あなたは 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? を共有します。 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “引田天功” 2代目 – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2010年8月)以下は本人著書・自称などに基づく客観的に確認できない情報を含んでいます。2代目 .mw-parser-output ruby.largefont-size:250%.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtcfont-size:.3em.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtcfont-feature-settings:”ruby”1.mw-parser-output ruby.yomigana>rtfont-feature-settings:”ruby”0引田(ひきた)天功(てんこう)別名義
プリンセス・テンコー職業
奇術師、イリュージョニストテンプレートを表示二代目・引田 天功(ひきた てんこう)は日本のイリュージョニスト。別名プリンセス・テンコー (PRINCESS TENKO)。日本奇術協会国際交流委員長。初代引田天功の死後、1980年12月15日に襲名した。新潟県新井市(現・妙高市)生まれ。その後日本を経てラスベガス在住。近年はイタリアに居住。
「UFOに乗って地球に降り立った」とアメリカのプロフィールでは紹介されている。公式プロフィールでは、1995年より全てのパーソナル・データが不詳、又は未公開になっている。アメリカでテンコー人形800万体が売れるなど、海外で人気の高い日本人の一人である。

人物[編集]
子供の頃に難病を患い「18歳まで生きられないかもしれない」と宣告され、アメリカの子供病院で治療し奇跡的に完治。帰国する際に母親から「何でも好きな事をやっていいよ」と言われ「舞台女優になりたい」と話したところ、母親に連れられ、初代引田天功に1976年から師事。これは母の従兄弟が引田天功事務所の社長だった縁からである(同社長がのちに森企画事務所を設立し、二代目天功のマネージメントを担当)。
1977年に、初代引田天功の代役で「空中ケーブルからの大脱出」(日本テレビ)を行った後、1978年6月21日に『朝風まり(あさかぜ まり)』の芸名でデビュー、マジックを披露しながら歌う異色のアイドル歌手としてデビューし、しばらく歌手として活動、デビューシングルは『ザ・マジック』、セカンドシングル『くせになるから』だったが、後年、純粋にアイドル歌手としてデビューしたかったためマジックしながら歌うのはちょっと嫌だったと発言している[1]。
初代の死去後、初代が心筋梗塞で倒れた際に天功が「女性の方がインパクトがある」と言われ代役を務めあげた。その際に両耳の鼓膜を破ったが、初代に劣らず完璧に仕上げた。この功績により、初代の後援会の要望で1980年12月15日に二代目を襲名(襲名披露場所はホテルニューオータニ)。先代の遺志を受け継ぎ、大がかりな脱出イリュージョンを展開するようになる。その後は日本国内より国外に活動の比重を置くようになり、世界各地で公演を展開し「プリンセス・テンコー」の愛称で知られようになる。朝風まり時代から後援会長は、佐川急便創業者であり会長であった佐川清である。
アメリカでの契約条項では「引田天功」と「プリンセス・テンコー」は別のキャラクターとして設定されており、演じるマジックやイリュージョンも全く別々のものである。引田天功は日本人だが、プリンセス・テンコーはアメリカ出身のアメリカ人という設定が与えられているためである。引田天功は喋らない設定であるため、テレビ番組にはプリンセス・テンコーとして出演する場合が多い。後者は「プリンセス天功」と表記されることもままある。
アメリカとの契約は、細かい設定があり、「設定は24歳」「日本人と結婚してはいけない」「髪は黒髪」「太っても痩せてもいけない」「ミステリアスな話し方をしなくてはならない」「前髪の長さの規定」「スーパーやコンビニで買い物をしてはいけない」「四方にガードマンを配置する」「電車に乗ってはいけない」など、1mの長さにも及ぶ。一度、天功が金髪に染めた際にすぐに電話がかかり、国際裁判にかけられたが、とっさに「あれはカツラです」と嘘をついたため、難を逃れた。
また、契約は「宇宙も含む」とされており、「もし火星人が来た時にも、公演してもらう」と言われ、天功が「宇宙人なんて本当にいるんですか?」と聞いたところ、「内緒だけど、いる」と言われた。本人は「アメリカの契約は、本気なのかジョークなのか、分からない部分がある」と語った。
先代の教えである「体を張った本物のイリュージョン」を守っており、テレビ番組にて、両手両足を拘束されてガラスケースの中に入った天功が、爆発する船から脱出するイリュージョンを披露。前代未聞の企画だったためか、予定より早く船が爆発。天功は既に脱出済みであったが、火薬の量も相当なもので、大量の煙を吸い込んでしまい、一酸化炭素中毒となり、気絶した。病院にて全身の血液を交換。その一週間後には次の公演があったが、休むことなく出演した。他にも鼓膜を5回張り替える手術を受けたり、機械のミスでナイフが刺さり、肋骨を折る怪我をしている。
本人曰く、「全身の血液を交換する前までは人の言うことを素直に聞く良い子だったが、交換後は人の言うことを聞かなくなり、ものすごくアクティブになった。」そのため「血液の持ち主がすごく強い人だったのかもしれない」と語っている。
自宅には大量のペットを飼っている。有名なペットでホワイトタイガーを飼っている。赤ちゃんの頃から飼い、しっかり躾もしているため、本人曰く「猫ちゃんと同じ」であり、大人しいが、来客は必ず驚くという。ほとんどのペットは貰ったものであり、北朝鮮で公演した際にも犬を貰っており、宇宙飛行の訓練でロシアを訪問しているため、ウラジーミル・プーチンからも犬を貰っている。
本人曰く「時給制」であり、時給は5000万円。海外、特にテレビ出演よりも舞台公演の方が、パフォーマンスでの需要が高いアメリカ合衆国では、この制度は比較的普通な事であるが、その代わりにセットや人件費は、全て自己負担である。
北朝鮮で公演した際に、水からの脱出イリュージョンにて、金正日が「肌が荒れてはいけない」という理由から、2トンものÉvianを使用してくれた。本人は「優しいんだか優しくないんだか、わからない」と思ったという。
自身がアイドル歌手だった過去は、別段隠してはいない。同期はサザンオールスターズ。当時人気があったビューティペアの前座を務めていた。アイドル歌手時代は「先輩がみんな優しくて、周りのアイドルとも仲が良くて楽しい事ばかりだった。」と懐旧したが、「マジシャンになってから嫌な事ばっかり」と愚痴をこぼした。
幼少期のほとんどを、アメリカの子供病院で過ごしたため、英語はネイティヴに話せる。しかし、契約上言葉を話す事はしない。日本では舞台では一言も話さないが、他ではごく普通に会話したり、ジョークも飛ばす。笑い上戸であるため、公演の際にはかなり気をつけているという。

ディスコグラフィー[編集]
朝風まり時代[編集]
タイトル(A面)
タイトル(B面)
レコード会社
レコード番号
発売日
ザ・マジック
恋はマジシャン
CBSソニー
06SH-349
1978.06.21
くせになるから
海に来た女
CBSソニー
06SH-534
1979.06.21
CD[編集]
アイドル・ミラクルバイブルシリーズ 77~79 Girls ~園田ことり・西かおり・西村まゆ子・朝風まり・菅沢恵子(2013年9月6日)著書[編集]
『プリンセステンコー魔法の絵本』引田天功 鈴木出版 1998
『プリンセスTenkoの人生はミステリー 世界のイリュージョニスト』引田天功 文園社 2000
『ちょっとhappyになる小さな魔法』プリンセス天功 主婦と生活社 2007
『ビジネス最強の法則 プリンセス天功の夢とキャリアを必ず実現させる!』辰巳出版 2007その他[編集]
『THEスペシャル!天功VS.覆面マジシャン超魔術空前の大バトル』他のマスクマジシャンに関連した詳細の加筆をお願いします。北朝鮮の金正日総書記は彼女の大ファンだと伝えられており、1998年4月には平壌に招聘されてマジックショーを披露し、総書記主催の盛大なパーティーで歓待された。北朝鮮滞在中に原因不明の病気で倒れ入院、帰国の予定が遅れる羽目になり、帰国後も身辺に連続して奇怪な事件(愛車の盗難やレア物のミッキーマウスのぬいぐるみすり替え事件等)が起こったとテレビ番組等で証言している。また、拉致被害が明らかにされた後のテレビ番組で、元北朝鮮の工作員に対し「(プリンセス天功さんは)拉致の対象になりますか?」とテレビ番組の企画で質問された際、元工作員は「彼女なら充分拉致のターゲットになる(≒それだけの価値がある)」と答えている。これらのこともあり、2011年に金正日が死去した際には葬儀に招待されたが、参列は見送った[2]。
ハリウッド俳優ジャン=クロード・ヴァン・ダムとの結婚の件について、ノーコメントを貫いていたが、2007年の『週刊文春』GW合併号で初めてコメントを出している。
愛犬家、愛猫家として知られているが、日本に初めてジャック・ラッセル・テリアを輸入し、同品種の大ブームを作り上げている。また、米国で初めてキンカジューを飼い始めた。日本やラスベガスの自宅ではホワイトタイガー、ブラックタイガー、サーバルキャット、マウンテンライオン、トゥーキャン、キンカジュー、ロシアン・イズベニスチャ・ボロンカ、中国の宮廷犬を飼っていてTV番組でも紹介された。
1997年7月。バラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」に出演。「テンコーVSコテンコー」と銘打ち、岡村隆史扮する謎のマジシャン「プリンスコテンコー」と三度に渡るマジック対決を演じた。
宇宙旅行を計画中であり、訓練も行っている。
2007年5月20日発表のtotoBIGで当たった事が、オフィシャルブログに掲載(5月21日)された。直後よりブログへのアクセスが殺到。一時アクセスがし難くなった。この日のタレントブログランキング(アメーバ)で1位になっている。
2009年7月から放送の「プリンセス天功のマジカル沖縄ガイド」(旅チャンネル)に出演している。
マイケル・ジャクソンとも親交が深く、彼が亡くなった直後に、その衝撃の中、一晩で鉛筆画を描きあげている。この鉛筆画は『Julien’s AUCTIONS Official Exhibition MJ46 JAPANTOUR 2010 Keep on Loving Produced by PRINCESS TENKO』で公開されている。
「プリンセス天功JAPAN TOUR ’09~’10」において、かつてTVで、2代目・天功時代に挑戦した爆破大脱出マジックの「車を使って成功したもの」と「船を使って失敗してスタッフが救出した」時の映像を流していた。
「プリンセステンコー 魔法の絵本 勇気の章(上巻)」(1998年11月発行)が2011年4月5日にiPad用のアプリケーション型電子書籍として配信された[3]。電子書籍の売り上げ金の一部は、東日本大震災被災者への義援金として寄付されている。来歴[編集]
1980年8月、『電子戦隊デンジマン』にゲスト出演し、ベーダー一族に殺されたマジシャンの父の志を継いでマジシャンを目指す女性・朝風まり役(当時の芸名と同名の役)を演じた。
1981年3月、『ザ・ハングマン』にゲスト出演。拳銃密売に加担したために、口を封じられた予備校生の姉のマジシャン・引田麗華役で出演。
1982年10月、『宇宙刑事ギャバン』に本人役でゲスト出演。
1983年3月、『遠山の金さん 第1シリーズ』におこう役でゲスト出演。
1987年9月、『超人機メタルダー』に本人役でゲスト出演。
1988年7月、FISMハーグ(オランダ)大会のガラショー(特別ステージ)にゲスト出演。12月、一枚の写真に出演。
1990年、米国マジックアカデミー賞の大賞である「90マジシャン・オブ・イヤー」をビバリーウィルシャーホテルで受賞。また同年、米国でインターナショナル・ベストエスケープアーティスト大賞を受賞。
1995年、TVアニメ「テンコー&ザ・ガーディアンズ・オブ・ザ・マジック」放送
1996年、AWF(アフリカ野生動物保護基金)の日本事務局親善大使に就任。
1997年、この年の紅白歌合戦から2002年まで歌手美川憲一のイリュージョン演出を手掛けた。
2000年、2代目引田天功襲名20周年を記念し、フジテレビにより最後の脱出マジックが行なわれた。
2000年7月、福井県勝山市の恐竜エキスポふくい2000に出演。
2002年、ヴァンフォーレ甲府を経営危機から建て直すためにユニフォームスポンサー(背番号部分)になり話題を集め、チームもその後躍進を遂げ、2006年シーズンにはJ1に昇格した(スポンサー契約は2003年まで)。
2003年、「笑っていいとも!」の水曜放送分に2004年9月まで隔週レギュラーとして出演。このころより年間約300ステージをこなしている他、テレビのバラエティー番組やワイドショーへの出演が増える。
2004年より、サガン鳥栖を支援。
2005年11月発売 GQ USA版にて北朝鮮緊急インタビューが掲載。
2006年より米国プロ野球マイナーリーグAAAのチーム、ラスベガス・フィフティワンズを支援。
2007年4月1日よりオフィシャルブログを、アメブロにて開始。
2007年4月16日 イギリスBBCにて特別インタビュー番組(MCジョナサン・ロス)が放送された。
2007年7月22日 福井県鯖江市で公演中、機材トラブルに見舞われて怪我をした[4]。新聞報道では、「警察ではたいしたことはないといっている」だったが、事務所は「2ヶ月の重傷」と発表した。重傷を押して2日で退院し、次の名古屋公演に出演したことで話題となった。
2008年より、山梨クィーンビーズを支援。
2011年1月16日、『run for money 逃走中』に卑弥呼役で出演
2011年12月15日 カンボジアのカジノホテル『ゴールデンパーム・カジノ&ホテル』の共同オーナーに就任[5]。2012年1月22日オープン。
2013年10月1日、森企画事務所から吉本興業[6]へ所属事務所を移籍。テンコー&ザ・ガーディアンズ・オブ・ザ・マジック[編集]
詳細は「en:Tenko and the Guardians of the Magic」を参照
1995年11月より米国で放送されたサバン・エンターテイメント(現・BVSエンターテイメント)製作のアニメ、全13話。世界を滅ぼさんとする悪の双子にテンコー率いるガーディアンズが挑む。 尚、ガーディアンズの先代リーダーは初代引田天功で精霊としてテンコーに助言を与えるシーンもある。
毎回テンコー本人が実写で登場し、イリュージョンを演じており、第1話放送前にはテンコーがシリーズの紹介をする特別編が放映されている。 本作の放送に併せてマテルよりバービーのシリーズとしては初の実在の人物をモチーフとするテンコー人形が発売、クリスマスには800万体が売り切れた。 米国での放送が同時期にありドールの販売競争を繰り広げたセーラームーンがライバルとして扱われることがある。
テンコーがイリュージョンの最中に「スターファイヤー」と叫ぶことがあるが、このアニメの決め台詞である。
サバンとの間には安全確保と本作のイメージを守るため、2020年まで以下の契約が決められている。

年齢設定 24歳
太っても痩せてもいけない
髪の毛の色は黒色
前髪の長さは規定の長さに従う
話し声はミステリアスでなくてはならない
化粧は指定された物を使用する
電車に乗ってはいけない
コンビニやスーパーへ行ってはいけない
買い物は全て通信販売で買わなければいけない
東西南北に一人ずつボディーガードをつけなければならない
日本人と結婚してはならない(アニメの中でアメリカ人と恋に落ちる設定のため)
同じステージに「引田天功」と「PRINCESS TENKO」が現れてはいけない
本人曰く、全身100ヶ所の取り決めがあるとの事。関連項目[編集]
引田天功 (初代)脚注[編集]
^ フジテレビトリビア普及委員会 『トリビアの泉〜へぇの本〜 3』講談社、2003年。 

^ “プリンセス天功さん、金総書記の国葬に出席せず”. 読売新聞. (2011年12月26日). オリジナルの2012年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120110185112/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111226-OYT1T01087.htm 2011年12月27日閲覧。 

^ “iPad向けアプリケーション型電子書籍絵本『プリンセステンコー 魔法の絵本 勇気の章(上巻)』の提供開始”. DreamNews. (2011年4月5日). https://www.dreamnews.jp/press/0000030548/ 2021年3月23日閲覧。 

^ 16本の鉄製の剣で入った箱ごと串刺しにされるという内容の脱出マジック中に発生した。剣を射出するタイミングを制御するコンピュータの誤作動による事故であったという。

^ プリンセス天功、カジノ経営 Archived 2011年12月18日, at the Wayback Machine.デイリースポーツ 2011年12月16日

^ 事業子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

外部リンク[編集]
引田天功のイリュージョンワールド
PRINCESS TENKO MAGIC&RESORT USA,inc
プリンセス天功オフィシャルブログプリンセス天功オフィシャル携帯サイト(PC紹介ページ)典拠管理
MBA: 4d6ac3d5-619e-44a5-a9ec-50cc8e7f0230
PIC: 389190
.mw-parser-output .redirectcatnavmargin:1em auto;border-style:none;text-align:left;font-size:100%;clear:both.mw-parser-output .redirectcat ulmargin-left:0朝風まりに関するカテゴリ:
日本の女性歌手
日本のアイドル
ソニー・ミュージックレコーズのアーティスト

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=引田天功_(2代目)&oldid=90852584」から取得
カテゴリ: 日本の奇術師FISM吉本興業在アメリカ合衆国日本人存命人物松旭斎派隠しカテゴリ: Webarchiveテンプレートのウェイバックリンク出典を必要とする記事/2010年8月プロジェクト人物伝項目MusicBrainz識別子が指定されている記事PIC識別子が指定されている記事生年非公表

評価: 4~5 つ星
レビュー: 5994
再生回数: 2386
[spincontent type=”j”]

世界で活躍「プリンセス・テンコー」 二代目・引田天功 Youtube

「グレイティストTVショー〜ブラウン管から生まれたスターたち〜」
第4日目(2019)より

#1970年代 #1980年代 #昭和 #平成 #引田天功 #プリンセステンコー #PRINCESS #TENKO #元アイドル #朝風まり #大脱出 #イリュージョン

2. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Yomiuri

Yomiuri
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8957
[spincontent type=”j”]

3. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Asahi Shimbun

朝日新聞
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 朝日新聞で検索した 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する上記の情報が、引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9869
[spincontent type=”j”]

4. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? The Japan Times

The Japan Times
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: ジャパン タイムズで検索した 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する記事のトップです。引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3186
[spincontent type=”j”]

5. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Yomiuri Shimbun

読売新聞
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 52 15
[spincontent type=”j”]

6. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Mainichi Shimbun

毎日新聞
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 毎日新聞で見つけた 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する上記の情報が、引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 45
[spincontent type=”j”]

7. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Sankei Shimbun

産経新聞
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 産経新聞で検索した 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する記事のトップです。引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3746
[spincontent type=”j”]

8. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4582
[spincontent type=”j”]

9. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Chunichi Shimbun

中日新聞
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 中日新聞で検索した 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する上記の情報が、引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8750
[spincontent type=”j”]

10. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Tokyo Shimbun

東京新聞
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6169
[spincontent type=”j”]

11. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7591
[spincontent type=”j”]

12. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 日刊工業新聞で見つけた 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する上記の情報が、引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4380
[spincontent type=”j”]

13. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Ainu Times

アイヌタイムス
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: アイヌ タイムズで検索した 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する記事のトップです。引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5600
[spincontent type=”j”]

14. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7332
[spincontent type=”j”]

15. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Chiba Nippo

千葉日報
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 千葉日報で検索した 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する上記の情報が、引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 91 14
[spincontent type=”j”]

16. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Chugoku Shimbun

中国新聞
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 中国新聞で検索した 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する記事のトップです。引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4642
[spincontent type=”j”]

17. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? Daily Tohoku

デイリー東北
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3901
[spincontent type=”j”]

18. 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

説明: イースタン クロニクルで検索した 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する上記の情報が、引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 41 10
[spincontent type=”j”]

引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? に関する質問

引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは? が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?

引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?
方法引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?
チュートリアル 引田天功 (2代目)は、1978年6月21日に「●」の芸名でデビューしたが、●に入るのは?
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: