あなたは 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? を共有します。 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

「JOGR」はこの項目へ転送されています。JOGRのコールサインを割り当てられるも開局しなかったラジオ局については「ラジオ西日本」をご覧ください。

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。
出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2020年3月)
独自研究が含まれているおそれがあります。(2020年3月)
雑多な内容を羅列した節があります。(2020年3月)出典検索?: “青森放送” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL青森放送株式会社Aomori Broadcasting Corporation

青森放送 本社(2007年6月)種類
株式会社略称
RAB[1]本社所在地
日本〒030-0965[1][2]青森県青森市松森1丁目8番1号[1].mw-parser-output .geo-default,.mw-parser-output .geo-dms,.mw-parser-output .geo-decdisplay:inline.mw-parser-output .geo-nondefault,.mw-parser-output .geo-multi-punctdisplay:none.mw-parser-output .longitude,.mw-parser-output .latitudewhite-space:nowrap北緯40度49分6.4秒 東経140度46分16.3秒 / 北緯40.818444度 東経140.771194度 / 40.818444; 140.771194座標: 北緯40度49分6.4秒 東経140度46分16.3秒 / 北緯40.818444度 東経140.771194度 / 40.818444; 140.771194設立
1953年(昭和28年)9月30日業種
情報・通信業法人番号
1420001000261 事業内容
一般放送事業 他代表者
代表取締役社長 山本恒太[1]資本金
1億5000万円(2022年3月31日現在)[3]発行済株式総数
30万株(2022年3月31日現在)[3]売上高
単独: 51億1590万4000円(2022年3月期)[3]営業利益
単独: 3082万2000円(2022年3月期)[3]経常利益
単独: 3452万7000円(2022年3月期)[3]純利益
単独: 1576万1000円(2022年3月期)[3]純資産
単独: 68億5399万8000円(2022年3月31日現在)[3]総資産
単独: 115億2561万2000円(2022年3月31日現在)[3]従業員数
単独: 124人(2022年3月31日現在)[3]決算期
3月31日[3]会計監査人
中島秀樹[3]主要株主
#資本構成参照主要子会社
#関連会社参照関係する人物
竹内俊吉、伊奈かっぺい外部リンク
https://www.rab.co.jp/テンプレートを表示青森放送基本情報英名
Aomori Broadcasting Corporation[4]略称
RAB[1]本社
〒030-0965[1][2]青森県青森市松森1丁目8番1号[1]演奏所
本社と同じ公式サイト
https://www.rab.co.jp/ラジオ放送対象地域
青森県系列
JRN・NRN系愛称
RABラジオ呼出符号
JOGR呼出名称
あおもりほうそう開局日
1953年10月12日親局 / 出力
青森 1233kHz /  D5kW主な中継局
#ラジオ周波数を参照テレビ放送対象地域
青森県ニュース系列
NNN番組供給系列
NNS呼出符号
JOGR-DTV開局日
1959年10月1日リモコンキーID
1デジタル親局
青森 28chアナログ親局
青森 1chガイドチャンネル
1ch主な中継局
#デジタルテレビ放送を参照主なアナログ中継局
#アナログテレビ放送を参照特記事項:* 旧社名:ラジオ青森
1975年3月31日から1991年9月30日まで、ANN系列にも加盟テンプレートを表示青森放送株式会社[1](あおもりほうそう、英: Aomori Broadcating Corporation[4])は、青森県を放送対象地域とし、中波放送(AM放送)およびテレビジョン放送事業を兼営している特定地上基幹放送事業者である。
略称は、開局当初の局名「ラジオ青森」(Radio Aomori Broadcasting)からRAB。

概要[編集]
筆頭株主は、県域紙の東奥日報社。経営や『東奥日報ニュース』などの報道で特に深い関係にある。なお、テレビ放送局としては日本テレビ系列でありながら読売新聞グループ本社(読売新聞東京本社)・日本テレビとの資本関係は今日に至るまでないが、報道関係では選挙に関するアンケート調査などをRAB・読売新聞共同で行うことがある(在青局では青森テレビ(ATV)とエフエム青森(AFB)に読売新聞との資本関係あり)。かつてはテレビ朝日系列にも加盟していたが、朝日新聞社・テレビ朝日との資本関係も今日に至るまで同様にない。在青各局に共通して、青森県に系列局がないテレビ東京やフジテレビの番組も一部番販ネットされている。
テレビとラジオで放送されている長寿番組『RABニュースレーダー』は、@media screen.mw-parser-output .fix-domainborder-bottom:dashed 1pxローカルテレビ放送局における夕方のニュース番組の草分け的存在とされている。[要出典]ラジオはJRNとNRNのクロスネット局、テレビは日本テレビ系列(NNN-NNS)に加盟。1975年(昭和50年)にATVがANNを離脱してから1991年(平成3年)10月に青森朝日放送(ABA)が開局するまではANN(テレビ朝日系列)とのクロスネット局だった。
呼出符号はテレビがJOGR-DTV(28ch)、ラジオがJOGR(1233 kHz 青森親局)である。
音声多重放送は1990年(平成2年)10月開始(ATVと同時)と、他の地方局よりもかなり遅い(この1年後に開局のABAが開局時から音声多重放送を実施することになっていたことによるもの。ちなみに民放ローカル局で最も早く開始した放送局は富山の北日本放送(KNB)の1978年(昭和53年)12月。逆に最も遅く開始した局は北海道内民放各局の函館・室蘭・旭川・帯広・釧路・網走地区の2007年(平成19年)10月だった(地上デジタル放送のみ。地上アナログ放送は終了まで従来どおりモノラル放送)。
2001年(平成13年)11月19日よりテレビは24時間放送を実施している(深夜〜早朝帯は『日テレNEWS24』によるフィラー)。なお、日テレNEWS24が休止される場合でも、原則完全停波せずカラーバーを流している。
緊急警報放送システム実施局であり、テレビでは2011年7月20日までの毎週水曜日早朝の番組開始前(概ね4時44分から)に地上アナログ放送のみ試験信号を発信していた(以前は日曜日の早朝に実施)。なお、地上デジタル放送では試験信号放送の間は番宣スポットに差し替えていた。
現在使用されているマスコットキャラクターは青森県が生産日本一のりんごをモチーフにした「らぶりん」、キャッチコピーは「ホットするね!RAB」である。いずれも開局50周年の際に一般から募集したものであり、2003年4月から使用している。なお、2008年(平成20年)4月から12月まではテレビ・ラジオの両方で開局55周年記念として「あっ!RAB!」が流れた。ただし、ラジオでは2009年に入ってからも当面の期間、「あっ!RAB!」が流れていた。2007年(平成19年)4月まで社員として勤務していた伊奈かっぺいはマルチタレントとして現在は全国的に有名である。

局データ[編集]
本社[編集]
郵便番号:030-8655(専用、青森中央郵便局管内)
住所:青森市松森1丁目4番1号同じ松森1丁目地内には青森テレビの局舎もある。2008年に青森放送と青森テレビが共同キャンペーン『チーム守るべ青森』を行った際、互いに相手局の局舎屋上から手を振っている様子を収めたコマーシャルが流れたことがある。

支社・支局など[編集]
弘前支社(弘前市) – 津軽地方(中南部)を取材対象地域としている。なお、同じ建物には青森放送関連会社の弘前支社・支店も入居している。設置当初から1956年12月19日までは本町の「東奥日報弘前支社」内[5] に、1988年3月31日まで[5] は同市徒町の第八狩野弘前ビルに支社を置いていた。八戸支社と同様に同局で放送されている番組の一部を制作している(後述)。
八戸支社(八戸市) – 県南地域の取材拠点である。当支社の敷地内に八戸ラジオ中継局があり、三八地域に電波を発射している。同局で放送されている番組の一部を制作している(後述)が、番組内で使用される楽曲の一部は市内のCDショップから音源の提供を受けている。
五所川原支局(五所川原市) – 津軽地方(西北五地区)を取材対象地域としている。なお、同じ建物(五所川原商工会館ビル)にはATV五所川原支局→報道部五所川原分室も入居している。毎年ゴールデンウィーク期間に、芦野公園(五所川原市)で開催されるカラオケ大会を主催している。かつてはみちのく銀行五所川原支店に隣接するビルに支局を置いていたが、現在は、みちのく銀行の駐車場となっている。当支局が入居する建物の屋上には取材した映像を伝送するためのアンテナがATVと共に馬ノ神山に向け設置されている。
十和田支局(十和田市) – 上十三地区を取材対象地域としている。現在は市内のオフィスビルに支局を設置しているが、過去には十和田商工会議所に設置していた事がある。毎年春に行われる「さくらまつり」会場(同市内)でのカラオケ大会を主催している。
むつ支局(むつ市) – 下北地方の取材拠点である。毎年ゴールデンウィーク期間に早掛沼公園(同市内)で行われる「さくらまつり」会場で開催されるカラオケ大会を主催している。
東京支社(東京都中央区) – 当支社が取材したニュースが青森放送で放送される場合は「RAB東京」のクレジットが出される(通常、関東広域圏の取材は日本テレビが担当している)。
大阪支社(大阪市北区) – 当支社が取材したニュース(高校野球の県内校関連など)が青森放送で放送される場合は「RAB大阪」のクレジットが出される(通常、近畿広域圏の取材は読売テレビが担当している)。
仙台支局(仙台市青葉区)出典[1]支社・支局所在地[編集]
弘前支社:弘前市元寺町25番1号
八戸支社: 八戸市根城5丁目5番27号
五所川原支局:五所川原市東町17番5号 五所川原商工会館
十和田支局: 十和田市稲生町4番23号 第一田中ビル3階
むつ支局:むつ市中央2丁目1番18号 クロチェヴィーア2階
仙台支局:仙台市青葉区一番町4丁目6番1号 仙台第一生命タワービルディング
東京支社:東京都中央区銀座8丁目11番1号 銀座木挽町ビル8階
大阪支社:大阪市北区梅田1丁目8番17号 大阪第一生命ビル廃止された支社・支局[編集]
日付は開設された期間。青森支社(青森市・1977年4月1日 – 1991年4月1日[5][注釈 1])
名古屋支局(名古屋市中区・1962年6月15日 – 1997年9月30日[5][注釈 2])
札幌支局(札幌市中央区・1990年4月2日 – 1994年3月31日、函館に移設する形で廃止[5])
函館支局(函館市・1994年4月1日 – 1999年3月31日[5])資本構成[編集]
2022年3月31日[編集]
出典: [6]
資本金
1株
発行済株式総数
株主数
1億5000万円
500円
300,000株
705
株主
株式数
比率
東奥日報社
18,860株
6.29%
青森銀行
15,000株
5.00%
青森県市町村職員退職手当組合
15,000株
5.00%
みちのく銀行
15,000株
5.00%
アール・エー・ビー映像
13,060株
4.35%
北方商事
11,050株
3.68%
宝来商事
11,030株
3.68%
山本恒太
09,720株
3.24%
大川多津子
06,150株
2.05%
東北電力
06,130株
2.04%
過去の資本構成[編集]
企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[7][8][9][10][11]

1978年3月31日

資本金
1株
発行済株式総数
1億5000万円
500円
300,000株
株主
株式数
比率
青森銀行
26,050株
8.68%
みちのく銀行
26,030株
8.67%
郵政互助会
20,000株
6.66%
東奥日報社
18,800株
6.26%
青森県市町村職員退職手当組合
15,000株
5.00%
竹内俊吉 [注釈 3]
06,940株
2.31%
石戸哲応 [注釈 4]
06,150株
2.05%
東北電力
06,130株
2.04%
東北放送
04,500株
1.50%
八戸市
04,250株
1.41%

1992年3月31日

資本金
1株
発行済株式総数
株主数
1億5000万円
500円
300,000株
887
株主
株式数
比率
郵政互助会
20,000株
6.66%
東奥日報社
18,860株
6.29%
青森銀行
15,000株
5.00%
みちのく銀行
15,000株
5.00%
青森県市町村職員退職手当組合
15,000株
5.00%
北方商事
11,050株
3.68%
宝来商事
11,030株
3.67%
渋谷吉民 [注釈 5]
10,500株
3.50%
奈良和磨 [注釈 6]
07,500株
2.50%
石戸ノブ
06,150株
2.05%

2003年3月31日

資本金
1株
発行済株式総数
株主数
1億5000万円
500円
300,000株
851
株主
株式数
比率
東奥日報社
18,860株
6.29%
青森銀行
15,000株
5.00%
みちのく銀行
15,000株
5.00%
青森県市町村職員退職手当組合
15,000株
5.00%
北方商事
11,050株
3.68%
宝来商事
11,030株
3.67%
奈良和磨 [注釈 7]
11,000株
3.66%
渋谷イネ
10,500株
3.50%
石戸ノブ
06,150株
2.05%
東北電力
06,130株
2.04%

2016年3月31日

資本金
1株
発行済株式総数
株主数
1億5000万円
500円
300,000株
740
株主
株式数
比率
東奥日報社
18,860株
6.29%
青森銀行
15,000株
5.00%
みちのく銀行
15,000株
5.00%
青森県市町村職員退職手当組合
15,000株
5.00%
アール・エー・ビー映像
12,760株
4.25%
北方商事
11,050株
3.68%
宝来商事
11,030株
3.67%
奈良安貴
11,000株
3.66%
青森放送従業員持株会
07,410株
2.47%
石戸ノブ
06,150株
2.05%

2020年3月31日

資本金
1株
発行済株式総数
株主数
1億5000万円
500円
300,000株
714
株主
株式数
比率
東奥日報社
18,860株
6.29%
青森銀行
15,000株
5.00%
みちのく銀行
15,000株
5.00%
青森県市町村職員退職手当組合
15,000株
5.00%
アール・エー・ビー映像
13,720株
4.57%
北方商事
11,050株
3.68%
宝来商事
11,030株
3.68%
奈良安貴
11,000株
3.67%
青森放送従業員持株会
06,510株
2.17%
大川多津子
06,150株
2.05%

歴史[編集]
1952年(昭和27年)10月1日に宮城県のラジオ仙台(現:東北放送)が青森県にラジオ局を開局しようとして免許申請し、さらに局舎[注釈 8] の建設などを行っていた。これに危機を感じた地元新聞社の東奥日報社が中心となり、「県民の、県民による、県民のためのラジオ局」をモットーに地元放送局の開局を進めていった。その後、東北放送は、1953年(昭和28年)5月27日に、青森中継局の開設申請を取り下げた[12]。
1952年(昭和27年)
11月20日 – 第1回発起人会、青森市に民間放送を開設することなどを決議[13]。
12月24日 – 青森県議会、「ラジオ東奥事業許可促進方決議の件」を満場一致で可決[13]。
12月27日 – 東奥日報社内にラジオ東奥株式会社設立準備事務局を開設[13]。
1953年(昭和28年)
1月6日 – 郵政省(現:総務省)に免許申請[13][14]。
5月30日 – 郵政省、「標準放送用周波数割当計画表」を決定[15][16]。青森の民間放送に周波数1120kc、空中線電力500Wの割り当て[13][15]。
8月1日 – ラジオ東奥に予備免許交付[13][14](RTBラジオ東北(現:ABS秋田放送)と同日)。呼出符号:JOGR、呼出名称:らじおあおもり、周波数:1120kc、空中線電力:昼間1kW・夜間500W。所在地は、演奏所・放送所とも東津軽郡浜舘村大字松森字福田(現:青森市松森1丁目)[13]。
9月22日 – 送信アンテナ完成。東北地方最初の頂冠装荷鋼管柱アンテナ[13]。
9月26日 – ラジオ東奥創立総会開催。社名を株式会社ラジオ青森に改称[13][14]。
9月29日 – 9時30分、最初の試験電波発射[13][17]。
10月6日 – 本免許交付[13][18]。なお、この日は、臨時プログラムとして、12:00 – 13:00と18:00 – 20:00の2回、電波を発射した。
10月7日 – 7時00分、サービス放送開始[13][19]。
10月12日 – 6時00分、本放送開始。第1声は加納登アナウンサー[13]。日本で27番目の民間ラジオ局として開局。最初の番組は、『朝のメロデー』。
1954年(昭和29年)
1月4日 – 八戸ラジオ中継局の免許申請[20]。
2月19日 – 八戸ラジオ中継局に予備免許交付[20]。
9月26日 – 洞爺丸事故報道により、開局以来初の終夜放送を実施[21](後述の通り、通年での終夜放送実施は16年3ヶ月と6日後の1971年1月1日から)。
12月4日 – 八戸ラジオ中継局から試験電波発射[13]。
12月8日 – 八戸ラジオ中継局に本免許交付[20]。
12月10日 – 八戸ラジオ中継局(呼出符号:JOGO・1060kc、100W)開局。専用線が確保出来ず、1958年(昭和33年)3月に60Mc中継回線が開通するまで、本局の放送波を受信し中継。
1956年(昭和31年)
2月15日 – 地上アナログテレビジョン放送と弘前ラジオ中継局の免許申請[20][22]。
9月7日 – 弘前ラジオ中継局に予備免許交付[20]。
10月1日 – 青森ラジオ送信所の夜間出力増力を実施し、昼夜通して出力1kWで送信。
12月15日 – 弘前ラジオ中継局から最初の試験電波発射(21時30分から22時まで[23])[20]。
12月19日 – 弘前ラジオ中継局に本免許交付[20]。
12月20日 – 弘前ラジオ中継局(呼出符号:JOGE・1060kc、100W)開局[20]。
1957年(昭和32年)
10月22日 – 地上アナログテレビジョン放送に予備免許交付[24]。
12月3日 – 超短波放送(FM)局免許申請[25]。
1959年(昭和34年)
9月5日 – 地上アナログテレビジョン放送の試験電波発射[20]。
9月13日 – 地上アナログテレビジョン放送に本免許交付。当初は、映像1kW・音声0.25kWで送信予定だったが、受信エリアに問題が生じた為、映像5kW・音声1.25 kW[注釈 9] で免許が交付された[26]。
9月14日 – 11時30分[27]、地上アナログテレビジョン放送のサービス放送開始。ラジオ東京テレビ(後の東京放送、現:TBSテレビ)をメインとした編成で、9月20日にはラインネット番組も始まったが、営業面から再考し、9月25日の15:00からの大相撲中継から急遽日本テレビ主体に変更した[注釈 10]。
10月1日 – 10時00分、地上アナログテレビジョン放送(呼出符号:JOGR-TV)の本放送開始。開局当時は「ラジオ青森テレビ」という局名だった。最初の番組は『レコードコンサート』。
1960年(昭和35年)
8月26日 – テレビ、朝の放送開始[28]。
12月14日 – 青森ラジオ送信所の出力を1kWから3kWに増力[29]。
1961年(昭和36年)10月28日 – 株式会社ラジオ青森から青森放送株式会社に社名変更。
1962年(昭和37年)
10月1日 – 青森ラジオ送信所の周波数を1120kcから1230kcに変更、出力を3kWから現在の5kWに増力、八戸ラジオ中継局の周波数を1060kcから1430kcに変更[20][30]。
12月23日 – 青森ラジオ送信所が、松森の本社敷地内から女蛇山に移転[31]。
1963年(昭和38年)1月24日 – 八戸ラジオ中継局の出力を100Wから現在の1kWに増力[20]。
1965年(昭和40年)
5月2日 – 同日発足したJRNに加盟[32]。
8月1日 – NRNに加盟[32]。
1966年(昭和41年)
4月1日 – 同日発足したNNNに加盟。
4月10日 – 11時15分、『歌のグランプリショー』からテレビのカラー放送開始[33]。
1968年(昭和43年)9月1日 – 現在も使われているロゴが制定[34][注釈 11]。
1970年(昭和45年)4月1日 – テレビでは日本初となる[35] ローカルワイドニュース『RABニュースレーダー』を開始(当時は朝の放送)
1971年(昭和46年)1月1日 – ラジオの24時間(終夜)放送を開始(月曜除く)[注釈 12]。
1974年(昭和49年)12月5日 – 深浦ラジオ中継局開局(呼出符号を有さない中継局としては最初の開局)。
1975年(昭和50年)
3月31日 – ANNに加盟、ABA開局までの間、テレビ朝日とのクロスネット局となった(ATVがクロスネットを禁じたJNNに単独加盟すべく、開局以来の加盟ニュース系列だったANNを脱退し、一般番組のクロスネットも解消したことによるもの)。この時、一部放送されていたTBSテレビ系の番組がATVへ移行した。
7月4日 – 当局と日本テレビの間で、「個別業務協定」締結[36][37]。
1978年(昭和53年)11月23日 – 全国一斉ラジオ周波数変更が実施され、青森ラジオ送信所が1230kHzから1233kHzに、八戸ラジオ中継局が1430kHzから1485kHzに、弘前ラジオ中継局が1060kHzから1062kHzに、深浦ラジオ中継局が1500kHzから1485kHzに、それぞれ変更。
1982年(昭和57年)7月17日 – 15時03分から、ラジオにおいて、「プリ・エンファシス」方式本放送開始[38]。
1986年(昭和61年)4月1日 – 緊急警報放送の運用開始[39](東北地方の民放では初[20])。
1988年(昭和63年)7月13日[40] – 事件や事故で死亡した遺族へのインタビュー自粛を開始。これは、同年3月に中国・上海で起きた列車衝突事故での高知学芸高校関係者へのマスコミの対応が問題となったことによる。
1989年(昭和64年・平成元年)
1月7日 – 昭和天皇崩御による特別放送実施。ラジオは7時54分のJRN報道特番(TBSラジオ発)から、テレビは5時45分のNNN報道速報(日本テレビ発)から、それぞれ飛び乗りし、途中RABローカルニュースを挿入しながら、1月9日6時まで崩御特番を放送[41]。
2月1日 – 十和田ラジオ中継局開局。
12月1日 – この日から、事件報道における容疑者の呼び捨てを止める[42]。
1990年(平成2年)
4月1日 – クリアビジョン放送開始
10月1日 – 音声多重放送(呼出符号:JOGR-TAM)開始。(ATVと同日)
1991年(平成3年)10月1日 – ABA開局に伴い、日本テレビ系列18局目のフルネット局に。
1995年(平成7年)
4月3日 – 『@なまてれ』の前身であり、同局初の夕方情報ワイド番組である『出会いふれあい生テレビ!』開始。
7月13日 – テレビで「ワイドクリアビジョン」開始[43]。
10月2日 – 弘前ラジオ放送局の周波数が1062kHzから1215kHzに変更、空中線電力も100Wから500Wに増力。
2000年(平成12年)1月14日 – 野辺地ラジオ中継局開局。
2001年(平成13年)11月19日 – テレビの24時間放送(終夜放送)開始。それに伴い、CSチャンネル「NNN24」(現・日テレNEWS24)の放送も開始。
2005年(平成17年)
6月10日 – 地上デジタルテレビジョン放送の予備免許交付。
10月3日 – 地上デジタルテレビジョン放送の試験電波発射開始。
2006年(平成18年)
5月29日 – テレビ放送、主調整室(マスター)設備を地上デジタル放送対応のものに更新(東芝製)。
6月1日 – 地上デジタルテレビジョンの試験放送(アナログとのサイマル放送)を開始(青森本局)。
6月14日 – 地上デジタルテレビジョン放送の本免許交付。
6月26日 – テレビ制作スタジオ設備のハイビジョン化完了。
7月1日 – 5時45分、『健康塾』(通販番組)から地上デジタルテレビジョン(呼出符号:JOGR-DTV)本放送を開始(青森本局、ATV・ABAと同日)。テレビ報道スタジオ設備のハイビジョン化完了。
2007年(平成19年)8月1日 – 八戸・上北両デジタル中継局開局。
2008年(平成20年)
11月10日 – 深浦・大戸瀬・風合瀬・岩崎・大鰐の各デジタル中継局開局。
12月18日 – むつデジタル中継局開局。
2009年(平成21年)
4月1日 – 緊急地震速報の運用開始(ラジオ)[44][注釈 13]
10月30日 – 西十和田・大畑両デジタル中継局開局。
11月11日 – 東十和田デジタル中継局開局。
12月21日 – 大間デジタル中継局開局。
12月25日 – 三戸南部・浅虫・小泊・今別・佐井の各デジタル中継局開局。
2010年(平成22年)
1月15日 – 十和田湖・木野部両デジタル中継局開局。
1月22日 – 平内山口・平内内童子・平内外童子の各デジタル中継局開局。
2月15日 – 大鰐虹貝デジタル中継局開局。
8月30日 – 深浦追良瀬デジタル中継局開局。
9月24日 – 八戸南郷デジタル中継局開局。
9月30日 – 鰺ヶ沢中村・鰺ヶ沢赤石両デジタル中継局開局。
10月4日 – 袰部デジタル中継局開局。
10月18日 – 深浦長慶平デジタル中継局開局。
11月15日 – 竜飛帯島デジタル中継局開局。
11月29日 – 田子・片貝・道仏・西津軽舞戸・津軽上小国の各デジタル中継局開局。
12月9日 – 鰺ヶ沢一ツ森デジタル中継局開局。
12月13日 – 七戸デジタル中継局開局。
12月20日 – 津軽小国・中里今泉・深浦舮作・竜飛宇鉄の各デジタル中継局開局。
2011年(平成23年)
7月24日 – 全アナログテレビ送信所・中継局が廃局。
11月14日 – 細越デジタル中継局が開局。
12月7日 – 脇野沢デジタル中継局が開局。
2012年(平成24年)
10月4日 – 八戸市の八戸市公会堂において「RABラジオ感謝祭〜ありがとう60周年 そしてこれからも〜」ということで『伊奈かっぺいとおかしな仲間たちinはちのへ』(公開録音)を実施[45]。当日の模様は、2012年10月21日と10月28日の17時から18時まで、前編・後編に分けて放送をした。
10月6日 – 10月8日 – 青森市「サンロード青森サンホール」において「RABラジオ感謝祭〜ありがとう60周年 そしてこれからも〜」ということで、ラジオの公開放送を実施したり、「ラジオのある風景写真パネル」の展示を実施。
12月1日 – 久栗坂デジタル中継局が開局。
2013年(平成25年)10月12日 – 開局60周年を迎える。これを記念して、10月11日 8:30 – 10月13日 21:00までの60時間30分にわたり、RAB創立60周年記念として『瞬(とき)をつないで60時間ラジオ』[46] を放送した。なお、12日と13日の日中を中心にテレビとの同時放送を行った。
2014年(平成26年)
10月1日 – 株式会社radikoのIPサイマルラジオサービス「radiko.jp」および「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」にて、RABラジオのインターネット全国配信を開始[47][注釈 14]。
11月1日・2日 – 「RABラ・テ(RAB latte)」ということで、ラジオとテレビの同時放送を行う[48]。この年以降、10月最終もしくは11月第1土曜日に「RABラ・テ(RAB latte)」を実施し、12時から14時まで、テレビとの同時放送を行う[49][50]。
2015年(平成27年)3月31日 – 1986年(昭和61年)9月から実施してきた、電話によるラジオ再送信サービスを終了[51]。
2017年(平成29年)
6月2日 – FM補完中継局の予備免許交付[52]
10月1日 – 青森・八戸両FM補完中継局放送開始[53]。この補完放送開始と開局65周年を記念した特番「RABラ・テ」を放送、うち12時から15時まではテレビとの同時放送を行うほか、青森局と補完局が同一周波数である南海放送とのコラボによる同時ネット特番「『凄いぞ青森!凄いぞ!愛媛!ラジオ大好き!』も放送する[54][55]
2020年(令和2年)
8月31日 – 野辺地陸奥湾FM補完中継局が開局。
12月7日 – テレビ放送、主調整室(マスター)設備更新(東芝製)。
2021年(令和3年)1月25日 – 大間下北FM補完中継局が開局[56]。社史・記念誌[編集]
青森放送では、以下の5冊を発行している。

青森放送二十五年史(青森放送社史編纂委員会 編集) 1980年(昭和55年)9月発行、475ページ。
青森放送30年表(青森放送事業局資料部 編) 1983年(昭和58年)発行、127ページ。
青森放送40年表(青森放送社長室広報資料部 編集) 1994年(平成6年)3月発行、238ページ。
青森放送50年史(青森放送株式会社 編) 2004年(平成16年)6月発行、183ページ。
青森放送65年史(青森放送株式会社 編)2019年(令和元年)6月発行、101ページ。ラジオ[編集]
放送時間:月曜未明 0:30 – 4:00を除く24時間(月曜日以外は5:00基点。)
ただし、以下のように月曜未明の放送終了時間の繰り下げや放送休止のない日がある。

月に数回程度月曜0:00~0:10に特別番組が放送される日は放送終了時間が0:40に繰り下げられる。
県内で大規模な選挙の投票が行われた日の翌日は終了時間が1〜2時間程度延長され、通常の定時放送終了後にフィラー音楽を流し、随時開票速報を伝える[注釈 15]。
『RABラジオ・チャリティー・ミュージックソン』が放送される12月25日が月曜にあたる場合は放送休止をせず、12月18日4:00 – 1月1日0:30の2週間連続で放送する。過去にはその1週間後の1月1日(元日)が月曜にあたる場合も放送休止をせず、1月8日0:00に3週間連続で放送していた例もあった[注釈 16]。ラジオ周波数[編集]
ウィキペディアはオンライン百科事典であって、独自の考えや思いを発表する場ではありません。改善やノートページでの議論にご協力ください。(2017年10月)
中波放送
親局

呼出符号

周波数

空中線電力

送信所概要(技術情報)
青森[57]
JOGR

1233 kHz[注釈 17]
5kW

送信空中線:95m支線式円管柱(電気興業)、頂冠6m、指向性はダウンリード方式
放送機:MBT-8037B(NEC)×2
STL:送受信装置(NEC)出力1W、2m鏡面パラボラ、バックアップ回線としてNTTのLINE回線
送信局舎:鉄筋コンクリート1階7m×11m
非常用電源:自家発電装置20kVA
備考:1987年(昭和62年)11月放送設備更新、5kW放送機MBT-8037Bを2台設置で1台を予備中継局

呼出符号

周波数

空中線電力

送信所概要(技術情報)
八戸

JOGO

1485 kHz

1 kW

送信空中線:55m円管柱
放送機:JBC-5D(JRC)
中継回線:放送波伝送用の鷹森山局を5素子八木宇田2面1段、バックアップ回線としてNTTのLINE回線
送信局舎:鉄筋コンクリート
非常用電源:自家発電装置70kVA
備考:十和田局と同期放送弘前

JOGE

1215 kHz

500W

送信空中線:55m円管柱
中継回線:放送波伝送用の鷹森山局を5素子八木宇田1面1段、バックアップ回線としてNTTのLINE回線
送信局舎:コンクリート・ブロック1階4m×8m
非常用電源:自家発電装置5kVA
備考:1995年(平成7年)局舎、一部設備更新深浦

1485 kHz

100W

送信空中線:65mトラス柱
中継回線:放送波伝送用の鷹森山局を5素子八木宇田1面2段
送信局舎:鉄筋コンクリート1階3m×3m
非常用電源:自家発電装置5kVA
備考:1996年(平成8年)3月設備更新十和田

送信空中線:45m円管柱(傘型)
送信機:JBC-2A(JRC)
中継回線:放送波伝送用の鷹森山局を5素子八木宇田2面1段、バックアップ回線としてNTTのLINE回線
送信局舎:鉄筋コンクリート1階4m×5m
非常用電源:バッテリーフロート600Ah
備考:八戸局と同期放送。送信空中線はNHK第1と共用野辺地

1062 kHz

送信空中線:65m円管柱
中継回線:放送波伝送用の上北局を1.2m鏡面パラボラにて受信
送信局舎:鉄筋コンクリート1階4m×6m
非常用電源:自家発電装置7.5kVAFM補完中継局

呼出符号

周波数

空中線電力

送信所概要(技術情報)
青森

RAB青森FM

91.7 MHz

1 kW

2016年10月18日予備免許 2017年10月1日運用開始[53][58]八戸

RAB八戸FM

92.7 MHz

100W

2017年6月2日予備免許 2017年10月1日運用開始[53][59]野辺地

RAB野辺地陸奥湾FM

93.2 MHz

100W

2019年9月25日予備免許 2020年8月31日運用開始[53][60]大間

RAB大間下北FM

78.8 MHz

20W

2020年7月9日予備免許 2021年1月25日運用開始[53][61][62]放送波伝送中継用局
中継局

呼出符号

周波数

出力

技術情報
鷹森山

50W

上北

50 mW

出典[1]FM補完中継局の親局化構想[編集]
青森放送が加盟する日本民間放送連盟では、FM補完中継局制度を見直す方針を2019年に公表。連盟に参加するAM放送事業者(民放AM局)が2028年までにAM放送免許の更新時期を迎えることを踏まえて、民放AM局独自の経営判断によってAM放送からFM放送への転換(またはAM・FM放送の併用)が可能になるような制度の整備を求める要望書を、総務省が設置する「放送事業の基盤強化に関する検討分科会」に提出した。総務省も2020年10月に『民間ラジオ放送事業者のAM放送のFM放送への転換等に関する「実証実験」の考え方』を公表したことから、民放AM47局で組織する「ワイドFM(FM補完放送)対応端末普及を目指す連絡会」では、44局が2028年秋までにFM局への転換を目指していることを2021年6月15日に発表した。この発表の時点では、AM局からFM局への転換(従来のFM補完中継局の親局化)において「従来のAM放送を停波する」というパターンや「従来のAM放送を補完的に活用する(FM・AM併用)」というパターンが想定されているが、青森放送からは親局化の時期や具体的な計画が明らかにされていない[63]。

ラジオの再送信サービス[編集]
東北自動車道坂梨トンネル上り線東北自動車道亀田山トンネル上り線や国道4号青森東バイパス久栗坂トンネルでは、ラジオの再送信を行っている。みちのく有料道路みちのくトンネルでもラジオの再送信を行っていたが、2012年(平成24年)10月7日現在、再送信を中止し、トンネル入り口にあるラジオの周波数表を示した案内板からは青森放送の案内が削除されている。
USENでは、青森県内でケーブル(チャンネル番号:A-22)と衛星・NTT光回線(I-81)経由で再送信を行っている。
2014年(平成26年)10月1日12時より、株式会社radikoのIPサイマルラジオサービス「radiko.jp」(青森県内、無料)および「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」(青森県外、有料)でインターネット全国配信を開始。

ラジオカー[編集]
本社旧ラジオカー(車種:トヨタ・RAV4
本社ラジオカー(車種:トヨタ・プリウスα
本社は2台、弘前・八戸の各支社は各1台ずつ保有している。
本社使用車両は、1990年代前半は日産・サニー、スバル・レガシィなどを使用していたが、1990年後半から2010年代まで初代と2代目のトヨタ・RAV4をメインで使用し、現在はトヨタ・プリウスαに変更され、3代目トヨタ・RAV4は予備車として保有している。現在放送中の番組[編集]
2022年8月時点[64]。

随時[編集]
東奥日報ニュース(随時・放送時間は東奥日報ニュース#ラジオを参照)
あの日、あの歌(土曜 5:45 – 5:50 / 日曜 6:15 – 6:25、2014年3月31日開始、開始当初は平日 5:20 – 5:30でも放送されていたが、平日の放送は2018年9月で終了)平日[編集]

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日
3

(放送休止)

3:00 フワちゃんのオールナイトニッポン0(ZERO)(ニッポン放送)

3:00 ぺこぱのオールナイトニッポン0(ZERO)(ニッポン放送)

3:00 佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)(ニッポン放送)

3:00 マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)(ニッポン放送)
4

4:00 MUSIX(TBSラジオ)
4:30 上柳昌彦 あさぼらけ(ニッポン放送)
5

5:00 朝から おとらじ!
5:30 生島ヒロシのおはよう一直線(TBSラジオ)▽5:55 内外の話題
6
6:30 ENEOSプレゼンツ あさナビ(ニッポン放送)
6:37 朝の民謡
6:45 歌のない歌謡曲(JRN系企画ネット番組)
7

7:00 朝ワイ!ダッシュ▽7:10 お早う!ニュースネットワーク(ニッポン放送)▽7:25 いってらっしゃい!小学生の作文リレー▽7:30 青森県広報タイム(月曜 – 木曜)▽7:35 美味しく食べてヘルスケア▽7:45 SUZUKIハッピーモーニング・羽田美智子のいってらっしゃい(ニッポン放送)▽8:00 話題のアンテナ 日本全国8時です(TBSラジオ)▽8:15 けんずろうの元気いっぱい![65]▽8:20 武田鉄矢・今朝の三枚おろし(文化放送)
8
9

9:00 今日も!あさぷり[66]▽10:30 テレフォン人生相談(ニッポン放送)
10
11

11:00 東奥日報ニュース
11:05 氷川きよし 限界突破RADIO(文化放送)
11:15 歌謡喫茶・昭和
11:20 スグクル!クルマ☆買取りんGO!

11:20 リデアでモーター・ホビー買取りまSHOW!

11:20 身近なことからSDGs

11:20 リデアでモーターホビー買取りまSHOW!
11:25 河村通夫の大自然まるかじりライフ(マール)
11:35 八神純子 MUSIC TOWN(かしわプロダクション)
11:45 森野熊八 グルメタイム 〜日本全国うまい、うまい!〜[67](ニッポン放送)
11:55 GO!GO!らじ丸[68]▽13:05 GIFT〜未来への贈り物〜(TBSラジオ)▽15:05 はいうぇい 人街ネット青森(金曜、企画ネット番組)
12
13
14
15
16

16:00 東奥日報ニュース
16:05 天気予報
16:10 魅惑のヒットパレード[69]※
16:25 ミュージック・ジグソーパズル(文化放送)

16:25 「津軽・中世の藤崎」リターンズ
16:35 あなたにハッピー・メロディ(ニッポン放送)
16:45 とよあきクリニックの地域活き活きライフ

16:45 ベストミュージックコレクション・ジャパン
16:50 桂宮治のザブトン5(文化放送)
17

17:00 ニュース・パレード(文化放送)
17:15 RABニュース&ウェザ-
17:25 荻原次晴のニッポン応援団(かしわプロダクション)
17:30 ネットワークトゥデイ(TBSラジオ)
17:45 あこもこジョッキー
18

18:00 RABイブニングニュース&ウェザー
18:10 森章二の元気もりもり江戸話し(メディア・アート・ラッシュ)
18:20 聴いて!
18:30 純烈 スーパー銭湯!!(かしわプロダクション)

18:30 アフター6ジャンクション(TBSラジオ)[70]
18:25 RABゴールデンナイター(ニッポン放送)[71]19

19:00 伊奈かっぺい・旅の空うわの空[2] 
20
20:30 加藤さんと山口くん(STVラジオ)
21

21:00 佐藤竹善 from Sing Like Talking「レコード部屋」(静岡放送)

21:00 RABミュージックCube[72]21:30 サウンドスケッチ(かしわプロダクション)
21:45 RAB 月曜夜話
22

22:00 オールナイトニッポン MUSIC10(ニッポン放送)

22:00 オールナイトニッポンGOLD(ニッポン放送)
23
0

0:00 レコメン!(文化放送)

0:00 嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス(文化放送)
1

1:00 Creepy Nutsのオールナイトニッポン(ニッポン放送)

1:00 星野源のオールナイトニッポン(ニッポン放送)

1:00 乃木坂46のオールナイトニッポン(ニッポン放送)

1:00 ナインティナインのオールナイトニッポン(ニッポン放送)

1:00 霜降り明星のオールナイトニッポンシリーズ(ニッポン放送)
2
週末[編集]

土曜日

日曜日
3

3:00 三四郎のオールナイトニッポン0 (ZERO)(ニッポン放送)

3:00 空気階段の踊り場(TBSラジオ)
4

4:00 THE BEATLES 10(アール・エフ・ラジオ日本)
5

5:00 唄っこいいもの

5:00 福田こうへいのゆっくり行ぐべぇ〜(IBC岩手放送)
5:15 水森英夫のチップイン歌謡曲(火曜会・スバルプランニング)
5:30 納得健康15分
5:45 あの日、あの歌

5:45 今旬!インフォメーション
5:50 農事情報
6

6:00 1万年堂出版の時間

6:00 天理教の時間
6:15 畑でグラッチェ(毎月最終週を除く)[3]あなたとRAB(毎月最終週)

6:15 あの日、あの歌
6:25 健康生活インフォメーション
6:30 由紀さおり ハッピーモーニング(かしわプロダクション)あおもり長寿セミナー(毎月最終週)
6:40 RAB耳の新聞
7

7:00 東奥日報ニュース

7:00 録音風物誌(火曜会)
7:07 天気予報
7:10 健康生活インフォメーション

7:10 いいものテンミニッツ!
7:20 おはよう!ニッポン全国消防団(ニッポン放送)
7:25 岡田照幸のタッチはピアニッシモ
7:30 週刊 なるほど!ニッポン(ニッポン放送)
7:40 旬!SHUN!ピックアップ
7:55 東奥日報ニュース
8

8:00 話題のアンテナ 日本全国8時です(TBSラジオ)

8:00 大島花子 しあわせの花(かしわプロダクション)
8:15 耳より健康便り

8:15 わくわくお届け便
8:30 おはようMusic

8:30 まいどあり〜
8:45 サトケンの買って!?ちょーだい!(KBCラジオ)

8:45 #SundayFunday
8:50 サンデー・ラジオクリニック
9

9:00 麻生しおりの土曜はキュン[4]

9:00 志の輔&雷鳥のなんでか?ニッポン(北日本放送)
9:30 藤田恵美のかみつれ雑貨店(マール)
9:55 東奥日報ニュース(12月~3月はハロースキーダイヤル)
10

10:00 鮫ちゃんのおさんぽ日曜日(八戸支社)
11

11:00 東奥日報ニュース
11:05 桜田マコト 風のうた、音の旅(八戸支社)[5]
11:30 サエラの想いで散歩道[6]
12

12:00 東奥日報ニュース

12:00 良平のラジオにおいでよ!!(不定期で16時もしくは16時30分までの放送に短縮する場合あり)[7]▽14:30 ラジオ版サンデー流暮らしの知恵袋[8]▽14:45 健康とっておき!(オフィスキイワード)
12:05 天気予報
12:10 サザン・ヒッツ
12:30 伊奈かっぺい・ことわざのわざ
13

13:00 十日市秀悦のサタデー横丁[9]
14
15
16

16:00 ふれあい八戸土曜スタジオ(八戸支社)[10][73]16:50 ジャガーズの”ジャニー通”
17

17:00 らぶひろ(弘前支社)

17:00 納得健康15分
17:15 たんぽぽの綿毛time♪
17:30 亀渕昭信のお宝POPS(火曜会)
17:45 ウィークエンドネットワーク(TBSラジオ)

17:45 小倉・IMALUの○○玉手箱
17:50 いいものテンミニッツ!
18

18:00 東奥日報ニュース
18:05 RAB SPORTS WAVE[74]
18:05 吉幾三のな・な・ま・るグラフィティ
18:20 かすみの聴いでけ!!唄っこ♪話ッコ!
18:30 張間陽子のハリコレ![11]
19

19:00 D2

19:00 香澄の江差恋歌(STVラジオ)
19:30 土曜はDON[12]

19:30 歌謡デリバリー
20

20:00 King & Prince 永瀬廉のRadio GARDEN(文化放送)
20:30 日向坂46の「ひ」(文化放送)[75]21

21:00 音楽☆とらのアナ(火曜会制作)[76]21:30 #みちょパラ(ニッポン放送)[77]22

22:00 シソンヌの“ばばあの罠”(RKBラジオ)

22:00 編集長 稲垣吾郎
22:30 ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo(ニッポン放送)[78]23

23:00 Snow Manの素のまんま(文化放送)

23:00 ハライチのターン!(TBSラジオ)
23:30 SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル(ニッポン放送)
0

0:00 ちょんまげ ザ★土管ラジオ
(放送休止)
1

1:00 オードリーのオールナイトニッポン(ニッポン放送)
2
期間限定番組[編集]
RABゴールデンナイター(4月 – 9月 / 水曜 – 金曜 18:25 – 21:00・最大で21:56まで延長される。)
フレッシュタイム(火曜 – 金曜 18:30 – 18:45・プロ野球ナイター中継オフシーズンに放送)
kira-kira☆枠(プロ野球ナイター中継オフシーズンに放送)
みなみをミテ☆(火曜 21:00 – 21:30)
あこがれJourney(水曜 21:00 – 21:30)
サカイやさかい(水曜 21:30 – 22:00)
Chihi Rock!!(木曜 21:00 – 21:30)
DJスガワラ(木曜 21:30 – 22:00) [13]
Elly’s kitchen(金曜 21:00 – 22:00) [14]
RABミュージックCube(火曜-金曜 21:00-22:00)[注釈 18]
青森県民駅伝競走大会(9月第1日曜 11:30 – 14:30)
津軽弁の日(11月第1・第2日曜の午後に放送[79])
RABラジオ・チャリティー・ミュージックソン(2005年までは12月24日 12:00 – 25日 12:00 / 2006年以降は11:55 – 16:00過ぎ[注釈 19] まで)
12月24日から12月25日にかけて放送される『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』と放送時間が重なる番組は、下記ネット番組と併せ番組休止または放送時間が変更される。
同様に毎年7月中・下旬に開催される夏の高校野球青森大会の中継がある日も、下記ネット番組と併せ放送時間の変更及び番組休止が実施される。
春のゴールデンウィーク期間や8月の旧盆期間には、ローカルワイド番組内で通常の道路交通情報のほかに、青森・八戸・弘前各市のタクシー会社の協力を含めた「行楽地交通情報」を放送する。
RAB杯カラオケ選手権大会(不定期の日曜 9:00 – 9:55・16:00 – 17:00・18:05 – 19:00のいずれか)地域別の番組・CMについて[編集]
日中の一部時間帯や番組では3地域において異なるCMが流れている。3地域は3放送局および3中継局を「青森放送局 (JOGR)・野辺地中継局」「弘前放送局 (JOGE)・深浦中継局」「八戸放送局 (JOGO)・十和田中継局」に分かれる。
異なるCMが流れている(スポンサーがついている)番組 – 8時35分頃の交通情報(『今日も!あさぷり』内)、『大自然まるかじりライフ』、プッシュプッシュプッシュとラジオ伝言板(『あおもりTODAY』内)
さらに、土曜 16:00 – 17:00はこの3地域ごとにそれぞれ違う番組(上記)が放送されている。ただし、2006年10月 – 2009年9月(厳密には同年10月3日)まで青森・野辺地エリアでは、ネット番組(『高田純次・河合美智子の東京パラダイス』)を放送していた。ラジオ番組とのコラボ商品[編集]
青森放送のラジオ番組と「工藤パン」がコラボして、菓子パンの期間限定販売を行っている。
2014年は、「青森放送ラジオ」とラジオ番組の『GO!GO!らじ丸』『麻生しおりの土曜はキュン』とコラボして「イギリストースト」をベースとした菓子パン3種類を10月に販売した。
RABラジオプロデュースとしては「イギリストースト・青森県産キャロットジャム」を販売した[80][81]。過去に放送した番組[編集]
自社制作[編集]
平日早朝

岡田照幸のおと日記(月〜金曜 5:00〜5:10、土曜 5:00〜5:50 1996年4月〜1996年9月)
朝の民謡(月〜金曜 5:00〜5:10)平日朝

Morning Stretch Radio(月〜金曜 6:30〜6:37 2016年3月28日〜2017年3月31日)
うたあきッ(月曜〜金曜 6:30〜6:37 2017年4月3日〜)
おはようワイドあおもり(1982年4月〜2006年9月29日)
JFマリンバンク海の天気予報(月〜金曜 6:37〜6:40 企画ネット番組、2014年3月28日まで「今日も元気だ!お達者ラジオ」に内包していた。)
今日ってどんな日?(月〜金曜 7:40〜7:45)
ニュース&ウェザー750(月曜〜金曜 7:50〜8:00 2007年9月28日〜2009年3月31日)平日午前

リビングワイドあおもり
卍の城物語(月〜金曜 11:35〜11:45・1995年-2016年4月1日)平日昼

ミュージックレンジ お昼だチン!(1991年4月〜1997年3月)
お昼はいただきミュージックランチ(1997年4月〜2006年9月29日)
あおもりTODAY(月〜金曜 11:55〜15:00)[15](2003年〜2014年9月26日)
大相撲をより面白く観る方法(月〜金曜 13:15〜13:20、1997年〜2017年9月29日)平日午後

AN-HITORI(月〜金曜 15:00〜16:00 2012年10月1日〜2014年9月26日)
森に耳あり章二に目あり(2007年4月2日〜12月29日)平日夕方

海の気象ニュース(月〜金曜 16:45〜16:50、2006年9月29日まで「あおもりTODAY」に内包していた。)
Chill wiz time(月〜金曜 18:16〜18:25)
RABニュースレーダー(ラジオ版)(月〜金曜 18:00〜18:16、1999年10月4日〜2022年4月1日)平日夜

MUSIC TOY BOX(月〜金曜 18:30〜18:45)プロ野球ナイター中継オフシーズンに放送
らぶりん かおりん(火曜〜金曜 18:25〜18:30 プロ野球ナイター中継オフシーズン限定)
音楽しりとり(20:55〜21:00 プロ野球ナイター中継オフシーズン限定)
ナイトブリッジ・フォー・ユー(1969年10月5日〜2006年3月31日)平日深夜

RAB MIDNIGHT TRAIN(2001年4月〜2004年3月)金曜日

モーニングCube(金曜 7:30〜7:35・-2016年3月25日)土曜日

あおいのMusicトラベルデスク(土曜 5:00〜5:50 1997年4月〜1998年3月)
モーニングプロナード(土曜 6:15〜6:30 1996年4月〜)
ニュース&ウェザー(土曜 8:15〜8:20 2009年4月4日〜2010年3月27日)
チャージアップ(土曜 8:20〜8:45 2009年4月4日〜2010年3月27日)
happiness Shower(土曜 8:30〜8:45)
土曜 トモラジ いいね(9:00〜12:00・2012年10月6日〜2014年9月27日)[16]
みかの御当地グルめぐり!(土曜 12:10〜12:20 2012年10月6日〜、2012年9月29日まで「サタデー夢ラジオ」の13時台に内包)
ハートフルサタデー(1986年4月12日〜1989年7月29日)
ぴっといんサタデー(1979年4月7日〜1989年7月29日)
成田洋明とサタデー夢ラジオ(土曜 9:00〜16:00 〜2012年9月29日)
おはよう!ひろのタイム(第4週土曜、2013年2月〜3月は第3週土曜8:15〜8:25・2012年5月26日〜2013年3月23日)[17]
こちら松森一丁目らじお倶楽部(土曜16:00〜17:00、2009年10月10日〜2017年3月25日)- 青森局・野辺地局のみでの放送 [18]
HOTひろさき(土曜16:50〜17:45、1989年8月5日〜2022年3月26日)[82]
スター☆ラジオ(土曜 17:10〜17:40)
土曜の夜はMipoとアラモード(土曜 20:00〜21:00 1995年10月〜1996年3月)
土曜ワラッター!(土曜 18:05〜23:30・2006年10月7日-2016年3月26日)[19]
うたラジ(2002年4月〜2006年9月30日)
STUDIO C2 SQUARE
次郎長裁判(土曜 23:00〜23:30)
こちらカラオケ屋本舗Bスタジオ日曜日

おはようございます RABラジオです(日曜5:00〜5:30)
ピックアップ・ミュージック(日曜 7:10〜7:20、2016年3月27日までは20:55〜21:00の放送)
くわトロMusic♪(日曜 8:45-8:50 2018年4月8日~2021年9月26日)
うっちゃん・みかちゃんの県南おもしろ事件簿(日曜 10:00 – 11:00、八戸支社制作、1999年10月3日 – 2022年3月27日、出演者の中島美華の大学進学に伴い2022年4月から1年間番組が休止となった。)
ホリデーインサンロード
日曜わいわいサンロード
にちよう1時サンロード
日曜電リクHOTHITパレード
どーんと日曜大行進!(1989年9月3日~1993年3月28日)
1時です 日曜の1→4時です 日曜の1
月刊ラジオ わくわくサンデー
日曜らくだ倶楽部(1996年10月〜1998年3月)
映画音楽シアター(〜2005年4月3日)
ナイスミドル!?天下無敵のサラリーマン(日曜 20:00〜21:00 1998年10月〜1999年3月)
RABサンデースポーツ(日曜 17:30〜18:00 1996年4月〜)
あおいのこの紋どころが耳に入らぬか(日曜 20:00〜21:00 1995年10月〜1996年3月)その他

ハイローザ・サンデー・サロン
ハイローザサウンドカプセル
ハイローザそれゆけトゥインクルカプセル
さわやかさんかくまたきてアスパム
ウィークエンドシネマジョッキー
メルシャンハッピィジョッキー
SAY! MUSIC FELLOW(金曜 24:00〜25:00 1983年8月14日〜1987年3月)
週刊SEE!SEE!SEE!(金曜 24:00〜25:00 1987年4月〜)
頭脳ワンダーランド
吉幾三のけっぱれBanBanジョッキー(土曜 14:30〜15:00 1977年頃〜)
ツジタクのでんでん・もしもし・こちら歌謡局(水曜 20:00〜22:00 1996年10月〜1997年3月)
美穂子と120分タウリンビート20(火曜 20:00〜22:00 1997年10月〜1998年3月)
BrainChild!(RAB初ゲーム専門番組 1996年4月〜2000年3月)
月曜電リクヒット歌謡リタンーズ
プラネット・J(1999年4月〜2002年3月)
金曜ワラッター!→木曜・金曜ワラッター!→金曜ワラッター!Mote2大放送→ワラッターSUPER(1991年4月〜2002年3月)
倶楽部Time Walker(1999年4月〜2004年3月)
演歌の達人→原口太平のえんかの達人(1996年4月〜2004年3月)
平成アニメ合戦アスパム
RAB・TOP HIT
さめちゃんの働いてナンボ
さめちゃんの映画人生
しあわせスイッチ!(2003年10月〜2005年3月)
ウイークリートピックス(1期は1999年から2001年、2期は2005年度)
MUSIC Heart-Land(青森放送局・野辺地中継局のみでの放送 2004年4月〜2006年9月30日)
まどかのランKINGQUEEN
おしゃれにイングリッシュタイム
おめでとサンワドー(元日限定番組 12:00〜16:00 〜2008年1月1日)
シネマテーク9(2002年4月〜2008年6月28日)
天国への手紙(2002年8月〜2008年12月27日)
うっちゃんの今すぐ話せる津軽弁(2007年〜2008年)
あおもりIN東京 – 東京支社制作
鈴木雅之 30のヒミツ(17:00〜17:15 2010年2月7日〜9月26日)
青森発!元気印ラジオ 梅沢富美男のシャキットするべぇ!!(8:25〜8:45)[20] – RAB企画制作(2012年7月8日〜2013年6月29日)
星 一曲!(日曜 20:55〜21:00 プロ野球ナイター中継オフシーズン限定)
夕暮れミュージック(火〜金曜 18:25〜18:30 2012年10月2日〜2013年3月29日)
にっぽんの歌、こころの歌(5:45〜6:00)
今日も元気だ!お達者ラジオ(月〜金曜 6:30〜6:40 [21]〜2014年3月28日)
聴いて!(月〜金曜 17:45〜17:50 〜2014年3月28日)
ほんじゃまたMUSIC(月曜 18:16〜18:20 水〜金曜 18:16〜18:25 〜2014年3月28日)
SCHOOL OF RADIO(木曜 21:00〜21:50)プロ野球ナイター中継オフシーズンに放送 [22](〜2014年3月)
お達者ラジオさたでー(土曜 5:30〜5:45)[23](〜2014年3月29日)
作って、売って、味わって!〜青森未来の農林水産業(土曜 8:25〜8:45・2013年9月7日〜2014年3月29日)[24]
いっトク!韓国!(日曜 8:30〜8:50)[25](〜2014年3月30日)
love aomori project(日曜 17:45〜18:00 2013年10月6日〜2014年3月30日)
うきぐものうたをひとつ(月曜 18:25〜19:00)プロ野球ナイター中継オフシーズン日曜 23:00〜23:30、2013年10月6日〜2014年3月30日)[26](2003年〜2014年9月22日)
頑張れ!!サラリーマン(17:30〜17:45・2014年4月5日〜2014年9月27日)
朝から!?スガワラ(8:00〜8:10 2014年9月28日〜2015年3月29日、2014年4月6日〜2014年9月21日は、8:00〜8:20の放送)
ハニーなラジオ(月・水〜金曜 18:16〜18:25・2014年3月31日-2015年3月27日)
おれイチMUSIC(月〜金曜 18:25〜18:30・2014年9月29日-2015年3月27日)
一家らん♪らん♪(8:15〜8:45・2014年4月6日-2015年9月26日)
アーサーの亜米加利ラジオ(第2・4・5週6:30〜7:00・2014年10月11日-2016年3月12日)
RABラジオ劇場 青函トンネル物語(8:30〜8:45・2016年4月2日〜2016年9月24日、2017年4月1日〜2017年9月30日)
Brunch Time(火曜・木曜 11:20〜11:25、〜2018年3月27日)
Music Journey(8:45〜8:50 2014年4月6日〜2018年4月1日、2014年3月30日までは、20:55〜21:00の放送)
ちょびっトレンド(火曜・木曜 11:20〜11:25 2018年4月3日〜)
Yuka-Rhythm(火曜 21:00〜21:50)プロ野球ナイター中継オフシーズンに放送 [27]
かつて毎年3月には県立高校の合格者氏名を放送していたが、プライバシーの問題から中止となった。[要出典]TBSラジオ制作[編集]
牟田悌三・あなたのための税金相談
いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜
三菱ふそう全国縦断・榎さんのおはようさん〜!
榎さんのおはようサンデー
パックインミュージック(1971年1月1日〜1973年6月29日)
バックグラウンド・ミュージック
ミュージック・ハイウェイ
コサキン増刊号(1989年秋〜1990年春頃)
藤本義一”聞きすて御免”(〜2007年3月30日、月曜〜金曜 17:45〜17:50)
藤本義一”ここがおかしい”(2007年4月2日〜2009年4月3日、月曜〜金曜 17:45〜17:50)
JUNK(1時間枠)(2003年4月ネット開始〜2003年9月、月曜〜金曜 27:00〜28:00)
ザ・トップ5(火〜木曜 20:00〜21:00 プロ野球ナイター中継オフシーズンに放送。)
B-JUNK(月曜〜金曜 27:00〜28:00)
JUNK2(月曜〜金曜 27:00〜28:00)
TOYOTA Presents 片山右京のShall We Drive?〜ドライブしようよ!〜(土曜 10:05〜10:25 「サタデー夢ラジオ」内)
TOYOTA presents 辻よしなりの「週末アソビナビ」(土曜10:05〜10:15、土曜 トモラジ いいね内)
トヨタプレゼンツ 秋元康のドラマティックドライブ〜いつも誰かと〜(土曜 17:30〜17:45)
全国こども電話相談室(日曜 9:00〜9:55)
安住紳一郎の日曜天国(2009年12月20日のスペシャル企画日のみ)
松本ともこ ミュージック・チャーム(日曜 5:00〜5:30)
麻衣的亜州電波〜Mai’s Asian Wave〜(日曜 5:00〜5:30)
小沢昭一の小沢昭一的こころ(1970年代後半頃〜1980年代前半頃 月〜金曜 17:45 – 17:55、?〜2012年12月28日 月〜金曜 11:45〜11:55・2013年年末の特番は非ネット。)
政策情報 官邸発(月曜18:20〜18:30・2011年7月4日〜2013年3月25日。TFM製作の前任番組から引き続き放送。)
あなたへモーニングコール(毎日 4:00〜5:00、〜2013年3月31日)
永六輔の誰かとどこかで(月〜金曜 11:15〜11:25、〜2013年9月27日・2013年10月以降の単発特番は非ネット。)
美輪明宏 薔薇色の日曜日(日曜 7:40〜7:50、〜2013年9月29日)
サウンド・キャッチ(月〜金曜 17:50〜18:00)
よしもと下克上(土曜 27:00〜28:00)
野沢雅子がよむこどもの詩 きのう・きょう・ずーっとあした(土曜 17:50〜18:00)
MUSIC 24/7(火〜木曜 20:00〜21:00 プロ野球ナイター中継オフシーズンに放送)
菊地成孔の粋な夜電波(日曜 20:00〜21:00 プロ野球ナイター中継シーズンに放送)
オーディナリーミュージック(月曜 4:00〜5:00)
Fine!!(火〜土曜 3:00〜5:00)
ニュースクリップ(月〜金曜 17:15〜17:30)
THE FROGMAN SHOW A.I.共存ラジオ好奇心家族(火〜木曜 20:00〜21:00、プロ野球ナイター中継オフシーズンに放送)
JRNナイター(4〜9月、火18:25〜21:00、最大延長22:00、「RABゴールデンナイター」内)
THE ARTIST BOX(土曜 27:00〜28:00)文化放送制作[編集]
照美・小俣のやる気大学
押井守シアター ケルベロス鋼鉄の猟犬(日曜 23:30〜24:00、2007年4月〜9月)
みのもんたのウィークエンドをつかまえろ(土曜 13:00〜15:00、2006年10月〜2009年4月4日、「サタデー夢ラジオ」の枠拡大によりネット終了。)
高田純次・河合美智子の東京パラダイス(土曜 16:00〜17:00 青森本局・野辺地中継局のみ 〜2009年10月3日、自社制作番組開始のため、ネット終了。)
AKB48秋元才加・宮澤佐江のうっかりチャンネル(日曜 21:30〜22:00、2011年4月〜9月[注釈 20])
川中美幸 人・うた・心
純喫茶・谷村新司(月〜金曜 11:05〜11:15、〜2013年3月)
高田純次 毎日がパラダイス(月曜〜金曜16:50〜17:00、〜2014年3月28日)
ミュージックギフト〜音楽・地球号(ナイターイン時 月曜〜金曜 18:30〜19:00、ナイターオフ時 日曜18:30〜19:00、〜2013年3月)
ラジオふるさと便(日曜 19:00〜20:00)
キニナル(日曜 18:05〜19:00、プロ野球ナイター中継シーズンに録音放送[注釈 21]。番組自体は通年放送だが、前番組『ラジオふるさと便』とは異なり日曜19時台に一部を除くNRN各局で生放送されるナイター中継オフシーズンはネットせず)
村上信五くんと経済クン(日曜 18:05〜19:00、2018年度プロ野球ナイター中継シーズンに放送。収録番組のため、本来は生番組だった前番組『キニナル』のように1週遅れで放送する必要はなくなったが[注釈 21]、RABでは1週遅れという方針を2018年5月まで継続していた)
浄土宗の時間(日曜 7:10〜7:20)
くにまるジャパン 極シアター(~2020年3月27日・16:50~17:00)
渡辺徹 家族の時間(月〜金曜 11:15〜11:20)
Sexy ZoneのQrzone(土曜 12:20〜12:30)
私立恵比寿中学 放送部(土曜 19:00〜19:30)
A&G TRIBAL RADIO エジソン(日曜 20:30〜21:00、プロ野球ナイター中継シーズンに放送)
乃木坂46の「の」(文化放送)[83]ニッポン放送制作[編集]
加トちゃん劇場
オールナイトニッポンR(オールナイト第2部、主に土曜深夜)
小林克也のリクエストトップ3
土井淳の元気UP!朝一番!
トヨタプレシャスボックス
マル金チャレンジランド
トヨペットナイスミドル応援団(土曜11:05〜11:15、「サタデー夢ラジオ」内で放送。)
裕司と雅子のガバッといただき!!60分
サウンドトラベル(月曜〜金曜21:50〜22:00、〜2013年3月)
〜今日も一日〜 Good Job ニッポン(月〜金19:00〜20:00、プロ野球ナイター中継オフシーズンに放送。)
なるほど!ニッポン情報局(日曜 8:00〜8:20、2013年4月〜2014年3月)
JX童話の花束(土曜 17:00〜17:10)
平日22時枠
allnightnippon SUPER!
オールナイトニッポンいいネ!(月〜木)
HOT’n HOT お気に入りに追加!
ニッポン全国ラジベガス
ヤンピース
銀河に吠えろ!宇宙GメンTAKUYA
金曜22時枠
長渕剛のオールナイトニッポンフライデースペシャル・今夜もバリサン
オールナイトニッポンフライデースペシャル
SHOGOのオールナイトニッポンフライデー
なるほど!!ニッポン情報局(日曜 8:10〜8:30、〜2016年4月3日)
清水富美加 みなぎるPM(土曜 19:30〜20:00、2016年4月2日〜2017年2月11日)
オールナイトニッポンPremium(月〜金曜 19:00〜20:00、プロ野球ナイター中継オフシーズンに放送。)
オールナイトニッポン MUSIC10 中村雅俊 出逢いに感謝 (月〜木曜 23:50〜24:00)
サンドウィッチマンの東北魂(土曜17:20〜17:30)
オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん(土曜 23:30〜25:00)
ネットワーク探偵団(日曜 7:30〜7:40)
相田翔子のスウィート・ソレイユ(日曜 8:00〜8:10)その他[編集]
岩本公水 星の語りべ(日曜19:30 – 20:00 秋田放送制作)※1日先行ネット。
元気出せ!日本(土曜 8:15〜8:45 2010年4月〜2012年4月 RFラジオ日本制作)
MiNoの幸せ時間(土曜 12:20〜12:30、〜2014年10月4日、CBCラジオ制作)
全国高校野球選手権大会実況中継(青森県代表校の試合、朝日放送ラジオ制作、2011年・2012年の大会は県代表校が決勝戦に進出したにもかかわらず通常の番組編成となった。)
福岡国際マラソン実況中継(12月第1日曜12:00〜14:30、KBCラジオ制作、NRN基幹局のみのネットに変更のため2011年から中継なし。)
痛快!バッチリラジオ(日曜8:30 – 8:45 KBCラジオ制作)
高杢禎彦のいきいき健康トーク(土曜 11:05〜11:30 熊本放送制作 『サタデー夢ラジオ』内)
新光証券 日本全国企業レポート(日曜 7:40〜7:50 火曜会制作)
童話の散歩道(日曜 7:30〜7:40 火曜会制作)
ラジオキャンパス(日曜23:30 – 24:00、エフエム仙台制作)
震災情報 官邸発 (月〜金曜 21:45〜21:50他 TOKYO FM制作・TFM系列のエフエム青森と被災地のcFM局であるBe FM(八戸市)でも放送。2011年6月30日で終了[注釈 22]。)
おはよう健康情報局(日曜 7:40〜7:55 オフィスキイワード制作)
川嶋あい On The Street(日曜18:30 – 19:00 かしわプロダクション制作)
かきくけこじせいご(かしわプロダクション)
公益ビタミンくらぶ(金曜18:16〜18:25 東北公益文科大学)
梅田悦生の幸せ変更線(日曜 14:30〜14:45 バイオ・ナサ提供 『良平のラジオにおいでよ!!』内)
悠々百科(土曜 8:45〜9:00 バイオ・ナサ提供)
杉原テツのハブあナイスで〜!(月曜〜金曜16:50〜17:00、2014年3月31日〜12月26日、マール制作)
ドクターごとうの熱血訪問クリニック(日曜5:15 – 5:30 マール制作)
この道(日曜 5:45〜6:00 東北6県6局ラジオ番組 みちのくレコード制作 [28])
鴻巣巧一の「たずねてみちのく」(日曜 5:45〜6:00 東北6県6局と富山県北日本放送で放送のラジオ番組 みちのくレコード制作 [29])(2014年2月2日〜4月27日)
THE MOTOR WEEKLY(日曜 23:30〜24:00 モータープランニング制作 [30])
大槻彰の健康がいっぱい(土曜 6:00〜6:15)
ライフインスポーツ(タイムテーブルでは『ライブスポーツ』で表記していた)
心のともしび(月〜金曜 5:25〜5:30、日曜 6:20〜6:25、AFBでの放送に変更。)
ラジオ朗読版「歎異抄をひらく」(土曜 6:00〜6:15)
阿含名作シリーズ3仏さまの卵(日曜 5:30〜5:45)
大人の時間(土曜 第2・4・5週6:30〜7:00、〜2014年9月27日)
ファインビジュアル ラジオショッピング(日曜 8:10〜8:20)
モトちゃんの先手必勝(17:15〜17:30、〜2017年12月31日)
テアトル佐和子(月 – 金曜11:35 – 11:45、2016年4月4日 – )
心のいこい(月〜金曜 5:20〜5:25、日曜 6:15〜6:20)
東北あさのことば(土曜 5:45〜5:50 [31]日本キリスト改革派教会)
ラジオ朗読版「なぜ生きる」(日曜 5:30〜5:45)
仏法と孝道(日曜 6:25〜6:40)
ちょびっトレンド
松井宏夫の毎日笑顔!元気塾(※健康食品通信販売会社 毎日笑顔のインフォマーシャル)テレビ[編集]
テレビネットワークの移り変わり[編集]
1959年(昭和34年)10月1日 – テレビ放送開始。日本テレビ・ラジオ東京テレビ(後の東京放送、現在のTBSテレビ)・フジテレビ・日本教育テレビ(NET、現在のテレビ朝日)とネットを組む。当時唯一のニュース系列であるJNNに加入しようとしたが、北海道道南や岩手県北部や秋田県北部までの広いエリアであった事でアナログ第1チャンネルの特性を生かした放送エリアをもて余してしまい営業面で影響が出てRABに大手のスポンサーなどがつかなくなる事や当時、日本テレビがカラー放送の技術を持っていた事などから加入先を変更、9月25日15:00からの大相撲中継から番組編成の基本を日本テレビと定めた[注釈 23]
1966年(昭和41年)4月1日 – ニュースネットワークNNNに加盟。ニュースは日本テレビフルネット、それ以外はフリーネットとなった。
1967年(昭和42年)6月 – 民間放送教育協会に加盟。
1969年(昭和44年)12月1日 – ATVの開局によりNET・東京放送(現:TBSテレビ)の大半の番組、フジテレビの一部番組が移行。
1975年(昭和50年)3月31日 – ATVのANN脱退→JNN協定調印=正式加盟によりネット番組を交換。TBSテレビの番組が姿を消しNETの番組が増える。同時に引き継ぐ形でANNに加盟。ニュースはNNN・ANNクロスネット局となる。
1977年(昭和52年)4月1日 – ATVがゴールデンタイムのフジテレビ同時ネットを取りやめたため、フジテレビの番組が増加。
1991年(平成3年)10月1日 – ABAの開局により、テレビ朝日の番組が全て移動。同時にANNを脱退して日本テレビフルネット局となるが、番組販売でフジテレビ・テレビ東京とのネットを継続している(青森放送では『FNN奥さまニュース』や『3時のあなた』→『タイム3』を同時ネットで放送していたが、FNN・FNSには非加盟だった)。ただしフルネット化によりフジテレビの番組が大幅に減少し、日本テレビの番組が増えた。ANNクロスネットに関して[編集]
青森県においては、RAB開局時から、1969年12月1日の青森テレビ開局まではオープンネットだったが、ATV開局後からしばらくはNET=ANN系はATVが加盟していた。ただし、ANNの正式発足は1970年1月のことであり、それまでのNET系列はニュースネットがなく、事実上朝日テレビニュース社に制作を委託していたこともあり、特例[注釈 24]で、番組販売購入によりJNNに参加していたため、『お昼のANNニュース』を除きニュースはJNNからのみだった。
その後、ATVが1975年(昭和50年)4月に正式にJNN系列の正式加盟局となり、NETとのクロスネット維持も編成上の都合から難しくなったとして脱退後、同時期から1991年(平成3年)9月まで、RABがNNN (NNS)・ANNとのクロスネット局であったが、1977年(昭和52年)度の東奥年鑑(東奥日報社発行)には、“ニュースの多角化を狙ってANNに準加盟”と記載されている。なお、昭和天皇が1989年(昭和64年)1月7日に危篤になったときは、当局への連絡はテレビ朝日が先だった[84]。

詳細は「ABA・”ANN系列局の遍歴の項”」を参照
なお、ニュースネットに関してはNNNのニュースは全時間帯で放送していたが、ANNのニュースはお昼(全日)[注釈 25] と日曜の朝[注釈 26] しか放送していなかった。この点が、同じNNNとANNとのクロスネットだったテレビ信州とは異なった。

クロスネット時代の編成[編集]
1991年9月までNNNとANNとのクロスネットでありながらフジテレビの番組も同時ネット、スポンサードネットを含めて多数放送されていた関係で1週間の番組比率では本来の系列であるテレビ朝日の番組よりもフジテレビの番組が上回る事が多かった。クロスネット時代の番組比率は基本的に日本テレビ6:テレビ朝日2:フジテレビ2である。ただし、クロスネット時代だった当時、1987年3月31日(火曜日・国鉄最後の日)、1988年12月31日土曜日、1989年4月15日(土曜日)と翌16日(日曜日・両日とも『ワールドカップマラソン』中継による)・24時間テレビ放送日(1日目・土曜日)のいずれのプライムタイムは、クロスネット編成ではなく、フルネット局と同じ編成を行った。
1988年当時の番組表によると平日の帯番組は早朝が『ズームイン!朝』。朝のワイドショーはテレビ朝日の『モーニングショー』(ルックルックこんにちはは未放送)。昼は『おもいっきりテレビ』を13時20分で飛び降りしフジテレビの『ライオンのいただきます』を30分遅れで放送。14時からはテレビ朝日の昼ワイドショーを2時間遅れで放送し、15時からはフジテレビの『3時のあなた→TIME3』を同時ネット。16時台と17時台は大半の曜日がフジテレビやテレビ朝日のバラエティー番組やアニメとなっていた。ゴールデン・プライム帯は大半が日本テレビの番組であるが、22時台を中心にテレビ朝日の遅れネット枠も少なからず存在している。深夜は『11PM』のネットが1977年9月をもって打ち切られたため、『きょうの出来事』終了後、23時35分より各系列の遅れネット番組という流れであった。
土曜日は午前中を中心に『健保連のすこやかさん』『キンカン素人民謡名人戦』『健康クイズ』といったフジテレビの同時ネット枠が多数存在し、午後は火曜22時がテレビ朝日ネット枠となった関係で遅れ放送となっていた『火曜サスペンス劇場』を放送。残りは特番などを含めてフジテレビ中心の編成となっていた。土曜の22時からはテレビ朝日の『土曜ワイド劇場』を1時間遅れで放送したため、土曜22時台と23時台の日本テレビの番組(『今夜は最高!』など)は遅れネットとなった。逆に日曜日は午前から夕方にかけて各系列バランスのよい配分となっていた。
系列上は日本テレビとテレビ朝日のクロスネットであるが、事実上日本テレビ、テレビ朝日、フジテレビのトリプルネットに近い番組編成であった。
なおATVでのテレビ朝日系番組は、1975年4月以降原則として朝日放送テレビ・名古屋テレビ製作番組を主体としたネットであり、フジテレビ系に比べると極端に放送される番組が少なかった。その上RABが放送しなかった日本テレビ系番組もごく一部がATVで放送されたため、青森県における全体の放送番組数ではフジテレビ系がテレビ朝日系を上回っていた。テレビ東京系の番組に関してはRABの番組枠は少なく、大半がATVの放送となっていた。
ATVでは平日の17時から『笑っていいとも』が放送されていた上、ATVでも土曜日はフジテレビ中心の編成を組んでいたため平日17時台や土曜の午後などに青森放送、ATVとも揃ってフジテレビの番組が放送される事が多かった。なお、1970年代後半から1980年代前半の期間にかけて、青森放送から青森テレビ(またはその逆もあり)に移行したフジテレビ系の番組があった。

ABA開局直前 (1991年9月) 時点のゴールデン・プライムタイムの編成[編集]
★印…時差・遅れネット

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日
19:00

テレ朝魔法使いサリー

日テレ追跡

日テレ大追跡

ytvシティーハンター ’91
19:30

ytvYAWARA!a fashionable judo girl!

日テレ美味しんぼ

日テレどちら様も!!笑ってヨロシク

日テレ木曜スペシャル

日テレ面白スタジアム

日テレ地球トライアル
20:00

日テレ世界まる見え!テレビ特捜部

日テレ長七郎江戸日記

日テレクイズ世界はSHOW by ショーバイ!!

日テレ刑事貴族2

日テレマジカル頭脳パワー!!

日テレ天才・たけしの元気が出るテレビ!!
21:00

日テレスーパーテレビ情報最前線

テレ朝★代表取締役刑事

日テレ水曜グランドロマン

ytv木曜ゴールデンドラマ

日テレ金曜ロードショー

日テレ土曜グランド劇場(助教授一色麗子法医学教室の女)

日テレ知ってるつもり?!
22:00

テレ朝★はぐれ刑事純情派

テレ朝★暴れん坊将軍

テレ朝★土曜ワイド劇場

テレ朝★外科病棟女医の事件ファイル
23:00

日テレNNNきょうの出来事

日テレTVムック・謎学の旅

日テレ★夜も一生けんめい。
23:30

日テレNNNきょうの出来事

日テレNNNきょうの出来事
テレビチャンネル[編集]
デジタルテレビ放送[編集]
日本テレビ系列のリモコンキーID地図
青森本局[編集]
2006年(平成18年)7月1日5時45分より地上デジタル放送及びワンセグが開始された(ATVやABAと同日)。呼出名称は「あおもりほうそうデジタルテレビジョン」。地上デジタル放送の送信所は、アナログ放送親局を設置していた鷹森山でなくATVとABAの基幹送信所と同じ位置の馬ノ神山に設置された。

呼出符号JOGR-DTV・物理チャンネルUHF28ch(リモコンキーID:1)周波数563.142857 MHz・空中線電力1kW(実行輻射電力7.1 kW)(馬ノ神山)[85]。当放送局の地上デジタル放送のリモコンキーIDは『1』を使用していて、東北地方の日本テレビ系列局では唯一、『4』を使用しない放送局であり、かつてのアナログ親局のチャンネル番号を引き継いだ放送局である。
日本テレビ系列局では、北日本放送、日本海テレビ、四国放送とともにアナログ親局の1chを踏襲した『1』をしている。
また東北地方の民放テレビ局では、TBSテレビ系列局の東北放送もアナログ親局の1chを踏襲した『1』をしている。
このため、当初『1』を希望していたNHK青森放送局の総合テレビもアナログ親局3chを踏襲した『3』となった。
更に日本テレビ系列局のリモコンキーID『4』を使用しない放送局はほかに、『3』のテレビ宮崎(トリプルネット局)、『5』の札幌テレビ(アナログ親局5chを踏襲)と福岡放送(福岡県では先に開局したTBSテレビ系列局のRKB毎日放送がアナログ親局のチャンネルと同じ『4』を使用しているため、テレビ朝日系列局の九州朝日放送が『1』を選択(アナログ親局1chを踏襲)したことで空いていた番号を選択)、『7』の福井放送(クロスネット局)、『10』の読売テレビ(アナログ親局10chを踏襲)がある。
日本テレビの東京アナログ親局チャンネルだった4chをベースに日本テレビ系列の標準番号となっているID『4』は青森県[注釈 27]ではどこも使用していない(他系列で『4』はTBSテレビ系列局の毎日放送とRKB毎日放送に使用されているのみ。両局ともアナログ親局4chを踏襲)。

中継局[編集]
(特記の無い中継局は開局済み)[1]
八戸:22ch 100W
上北:26ch 10W
深浦:26ch 3W
大鰐:20ch 3W
大戸瀬:26ch 300 mW※デジタル新局
風合瀬:28ch 1W
岩崎:43ch 1W
むつ:43ch 10W
西十和田:22ch 300 mW
大畑:34ch 300 mW
東十和田:40ch 1W
大間:43ch 1W
三戸南部:22ch 1W
浅虫:44ch 50 mW
小泊:22ch 300 mW
今別:28ch 1W
佐井:51ch 300 mW
十和田湖:22ch 1W
木野部:34ch 100 mW
平内山口:15ch 50 mW
平内外童子:15ch 50 mW
平内内童子:15ch 50 mW
大鰐虹貝:52ch 50 mW
深浦追良瀬:43ch 10 mW
鰺ヶ沢中村:22ch 1W
鰺ヶ沢赤石:23ch 1W
八戸南郷:43ch 100 mW
袰部:48ch 50 mW
深浦長慶平:28ch 50 mW
竜飛帯島:34ch 50 mW
片貝:42ch 10 mW
道仏:40ch 1W※実質、階上町赤保内からの移転。
西津軽舞戸:28ch 10 mW
津軽上小国:22ch 50 mW
鰺ヶ沢一ツ森:27ch 50 mW
白糠:28ch 3W
田子:47ch 3W
津軽小国:22ch 50 mW
七戸:40ch 50 mW
中里今泉:22ch 50 mW
深浦舮作:43ch 50 mW
竜飛宇鉄:34ch 10 mW
細越:47ch 50 mW
脇野沢:42ch 50 mW
久栗坂:44ch 50 mW(一旦アナログ中継局が廃局となったが、事実上の再開。)
五戸町の五戸局には本局のアナログ局が置かれていないが、町内の全世帯が五戸町ケーブルテレビに加入することになり、当初デジタル局を置局する予定でいたが、2011年4月からのケーブル送信に変更され、デジタル局は置局されないこととなった。なお、五所川原市と大間町及び東通村には、「ギャップフィラー」方式のデジタル中継局が開局した。アナログテレビ放送[編集]
2011年(平成23年)7月24日停波時点

青森(鷹森山:JOGR-TV)1ch 映像:周波数91.26MHz・空中線電力5kW(最大実効輻射電力40kW)音声:周波数95.76MHz・空中線電力1.25kW(最大実効輻射電力9.9kW)
大間(七郎平) 1ch(垂直偏波)
白糠(物見崎) 1ch(垂直偏波)
岩崎(沢部) 1ch
深浦(八森山) 6ch 映像:周波数183.26MHz 空中線電力10W 音声:周波数187.76MHz 空中線電力2.5W
むつ(釜臥山) 10ch(垂直偏波)映像:周波数205.26MHz 空中線電力100W(最大実行輻射電力550W) 音声:周波数209.76MHz 空中線電力25W(最大実行輻射電力140W)
泊 10ch
七戸(倉越) 10ch
小泊(三角山) 11ch 映像:周波数211.25MHz 空中線電力100mW 音声:周波数215.75MHz 空中線電力25mW(ミニサテライト局)
大鰐(手代森) 11ch 映像:周波数211.24MHz 空中線電力10W 音声:215.74MHz 空中線電力2.5W
八戸(福地苫米地天魔平) 11ch 映像:周波数211.26MHz 空中線電力500W(最大実効輻射電力6.1kW)音声:周波数215.76MHz 空中線電力125W(最大実効輻射電力1.5kW)[注釈 28]
竜飛宇鉄 40ch
竜飛帯島(帯島) 41ch
八戸沢里(中居林)41ch
佐井 42ch
階上(灯明堂山) 42ch
津軽上小国 43ch
津軽小国 44ch(垂直偏波)
五所川原(中洲川山)44ch 映像:周波数657.24MHz空中線電力2kW(最大実効輻射電力51kW)音声:周波数661.74MHz 空中線電力500W(最大実効輻射電力13kW)
三戸南部 (玉掛)44ch
片貝 45ch
平内内童子 45ch
平内外童子 45ch
平内山口 45ch
十和田湖(休屋) 45ch
東十和田 46ch
大畑(湧舘) 48ch
風合瀬(鳥居崎) 50ch
鰺ヶ沢一ツ森 51ch
鰺ヶ沢中村(天狗岩) 52ch
易国間 53ch(垂直偏波)
木野部 53ch(垂直偏波)
上北(烏帽子岳) 53ch 映像:周波数711.26MHz 空中線電力100W(最大実行輻射電力5.1kW)音声:周波数715.76MHz空中線電力25W(最大実行輻射電力1.3kW)
大間平 54ch
下風呂 54ch
今別(尖岳)54ch
久栗坂 54ch
浅虫 54ch
西十和田 54ch
深浦長慶平 54ch
深浦艫作 54ch
名川剣吉 54ch
西田子 54ch
西津軽舞戸(舞戸)56ch
三戸南郷(島守)56ch
鰺ヶ沢赤石(野脇山) 57ch
田子(田子新井田) 57ch
中里今泉(今泉山) 58ch
南部小波田 58ch
古野牛川 59ch
袰部 59ch
深浦追良瀬 59ch
大鰐虹貝 60ch
東通入口 60ch(2005年12月1日、45chより変更)
その他[編集]
アナログ放送のサービス放送開始した当初、岩手県二戸郡福岡町(現:二戸市)で、福岡町民が約150万円を出資して、共同受信施設を建設し、RABの番組を視聴していた[注釈 29]。更に、受信報告書を青森市のRAB本社に送っていたという[87]。
また、秋田県大館市からはテストパターンを写真撮影したものがRAB本社に送られたという。青森県内で受信したのと変わらない受信品質だったとの事[88]。
秋田県鹿角郡尾去沢町(現:鹿角市)の尾去沢公民館にてテレビを利用し婦人の教養向上のためテレビ学級が開設された[89]。
昭和34年頃に秋田県北部の一部地域(花輪町、尾去沢町、八幡平村(現:鹿角市)、鹿角郡小坂町、大館市)ではNHK秋田放送局やラジオ東北テレビ(現:秋田放送)自体テレビ放送が開始しておらずかつテレビ中継局すら整備されてなかったためNHK青森放送局やラジオ青森テレビ(現:RAB青森放送)を視聴している家庭があった。
それ以前は青森市内および秋田県大館市内、鹿角郡内の一部地域でNHK函館放送局やHBC北海道放送を巨大なアンテナを高く建てて電波を受信していた。
受信状態は、スノーノイズであり地元(鹿角郡内)では「雨降り映像」や「雪降り映像」と呼ばれていた。
青森送信所(アナログ)及び五所川原・八戸(天魔平)・八戸沢里・西田子・階上・南部小波田・名川剣吉・泊・古野牛川・東通入口・大間平の各中継局については、デジタルテレビ中継局の置局予定が無く、2011年(平成23年)7月24日24時前の停波を以って廃局となった。なお、久栗坂中継局については、2011年7月24日のアナログ放送終了で、一旦中継局が廃局となったが、2012年12月1日にデジタル中継局が開局したため、事実上の再開となった。

地上デジタル放送とワンセグ[編集]
2007年(平成19年)8月1日に開局した上北(烏帽子)・八戸両デジタル中継局開局告知スポットでは、「@なまてれ」のスタジオが使われ、NHK青森やATV・ABAでも流れている。「HV ハイビジョン制作」のテロップは県内民放で唯一、ほとんどの番組で表示していた。
自社制作以外の時差ネット番組によるハイビジョン放送は、意外にもキー局である日本テレビ制作の番組が、他系列在京キー局や在阪局・在名局などの番組よりも開始が遅れていた。2007年10月に『所さんの目がテン!』(2009年4月から2021年3月までは同時ネット)と『メレンゲの気持ち』がハイビジョン化されたことで、時差ネット番組のほぼ全てがハイビジョン対応となった。日テレ系の番宣CMについては、本放送開始当時からハイビジョンに対応していた。
ウォーターマークは、2009年(平成21年)4月3日から表示を開始したが、これは在青局やNNN系列局の中で最も遅いものであった(「らぶりん」とその下に小さく「RAB」のロゴが入っているが、2016年6月11日から「らぶりん」のポーズが変更されている。CM・提供クレジットと天気予報などの一部番組では非表示。以前は速報テロップ表示の時にも消去される場合があった)。また、2009年1月12日より「アナログ」表記がアナログ放送の番組内で表記されるようになった。なお、先述の通り、2013年2月26日から、ワンセグもウォーターマークの表示を開始した。
全国放送用の中継回線は、2009年5月にハイビジョン回線に更新し、日本テレビ系列やBS日テレ(主に日テレNEWS24のサイマル放送)などでの放送も4:3のサイドカット無しで視聴できるようになった。

現在放送中の番組[編集]
在青民放テレビ局では唯一、ドラマなど[注釈 30] の再放送を行っていない。

自社制作番組[編集]
東奥日報ニュース(随時・放送時間は東奥日報ニュース#テレビを参照):
あさ一番てるてる天気(1989年4月3日[90] – 、月曜 – 金曜 5:15 – 5:20)
1550ニュースレーダーWith(月曜 – 金曜 15:50 – 16:50)
RABニュースレーダー(月曜 – 金曜 18:15 – 19:00)
RING LINK HEART(月曜 21:54 – 21:57)
天気予報(月曜 – 木曜 21:57 – 22:00)
WATCH DAYS(火曜 21:54 – 21:57)
スーパーロックライン(水曜 1:51 – 2:21(火曜深夜) [32])
サンデー流暮らしの知恵袋(木曜 21:54 – 21:57)
Jewelry Days(日曜 21:54 – 21:57)
こだわりの仕事人(毎月第3土曜 9:25 – 9:30)
あなたとRAB(毎月最終土曜 10:00 – 10:15)
大好き、青森県。(毎月第3日曜 17:00 – 17:15、2014年4月 – 字幕放送実施 [33])
RABドキュ(ラブドキュ)(土・日曜の午後または深夜に不定期放送)
ニチヨル!(毎月1回月曜 1:20 – 1:35(日曜深夜)、2014年10月 – [34])
青森県民駅伝競走大会(9月第1日曜 11:40 – 14:00、11:50までは直前番組)
全国高等学校サッカー選手権大会・青森県大会決勝
津軽弁の日(年末放送・2021年は開催自体中止)
県南グルメ・宴会マル得情報(年2回放送) – 八戸支社制作
青森県民謡グランプリ(本選は毎年3月に放送)
青森県高校入試速報(3月上旬の県立高校入試終了後の15:50 – 16:50に放送・深夜に再放送を実施)
生中継!青森ねぶた祭 ほとばしれ!北国の魂(青森ねぶた祭開催期間中の金曜19:00 – 19:56、BS日テレでも19:00 – 20:54に放送)
本番まで待てない!青森ねぶた(毎年7月最終土曜か8月第1土曜、2006年頃からはTVI・ABSにもネットされている。2020年を除く)ブロックネット番組[編集]
北東北3局ネット(RAB・TVI・ABS)

ナツ得テレビ(2008年から、毎年7月下旬)東北民放テレビ六社会(RAB、IBC、TBC、ABS、YBC、FTVで構成)

全東北民謡選手権大会日本テレビ系列番組[編集]
Oha!4 NEWS LIVE(月曜 – 金曜 5:20 – 5:50、日テレNEWS24(CS)制作)
オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。(火曜 0:54 – 1:24(月曜深夜)、中京テレビ制作)
浜ちゃんが!(木曜 0:54 – 1:24(水曜深夜)、読売テレビ制作)
シンドラ(木曜 1:24 – 1:54(水曜深夜))
遠くへ行きたい(金曜 10:25 – 10:55、読売テレビ制作)
所さんの目がテン!(土曜 9:30 – 10:00)
ゴリ夢中(土曜 10:00 – 10:15、中京テレビ制作)
それいけ!アンパンマン(日曜 6:30 – 7:00)
アナザースカイ(日曜 12:10 – 12:40)系列外の番組[編集]
フジテレビ系列[編集]
人志松本の酒のツマミになる話(水曜 0:54 – 1:51(火曜深夜)、特番は週末の午後に放送)[注釈 31]
KinKi Kidsのブンブブーン (日曜 1:25 – 2:10(土曜深夜))
所JAPAN(日曜 12:40 – 13:35、関西テレビ制作)
みんなのKEIBA (日曜 15:00 – 16:00、同時ネット[注釈 32])[注釈 33]
皇室ご一家(日曜 17:15 – 17:30)[注釈 34]
おかべろ(不定期放送、関西テレビ制作)
全日本バレーボール高等学校選手権大会「春の高校バレー」(春季)[注釈 35][注釈 37]テレビ東京系列[編集]
家、ついて行ってイイですか?(金曜 0:57 – 1:54(木曜深夜))
YOUは何しに日本へ?(土曜 12:00 – 12:55)
THE フィッシング(日曜 5:45 – 6:15、テレビ大阪制作)
しまじろうのわお!(日曜 7:00 – 7:30、テレビせとうち制作)
男子ごはん(日曜 11:40 – 12:10)
所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!(日曜 13:35 – 14:30)
ありえへん∞世界(不定期放送)
世界!ニッポン行きたい人応援団(不定期放送)
緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦(不定期放送)民間放送教育協会共同制作[編集]
民教協スペシャル(毎年2月11日に放送)※字幕放送
日本のチカラ(月曜 10:25 – 10:55)UHFアニメ[編集]
転生したらスライムだった件(土曜 1:56 – 2:26)過去に放送した番組[編集]
自社制作番組[編集]
テレビ社会科
金曜ワイドあおもり
RABてるてる天気
らっきータイム
スーパーギャング深夜同盟
知ればしるほど!!あおもり県
南部下北百景
おはよう・ほっ!とスタジオ
きょうのインタビュー
ふるさと探訪
RABレーダースペシャル
北緯41度・青森はいま(出演・江森陽弘)
思いたったら直行便
輝く未来を築くために 〜地域医療の取り組み〜
出会いふれあい生テレビ→生テレビ→@なまてれ
駅前物語
会いたい〜138万青森県民からの手紙〜
人生、食べるが元気!※HD・LB
きんこれ
びゅうで旅どき(火曜21:54〜22:00)(2011年11月15日 – 2012年12月27日 [35] 再放送:日曜 23:26〜23:30)
あおもりヂカラ(月曜21:54〜22:00)
炭の家の話(土曜21:54〜22:00)
うっちゃんのいぎあたりばったり(木曜25:33〜25:43)
Eメッセージ(金曜22:54〜23:00)
江奈滋家の食卓(毎月第2日曜16:30〜17:00)スポンサーである東京電力の原発事故により当面の間休止。
活彩あおもり(日曜17:00〜17:15、毎月第2日曜日は休止 [36])
ZIP!FRIDAY
ふらいんぐうぃっちABAの開局まで異時・遅れネットだったNNSの番組[編集]
1991年9月まで。『火曜サスペンス劇場』(現在の『ザ!世界仰天ニュース』枠と『一撃解明バラエティ ひと目でわかる!!』枠。『土曜サスペンス劇場』として、4日遅れの土曜12時02分から放送。ABA開局までは『テレビ朝日の日曜20時の刑事ドラマ枠』〔21:00〜〕と『テレ朝土曜20時の時代劇枠』〔22:00〜〕の遅れネットをした。)
『キユーピー3分クッキング』(10時50分(月-金)・11時00分(土)から先行放送。日テレでの本来の放送時間には『ANNニュースライナー』[注釈 38] を放送していた。ただし、1977年4月1日までは同時ネット。)
『日テレ・ytv月曜22時台の番組』(現在の『しゃべくり007』枠。ABA開局時は『スター爆笑Q&A』を放送。)
『日テレ土曜23時台前半の番組』(当局では1日遅れの日曜23時[注釈 39] から放送。現在の『マツコ会議』枠。ABAの開局時は『夜も一生けんめい。』で、ABA開局まではテレ朝の『土曜ワイド劇場』を放送。)
『日テレ日曜22時台前半の番組』(現在の『おしゃれクリップ』枠。ABAの開局時は『オシャレ30・30』。なお『オシャレ30・30』は、ABAの開局まで土曜17時30分から放送していた。ABA開局までは『テレビ朝日の木曜21時ドラマ枠』の遅れネット(22:00〜22:54)をした。)ABA開局まで未ネットだったNNSの番組[編集]
『追跡』(月曜のみ。現在の『有吉ゼミ』枠。ABAの開局までは、テレ朝系のアニメ(最末期は『魔法使いサリー』)を同時ネット・スポンサードネットで放送していた。)
『ウェークアップ!』(現在の『ウェークアップ』枠。ABAの開局までは、テレ朝系・朝日放送制作の土曜朝ワイドショー枠(最末期は『桂三枝のにゅーすコロンブス』を放送していた。)
『日テレ土曜18時台後半の番組』(現在の『満天☆青空レストラン』枠。クロスネット時代の末期に新設。ABAの開局までは、フジ系の『世界名作劇場』を1週遅れで、その後は自社制作の「RABレーダースペシャル」を放送していた。)
『日テレ土曜22時台の番組』(現在の『土曜ドラマ』枠。ABAの開局時は『それいけ!!ココロジー』を、開局まではテレ朝系の『土曜ワイド劇場』を放送していた(ただし、1986年10月から1988年3月まで放送した伊奈かっぺい出演の『かっぺい&アッコのおかしな二人』のみ、週遅れの放送だった。)。)
『日テレ日曜22時台後半から23時台前半の番組』(現在の『日曜ドラマ』枠。ABAの開局までは、テレ朝系の木曜ドラマ(東奥日報テレビ欄には「日曜ドラマ劇場」と記載)や日テレから1日遅れで『夜も一生けんめい。』を、開局時は『新スパイ大作戦』[注釈 40] を放送していた。)
『11PM』の途中から『EXテレビ』途中までの深夜番組(現在の『news zero』枠と『バリューナイト』枠。)
『ルックルックこんにちは』(現在の『スッキリ』枠。「ルックルック」の放送開始からABAの開局までは、テレ朝系の『モーニングショー』を放送していた[注釈 41]。)
『2時のワイドショー』・『キャッチ』(現在の『情報ライブ ミヤネ屋』枠。ABAの開局までは、『テレ朝正午の番組』(最末期は「森田健作の熱血テレビ」) とフジ系の『タイム3』を放送していた。)
『午後は○○おもいッきりテレビ』(現在の『ヒルナンデス!』枠。13時20分以降の第2部。ABAの開局までは、ミニ番組とフジ系の『ごきげんよう』を放送していた。)他系列の番組[編集]
テレビ東京 (東京12チャンネル) 系[編集]
日米対抗ローラーゲーム
ザ・スターボウリング
徳光のTVコロンブス(1991年10月〜1992年3月。『日高晤郎のスーパーサンデー』(札幌テレビ)ネット開始のため途中打ち切り。テレビ東京における後継枠番組『出没!アド街ック天国』はATVで放送。)
浅草橋ヤング洋品店→ASAYAN
タモリの音楽は世界だ!(第2期)
プラチナチケット
WINNERS
ハマラジャ
魔法のプリンセス ミンキーモモ(1作目)
宇宙戦士バルディオス
まいっちんぐマチコ先生
爆走兄弟レッツ&ゴー!!シリーズ
楽しいウイロータウン
赤ずきんチャチャ
メタルファイト ベイブレード
元気爆発ガンバルガー→熱血最強ゴウザウラー
爆転シュート ベイブレードシリーズ
小さな巨人 ミクロマン
ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー→ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー→ビーストウォーズネオ 超生命体トランスフォーマー→ビーストウォーズメタルス 超生命体トランスフォーマー→トランスフォーマー カーロボット
電脳冒険記ウェブダイバー→爆闘宣言ダイガンダー→超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説→トランスフォーマー スーパーリンク
超星神シリーズ
超星神グランセイザー→幻星神ジャスティライザー→超星艦隊セイザーX
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX
元祖!でぶや
ファイテンション☆デパート
すっから母さん
奥さまは外国人
お茶の間の真実〜もしかして私だけ!?〜
釣り・ロマンを求めて
パソコントラベル探偵団
エキサイトボウリング
サブちゃんと歌仲間
おそ松さん
高校教師(1974年版)(金曜16時〜[注釈 42])
フューチャーカード バディファイト100(テレビ愛知制作)
花の魔法使いマリーベル(テレビせとうち制作)ほか

フジテレビ系[編集]
制作局で現在でも放送中の作品は、「※」印を併記した。

土曜ドラマ劇場[編集]
土曜日の12:00〜12:55に放送。基本的には、フジテレビ火曜21時台のドラマを、概ね1クール〜1ヵ月遅れで放送しているが、一部、シリーズ物の作品についてはATVとの番組交換が行われている。なお、前クールの作品が最終回を迎え、次の作品が開始されるまで期間が空いたときは、単発番組及び日テレ系やフジ系の(再放送含む)バラエティー番組で穴埋めする。

放送された作品※量が多いため、伸縮型のメニューとして掲載する。右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。

フジテレビ火曜9時枠の連続ドラマ

みにくいアヒルの子(1996年5月11日〜7月27日)
ナースのお仕事(1996年8月10日〜11月23日)
ナースのお仕事2(1997年12月13日〜1998年3月7日)
ナースのお仕事3(2000年4月22日〜10月7日)
ナースのお仕事4(2002年8月10日〜11月9日)
こんな私に誰がした(1996年11月30日〜1997年2月15日)
踊る大捜査線(1997年3月29日〜5月31日、第2話〜第10話は水曜10:25〜11:20の放送)。
踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル(FNS:1997年12月30日放送)は、1998年1月10日に放送された。
金曜エンタテイメント『踊る大捜査線 番外編 湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャル』(FNS:1998年6月19日放送)は、同年7月19日に放送された。
踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル(FNS:1998年10月6日放送)は、同年10月24日に放送された。
踊る大ソウル線(FNS:2001年9月21日放送)は、同年10月20日に放送された。
プレミアムステージ 『逃亡者 木島丈一郎』(FNS:2005年12月10日放送)は未放映。
土曜プレミアム 『弁護士 灰島秀樹』(FNS:2006年10月28日放送)は未放映。
総理と呼ばないで(1997年6月7日〜8月30日)
月の輝く夜だから(1997年9月6日〜12月6日)
きらきらひかる(1998年4月3日〜6月13日)
古畑任三郎 第3シーズン(1999年4月24日〜7月3日 再放送2011年10月13日〜)
小市民ケーン(1999年7月24日〜10月9日)
OUT〜妻たちの犯罪〜(1999年10月30日〜2000年1月15日)
編集王(2000年10月13日〜12月29日)
女子アナ。(2001年1月20日〜4月7日)
救命病棟24時 第2シリーズ(2001年7月21日〜10月13日)
救命病棟24時スペシャル2002(FNS:2002年1月1日放送)は、同年1月19日に放送された。
救命病棟24時 第3シリーズ(2005年4月23日〜7月2日)
救命病棟24時スペシャル2005(FNS:2005年1月4日放送)は、同年4月16日に放送された。
救命病棟24時 第4シリーズ(2009年10月31日〜12月12日)
救命病棟24時 第5シリーズ(2013年7月27日 – 9月28日)
さよなら、小津先生(2001年11月26日〜2002年2月9日)
初体験(2002年3月2日〜5月11日)
整形美人。(2002年5月25日〜8月3日)
ダブルスコア(2002年11月16日〜2003年1月25日)
顔(2003年5月3日〜7月12日)
WATER BOYS(2003年7月19日〜10月4日)
WATER BOYS2(2004年8月7日〜10月30日)
あなたの隣に誰かいる(2003年11月8日〜2004年1月17日)
FIRE BOYS 〜め組の大吾〜(2004年2月7日〜4月7日)
ワンダフルライフ(2004年5月1日〜7月17日)
1リットルの涙(2006年1月14日〜3月25日)
1リットルの涙 特別編〜追憶〜(FNS:2007年4月5日放送)は、同年9月29日に放送された。
Ns’あおい(2006年4月29日〜7月8日)
Ns’あおい スペシャル 桜川病院最悪の日(FNS:2006年9月26日放送)は未放映。
アテンションプリーズ(2006年7月22日〜9月30日)
土曜プレミアム 『アテンションプリーズSP〜洋子、ハワイに飛ぶ〜』(FNS:2007年1月13日放送)は、同年4月14日に放送された。また、『アテンションプリーズスペシャル〜オーストラリア・シドニー編』(FNS:2008年4月3日)は、同年10月4日に放送された。
ダンドリ。〜Dance☆Drill〜(2006年11月4日〜2007年1月20日)
役者魂!(2007年1月27日〜4月7日)
今週、妻が浮気します(2007年4月28日〜7月7日)
花嫁とパパ(2007年7月14日〜9月29日)
花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(2007年10月6日〜12月22日)
堀北真希バージョンのみ放送。前田敦子バージョンはRABでの放送は無し。なお、ライバル局であるABAにおいて堀北真希バージョンの事実上の再放送を2012年11月1日から16日にかけて行った。
暴れん坊ママ(2008年1月12日〜3月15日)
ハチミツとクローバー(2008年4月5日〜6月21日。なお、6月21日は第10話を12:00〜12:55、最終話を13:00〜13:55で放送。これは、その前週に発生した、岩手・宮城内陸地震に伴うNNN報道特別番組放送のための措置である。)
絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜(2008年7月19日〜9月28日)
シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜(2008年11月1日〜2009年1月24日)
土曜プレミアム 『シバトラ〜童顔刑事!史上最大の危機スペシャル〜』(FNS:2009年5月9日放送)は未放映。
『シバトラスペシャル2 〜さらば、童顔刑事スペシャル〜』(FNS:2010年5月22日放送)は未放映。
セレブと貧乏太郎(2009年1月31日〜4月11日)
メイちゃんの執事(2009年5月2日〜7月4日、この作品からハイビジョン放送開始)
アタシんちの男子(2009年7月11日〜9月19日)
オトメン(乙男)〜秋〜(2010年3月13日〜4月3日)
泣かないと決めた日(2010年5月1日〜6月19日)
絶対零度〜未解決事件特命捜査〜(2010年7月10日〜9月18日)
絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜(2011年11月5日〜2012年1月29日)
FNSで7月8日に放送された2時間半SPは、レギュラー放送前の2011年10月29日12時から放送。
ジョーカー 許されざる捜査官(2010年9月25日〜12月11日)
フリーター、家を買う。(2011年1月15日〜3月19日。なお、東日本大震災発生により、3月12日の放送を休止。3月19日は第9話を12:00 – 12:55、最終話を13:00 – 14:14で放送。また、FNS:2011年10月4日放送のスペシャルは11月6日14:15 – 16:09に放送。)
CONTROL〜犯罪心理捜査〜(2011年5月7日〜7月16日、最終回は20分拡大。)
名前をなくした女神(2011年7月30日〜10月8日)
謎解きはディナーのあとで(2012年2月4日〜4月7日、初回15分拡大)
FNSで2012年3月27日放送のスペシャルは、2012年4月14日12時から放送。
FNSで2013年8月2日放送の映画公開スペシャルは、2013年9月15日14時05分から放送。
ストロベリーナイト(2012年4月28日 – 7月7日)
リーガル・ハイ(2012年7月28日 – 10月6日)
土曜プレミアム特別企画 スペシャルドラマ『リーガル・ハイ』(FNS:2013年4月13日放送)は、同年10月20日14時05分から放送。
息もできない夏(2012年11月3日 – 2013年2月2日 尚、第1話を12:00 – 13:10に放送し、続いて第2話を13:10 – 14:05に放送、代わりに11月10日は休止となった。)
遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜(2013年2月9日 – 4月13日)
ラストホープ(2013年4月27日〜7月13日 なお、7月6日は、日本テレビ開局60年特別番組『THE MUSIC DAY 音楽のちから2013』放送の為、休止。)
福家警部補の挨拶(2014年2月1日 – 2014年4月12日)
ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜(2014年5月3日 – 7月19日 なお、7月12日は『THE MUSIC DAY 音楽のちから2014』放送の為、休止)
あすなろ三三七拍子(2014年8月30日 – 11月8日 なお、10月18日、10月25日は特別編成により放送休止。また、11月1日の第8話を13:00 – 13:55に放送。)
すべてがFになる(2014年11月15日 – 2015年1月31日)備考2013年4月クールの『鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-』と2015年1月クールの『ゴーストライター』は2021年8月時点で未放映。
FNS系列では『ゴーストライター』の最終回を以って火9ドラマ枠が廃止され、関西テレビ制作のバラエティー番組となった。RABでは同番組を開始当初は放送していなかったが、2015年10月より放送を開始した。なお、土曜正午の当該枠廃止され、『おじゃMAP!!』のレギュラー放送を開始したが、同番組は再び時間移動で午後1:30からとなり、2015年10月からの同時間帯は『YOUは何しに日本へ?』となった。

その他の放送枠

水曜劇場
警部補 古畑任三郎(1995年10月21日〜12月9日)
古畑任三郎 第2シーズン(1996年4月6日〜5月4日)
王様のレストラン(1996年2月3日〜3月23日)
恋はあせらず(1998年6月27日〜10月3日)
タブロイド(1998年10月31日〜1999年1月9日)
天使のお仕事(1999年1月16日〜4月17日)
モナリザの微笑(2000年1月22日〜4月8日)
ロケット・ボーイ(2001年5月19日〜6月30日)
熱烈的中華飯店(2003年2月1日〜4月12日)
木曜劇場 (枠自体は※ この枠の作品はATVで放送されているが、前述の通り番組交換により放送)
恋におちたら〜僕の成功の秘密〜(2005年7月9日〜9月24日) 火9ドラマ『離婚弁護士II〜ハンサムウーマン〜』と交換。
電車男(2005年10月1日〜12月10日) 火9ドラマ『海猿』と交換。
土曜プレミアム 『電車男DELUXE〜最後の聖戦〜』(FNS:2006年9月23日放送)は、同年10月28日に放送された。
土曜ドラマ (この枠の作品はATVで放送されていたが、前述の通り番組交換により放送)
オトメン(乙男)〜夏〜(2010年1月16日〜2月27日) 火9ドラマ『ライアーゲーム シーズン2』と交換。
フジテレビ水10ドラマ (枠自体は※ この枠の作品はATVで放送されているが、前述の通り番組交換により放送)
リーガルハイ(2013年11月2日 – 2014年1月25日) 火9ドラマ『ミス・パイロット』と交換。
土曜プレミアム『リーガルハイ・スペシャル』(FNS:2014年11月22日放送)は、同年12月14日14時05分から放送。
その他
古畑任三郎ファイナル(2006年4月8日〜4月22日)
金曜プレステージ特別企画 絶対零度〜未解決事件特命捜査〜Special(2011年10月29日)
その他[編集]
金曜16時台ドラマ枠(金曜16:00〜16:55、後に15:55〜16:50に変更。当初は日テレ系ドラマの再放送枠でスタートしたが、のちにフジテレビ水曜21時台のドラマ(水曜劇場)の放送に移行した。このドラマ枠は水曜劇場の終了により消滅した。)
水曜劇場
お金がない!(本放送の日時不明、1998年5月15日〜9月18日に再放送)
恋愛結婚の法則(1999年9月3日〜12月3日)
TEAM(2000年5月5日〜7月21日)
愛をください(2000年10月13日〜12月29日)
涙をふいて(2001年1月26日〜4月21日、最終回のみ土曜12:00〜)
私を旅館に連れてって(2001年4月28日〜7月13日、初回のみ土曜12:00〜)
Fighting Girl(2001年8月4日〜11月2日、初回のみ土曜13:00〜)
水曜日の情事(2001年11月24日〜2002年2月15日、初回のみ土曜13:15〜)
ロング・ラブレター〜漂流教室〜(2002年3月30日〜6月8日、初回土曜13:00〜、最終回土曜12:55〜)
ウエディングプランナー SWEETデリバリー(2002年6月29日〜9月27日、初回のみ土曜13:00〜)
天才柳沢教授の生活(2002年11月23日〜2003年1月31日、初回のみ土曜15:00〜)
フジテレビ火9ドラマ(枠自体は※)
神様、もう少しだけ(1998年10月10日〜1999年1月30日、初回土曜12:00〜、最終回土曜13:00〜)
救命病棟24時 第1シリーズ(1999年5月14日〜8月7日、最終回のみ土曜13:00〜 [注釈 43])
お見合い結婚(2000年1月21日〜4月29日、最終回のみ土曜13:00〜)
めだか(2004年11月 – 2005年1月、詳しい日時は失念。なお、初回は土曜15:00 – 16:15)
木曜深夜ドラマ枠(木曜24:57〜25:54)
金曜ドラマ
家族の裏事情(2014年1月9日 – 2月27日)
2014年1月クール作品である『天誅〜闇の仕置人〜』を放送せず(2021年8月現在)、『教訓のススメ』のレギュラー放送を開始した。
どてらい男(関西テレビ制作)
白い巨塔(田宮二郎 主演)
水曜19時台前半アニメ枠(1972年10月から1975年3月までは、フジテレビと同時ネット)
赤胴鈴之助(1972年9月までは土曜18:00〜の放送)→荒野の少年イサム→小さなバイキングビッケ→アラビアンナイト シンドバットの冒険→ドカベン
1975年4月より(『小さなバイキングビッケ』の放送途中)水曜19時台前半枠を日テレ系列に変更したため、水曜17:55〜に移動した。なお、『ドカベン』の途中(回は不詳)までフジテレビより1時間5分の先行放送をしていた。後番組の『メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行』より、一時未放映となる。
がんばれ元気→Dr.スランプ アラレちゃん→ドラゴンボール→ドラゴンボールZ→ドラゴンボールGT→ドクタースランプ(月曜17:00〜、後に金曜16:30〜を経て月曜〜金曜17:00〜)
後番組のリメイク版『ドクタースランプ』より、この枠は未放映となる。事実上、『爆笑おすピー問題』(不定期放送)まで空白であった。
『ドラゴンボール改』(デジタルリマスター版)『ドラゴンボール超』は現時点で青森県未放映。
水曜19時台後半アニメ枠
うる星やつら(木曜日17:30〜18:00)→めぞん一刻→F-エフ(1980年代のFNS系全国ネット時代、火曜17:30〜)
ロボット刑事
木曜19時台前半アニメ枠
ドロロンえん魔くん→ゲッターロボ→ゲッターロボG(後番組の『大空魔竜ガイキング』よりこの枠はATVでの放送となる)
忍風カムイ外伝(1970年上半期頃の木曜18:00〜18:30[注釈 44]
日曜18時台前半アニメ枠(枠自体は※)
ハクション大魔王(ytv制作の『…2020』も当局で放送)→いなかっぺ大将(本放送・平日17:25-17:55[93]、再放送・平日6時台[注釈 45])→科学忍者隊ガッチャマン→てんとう虫の歌→ポールのミラクル大作戦→一発貫太くん→科学忍者隊ガッチャマンII→科学忍者隊ガッチャマンF→とんでも戦士ムテキング→ダッシュ勝平→未来警察ウラシマン
あんみつ姫→のらくろクン→ひみつのアッコちゃん(第2作)→ちびまる子ちゃん(第1期)→ツヨシしっかりしなさい→ちびまる子ちゃん※(第2期、2001年12月で打切られ、以後未ネット。2006年のスペシャルドラマは放送されたが、レギュラードラマ『まるまるちびまる子ちゃん』は放送なし)
日曜19時台前半アニメ枠
アタックNo.1(2005年のテレビドラマはABAで放送)
マジンガーZ→グレートマジンガー(土曜17:25〜の放送だったが、1975年6月に打切り。同年10月に水曜17:25〜で放送再開)。
UFOロボ グレンダイザー→惑星ロボ ダンガードA(第41話で打切り。第42話以降はATVで放送)。
日曜19時台後半アニメ枠(世界名作劇場)
1987年度放送の『愛の若草物語』まで放送。1988年度放送の『小公子セディ』は、2年遅れでATVで放送。1989年度放送の『ピーターパンの冒険』以降は青森県では未放映となる。
宇宙猿人ゴリ→宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン→スペクトルマン→快傑ライオン丸→風雲ライオン丸→鉄人タイガーセブン→電人ザボーガー
ラ・セーヌの星
野球狂の詩
土曜18時台後半アニメ枠
ゲゲゲの鬼太郎(第3作)→おそ松くん(第2作・事実上の前作である第1作も放送、同じく事実上のリメイク番組となる『おそ松さん』(テレビ東京)も、当局で放送。)→平成天才バカボン→おれは直角(1991年9月で打切り、木曜17:30〜)
幽☆遊☆白書→NINKU -忍空-
ハイスクール!奇面組(木曜17:00〜)→ついでにとんちんかん(水曜17時30分)
らんま1/2
らんま1/2熱闘編(2回放送もいずれも途中で打切り)
なお、2011年12月に放送された日テレ版スペシャルドラマも当局で放送。
3時のあなた→タイム3(1991年9月30日まで、フジテレビ系と同時ネット)
FNN奥さまニュース→サンケイテレニュースFNN(平日14時台か15時台に放送。この番組が、在青民放局でされる唯一のFNNニュースだった。ただし、RABではFNNに未加盟のため一貫して『奥さまニュース』のタイトルで放送された)
プロ野球ニュース(1970〜1980年代前半の一時期のみ、翌日の早朝に放送)
ライオン奥様劇場→ライオンのいただきます→ライオンのいただきますII→ライオンのごきげんよう(1991年9月30日まで、フジテレビ系から30分遅れの13:30より放送)※
ズバリ!当てましょう
映像クイズ・ア!知ッテレビジョン→映像クイズ・知ッテレQ(ただし、1982年秋頃に打ち切り。FNSで放映枠上の後継番組である『パンチDEデート』は、ATVで放送していた)
スター千一夜
オールスター家族対抗歌合戦
キンカン素人民謡名人戦→キンカン民謡セレクション→晴れたらイイねッ!Let’sコミミ隊(『素人民謡名人戦』はフジテレビ系と同時ネット)
夜のヒットスタジオDELUXE→SUPER(水曜23:35〜、フジテレビ系より2時間35分遅れの時差放送)
交通バラエティ 日本の歩きかた
料理の鉄人
とんねるずのみなさんのおかげです(第1期)→ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!(やるやらはATVが放送)→とんねるずのみなさんのおかげです(第2期)→ラスタとんねるず’94→とんねるずのみなさんのおかげです(第3期)→とんねるずの本汁でしょう!![注釈 46]→とんねるずのみなさんのおかげでした [注釈 47][注釈 48]
平成教育委員会
邦ちゃんのやまだかつてないテレビ(木曜深夜枠)
クイズ!年の差なんて
BANG! BANG! BANG!
変なおじさんTV
トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜
2006年10月15日(FNSで9月27日放送)をもってレギュラー放送終了。2007年1月以降の単発特番は、1か月半〜3か月程度の遅れで放送。月深時代と「FNSの日」内のスペシャルは放送無し。
Dのゲキジョー→独占!金曜日の告白→検定ジャポン→人生もっと満喫アワー トキめけ!ウィークワンダー(いずれもみのもんた司会、金曜9:55〜10:55) ※HD
メイコとあなたの税ミナール (フジテレビ系と同時ネット)
健保連のすこやかさん (フジテレビ系と同時ネット)
スーパー競馬
みんなのケイバ
みんなのKEIBA同様、不定期放送。一時期中央競馬ダイジェストも放送していた。
新春かくし芸大会※
第39回(2002年)まで放送。第40回以降は未放映。
日本大相撲トーナメント※
第8回(1984年)までは「初日」と「最終日」を同時ネットした。第9回は「最終日」のみを深夜に時差ネットしたを最後に、翌年以降は未放映となった。
ゴールデン洋画劇場(『土曜映画劇場』と改題し、内容を一部編集。高島忠夫の解説は放送されなかった)
銭形平次 (大川橋蔵)
三匹の侍
忍者部隊月光
所さんのただものではない!(土曜16:30〜)
ホンネの殿堂!!紳助にはわかるまいっ(不定期放送)
G★ウォーズ
爆笑!大日本アカン警察[注釈 49]
してみるテレビ!教訓のススメ(スペシャルは週末の午後に放送するか、短縮版を放送[注釈 50])
日清ちびっこのどじまん
アグネス・チャンのHI!赤チャンネル (フジテレビ系と同様土曜8:00から同時ネット)
健康クイズ
くいしん坊!万才 – 途中からATVに移行。
ヤサイ、サイタ。
スパイ大作戦
ヨルタモリ
おじゃMAP!!
めちゃ2イケてるッ!
SMAP×SMAP [注釈 51]
music>holic 岩手めんこいテレビ制作
東日本女子駅伝(福島テレビ制作<放送時期不明・一部スポンサードネットだった> 当時の冠スポンサーLIONからの要請で放映されたが、途中からTBSテレビ系列のATVへと変更された。
激闘!オレごはん→感動!オレごはん(2006年5月2日〜2007年4月10日、東海テレビ制作)
ふるさと紀行(東海テレビ制作、放送番組センター配給)
ぐっさん家(東海テレビ制作)※
名古屋国際女子マラソン(東海テレビ制作、1990年代(詳細時期失念)に後日ハイライトとして放送)
ねるとん紅鯨団→とんねるずのハンマープライス(関西テレビ制作、日曜昼→日曜22:30〜→月曜深夜)
裸の大将放浪記→発掘!あるある大事典(関西テレビ制作、開始初期のみ不定期放送・『裸の大将』は塚地武雅主演バージョンも放送しているが、全ての回ではない)
走れ!ガリバーくん→GO!GO!ガリバーくん(不定期放送、関西テレビ制作)
三菱ギャラントーナメント→三菱自動車トーナメント(関西テレビ制作<放送時期不明・一部スポンサードネットだった> 当時の冠スポンサー三菱自動車からの要請で放映されたが、『東日本女子駅伝』と同様ATVへと変更され2000年大会まで放送。
発見!ウワサの食卓(関西テレビ制作)
ほか多数テレビ朝日 (NET) 系[編集]
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “青森放送” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2014年11月)1991年9月30日まで。なお、ABAで再放送が行われた番組には「※」 印を、ABA開局時に移行した番組には「○」印を併記した。

○モーニングショー
徹子の部屋(1987年3月31日をもって打ち切り。ABA開局までの4年半、青森県では未ネット。なお、1979年3月まで16:00から、翌月からは9:30、後に10:00(打ち切りまで)に移動。この編成により、NNSフルネットとなる1991年10月まで「ルックルックこんにちは」の時差放送[注釈 52] を行わなかった。)
ANNニュースセブン(1977年4月1日をもって平日・土曜のネット打ち切り、同年4月3日以後は日曜のみのネット)→○ANNニュースフレッシュ(日曜のみ。現在はABAで『ANNニュース』として放送)
○ANNニュースライナー(1977年4月2日からネット開始。現在はABAで『ANNニュース』として放送。実質『ANNニュースセブン』に代わって全日ネット。但し、日曜日は、1986年1月からネット[94]。)
CNNウィークリー(日曜深夜に放送)
アフタヌーンショー(1975年3月(桂小金治時代)まではATVで同時ネット)→なうNOWスタジオ→新アフタヌーンショー→布施明のグッDAY→欽ちゃんのどこまで笑うの?!→お昼のマイテレビ→ホットライン110番→森田健作の熱血テレビ(この番組が、クロスネット時代最後のテレビ朝日正午の番組となった。)なお、1991年9月30日は、本来のネット番組『女38才気になるテレビ』を放送せず、単発番組で穴埋めした。また、当時サービス放送を行っていたABAも、この日は『女38才気になるテレビ』を放送しなかった。
あまから問答(日曜9:00〜)
特別機動捜査隊(1局時代はモノクロ版とカラー版初期を放送。1969年12月から1975年3月まではATVで同時ネット放送されたが、1975年4月よりRABに戻った[注釈 53])→特捜最前線(金曜23:40→22:00から2日遅れで放映。なお、1983年からは月曜22:00→日曜22:00を経て、最終的には火曜21:00[注釈 54] から・『…2013〜7頭の警察犬』(2013年に放送「テレビ朝日開局55年記念版」)は、ABAで放送。) ※
西部警察シリーズ ※(『…2004』はABAで放送)
素浪人 花山大吉(土曜17:00、1969年10月まで、翌月からはATV[注釈 55] に移行。)
○暴れん坊将軍シリーズ ※
○名奉行 遠山の金さんシリーズ(第3シリーズまで放送し第4シリーズ以降の本編と第3シリーズまでの再放送はABAで放送)※
○三匹が斬る!シリーズ ※
土曜映画劇場[95]
○土曜ワイド劇場(ANNフルネット局より1時間遅れで放送されていた)※[注釈 56]
○日曜洋画劇場(内容を一部編集して『金曜ナイトスクリーン』枠にて不定期放送していた)
火曜21時時代劇(ATVから移行。月曜22:00に6日遅れで放送)
破れ傘刀舟悪人狩り(途中から)→破れ奉行→江戸の鷹 御用部屋犯科帖→破れ新九郎→半七捕物帳→江戸の牙→鬼平犯科帳 (萬屋錦之介)→柳生あばれ旅→文吾捕物帳→柳生十兵衛あばれ旅
水曜21時時代劇(ATVから移行)
鬼平犯科帳 (丹波哲郎)→徳川三国志→人魚亭異聞 無法街の素浪人
欽ちゃんのどこまでやるの!?[注釈 57]→遊びにおいで→ナイトライダー
○水曜9時枠刑事ドラマ
大都会25時
ベイシティ刑事
○はぐれ刑事純情派シリーズ ※
○さすらい刑事旅情編シリーズ ※
木曜22時ドラマ枠(ATVから移行)
非情のライセンス(第2シリーズ途中より・日曜22:30から)
海峡物語
遥かな坂
新幹線公安官
ナショナルゴールデン劇場(ATVから移行。木曜22:00〜)
○スーパー戦隊シリーズ
○メタルヒーローシリーズ
あばれはっちゃくシリーズ(土曜日17:30から放送していた)
がんばれ!!ロボコン→ロボット110番→がんばれ!レッドビッキーズ→燃えろアタック
一休さん(木曜17:30・なお、一時期、同時刻に青森テレビで『一球さん』を放送していた。)→The・かぼちゃワイン
宇宙船サジタリウス ※
○ドラえもん (1979年のテレビアニメ)(木曜17:30→日曜日9:30→日曜10:30・またRABでは第1作(日本テレビ系列での放送作品)も放送していた。〜1991年9月24日)
宇宙の騎士テッカマン
アンデス少年ペペロの冒険→ザ・カゲスター→5年3組魔法組
勇者ライディーン
超電磁ロボ コン・バトラーV→超電磁マシーン ボルテスV→闘将ダイモス
宇宙海賊キャプテンハーロック→サイボーグ009(第2作)
キャンディ♡キャンディ(RABでは日曜日9:00→8:15から放送していた)→花の子ルンルン→魔法少女ララベル→ハロー!サンディベル
怪物くん(第2作) – 2010年のドラマ版もRABで放送
忍者ハットリくん(実写版はATVで放送)
パーマン(第2作・TBSテレビ制作の第1作アニメも当局で放送(同時ネット)[96]。)→オバケのQ太郎 ※
あさりちゃん
つるピカハゲ丸くん
○象印クイズ ヒントでピント(日曜10:00〜→日曜10:30〜→日曜12:00〜。)
ザ・テレビ演芸[注釈 58]
クイズタイムショック(『…21』はABAで放送)[注釈 59]
○100万円クイズハンター(1982年4月5日~1983年7月1日[97])
○世界の車窓から
○大相撲ダイジェスト
○ワールドプロレスリング(火曜23:35〜⇒日曜15:00)
ビートたけしのスポーツ大将(2015年3月以降の単発特番は、ABAで放送。)
みごろ!たべごろ!笑いごろ!
○タモリ倶楽部
ベストヒットUSA
魔法使いサリー(第1作)[注釈 60]→ひみつのアッコちゃん(第1作・日曜9時)→魔法のマコちゃん
七色仮面
誘われて二人旅
無敵超人ザンボット3→機動戦士ガンダム(初回放送は第26話「復活のシャア」で途中打ち切り。名古屋テレビ制作)
○熱闘甲子園(朝日放送テレビ制作、RABでは遅れ時差放送)
特命刑事ザ・コップ(朝日放送テレビ制作)
○新婚さんいらっしゃい!(朝日放送テレビ制作 1977年4月にATVから移行。日曜12:45〜→12:30〜。)
○必殺シリーズ(朝日放送テレビ制作、『新婚さんいらっしゃい!』同様にATVから移行し1991年10月よりABAに移行した)※
新・必殺仕置人→新・必殺からくり人・東海道五十三次殺し旅→江戸プロフェッショナル・必殺商売人→必殺からくり人・富嶽百景殺し旅→翔べ! 必殺うらごろし→必殺仕事人→必殺仕舞人→新・必殺仕事人→新・必殺仕舞人→必殺仕事人III→必殺渡し人→必殺仕事人IV→必殺仕切人→必殺仕事人V→必殺橋掛人→必殺仕事人V・激闘編→必殺まっしぐら!→必殺仕事人V・旋風編→必殺仕事人V・風雲竜虎編→必殺剣劇人
ザ・ハングマンシリーズ(朝日放送テレビ制作)
はいからさんが通る(朝日放送テレビ制作)
とんがり帽子のメモル(朝日放送テレビ制作)
○全国高校野球選手権大会中継(朝日放送テレビ制作、決勝戦のみ放送。なお三沢が決勝進出した1969年は、準決勝、決勝戦本戦と引き分け再試合も中継した。RABでは県大会の決勝も放送していた。)
○探偵!ナイトスクープ(朝日放送テレビ制作)
おはようワイド・土曜の朝に・土曜だエブリバディ!・桂三枝のにゅーすコロンブス(朝日放送テレビ制作)
霊感ヤマカン第六感(ATVから移行、RABでは土曜日13:30から放送していた)
仮面ライダー→仮面ライダーV3→仮面ライダーX→仮面ライダーアマゾン
次作の『仮面ライダーストロンガー』からは、制作局の毎日放送のネットチェンジ(腸捻転解消)によりATVにて放送。RABでは、テレビ朝日に於ける後番組である『秘密戦隊ゴレンジャー』を遅れネットした。なお、テレ朝制作の平成・令和シリーズはABAで放送。
真珠の小箱(毎日放送制作、腸捻転時代・解消後ATVへ移行)
ウィークエンドモーニングショー・八木治郎ショー・がっちり買いまショウ・皇室アルバム(3つ共、毎日放送のネットチェンジまで放送。『皇室アルバム』のみ現在もATVで放送中。)ほか多数

TBSテレビ系[編集]
ナショナル劇場(ATV開局後も1975年3月まで放送) – 『大岡越前』(第4部)まで。
キッチンパパ(ATV開局後も1975年3月まで放送)
世界の結婚式(ATV開局後も1975年3月まで放送)
魔法少女まどか☆マギカ(土曜 未明(金曜深夜)、毎日放送制作[注釈 61])
ATV開局まで
火曜19時台前半アニメ枠
宇宙少年ソラン→冒険ガボテン島→キャプテンスカーレット→サスケ
タケダアワー
ウルトラQ→ウルトラマン→キャプテンウルトラ→ウルトラセブン
ヤング720
東京警備指令 ザ・ガードマン
ジャンケンケンちゃん(木曜19:30〜[98])
ロッテ 歌のアルバム
七人の刑事
不二家の時間
ポーラテレビ小説[注釈 62]
日曜劇場(日曜日16:00〜[98])UHFアニメ[編集]
青森県は深夜アニメの放映が極めて稀である一方で、UHFアニメに関しては青森朝日放送でネットされる作品があるなど、大都市圏に属さない地方としては放映される作品が比較的多い。隣接する秋田県でも同様である。RABだけでも札幌テレビ・福岡放送などの同一主要系列局、更にはテレビ東京系列局・テレビせとうちよりも放映実績が多い。ただし、RABに関してはかつてのケイエスエスおよび関連会社制作作品がほとんどである。

下級生2 〜瞳の中の少女たち〜
らいむいろ戦奇譚
らいむいろ流奇譚X CROSS 〜恋、教ヘテクダサイ。〜
フタコイ オルタナティブ
こみっくパーティー
HAPPY★LESSON
HAPPY★LESSON ADVANCE
ロザリオとバンパイア
ロザリオとバンパイア CAPU2
Sonny Boy全て深夜(現在を加えれば10本、7シリーズを放映)。

その他[編集]
親の目・子の目(民教協番組)
生きる×2(民教協番組)
発見!人間力(民教協番組)
学びEye!(民教協番組)
日本!食紀行(民教協番組、月曜10:25〜10:55)※ 字幕放送
旅する気分(火曜21:54〜22:00・再放送日曜23:26〜23:30、岩手めんこいテレビ制作、2013年1月〜2014年3月 [37])
乗っちゃ王国〜みんなで行こう!乗りものの国〜(火曜21:54〜21:57・再放送日曜23:26〜23:30、岩手めんこいテレビ制作、2014年4月〜2015年3月)
新サンデー・トーク(仙台放送制作)
今、きらめいて(仙台放送制作、1995年3月までRABがネット局、同年4月ATVにネット局変更。)
CD NEWS(チバテレ制作)
THE 鈴木タイムラー(tvk制作)
にっぽんの自然(NHK制作ではあるが、配給は放送番組センター。)
中央競馬ワイド中継(フジテレビ系で『FNSの日』などの特番放送時に『みんなのKEIBA』が休止される場合の代替として放送。ただし、こちらも『みんなのKEIBA』同様、青森テレビと放映日を調整している。)
東京号泣教室 〜ROAD TO 2020〜(土曜 1:27〜1:57、キューブ・エピックレコードジャパン制作。)ニュース速報について[編集]
通常は全国ニュースでも『RABニュース速報』で放送しているが、フィラーで放送している『日テレNEWS24』内ではそのまま『NNNニュース速報』としている(日テレNEWS24側でテロップを出しているため)。
地震速報はかつて、RABではNNN共通のものとRAB独自の2種類の速報テロップを使用していた(地震の発生時刻は前者が午前・午後で、後者は24時間制で表示する。また、後者の表示では『RAB地震速報』ではなく『RAB地震情報』としていた)。土砂災害警戒情報も通常の速報音が流れる。また、緊急地震速報は、県内で強い揺れが予想される時のみ、番組本編・CM中関係なく表示される(地図表示は無し)。なお、速報音はNHKなどで流れるものではなく、通常の速報音が使われる。
日本テレビ・BS日テレ・日テレNEWS24と異なり、「RABニュース速報 終」といった終わりの表示がされている。
ちなみに速報・警報音は、日本テレビで1代前のものが使用されている。なお、BS・110度CS受信機器があり、かつ日テレNEWS24と契約すれば、青森放送・BS日テレ(ピンポーンの2音チャイム・現在は(地上波)日テレや日テレNEWS24と同じ)・日テレNEWS24(ドミソ音の3音チャイム。ほとんどの地上波系列局でも使用している)で3種類の速報音を聞くことができた。CMが入る1秒前には、表示中でも強制的に消去される。
速報表示の際、速報音が鳴らなかったり、普通はテロップを2回出すところをNHKのように1回しか出さなかったり[注釈 63](しばらく時間が経ってから2回目を出す場合あり)と表示方法が曖昧になっている。
NNN系列の気象庁新ADESS速報システム対応化に伴い、「速報」系統について2011年5月19日より新テロップ類が送出された[注釈 64]。気象庁新ADESS速報システム対応化により、東北地方や青森県に関連する適時情報を従来よりも早く送出できるようになった[注釈 65]。地震速報では「震度○」の下に震度毎に色の異なる下線(通称ザブトン)が引かれる(震度7=紫色、震度6強・6弱=赤色、震度5強・5弱=橙色、震度4=黄色、震度3=黄緑色、震度2=青色、震度1=灰色)表示法は従来の1文字ずつの表示から、一度に表示するものになった。表示開始時は、従来どおり「RAB○○速報」で、「RAB」の部分は局のロゴマーク、終了時も「RAB○○速報 終」の表示をする。速報音は更新せず、従来通りの上記「日本テレビで1代前」のものである。なお地震速報では、軽微な震度の場合のみ速報音は省略されている[注釈 66]2011年7月24日まではSD解像度で運用だったが、アナログ放送停波翌日の7月25日よりHD解像度で送出[注釈 67]。
なお、ワンセグでの表示は、在青テレビ局で唯一、一切行われていなかったが、2013年2月26日からは、時刻・天気ループと共に、速報テロップの表示も開始した。

放送開始・終了ID (テレビ)[編集]
放送開始[編集]
ウィキペディアはオンライン百科事典であって、テレビの視聴レポートサイトではありません。改善やノートページでの議論にご協力ください。(2017年9月)アナログ放送[編集]
映像は青森県内の四季の風景を冬から順に紹介している。観光VTRのような仕上がりになっている。放送時間が2分20秒と少し長い(八甲田連峰の樹氷→弘前城雪燈籠まつり→脇野沢村のタラ漁<場取り>→八戸えんぶり→弘前さくらまつり→青森ねぶた祭り→八戸三社大祭→りんごの収穫→稲刈り→お山参詣→岩木山山頂からの日の出)。OPのBGMは、1993年頃の鰺ヶ沢赤石中継局(57ch)開局までは約4分で途切れなく流れていたが[注釈 68]、鰺ヶ沢赤石中継局(57ch)開局後はカラーバーから中継局ロールが流れる画面に変わる時に最初の部分からの繰り返しになり、『日テレNEWS24』(当時NNN24)の放送開始からは2分20秒のショートカット版が流れている。なお、2008年7月24日から「地上アナログ放送終了告知画面」(読み上げは田村啓美、アナログ最末期は筋野裕子)が、「局名告知」終了直後に30秒間BGM・アナウンス付きで放送されている。告知画面は、一般的なブルーバック画面である。

デジタル放送[編集]
デジタル放送も青森県内の四季の風景を紹介(芦野公園の桜と津軽鉄道「走れメロス号」→横浜町菜の花畑→青森ねぶた→八戸三社大祭→岩木山とりんご畑→八甲田連峰の空撮)。アナログで実施している中継局のチャンネル案内は無い。

放送終了[編集]
アナログ放送[編集]
夜のRAB社屋を撮影したものである。縦に「RAB」と掲げられている鉄塔のアップから次第にカメラが引いて行き、最後には局舎全体が映る。現在の映像は2代目で初代も内容は同じだが、最後に局内と鉄塔の明りが全部消えるものだった。この映像は放送設備点検の日(その際には日テレNEWS24の放映は休止となる。ただし、大規模地震などの緊急時には放送設備点検の作業を中止して放送する場合がある)のみ放送される(月1回程度で、その際にはED本編前にブルーバックで「日テレNEWS24は機器点検のためお休みします」のフリップを流している。NNN24時代の頃は、月の絵をバックに「NNN24休止のお知らせ」のフリップを出していた)。冒頭に、放送終了時は最後に大きな文字で「JOGR-TV」とテロップが出る。そして、古池雄アナウンサーのナレーションで「JOGR-TV 青森放送テレビジョンです」と流れる(なお、OP・EDの古池アナの「JOGR-TV 青森放送テレビジョンです」のナレーションと「JOGR-TV」のテロップ挿入は1996年9月30日から)。
アナログ放送のED・BGMは1980年代中頃まではOPと別のものが流れていたが、そこから1990年代中頃まではOP・BGMのショートカット版が流れ、その後は再びED専用のBGM:ジャネット・ケイ『Capricorn woman』が流れている。なお、「日テレNEWS24」(旧・NNN24)の放送開始後は放送機器整備点検等で「日テレNEWS24」休止時のみしか流れなくなった。
2005年12月1日より東通入口のテレビチャンネルが45ch→60chに変更されたことに伴ってか、OP・ED共にテロップが若干修正されている。映像は変更・追加なし。
なお最終番組終了後はすぐ「日テレNEWS24」が始まり、その際には「ここからは日テレNEWS24を放送します」のテロップが入る(2005年12月1日〜)。『NNN24』時代の頃は、RABの鉄塔と青空の静止画に『このあと「NNN24」をお送りします。』の文字を重ねた映像が10秒間放送される。松尾志織アナウンサーのアナウンスが流れた。

デジタル放送[編集]
映像は、弘前城天守と夜桜→黒石中野もみじ山の夜景。合計1分15秒。クレジットは、5秒から右下に「JOGR-DTV あおもりほうそうデジタルテレビジョン」。55秒から秋山博子アナウンサーのナレーションで「こちらは、JOGR、DTV、青森放送、デジタルテレビジョンです」。
◆2020.12.20.より新バージョン。アナウンスは桑子英里アナウンサー。

カラー放送開始~昭和の終わりごろ[編集]
1990年代初頭まで社歌『RABソング』(青森放送の歌)のインストがテレビ放送開始・終了のBGMとして使われていた。この曲は、その後もラジオの放送開始・終了時(ただし、月曜日の放送開始に関しては、これとは別に『日本テレビの歌』の歌詞の一部が青森放送のものに編集されたバージョンが使われる。なお、同様なものは過去に日本海テレビでもあった)に使われているが、ここでは米澤章子のナレーションで「RAB RAB こちらはRAB青森放送です」(後略)とコメントしている。また、1980年代のオープニング、クロージングはブルーバックで各中継局チャンネル番号が表記されていた。このときは中継局のチャンネル番号は低い順(1CH)から表示され、最後は60CHという表示であった。また、クロージングではRABラジオの告知もあり「このあと、RABラジオの番組はご覧の通りです。」というアナウンスもあった。同時期のカラーバー部分では松岡直也の『FREEVOYAGE』が使用されていた。

カラー放送開始まで[編集]
RABの初代ロゴにバックしたテロップズーム「青森放送テレビジョン」とアナウンス「RAB RAB 青森放送テレビジョンです」[99][100]
アナウンサー[編集]
報道局アナウンス部所属。カッコ内は入社年。○は元放送部長。女性は1990年まで青森県出身者に限定していたが、1991年入社より県外からも採用。
月が書かれていない人物のほとんどが4月1日[101]。

現在[編集]
1992年 田村啓美(アナウンス部長、2013年10月 – 2018年3月までテレビ・ラジオディレクターを歴任)
1996年 鮫島大史(2006年4月 – 2009年3月は報道部)
2003年 伊東幸子、筋野裕子
2005年 菅原厚
2014年 吉﨑ちひろ(休養中)
2015年 猪股南(産休中)
2018年 境祐貴
2019年 中村香音
2020年 橋本莉奈
2022年 板橋優磨、小田安珠異動[編集]
※は現在番組出演をしている者。

1969年 大友寿郎※○(元特別顧問、現フリー)
1979年 川村和夫(専務取締役[注釈 69] 兼、RABサービス取締役社長[102][103])
1983年 橋本康成( – 1989年、取締役コンテンツ開発局長)
1986年 工藤(旧姓川村)美緒子(制作局テレビ制作部[注釈 70])、佐藤義之(報道局長)
1990年 夏目浩光※( – 2009年3月、制作局ラジオ制作部)
1991年 秋山博子※○(営業局次長・CM部長、- 2018年3月、2003年4月 – 2004年9月はフリー)
1994年 古池雄( – 2009年3月)
1998年 田中次郎( – 2005年5月、報道局報道部長)
1999年 青山英次( – 2019年3月)
2004年 山内千代子※( – 2012年3月、制作局テレビ制作部)
2013年 長澤瑠璃子( – 2019年7月、東京支社)過去[編集]
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “青森放送” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2017年2月)1953年 加納登○(第一声、-1976年8月4日、元満洲電信電話、取材・街頭録音担当、1954年12月に八戸放送局放送担当[要出典]、1962年10月時点でアナウンス課長、仙台支局を経て1969年3月から八戸放送局次長兼営業部長[104])、須藤真利(編成課兼務で7月6日-1970年5月28日(ドライブクラブなどを担当)。1962年10月時点で放送部長[注釈 71]、1970年5月に取締役、1978年6月-1983年6月に常任監査役)、佐藤玲子(-1958年4月14日、子供向け番組担当)、竹中達彦(6月-1973年、スポーツ担当、1962年10月時点で営業課長)、天木節子(9月5日-1965年4月30日、民謡番組担当)、斎藤庸子(9月5日-、後に鹿島、「子供ニュース」、1962.10時点でアナウンス課主任)、中村清一(10月-1960年2月4日、座談会・「聴取者文芸」)、寺下昭三(元北海道放送、11月30日-1956年7月10日)、山中達一(12月-、1957年に第4回精工舎アナコン2位、1982年6月-1990年6月に取締役)
1954年 藤田井子(4月3日-1962年3月)、栗盛乙助(9月17日-、1962年10月時点で技術課)、小田桐一郎(12月7日-1959年5月)
1955年 柏原昭三(1962.10時点で営業課主任)、清水豊治(1956年2月に第3回精工舎アナコン3位、1962年10月時点でアナウンス課主任、1982年6月-1984年6月に取締役)
1956年5月 田村幸恵(-1960年4月5日)、野呂実(1962年10時点で報道課長)
1957年 坂井公介(1月11日-)、松井平三(1月11日-1958年9月8日)、竹内博嗣(-1960年1月28日・後に青森テレビに入社し、ATVの第1声を担当した。)
1958年 池谷賢一○、石川絢子(-1964年8月15日)、中泉雅子(-1959年6月2日)、山田玲子(-1963年)
1959年6月 土屋節子(-1962年)、佐伯悠紀子(-1965年3月)
1960年 小島倫(-1976年)、高森邦夫○(1988年6月に取締役、1992年6月に常務取締役、2002年6月-2006年に副社長、2007年2月23日に70歳で死去)
1961年 川村亮、佐藤悠紀子(1972年の札幌五輪特派員)
1962年 葛西和子(-1968.7月)、小野登紀子(-1966年12月28日)、工藤紀子(-1964年6月20日)、山本正樹
1963年 鳴海征子(9月13日-)
1964年 蔦谷信弘(1982年にエフエム仙台へ移籍)
1966年 上杉昭之
1970年 木村ひさ子(4月28日-)、鈴木伸夫○
1971年 大竹辰也○(フリー)、小田切信子、黒滝久可(ねぶたの家 ワ・ラッセ館長)
1972年 浅木信也(後にラジオディレクターへ移動し定年退職)、飛鳥順子、佐々木久美子(4月2日-)
1973年 森山茂樹(後に東京支社業務部シニアアドバイザー、4月2日-)、三浦明子(4月9日-)、綱川和夫〇(元日経ラジオ社、4月9日入社、-2017年3月末をもって嘱託契約満了)
1976年 奈良栄子
1978年 藤原祥子(4月3日-)
1979年 浜舘明(後に記者→むつ支局長)、福村千賀子、米澤章子○
1983年 佐藤智美
1985年 田中泉
1986年 柿崎元子(-1990年・現ニッポン放送ニュースデスク)、窪寺美穂子(9月、元中京テレビ放送)
1987年 小出綾子、漆畑道代
1989年 足立美音、葛西理香、笹森亞貴子、出町彰浩(1989年8月5日に急性心不全で逝去)、二川原聡子
1990年 中野陽子、原田賀子(-1995年)
1991年 稲葉直子、辻拓哉
1992年 上明戸華恵(-1999年[注釈 72])、原口大平(-2007年9月)
1994年 松尾志織
1995年 後藤美穂子(-2003年)、田代あい(-1998年)
1996年 荒井英子
1997年 中田有紀(-2001年・現フリー)
1998年 小林あずさ(-2003年)
1999年 落合こずえ(-2004年)、亀井薫(-2004年)、野口亜紀子(-2001年)
2004年 外崎由希子(-2006年)、矢羽々恵匡(-2007年、現テレビ静岡)
2005年 永井まどか(-2008年3月)、上野由加里(-2018年3月)
2008年 桒子英里( – 2021年12月)樋田かおり(- 2011年3月)、星和明(2007年10月より活動-2013年9月)
2011年 柳瀬若菜(元NHK松山放送局→青森朝日放送→愛媛朝日テレビ→東北放送、-2012年9月[注釈 73]、以降は静岡→青森→秋田でフリー活動。)
2012年 上野比呂企( – 2018年3月、コンテンツ開発室、現東日本放送)
2013年 吉年愛梨( – 2015年3月、WOWOWを経て、現フリー)
2019年 山谷清和( – 2021年6月)松本卓也( – 2022年6月)
2020年 堀葵衣( – 2022年3月、2022年4月 – 静岡放送(SBS))パーソナリティー・キャスター[編集]
伊奈かっぺい(2007年4月16日に定年退職。それまでは報道制作局局付副参事として同社に在籍していた)
青山良平(2012年10月23日に定年退職したが、再雇用でラジオ局ラジオ制作部所属のディレクターとして在籍)
オスカル(ローカルタレント)
野坂真理
けんずろう(2009年3月までは、公式ウェブサイト上のパーソナリティ一覧に掲載されていた、現在は各局の番組に出演)
横山ひでき(ローカルタレント)
成田洋明
内山千早(通称うっちゃん、RABサービス社員)
岡田照幸(ピアニスト)
石坂直子(サンデー・ラジオクリニックのパーソナリティ)
藤田良子(ふれあい八戸土曜スタジオのパーソナリティ、フリーアナウンサーで各局の番組に出演)
張間陽子(十日市秀悦のサタデー横丁のアシスタント、「GO!GO!らじ丸」のラジオカーリポーター。)過去に出演したパーソナリティー・キャスター[編集]
三上拓也(ラジオ番組「プラネットJ」のパーソナリティを担当した)
三ツ谷鮎子(「金曜ワラッター」で、ミス・テリーの名で初代アシスタント)
佐藤由美子(おはよう!ほっ・とスタジオMCを担当していた)。
石岡知華(おはようワイドあおもり、ラジオカーレポーター)
吉田由美(HOTひろさき、ラジオカーリポーター)
北川紗央里(「あおもりTODAY」ラジオカーレポーターとして活躍し、番組卒業後からしばらくの期間は青森テレビおしゃべりハウスのレポーターを担当していた。)
楠美翔子(十日市秀悦のサタデー横丁アシスタント、2012年9月29日まではこちら松森一丁目らじお倶楽部アシスタントと(2011年10月1日からは)サタデー夢ラジオの青森ラジオカーレポーターも担当。)
三浦由起子(HOTひろさき、ラジオカーリポーター)
山谷真由美(HOTひろさきラジオカーレポーター、以前は2009年3月迄あおもりTODAYの、2009年4月〜2011年9月24日迄は「サタデー夢ラジオ」の青森ラジオカーレポーターも担当していた。)
中島美華(通称みかちゃん・麻生しおりの土曜はキュン・十日市秀悦のサタデー横丁八戸ラジオカーのリポーター、ふれあい八戸土曜スタジオパーソナリティ、2022年3月末をもってパーソナリティー活動を休止[注釈 74])
奈良岡香織(麻生しおりの土曜はキュン・十日市秀悦のサタデー横丁弘前ラジオカーのリポーター、HOTひろさきパーソナリティ)地域ニュースの動画配信[編集]
青森県内ニュースは昼(東奥日報ニュース)と夕方(ニュースレーダー)の2回動画配信を実施中である。ただし、土曜・日曜・祝日と年末年始放送分は動画・文字配信共に行われていない(ただし、日曜は選挙日の場合、開票速報を文字でのみ配信することがある)。なおニュース以外で「@なまてれ」や「活彩あおもり」で放送された内容も一部動画配信されている(Windows Media Playerが必要)。

電光ニュースについて[編集]
青森市の長島交差点近く(国道4号沿い)にある東京海上日動火災ビルに、青森放送の関連会社であるRAB企画の電光ニュース板「コンピュートサイン」がありニュースや天気・番組案内をはじめ、企業PR、販売促進、告知、広報、イベント・催事の案内等を流している。以前は電球式だったが、現在はLEDで複数色表示できるようになっている。放映時間は7時30分から21時30分まで。かつてNTT青森支店鉄塔に情報カメラが設置されていた頃は、「RABニュースレーダー」のエンディングでこの電光ニュース板を映し出していたこともある。また、少し前まではこの電光ニュース板は、青森駅前にも設置していたことがあった。2011年頃に東京海上日動ビルのニュース板は撤去されている。
青森空港ビル2階・搭乗口保安検査場前には、青森放送の子会社であるRAB企画の電光ニュース板「グラフィックサイン」があり観光・物産・企業PR・技術開発PR等を流している。放映時間は8時30分から20時00分まで。

情報カメラ設置ポイント[編集]
現在(1996年9月30日より運用開始)

青森市
RAB本社屋上鉄塔(2006年6月30日からHD)
青森港方向の撮影範囲には、同じく松森に所在する青森テレビも入り、同局鉄塔にある「ATV」の看板が映ってしまうため、その部分のみ撮影しないようにしているが、過去に夕方情報番組内の天気予報でカメラ操作中に「ATV」がアップで映ってしまったことがある。
青森空港(2011年9月からHD)
八戸市(八戸港・八戸水産会館屋上)(2011年9月からHD)
NHK青森放送局と青森朝日放送も同じ場所に設置。
弘前市(弘前公園・陸奥新報社本社ビル屋上)(2016年9月末から運用開始)
青森テレビと同じ場所に設置。
東通村(白糠漁港)(2011年9月から設置)
近くに東通原子力発電所があるため、その関連として設置した模様。なお、東通に情報カメラを設置するのは、在青テレビ局としては、NHK青森放送局に次いで2局目となる。
六ヶ所村(むつ小川原ウィンドファーム)(2011年11月から設置)
近くに核燃料サイクル施設があるため、その関連として設置した模様。
深浦町(深浦漁港)(2015年頃から設置)
十和田市(十和田商工会議所)(2020年7月から設置)[105]
むつ市(RABむつ支局屋上)(2018年頃から設置)青森本社以外のカメラはIP回線の都合上、放送待機時に原則として映像の画質やフレームを落とした状態にしているため、動いているものが不自然に見えることがある(「RABニュースレーダー」でもこの状態で放送されることがある)。
RABラジオBスタジオには、各地の情報カメラを表示する大・小(前者は4分割で深浦港・青森空港・弘前市・八戸港、後者は青森市の様子が映る)のモニターが1台ずつ設置されており、ワイド番組のパーソナリティがその映像を見ながら各地の天気を実況することがある(テレビニュースのラジオ番組関連の話題で、スタジオ内が撮影された時に確認できる)。 過去に設置

青森市(NTT→NTT東日本青森支店⇒NTTコム青森橋本ビル屋上鉄塔) : 1993年3月まで。1991年10月から2008年10月までは青森朝日放送も同じ場所に設置。長時間放送中断[編集]
この節には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2020年3月)2005年2月21日6時16分ごろ、むつ市にある釜臥山(かまふせやま)テレビジョン中継局 (10ch) 近郊にある変圧器が雪の影響による着氷で機械がショート(故障)するトラブルが発生し、テレビの送電が中断してしまった。このため、むつ市を含む周辺の4市町村で同日17時25分ごろに完全復旧するまで11時間以上に渡って番組が放送できない状況が続いた。送電は11時30分過ぎに再開されたが番組の受信作業に時間がかかった。
2005年11月8日の20時頃から22時前にかけて、落雷の影響により、五所川原市にある五所川原テレビ中継局 (44ch) からの放送ができなくなった[106]。荒天であったとはいえ、視聴率の上がる時間帯での放送中断で、西北五地域の約5万世帯では「踊る!さんま御殿!!」のOPを除くほぼ全編と「ドラマ・コンプレックス・理由〜日テレヴァージョン〜」の前半が視聴できなかった。
上記2件のケースは一部地域での放送中断であるため放送できなかった番組が再放送されない。

ゴールデンウィークの表現について[編集]
当放送局ではNHKと同様、“ゴールデンウィーク”を“大型連休”と言っている。ただし、一般番組では稀に「ゴールデンウィーク」の表現を使用している。

24時間テレビ・ラジオチャリティーミュージックソン関連[編集]
青森放送は2005年から2011年までの7年間、全国の放送局では唯一、『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』 (NNS) と『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』(通称:ラジソン。NRN) 両方を制作・放送している。2004年度までは札幌テレビも2番組を制作・放送していたが、ラジオ部門がSTVラジオに分社化したため、テレビのみの放送となっている。なお、この「唯一」体制は2012年に西日本放送が『ミュージックソン』に参加することになったため解消している。
24時間テレビでは、放送約2か月前より協賛社・団体のスポットCMが流れ始める。また、ラジオでも深夜のネット番組間のステーションブレイク枠を中心に募金受付の1分間スポットが流れる。BGMはおなじみの「サライ」である。なお、募金受付終了の8月31日まで募金募集のスポットが放送される。
『ラジソン』では、11月頃から24時間テレビのときと同様、ステブレ枠を中心に募金受付の1分間スポットが流れる。なお、募金受付終了の1月31日までテレビ・ラジオでスポットが流れる。24時間テレビのメイン会場は2005年からイオングループが協賛に加わった関係で、ジャスコ青森店をキーテナントとするサンロード青森になっている(以前は青森県観光物産館アスパムだった)。前年まではIYグループ(現:セブン&アイ・ホールディングス)が協賛していたため、県内のイトーヨーカ堂にも中継基地を設けていた。なお、『ラジソン』のメイン会場はRAB本社である。
2006年度の『ラジソン』は、『あおもりTODAY』を休止して4時間延長し、12月24日12時から25日16時まで28時間、2007年度の『ラジソン』は、同様に5時間5分延長して12月24日11時55分から25日17時まで29時間5分の放送となった。2011年は12月25日が日曜で「ラジオにおいでよ」終了時間まで放送可能だったが、15時までの放送だった。

ニュースの取材について[編集]
この節には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2020年3月)青森の本社が取材するニュース映像は、地上デジタル開始当初からほぼ全てがハイビジョン映像になっている。また県内各支社・支局からのニュースもハイビジョン機材への更新を積極的に進め、2008年4月には八戸・弘前支社、同年10月までにむつ・五所川原・十和田支局のニュースも全てハイビジョン映像になった(在青民放局のニュース取材では初)。
NNN全国ニュース向けの映像は、地上デジタル開始後もキー局との中継回線が4:3の標準画質方式であったため、ハイビジョン取材でも映像がダウンコンバートされていたが、2009年5月に回線設備が更新され、全国放送でも局舎経由の映像は全てハイビジョン画質で送出できるようになった。また、ハイビジョンの衛星中継車(SNG)による全国中継は以前から行われていたが、この場合はキー局側の局舎にあるパラボラアンテナで受信したものをそのまま放送するため、テロップ挿入はキー局が行っていた。「ズームイン!!SUPER」の中継では、地震などの緊急時を除きこの形態をとっていた。
通常東京都内のニュース取材はキー局の日本テレビが担当するが、青森県知事の陳情やカーリング「チーム青森」関係など青森県が関係するニュースの取材は東京支社が担当し、RABのニュースでは「RAB東京」のクレジットが出る。大阪支社からのニュースも同様のケースが取られる。なお、東京支社・大阪支社からのニュース映像は2006年秋以降にハイビジョン化されている。
1983年5月26日に発生した日本海中部地震では、青森市の青森市農業会館(現在は「青い森公園」・農業会館は現在東大野地区にある)で行われた青森県農業政策会議に当局取材クルーが遅れて到着したが、このことによって地震発生の瞬間を偶然撮影でき、その時の映像がNNNやANN及び全世界へ向けて発信された。なお、他局(当時はNHKとATVのみ)は、地震発生前に現場を引き上げた後であった。

放送開始時間について[編集]
1990年代初頭まで6時ないしは6時05分だったが、1970年代末期から1980年代前半の一時期や1993年春頃からの1年間、自主制作の対談番組や(ミニ)コンサート番組放送のため、5時20分もしくは5時30分開始となっていた期間があった。現在の放送開始時間は、基本的に4時45分である。ちなみに、テレビ放送開始した頃は、11時30分から放送開始だった。また、1975年6月7日から9月1日まで、放送大学実験番組放送[注釈 75] の為、5時10分又は5時40分から放送開始した時期があった。

緊急時の対応[編集]
湾岸戦争中にはフィラー枠で日本テレビと同じ内容を放送していたが、日本テレビの放送開始が当時5時だったため、5時からRABの放送開始時刻である6時までの1時間、ブルーバックで「湾岸戦争に関する新しいニュースが入り次第お伝えします RAB青森放送」の字幕を流していた。

キャンペーンと交通標語CM[編集]
2007年11月から2008年3月まで、同じ青森市松森に本社を置く青森テレビと共同で、「チーム守るべ青森」と題したエコプロジェクトを行っていた。なお、青森放送独自の取組として2007年からはテレビ・ラジオの両方で環境キャンペーン「そうそう、私もエコライフ」を展開している。2009年11月から、東北新幹線新青森開業に向けてのキャンペーン「結集!!青森力」に協力しており、「会いたい〜138万青森県民からの手紙〜」というタイトルで、ラジオ・テレビで毎日放送していた。
ラジオでは交通標語CMが2時間に1回のペースで流れるが、どれも1984年のスローガンが使われており、当時のヒット曲のイントロをバックに流れていた。

運転は 気くばり目くばり 思いやり – 松本伊代「TVの国からキラキラ」
危険です その信号の 変わりばな – 田原俊彦「君に薔薇薔薇…という感じ」
自転車も のれば車の なかまいり – 松田聖子「渚のバルコニー」(最近は流れていない)2006年より交通標語の背後に流れるBGMが変更され、新しい交通標語も放送している。

津波注意報・警報発表時の対応[編集]
この節には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2020年3月)2009年9月30日2時48分(JST、以下同じ)に発生したM8.3のサモア沖地震の際、約6時間後の9時に気象庁から津波注意報が発表されたにも関わらず、当初は「RAB津波速報」(字幕情報)として流したものの、沿岸部の発表地域を色分けした日本地図の表示は10時過ぎまでなされなかった。なお、この地震で青森県内では八戸市で10cmの津波を観測している。2010年2月28日に発生したチリ地震の際、県内の沿岸に大津波警報・津波警報が発表されたにも関わらず、通常の放送(『東京マラソン2010』)を中断しなかった。RABテレビでは昼前に1回、午後に3回、5分前後の関連情報を伝えていたが、この件については番組モニターによる批判的な意見があった旨が公表されている[107]。

関連会社[編集]
アール・エー・ビー開発株式会社
株式会社アール・エー・ビーサービス
株式会社アール・エー・ビー企画
株式会社アール・エー・ビー映像
株式会社アール・エー・ビーベストメンテナンス出典[1]脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈
^ 1986年5月16日から、松森の本社内に移転。

^ 1964年10月までは「名古屋支社」。

^ 青森放送 取締役会長

^ 青森放送 監査役

^ 青森放送 取締役相談役

^ 青森放送 代表取締役社長

^ 青森放送 代表取締役会長

^ 青森市大字造道字浪打95番地に局舎を建設していた。

^ アナログ放送終了まで、この出力で送信。

^ サービス放送開始当初はマイクロ回線がまだ開通していなかった為、ラジオ東京テレビ(現・TBSテレビ)、NET日本教育テレビ(現・テレビ朝日)、フジテレビからの番組フィルムを流して放送していた。

^ ただし、「RAB学苑」を除く関連企業のRABロゴと、2018年4月からの『RABニュースレーダー』のRABロゴは、独自のロゴが使われる。

^ この日から14日まで、月曜を除く毎日午前0時から5時まで、深夜放送のPRを兼ねて、トランジスタラジオが当たる『音のクイズ』を実施した。(出典:広報誌『あおもりほうそう』昭和46年2月1日発行No.54の10ページ「リサーチ*リポート」から

^ その後、10月9日から、テレビにおける緊急地震速報の送出を自動化。

^ 東北地方の日本海に面する県のラジオ局では最初の配信となり、本州の太平洋側に面する都県のAMラジオ局では最後の配信となった。

^ 2014年12月15日は前日に実施された衆議院議員選挙の開票速報を伝える為に2:00まで、2016年7月11日は前日に実施された第24回参議院議員選挙の開票速報を伝える為に1:00まで、それぞれ放送時間を延長した。

^ 2000年(平成12年)度までは該当したが、2006年(平成18年)度(当時は1:00 – 4:00)・2017年(平成29年)度(当時は0:30 – 4:00)は1月1日未明に通常通り番組休止した

^ なお1233kHzを使用する放送局は他に和歌山放送の田辺、日置川の両中継局及び長崎放送の長崎送信所、諫早・島原の両中継局のみである。

^ 水 – 金は『RABゴールデンナイター』の放送が延長した場合、短縮もしくは休止となる。

^ 2011年は12月25日が日曜だった為、15:00まで。

^ 後継番組も引き続き放送。

^ a b NRN回線を2017年度までプロ野球中継に使用していたので、別の生番組の同時ネットができなかった。このため同シーズンの『キニナル』ネット局は、文化放送から6 – 7日遅れで再編集版(番組終盤の文化放送ニュース、天気予報、交通情報をカット)を録音放送していた。ちなみに同シーズン最初の週は原則として文化放送が用意した別番組で穴埋めし、文化放送での9月最終週放送分はネットされなかった。

^ 後継番組もRABでは引き続き放送。

^ 対岸にある北海道の北海道放送や岩手県をエリアとしていた岩手放送にKRTの番組を抑えられていた上、KRTから提示されたネット保証金が予想以上に安かったため。

^ 本来、JNN加盟各局は他系列とのニュースネットに関するクロスネット加盟をJNN排他協定に抵触するため原則禁止している

^ 該当枠は1977年4月2日から、これ以前は昼の『ANNニュース』は非ネット。但し、日曜については、1985年12月まで未ネット。

^ ANNとのクロスネット化から1977年4月1日までは全日ネット

^ ただし、中継局ベースでは、NHK青森放送局が4ch(総合深浦局など)を使用していた。

^ ごく初期にはラジオ八戸局に合わせてJOGO-TVという独自のコールサインも与えられていた(この動画[86]を参照)。

^ IBC岩手放送が折爪岳にテレビ中継局を設置するのは、1961年10月16日である。(出典:『青森放送二十五年史』446頁「年表」の「放送関係」から。)

^ ただし、自主制作のミニ番組と在京キー局サイドの編成都合によるバラエティー番組の再放送はある。また、青森放送が製作委員会に連なるアニメ『ふらいんぐうぃっち』も再放送を行っている。

^ 『ダウンタウンなう』のスピンオフ番組。

^ 一部G1開催日は14:30から開始、15:50で終了の日がある。

^ 青森テレビと放送日を調整しているが、両局どちらも放送されない週もある。

^ 日本テレビの『皇室日記』をネットするため途中で打ち切ったが、2020年9月末をもって『皇室日記』のネットを打ち切った為、同年10月から同時間帯で再開した。

^ 2010年(平成22年)度から、10月の県大会決勝と翌年1月の全国大会決勝を放送〔共に深夜枠・全国大会決勝は同日録画放送〕。

^ 2009年度まで開催された前身の選抜優勝大会時代は2月に県大会決勝・3月に全国大会決勝を放送した。青森県代表校が対戦時にはRABのアナウンサーが試合会場に行きRABラジオの生番組内でほぼリアルタイムで途中経過等が報告される場合もあった。また、テレビでは青森県代表校の試合を同日深夜に録画放送する場合がまれにあった。現行の1月開催に移行してからは、当局では青森県代表校の試合の放送権を行使していない。(試合結果については『RABニュースレーダー』内で伝えることもあるが、必ず放送されるとは限らない。)

^ 全国大会のみ一部スポンサードネット[注釈 36]。なお、1970年代から1980年代の一時期は、青森テレビで青森県代表校以外の試合も夕方に放送していた。

^ 1977年4月2日からネット開始。

^ ただし、1988年12月31日の放送は、日テレと同時ネット。これは、日テレ系で20:03から22:54まで『年末時代劇「五稜郭」』を放送した事とテレ朝系で21:00から23:30まで『徹底討論スペシャル「ドーする日本・日本人!?世界は警告する!!」』放送で「土曜ワイド劇場」の放送が無かった為。

^ フジテレビ系列で放送『スパイ大作戦』もRABではこの時間で放送していた。(東奥日報昭和48年9月付けテレビ欄から)

^ なお、前身の『ミセス&ミセス』は9:30の時差放送を行っていた(出典:1979年9月27日及び9月30日の東奥日報朝刊テビ欄から)。

^ 1993年以降の野島ドラマは、ATVで放送[91]。

^ 第2シリーズ以降は、「土曜ドラマ劇場」枠で放送。

^ 後継番組『サザエさん』は、ATVで放送[92]。

^ 青森テレビでも、1975年頃の平日夕方に放送していた実績がある。

^ ネット開始が遅れた為、時差を埋めるために帯で放送されていた時期がある。

^ 木曜 15:55 – 16:50に放送、特番は週末の午後に1か月程度の遅れで放送。

^ スペシャルとレギュラーの放送順(フジテレビで6月25日OA分がRABで7月16日OA、フジテレビで翌週7月2日OA分がRABで7月11日OAなど)が入れ替わる場合がある。

^ 特番時代は青森テレビで放送されていた。

^ FNS系列の関西テレビや東海テレビ等一部地域向けに、フジテレビから裏送り放送されているもの

^ 番組開始当初は12:00〜13:00の放送。ただし、FNSでの2016年12月19日放送85分拡大SPは、7日遅れの12月26日深夜(27日未明)2:00 – 3:25に、FNS最終回SPは、4日遅れの12月30日深夜(31日未明)0:59 – 5:47の放送に、それぞれ放送となった。

^ 前身の『ミセス&ミセス』は最終回まで時差ネットを行った。

^ 1976年12月時点では、金曜22:00から放送。

^ 火曜サスペンス劇場(当局では前後編に分割)が土曜に移動後、火曜移動時で12日遅れ

^ ATVは同年12月開局だが、サービス放送開始時からネット。

^ ABS秋田放送からマイクロ受けでの放送

^ 1993年12月29日に放送したテレビ朝日開局35周年記念版以降の特番はABAで放送。

^ 当時RABでは『ヒントでピント』を日曜の朝10:30に放送していたため、野球中継や特番でANN単独系列局が番組を休止した場合に代替で放送された。ABSやIBCも同様。

^ 1975年4月よりATVから移行。第1期の途中まで同時ネット。同番組の500回記念「’78年度日本一王座決定戦」、初代司会者田宮二郎出演最終日、2代目司会者山口崇登場回もRABが同時ネットで放送。

^ 第2作も同局で放送。

^ TBSテレビ系列のATVでは未ネット。

^ ATV開局後も朝8:05から同時ネット。

^ NHKニュース速報の場合、表示時間を1分程度と長めにした上で1回表示としている。

^ NNN系列各局で同時期に一括して導入された模様。

^ ただし、自前の震度計と各放送局からの震度情報集約システムを持つNHK基幹局には及ばない。

^ 県外の最大震度5弱(4でも出る場合あり)と、県内の最大震度3以上の場合は鳴動する。

^ 県内の首長選、青森県内選挙区の衆参選挙の結果などの選挙速報を伝えるときのみSD解像度。

^ 昭和の終わり頃は松岡直也の『FREEVOYAGE』をカラーバー部分で使用していた。その曲はテレビ岩手の『TVIニュース』のエンドカード部分でも使用された。

^ 1957年3月10日生まれ。1997年10月よりラジオ局ラジオ営業部長。2009年4月より弘前支社長、2016年4月より取締役ラジオ局長、2018年6月より常務取締役ラジオ局長、2020年7月より現職。

^ 2012年3月まではラジオ局ラジオ編成制作部

^ 現在の編成制作局長・報道局長的な立場。

^ ただし、RAB退社後も関係が切れた訳ではなく、平日朝放送の「けんずろうの元気いっぱい!」やRAB主催のイベントに出演している。

^ 柳瀬は、同年8月25日の土曜日の生放送番組放送途中で、妊娠による体調不良で、番組を降板した為、RABのアナウンサー活動としては、この日をもって終了。

^ 2022年4月から1年間、東京の大学で学ぶ為。

^ 秋田放送や岩手放送では、各ネットワーク深夜最終ニュース終了後に放送していた。

出典
^ a b c d e f g h i j k l 会社概要 – RAB青森放送

^ a b 青森中央郵便局私書箱88号。大口郵便番号のため住所の記載は不要。郵便番号が7桁になって大口郵便番号を取得した当初は一部の番組で郵便番号の案内のあとに語呂あわせで「030のハローゴーゴー」と呼称していたが、番組へのお便り、プレゼントの応募等で最近は語呂あわせを呼称するケースは、伊東幸子アナが担当する番組平日夕方の『魅惑のヒットパレード』などを除いて皆無であるものの、一部の募集企画では松森地区の郵便番号である「〒030-0965(住所の記載は不要)」と案内しているほか、各支社制作の番組については制作している支社宛に送付するように案内している。

^ a b c d e f g h i j k 青森放送株式会社 (2022-06-29). 第69期(2021年4月1日 – 2022年3月31日)有価証券報告書 (Report). 

^ a b 青森放送株式会社 (2022-06-29). 第69期(2021年4月1日 – 2022年3月31日)有価証券報告書 英訳名 (Report). 

^ a b c d e f 出典:『青森放送50年史』164〜165頁の「会社概要」から

^ 青森放送株式会社 (2022-06-29). 第69期(2021年4月1日 – 2022年3月31日)有価証券報告書 大株主の状況 (Report). 

^ “青森放送 | 有価証券報告書”. 2020年10月28日閲覧。

^ “有報リーダー”. Lafla. 2017年6月9日閲覧。[リンク切れ]

^ 日本民間放送連盟 『日本放送年鑑’78』洋文社、1978年12月、115頁。 

^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑’92』コーケン出版、1992年11月、172頁。 

^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、177頁。 

^ 出典:『民間放送十年史』(日本民間放送連盟発行)「第2部各社史録」の335頁から336頁の「東北放送」の項。

^ a b c d e f g h i j k l m n 『青森放送二十五年史』(青森放送株式会社、1980年)

^ a b c 『民間放送十年史』(日本民間放送連盟、1961年)

^ a b 『放送五十年史 資料編』(日本放送協会、1977年)

^ 『民間放送三十年』(日本民間放送連盟、1981年)

^ 『東奥年鑑 昭和29年版』(東奥日報社、1954年)

^ 根拠・出典:1953年10月6日付け東奥日報朝刊3面記事『ラジオ青森に本免許交付』記事

^ 根拠・出典:1953年10月6日の東奥日報朝刊3面記事『ラジオ青森に本免許交付』記事及び翌日の『ラジオ青森』ラジオ欄

^ a b c d e f g h i j k l 出典:青森放送40年表

^ 出典:『青森放送五十年史』34頁

^ 出典:青森放送50年史39頁『ラ・テ兼営へ – 創業の時代』から

^ 出典:「青森放送二十五年史」64頁及び同日付東奥日報『ラジオ青森弘前放送局開局』特集記事から。

^ 出典:青森放送50年史41頁『ラ・テ兼営へ – 創業の時代』から

^ 出典:『青森放送二十五年史』442頁「年表」から。

^ 1959年9月13日付け東奥日報「ラジオ青森テレビサービス放送開始」特集記事

^ 出典:「青森放送二十五年史」155ページ『第四章 テレビ開局』より。

^ 『青森放送50年表』46頁から参照。

^ 出典:『青森放送40年表』21ページと『青森放送50年史』47ページ

^ 参考資料:東奥年鑑1963年版285ページ『文化-新聞・出版・放送』から(つがる市立図書館で閲覧)

^ 出典:『青森放送五十年史』53頁より。

^ a b 出典:『青森放送二十五年史』452頁「年表」

^ 出典:「青森放送二十五年史」245頁『第五章 ラ・テ兼営時代』から。

^ 出典:「青森放送二十五年史」272頁から。

^ 初のカラー生ワイド番組でもあった

^ 『大衆とともに25年沿革史』(日テレ社史)217頁「第4章 新たな展開めざす日本テレビ放送網 NTVネットワーク再編成」より

^ 『青森放送五十年史』81頁「業容拡大の時代」から参照。

^ 『陸奥新報』1982年7月5日付け朝刊ラテ欄下段の青森放送広告より。

^ 出典:『青森放送五十年史』105頁から

^ 出典:『青森放送50年史109ページ ネットワーク強化の時代』より

^ 『青森放送40年表』179頁「1989(昭和64年・平成元年) RAB」の項より。

^ 『青森放送40年表』190頁「1989(平成元年) RAB」の項より。

^ 『青森放送五十年史』125頁「21世紀 – 布石の時代」から。

^ 出典:「青森放送65年史」(青森放送・2019年6月30日発行)31頁「業績回復へ試練の時代」に記載あり。

^ RABラジオ感謝祭〜ありがとう60周年 そしてこれからも〜 伊奈かっぺいとおかしな仲間たちinはちのへ[リンク切れ]

^ 番組紹介 – 青森放送ホームページ[リンク切れ]

^ RABラジオ radiko

^ RABラ・テ[出典無効]

^ RABラ・テ2015[出典無効]

^ RABラ・テ2016[出典無効]

^ 「RABラジオ」テレホンサービスの提供終了について.2015年9月12日閲覧

^ 青森放送株式会社のFM補完中継局に予備免許 – 青森県内でAMラジオの受信状況が改善 – – 総務省東北総合通信局・2017年6月2日リリース

^ a b c d e 2017-10-01ワイドFM開局(RAB青森放送)2017年10月1日現在、2017年10月1日閲覧、2020年12月21日アーカイブ

^ RABラ・テ2017 | RAB青森放送[リンク切れ]

^ RNB1116のツイート(912947957762220032)

^ 青森放送株式会社のFM補完中継局に免許 – 青森県大間町、風間浦村及び佐井村などで受信状況が改善 -(総務省東北総合通信局・2021年1月21日リリース)

^ 青森放送ラジオ親局送信所・無線局免許状 – 総務省

^ 青森放送株式会社及び東北放送株式会社のFM補完中継局に予備免許 -青森県及び宮城県内でAMラジオの受信状況が改善- 平成28年10月18日

^ 青森放送株式会社のFM補完中継局に予備免許 -青森県内でAMラジオの受信状況が改善- 平成29年6月2日

^ 青森放送株式会社のFM補完中継局に予備免許 -青森県野辺地町、横浜町及び平内町などで受信状況が改善- 令和元年9月25日

^ 青森放送株式会社のFM補完中継局に予備免許 – 青森県大間町、風間浦村及び佐井村などで受信状況が改善 -(総務省東北総合通信局・令和2年7月9日リリース)

^ 青森放送株式会社のFM補完中継局に免許 – 青森県大間町、風間浦村及び佐井村などで受信状況が改善 -(総務省東北総合通信局・令和3年1月21日)

^ “民放AMラジオ44局、2028年秋めどに“FM局”目指す”. ORICON STYLE (2021年6月15日). 2021年6月17日閲覧。

^ [1]

^ 2016年4月4日から『朝ワイ!ダッシュ』に内包。

^ 番組ページ[リンク切れ]

^ 『森野熊八〜ワンダフルキッチン〜』の後身番組。

^ 番組ページ

^ 番組ページ

^ 4月 – 9月は火曜 18:30 – 21:00、10月 – 翌年3月は火曜 – 金曜の20:00 – 21:00で放送。なお、弘前市の『はるか夢球場』で楽天主催試合が開催される日は、「アフター6ジャンクション」のネットを返上し、「RABゴールデンナイター」を放送する。

^ 最大延長22:00まで。

^ 水曜 – 金曜はRABゴールデンナイター延長時は短縮または休止の場合あり。

^ 2017年3月までは八戸局・十和田局のみでの放送

^ 2012年10月6日 – 2014年9月27日は『土曜 トモラジ いいね』の11時台に内包していた。

^ 2021年4月 – 9月は日曜 20:00 – 20:30に、2021年10月 – 2022年3月は木曜 21:30 – 22:00にそれぞれ放送していた。

^ 2019年9月までは日曜 22:30 – 23:00に放送していた。

^ 2021年4月 – 9月は日曜 20:30 – 22:00に、2021年10月 – 2022年3月は金曜 21:30 – 22:00にそれぞれ放送していた。

^ 2015年度まではプロ野球ナイター中継シーズンの4月 – 9月の日曜 20:00 – 20:30に、2016年4月 – 2019年9月は日曜 21:00 – 21:30にそれぞれ放送していた。

^ 2021年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催中止。88年開始の「津軽弁の日」初めて中止 – 東奥日報Web・2021年9月29日更新

^ 青森放送 RABラジオ x KUDOPAN コラボ商品発売![リンク切れ]

^ 工藤パン KUDOPAN RABラジオコラボ企画[リンク切れ]

^ 2017年3月までは弘前局・深浦局のみで16:00〜17:00に放送

^ 2015年度まではプロ野球ナイター中継シーズンの日曜 20:30 – 21:00に放送していた。

^ 『メディアのしくみ』(明石書店)による。

^ 青森放送デジタルテレビジョン親局送信所・無線局免許状 – 総務省

^ “1963 RAB-TVのスタジオ風景”. RAB公式YouTubeアカウント. 2021年5月2日閲覧。

^ 東奥日報昭和34年9月13日付け朝刊「ラジオ青森テレビサービス放送開始」記事から(1959年10月1日付け東奥日報紙面より。弘前市立図書館にて閲覧)

^ 1959年10月1日付け東奥日報紙面より。弘前市立図書館にて閲覧

^ 昭和35年5月11日北鹿新聞(大館市立中央図書館にて閲覧)

^ 番組開始時は『RABてるてる天気』のタイトル。(出典:『青森放送40年表』182頁「1989(平成元年) RAB」から参照。)

^ 出典:1974年10月の東奥日報テレビ欄(青森県立図書館にて閲覧)

^ 1970年9月付陸奥新報テレビ欄(青森県立図書館所蔵の縮刷版閲覧から)。

^ 昭和48年12月の東奥日報テレビ欄より。

^ 『陸奥新報』1985年12月21日~1986年1月10日付け青森放送テレビ欄

^ 出典:東奥日報昭和50年4月と7月付け青森放送テレビ欄

^ 出典:1967年4月付け河北新報のTBC・TBS・RAB・IBC・ABS・YBC・FTV各局テレビ欄より

^ 『陸奥新報』1982年4月1日~10日及び1983年7月1日~10日付け青森放送テレビ欄

^ a b 東奥日報1969年10月付けテレビ欄から

^ Slippy Toadのページから

^ https://mobile.twitter.com/YB1173AZE/status/1241227882036203522

^ アナウンサー – RAB青森放送

^ 2017年6月より

^ http://www.rab-service.co.jp/company.html

^ 出典:『あおもりほうそう』(同社発行の広報誌)昭和45年1月1日発行の13ページ「営業マンです…おじゃまします」(つがる市立図書館で閲覧)から。

^ .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritRAB青森放送 [@rab_information] (2020年7月20日). “【十和田市の新お天気カメラ稼働開始】” (ツイート). Twitterより2021年9月27日閲覧。

^ 2005年11月9日付け東奥日報朝刊27面『RABテレビが一時受信不能に 西北五地方』・『県内大荒れ 青森で初雪』記事

^ 2010年3月26日放送『あなたとRAB』内での番組モニターの意見。

外部リンク[編集]
RAB青森放送 – 公式サイト
RAB青森放送[公式] (@rab_information) – Twitter
RAB青森放送 (rabinfo) – Facebook
RAB青森放送 – YouTubeチャンネル
ウィキメディア・コモンズには、青森放送に関するカテゴリがあります。表話編歴NNN・NNS地上波 フルネット局 28局(正式なクロスネット局であるFBCを含む)
STV 5
RAB 1
TVI 4
MMT 4
ABS 4
YBC 4
FCT 4
NTV 4
YBS 4
TeNY 4
TSB 4
SDT 4
KNB 1
KTK 4
FBC 71
CTV 4
ytv 10
NKT 1
HTV 4
KRY 4
JRT 1
RNC 4
RNB 4
RKC 4
FBS 5
NIB 4
KKT 4
KYT 4地上波 クロスネット局(FBCを除く) 2局
TOS 42
UMK 33BSデジタル
BS日テレ 4(2K) / BS日テレ 4K

CSチャンネル4
CS日本(日テレジータス / 日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ)
日テレNEWS24
映画・チャンネルNECO
MONDO TV
AXNミステリー
100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス
電波少年的放送局(過去)
パンチクラブ(過去)
ブルームバーグテレビジョン(過去)
FashionTV(過去)
FOXプラス(過去)
FOXムービー プレミアム(過去)
Music Japan TV(過去)
エコミュージックTV(過去)
旅チャンネル(過去)
マンマTV・サイエンス(過去)
○○九ちゃん&サイエンス(過去)
日テレプラス&サイエンス(過去)
データカレッジ(過去)
ベルーナお買物テレビ(過去)→CS日本番組ガイド(過去)
CS★日テレ5旧加盟局6
OX
FTV
(旧)NTV7
NST
SATV8
NBN9
KTN
TKU
KTS国内支局
那覇

未開局の放送局
南西放送関連新聞・スポーツ新聞社10
読売新聞社(東京 / 大阪 / 西部 / 中部 / 北海道 / 北陸)
報知新聞社
スポーツ報知(スポーツ報知西部本社)
東奥日報社
秋田魁新報社
山形新聞社
福島民友新聞社
山梨日日新聞社(山日YBSグループ)
信濃毎日新聞社
北日本新聞社
北國新聞社
中国新聞社
徳島新聞社
四国新聞社
愛媛新聞社
高知新聞社
西日本新聞社
南日本新聞社関連項目
日テレ系リアルタイム配信
24時間テレビ 「愛は地球を救う」
NNSアナウンス大賞
NNN・NNS

脚注

1正式なクロスネット局ながら、NNNフルネット局(NNNのニュース番組は全て同時ネットのため)、ANNには報道部門のみ参加。2FNN/FNSとのクロスネット局(資料によってはNNN、FNNのみの加盟と記述してあるものもある)。3FNN/FNS、ANN(報道部門のみ加盟)とのクロスネット局、NNSには非加盟。4加盟局が運営・出資する衛星放送(CSチャンネル)。2022年現在では日本テレビのみが運営・出資している。51996年10月1日開局、2000年9月30日閉局。6太字はNNN・NNS双方に加盟。細字はNNNのみに加盟。7旧NTVは2012年に現NTVに放送免許を譲渡。8加盟当時はSKT静岡県民放送。9CTV開局後はNNSのみダブルクロス。10母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。

表話編歴ジャパン・ラジオ・ネットワーク(JRN)加盟局
HBC
RAB
IBC
tbc
ABS
YBC
rfc
TBS R
YBS
SBC
BSN
KNB
MRO
FBC
SBS
CBC
MBS
ABC
WBS
BSS
RSK
RCC
KRY
JRT
RNC
RNB
RKC
RKB
NBC(NBC佐賀)
RKK
OBS
mrt
MBC
RBC旧加盟局
(旧)TBS1
CBC2
(旧)RKB3
(1)MBS4
(旧)ABC5
(旧)RSK6
(2)MBS7関連項目
JNN(JNN排他協定)
JNN・JRN共同災害募金8
アノンシスト賞
放送持株会社(TBS HD1・中部日本放送2・RKB毎日HD3・MBSメディアHD4・ABCグループHD5・RSK HD6)

注釈

12001年に旧TBS(東京放送ホールディングス)はTBSラジオにラジオ放送事業と放送免許を譲渡・継承。22013年に中部日本放送(CBC)はCBCラジオにラジオ放送事業と放送免許を譲渡・継承。 32016年に旧RKB(RKB毎日ホールディングス)は新RKBに放送免許を譲渡・継承。42017年に第1次MBS(MBSメディアホールディングス)は第2次MBSに放送免許を譲渡・継承。52018年に旧ABC(朝日放送グループホールディングス)は朝日放送ラジオにラジオ放送事業と放送免許を譲渡・継承。62019年に旧RSK(RSKホールディングス)はRSK山陽放送に放送免許を譲渡・継承。72021年に第2次MBSはMBSラジオに放送免許を譲渡・継承。8旧称・TBSカンガルー災害募金。

表話編歴全国ラジオネットワーク(NRN)加盟局
HBC
STVラジオ
RAB
IBC
tbc
ABS
YBC
rfc
QR
LF
CRT
LuckyFM
BSN
SBC
YBS
SBS
KNB
MRO
FBC
SF
KBS(KBS滋賀)
ABC
MBS
OBC
WBS
BSS
RSK
RCC
KRY
JRT
RNC
RNB
RKC
KBC
NBC(NBC佐賀)
RKK
OBS
mrt
MBC
ROK旧加盟局
CRK
STV1
(旧)LF2
(1)MBS3
(旧)ABC4
(旧)RSK5
(2)MBS6関連項目
フジサンケイグループ
フジ・メディア・ホールディングス
文化放送グループ
ラジオ・チャリティー・ミュージックソン

注釈

12005年に札幌テレビ放送(STV)はSTVラジオにラジオ放送事業と放送免許を譲渡・継承。22006年に旧ニッポン放送(フジメディアHD)は現ニッポン放送(LF)にラジオ放送事業と放送免許を譲渡・継承。32017年に第1次MBS(MBSメディア HD)は第2次MBSに放送免許を譲渡・継承。42018年に旧ABC(朝日放送グループ HD)は朝日放送ラジオにラジオ放送事業と放送免許を譲渡・継承。52019年に旧RSK(RSK HD)はRSK山陽放送に放送免許を譲渡・継承。62021年に第2次MBSはMBSラジオに放送免許を譲渡・継承。

表話編歴東北地方のラジオ放送局NHK(NHKラジオ)
青森 / 盛岡 / 仙台 / 秋田 / 山形 / 福島AMラジオ局
RAB青森放送
IBC岩手放送
tbc東北放送
ABS秋田放送
YBC山形放送
rfcラジオ福島FMラジオ局
エフエム青森
エフエム岩手
Date fm
AFM
Rhythm Station
ふくしまFMコミュニティFM等
青森県
Be FMJ
FM AZURM
FM APPLE WAVEJ
FM JAIGO WAVEM
FMごしょがわら G.RadioM岩手県
ラヂオもりおかJ
カシオペアFMJ
奥州エフエムM
FM OneM
FMあすもJ
FMねまらいんM
みやこハーバーラジオM
きたかみE&BeエフエムJ宮城県
RADIO3J
fmいずみJ
エフエムたいはくM
Rakuten.FM TOHOKU
BAY WAVEJ
ラジオ石巻J
ほほえみM
H@!FMJ
OCR FM835M
なとらじ801M
ぎょっとエフエムJ
FMあおぞら秋田県
秋田コミュニティー放送M
エフエム椿台M
FMゆーとぴあM
横手かまくらFMJ
鹿角きりたんぽFMM
FMはなびM
ラジオおおだてM山形県
RADIO MONSTERJ
ハーバーRADIOM
エフエムNCV おきたまGO!M
エフエムい〜じゃん おらんだラジオM
あすラジ福島県
FM-POCOJ
SEA WAVE FMいわきM
FM愛’SM
FMきたかたM
FM Mot.comM
KOCOラジJ
ULTRA FMM廃止局
FMじょんぱ
Vigo FM
関連項目
AFN(三沢)
ラジオNIKKEI(全国放送)
radiko
ドコデモFM
LISMO WAVE
i-dio
SimulRadio
ListenRadio
TuneIn Radio
JCBA
FM++

備考

AMラジオ局・FMラジオ局の欄の網掛の凡例■…JRN/NRN系クロスネット局、■…JFN系コミュニティFM等の欄の凡例J…J-WAVE配信局、M…ミュージックバード配信局

表話編歴東北地方のテレビ局
県別一覧はデジタル放送チャンネルID順(NHKは総合テレビのみ)NHK(公共放送)
青森 3 / 盛岡 1 / 仙台 3 / 秋田 1 / 山形 1 / 福島 1民放・青森県
RAB青森放送 1※
ABA青森朝日放送 5
ATV青森テレビ 6岩手県
TVIテレビ岩手 4
IAT岩手朝日テレビ 5
IBC岩手放送 6※
mit岩手めんこいテレビ 8宮城県
tbc東北放送 1※
MMT宮城テレビ放送 4
khb東日本放送 5
OX仙台放送 8(フジ・メディア・ホールディングス傘下)秋田県
ABS秋田放送 4※
AAB秋田朝日放送 5
AKT秋田テレビ 8■[1]山形県
YBC山形放送 4※
YTS山形テレビ 5
TUYテレビユー山形 6
SAYさくらんぼテレビ 8福島県
FCT福島中央テレビ 4
KFB福島放送 5
TUFテレビユー福島 6
FTV福島テレビ 8※関連組織
東北民放テレビ六社会(※印)

備考

民放テレビ局の網掛の凡例■…NNN・NNS系列局、■…ANN系列局、■…JNN系列局・Gガイドホスト局(通常は兼務)、■…FNN・FNS系列局備考1. ^ FNN・FNS系列のAKT秋田テレビはJNN系列局が存在しない地域のGガイドホスト局

北海道
東北
関東
甲信越・静岡
北陸
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄

表話編歴民間放送教育協会加盟局
HBC
RAB
IBC
TBC
ABS
YBC
FTV
EXBSN
SBC
YBS
SBS
KNB
MRO
FBC
NBN
ABC (テレビ)
NKT
BSS
RCC
KRY
JRT
RNC
ラジオ
テレビ
RNB
RKC
RKB
ラジオ
NBC
RKK
OBS
MRT
MBC
OTV
RBC賛助会員
日本国際放送番組販売協力局
RFC
SF
ABC(ラジオ)旧加盟局
CBC
ラジオ
テレビ
MBS
ラジオ
テレビ
ABC(会社分割前)
QR旧番組販売協力局
KSB
EBC
KBS
SUN
CRK
WTV
WBS制作番組
放送中
日本のチカラ
民教協スペシャル
子育てスペシャル放送終了
発見!人間力
生きる×2
親の目・子の目
いきいき!夢キラリ
ともに生きる世界
お茶の間セミナー
人生セミナー
ズームUP
情報バザール
かしこい消費者
あしたば
街だより・人だより
学びEye!
日本!食紀行

表話編歴地方民間放送共同制作協議会(火曜会)加盟局
HBC
RAB
IBC
TBC
ABS
YBC
RFC
CRT
LuckyFM
BSN
SBC
YBS
SBS
KNB
MRO
FBC
CBC
SF
GBS
KBS(滋賀)
CRK
WBS
BSS
RCC
KRY
JRT
RNC
RNB
RKC
RKB
NBC(NBC佐賀)
RKK
OBS
MRT
MBC
RBC
ROK制作番組(放送中)
録音風物誌
音楽☆とらのアナ
水森英夫のチップイン歌謡曲
亀渕昭信のお宝POPS
芸人お試しラジオ「デドコロ」
年始特番・スター年賀状
表話編歴 配信局日本放送協会(NHK)
NHKラジオ第1(東京 / 札幌 / 仙台 / 名古屋 / 大阪 / 広島 / 松山 / 福岡)
NHK-FM(東京)北海道・東北
HBCラジオ
STVラジオ
AIR-G’
FM NORTH WAVE
RAB青森放送
エフエム青森
IBCラジオ
エフエム岩手
ABS秋田放送
エフエム秋田
TBCラジオ
Date fm エフエム仙台
YBC山形放送
Rhythm Station エフエム山形
RFCラジオ福島
ふくしまFM関東
TBSラジオ
文化放送
ニッポン放送
interfm
TOKYO FM
J-WAVE
ラジオ日本
FMヨコハマ
bayfm78
NACK5
LuckyFM 茨城放送
CRT栃木放送
RadioBerry
FM GUNMA北陸・甲信越
BSNラジオ
FM NIIGATA
KNBラジオ
FMとやま
MROラジオ
エフエム石川
FBCラジオ
FM福井
SBCラジオ
FM長野
YBSラジオ
FM FUJI中部
CBCラジオ
東海ラジオ
ぎふチャン
ZIP-FM
FM AICHI
FM GIFU
SBSラジオ
K-MIX SHIZUOKA
レディオキューブ FM三重近畿
ABCラジオ
MBSラジオ
OBCラジオ大阪
FM COCOLO
FM802
FM大阪
Kiss FM KOBE
ラジオ関西
KBS京都ラジオ
α-STATION FM KYOTO
e-radio FM滋賀
wbs和歌山放送中国・四国
BSSラジオ
エフエム山陰
RSKラジオ
FM岡山
RCCラジオ
広島FM
KRY山口放送
エフエム山口
JRT四国放送
FM徳島
RNC西日本放送
エフエム香川
RNB南海放送
FM愛媛
RKC高知放送
エフエム高知九州・沖縄
RKBラジオ
KBCラジオ
LOVE FM
CROSS FM
FM FUKUOKA
エフエム佐賀
NBCラジオ
FM長崎
RKKラジオ
FMKエフエム熊本
OBSラジオ
エフエム大分
宮崎放送
エフエム宮崎
MBCラジオ
μFM
RBCiラジオ
ラジオ沖縄
FM沖縄全国
ラジオNIKKEI(第1 / 第2)
放送大学過去の配信局
FM PORT
RADIO NEO

注釈

NHKラジオ第1(地域別配信)とNHK-FM(全国配信)は「radikoプレミアム(エリアフリー聴取)」「radikoタイムフリー(過去1週間以内の聴取)」の対象外。

過去

表話編歴ANN地上波 フルネット局 24局
HTB 6
ABA 5
IAT 5
khb 5
AAB 5
YTS 5
KFB 5
EX 5
UX 5
abn 5
SATV 5
HAB 5
NBN 6
ABC 6
HOME 5
yab 5
KSB 5
eat 5
KBC 1
NCC 5
KAB 5
OAB 5
KKB 5
QAB 5地上波 クロスネット局 2局
FBC 71 | UMK 32
BSデジタル
BS朝日 5(2K) / BS朝日 4K

CSチャンネル3
シーエス・ワンテン
テレ朝チャンネル1・2
MTV
ミュージック・エア
ディズニージュニア
BBCワールドニュース
日本ケーブルテレビジョン(CNNj / CNN HD / ザ・ゴルフ・チャンネル(過去))
カミングスーンTV(過去)
ジャスト・アイ インフォメーション(過去)
ワンテンポータル(過去)
囲碁名人戦・朝日オープン将棋(過去)
スタジオ・ユニバーサル(未開局)
13thストリート(未開局)
朝日ニュースター(過去)
東映チャンネル
エンタメ〜テレ☆シネドラバラエティ
スカイA旧加盟局
RAB
ATV
TVI
MMT
AKT
YBC
FCT
(旧)EX(NET→ANB)4
NST
TSB
CTV
MBS
(旧)ABC5
OHK
tys6
KRY
TKU
TOS
KTS国内支局
甲府
富山
鳥取
米子
松江
徳島
高知
佐賀関連新聞・スポーツ新聞社7
朝日新聞社(東京 / 大阪 / 西部 / 名古屋 / 北海道)
日刊スポーツ(日刊スポーツ新聞西日本)
河北新報社
山形新聞社
信濃毎日新聞社
中日新聞社(静岡 / 北陸)
中国新聞社
みなと山口合同新聞社
西日本新聞社
長崎新聞社
大分合同新聞社
沖縄タイムス社関連項目
ANNアナウンサー賞
AbemaNews
テレ朝系リアルタイム配信
放送持株会社(テレビ朝日ホールディングス・朝日放送グループホールディングス)
TV Asahi Network

脚注

1ANNでは報道部門のみの参加。NNNフルネット局(NNNのニュース番組は全て同時ネットしているため)。2NNN、FNN/FNSとのクロスネット局。ANNでは報道部門のみの参加。3加盟局が運営・出資する衛星放送(CSチャンネル)4旧EXは2014年に現EXに放送免許を譲渡。5旧ABCは2018年に現ABCに放送免許を譲渡。6一般番組供給部門のみの参加。7母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。

典拠管理
LCCN: n81071250
NDL: 00351737
VIAF: 312914211
WorldCat Identities: lccn-n81071250

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=青森放送&oldid=91451774」から取得
カテゴリ: 青森放送日本民間放送連盟会員日本ラジオ広告推進機構加盟局青森県のマスメディア東北地方のテレビ局日本のAMラジオ局東北地方のラジオ局青森市の企業1953年設立の企業隠しカテゴリ: 外部リンクがリンク切れになっている記事/2020年10月無効な出典が含まれている記事/2017年出典を必要とする記事/2020年3月独自研究の除去が必要な記事/2020年3月雑多な内容を箇条書きした節のある記事 – 2020年3月ウィキデータにない座標出典を必要とする記述のある記事/2020年3月百科事典的でない内容を含む記事出典を必要とする記述のある記事/2015年7月出典を必要とする節のある記事/2014年11月-12月出典を必要とする節のある記事/2017年1月-2月出典を必要とする記述のある記事/2017年2月独自研究の除去が必要な節のある記事/2020年1月-6月LCCN識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 7268
再生回数: 6586
[spincontent type=”j”]

【原神】Ver.3.1アップデート箇条書き / シリアルコードを見逃すな! Youtube

※コード忘れずに!!!使用期限:9月17日(土)13:00まで
原石×100 仕上げ用魔鉱×10「3B6RYY7AHX9D」
原石×100 大英雄の経験×5「JT78YH7SGWRZ」
原石×100 モラ×50000「2BP9HY6BYFR5」
▼シリアルコード入力ページはこちら
https://t.co/diYNwUHIzc
引用:原神公式Twitterより @Genshin_7

公式PV▶【原神】Ver.3.1公式PV「赤砂の王と三人の巡礼者」

かつて砂礫を統べた王は砂に埋もれ
かつて砂礫を隔てた壁は砂に流されてしまった。
今、隠された古跡は新たな来客を迎える…
そして——古き真相を、彼らに提示するのだ。

CV
ディシア——福原綾香
キャンディス——柚木涼香
セノ——入野自由
ニィロウ——金元寿子
アルハイゼン——梅原裕一郎
「博士」——関俊彦
ナヒーダ——田村ゆかり
「散兵」——柿原徹也
ミカ——三瓶由布子
パイモン——古賀葵
ウェンティ——村瀬歩
クレー——久野美咲
ベネット——逢坂良太
ジン——斎藤千和
ーーーーーーーーーーーーーー
新世代オープンワールドRPG『原神(げんしん)』好評配信中!
◆ジャンル:オープンワールドRPG
◆対応OS:PlayStation®4/PlayStation®5/PC/iOS/Android
◆対応予定OS:Nintendo Switch™

#原神
#アップデート
#3.1

2. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Yomiuri

Yomiuri
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 38 10
[spincontent type=”j”]

3. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Asahi Shimbun

朝日新聞
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 朝日新聞で検索した 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する上記の情報が、毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2805
[spincontent type=”j”]

4. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? The Japan Times

The Japan Times
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: ジャパン タイムズで検索した 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する記事のトップです。毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 70 62
[spincontent type=”j”]

5. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Yomiuri Shimbun

読売新聞
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する詳細情報はすでにありますか? 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3820
[spincontent type=”j”]

6. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Mainichi Shimbun

毎日新聞
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 毎日新聞で見つけた 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する上記の情報が、毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7304
[spincontent type=”j”]

7. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Sankei Shimbun

産経新聞
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 産経新聞で検索した 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する記事のトップです。毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7126
[spincontent type=”j”]

8. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 20 39
[spincontent type=”j”]

9. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Chunichi Shimbun

中日新聞
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 中日新聞で検索した 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する上記の情報が、毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6759
[spincontent type=”j”]

10. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Tokyo Shimbun

東京新聞
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3757
[spincontent type=”j”]

11. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 81 11
[spincontent type=”j”]

12. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 日刊工業新聞で見つけた 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する上記の情報が、毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3445
[spincontent type=”j”]

13. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Ainu Times

アイヌタイムス
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: アイヌ タイムズで検索した 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する記事のトップです。毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1898
[spincontent type=”j”]

14. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する詳細情報はすでにありますか? 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4737
[spincontent type=”j”]

15. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Chiba Nippo

千葉日報
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 千葉日報で検索した 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する上記の情報が、毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6771
[spincontent type=”j”]

16. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Chugoku Shimbun

中国新聞
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 中国新聞で検索した 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する記事のトップです。毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6679
[spincontent type=”j”]

17. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? Daily Tohoku

デイリー東北
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1822
[spincontent type=”j”]

18. 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

説明: イースタン クロニクルで検索した 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する上記の情報が、毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8988
[spincontent type=”j”]

毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? に関する質問

毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか? が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?

毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?
方法毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?
チュートリアル 毎週水曜日更新の「クリックポイント」ですが、 ページのメインカラーは何色でしょうか?
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: