あなたは 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 を共有します。 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大日本印刷株式会社Dai Nippon Printing Co., Ltd.

DNP市谷鷹匠町ビル(手前)とDNP市谷加賀町ビル(奥)。DNP市谷加賀町ビルは大日本印刷の本社にあたる。種類
株式会社機関設計
監査役会設置会社[1]市場情報
東証プライム 79121949年5月16日上場
大証1部(廃止) 79121957年 – 2012年1月2日
略称
DNP本社所在地
日本〒162-0062東京都新宿区市谷加賀町1-1-1設立
1894年(明治27年)1月19日業種
その他製品法人番号
5011101012069 事業内容
出版印刷、商業印刷、認証・セキュリティ、デジタルマーケティング、パッケージ、生活空間、エレクトロニクス、フォト・イメージング ほか代表者
北島義俊(代表取締役会長)北島義斉(代表取締役社長)宮健司(代表取締役専務)山口正登(代表取締役専務)資本金
1,144億6,476万円(2022年3月31日現在)売上高
連結:1兆3,441億4,700万円単体:9,341億8,600万円(2022年3月31日現在)営業利益
連結:667億8,800万円(2022年3月期)経常利益
連結:812億4,900万円(2022年3月期)純利益
連結:971億8,200万円(2022年3月期)純資産
連結:1兆1484億1,300万円(2022年3月期)総資産
連結:1兆8,766億4,700万円(2022年3月期)従業員数
連結:36,542名単体:10,082名(2022年3月31日現在)決算期
3月31日会計監査人
アーク有限責任監査法人主要株主
日本マスタートラスト信託銀行、日本カストディ銀行、第一生命保険、みずほ銀行[2]主要子会社
北海道コカ・コーラボトリング丸善CHIホールディングスインテリジェント ウェイブトゥ・ディファクト関係する人物
北島織衛北島元治佐久間貞一髙波光一(元代表取締役副社長)山田雅義(元代表取締役副社長)外部リンク
https://www.dnp.co.jp/テンプレートを表示大日本印刷株式会社(だいにっぽんいんさつ、英: Dai Nippon Printing Co., Ltd.、略称DNP)は、日本の総合印刷会社[3]。国内印刷業界2強(凸版印刷と大日本印刷)の一角。東京証券取引所プライム市場上場。日経平均株価の構成銘柄の一つ[4]。
企業理念「DNPグループは、人と社会をつなぎ、新しい価値を提供する。」
事業ビジョン「P&Iイノベーションにより、4つの成長領域を軸に事業を拡げていく。
ブランドステートメント「未来のあたりまえをつくる。」

概要[編集]
DNP五反田ビル(東京都品川区西五反田)
本社は東京都新宿区市谷加賀町。
1876年(明治9年)の創業以来の印刷技術と情報技術を強みとして、1950年代より他分野進出「拡印刷」事業を展開し[5]、建材分野へ進出したのに始まって、情報産業や生活産業のほか、ディスプレイや電子デバイスなどのエレクトロニクス分野にも進出し、世界トップシェアを獲得している製品もある[5]。最近では、環境、エネルギー、ライフサイエンス分野にも事業を拡大している。
拠点は日本を中心にアメリカ全土やロンドン、パリ、オランダ、上海、台湾、シンガポール、シドニーなど全世界に広がる。

主な事業部門と製品[編集]
情報コミュニケーション部門 – 印刷・加工、認証・セキュリティ、マーケティング・プロモーション、BPO・業務効率化、決済・EC、企業コミュニケーション、出版・電子出版・教育、メディア企画、フォト・イメージング
生活・産業部門 – 食品・飲料向け包装材、生活用品向け包装材、生活空間、モビリティ、ヘルスケア・ライフサイエンス
エレクトロニクス部門 – 機能性フィルム、産業部材・資材、ディスプレイ部品・部材、精密機器部品・部材
清涼飲料部門 – 炭酸飲料、非炭酸飲料など一般生活者向けの主なウェブコンテンツ[編集]
レシーピ! – レシート読み取り対応のスマートフォン向け無料家計簿アプリ。
レシーピ!あるかうメモ – 買い物メモアプリ。レシーピ!の姉妹アプリとして2015年7月15日に配信開始。
honto – 電子書籍と紙の書籍、両方を販売するハイブリッド型総合書店。
よみっち – ケータイ小説配信サイト
Dsvision.jp – ニンテンドーDSで楽しめるコミック、書籍、アニメ、映画、ドラマ、音楽などのコンテンツ配信サイト。
DreamPages – フォトブック、フォトアルバム、写真集の作成サイト。
オトナ女子部 – 20代女性を中心ターゲットとしたライフスタイル提案型Webプラットフォーム。
エルネ – インターネット無料ポイントサービス。
エルネパーク – Twitterでのつぶやきからフェアトレードを応援。
アートスケープ – 1995年に開設した「Museum Information Japan (MIJ)」と、インターネット’96ワールドエキスポへの出展サイト「network museum & magazine project(nmp)」を統合してスタートした「美術館・博物館と生活者を結ぶメディア」。1998年11月16日号から、artscapeに名称変更された。
ルーヴル – DNP ミュージアムラボ – ルーヴル美術館とDNPによる美術作品の新しい鑑賞方法を提案する共同プロジェクト。観覧予約も。
メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス – フランスの美術館・博物館を紹介するサイト。
DNP文化振興財団 – ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)/dddギャラリー/現代グラフィック・アートセンター(CCGA)の紹介。
FOTOLUSIO – セルフプリント機プリントラッシュの設置場所検索など。
丸善&ジュンク堂書店 – 丸善、ジュンク堂書店の店舗案内、在庫検索など。
mirai.DNP – mirai.DNP
FUN’S PROJECT - クリエイター共創サービス。クリエイター向け教育コンテンツ配信、カスタマイズECサイト 他。
May ii(メイアイ) – 手助けの可視化アプリ社外からの評価[編集]
2012年(平成24年)10月 – 日本科学技術連盟 第7回品質経営度調査 3位
2012年(平成24年)9月 – 日本経済新聞社 働きやすい会社ランキング2012 34位
2012年(平成24年)3月 – インテグレックス 第11回インテグレックスアンケート 企業の誠実さ・透明性(倫理性・社会性)調査 15位
2012年(平成24年)1月 – 日本総合研究所 わが国企業のCSR経営動向調査2011にて 「社会的責任経営の進んだ企業」
2012年(平成24年)1月 – Sustainable Asset Management SAM Corporate Sustainability Assessment 2012 にて「Sustainability Leaders 2011 / 2012」
2011年(平成23年)11月 – Carbon Disclosure Project カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト2011 11位/国内214社
2011年(平成23年)9月 – 日本経済新聞社 働きやすい会社ランキング2011 27位
2011年(平成23年)3月 – インテグレックス 第10回インテグレックスアンケート 企業の誠実さ・透明性(倫理性・社会性)調査 8位
2011年(平成23年)1月 – 日本経済新聞社 第14回環境経営度調査 21位
2011年(平成23年)1月 – 日刊工業新聞社 第7回企業力格付け 7位
2010年(平成22年)10月 – 日本科学技術連盟 第6回品質経営度調査 5位
2010年(平成22年)9月 – 日本経済新聞社 働きやすい会社ランキング2010 13位
2010年(平成22年)5月 – トランスペアレンシー・ジャパン 2009年度、日本企業の倫理度上位30社 4位
2010年(平成22年)3月 – インテグレックス 第9回インテグレックスアンケート 企業の誠実さ・透明性(倫理性・社会性)調査 9位
2010年(平成22年)1月 – 日刊工業新聞社 第6回企業力格付け 24位DNPは国内外のSRIインデックスに組み入れられている。

Dow Jones Sustainability Indexes
FTSE4Good
Ethibel Investment Register
モーニングスター社会的責任投資株価指数
Sustainable Asset Management前身[編集]
秀英舎。1915年頃
前身は1876年(明治9年)10月9日に創立した秀英舎である。1935年(昭和10年)2月26日に日清印刷と合併し、大日本印刷となった。その後も日本精版(現・大阪工場)、弘益印刷(現・DNP中部)、北日本印刷(現・DNP北海道)などと合併して全国規模に拡大した。
秀英舎は佐久間貞一を中心に宏仏海、大内青巒、保田久成が共同出資して、活版での印刷会社として東京京橋の弥左衛門町に創立した。社名の名付け親は勝海舟で、「英国よりもすぐれた技術を身につけよ」との思いから命名された。佐久間が大教院の教会新聞発行を引き継ぎ、その印刷のために活版所を買い取ったのが由来である。秀英舎は主に新聞印刷や、中村正直の「西国立志編」の活版による再版などに代表される書物の印刷会社として発展した。
日清印刷は東京専門学校(後の早稲田大学)の印刷所として創立した。しかし、一般の印刷も引き受けるようになり、1907年(明治40年)に会社組織をつくり、工場も設置したのである。創立に関わったのは高田早苗らであった。1913年(大正2年)のオフセット印刷など、積極的な技術開発も試みた。

沿革[編集]
1876年(明治9年) – 前身の秀英舎創立。
1881年(明治14年) – 活字の自家鋳造を始める。翌年製文堂を創設し、活字販売を開始。
1886年(明治19年) – 市ヶ谷に約5,000坪の土地を入手し工場建設(新宿区における印刷工場の先駆け)[6]。
1907年(明治40年) – 高田早苗が榎町の 500 坪の敷地に早稲田大学出版部用の印刷工場「日清印刷」設立。秀英舎の技術者がかなり入って同社を盛り立てた[6]。
1935年(昭和10年) – 秀英舎と日清印刷が合併、社名を大日本印刷へ変更。
1948年(昭和23年) – 活字パントグラフ(ベントン母型彫刻機)を導入。活字母型製造の機械化。
1949年(昭和24年) – 東京証券取引所に上場。
1955年(昭和30年) – 『広辞苑』第1版を印刷。
1956年(昭和31年) – 出版社による初の週刊誌『週刊新潮』創刊号を印刷。
1957年(昭和32年) – 大阪証券取引所に上場(2012年〈平成24年〉1月2日上場廃止)。
1959年(昭和34年) – 『週刊少年マガジン』『週刊少年サンデー』創刊、印刷を受注。
1963年(昭和38年) – 北海道コカ・コーラボトリングを設立。
1972年(昭和42年) – シーティーエス大日本(DNPコミュニケーションデザインの前身の一つ)設立。大型汎用コンピュータによる組版電算写植の実用化。
1986年(昭和61年) – 銀座営業所(活字販売所)跡にギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)開設。
1994年(平成6年) – 公式ウェブサイト開設。
1998年(平成10年) – 台灣大日本印刷股份有限公司を設立。
2001年(平成13年) – DNPグループ21世紀ビジョンを策定。
2002年(平成14年)6月 – フォトマスク事業でSTマイクロエレクトロニクス社(スイス)と提携。合弁会社 DNPフォトマスクヨーロッパをイタリアに設立。
2003年(平成15年) – 市谷工場での活版印刷を終了。金属組版部門(1月)、活字鋳造部門(3月)を解散。
2004年(平成16年)10月 – 株式会社DNP北海道、株式会社DNP東北を設立。
2005年(平成17年)10月 – 株式会社DNP西日本を設立。
2006年(平成18年)
1月 – コニカミノルタホールディングス(現・コニカミノルタ)の証明写真事業等を買収。
9月 – DNP五反田ビルが完成(地上25階/地下2階、高さ118m)。
2007年(平成19年) – 図書館流通センターと業務提携・資本提携。
2008年(平成20年)
7月 – DNP文化振興財団を設立。
8月 – 丸善の株式を取得し連結子会社化。
2009年(平成21年)
3月 – ジュンク堂書店の株式を取得し連結子会社化。
11月 – DTP向けに秀英体ファミリーの一般販売を開始。秀英明朝Lをモリサワから発売。
11月 – 大口製本印刷を連結子会社化。
2010年(平成22年)
2月 – 図書館流通センターと丸善を統合しCHIグループ(現・丸善CHIホールディングス)を設立。
4月 – インテリジェント ウェイブの株式を取得し連結子会社化。
5月 – 文教堂グループホールディングスの株式を取得し連結子会社化。
9月 – 迪文普企業諮詢(上海)有限公司を設立。
10月 – 株式会社DNPオフセットと株式会社DNP製本を経営統合し、株式会社DNP書籍ファクトリーを設立。
11月 – hontoを開設
2011年(平成23年)
2月 – ジュンク堂書店と雄松堂書店をCHIグループに経営統合。
2月 – 中部事業部と株式会社DNP東海を統合し、株式会社DNP中部を設立。
2012年(平成24年)
1月 – 市谷地区再開発1期棟「南館」完成。
4月 – DNPベトナム設立。
7月 – DNP IMSマレーシア(現・DNPイメージングコムアジア)設立。
8月 – 日本ユニシス(現・BIPROGY)の株式を取得し、持分法適用関連会社化。
2013年(平成25年)8月 – DNPタイ設立。
2014年(平成26年)
3月 – 株式会社主婦の友社の株式を追加取得し連結子会社化。
6月 – 日本の企業として初の企業名型gTLD「.dnp」の運用を開始[7]。
7月 – 株式会社DNP北海道、株式会社DNP東北、株式会社DNP中部、株式会社DNP西日本の4社を会社分割し、営業部門を当社に統合。
10月 – DNPすまいみらい研究所設立。
2015年(平成27年)
4月 – 紀伊國屋書店と共同で、出版流通イノベーションジャパンを設立。
8月 – 田村プラスチック製品株式会社の株式を取得し、DNP田村プラスチック株式会社として連結子会社化。DNP市谷加賀町ビルが完成(地上25階/地下4階、高さ125m)[8]。
2016年(平成28年)
1月 – 市谷地区再開発「DNP市谷鷹匠町ビル」完成。
3月 – インドネシアのWahyu Kartumasindo Internationalと共同でICカード発行の合弁会社PT.Wahyu DNP Bureauを設立。
10月 – 株式会社DNPメディアクリエイト、株式会社DNPデジタルコム、株式会社DNP映像センターを統合し、株式会社DNPコミュニケーションデザインを設立。
11月1日 – DNPマルチペイメイトサービスでLuLuCaを先行導入。
2017年(平成29年)
2月 – 株式会社DNPデジタルソリューションズを設立。
2月10日 – DNPマルチペイメイトサービスを開始。
2018年(平成30年)4月 – SIG Combiblocグループ(スイス)との合弁で新会社DNP・SIG Combiblocを設立。
2020年(令和2年)3月 – 株式会社JTBプランニングネットワークの株式を取得し、株式会社DNPプランニングネットワークとして連結子会社化。歴代社長[編集]
歴代の大日本印刷社長

代数
氏名
出身校
初代
増田義一
東京専門学校政治科
第2代
青木弘
なし
第3代
佐久間長吉郎
東京帝国大学法学部経済科
第4代
北島織衛
東京帝国大学法学部英法科
第5代
北島義俊
慶應義塾大学経済学部
第6代
北島義斉
慶應義塾大学経済学部
特徴[編集]
M&A[編集]
近年は、既存事業に関連する会社を中心としてM&Aを積極的に行い、規模を拡大している。

証明写真事業等[編集]
2006年(平成18年)10月、コニカミノルタホールディングス(現・コニカミノルタ)が写真フィルム・印画紙事業から撤退したことに伴い、これらの事業を譲り受けた[9]。現在は子会社のDNPフォトイメージングジャパンを中心として同事業を行っている。

教育・出版流通事業[編集]
2008年(平成20年)に丸善、ジュンク堂書店、図書館流通センターを次々に子会社化した。また、2009年(平成21年)には新古書店最大手ブックオフコーポレーションに出資し持分法適用関連会社とした[10]。その他、2009年(平成21年)に出版社の主婦の友社を持分法適用関連会社に(2014年(平成26年)に連結子会社化)、2010年(平成22年)には文教堂グループホールディングス、洋書販売の雄松堂書店(2016年(平成28年)2月に丸善が合併し、現・丸善雄松堂)を相次いで連結子会社化するなど、出版流通業界再編のキーマンになりつつある。
2010年(平成22年)2月には子会社の丸善、図書館流通センターを統合し、CHIグループ(現・丸善CHIホールディングス)を設立した[11]。また、同じく子会社のジュンク堂書店及び雄松堂書店についても、2011年(平成23年)2月にCHIグループに参加させた[12]。
2010年(平成22年)11月、CHIグループと共同で国内最大級のハイブリッド型総合書店hontoを開設した[13]。コミックから文芸・ノンフィクション、ビジネス書など、数多くのジャンルの本を取り揃え、PC・iPhone(iPod touch含む)・iPad・ドコモスマートフォン・ドコモのブックリーダーに対応している。一般書籍向けに提供する電子書籍閲覧用ソフトhonto BOOKは、電子書籍の標準的なフォーマットへの対応に加え、画像系電子書籍に対応する大日本印刷独自の「Image Viewer」を内蔵。コミックについては専用の閲覧用ソフトhonto COMICを利用する。hontoは、2011年(平成23年)1月よりエヌ・ティ・ティ・ドコモとの共同出資会社2Dfactoで運営している。

日本ユニシスとの業務提携[編集]
2012年(平成24年)8月、三井物産が保有する日本ユニシスの普通株式の一部20,726,410株(発行済株式総数の約18.90%、議決権割合 約22.08%)を取得し、日本ユニシスを持分法適用関連会社とした。急速に拡大するIT社会に対応するため、幅広いITリソース・ノウハウの強化が重要として、IT基盤の整備・強化の観点から総合的に検討した結果、三井物産の保有する日本ユニシスの普通株式を取得し、日本ユニシスとの間で業務提携を行うことが企業価値向上に資すると判断したもの。

秀英体[編集]
過去には活字供給を手掛け、その書体は前身・秀英舎の名から秀英体(秀英型)と呼ばれる。活字の二大潮流として東京築地活版製造所による築地体と並び称され、ポイント制活字、ベントン母型といった変革を経て、写植書体やビットマップフォント、アウトラインフォント、OpenTypeフォントとして覆刻・改刻され、使用され続けている。
秀英舎の創業当時、印刷局と築地活版から活字を購入していたが、1881年(明治14年)、保田久成の創案のもと、字母(父型)を購入し活字の自家鋳造を開始、さらに1882年(明治15年)、山下町に製文堂を設置、それを本格化させた。
秀英体という呼称には製文堂が整備した号数活字の書体に加えてポイント活字として新規開発された数種の書体、戦後ベントン向けに開発された書体の二種が該当する。前者は、さらに初から四、六号の系と五号の系とに分類でき、前者は製文堂で開発された書体、後者は築地活版の明治10年代から20年代の五号活字をうけ、印刷局のかなを混合するなどして調整した書体であった。
父型の開発を始めたのが1890年代半ばであった。まず四号の開発から始まり、明治30年中葉に大体の完成を見せるが、開発は大正にまで及んだ。五号以外の初号から六号は、築地活版の活字をうけつつも、自社独自の風の書体であった。五号の系は1902年(明治35年)ごろ、新活字に改まった。
号数活字はサイズごとに書体が全て異なっていた。また二号から六号までには太かながあった。秀英舎の活字書体は、明朝体のラインナップがよく知られるが、そのほかにも、電気版などの図版、罫、ゴシックや隷行草などから髭文字などの雑書体の開発もなされていた。電気版は日露戦争の号外などで用いられ、雑書体は明治後期から第二次世界大戦前まで盛んに開発されていた。
明治終期に築地活版がポイント活字を提唱したのをうけ、ポイント活字の開発を行った同社は、外注などで号数を相当するサイズにほぼそのまま鋳込んだほかに、新設のサイズに書体を新しく作った。1948年(昭和23年)から60年後半に、四号・13ポイント活字を基にA1書体と呼ばれるベントンやパンチなどの機械式活字母型彫刻機向けの本文書体が新作された。
写植書体として、写研から初号活字を覆刻した「秀英明朝 (SHM)」が発売されたほか(1981年〈昭和56年〉)、モリサワから「秀英3号」、「秀英5号」のファミリーが発売された(モリサワの書体はコンピュータ・フォントとしても発売されている)。戦後のベントン書体は大日本印刷の印刷物に幅広く用いられ、大日本で印刷を続けていた印刷物を電子化する際に書体も大日本のものを合わせた。慣れた書体を使いたいという要望から電子書籍のソフトウェアに搭載したりするなどの展開が見られる。またディスプレイ向けに低解像度用の書体も開発されている。
2007年(平成19年)に「平成の大改刻」と称して、本文用の明朝3書体のリニューアル、見出し用書体「秀英初号明朝」のデジタル化に取り組んだ。2009年(平成21年)に「秀英明朝L」をモリサワから発売して以降、秀英体ファミリーが順次発売された。現在はモリサワの他に、フォントワークス、Adobe Fonts、Monotype社MyFontsからも提供・販売されている。

DNPenguin[編集]
事業内容は多岐にわたっているが、一般に社名から「印刷物を作る会社」とイメージされていることが多かった。電子書籍ストアなど生活者に提供するサービスが育ってきたこともあり、DNPのことを知ってもらう機会をつくることが課題となっていた。社外への情報発信と社内を盛り上げることを目的として、社名のDとNとPの3つの文字からできているDNPenguin(ディー エヌ ペンギン)というオリジナルキャラクターを開発(キャラクター企画は佐藤雅彦)。
2012年5月からインターネット上の「DNPenguin広報室[14]」や、新聞・テレビ・駅・デジタルサイネージなどさまざまなメディアに登場し、DNPの「未来のあたりまえをつくる。」活動の情報発信をしている。

日本人最高の報酬[編集]
2010年(平成22年)3月期の有価証券報告書で、在職30年社長の北島義俊の2010年(平成22年)3月期の報酬が7億8700万円だったと明らかになった。同社長は、前社長の北島織衛の長男。この報酬はこれまで明らかになった中では、日本人最高額である。報酬の内訳は、大日本印刷からの基本報酬が7億1000万円で大半を占めた。2010年(平成22年)3月期決算は、最終利益は232億円と、直近ピークの2006年(平成18年)3月期の3分の1程度の水準にとどまっているものの、前2009年(平成21年)3月期の最終赤字からは大幅に回復してはいる[15]。
また、トップと社員(従業員平均年収711万円)の「年収格差」は約100倍と、こちらも日本人トップとの差では最高であった[16]。

主な工場[編集]
body:not(.skin-minerva) .mw-parser-output .columns-list__wrappermargin-top:0.3embody:not(.skin-minerva) .mw-parser-output .columns-list__wrapper>ul,body:not(.skin-minerva) .mw-parser-output .columns-list__wrapper>olmargin-top:0body:not(.skin-minerva) .mw-parser-output .columns-list__wrapper–small-fontfont-size:90%
榎町工場 (東京都 新宿区)
赤羽工場 (東京都 北区)
王子工場 (東京都 北区)
小豆沢工場 (東京都 板橋区)
神谷ソリューションセンター (東京都 北区)
高島平ソリューションセンター (東京都 板橋区)
札幌工場 (北海道 札幌市)
北上工場 (岩手県 北上市)
仙台工場 (宮城県 仙台市)
泉崎工場 (福島県 西白河郡 泉崎村)
牛久工場 (茨城県 牛久市)
つくば工場 (茨城県 つくば市)
宇都宮工場 (栃木県 栃木市)
柏工場 (千葉県 柏市)
川口工場 (埼玉県 川口市)
上福岡工場 (埼玉県 ふじみ野市)
狭山工場 (埼玉県 狭山市)
鶴瀬工場 (埼玉県 入間郡 三芳町)
蕨工場 (埼玉県 蕨市)
久喜工場 (埼玉県 久喜市)
白岡工場 (埼玉県 白岡市)
横浜工場 (神奈川県 横浜市)
川崎工場 (神奈川県 川崎市)
小田原工場 (神奈川県 小田原市)
愛川工場 (神奈川県 愛甲郡 愛川町)
中津川工場 (岐阜県 中津川市)
名古屋工場 (愛知県 名古屋市)
亀山工場 (三重県 亀山市)
太秦工場 (京都府 京都市)
吉祥院工場 (京都府 京都市)
田辺工場 (京都府 京田辺市)
奈良工場 (奈良県 磯城郡 川西町)
寝屋川工場 (大阪府 寝屋川市)
門真工場 (大阪府 門真市)
小野工場 (兵庫県 小野市)
姫路工場 (兵庫県 姫路市)
岡山工場 (岡山県 岡山市)
三原工場 (広島県 三原市)
徳島工場 (徳島県 徳島市)
福岡工場 (福岡県 福岡市)
筑後工場 (福岡県 筑後市)
北九州工場 (福岡県 北九州市)
主な研究所[編集]
研究開発センター (千葉県 柏市)
技術開発センター (茨城県 つくば市)関係会社[編集]
DNPグループは、大日本印刷及び子会社139社、関連会社27社で構成されている[17]。

連結子会社[編集]
国内[編集]
丸善CHIホールディングス – 丸善・図書館流通センターの持株会社
hontoブックサービス – 電子書籍の取次及び販売
丸善ジュンク堂書店 – 書籍・雑誌・文具の販売
丸善出版 – 出版
丸善雄松堂 – 書籍・雑誌・文具の販売、西洋稀覯書・学術洋書の輸入販売
図書館流通センター – 図書販売、データ作成
北海道コカ・コーラボトリング – 飲料の製造、販売
インテリジェント ウェイブ – 情報システム・ソフトウェアの開発・保守
DNPアカウンティングサービス – 経理事務代行サービス
DNPテクノパック – 包装用品の製造。特定子会社
DNPファインケミカル – 化成品等の製造、販売
DNPロジスティクス – 貨物運送・倉庫業、梱包・発送業務
アセプティック・システム – 包装機械・充填機の製造、販売
有限会社エヌテック – 金型の製作
大口製本印刷 – 製本加工
サイバーナレッジアカデミー – セキュリティ技術者の訓練、養成
相模容器 – ラミネートチューブの製造
大日本商事 – 用紙、資材等各種商品の売買
ディー・エー・ピー・テクノロジー – AGCとの共同出資、工場用建物の賃貸
DNPアイディーシステム – 官庁系ICカード身分証作成機器・材料の販売
DNPアートコミュニケーションズ – 美術品画像・映像の企画、制作、販売
DNPイメージングコム – 熱転写用サーマルカーボンリボン、昇華型転写印刷
DNPエスピーソリューションズ – 各種広告宣伝物の企画、製造
DNPエリオ – 鋼板・アルミプリント等の金属板印刷、加工
DNPエル・エス・アイ・デザイン – 半導体製造用図面の設計、制作
DNPエンジニアリング – 印刷・工作機械の製造、販売
DNPグラフィカ – オフセット印刷・製本
DNP高機能マテリアル – リチウムイオン電池用部材の製造
DNPコミュニケーションデザイン – 企画・制作・製版・刷版
DNP四国 – 製版・印刷・製本
DNP書籍ファクトリー – 印刷・製本
DNP住空間マテリアル販売 – 建材製品の販売
DNP情報システム – 情報システムの企画、開発
DNP生活空間 – 製版・刷版・印刷・加工
DNP田村プラスチック – 自動車用品・各種プラスチック製品の製造販売
DNP中部 – 総務・経理事務等代行サービス
DNPデータテクノ – 各種帳票及びセキュリティ事業関連製品の製造、BPO事業
DNPデジタルソリューションズ – 情報システムの企画、設計、保守、運営
DNP東北 – 総務・経理事務等代行サービス
DNP西日本 – 総務・経理事務等代行サービス
DNPハイパーテック – ソフトウェア開発・販売
DNPヒューマンサービス – 人事事務代行サービス
DNPファインオプトロニクス – 電子精密部品の製造
DNPファインケミカル宇都宮 – 化成品材料、医薬品原薬等の製造、販売
DNPファシリティサービス – ビル設備の管理運営、スポーツ・厚生施設運営、警備
DNPフォトイメージングジャパン – 証明写真事業、写真用材料・部品の販売、オリジナルブックの製造・販売
Kフォトイメージ – 証明写真機事業
DNPプランニングネットワーク – 印刷物の企画・制作
DNPプレシジョンデバイス姫路 – 電子精密部品の製造
DNP包装 – 充填及び包装加工
DNP北海道 – 総務・経理事務等代行サービス
DNPホリーホック – フォトスタジオ運営、関連設備サービス
DNPメディア・アート – プリプレス、メディア制作
DNPメディアサポート – 印刷物の製造・販売
ディー・ティー・ファインエレクトロニクス – 電子精密部品の製造、販売
トゥ・ディファクト – ハイブリッド型総合書店hontoの運営
DNPメトロシステムズ – 情報システムの設計、開発、運用、保守
モバイルブック・ジェーピー – 電子書籍の取次及び販売
ライフスケープマーケティング – 食品・飲食物の購買・消費等に関する各種情報の調査・収集・提供
DNP・SIG Combibloc – 飲料及び液体食品向け無菌紙容器及び充填機器の販売海外[編集]
DNP America,LLC (アメリカ ニューヨーク)- 印刷物・電子精密部品の販売
DNP Asia Pacific Pte.Ltd. (シンガポール)- 東南アジア・オセアニア地域の統括
DNP Corporation USA (アメリカ ニューヨーク)- 事業会社への投資
DNP Denmark A/S (デンマーク カールスルンデ)- 電子精密部品の製造、販売
DNP Holding USA Corporation (アメリカ デラウェア)- 事業会社への投資
DNP Imagingcomm America Corporation (アメリカ ノースカロライナ)- 熱転写リボンの加工、販売
DNP Imagingcomm Asia Sdn. Bhd. (マレーシア ジョホール)- 熱転写リボンの加工、販売
DNP Imagingcomm Europe B.V. (オランダ ハールレム)- 熱転写リボンの加工、販売
DNP Photo Imaging Europe SAS (フランス ロワシー)- 写真用材料・部品の販売
DNP Photo Imaging Russia, LLC(ロシアモスクワ)- フォト関連製品の販売
DNP Photomask Europe S.p.A (イタリア アグラテ)- 電子精密部品の製造、販売
DNP Taiwan Co.,Ltd. (台湾 タイペイ)- 電子精密部品の販売
DNP Vietnam Co.,Ltd. (ベトナム ビンズン)- 包装用品の製造、販売
PT DNP Indonesia (インドネシア ジャカルタ)- 包装用品の製造、販売
Sharingbox SA(ベルギーブリュッセル)- イベント事業への機能性フォトブースの提供
Tien Wah Press(Pte.) Ltd. (シンガポール)- 印刷物の製造、販売非連結子会社[編集]
ビジュアルジャパン( 87.0%) – コンピュータソフトウェア開発・販売・保守。小学館も資本参加。
エヌビーシー – 印刷物等の発送事務代行業務
先端機能画像医療研究センター(51.1%) – 遠隔画像診断サービス事業
アットテーブル(66.7%) – 食品スーパー等の製造・販促に関する調査、コンサルティング、企画
DNPテクノリサーチ – 特許関係の調査、契約書の作成
DNPビジネスパートナーズ – オフィスサービス関連の事務業務
DNP Korea Co., Ltd.(大韓民国 ソウル) – 電子精密部品の販売
迪文普企業諮詢(上海)有限公司 – 中国市場・事業化の調査他
迪文普国際貿易(上海)有限公司 – 印刷物等の販売、フォト関連製品の販売
迪文普舒適空間(上海)新材料有限公司 – 印刷物の販売
迪文普成像技術(上海)有限公司 – 印刷物の販売
DNP Singapore Pte. Ltd. – 電子精密部品・建材の販売
DNP Europa GmbH – 建材・印刷物の販売
Dai Nippon Printing Co. (Australia) Pty. Ltd. – 印刷物の販売持分法適用関連会社[編集]
日本ユニシス – コンピュータシステム、ネットワークシステムの開発
ブックオフグループホールディングス – グループ会社の経営管理及びそれに付帯する業務
DICグラフィックス- 印刷インキ等の製造・販売
教育出版 – 教科書・教材品の編集、販売
PSP株式会社 – 病院内システムの企画・研究・開発・販売・保守
MK Smart Joint Stock Company – カード及びビジネスフォームの製造・販売
台灣美日先進光罩股份有限公司 – 半導体フォトマスクの製造・販売
Photronics DNP Mask Corporation Xiamen(中国廈門) – 半導体フォトマスクの製造・販売
PT. Wahyu DNP Bureau – カードの発行サービス不祥事[編集]
2007年(平成19年)2月21日、同社が扱うJACCSカード会員の個人情報15万件が流出していたことが明らかとなった。警視庁は同社がソフト開発を委託した企業に勤務していた元プログラマを窃盗の容疑で逮捕している。
2007年(平成19年)3月12日、同容疑者により、同社が販促用ダイレクトメール業務委託を受けて預かっていた個人情報の一部、43社分の個人情報863万件以上が流出していたことが明らかとなった[18]。
2008年(平成20年)10月31日、大手食品加工メーカー伊藤ハムは、東京工場(千葉県柏市)にて製造された商品(ソーセージ)の一部からトルエンが検出された問題で、大日本印刷の関連会社DNPテクノパック 狭山工場が製造した包装用フィルムにトルエンが残留していたことが原因と発表した[19]。
2011年(平成23年)12月5日、DNP C&I事業部で手掛けていたソリューションの 公衆無線LANを用いた情報配信サービス 「connectFree」(コネクトフリー)で[20]、利用者のFacebook、TwitterのアカウントIDやAmazonのアフィリエイトリンクの書き換えを行なっていたことが判明した[21]。このため、「MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店」で提供していたサービス[22] を中止した[23]。関連人物[編集]
青木弘 – 大日本印刷社長(1941年〜1943年在任)
北島織衛 – 大日本印刷社長(1955年〜1979年在任、青木弘の三男。養子に入った北島家を継ぐ)
北島義俊 – 大日本印刷社長(1979年〜2018年在任、北島織衛の長男[24])
北島義斉 – 大日本印刷社長(2018年就任、北島義俊の息子[25])
北島元治 – 大日本印刷常務取締役(北島義俊の息子[25])関連事業[編集]
大日本印刷イーグルス – かつて存在した男子バスケットボールチーム。
サービスデザイン推進協議会、環境共創イニシアチブ – 経済産業省2020年持続化給付金事業や総務省マイナポイント事業等の公共政策ないし公共事業受託に関する、電通等による媒介諸団体。大日本印刷も再々々受託などの形で関わっているが、クローズアップされたサービスデザイン推進協議会経由の持続化給付金事業における同大日本印刷の外注費などは明らかになっていない[26][27]。CM出演者・提供番組[編集]
CM出演者[編集]
現在

濱田岳過去

鈴木光提供番組[編集]
テレビ[編集]
ワールドビジネスサテライト(テレビ東京系列:2021年度 – )REALIZE GROUPと隔日交替。ラジオ[編集]
INNOVATION WORLD(J-WAVE)
村上RADIO(TOKYO FM)過去
テレビ

報道ステーション SUNDAY(テレビ朝日系列:2011年10月2日 – 2017年4月2日)脚注[編集]
[脚注の使い方]出典[編集]

^ コーポレート・ガバナンス – 大日本印刷株式会社

^ “コーポレートガバナンス (PDF)”. p. 3 (2019年6月27日). 2020年3月20日閲覧。

^ “アニュアルレポート2010”. 大日本印刷 (2010年7月30日). 2011年2月26日閲覧。

^ 構成銘柄一覧:日経平均株価 Nikkei Inc. 2021年10月8日閲覧。

^ a b “戦後日本のイノベーション100選 現代まで 拡印刷(PETボトル用無菌充填システム)”. koueki.jiii.or.jp. 公益社団法人発明協会. 2020年4月15日閲覧。

^ a b 新宿区印刷業界の歴史と思い出『勃興期から終戦まで康文社印刷所時代を回顧して』 沢田 巳之助、印刷史談会〈33〉

^ 生活者と“未来のあたりまえを作る。”コミュニケーションサイト『ドットDNP』開設 大日本印刷(2014年6月18日)

^ DNP市谷加賀町ビル (PDF) 東芝ライテック株式会社

^ “小田原サイトの譲渡について”. 大日本印刷 (2006年7月10日). 2009年9月30日閲覧。[リンク切れ]

^ “印刷業界はもうダメだ!?近頃大日本印刷がお盛んなワケ”. 日刊サイゾー (2009年8月3日). 2009年9月30日閲覧。

^ “DNPグループの教育・出版流通事業強化に向けた子会社3社の経営統合と書籍販売における業務提携について”. 大日本印刷 (2009年9月29日). 2010年10月9日閲覧。

^ “新体制に関するお知らせ”. CHIグループ (2011年2月1日). 2011年2月26日閲覧。

^ “トゥ・ディファクトによる電子書籍サービスを開始”. 大日本印刷 (2011年1月11日). 2011年2月26日閲覧。[リンク切れ]

^ DNPenguin広報室[リンク切れ]

^ 大日本印刷、在職30年社長の報酬7億8700万円 日本人トップ – SankeiBiz(サンケイビズ) – SankeiBiz 2010年6月29日[リンク切れ]

^ 朝日新聞 2007年7月10日3面「トップ>社員 年収差100倍は3社」

^ “第124期有価証券報告書 (PDF)”. 大日本印刷株式会社 (2017年6月29日). 2018年6月28日閲覧。

^ “個人情報の流出に関するお詫びとお知らせ”. 大日本印刷 (2007年3月12日). 2009年9月30日閲覧。[リンク切れ]

^ “検出トルエン、お詫びとお知らせ”. 大日本印刷 (2008年11月2日). 2009年9月30日閲覧。[リンク切れ]

^ [1] connectFree(コネクトフリー):ソリューション紹介|DNP C&I事業部[リンク切れ]

^ [2] 公衆無線LAN「コネクトフリー」、ユーザー情報を無断収集していたとして謝罪

^ [3] 公衆無線LANを利用する生活者向けプッシュ型情報配信サービスを開始

^ [4] 無料の無線LAN「connectFree」、ユーザーからTwitter IDや閲覧URLなど無断取得

^ ゴーン社長の役員報酬8.9億円は「もらい過ぎ」か | エコノMIX異論正論 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

^ a b 大日本印刷株式会社 – コーポレート・ガバナンスの状況 (出版,印刷,同関連産業) – 有報リーダー 〜有価証券報告書オンライン閲覧サービス〜[リンク切れ]

^ 皆川剛 (2020年6月6日). “給付金事業 電通7社に154億円 パソナへの外注費は明かさず” (日本語). 東京新聞. 2020年6月19日閲覧。

^ “コロナ・持続化給付金、電通が巨額税金“中抜き”疑惑…パソナと“トンネル法人”設立” (日本語). ビジネスジャーナル. 2020年6月19日閲覧。

参考文献[編集]
『七十五年の歩み 大日本印刷株式会社史』大日本印刷、1952.5(執筆=川田久長)
片塩二朗『秀英体研究』大日本印刷、2004
大日本印刷『P&I Solutions for your life』2004
内田明「秀英舎(製文堂)の五号平仮名は明治30年代半ばに急激なモデルチェンジを遂げる」『引き続き日本語練習中』2005
府川充男撰輯『聚珍録–圖説=近世・近代日本〈文字-文化〉文化史』第三篇、三省堂、2005外部リンク[編集]
大日本印刷株式会社表話編歴東京2020公式スポンサーワールドワイドオリンピックパートナー
コカ・コーラ(日本コカ・コーラ)
airbnb
アリババグループ(アリババ株式会社)
アトス
ブリヂストン
ダウ・ケミカル(ダウ・ケミカル日本)
GE(日本GE)
インテル(インテル株式会社)
オメガ(オメガ・ジャパン)
パナソニック
P&G(P&Gジャパン)
サムスン(日本サムスン)
トヨタ自動車
Visa(VJAグループ)ワールドワイドパラリンピックパートナー
アトス
ブリヂストン
コカ・コーラ(日本コカ・コーラ)
パナソニック
サムスン(日本サムスン)
トヨタ自動車
Visa(VJAグループ)東京2020オリンピック・パラリンピックゴールドパートナー
アサヒビール
アシックス
キヤノン
ENEOS
東京海上日動
日本生命
NEC
NTT
野村ホールディングス
富士通
みずほフィナンシャルグループ
三井住友フィナンシャルグループ
三井不動産
明治
LIXIL東京2020パラリンピックゴールドパートナー
アリババグループ(アリババ株式会社)
オメガ(オメガ・ジャパン)
P&G(P&Gジャパン)東京2020オリンピック・パラリンピックオフィシャルパートナー
味の素
アース製薬
EF Education First
エアウィーヴ
キッコーマン
KNT-CTホールディングス
JTB
シスコシステムズ
セコム
ANA
ALSOK
大日本印刷
大和ハウス工業
東京ガス
東京メトロ
TOTO
東武トップツアーズ
凸版印刷
成田国際空港
日清食品ホールディングス
日本郵政
日本空港ビルデング
日本航空
JR東日本
久光製薬
三菱電機
ヤマトホールディングス
リクルート
読売新聞
朝日新聞
日本経済新聞
毎日新聞東京2020パラリンピックオフィシャルパートナー
airbnb

東京2020オリンピック・パラリンピックオフィシャルサポーター
AOKIホールディングス
アグレコ
ECC
EY
KADOKAWA
Google
コクヨ
清水建設
TANAKAホールディングス
テクノジム
東武タワースカイツリー
乃村工藝社
パーク24
パソナ
ボストン・コンサルティング・グループ
丸大食品
モリサワ
Yahoo! JAPAN
産経新聞
北海道新聞東京2020パラリンピックオフィシャルサポーター
オットーボック

表話編歴グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン加盟企業・団体理事
キッコーマン
リコー
MS&ADインシュアランスグループホールディングス
伊藤忠商事
三菱商事
住友商事準理事
オムロン
日本郵船製造
アサヒグループホールディングス
富士フイルムビジネスイノベーション
王子ホールディングス
坂口電熱
日産自動車
セイコーエプソン
三菱重工業
資生堂
オリンパス
日本製紙
住友化学
シチズン時計
花王
日本電気
キリンホールディングス
コスモエネルギーホールディングス
アンリツ
三菱ケミカルホールディングス
ユニ・チャーム
旭化成
大日本印刷
凸版印刷
タクマ
ニコン
タムロン
トプコン
三井化学
ENEOSホールディングス
タムラ製作所
ダイキン工業
コマツ
コニカミノルタ
横河電機
IDEC
日立製作所
DOWAホールディングス
武田薬品工業
積水化学工業
JSR
ライオン
サラヤ
荏原製作所
味の素
レンゴー
富士通
富士電機
マルハニチロ
沖電気工業
タカハタプレシジョンジャパン
南開工業
ユー・エム・シー・エレクトロニクス
錦城護謨
ウシオ電機
信越化学工業
DIC
カシオ計算機
シスメックス
帝人
リンテック
堀場製作所
ローム
ヤマハ
日清オイリオグループ
原田鋼業
ルビコン
京セラ
アステラス製薬
TOTO
INPEX
ミネベアミツミ
日本板硝子
サクラパックス
日本ケミコン
ヒロセ電機
NISSHA
第一三共
ハギワラソリューションズ
横浜ゴム
テルモ
EIZO
ノーリツ
不二製油グループ本社
ファンケル
東京エレクトロン
LIXILグループ
フジクラ
サッポロホールディングス
グローリー
ナブテスコ
アデランス
セガサミーホールディングス
ダイフク
愛媛パッケージ
住友理工
NTN
デサント
カネカ
日本ガイシ
中西金属工業
自重堂
日本電産
マンダム
アンコール・アン
プリプレス・センター
サントリーホールディングス
フロイント産業
ヤマグチマイカ
澤田
日本光電工業
トッパン・フォームズ
SCREENホールディングス
極東開発工業
日本特殊陶業
大塚ホールディングス
フォスター電機
ポーラ・オルビスホールディングス
三栄源エフ・エフ・アイ
ネスレ日本
高砂香料工業
日清食品ホールディングス
コーセー
浜松ホトニクス
参天製薬
小野薬品工業
ヤマハ発動機
エーザイ
マツダ
ロート製薬
シャープ
東芝
森永乳業
キューズ
ジーエス・ユアサコーポレーション
東洋アルミニウム
大日精化工業
日産化学
イトーキ
フタムラ化学
コマニー
アイカ工業
本多通信工業
TOYO TIRE
竹田印刷
サトーホールディングス
明治ホールディングス
東ソー
三菱自動車工業
アドバンテスト
日本ゼオン
オイレス工業
出光興産
塩野義製薬
小林製薬
島津製作所
トクヤマ
太陽化学
江崎グリコ
三井海洋開発
川崎重工業
日本新薬
東洋紡
ブラザー工業
古河電気工業
内野
オカムラ
藤本化学製品
グンゼ建設
住友林業
鷹羽建設
千代田化工建設
清水建設
大林組
新菱冷熱工業
大成建設
コンステックホールディングス
大和ハウス工業
高砂熱学工業
積水ハウス
新日本空調
鹿島建設
アースシグナル
ダイダンインフラ
大阪ガス
東京ガス
ジャパン・リニューアブル・エナジー情報・通信
朝日新聞社
SCSK
三菱総合研究所
BIPROGY
伊藤忠テクノソリューションズ
日本アジアグループ
野村総合研究所
キッズスター
ファイバーフロンティア
フジ・メディア・ホールディングス
TIS
AZAPA
FOSCHIA JAPAN
QUICK運輸
商船三井
ANAホールディングス
ヤマトホールディングス
三菱倉庫
三井倉庫エクスプレス
日本航空
東急
アチハ
川崎汽船
センコーグループホールディングス卸売・小売
イオン
三井物産
富士メガネ
双日
おおとり
黒田電気
セブン&アイ・ホールディングス
丸紅
良品計画
アスクル
ファミリーマート
富士商
J.フロント リテイリング
浜屋
ファーストリテイリング
テクノアソシエ
岩瀬コスファ
カーギルジャパン金融・保険
東京海上ホールディングス
三井住友トラスト・ホールディングス
SOMPOホールディングス
三菱UFJフィナンシャル・グループ
みずほフィナンシャルグループ
三井住友フィナンシャルグループ
りそなホールディングス
住友生命保険
大和証券グループ本社
住友三井オートサービス
第一生命保険
オリックス
野村ホールディングス
T&Dホールディングス
日本生命保険
農林中央金庫
明治安田生命保険
芙蓉総合リース
東京センチュリー
新生銀行不動産
ダイビル
三菱商事・ユービーエス・リアルティ
東急不動産ホールディングス
三菱地所
三井不動産
野村不動産ホールディングス
京阪神ビルディング複合サービス
日本郵政サービス
アミタホールディングス
博報堂DYホールディングス
フルハシEPO
アデコ
クレアン
インパクトジャパン
アイ・シー・アイ
電通
ニッセイエブロ
ベネッセホールディングス
コーユーレンティア
イースクエア
プランニング・ホッコー
東武トップツアーズ
ポジティブ
デロイトトーマツコンサルティング
エッジ・インターナショナル
DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン
ピー・アンド・イー・ディレクションズ
ピープルフォーカス・コンサルティング
メンバーズ
大谷清運
アルメックVPI
コーエイリサーチ&コンサルティング
PwCアドバイザリー
N.T.トータルケア
ビジネスコンサルタント
セコム
エコロジーパス
SDGパートナーズ
レックス・インターナショナル
日経ビーピーコンサルティング
エコツーラボ
みらかホールディングス
日総工産
リビエラホールディングス
あかつき
日本工営
地盤ネットホールディングス
vKirirom Japan
かいはつマネジメント・コンサルティング
ネットラーニングホールディングス
内海産業
タナベ経営
川内美登子・植物代替療法研究所
ベイカレント・コンサルティング教育・学習支援
ウィルソン・ラーニング ワールドワイド自治体・大学・その他
川崎市
中日本高速道路
国際基督教大学
日本サッカー協会
同志社女子大学
西日本高速道路
同志社大学
東日本高速道路
道普請人
ボランティアプラットフォーム
関西学院大学
日本能率協会
明治学院大学
上智大学
日本印刷産業連合会
日本CFO協会
地球環境戦略研究機関
国際協力NGOセンター
電気安全環境研究所
日本食品分析センター
ACE
成蹊大学
全日本大学サッカー連盟
ワールド・ビジョン・ジャパン
日本品質保証機構
大阪府立千里高等学校
筑波大学
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
武蔵野大学附属千代田高等学院・千代田女学園中学校
難民を助ける会
全国社会保険労務士会連合会
国際開発センター
学校法人聖学院
ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サスティナブル・サプライチェーン
学校法人国際学院
学校法人服部学園御茶の水美術専門学校
学校法人相愛学園 相愛中学校・高等学校
岩井医療財団
プラン・インターナショナル・ジャパン
あと会
日本海事協会
地球市民の会
笹川平和財団
学校法人大阪夕陽丘学園
日本建築センター
壱岐市役所
国際開発機構
典拠管理
BNF: cb15543115k (データ)
GND: 10190581-6
ISNI: 0000 0004 1793 0167, 0000 0001 2105 7071
LCCN: n80040573
NDL: 00277698
VIAF: 123591742, 147742599
WorldCat Identities: lccn-n80040573, lccn-n80042009

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=大日本印刷&oldid=91436405」から取得
カテゴリ: 大日本印刷日本の印刷業者東証プライム上場企業1949年上場の企業日本の多国籍企業日経平均株価新宿区の企業市谷1894年設立の企業芙蓉グループ登録商標19世紀の日本の設立隠しカテゴリ: 外部リンクがリンク切れになっている記事/2020年10月Columns-list/列幅が指定されていない記事BNF識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 5263
再生回数: 4998
[spincontent type=”j”]

【就活】大日本印刷の有価証券報告書で企業研究! Youtube

企業研究にお困りの方は、ココナラへどうぞ!
↓↓↓
https://profile.coconala.com/users/1016462

有価証券報告書の見るポイントは ”3つ” だけです!
3.事業の内容
5.従業員の状況
3.経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析

2. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Yomiuri

Yomiuri
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1232
[spincontent type=”j”]

3. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Asahi Shimbun

朝日新聞
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 朝日新聞で検索した 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する上記の情報が、大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1421
[spincontent type=”j”]

4. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 The Japan Times

The Japan Times
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: ジャパン タイムズで検索した 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する記事のトップです。大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 32 14
[spincontent type=”j”]

5. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Yomiuri Shimbun

読売新聞
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する詳細情報はすでにありますか? 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4244
[spincontent type=”j”]

6. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Mainichi Shimbun

毎日新聞
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 毎日新聞で見つけた 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する上記の情報が、大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9539
[spincontent type=”j”]

7. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Sankei Shimbun

産経新聞
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 産経新聞で検索した 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する記事のトップです。大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7866
[spincontent type=”j”]

8. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5829
[spincontent type=”j”]

9. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Chunichi Shimbun

中日新聞
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 中日新聞で検索した 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する上記の情報が、大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4183
[spincontent type=”j”]

10. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Tokyo Shimbun

東京新聞
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4995
[spincontent type=”j”]

11. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 64 19
[spincontent type=”j”]

12. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 日刊工業新聞で見つけた 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する上記の情報が、大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8122
[spincontent type=”j”]

13. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Ainu Times

アイヌタイムス
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: アイヌ タイムズで検索した 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する記事のトップです。大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 57 17
[spincontent type=”j”]

14. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する詳細情報はすでにありますか? 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8244
[spincontent type=”j”]

15. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Chiba Nippo

千葉日報
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 千葉日報で検索した 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する上記の情報が、大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2389
[spincontent type=”j”]

16. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Chugoku Shimbun

中国新聞
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 中国新聞で検索した 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する記事のトップです。大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2384
[spincontent type=”j”]

17. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 Daily Tohoku

デイリー東北
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8164
[spincontent type=”j”]

18. 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

説明: イースタン クロニクルで検索した 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する上記の情報が、大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 48 10
[spincontent type=”j”]

大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 に関する質問

大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書

大 日本 印刷 有価 証券 報告 書
方法大 日本 印刷 有価 証券 報告 書
チュートリアル 大 日本 印刷 有価 証券 報告 書
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: