あなたは 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 を共有します。 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0嫌われ松子の一生 > 嫌われ松子の一生 (映画)
嫌われ松子の一生
Memories of Matsuko監督
中島哲也脚本
中島哲也原作
山田宗樹『嫌われ松子の一生』製作
石田雄治佐谷秀美製作総指揮
間瀬泰宏小玉圭太出演者
中谷美紀瑛太柴咲コウ伊勢谷友介黒沢あすかキムラ緑子市川実日子片平なぎさ本田博太郎角野卓造香川照之柄本明音楽
ガブリエル・ロベルト渋谷毅主題歌
BONNIE PINK「LOVE IS BUBBLE」撮影
阿藤正一編集
小池義幸配給
東宝公開
2006年5月27日上映時間
130分製作国
日本言語
日本語興行収入
13.1億円[1]テンプレートを表示『嫌われ松子の一生』(きらわれまつこのいっしょう、英: Memories of Matsuko )は、山田宗樹の小説『嫌われ松子の一生』を原作とした映画。2006年5月27日公開。主演は中谷美紀。監督・脚本を中島哲也が務めた。台湾および香港でも公開されていた。

概要[編集]
修学旅行中に教え子が起こした現金盗難事件を収めるためにその場しのぎの対応をとったため教師の職をクビになり、家族とのいざこざから家を飛び出したことから転落して行く、川尻松子の悲劇の人生を描いた物語。キャッチコピーは「松子。人生を100%生きた女。」。
映画は悲劇的な物語を、CG合成による星・花・小鳥が舞い踊るファンタスティックなミュージカルシーンやコミカルなタッチで綴る絢爛たる演出で描かれている。なお、映画倫理委員会の審査では、PG-12に指定されている。

ストーリー[編集]
恋人に振られた川尻笙は、会ったこともない伯母の松子が殺されたことを父紀夫から知らされる。伯母の周辺にいた奇妙な人々と出会い、松子の一生を振り返る。
福岡県の川尻家の長女として生まれた松子は、病弱の妹ばかり心配する父に振り向いてもらいたいと教師となるが、教え子の龍の窃盗の罪を被ったために辞職する。また、妹に対する不満を爆発させ実家との縁を切る。
家を出た松子は、作家志望で自身を太宰治の生まれ変わりだと話す八女川と同棲するが、金をせびられて暴力を振われる毎日を過ごす。その上八女川は自殺してしまう。その後、八女川の友人で作家志望の岡野の愛人となるが松子が岡野の家に訪れたことで妻にばれてしまい、捨てられる。
岡野にお前の身体は良かったと言われたことからソープ嬢となり、店の売り上げトップを取るが時代の変化と共に人気が衰退、最終的には店をクビになる。その後、中洲で声をかけられた小野寺とコンビを組むがその売上げを別の女に貢いだことを知り、殺してしまう。松子は東京へ向かい自殺しようとしたところで理容師の島津に声をかけられ一緒に暮らすようになる。しかし、1ヶ月後殺人罪で逮捕される。8年間の収監中に美容師の資格を取り、出所後島津の元に戻ろうとするが、彼に妻子がいることを知りその場を去る。
松子は銀座の美容室に勤め、同じ時期に刑務所にいた沢村と再会し親友となる。しかし、突然沢村と距離を置くようになる。そんな中ヤクザとなっていた龍と再会し、本当はずっと好きだったと告白され交際を始める。当初は、足を洗いカタギに戻るよう彼を説得するものの最終的には極道の女として生きていくと覚悟を決める。しかし、組の金を使い込んでいた龍と共に追い詰められ自殺を試みるも失敗、龍は殺人を犯したと警察に通報し収監される。松子は龍が出所した後の幸せな暮らしを想像し、それを頼りに生きるが龍は迎えに来た松子を見て逃げ出してしまう。
中年になった松子は一人で生きることに決め、故郷の筑後川と似た風景の荒川のそばのアパートに住み、ゴミにあふれた部屋で酒食にふけって肥満し、光GENJIの熱狂的なファンとなる。ファンレターの返事が返ってこないことに発狂し、次第に幻覚を見るなどの症状が出る。通っている精神科病院で会社経営者となっていた沢村と再会し、その場から逃げ出そうとするも沢村に「会社専属の美容師を探している。その気になったら連絡してほしい。」と名刺を渡される。彼女はそれを河原に捨ててしまうが、その夜美容師をしていた頃の感覚を次第に思い出し、もう1度やってみようと決める。捨ててしまった名刺を探しに河原へ向かい無事見つける。その時お酒を飲みながら遊んでいた中学生たちを注意するが、バットで殴られて死んでしまう。
死んだ松子は、明るく歌いながら天国への階段を昇る。それは、妹の久美が待つ実家の二階への階段でもあった。

キャスト[編集]
川尻松子 – 中谷美紀(幼少時代:奥ノ矢佳奈)
川尻笙 – 瑛太松子の甥(紀夫・悦子夫婦の息子)。ありがちなミュージシャンになるために18歳で上京したが、挫折し、汚部屋で生活しつつ、バンドを辞め、恋人にも「一緒にいると死にたくなる」と言われ振られてしまう。そのことで荒んだ人生を歩んでいたが、急に上京してきた父に、実は叔母がいる事を明かされ、今日中に帰らなくてはいけない父の代わりに松子の住んでいたアパートの片付けを頼まれ松子の人生に触れることに。そして彼女の人間性を知っていく。松子の隣人で松子を知る大倉となんとなくで仲良くなる。よく「火サス」を観ている。AV好きで水沢葵(沢村めぐみ)の「未亡人は超淫乱」というデビュー作を持っている。沢村めぐみから「松子に似ている」と言われるが内心「似てねぇよ」と思っている。松子の人生に触れるうちに「松子叔母さんに会いたかった」と思い、電話してきた父に伝えると実は子供の頃に一度会った事がある事を明かされる。父に松子が人を殺した事がある事を言われ、笑顔で「すげぇ…」と言う少し変わった考えの持ち主。川尻恒造 – 柄本明松子の父。病気の久美を心配する反面、松子には厳しく接する。久美の病気が重いため、いつも暗い顔をしてたが、久美のお見舞い帰りに寄ったデパートの屋上で見た「ドタバタコント」でのボケが頭を叩かれた時に決める変顔を松子が真似したところ、笑顔になり、それ以来、松子の真似する変顔には必ず笑顔を見せてくれる。松子が失踪した3ヶ月後に脳卒中でトイレで亡くなる。松子の事を心配し、日記には最後に必ず「松子からの連絡なし」と書き記し、最後まで松子を気にかけていた。川尻久美 – 市川実日子松子の妹。病弱で、2階の自室でほぼ寝たきりの状態。松子の事は「お姉ちゃん」「松子姉ちゃん」と呼んでいる。松子の心とは裏腹に、松子の事が大好きで松子が失踪する前に「行っちゃダメ」と縋りつき、押し倒されて「あんたなんか!」と首を絞められる。たまたま母の多恵に見つかり、死なずに済む。松子が隠れて実家に帰宅した時には階段を駆け下りて松子に抱きつき「松子姉ちゃんが帰ってきた」と泣きながら喜ぶも、松子に振り払われ、倒れても松子にしがみついた。松子が再び家を出ると「お姉ちゃん!行っちゃダメー!」と泣きながら絶叫した。数年後、肺炎をこじらせて他界。最後の言葉は「姉ちゃん、おかえり」だった。川尻紀夫 – 香川照之松子の弟。笙の父親。川尻家を崩壊させた松子を恨んでいる。松子に金をせびられて「女なんだからいくらでも働けるだろ」と遠回しに水商売で働く事を勧める。手切金を渡して去る。松子の人生を「どうしようもなか姉」「つまらん人生たい」と言う。結婚後も長男として実家に残り、久美の面倒を見ていた。川尻悦子 – 濱田マリ紀夫の妻。松子の事は知っているのか、「誰!?」とビックリしたものの「松子…さん?」と聞く。川尻多恵 – キムラ緑子松子の母。龍洋一 – 伊勢谷友介松子の転落人生のきっかけを作った元教え子。修学旅行で売店の手提げ金庫から1万2000円を盗むが、松子のせいにした。その後ヤクザとなる。松子が働いている美容院で再会し、交際する。組の人間から逃れる為に刑務所に入り、松子のために出所したら会わないと決めていた。また、出所後迎えに来た松子の愛に恐怖を感じて逃げ出してしまう。再び殺人を犯し、2度目の服役中に信仰に目覚める。その中で松子を自分にとっての「神」だと考えるようになり、出所後彼女を探し回る。しかし松子の死を知ると、再び刑務所に入りたがり「松子を殺したのは俺だ!」と警察に言い、暴れ回る。沢村めぐみ – 黒沢あすか松子の親友。会社社長。AV女優「水沢葵」。元ストリッパー。両性愛者で松子の前での一人称は「俺」。松子との出会いは刑務所。刑務所では「金のため」に生きていた。松子より後に出所し、刑務所にあった美容院「アカネ」と同じ名前の美容院に行き、松子に再会。結婚し、「東(あずま)」から「沢村」になっていた。ストリッパーからAV女優に転身。デビュー作「未亡人は超淫乱」の髪型は松子にやってもらった。その後、松子とケーキバイキングに行き、松子から「(撮影中)泣かなかった?」と聞かれ「泣くわけねぇだろ!マネージャーの旦那が横で見てるんだぜ?」と言うも、松子に手を握られ、号泣し、本当はAVに出たくなかったと思われる。松子に「旦那とこの世界で天下を取ってやる」と宣言。実際にAVソフト制作会社「サワムラ企画」の女社長になり、高級車に乗り、付き人が3人いる成功者となる。松子の死の前日に見舞いに行った病院で松子に再会し、会社専属のヘアメイクアーティストになるよう頼むが断られ、「気が向いたら連絡しろ」と名刺を渡す。松子が遺体となって発見された時に右手に自分の名刺を握りしめていたことから警察から死を知り、独自に犯人を探し出そうとしている。黒と白に西陣織が入った和服を着ており、サングラスをかけている。松子の事を「あたしなんかよりもずっと良い女だった」と振り返る。綾乃(斉藤スミ子) – BONNIE PINK「白夜」のソープ嬢。松子(源氏名 – 雪乃)とコンビを組み一時代を築く。しかし、時代の流れで熟知した女性はいらなくなり、「仙台に帰って、小料理屋でもやる」と言い残して去る。大倉修二 – ゴリ(ガレッジセール)見掛け倒しのモヒカンヘビーロッカー。松子が最期に住んでいたアパートの隣人。図々しく、なれなれしい。体には自分の名前・性格・血液型・「木曜日はカレーの日」などのタトゥーを入れている。笙に松子について色々と教える。松子のことは生き方を「ファッキン・クレイジー」と思っており、住人から「嫌われ松子」と呼ばれていたと話すことや、松子が壁に「生れて(うまれて)すみません」と描き殴っているのを「ヘイ!ユー!」と声をかけ、指で「チッチッチッ」とやり、たしなめるなど隣人として良い関係を築こうとしていた事から、松子の事を嫌ってはいなかった様子。松子が土手でよく泣いていたのを何度も目撃している。ただ、松子が風呂に入らなかったせいか臭いがキツかった事だけは気に入ってない様子。渡辺明日香 – 柴咲コウ笙と別れ、自分の人生を見つめ直す。そして、今まで自分が笙に色々求めすぎていた事を反省して「人生は人に何かしてあげること」と気付き、青年海外協力隊に参加し、ウズベキスタンに行くことを決意する。八女川徹也 – 宮藤官九郎太宰治の生まれ変わりと信じる作家志望の青年。松子と同棲するが、のちに「生れて(うまれて)、すみません」と書き残し、列車に轢かれて自殺。靴下の左足の親指に穴が開いてる。岡野からは「天才」と「嫉妬」に見られている。部屋は本だらけで、太宰治の写真が貼ってある。岡野健夫 – 劇団ひとり八女川の友人で作家志望のサラリーマン。のちに松子の愛人となる。花が好きなのか常に周囲に花がある。八女川の才能に嫉妬し、死後も呪縛が解けずに松子が「八女川の女」という理由だけで愛人にした。松子とは結婚も考えたこともなければ、料理の味付けまでも嫌いだったが、松子の「体」は好きだった。岡野芳江 – 大久保佳代子(オアシズ)健夫の妻。島津賢治 – 荒川良々玉川上水で松子の入水自殺を防いださえない理容師。1か月間松子と同棲。松子が刑務所にいる間の心の支えだったが、一度も面会に来たことはない。出所後、出向いた理容室には妻と子供がいた。佐伯俊二 – 谷原章介松子が想いを寄せる同僚教師。小野寺保 – 武田真治雄琴で松子と同棲したヒモ男。愛人に500万円貢いだ挙句に松子の首を絞めた。松子により殺害される。後藤 – マギー松子殺害事件の担当刑事。汐見 – 渡辺哲小野寺殺害事件の担当刑事。杉下教頭 – 竹山隆範(カンニング)松子が修学旅行先で起きた現金盗難事件の罪をかぶっているところを目撃し、誰にも言わない代わりに胸を見せることを強要する。変な髪型をしている。田所文夫 – 角野卓造松子が勤務する中学校の校長。マネージャー・赤木 – 谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)トルコ「白夜」のマネージャー。宿屋売店の男 – 甲本雅裕修学旅行の宿泊先の従業員。額に大きなほくろ毛がある。片平なぎさ (本人役)挿入されるサスペンスドラマのヒロイン。本田博太郎(本人役)挿入されるサスペンスドラマの犯人。田中要次(本人役)挿入されるサスペンスドラマの刑事。女囚A:唄 – AI
女囚B:家族 – 山下容莉枝
女囚C:プライド – 土屋アンナ
女囚D:思い出 – 山田花子
婦警 – 木野花逮捕後の松子の取調べを担当する。係官 – あき竹城出所後の松子の希望を尋問する。牧師 – 嶋田久作刑務所内で教誨の授業を行う。「神は愛である」の意味を龍に教える。超人気シンガー – 木村カエラ
アイドル歌手 – 阿井莉沙
その他の出演者:江本純子、浅野麻衣子、星ようこ、蒼井そら、江口のりこ、松下萌子、榊英雄、鳴海剛、田村泰二郎、山本浩司、木下ほうか、片岡涼乃スタッフ[編集]
製作統括:宮下昌幸、近藤邦勝、細野義朗、島谷能成、見城徹
エグゼクティブプロデューサー:間瀬泰宏、小玉圭太
プロデューサー:石田雄治、佐谷秀美
原作:山田宗樹(幻冬舎文庫)
撮影:阿藤正一
録音:志満順一
美術:桑島十和子
照明:木村太朗
振付:香瑠鼓
ビジュアルエフェクト:柳川瀬雅英
CGディレクター/CGプロデューサー:増尾隆幸
編集:小池義幸
音楽プロデューサー:金橋豊彦
音楽:ガブリエル・ロベルト、渋谷毅
整音:太斉唯夫
助監督:吉見拓真、武正晴
ラインプロデューサー:大里俊博、松田康史
アソシエイトプロデューサー:鈴木ゆたか
アシスタントプロデューサー:盛夏子、岡田有正
配給:東宝
制作:スープレックス
制作協力:リクリ
製作:「嫌われ松子の一生」製作委員会(アミューズソフトエンタテインメント、TBSテレビ、スターダストピクチャーズ、幻冬舎、東宝、博報堂DYメディアパートナーズ、エフエム東京、パルコ、ホリプロ、ワーナーミュージック・ジャパン、スープレックス)
監督・脚本:中島哲也作品解説[編集]
中島監督は「撮影1日目にして、この映画はお蔵入りになるかもしれないと思った」「主演の中谷美紀が逃走した場合、どのようにすれば映画製作を完結できるか本気でスタッフとも話し合った」と語っている。実際、中谷は撮影をすっぽかし逃走した日もあったという。
中島監督は「よく『俳優に冷たい』と言われるが、ものすごく俳優に期待もしている」という。中谷をはじめ出演者たちを本当に素晴らしいと思うと賛美してもいる。撮影では、よいシーンは俳優が出してきたものが多くそれが見えれば、プランを捨てて撮影をするため、こんなに打ち合わせしたのに、カット割り変えるのか』とスタッフの反感を買うこともしばしばであったと話す。そのため撮影現場では「俳優からも嫌われ、スタッフからも嫌われ、孤独な撮影現場であった」と語っている。

配役[編集]
主演の中谷美紀は「この役を演じるために女優を続けてきたかもしれない」と言っているほど本人が惚れ込んでいる役どころであり、中島監督は「松子に会いたいためにつくった」と語っている。
中谷は監督の厳しさに降板も考えたほどで、「何度やっても同じじゃないか」「あんたの感情などどうだっていい」「殺してやる」などと毎日毎日怒鳴られて、怒鳴られ慣れてきたころ、さらにキツイ一言を言われ、睡眠不足も続き肉体的にも疲弊してきた1ヶ月を過ぎた辺りから、そのひと言ひと言が胸に刺さるようになっていたと撮影日々の辛さを語っている。綾乃役のBONNIE PINKも「私だったら女優をやめている」と語っている。
中谷は「監督の顔は2度と見たくないとまで思っていた」「技術的、感情的についていけず、とても悩んだことからアイデンティティー・クライシスに陥った」と後日談として語っている。また「撮影中、監督のただのわがままで、みんなを振り回していたとも思っていたが、それはきちんと作品を届けるためという、映画作りの根底みたいなものを教わった気がする」とも語っている。

撮影[編集]
撮影現場では、主演の中谷美紀をはじめ俳優やスタッフが監督に怒鳴られる、罵倒される、などが日々続き、昨今の映画制作現場としては珍しいエピソード、撮影秘話として話題にもなった。中島監督はこれらの事柄について「プロの役者さんを誉めるのは逆に失礼」と語っている。

ロケ地[編集]
ロケは栃木県内・長野県内などで行い、物語の舞台である大川市・福岡市・別府などの九州内では実施していない。

原作と映画版の差異[編集]
基本的には、原作の流れを踏襲しているが、かなり脚色されていて、人物設定も一部異なる。特に、田所校長や赤木、明日香の扱いが小さくなった(明日香は凝縮したとも言える)。松子の家族(恒造、久美、紀夫)との関係の描写に時間をさく一方で、ソープ嬢時代の話や、殺人を犯して刑務所に服役する場面はミュージカルシーンとして描かれ、短時間にまとめられている。また、性描写は必要最小限とし、主人公のポジティブさや、その人生の幸福な側面などを強調している。

描かれない話松子が田所校長にレイプされかける事件が、修学旅行中に起きた教頭のセクハラ(胸を見せろと言われる出来事)に置き換えられ、松子はこのことを洋一に語っていない。このため映画では、洋一はまったく関係のない人物を殺害することになる。
綾乃の引退後は描かれない(殺されない)。原作では、綾乃が覚醒剤中毒の男に殺害されたことを知り、自分に覚醒剤を打とうとした小野寺から身を守るために包丁を持っているが、この話が描かれない。そのため、女に貢いでいた事への逆上から、犯行に及んだと受け取られる。実際、小野寺が松子を襲う様子は描かれていない。
映画版では、松子が死ぬところ(第5章:うたかた)で終わり、終章の法廷シーンが登場しない(テレビドラマ版も同様)。関連書籍などによると、原作者の山田宗樹は、この場面のカットに関しては気にしていない、とのこと。設定の変更松子は、荒川で一人暮らしした頃に、光GENJIの熱狂的ファンになっている。夜中に大声を出したのは、メンバーの内海光司に自分のこれまでの人生を綴った大量のファンレターを送ったにも関わらず返事が来なかったため(このシーンまでの松子のモノローグは、全てファンレターに綴った内容である)。またこの際、自室の壁に「生まれてすみません」とメッセージを刻んでいる。
松子は、荒川の河川敷で名刺を握ったまま死ぬ(原作とドラマでは自宅に帰り着いた後息絶える)。めぐみは、警察から松子の死を聞かされ、アパートを張り込んでいたところで笙に出会っている。原作では名刺は見つからず、また、めぐみも松子が名刺を探していた事を、この著書では知っていない。
松子は、精神的に追い込まれたりすると両目を寄せて口を尖らせるひょっとこのような表情になる。これは幼少の頃、少しでも父親の気を引きたいとの思いから編み出した物だった。
松子に暴行を加えたのがその場で喧嘩騒ぎを起こしていた不良中学生のグループで、松子が注意したところ逆ギレして暴行を加えた事になっている。原作ではたまたま近くで遊んでいた大学生のグループで、面白半分で松子を嬲り殺しにしている。またドラマでは、松子が名刺を探した後預金に行った銀行で出くわした外国人の窃盗団になっており、口封じのために松子を襲ったという設定。
龍洋一のその後の姿が大きく異なる。原作では出所後に更生して教会関係の仕事についており、事件の加害者について憤慨する笙を諭す分別のある大人になっているが、映画では出所後は奇怪な言動や暴力行為に走るなど、人格的に破綻した人物となっている(笙はこのことについて『伯母さんがもういないという現実に絶望して刑務所に戻りたいんだ』と語っている)。なおドラマでは上記の通り裁判のシーンはなく、事件の犯人が逮捕された後松子の遺品を受け取りに警察に行き、そこで改めて松子が自分を愛し続けて待っていてくれたことを実感して涙するという展開になっている。細かい違い松子の生誕日 – 8月2日→11月25日
松子の最終学歴 – 原作・国立大学を卒業して教員免許を取得とある。
松子の部活顧問 – 合唱で指揮を担当していることから、コーラス部、あるいは合唱部等の顧問となっている。
現金盗難事件で、洋一に白状させようとした場所が学校に変更された。 – 原作及びドラマでは洋一は学校を休んでいて、松子が洋一の実家まで行っている。
松子が校長から辞職を言い渡されたとき、佐伯俊二も同席している。
八女川が松子の目の前で自殺する。 – 原作及びドラマでは岡野に自殺現場まで連れて行かれて、八女川が自殺したことを知る。
小野寺との出会い – 店を辞めてからになっている。原作では客として松子を指名している。
小野寺は女を自分のアパートに連れ込んでいた。 – 原作では松子が働いている間、山科まで行き、関係を持っている。
島津との同棲期間 – 2ヶ月→1ヶ月
洋一との同棲中、松子が美容室を辞めている。 – 原作では美容室を休みがちになっているだけで、辞めてはいなかった。
洋一が組織に追われる原因が、組の金を使い込んでいたこと。 – 原作及びドラマでは覚醒剤密売の取引を麻薬Gメンにリークしていたことが発覚したため。
紀夫が大野島から松子を追い出す際に、笙もついて来ている。
博多を離れる前に短時間実家に立ち寄った松子が、死の直前の父の日記を読む場面。「松子からの連絡なし」と繰り返されているのは原作同様だが、自分の松子への接し方を後悔する述懐や、連日雨が続いている記述もある。DVD以外では絶対視認不可能とはいえ、小野寺に「雨は嫌い」と告げる場面がこの直後にあり(原作では順序が前になっている)、同じセリフは後年に洋一の前でも繰り返される。地上波テレビでの放送[編集]
地上波テレビでは2008年9月1日にTBSが「月曜ゴールデン」枠で放送していたが、途中から「JNN緊急特番 福田首相辞意を固める」を放送したため休止となった。代替として同じく「月曜ゴールデン」枠で2008年12月22日に放送されることが発表されていたが、筑紫哲也の追悼番組のため前の週に予定されていた映画「初恋」が一週間順延され、これに押し出される形で再び放送休止となった。結局2009年3月23日に午後11時59分からの深夜枠で放送された。TBSと同時ネット局は、静岡放送、宮崎放送だった。なおBS-iでは2008年10月21日に放送されている。

受賞・ノミネート[編集]

部門
対象
結果
第30回日本アカデミー賞
主演女優賞
中谷美紀
受賞
音楽賞
ガブリエル・ロベルト渋谷毅
受賞
編集賞
小池義幸
受賞
監督賞
中島哲也
ノミネート
脚本賞
中島哲也
ノミネート
撮影賞
阿藤正一
ノミネート
照明賞
木村太朗
ノミネート
美術賞
桑島十和子
ノミネート
録音賞
志満順一太斉唯夫
ノミネート
第1回アジア・フィルム・アワード
女優賞
中谷美紀
受賞
美術賞
桑島十和子
ノミネート
視覚効果賞
柳川瀬雅英
ノミネート
第61回毎日映画コンクール
主演女優賞
中谷美紀
受賞
第80回キネマ旬報ベスト・テン
主演女優賞
中谷美紀[2]
受賞
第31回報知映画賞
主演女優賞
中谷美紀[3]
受賞
映像ソフト[編集]
2006年11月17日に、DVDが発売されている。DVDには、映画を見ながら撮影秘話をスタッフとともに語る音声コメンタリートラックが収録されており、多くの撮影エピソードが語られている。発売・販売元はアミューズソフトエンタテインメント。

嫌われ松子の一生 通常版(DVD1枚組、2006年11月17日発売、ASBY-3597)
嫌われ松子の一生 愛蔵版(DVD2枚組、2006年11月17日発売、ASBY-3598)本編DVD(通常版と同様)と特典DVDの2枚組。豪華フォトアルバムBOX仕様(初回限定特典)。MUSIC FROM“MEMORIES OF MATSUKO” -嫌われ松子の音楽- メイキング・オブ「嫌われ松子の一生」(DVD1枚組、2006年4月28日発売、ASBY-3371)メイキングDVD。日本以外での発売[編集]
日本以外の地域でもそれぞれの言語版メディアが発売されている。

香港発売版 – DVD及びVCD『花樣奇緣』(英文タイトル:Memories of Matsuko )
台湾発売版 – DVD『令人討厭的松子的一生』音楽ソフト[編集]
サウンドトラックアルバムは、歌ものを収録した『嫌われ松子の歌たち』(ワーナーミュージック・ジャパン、WPCL-10274)と、インスト中心の『嫌われ松子の曲たち』(GRANDFUNK、RACA-25)の、2種類が販売されている。共に2006年5月24日発売。

サウンドトラック『嫌われ松子の歌たち』[編集]
トゥリル トゥリル リカー (木村カエラ)
faker (ch feat. B-BANDJ)
LOVE IS BUBBLE (BONNIE PINK)
松子ソープ嬢時代に流れる。この曲にのせ、松子がNo.1のソープ嬢から人気をレイコに取られるところまでがわずか数分の間に描かれる。映画の主題歌という位置づけになっており、シングルとしても発売された。
Dream Train (及川リン)
What Is A Life (AI & 及川リン)
松子服役中に流れる。この間の原作のエピソードはまったく描かれない。
Endless (Joe Himeji feat. J.)
Candy Tree (及川リン)
Happy Wednesday (中谷美紀)
岡野健夫との不倫中に流れる。
まげてのばして (湯浅亜美)
古い日記 (和田アキ子)
ドラマ版の第3章でも、パーラーのBGMとして使用されている。
USO (阿井莉沙)
松子が八女川との生活費を得るため、大型百貨店(磐井屋)の屋上で紀夫に会うシーンにて。そこでのライブショーという設定で流れる。
あなたの心に (中山千夏)
Feeling Good (Michael Buble)
教え子・龍洋一との再会シーンにて。
Walking On Springtime (Barbara Borra)
Candy Tree (blossom ver. / 及川リン)
Here, Always (Tommy Snyder & YOSHIKA)
She’s What I Want To Be (ch)
まげてのばして (中谷美紀)
ラスト、松子が天に召される場面にて。劇中では、厳密には登場人物の何人かも一部を歌唱している。
Matsuko Medley (Matsuko Singers)
エンドロールにて。DVDソフトでは『ハッピーエンドロール』と称している。サウンドトラック『嫌われ松子の曲たち』[編集]
Rising From The Sea
Walking On Past Times
But Not For Me
Lonely Soul
The School Trip
星の界
松子が合唱部で指揮をとっている場面で生徒が歌う曲。ドラマ版では第6章冒頭で松子がこの曲をピアノ演奏する。
まげてのばして〜ピアノ
The School Trip〜Reprise
First Date
Sho’s Theme
Spring On Fingertrips
星の界〜Reprise
No Meaning
Cruel Merry Merry
いつくしみ深き
Sin And Redemption
Springtime In Space
Sho’s Colors
Yuki
Please Wait!
まげてのばして〜おもいで関連書籍[編集]
『嫌われ松子の一年』(中谷美紀・著)-2006年ぴあ
『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック-2006年キネマ旬報社脚注[編集]

^ 2006年興行収入10億円以上番組 (PDF) – 日本映画製作者連盟

^ ほかに『LOFT ロフト』『7月24日通りのクリスマス』と合わせて受賞。

^ ほかに『LOFT ロフト』と合わせて受賞。

関連項目[編集]
嫌われ松子の一生 (テレビドラマ) – 原作を大きくアレンジした映画に対し、ドラマでは原作に合わせ比較的忠実につくられている。
光GENJI – 晩年の松子がファンになったグループ。外部リンク[編集]
goo 嫌われ松子の一生 オフィシャルサイト
DVD 嫌われ松子の一生 アミューズソフトエンタテインメント
嫌われ松子の一生 – allcinema
嫌われ松子の一生 – KINENOTE
嫌われ松子の一生 – オールムービー(英語)
嫌われ松子の一生 – IMDb(英語)表話編歴中島哲也監督作品1980年代
はの字忘れて (1982年)
バカヤロー! 私、怒ってます 第二話 (1988年)1990年代
夏時間の大人たち (1997年)
Beautiful Sunday (1998年)2000年代
下妻物語(2004年)
嫌われ松子の一生 (2006年)
パコと魔法の絵本 (2008年)2010年代
告白 (2010年)
渇き。 (2014年)
来る (2019年)
表話編歴劇団ひとり(川島省吾)現在出演中の番組

ゴッドタン – 中居正広のニュースな会→中居正広のキャスターな会(準レギュラー) – クイズ!あなたは小学5年生より賢いの? – King & Princeる。 – 午前0時の森(月曜) – 魔改造の夜 技術者養成学校

不定期出演
アメトーーク! – タモリ倶楽部

特別番組
出動!謎ときヒーロー – めざせ!グローバルスター – あなたはこの衝撃に耐えられる?ワールドドキドキビデオ – 衝撃映像をぶっとばせ!世界!笑撃アンサー

ラジオ
劇団サンバカーニバル

過去の出演番組

ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー これができたら100万円!! – 笑いの金メダル – エンタの神様 – さとこいめぐさん – 爆笑オンエアバトル – 大人のコンソメ – リチャードホール – 平成教育2005予備校 – 本能のハイキック! – フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 – リンカーン – 笑っていいとも! – 笑っていいとも!増刊号 – THE M – 解体新ショー – 学べる!!ニュースショー! – そうだったのか!池上彰の学べるニュース – 完売劇場 – やぐちひとり© – 鶴瓶のスジナシ! – タモリのヒストリーX – 芸能界宇宙部 – ヘルメスの悪戯 – 芸能界かがく部 – 使えるニュースSHOW – 恋のから騒ぎ – もらえるテレビ! – 使える!アイデアハウス – 地球号食堂〜エコめし宣言 – 劇団ひとりの新番組を考える会議 – 熱血!平成教育学院 – 雑学王 – 5MEN旅 – ウレロ☆未確認少女 – ウレロ☆未完成少女 – ウレロ☆未体験少女 – マニュアル劇団 – How to モンキーベイビー! – ヨンパラ FUTUREゲームバトル – 探偵!ひとり – 夢!どうぶつ大図鑑 – クイズ!ギョーカイ大百科 – いのちドラマチック – よるべん – 業界トップニュース – 世界に誇る50人の日本人 成功の遺伝史 – スター☆ドラフト会議 – ガチガセ – 激論!どっちマニア – あっちマニア – お願い!宇宙人 – オモクリ監督 〜O-Creator’s TV show〜 – 良かれと思って! – 池上彰のニュースそうだったのか!! – 中居正広の身になる図書館 – 超問クイズ! 真実か?ウソか? – ウレロ☆未開拓少女 – 正解のない問題 – 「任意同行」願えますか? – 絶対人間 – 幸せ!ボンビーガール – たけしのその時カメラは回っていた

特別番組
ひとりが世界のナゼを教えてもらったら? – 劇団ひとりの編集長お願いします。

ラジオ
JUNGLE PARADISE – オール・テガミ・ニッポン

ドラマ
東京ラブ・シネマ – Stand Up!! – X’smap〜虎とライオンと五人の男〜 – まほらのほし – 電車男 – 純情きらり – 誰よりもママを愛す – 家族〜妻の不在・夫の存在〜 – ファースト・キス – 去年ルノアールで – スワンの馬鹿! 〜こづかい3万円の恋〜 – アベレイジ – ケータイ捜査官7 – ハチワンダイバー – 魔王 – アベレイジ2 – 我はゴッホになる! 〜愛を彫った男・棟方志功とその妻〜 – 「母恋ひの記」〜谷崎潤一郎『少将滋幹の母』より〜 – チャンス!〜彼女が成功した理由〜 – サマヨイザクラ – こちら葛飾区亀有公園前派出所 – 蛇のひと – 花燃ゆ

PV
東京事変『恋は幻 FOR MUSICIAN』 – ケツメイシ『出会いのかけら』 – GOING UNDER GROUND『いっしょに帰ろう』

映画
隣人13号 – アマレット – まほらの☆ – ARAHAN/アラハン – ドラえもん のび太の恐竜2006(アニメ) – 嫌われ松子の一生 – 7月24日通りのクリスマス – どろろ – バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 – ストリングス〜愛と絆の旅路 – パコと魔法の絵本 – イキガミ – ゴールデンスランバー – コララインとボタンの魔女 3D(アニメ・日本語吹き替え) – ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年(アニメ) – クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃(アニメ・脚本) – 浅草キッド

著書
陰日向に咲く – 青天の霹靂

関連項目
太田プロダクション – 竜兵会 – スープレックス – 光が丘大サーカス – 大沢あかね – 大沢啓二

関連人物
有吉弘行 – ビビる大木 – バカリズム – 佐藤隆太 – ダチョウ倶楽部(肥後克広・寺門ジモン・上島竜兵) – 渡部建 – 土田晃之 – 中居正広

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=嫌われ松子の一生_(映画)&oldid=88969428」から取得
カテゴリ: 2006年の映画日本のドラマ映画日本のミュージカル映画日本のロマンティック・コメディ映画TBS製作の映画TOKYO FM製作の映画東宝製作の映画作品アミューズソフトエンタテインメント製作の映画ホリプロ製作の映画SDP製作の映画パルコの映画作品中島哲也の監督映画日本の小説を原作とする映画福岡県を舞台とした映画作品売春を題材とした映画作品

評価: 4~5 つ星
レビュー: 93 14
再生回数: 8535
[spincontent type=”j”]

映画『嫌われ松子の一生』予告 出演:中谷美紀/瑛太 Youtube

#中谷美紀 #瑛太 #伊勢谷友介
スタッフ
■監督:中島哲也

キャスト
■中谷美紀
■瑛太
■木村カエラ

あらすじ
昭和22年、川尻家の長女として福岡県に生まれた松子(中谷美紀)。やがて松子は教師になるが、教え子の龍(伊勢谷友介)が起こした窃盗事件がもとで辞職に追いやられてしまう。ここから、松子の転落人生がはじまった。作家志望の八女川(宮藤官九郎)と同棲するも、八女川は松子に激しい暴力をふるった上、自殺。その後八女川の友人・岡野(劇団ひとり)と不倫するが、岡野の妻にばれて破局。そして松子は中州のソープ嬢となり、店のトップになるのだが・・・。

この動画の本編映像はこちら!https://apple.co/3AUwLow
#嫌われ松子の一生 #中島哲也 #映画 #コメディ

2. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Yomiuri

Yomiuri
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3144
[spincontent type=”j”]

3. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Asahi Shimbun

朝日新聞
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 朝日新聞で検索した 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する上記の情報が、嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 10 01
[spincontent type=”j”]

4. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 The Japan Times

The Japan Times
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: ジャパン タイムズで検索した 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する記事のトップです。嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8702
[spincontent type=”j”]

5. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Yomiuri Shimbun

読売新聞
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する詳細情報はすでにありますか? 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8337
[spincontent type=”j”]

6. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Mainichi Shimbun

毎日新聞
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 毎日新聞で見つけた 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する上記の情報が、嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3434
[spincontent type=”j”]

7. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Sankei Shimbun

産経新聞
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 産経新聞で検索した 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する記事のトップです。嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6463
[spincontent type=”j”]

8. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9879
[spincontent type=”j”]

9. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Chunichi Shimbun

中日新聞
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 中日新聞で検索した 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する上記の情報が、嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2836
[spincontent type=”j”]

10. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Tokyo Shimbun

東京新聞
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1973
[spincontent type=”j”]

11. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8371
[spincontent type=”j”]

12. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 日刊工業新聞で見つけた 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する上記の情報が、嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2308
[spincontent type=”j”]

13. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Ainu Times

アイヌタイムス
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: アイヌ タイムズで検索した 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する記事のトップです。嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3952
[spincontent type=”j”]

14. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する詳細情報はすでにありますか? 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8984
[spincontent type=”j”]

15. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Chiba Nippo

千葉日報
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 千葉日報で検索した 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する上記の情報が、嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6974
[spincontent type=”j”]

16. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Chugoku Shimbun

中国新聞
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 中国新聞で検索した 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する記事のトップです。嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 82 16
[spincontent type=”j”]

17. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 Daily Tohoku

デイリー東北
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3998
[spincontent type=”j”]

18. 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

説明: イースタン クロニクルで検索した 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する上記の情報が、嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8126
[spincontent type=”j”]

嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 に関する質問

嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀

嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀
方法嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀
チュートリアル 嫌 われ 松子 の 一生 中谷 美紀
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: