あなたは 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ を共有します。 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

任天堂株式会社Nintendo Co., Ltd.

任天堂本社種類
株式会社[1]機関設計
監査等委員会設置会社[2]市場情報
東証プライム 79741983年7月21日上場
OTC Pink NTDOYBMV NTDOYN
FWB NTOA
WBAG NTO
本社所在地
日本〒601-8501[3][4]京都府京都市南区上鳥羽鉾立町11-1[1].mw-parser-output .geo-default,.mw-parser-output .geo-dms,.mw-parser-output .geo-decdisplay:inline.mw-parser-output .geo-nondefault,.mw-parser-output .geo-multi-punctdisplay:none.mw-parser-output .longitude,.mw-parser-output .latitudewhite-space:nowrap北緯34度58分11秒 東経135度45分22.3秒 / 北緯34.96972度 東経135.756194度 / 34.96972; 135.756194座標: 北緯34度58分11秒 東経135度45分22.3秒 / 北緯34.96972度 東経135.756194度 / 34.96972; 135.756194設立
1947年(昭和22年)11月20日[4](創業は1889年(明治22年)9月23日)業種
その他製品[4]法人番号
1130001011420 事業内容
家庭用レジャー機器の製造・販売[1]代表者
代表取締役社長 古川俊太郎代表取締役フェロー 宮本茂資本金
100億6500万円(2022年3月31日現在)[5]発行済株式総数
1億2986万9000株(2022年3月31日現在)[5]売上高
連結: 1兆6953億4400万円単独: 1兆4378億3100万円(2022年3月期)[5]営業利益
連結: 5927億6000万円単独: 4995億2500万円(2022年3月期)[5]経常利益
連結: 6708億1300万円単独: 6299億5800万円(2022年3月期)[5]純利益
連結: 4777億1400万円単独: 4625億0900万円(2022年3月期)[5]純資産
連結: 2兆0693億1000万円単独: 1兆4104億4700万円(2022年3月31日現在)[5]総資産
連結: 2兆6623億8400万円単独: 1兆8575億8400万円(2022年3月31日現在)[5]従業員数
連結: 6,717人単独: 2,634人(2022年3月31日現在)決算期
3月31日[6]会計監査人
PwC京都監査法人[5]主要株主
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 16.54%日本カストディ銀行(信託口) 5.45%ジェーピー モルガン チェース バンク 380815 5.43%京都銀行 4.16%野村信託銀行(退職給付信託三菱UFJ銀行口) 3.59%ステート ストリート バンク ウェスト クライアント トリーティー 505234 1.70%CITYBANK, N.A.-NY, AS DEPOSITARY BANK FOR DEPOSITARY SHARE HOLDERS 1.57%ジツク プライベート リミテツド シー 1.52%ディー・エヌ・エー 1.50%ザ バンク オブ ニューヨーク 134104 1.24%(自己保有株式を除く)(2022年3月31日現在)[5]主要部門
技術開発本部企画制作本部ビジネス開発本部開発総務本部経営統括本部総務本部[7]主要子会社
詳しくは「連結子会社」を参照外部リンク
www.nintendo.co.jp テンプレートを表示任天堂株式会社(にんてんどう、英: Nintendo Co., Ltd.[1][8])は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30およびJPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ[9][10]。

概要
1889年に創業した老舗企業で娯楽に関するさまざまな事業を展開している。創業以来、多くの種類の玩具を製作しており、特に花札やトランプは創業初期から現在に至るまで製造、販売を続けている。
1970年代後期に家庭用と業務用のコンピュータゲーム機の開発を開始した。1983年発売の据え置き型ゲーム機「ファミリーコンピュータ」のゲームソフトとして1985年に発売した『スーパーマリオブラザーズ』が世界的にヒットしたことでゲーム機やゲームソフトを開発する会社として広く認知されるようになった。
『スーパーマリオブラザーズ』の主人公「マリオ」など、任天堂のゲームソフトに登場するキャラクターは世界的に認知されているものが多く、2010年代からはキャラクターIPのゲーム外での活用を進めている。

沿革
山内房治郎社長時代(1889年 – 1929年)
当時は会社の形態ではないが便宜上「社長」と表記している。

1889年9月23日 – 山内房治郎が京都府京都市下京区で任天堂骨牌(山内房治郎商店)を創業。花札の製造を始める[11]。
1902年 – 日本で初めてとなるトランプの製造を開始[11]。山内積良社長時代(1929年 – 1949年)
1929年 – 任天堂骨牌(山内房治郎商店)2代目店主に山内積良が就任。
1930年 – 本社となる鉄筋コンクリート4階建てのビルが完成[12]。
1947年11月 – 京都市東山区今熊野東瓦町に株式会社丸福を設立[11][13]。山内溥社長時代(1949年 – 2002年)
1949年9月 – 代表取締役社長に山内溥が就任[11]。丸福かるた販売株式会社に商号変更[13]。
1950年3月 – 任天堂かるた株式会社に商号変更[13]。合名会社山内任天堂(現・株式会社山内)よりかるた製造業務を継承[13]。
1951年7月 – 任天堂骨牌株式会社に商号変更[11]。
1952年10月 – 京都府京都市東山区福稲上高松町に工場(現・京都リサーチセンター)を設置[13]。
1953年 – 日本初となるプラスチックトランプの製造に成功[11]。
1959年9月 – 工場のある京都市東山区福稲上高松町に本社を移転[11][13]。
1962年1月 – 大阪証券取引所市場第二部、京都証券取引所に株式上場(現在は市場統合)[13]。
1963年10月 – 任天堂株式会社に商号変更[11][13]。
1971年 – 簡易複写機「コピラス」を発売。10万台以上を出荷するヒット商品になる[14]。
1973年 – 業務用レジャーシステム「レーザークレー射撃システム」を開発[11]。
1975年 – 業務用メダルゲーム機「EVRレース」を開発[15]。
1977年7月1日 – 三菱電機と共同開発した据置型ビデオゲーム機「カラーテレビゲーム15」と「カラーテレビゲーム6」を発売。
1978年 – 業務用ビデオゲーム機の販売を開始。
1980年
4月 – アメリカのニューヨーク州に現地法人「Nintendo of America Inc.」を設立[11][13]。
4月28日 – 携帯型ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」を発売。その後、8年間で約70機種を展開して4,800万台以上を販売する[16]。
1981年7月9日 – アーケードゲーム版『ドンキーコング』の稼動を開始。この中でのちに任天堂を代表するキャラクターとなる「マリオ」が初めて登場している[17][18]。
1982年
2月 – アメリカのワシントン州に現地法人「Nintendo of America Inc.」を設立。既存のニューヨーク州法人を吸収合併[11][13]。
業績が前年の約3倍に拡大して8月連結決算の売上高は661億4,100万円、営業利益は227億200万円の黒字になる[19]。
1983年
7月 – 東京証券取引所市場第一部に株式上場[13]。
7月15日 – 据え置き型ゲーム機「ファミリーコンピュータ」を発売。
1985年
8月14日 – アーケードゲーム機のリースおよび直営店の閉鎖を発表、業務用からの撤退は否定[20]。
9月13日 – ファミリーコンピュータ用ゲームソフト『スーパーマリオブラザーズ』を発売。のちに世界でもっとも売り上げたゲームソフトとしてギネス世界記録に認定された。
1989年
2月28日 – アミューズメント業界の団体である、日本アミューズメントマシン工業協会から脱退。アーケード業界から既に撤退していることを受けたもの[21]。
4月21日 – 携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」を発売。
1990年
2月 – ドイツに現地法人「Nintendo of Europe GmbH」を設立[11][13]。
11月21日 – 据え置き型ゲーム機「スーパーファミコン」を発売[11]。
1993年2月 – フランスに現地法人「Nintendo France S.A.R.L.」を設立[13]。
1995年7月21日 – 3Dゲーム機「バーチャルボーイ」を発売。
1996年
6月21日 – 任天堂公式サイトを開設。
6月23日 – 据え置き型ゲーム機「NINTENDO64」を発売[11]。
1997年 – 任天堂製品の流通問屋親睦団体「初心会」が日本の流通環境の変化にともない解散[22]。
2000年11月 – 京都府京都市南区に本社を移転[11][13]。
2001年
3月21日 – 携帯型ゲーム機「ゲームボーイアドバンス」を発売。
9月14日 – 据え置き型ゲーム機「ニンテンドーゲームキューブ」を発売[11]。岩田聡社長時代(2002年 – 2015年)
2002年5月31日 – 代表取締役社長に岩田聡が就任。代表取締役増員による集団指導体制を開始[23][24]。
2004年
8月 – 前代表取締役社長の山内溥が個人で出資していたシアトル・マリナーズの持分すべてが、Nintendo of America Inc.へ移転されてNOAが球団の筆頭オーナーとなる[25]。
11月21日 – 携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」を発売。世界で1億5,000万台あまりを売り上げ、歴代でもっとも普及した携帯型ゲーム機となった[26][27]。
2006年
7月 – 韓国に現地法人「韓国任天堂株式会社」を設立[13]。
11月19日 – アメリカで据置型ゲーム機「Wii」を発売(日本では12月2日に発売)。同日発売のWii専用ゲームソフト『Wii Sports』は本体同梱版を含めると世界でもっとも売れたゲームソフトとなった[28][29]。
2009年
5月7日 – 3月期決算で売上高1兆8,386億2,200万円、営業利益5,552億6,300万円の過去最高益を記録したことを発表[30]。
10月 – 世界のグローバル企業2,500社を対象とした調査で、2009年の「グローバルチャンピオン」に任天堂が選出[31]。
2011年2月26日 – 裸眼3D液晶ディスプレイを搭載した携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」を発売[32]。
2012年
2月 – 「ニンテンドー3DS」が日本における販売台数が500万台を突破。ゲームプラットフォームとしては史上最速の記録になった[33]。
「ニンテンドー3DS」の価格値下げによる逆ザヤ状態や円高などの影響により、3月期の決算で377億円の営業赤字を計上[34]。
11月18日 – アメリカで据え置き型ゲーム機「Wii U」を発売(日本では12月8日に発売)[35]。
2014年
1月30日 – QOL事業への参入を発表[36]。
7月から12月までの半年間で「ニンテンドー3DS」用ソフトのダブルミリオン達成ソフトが5本生まれる。これは日本のゲーム市場において初めての記録となる[27]。
2015年
3月17日 – 株式会社ディー・エヌ・エーと業務、資本提携してスマートデバイス向けのゲームソフトを開発することを発表[37]。また、新型家庭用ゲーム機「NX(コードネーム。のちの「Nintendo Switch」)」を開発中であることを発表[38]。
5月8日 – 3月期決算で4期ぶりに営業黒字回復[39]。
7月11日 – 代表取締役社長の岩田が胆管腫瘍のため死去[40]。君島達己社長時代(2015年 – 2018年)
2015年9月15日 – 代表取締役社長に君島達己が就任。組織再編により、統合開発本部とシステム開発本部を統合して技術開発本部を、情報開発本部と企画開発本部を統合して企画制作本部を設立し、ビジネス開発本部を新設[7][41][42]。
2016年
6月29日 – 組織再編により、監査等委員会設置会社に移行して執行役員制度を導入。外国人役員としてレジナルド・フィサメィが執行役員に就任[43][44]。
7月6日 – 海外で株式会社ポケモン(開発、配信、運営はNiantic, Inc.)からゲームアプリ『Pokémon GO』をリリース。その爆発的な人気から以降約半月にわたり任天堂の株価が高騰する[45]。
7月22日 – 株式会社ポケモンが任天堂の持分法適用関連会社であることを発表して以降は株価が落ち着いた[46]。
8月22日 – Nintendo of America Inc.が保有しているシアトルマリナーズ運営会社の持分の一部を売却[47]。
8月25日 – 2017年4月3日付でジェスネット株式会社を子会社化と同時にジェスネット株式会社が株式会社アジオカより、ビデオゲーム卸売事業を譲受することを取締役会において決議[48]。
10月20日 – 据え置き型ゲーム機「Nintendo Switch」の情報を公開[49]。
11月29日 – ユニバーサル・パークス&リゾーツが運営しているユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ユニバーサル・オーランド・リゾート、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで任天堂のテーマパークを展開することを発表[50][注 1]。
12月15日 – iOS向けゲームアプリ『SUPER MARIO RUN』を150の国と地域のApp Storeで配信開始。開始4日間のダウンロード数が4,000万を超え、App Storeにおける最速記録になった[51]。
2017年
3月3日 – 日本、アメリカ、ヨーロッパなどで携帯型ゲーム機としても利用できる据え置き型ゲーム機「Nintendo Switch」を発売[52]。
4月3日 – ジェスネット株式会社を子会社化し、任天堂販売株式会社に商号変更[48][53]。
2018年
2月1日 – ユニバーサル・スタジオとの共同出資により、ユニバーサルの傘下であるイルミネーション・エンターテインメントと共同でスーパーマリオのアニメーション映画の製作を開始したことを発表[54][55]。
4月 – 3月期決算で7年ぶりに売上高1兆円超を計上[56][57]。
4月27日 – 株式会社サイバーエージェントの傘下である株式会社Cygamesの発行済み株式数の約5%を取得し、スマートデバイス向けゲーム事業での業務提携を行うことを発表[58]。古川俊太郎社長時代(2018年 – )
2018年
6月28日 – 代表取締役社長を務めていた君島の退任により、代表取締役社長に古川俊太郎が就任[59][60][61]。
2019年
4月16日 – Nintendo of America Inc.代表取締役社長および任天堂執行役員を務めていたフィサメィの退任により、Nintendo of America Inc.代表取締役社長および任天堂執行役員にダグ・バウザー(英語版)が就任[62]。
11月22日 – 渋谷PARCOに日本初のオフィシャルショップ「Nintendo TOKYO」がオープン[63]。
2020年
1月30日 – 取締役会の諮問機関として「指名等諮問委員会」の設置を取締役会で決議[64]。
10月16日 – ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに「マリオ・カフェ&ストア」がオープン[65][66]。
2021年
3月1日 – Next Level Gamesを子会社化[67]。
3月18日 – ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに「スーパー・ニンテンドー・ワールド」がオープン[68]。
6月2日 – 宇治小倉工場を改修し資料館施設にすることを発表[69]。
2022年
2月24日 – 2022年4月1日付で株式会社SRDを子会社化することを発表[70]。
4月12日 – 京都市が2021年12月8日に公募型プロポーザルにより募集していた市有地の有効活用事業者に選定され取得。2027年12月に本社第2開発棟(仮称)として竣工予定[71]。
7月14日 – 2022年10月3日付で、独立系のCGプロダクション会社「株式会社ダイナモピクチャーズ」を子会社化し、商号を「ニンテンドーピクチャーズ株式会社」に変更する予定であることを発表[72]。

創業当時の任天堂本店

旧合名会社山内任天堂本社(京都府京都市下京区鍵屋町)[注 2]

旧合名会社山内任天堂本社ビルに掲げられた看板

事業
ゲームソフト事業
任天堂はハードウェアとソフトウェアの開発を共に手がけるビジネスを展開している。元代表取締役社長の岩田聡は『Game Developers Conference 2011』の講演で、「任天堂は、『ゲーム機は、どうしても遊びたいソフトを楽しんでいただくために仕方なく買っていただくものだ』と考えています。ご存じのように任天堂は、他社製プラットフォーム向けにゲームを提供しません。お客様にいい意味で驚いてもらうためには、自社ハードと自社ソフトをマッチさせることが最も確実な方法だと考えるからです。当社はまず第一にゲームクリエーターであり、その次にハードウェア製造者なのです」と語っている[76]。「ゲーム機は、どうしても遊びたいソフトを楽しんでいただくために仕方なく買っていただくもの」という言葉は山内溥の発言の一つであり[77]、それを引用したものとされる。
ハードウェアに関しては堅牢性と耐久性を重視している。かつてハードウェア開発責任者を務めていた竹田玄洋によると、それは子供ユーザーに配慮したものであり、ゲーム機が壊れてしまったときに「僕が壊した」ではなく、「勝手に壊れた」となってしまう事態を見越したうえでの設計文化ができ上がっているのだという[78]。任天堂ハードウェアの頑丈さを顕著に示す事例として、湾岸戦争で爆撃に巻き込まれたゲームボーイが正常に動作した事例がある[79]。
任天堂名義の外部向け開発はフジテレビジョンの『夢工場ドキドキパニック』ぐらいであるものの、株式会社電通との合併で外部向けの開発を専業とした任天堂の子会社「株式会社マリオ」を設立したことがあり、任天堂の開発スタッフをそのまま起用している。また、サンリオ子会社のゲーム会社であるキャラクターソフトの『ハローキティワールド』と『サンリオカーニバル2』の開発を行っていた。
2000年代中期のニンテンドーDSとWiiの時代からは「ゲーム人口の拡大」を基本戦略として、幅広い年代を対象としたハードウェアとソフトウェアの開発を行っている[80]。岩田聡は2004年の経営方針説明会の中でユーザーのゲーム離れによるゲーム市場縮小の現状と熟練者、初心者間の意識の乖離について触れ、その打開策としてタッチパネルや音声認識機能を搭載したニンテンドーDSを制作して全員が同じスタートラインに立てることを目指したと語っている[81]。なお、近年は「ゲーム人口の拡大」の定義を広げて「任天堂IP(知的財産)に触れる人口を拡大する」とし、後述のようにIPの活用にも注力している[82]。
任天堂は有料追加コンテンツというビジネスを否定していない。代表取締役社長を務めていた岩田の時代では高額課金を誘発する「ガチャ課金」については、一時的に高い収益が得られたとしてもユーザーとの関係が長続きするとは考えていないため、「ガチャ課金」は行わないとしていた[83]。

QOL事業
任天堂は自社を娯楽企業であるとしているが2014年以降は、その娯楽の定義を「QOL(Quality of Life、生活の質)を楽しく向上させるもの」と再定義して事業領域の拡大を目指している[84]。これは自社内だけで完結するものではなく、アイデアを持っているさまざまなパートナーが参加できるようにしたいとしている[85]。
事業の第1弾として「健康」をテーマに掲げている。この事業では「QOLセンサー」という装置を用いる。この装置を用いて睡眠や疲労状態に関するデータをクラウドサーバーに送信し、その分析結果に基づいてQOL改善のための提案がなされる。これを日々続けることで傾向を探り、QOLの向上を目指すことを目的としている[84]。

スマートデバイス事業
2016年配信の『Miitomo』より、スマートデバイスでのゲームビジネスを展開している。この事業単体での収益化を実現したうえで、ゲーム専用機事業との相乗効果を生み出して任天堂の事業全体の最大化を目指している[38][86]。
ゲームアプリの販売方式については「売り切り型」「アイテム課金型」とあるがゲームの種類によって使い分けていくとしている。なお、「アイテム課金型」のゲームについて一般的には「Free to Play(プレイ無料、無料で遊べる)」という言葉が用いられるが、任天堂はゲームの価値を維持したいという観点から「Free to Start(始めるのは無料)」という呼称を用いている[87]。

知的財産の活用
任天堂にとって、世界で支持される豊富なIP(知的財産)を抱えていることは強みの一つである。以前まではそうしたキャラクターIPをゲーム外で用いることに消極的な立場をとっていたが、2014年以降はその方針を転換して積極的に活用するようになった[88]。
活用例の一つとして、さまざまなゲームと連動させることができるフィギュア「amiibo」の販売を2014年12月より展開している。このamiiboが店頭に並ぶことで任天堂キャラクターの存在感を維持する効果も期待されている[89]。
また、ユニバーサル・パークス&リゾーツが展開しているテーマパークへの登用[50]、映像コンテンツ化、商品化などさまざまな計画を予定している[90]。

玩具の製造・販売
任天堂の花札
花札、トランプ、かるた(百人一首)、麻雀(麻雀牌)、将棋(将棋盤、駒)、囲碁(碁盤、碁石)の製造、販売を行っている[91]。

以前行っていた事業
上記の玩具のほか、以前にはウルトラハンド、ウルトラマシン(英語版)、ラブテスター、光線銃シリーズ、テンビリオンなどの独自製品や、ルーレット、野球盤、ボードゲーム、ツイスター(ライセンス生産)、組立式コースター、組立ブロック、トランシーバー、ラジコンカー、人形といった玩具を製造・販売していた。
玩具以外では、家庭用綿あめ製造機、ベビーカー「ママベリカ」、簡易コピー機「NCMコピラス」、電気時計、電子楽器、無線式簡易掃除機など多種多様な製品の製造、販売、タクシー、食品事業などの経営も行っていた[14][92]。

製品
据置型ゲーム機
カラーテレビゲーム15(1977年)
カラーテレビゲーム6(1977年)
レーシング112(1978年)[93]
ブロック崩し(1979年)[94]
コンピュータTVゲーム(1980年)[94]
ファミリーコンピュータ(1983年)[11]
スーパーファミコン(1990年)[11]
AV仕様ファミリーコンピュータ(1993年)
NINTENDO64(1996年)[11]
スーパーファミコンジュニア(1998年)
ニンテンドーゲームキューブ(2001年)[11]
Wii(2006年)[11]
Wii Family Edition(2011年)※日本未発売[95]
Wii U(2012年)[11]
Wii Mini(2012年)※日本未発売[96]
Nintendo Switch(2017年)[11][注 3]
Nintendo Switch(有機ELモデル)(2021年)[注 3]携帯型ゲーム機
ゲーム&ウオッチ(1980年)[11]
ゲームボーイ(1989年)[11]
ゲームボーイポケット(1996年)
ゲームボーイライト(1998年)
ゲームボーイカラー(1998年)
ゲームボーイアドバンス(2001年)
ゲームボーイアドバンスSP(2003年)
ニンテンドーDS(2004年)
ゲームボーイミクロ(2005年)
ニンテンドーDS Lite(2006年)
ニンテンドーDSi(2008年)
ニンテンドーDSi LL(2009年)[97]
ニンテンドー3DS(2011年)[11][98]
ニンテンドー3DS LL(2012年)[98]
ニンテンドー2DS(2013年)※日本では2016年に発売[98]
Newニンテンドー3DS(2014年)[98]
Newニンテンドー3DS LL(2014年)[98]
Newニンテンドー2DS LL(2017年)
Nintendo Switch Lite(2019年)業務用ゲーム機
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “任天堂” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2021年7月)レーザークレー(1973年)
ワイルドガンマン(1974年)
スマッシュマティック(1974年)
EVRレース(1975年)[15]
ミニレーザークレー(1976年)
スカイホーク(1976年)
シューティングトレーナー(1976年)
EVRベースボール(1976年)
バトルシャーク(1977年)
コンピューターオセロ(1978年)[99]
ブロックフィーバー(1978年)
テストドライバー(1978年)
デッドライン(1978年)
ファンシーボール(1978年)
カラースペースフィーバー(1979年)
SFハイスプリッター(1979年)
スペースランチャー(1979年)
ヘッドオンN(1979年)
ボムビーN(1979年)
キューティQ(1979年)
モンキーマジック(1979年)
スペースフィーバー(1979年)[100]
シェリフ(1979年)[15]
ヘリファイア(1980年)
スペースファイアバード(1980年)[15]
レーダースコープ(1981年)[101]
ドンキーコング(1981年)[17][102]
スカイスキッパー(1981年)[102]
スペースデーモン(1981年)
ドンキーコングJR.(1982年)
ポパイ(1982年)[15]
マリオブラザーズ(1983年)
パンチアウト!!(1983年)[15]
任天堂VS.システム(1984年)[103]
レッキングクルー(1984年)
ドンキーコング3(1984年)
スーパーパンチアウト!!(1985年)[15]
ファミコンボックス(1986年)
F-ZERO AX(2003年)※セガが開発[104]
マリオカート アーケードグランプリ(2005年)※ナムコが開発[105]
マリオカート アーケードグランプリ2(2007年)※バンダイナムコゲームスが開発[106]
リズム天国(2007年)※セガが開発[107]
マリオカート アーケードグランプリ デラックス(2013年)※バンダイナムコゲームスが開発[108]
ルイージマンション アーケード(2015年)※カプコンが開発[109]
マリオ&ソニック AT リオオリンピック アーケードゲーム(2016年)※セガ・インタラクティブとの共同開発[110]
マリオカート アーケードグランプリVR(2017年)※バンダイナムコエンターテインメントが開発[111]
マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック アーケードゲーム(2020年 – )※セガ・インタラクティブとの共同開発ゲーム周辺機器
ファミリーベーシック(1984年)
ファミリーコンピュータ ロボット(1985年)
ファミリーコンピュータ ディスクシステム(1986年)[112]
ファミコン3Dシステム(1987年)
スーパーファミコンマウス(1992年)
スーパースコープ(1993年)
スーパーゲームボーイ(1994年)
サテラビュー(1995年)
振動パック(1997年)
スーパーゲームボーイ2(1998年)
ポケットカメラ(1998年)
ポケットプリンタ(1998年)
64GBパック(1998年)
メモリー拡張パック(1999年)
64DD(1999年)
通信ケーブル(2001年)
モバイルアダプタGB(2001年)
カードeリーダー(2001年)
GBAケーブル(2001年)
ゲームボーイプレーヤー(2003年)[113]
カードeリーダー+(2003年)
タルコンガ(2003年)
ゲームボーイアドバンス専用ワイヤレスアダプタ(2004年)
プレイやん(2005年)[114]
PLAY-YAN micro(2005年)
DS振動カートリッジ(2006年)
DS Lite振動カートリッジ(2006年)
ニンテンドーDSブラウザー(2006年)[115]
ワンセグ受信アダプタ DSテレビ(2007年)[116]
ニンテンドーDSiブラウザー(2008年)
バランスWiiボード(2013年)
amiibo(2014年 – )[117][118]
ニンテンドー3DS NFCリーダー/ライター(2015年)
Nintendo Labo(2018年 – )主なゲームソフトウェア
詳細は「任天堂発売のゲームタイトル一覧」を参照
マリオシリーズ(1981年 – )
ドンキーコングシリーズ(1981年 – )[17]
スーパーマリオシリーズ(1985年 – )[119]
マリオゴルフシリーズ(1987年 – )
ファミコングランプリシリーズ(1987年 – )
ドクターマリオシリーズ(1990年 – )
ヨッシーシリーズ(1991年 – )
マリオカートシリーズ(1992年 – )
ワリオシリーズ(1994年 – )
ピクロスシリーズ(1995年 – )
ゲームボーイギャラリーシリーズ(1997年 – )
マリオパーティシリーズ(1998年 – )
マリオテニスシリーズ(2000年 – )
ペーパーマリオシリーズ(2000年 – )
ルイージマンションシリーズ(2001年 – )
マリオ&ルイージRPGシリーズ(2003年 – )
マリオvs.ドンキーコングシリーズ(2004年 – )
スーパーマリオスタジアムシリーズ(2005年 – )
マリオストライカーズシリーズ(2006年 – )
マリオ&ソニックシリーズ(2007年 – )
エキサイトバイクシリーズ(1984年 – )
バルーンファイトシリーズ(1985年 – )
ゼルダの伝説シリーズ(1986年 – )[120]
メトロイドシリーズ(1986年 – )[121]
光神話 パルテナの鏡シリーズ(1986年 – )
パンチアウト!!シリーズ(1987年 – )
ファミコン探偵倶楽部シリーズ(1988年 – )
ファミコンウォーズシリーズ(1988年 – )
役満シリーズ(1989年 – )
MOTHERシリーズ(1989年 – 2006年)
ファイアーエムブレムシリーズ(1990年 – )[122]
F-ZEROシリーズ(1990年 – )
パイロットウイングスシリーズ(1990年 – )
星のカービィシリーズ(1992年 – )[123]
Xシリーズ(1992年 – )
ウェーブレースシリーズ(1992年 – )
スターフォックスシリーズ(1993年 – )[124]
パネルでポンシリーズ(1995年 – )
ポケットモンスターシリーズ(1996年 – )[125]
テン・エイティシリーズ(1998年 – )
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ(1999年 – )
カスタムロボシリーズ(1999年 – )
巨人のドシンシリーズ(1999年 – )
カードヒーローシリーズ(2000年 – )
罪と罰シリーズ(2000年 – )
くるくるくるりんシリーズ(2001年 – )
黄金の太陽シリーズ(2001年 – )
どうぶつの森シリーズ(2001年 – )[126]
ピクミンシリーズ(2001年 – )[127]
マジカルバケーションシリーズ(2001年 – )
伝説のスタフィーシリーズ(2002年 – )
大合奏!バンドブラザーズシリーズ(2004年 – )
ヒトフデシリーズ(2004年 – )
nintendogsシリーズ(2005年 – )
ちびロボ!シリーズ(2005年 – )
押忍!闘え!応援団シリーズ(2005年 – )
パズループシリーズ(2006年 – )
カルチョビットシリーズ(2006年 – )
リズム天国シリーズ(2006年 – )
Wii Sportsシリーズ(2006年 – )
FOREVER BLUEシリーズ(2007年 – )
Wii Fitシリーズ(2007年 – 2014年)
カセキホリダーシリーズ(2008年 – )
通信対局シリーズ(2008年 – )
GIRLS MODEシリーズ(2008年 – )
トモダチコレクションシリーズ(2009年 – )
ゼノブレイドシリーズ(2010年 – )
Wii Partyシリーズ(2010年 – )
すりぬけアナトウスシリーズ(2010年 – )
スティールダイバーシリーズ(2011年 – )
引ク押スシリーズ(2011年 – )
ザ・ローリング・ウエスタンシリーズ(2012年 – )
ファミコンリミックスシリーズ(2013年 – )
ハコボーイ!シリーズ(2015年 – )
スプラトゥーンシリーズ(2015年 – )その他
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “任天堂” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2021年7月)ラビットコースターゲーム(組立式)(1964年)
ラビットコースターゲーム(1965年)
ニューコースターゲーム(1965年)
マイカーレース(1965年)
ピクチャーカッター(1965年)
ウルトラコースターゲーム(1966年)
ウルトラハンド(1966年)
ドライブゲーム(1966年)
コンパニオン(1966年)
ニューピクチャーカッター(1966年)
ピクチャーカッター ウルトラマン(1966年)
キャプテンウルトラコースター(1967年)
ウルトラマシン(1968年)[93][128]
ピープルハウス(1968年)
N&Bブロック(1969年)
チャレンジダイス(1969年)
ヒップフリップ(1969年)
ラブテスター(1969年)[128][129]
運命ゲーム(1969年)
キャンデーマシン(1970年)
光線銃シリーズ (1970年 – 1976年、1984年)[注 4][128]
マッハライダー(1970年)
チャレンジボール(1970年)
コピラス(1971年)[14]
ツインス(1971年)
ウルトラスコープ(1971年)[注 5]
スペースボール(1971年)
パワーリフト(1971年)
光線電話LT(1971年)
電気時計(1971年)
コピラスドライ(1972年)
フォトコピラス(1972年)
エレコンガ(1972年)
エレコンガ オートプレイヤー(1972年)
ユニラック(1972年)
ママベリカ(1972年)[14]
任天堂マーキングペン ノンドライ(1972年)
タイムショック(1972年)
コピラスST(1973年)
ニンテンドー ペーパーモデル(1974年)
レフティRX(1973年)
ショットレーサー(1974年)
ミスターマジシャン(1975年)
パンチブイ(1975年)
チリトリー(1979年)
テンビリオン(1980年)
偏光スクリーン クロスオーバー(1981年)
コンピュータマージャン役満(1983年)[128]
バーチャルボーイ(1995年)[130]
ポケモンミニ(2001年)
ポケモーション(2003年)[131]ニンテンドークラシックミニシリーズニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(2016年)[132]
ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(2017年)[133]
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ50周年記念バージョン(2018年)カードゲーム花札、株札(1889年 – )[134][135]
かるた、百人一首(1890年 – )[136]
トランプ(1902年 – )[91][135]
ドンキーコングカードゲーム(1999年)[137]
カードヒーロー トレーディングカード(2000年 – 2001年)[138]
ファイアーエムブレム0(2015年 – 2020年)[139]ボードゲーム碁盤、碁石[140]
将棋盤、将棋駒[141]
麻雀牌、麻雀マット[142]テーブルゲームドミノ歩数計ポケットピカチュウ(1998年)[143]
ポケットハローキティ(1998年)
ポケットピカチュウカラー 金・銀といっしょ!(1999年)

カラーテレビゲーム15

カラーテレビゲーム6

レーシング112

ブロック崩し

コンピュータTVゲーム

ゲーム&ウオッチ

ファミリーコンピュータ

ゲームボーイ

スーパーファミコン

AV仕様ファミリーコンピュータ

バーチャルボーイ

NINTENDO64

ゲームボーイポケット

スーパーファミコンジュニア

ゲームボーイライト

ゲームボーイカラー

ゲームボーイアドバンス

ニンテンドーゲームキューブ

ゲームボーイアドバンスSP

ニンテンドーDS

ゲームボーイミクロ

ニンテンドーDS Lite

Wii

ニンテンドーDSi

ニンテンドーDSi LL

ニンテンドー3DS

ニンテンドー3DS LL

Wii U

ニンテンドー2DS

Newニンテンドー3DS

Newニンテンドー3DS LL

Nintendo Switch

Newニンテンドー2DS LL

Nintendo Switch Lite

サービス
ニンテンドーネットワーク
「Miiverse」や「ニンテンドーeショップ」などのネットワークサービスの総称。利用には「ニンテンドーネットワークID(NNID)」を登録(無料)する必要がある[144]。
ニンテンドーアカウント
2015年12月1日に登録がスタートしたアカウントサービス。従来のNNIDのほかにGoogle+、Twitter、facebookのアカウントを用いた登録も可能[145]。後述の「マイニンテンドー」を利用する際に用いられる。
マイニンテンドー
2016年3月17日に開始された任天堂の会員制サービス。ログイン時にはニンテンドーアカウントを利用する。登録費、会費は無料[145][146]。ゲームソフトの購入や対応ソフトのプレイなどによりポイントが付与され、そのポイントをさまざまな景品と交換できる。また、登録されたプロフィールやゲームのプレイ状況に応じた通知が任天堂から届くほか、任天堂ホームページからのゲームソフトのダウンロード購入や体験版のダウンロード、任天堂が運営している販売サイト「マイニンテンドーストア」の利用が可能になる[146]。
クラブニンテンドー
2003年10月1日に開始されたマイニンテンドーの開始以前に行われていた会員制サービス。登録費、会費は無料。ゲームソフト購入時に得られたポイントをさまざまな景品と交換できたほか、ポイントを多くためた会員は「ゴールド会員」「プラチナ会員」となり、任天堂から特別な景品が贈られていた。2015年9月30日にサービスを終了[147]。
修理
故障したゲーム機の修理は任天堂ホームページで受け付けている。以前は任天堂サービスセンターへの持ち込みにも応じていたが2016年8月31日に受付を終了[148]。情報発信の取り組み
Nintendo Direct(ニンテンドーダイレクト)
2011年10月21日に開始されたYouTube、ニコニコ生放送でゲームの最新情報を紹介する番組[149]。元代表取締役社長の岩田聡によると、開始当時は情報を公式に発表する前に歪んだ形で拡散されてしまうことが大きな問題になっていたため、ゲームの情報を直接発信すべきと考えたことがきっかけだという[150]。
ニャニャニャ! ネコマリオタイム(英: The Cat Mario Show)
2014年2月26日に開始されたニンテンドーeショップ、Nintendo Switch、YouTubeでパペットのネコマリオとネコピーチが進行役を務めてゲームの最新情報を紹介する番組[151]。
Indie World(インディーワールド)
2018年5月11日に開始されたYouTubeでインディーゲームの最新情報を任天堂の担当者が紹介する番組[152]。北米では「Nindies Showcase」、欧州では「Indie Highlights」の名称で同様の配信を行っていたが、2019年8月19日から名称を「Indie World」に改称[153]。
社長が訊く(英: Iwata Asks)
2006年9月8日に開始された元代表取締役社長の岩田が開発者にさまざまなプロジェクトの裏話を訊いていたインタビュー企画。2015年6月24日まで更新していた[154]。
トピックス
2015年12月1日に開始された任天堂に関するさまざまな情報をブログ形式で伝えるサービス[155]。
Nintendo News(ニンテンドーニュース)
子ども層を対象に任天堂の情報などを伝えていたページ[156]。
ニンテンドーキッズスペース
2015年12月2日に「Nintendo News」がリニューアルして子ども層を対象に任天堂の情報などを伝えていたページ。2017年1月13日に「トピックス」に統合された[157]。
ニンテンドーゲームフロント
パナソニックセンター東京と関西空港にある任天堂のゲームを自由にプレイできる常設ショールーム[158][159][160]。
任天堂スペースワールド
かつて任天堂が幕張メッセで開催していたゲームイベント。グッズ販売やゲーム大会などが行われた[161]。
月刊任天堂店頭デモ
2002年4月に「ゲームは動いてるものを見ないとわからない」などの声に応えて店頭に設置されていた「ニンテンドーゲームキューブ」の試遊台。ゲーム内容は毎月更新されていた[162]。2006年に設置を終了。
ニンテンドーブック
2002年前後に店頭で配布されていた季刊の無料冊子。当時の新作ゲームやE3の情報などが載っているほか開発者のインタビューの収録されているDVDなどが同梱していた[163]。
Nintendo Power(ニンテンドーパワー)
アメリカでかつて刊行されていた任天堂公式のゲーム雑誌。1987年から7号が発行された「Nintendo Entertainment System」購入者向けの会報「Nintendo Fun Club News」の後を受けて[164] 1988年に「Nintendo Power」が隔月刊誌として創刊[165][166]。2007年にFutureが刊行を引き継いだが[166]2012年12月に刊行を終了[167]。創刊号には『スーパーマリオブラザーズ』の高得点獲得者として少年時代のクリフ・ブレジンスキーの名が掲載されている[168][169]。ゲーム実況
2015年1月、YouTubeにゲーム動画をアップロードした制作者が広告収益を任天堂とシェアできるサービス「Nintendo Creators Program」の提供を開始[170][171]。YouTubeでは新ガイドラインができるまでは自社のゲーム動画の広告収益は任天堂が付与されていたが、この仕組みにより動画制作者側も利益が得られるようになる。また、ニコニコ動画における同様のサービス「クリエイター奨励プログラム」にも参加している[172]。OPENREC.tvでも任天堂タイトルの動画配信が可能になっている[173]。
2018年11月、任天堂は「Nintendo Creators Program」を終了すると発表。そして新たな任天堂の著作物の利用に関するガイドラインを発表した[174]。

新ガイドライン
「Nintendo Creators Program」では広告収益を受け取るには動画の審査が必須だったのに対して、新ガイドライン「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」は動画の審査が不要で実況できる任天堂ソフトの制限もなくなった[174]。
新ガイドラインは個人を対象にしているため法人は対象外であるが、YouTuberの事務所(MCN)である UUUM株式会社のように包括的許諾をとる所もある[175]。また、タレント事務所に所属するタレントやMCNに所属するYouTuberなどが個人で行う場合はガイドライン対象となるが、業務として投稿する場合はガイドライン対象外となる[176]。

eスポーツ
2017年10月、任天堂は海外で盛り上がりを見せているeスポーツの取り組みについて、「ユーザーの関心が広がっており世界的にも広がりを見せていることは認識している。任天堂のゲームを使って『任天堂らしい』と多くの皆様から感じていただけ、勝った⽅に喜んでいただける、そんな『ご褒美のようなものは⼀体何なのか』そういうことを考えながらいろんな活動に取り組んできている」としている[177]。現在eスポーツ団体「日本eスポーツ連合」にはさまざまなゲームメーカーが加盟して賞金大会を開いているが、任天堂は加盟していない。
2018年7月、日本野球機構がeスポーツに参入し、第2弾で「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」を開催するにあたって任天堂は協力をしている。大会では成績に応じて賞金がもらえる大会ではないが一律参稼手当有りである[178]。他には好成績をあげているプロのスマブラプレイヤーを集めた「スマブラSP 東西リーグ大会(スマッシュボール杯 東西リーグ)」を任天堂公式大会として毎月開催してWeb番組で配信している[179]。賞金は出ないが一律参稼手当有りである。現状は賞金こそ出ないものの優勝商品や一律参稼手当有りという形でのeスポーツ参加をしている。

事業拠点
事業所[180][181][注 6][注 7]事業所名
事業内容
所在地
本社
管理・販売・開発・製造
京都府京都市南区
本社開発棟
開発
宇治工場
製造
京都府宇治市槇島町
東京支店
管理・販売・開発
東京都千代田区神田錦町
関連会社
連結子会社[182][183][注 8][注 9]名称

事業内容

所在地

取得日

出典
Nintendo of America Inc.

販売

アメリカ合衆国 ワシントン州 レドモンド

Nintendo of Canada Ltd.

カナダ ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー

Nintendo of Europe GmbH

ドイツ連邦共和国 ヘッセン州 フランクフルト・アム・マイン

Nintendo France S.A.R.L.

フランス共和国 ヴァル=ドワーズ県 セルジー

Nintendo Benelux B.V.

オランダ王国 ユトレヒト州 ニーウェガイン

Nintendo Ibérica, S.A.

スペイン王国 マドリード州 アルコベンダス

Nintendo RU LLC.

ロシア連邦 モスクワ

Nintendo Australia Pty Limited

オーストラリア連邦 ビクトリア州 スコアーズビー

韓国任天堂株式会社

大韓民国 ソウル特別市

任天堂(香港)有限公司

中華人民共和国 香港特别行政区

任天堂販売株式会社

東京都千代田区神田錦町

Nintendo Software Technology Corporation

開発

アメリカ合衆国 ワシントン州 レドモンド

[184]Retro Studios, Inc.

アメリカ合衆国 テキサス州 オースティン

[185]Next Level Games Inc.

カナダ ブリティッシュコロンビア州 バンクーバー

2021年3月1日

[186]エヌディーキューブ株式会社

東京都中央区明石町

[187]株式会社モノリスソフト

東京都目黒区上目黒

2007年5月1日

[188]1-UPスタジオ株式会社

東京都千代田区神田錦町

[187]マリオクラブ株式会社

京都府京都市東山区

Nintendo European Research and Development SAS(旧Mobiclip)

フランス共和国 パリ県 パリ

2011年

[184][189]神游科技有限公司(iQue Ltd.)

中華人民共和国 江蘇省 蘇州市 蘇州工業園区

持分法適用関連会社(保有比率20%以上)[190]名称

所在地

議決権所有割合(%)

出典
株式会社ワープスター

東京都千代田区神田錦町

50

株式会社ポケモン

東京都港区六本木

32

[191]PUX株式会社

大阪府大阪市中央区

27

任天堂本社開発棟

任天堂京都リサーチセンター(旧任天堂本社、京都市東山区福稲上高松町)

東京支店が入居するKANDA SQUARE

旧任天堂東京支店(東京都台東区浅草橋)

Nintendo of America

Nintendo of Europe

人物
詳細は「Category:任天堂の人物」を参照
歴代社長
代数
氏名
在職期間
1

山内房治郎[注 10]
1889年 – 1929年
2

山内積良[注 11]
1929年 – 1949年
3

山内溥
1949年 – 2002年
4

岩田聡
2002年 – 2015年
5

君島達己
2015年 – 2018年
6

古川俊太郎
2018年 –
役員
取締役[192][193][194]役名

職名

氏名

その他の職名、兼職

備考
代表取締役社長

古川俊太郎

代表取締役

フェロー[42]
宮本茂

『ドンキーコングシリーズ』、『マリオシリーズ』、『ゼルダの伝説シリーズ』の生みの親[195]取締役

専務執行役員

高橋伸也
企画制作本部長、開発総務本部管掌

常務執行役員

柴田聡
営業本部長、業務本部長、グローバルコミュニケーション本部担当、株式会社ポケモン社外取締役兼務

上席執行役員

塩田興
技術開発本部長

社外取締役

Chris Meledandri
Illumination Entertainment CEO

取締役(監査等委員)

吉村卓哉
常勤監査等委員

社外取締役(監査等委員)

梅山克啓
梅山税理士法人 代表社員、梅山公認会計士事務所 所長

山嵜正雄
山嵜正雄税理士事務所 所長

新川麻
西村あさひ法律事務所 パートナー、東京電力ホールディングス社外取締役

執行役員[192][193][194]職名

氏名

その他の職名、兼職

備考
上席執行役員

大和聡
任天堂販売株式会社 代表取締役社長

進士仁一
製造本部長

小泉歓晃
企画制作本部副本部長
『スーパーマリオシリーズ』、『ゼルダの伝説シリーズ』などの開発に関わる
執行役員

手塚卓志
企画制作本部上席統括
『スーパーマリオシリーズ』、『ゼルダの伝説シリーズ』、『ヨッシーシリーズ』、『どうぶつの森シリーズ』などの開発に関わる[196]村上元
管理本部長、IR担当

別府裕介
ビジネス開発本部長

山岸健太郎
総務本部長、品質保証部担当

Doug Bowser
Nintendo of America 代表取締役社長

Stephan Bole
Nintendo of Europe 代表取締役社長

開発者
左からマリオ、手塚卓志、宮本茂、近藤浩治(2015年撮影)
企画制作本部(旧情報開発本部及び旧企画開発本部)[7]坂本賀勇 – 企画開発本部企画開発部統括。『メトロイドシリーズ』『メイド イン ワリオシリーズ』『リズム天国シリーズ』『トモダチコレクションシリーズ』などのプロデューサー[197]。
江口勝也 – 企画制作本部副本部長。『どうぶつの森シリーズ』『Wii Sportsシリーズ』『Nintendo Land』などのプロデューサー[7][198]。
青沼英二 – 情報開発本部制作部[注 12]。『ゼルダの伝説シリーズ』のプロデューサー[199]。
紺野秀樹 – 情報開発本部制作部[注 12]。『マリオカートシリーズ』のプロデューサー[200]。社外桜井政博 – 有限会社ソラ 代表取締役社長。『星のカービィシリーズ』『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』の生みの親[201]。訴訟一覧
ドンキーコング裁判(ユニバーサル・シティ・スタジオ対任天堂裁判)
1982年、ユニバーサル・スタジオは任天堂の『ドンキーコング』が『キングコング』の商標権と著作権を侵害しているとして訴訟を起こした。1975年、ユニバーサル・スタジオとRKOとの訴訟で『キングコング』のプロットはパブリックドメイン[注 13] にあると判示されていることから、ユニバーサル・スタジオは商標権と著作権を持っていないことが判明。1984年、消費者が『ドンキーコング』と『キングコング』を混同することもないとして、アメリカ連邦控訴裁判所は任天堂勝訴の判決を下した[202]。また、任天堂からユニバーサル・スタジオに対する反訴となる損害賠償請求訴訟についても、1986年にアメリカ連邦控訴裁判所が任天堂勝訴の判決を下している[203]。
アタリ・テンゲン裁判(英語版)
Nintendo Entertainment Systemには、任天堂のライセンスを受けていないソフトウェアの動作を防ぐロックアウト機構が搭載されていたが、1988年に著作権局からソースコードを得たアタリはロックアウト機構のリバースエンジニアリングを行って、ライセンス外のソフトウェアの動作を可能にしている。任天堂はアタリの著作権侵害を主張してアタリはフェアユース[注 14] を主張して訴訟を行った。1992年、任天堂の主張が認められてアメリカ連邦控訴裁判所は任天堂勝訴の判決を下した[204]。
競争法抵触
1983年、任天堂は日本における1980年から1982年頃の電子玩具の販売活動[注 15] について私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)違反として公正取引委員会の排除勧告審決を受けた[205]。2002年、ヨーロッパで任天堂と現地の卸売業7社がゲーム機とゲームソフトの並行輸入を妨害したとして、欧州委員会が任天堂らに対して合計1億6,780万ユーロの課徴金の支払いを命じた。首謀者と認定された任天堂は、このうち1億4,912万8,000ユーロの支払いが課せられた[206]。
ゲームジニー裁判(英語版)
1990年、Nintendo of Americaは「Nintendo Entertainment System」用のチート機である「ゲームジニー」が任天堂の著作権を侵害しているとして、製造元であるLewis Galoob Toys, Inc.に販売差し止めを求める訴訟を起こした。アメリカ連邦地裁は仮差し止めを認めたが、1991年にゲームジニーは著作権を侵害していないとして仮差し止め命令を破棄。連邦控訴裁判所も地裁を支持して任天堂の訴えを退けた[207]。また、仮差し止めによる損失の賠償としてLewis Galoob Toys, Inc.に対する1,500万ドルの支払いを命じられた任天堂は、この金額についても争ったが、連邦控訴裁判所は再び退けた[208]。
マジコンによる著作権侵害被害
ニンテンドーDSで不正にプログラムを動作させる「マジコン」と呼ばれる装置について、任天堂およびソフトメーカー49社は販売業者に対して各地で著作権被害を訴えて訴訟を起こした[209]。被害総額は全世界で4兆円近くとも試算されている[210]。2013年7月、東京地裁で任天堂の勝訴が下された[209]。2016年1月、最高裁で上告が棄却されて任天堂の勝訴が確定[211]。
株式会社マリカー訴訟
2017年2月24日、任天堂は公道カートのレンタルサービスを行う株式会社マリカー(現商号:株式会社MARIモビリティ開発)に対して賠償を求める訴訟を東京地裁に提起した。任天堂は株式会社マリカーがマリオカートの略称として知られる「マリカー」の標章を会社名に用いていることに加えて、マリオなどの衣装の貸与やその衣装の宣伝、営業利用などを任天堂に無断で行っていることが不正競争行為及び著作権侵害行為にあたると主張している[212]。2018年9月27日、地裁判決で被告会社に対して衣装の貸与の禁止など不正競争行為の差止と損害賠償金の支払いなどが命じられた[213]。2020年1月29日、知的財産高等裁判所において5,000万円の損害賠償金の支払いと不正競争行為の差止などを被告会社に命じて終局判決が下された[214]。その後、控訴審判決に対して被告らから上告受理の申し立てがなされたが、2020年12月24日に最高裁判所第一小法廷において本件を上告審として受理しないとする決定が下された。これにより、知的財産高等裁判所において被告会社に対する不正競争行為の差止等および被告らに対する5,000万円の損害賠償金の支払いを命じた控訴審判決が確定[215]。
コロプラ訴訟
2018年1月10日、任天堂はスマートフォンアプリ『白猫プロジェクト』を開発、運営しているコロプラに対して「タッチパネル上でジョイスティック操作を行う際に使用される特許技術」などの、合計5件の特許侵害があるとして『白猫プロジェクト』のサービス停止と44億円の賠償を求める訴訟を東京地裁に提起した[216]。2016年10月、任天堂は特許侵害を指摘し、交渉していたが決裂したという。時間経過を理由に請求額は5.5億円増額され49.5億円となっていたが、コロプラは2021年4月21日に任天堂が時間経過を理由にさらに請求金額が96.99億円に引き上げられたと発表[217][218]。その後、2021年8月4日にコロプラが今後のライセンス使用も含めた和解金33億円を支払ったことを発表し、本件の和解が成立した[219][220][221]。
違法ROM配布サイト訴訟
2018年7月19日、任天堂およびNintendo of Americaは海外のゲーム用ROM配布サイト「LoveROMS.com」と、「LoveRETRO.co」の運営者に対する訴訟をアメリカのアリゾナ州にある合衆国地方裁判所に提起した。当該サイトでは歴代の任天堂ハード用ROMやハードのBIOSを無断で配布しており、任天堂は著作権侵害、商標権侵害、不正競争を提訴の理由に挙げている。侵害されたゲームごとに15万ドル、各商標の侵害にあたり最高200万ドルの賠償金を求めており、損害賠償金は1億ドル規模になるとみられている[222]。
派遣労働者からの正規雇用をめぐる訴訟
2018年から任天堂に紹介予定派遣として派遣され、総務部で保健師として勤務していた女性2人が、上司にあたる産業医からのパワーハラスメントで関係が悪化したのを理由として正規雇用されなかったとして、2020年9月8日に任天堂を相手取り地位確認や損害賠償などを求めて京都地方裁判所に提訴した。紹介予定派遣における雇用拒否をめぐる訴訟は日本国内では初のこととなる[223]。過去の問題
ペアレンタルコントロール
Wii以降の任天堂のゲーム機には子供にふさわしくないコンテンツの使用を保護者が制限できるペアレンタルコントロール(保護者による使用制限)という機能がある[224]。
ただ、子供がその機能を設定することなく利用している場合があり、「ニンテンドー3DS」のソフトウェアである『いつの間に交換日記』や『うごくメモ帳 3D』において、一部の子供ユーザーがインターネットでフレンドコードを交換して公序良俗に反する画像をやり取りしてしまう問題が発生していた。こうした事態を受けて任天堂は該当サービスの中止を発表[225]。
任天堂は、ペアレンタルコントロール機能をユーザーに理解してもらえるよう務めるとして[225]、「Newニンテンドー3DS」と「Newニンテンドー3DS LL」において、子供が安心して利用できるよう最初からフィルタリング機能が有効の状態で販売している。解除にはクレジットカードでの認証と手数料30円(税別)が必要となっている[226]。
2017年3月2日、Nintendo Switch本体と連動してゲームのプレイ状況を管理できるスマートフォン向けの無料アプリ『Nintendo みまもり Switch』(英名:Nintendo Switch Parental Controls)を配信している[227][228]。

不正ログインの発生
2020年4月24日、ニンテンドー3DSシリーズやWii Uで使用しているニンテンドーネットワークID(以下「NNID」)に約16万件の不正ログインが発生[229]。不正ログインを受けたNNIDから「ニックネーム、生年月日、国 / 地域、メールアドレス」が第三者に閲覧された可能性があるという。また、NNIDを経由したニンテンドーアカウントへの不正ログインも発覚。これに対して任天堂は不正ログインの被害拡大を防止するため、NNID経由でニンテンドーアカウントにログインする機能を廃止。加えて不正アクセスされた可能性のあるNNIDやニンテンドーアカウントに対して順次パスワードリセットを行う措置をとった[230]。今回の不正ログインにより発生した不正購入に対しては、個別に調査した上で購入の取り消しなどの対応を行うという。

メディアやインターネットでの風評被害
朝日新聞や日本経済新聞といった一部のメディアやまとめサイトにより、任天堂が公式に発表したわけではない情報を公式のように報じられたり、関係者の発言を歪めた形で伝えられたりすることがある[231]。こうした状況について任天堂はすべてに反応してしまうとデマの拡散につながりかねないため、会社や株主に迷惑がかかると判断した場合に機動的に対応するとしている[232]。また、対策としてインターネットプレゼンテーション「Nintendo Direct」やTwitterなどで情報を直接発信する取り組みを行っている。
2012年2月20日、日本経済新聞が報じた記事について代表取締役社長の岩田聡はTwitterで、「月曜日に電子版媒体で当社に対する不正確な報道がありました。このようなことが何度か続いていますが文脈を無視して恣意的に言葉を抜き出したり、事実と憶測を混ぜて書いたり、まるでゴシップ誌のような手法を採られていることに驚いています」と言及している[233]。6月5日、日本経済新聞は「『Wii U』にカーナビゲーションや電子書籍などの機能を搭載」という憶測記事を掲載[234]。これに対して任天堂が同日に否定した[235]。
2012年6月8日、朝日新聞の記事の中で岩田がインタビューを受けていないにもかかわらず、任天堂ホームページの動画から岩田の発言部分を抜き出してインタビューのように仕立てて掲載した。これに対して任天堂は朝日新聞に抗議した。朝日新聞は抗議に対して謝罪したとしているが、その時点では記事を訂正せず、2014年9月14日の紙面に任天堂と新聞読者に対する謝罪文を掲載した[236][237]。
2015年1月、任天堂が開始したサービス「Nintendo Creators Program」について、一部で「YouTubeで同プログラムに登録していない任天堂のゲーム動画は削除される」というデマが広まっていた[要出典]が、そうした規約はない。2014年5月27日、サービス開始前の任天堂公式Twitterでは「任天堂は以前より、不適切なものを除いて、YouTube上の任天堂の著作物を含む映像を正式に許諾しています」とコメントしている[238]。
2016年10月20日、任天堂が公開したNintendo Switchの紹介動画の中でベセスダ・ソフトワークスのゲームソフト『The Elder Scrolls V: Skyrim(以下「スカイリム」)』の映像を用いた際、すでにベセスダが公式に歓迎のコメントを出していたにもかかわらず、まとめサイトの一つ「はちま起稿」は、「スカイリム映像、無断使用だった」と報じた。この問題を取り上げたメディア「BuzzFeed Japan」の取材に対し、任天堂広報は、「今回の映像で使用されているゲームはすべて許可をとっております」と、はちま起稿の記事を否定している。10月21日、はちま起稿は捏造を認めて記事を訂正した[239]。

提供番組
現在
日本テレビ系列世界まる見え!テレビ特捜部
ザ!鉄腕!DASH!!
ザ!世界仰天ニュース
ZIP!(火曜・木曜7時台前半・木曜は2022年4月から)
沸騰ワード10
THE突破ファイル
有吉の壁テレビ朝日系列ドラえもん(2005年版)(2022年4月から)テレビ東京系列ポケットモンスター(2019年版)フジテレビ系列サザエさん(2021年10月から)
めざましテレビ(2021年10月から・隔日・6時台後半)過去
1社提供
日本テレビ系列少年シンドバッドテレビ東京系列スーパーマリオクラブ
スーパーマリオスタジアム
64マリオスタジアム
マリオスクール
マジック王国
Mr.マリック魔法の時間フジテレビ系列遠山の金さん捕物帳
紫頭巾その他恋のカイトウ!?トモコレ2世(TOKYO MX制作)複数社提供
日本テレビ系列新オバケのQ太郎
ドラえもん(1973年版)
マジカル頭脳パワー!!
ぐるぐるナインティナイン(番組自体は継続中)
踊る!さんま御殿!!(番組自体は継続中)
行列のできる相談所(番組自体は継続中)
世界一受けたい授業(番組自体は継続中)
しゃべくり007(番組自体は継続中)
嵐にしやがれ
ゲーマーズTV 夜遊び三姉妹 〜今夜も上上下下左右左右BA〜テレビ朝日系列名探偵ホームズ
ミュージックステーション(番組自体は継続中)
知って見て得する情報バラエティ シルシルミシル
知って見て得する情報バラエティ シルシルミシルさんデーTBS系列加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ
KATO&KENテレビバスターズ
関口宏の東京フレンドパークII
星のカービィ(CBC制作)
リンカーン
ひみつの嵐ちゃん!
飛び出せ!科学くん
奇跡ゲッター ブットバース!!
世紀のワイドショー!ザ・今夜はヒストリー
ニンゲン観察バラエティ モニタリング(番組自体は継続中)
水曜日のダウンタウン(番組自体は継続中)テレビ東京系列ポケットモンスター(1997年版)
ポケットモンスター アドバンスジェネレーション
ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
ポケットモンスター ベストウイッシュ
ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2
ポケットモンスター XY
ポケットモンスター XY&Z
ポケットモンスター サン&ムーン
おはスタ(番組自体は継続中)
ドンキーコング
週刊ポケモン放送局
ポケモン☆サンデー
ポケモンスマッシュ!
ポケモンゲット☆TV
ポケモンの家あつまる?
ポケモンとどこいく!?(番組自体は継続中)
F-ZERO ファルコン伝説
ピラメキーノフジテレビ系列火曜ワイドスペシャル
オレたちひょうきん族
うる星やつら
森田一義アワー笑っていいとも!
笑っていいとも!増刊号
志村けんのだいじょうぶだぁ
ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!
平成教育委員会
平成教育予備校
熱血!平成教育学院
HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP
SMAP×SMAP(KTVと共同制作)
こちら葛飾区亀有公園前派出所
めちゃ×2イケてるッ!
奇跡体験!アンビリバボー(番組自体は継続中)
グータンヌーボ(KTV制作)
ザ・ベストハウス123
人志松本の○○な話
痛快TV スカッとジャパン(番組自体は継続中)その他敏江・玲児だ、みんな集まれ!(ABC制作)※関西ローカル[240]脚注
[脚注の使い方]注釈

^ 2015年5月8日に行われた 決算説明会 の中で、ユニバーサル・パークス&リゾーツと合意し、任天堂IPを用いたテーマパークを展開している計画があることを発表。

^ 2020年現在は創業家資産管理会社の株式会社山内が所有、現存建物の改修と一部新築を行い、2022年4月に18室のホテル「丸福樓」として開業されている[73][74][75]。

^ a b 公式の分類は「家庭用据置型テレビゲーム機」だが、従来の携帯型ゲーム機のように屋外に持ち出して遊ぶこともできる。

^ 1970年代には玩具として発売。1984年にはファミリーコンピュータの周辺機器として発売。

^ ウルトラコープの名称で販売されたこともある。

^ かつては大阪府大阪市に支店、北海道札幌市、愛知県名古屋市、岡山県岡山市、福岡県福岡市に営業所を設けていた。

^ 2017年4月3日、宇治大久保工場並びに大阪支店に任天堂販売株式会社京都物流センター並びに大阪支店が入居。同社が任天堂から賃借して使用している。

^ 台湾に現地法人「任天堂溥天股份有限公司」を置いていたが、2014年に任天堂(香港)有限公司へ業務を移管している。

^ Nintendo of Canada Ltd.、Nintendo Ibérica, S.A.、Nintendo RU LLC.、 Nintendo European Research and Development SAS、神游科技有限公司は間接所有。

^ 個人商店・山内房治郎商店初代店主として。

^ 個人商店・山内房治郎商店2代目店主として。

^ a b 2015年に実施の組織改編以前の所属。

^ 知的財産権が発生していない状態。

^ 公正な利用。

^ 小売価格の維持。

出典

^ a b c d “会社情報:会社概要”. 任天堂. 2021年12月9日閲覧。

^ コーポレート・ガバナンス – 任天堂株式会社

^ “会社情報:事業所案内 – 本社”. 任天堂. 2018年6月30日閲覧。

^ a b c “任天堂(株)企業プロフィール”. 日本経済新聞. 2014年10月10日閲覧。

^ a b c d e f g h i j 任天堂株式会社 (2022-06-30). 第82期(2021年4月1日 – 2022年3月31日)有価証券報告書 (Report). 

^ 任天堂株式会社 定款 第7章第40条

^ a b c d “人事、任天堂:日本経済新聞”. 日本経済新聞 (2015年9月15日). 2015年9月15日閲覧。

^ 任天堂株式会社 定款 第1章第1条

^ 「TOPIXニューインデックスシリーズ」の定期選定結果及び構成銘柄一覧 (PDF) jpx.co.jp 2020年10月7日公表 2021年10月8日閲覧。

^ JPX日経400・JPX日経中小型 jpx.co.jp 2021年10月8日閲覧。

^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z “会社概要:会社の沿革”. 任天堂. 2014年10月10日閲覧。

^ 京都の任天堂旧本社に高級ホテル 「丸福樓」4月開業、共同通信、2022年2月16日閲覧

^ a b c d e f g h i j k l m n o 任天堂株式会社 (2020-06-29). 第80期(2019年4月1日 – 2020年3月31日)有価証券報告書 4頁 (Report). 

^ a b c d 高野雅晴 (2008年9月30日). “【任天堂「ファミコン」はこうして生まれた】第2回:電卓をあきらめてゲーム機ヘ”. 日経BP. 2014年11月1日閲覧。

^ a b c d e f g “社長が訊く『PUNCH-OUT!!』”. 任天堂. 2014年11月24日閲覧。

^ 田中正晴、高野雅晴 (2008年9月30日). “【任天堂「ファミコン」はこうして生まれた】第4回:携帯型ゲーム機を発想”. 日経BP. 2014年11月1日閲覧。

^ a b c “ドンキーコング リターンズ 3D:What’s DK?”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。

^ “社長が訊く『New スーパーマリオブラザーズ Wii』 その1(1/9)”. 任天堂 (2009年11月13日). 2016年10月19日閲覧。

^ “任天堂株式会社 連結損益計算書推移表 (PDF)” (日本語). 任天堂. 2014年2月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月1日閲覧。

^ 「任天堂「ありえない業務用からの撤退」ゲーム場経営、リースのみ撤退」『ゲームマシン』第268号(アミューズメント通信社)、1985年9月15日、6面。

^ 「コンシューマー家庭用部会を新設 JAMMA総会前の緊急理事会で一時紛糾」『ゲームマシン』第353号(アミューズメント通信社)、1989年4月1日、2面。

^ 和田剛明 (2003-11-25). “家庭用テレビゲームソフトの流通―リスクとリターンの構造と市場への影響―”. 赤門マネジメント・レビュー (特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター) 2 (11): 563-580. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR2-11.html. 

^ 代表取締役の異動について 2002年5月24日任天堂株式会社

^ 任天堂ファミコン30年 中年「マリオ」再び跳べるか 脱・集団指導体制、岩田流でスピード経営 2013/7/15 7:00日本経済新聞

^ “シアトルマリナーズ運営会社の持分の一部を売却する交渉の開始について (PDF)”. 任天堂 (2016年4月28日). 2016年10月29日閲覧。

^ “株主・投資家向け情報:販売データ – ハード・ソフト販売実績”. 任天堂. 2016年10月16日閲覧。

^ a b “2015年2月17日(火)第3四半期決算説明会”. 任天堂 (2015年2月17日). 2015年2月17日閲覧。

^ “社長が訊く『Wii Sports Resort』”. 任天堂 (2009年6月4日). 2014年10月30日閲覧。

^ “株主・投資家向け情報:販売データ – 主要ソフト販売実績 Wii用ソフト”. 任天堂. 2016年10月18日閲覧。

^ “ゲーム業界は不況知らず? 過去最高益を記録した任天堂の決算発表”. 4Gamer.net. Aetas, Inc. (2009年5月7日). 2014年11月1日閲覧。

^ “2009年の「グローバルチャンピオン」、任天堂に”. ITmedia NEWS (2009年10月20日). 2020年4月19日閲覧。

^ “ニンテンドー3DSの発売は2011年2月26日”. ファミ通.com (2010年9月29日). 2014年10月10日閲覧。

^ “「ニンテンドー3DS」国内販売500万台突破”. 任天堂 (2012年2月20日). 2014年10月10日閲覧。

^ “平成24年3月期 第1四半期会計期間の連結業績 第2四半期累計期間及び通期の連結業績予想の修正の説明”. 任天堂. 2014年10月10日閲覧。

^ “Wii Uは2012年12月8日(土)発売!価格はベーシックセットが26250円(税込)、プレミアムセットが31500円(税込)!”. ファミ通.com (2012年9月13日). 2014年10月10日閲覧。

^ “2014年1月30日(木)経営方針説明会/第3四半期決算説明会 (4/5)”. 任天堂 (2014年1月30日). 2016年10月16日閲覧。

^ “任天堂株式会社と株式会社ディー・エヌ・エーの業務・資本提携合意のお知らせ (PDF)”. 任天堂 (2015年3月17日). 2016年10月16日閲覧。

^ a b “任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務、資本提携共同記者発表(3/5)”. 任天堂 (2015年3月17日). 2015年3月21日閲覧。

^ “2015年5月8日(金)決算説明会(1/4)”. 任天堂 (2015年5月8日). 2015年5月8日閲覧。

^ “代表取締役社長の逝去および異動に関するお知らせ(訃報) (PDF)”. 任天堂 (2015年7月13日). 2015年7月13日閲覧。

^ “「ゲームにささげた人生」岩田・任天堂社長の早すぎる死|経済プレミア・トピックス|駅義則|毎日新聞「経済プレミア」”. 毎日新聞 (2015年7月13日). 2015年7月13日閲覧。

^ a b “代表取締役の異動及び役員の委嘱、管掌、担当変更に関するお知らせ (pdf)” (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。

^ “任天堂、執行役員制度を導入へ|企業動向 人事|土本学”. 株式会社イード (2016年5月2日). 2016年11月14日閲覧。

^ “2016年6月29日(水)第76期 定時株主総会 質疑応答”. 任天堂 (2016年6月29日). 2016年11月14日閲覧。

^ “任天堂、売買代金トヨタの6倍超 ポケモノミクス狂騒曲”. 日本経済新聞 (2016年7月14日). 2016年10月16日閲覧。

^ “『Pokémon GO』の配信による当社の連結業績予想への影響について”. 任天堂 (2016年7月22日). 2016年10月16日閲覧。

^ “シアトルマリナーズ運営会社の持分の一部の売却に関するお知らせ (PDF)”. 任天堂 (2016年8月22日). 2016年10月11日閲覧。

^ a b “ジェスネット株式会社の子会社化及び株式会社アジオカからの事業譲受に関するお知らせ (PDF)”. 任天堂 (2016年8月25日). 2017年1月16日閲覧。

^ “ニュースリリース : 2016年10月20日”. 任天堂 (2016年10月20日). 2016年10月26日閲覧。

^ a b “ニュースリリース : 2016年11月29日”. 任天堂 (2016年11月29日). 2016年11月29日閲覧。

^ “ニュースリリース : 2016年12月21日”. 任天堂 (2016年12月21日). 2017年1月5日閲覧。

^ “任天堂「スイッチ」発売 据え置き型 4年半ぶり”. 日本経済新聞 (2017年3月3日). 2017年3月4日閲覧。

^ “沿革”. 任天堂販売株式会社. 2017年8月1日閲覧。

^ “イルミネーションと任天堂 「スーパーマリオ」アニメ映画の企画開発を開始”. 任天堂 (2018年2月1日). 2018年2月15日閲覧。

^ “任天堂、「スーパーマリオ」アニメ映画製作へ=経営方針説明会”. ロイター通信. 2017年2月6日閲覧。

^ “任天堂売上高7年ぶり1兆円超え スイッチ、業績けん引”. 毎日新聞社. 2017年4月27日閲覧。

^ “任天堂社長に古川氏=売上高7年ぶり1兆円”. 時事通信社. 2017年4月27日閲覧。

^ “任天堂、Cygamesとゲームアプリで提携発表 株5%取得”. 日本経済新聞社. 2017年4月27日閲覧。

^ “代表取締役等の異動に関するお知らせ”. 2020年5月23日閲覧。

^ “任天堂次期社長 古川俊太郎氏(46)硬軟使い分ける経理マン”. 日本経済新聞. (2018年4月27日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO29908640W8A420C1TJ1000/ 2018年4月27日閲覧。 

^ “任天堂、「脱カリスマ」へ集団経営 社長に古川氏”. 日本経済新聞. (2018年4月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2988534026042018TJ1000/ 2018年4月27日閲覧。 

^ “米任天堂社長のレジー・フィサメィが4月に引退へ”. IGN JAPAN (2019年2月22日). 2019年4月26日閲覧。

^ “ニンテンドートウキョウ詳細リポート。『マリオ』や『スプラトゥーン』、『どうぶつの森』など大人気作の限定グッズが目白押し!【11/22オープン】”. 2020年5月22日閲覧。

^ “指名等諮問委員会の設置に関するお知らせ”. 2020年5月22日閲覧。

^ “ユニバーサル・スタジオ・ジャパン|USJ” (日本語). Universal Studios Japan. 2020年11月4日閲覧。

^ “世界にここだけの「マリオ・カフェ&ストア」がUSJにオープン!可愛い限定グッズ&シャレたフード満載で楽しすぎか!?【写真77枚】” (日本語). インサイド. 2020年11月4日閲覧。

^ “カナダのソフトウェア開発会社Next Level Games Inc.の子会社化に関するお知らせ”. 2021年1月5日閲覧。

^ “USJ”スーパーニンテンドーワールド”がついにグランドオープン。セレモニーには宮本茂氏やマリオたちも駆け付けた!” (日本語). ファミ通 (2021年3月18日). 2021年3月18日閲覧。

^ “任天堂株式会社 ニュースリリース :2021年6月2日 – 任天堂宇治小倉工場用地の利用について|任天堂”. 任天堂ホームページ. 2021年6月2日閲覧。

^ “株式会社SRDの子会社化に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 任天堂株式会社, (2022年2月24日), https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2022/220224.pdf 2022年3月5日閲覧。 

^ “本社隣接私有地の取得について”. 任天堂. (2022年4月12日). https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2022/220412.html 2022年4月13日閲覧。 

^ “株式会社ダイナモピクチャーズの子会社化に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 任天堂株式会社, (2022年7月14日), https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2022/220714.pdf 2022年7月14日閲覧。 

^ 任天堂の旧本社ビルがホテルとして生まれ変わる!2021年夏開業予定,GAME Watch,2020年1月10日

^ “(仮称)かぶやまProjectのお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社Plan・Do・See, (2020年1月6日), https://plandosee.co.jp/img/kabuyama-project.pdf 2020年1月10日閲覧。 

^ 任天堂旧本社社屋、ホテル「丸福樓」として4月オープン。宿泊予約、受付開始 – トラベルWatch 2022年1月20日(2022年1月24日閲覧)

^ “岩田聡 GDC講演内容”. 任天堂 (2011年3月2日). 2022年4月20日閲覧。

^ “社長が訊く『ニンテンドー3DS』”. 任天堂 (2011年2月25日). 2022年4月20日閲覧。

^ 武田亨 『It’s The NINTENDO』ティーツー出版、2000年、115-116頁。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 4887497164。 

^ “湾岸戦争で爆撃を受けて、ボロボロになったゲームボーイのムービー” (日本語). GIGAZINE. 2021年3月15日閲覧。

^ “Wii Preview 社長プレゼン全文”. 任天堂 (2006年9月14日). 2017年10月7日閲覧。

^ “【任天堂経営方針説明会】ゲーム業界の現状、問題点を岩田社長が語る”. ファミ通.com (2004年6月9日). 2017年1月13日閲覧。

^ “株主・投資家向け情報:経営方針 – 社長メッセージ”. 任天堂. 2017年10月7日閲覧。

^ “2012年4月27日(金)決算説明会”. 任天堂 (2012年4月27日). 2014年10月11日閲覧。

^ a b “2014年10月30日(木)経営方針説明会/第2四半期決算説明会 5/6”. 任天堂 (2014年10月30日). 2014年10月30日閲覧。

^ “2014年10月30日(木)経営方針説明会/第2四半期決算説明会/質疑応答 4/4”. 任天堂 (2014年11月1日). 2014年11月1日閲覧。

^ “2015年10月29日(木)経営方針説明会/第2四半期決算説明会 (6/6)”. 任天堂 (2015年10月29日). 2015年10月30日閲覧。

^ “2015年6月26日(金)第75期 定時株主総会 質疑応答”. 任天堂 (2015年6月26日). 2016年3月10日閲覧。

^ “2014年1月30日(木) 経営方針説明会/第3四半期決算説明会 (3/5)”. 任天堂 (2014年1月30日). 2016年10月13日閲覧。

^ “2014年10月30日(木)経営方針説明会/第2四半期決算説明会 (4/6)”. 任天堂 (2014年10月30日). 2014年10月30日閲覧。

^ “任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務、資本提携共同記者発表(2/5)”. 任天堂 (2015年3月17日). 2015年3月21日閲覧。

^ a b “その他の商品”. 任天堂. 2016年10月16日閲覧。

^ Voskuil, Erik (2014). Before Mario. France: Omaké Books. pp. 18, 24, 44, 50, 66, 72, 91, 94, 98, 106, 110, 122, 134, 138. ISBN 978-2-919603-10-7 

^ a b “ナインボルトの『ニンテンドー昔のレア商品紹介!』”. 任天堂. 2016年11月4日閲覧。

^ a b 武宗しんきろう (2012年12月11日). “テレビゲームファーストジェネレーション 〜日本の据え置き型ゲーム機のはじまり〜 第1回:TVゲームグラフティー[1970年代日本編]”. KADOKAWA Corporation. 2014年11月1日閲覧。

^ “任天堂、新デザインのWii を年末発売へ。GC互換を廃止”. engadget (2011年8月18日). 2016年4月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月11日閲覧。

^ “任天堂 Wii mini 正式発表、ネット接続なしで100ドルの廉価版。カナダで年末限定商品”. engadget (2012年11月27日). 2014年10月11日閲覧。[リンク切れ]

^ “ニンテンドーDSシリーズ本体”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。

^ a b c d e “本体ラインナップ|ニンテンドー3DS”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。

^ “よみがえれ美しい思い出! 「タイトーメモリーズ下巻」で記憶の旅に出る”. IT media (2005年8月25日). 2014年11月24日閲覧。

^ “【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「スペースフィーバー」”. 日刊テラフォー (2012年5月9日). 2016年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月17日閲覧。

^ “上村雅之さん 大いに語る。 ファミリーコンピュータ インタビュー(前編)(2013年10月号より)”. Nintendo DREAM WEB. 2021年7月17日閲覧。

^ a b “『アーケードアーカイブス ドンキーコング』が、本日よりNintendo Switchで配信開始! あの幻のアーケードゲーム『スカイスキッパー』も7月に配信決定!”. 任天堂 (2018年6月15日). 2018年6月15日閲覧。

^ “社長が訊く『New スーパーマリオブラザーズ Wii』”. 任天堂. 2014年11月24日閲覧。

^ “F-ZERO AX(アーカイブ)”. セガ. 2003年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月27日閲覧。

^ “アミューズメントマシン|マリオカート アーケードグランプリ”. バンダイナムコゲームス. 2016年10月27日閲覧。

^ “アミューズメントマシン|マリオカート アーケードグランプリ2”. バンダイナムコゲームス. 2016年10月27日閲覧。

^ “リズム天国 (アーカイブ)”. セガ. 2013年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月31日閲覧。

^ “マリオカート アーケードグランプリ デラックス”. バンダイナムコゲームス. 2016年10月27日閲覧。

^ “ルイージマンション アーケード”. カプコン. 2017年1月31日閲覧。

^ “マリオ&ソニック AT リオオリンピック アーケードゲーム”. セガ. 2018年2月15日閲覧。

^ “マリオカート アーケードグランプリVR – VR ZONE Portal”. バンダイナムコアミューズメント. 2019年1月24日閲覧。

^ “ディスクシステムとは?”. Nintendo Online Magazine 2004.08. 2016年10月26日閲覧。

^ “周辺機器/ゲームボーイプレーヤー詳細情報”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。

^ “プレイやん”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。

^ “ニンテンドーDSブラウザー”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。

^ “ワンセグ受信アダプタ DSテレビ”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。

^ “amiibo(アミーボ)|任天堂 E3 2014情報”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。

^ “amiibo(アミーボ)”. 任天堂. 2016年11月26日閲覧。

^ “スーパーマリオブラザーズ”. 任天堂. 2016年10月27日閲覧。

^ “ゼルダの伝説1”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。

^ “もう一度おさらい! 「メトロイド」シリーズの歴史”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。

^ “ファイアーエムブレムワールド 【FIRE EMBLEM WORLD】”. INTELLIGENT SYSTEMS. 2015年7月15日閲覧。

^ “星のカービィ 20周年スペシャルコレクション”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。

^ “社長が訊く『スターフォックス64 3D』 1. 「京都で働きたい」”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。

^ “ポケモンゲームス:ヒストリー 『ポケットモンスター』シリーズ”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。

^ “社長が訊く『街へいこうよ どうぶつの森』 4. リビングとリビングの空気がつながる”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。

^ “社長が訊く『Wii U』 Wii U GamePad篇 4. 「最後はガッツ」”. 任天堂. 2015年7月15日閲覧。

^ a b c d 横井軍平、牧野武文 『横井軍平ゲーム館 Returns』フィルムアート社、2010年。 

^ “昔懐かしい任天堂の玩具「ラブテスター」が41年ぶりに復刻、テンヨーより6月24日発売”. Inside. IID, Inc. (2010年6月23日). 2014年11月1日閲覧。

^ “バーチャルボーイ”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。

^ “ポケモーション”. 任天堂. 2016年10月27日閲覧。

^ “ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。

^ “ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン”. 任天堂. 2017年10月4日閲覧。

^ “花札・株札”. 任天堂. 2016年10月19日閲覧。

^ a b “テレビゲームと言えば任天堂、任天堂と言えば……トランプ!”. Nintendo Online Magazine 1999年9月号. 2016年11月6日閲覧。

^ “百人一首”. 任天堂. 2016年10月19日閲覧。

^ “ドンキーコングカードゲーム”. 任天堂. 2016年10月27日閲覧。

^ “カードヒーロー トレーディングカード トップページ”. 任天堂. 2021年8月15日閲覧。

^ “TCGファイアーエムブレム0(サイファ)”. INTELLIGENT SYSTEMS. 2016年10月19日閲覧。

^ “囲碁”. 任天堂. 2016年10月19日閲覧。

^ “将棋”. 任天堂. 2016年10月19日閲覧。

^ “麻雀”. 任天堂. 2014年11月1日閲覧。

^ “ポケットピカチュウ”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。

^ “ニンテンドーネットワークとは?”. 任天堂. 2016年10月13日閲覧。

^ a b “2015年10月29日(木)経営方針説明会 / 第2四半期決算説明会(4/6)”. 任天堂 (2015年10月29日). 2015年10月30日閲覧。“2015年10月29日(木)経営方針説明会/第2四半期決算説明会(5/6)”. 任天堂 (2015年10月29日). 2015年10月30日閲覧。

^ a b “「マイニンテンドー」ポイントプログラムとは?”. 任天堂. 2017年10月9日閲覧。

^ “「クラブニンテンドー」サービス終了のお知らせ”. 任天堂 (2015年1月20日). 2015年3月21日閲覧。

^ “任天堂サービスセンターへの持ち込み修理受付終了のお知らせ”. 任天堂 (2016年7月1日). 2016年7月1日閲覧。

^ “会社情報:Nintendo Direct リンク集”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。

^ “2012年10月25日(木)第2四半期決算説明会 質疑応答”. 任天堂 (2012年10月25日). 2014年10月11日閲覧。

^ “ニャニャニャ! ネコマリオタイム”. 任天堂. 2016年10月26日閲覧。

^ “Hello! Indie World(インディーワールド)”. 任天堂. 2018年5月13日閲覧。

^ “インディーゲームを紹介する動画の海外版「Indie World – 19.08.19」 を公開”. 任天堂 (2019年8月20日). 2019年8月20日閲覧。

^ “会社情報:社長が訊く リンク集”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。

^ “「トピックス」ページがオープンしました!”. 任天堂 (2015年12月1日). 2017年10月9日閲覧。

^ “NIntendo News”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。

^ “ニンテンドーキッズスペース”. 任天堂. 2017年1月14日閲覧。

^ “ニンテンドーゲームフロント”. 任天堂. 2015年12月4日閲覧。

^ 任天堂、関空に無料ゲームスペース

^ 関西国際空港にゲーム体験スペース『Nintendo Check In』が6/23よりオープン! 国際線到着通路ではマリオファミリーのお出迎えも!

^ NINTENDO SPACEWORLD 2001 オフィシャルガイドブック. 任天堂/双葉社. pp. 36-45 

^ ニンテンドーブック 2002・冬

^ ニンテンドーブック2002“任天堂、DVD付き「ニンテンドーブック2002・秋」を全国のゲームショップで無料配布”. 電撃オンライン. 2015年12月13日閲覧。

^ Luke Plunkett (2012年8月22日). “Remembering Nintendo’s Other 1980’s Magazine, The Nintendo Fun Club”. Kotaku. 2014年11月26日閲覧。

^ Nintendo Power July/August 1988, p.5, Nintendo of America Inc.

^ a b Evan Narcisse (2012年8月21日). “Report: Nintendo Power Shutting Down”. Kotaku. 2014年11月26日閲覧。

^ Evan Narcisse (2012年8月22日). “Nintendo Confirms the End of the Nintendo Power Era”. Kotaku. 2014年11月26日閲覧。

^ Nintendo Power July/August 1988, p.99, Nintendo of America Inc.

^ Stephen Totilo (2012年8月22日). “Cliff Bleszinski’s Perfect Eulogy for Nintendo Power”. Kotaku. 2014年11月26日閲覧。

^ “Nintendo Creators Programとは”. 任天堂. 2015年1月29日閲覧。

^ “任天堂、同社著作物を利用した動画投稿者に向けたアフィリエイトプログラムを準備中”. inside (2014年5月27日). 2014年11月18日閲覧。“任天堂がゲーム実況を認めたら”. All About (2014年11月18日). 2014年11月18日閲覧。

^ “任天堂、ニコ動の実況プレイ動画を公認–岩田社長「ゲーム文化の裾野を広げるため」”. CNET Japan (2014年11月18日). 2014年11月18日閲覧。

^ “任天堂タイトルの動画配信について”. OPENREC.tv. 2018年3月28日閲覧。

^ a b “ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン”. 任天堂. 2018年11月29日閲覧。

^ “任天堂株式会社の著作物の取り扱いに関する包括的許諾の継続のお知らせ”. UUUM. 2018年11月29日閲覧。

^ “話題の任天堂「著作物ガイドライン」、ファンや法曹関係者の評価とは”. Yahoo! JAPAN. 2018年11月30日閲覧。

^ “2018年3⽉期第2四半期決算説明会”. 任天堂 (2017年10月19日). 2019年9月19日閲覧。

^ “「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」の開催について”. NPB (2018年7月27日). 2019年9月19日閲覧。

^ “「「スマブラSP 東西リーグ 第2期」開幕直前!ナンバーワンは誰の手に?”. 任天堂 (2018年7月27日). 2019年9月19日閲覧。

^ 任天堂株式会社 (2022-06-30). 第82期(2021年4月1日 – 2022年3月31日)有価証券報告書 設備の状況 (Report). 

^ “会社情報:事業所案内”. 任天堂. 2022年6月30日閲覧。

^ 任天堂株式会社 (2022-06-30). 第82期(2021年4月1日 – 2022年3月31日)有価証券報告書 関係会社の状況 (Report). 

^ “顧客重要通知”. 任天堂溥天股份有限公司/任天堂(香港)有限公司 (2014年4月7日). 2017年1月16日閲覧。

^ a b “社長が訊く『Wii U』”. 任天堂. 2014年11月1日閲覧。

^ “社長が訊く『ドンキーコング リターンズ』”. 任天堂. 2014年11月1日閲覧。

^ https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2021/210105.pdf

^ a b https://www.ndcube.co.jp/company

^ https://www.monolithsoft.co.jp/company/

^ https://www.inside-games.jp/article/2012/02/11/54502.html

^ 任天堂株式会社 (2022-06-30). 第82期(2021年4月1日 – 2022年3月31日)有価証券報告書 関係会社の状況 持分法適用関連会社 (Report). 

^ https://corporate.pokemon.co.jp/aboutus/history/

^ a b “会社情報:役員一覧”. 任天堂. 2022年6月30日閲覧。

^ a b 任天堂株式会社 (2022-06-30). 第82期(2021年4月1日 – 2022年3月31日)有価証券報告書 役員の状況 (Report). https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2022/security_q2203.pdf#page=30. 

^ a b “2022年3月期 決算短信 取締役および執行役員の異動 (PDF)”. 任天堂 (2022年5月10日). 2022年6月30日閲覧。

^ “マリオの生みの親・宮本茂氏、60歳の誕生日を迎える”. iNSIDE (2012年11月16日). 2014年10月31日閲覧。

^ “社長が訊く『Newスーパーマリオブラザーズ2』”. 任天堂 (2012年7月24日). 2015年1月5日閲覧。

^ “Miitomoのポテンシャル!坂本賀勇×糸井重里”. ほぼ日刊イトイ新聞 (2016年6月30日). 2019年1月28日閲覧。

^ “社長が訊く『とびだせ どうぶつの森』”. 任天堂 (2012年10月31日). 2014年11月2日閲覧。

^ “社長が訊く『ゼルダの伝説 風のタクト HD』”. 任天堂 (2013年9月8日). 2014年11月2日閲覧。

^ “社長が訊く『マリオカートWii』”. 任天堂 (2008年4月3日). 2014年11月2日閲覧。

^ “更新終了のお知らせ”. スマブラ拳!! (2008年4月14日). 2014年11月2日閲覧。“人気キャラ・カービィの魅力に迫る!”. 任天堂. 2014年11月1日閲覧。

^ “Universal City Studios, Inc., Plaintiff-appellant, v. Nintendo Co., Ltd., Nintendo of America, Inc., Defendants-appellees, 746 F.2d 112(1984)”. JUSTIA. 2014年11月1日閲覧。

^ “UNIVERSAL CITY STUDIOS, INC., Plaintiff-Appellant, Cross-Appellee, v. NINTENDO CO., LTD. and Nintendo of America, Inc., Defendants-Appellees, Cross- Appellants., 797 F.2d 70(1986)”. Resource.org. 2014年11月1日閲覧。

^ “Atari Games Corp. v. Nintendo of America Inc., 975 F. 2d 832 – Court of Appeals, Federal Circuit 1992”. Google. 2014年11月1日閲覧。

^ “任天堂(株)に対する件 昭和58年(勧)第9号 勧告審決”. 公正取引委員会 (1983年4月20日). 2014年11月1日閲覧。

^ “Commission fines Nintendo and seven of its European distributors for colluding to prevent trade in low-priced products” (プレスリリース), 欧州連合, (2002年10月30日), https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/IP_02_1584 2014年11月1日閲覧。 

^ “964 F.2d 965: Lewis Galoob Toys, Inc., v. Nintendo of America, Inc.,” (英語). law.justia.com. 2014年5月24日閲覧。

^ “16 F3d 1032 Nintendo Of America Inc V. Lewis Galoob Toys Inc” (英語). 2014年11月1日閲覧。

^ a b “ニンテンドーDS用装置(マジコン)に対する差止等請求訴訟に関する東京地裁判決について”. 任天堂 (2013年7月9日). 2014年10月11日閲覧。

^ “被害額4兆円近く終わらないマジコンの製造と販売に刑事罰の導入を検討へ”. Gigazine (2010年10月11日). 2014年10月11日閲覧。

^ “ニンテンドーDS用装置(マジコン)に対する不正競争行為差止・損害賠償等請求訴訟に関する最高裁決定について”. 任天堂 (2016年1月19日). 2016年10月13日閲覧。

^ “公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に対する訴訟提起について”. 任天堂 (2017年2月24日). 2017年3月1日閲覧。

^ “公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に関する東京地裁判決について”. 任天堂 (2018年9月27日). 2018年9月28日閲覧。

^ “公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に関する知財高裁判決(終局判決)について”. 任天堂 (2020年1月29日). 2020年1月29日閲覧。

^ “公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に関する最高裁決定(勝訴確定)について”. 任天堂 (2020年12月28日). 2020年12月28日閲覧。

^ “任天堂、コロプラを提訴 「白猫プロジェクト」特許侵害で差し止め・賠償請求”. ITmedia NEWS (2018年1月10日). 2018年1月10日閲覧。

^ “任天堂、『白猫プロジェクト』をめぐるコロプラに対する損害賠償請求金を5億5000万円増額。提訴後の時間経過による増額”. Automaton (2021年2月12日). 2021年2月13日閲覧。

^ “任天堂、コロプラへの請求金額を49億5000万円から96億9900万円に大幅増額” (2021年4月21日). 2021年4月21日閲覧。

^ “任天堂とコロプラが和解、「白猫プロジェクト」の特許権侵害訴訟で 和解金33億円”. ITmedia (2021年8月4日). 2021年8月4日閲覧。

^ “和解による訴訟の解決及び特別損失の計上に関するお知らせ”. 株式会社コロプラ (2021年8月4日). 2021年8月4日閲覧。

^ “特許権侵害訴訟の和解成立のお知らせ”. 株式会社コロプラ (2021年8月4日). 2021年8月4日閲覧。

^ “任天堂が、海外の大手ROM配布サイトの訴訟に踏み切る。損害賠償請求額は100億円規模になる可能性も”. automaton (2018年7月21日). 2018年9月19日閲覧。

^ 「パワハラ放置、雇用拒まれた」と任天堂を提訴 紹介予定派遣の保健師2人 毎日新聞(2020年9月8日)

^ “任天堂から保護者のみなさまへ、大切なお願いです。”. 任天堂. 2016年10月13日閲覧。

^ a b “ニンテンドー3DSソフト『いつの間に交換日記』、『うごくメモ帳 3D(フレンドうごメモギャラリー)』サービス停止のおしらせ”. 任天堂 (2013年11月1日). 2014年10月11日閲覧。

^ “Newニンテンドー3DS”. 任天堂. 2014年10月11日閲覧。

^ “お子さまのゲームプレイをサポートするスマートフォンアプリ『Nintendo みまもり Switch』配信開始!|トピックス”. 任天堂 (2017年3月2日). 2017年5月29日閲覧。

^ “Nintendo みまもり Switch”. 任天堂. 2017年5月29日閲覧。

^ “任天堂、個人情報16万件が流出 不正ログインで購入も”. 朝日新聞. (2020年4月24日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASN4S72LMN4SPLFA01F.html?ref=linenews 2018年4月24日閲覧。 

^ “「ニンテンドーネットワークID」に対する不正ログイン発生のご報告と「ニンテンドーアカウント」を安全にご利用いただくためのお願い|サポート情報|Nintendo”. 任天堂ホームページ. 2020年4月24日閲覧。

^ “2011年4月26日(火)決算説明会 質疑応答”. 任天堂 (2011年4月26日). 2014年10月11日閲覧。

^ “2013年6月27日(木) 第73期 定時株主総会 質疑応答”. 任天堂 (2014年6月27日). 2014年10月11日閲覧。

^ “任天堂株式会社”. 任天堂株式会社公式Twitter (2012年2月22日). 2016年3月23日閲覧。

^ “任天堂、新型Wii多機能に カーナビ・電子書籍”. 日本経済新聞(電子版). (2012年6月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXNZO42206210V00C12A6TJ0000/ 

^ “ニュースリリース : 2012年6月5日”. 任天堂 (2012年6月5日). 2012年6月5日閲覧。

^ “朝日新聞、任天堂に謝罪 公式動画の岩田社長発言をインタビューしたかのように記事に”. ITmedia NEWS (2014年9月14日). 2014年10月11日閲覧。

^ “任天堂と読者の皆様におわびします 朝日新聞社”. 朝日新聞デジタル. (2014年9月14日). オリジナルの2014年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140913232022/http://www.asahi.com/articles/DA3S11350303.html 

^ “https://twitter.com/nintendo/status/471260005702709248” (日本語). Twitter. 2020年6月16日閲覧。

^ “ニンテンドースイッチの記事で「はちま起稿」がデマ、任天堂が完全否定”. BuzzFeed (2016年10月21日). 2016年10月22日閲覧。

^ 50年前のニンテンドーCM他 (本来はカラー) 昭和42~45年 関西編3 おまけ付 Old Nintendo TV commercial in around 1970. Youtube 2018年5月8日配信

外部リンク
ウィキペディアの姉妹プロジェクトで「任天堂」に関する情報が検索できます。

コモンズのメディア(カテゴリ)

ウィキデータのデータ
任天堂ホームページ
任天堂株式会社 (@Nintendo) – Twitter
Nintendo (Nintendo) – Facebook
任天堂株式会社 (@nintendo_jp) – Instagram
Nintendo 公式チャンネル – YouTubeチャンネル
Nintendo 公式チャンネル – ニコニコチャンネル
任天堂 公式LINEアカウント
任天堂 (@NintendoAmerica) – Twitter(英語)表話編歴 主なソフト(ソフト一覧)
マリオシリーズ
スーパーマリオシリーズ
マリオカートシリーズ
マリオパーティシリーズ
ペーパーマリオシリーズ
マリオ&ルイージRPGシリーズ
ドンキーコングシリーズ
ヨッシーシリーズ
ワリオシリーズ
ルイージマンションシリーズ
マリオvs.ドンキーコングシリーズアーケード
パンチアウト!!
バルーンファイトファミリーコンピュータ
ゼルダの伝説シリーズ
メトロイドシリーズ
光神話 パルテナの鏡
ファミコン探偵倶楽部
ファミコンウォーズ
MOTHERシリーズ
ファイアーエムブレムゲームボーイ
役満
星のカービィシリーズ
ピクロス
ポケットモンスタースーパーファミコン
F-ZEROシリーズ
スターフォックスシリーズ‎
パネルでポンNINTENDO64
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
カスタムロボ
どうぶつの森シリーズゲームボーイアドバンス
くるくるくるりんシリーズ
黄金の太陽
伝説のスタフィーシリーズ
ファミコンミニ
bit Generations
リズム天国ニンテンドーゲームキューブ
ピクミンシリーズ
ちびロボ!ニンテンドーDS
大合奏!バンドブラザーズ
nintendogs
脳を鍛える大人のDSトレーニング
トモダチコレクション
ぼくらはカセキホリダーWii
Wii Sports
Wii Fit
ゼノブレイドニンテンドー3DS
引ク押スシリーズ
ザ・ローリング・ウエスタン
ハコボーイ!Wii U
スプラトゥーンNintendo Switch
Nintendo Labo
 主な製品
据え置き機
ファミリーコンピュータ
ファミコンテレビC1
ツインファミコン
編集ファミコン
NES
Advanced Video System
FCディスクシステム
ファミリーベーシック
光線銃シリーズ
FCロボ
3Dシステム
クラシックミニFC
ソフト一覧 (ファミリーコンピュータ – ディスクシステム)スーパーファミコン
SF1
スーパーゲームボーイ
サテラビュー
SFCマウス
スーパースコープ
スーファミターボ
クラシックミニSFC
ソフト一覧NINTENDO64
iQue Player
64DD
振動パック
64GBパック
メモリー拡張パック
ソフト一覧ニンテンドーゲームキューブ
ゲームボーイプレーヤー
GBAケーブル
タルコンガ
カードe
ソフト一覧Wii
Wiiリモコン
拡張コントローラ
ヌンチャク
クラシックコントローラ
アタッチメント
Wiiザッパー
Wiiハンドル)
バランスWiiボード
Wiiモーションプラス
センサーバー
Wiiスピーク
ソフト一覧
パッケージソフト
VCソフト
Wiiウェア
アップデートWii U
ソフト一覧
パッケージソフト・DLソフト
VCソフト
アップデートNintendo Switch
ソフト一覧
パッケージソフト
DLソフト
アップデートその他
テレビゲーム15
携帯機
ゲームボーイ
ポケット
ライト
カラー
通信ケーブル
モバイルアダプタGB
ポケットプリンタ
ライトボーイ
ソフト一覧ゲームボーイアドバンス
SP
ミクロ
ゲームボーイアドバンス専用ワイヤレスアダプタ
プレイやん
ソフト一覧ニンテンドーDS
DS Lite
DSi
DSi LL
DS振動カートリッジ
ワンセグ受信アダプタ DSテレビ
生活リズム計
ポケウォーカー
ワイヤレスキーボード
ソフト一覧
パッケージソフト
DSiウェアニンテンドー3DS
3DS LL
2DS
New3DS
New3DS LL
New2DS LL
ソフト一覧
パッケージソフト
DLソフト
VCソフト
アップデートその他
ゲーム&ウオッチ
バーチャルボーイ
ポケットピカチュウ
ポケモンミニ
Switch Lite
アーケードゲーム
スペースフィーバー
シェリフ
モンキーマジック
スペースファイアバード
スカイスキッパー
レーダースコープ
ドンキーコング
ドンキーコングJR.
ポパイ
ドンキーコング3
マリオブラザーズ業務用ゲーム
VS.システム
ファミコンボックス
トライフォーステーブルゲーム
花札
トランプ
麻雀
囲碁
将棋
小倉百人一首
サイコロ
ポーカーチップ
ドンキーコングカードゲーム
ファイアーエムブレム0玩具
ウルトラハンド
ウルトラマシン
N&Bブロック
ラブテスター
光線銃シリーズ
ウルトラスコープ
タイムショック
レフティRX
チリトリー
テンビリオン
ポケモーション
amiiboその他
ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ
ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ
ママベリカ
コピラス
 主なサービス
ソフト書き換えサービス
ディスクライター
ニンテンドウパワー試遊台
月刊任天堂店頭デモ
DSステーション
Wiiステーションダウンロード販売
ニンテンドーeショップ
Wiiショッピングチャンネル
バーチャルコンソール
Wiiウェア
ニンテンドーDSiウェアネットワークサービス
Nintendo Switch Online
ニンテンドーネットワーク
ニンテンドーゾーン
ニンテンドーWi-Fiコネクション
WiiConnect24
ランドネットコミュニケーション
すれちがい通信
すれちがいMii広場
いつの間に交換日記
Miiverseインターネット番組
Nintendo Direct
ニャニャニャ! ネコマリオタイム
よゐこの○○で○○生活映像配信サービス
ニンテンドービデオ
いつの間にテレビ
Wiiの間ウェブブラウザ
インターネットチャンネル
ニンテンドーDSiブラウザー
ニンテンドーDSブラウザーイベント
任天堂スペースワールド
Nintendo World 2006 Wii体験会会員サービス
マイニンテンドー
クラブニンテンドーその他
任天堂ゲームセミナー
ニンテンドーゲームフロント
みんなのニンテンドーチャンネル
ニンテンドーポイント
Nintendo Creators Program
 主な人物
歴代社長
初代:山内房治郎
第2代:山内積良
第3代:山内溥
第4代:岩田聡
第5代:君島達己
第6代:古川俊太郎代表取締役
社長:古川俊太郎
フェロー:宮本茂ゲームクリエイター
青沼英二
足助重之
阿部将道
有本正直
出石武宏
今村孝矢
上村雅之
江口勝也
岡田智
尾山佳之
加納誠
河越巧
木村浩之
京極あや
清武博二
葛原貴光
小泉歓晃
小田部羊一
紺野秀樹
坂本賀勇
澤野貴夫
清水隆雄
白川真理
杉山直
副島康成
高橋伸也(取締役 常務執行役員)
竹内高
田邊賢輔
手塚卓志
寺崎啓祐
中植茂久
中郷俊彦
中野祐輔
野上恒
日野重文
藤林秀麿
堀田拓司
松岡洋史
三木研次
宮永真
森田和明
山上仁志
山田洋一
山村康久
横井軍平作曲家
朝日温子
石川こずえ
岡素世
近藤浩治
椎葉大翼
須戸敏之
田中宏和
戸高一生
永田権太
永田しのぶ
中塚章人
永松亮
濱野美奈子
早崎あすか
藤井志帆
峰岸透
山本健誌
横田真人
若井淑Nintendo of America
荒川實
レジナルド・フィサメィ(京都本社 執行役員兼務)
ダグ・バウザー(英語版)
ハワード・リンカーン関連人物
浅田篤(元代表取締役会長)
池田宏
糸井重里
今西紘史
桜井政博
竹田玄洋(元代表取締役 技術フェロー)
田尻智
萩島光明
波多野信治
山内成介
 関連企業
グループ企業
日本
1-UPスタジオ
エヌディーキューブ
SRD
任天堂販売株式会社
株式会社ポケモン
マリオクラブ
モノリスソフト
ワープスター北米
Nintendo of America
Nintendo Software Technology
Nintendo Technology Development
レトロスタジオ
Nintendo of Canada
Next Level Games欧州
Nintendo of Europe
Nintendo Benelux
Nintendo France
Nintendo European Research and Development
Nintendo Ibérica
Nintendo RU
Nintendo Australiaアジア
神游科技
任天堂香港
韓国任天堂
出資先企業・セカンドパーティー
DeNA
VITEI
アーゼスト
インテリジェントシステムズ
エイプ
グッド・フィール
クリーチャーズ
グレッゾ
ゲームフリーク‎
ジニアス・ソノリティ
ソラ
ハル研究所過去のグループ企業
日本
衛星デジタル音楽放送
プロジェクトソラ
ダイヤタクシー(現・南ヤサカ交通)
ランドネットディディ海外
レア
A/N Software
任天堂溥天

 関連項目
任天堂ハード専門誌
Theスーパーファミコン
電撃Nintendo
Nintendo Kids
ニンテンドードリーム
ファミコン必勝本
ファミ通DS+Wii
ファミリーコンピュータMagazine
マル勝ファミコン関連書籍シリーズ
任天堂公式ガイドブック
任天堂公認曲集スポーツ
シアトル・マリナーズ
京都サンガF.C.関連施設
時雨殿
Nintendo New York
スーパー・ニンテンドー・ワールド一社提供番組
遠山の金さん捕物帳(夏目俊二主演版)
紫頭巾(夏目俊二主演版)
少年シンドバッド
スーパーマリオクラブ
スーパーマリオスタジアム
64マリオスタジアム
マリオスクール
マジック王国
Mr.マリック魔法の時間
恋のカイトウ!?トモコレ2世サテラビュー放送番組
E.D.F
伊集院光の怪電波発信基地
伊集院光の放課後の王様
F-ZERO
すってはっくん
ゼルダの伝説
ドクターマリオ
パネルでポン
BSゼルダの伝説
BS探偵倶楽部 雪に消えた過去
BSドラゴンクエストI
BSファイアーエムブレム アカネイア戦記
BSマーヴェラス
ピクロス
平成 新・鬼ヶ島
ヨッシーのパネポン
ラジカル・ドリーマーズ -盗めない宝石-
ワリオの森訴訟
池上通信機裁判
ユニバーサル・シティ・スタジオ対任天堂裁判
ティアリングサーガ裁判その他
マリオ
Mii
Bダッシュ
企画制作本部
旧企画開発本部
旧情報開発本部
データ漏洩事件

カテゴリ
コモンズ
表話編歴家庭用ゲーム機メーカー
アタリ
バンダイ*1
エポック社
任天堂
セガ
NEC HE*1ビッグローブ
KDE
SNK*2
SCE→SIE
マイクロソフト
*1撤退時の社名 *2 旧社(現在の同名企業とは異なる)
表話編歴TOPIX 100Core30
セブン&アイ
信越化
花王
武田
アステラス
第一三共
リクルート
SMC
ダイキン
日立
日電産
ソニーG
キーエンス
ファナック
村田製
トヨタ
ホンダ
HOYA
任天堂
伊藤忠
三井物
東エレク
三菱商
三菱UFJ
三井住友FG
みずほFG
東京海上
NTT
KDDI
SBGLarge70
大和ハウス
積ハウス
エムスリー
アサヒ
キリンHD
味の素
JT
東レ
旭化成
三菱ケミHD
塩野義
中外薬
エーザイ
小野薬
テルモ
大塚HD
OLC
ZHD
富士フイルム
資生堂
ENEOS
ブリヂストン
日本製鉄
住友鉱
住友電
日本郵政
コマツ
クボタ
東芝
三菱電
マキタ
オムロン
富士通
パナHD
シスメックス
デンソー
レーザーテク
京セラ
三菱重
日産自
スズキ
SUBARU
シマノ
オリンパス
キヤノン
バンナムHD
丸紅
住友商
ユニチャーム
イオン
りそなHD
三井住友トラ
オリックス
大和
野村
SOMPO
日本取引所
MS&AD
第一生命HD
三井不
菱地所
住友不
JR東日本
JR西日本
JR東海
ANAHD
SB
セコム
ニトリHD
ファストリ
表話編歴コンピュータエンターテインメント協会(CESA)正会員
アークシステムワークス
アイディアファクトリー
アイレムソフトウェアエンジニアリング
アカツキ
アクワイア
アトラス
アニプレックス
アリカ
アンビション
イマジカデジタルスケープ
インティ・クリエイツ
ウォーゲーミングジャパン
ディズニー・インタラクティブ・スタジオ
SNK
エッジワークス
エディア
NHN JAPAN
エレクトロニック・アーツ
オーイズミ・アミュージオ
オフィスクリエイト
角川ゲームス
カプコン
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
グッド・フィール
KLab
グランゼーラ
グリー
ケイブ
元気
コーエーテクモゲームス
コナミデジタルエンタテインメント
コロプラ
Cygames
サイバーエージェント
サイバーステップ
サクセス
サミーネットワークス
C&Cメディア
ジープラ
ジェイエムエス・ユナイテッド
システムソフト・ベータ
SHIFT
シリコンスタジオ
スクウェア・エニックス
スタジオフェイク
スパイク・チュンソフト
スマイルブーム
セガ
ゼニマックス・アジア
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソニックパワード
タイトー
タカラトミー
タムソフト
ディー・エヌ・エー
ディースリー・パブリッシャー
DICO
ディンプス
デジタルハーツ
ドリコム
ドワンゴ
ナウプロダクション
ナツメアタリ
日本マイクロソフト
ハムスター
バンダイナムコエンターテインメント
ピグミースタジオ
フジゲームス
藤商事
プラチナゲームズ
フリュー
フレイムハーツ
プロダクション・アイジー
プロトタイプ
フロム・ソフトウェア
ヘキサドライブ
ヘッドロック
ポールトゥウィン
ポケモン
ポケラボ
ポリゴンマジック
ボルテージ
マーベラス
マイネット
ミクシィ
miHoYo
ユークス
ユービーアイソフト
Yostar
LINE
ラセングル
リベル・エンタテインメント
レッド・エンタテインメント
レベルファイブ特別賛助会員
任天堂一般賛助会員(企業)
ADKマーケティング・ソリューションズ
Epic Games Japan
KADOKAWA
GameWith
コスパ
サードウェーブ
ソニー・ミュージックコミュニケーションズ
ソフトギア
大和証券
タカラトミーアーツ
Tencent Japan
日経BP
Pearl Abyss JP
Happy Elements Asia Pacific
505 Games Japan
ブシロード
Project White
ブロッコリー
みずほ銀行
ミラティブ
モリサワ
吉本興業一般賛助会員(学校)
アミューズメントメディア総合学院
新潟コンピュータ専門学校
神戸電子専門学校
学校法人日本教育財団
国際情報工科自動車大学校
専門学校東京テクニカルカレッジ
沼津情報・ビジネス専門学校
アーツカレッジヨコハマ
ヒューマンアカデミー
総合学園ヒューマンアカデミー
日本工学院専門学校
日本工学院八王子専門学校
日本電子専門学校
東京コミュニケーションアート専門学校
名古屋情報メディア専門学校
新潟高度情報専門学校
東北電子専門学校
早稲田文理専門学校
バンタンゲームアカデミー
ECCコンピュータ専門学校関連団体
コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)
コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)
日本アミューズメント産業協会(JAIA)
日本コンピュータゲーム協会(JCGA)
表話編歴ファミ通アワード 最優秀ゲームメーカー賞2000年代
任天堂 (2005)
任天堂 (2006)
任天堂 (2007)
カプコン (2008)
スクウェア・エニックス (2009)2010年代
カプコン (2010)
カプコン (2011)
カプコン (2012)
カプコン (2013)
レベルファイブ (2014)
スクウェア・エニックス (2015)
スクウェア・エニックス (2016)
スクウェア・エニックス (2017)
カプコン (2018)
2009年度より任天堂が殿堂入りのため対象外
典拠管理
BIBSYS: 90574067
BNF: cb13980292t (データ)
CINII: DA16091898
ISNI: 0000 0004 0490 5456
J9U: 987007605238005171
LCCN: n80155453
MBA: 05e536dd-abaa-4e87-b9c0-678eb59c38c8, 6e143f83-75ff-48db-8002-83935746d871
MBL: d6404fef-42d9-4b4f-8853-02ffd71433ca, 7887c771-abf2-4b01-be31-4f7285904e87
NDL: 00644798
SUDOC: 084163453
VIAF: 145603854
WorldCat Identities: lccn-n80155453

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=任天堂&oldid=91335855」から取得
カテゴリ: 任天堂日本のコンピュータゲームメーカー・ブランド日本の玩具メーカー日本の多国籍企業京都市南区の企業東証プライム上場企業NASDAQ上場企業フランクフルト証券取引所上場企業1947年設立の企業1962年上場の企業下京区の歴史東山区の歴史かるた製造元日経平均株価TOPIX 100隠しカテゴリ: 外部リンクがリンク切れになっている記事/2022年5月編集半保護中のページウィキデータにない座標出典を必要とする記事/2021年7月出典を必要とする記述のある記事/2020年8月ウィキペディアとウィキデータで異なる公式ウェブサイトBIBSYS識別子が指定されている記事BNF識別子が指定されている記事CINII識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事MusicBrainzレーベル識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 9129
再生回数: 6526
[spincontent type=”j”]

ファミコンで発売された任天堂作品一覧まとめ[49作品] Youtube

ファミコンで発売された任天堂作品を49タイトル振り返ってみたいと思います。
※ファミリーベーシック関連は周辺機器扱いとのことで外しています。
ブロックセット、ジャイロセットについては以前投稿した動画を再利用しています。

ディスクシステムについては下記リンクに任天堂作品をまとめています。

【目次】
0:00 ドンキーコング
1:29 ドンキーコングJR.
2:26 ポパイ
3:23 五目ならべ連珠
3:52 麻雀 
4:34 マリオブラザーズ
5:45 ポパイのえいごあそび
6:40 ベースボール
7:28 ドンキーコングJR.の算数遊び
8:05 テニス
8:47 ピンボール
9:56 ワイルドガンマン
10:53 ダックハント
11:39 ゴルフ
12:18 ホーガンスアレイ
13:19 ドンキーコング3
14:29 デビルワールド
16:08 F1レース
17:43 4人打ち麻雀
18:15 アーバンチャンピオン
19:38 クルクルランド
20:44 エキサイトバイク
22:16 バルーンファイト
23:27 アイスクライマー
25:21 サッカー
26:51 レッキングクルー
28:06 スパルタンX
31:05 ブロックセット
33:43 ジャイロセット
37:18 スーパーマリオブラザーズ
38:50 マッハライダー
39:59 マイクタイソンパンチアウト
41:30 銀河の3人
42:40 ファミコンウォーズ
44:30 スーパーマリオブラザーズ3
47:43 マザー
50:37 ファイアーエムブレム
53:03 ドクターマリオ
53:47 新4人打ち麻雀 役満天国
54:44 マリオオープンゴルフ
55:51 ヨッシーのたまご
56:36 ファイアーエムブレム外伝
58:41 スーパーマリオUSA
59:58 ヨッシーのクッキー
1:01:28 星のカービィ夢の泉の物語
1:04:05 ジョイメカファイト
1:07:41 テトリスフラッシュ
1:09:07 ゼルダの伝説1
1:10:09 ワリオの森

チャンネル登録はこちら↓↓
https://youtube.com/channel/UCic9QfXhliWTWxxyLIDLYdw?sub_confirmation=1

【Instagram】https://www.instagram.com/kyuzo9237
【Twitter】https://twitter.com/kyuzogame

#ファミコンゲーマーきゅうぞう

【使用素材】
■PANICPUMPKIN
http://pansound.com/panicpumpkin/
■魔王魂
https://maoudamashii.jokersounds.com/list/bgm11.html
■甘茶の音楽工房
https://amachamusic.chagasi.com/index.html
■MusMus
http://musmus.main.jp/
■効果音ラボ
https://soundeffect-lab.info/
■ニコニ・コモンズ
http://commons.nicovideo.jp/
■Radio DJOnline
https://radiodj.online/
■soundcloud
https://soundcloud.com/
■OtoLogic
https://otologic.jp/

2. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Yomiuri

Yomiuri
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6285
[spincontent type=”j”]

3. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Asahi Shimbun

朝日新聞
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 朝日新聞で検索した 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する上記の情報が、次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 37 14
[spincontent type=”j”]

4. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ The Japan Times

The Japan Times
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: ジャパン タイムズで検索した 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する記事のトップです。次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2761
[spincontent type=”j”]

5. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Yomiuri Shimbun

読売新聞
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する詳細情報はすでにありますか? 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 54
[spincontent type=”j”]

6. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Mainichi Shimbun

毎日新聞
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 毎日新聞で見つけた 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する上記の情報が、次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 32 16
[spincontent type=”j”]

7. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Sankei Shimbun

産経新聞
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 産経新聞で検索した 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する記事のトップです。次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7699
[spincontent type=”j”]

8. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6800
[spincontent type=”j”]

9. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Chunichi Shimbun

中日新聞
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 中日新聞で検索した 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する上記の情報が、次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8195
[spincontent type=”j”]

10. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Tokyo Shimbun

東京新聞
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 60 25
[spincontent type=”j”]

11. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6207
[spincontent type=”j”]

12. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 日刊工業新聞で見つけた 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する上記の情報が、次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5704
[spincontent type=”j”]

13. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Ainu Times

アイヌタイムス
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: アイヌ タイムズで検索した 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する記事のトップです。次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2521
[spincontent type=”j”]

14. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する詳細情報はすでにありますか? 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 36 14
[spincontent type=”j”]

15. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Chiba Nippo

千葉日報
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 千葉日報で検索した 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する上記の情報が、次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1779
[spincontent type=”j”]

16. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Chugoku Shimbun

中国新聞
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 中国新聞で検索した 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する記事のトップです。次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7383
[spincontent type=”j”]

17. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ Daily Tohoku

デイリー東北
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5323
[spincontent type=”j”]

18. 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

説明: イースタン クロニクルで検索した 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する上記の情報が、次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 26 17
[spincontent type=”j”]

次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ に関する質問

次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ

次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ
方法次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ
チュートリアル 次のうち、任天堂の「ファミリーコンピューター」でゲームタイトルになっていない芸能人はだれ
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: