新聞
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 中国新聞で検索した 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する記事のトップです。演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3267
[spincontent type=”j”]

17. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? Daily Tohoku

デイリー東北
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1300
[spincontent type=”j”]

18. 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

説明: イースタン クロニクルで検索した 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する上記の情報が、演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1387
[spincontent type=”j”]

演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? に関する質問

演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は? が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?

演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?
方法演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?
チュートリアル 演芸バラエティ番組「笑点」の「座布団運び」として知られる山田隆夫の高座名は?
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: