あなたは 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル を共有します。 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日テレ系音楽の祭典ベストアーティストBest Artistジャンル
音楽番組 / 特別番組演出
渡邉友一郎(総合演出)出演者
櫻井翔羽鳥慎一バカリズム市來玲奈(日本テレビアナウンサー)製作チーフ・プロデューサー
川邊昭宏、江成真二プロデューサー
矢野尚子(汐留本社P)伊藤茉莉衣、阿部聡、森下典子、藤本弘志、比嘉智樹宮崎慶洋、岩崎小夜子(総合P)制作
日本テレビ
放送音声形式ステレオ放送放送国・地域 日本放送期間2001年12月19日 – 現在放送時間各回の放送概要を参照回数21
公式サイト
番組年表関連番組THE MUSIC DAY Premium Music特記事項:スタッフは2020年現在。放送開始から2008年までの番組名は『1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト』。テンプレートを表示『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト』(にっテレけいおんがくのさいてん ベストアーティスト)は、2001年より日本テレビ系列で毎年11月下旬に放送されている大型音楽特別番組である。番組名の末尾には放送年の西暦が入る。
2008年までは『1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト』(いちおくさんぜんまんにんがえらぶ!ベストアーティスト)という番組名で放送されていた。

概要[編集]
元々は『日本テレビ音楽祭』というコンクール番組だったが、音楽の多様化によりポップス歌手の出演辞退が相次いだ。さらに視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)の低下により、コンクールとして成立しないため1990年でこの形式は廃止された。翌年以降、コンクール番組を読売テレビ『全日本有線放送大賞』(現在の『ベストヒット歌謡祭』[1])に一本化して、『日本テレビ系音楽の祭典』という非公開形式の音楽番組に変更した。2001年、出演者やスタッフを入れ替えて、コンサート形式の本番組にリニューアルされた[2]。放送時間については初期は2時間半[3]だったが、後に3時間から4時間に変更した[4]。
2001年の初回放送の正式タイトルは『1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト30』であったが、当時モーニング娘。などのハロー!プロジェクト関連のユニットなども数に含まれていたため、実際に登場したアーティストは30組より少なかった。翌々年からは人数がタイトルに含まれなくなった。
当初は東京ベイNKホール[5]からの生放送だったが2005年に同ホールが閉鎖したため、同年から2007年までは横浜アリーナ、2008年は幕張メッセ[6]で開催された。2009年は東京ビッグサイト[7]と日本テレビGスタジオの二元中継(MCはGスタジオから進行)で放送された。
その後、2010年から2018年・2021年[8]は再び幕張メッセが使用され、2019年・2020年は日本テレビ番町スタジオからの生放送となっていた。なお、3 – 4時間に渡りスタジオ外から生放送を実施するため、日本テレビ本社のスタジオサブに放送本部を設けている[9]。
観覧枠は出演アーティストのファンクラブにそれぞれ割り当てられており、そこから抽選で選ばれる。2007年までは10月頃から『速報!歌の大辞テン』や『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』など日本テレビの音楽番組でも観覧募集が行われていた。なおメイン会場の運営はソーゴー東京が行っており、ほかの日テレ系音楽番組主催イベントの運営も同様に行う。
アーティストは基本的に生放送会場に登場するが、過去には別の場所から生中継で出演したアーティストがいるほか[10]、スケジュールの都合でVTR出演となったアーティストもいる[11]。
番組の特徴としてそれぞれのアーティストがどの性別・年齢層に支持されているかを番組が独自に調査していること、アーティストへの応援メッセージを番組公式サイトで受け付けていることが挙げられる。アーティストが登場するごとにナビゲーターの赤坂泰彦が性別・世代別の支持率をグラフで発表し、視聴者より受け付けた応援メッセージを司会者が紹介していたが、2011年を最後に廃止された。
2004年までは12月中旬の水曜日に放送されていた。2005年から12月上旬に『FIFAクラブワールドカップ』の中継が組まれる事に伴って2005年・2006年は11月下旬に放送されたが、火曜日の2時間ドラマ枠が撤廃された2007年から2009年はサッカー中継の無い火曜日に放送され、2010年から2014年は再び水曜日の放送に戻った。2015年から2017年は11月下旬の火曜日に放送されていた。2018年からは再び水曜日の放送となる。なお、11月下旬に放送される場合は同じく日本テレビ系列で放送されている読売テレビ制作の年末音楽特別番組『ベストヒット歌謡祭』(2020年は中止)[12]と2週続けての放送となるケースがある。
ネット局は、水曜日に放送が行われる場合NNS29局の同時ネットだが、2007年以降火曜日に放送する場合、当日のプライムタイムをFNSのネットに定めているテレビ大分(TOS)を除くNNS28局の同時ネットとなる。テレビ大分は2008年・2009年・2016年・2017年は時差ネットで放送したが、放送が水曜日に戻った2010年から2014年までと2018年以降は再び同時ネットに復活している。なお水曜日に開催される年は、22時台の連続ドラマは通常より時間を遅らせるか、その週の放送を休止して、続きは翌週となるパターンのどちらかになっているが、4時間枠になった年は休止のパターンが多い。
派生番組として2005年9月に『1億3000万人が選ぶ!真夏の音楽の祭典2005』が放送され(司会は徳光和夫・中山エミリ・アンガールズ(山根良顕・田中卓志)、2012年3月7日には東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)から1年が経過することを受けて『日テレ系音楽の祭典 音楽のちから2012』(司会は櫻井翔・羽鳥慎一・徳島えりか)が生放送された。
放送翌日には、日本テレビの朝や昼、夕方の情報・報道番組で本番組の名場面や舞台裏模様を放映することが恒例となっている。

各回の放送概要[編集]
放送回
放送日時
曜日
放送タイトル
総合司会
司会・進行
ナビゲーター
大トリ
会場
視聴率
男性
女性
男性
1

2001年12月19日19:00 – 21:24
水曜日
1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト30
徳光和夫
今田耕司
飯島直子
(配置無し)
赤坂泰彦
浜崎あゆみ
東京ベイNKホール
16.8 %
2

2002年12月18日19:00 – 21:24
1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト2002
13.5 %
3

2003年12月17日19:00 – 21:24
1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト2003
15.4 %
4

2004年12月15日19:00 – 20:54
1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト2004
17.0 %
5

2005年11月30日19:00 – 21:24
1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト2005
横浜アリーナ
14.3 %
6

2006年11月29日19:00 – 21:54
1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト2006
知花くらら
13.9 %
7

2007年12月11日19:00 – 21:48
火曜日
1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト2007
飯島直子
14.0 %
8

2008年12月16日19:00 – 22:48
1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト2008
幕張メッセ
13.5 %
9

2009年12月15日19:00 – 22:48
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2009
櫻井翔
羽鳥慎一
西尾由佳理

東京ビッグサイト / 日本テレビGスタジオ
14.6 %
10

2010年12月15日19:00 – 21:54
水曜日
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2010
幕張メッセ
15.3 %
11

2011年11月30日19:00 – 21:54
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2011
鈴江奈々
18.1 %
12

2012年11月28日19:00 – 22:24
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2012
徳島えりか
15.8 %
13

2013年11月27日19:00 – 22:24
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2013
徳島えりか
(不在)
桝太一
15.5 %
14

2014年11月26日19:00 – 21:54
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2014
16.4 %
15

2015年11月24日19:00 – 22:54
火曜日
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2015
岩本乃蒼
14.7 %
16

2016年11月29日 19:00 – 22:54[13]
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2016
尾崎里紗
14.6 %
17

2017年11月28日19:00 – 22:54[14]
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2017
水卜麻美
(不在)
バカリズム桝太一
15.2 %
18

2018年11月28日19:00 – 21:54
水曜日
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2018
徳島えりか
14.6 %
19

2019年11月27日19:00 – 22:54
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2019
滝菜月
バカリズム
日本テレビ番町スタジオ
14.9 %
20

2020年11月25日19:00 – 22:54
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2020
滝菜月
市來玲奈
14.3 %
21

2021年11月17日19:00 – 22:54
日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト202120周年スペシャル
市來玲奈
(不在)
桑田佳祐
幕張メッセ
11.5 %
補足視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。
赤数字は最高視聴率、青数字は最低視聴率。
赤坂はデータ発表を担当。2009年は東京ビッグサイト進行。
羽鳥は2009年・2010年は日本テレビアナウンサー、2011年以降はフリーアナウンサーとして出演。
西尾、桝は出演当時は日本テレビアナウンサー。
鈴江、徳島、岩本、尾崎、水卜、滝、市來は日本テレビアナウンサー。
鈴江は2011年・2012年いずれも『NEWS ZERO』出演のため途中退場した(前者は21:45頃まで、後者は21:00頃まで)。
2008年は幕張メッセに到着したアーティスト紹介役として日本テレビアナウンサーの鈴江(以下当時)、葉山エレーヌ、夏目三久で結成された「go!go!ガールズ」が出演した。
2009年は二元中継で放送。
2010年から2014年には嵐が、2018年、2019年は櫻井が『NHK紅白歌合戦』の白組司会を担当しており、この7年における櫻井は本番組と合わせて年末音楽特別番組の司会を2本務めた。
2011年は幕張メッセに到着したアーティスト紹介役として徳島、事前収録となった日本テレビGスタジオでの進行役として森麻季(当時日本テレビアナウンサー)が出演した。各年の放送内容・出来事[編集]
2001年(第1回)前年までの『日本テレビ音楽の祭典』に替わり、『1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト30』として放送開始。2003年(第3回)『1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト』に改題。この年から東名阪エリアにおいて地上デジタル放送での放送が開始され、この年からハイビジョン撮影[15]となる。2004年(第4回)人気お笑いタレントのスペシャルユニットとして青木さやか・波田陽区・はなわがネタを披露した。しかし、はなわが客席から登場した際に大勢の観客に押し倒されてステージに上がれず、結局ほとんど歌えなくなるハプニングがあった。
東京ベイNKホールからの放送はこの回が最後となった。2005年(第5回)この回から2007年(第7回)まで横浜アリーナが会場となる。2006年(第6回)この回は裏番組『明石家さんちゃんねる』(TBS系列)に出演していた飯島の代役として知花が司会を務めた。この回より本格的なハイビジョン制作を開始した[16]。
山下智久、KAT-TUN、タッキー&翼、修二と彰の前座で桜塚やっくん、小梅太夫、犬井ヒロシがネタを披露した。また、やっくんはネタの後に持ち歌「1000%SOざくね?」を披露した。2007年(第7回)開始以来初めて番組タイトルロゴと名前テロップを変更した。
5月に亡くなったZARDの坂井泉水の追悼企画として「負けないで」のPVが流された。
ハーフタイムでは藤崎マーケットとムーディ勝山がネタを披露した。
EXILEが「I Believe」を歌唱した際にボーカルのATSUSHIの声が入らない音声トラブルが発生し、徳光らが番組内でお詫びをした。2008年(第8回)この回から幕張メッセが会場となる(2009年(第9回)・2019年(第19回)を除く)。
ハーフタイムではエド・はるみ、はるな愛、渡辺直美、芋洗坂係長がネタを披露した。加えてエドは司会陣とともに進行を担当したほか、持ち歌「グーグー Sun バ!」を披露した。2009年(第9回)番組のスタイルがほぼ刷新された。初回より担当していた赤坂以外の司会者が一新され、櫻井といずれも当時日本テレビアナウンサーの羽鳥、西尾が加わった。出演アーティストが司会を務めるのは番組開始以来初めてとなる。また、番組タイトルも『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト』に改題された。
二元中継のため櫻井・羽鳥・西尾は日本テレビGスタジオ、赤坂は東京ビッグサイトで進行を務めた。櫻井は嵐としての出演のために途中で東京ビッグサイトに移動し、移動中の様子も随時生中継された。
前年までは原則として1組1曲だったが、この回以降はほぼ全てのアーティストがメドレー(主な代表曲+その年にリリースしたヒット曲)を披露する形式に変更された。これにより本番組より後に放送される『ミュージックステーションスーパーライブ』とは内容の面である程度差別化された[17]。
番組開始以来浜崎あゆみがトリを務めたが、この回以降は司会の櫻井が所属する嵐が担当している[18]。
この回より、お笑い芸人のネタ披露は2016年(第16回)まで一切行われなくなった。2010年(第10回)出演アーティストは20組。
前年は出演したアーティストのほとんどが2曲以上披露したが、この回はコブクロや西野カナ、倖田來未など一部アーティストが1曲のみの披露となった。2011年(第11回)2006年(第6回)以来5年ぶりに11月の放送となった。
3月に発生した東日本大震災を受けて、「音楽で日本を元気に」をテーマに各アーティストが代表曲および2011年のヒット曲を披露した。
出演アーティストは23組。そのうち平井堅といきものがかりはスケジュールの都合[19]により日本テレビGスタジオで事前収録したものが放送された。
KAT-TUNの出番の際にはスペシャルゲストとして鈴木福が登場し[20]、薫と友樹、たまにムック。の「マル・マル・モリ・モリ!」を披露した。また、斉藤和義のパフォーマンス前には主題歌を担当したドラマ『家政婦のミタ』に主演した松嶋菜々子からのVTRメッセージが放送された。
Perfumeのステージでは、2曲目「レーザービーム」を披露している最中にのっちのベルトが外れるというハプニングが発生した。踊りながら直そうとしたが、結局最後まで直せずに終わった。このことは翌年の番組で登場した際のトークでも触れられていた。2012年(第12回)出演アーティストは32組。
前年まで行なわれたナビゲーターによる性別・年代別の支持を表すグラフの紹介やメッセージの読み上げが行われなかったほか、番組の途中では過去の同番組で披露された名曲集のVTRが挿入された。この形式は翌年以降も継続されている。また、中盤では5組のアーティストによるノンストップメドレーが披露された[21]。
KAT-TUNの出番前には応援ゲストとして前年に引き続き鈴木福が登場した。また、NEWSの出番前には会場にNEWSの大ファンの吉田沙保里がいることについて触れられた。2013年(第13回)出演アーティストは32組。
2001年(第1回)から2012年(第12回)までナビゲーターを務めていた赤坂泰彦が降板した。
嵐による「Happiness」の歌唱の際、番組連動データ放送を使った視聴者参加型企画「みんなでHappiness」を実施した。
ふなっしーがゲスト出演した[22]。2014年(第14回)出演アーティストは31組。
当日出演を予定していたタッキー&翼は、メンバーの今井翼がメニエール病による入院のため出演をキャンセル。滝沢秀明のみの出演となった。相葉雅紀(嵐)、増田貴久(NEWS)、横山裕(関ジャニ∞)、亀梨和也(KAT-TUN)、Hey! Say! JUMPとのコラボレーション共演という形で「夢物語」を披露した。
番組の最後で、視聴者による生投票企画「みんなで選ぶ嵐スペシャルメドレー」が実施された。アップテンポな曲中心のHOTメドレー(「Troublemaker」「GUTS!」)が選ばれ、シンキングタイムの「A・RA・SHI」に加えて合計3曲をメドレーで披露した。(ちなみに落選したCOOLメドレーは「truth」「誰も知らない」)2015年(第15回)出演アーティストは40組。
『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』内の企画「浜田アイドル化計画」から生まれたキャラクター「浜田ばみゅばみゅ」(浜田雅功)が生出演し、元ネタとなったきゃりーぱみゅぱみゅと共演した。
田口淳之介(KAT-TUN)が2016年春を以ってグループを脱退し、ジャニーズ事務所を退所する旨を発表した[23]。2016年(第16回)出演アーティストは39組。当初は40組の予定だったが、星野源が過労による体調不良のため、急遽出演を見合わせることになった。
長野博(20th Century)が白石美帆と結婚後、当番組が初めてのテレビ出演となり、V6が歌唱する前と「Beautiful World」を歌唱中の後半でTOKIO、嵐、関ジャニ∞が登場し、長野博の結婚を祝福した。2017年(第17回)出演アーティストは35組。
LINE LIVE、Twitter、ニコニコ生放送、YouTubeを通じて古坂大魔王と後藤晴菜(日本テレビアナウンサー)が出番前後のアーティストを次々に招き、番組の裏話を繰り広げる企画「裏配信★大魔王の部屋」を生配信した。
お笑い芸人のネタ見せが9年ぶりに事実上復活し、ブルゾンちえみ with Bがオースティン・マホーンと共に「Dirty Work」に合わせてコラボレーションで披露。
今年で振り付けソングが生まれて50周年になることを祝して、『みんな踊れる!振り付けソング50年メドレー』と題して豪華コラボで10曲披露。ラインナップは嵐×乃木坂46の「A・RA・SHI」、モーニング娘。×Sexy Zoneの「LOVEマシーン」、堺正章×関ジャニ∞の「バン・バン・バン」、荻野目洋子×ジャニーズWESTの「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」、EXILE THE SECOND×TAKAHIRO×堺正章の「Choo Choo TRAIN」、修二と彰×Hey! Say! JUMPの「青春アミーゴ」、RADIO FISH×NEWSの「PERFECT HUMAN」、AKB48×加藤一二三×ANZEN漫才×にゃんこスター×羽鳥慎一×桝太一の「恋するフォーチュンクッキー」、増田恵子×E-girlsの「UFO」、Perfume×水卜麻美×近藤春菜の「ポリリズム」である。2018年(第18回)出演アーティストは28組。
前年に引き続き、出番前や出番後のアーティストと裏側トークを繰り広げる「裏配信★大魔王の部屋」がYouTube・ニコニコ生放送・Twitter・Facebook・番組公式ホームページで同時生配信された。古坂大魔王と青木源太(日本テレビアナウンサー)、佐藤梨那(日本テレビアナウンサー)が進行を務めた。2019年(第19回)出演アーティストは42組。
同年3月に完成・運用が始まった日本テレビ番町スタジオからの生放送に変更となった。
前年に引き続き、出番前や出番後のアーティストと裏側トークを繰り広げる「裏配信★大魔王の部屋」がYouTube・ニコニコ生放送・Twitter・Facebook・LIVEPARKで同時生配信された。前年に引き続き、古坂大魔王と青木源太(日本テレビアナウンサー)、佐藤梨那(日本テレビアナウンサー)が進行を務めた。
番組の冒頭で、この年に開催された「ラグビーワールドカップ2019」に出場した日本代表選手数人がゲストとして出演し、トップバッターの曲フリを行った。
乃木坂46の楽曲披露の際、特別ゲストとして元メンバーの西野七瀬が登場。もう一人の元メンバー市來玲奈(日本テレビアナウンサー)もよみうりランドからの中継リポーターを務めた。
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE「Rat-tat-tat」の歌唱の際に、メンバーの山下健二郎が火曜日メインパーソナリティを務める『ZIP!』の出演者とのコラボレーションを行い、『ZIP!』出演者から総合司会の桝太一(日本テレビアナウンサー)、徳島えりか(日本テレビアナウンサー)、貴島明日香、小林正寿、くぼてんき、マーティンが参加し、Rat-tat-tatダンスを披露した。2020年(第20回)出演アーティストは41組。今回は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、無観客で放送される事となった。
NiziUが12月2日リリースのデビュー曲「Step and a step」を世界初披露した。
Mr.Childrenがバンドとして2015年12月25日の「ミュージックステーションスーパーライブ」以来約5年ぶりにテレビ出演を行った。2021年(第21回)出演アーティストは36組。前回に続き無観客での放送となった。
トップバッターは櫻井翔が務め、「カイト」をピアノで演奏した。出演アーティスト(2001年〜2010年)[編集]
第1回(2001年)[編集]
aiko
安室奈美恵

Gackt
Kiroro
KinKi Kids
GLAY
CHEMISTRY
ゴスペラーズ
小柳ゆき
J-FRIENDS
ZONE
TOKIO
浜崎あゆみ
hitomi
平井堅
20th Century
ポルノグラフィティ
松浦亜弥
MAX
三木道三
モーニング娘。
矢井田瞳第2回(2002年)[編集]
安室奈美恵

井上陽水
w-inds.
宇多田ヒカル
小田和正
Gackt
GLAY
桑田佳祐
CHEMISTRY
ゴスペラーズ
J-FRIENDS
島谷ひとみ
タッキー&翼
中島美嘉
浜崎あゆみ
B’z
平井堅
藤本美貴
BoA
ポルノグラフィティ
モーニング娘。
矢井田瞳第3回(2003年)[編集]
aiko
安室奈美恵
w-inds.
CHEMISTRY
サザンオールスターズ
SPEED
SMAP
TOKIO
中島美嘉
はなわ
浜崎あゆみ
B’z
福山雅治
BoA
松浦亜弥
Mr.Children
モーニング娘。
森山直太朗
ロードオブメジャー第4回(2004年)[編集]
安室奈美恵
EXILE
大塚愛
ORANGE RANGE
河口恭吾
KinKi Kids
ゴスペラーズ
サザンオールスターズ
島谷ひとみ
SMAP
TOKIO
波田陽区
はなわ
浜崎あゆみ
H.P.オールスターズ
平井堅
平原綾香
ポルノグラフィティ
松平健
Ryu第5回(2005年)[編集]
aiko
安室奈美恵

伊藤由奈
宇多田ヒカル
EXILE
大塚愛
ORANGE RANGE
Crystal Kay
CHEMISTRY
倖田來未
コブクロ
近藤真彦
サザンオールスターズ
島谷ひとみ
修二と彰
SMAP
D-51
DEF.DIVA
TOKIO
中島美嘉
浜崎あゆみ
一青窈
BoA
ポルノグラフィティ
松平健
モーニング娘。第6回(2006年)[編集]
aiko
絢香

犬井ヒロシ
Every Little Thing
ENDLICHERI☆ENDLICHERI
大塚愛
ORANGE RANGE
KAT-TUN
KinKi Kids
GLAY
倖田來未
小梅太夫
コブクロ
桜塚やっくん
サザンオールスターズ
スキマスイッチ
SMAP
タッキー&翼
DJ OZMA
堂本光一
TOKIO
中島美嘉
浜崎あゆみ
B’z
一青窈
BoA
ポルノグラフィティ
Mr.Children
mihimaru GT
山下智久
WaT第7回(2007年)[編集]
aiko
秋川雅史
絢香

宇多田ヒカル
EXILE
Every Little Thing
大塚愛
おしりかじり虫
ORANGE RANGE
KAT-TUN
KinKi Kids
桑田佳祐
倖田來未
コブクロ
スキマスイッチ
タッキー&翼
TOKIO
徳永英明
中島美嘉
浜崎あゆみ
B’z
平井堅
V6
藤崎マーケット
ムーディ勝山
モーニング娘。
ルー大柴&仁井山第8回(2008年)[編集]
aiko
青山テルマ
安室奈美恵
絢香

EXILE
エド・はるみ
大塚愛
KAT-TUN
関ジャニ∞
木山裕策
KinKi Kids
倖田來未
コブクロ
SPEED
TOKIO
中島美嘉
鼠先輩
Perfume
浜崎あゆみ
平井堅
V6
藤岡藤巻と大橋のぞみ
ブリトニー・スピアーズ
ポルノグラフィティ
Mr.Children第9回(2009年)[編集]
aiko
絢香

いきものがかり
EXILE
Every Little Thing
KAT-TUN
関ジャニ∞
GLAY
桑田佳祐
倖田來未
コブクロ
修二と彰
SPEED
TOKIO
中島美嘉
NEWS
Perfume
浜崎あゆみ
平井堅
V6
ポルノグラフィティ
ゆず
レミオロメン第10回(2010年)[編集]

いきものがかり
EXILE
AKB48
KAT-TUN
倖田來未
コブクロ
坂本冬美
タッキー&翼
TOKIO
西野カナ
NEWS
Perfume
浜崎あゆみ
平井堅
FUNKY MONKEY BABYS
福山雅治
Hey! Say! JUMP
ポルノグラフィティ
ゆず出演アーティスト(2011年〜2020年)[編集]
第11回(2011年)[編集]
aiko

いきものがかり
EXILE
AKB48
SKE48
怪物くん(大野智)
KAT-TUN
関ジャニ∞
斉藤和義
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
鈴木福
タッキー&翼
TOKIO
ドリームモーニング娘。
西野カナ
Perfume
平井堅
Fairies
福山雅治
Hey! Say! JUMP
ポルノグラフィティ
ゆず
L’Arc〜en〜Ciel第12回(2012年)[編集]
ATSUSHI
絢香

いきものがかり
EXILE
AKB48
SKE48
NMB48
KAT-TUN
関ジャニ∞
木村カエラ
きゃりーぱみゅぱみゅ
コブクロ
ゴールデンボンバー
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
TOKIO
ナオト・インティライミ
中島美嘉
NEWS
Perfume
平井堅
V6
Fairies
flumpool
Hey! Say! JUMP
ポルノグラフィティ
槇原敬之
Mr.Children
森高千里
山田涼介
YUI
ゆず第13回(2013年)[編集]
aiko

E-girls
HKT48
SKE48
NMB48
EXILE
AKB48
KAT-TUN
関ジャニ∞
きゃりーぱみゅぱみゅ
コブクロ
ゴールデンボンバー
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
JUJU
スキマスイッチ
SEKAI NO OWARI
TOKIO
ナオト・インティライミ
西野カナ
NEWS
乃木坂46
Perfume
平井堅
V6
Hey! Say JUMP
堀田家BAND
ポルノグラフィティ
槇原敬之
MAX
ゆず
LUNA SEA第14回(2014年)[編集]
aiko
E-girls
いきものがかり
HKT48
EXILE TRIBE
AKB48
SKE48
NMB48
KAT-TUN
関ジャニ∞
きゃりーぱみゅぱみゅ
KinKi Kids
ゴールデンボンバー
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
ジャニーズWEST
JUJU
Superfly
SEKAI NO OWARI
タッキー&翼
TOKIO
NEWS
乃木坂46
Perfume
V6
Hey! Say! JUMP
ポルノグラフィティ
槇原敬之
Mr.Children
May J.
ゆず第15回(2015年)[編集]
AI
aiko

E-girls
いきものがかり
HKT48
AKB48
NMB48
EXILE
KAT-TUN
KANA-BOON
KABA.ちゃん
関ジャニ∞
氣志團
きゃりーぱみゅぱみゅ
KinKi Kids
クリス松村
ゲスの極み乙女。
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
GENERATIONS from EXILE TRIBE
ジャニーズWEST
JUJU
Superfly
SEKAI NO OWARI
タッキー&翼
TOKIO
ナオト・インティライミ
西内まりや
西野カナ
NEWS
乃木坂46
秦基博
Perfume
浜田ばみゅばみゅ
平井堅
V6
BREAKERZ
Hey! Say! JUMP
星野源
ポルノグラフィティ
槇原敬之
山本彩第16回(2016年)[編集]
AI
aiko

[Alexandros]
家入レオ
E-girls
いきものがかり
EXILE THE SECOND
HKT48
SKE48
NMB48
関ジャニ∞
Kis-My-Ft2
きゃりーぱみゅぱみゅ
KinKi Kids
桑田佳祐
欅坂46
THE YELLOW MONKEY
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
GENERATIONS from EXILE TRIBE
ジャニーズWEST
JUJU
スティング
SEKAI NO OWARI
Sexy Zone
TOKIO
西内まりや
西野カナ
NEWS
乃木坂46
秦基博
back number
Perfume
ピコ太郎
V6
Hey! Say! JUMP
ポルノグラフィティ
ゆず第17回(2017年)[編集]
aiko

E-girls
梅沢富美男
EXILE THE SECOND
AKB48
NGT48
荻野目洋子
オースティン・マホーン
亀と山P
関ジャニ∞
きゃりーぱみゅぱみゅ
倉木麻衣
欅坂46
THE YELLOW MONKEY
堺正章
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
GENERATIONS from EXILE TRIBE
ジャニーズWEST
修二と彰
SixTONES
Snow Man
SEKAI NO OWARI
Sexy Zone
TAKAHIRO
DEAN FUJIOKA
TOKIO
中丸雄一
NEWS
乃木坂46
back number
Perfume
B’z
平井堅
ブルゾンちえみ with B
Hey! Say! JUMP
星野源
ポルノグラフィティ
MIGHTY WARRIORS
増田恵子
三浦大知
モーニング娘。’17
RADIO FISH
WANIMA第18回(2018年)[編集]

E-girls
EXILE
AKB48
KAT-TUN
キアラ・セトル
Kiroro
King & Prince
欅坂46
コブクロ
ゴールデンボンバー
GENERATIONS from EXILE TRIBE
嶋大輔
ジャニーズWEST
Superfly
Sexy Zone
高橋洋子
DA PUMP
西野カナ
NEWS
乃木坂46
Perfume
B.B.クィーンズ
平井堅
Hey! Say! JUMP
星野源
ポルノグラフィティ
WANIMA第19回(2019年)[編集]
麻倉未稀

いきものがかり
KAT-TUN
関ジャニ∞
King & Prince
King Gnu
倉木麻衣
欅坂46
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
ジェジュン
GENERATIONS from EXILE TRIBE
ジャニーズWEST
SixTONES
Snow Man
Superfly
SEKAI NO OWARI
Sexy Zone
DA PUMP
DJ松永(Creepy Nuts)
DEAN FUJIOKA
中元みずき
NEWS
乃木坂46
花*花
Perfume
日向坂46
平井堅
Foorin
Hey! Say! JUMP
槇原敬之
Matt
三浦大知
MIYAVI
森山直太朗
山崎育三郎
Little Glee Monster
LUNA SEA
WANIMA第20回(2020年)[編集]
IZ*ONE
絢香

[Alexandros]
家入レオ
いきものがかり
池田エライザ
EXILE
AKB48
KAT-TUN
関ジャニ∞
清塚信也
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
ジェジュン
GENERATIONS from EXILE TRIBE
柴咲コウ
ジャニーズWEST
SixTONES
Snow Man
SEKAI NO OWARI
Sexy Zone
DA PUMP
DISH//
TOMORROW X TOGETHER
ナオト・インティライミ
NiziU
NEWS
乃木坂46
Perfume
BTS
日向坂46
Foorin
福山雅治
Hey! Say! JUMP
三浦大知
Mr.Children
宮本浩次
LiSA出演アーティスト(2021年〜)[編集]
第21回(2021年)[編集]
「日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2021」を参照

スタッフ[編集]
2021年(第21回)[編集]
技術統括(第19回-):川合亮(第20回-)
美術統括(第19回-):滋田由布子(第21回、第19,20回は美術プロデューサー)
美術プロデューサー:葛西剛太(第21回)
美術デザイン:浅田一花、波多野真理、米津成美、松浦なつみ
総合TD:鈴木昭博
デジタルコンテンツ展開:藤澤美郷、松村優衣、中村貴士汐留本社 SVサブ

ベストポイントディレクター(第19回-):豊永満(第20回-、第19回はアプリディレクター)、諏訪裕紀(第19回-、第16回はディレクター)、出野皓平(第21回、第18回はAD)、正寶奈都貴(第21回)、松本亜弓(第21回)
ディレクター:蒲龍太郎(第19回-、第17回は汐留本社・SVサブ担当AD、第18回はFM)、小松正樹(第19回-、第8回、第11回は本社サブD、第12-15回は技術Co、第16-18回はVTR)
演出:渡辺春佳(第20回-、第17回はアーティスト演出、第18回はディレクター、第19回はプロデューサー)
プロデューサー:矢野尚子(第21回、第19回はプロデューサー)全体

美術・技術協力:日テレアート、NiTRO、日放、NKL、TACT、テックトラスト、東宝舞台、丸与デザインテック、中央宣伝企画、テルミック、ヤマモリ(NKL・TACT・東宝・丸与→第21回)
制作協力:オフィス・ケーアール、ゴットキッズ、モスキート、AX-ON、アガサス
運営:光岡裕子、脇阪真琴、鈴木涼介、山崎李奈、野崎遥香
構成作家:桝本壮志、藤井靖大(第19回は放送作家)
情報取材プロデューサー(第20回-):鈴木将大(第20回-)
PRディレクター:廣本諒介(第21回、第19回はAD)
TK:桜井えみこ
デスク:小原麻実(第9,12回-)
FM(第21回):中村文彦、糸賀綾香(共に第21回)
幕張メッセプロデューサー:前田直敬(第10回-、第2,3,6回はディレクター、第9回はFM)、福田一寛(第19回-)、國谷茉莉(第20回-)、貝山京子(第20回-、第19回はプロデューサー)、藤井良記(第21回、第17回はアーティスト演出、第20回は汐留本社 SVサブ・P)、藤戸星妃(第21回、第15回はAD、第16-20回はディレクター)/ 本橋武夫(第20回-、第3回は中継P、第10回は幕張メッセ担当、第6-9,11-19回はプロデューサー)、吉田一浩(第20回-、第7,8回はディレクター、第9-19回はプロデューサー)、橋本隆(第9回はディレクター、第11-20回はAP)、大塚明(第15-20回はAP)、山崎佑里子(第14,15回はAD、第16-20回はAP)、北村桃子(第15回はAD、第16-20回はAP)、和田裕子(第20回はAP)、髙橋孝平(橋本以降→第21回)
演出補(第20回-)[24]:山本ゆかり(第20回-)、加治木賢真(第19回-、第18回・汐留本社 SVサブ)、阿比留ほのほ(第19回-)、津波古知利(第19,21回)、松本美咲、鈴木千香、岩根桜子(共に第21回)
制作進行:斎藤寿(第6回-)
ディレクター:錦織信彦(第8回-、第6,7回はFM)、安達穣史(第20回-、第19回は汐留本社 SVサブ・ベストポイントディレクター)、庄司名衣(第14回-、第13回はAD)、稲元雅俊(第18回-、第13-16回はAD、第17回はFM)、松本匡(臣)貴(第16回-、第14,15回はAD)、橋村和幸(第15,16,20回-、第14回はAD、第18回はロス中継ディレクター、第19回はよみうりランド中継ディレクター)、廣瀬隆太郎(第19,21回、第20回はC2・FM)、佐々木万由子(第20回-、第18回はFM、第19回はよみうりランド中継AD)、池山愛奈(第21回、第20回はC3・FM)、藁科啓(第21回、第20回は演出補)、加藤健太(第21回、第19,20回はC1・FM)、田中もも(第21回、第15-20回は演出補)、町田有(第21回、第18,19回はAD、第20回は演出補)、巻下歩夢(第21回、第16-19回はAD、第20回は演出補)
プロデューサー:伊藤茉莉衣(第18,19,21回、第15回はFM、第17回はAP、第20回は総合プロデューサー)、阿部聡(第21回、第6回はFM、第7回はマルチSW、第8-20回はディレクター)、森下典子(第15回-、第6-14回はAP)、藤本弘志(第21回、第7回はCG・VTR、第8回はディレクター、第13回は中継演出、第14回は中継P、第18回は中継ディレクター兼プロデューサー、第19回はよみうりランド演出)、比嘉智樹(第20回-、第8,14-16,19回はディレクター、第12回はFM、第13,17回は中継D)
総合演出:渡邉友一郎(第19回-、第12回はAD、第14-17回はディレクター、第18回は音楽演出)
総合プロデューサー:宮崎慶洋(第20回、第18回は幕張メッセプロデューサー、第19回はプロデューサー)、岩崎小夜子(第21回、第17回はAP、第18-20回はプロデューサー)
チーフプロデューサー:川邊昭宏(第19回-、第15回は演出兼統括プロデューサー)、江成真二(第20回-、第2,3,6回はディレクター、第7回は演出、第8,16回はプロデューサー、第9-13回は演出・プロデューサー、第17-19回は総合プロデューサー)
製作著作:日本テレビ過去のスタッフ[編集]
スーパーバイザー:吉岡正敏(第1回)
監修:五味一男(第1,6,8回)
構成:矢(八)頭浩(第1-15回)、沢口義明(第1-14回)、AKO(第3,4,6-8回、第1,2回はリサーチ)、安達××(第7,8回、第6回は穣名義)、成瀬正人(第15回)、木南広明(第15回)、川上トリオ(第17-19回)、石原健次(第18回)
リサーチ:安藤優子(第1回)、関根清貴(第1回)
技術統括(第19回-):木村博靖(第19回、第12-18回はTM)
美術統括(第19回-):栗原純二(第19,20回、第18回は美術プロデューサー)
TM:吾妻光良(第1回)、原泰造(第2回)、古井戸博(第3回)、新名大作(第6-11回)
美術プロデューサー:鈴木喜勝(第1-3回)、林健一(第7-12回)、大川明子(第13-18回)、稲本浩(第13回)
舞台監督:古谷晃(グラビティ、第1-3,6,7回)番町スタジオ

フロアマネージャー:〈C1〉新井万季(第17,19回、第18回はストロングポイントディレクター)、上野詩織(第20回、第17,18回はFM、第19回はディレクター)、久島拓也(第20回)〈C2〉中川ゆりや(第19回)、氣賀澤宏隆(第6回-、第2,3回はディレクター)、星野克己(第8-16,19回-、第17回は中継D)、西本幸平(第20回、第16,17回はAD、第18,19回はディレクター)、藤田安希(第20回)、〈C3〉冨永琢磨(第20回)デジタル生配信中継

宣伝:石尾純(第18回)、細川恵理(第19回)
協力:フォアキャスト・コミュニケーションズ
ディレクター:熊谷航太郎(第18回)、田村幸大(第19回、第15回はAD、第17回はFM、第18回はディレクター)
AD:小倉寛太(第18回)、河村哲平(第19回)
プロデューサー:渡邊文哉(第18回はプロデューサー)よみうりランド中継

撮影協力:よみうりランド
ディレクター:新井章司(第19回、第14-16回はディレクター)、萩原哲也(第19回)
プロデューサー:小林拓弘、高橋正昭、山崎みみ(全員→第19回)全体

美術・技術協力:俳優座劇場、TAMCO、コマデン、KYORITZ、PRG、三響社
編成(第17回以来):武末大作(第17回)、岩崎秀紀(第19回、第15回はAD)、今井大輔(第20回、第7回は本社サブD、第8回はディレクター)
営業(第17回以来):酒向真一(第17回)、鈴木信(第19回)、滝澤真一郎(第20回)
宣伝(第17回):三瓶篤樹(第17回)、藤井恒久(第20回)
PRスポットプロデューサー:森川高行(第19回)
PRスポットディレクター:横山琢磨(第19回)
PRディレクター:富永結貴(第20回)
情報取材プロデューサー(第20回-):劉雅莎(第20回)
デスク:津下佳子(第12,15,16回)、中野真奈(第14回)、岡田真美(第15回)、西端薫(第15回)
FM:舟澤謙二(第1-8,11-16回)、杉岡士朗(第3,6回)、鈴木豊人(第3,8回)、高橋康之(第3,6-8回)、小笠原豪(第6,7回)、花蔭篤(第15,16回、第8,11-14回はディレクター、第9回はGスタ・マルチSW)、川口信洋(第11,15,16回、第12-14回はディレクター)、久保田克重(第9,15-17回、第2,3,6,8,11-14回はディレクター)、前田大輔(第16回、第13,14回はAD)、増田雄太(第17回)、井上統暉(第17,18回)、岩崎林太郎(第17,18回)、小田葉月(第18回)、渡邊菜月(第18回)
AD(第12-19回):大畑仁美(第12回)、竹内大樹(第12回)、畠山剛治(第13回)、姫野慈子(第13回)、西田志帆(第13-15回)、山下達磨(第14-17回)、目黒真理子(第14回)、大槻将之(第14回)、岡史哲(第15回)、藤井和真(第16回)、金森渉(第16,17回)、岡村美里(第16回)、村松千晶(第17回)、平松結有(第17,18回)、加村元輝(第18回)、山口拓朗(第19回、第18回はFM)、大戸絵里加(第19回)
演出補(第20回-):石川由乃、高村いずみ、楠井彩圭(共に第20回)
ストロングポイントディレクター(第18回):森山琢哉(第18回)
本社サブディレクター:岩鼻優(第13-16回)
ディレクター:徳永清孝(第7,8回、第9回はGスタ担当、第14回は中継演出、第17回は中継D)、鈴木淳一(第8回)、三富達郎(第13回)、森山琢哉(第17回)、宮崎浩一(第17回、第13回はFM)、井上将司(第15,17回はAD)、山下聖司(第17-19回は汐留本社 SVサブ)、須原翔(第17-19回、第15回はAD、第16回はFM)、諸田景子(第18回、第15回はAD、第16,17回はFM)、大井彰生(第19回、第17,18回はFM)
アーティスト演出(第17回):黒川高、那須太輔、橋本和明、藤森真実、大楽和也、吉田陵
演出:久木野大(第12回、第7-9,11,14回は本社サブD、第13回はチーフディレクター、第17回は中継D)、上田崇博(第15-17回、第7,11回はディレクター、第9,12,13回は本社サブD)、井上尚也(第18回)
演出監修:髙橋利之(第19回、第18回は総合演出)
総合演出:尾高賢哉(第1-3回)、利根川広毅(第15-17回、第8-12回はディレクター、第13回はチーフディレクター、第14回は演出)
アシスタントプロデューサー:山中れい子(第1-3回)、伊藤真和(第11-14回)、藤野はるか(第13,14回)、大野眞奈美(第2,3,6-16回、第1回は制作進行)、森田真由美(第2,3,6-9回、第1回は制作進行)、影山幸子(第2,3,6-8,14,15回)、寺田まゆみ(第12回、第1-11回はデスクで真結美かマユミ名義)、大曲夏奈子(第15回)、前田夏奈(第15,16回)
アーティストプロデューサー(第15回):大友有一(第15回)、横田崇(第15回)、小野隆史(第15回)、吉田尚代(第15回)
本社サブプロデューサー:金田有浩(第6回、第8回はプロデューサー)、上田識喜(第8回)、遠藤正累(第9回)
幕張メッセプロデューサー:南波昌人(第16回、第6,7回はプロデューサー、第15回はアーティストプロデューサー、第17回は中継P)、笠原大輔(第16回)、荻野健(第16回)、佐々木聡史(第16回)、森俊憲(第16回)、島田総一郎(第16回、第15回はアーティストプロデューサー、第17回は中継P)、西川宏一(第16,17回、第15回はアーティストプロデューサー)、笹部智大(第16,17回)、岩下英恵(第16,17回、第15回はアーティストプロデューサー)、大越理央(大越→第3回は中継P、第7回はP、第15回はアーティストプロデューサー)、黒岩敏一(第15回はアーティストプロデューサー)、黄木美奈子(第17回)、宮太一(第17回)、安田純奈(第17回)、齋藤久美子(第17,18回)、渡辺卓郎(渡辺→第18回、第15回はアーティストプロデューサー)、大橋あり(第18回)
番町スタジオプロデューサー:廣瀬由紀子(第16-19回)、末延靖章(第19回、第17回はプロデューサー)、宮本誠臣(第19回)、須藤大介(第19回)、吉無田剛(第20回、第15回はアーティストプロデューサー、第16,18回は幕張メッセプロデューサー)、杉山直樹(第20回、第18回はデジタル生配信中継プロデューサー)、久道恵(第20回、第19回はプロデューサー)
プロデューサー:高木章雄(第1,2回)、寺内壮(第1-6回)、中村英明(第1,2,6回、第3回は日本テレビK sub P、第7回は本社サブP)、中西健(第4,6回)、環真吾(第8回、第3回は中継P、第9回はGスタ担当、第10回は汐留本社・S4サブ担当)、高谷和男(第12-14回、第1-5,7,8回は演出)、岩沢錬(第15回は汐留本社・SVサブ担当)、藤崎一成(第15,16回)、瓜生健(第3回は中継D、第4,5,7-11,14回は演出、第15-17回は汐留本社・SVサブ担当)、島ノ江衣未(第17回は汐留本社・SVサブ担当)、原司(第17回、第3回は日本テレビK sub D、第6回はS1サブD、第7回は本社サブD、第8,9回は演出)、今井康則(第14,18回、第13,17回は中継P、第15回はアーティストプロデューサー、第16回は汐留本社・SVサブ担当)、渡辺健太郎(第18回・汐留本社・SVサブ担当)、名田雅哉(第17回は幕張メッセプロデューサー、第18回はロス中継プロデューサー)、平井杏奈(第18回)、長谷川賢一(第1-18回、第9回はGスタ担当、第10,11回は幕張メッセ担当)、山本めぐ(第19回)、高尾あずみ(第19回、第11-17回はAP)
チーフプロデューサー:吉田真(第1-3回)、土屋泰則(第4,6,7回、第1-3回はプロデューサー)、藤井淳(第10-14回、第1-4,6,7回は演出・プロデューサー、第8,9回はチーフクリエーター)、田中宏史(第15回、第6回はディレクター)、伊東修(第15-18回、第11-13回は本社サブP)、道坂忠久(第16-18回)
統轄チーフプロデューサー:森實陽三(第17回、第3回は中継D)
制作協力:日企、いまじん、フォーミュレーション、ZIONネット局[編集]
『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト』ネット局

対象地域

放送局

系列

備考
関東広域圏

日本テレビ(NTV)

日本テレビ系列

制作局
北海道

札幌テレビ(STV)

同時ネット
青森県

青森放送(RAB)
岩手県

テレビ岩手(TVI)
宮城県

ミヤギテレビ(MMT)
秋田県

秋田放送(ABS)
山形県

山形放送(YBC)
福島県

福島中央テレビ(FCT)
山梨県

山梨放送(YBS)
新潟県

テレビ新潟(TeNY)
長野県

テレビ信州(TSB)
静岡県

静岡第一テレビ(SDT)
富山県

北日本放送(KNB)
石川県

テレビ金沢(KTK)
福井県

福井放送(FBC)[25]中京広域圏

中京テレビ(CTV)
近畿広域圏

読売テレビ(ytv)
鳥取県・島根県

日本海テレビ(NKT)
広島県

広島テレビ(HTV)
山口県

山口放送(KRY)
徳島県

四国放送(JRT)
香川県・岡山県

西日本放送(RNC)
愛媛県

南海放送(RNB)
高知県

高知放送(RKC)
福岡県

福岡放送(FBS)
長崎県

長崎国際テレビ(NIB)
熊本県

くまもと県民テレビ(KKT)
大分県

テレビ大分(TOS)

日本テレビ系列フジテレビ系列

[26]鹿児島県

鹿児島読売テレビ(KYT)

日本テレビ系列

同時ネット
関連項目[編集]
日本テレビの音楽番組[編集]
現在放送中バズリズム02
MUSIC BLOOD
東野・加藤この歌が聴きたいベストテン放送終了夜も一生けんめい。→夜もヒッパレ一生けんめい。→THE夜もヒッパレ
FAN→FUN
速報!歌の大辞テン
HAPPY Xmas SHOW→ザ・プラチナチケット 〜君のために歌いたい〜
音楽戦士 MUSIC FIGHTER→ハッピーMusic→ミュージックドラゴン→バズリズム
歌スタ!!
ミンナのテレビ→歌笑HOTヒット10→ウタワラ
音燃え!
THE M
誰も知らない泣ける歌
レコ☆Hits!
音龍門
Music Lovers→LIVE MONSTER
1番ソングSHOW
キャラオケ18番→チカラウタ前身番組日本テレビ音楽祭(1975年 – 1990年)
日本テレビ音楽の祭典(1990年 – 2000年)派生番組日テレ系音楽の祭典 音楽のちから2012
THE MUSIC DAY
日テレ系音楽の祭典 Premium Music各局の年末音楽特番[編集]
NHK紅白歌合戦(NHK)
ベストヒット歌謡祭(読売テレビ制作、日本テレビ系列)
ミュージックステーションスーパーライブ(テレビ朝日系列)
日本レコード大賞(TBS系列)
CDTVライブ!ライブ!クリスマス音楽祭(TBS系列)
年忘れにっぽんの歌(テレビ東京系列ほか)
FNS歌謡祭(フジテレビ系列)脚注[編集]

^ こちらも2010年を最後に賞取りレース形式を終了し、翌年以降はコンサート形式となった。

^ なお、同年には『有線放送大賞』も『ALL JAPANリクエストアワード』にリニューアルされている。

^ 2004年のみ2時間。

^ 水曜日に放送される場合、22時台は『水曜ドラマ』のため3時間から3時間半となっていたが、2019年以降は火曜日と同様4時間のため『水曜ドラマ』は休止となっている(2019年は『同期のサクラ』、2020年は『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』が該当。また、2019年は番組中に『同期のサクラ』とのコラボ企画を実施)。

^ 2003年まではテレビ朝日系列『ミュージックステーションスーパーライブ』でも使用されていた。

^ 2005年以降はテレビ朝日系『ミュージックステーションスーパーライブ』でも使用されている。

^ 同年の『24時間テレビ32 「愛は地球を救う」』でも使用された。

^ [1] 番組twitter 2021年11月16日

^ 2010年はS4スタジオを使用。

^ SMAP・J-FRIENDS・矢井田瞳・Kiroro・秋川雅史など。

^ B’z・宇多田ヒカル・桑田佳祐(2007年)・安室奈美恵・平井堅・いきものがかり(2011年)など。

^ 主に木曜日。稀に水曜日の放送もある。

^ テレビ大分は、2016年11月30日(水曜日)の 0:54 – 4:49(火曜深夜)に時差ネット。

^ テレビ大分は、2017年11月29日(水曜日)の 0:54 – 4:48(火曜深夜)に時差ネット。

^ 放送時はアナログ・デジタル放送共にサイドカットされ、日本テレビ・中京テレビ・読売テレビのデジタル放送は、左右を黄銅色(番組ロゴが散らばっている)のサイドパネルで対応。(テロップやCGはハイビジョンサイズ)

^ 地上デジタル放送ではこの年からサイドカットせずにデジタルハイビジョン放送を開始(16:9)。なお、VTR映像やネット局など一部の中継は後年までに順次整備された。

^ ただし、2010年以降の『ミュージックステーションスーパーライブ』は本番組に近い内容となっている。

^ 嵐はこの年のトップバッターとして日本テレビGスタジオでもパフォーマンスを行っている。また、東京ビッグサイトでのトップバッターはaikoが担当した。

^ 平井は当日大阪城ホールでコンサートを開催、いきものがかりはイベントホールで行われていた『クリスマスの約束2011』の収録に参加していたため生出演できなかった。

^ 当時鈴木と亀梨和也はドラマ『妖怪人間ベム』で共演していた。

^ 披露順は「ヘビーローテーション」(AKB48)→「虹」(ゆず)→「北風 〜君にとどきますように〜」(槇原敬之)→「チョコレイト・ディスコ」(Perfume)→「ありがとう」(いきものがかり)。

^ ユニバーサルミュージックによるふなっしー公式サイト(NEWS)

^ KAT-TUN田口脱退発表の『ベストアーティスト2015』最高視聴率は19.6%,ORICON STYLE,2015年11月25日

^ (第12-19回はAD)。

^ テレビ朝日系列(サブ)とのクロスネット局でもあるが、テレビ朝日系列の一般番組供給部門には非加盟で、日本テレビの公式ウェブサイト上でも単独ネット扱い。

^ 基本は同時ネットだが、第7回(2007年)・第15回(2015年)は非ネット、第8回(2008年)・第9回(2009年)・第16回(2016年)・第17回(2017年)は時差ネット。

外部リンク[編集]
ベストアーティスト|日本テレビ
ベストアーティスト@日テレ (@musicday_ntv) – Twitter
ベストアーティスト (@musicday_official) – Instagram表話編歴音楽番組
カウントダウン番組
音楽専門チャンネル一覧
過去の音楽番組一覧一般歌謡番組
MUSIC FAIR
ミュージックステーション
プレミアMelodiX!
バズリズム
Love music
うたコン
CDTVライブ!ライブ!
Venue101
一般特別番組
年末年始
ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE
輝く!日本レコード大賞
NHK紅白歌合戦4K8K
年忘れにっぽんの歌
CDTVライブ!ライブ! 年越しプレミアライブ
ももいろ歌合戦4K春
CDTVライブ!ライブ!卒業ソング音楽祭
FNS歌謡祭 春夏
テレ東音楽祭
THE MUSIC DAY
音楽の日
FNS歌謡祭 夏
ライブ・エール4K8K秋
FNS歌謡祭 秋
シブヤノオト and more FES.
わが心の大阪メロディー冬
ベストヒット歌謡祭
ベストアーティスト
FNS歌謡祭
CDTVライブ!ライブ!クリスマス音楽祭
クリスマスの約束
SONGS OF TOKYO Festival
トーク・歌唱番組
J-MELO
SONGS
The Covers4K
関ジャム 完全燃SHOW
SONGS OF TOKYO
MUSIC BLOOD教育・アニメ
通常番組
おかあさんといっしょ
みんなのうた
子供たちに残したい 美しい日本のうた4K
ムジカ・ピッコリーノ
プリティーシリーズ
アイカツシリーズ
Anison Days特別番組
童謡こどもの歌コンクールスペシャル
アニメロサマーライブ
24時間バンドリ!TV
アニソン!プレミアム!
オダイバ!!超次元音楽祭
クラシック
通常番組
読響プレミア
題名のない音楽会
クラシック倶楽部
プレミアムシアター
クラシックTV特別番組
サントリー1万人の第九
東急ジルベスターコンサート
アイドル
通常番組
ザ少年倶楽部特別番組
ジャニーズカウントダウンライブ
TOKYO IDOL FESTIVAL
アイドル魂なだれ坂ロック!
ねる、取材行ってきます〜TOKYO アイドルタイムズ〜
演歌・歌謡曲
通常番組
洋子の演歌一直線
サブちゃんと歌仲間4K
令和歌謡塾4K
新・BS日本のうた
BS日本・こころの歌4K
昭和歌謡人
武田鉄矢の昭和は輝いていた
人生、歌がある4K
昭和歌謡パレード
八代亜紀いい歌いい話
BS演歌の花道4K特別番組
日本作詩大賞
あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル
音楽史
Premium Music
映画音楽はすばらしい!視聴者参加
通常番組
NHKのど自慢特別番組
THEカラオケ★バトル
全日本歌唱力選手権 歌唱王
青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ
その他
musicる TV
お台場フォーク村NEXT
夢チカ18
18祭
ヒャダ×体育のワンルーム☆ミュージック
ハマスカ放送部
キヨヅカライザー 〜音楽考察バラエティ〜制作会社
エー・ビー・シーメディアコム
テレビ朝日ミュージック
テレビ東京ミュージック
フジパシフィックミュージック
tvkコミュニケーションズ
ミューコム
メディアプルポ
表話編歴今田耕司現在の出演番組
ファミリーヒストリー – 炎の体育会TV – ザ・ベストワン – 開運!なんでも鑑定団 – さんまのお笑い向上委員会(準レギュラー) – 今ちゃんの「実は…」 – 特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル→今田耕司のネタバレMTG – オハ! よ〜いどん

スペシャル番組
さよなら!アローン会 – 日テレ系お笑いの祭典 NETA FES JAPAN – 今田耕司★ヒットの世界 東大生が通販してみた!! – M-1グランプリ – オールスター感謝祭 – 今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説 – 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル(顔も声もご本人と一緒!・祭りだ祭りだSP) – お笑い芸人どっきり王座決定戦スペシャル – 世界おもしろ珍メダル バカデミービデオ大賞 – 初詣!爆笑ヒットパレード – 爆笑レッドカーペット – ドラフトコント – 大相撲どすこい研

過去の出演番組
4時ですよーだ – ダウンタウンのゆーたもん勝ち – よしもと新喜劇 – 夕焼けの松ちゃん浜ちゃん – ダウンタウンのごっつええ感じ – 生生生生ダウンタウン – ダウンタウン汁 – 摩訶不思議 ダウンタウンの…!? – ラジオDEごめん – 正解るんです – 今田・東野の血が騒ぐ – 名古屋が最高! – ネッパ者 – ナンバ壱番館 – 殿様のフェロモン – TVおじゃマンモス – 天使のU・B・U・G – 年忘れソバ喰ってもちスペシャル しっかりせなあかんて! – 即席!明るい改造計画 – ゲームカタログ2 – 今田耕司のシブヤ系うらりんご – まっ昼ま王!! – かざあなダウンタウン – 冒冒グラフ – 発明将軍ダウンタウン→ひらめけ!発明大将軍 – Oh!黄金サービス – 熱帯シナモンズ – アムロ今田きっとNo.1 – マジカル頭脳パワー!! – 快傑!コウジ園 – いろもん貳 – いろもん參 – 学校では教えてくれないこと!! – BANG! BANG! BANG! – クイズ!渡る世間は金ばかり?! – 追跡!金運王国 – 爆裂!異種格闘技TV – おとこのこおんなのこ – 快進撃TVうたえモン – 明石家さんまのスポーツするぞ!大放送 – 明石家マンション物語 – 明石家ウケんねん物語 – わらいのじかん – わらいのじかん2 – FUN – 超人気番組CMの祭典 – アフリカのツメ – やりにげコージー – 着信御礼!ケータイ大喜利 – お笑いLIVE10! – あなた説明できますか? – イマだ!タレント再生工場 「ノムさん」 – 合格!日本語ボーダーライン – 交通バラエティ 日本の歩きかた – オールザッツ漫才 – お笑い芸人大忘年会 – ド短期ツメコミ教育!豪腕!コーチング!! – 今田ハウジング – 東京マスメディア会議 – 3人協力クイズ!シャムロック – たけしの誰でもピカソ – 産直限定!通販バトル – あいのり – うたゲーTOWN – クイズなんでもNo.1決定戦 – 抱きしめたいっ! – マツケン・今ちゃん・オセロのGO!GO!サタ – 1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト – 永久保存版!みんなで歌おうアニメソングカウントダウン – クイズ ALL FOR ONE – SUPER SURPRISE – シアワセ結婚相談所 – しりすぎちゃん – うんちく・しりすぎ – 芸能人ウワサの美人妻&イケメン夫 – FNS番組対抗NG大賞 – FNSの日 1億2500万人の超夢列島 そのうち何とか23時間 – 24時間テレビ – スーパークイズスペシャル – 平成あっぱれテレビ – 27時間ぶちぬきスペシャル 熱血チャレンジ宣言’97「ブリーフ4」 – クイズ!お笑い知ってる王 – 鳥人間コンテスト選手権大会 – アナタの名字SHOW – 寿命をのばすワザ百科 – 脳内エステ IQサプリ – オレワン – G★ウォーズ – あいまい語ペディア – テレビを輝かせた100人 – 金曜日のキセキ – サタデー・ナイト・ライブ JPN – 芸能界恥-1グランプリ – ザ・放送ヲ阻止セヨ!!これ知られたら芸能界明日から生きてけない絶体絶命スペシャル! – 歌って笑って大騒ぎ!!お笑い芸人家族対抗マジ歌合戦! – 超地球ミステリー特別企画「1秒の世界」 – クイズ!イチガン – お笑いエピソードGP THE芸人大図鑑 – KOZY’S NIGHT 負け犬勝ち犬 – 日10☆演芸パレード – ビートたけしの今まで見たことないテレビ – 芸能人こだわり王講座 イケタク – 今田耕司プレゼンツ 鶴瓶vs未知数芸人 俺の相方誰やねん!?スペシャル – 人気芸人100人大集合お笑い国盗りクイズ!!芸能界誰についてく?仁義なき派閥抗争特大スペシャル! – 芸人記者 体当たりスクープSP – 地球侵略!ダバダバ大戦 – やりすぎコージー – 芸能人私生活のセンス完全抜き打ち一斉調査! – 同じ穴の王様 – 超豪華オールスター大集合!!番組対抗 炎の熱血バトル – ジェネレーション天国 – 噺家が闇夜にコソコソ – バイキング – 不思議探求バラエティー ザ・世界ワンダーX – プロ野球オールスタースポーツフェスティバル – ノブナガ – 本能Z – あるある議事堂 → こんなところにあるあるが。土曜♥あるある晩餐会 – 24時間テレビ 愛は地球を救う39 – テンション上がる会?〜地球のことで熱くなれ!〜 – 弁護士といっしょです – ピンポイント業界史 – クイズ!?正解は出さないで – いまだにファンです! – すじがねファンです! – 乃木坂46のザ・ドリームバイト!〜働き方改革!夢への挑戦!〜 – ひかくてきファンです! – 吉本坂46が売れるまでの全記録 – アナザースカイ- 人生が変わる1分間の深イイ話

主なラジオ番組
ポップ対歌謡曲 – 2丁目ダウンタウン – ラジオ2丁目劇場 – 範ちゃん通信 – よしもとDAウー! – MBSヤングタウン – パックインミュージック21 – 今田耕司と東野幸治の東京RADIO CLUB・金曜特別 – Come on FUNKY Lips!

関連項目
お笑い第三世代 – 吉本興業 – 吉本新喜劇 – Wコウジ(東野幸治) – エキセントリック少年ボウイオールスターズ – 日影の忍者勝彦オールスターズ – チュンチュンワールド〜おげんきたいそう〜 – アローン会

関連人物
ダウンタウン(浜田雅功・松本人志) – 明石家さんま – 出川哲朗 – 有吉弘行 – 陣内智則 – 間寛平

表話編歴徳光和夫現在放送の番組

路線バスで寄り道の旅 – 徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー – 徳光和夫の週刊ジャイアンツ – 徳光和夫の名曲にっぽん 昭和歌謡人 – アッコにおまかせ!(不定期) – 日本作詩大賞 – 徳光和夫の感動再会”逢いたい” – 海を越えた家族愛 – 中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞

24時間テレビ 「愛は地球を救う」
グランドフィナーレ
1978年

チャリティーパーソナリティー
1979年

総合司会
1980年 – 1981年 – 1982年 – 1983年 – 1984年 – 1985年 – 1986年 – 1987年 – 1988年 – 1989年 – 1990年 – 1991年 – 1992年 – 1993年 – 1994年 – 1995年 – 1996年 – 1997年 – 1998年 – 1999年 – 2000年 – 2001年 – 2002年 – 2003年 – 2004年 – 2005年 – 2006年 – 2007年 – 2008年 – 2009年 – 2010年

マラソンランナー
2011年

チャリティーアンカー
2012年

サポーター
2013年 – 2014年 – 2015年 – 2016年 – 2017年 – 2018年 – 2019年 – 2020年 – 2021年 – 2022年

過去の単発番組
NNN ELECTION – 日本テレビ音楽祭 – アメリカ横断ウルトラクイズ – 全国高等学校クイズ選手権 – 日本テレビ番組対抗歌合戦!! – これが音声多重放送だ! – 番組対抗かくし芸大会 – 日本民謡大賞 – 日本歌謡大賞 – 木曜スペシャル – スーパー・モンキー・スペシャル – ゆく年くる年 – ゲバゲバ90分!+30 – 日本テレビスペシャル – 全日本オールスター選抜大運動会 – 日本テレビ音楽の祭典 – 平成あっぱれテレビ – クイズまるごと大集合 – スーパー電波バザール 年越しジャンボ同窓会 – スーパークイズスペシャル – 今夜復活・紅白歌のベストテン – 徳光&史朗の暴走おやじアナ – 心に残るニッポンの歌 – 世界ウルルン滞在記 みんな元気に!復活スペシャル – 力道山からピンク・レディーまで テレビ25年総集編 – ピンク・レディー汗と涙の大晦日150分!! – 巨泉のワールドスタークイズ – オールスター番組対抗クイズ“WHAT!!” – テレビから生まれた歌・30年! – これが決定版!プロ野球珍プレー好プレー – 徳光&所のスポーツえらい人グランプリ – オールスター感謝祭 – 徳光&所の世界記録工場 – ニュースの女王決定戦 – 11PM 11回忌法要スペシャル – 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト – 天国のスタア – プロ野球夢のオールスタークイズ日本一 – クイズ!ギョーカイ大百科 – 徳光&ピン子&ミッツのもしも突然芸能人が家族になったらどうなる? – ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう – プレミア音楽祭 – ものづくり日本の奇跡(声の出演)- アッコ・徳光のラジオ紅白歌合戦 – 板東・徳光の芸能界横断ウルトラクイズ – ザ・決断!国民の審判 – 世界で働くお父さん – テレビ東京52年分の映像大放出!モヤモヤ映像廃棄センター〜こんなVTR新社屋に持って行けません〜 – すばらしき仲間FOREVER – たけしの“これがホントのニッポン芸能史” – 鶴瓶&安住の放送局漫遊記

過去の出演番組
三菱ダイヤモンド・アワー(日本プロレス中継)- 全日本プロレス中継 – キックボクシング中継 – ゴールデン・キックボクシング – プロ野球中継 – トップテンシリーズ(NTV紅白歌のベストテン – ザ・トップテン – 歌のトップテン) – キユーピー3分クッキング – ドライブ・ゲーム – トナリの悩みの解決人 – あなたのワイドショー – 金曜10時!うわさのチャンネル!! – あまから家族 – スターむりむりショー – カックラキン大放送!! – オールスター親子で勝負! – ハテナ?ドンぴしゃ! – 時間だヨ!アイドル登場 – ズームイン!!朝! – 新・底ぬけ脱線ゲーム – ダントツ笑撃隊!! – 歌のワイド90分! – サンデースポーツ9 – 巨泉のこんなモノいらない!?(代理) – THE・サンデー – TheサンデーNEXT – 徳光和夫のTVフォーラム – NNNニュースプラス1 – 徳光の「地球時代です」! – スポーツジョッキー 中畑クンと徳光クン→中畑&徳光のスポーツ熱中宣言 – 夜も一生けんめい。 – 独占!!スポーツ情報 – 嗚呼!バラ色の珍生!! – 速報!歌の大辞テン – だんトツ!!平成キング – THE独占サンデー – モー。たいへんでした – スポーツうるぐす – サルヂエ – ズームイン!!SUPER – オジサンズ11 – おもいッきりDON! – DON! – しりすぎちゃん – うんちく・しりすぎ – クイズダービー – ダウトをさがせ! – ウェディングベル – 世界ウルルン滞在記 – 世界ウルルン滞在記2008 – めっけMON! – 特ネタ!ニッポン宝島 – あなた説明できますか? – G-STAGE – SOUND ARENA – 幸せって何だっけ 〜カズカズの宝話〜 – バイキング – しくじり先生 俺みたいになるな!! – 徳光のTVコロンブス – 徳光和夫の情報スピリッツ – 徳光&コロッケの“名曲の時間です” – 時空タイムスシリーズ(感涙!時空タイムス・発進!時空タイムス)- 田舎に泊まろう!(スペシャル)- 気分はナイスショット!〜ゴルフガールズと愉快な仲間〜 – 徳光和夫のトクセンお宝映像! – 徳さんのお遍路さん 四国八十八カ所 心の旅 – うまナビ!イレブン – BSイレブン競馬中継 – 60番勝負 – 古田敦也のプロ野球ベストゲーム

テレビドラマ
青春とはなんだ – 欽ちゃんドラマ・Oh!階段家族!! – 野望の国 – 円谷英二〜大空を愛したウルトラマン〜 – 必殺仕事人・激突! – アリよさらば – 炎の奉行 大岡越前守 – 勇者ヨシヒコと導かれし七人 – 夢食堂の料理人〜1964東京オリンピック選手村物語〜 – アリバイ崩し承ります

イベント司会
AKB48選抜総選挙 – NPB AWARDS

同期入社
小林完吾 – 青尾幸

関連項目
日本テレビ放送網 – ソニー・ミュージックアーティスツ – 立教大学(人物一覧) – 全日本プロレス – 読売ジャイアンツ – NNSアナウンス大賞 – 優駿

家族・親族
徳光寿雄 – 徳光正行 – ミッツ・マングローブ – 服部誠一 – 福永洋一 – 福永甲 – 福永二三雄 – 福永祐一 – 松尾翠

関連人物
正力松太郎 – 正力亨 – 長嶋茂雄 – 江川卓 – 王貞治 – 川上哲治 – 青田昇 – 土居まさる – 関口宏 – みのもんた – 古舘伊知郎 – ジャイアント馬場 – 萩本欽一 – 大橋巨泉 – 久保晴生 – 福留功男 – 楠田枝里子 – 福澤朗 – 羽鳥慎一 – 桝太一 – 小倉淳 – 斉木かおり – 大杉君枝 – 豊田順子 – 町亞聖 – 斉藤まりあ – 西尾由佳理 – 上重聡 – 水卜麻美 – 徳島えりか – 細川知正 – 中島銀兵 – 鈴木史朗 – 香川恵美子 – 小笠原保子 – 北川愛里 – 小林由未子 – 伊東楓 – 良原安美 – 齋藤慎太郎 – 露木茂 – 逸見政孝 – 川端健嗣 – 小田多恵子 – 中村江里子 – 戸部洋子 – 本田朋子 – 久保田直子 – 宇賀なつみ – 堺正章 – 水前寺清子 – 今陽子 – 岡崎友紀 – 大場久美子 – 榊原郁恵 – 石野真子 – 和田アキ子 – 島田紳助 – 板東英二 – 中山秀征 – 泉ピン子 – 辛坊治郎 – 森たけし – 森若佐紀子 – 衣笠築美 – 脇田義信 – 魁三太郎 – きくち教児 – 芳賀道也 – 川部絢子 – 高橋佳代子 – 奥秋和夫 – 浦沢義雄 – 田代まさし – 飯島直子 – 中山エミリ – 細木数子 – 生野文治 – 田中律子 – 矢沢永吉

表話編歴櫻井翔現在出演中の番組
NEWS ZERO → news zero – 櫻井有吉アブナイ夜会 → 櫻井・有吉 THE夜会 – 1億3000万人のSHOWチャンネル

過去の出演番組
アイドルオンステージ – それ行けKinKi大冒険 – 愛LOVEジュニア – それ行けKinKi大放送 – ミュージック・ジャンプ – SHOW-NEN J – Gyu!と抱きしめたい! – 決定!全国47都道府県超ランキングバトル!!出身県で性格診断!?ニッポン県民性発表SP – 今、この顔がスゴい!

特別番組

「復興テレビ」みんなのチカラ 3.11 – 櫻井翔×池上彰 教科書で学べない○○ – ZERO×選挙 – 究極バトル“ゼウス” – 24時間テレビ 愛は地球を救う40

NHK紅白歌合戦
第69回 – 総決算!平成紅白歌合戦 – 第70回

THE MUSIC DAY
2013 音楽のちから – 2014 音楽のちから – 2015 音楽は太陽だ。 – 2016 夏のはじまり。 – 2017 願いが叶う夏 – 2018 伝えたい歌 – 2019 時代 – 2020 人はなぜ歌うのか? – 2021 音楽は止まらない – 2022 世代をつなぐ名曲

日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト
2009 – 2010 – 2011 – 2012 – 2013 – 2014 – 2015 – 2016 – 2017 – 2018 – 2019 – 2020 – 2021

テレビドラマ
熱血恋愛道 – 天国に一番近い男 教師編 – 木更津キャッツアイ – よい子の味方 〜新米保育士物語〜 – トキオ 父への伝言 – 山田太郎ものがたり – ザ・クイズショウ – 阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間 〜命と向き合った被災記者たちの闘い〜 – 特上カバチ!! – 謎解きはディナーのあとで – ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜 – 家族ゲーム – 大使閣下の料理人 – 君に捧げるエンブレム – 先に生まれただけの僕 – ネメシス

映画
木更津キャッツアイ 日本シリーズ – ハチミツとクローバー – 木更津キャッツアイ ワールドシリーズ – YATTERMAN ~ヤッターマン~ – 神様のカルテ/ 神様のカルテ2 – 映画 謎解きはディナーのあとで – ラプラスの魔女

シングル
シーサイド・ばいばい (木更津キャッツアイ feat. MCU)

関連項目
嵐 – ジャニーズ事務所

関連人物
ジャニー喜多川 – 桜井俊 – 村尾信尚 – 有働由美子 – ラルフ鈴木 – 鈴江奈々 – 菊池風磨 – 上田竜也

表話編歴羽鳥慎一現在の出演番組

羽鳥慎一モーニングショー(夜の拡大版) – ぐるぐるナインティナイン(ゴチになります!) – 1億3000万人のSHOWチャンネル – 鳥人間コンテスト選手権大会 – うわっ!ダマされた大賞 – 徹子の部屋(年末ゲスト) – ザワつく!大晦日

THE MUSIC DAY
2013 音楽のちから – 2014 音楽のちから – 2015 音楽は太陽だ。 – 2016 夏のはじまり。 – 2017 願いが叶う夏 – 2018 伝えたい歌 – 2019 時代 – 2020 人はなぜ歌うのか? – 2021 音楽は止まらない – 2022 世代をつなぐ名曲

24時間テレビ「愛は地球を救う」
2011年 – 2012年 – 2013年 – 2014年 – 2015年 – 2016年 – 2017年 – 2018年 – 2019年 – 2020年 – 2021年 – 2022年

日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト
2009 – 2010 – 2011 – 2012 – 2013 – 2014 – 2015 – 2016 – 2017 – 2018 – 2019 – 2020 – 2021

過去の出演番組
おすぎとピーコの金持ちA様×貧乏B様 – NNNニュースプラス1 – 金のA様×銀のA様 – どんまい!!スポーツ&ワイド – ズームイン!!朝! – ズームイン!!サタデー – ズームイン!!SUPER – モーニングバード – とんねるずの生でダラダラいかせて!! – 全国高等学校クイズ選手権 – 真夜中の嵐 – 地球は女で回ってる? – ダイナミックグローブ – 新春スポーツスペシャル箱根駅伝 – 劇空間プロ野球 – ゲツヨル! – ものまねバトル – NNN24 – 奇跡の生還! 九死に一生スペシャル – ウィルスパニック2006夏〜街は感染した〜 – 第43回日本アカデミー賞授賞式 – オジサンズ11 – 笑いの祭典 ゴールドステージ!! – 明石家さんまに聞きたかったのはそういうコトだったのねスペシャル – 天才じゃなくても夢をつかめる10の法則 – なるほど!ハイスクール – 1番ソングSHOW – 未来シアター – キャラオケ18番 – ザッツ宴会テイメント – さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル – 中居正広のザ・大年表 – 世界1のSHOWタイム〜ギャラを決めるのはアナタ〜 – 徹子&羽鳥が初タッグ あの真相全て聞きます ザ・プレミアムトーク – 橋下×羽鳥の番組 – チカラウタ – 耳が痛いテレビ – 得する人損する人 – 合格!日本語ボーダーライン – ウケる!偉人伝 – グッときた名場面 – クイズハッカー – サントリー1万人の第九 – LIFE!〜人生に捧げるコント〜 – 羽鳥×宮本 福岡好いとぉ – 人生が変わる1分間の深イイ話

関連項目
日本テレビ – テイクオフ – NNSアナウンス大賞 – 東京マラソン2008 – テレビ朝日

関連人物
氏家齊一郎 – 渡辺千穂 – 藤井貴彦 – 徳光和夫 – 福留功男 – 舛方勝宏 – 福澤朗 – 桝太一 – 関谷亜矢子 – 永井美奈子 – 松本志のぶ – 矢島学 – 西尾由佳理 – 森圭介 – 田中毅 – 上重聡 – 鈴江奈々 – 古閑陽子 – 松尾英里子 – 夏目三久 – 辻岡義堂 – 水卜麻美 – 滝菜月 – 市來玲奈 – FUNKY MONKEY BABYS(ファンキー加藤・モン吉・DJケミカル) – 宮田征典 – 正力亨 – 明石家さんま – ナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之) – 国分太一 – 出川哲朗 – 島田紳助 – 今田耕司 – 東野幸治 – 木佐彩子 – 小倉智昭 – 嵐(大野智・櫻井翔・相葉雅紀・二宮和也・松本潤) – 黒柳徹子 – 小山慶一郎 – 宮根誠司 – 赤江珠緒 – 宇賀なつみ – 斎藤ちはる – 玉川徹 – 長嶋一茂 – 石原良純 – 高嶋ちさ子 – 高橋茂雄 – 橋下徹 – 宮本啓丞

表話編歴バカリズム(升野英知)現在出演中の番組
ビットワールド – バズリズム02 – いいすぽ! – 家事ヤロウ!!! – もう!バカリズムさんの超H! – 林修のレッスン!今でしょ – バカリと大悟の人類極限クイズ

現在の特別番組(メインキャスト)

有吉ダマせたら10万円 – お笑い脱出ゲーム – バカリズムのそこスルーする? – ウンナン出川バカリの超!休み方改革 – ウレロ☆シリーズ – 相葉雅紀の人生クイズ〜クイズ監修バカリズム〜 – お笑いTake2

THE MUSIC DAY(NEXTゲートMC)
2018 伝えたい歌 – 2019 時代 – 2020 人はなぜ歌うのか? – 2021 音楽は止まらない – 2022 世代をつなぐ名曲

日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト(ナビゲーター)
2017 – 2018 – 2019 – 2020 – 2021

不定期出演の番組
ゴッドタン – アメトーーク! – 水曜日のダウンタウン – IPPONグランプリ/IPPANグランプリ – 初詣!爆笑ヒットパレード

過去の出演番組
爆笑レッドカーペット – R-1ぐらんぷり – 虎の門 – バカリズムマン対怪人ボーズ – ホメられてノビるくん – 爆笑レッドシアター – 人志松本の○○な話 – ジャガイモン – はねるのトびら – フジ算 – 爆笑 大日本アカン警察 – 戦国鍋TV 〜なんとなく歴史が学べる映像〜 – ひみつの嵐ちゃん! – お笑いDynamite! – 笑いがいちばん – きらきらアフロ – ウルトラゾーン – シルシルミシル – イロモネア – たべコレ – 最強運芸能人決定戦。 – 奇人賢人 – ウレロ☆未確認少女 – ウレロ☆未完成少女 – バカリズム御一考様 – 伝えてピカッチ – 日曜×芸人 – ウレロ☆未体験少女 – リアル脱出ゲームTV – シルシルミシルさんデー – アイドリング!!! – ホワイトボードTV – オモクリ監督 – ゼロイチ! – 超シリトリアル – いらこん – もう!バカリズムさんのドH! – アイキャラ – そんなバカなマン – 住住(2017・2020・2021) – 架空OL日記 – テストの花道 ニューベンゼミ – EXD44 – 笑×演 – 良かれと思って! – 女心がわかる男、わからない男。 – ウレロ☆未開拓少女 – 青春高校3年C組(隔週出演) – バカリズムの30分ワンカット紀行 – 関根&優香の笑うシリーズ – 有吉反省会 – ミリオンバイヤー – NETAMI – バカリズムの大人のたしなみズム

過去の特別番組(メインキャスト)
カウントアップ 気になる数字を数えてみた – ご参考までに。 – バカリズム特番 – バカサシ〜バカなものサシ〜 – バカリ・山里・若林と坂上忍の日本の怒り呑み込みます!/ヨロシクご検討ください – FNS27時間テレビ にほんのれきし – 矢作・バカリのソコホル!?〜言われてみれば気になるアレ大調査〜 – 有吉のバカだけど…ニュースはじめました

ラジオ番組
バカリズムのオールナイトニッポンGOLD – ラジカントロプス2.0

Web配信
青春バカリズム – 必殺!バカリズム地獄 – ザ・マスクド・シンガー

原作・脚本
バカリズム THE MOVIE – 世にも奇妙な物語 2012年 秋の特別編「来世不動産」- 素敵な選TAXI – かもしれない女優たち – 黒い十人の女 – 住住(2017・2020・2021) – 架空OL日記 – 僕の金ヶ崎 – 私たちの薩長同盟 – 生田家の朝 – 地獄の花園 – ウェディング・ハイ – TBSスター育成プロジェクト 私が女優になる日_

関連項目
マセキ芸能社 – アイドリング!!! (グループ) – 光が丘大サーカス

関連人物
夢眠ねむ(夫人) – 森本さやか – 石本沙織 – 戸部洋子 – 斉藤舞子 – 遠藤玲子 – 生野陽子 – 細貝沙羅 – ウッチャンナンチャン(内村光良・南原清隆) – 出川哲朗 – バナナマン(設楽統・日村勇紀) – いとうあさこ – オードリー(若林正恭・春日俊彰) – 坂上忍 – 陣内智則 – 有吉弘行 – 千原ジュニア – 劇団ひとり – 水川あさみ – カズレーザー – 中丸雄一 – 二階堂ふみ

表話編歴ジャニーズ事務所役員
代表取締役社長:藤島ジュリー景子
取締役副社長:白波瀬傑、滝沢秀明所属タレント

東山紀之
木村拓哉
三宅健
岡田准一
生田斗真
内博貴
岡本圭人
中山優馬
風間俊介
屋良朝幸
長谷川純
浜中文一
林翔太
室龍太
高田翔
寺西拓人
原嘉孝
内海光司
佐藤アツヒロ
岡本健一(エージェント契約)
ジャニーズJr. / 関西ジャニーズJr.
企画ユニットTOKIO
城島茂
国分太一
松岡昌宏20th Century
坂本昌行
長野博
井ノ原快彦KinKi Kids
堂本光一
堂本剛嵐
大野智
櫻井翔
相葉雅紀
二宮和也
松本潤NEWS
小山慶一郎
増田貴久
加藤シゲアキ関ジャニ∞
横山裕
村上信五
丸山隆平
安田章大
大倉忠義KAT-TUN
亀梨和也
上田竜也
中丸雄一Hey! Say! JUMP
Hey! Say! 7
山田涼介
知念侑李
中島裕翔Hey! Say! BEST
有岡大貴
髙木雄也
伊野尾慧
八乙女光
薮宏太
Kis-My-Ft2

北山宏光
藤ヶ谷太輔
玉森裕太舞祭組
千賀健永
宮田俊哉
横尾渉
二階堂高嗣
Sexy Zone
中島健人
菊池風磨
佐藤勝利
松島聡
マリウス葉A.B.C-Z
橋本良亮
戸塚祥太
河合郁人
五関晃一
塚田僚一ジャニーズWEST
中間淳太
濵田崇裕
桐山照史
重岡大毅
神山智洋
藤井流星
小瀧望ふぉ〜ゆ〜
越岡裕貴
松崎祐介
福田悠太
辰巳雄大King & Prince
Mr.KING
平野紫耀
永瀬廉
髙橋海人Prince
岸優太
神宮寺勇太
SixTONES
髙地優吾
京本大我
田中樹
松村北斗
ジェシー
森本慎太郎Snow Man
深澤辰哉
佐久間大介
渡辺翔太
宮舘涼太
岩本照
阿部亮平
向井康二
目黒蓮
ラウールなにわ男子
藤原丈一郎
西畑大吾
大橋和也
高橋恭平
大西流星
道枝駿佑
長尾謙杜
関連会社
ジェイ・ストーム
ジャニーズアイランド
ジャニーズファミリークラブ
東京・新・グローブ座
ヤング・コミュニケーション
TOKIO過去

過去のジャニーズ事務所所属者
過去のバックバンドグループ
OBによるグループ
ジャニーズ・エンタテイメント
ジェイ・ドリームジャニーズJr.解散グループ
1990年以前
1990年代
2000年代
一覧
タイアップ一覧
ジャニーズJr.一覧関連人物
ジャニー喜多川
メリー喜多川
藤島泰輔
小杉理宇造
飯島三智
森光子
月丘夢路
馬飼野康二
矢田次男
西条満
ジャニーズ
真家ひろみ
飯野おさみ
中谷良
青井輝彦
TOKIO
城島茂
国分太一
松岡昌宏関連項目
金星スターズ
少年御三家
NO BORDER
ジャニーズ大運動会
G-Junior
年男ユニット
SMAP
SMAP解散騒動
新しい地図
SUMMARY
DREAM BOY
ジャニーズ銀座
ジャニーズ・アイランド
J-FRIENDS
Marching J
Smile Up! Project
Johnny’s World Happy LIVE with YOU
Twenty★Twenty
ジャにのちゃんねる主な番組
レギュラーのテレビ番組
ザ少年倶楽部 / ザ少年倶楽部プレミアム
ヒルナンデス!
ミュージックステーション
VS魂
ラヴィット!(金曜日)
シンドラ
オシドラサタデーテレビの特別番組
NHK紅白歌合戦
日テレ系人気番組No.1決定戦
24時間テレビ 「愛は地球を救う」
THE MUSIC DAY
日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト
ミュージックステーションスーパーライブ
ミュージックステーションウルトラFES
究極バトル“ゼウス”
音楽の日
UTAGE!
テレ東音楽祭
ジャニーズカウントダウンライブ
FNSの日(FNS27時間テレビ)
FNS歌謡祭
FNSうたの夏まつり(FNS歌謡祭 夏)
FNSうたの春まつり
フジテレビバレーボール中継
RIDE ON TIMEレギュラーのラジオ番組
レコメン!
らじらー!(土曜日)

公式サイト
.mw-parser-output .redirectcatnavmargin:1em auto;border-style:none;text-align:left;font-size:100%;clear:both.mw-parser-output .redirectcat ulmargin-left:01億3000万人が選ぶ!ベストアーティストに関するカテゴリ:
かつて存在した日本テレビの年末年始特番
2001年のテレビ番組 (日本)
横浜アリーナ開催の音楽イベント
2001年開始のイベント
2008年終了のイベント
徳光和夫
今田耕司

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日テレ系音楽の祭典_ベストアーティスト&oldid=91083015」から取得
カテゴリ: 日本テレビの音楽番組日本テレビの年末年始特番2009年のテレビ番組 (日本)年1回放送の特別番組幕張メッセ開催の音楽イベント2009年開始のイベント櫻井翔アンパンマン

評価: 4~5 つ星
レビュー: 40 67
再生回数: 80 10
[spincontent type=”j”]

【BiSH】大橋悠依 PAiNT iT BLACK ベストアーティスト20周年 2021 1117 Youtube

2. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Yomiuri

Yomiuri
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 57 17
[spincontent type=”j”]

3. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Asahi Shimbun

朝日新聞
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 朝日新聞で検索した 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する上記の情報が、日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 57 13
[spincontent type=”j”]

4. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル The Japan Times

The Japan Times
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: ジャパン タイムズで検索した 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する記事のトップです。日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3841
[spincontent type=”j”]

5. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Yomiuri Shimbun

読売新聞
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する詳細情報はすでにありますか? 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5427
[spincontent type=”j”]

6. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Mainichi Shimbun

毎日新聞
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 毎日新聞で見つけた 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する上記の情報が、日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 85 10
[spincontent type=”j”]

7. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Sankei Shimbun

産経新聞
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 産経新聞で検索した 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する記事のトップです。日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 19 18
[spincontent type=”j”]

8. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3969
[spincontent type=”j”]

9. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Chunichi Shimbun

中日新聞
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 中日新聞で検索した 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する上記の情報が、日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9337
[spincontent type=”j”]

10. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Tokyo Shimbun

東京新聞
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9886
[spincontent type=”j”]

11. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5573
[spincontent type=”j”]

12. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 日刊工業新聞で見つけた 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する上記の情報が、日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4541
[spincontent type=”j”]

13. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Ainu Times

アイヌタイムス
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: アイヌ タイムズで検索した 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する記事のトップです。日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7145
[spincontent type=”j”]

14. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する詳細情報はすでにありますか? 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1945
[spincontent type=”j”]

15. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Chiba Nippo

千葉日報
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 千葉日報で検索した 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する上記の情報が、日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7166
[spincontent type=”j”]

16. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Chugoku Shimbun

中国新聞
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 中国新聞で検索した 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する記事のトップです。日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5804
[spincontent type=”j”]

17. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル Daily Tohoku

デイリー東北
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9925
[spincontent type=”j”]

18. 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

説明: イースタン クロニクルで検索した 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する上記の情報が、日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1863
[spincontent type=”j”]

日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル に関する質問

日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル

日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル
方法日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル
チュートリアル 日テレ 系 音楽 の 祭典 ベスト アーティスト 2021 タイム テーブル
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: