あなたは 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? を共有します。 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。出典検索?: “綿矢りさ” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2008年4月)綿矢 りさ(わたや りさ)
在ポーランド日本大使館で(2013年)ペンネーム
綿矢 りさ(わたや りさ)誕生
山田 梨沙(やまだ りさ) (1984-02-01) 1984年2月1日(38歳) 日本・京都府京都市職業
小説家言語
日本語国籍
日本教育
学士最終学歴
早稲田大学教育学部国語国文科活動期間
2001年 -ジャンル
小説代表作
『インストール』(2001年)『蹴りたい背中』(2003年)主な受賞歴
文藝賞(2001年)芥川龍之介賞(2004年)大江健三郎賞(2012年)デビュー作
『インストール』(2001年)配偶者
あり(2014年 – )公式サイト
東京コンサーツ 綿矢りさテンプレートを表示綿矢 りさ(わたや りさ、1984年(昭和59年)2月1日 – )は、日本の小説家。

経歴
京都府京都市生まれ。金閣寺近くの閑静な住宅街で育った[1]。父は服飾関係(着物)会社に勤めるサラリーマン[2][3]、母は短大の准教授[1](英語教員[3])という家庭環境にて育つ。3歳下の弟がいる[1]。
17歳のときに太宰治の作品に引き込まれ、作家になろうと決めた。京都市立紫野高等学校在学中に「インストール」で第38回文藝賞受賞。受賞当時17歳であり、第18回(1981年(昭和56年))の堀田あけみ(『アイコ十六歳』)以来20年ぶりの最年少タイ記録として話題となった[4]。同作品で2002年(平成14年)に第15回三島由紀夫賞候補。選考委員の福田和也、島田雅彦より高い評価を受ける。同作品の単行本は、2年後の芥川龍之介賞受賞や映画化の効果も相まって、2008年(平成20年)までに70万部が発行されるベストセラーとなった。
2002年(平成14年)に早稲田大学教育学部国語国文学科へ自己推薦入学[5][6]。(本人は文藝賞だけで入った」と語っている[5]。)在学中は千葉俊二ゼミに所属。大学在学中の2003年(平成15年)に『蹴りたい背中』で第25回野間文芸新人賞の候補となり、2004年(平成16年)に同作品で第130回芥川龍之介賞受賞(当時19歳)。金原ひとみ(当時20歳)「蛇にピアス」と同時受賞であり、それまでの最年少記録(第56回 1967年(昭和42年))・丸山健二の23歳0ヶ月)を大幅に更新。芥川賞受賞作と選評が掲載された月刊『文藝春秋』2004年3月号は、雑誌としては異例の初回刷80万部、最終的には118万5000部を記録し、1990年12月号「昭和天皇独白録」収録号の105万部を抜き最多発行部数を更新した。単行本は芥川賞受賞作としては1976年(昭和51年)受賞の村上龍『限りなく透明に近いブルー』(131万部)以来、28年ぶりのミリオンセラーとなった。2004年(平成16年)末までの発行部数は127万部。
2006年(平成18年)3月に早稲田大学を卒業。以降、京都で専業作家として活動に入る。
『蹴りたい背中』で2005年度早稲田大学小野梓記念賞<芸術賞>、校友会稲魂賞を受賞。同年末に3年半ぶりの長編となる『夢を与える』を発表。
2008年(平成20年)、第26回京都府文化賞奨励賞を受賞。同年、世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人に選出される。同年春より読売新聞で書評委員を務める。
2010年(平成22年)、『勝手にふるえてろ』が第27回織田作之助賞大賞候補。
2012年(平成24年)、『かわいそうだね?』で第6回大江健三郎賞を受賞。同年、京都市芸術新人賞を受賞。
2019年(令和元年)、『生のみ生のままで』で第26回島清恋愛文学賞を受賞。

人物
筆名の「綿矢」は、姓名判断を参考に中学時代の同級生の姓から拝借した[6]。
幼いころから本や活字に興味を示し「本読んで。本読んで」とねだる子だった[1]。両親はよく読み聞かせをしたという[7]。小学生のころは江戸川乱歩や那須正幹の『ズッコケ三人組』シリーズ、『不思議の国のアリス』[8]、カニグズバーグ、『クマのプーさん』、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』などを愛読。中学生の頃からマーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』や田辺聖子『言い寄る』を繰り返し読む[9]。中学では演劇部に所属。
高校生の時の自身を「引っ込み思案でマイナス思考」だと語り、太宰治の作品に引き込まれ、本格的に小説を書き始める[10][3]。部屋にこもって小説を書いているのを、両親は受験勉強をしていると思っていたとのこと。2人とも作家になることに反対はしなかった[3]。
また、普通科でも英語に重点を置いているクラスがある高校を選んだため、高校2年生のときにサンフランシスコのインド人の家にホームステイしている[7]。
愛読書として上述したものの他に村上春樹の初期作品(『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』)、よしもとばななの『キッチン』、町田康『人間の屑』などを挙げている[9]。スティーブン・キングもよく読む作家の一人。好きな映画は『普通の人々』やマリリン・モンローの作品、オードリー・ヘプバーンの作品。かつて、文芸誌のアンケートでは、好きな映画は、洋画なら『愛と追憶の日々』、邦画なら『月光の囁き』と答えた。またエンターテインメントでは、AKB48の、特に前田敦子のファンでもあり、「(『蹴りたい背中』に登場するアイドルオタクの高校生になぞらえて)確実に私は背中を蹴られる側だと思います」と述べている[11]。『ときめきメモリアル』のファンとも語っている[12]。
後年、大学時代を振り返って「楽し……くなかった」と語った[13]。本人によれば、創作活動でスランプに陥り、恋愛にも失敗する一方で、アルバイトに没頭していたという。大学の卒業旅行では青森県に行き、太宰治の生家、斜陽館に立ち寄った。
芥川賞受賞で「文壇のアイドル」と注目され、ストーカー被害に悩まされたことがある。2004年(平成16年)に『インストール』が映画化された際もプロモーションに参加せず表舞台へ出ることを避けた[14]。専業作家となってからはメディアの取材にも応じるようになり、2007年(平成19年)には初のサイン会も開いた。
2014年(平成26年)12月、2歳年下の霞が関勤務のキャリア国家公務員の男性と結婚[15]。結婚の4年半前に小説の設定のため取材先を探していた際に出版社から紹介され、理系大学院生(菌を繁殖させる研究をしていた[5])だった彼と知り合ったとのこと[16]。地黒で笑顔の明るく、雰囲気的には沖縄のシーサーに似ているとインタビューで明かしている[5]。2015年(平成27年)冬に第1子男児を出産[3]。
妊娠中には谷崎潤一郎『卍』を読んでいたという。その背景として「もともと同性愛の映画や小説はよく観たり読んでいて、耽美な世界観の作品が好きで、自分も描いてみたいなと思っていた」と明かし、出産後の『生のみ生のままで』発表につながっている[17]。
父は日頃綿矢の自慢はしないが、横浜DeNAベイスターズファンであり、『隣の子がお前のファンらしいから代わるわ』と球場から電話を掛けてきたことがある[3]。

作品概要
インストール(『文藝』2001年冬季号初出)高校生活から突如脱落した朝子が、小学生のかずよしに誘われて風俗チャットを体験する、という内容で、綿矢の処女作品。高校2年生の冬休みを使って一気に仕上げた。最初はシャープペンシルで大学ノートに書いていたが、後にワープロで仕上げた。作中に出てくる風俗チャットは綿矢の創作であり、存在を確認していたわけではない。
文藝賞選考では4人の審査員に絶賛され満場一致で受賞。第15回三島賞選評では福田和也は「話者の意識の構成、エピソードの継起の仕組みといい、きめ細かく構成されていて瑕疵がなかった」として、同じくインターネットを主題とした阿部和重『ニッポニアニッポン』よりも高い評価を与えている[18]。蹴りたい背中(『文藝』2003年秋季号初出)周囲に溶け込むことが出来ない陸上部の高校1年生・初実(ハツ)と、アイドルおたくで同級生の男の子・にな川との交流を描いた作品。2002年の夏から2003年の夏にかけて書き上げた。
書き出しの部分(「さびしさは鳴る。耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、胸を締めつけるから、せめて周りには聞こえないように、私はプリントを指で千切る。細長く、細長く。紙を裂く耳障りな音は、孤独の音を消してくれる。気怠げに見せてくれたりもするしね。葉緑体? オオカナダモ? ハッ。っていうこのスタンス。」)について、芥川賞選考会で三浦哲郎は「不可解な文章」だと評した[19]が、他の9人の選考委員の支持を得て受賞となった。文学賞の批判本『文学賞メッタ斬り』を出した豊崎由美、大森望は「とてもとても、容姿に恵まれた人が書ける小説じゃない」「下手な書きかたしちゃうと、低レベルのいじめ話か、つまらない恋愛小説みたいになって閉じちゃいそうな話を、絶妙に開いたまま上手に物語を手放してる器量には舌を巻きます」と絶賛している[20]。作品
著書
『インストール』河出書房新社 2001年11月 / 河出文庫 2005年10月
文庫版のみ併録:「You can keep it.」(書き下ろし)
『蹴りたい背中』河出書房新社 2003年8月 / 河出文庫 2007年4月
『夢を与える』河出書房新社 2007年2月 / 河出文庫 2012年10月
『勝手にふるえてろ』文藝春秋 2010年8月 / 文春文庫 2012年8月
文庫版のみ併録:「仲良くしようか」(『文學界』2012年7月号)
『かわいそうだね?』文藝春秋 2011年10月 / 文春文庫 2013年12月
併録:「亜美ちゃんは美人」
『ひらいて』新潮社 2012年7月 / 新潮文庫 2015年1月
『しょうがの味は熱い』文藝春秋 2012年12月 / 文春文庫 2015年5月
併録:「自然に、とてもスムーズに」
『憤死』河出書房新社 2013年3月 / 河出文庫 2015年3月
おとな/トイレの懺悔室/憤死/人生ゲーム
『大地のゲーム』新潮社、2013年7月 / 新潮文庫 2015年12月
『ウォークイン・クローゼット』講談社 2015年10月 / 講談社文庫 2017年10月
併録:「いなか、の、すとーかー」
『手のひらの京』新潮社 2016年9月 / 新潮文庫 2019年3月
『私をくいとめて』朝日新聞出版 2017年1月 / 朝日文庫 2020年2月
『意識のリボン』集英社 2017年12月 / 集英社文庫 2020年2月
岩盤浴にて/こたつのUFO/ベッドの上の手紙/履歴の無い女/履歴の無い妹/怒りの漂白剤/声の無い誰か/意識のリボン
『生(き)のみ生のままで』(上下)集英社、2019年6月 / 集英社文庫 2022年6月
『オーラの発表会』集英社 2021年8月
『あのころなにしてた?』新潮社 2021年9月
『嫌いなら呼ぶなよ』河出書房新社 2022年7月単行本未収録作品
「トマトマン」(『文學界』2014年3月号)
「黒ねこ」(『小説現代』2014年12月号 / 『100万分の1回のねこ』講談社、2015年、のち文庫)
「激煌短命」(『文學界』2020年8月号 – 2021年10月号)
「眼帯のミニーマウス」(『すばる』2022年1月号)
「神田タ」(『文藝』2022年夏季号)発行部数
インストール(ハードカバー) 60万部
インストール(文庫) 29万部
蹴りたい背中(ハードカバー)127万部
蹴りたい背中(文庫) 24万部
夢を与える(ハードカバー) 18万部(※ 出典はすべて河出書房新社ウェブサイトによる)

メディア・ミックス
映画
インストール(2004年)
勝手にふるえてろ(2017年)
私をくいとめて(2020年)
ひらいて(2021年)漫画
インストール
みづき水脈による漫画化。
出版:講談社 デザートKC、2003年3月13日、ISBN 978-4063652116テレビドラマ
蹴りたい背中
日本テレビ系『あらすじで楽しむ世界名作劇場』(2007年9月17日)にて放送。
出演:渋谷飛鳥・ハリセンボン(近藤春菜・箕輪はるか)・載寧龍二
夢を与える
WOWOW『土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW』(2015年)にて放送。バラエティー
タモリ倶楽部 (2017年5月26日、6月2日、テレビ朝日)「早稲田の英知を無駄遣い?! 役に立たない機械2017 前編・後編」回に早稲田大学教育学部卒OBとしてゲスト出演
タイプライターズ〜物書きの世界〜(2020年11月21日、フジテレビ)脚注
[脚注の使い方]注釈・出典

^ a b c d “芥川賞作家・綿矢りささんの父母 山田雅人さん、宏子さん/上 「小説なら買ってあげる」” (jp). Mainichi Daily News. (2018年7月4日). https://mainichi.jp/articles/20180704/ddm/013/100/004000c 2020年12月28日閲覧。 

^ 綿矢りさ サワコの朝

^ a b c d e f 日本経済新聞社・日経BP社. “作家・綿矢りささん 母は作品でも育児でも先生|エンタメ!|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2020年12月28日閲覧。

^ 太宰治が取れなかった賞を取ったことについて沼野充義編集『やっぱり世界は文学でできている』(光文社、2013年(平成25年))で「太宰とは実力が違うのにいただきましたから、申し訳ないと言ったらおかしいけれど、そのへんは複雑ですね」と語っている。

^ a b c d “綿矢りさ、夫は「シーサーに似てるかな」 結婚生活を語る 〈週刊朝日〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット) (20171224T113000+0900). 2020年12月28日閲覧。

^ a b “芥川賞作家・綿矢りささんの父母 山田雅人さん、宏子さん/下 力を信じ、意見を尊重” (jp). Mainichi Daily News. (2018年7月5日). https://mainichi.jp/articles/20180705/ddm/013/100/022000c#:~:text=%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E3%80%8C%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%8D%E3%81%A7%E6%96%87%E8%8A%B8%E8%B3%9E,%E3%81%AE%E5%A7%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%8B%9D%E5%80%9F%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82 2020年12月28日閲覧。 

^ a b “綿矢りささん 京都市立紫野高校 高校生で作家デビュー、きっかけはネット世界の衝撃|ハイスクールラプソディー|朝日新聞EduA” (日本語). www.asahi.com. 2020年12月28日閲覧。

^ 以上読売新聞 2008年10月27日 13面

^ a b 「作家の読書道」第8回 綿矢りささん

^ 「太宰治を片端から読みながら」(『文藝春秋』2004年3月号)、NHK-BS2「週刊ブックレビュー」2010年10月2日放送

^ 美人芥川賞作家・綿矢りさが“こじらせ系作家”に変身中? 週プレ 2013年4月19日、1ページ目

^ 資生堂「花椿」2013年11月号 穂村弘との対談にて。

^ 美人芥川賞作家・綿矢りさが“こじらせ系作家”に変身中? 週プレ 2013年4月19日、2ページ目

^ 上戸彩会いたい作者…綿矢りささん、宣伝に姿見せず

^ 綿矢りささん結婚発表 04年に歴代最年少19歳で芥川賞受賞、スポニチアネックス、2014年12月30日閲覧。

^ “キャリア官僚と結婚した綿矢りさ、数年前には大失恋で作家生命の危機も (2015年1月20日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年12月28日閲覧。

^ “【綿矢りささん】出産して余裕がないからこそ、書きたい世界がはっきりした/私の「出産」リアルストーリー” (日本語). LEE. 2020年12月28日閲覧。

^ 第15回三島由紀夫賞選評

^ exciteブックス 綿矢りさ『蹴りたい背中』徹底解剖!

^ exciteニュース 2004年3月8日

参考文献
小谷野敦・渡部直己・吉本謙次 『綿矢りさのしくみ』 太田出版、2004年 ISBN 978-4-87233-878-2関連項目
金原ひとみ – 芥川賞の同時受賞者。同学年だが金原の方が綿矢より半年ほど早く生まれている(1983年8月8日生まれ)ため、綿矢が芥川賞受賞者として最年少となる。
堤千代 – 直木賞の最年少受賞者。外部リンク
綿矢りさ [リンク切れ] – 東京コンサーツ
ブックショートインタビュー表話編歴 第130回芥川龍之介賞
 1930年代 – 1950年代(第1回 – 第42回)1930年代
第1回 石川達三「蒼氓」
第2回 該当作品なし
第3回 小田嶽夫「城外」/鶴田知也「コシャマイン記」
第4回 石川淳「普賢」/冨澤有爲男「地中海」
第5回 尾崎一雄「暢気眼鏡」他
第6回 火野葦平「糞尿譚」
第7回 中山義秀「厚物咲」
第8回 中里恒子「乗合馬車」他
第9回 半田義之「鶏騒動」、長谷健「あさくさの子供」
第10回 寒川光太郎「密獵者」1940年代
第11回 高木卓「歌と門の盾」
第12回 櫻田常久「平賀源内」
第13回 多田裕計「長江デルタ」
第14回 芝木好子「青果の市」
第15回 該当作品なし
第16回 倉光俊夫「連絡員」
第17回 石塚喜久三「纏足の頃」
第18回 東野邊薫「和紙」
第19回 八木義徳「劉廣福」/小尾十三「登攀」
第20回 清水基吉「雁立」
第21回 由起しげ子「本の話」/小谷剛「確証」
第22回 井上靖「闘牛」「猟銃」1950年代
第23回 辻亮一「異邦人」
第24回 該当作品なし
第25回 安部公房「壁 S・カルマ氏の犯罪」/石川利光「春の草」他
第26回 堀田善衛「広場の孤独」「漢奸」他
第27回 該当作品なし
第28回 五味康祐「喪神」/松本清張「或る『小倉日記』伝」
第29回 安岡章太郎「悪い仲間・陰気な愉しみ」
第30回 該当作品なし
第31回 吉行淳之介「驟雨」他
第32回 小島信夫「アメリカン・スクール」、庄野潤三「プールサイド小景」
第33回 遠藤周作「白い人」
第34回 石原慎太郎「太陽の季節」
第35回 近藤啓太郎「海人舟」
第36回 該当作品なし
第37回 菊村到「硫黄島」
第38回 開高健「裸の王様」
第39回 大江健三郎「飼育」
第40回 該当作品なし
第41回 斯波四郎「山塔」
第42回 該当作品なし

 1960年代 – 1970年代(第43回 – 第82回)1960年代
第43回 北杜夫「夜と霧の隅で」
第44回 三浦哲郎「忍ぶ川」
第45回 該当作品なし
第46回 宇能鴻一郎「鯨神」
第47回 川村晃「美談の出発」
第48回 該当作品なし
第49回 後藤紀一「少年の橋」/河野多惠子「蟹」
第50回 田辺聖子「感傷旅行 センチメンタル・ジャーニィ」
第51回 柴田翔「されどわれらが日々──」
第52回 該当作品なし
第53回 津村節子「玩具」
第54回 高井有一「北の河」
第55回 該当作品なし
第56回 丸山健二「夏の流れ」
第57回 大城立裕「カクテル・パーティー」
第58回 柏原兵三「徳山道助の帰郷」
第59回 丸谷才一「年の残り」/大庭みな子「三匹の蟹」
第60回 該当作品なし
第61回 庄司薫「赤頭巾ちゃん気をつけて」/田久保英夫「深い河」
第62回 清岡卓行「アカシヤの大連」1970年代
第63回 吉田知子「無明長夜」/古山高麗雄「プレオー8の夜明け」
第64回 古井由吉「杳子」
第65回 該当作品なし
第66回 李恢成「砧をうつ女」/東峰夫「オキナワの少年」
第67回 畑山博「いつか汽笛を鳴らして」/宮原昭夫「誰かが触った」
第68回 山本道子 「ベティさんの庭」/郷静子「れくいえむ」
第69回 三木卓「鶸」
第70回 野呂邦暢「草のつるぎ」/森敦「月山」
第71回 該当作品なし
第72回 日野啓三「あの夕陽」/阪田寛夫「土の器」
第73回 林京子「祭りの場」
第74回 中上健次「岬」/岡松和夫「志賀島」
第75回 村上龍「限りなく透明に近いブルー」
第76回 該当作品なし
第77回 三田誠広「僕って何」/池田満寿夫「エーゲ海に捧ぐ」
第78回 宮本輝「螢川」/高城修三 「榧の木祭り」
第79回 高橋揆一郎「伸予」/高橋三千綱「九月の空」
第80回 該当作品なし
第81回 重兼芳子「やまあいの煙」/青野聰「愚者の夜」
第82回 森禮子「モッキングバードのいる町」

 1980年代 – 1990年代(第83回 – 第122回)1980年代
第83回 該当作品なし
第84回 尾辻克彦「父が消えた」
第85回 吉行理恵「小さな貴婦人」
第86回 該当作品なし
第87回 該当作品なし
第88回 加藤幸子 「夢の壁」/唐十郎「佐川君からの手紙」
第89回 該当作品なし
第90回 笠原淳「杢二の世界」、高樹のぶ子「光抱く友よ」
第91回 該当作品なし
第92回 木崎さと子「青桐」
第93回 該当作品なし
第94回 米谷ふみ子「過越しの祭」
第95回 該当作品なし
第96回 該当作品なし
第97回 村田喜代子「鍋の中」
第98回 池澤夏樹「スティル・ライフ」/三浦清宏「長男の出家」
第99回 新井満 「尋ね人の時間」
第100回 南木佳士「ダイヤモンドダスト」/李良枝「由煕」
第101回 該当作品なし
第102回 大岡玲「表層生活」/瀧澤美恵子「ネコババのいる町で」1990年代
第103回 辻原登「村の名前」
第104回 小川洋子「妊娠カレンダー」
第105回 辺見庸「自動起床装置」/荻野アンナ「背負い水」
第106回 松村栄子「至高聖所アバトーン」
第107回 藤原智美「運転士」
第108回 多和田葉子「犬婿入り」
第109回 吉目木晴彦「寂寥郊野」
第110回 奥泉光「石の来歴」
第111回 室井光広「おどるでく」/笙野頼子「タイムスリップ・コンビナート」
第112回 該当作品なし
第113回 保坂和志「この人の閾」
第114回 又吉栄喜「豚の報い」
第115回 川上弘美「蛇を踏む」
第116回 辻仁成「海峡の光」/柳美里「家族シネマ」
第117回 目取真俊「水滴」
第118回 該当作品なし
第119回 花村萬月「ゲルマニウムの夜」/藤沢周「ブエノスアイレス午前零時」
第120回 平野啓一郎「日蝕」
第121回 該当作品なし
第122回 玄月「蔭の棲みか」/藤野千夜「夏の約束」

 2000年代 – 2010年代(第123回 – 第162回)2000年代
第123回 町田康「きれぎれ」/松浦寿輝「花腐し」
第124回 青来有一「聖水」/堀江敏幸「熊の敷石」
第125回 玄侑宗久「中陰の花」
第126回 長嶋有「猛スピードで母は」
第127回 吉田修一「パーク・ライフ」
第128回 大道珠貴「しょっぱいドライブ」
第129回 吉村萬壱「ハリガネムシ」
第130回 金原ひとみ「蛇にピアス」/綿矢りさ「蹴りたい背中」
第131回 モブ・ノリオ「介護入門」
第132回 阿部和重「グランド・フィナーレ」
第133回 中村文則「土の中の子供」
第134回 絲山秋子「沖で待つ」
第135回 伊藤たかみ「八月の路上に捨てる」
第136回 青山七恵「ひとり日和」
第137回 諏訪哲史「アサッテの人」
第138回 川上未映子「乳と卵」
第139回 楊逸「時が滲む朝」
第140回 津村記久子「ポトスライムの舟」
第141回 磯﨑憲一郎「終の住処」
第142回 該当作品なし2010年代
第143回 赤染晶子「乙女の密告」
第144回 朝吹真理子「きことわ」/西村賢太「苦役列車」
第145回 該当作品なし
第146回 円城塔「道化師の蝶」/田中慎弥「共喰い」
第147回 鹿島田真希「冥土めぐり」
第148回 黒田夏子「abさんご」
第149回 藤野可織「爪と目」
第150回 小山田浩子「穴」
第151回 柴崎友香「春の庭」
第152回 小野正嗣「九年前の祈り」
第153回 羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」/又吉直樹「火花」
第154回 滝口悠生「死んでいない者」/本谷有希子「異類婚姻譚」
第155回 村田沙耶香「コンビニ人間」
第156回 山下澄人「しんせかい」
第157回 沼田真佑「影裏」
第158回 石井遊佳「百年泥」/若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」
第159回 高橋弘希「送り火」
第160回 上田岳弘「ニムロッド」/町屋良平「1R 1分34秒」
第161回 今村夏子「むらさきのスカートの女」
第162回 古川真人「背高泡立草」

 2020年代 – 2030年代(第163回 – )2020年代
第163回 高山羽根子「首里の馬」/遠野遥「破局」
第164回 宇佐見りん「推し、燃ゆ」
第165回 石沢麻依「貝に続く場所にて」/李琴峰「彼岸花が咲く島」
第166回 砂川文次「ブラックボックス」
第167回 高瀬隼子「おいしいごはんが食べられますように」

典拠管理
BNF: cb146463047 (データ)
GND: 132689987
ISNI: 0000 0001 2284 3760
J9U: 987007330494305171
LCCN: no2004066200
NDL: 00861053
NLK: KAC200408601
SUDOC: 101675739
VIAF: 117492913
WorldCat Identities: lccn-no2004066200

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=綿矢りさ&oldid=91565447」から取得
カテゴリ: 綿矢りさ日本の女性小説家21世紀日本の女性著作家芥川賞受賞者早稲田大学出身の人物京都市出身の人物1984年生存命人物隠しカテゴリ: 編集半保護中のページ出典を必要とする存命人物記事/2008年以前外部リンクがリンク切れになっている記事/2020年9月BNF識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NLK識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事ISBNマジックリンクを使用しているページ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 7833
再生回数: 9684
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Yomiuri

Yomiuri
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9422
[spincontent type=”j”]

3. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Asahi Shimbun

朝日新聞
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 朝日新聞で検索した 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する上記の情報が、日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 27
[spincontent type=”j”]

4. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? The Japan Times

The Japan Times
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: ジャパン タイムズで検索した 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する記事のトップです。日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1459
[spincontent type=”j”]

5. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Yomiuri Shimbun

読売新聞
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する詳細情報はすでにありますか? 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6587
[spincontent type=”j”]

6. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Mainichi Shimbun

毎日新聞
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 毎日新聞で見つけた 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する上記の情報が、日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 48 11
[spincontent type=”j”]

7. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Sankei Shimbun

産経新聞
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 産経新聞で検索した 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する記事のトップです。日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5492
[spincontent type=”j”]

8. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1133
[spincontent type=”j”]

9. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Chunichi Shimbun

中日新聞
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 中日新聞で検索した 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する上記の情報が、日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 34 16
[spincontent type=”j”]

10. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Tokyo Shimbun

東京新聞
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3151
[spincontent type=”j”]

11. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5565
[spincontent type=”j”]

12. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 日刊工業新聞で見つけた 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する上記の情報が、日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4947
[spincontent type=”j”]

13. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Ainu Times

アイヌタイムス
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: アイヌ タイムズで検索した 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する記事のトップです。日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 20
[spincontent type=”j”]

14. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する詳細情報はすでにありますか? 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4492
[spincontent type=”j”]

15. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Chiba Nippo

千葉日報
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 千葉日報で検索した 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する上記の情報が、日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1139
[spincontent type=”j”]

16. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Chugoku Shimbun

中国新聞
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 中国新聞で検索した 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する記事のトップです。日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2207
[spincontent type=”j”]

17. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? Daily Tohoku

デイリー東北
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4223
[spincontent type=”j”]

18. 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

説明: イースタン クロニクルで検索した 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する上記の情報が、日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6989
[spincontent type=”j”]

日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? に関する質問

日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は? が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?

日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?
方法日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?
チュートリアル 日本の小説家、綿矢りささんが 2004年に「芥川龍之介賞」を受賞した作品名は?
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: