あなたは 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム を共有します。 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0ドラえもん > ドラえもんの派生作品 > ドラえもん (2005年のテレビアニメ)  > ドラえもん映画作品 > 映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2021年9月)映画ドラえもん のび太のひみつ道具.mw-parser-output ruby.largefont-size:250%.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtcfont-size:.3em.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtcfont-feature-settings:”ruby”1.mw-parser-output ruby.yomigana>rtfont-feature-settings:”ruby”0博物館(ミュージアム)監督
寺本幸代脚本
清水東原作
藤子・F・不二雄出演者
水田わさび大原めぐみかかずゆみ木村昴関智一千秋三瓶由布子松平健向井理音楽
沢田完主題歌
Perfume「未来のミュージアム」制作会社
シンエイ動画製作会社
映画ドラえもん制作委員会配給
東宝公開
2013年3月9日 2013年4月6日 2013年10月31日上映時間
103分製作国
日本言語
日本語興行収入
39.8億円前作
映画ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜次作
映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜テンプレートを表示『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』(えいがドラえもん のびたのひみつどうぐミュージアム)は、2013年の日本のSFコメディアニメ映画。藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とした、映画「ドラえもん」シリーズの第33作目。監督は寺本幸代、脚本は清水東が務めた。
テレビ朝日開局55周年記念作品。第31回ゴールデングロス賞優秀銀賞受賞[1]。

概要[編集]
藤子プロと今作の漫画版を執筆したむぎわらしんたろうが共同で作った企画が元になっている[2]。
第2期の大長編シリーズでは5作目にあたり、かつ原作漫画を原案としない作品は本作が初となる。また、完全オリジナルでは第1期を含めると『ドラえもん のび太とロボット王国』以来11年ぶりとなる。

作風[編集]
監督の寺本幸代は2011年にオープンした川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムを訪れた際の仕掛けなどに影響を受け制作に取り掛かったという[3]。今作はたくさんのひみつ道具が登場しており、寺本は「『ドラえもん ひみつ道具大事典』のページを日本で一番めくったのは私ではないかと思っている」と語っている[3]。
寺本にとっての前作『新・のび太と鉄人兵団』がシリアスなドラマだったこともあり、「今回はうってかわって楽しい映画を作りたい」「お客さんが笑って映画館を出られるような、そんな映画にしたい」[4]とも語っており、漫画版で見られるシリアスな雰囲気よりも、映画版では寺本好みのコメディ要素が多く打ち出された作品となっている。主題歌も映画のイメージに合わせたコミカルな曲調となっている。またシャーロック・ホームズネタをいくつか仕込んでおり「にやっとしてもらえたらうれしい」と述べている[4]。
今までの『映画ドラえもん』シリーズでは、主人公であるドラえもんよりものび太が活躍することが多かったが、今作の隠れた主役はドラえもんであり[3]、原作第1話「未来の国からはるばると」[注 1]のワンシーンが登場するなど、ドラえもんとのび太の友情が改めて描かれている。

あらすじ[編集]
この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。あらすじの書き方を参考にして、物語全体の流れが理解できるように(ネタバレも含めて)、著作権を侵害しないようご自身の言葉で加筆を行なってください。(2016年5月)(使い方)ドラ焼きを沢山食べた後の昼寝中に怪盗DXと名乗るハンターに、盗んでも他人にとって仕方がないはずの首に付けた鈴をもぎ取られ、持ち去られたドラえもん。怪盗DXから贈られたカードを受け取ったのび太がシャーロック・ホームズセットでその行方を調査したところ、あらゆるひみつ道具が展示されている未来の博物館「ひみつ道具博物館(ミュージアム)」にあるということが分かる。鈴を探すために博物館を訪れたドラえもんたち5人は、案内役のクルトと共に館内を見て回ることにした。その翌日、博物館に「大事なひみつ道具をいただきに参る」という怪盗DXからの予告状が届く。ドラえもんたちは、現れた怪盗DXに応戦するもねじ伏せられ、6つのひみつ道具を奪われてしまう。果たして怪盗DXの正体とその目的とは?

登場人物[編集]
レギュラーキャラクター[編集]
ドラえもん
声 – 水田わさび
怪盗DXに鈴を盗まれた挙げ句にスッポンロボに住み着かれた所為でポケットより道具を取り出せなくなるなど、ろくな目に遭っていない。「(ひみつ道具が使えない自分は)おっちょこちょいののび太くんと同じだ」「君はバカだね」と毒を吐いている。この一件で鈴がなくなることで野良猫化することも判明(空き地ではBGMがねこふんじゃった)した。鈴の代わりに付けているものは度々変わっている(博物館内では誰が付けたのか不明)。
ドラえもんが鈴に拘る理由は、のび太と暮らし始めて間もない頃、のび太とケンカした際に鈴がドブに落ちてしまい、それをのび太が懸命になって見つけ出してくれたことで、勉強も運動も駄目だけどのび太の優しさを知ることが出来た思い出深いものであるため。
その鈴は、猫集め機能が故障するも、何年も前に22世紀にて修理済み。工場で、新型を買い直す値段の5倍の費用をはたいて修理を注文するところからも、思い出深さが覗える。
最後にスッポンロボに咬まれた際、ドラえもん一人でスッポンロボごとひみつ道具を一つ取り出した。
野比のび太
声 – 大原めぐみ
シャーロックホームズセットを使ってシャーロックのび太になるが、DXをデラックスと読むことを知らなかったり、隠し扉の場面などでしずかに出し抜かれるが、それでもゴルゴンの首制圧直後にある証拠品を押さえたことで、ドラえもんに「君は実に馬鹿だな」と野次られても、ジャイアンとスネ夫にからかわれても構うことなく怪盗DXと、加えて同行していたクルトの正体を暴いた上に、元の姿であっても人工太陽を止める方法を思いついて成功させた。
ドラえもんの鈴の代わりを、着せかえカメラでいくつも作った。
ハルトマン博士の立像を前に、クルトが彼の孫であることを察知した。
怪盗DXとクルトの意外な正体に、静かに怒った。
源静香(しずか)
声 – かかずゆみ
6つの道具の共通点があると示唆したり、隠し扉に気づくなど、劇中では重要な役割をし、スネ夫に「のび太(シャーロックホームズセットを使った状態)よりしずかちゃんの方がホームズっぽい」と言われたが、最後まで怪盗DXの正体に気づかなかった。また、襲い来るゴルゴンの首を、のび太がスッポンロボに咬まれている間に機転を効かせて道具を取り出し返り討ちにもした。尚、作中に大胆なパンチラシーンがある。
剛田武(ジャイアン)
声 – 木村昴
事件の経緯を知り、スネ夫と共に探すのを協力する(実際は博物館に行きたかっただけで、鈴を探そうともせず、遊んでいた)。しかし、遊んでいた際に誤ってガリバートンネルをくぐってしまい、手段を確保できなかったため元に戻れない[注 2]まま終盤まで小さい状態で過ごすことになった。そんな中で、DXころばし屋からスネ夫を救っている。
骨川スネ夫
声 – 関智一
クルトを嘲った罰としてか、無駄に広いミュージアム内にては発信器が外れてしまえば遭難すると、クルトに脅された。
ジャイアンと同様の理由で小さくなり、元に戻れない[注 2]まま終盤まで小さい状態で過ごすことになった。しかし、ペプラー博士の研究室に向かう際、落ちていた壊されたビッグライトを直し、ジャイアンを元に戻して自分も元に戻った。
野比玉子(のび太のママ)
声 – 三石琴乃
ドラミ
声 – 千秋
ドラえもんの鈴の代わりにレモンの実を付けたが、彼のためにメロンパン20個を後からもらう約束でミュージアムのチケットを渡す。
セワシ
声 – 松本さち
ドラえもんの回想に少し登場する。ゲストキャラクター[編集]
クルト・ハルトマン[注 3]
声 – 三瓶由布子
博物館のガイドを務める少年。ひみつ道具職人を目指している。アルバイトのためかガイド役はあまりまじめではなく、よくトイレに行くと等言っては抜け出している。しかし、そのせいでドラえもんたちが迷ってしまい、館長のフィークスから怒られている。ハルトマン博士の孫であり、ペプラー博士を師匠に道具製作をしているが、へっぽこな道具ばかり作っては館長を困らせている。また、ジャイアンとスネ夫からは「祖父はすごい発明家なのに、お前はへっぽこ道具ばかり作っている」とからかわれている。いつか博物館に飾られるような道具を作ることを目標としている。
ジンジャーに好意を抱いているが、今のところ気づかれていない。グルメテーブルかけを「B級グルメテーブルかけ」に改造しており、それで夕食を振る舞おうとした。ビッグライトを「ビックリライト」に改造しており、最後に活躍させた。
前述のように、館長やジャイアン、スネ夫から皮肉を言われても、前向きであり、ひみつ道具作りに熱中するあまり、時間を忘れることもある。劇中では、ポポンの修理を真夜中までやっていた。また、「それだけ夢中になれるものがあることがうらやましい、僕は何をやっても駄目で長続きしないから…」と落ち込み気味だったのび太に「そんなことないよ。師匠が言っていたけどね、取り柄がない人間はいないって。だから、きっとのび太にも取り柄があるはずだよ」と言うなど、優しい性格で仲間たちからバカにされるのび太を自分と重ね、励ました。
名前は表札には「KURT」と綴っている。
ポポン
声 – 愛河里花子
スライムのような姿をした、クルトが偶然作り出したペット型ひみつ道具。外見は『T・Pぼん』に登場するブヨヨンの色違いである。関連企画のひみつ道具クイズにも登場するがセリフはない。名前の由来は「いつもポンポン跳ねてる」という理由から。
クルトに懐いている[注 4]。クルトは元々ナカミスイトールを改良(中身を2倍にして出す)していたが、ヤケになってナカミスイトールの失敗作とお菓子、ジュースをミキサーに入れて混ぜた結果、ポポンが生まれた。中身だけを吸い取って食べるが、食べ過ぎでお腹を壊してしまうことがある。ある場面でモザイク処理を施した。
ジンジャー
声 – 堀江由衣
ペプラー博士の孫娘。大きな水色のリボンで髪を結えている。見た目は可愛いが少々口が悪く気が強い性格。祖父と共に博物館に隠れ住んでいる。クルトに好意を寄せられているものの全く気がついていない。両親への言及は一切なく、祖父に育てられた。
食料の調達と家事を担当しており、料理の腕前はかなりのもの。お茶とお菓子にこだわりがあるようで、紅茶は茶葉から淹れてケーキも手作りしており、へそくりを隠した直後の館長から茶葉を奪うついでにお菓子をつまみ食いして出来合いにしてはまあまあと言っている。お茶と食事の時間にテーブルを空けておかないと怒る。
修理工場でペプラー博士が捕まった際、警察に保護されるもペプラー博士の元へ戻っている。研究を続けるペプラー博士を、「いつか世界を滅ぼしそうな気がする」と危惧。
フィークス
声 – 土師孝也
ひみつ道具博物館館長。クルトの作るひみつ道具の一番の被害者。なにやら隠し事をしているようで、怪しげな行動をとっており、それを通風孔から覗き見したジャイアンとスネ夫からは疑われている。が、実際は芝刈り魚に隠したままゴンスケの提案で放たれ失くしてしまったへそくりを怪盗DXの混乱に乗じて探すためだったという、ただのミスリードであった。ペプラー博士はこの様子を知り、呆れる。
マスタード
声 – 松平健
怪盗DXを追っている22世紀の刑事。階級は警部。最初はドラえもん達を軽くあしらっていたが、ドラえもんの鈴が盗まれた事情を聞くと皆を捜査に参加させる。怪盗DXの予告状とクルトの手がかりレンズにより自然館で見張りをしていたが、鬼は外ビーンズの襲撃にあい、攻撃を避けるためぬけあなボールペンを使用したためなんでも館に飛ばされてしまった。その後、怪盗DXとひみつ道具13番勝負をした。警部の役を演じた松平健曰く、ひみつ道具13番勝負がお気に入りのシーンらしい。関連企画のひみつ道具クイズでは「〜マスタード」が口癖。漫画版では未登場。
ハルトマン博士
声 – 石井康嗣
クルト・ハルトマンの祖父。故人。フルメタルを発見し、初期型どこでもドアなどを作りひみつ道具を大きく発展させた偉大な発明家。ペプラー博士とは親友で、ライバル視されているがめちゃくちゃ仲が良く、彼が追放された際も大変悲しんでいた。
ゴンスケ
声 – 龍田直樹
前作に引き続いて登場する芋掘りロボット。今作では博物館のスッポンロボ釣りコーナーで働いているが、「博物館の怪人」に貯め込んだサツマイモを盗まれる。
向井おさる
声 – 向井理[5][6]
「見ざる聞かざる向井おさる」がキャッチフレーズの22世紀のアイドル・俳優。向井理の子孫。「向井おさる」は芸名で[7]、本名は不明。映画本編ではワンシーンのみ登場(漫画版では未登場)。公開直前スペシャル「最強!ころばし屋Z」ではころばし屋Zの最初の被害者になる。犯罪者[編集]
ペプラー博士[注 3]
声 – 千葉繁
昔、クルトの祖父・ハルトマン博士と共に研究をしていた博士。しかし自身の過失で太陽製造機を暴走させてしまい追放、一時は修理工場に身を隠し研究を続けていたが、4月1日に発見され、そこからも追放となり、以降はジンジャーと共に博物館に隠れ住み研究を続けている。だが、ジンジャーには頭が上がらない。下半身の自由がきかないようで常に浮遊椅子で移動する。
ハルトマン博士と共に研究していただけあって、博物館のセキュリティに気づかれず隠れ住んだり抜け穴を作ったりと腕は悪くない。フルメタルを超える性質『ペプラーメタル』の完成を目指しており、それと関わりがあるひみつ道具を集めている[注 5]。
明るい性格の映画版と異なり、漫画版では一人の真摯な研究者として描かれている。
怪盗DX(デラックス)
声 – 関智一
ドラえもんの鈴を盗んだ22世紀の怪盗。ドラえもんの鈴のほかに博物館でビッグライトも盗んでおり、その正体は謎に包まれている。かなりの長身でスーツに身を包み、身の動きが軽いのが特徴で、頭に被っているシルクハットは、ひみつ道具を出すこともしまうこともできる。ドラえもんたちが博物館にやって来た次の日に予告状を出し、その後何度もみんなの前に現れ、勝負を挑んできたマスタード警部とひみつ道具13番勝負をした。しかし結局勝負がつかず実力行使に切り替え、改良したひみつ道具でのび太たちやマスタード警部、他の警官たちを軽くあしらい、4つのひみつ道具を盗んでいった。しかし、その後あるものによって、クルト諸共のび太に正体を突き止められた。
手下
怪盗DXのころばし屋 集団
怪盗DXのきこりの泉(女神ロボット) 集団
怪盗DXのゴルゴンの首ガードロボ
ラスボス。『ドラえもん のび太の恐竜』ほかで登場した監視ボール(パトボール)の初期型巨大ロボット。攻撃力が高すぎるため、危険物としてフルメタル製の鎖で封印されていたがペプラーメタルが原因で鎖が消滅し、ロボが再起動した。太陽製造機フロアに迷い込み、ドラえもんたちを侵入者と間違えて排除しようとしたが怪盗ドラX(ドラックス)にメモリーカードを抜かれ機能停止。その際に太陽製造機の制御パネルに倒れ込んでしまった衝撃により太陽製造機が爆破し、太陽製造機消滅後の時点で博物館自体が貫かれるほど被害が拡大していたので木っ端微塵となるが、ドラえもんとクルトの道具の併用で博物館は元に戻る。その他[編集]
テレビ朝日系列のアナウンサーも参加している。警官・作業員役の系列局アナウンサーはいずれも上映当時の平日朝のローカル情報番組の司会者から抜擢。
ルパン
声 – 飯田利信
警官・作業員
声 – 寺崎貴司(テレビ朝日アナウンサー)、小松靖 (テレビ朝日アナウンサー)、浦川泰幸 (ABC朝日放送<当時>アナウンサー)、宮本啓丞 (KBC九州朝日放送アナウンサー)、林和人 (HTB北海道テレビ放送アナウンサー)
きこりの泉、怪盗DXのきこりの泉(女神ロボット)
声 – 川村万梨阿
怪盗DXのきこりの泉(女神ロボット)は一つの泉に物を入れれば他の女神ロボットも入れたものより上等な物を持って現れる。
怪盗DXのゴルゴンの首
声 – 高戸靖広
怪盗DXのゴルゴンの首は2m位の大きさ。空を飛べる。鏡で光線をはね返すことができる。
カーナビ
声 – 上山千穂 (テレビ朝日アナウンサー)
お掃除ロボ・秘書
声 – 島本真衣 (テレビ朝日アナウンサー)
宇宙館ナレーション
声 – 鈴木しおり(名古屋テレビ放送アナウンサー)舞台・設定[編集]
フルメタル
太陽製造機の暴走の過程で生まれた、ひみつ道具に使われている特殊な金属。扱うためには免許が必要なため、クルトの道具には使用されていない。資源量に限りがあるらしく、将来的な枯渇が心配されている。
漫画版では「フルエネルギー」に差し替えられている。
ペプラーメタル
ペプラー博士が開発中のフルメタルに代わる金属。変換装置によってすべてのフルメタルをペプラーメタルに変換したが未完成だったため、ひみつ道具などの消滅を招いた。
怪盗DXスーツ
劇中のある人物が作成した、怪盗DXに変身するための道具。普段は蝶ネクタイの形をしており、首元にかざすことで怪盗DXに変身し、モノクルについた紐を引く(漫画版ではスーツの蝶ネクタイ部分を引っ張る)ことで変身が解除される。変身後は体型が変わり、上記のように身体能力が大きく上昇する。また、何かを盗む際にはその持ち主に対して、怪盗DXのホログラムとメッセージが流れる「予告状」(DXの文字が書かれたもの)を送る決まりになっている。
ジャイアンに投げ渡されたドラえもんが使用すると、頭のみをドラえもんのままにした「怪盗ドラX」となる。
博物館の怪人
博物館でお菓子など細々なものが紛失したり、自然館から不気味な声が聞こえてくるなど、怪談のようにその存在が噂されている。警部は怪盗DXとの関連を疑っているが、お菓子などの紛失は実際に関連していた。
ひみつ道具ミュージアム
22世紀にある秘密道具が初期の型から新型まですべて展示されている、空中に浮かぶ博物館。アクセスは入場チケットから出現する専用の乗り物で行われている。ひみつ道具はテーマ別に各ホールにまとめられており、各展示室へはエントランスホールの歴代のどこでもドアや、各館にある専用のどこでもドアや抜け穴ボールペンなどでも移動できる。博物館下の島にはひみつ道具職人が集まり、日々新しいひみつ道具の製作に勤しんでいる。博物館はとてつもなく広大で、開館当初は遭難者が何人も出た。博物館職員の間では「博物館の怪人」などの怪談がまことしやかに語られている。
太陽製造機プロトタイプ
ハルトマン博士とペプラー博士が共同開発した太陽のレプリカ。ひみつ道具ミュージアム内のフルメタルで封印されたフロアにある。太陽の一生を再現するために作られたが暴走すると太陽が膨張し、最終的には赤色巨星となって地球を消滅させる危険性を秘めている。
ペプラー博士のミスで暴走したがハルトマン博士が開発したフルメタル製の制御装置によって膨張が止まった。
ペプラーメタルによって制御装置が機能停止したことで再び膨張し、周囲の装置を溶解した。最後はポポンに呑み込まれることによって消滅。
ひみつ道具ミュージアム[編集]
22世紀にある秘密道具が初期の型から新型まですべて展示されている、空中に浮かぶ博物館。アクセスは入場チケットから出現する専用の乗り物で行われている。ひみつ道具はテーマ別に各ホールにまとめられており、各展示室へはエントランスホールの歴代のどこでもドアや、各館にある専用のどこでもドアや抜け穴ボールペンなどでも移動できる。博物館下の島にはひみつ道具職人が集まり、日々新しいひみつ道具の製作に勤しんでいる。博物館はとてつもなく広大で、開館当初は遭難者が何人も出た。博物館職員の間では「博物館の怪人」などの怪談がまことしやかに語られている。

ロボット館[編集]
すべてのロボットのひみつ道具が展示されている。ロボットは自動で動き回ったり、浮かんで展示されている。いくつかの島が浮かんでおり、コピーロボットで遊べるコーナーの島やゴンスケの畑とスッポンロボつりコーナーの島、ガードロボを収容している檻(おり)などもある。

宇宙館[編集]
宇宙空間にある館。天の川鉄道や宇宙船など、宇宙に関係する道具が展示されている。館内では食用宇宙服を食べる必要がある。

水館[編集]
水中にある館。水中や海中で使用する道具が展示されているほか、様々な魚が自由に泳ぎ回っている。

カメラ館[編集]
きせかえカメラやすーぱーひーろーかめらなど、様々なカメラが展示されている。試写コーナーがある。

空館[編集]
雲の上にある館。空を飛べる道具が展示されているほか、タケコプターが発明されるまでの試行錯誤が記録された映像を見ることができる。

自然館[編集]
緑あふれる大自然の館。キャンプで使う道具や、植物、昆虫に関係する道具が展示されている。

なんでも館[編集]
なんでもかんでも色々ある館。上と下に重力が働いている。

その他[編集]
ライト館
怪盗DXがビッグライトを盗んだため立ち入り禁止。

館長室
フィークス館長が普段すごしている。芝が敷かれており、芝刈り魚を放している、机にも道具が置いてあることがある。
太陽製造機フロア(立入禁止区画)
フルメタルで封印された太陽製造機があるフロア。
太陽製造機プロトタイプ
ハルトマン博士とペプラー博士が共同開発した太陽のレプリカ。太陽の一生を再現するために作られたが暴走すると太陽が膨張し、最終的には赤色巨星となって地球を消滅させる危険性を秘めている。
ペプラー博士のミスで暴走したがハルトマン博士が開発したフルメタル製の制御装置によって膨張が止まった。
ペプラーメタルによって制御装置が機能停止したことで再び膨張し、周囲の装置を溶解した。最後はポポンによって消滅させられた。

ペプラー博士の研究室
秘密の通路の奥にある秘密の研究室兼、居住スペース。ペプラー博士とジンジャーとクルトでペプラーメタル製造マシンを開発している。部屋の前には壊れたひみつ道具などが散乱している。スタッフ[編集]
作画面ではキャラクターデザインが前作の大城勝から、テレビシリーズのキャラ設定・総作画監督を務める丸山宏一に交代。第2期映画シリーズでは『ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』以来置かれていた総作監は不在で、丸山を含めた6人の作画監督と『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜』でメカ・エフェクト作画監督を務めた鈴木勤がメカ作監を担当する体制となった。また、撮影監督が『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』より務めてきた岸克芳に代わり、第1期映画シリーズでエリ合成[8]など、撮影スタッフとして作品に携わっていた末弘孝史が抜擢(ばってき)されている。

原作 – 藤子・F・不二雄
脚本 – 清水東
キャラクターデザイン – 丸山宏一
美術監督 – 土橋誠
撮影監督 – 末弘孝史
編集 – 小島俊彦
録音監督 – 田中章喜
効果 – 糸川幸良
音楽 – 沢田完
チーフプロデューサー – 増子相二郎、杉山登
監督 – 寺本幸代
企画・原案協力 / まんが – むぎわらしんたろう
絵コンテ – 寺本幸代、久場良忠
演出 – 山岡実
作画監督 – 丸山宏一、岸野美智、岡野慎吾、浦上貴之、桝田浩史、森久司
メカ作画監督 – 鈴木勤
動画検査 – 松村美佳
色彩設計 – 高橋めぐみ
3DCGI – 福田寛
特殊効果 – 佐藤香織
編集助手 – 藤本理子
アニメーション協力 – ベガエンタテイメント
オープニング絵コンテ・演出 – 楠葉宏三
おまけ映像 – 八鍬新之介 / 杉崎聡、増泉路子
制作進行 – 菊地達也 / 中村和喜、岡野孝規、佐藤大真、谷澤吉紀、河西麻利子、宇佐美翔平
制作デスク – 中島進 / 武井健、岡田麻衣子
アシスタントプロデューサー – 横山幸恵
プロデューサー – 大倉俊輔、川北桃子、中世古裕美、齋藤敦、大金修一、鶴崎りか、藤森匠
制作 – 「映画ドラえもん」制作委員会(藤子プロ、小学館、テレビ朝日、ADK、ShoPro、シンエイ動画)主題歌[編集]
オープニングテーマ「夢をかなえてドラえもん」
作詞・作曲 – 黒須克彦 / 編曲 – 大久保薫 / 歌 – mao / コーラス – ひまわりキッズ(コロムビア)
エンディングテーマ「未来のミュージアム」
作詞・作曲・編曲 – 中田ヤスタカ(capsule)/ 歌 – Perfume(Perfume Records / ユニバーサルJ)
劇中歌「笑顔はひみつ道具」
作詞 – マイクスギヤマ / 作曲・編曲 – 沢田完 / 歌 – 千秋おまけ映像[編集]
第2期の映画では恒例となっている、エンドロール後のおまけ映像の内容は、ドラえもんがどこでもドアで登場し『ドラえもん のび太の大魔境』を思わせる探検帽を被り、藤子・F・不二雄生誕80周年と出る際にめくられるページ(原作『のび太の大魔境』のワンシーン)に飛び込むというもので、2014年春の公開も告知された。その後、テレビシリーズの2013年7月12日放送のエンディングにて『ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』のタイトルでリメイクされ、2014年春に公開されることが発表された。脚本は引き続き清水東が担当し、監督はテレビシリーズ演出および本作でおまけ映像を担当した八鍬新之介が初監督を務める。

評価[編集]
興行成績[編集]
全国353スクリーンで公開され、2013年3月9・10日の初日2日間で興収6億6,729万1,850円、動員59万7,899人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[9]。また、ぴあ初日満足度ランキングでも首位となっている[10]。続く公開第2週も累計興収が12億3,170万3,850円累計動員は110万2,266人となり二週連続映画観客動員ランキング第1位となっている[11]。公開16日間で興収20億円、動員180万人を記録。公開5週目で累計動員は330万8,785人、累計興収は35億8,922万1,400円を記録した。累計動員数348万121人、累計興収37億8,457万3,000円を記録し、声優陣を一新してからの新シリーズ最高記録だった昨年公開の『ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜』を超える最高興収を記録した。2014年1月に発表された観客動員数は365万人、最終興収は39.8億円[12]。興行収入39.8億円は2015年時点で、『映画ドラえもん』シリーズの最高額である。
第1作映画『ドラえもん のび太の恐竜』が公開された1980年3月15日から今作『ひみつ道具博物館(ミュージアム)』までの2013年3月22日の34作[注 6]で、33年(1万2,060日)をかけ邦画史上初となるシリーズ累計動員1億人を突破した[13]。これまでの邦画シリーズの最高記録はゴジラシリーズ28作の9,900万人であった[注 7]。 YouTubeの公式チャンネルでは1億人突破を記念したスペシャル動画が公開されている[15]。

テレビ放送[編集]
次作『新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』の公開を記念して、2014年3月7日放送分の『ドラえもん・クレヨンしんちゃん 春だ!映画だ!3時間アニメ祭り・第2部』(19:35 – 21:48)にて地上波初放送。なお、この放送の際、掃除機でしずかの服が破れてしまうシーンでは、白い光による修正がかけられ、裸の姿がほぼ映らないようになされた[16][注 8]。今作以降、『名探偵コナン』の映画シリーズと同様に新作の公開前日に放送されるのが恒例となっているが、両作共2018年以降からは公開一週間前後で放送する
2018年3月3日の『ドラえもん のび太の宝島』の公開を記念して、同年2月25日に『最新映画公開記念!映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』(10:00 – 11:50、『日曜ワイド』枠外で放送)と題して2回目の地上波放送を行った。これは2013年3月15日に放送された『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』以来(ただし放送日時はゴールデンタイム)で、内容も『新魔界大冒険』同様に番組編成上の都合から多数のシーンをカットした編集版が放送された。そのため、問題となっていた掃除機でしずかの服が破れてしまうシーンはカット。

受賞[編集]
第31回ゴールデングロス賞優秀銀賞を受賞した[17]。

関連企画[編集]
最強!ころばし屋Z[編集]
2013年3月1日放送の「最強!ころばし屋Z」は映画公開直前スペシャルとして放送された映画連動エピソード。映画キャラクターの向井おさるが登場するほか、博物館も少しだけ登場する。内容は前半は原作「ころばし屋」に沿った内容になっているが[注 9]、後半はころばし屋Zと対決するオリジナルストーリーとなっている。

ひみつ道具クイズ[編集]
テレビアニメ2013年1月11日放送分より放送最後に挿入されるミニコーナー。ひみつ道具にちなんだクイズで、映画本編にも登場するマスタード警部も登場する。

漫画版[編集]
『月刊コロコロコミック』2013年2月号より短期連載のコミカライズ版を掲載[注 10]。漫画はむぎわらしんたろう。大長編作品では29作目。コミックスは2013年3月30日発売。あらすじは映画版と同じであるものの、違いがいくつかあり、ストーリーの根幹に関わる違いもある。

家庭用ゲーム[編集]
ニンテンドー3DSソフト『ゲーム ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』。2013年3月7日にフリューより発売。映画を題材にひみつ道具を探す探偵アドベンチャーゲーム。また結末が映画と異なっている。

ポッドキャスト[編集]
ポッドキャスト『ドラチャン★ドラヂオ』第9回・第12回で映画特集が放送。また、映画公式サイトで『Do-Radio 映画チャン★ドラジオ』が期間限定公開された。ゲストは『のび太のひみつ道具博物館』応援団長の松岡修造。

ひみつ道具大作戦![編集]
『ひみつ道具大作戦!〜キミの考えたひみつ道具を映画に出そう!〜』は、一般応募されたひみつ道具が映画本編に登場する企画。各応募の最優秀賞18作品は実際に映画に登場し、スタッフロールにも受賞者の名前が載る[18]。

ドラえもん 100展[編集]
『ドラえもん 100展』は2013年3月9日から31日まで、小田急グループ主催で神奈川県・箱根エリアを中心に実物大のドラえもん人形100体を展示するイベントが開催[19]。なお、2012年にも香港や台湾で同様の100体展示イベントが行われているが今回は改めて製作されたもの。

関連項目[編集]
藤子・F・不二雄ミュージアム
ドラえもんジェット
映画ドラえもんのひみつ道具
アニメーション映画
シャーロック・ホームズ脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ てんとう虫コミックス1巻収録。第2期テレビシリーズでは2006年4月21日に放送。

^ a b ガリバートンネルは点検のために作業員が彼らに気づかずに持って行ってしまったためで、博物館のビッグライトは怪盗DXに盗まれていて、ドラえもんのビッグライトはポケットに住みついたスッポンロボのせいでポケット自体が使えなくなったため。

^ a b 漫画版での名称は「ターメリック・ペプラー博士」「クルト・ハルトマン博士」。

^ 初対面時および、影武者としてクルトに化けて共に怪盗DXを追ったコピーロボットと接した際にはしずかにくっついていた。

^ ゲーム版ではわずかだがペプラーメタルを完成させた

^ 『ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ』を含んだ作品数。

^ ゴジラシリーズは2016年公開の『シン・ゴジラ』で、邦画の実写としては初の動員1億人突破を達成している[14]。

^ 後日放送されたCSテレ朝チャンネル1では無修正版が放送された

^ ころばし屋によって転ばされるのが原作ではジャイアンだが本作ではスネ夫になっている。

^ 第1話のみタイトルが『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館 〜プロローグ〜』

出典[編集]

^ “過去のゴールデングロス賞 – 全国興行生活衛生同業組合連合会”. Japan Association of TheaterOwners.. 2020年3月25日閲覧。

^ OKStarsインタビューVol.242 アニメ監督寺本幸代参照。むぎわらは前作に引き続き「企画・原案協力」としてエンドロールで名前がクレジットされている。

^ a b c 映画パンフレットより。

^ a b 寺本幸代監督DXロングインタビューより

^ 俳優・向井理さんがドラえもんに出演決定!

^ 向井理、声優初挑戦!『ドラえもん』で“向井おさる”に!

^ 向井おさる 公式ファンページ「おさるの部屋 〜OsaRoom〜」

^ ESP/UTB映像アカデミー 業界用語辞典 「エリ合成」参照。

^ やっぱり春は『ドラえもん』!大ヒットスタートで初登場トップ!【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2013年3月12日

^ 子供に大人気! 『ドラえもん』新作が映画満足度ランク首位チケットぴあ 2013年3月11日

^ 『ドラえもん』がV2!『レ・ミゼラブル』はついに興収55億円突破!【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2013年3月19日

^ “2014年記者発表資料(2013年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2013年1月28日). 2013年1月28日閲覧。

^ ドラえもん映画、1億人見た シリーズ34作目で突破朝日新聞 2013年3月26日

^ “国産ゴジラシリーズ、累計動員1億人突破!庵野秀明『シン・ゴジラ』で達成”. シネマトゥデイ. (2016年8月3日). http://www.cinematoday.jp/page/N0085007 2017年12月10日閲覧。 

^ [映画ドラえもん]シリーズ累計動員数1億人突破記念 スペシャル動画 – YouTube

^ しずかちゃんの裸シーンに修正入った 「ドラえもん」に自主規制の「魔の手が」と衝撃走る J-CASTニュース 2014年3月11日

^ “過去のゴールデングロス賞 – 全国興行生活衛生同業組合連合会”. Japan Association of TheaterOwners.. 2020年3月25日閲覧。

^ ひみつ道具大作戦!【結果発表】〜キミの考えたひみつ道具を映画に出そう!〜

^ ドラえもん100体が箱根でお出迎え “元祖”も出没msn産経ニュース 2013年2月27日

外部リンク[編集]
『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』公式サイト
3DSゲームドラえもん のび太のひみつ道具博物館
ひみつ道具大作戦! 〜キミの考えたひみつ道具を映画に出そう!〜
ドラえもん映画作品

1979年開始のシリーズ(第1期)
通番
公開年
題名
主題歌
同時上映
第1作

1980年

のび太の恐竜

ポケットの中に

大山のぶ代

モスラ対ゴジラ(リバイバル)
第2作

1981年

のび太の宇宙開拓史

心をゆらして

岩渕まこと

怪物くん 怪物ランドへの招待
番外

1981年

ぼく、桃太郎のなんなのさ

青い空はポケットさ

大杉久美子

21エモン 宇宙へいらっしゃい!(メイン)
第3作

1982年

のび太の大魔境

だからみんなで

岩渕まこと

怪物くん デーモンの剣忍者ハットリくん ニンニン忍法絵日記の巻
第4作

1983年

のび太の海底鬼岩城

海はぼくらと

岩渕まこと

忍者ハットリくん ニンニンふるさと大作戦の巻パーマン バードマンがやって来た!!
第5作

1984年

のび太の魔界大冒険

風のマジカル

小泉今日子

忍者ハットリくん+パーマン 超能力ウォーズ
第6作

1985年

のび太の宇宙小戦争

少年期

武田鉄矢

忍者ハットリくん+パーマン 忍者怪獣ジッポウVSミラクル卵
第7作

1986年

のび太と鉄人兵団

わたしが不思議

大杉久美子

オバケのQ太郎 とびだせ! バケバケ大作戦プロゴルファー猿 スーパーGOLFワールドへの挑戦!!
第8作

1987年

のび太と竜の騎士

友達だから

大山のぶ代森の木児童合唱団

プロゴルファー猿 甲賀秘境!影の忍法ゴルファー参上!オバケのQ太郎 進め! 1/100大作戦
第9作

1988年

のび太のパラレル西遊記

君がいるから

堀江美都子こおろぎ’73

エスパー魔美 星空のダンシングドールウルトラB ブラックホールからの独裁者B・B!!
第10作

1989年

のび太の日本誕生

時の旅人

西田敏行

ドラミちゃん ミニドラSOS!!!
第11作

1990年

のび太とアニマル惑星

天までとどけ

武田鉄矢

チンプイ エリさま活動大写真
第12作

1991年

のび太のドラビアンナイト

夢のゆくえ

白鳥英美子

ドラミちゃん アララ♥少年山賊団!
第13作

1992年

のび太と雲の王国

雲がゆくのは…

武田鉄矢

21エモン 宇宙いけ! 裸足のプリンセストキメキソーラーくるまによん
第14作

1993年

のび太とブリキの迷宮

何かいい事きっとある

島崎和歌子

ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!!太陽は友だち がんばれ!ソラえもん号
第15作

1994年

のび太と夢幻三剣士

世界はグー・チョキ・パー

武田鉄矢一座

ドラミちゃん 青いストローハットウメ星デンカ 宇宙の果てからパンパロパン!
第16作

1995年

のび太の創世日記

さよならにさよなら

海援隊

2112年 ドラえもん誕生
第17作

1996年

のび太と銀河超特急

私のなかの銀河

海援隊

ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!?
第18作

1997年

のび太のねじ巻き都市冒険記

Love is you

矢沢永吉

ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!
第19作

1998年

のび太の南海大冒険

ホットミルク

吉川ひなの

ザ☆ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!帰ってきたドラえもん
第20作

1999年

のび太の宇宙漂流記

季節がいく時

SPEED

ザ☆ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?のび太の結婚前夜
第21作

2000年

のび太の太陽王伝説

この星のどこかで

由紀さおり安田祥子

ザ☆ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!おばあちゃんの思い出
第22作

2001年

のび太と翼の勇者たち

Love you close

知念里奈

ドラミ&ドラえもんズ 宇宙ランド危機イッパツ!がんばれ!ジャイアン!!
第23作

2002年

のび太とロボット王国

いっしょに歩こう 〜Walking Into Sunshine〜

KONISHIKI

ザ☆ドラえもんズ ゴール!ゴール!ゴール!!ぼくの生まれた日
第24作

2003年

のび太とふしぎ風使い

またあえる日まで

ゆず

Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン
第25作

2004年

のび太のワンニャン時空伝

YUME日和

島谷ひとみ

Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン!アシHAポン!ドラえもんアニバーサリー25
2005年開始のシリーズ(第2期)
通番
公開年
題名
主題歌
リメイク元映画
第26作

2006年

のび太の恐竜2006

ボクノート

スキマスイッチ

のび太の恐竜(第1作)
第27作

2007年

のび太の新魔界大冒険

かけがえのない詩

mihimaru GT

のび太の魔界大冒険(第5作)
第28作

2008年

のび太と緑の巨人伝

手をつなごう

絢香

オリジナル
第29作

2009年

新・のび太の宇宙開拓史

大切にするよ

柴咲コウ

のび太の宇宙開拓史(第2作)
第30作

2010年

のび太の人魚大海戦

帰る場所

青山テルマ

オリジナル
第31作

2011年

新・のび太と鉄人兵団

友達の唄

BUMP OF CHICKEN

のび太と鉄人兵団(第7作)
第32作

2012年

のび太と奇跡の島

生きてる生きてく

福山雅治

オリジナル
第33作

2013年

のび太のひみつ道具博物館

未来のミュージアム

Perfume

オリジナル
第34作

2014年

新・のび太の大魔境

光のシグナル

Kis-My-Ft2

のび太の大魔境(第3作)
番外

2014年

STAND BY ME ドラえもん

ひまわりの約束

秦基博

オリジナル
第35作

2015年

のび太の宇宙英雄記

360°

miwa

オリジナル
第36作

2016年

新・のび太の日本誕生

空へ

山崎まさよし

のび太の日本誕生(第10作)
第37作

2017年

のび太の南極カチコチ大冒険

僕の心をつくってよ

平井堅

オリジナル
第38作

2018年

のび太の宝島

ドラえもん

星野源

オリジナル
第39作

2019年

のび太の月面探査記

THE GIFT

平井大

オリジナル
第40作

2020年

のび太の新恐竜

Birthday君と重ねたモノローグ

Mr.Children

オリジナル
番外

2020年

STAND BY ME ドラえもん 2

菅田将暉

オリジナル
第41作

2022年

のび太の宇宙小戦争 2021

Universe

Official髭男dism

のび太の宇宙小戦争(第6作)
第42作

2023年

のび太と空の理想郷

オリジナル

表話編歴ドラえもん作者
藤子・F・不二雄
カテゴリ
藤子・F・不二雄プロ
むぎわらしんたろう(萩原伸一)
岡田康則
シンエイ動画作中描写
登場人物カテゴリ
レギュラー
ドラえもん
のび太
しずか
ジャイアン
スネ夫 準レギュラー
現代
出木杉
玉子
のび助
先生
神成さん未来
ドラミ
ノビスケ
セワシ
ミニドラ
その他
おばあちゃん
  用語・設定
ひみつ道具
カテゴリ
年表
タイムパトロール隊
ライオン仮面
ドラえもん百科
作品展開
原作
ドラえもん
大長編ドラえもん
カテゴリ
ガラパ星から来た男
最終回アニメカテゴリ
テレビシリーズ
第1作
1973
第2作第1期
帯番組
1981-85
1986-90
1991-95
1996-20
2001-05
第2作第2期
2005-その他
映画(カテゴリ)
勉強べやのつりぼり
ケンちゃんの冒険
ヨーロッパ鉄道の旅
のび太と未来ノート
ドラ・Q・パーマン
ドラ・ハッ・パー
主題歌カテゴリ
ドラえもん(第1作)
ドラえもんのうた
ドラえもん・えかきうた
青い空はポケットさ
ぼくドラえもん
ハグしちゃお
夢をかなえてドラえもん
|ドラえもん(第2作第2期)派生作品カテゴリ
ザ・ドラえもんズ
カテゴリ
ドラベース ドラえもん超野球外伝
ゲーム作品のカテゴリ
ドラえもん、母になる〜大山のぶ代物語〜(NHK BSPドラマ)  タイアップ
ドラえもんジェット(JAL)
ドラえもん募金(テレビ朝日)
リアル・ドリーム・ドラえもん・プロジェクト(バンダイ)
実写CM(トヨタ、ソフトバンク白戸家)
しつもん!ドラえもん(朝日新聞)
トラのもん(虎ノ門ヒルズ)
CGでの出演(徹子の部屋)
謎解きクリアファイル(リアル脱出ゲームSCRAP)
関連項目
単行本・連載誌
小学館の学年別学習雑誌
コロコロコミック
てんとう虫コミックス
藤子不二雄ランド
藤子・F・不二雄大全集放送局・放送枠
日本テレビ動画
ADK
日本テレビ
テレビ朝日
BS朝日
テレ朝チャンネル
EX18時50分枠
EX金曜19時枠
アニメタイム
スペシャルサンデー
マンガ祭り(水SP)
オリンパソン’80
カウントダウン2000
50時間テレビ
55時間テレビ
知識王No.1決定戦SP
3時間アニメ祭り
アメトーーク!
グッド!モーニング
スーパーJチャンネル
SUMMER STATION藤子不二雄関連
藤子不二雄のアニメ作品(カテゴリ)
藤子・F・不二雄ミュージアム
高岡おとぎの森公園
藤子不二雄Ⓐ(カテゴリ)その他
ベトナムのドラえもん
最終話同人誌問題
のび太・ジャイアン症候群
ジャイアニズム

表話編歴藤子不二雄メンバー
藤子・F・不二雄(カテゴリ)
藤子不二雄Ⓐ(カテゴリ)連載作品
共作
UTOPIA 最後の世界大戦
天使の玉ちゃん
海の王子
オバケのQ太郎(カテゴリ)
チンタラ神ちゃん
仙べえF
著作一覧
てぶくろてっちゃん
すすめロボケット
パーマン(カテゴリ)
21エモン
ウメ星デンカ
モジャ公
ドラえもん(カテゴリ)
大長編ドラえもん(カテゴリ)
ドビンソン漂流記
ポコニャン
ジャングル黒べえ
パジャママン
キテレツ大百科(カテゴリ)
みきおとミキオ
モッコロくん
バケルくん
Uボー
バウバウ大臣
きゃぷてんボン
エスパー魔美
中年スーパーマン左江内氏
T・Pぼん
ミラ・クル・1
宙ポコ
宙犬トッピ
チンプイ
未来の想い出
SF短編(一覧:カテゴリ)Ⓐ
忍者ハットリくん(カテゴリ)
シスコン王子
フータくん
わかとの
スリーZメン
怪物くん(カテゴリ)
ビリ犬
黒ベエ
狂人軍
笑ゥせぇるすまん
まんが道
マボロシ変太夫
恐喝有限会社
魔太郎がくる!!
喝揚丸ユスリ商会
番外社員
さすらいくん
愛ぬすびと
プロゴルファー猿
オヤジ坊太郎
ミス・ドラキュラ
ブラック商会変奇郎
少年時代
ウルトラB
パラソルヘンべえ
プリンスデモキン
PARマンの情熱的な日々
藤子不二雄Ⓐブラックユーモア短編
関連人物
先輩・同僚
手塚治虫
寺田ヒロオ
赤塚不二夫
石ノ森章太郎
鈴木伸一
つのだじろうアシスタント
たかや健二
えびはら武司
方倉陽二
萩原伸一(現:むぎわらしんたろう)
ヨシダ忠
竹村よしひこ
しのだひでお
三谷幸広
羽中ルイ
志村みどり
阿部淳二
村田博司
高峰至
関連項目
共通
アニメ
藤子不二雄のアニメ作品(カテゴリ)
不二家の時間
藤子不二雄劇場
藤子不二雄ワイド
藤子不二雄ワールド
春・夏休みマンガ祭り伝記
藤子不二雄物語 ハムサラダくん
藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道組織
トキワ荘(ぼくらマンガ家 トキワ荘物語)
藤子スタジオ
新漫画党
スタジオ・ゼロ
シンエイ動画
藤子不二雄FCネオ・ユートピア掲載誌他
小学館の学習雑誌
月刊コロコロコミック
てれびくん
てんとう虫コミックス
週刊少年サンデー
こどもの光
ビッグコミックその他
トキワ荘マンガミュージアム
藤子不二雄ランド
小池さん
ゴンスケ
高志の国文学館
F
藤子・F・不二雄プロ
藤子・F・不二雄大全集
藤子・F・不二雄ミュージアム
高岡市藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー(高岡市美術館内)
定塚ギャラリー
藤子・F・不二雄のパラレル・スペース
藤子不二雄の夢カメラ
高岡おとぎの森公園Ⓐ
藤子スタジオ
光禅寺
富山新聞
チャンピオンマンガ科
ギミア・ぶれいく
氷見市藤子不二雄Ⓐまんがワールド
氷見市潮風ギャラリー
北の橋(藤子Ⓐキャラクターブリッジ)
ひみキトキトまんが道大賞
氷見のサカナ紳士録
ひみぼうずくん
立山くんプロジェクト
プロジェクト:藤子不二雄
プロジェクト:ドラえもん
この表には一部の環境で表示できない文字(丸の中にA)があります(Help:特殊文字)

表話編歴シンエイ動画 Aプロダクション
テレビアニメ
1960年代
オバケのQ太郎(1965年版)
パーマン(第1作)共
巨人の星
怪物くん (第1作)共
ウメ星デンカ共
ムーミン(1969年版)共
アタックNo.11970年代
珍豪ムチャ兵衛
天才バカボン
新オバケのQ太郎(1971年版)
ルパン三世(第1期)
赤胴鈴之助
ど根性ガエル(1972年版)
ジャングル黒べえ
荒野の少年イサム
エースをねらえ!(第1作)共
侍ジャイアンツ
空手バカ一代
柔道讃歌
はじめ人間ギャートルズ共
ガンバの冒険
元祖天才バカボン
劇場アニメ
巨人の星シリーズ
アタックNo.1シリーズ
パンダコパンダ
パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻その他
喜劇 駅前漫画
コメットさん(第1期)
 シンエイ動画
テレビアニメ
1970年代
おれは鉄兵
一球さん
ドラえもん(第2作第1期)
まんが赤い鳥のこころ1980年代
怪物くん(第2作)
忍者ハットリくん(第1作)
ゲームセンターあらし
フクちゃん
パーマン(第2作)
オヨネコぶーにゃん
プロゴルファー猿
藤子不二雄劇場 オバケのQ太郎
エスパー魔美
ウルトラB
つるピカハゲ丸くん
新プロゴルファー猿
ビリ犬(第1期)
美味しんぼ
おぼっちゃまくん
ビリ犬なんでも商会
笑ゥせぇるすまん(1989年版)
チンプイ1990年代
ペエスケ
藤子不二雄Aの夢魔子
八百八町表裏 化粧師
どろろんぱっ!
21エモン
クレヨンしんちゃん
藤子不二雄Ⓐのさすらいくん
忍ペンまん丸
ヨシモトムチッ子物語
週刊ストーリーランド共2000年代
激動!歴史を変える男たち 〜アニメ静岡県史〜
ジャングルはいつもハレのちグゥ
あたしンち(第1期)
ドラえもん(第2作第2期)
ご姉弟物語2010年代
スティッチ! 〜ずっと最高のトモダチ〜
エリアの騎士
黒魔女さんが通る!!
忍者ハットリくん(第2作)共
となりの関くん
デンキ街の本屋さん
怪盗ジョーカー
新あたしンち
TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-共
笑ゥせぇるすまんNEW(2017年版)
妖怪アパートの幽雅な日常
からかい上手の高木さん
ポチっと発明 ピカちんキット共
少年アシベ GO! GO! ゴマちゃん(第4シリーズのみ)共
からかい上手の高木さん2
ぬるぺた2020年代
八男って、それはないでしょう!
カピバラさん共
アイドールズ! / IDOL Survival共
PUI PUI モルカー (第1期)共
すばらしきこのせかい The Animation共
ましろのおと
iiiあいすくりん共
からかい上手の高木さん3
カッコウの許嫁共
ちみも
劇場アニメ

怪物くんシリーズ
21エモン 宇宙へいらっしゃい!
忍者ハットリくんシリーズ
パーマンシリーズ
忍者ハットリくん+パーマン 超能力ウォーズ
忍者ハットリくん+パーマン 忍者怪獣ジッポウVSミラクル卵
プロゴルファー猿シリーズ
オバケのQ太郎シリーズ
エスパー魔美 星空のダンシングドール
ウルトラB ブラックホールからの独裁者B・B
県立海空高校野球部員山下たろーくん
チンプイ エリさま活動大写真
21エモン 宇宙いけ!裸足のプリンセス
ウメ星デンカ 宇宙の果てからパンパロパン!
映画 あたしンち
河童のクゥと夏休み
劇場版3D あたしンち 情熱のちょ〜超能力♪ 母大暴走!
パロルのみらい島
STAND BY ME ドラえもん
ゴーちゃん。〜モコとちんじゅうの森の仲間たち〜
ゴーちゃん。〜モコと氷の上の約束〜
STAND BY ME ドラえもん 2
とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー
劇場版 からかい上手の高木さんドラえもんシリーズ(大長編・第1期)
のび太の恐竜
のび太の宇宙開拓史
のび太の大魔境
のび太の海底鬼岩城
のび太の魔界大冒険
のび太の宇宙小戦争
のび太と鉄人兵団
のび太と竜の騎士
のび太のパラレル西遊記
のび太の日本誕生
のび太とアニマル惑星
のび太のドラビアンナイト
のび太と雲の王国
のび太とブリキの迷宮
のび太と夢幻三剣士
のび太の創世日記
のび太と銀河超特急
のび太のねじ巻き都市冒険記
のび太の南海大冒険
のび太の宇宙漂流記
のび太の太陽王伝説
のび太と翼の勇者たち
のび太とロボット王国
のび太とふしぎ風使い
のび太のワンニャン時空伝ドラえもんシリーズ(大長編・第2期)
のび太の恐竜2006
のび太の新魔界大冒険
のび太と緑の巨人伝
新・のび太の宇宙開拓史
のび太の人魚大海戦
新・のび太と鉄人兵団
のび太と奇跡の島
のび太のひみつ道具博物館
新・のび太の大魔境
のび太の宇宙英雄記
新・のび太の日本誕生
のび太の南極カチコチ大冒険
のび太の宝島
のび太の月面探査記
のび太の新恐竜
のび太の宇宙小戦争 2021
のび太と空の理想郷ドラえもんシリーズ(併映作品)
ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ
ドラミちゃん ミニドラSOS!!!
ドラミちゃん アララ♥少年山賊団!
トキメキソーラーくるまによん
ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!!
太陽は友だち がんばれ!ソラえもん号
ドラミちゃん 青いストローハット
2112年 ドラえもん誕生
ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!?
ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!
ザ☆ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!
帰ってきたドラえもん
ザ☆ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?
のび太の結婚前夜
ザ☆ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!
おばあちゃんの思い出
ドラミ&ドラえもんズ 宇宙ランド危機イッパツ!
がんばれ!ジャイアン!!
ザ☆ドラえもんズ ゴール!ゴール!ゴール!!
ぼくの生まれた日
ドラえもんアニバーサリー25クレヨンしんちゃんシリーズ
アクション仮面VSハイグレ魔王
ブリブリ王国の秘宝
雲黒斎の野望
ヘンダーランドの大冒険
暗黒タマタマ大追跡
電撃!ブタのヒヅメ大作戦
爆発!温泉わくわく大決戦
嵐を呼ぶジャングル
嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦
嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード
嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ
伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃
伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!
嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!
ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者
オタケベ!カスカベ野生王国
超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁
嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦
嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス
バカうまっ!B級グルメサバイバル!!
ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん
オラの引越し物語 サボテン大襲撃
爆睡!ユメミーワールド大突撃
襲来!!宇宙人シリリ
爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜
新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜
激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者
謎メキ!花の天カス学園
もののけニンジャ珍風伝
TVスペシャル

ドラ・Q・パーマン
プロゴルファー猿
ドラえもん・ヨーロッパ鉄道の旅
三国志
Mr.ペンペン
Mr.ペンペンII
三国志II 天翔ける英雄たち
内田春菊の呪いのワンピース
美味しんぼ 究極対至高長寿料理対決
笑ゥせぇるすまんスペシャル
笑ゥせぇるすまん 春の特大号
笑ゥせぇるすまん 年忘れ特大号
美味しんぼ 日本コメ戦争
景山民夫のダブルファンタジー
中崎タツヤスーパー ギャグシアター
白い恋人戦争童話集シリーズ
ウミガメと少年
凧になったお母さん
小さい潜水艦に恋をしたでかすぎるクジラの話
ぼくの防空壕
焼跡の、お菓子の木
ふたつの胡桃
キクちゃんとオオカミ
青い瞳の女の子のお話
OVA
ドラえもん のび太と未来ノート
ジャングルはいつもハレのちグゥ デラックス
ジャングルはいつもハレのちグゥ FINAL
みんなのどうよう
やっぱり海が好きシリーズWebアニメ

マンガで分かる心療内科
SUPER SHIRO共
スーパー・スパイ・ライアンシンエイぷちアニ劇場
なんちゃって!
ポテッコベイビーズ
西武鉄道駅員タコちゃん
キメゾーの「決まり文句じゃキマらねぇ。」
キメゾーの決まり文句じゃキマらねぇ。Featuring サブ男クレヨンしんちゃん外伝
エイリアン vs. しんのすけ
おもちゃウォーズ
家族連れ狼
お・お・お・のしんのすけ
未公開・パイロット版
ドラえもん 勉強べやのつりぼり
ミラ・クル・1
あまいぞ!男吾レギュラー枠
アニメタイム
テレビ朝日系列夕方6時50分枠の帯アニメ関連項目
東京ムービー
トムス・エンタテインメント
日本アニメーション
テレビ朝日
BS朝日
テレ朝チャンネル
西東京市
藤子不二雄のアニメ作品

共: 共同制作
表話編歴2013年日本週末観客動員数1位の映画1月
5・6日 ONE PIECE FILM Z
12・13日 劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影
19・20日 テッド
26・27日 ストロベリーナイト2月
2・3、9・10日 テッド
16・17、23・24日 ダイ・ハード/ラスト・デイ3月
2・3日 フライト
9・10、16・17日 ドラえもん のび太のひみつ道具博物館
23・24日 シュガー・ラッシュ
30・31日 ドラゴンボールZ 神と神4月
6・7、13・14日 ドラゴンボールZ 神と神
20・21日、27・28日 名探偵コナン 絶海の探偵5月
4・5、11・12日 名探偵コナン 絶海の探偵
18・19、25・26日 クロユリ団地6月
1・2日 オブリビオン
8・9日 G.I.ジョー バック2リベンジ
15・16日 華麗なるギャツビー
22・23日 アフター・アース
29・30日 真夏の方程式7月
6・7、13・14日 モンスターズ・ユニバーシティ
20・21、27・28日 風立ちぬ8月
3・4、10・11、17・18、24・25、31日・9月1日 風立ちぬ9月
7・8日 風立ちぬ
14・15日 劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL
21・22日 怪盗グルーのミニオン危機一発
28・29日 そして父になる10月
5・6日 そして父になる
12・13、19・20日 陽だまりの彼女
26・27日 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語11月
2・3日 劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇
9・10、16・17日 清須会議
23・24日 かぐや姫の物語
30日・12月1日 劇場版 SPEC〜結〜 爻ノ篇12月
7・8、14・15日 ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE
21・22、28・29日 永遠の0
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022
表話編歴ひみつ道具全ひみつ道具一覧
あ – そ
た – わ藤子・F・不二雄の著作物
個別
石ころぼうし
着せかえカメラ
空気砲
ショックガン
スモールライト
タイムふろしき
タイムマシン
タケコプター
通りぬけフープ
どこでもドア
とりよせバッグ
ヒラリマント
ほんやくコンニャク
ミニドラ
もしもボックス
桃太郎印のきびだんご
四次元ポケットあ行
ああ – あと
あな – あん
いあ – いと
いな – いん
うあ – うと
うな – うん

おあ – おこ
おさ – おの
おは – おんか行
かあ – かそ
かた – かほ
かま – かん
きあ – きも
きや – きん
くあ – くと
くな – くん

こさ行

しあ – しの
しは – しん


そた行
たあ – たお
たか – たん



とあ – とこ
とさ – とんな、は行


ぬ – の
はあ – はと
はな – はん



ほま – わ行



め – も



ら – り
る – ろ
わ、記号
アニメ

テレビアニメ第1作など
第2作第2期
映画
ザ・ドラえもんズ第2作第1期
あ – い
う – お
か – き
く – こ
さ – そ
た – と
な – の
は – ほ
ま – も
や – わ
他 漫画
大長編 (VOL.18 – 24) 、映画ストーリー
ザ・ドラえもんズ
学習まんが、攻略マンガなどその他の派生作品
コンピュータゲーム、ミュージカル関連項目
映画
ドラえもん のび太のひみつ道具博物館その他
ドラえもん
カテゴリ

典拠管理
BNE: XX5756011
VIAF: 5152864125104822531
WorldCat Identities(VIAF経由): 5152864125104822531

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=映画ドラえもん_のび太のひみつ道具博物館&oldid=91439535」から取得
カテゴリ: ドラえもん映画作品2013年のアニメ映画シャーロック・ホームズシリーズを題材とした映画作品ひみつ道具2013年のコンピュータゲームニンテンドー3DS用ソフトフリューのゲームソフト博物館を舞台とした作品隠しカテゴリ: 出典を必要とする記事/2021年9月あらすじの不十分な作品記事BNE識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WorldCat-VIAF識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 4538
再生回数: 8548
[spincontent type=”j”]

Perfume 2013 movie song (Doraemon) 未来のミュージアム Youtube

II 2

2. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Yomiuri

Yomiuri
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9831
[spincontent type=”j”]

3. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Asahi Shimbun

朝日新聞
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 朝日新聞で検索した 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する上記の情報が、映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 29 19
[spincontent type=”j”]

4. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム The Japan Times

The Japan Times
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: ジャパン タイムズで検索した 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する記事のトップです。映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7843
[spincontent type=”j”]

5. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Yomiuri Shimbun

読売新聞
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する詳細情報はすでにありますか? 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5391
[spincontent type=”j”]

6. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Mainichi Shimbun

毎日新聞
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 毎日新聞で見つけた 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する上記の情報が、映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3808
[spincontent type=”j”]

7. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Sankei Shimbun

産経新聞
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 産経新聞で検索した 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する記事のトップです。映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 89 18
[spincontent type=”j”]

8. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 70 74
[spincontent type=”j”]

9. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Chunichi Shimbun

中日新聞
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 中日新聞で検索した 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する上記の情報が、映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 80 73
[spincontent type=”j”]

10. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Tokyo Shimbun

東京新聞
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 85 12
[spincontent type=”j”]

11. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 69 11
[spincontent type=”j”]

12. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 日刊工業新聞で見つけた 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する上記の情報が、映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8623
[spincontent type=”j”]

13. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Ainu Times

アイヌタイムス
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: アイヌ タイムズで検索した 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する記事のトップです。映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3924
[spincontent type=”j”]

14. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する詳細情報はすでにありますか? 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7384
[spincontent type=”j”]

15. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Chiba Nippo

千葉日報
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 千葉日報で検索した 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する上記の情報が、映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 99 12
[spincontent type=”j”]

16. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Chugoku Shimbun

中国新聞
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 中国新聞で検索した 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する記事のトップです。映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7605
[spincontent type=”j”]

17. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム Daily Tohoku

デイリー東北
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 67
[spincontent type=”j”]

18. 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

説明: イースタン クロニクルで検索した 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する上記の情報が、映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2776
[spincontent type=”j”]

映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム に関する質問

映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム

映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム
方法映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム
チュートリアル 映画 ドラえもん のび太 の ひみつ 道具 ミュージアム
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: