あなたは 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと を共有します。 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。(2017年9月)いわした しま岩下 志麻
本名
篠田 志麻(しのだ しま)[1]旧姓:岩下生年月日
(1941-01-03) 1941年1月3日(81歳)出生地
日本 東京府東京市京橋区(現・東京都中央区)[2]血液型
A型職業
女優ジャンル
映画・テレビドラマ・舞台活動期間
1958年 -活動内容
1958年:デビュー1962年:『秋刀魚の味』1967年:『智恵子抄』1969年:『心中天網島』1977年:『はなれ瞽女おりん』1978年:『鬼畜』1979年:『草燃える』1982年:『疑惑』1986年:『極道の妻たち』2004年:紫綬褒章2012年:旭日小綬章配偶者
篠田正浩(1967年 – )著名な家族
野々村潔(父)[3]山岸しづ江(叔母)[3]河原崎長一郎(いとこ)河原崎次郎(いとこ)河原崎建三(いとこ)篠田桃紅(義理のいとこ)事務所
グランパパプロダクション公式サイト
所属事務所によるプロフィール主な作品
映画 『秋刀魚の味』(1962年)『心中天網島』 『智恵子抄』『はなれ瞽女おりん』『鬼畜』『疑惑』『極道の妻たち』シリーズテレビドラマ『バス通り裏』/『氷紋』 『草燃える』/『葵 徳川三代』『本家のヨメ』/『トイレの神様』 CM日本メナード化粧品
 受賞日本アカデミー賞
最優秀主演女優賞1977年『はなれ瞽女おりん』ブルーリボン賞
主演女優賞1964年『五瓣の椿』1977年『はなれ瞽女おりん』新人賞1961年『わが恋の旅路』その他の賞
キネマ旬報賞女優賞1967年『智恵子抄』『あかね雲』『女の一生』1969年『心中天網島』1977年『はなれ瞽女おりん』毎日映画コンクール女優演技賞/女優主演賞1967年『智恵子抄』『あかね雲』1969年『心中天網島』1977年『はなれ瞽女おりん』報知映画賞主演女優賞1977年『はなれ瞽女おりん』日刊スポーツ映画大賞主演女優賞1993年『新・極道の妻たち 覚悟しいや』日本ジュエリーベストドレッサー賞50代部門(1993年)60代以上部門(2007年)紫綬褒章(2004年)旭日小綬章(2012年)テンプレートを表示岩下 志麻(いわした しま、1941年1月3日[2][3] – )は、日本の女優。東京府東京市京橋区(現:東京都中央区)銀座生まれ[3][4]。本名は篠田 志麻(しのだ しま)[1][3]。
俳優の父・野々村潔と元新劇女優の山岸美代子の長女として生まれた[3][2]。4代目河原崎長十郎は義理の伯父に当たる。夫は映画監督の篠田正浩[3]。松竹の看板女優の一人として活躍した。
身長165cm、体重48kg、血液型A型[5]。グランパパプロダクション所属。

来歴[編集]
叔母の山岸しづ江が前進座リーダー河原崎長十郎と結婚[3]した関係で、一家は吉祥寺の前進座住宅の近くで暮らす[6]。武蔵野市立第三小学校、武蔵野市立第三中学校を経て[4]、東京都立武蔵高等学校から明星学園高等学校へ編入[3]。1962年に成城大学文芸学部を中退[3]。16歳の頃に小児リウマチを患い長期入院した[7]。
17歳の時には精神科医への道を志すも体調のせいで断念[8]。気分転換にと[8]1958年のNHKドラマ『バス通り裏』に十朱幸代の友人役として出演[3]。これが女優人生の始まりであり[8]、映画では2年後の1960年(昭和35年)の『乾いた湖』(篠田正浩監督)[9][注釈 1]でデビューした。松竹には1960年から1976年(昭和51年)まで16年に渡って在籍し、その屋台骨を支えた。1962年(昭和37年)には小津にとって映画『秋日和』以来の松竹作品であり、遺作となった映画『秋刀魚の味』のヒロインに抜擢され、小津のラストを締めくくった。小津は次回作『大根と人参』も岩下をヒロインに想定して構想を練っていた[10]。今でも海外に行った時には、小津について質問を受けることが大変多いと岩下は語っている[6]。
1966年(昭和41年)3月3日、映画監督の篠田正浩と京都の大徳寺高桐院にて仏前結婚式を挙げる[3]。その後、2人で「表現社」という独立プロダクションを立ち上げる[8]。『心中天網島』(1969年)は興行的にも成功をおさめ、『無頼漢』(1970年)、『沈黙 SILENCE』(1971年)などの作品を発表した表現社は軌道にのり、岩下は1973年に長女を出産[3]。女優、妻、母という3つの顔を持ったことで悩むことが多くなり、2年程は鬱々とした時期を過ごすが、1977年の『はなれ瞽女おりん』でカメラの宮川一夫や共演者の原田芳雄らに助けられながら、おりんという役を演じきったことで達成感を得て壁を破り、女優を続けていく覚悟を決めた[11]。1981年にはドラマ『花冷え』で、萩原健一と中尾彬の間を揺れ動く女性を演じた[12]。
40代に入ってからは映画『極道の妻たち』シリーズへの出演(この間制作された10作品中8作品で主演)[7]が有名だが[11]
、日本メナード化粧品のCMに長く出演していることも広く知られており、2000年(平成12年)に28年という、専属タレント契約としては世界最長の記録が『ギネス・ワールド・レコーズ』に認定された[13]。しかし、山本海苔店と専属タレント契約を締結している山本陽子の契約年数が、42年と岩下を大きく上回ることが判明し、2010年にこちらがギネス記録として認定された[13]。
1999年着物メーカーの京都丸紅よりブランド「きもの志麻」を発表し、着物デザイナーとしてデビュー[7]。
2000年に発表された『キネマ旬報』の「20世紀の映画スター・女優編」で日本女優の10位、同号の「読者が選んだ20世紀の映画スター女優」でも第10位になった。
2004年(平成16年)、紫綬褒章を受章。
@media screen.mw-parser-output .fix-domainborder-bottom:dashed 1px2005年(平成17年)、松竹の創業110周年祭の記念トークショーに登場し、「松竹では素晴らしい作品や監督に出会えて育てていただいたので思い入れがあります。女優王国で、男優さんより女優さんという感じで居心地は最高でした」と語った[要出典]。
2012年(平成24年)、旭日小綬章を受章[14]。

人物[編集]
趣味は旅行(一人旅)や陶芸[1]。プロ野球では阪神タイガースのファン[15]。ただし過去に王貞治のファンを公言しており、雑誌で何度か対談している[7]。
役柄では激しい、気の強いキャラクターが多いが、実像は“駆けずのお志麻”とあだ名される、おしとやかでのんびりしたタイプである[2]。夫の隠し子を虐待死させる映画『鬼畜』では役にのめりこんでしまい、子供の正直さが顔に出てはいけないと顔合わせの段階から子役たちとは口も利かずに終始睨みつけ、一番年下の子を演じた石井旬に至っては監督の現場指示もあってご飯を喉に窒息寸前まで詰めさせるという演技ですっかり怯えられた。後年『鬼畜』がテレビ放送された際、視聴した知り合いの新聞記者の子供から電話口で「おばちゃんのバカヤロー!」と怒鳴られたという[16]。
聞き書きでの回想『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』では、岩下は「他の人間になれることが、私の女優としての最大の喜びです」と語っている[7]。
『極道の妻たち』シリーズで監督を務めた中島貞夫によると、「岩下は衣装へのこだわりが人一倍強く着物の知識も衣装さん顔負けだった」。岩下は、「極妻」では一日がかりで念入りに衣装合わせを行い「共演者スタッフの中で誰よりも一緒に作品を作っている感覚が強かった」と評されている[7]。
屈伸運動やストレッチ体操、竹ふみ、太極拳を毎日行うなど健康には気をつけている。体重は20年間変化が無く、白髪染めも使用していないという[17]。

受賞・受章[編集]
1961年

『わが恋の旅路』で第12回ブルーリボン賞新人賞

1964年

『五瓣の椿』で第15回ブルーリボン賞主演女優賞

1977年

『はなれ瞽女おりん』で第2回報知映画賞主演女優賞、第20回ブルーリボン賞主演女優賞、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞

1991年

第2回日本ジュエリーベストドレッサー賞50代部門

1993年

『新極道の妻たち 覚悟しいや』で第6回日刊スポーツ映画大賞主演女優賞

2004年

紫綬褒章

2007年

第18回日本ジュエリーベストドレッサー賞60代以上部門

2012年

旭日小綬章[14]出演作品[編集]
映画[編集]
笛吹川(1960年、松竹)
秋日和(1960年、松竹)
乾いた湖(1960年、松竹)
浮気のすすめ 女の裏窓(1960年、松竹)
真昼の罠(1960年、松竹)
渦(1961年、松竹)
あの波の果てまで・前編(1961年4月、松竹) ※台湾でも上映
あの波の果てまで・後編(1961年6月、松竹)
あの波の果てまで・完結編(1961年11月、松竹)
女舞(1961年、松竹)
わが恋の旅路(1961年、松竹)
夕陽に赤い俺の顔(1961年、松竹)
好人好日(1961年、松竹)
京化粧(1961年、松竹)
切腹(1962年、松竹) ※第16回カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞作品
義士始末記(1962年、松竹)
山の讃歌 燃ゆる若者たち(1962年、松竹)
ちんじゃらじゃら物語(1962年、松竹)
秋刀魚の味(1962年、松竹)
千客万来(1962年、松竹)
この日美わし(1962年、松竹)
八十八夜の月 京子の初恋(1962年、松竹)
三人娘乾杯!(1962年、松竹)
学生芸者 恋と喧嘩(1962年、松竹)
歌え若人達(1963年、松竹)
古都(1963年、松竹) ※第36回アカデミー賞外国語映画賞本選ノミネート作品
風の視線(1963年、松竹)
あの人はいま(1963年、松竹)
花の咲く家(1963年、松竹) ※インドネシアロケが行われた。1993年の東海テレビの同名ドラマとは別作品
島育ち(1963年、松竹) ※田端義夫の同名ヒット曲の映画化
結婚式・結婚式(1963年、松竹)
死闘の伝説(1963年、松竹)
100万人の娘たち(1963年、松竹)
結婚の設計(1963年、松竹)
続・拝啓天皇陛下様(1964年、松竹)
道場破り(1964年、松竹)
駆逐艦雪風(1964年、松竹)
寝言泥棒(1964年、松竹)
いいかげん馬鹿(1964年、松竹)
暗殺(1964年、松竹)
五瓣の椿(1964年、松竹)
馬鹿が戦車でやって来る(1964年、松竹)
獣の剣(1965年、松竹)
大根と人参(1965年、松竹)
あねといもうと(1965年、松竹)
雪国(1965年、松竹) – 駒子 役
素敵な今晩わ(1965年、松竹)
処刑の島(1966年)
暖春(1966年、松竹 / ※ ビデオ化)
紀ノ川 花の巻 / 文緒の巻(1966年、松竹) ※ハワイでも上映された
春一番(1966年、松竹)
暖流(1966年、松竹) – 志摩啓子
命果てる日まで(1966年、松竹)
おはなはん・第1部(1966年7月、松竹) ※同名のNHK朝の連続テレビ小説の映画化
おはなはん・第2部(1966年10月、松竹)
あかね雲(1967年)
智恵子抄(1967年、松竹) ※第40回アカデミー賞外国語映画賞本選ノミネート作品
激流(1967年、松竹)
女の一生(1967年、松竹)
宴(1967年、松竹)
春日和(1967年、松竹)
祇園祭(1968年、日本映画復興協会/中村プロ/松竹)
爽春(1968年、松竹)
心中天網島(1969年) – おさん / 小春 役[8]
でっかいでっかい野郎(1969年、松竹)
七つの顔の女(1969年、松竹) ※岩下が様々なコスプレに挑戦したコメディー映画
わが恋わが歌(1969年、松竹)
日も月も(1969年、松竹)
赤毛(1969年、東宝)
無頼漢(1970年、東宝 / にんじんくらぶ) – 三千歳 役
影の車(1970年、松竹) – 小磯泰子 役
その人は女教師(1970年、東宝)
誰かさんと誰かさんが全員集合!!(1970年、松竹) – マドンナ 役
内海の輪(1971年、松竹)
婉という女(1971年)
さらば掟(1971年)
黒の斜面(1971年、松竹)
嫉妬(1971年、松竹)
沈黙 SILENCE(1971年、表現社 / マコインターナショナル) – 菊 / モニカ ※二役
その人は炎のように(1972年、東宝)
辻が花(1972年、松竹)
流れの譜 第1部・動乱(1974年、松竹)
必殺仕掛人 春雪仕掛針(1974年、松竹)- 猿塚の千代 役
桜の森の満開の下(1975年、東宝)
はなれ瞽女おりん(1977年)
鬼畜(1978年、松竹)
聖職の碑(1978年)
雲霧仁左衛門(1978年、松竹)
悪霊島(1981年)
鬼龍院花子の生涯(1982年)
疑惑(1982年、松竹)
この子の七つのお祝いに(1982年)
迷走地図(1983年、松竹)
北の螢(1984年、東映 / 俳優座映画放送) – 中村ゆう
瀬戸内少年野球団(1984年)-穴吹トメ
魔の刻(1985年)[18]
聖女伝説(1985年)
食卓のない家(1985年)
極道の妻たち シリーズ(1986年 – 1998年に製作された10作品の内8作品に出演)
極道の妻たち(1986年) – 主演・粟津環 役
極道の妻たち 最後の戦い(1990年) – 主演・瀬上芙有 役
新極道の妻たち(1991年) – 主演・藤波加奈江 役
新極道の妻たち 覚悟しいや(1993年) – 主演・野木安積 役
新極道の妻たち 惚れたら地獄(1994年) – 主演・村木芙由 役
極道の妻たち 赫い絆(1995年) – 主演・堂本きわ 役
極道の妻たち 危険な賭け(1996年) – 主演・洲崎香矢 役
極道の妻たち 決着(1998年) – 主演・井出春日 役
近松門左衛門 鑓の権三(1986年、松竹) ※第36回ベルリン国際映画祭銀熊賞 (芸術貢献賞)受賞作品
桜の樹の下で(1989年)
少年時代(1990年)
陽炎(1991年)
子連れ狼 その小さき手に(1993年)
写楽(1995年)
鬼平犯科帳 劇場版(1995年)
霧の子午線(1996年)
風のかたみ(1996年)
瀬戸内ムーンライト・セレナーデ(1997年、松竹 / オフィス・トゥ・ワン / フジテレビ)
お墓がない!(1998年)
梟の城(1999年)
スパイ・ゾルゲ(2003年) – 岩下自身が初めて監督を務めたメイキング映画『わが心の「スパイ・ゾルゲ」』も後に発表した[19]。
あかね空(2007年、角川ヘラルド)テレビドラマ[編集]
バス通り裏(1958年 – 1963年、NHK) ※女優デビュー作
サンヨーテレビ劇場 風立ちぬ(1958年、KR)
花いちもんめ(1968年、フジテレビ) – 冴子 役[20][21]
いわぬが花(1974年4月、フジテレビ)
氷紋(1974年10月、読売テレビ・テレパック)
日曜劇場 冬の時刻表(1975年3月、CBCテレビ) – 宮木 役 ※第23回日本民間放送連盟賞娯楽番組部門優秀賞[22][23]
晩秋(1975年7月、読売テレビ)
さよならの夏(1976年、読売テレビ・テレパック)
近眼ママ恋のかけひき(1977年6月25日 – 7月23日、日本テレビ)
大河ドラマ(NHK)
草燃える[24](1979年) – 北条政子 役
独眼竜政宗(1987年) – 義姫(お東の方)→保春院 役
葵 徳川三代(2000年) – お江 役
額田女王(1980年、テレビ朝日系列) – 額田女王 役
さよならお竜さん(1980年、毎日放送・松竹芸能)
早春スケッチブック(1983年、フジテレビ)
女たちの大坂城(1983年、よみうりテレビ/三船プロ) – 茶々 役
火曜サスペンス劇場(日本テレビ)
軽蔑(1984年10月9日、三船プロ) – 神原美和 役
気ままな女シリーズ 奥さまの秋恋物語(1987年11月26日・12月3日、テレビ朝日)- 主演
王女の涙(1988年10月、東宝) – 主演
松本清張サスペンス・足袋(1986年、フジテレビ) – 津田京子 役
花の降る午後(NHK、原作:宮本輝)
TBS大型時代劇スペシャル(TBS)
徳川家康(1988年) – 高台院 役
源義経(1990年) – 平時子 役
武田信玄(1991年) – 大井の方 役
平清盛(1992年) – 常盤御前 役
天下を獲った男 豊臣秀吉(1993年) – 勧修寺前子 役
大忠臣蔵(1989年、テレビ東京)- 大石りく 役
月曜ドラマスペシャル ドラマ特別企画 代議士の妻たちスペシャル(1993年、TBS) – 緑川美都子 役
悪魔のKISS(1993年、フジテレビ) – 佐渡由美子 役
夜に抱かれて(1994年、日本テレビ)
検察官 沢木穂乃歌
本家のヨメ(2001年、日本テレビ)
女と愛とミステリー 優雅な悪事シリーズ(テレビ東京) – 原口頼子 役
「佐野洋サスペンス 優雅な悪事1」(2001年3月)
「優雅な悪事2 京都華道家元連続殺人事件」(2003年5月)
夏の日の恋〜Summer Time〜(2002年、NHK)
あゝ離婚式(2004年、フジテレビ)
花嫁は厄年ッ!(2006年、TBS) – 安土幸恵 役
忠臣蔵〜その男、大石内蔵助(2010年12月、テレビ朝日) – 大石りく 役
トイレの神様(2011年1月5日、TBS) – 植村和嘉 役[25]
相棒 season12 第8話「最後の淑女」(2013年12月4日、テレビ朝日) – 江花須磨子 役
アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子(2014年8月9日、フジテレビ) – 劉英麗 役[26]
ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第3話(2014年10月23日、テレビ朝日) – 三原雅恵 役[27]ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第5話(2019年11月14日、テレビ朝日) – 三原雅恵 役[28]
鴨川食堂(2016年1月10日 – 2月28日、NHK BSプレミアム) – 来栖妙 役[29]
七人の秘書(2020年) ‐ ナレーション/鈴木六都美 役舞台[編集]
オセロ(作:シェイクスピア、演出:浅利慶太) – デズデモーナ 役CM[編集]
日産自動車 『ブルーバード』(1975年)
藤沢薬品工業 『和服しょうのう』、『ルームピコレット』(1983年)
山之内製薬『マーロックス』(1994年)
志摩スペイン村(「志麻」と「志摩」をかけた駄洒落で、映画『極道の妻たち』のパロディーで話題を呼んだ)[要出典]
ノダ
加藤美蜂園本舗『さくら印のハチミツ』
日清食品 『ごんぶと』( – 2002年)[30] – これも映画『極道の妻たち』のパロディー[要出典]
象印マホービン ( – 2006年)[30]「象印夫人」シリーズ – 岩下が漫画『エースをねらえ!』の「お蝶夫人(竜崎麗香)」風に描かれているマンガが登場するバージョンもある[要出典]
日本メナード化粧品『イルネージュ』『霊芝』( – 2012年)[30]
キッコーマン『わが家は焼肉屋さん』(2003年)[30]
フンドーキン醤油「愛する人へ」(2010年)レコード・CD[編集]
シングル[編集]
『罪のように愛して』(作詞:有馬三恵子/作曲:坂田晃一。ビクター。1973年7月発売)
『18才の彼』(作詞:岩谷時子/作曲:ポール・モーリア/編曲:若松正司。オリコンチャート最高位85位。キングレコード。1975年3月10日発売)sinner-yangによると「新宿二丁目に行けば知らない人はいない曲」だという[31]。アルバム[編集]
『美しい日本の私 -追悼・川端康成-』(川端康成の肉声。岩下の『雪国』『伊豆の踊り子』『女であること』<いずれも一部>の朗読。DENON。1972年発売)
『炎のごとく』(岩下の歌とナレーションで構成されたアルバム。キングレコード。1975年発売。現在はCD化されている)
『岩下志麻のナレーションで綴る 石原裕次郎・八代亜紀ナイトクラブムード』(LPで発売。現在はCD化されている)
『特別な他人』落合恵子の詩を朗読。BGMは石黒ケイ、丹羽応樹、谷山浩子、渋谷祐子、八角朋子。LPで発売。CD化はされていない著書[編集]
『鏡の向こう側に』主婦と生活社、1990年11月。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 4-391-11291-4。 
『岩下志麻のきもの語り』ブックマン社、2011年11月。ISBN 978-4-89308-747-8。 写真集も兼ねる。
『岩下志麻という人生 いつまでも輝く、妥協はしない』共同通信社、2012年3月。ISBN 978-4-7641-0644-4。 立花珠樹との共著。
『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』文藝春秋、2018年2月。ISBN 978-4-16-390778-9。 春日太一との共著。
『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』文藝春秋〈文春文庫〉、2021年6月。ISBN 978-4-16-791710-4。 論文[編集]
国立情報学研究所収録論文 国立情報学研究所写真集[編集]
『時の彼方へ』(撮影:谷口征。大陸書房)
『岩下志麻』(撮影:谷口征。愛宕書房)
『芸術の奴隷になることに決めた』岩下志麻写真集(2020年)ビデオ[編集]
岩下志麻 フィレンツェの光と影 (※岩下自身のイメージビデオ。30分。監督:井上昭。大陸書房)関連書籍[編集]
秋山庄太郎『麗しの銀幕スタア』小学館
三上真一郎『巨匠とチンピラ 小津安二郎との日々』文藝春秋、2001年
松竹株式会社 編『小津安二郎新発見』(講談社、1993年) ISBN 4-06-206681-5
『「20世紀を輝いた美女たち」スター青春グラフィティ 池谷朗 〈昔〉写真館』 ISBN 4-87709-374-5
春日太一 『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』文藝春秋、2018年 2021年文庫 芸能生活60周年記念書籍で春日の岩下へのインタビューによる語りおろし。
松浦莞二・宮本明子『小津安二郎 大全』朝日新聞出版、2019年 インタビュー収録脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ 映画初出演は松竹の木下惠介監督に見初められて出演が決まった[8]『笛吹川』だが、撮影が長期化したため公開が後になった。そのため、『乾いた湖』の方が映画デビュー作とされている[3]。

出典[編集]

^ a b c “岩下 志麻”. グランパパプロダクション. 2016年5月11日閲覧。

^ a b c d 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.16.

^ a b c d e f g h i j k l m n “岩下志麻”. KINENOTE. 2016年5月11日閲覧。

^ a b 『日本映画俳優全集・女優編』、キネマ旬報社、1980年、p.101-103

^ “岩下志麻”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月1日閲覧。

^ a b 「週刊新潮」2011年10月12日号150-153頁。

^ a b c d e f 週刊現代2021年1月9日・16日号 シリーズ“女優という人生”岩下志麻・可憐に生きた「最後の銀幕スタア」p.17-24.

^ a b c d e f 岩下志麻 (2018年3月31日). 岩下志麻が告白「自分の中の母性と女優の間でうつっぽくなった時期も…」(2/3ページ). インタビュアー:植草信和. AERA.dot.. https://dot.asahi.com/wa/2018033000080.html?page=2 2018年4月4日閲覧。 

^ “「報知の撮っておき」24歳の“姐御”岩下志麻”. スポーツ報知. (2017年2月2日). オリジナルの2017年4月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/F87iU 2017年4月28日閲覧。 

^ 千葉信夫、『小津安二郎と20世紀』、国書刊行会、p337

^ a b 岩下志麻 (2018年3月31日). 岩下志麻が告白「自分の中の母性と女優の間でうつっぽくなった時期も…」(3/3ページ). インタビュアー:植草信和. AERA.dot.. https://dot.asahi.com/wa/2018033000080.html?page=3 2018年4月4日閲覧。 

^ http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-18472

^ a b “山本陽子にギネス認定、山本海苔CM42年”. 日刊スポーツ (2010年1月16日). 2013年8月30日閲覧。

^ a b “岩下志麻に旭日小綬章「一筋にやってきたことへのご褒美」”. Sponichi Annex. (2012年4月29日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/29/kiji/K20120429003144180.html 2020年2月17日閲覧。 

^ 虎党・岩下志麻「優勝してシリーズに」 デイリースポーツ 2015年3月27日

^ 『松本清張映像作品サスペンスと感動の秘密』、桂千穂、メディアックス、2014年

^ 岩下志麻 (2019年5月2日). 岩下志麻78歳「今も白髪染め要らず」欠かさぬ日課を本人明かす. (インタビュー). デイリー新潮.. https://www.dailyshincho.jp/article/2019/05150557/?all=1 2019年6月28日閲覧。 

^ 春日太一 (2018年3月27日). “母子相姦を自然に美しく演じる岩下、狂気の慈愛!――春日太一の木曜邦画劇場”. 文春オンライン. 文藝春秋. 2018年4月4日閲覧。

^ “岩下志麻、初監督作品を語る…夫の引退にホッ”. SANSPO.COM. (2003年5月22日). オリジナルの2003年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030804030025/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200305/gt2003052216.html 2017年4月16日閲覧。 

^ 放送ライブラリー 番組ID:000641

^ 花いちもんめ – テレビドラマデータベース

^ 放送ライブラリー 番組ID:001115

^ 冬の時刻表 – テレビドラマデータベース

^ * 番組エピソード 大河ドラマ『草燃える』-NHKアーカイブス

^ “トイレの神様:ドラマ化決定 花菜役は愛菜ときい おばあちゃんは岩下志麻 紅白初出場の話題曲”. MANTANWEB. (2010年11月29日). https://mantan-web.jp/article/20101128dog00m200036000c.html 2019年11月4日閲覧。 

^ “超迫力!岩下志麻が中国人マフィア!!“マル暴”米倉涼子と初共演”. SANSPO.COM. (2014年6月23日). https://www.sanspo.com/article/20140623-PZL4LH7SAFJ67NGMTEFSU275QY/ 2014年10月17日閲覧。 

^ “失敗しない女医VS“極妻”!? 「ドクターX」で岩下志麻が医療ドラマ初挑戦!”. ザテレビジョン (2014年10月16日). 2014年10月17日閲覧。

^ “看護師界のドン(岩下志麻)、未知子(米倉涼子)と再会!相変わらずのカタブツぶりで露出の多い服装を指摘”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2019年11月14日). 2019年12月5日閲覧。

^ “おもな登場人物”. 鴨川食堂. NHK (2016年). 2020年4月3日閲覧。

^ a b c d “岩下志麻のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年11月27日閲覧。

^ 石丸元章 『危ない平成史』 #02 絶望から始まり絶望で終わった平成の音楽産業・後編 Guest:sinner-yang a.k.a. 代沢五郎 from O.L.H.、HAGAZINE、2019年3月26日。

外部リンク[編集]
グランパパプロダクション – 岩下志麻
岩下志麻 – 日本映画データベース
岩下志麻 – allcinema
岩下志麻 – KINENOTE
岩下志麻 – Movie Walker
岩下志麻 – IMDb(英語)
岩下志麻 – テレビドラマデータベース
岩下志麻 – NHK人物録
“清純、聖女から極妻まで! 変幻自在の名女優・岩下志麻”. シネマズ. 松竹 (2016年6月5日). 2016年10月19日閲覧。
“岩下志麻 1941年生まれ。映画「秋刀魚の味」「心…:日本の大女優 写真特集”. 時事ドットコム. 2016年10月24日閲覧。
象印夫人の部屋 関連項目表話編歴日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞1970年代
岩下志麻(1977)
大竹しのぶ(1978)
桃井かおり(1979)1980年代
倍賞千恵子(1980)
松坂慶子(1981)
松坂慶子(1982)
小柳ルミ子(1983)
吉永小百合(1984)
倍賞美津子(1985)
いしだあゆみ(1986)
宮本信子(1987)
吉永小百合(1988)
田中好子(1989)1990年代
松坂慶子(1990)
北林谷栄(1991)
三田佳子(1992)
和久井映見(1993)
高岡早紀(1994)
浅野ゆう子(1995)
草刈民代(1996)
黒木瞳(1997)
原田美枝子(1998)
大竹しのぶ(1999)2000年代
吉永小百合(2000)
岸惠子(2001)
宮沢りえ(2002)
寺島しのぶ(2003)
鈴木京香(2004)
吉永小百合(2005)
中谷美紀(2006)
樹木希林(2007)
木村多江(2008)
松たか子(2009)2010年代
深津絵里(2010)
井上真央(2011)
樹木希林(2012)
真木よう子(2013)
宮沢りえ(2014)
安藤サクラ(2015)
宮沢りえ(2016)
蒼井優(2017)
安藤サクラ(2018)
シム・ウンギョン(2019)2020年代
長澤まさみ(2020)
有村架純(2021)
日本アカデミー賞
作品賞
監督賞
脚本賞
アニメーション作品賞
外国作品賞
主演男優賞
主演女優賞
助演男優賞
助演女優賞
音楽賞
表話編歴キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞1950年代
高峰秀子 (1955)
山田五十鈴 (1956)
山田五十鈴 (1957)
田中絹代 (1958)
新珠三千代 (1959)1960年代
山本富士子 (1960)
若尾文子 (1961)
岡田茉莉子 (1962)
左幸子 (1963)
京マチ子 (1964)
若尾文子 (1965)
司葉子 (1966)
岩下志麻 (1967)
若尾文子 (1968)
岩下志麻 (1969)1970年代
倍賞千恵子 (1970)
富司純子 (1971)
伊佐山ひろ子 (1972)
江波杏子 (1973)
田中絹代 (1974)
浅丘ルリ子 (1975)
原田美枝子 (1976)
岩下志麻 (1977)
梶芽衣子 (1978)
桃井かおり (1979)1980年代
大谷直子 (1980)
倍賞千恵子 (1981)
倍賞千恵子 (1982)
田中裕子 (1983)
吉永小百合 (1984)
倍賞美津子 (1985)
秋野暢子 (1986)
宮本信子 (1987)
桃井かおり (1988)
田中好子 (1989)1990年代
松坂慶子 (1990)
北林谷栄 (1991)
大竹しのぶ (1992)
ルビー・モレノ (1993)
高岡早紀 (1994)
杉村春子 (1995)
原田美枝子 (1996)
桃井かおり (1997)
原田美枝子 (1998)
鈴木京香 (1999)2000年代
藤山直美 (2000)
片岡礼子 (2001)
宮沢りえ (2002)
寺島しのぶ (2003)
宮沢りえ (2004)
田中裕子 (2005)
中谷美紀 (2006)
竹内結子 (2007)
小泉今日子 (2008)
松たか子 (2009)2010年代
寺島しのぶ (2010)
永作博美 (2011)
安藤サクラ (2012)
真木よう子 (2013)
安藤サクラ (2014)
深津絵里 (2015)
宮沢りえ (2016)
蒼井優 (2017)
安藤サクラ (2018)
瀧内公美(2019)2020年代
水川あさみ (2020)
尾野真千子 (2021)
表話編歴ブルーリボン賞 主演女優賞1950年代
淡島千景(1950)
原節子(1951)
山田五十鈴(1952、1956)
乙羽信子(1953)
高峰秀子(1954)
淡島千景(1955)
望月優子(1957)
山本富士子(1958)
北林谷栄(1959)1960年代
岸惠子(1960)
若尾文子(1961)
吉永小百合(1962)
左幸子(1963)
岩下志麻(1964)
若尾文子(1965)
司葉子(1966)1970年代
浅丘ルリ子(1975)
秋吉久美子(1976)
岩下志麻(1977)
梶芽衣子(1978)
桃井かおり(1979)1980年代
十朱幸代(1980)
松坂慶子(1981)
夏目雅子(1982)
田中裕子(1983)
薬師丸ひろ子(1984)
十朱幸代(1985)
いしだあゆみ(1986)
三田佳子(1987)
桃井かおり(1988)
田中好子(1989)1990年代
松坂慶子(1990)
工藤夕貴(1991)
三田佳子(1992)
ルビー・モレノ(1993)
高岡早紀(1994)
中山美穂(1995)
桃井かおり(1997)
原田美枝子(1998)
鈴木京香(1999)2000年代
吉永小百合(2000)
天海祐希(2001)
片岡礼子(2002)
寺島しのぶ(2003)
宮沢りえ(2004)
小泉今日子(2005)
蒼井優(2006)
麻生久美子(2007)
木村多江(2008)
綾瀬はるか(2009)2010年代
寺島しのぶ(2010)
永作博美(2011)
安藤サクラ(2012、2014)
貫地谷しほり(2013)
有村架純(2015)
大竹しのぶ(2016)
新垣結衣(2017)
門脇麦(2018)
長澤まさみ(2019)2020年代
長澤まさみ(2020)
永野芽郁(2021)
括弧内は作品年度を示す、授賞式の年は翌年(2月)

作品賞
監督賞
主演男優賞
主演女優賞
助演男優賞
助演女優賞
新人賞
表話編歴ブルーリボン賞 新人賞1950年代
佐分利信(1950)
三國連太郎(1951)
野村芳太郎(1953)
山村聰(1954)
小林恒夫、南原宏治(1955)
川頭義郎(1956)
石原裕次郎(1957)
今村昌平(1958)1960年代
大島渚(1960)
岩下志麻(1961)
浦山桐郎(1962)
佐藤純彌(1963)
緑魔子(1964)
熊井啓(1965)
渡哲也(1966)1970年代
大竹しのぶ、三浦友和(1975)
原田美枝子(1976)
大林宣彦(1977)
永島敏行(1978)
金田賢一(1979)1980年代
隆大介(1980)
佐藤浩市(1981)
美保純(1982)
原田知世、金子正次(1983)
吉川晃司(1984)
斉藤由貴(1985)
有森也実(1986)
髙嶋政宏(1987)
緒形直人(1988)
川原亜矢子(1989)1990年代
牧瀬里穂、松岡錠司(1990)
石田ひかり(1991)
墨田ユキ(1992)
遠山景織子、岸谷五朗(1993)
鈴木砂羽(1994)
江角マキコ(1995)
ナインティナイン(1996)
佐藤仁美、三谷幸喜(1997)
田中麗奈(1998)
松田龍平(1999)2000年代
藤原竜也(2000)
柴咲コウ(2001)
小西真奈美、中村獅童(2002)
石原さとみ(2003)
土屋アンナ、森山未來(2004)
多部未華子(2005)
檀れい、塚地武雅(2006)
新垣結衣(2007)
吉高由里子、リリー・フランキー(2008)
岡田将生、木村大作(2009)2010年代
生田斗真、桜庭ななみ(2010)
芦田愛菜(2011)
マキタスポーツ(2012)
黒木華(2013)
小芝風花(2014)
石井杏奈(2015)
岡村いずみ(2016)
石橋静河(2017)
南沙良(2018)
関水渚(2019)2020年代
奥平大兼(2020)
河合優実 (2021)
括弧内は作品年度を示す、授賞式の年は翌年(2月)

作品賞
監督賞
主演男優賞
主演女優賞
助演男優賞
助演女優賞
新人賞
表話編歴毎日映画コンクール女優主演賞1940年代
田中絹代 (1947)
田中絹代 (1948)
原節子 (1949)1950年代
京マチ子 (1950)
原節子 (1951)
山田五十鈴 (1952)
望月優子 (1953)
高峰秀子 (1954)
高峰秀子 (1955)
山田五十鈴 (1956)
高峰秀子 (1957)
淡島千景 (1958)
北林谷栄 (1959)1960年代
岸惠子 (1960)
高峰秀子 (1961)
岡田茉莉子 (1962)
左幸子 (1963)
京マチ子 (1964)
左幸子 (1965)
司葉子 (1966)
岩下志麻 (1967)
乙羽信子 (1968)
岩下志麻 (1969)1970年代
倍賞千恵子 (1970)
富司純子 (1971)
栗原小巻 (1972)
賀来敦子 (1973)
田中絹代 (1974)
浅丘ルリ子 (1975)
秋吉久美子 (1976)
岩下志麻 (1977)
梶芽衣子 (1978)
桃井かおり (1979)1980年代
倍賞千恵子 (1980)
倍賞千恵子 (1981)
松坂慶子 (1982)
田中裕子 (1983)
吉永小百合 (1984)
倍賞美津子 (1985)
いしだあゆみ (1986)
十朱幸代 (1987)
小泉今日子 (1988)
田中好子 (1989)1990年代
松坂慶子 (1990)
北林谷栄 (1991)
藤谷美和子 (1992)
ルビー・モレノ (1993)
吉永小百合 (1994)
杉村春子 (1995)
高岡早紀 (1996)
桃井かおり (1997)
原田美枝子 (1998)
大竹しのぶ (1999)2000年代
藤山直美 (2000)
牧瀬里穂 (2001)
大塚寧々 (2002)
寺島しのぶ (2003)
深田恭子 (2004)
田中裕子 (2005)
中谷美紀 (2006)
麻生久美子 (2007)
小池栄子 (2008)
小西真奈美 (2009)2010年代
寺島しのぶ (2010)
小泉今日子 (2011)
田畑智子 (2012)
赤木春恵 (2013)
安藤サクラ (2014)
綾瀬はるか (2015)
筒井真理子 (2016)
長澤まさみ (2017)
安藤サクラ (2018)
シム・ウンギョン (2019)2020年代
水川あさみ (2020)
尾野真千子 (2021)
括弧内は作品年度を示す、授賞式の年は翌年(2月)
表話編歴毎日映画コンクール 田中絹代賞1980年代
吉永小百合 (1985)
倍賞千恵子 (1986)
三田佳子 (1987)
岩下志麻 (1988)
十朱幸代 (1989)1990年代
岸惠子 (1990)
樋口可南子 (1991)
大竹しのぶ (1992)
香川京子 (1993)
久我美子 (1994)
浅丘ルリ子 (1995)
松坂慶子 (1996)
淡島千景 (1997)
藤村志保 (1998)
富司純子 (1999)2000年代
原田美枝子 (2000)
倍賞美津子 (2001)
吉行和子 (2002)
八千草薫 (2003)
淡路恵子 (2004)
若尾文子 (2005)
草笛光子 (2006)
中村玉緒 (2007)
余貴美子 (2008)
高橋惠子 (2009)2010年代
江波杏子 (2010)
大楠道代 (2011)
田中裕子 (2012)
加賀まりこ (2013)
鈴木京香 (2014)
桃井かおり (2015)
松原智恵子 (2016)
水野久美 (2017)
白川和子 (2018)
風吹ジュン (2019)2020年代
梶芽衣子 (2020)
宮本信子 (2021)
括弧内は作品年度を示す、授賞式の年は翌年(2月)
表話編歴報知映画賞 主演女優賞1970年代
秋吉久美子 (1976)
岩下志麻 (1977)
梶芽衣子 (1978)
宮下順子 (1979)1980年代
倍賞千恵子 (1980)
松坂慶子 (1981)
桃井かおり (1982)
夏目雅子 (1983)
吉永小百合 (1984)
倍賞美津子 (1985)
いしだあゆみ (1986)
大竹しのぶ (1987)
安田成美 (1988)
田中好子 (1989)1990年代
松坂慶子 (1990)
工藤夕貴 (1991)
清水美沙 (1992)
ルビー・モレノ (1993)
高岡早紀 (1994)
中山美穂 (1995)
原田美枝子 (1996)
黒木瞳 (1997)
原田美枝子 (1998)
風吹ジュン (1999)2000年代
藤山直美 (2000)
小泉今日子 (2001)
宮沢りえ (2002)
寺島しのぶ (2003)
松たか子 (2004)
田中裕子 (2005)
中谷美紀 (2006)
麻生久美子 (2007)
小泉今日子 (2008)
松たか子 (2009)2010年代
深津絵里 (2010)
永作博美 (2011)
吉永小百合 (2012)
真木よう子 (2013)
宮沢りえ (2014)
樹木希林 (2015)
宮沢りえ (2016)
蒼井優 (2017)
篠原涼子 (2018)
長澤まさみ (2019)2020年代
水川あさみ (2020)
永野芽郁 (2021)
作品賞
監督賞
主演男優賞
主演女優賞
助演男優賞
助演女優賞
新人賞
表話編歴日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞1980年代
吉永小百合 (1988)
十朱幸代 (1989)1990年代
松坂慶子 (1990)
村瀬幸子 (1991)
三田佳子 (1992)
岩下志麻 (1993)
高岡早紀 (1994)
杉村春子 (1995)
浅丘ルリ子 (1996)
黒木瞳 (1997)
大竹しのぶ (1998)
富司純子 (1999)2000年代
吉永小百合 (2000)
岸惠子 (2001)
鈴木京香 (2002)
寺島しのぶ (2003)
小雪 (2004)
小泉今日子 (2005)
松雪泰子 (2006)
竹内結子 (2007)
綾瀬はるか (2008)
松たか子 (2009)2010年代
深津絵里 (2010)
宮崎あおい (2011)
吉永小百合 (2012)
真木よう子 (2013)
宮沢りえ (2014)
綾瀬はるか (2015)
宮沢りえ (2016)
蒼井優 (2017)
安藤サクラ (2018)
松岡茉優 (2019)2020年代
長澤まさみ (2020)
天海祐希 (2021)
表話編歴大河ドラマ主演俳優1 – 10作
1 (1963) 二代目 尾上松緑
2 (1964) 長谷川一夫
3 (1965) 緒形拳
4 (1966) 四代目 尾上菊之助
5 (1967) 岡田茉莉子 / 藤村志保 / 栗原小巻
6 (1968) 北大路欣也
7 (1969) 石坂浩二
8 (1970) 平幹二朗
9 (1971) 初代 中村錦之助
10 (1972) 仲代達矢11 – 20作
11 (1973) 平幹二朗 / 高橋英樹
12 (1974) 渡哲也 → 松方弘樹
13 (1975) 石坂浩二
14 (1976) 加藤剛
15 (1977) 四代目 中村梅之助
16 (1978) 六代目 市川染五郎
17 (1979) 石坂浩二 / 岩下志麻
18 (1980) 菅原文太 / 加藤剛
19 (1981) 佐久間良子
20 (1982) 緒形拳21 – 30作
21 (1983) 滝田栄
22 (1984) 九代目 松本幸四郎 / 西田敏行
23 (1985) 松坂慶子
24 (1986) 三田佳子
25 (1987) 渡辺謙
26 (1988) 中井貴一
27 (1989) 大原麗子
28 (1990) 西田敏行 / 鹿賀丈史
29 (1991) 真田広之
30 (1992) 緒形直人31 – 40作
31 (1993前期) 東山紀之
32 (1993後期) 渡辺謙 / 村上弘明
33 (1994) 三田佳子
34 (1995) 西田敏行
35 (1996) 竹中直人
36 (1997) 三代目 中村橋之助
37 (1998) 本木雅弘
38 (1999) 五代目 中村勘九郎
39 (2000) 津川雅彦 / 西田敏行 / 二代目 尾上辰之助
40 (2001) 和泉元彌41 – 50作
41 (2002) 唐沢寿明 / 松嶋菜々子
42 (2003) 七代目 市川新之助
43 (2004) 香取慎吾
44 (2005) 滝沢秀明
45 (2006) 仲間由紀恵 / 上川隆也
46 (2007) 内野聖陽
47 (2008) 宮﨑あおい
48 (2009) 妻夫木聡
49 (2010) 福山雅治
50 (2011) 上野樹里51 – 60作
51 (2012) 松山ケンイチ
52 (2013) 綾瀬はるか
53 (2014) 岡田准一
54 (2015) 井上真央
55 (2016) 堺雅人
56 (2017) 柴咲コウ
57 (2018) 鈴木亮平
58 (2019) 六代目 中村勘九郎 / 阿部サダヲ
59 (2020) 長谷川博己
60 (2021) 吉沢亮61 – 70作
61 (2022) 小栗旬
62 (2023) 松本潤
63 (2024) 吉高由里子その他
NHK新大型時代劇 1 (1984) 役所広司
2 (1985) 渡瀬恒彦
3 (1986) 二代目 中村吉右衛門
スペシャルドラマ (2009-2011) 本木雅弘 / 阿部寛 / 香川照之
表話編歴日本ジュエリーベストドレッサー賞10代
1999:ともさかりえ
2000:加藤あい
01:深田恭子
02:上原多香子
03:上戸彩
04:後藤真希
05:松浦亜弥
06:BoA
07:長澤まさみ
08:堀北真希
09:成海璃子
10:福田沙紀
11:前田敦子
12:武井咲
13:川島海荷
14:川口春奈
15:橋本環奈
16:小松菜奈
17:中条あやみ
18:岡田結実
19:浜辺美波
20:Kōki,
21:森七菜
22:芦田愛菜20代
1990:紺野美沙子
91:安田成美
92:今井美樹
93:牧瀬里穂
94:松雪泰子
95:石田ゆり子
96:飯島直子
97:梅宮アンナ
98:鶴田真由
99:松嶋菜々子
2000:安室奈美恵
01:本上まなみ
02:米倉涼子
03:菊川怜
04:伊東美咲
05:長谷川京子
06:小雪
07:倖田來未
08:加藤ローサ
09:広末涼子
10:ベッキー
11:黒木メイサ
12:大島優子
13:剛力彩芽
14:吉高由里子
15:桐谷美玲
16:井上真央
17:西内まりや
18:菜々緒
19:吉岡里帆
20:有村架純
21:新木優子
22:広瀬アリス30代
1990:池上季実子
91:古手川祐子
92:島田陽子
93:名取裕子
94:樋口可南子
95:黒木瞳
96:石川さゆり
97:かたせ梨乃
98:川島なお美
99:高島礼子
2000:財前直見
01:中村江里子
02:川原亜矢子
03:小島奈津子
04:水野真紀
05:天海祐希
06:深津絵里
07:篠原涼子
08:中谷美紀
09:滝川クリステル
10:観月ありさ
11:木村佳乃
12:米倉涼子*
13:松嶋菜々子*
14:吉瀬美智子
15:深田恭子*
16:松下奈緒
17:柴咲コウ
18:上戸彩*
19:橋本マナミ
20:木村文乃
21:戸田恵梨香
22:佐々木希40代
1990:村山勝美
91:沢田研二
92:阿川泰子
93:篠ひろ子
94:小池百合子
95:和田アキ子
96:田丸美寿々
97:小林幸子
98:小柳ルミ子
99:天童よしみ
2000:安藤優子
01:林真理子
02:萬田久子
03:浅田美代子
04:黒木瞳*
05:大竹しのぶ
06:大地真央
07:YOU
08:江角マキコ
09:真矢みき
10:大塚寧々
11:草刈民代
12:檀れい
13:永作博美
14:鈴木保奈美
15:宮沢りえ
16:吉田羊
17:石田ゆり子*
18:遼河はるひ
19:常盤貴子
20:藤原紀香
21:小池栄子
22:アンミカ50代
1990:芳村真理
91:岩下志麻
92:若尾文子
93:佐久間良子
94:野際陽子
95:三田佳子
96:浅丘ルリ子
97:中村玉緒
98:島倉千代子
99:五月みどり
2000:瀬川瑛子
01:木の実ナナ
02:由美かおる
03:松坂慶子
04:桃井かおり
05:秋吉久美子
06:小池百合子*
07:阿川佐和子
08:風吹ジュン
09:夏木マリ
10:戸田恵子
11:高畑淳子
12:余貴美子
13:高橋惠子
14:浅野温子
15:片平なぎさ
16:沢口靖子
17:賀来千香子
18:浅野ゆう子
19:紫吹淳
20:松下由樹
21:斉藤由貴
22:真矢ミキ60代以上
1997:森英恵
98:朝丘雪路
99:雪村いづみ
2000:市原悦子
01:デヴィ・スカルノ
02:白川由美
03:黒柳徹子
04:十朱幸代
05:野際陽子*
06:八千草薫
07:岩下志麻*
08:阿木燿子
09:森山良子
10:髙橋真梨子
11:八代亜紀
12:浅丘ルリ子*
13:由紀さおり
14:竹下景子
15:伊藤蘭
16:和田アキ子*
17:桃井かおり*
18:大竹しのぶ*
19:森昌子
20:原田美枝子
21:田中美佐子
22:宮崎美子男性
1992:岡田眞澄
93:山城新伍
94:カールスモーキー石井
95:鹿賀丈史
98:小林旭
99:佐々木主浩
2000:高橋由伸
01:西城秀樹
02:新庄剛志
03:氷川きよし
04:坂口憲二
05:中村獅童
06:清原和博
07:速水もこみち
08:谷原章介
09:松山ケンイチ
10:佐藤隆太
11:伊藤英明
12:佐藤浩市
13:東山紀之
14:市原隼人
15:哀川翔
16:DAIGO
17:三浦春馬
18:福士蒼汰
19:舘ひろし
20:田中圭
21:横浜流星
22:北村匠海特別賞
92:ジュリー・ドレフュス
93:ヒロコ・グレース
2001:高橋尚子
08:松坂大輔
10:イ・ビョンホン,鳩山幸
11:ウォンビン,蓮舫
12:少女時代,本田圭佑
13:KARA,内村航平
14:松本潤
15:髙橋大輔,May J.
16:ももいろクローバーZ,市川海老蔵
17:福原愛
18:浅丘ルリ子,村田諒太
19:コシノジュンコ, 加山雄三
20:浅田真央, 高橋英樹
21:内田篤人
22:水谷隼
*は複数回の受賞。男性は1992年から、60代以上は97年から、10代は99年から対象
表話編歴エランドール賞 新人賞1950年代
56 池内淳子
石原裕次郎
川口浩
草薙幸二郎
白川由美
杉田弘子
高倉健 / 57 団令子
江原眞二郎
北沢典子
仲代達矢
森美樹
筑波久子
川崎敬三 / 58 浅丘ルリ子
叶順子
桑野みゆき
大空眞弓
佐久間良子
佐藤允
千乃赫子 / 59 本郷功次郎
星輝夫
水木襄
中谷一郎
夏木陽介
清水まゆみ
山本豊三1960年代
60 赤木圭一郎
藤巻潤
星由里子
川口知子
松方弘樹
三上真一郎
吉田輝雄 / 61 岩下志麻
加山雄三
三田佳子
田宮二郎
山崎努
吉永小百合 / 62 倍賞千恵子
浜美枝
浜田光夫
姿美千子
千葉真一
山本圭 / 63 和泉雅子
加賀まりこ
北大路欣也
中川ゆき
中尾ミエ
高田美和
高橋幸治 / 64 藤村志保
本間千代子
市川染五郎
加藤剛
香山美子
松原智恵子
吉村実子 / 65 江波杏子
藤純子
内藤洋子
小川眞由美
竹脇無我
渡哲也 / 66 栗塚旭
黒沢年男
大原麗子
山口崇
山本陽子
安田道代 / 67 梓英子
栗原小巻
中山仁
小川知子
酒井和歌子
杉良太郎 / 68 生田悦子
峰岸徹
中山麻里
丘みつ子
高橋悦史
谷隼人 / 69 渥美マリ
沖雅也
尾崎奈々
太地喜和子
高橋紀子
橘ますみ1970年代
70 原田大二郎
森田健作
夏純子
岡田裕介
岡本信人
堺正章
佐藤オリエ
武原英子
梅田智子
渡瀬恒彦
八並映子 / 72 池玲子
近藤正臣
榊原るみ
関根恵子
三船史郎
山口果林
吉沢京子 / 73 宇津宮雅代
杉本美樹
志垣太郎
松坂慶子
村野武範
山本亘
田中真理
藤岡弘
本田みちこ
真木洋子 / 74 浅田美代子
梢ひとみ
島田陽子
関根世津子
仁科明子
萩原健一
三浦友和
桃井かおり
大門正明
高橋洋子
中島ゆたか / 75 秋吉久美子
草刈正雄
池上季実子
檀ふみ
志穂美悦子
中村雅俊
萩尾みどり / 76 東てる美
岡田奈々
大竹しのぶ
田中健
片平なぎさ
根津甚八
三林京子
勝野洋
早乙女愛
多岐川裕美 / 77 浅茅陽子
岩城滉一
江藤潤
原田美枝子
真野響子 / 78 新井春美
浅野ゆう子
井上純一
清水健太郎
夏樹陽子
竹下景子
武田鉄矢
永島暎子 / 79 国広富之
永島敏行
藤真利子
森下愛子
友里千賀子1980年代
80 熊谷真実
古手川祐子
柴田恭兵
松平健
宮内淳 / 81 金田賢一
神崎愛
岸本加世子
滝田栄
樋口可南子 / 82 鹿賀丈史
真田広之
田中裕子
夏目雅子
古尾谷雅人 / 83 風間杜夫
紺野美沙子
中井貴一
名取裕子
隆大介 / 84 佐藤浩市
時任三郎
中井貴恵
原田知世
役所広司 / 85 石原真理子
榎木孝明
和由布子
渡辺徹
藤谷美和子 / 86 菊池桃子
吉川晃司
沢口靖子
柳沢慎吾 / 87 斉藤由貴
陣内孝則
中山美穂
安田成美
渡辺謙 / 88 国生さゆり
富田靖子
後藤久美子
南野陽子
仲村トオル / 89 麻生祐未
緒形直人
髙嶋政宏
三上博史
若村麻由美1990年代
90 井森美幸
鈴木保奈美
南果歩
本木雅弘
柳葉敏郎 / 91 工藤夕貴
高嶋政伸
中嶋朋子
野村宏伸
牧瀬里穂 / 92 石田ひかり
仙道敦子
和久井映見
永瀬正敏
吉岡秀隆
田中実 / 93 加藤雅也
清水美砂
赤井英和
裕木奈江
唐沢寿明 / 94 桜井幸子
鷲尾いさ子
墨田ユキ
筒井道隆
萩原聖人
村田雄浩 / 95 山口智子
鈴木杏樹
羽田美智子
岸谷五朗
豊川悦司
木村拓哉 / 96 常盤貴子
鶴田真由
一色紗英
永澤俊矢
高橋克典
椎名桔平 / 97 松たか子
飯島直子
瀬戸朝香
上川隆也
西村雅彦 / 98 菅野美穂
木村佳乃
田中美里
浅野忠信
内野聖陽 / 99 松嶋菜々子
柏原崇
金子賢
酒井美紀
深田恭子2000年代
00 中谷美紀
池内博之
石井正則
加藤晴彦
中村俊介 / 01 伊藤英明
窪塚洋介
及川光博
池脇千鶴
加藤あい
矢田亜希子 / 02 国仲涼子
坂口憲二
竹内結子
妻夫木聡
藤木直人
米倉涼子 / 03 小澤征悦
菊川怜
柴咲コウ
仲間由紀恵
藤原竜也 / 04 上戸彩
オダギリジョー
小雪
寺島しのぶ
中村獅童
山田孝之 / 05 石原さとみ
伊東美咲
長澤まさみ
成宮寛貴
山本耕史 / 06 伊藤淳史
内山理名
沢尻エリカ
速水もこみち
堀北真希 / 07 蒼井優
綾瀬はるか
上野樹里
劇団ひとり
玉木宏
松山ケンイチ / 08 新垣結衣
小栗旬
貫地谷しほり
檀れい
大森南朋 / 09 瑛太
黒木メイサ
戸田恵梨香
松田翔太
三浦春馬
宮﨑あおい2010年代
10 榮倉奈々
岡田将生
志田未来
多部未華子
松田龍平
水嶋ヒロ / 11 吉瀬美智子
桐谷健太
佐藤健
松下奈緒
満島ひかり
向井理 / 12 高良健吾
井上真央

長谷川博己
吉高由里子 / 13 染谷将太
尾野真千子
松坂桃李
武井咲
森山未來
真木よう子 / 14 綾野剛
木村文乃
東出昌大
能年玲奈
福士蒼汰
橋本愛 / 15 池松壮亮
北川景子
斎藤工
黒木華
鈴木亮平
二階堂ふみ / 16 柄本佑
有村架純
菅田将暉
土屋太鳳
玉山鉄二
吉田羊 / 17 坂口健太郎
高畑充希
ディーン・フジオカ
波瑠
星野源
広瀬すず / 18 高橋一生
門脇麦
竹内涼真
杉咲花
ムロツヨシ
吉岡里帆 / 19 志尊淳
葵わかな
田中圭
永野芽郁
中村倫也
松岡茉優2020年代
20 神木隆之介
安藤サクラ
横浜流星
清原果耶
吉沢亮
橋本環奈 / 21 賀来賢人
伊藤沙莉
北村匠海
上白石萌音
窪田正孝
浜辺美波
成田凌
森七菜 / 22 仲野太賀
江口のりこ
柳楽優弥
川口春奈
山田裕貴
広瀬アリス
表話編歴NHK紅白歌合戦審査員第1回
春日由三
吉本明光第2回
中山晋平第3回
春日由三
吉川義雄第4回
春日由三
吉川義雄
川村専一
狩野近雄
河上英一
笹本恭彦
明瀬裕
池田太郎
牧定忠第5回
春日由三
吉川義雄
渋沢秀雄
横山隆一
西崎緑
貝谷八百子
田付辰子
メイ牛山第6回
春日由三
吉川義雄
岩田専太郎
勅使河原蒼風
千代の山雅信
小山いと子
吉村公三郎
市川翠穂
マヤ片岡第7回
春日由三
吉川義雄
三國連太郎
小西得郎
栃錦清隆
青木茂高
河上牧子
水木洋子
坂西志保
田村佐紀子
吾妻徳穂第8回
吉川義雄
田中角栄
菊田一夫
若乃花勝治
金田正一
奥むめお
森田たま
細川ちか子
近藤百合子第9回
吉川義雄
横山泰三
水原茂
稲垣浩
朝汐太郎
沢田美喜
杉村春子
戸川エマ
赤堀全子第10回
吉川義雄
木下惠介
大宅壮一
杉浦幸雄
若羽黒朋明
長谷川春子
大濱英子
榊淑子
谷桃子第11回
吉川義雄
秋山登
唐島基智三
柏戸剛
松本幸四郎
中村汀女
田中絹代
秋山ちえ子
江上トミ第12回
長沢泰治
土門拳
高田元三郎
仲代達矢
大鵬幸喜
和田夏十
勅使河原霞
村山リウ
森光子第13回
長沢泰治
工藤昭四郎
東郷青児
森英恵
大山康晴
山内一弘
佐田の山晋松
藤間紫
岡田茉莉子
十返千鶴子
浪花千栄子第14回
長沢泰治
細川隆元
丹羽文雄
實川延若
中西太
栃ノ海晃嘉
飯田蝶子
貞閑晴
新珠三千代
花柳壽輔
佐久間良子第15回
長沢泰治
大林清
北葉山英俊
林与一
古賀忠道
春風亭柳橋
岩下志麻
司葉子
長谷川町子
林美智子
吉屋信子第16回
坂本朝一
円地文子
安達曈子
入江美樹
藤村志保
小絲源太郎
松下幸之助
ファイティング原田
緒形拳第17回
坂本朝一
樫山文枝
五代利矢子
浜美枝
山崎豊子
大佛次郎
尾上菊之助
加藤芳郎
鶴ヶ嶺昭男第18回
中山卯郎
福島慎太郎
木村秀政
西本幸雄
石坂浩二
福原美和
栗原小巻
塩月弥栄子
平岩弓枝第19回
中山卯郎
江夏豊
王馬熙純
榊原仟
鈴木俊一
曽野綾子
高田敏子
藤田弓子
三船敏郎第20回
中山卯郎
浅丘ルリ子
市川海老蔵
今井通子
大谷直子
菅野義丸
佐藤愛子
鶴岡一人
平幹二朗第21回
中道定雄
坂東玉三郎
樋口久子
小林弘
三田佳子
志村喬
武原はん
玉の海正洋
中山律子第22回
仲代達矢
小野田勇
浪花家辰造
大場政夫
宇田川竜男
堀内寿子
大山英子
村山加代子
中山きよ子
樫山文枝
山口果林
高橋信雄
山下迪子
館弘子
石田芳夫
中山紀子
井沢つま
森戸辰男
溝尾正志
花本方美
為久優子
成田知子
桑田たつ子
村上巳里
山下誠
小川善三郎
河野久枝
桑原永子
田川由紀子
佐藤太圭子
山田三智穂
大谷豊二
高橋優子
貴ノ花利彰
赤塚洋文
平内義幸
富岡雅寛
平賀輝子
中川時子第23回
加藤稔
池内淳子
中原誠
森英恵
小林桂樹
中村汀女
井上ひさし
中野貴代
神田好武
真木洋子
輪島大士第24回
高橋洋子
生沼スミエ
棟方志功
村上元三
京マチ子
サトウサンペイ
高田ユリ
尾上菊五郎
寺島純子
北の湖敏満第25回
根本良夫
橋本明治
杉村春子
尾上松緑
栗原小巻
堀江謙一
檀ふみ
魁傑將晃
新垣留美子第26回
根本良夫
尾上梅幸
高橋展子
吉永小百合
加藤剛
三林京子
大竹しのぶ
古葉竹識
三重ノ海五郎第27回
池田彌三郎
浅丘ルリ子
中村梅之助
小野清子
村上隆
堤加蓉子
カロリーナ・ピレス・ド・リオ
若三杉壽人
川上哲治第28回
川口幹夫
市川染五郎
上田利治
旭國斗雄
水島新司
川橋幸子
橋田壽賀子
新井春美
竹下景子第29回
川口幹夫
北の湖敏満
岩下志麻
植村直己
八千草薫
安奈淳
森和人
森下洋子
山本浩二第30回
加藤好雄
若山富三郎
ミヤコ蝶々
菅原文太
大原麗子
松本零士
重兼芳子
古葉竹識
多岐川裕美第31回
加藤好雄
松本幸四郎
陳舜臣
佐久間良子
木田勇
向田邦子
島田陽子
鈴木喜久子
角田好雄第32回
渡辺一雄
石毛宏典
古手川祐子
緒形拳
花井幸子
倉本昌弘
森光子
坂田栄男
高橋洋子
秋竜山
澤地久枝第33回
香川宏
生沼スミエ
玉の海梅吉
森英恵
山藤章二
池上季実子
広岡達朗
村松友視
真野響子
滝田栄
橋田壽賀子
前橋汀子
市川猿之助第34回
香川宏
三船敏郎
松本幸四郎
大原麗子
田淵幸一
樋口久子
松坂慶子
田中裕子
隆の里俊英
谷川浩司
林真理子
胡桃沢耕史
宮尾登美子
山口小夜子
役所広司第35回
菊池綜一
江上由美
釜本邦茂
名取裕子
風間杜夫
石井幹子
連城三紀彦
里中満智子
衣笠祥雄
松坂慶子
市川海老蔵第36回
遠藤利男
三田佳子
中村吉右衛門
高野悦子
小池一夫
武原はん
ジェームス三木
山口洋子
吉田義男
大地真央
北尾光司第37回
中野正之
森光子
清原和博
森下洋子
雁屋哲
黒柳朝
加藤芳郎
山崎洋子
渡辺謙
加納みゆき
千代の富士貢第38回
吉岡利夫
若尾文子
中井貴一
森瑤子
江藤俊哉
俵万智
逢坂剛
森口祐子
近藤真一
若村麻由美
北勝海信芳第39回
今西陽一郎
三田佳子
片岡孝夫
伊藤京子
森祇晶
浅野温子
安野光雅
伊勢桃代
新井満
山口智子
千代の富士貢第40回
沖清司
千代の富士貢
いしだあゆみ
ねじめ正一
小林浩美
中村勘九郎
村崎芙蓉子
西田敏行
石岡瑛子
斎藤雅樹
渡辺梓第41回
沖清司
山本陽子
中村鴈治郎
諏訪内晶子
野田秀樹
コシノジュンコ
渡辺久信
森口祐子
松岡修造
沢口靖子
真田広之第42回
小林由紀子
増井光子
山崎豊子
秋山幸二
芦原すなお
荻野アンナ
若花田勝
貴花田光司
緒形直人
鷲尾いさ子
田中好子第43回
内林達夫
有森裕子
曙太郎
古賀稔彦
富司純子
中田久美
野茂英雄
村上弘明
伊藤みどり
森光子
高橋克彦第44回
松尾武
三田佳子
米長邦雄
市川團十郎
細川直美
筒井道隆
つみきみほ
松原敏春
平瀬真由美
宮尾登美子
川淵三郎
内館牧子
田村亮子
植木等
野村克也
中丸三千繪
古田敦也
ミヤコ蝶々
曙太郎
古橋廣之進
大林素子第45回
松尾武
イチロー
赤井英和
奥野史子
岩下志麻
羽生善治
南井克巳
賀来千香子
川本ゆかり
市川崑
森光子第46回
上田洋一
古田敦也
田村亮子
天海祐希
竹中直人
原辰徳
水谷八重子
中村紘子
ジョージ川口
柳家小さん
大石芳野第47回
上田洋一
有森裕子
川口能活
江角マキコ
仰木彬
清水市代
中村橋之助
森英恵
桂米朝
大石静
周防正行第48回
大橋晴夫
井原正巳
吉永小百合
片岡仁左衛門
伊藤みどり
佐々木主浩
佐藤夕美子
本木雅弘
篠田節子
谷川浩司
吉行あぐり第49回
大橋晴夫
清水宏保
藤原紀香
琴錦功宗
中村玉緒
松平健
俵万智
ジェームス三木
服部道子
熊川哲也
浅利純子第50回
伊東律子
出島武春
松嶋菜々子
内館牧子
野村萬斎
田村亮子
津川雅彦
草笛光子
阿久悠
福嶋晃子
乙武洋匡第51回
伊東律子
田村亮子
長嶋茂雄
高橋尚子
渡辺謙
池内淳子
佐々木主浩
岡本綾
井上康生
木村佳乃
内藤國雄第52回
出田幸彦
栃東大裕
川原亜矢子
室伏広治
竹田恆和
松岡佑子
唐沢寿明
平良とみ
天海祐希
藤田宜永
森下洋子第53回
出田幸彦
朝青龍明徳
米倉涼子
市川新之助
阿川佐和子
宮本恒靖
仲間由紀恵
高橋由伸
恩田美栄
岩合光昭
岸惠子第54回
中村季恵
浅野ゆう子
五木寛之
優香
三谷幸喜
村山由佳
末續慎吾
村主章枝
武田真治
有馬稲子
星野仙一第55回
中村季恵
野口みずき
野村忠宏
橋田壽賀子
中村勘九郎
荒川静香
滝沢秀明
高島礼子
和田一浩
森光子
日野原重明第56回
琴欧州勝紀
薬師丸ひろ子
野口聡一
長澤まさみ
山田洋次
森光子
上川隆也
眞鍋かをり
林家正蔵
栗原はるみ第57回
渡辺謙
阿木燿子
リリー・フランキー
藤山直美
内野聖陽
横峯さくら
田口壮
吉田都
鎌田實
瀬戸内寂聴第58回
宮﨑あおい
上田桃子
岡島秀樹
青木功
中村勘三郎
新垣結衣
茂木健一郎
坂東眞理子
陣内智則
藤原紀香第59回
本木雅弘
吉田沙保里
太田雄貴
高橋尚子
松本幸四郎
松坂慶子
姜尚中
堀北真希
妻夫木聡
上野由岐子第60回
白鵬翔
草刈民代
阿部寛
深田恭子
原辰徳
勝間和代
城田優
杉山愛
西田敏行
森光子第61回
野口聡一
湊かなえ
岩崎夏海
寺島しのぶ
髙橋大輔
上野樹里
伊勢谷友介
仲間由紀恵
北大路欣也
武良布枝第62回
大竹しのぶ
田中将大
コシノジュンコ
三谷幸喜
鈴木京香
佐々木則夫
鈴木明子
松山ケンイチ
松井冬子
琴奨菊和弘第63回
綾瀬はるか
尾木直樹
澤穂希
中村勘九郎
樹木希林
桂文枝
吉田沙保里
入江陵介
菅野よう子
日馬富士公平第64回
田中将大
滝川クリステル
宮藤官九郎
宮本信子
杉良太郎
風吹ジュン
岡田准一

片岡愛之助
阿川佐和子第65回
中園ミホ
尾上松也
蜷川実花
山中伸弥
井上真央
阿部寛
仲間由紀恵
タモリ
黒柳徹子第66回
羽生結弦
堺雅人
長澤まさみ
大泉洋
土屋太鳳
三宅宏実
上橋菜穂子
所ジョージ
有村架純
又吉直樹第67回
高畑充希
辻沙絵
草刈正雄
新垣結衣
大谷翔平
萩野公介
伊調馨
秋本治
春風亭昇太
村田沙耶香第68回
村田諒太
村上茉愛
加藤一二三
吉岡里帆
高橋一生
宮本信子
鈴木亮平
林真理子第69回
阿部サダヲ
安藤サクラ
池江璃花子
小平奈緒
佐藤健
出川哲朗
永野芽郁
中村勘九郎
夏井いつき
野村萬斎
長谷部誠第70回
井上尚弥
上沼恵美子
サンドウィッチマン
渋野日向子
瀬戸大也
田中圭
戸田恵梨香
中西麻耶
長谷川博己
広瀬すず
吉野彰第71回
黒柳徹子
サンドウィッチマン
杉咲花
染谷将太
チコちゃん
宮崎美子
宮本亞門
室伏広治
吉沢亮第72回
石川佳純
清原果耶
小池栄子
坂口健太郎
谷真海
三谷幸喜典拠管理
BNE: XX4611149
BNF: cb14037667z (データ)
CANTIC: a10215773
FAST: 289209
GND: 173591930
ISNI: 0000 0001 2023 1170
J9U: 987007574175505171
LCCN: nr91025748
NDL: 00202838
NKC: mub2011642675
NTA: 292690355
SUDOC: 059547510
Trove: 1178328
VIAF: 29732985
WorldCat Identities: lccn-nr91025748

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=岩下志麻&oldid=91550421」から取得
カテゴリ: 人物の画像提供依頼日本の女優ヤクザ映画の俳優大河ドラマ主演俳優松竹の俳優紫綬褒章受章者旭日小綬章受章者篠田正浩日本のギネス世界記録保持者東京都区部出身の人物1941年生存命人物河原崎家隠しカテゴリ: プロジェクト人物伝項目出典を必要とする記述のある記事/2020年2月出典を必要とする記述のある記事/2020年4月ウィキデータにない公式ウェブサイトウィキデータにあるJMDb人物と企業識別子ウィキデータにあるallcinema人物識別子ウィキデータにあるKINENOTE IDウィキデータにあるMovie Walker人物識別子BNE識別子が指定されている記事BNF識別子が指定されている記事CANTIC識別子が指定されている記事FAST識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事NTA識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事Trove識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事ISBNマジックリンクを使用しているページ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 8191
再生回数: 1282
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Yomiuri

Yomiuri
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2591
[spincontent type=”j”]

3. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Asahi Shimbun

朝日新聞
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 朝日新聞で検索した 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する上記の情報が、岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4304
[spincontent type=”j”]

4. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと The Japan Times

The Japan Times
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: ジャパン タイムズで検索した 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する記事のトップです。岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5654
[spincontent type=”j”]

5. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Yomiuri Shimbun

読売新聞
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する詳細情報はすでにありますか? 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8568
[spincontent type=”j”]

6. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Mainichi Shimbun

毎日新聞
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 毎日新聞で見つけた 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する上記の情報が、岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 39 17
[spincontent type=”j”]

7. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Sankei Shimbun

産経新聞
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 産経新聞で検索した 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する記事のトップです。岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4375
[spincontent type=”j”]

8. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1355
[spincontent type=”j”]

9. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Chunichi Shimbun

中日新聞
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 中日新聞で検索した 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する上記の情報が、岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4720
[spincontent type=”j”]

10. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Tokyo Shimbun

東京新聞
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4621
[spincontent type=”j”]

11. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 96 16
[spincontent type=”j”]

12. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 日刊工業新聞で見つけた 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する上記の情報が、岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6758
[spincontent type=”j”]

13. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Ainu Times

アイヌタイムス
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: アイヌ タイムズで検索した 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する記事のトップです。岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2667
[spincontent type=”j”]

14. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する詳細情報はすでにありますか? 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2828
[spincontent type=”j”]

15. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Chiba Nippo

千葉日報
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 千葉日報で検索した 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する上記の情報が、岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6827
[spincontent type=”j”]

16. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Chugoku Shimbun

中国新聞
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 中国新聞で検索した 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する記事のトップです。岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7541
[spincontent type=”j”]

17. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと Daily Tohoku

デイリー東北
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7808
[spincontent type=”j”]

18. 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

説明: イースタン クロニクルで検索した 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する上記の情報が、岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 80 66
[spincontent type=”j”]

岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと に関する質問

岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと

岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと
方法岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと
チュートリアル 岩下志麻、結婚生活50年超の篠田正浩監督といそしむ「断捨離」から見えてきたこと
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: