あなたは 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 を共有します。 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .pathnavboxclear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%.mw-parser-output .pathnavbox ullist-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0.mw-parser-output .pathnavbox>ulmargin:0.mw-parser-output .pathnavbox ul limargin:0小田急電鉄 > 小田急ハイウェイバス

画像提供依頼:小田急ハイウェイバス発足後の車両、営業所の画像提供をお願いします。(2022年3月)小田急ハイウェイバス株式会社Odakyu Highway Bus, Co., Ltd.

小田急ハイウェイバスの高速バス車両種類
株式会社本社所在地
日本〒156-0051東京都世田谷区若林二丁目39番4号[1]本店所在地
〒160-0023東京都新宿区西新宿一丁目8番3号[2]設立
2000年8月1日[2](小田急箱根高速バス株式会社)業種
陸運業法人番号
1011101030223事業内容
一般乗合旅客自動車運送事業一般貸切旅客自動車運送事業自動車運行及び車両管理請負業旅行業[1]代表者
代表取締役社長 田島 寛之[1]資本金
5,000万円[1]純利益
▲5億4234万5000円(2022年03月31日時点)[3]総資産
6億6034万6000円(2022年03月31日時点)[3]従業員数
218人(2022年1月1日現在)[1]決算期
3月31日主要株主
小田急電鉄 100%外部リンク
https://odakyu-highway.jpテンプレートを表示小田急ハイウェイバス株式会社(おだきゅうハイウェイバス、英: Odakyu Highway Bus, Co., Ltd.)は、東京都世田谷区に本社を置く小田急グループのバス事業者である[1]。高速バスおよび貸切バスの運行、小田急バス若林営業所管内の一般路線バスの受託運行などを事業内容とする。

概要[編集]
小田急グループの小田急箱根高速バス株式会社が小田急シティバス株式会社を2022年1月1日付で吸収合併し、「小田急ハイウェイバス」へ商号変更した[2][4][5]。
両者はともに小田急電鉄のターミナル駅である新宿駅を拠点として高速バス事業を展開し、小田急箱根高速バスは御殿場・箱根方面、小田急シティバスは木更津方面などを主要路線とする。小田急グループ内の高速バス事業会社2社を統合再編することで、営業所の集約などにより経営資源を集中して経営基盤の強化を図ることを目的に企業合併を行った[4]。
小田急グループ内のバス事業者の2社合併による企業統合ではあるが、前身の2社は全く異なる出自を持つ。バス業界では近年、分離子会社の再統合と親会社への吸収合併が頻繁に行われているが、同じグループ内とはいえ出自の全く異なる事業者を合併させるのは珍しく、その点において特筆される[6]。

小田急箱根高速バスは、元は小田急ロマンスカーを補完する目的で、小田急電鉄直営のバス部門(高速自動車課)として1969年6月6日に開設されたものである。詳細は「小田急箱根高速バス」を参照
小田急シティバスは、小田急バスの全額出資により同社の完全子会社として2000年(平成12年)2月1日に設立された[7][8]。小田急バスが行っていた高速バス事業を移管し、また小田急バス若林営業所管内の一般路線を委託するために設立された[7][8]。小田急シティバスの親会社であった小田急バスは、元は小田急グループとは全く関係ない「武蔵野乗合自動車」というバス会社で、戦後に小田急グループ入りして社名変更したという歴史的経緯を持つ[9][10][11]。武蔵野乗合の小田急グループ入りは1950年で、戦後の大東急解体により小田急グループ入りした神奈川中央交通より後である。1954年にグループ入りした立川バスともども小田急グループ内では「外様」である小田急バスが、同社の高速バス事業と若林営業所管内の一般路線を移管するため設立した子会社であった。詳細は「小田急バス#営業エリアについて」、「小田急バス#沿革」、および「小田急シティバス」を参照
2021年12月1日付の小田急電鉄のニュースリリースで、小田急ハイウェイバスの本社は、小田急シティバスの本社所在地(世田谷区若林2丁目39番4号)に置かれ、合併後の新会社は小田急電鉄の100%子会社となることが発表された[4]。この合併に伴う路線統合などは行わず、合併後も両社の事業を引き継いで運行路線はそのまま継続し、当面は従来と同様のサービスを提供するとしている[4]。小田急シティバスが小田急バスから委託を受けていた一般路線は小田急ハイウェイバスで引き続き受託する[1][6]。また同時に、新会社の拠点は小田急シティバス世田谷営業所と小田急箱根高速バス御殿場営業所を引き継ぎ、世田谷営業所と御殿場営業所の2営業所体勢とすることが発表された[4][6]。なお、小田急箱根高速バス経堂営業所の今後の扱いについては同リリースでは明記されていない。
しかしながら新型コロナウイルス感染症の影響により、新会社設立・営業開始早々から夜行高速バス路線の運休を余儀なくされた。2022年1月5日から三原線「エトワール・セト号」、翌1月6日から高知線「ブルーメッツ号」を運休。同年1月31日からは岐阜線「パピヨン号」、翌2月1日からは秋田線「フローラ号」、広島線「ニューブリーズ号」が運休となった[12]。

営業所[編集]
本社・世田谷営業所
所在地 – 東京都世田谷区若林二丁目39番4号[4]
旧・小田急シティバス本社・世田谷営業所
小田急バス若林営業所[13]を併設する。
御殿場営業所
所在地:静岡県御殿場市東田中1138番地13[14]
旧・小田急箱根高速バス御殿場営業所過去の営業所[編集]
経堂営業所
所在地 – 東京都世田谷区東京都世田谷区宮坂3丁目1番60号
旧・小田急箱根高速バス経堂営業所
2022年3月31日をもって閉鎖[15]沿革[編集]
小田急ハイウェイバス発足以前の沿革については、以下の項目を参照。

小田急バス若林営業所#沿革、小田急シティバス#沿革
小田急箱根高速バス#概要2022年1月1日:小田急箱根高速バス株式会社が小田急シティバス株式会社を吸収合併し、小田急ハイウェイバス株式会社に商号変更[1][2][4][5][6]。高速路線[編集]
高速路線バスは、小田急箱根高速バスから継承した御殿場・箱根地区を結ぶ昼行路線と、小田急シティバスから継承した夜行高速路線および木更津方面の昼行路線がある。
東京駅発着(新宿南口経由)のニューブリーズ号を除き、夜行路線の定期便はハイアットリージェンシー東京・新宿南口(バスタ新宿)を起終点としている。2016年4月4日のバスタ新宿開業に伴い、一部の便を除いてバスタ新宿に停車するようになった。
〈〉内は共同運行会社。
以下、【】内は2010年6月15日から箱根地区の路線バスに導入された路線記号[16]。

小田急箱根高速バスから継承[編集]
箱根線[編集]
バスタ新宿に向かう箱根線
『新世紀エヴァンゲリオン』ラッピングが施された山内シャトル専用車
【W】:新宿高速バスターミナル・新宿駅西口(上りのみ)・池尻大橋 – 東名高速道路の各バス停留所 – 東名御殿場 – 御殿場駅 – 乙女峠 – 箱根仙石 – 箱根桃源台 – 箱根園 – 箱根小田急山のホテル
【W】:東名御殿場 – 御殿場駅 – 乙女峠 – 箱根仙石 – 箱根桃源台 – 箱根園 – 箱根小田急山のホテル(山内シャトル便)
新宿高速バスターミナル・新宿駅西口(上りのみ)・池尻大橋(上りのみ) – 東名御殿場 – 御殿場プレミアム・アウトレット – ホテルクラッド・木の花の湯(ホテルクラッド線)
超特急:新宿高速バスターミナル・新宿駅西口(上りのみ)・池尻大橋 -東名江田(上り降車専用 下りは通過) – 東名御殿場 – 御殿場駅路線概要箱根への観光の他、鉄道での乗り継ぎの便が悪い新宿 – 東名御殿場・御殿場駅間など都市間輸送でも広く利用されている。
一般的な高速バス路線と異なり、都内の新宿高速バスターミナル – 池尻大橋間を除いて乗降制限(クローズドドアシステム)がなく、東名高速道路上では並行する東名ハイウェイバス、東名御殿場 – 箱根小田急山のホテル間では箱根登山バスの補完的役割(近距離輸送)を併せ持つ。
東名御殿場 – 箱根小田急山のホテル間は同地区を走る箱根登山バスと同様に、箱根フリーパスなどの小田急グループの箱根地区フリー乗車券での乗車が可能である。また、その他区間もフリーパスを提示すると割安で乗車できる。
予約制だが、空席があれば予約なしでも乗車可能(乗車券は車内発券)。
交通新聞社発行の『高速バス時刻表』では当路線が「予約定員制」(=自由席)となっているが、実際には座席が指定(=予約指定制)される。
往復割引券や回数券が発売されているが、定期券は発売されていない。
自社直営の窓口での片道乗車券の購入及び当日空席がある場合の車内(乗務員による取り扱い)での片道乗車料金の支払いに、PASMO・Suicaなどの交通系ICカードが利用可能である。
山内シャトル便は通常の路線バスとして運行される。そのため予約制ではなく、前乗り・前降り・運賃後払い(高速バス車両での代走時は運賃先払い)である[17]。路線沿革2004年3月28日 – 同日まで、新宿駅 – 元箱根間(小田原厚木道路、箱根湯本駅、箱根新道経由)の経路が存在した(末期は上り便のみの設定)。
2004年4月1日 – 長らく箱根側の起終点は箱根桃源台であったが、一部便の起終点を「箱根小田急山のホテル」まで延伸[18]。またこの延伸の際に箱根エリアの観光活性化のため、かつては箱根山戦争で因縁のあった小田急グループと西武グループが協力する一環として、途中の西武系の箱根園にも乗り入れを開始した。
2011年10月13日 – 上り便(新宿行)において用賀パーキングエリアで用賀駅への乗り継ぎサービスを開始(これに先立つ実証実験を2010年5月21日から2011年3月まで実施)。
2013年9月1日 – 深夜特急の運行を開始(下りのみ)。
2015年10月1日 – 同日乗車分より、当線の座席予約システムをJRバス系の「高速バスネット」に移行。
2018年6月1日 – 上りの初便が新宿駅西口止まりとなる(後に新宿高速バスターミナルまでの運行に戻る)。また、上りの超特急が東名江田への停車を開始(降車専用)[19]。
2019年12月1日 – 東名御殿場 – 箱根桃源台 – 箱根園 – 箱根小田急山のホテル間の一般道区間のみ運行する「山内シャトル便」を運行開始(合計上下8便)[20]。
2019年年12月15日 – 新宿高速バスターミナル – 東名御殿場 – 御殿場プレミアム・アウトレット – ホテルクラッド・木の花の湯間の直行便を運行開始(上下2便)[20]。
2021年3月16日 – 座席予約システムを「発車オ〜ライネット」に変更。
2021年3月25日 – 御殿場営業所窓口と富士山御殿場・はこね観光案内所(御殿場駅箱根乙女口)にて自動券売機の供用開始。羽田線[編集]
【V】:羽田空港・横浜駅東口 – 東名秦野・東名大井・東名松田・東名山北・東名小山・東名足柄・御殿場インター前・御殿場駅・箱根仙石案内所・仙郷楼前・仙石高原・南温泉荘・箱根桃源台路線概要京浜急行バスと共同運行。
箱根線とは異なり、クローズドドアシステムを採用している。
羽田空港 – 横浜駅間のみの利用はできない。また、東名秦野 – 箱根桃源台間は、下り便は降車・上り便は乗車のみの扱いである。
羽田空港行は予約定員制(空席があれば予約なしでも乗車可能)、羽田空港発は便指定制(当日カウンターもしくは自動券売機で便指定の乗車券を購入可能)である。
箱根線と同様に、自社直営の窓口での片道乗車券の購入及び当日空席がある場合の車内(乗務員による取り扱い)での片道乗車料金の支払いに、PASMO・Suicaなどの交通系ICカードが利用可能である。
座席予約システムは京浜急行バスの「高速バス予約サービス」を使用。路線沿革2004年7月12日 – 羽田空港 – 東名御殿場・御殿場駅間で運行開始。
2005年7月20日 – 箱根桃源台へ路線延長。東名大井から東名足柄までの各バス停留所も停車開始。
2013年3月16日 – 東名秦野バス停への停車を開始。
2021年3月25日 – 御殿場営業所窓口と富士山御殿場・はこね観光案内所(御殿場駅箱根乙女口)にて自動券売機の供用開始。アウトレット線[編集]
専用車で運行される御殿場プレミアム新宿号
御殿場プレミアム新宿号:新宿高速バスターミナル・新宿駅西口(上りのみ)・池尻大橋(上りのみ) – (無停車) – 御殿場プレミアム・アウトレット – ホテルクラッド・木の花の湯路線沿革2010年3月13日 – 後述のツアーバスに加えて、新宿行きの高速路線バスの運行を開始。
2015年10月1日 – 同日乗車分より、座席予約システムをJRバス系の「高速バスネット」へ移行。
2016年11月1日 – アウトレット行きも運行を開始し、東名御殿場停留所を新設[21]。
2018年6月1日 – ダイヤ改正により東名御殿場停留所が廃止[22]。
2022年6月1日 – ホテルクラッド・木の花の湯まで延伸。高速バス停留所[編集]
停留所名

箱根線

御殿場プレミアム新宿号

羽田線

所在地
特急・シャトル

超特急

深夜特急

直通
新宿高速バスターミナル





東京都

渋谷区
新宿駅西口





新宿区
池尻大橋





目黒区(下り) / 世田谷区(上り)
羽田空港






大田区
横浜駅東口






神奈川県

横浜市西区
東名向ヶ丘






川崎市宮前区
東名江田






横浜市青葉区
東名大和






大和市
東名綾瀬






綾瀬市
東名厚木






厚木市
東名伊勢原






伊勢原市
東名秦野






足柄上郡中井町
東名大井






足柄上郡大井町
東名松田






足柄上郡松田町
東名山北






足柄上郡山北町
東名小山






静岡県

駿東郡小山町
東名足柄







東名御殿場






御殿場市
御殿場インター前







御殿場プレミアム・アウトレット







ホテルクラッド・木の花の湯







御殿場駅




温泉会館前


乙女峠


富士屋仙石ゴルフ場

神奈川県

足柄下郡箱根町
乙女口


金時神社入口


太郎平


金時登山口


箱根仙石


仙石原小学校前


箱根ハイランドホテル前


箱根ガラスの森


箱根仙石案内所


仙石文化センター前


川向


仙郷楼前


台ヶ岳


仙石高原


東京放送入口[注釈 1]


南仙石原


箱根カントリー入口


姥子温泉入口


温泉荘


パレスホテル箱根前


南温泉荘


公園管理事務所前


白百合台


箱根レイクホテル前


箱根桃源台


湖尻

ピクニックガーデン

箱根園ゴルフ場

箱根園

箱根小田急山のホテル

凡例●・○:上下線共乗降可能
▼・▽:下り乗車・上り降車のみ
▲:下り降車・上り乗車のみ
■:下り乗車のみ
★・☆:下り降車のみ
◆:上り降車のみ
|:通過
∥:非経由このうち白抜き記号(○、▽、☆)の停留所は一部の便のみ停車

冨士霊園 直通墓参バス(ツアーバス)[編集]
冨士霊園に向かうふじやま号
ふじやま号:新宿駅南口(小田急サザンタワー) – 冨士霊園(特定日のみ運行)
ふじやま号:町田駅 – 冨士霊園(春彼岸・秋彼岸のみ運行)
ふじやま号:三鷹駅・調布駅 – 冨士霊園(春彼岸・秋彼岸のみ運行)路線概要・沿革墓参シーズンのみ季節運行される冨士霊園への直行バス。愛称は「ふじやま号」。貸切バス車両による募集型企画旅行(ツアーバス)の運行形態を取る。2022年1月に公開された小田急ハイウェイバスの新しい公式ウェブサイトでは、高速バス路線とともに紹介されている[23]。
2017年7月1日より、ふじやま号の新宿駅の乗車場所が新宿駅西口35番(小田急ハルク前)から新宿駅南口小田急サザンタワー1階ロータリーに変更された[24]。
2021年の催行分より、最少催行人員が15名となる。
2022年3月20日・21日の春彼岸より三鷹・調布発着便が設定された[25]。小田急シティバスから継承[編集]
夜行高速路線[編集]
フローラ号:大崎・新宿・大宮 – 秋田 〈秋田中央交通〉
パピヨン号:新宿 – 岐阜 〈岐阜乗合自動車〉
ルミナス号・マスカット号:新宿 – 津山・岡山・倉敷 〈関東バス・下津井電鉄・両備バス〉
エトワールセト号:新宿 – 福山・尾道・三原 〈中国バス〉
ニューブリーズ号:東京・新宿 – 西条・広島 〈中国ジェイアールバス〉以上の路線の詳細は、各路線の記事を参照。ブルーメッツ号:新宿 – 高知 〈とさでん交通〉
ブルーメッツ号概要・沿革
車両は、3列独立シートのエアロクィーンIまたはセレガSHDを使用する。1991年(平成3年)5月1日 – 運行開始。当初は吉祥寺営業所まで運行されていた。
2000年(平成12年)8月1日 – 小田急バスから小田急シティバスに移管[8]。吉祥寺乗り入れを廃止。
2008年(平成20年)12月1日 – 中央道経由から東名高速経由に変更し、学生割引を設定(渋滞状況により中央道経由で運行されることもある)。
2012年(平成24年)7月21日 – 御殿場JCT・三ケ日JCT間を新東名高速経由に変更。
2014年(平成26年)10月1日 – 土佐電気鉄道と高知県交通の事業統合により、両社の担当便がとさでん交通に移管。
2016年(平成28年)
4月4日 – バスタ新宿が開業し乗り入れ開始[注釈 2]。
10月1日 – とさでん交通一宮高知営業所廃止に伴い一宮バスターミナルに改称。高知側起終点を桟橋高知営業所に変更し、知寄町停留所を廃止。
2019年(平成31年)2月1日 – 運賃制度改定。カレンダー運賃と早トク割引の導入、往復割引の廃止。
2020年(令和2年)4月8日 – 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、この日の出発便から当面の間運休となる[26]。昼行高速路線[編集]
新宿 – 木更津線(小田急電鉄復刻カラー)
袖ヶ浦・木更津線:バスタ新宿 – 木更津金田バスターミナル・袖ケ浦バスターミナル・木更津駅西口〈小湊鐵道〉[27][28]
袖ヶ浦・木更津線:木更津駅西口・袖ヶ浦バスターミナル・木更津金田バスターミナル → 角筈二丁目・新宿駅西口(土休日最終便のみ)
三井アウトレットパーク線:新宿駅西口 – (無停車) – 三井アウトレットパーク木更津〈小湊鐵道〉[29]路線概要東京湾アクアラインを経由し、新宿駅と千葉県内を結ぶ昼行高速バス。小田急では「アクアライナー」ではなく、「アクアライン高速バス」「アクアライン号」などの呼称を用いている。
小田急シティバス設立から合併後の2022年3月31日までは原則として専用車(小田急グループ共通色のエアロエース)での運行されたが、4月1日の経堂営業所廃止以降は、旧・小田急箱根高速バスからの移管車両も運用に使用されるようになった。季節運行路線[編集]
しまんとエクスプレス 〈高知西南交通〉路線概要東京都新宿区・渋谷区と高知県宿毛市との間を結ぶ、繁忙期期間限定運行の夜行高速バス路線。ゴールデンウィーク・お盆・年末年始期間のみの季節運行。
運行区間:新宿 – 須崎・中村・宿毛路線沿革2007年7月31日 – 運行開始(同年9月2日まで。トイレなし車両による運行)。
2007年12月21日 – 2007年度年末年始期間の運行を開始(2008年1月7日まで)。今期よりトイレ付き車両による運行となる。
2008年4月28日 – 2008年ゴールデンウィーク期間の運行開始(同年5月7日まで)。
2008年8月6日 – 2008年お盆期間の運行開始(同年8月17日まで)。
2008年12月26日 – 2008年度年末年始期間の運行を開始(2009年1月6日まで)。
コミュニティバス[編集]
ここに挙げたもの以外にも、世田谷区コミュニティバスとして扱われている路線が複数存在する。一覧は世田谷区公式サイト「世田谷区のコミュニティバス」を参照。

小田急バス若林営業所管内(小田急ハイウェイバスが運行受託)では、経堂・八幡山路線〈経02系統〉、希望ヶ丘路線(千歳船橋ルート)〈歳25系統〉がある。「#経堂線」および「#船橋希望ヶ丘線」も参照
祖師谷・成城地域循環路線(せたがやくるりん)[編集]
「せたがやくるりん」の車両日野・ポンチョ
祖師ヶ谷大蔵駅北口 → 祖師谷商店街 → 塚戸南 → 上祖パンダ公園南 → 砧総合支所(成城学園前駅入口) → 砧図書館 → 祖師ヶ谷大蔵駅北口路線および運行内容の詳細は、世田谷区公式サイト「祖師谷・成城地域循環路線(せたがやくるりん)」を参照。
世田谷区のコミュニティバスで、「せたがやくるりん」という愛称が付けられている。2005年12月19日運行開始[30]。開業当初は小田急バスの路線(狛江営業所が担当)であったが、2006年11月より小田急シティバスに移管され[7]、一般路線では唯一の小田急シティバスの自社運行路線となった。路線移管に伴い、専用車両も狛江営業所から小田急シティバスへ転属した。
「せたがやくるりん」の乗り場は、東急バスのロータリーとは反対側の祖師ヶ谷大蔵駅北口。「ウルトラマン商店街」に進入し狭隘区間を通行するため、開業当初より小田急バスカラーの小型車が用いられ、初代車両は三菱ふそう・エアロミディMEであった[30]。専用車両として1台(B555号車。KK-ME17DF、2003年式)がラッピングバスとなり、小田急バスカラーの車両に虹色のパートラッピングが施された[31]。その後は代替により2代目車両として、小田急バスカラーの日野・ポンチョ(2ドアロングボディ)が使用されている。

一般路線[編集]
小田急バス若林営業所管内の一般路線の運行を受託している。いずれも小田急シティバスが小田急バスから受託していた路線で、小田急ハイウェイバス発足と同時に小田急シティバスから継承し、引き続き小田急バスから運行を受託する。

三軒茶屋線[編集]
下61系統の走行風景。中型車(いすゞ・エルガミオ)による運行
下61:北沢タウンホール – 下北沢駅前 – 代沢小学校 – 代沢十字路 – 三軒茶屋 – 上馬 – 駒沢陸橋路線沿革1950年11月10日 – 新宿三光町 – 幡ヶ谷 – 下北沢駅前 – 三軒茶屋間として開通。京王帝都電鉄と共同運行。
昭和40年代 – 下北沢引返所 – 野沢間に変更、小田急バス単独となる。
1990年 – 起点バス停名を「下北沢引返所」から「北沢タウンホール」へ改称。同時に行先表示を「下北沢駅」から「北沢タウンホール」へ変更。
1993年(平成5年)3月31日 – 野沢交番 – 駒沢陸橋間を延伸。
2001年(平成13年)1月16日 – 小田急シティバスが運行受託を開始。下北沢駅近くの北沢タウンホールから茶沢通り、玉川通り(国道246号)、環七通りを経由して、世田谷区と目黒区の境界付近にある駒沢陸橋まで結ぶ路線である。世田谷区内の集客力の高い商業地区である下北沢と三軒茶屋を一直線に結んでいる。
下北沢駅は駅前が狭くバスロータリーがないため、北沢タウンホールの敷地内に専用のバス発着所が設けられている。一方、反対側の駒沢陸橋には折り返し設備がなく、環七通りの陸橋下の側道に併設されているUターン路を利用して向きを変える。一部に三軒茶屋止まりも設定されているが、この便は世田谷通りや玉川通りなどを回送で走って折り返すようになっている。
また、三軒茶屋で歩行者天国の実施される日曜・祝日・振替休日は北沢タウンホール – 代沢十字路間の折り返し運行となるが、この場合は代沢十字路 – 若林営業所間を回送して若林営業所(小田急シティバス世田谷営業所)の敷地内で折り返しを行う。歩行者天国実施時間帯は代沢十字路 – 三軒茶屋間はバスの運行がなくなり、歩行者天国実施区間より南側の三軒茶屋 – 駒沢陸橋間も運行されなくなるので、通常時は本数が多いものの歩行者天国実施日の利用には注意が必要である。

本路線は若林営業所の路線の中では最も古いもので、もともとは大東急分割直後都内に路線バスを持たない小田急電鉄が苦労して漸く1950年6月に幡ヶ谷 – 大山町 – 下北沢駅前 – 代沢十字路 – 三軒茶屋間、および下北沢駅(旧南口) – 下北沢駅前間の免許を獲得したところへ同年8月に武蔵野乗合自動車の買収話があったため、武蔵野乗合自動車改め小田急バスにこの未開業線を無償譲渡して開業に漕ぎ着けたもの。当初は三軒茶屋 – 新宿三光町間を結び、京王帝都電鉄と共同運行を行っていた。その後、昭和40年代初頭に下北沢引返場 – 野沢銀座間に短縮され、さらに野沢交番、駒沢陸橋へと延長されている。駒沢陸橋への延伸は1993年3月に都営バス宿91系統が「野沢折返所」(現・サミットストア野沢龍雲寺店駐車場敷地)の廃止により発着点を変更したことに歩調を合わせて行われたものであるが、本路線は野沢交番発着時より駒沢陸橋下で折り返しを行っており、営業運行区間が若干延びたに過ぎない。「都営バス杉並支所#宿91系統」も参照
なお、駒沢陸橋は小田急バスと都営バスの折り返しの都合で新設された停留所であるため、並行する東急バス[注釈 3]環七線(森91系統:大森操車所 – 新代田駅前)は停車しない。2013年3月31日をもって都営バス宿91系統の駒沢陸橋発着便は廃止され、4月1日以降に駒沢陸橋で折り返す路線は下61系統のみとなった。

梅ヶ丘線[編集]
渋54:渋谷駅 – 駒場 – 淡島 – 代沢小学校 – 宮前橋 – 梅ヶ丘駅北口 – 六所神社前 – 経堂駅
渋54:渋谷駅 – 駒場 – 淡島 – 代沢小学校 – 宮前橋 – 梅ヶ丘駅北口(深夜バスも運行)路線沿革1954年(昭和29年)10月1日 – 渋谷駅 – 梅ヶ丘駅 – 経堂駅間として開通。
1970年代 – 渋谷駅 – 梅ヶ丘駅間に短縮。
2001年(平成13年)5月16日 – 小田急シティバスが運行受託を開始。
2003年(平成15年)10月16日 – 一部便を希望ヶ丘団地まで延長。
2009年(平成21年)8月31日 – 希望ヶ丘団地便を廃止し、夜間の一部の便を除き梅ヶ丘駅北口行きを経堂駅まで延長。渋谷駅から主に淡島通りや梅丘通りを経由して小田急小田原線梅ヶ丘駅・経堂駅まで結ぶ路線である。この路線は当初経堂駅 – 渋谷駅間で運行されていたが、1970年代に梅ヶ丘駅 – 渋谷駅間に短縮されたものである。開通間もない頃には、美空ひばりが車掌に扮した映画が撮影されている。
渋谷駅から淡島までは東急バス[注釈 3]。若林線(渋51・52系統)と並行している。以前は大型車運用の路線だったが、小田急シティバス委託開始の少し前から中型車運用の路線に変わった。現在、梅ヶ丘駅折返便では駅北口のロータリーで折り返しているが、かつては駅の南側で折り返し、小田急小田原線の複々線化工事の際には駅に程近い折り返し所で引き返していた時期もあった。
小田急小田原線の高架化による踏切解消後の2003年10月16日より、一部の便が梅ヶ丘駅北口から先、梅01の路線に入り、経堂・希望ヶ丘団地まで向かうようになった。さらに翌年の2004年12月1日からは、渋谷駅から道玄坂上までは(梅ヶ丘方向)道玄坂を上がらず、玉川通り(国道246号)経由に改められた。渋24系統(渋谷駅 – 成城学園前駅)と渋26系統(渋谷駅 – 調布駅南口)は変化がなく、道玄坂経由のままであるが、道玄坂で歩行者天国が行われる時と21時以降はこれらの2系統も玉川通り(国道246号)を経由する。
その後経堂駅の駅前広場の完成に伴い、2009年8月31日のダイヤ改正により希望ヶ丘団地行きが廃止され、夜間の一部便を除きほぼすべての便が梅ヶ丘駅北口から経堂駅まで延伸された。これにより概ね運行開始当初の路線に戻った形となった。

経堂線[編集]
(系統番号なし)若林営業所→宮前橋→梅ヶ丘駅北口(早朝1本のみ)
経01:経堂駅→経堂赤堤通り団地→希望ヶ丘団地→船橋小学校→千歳船橋駅
経01:千歳船橋駅→千歳台三丁目→希望ヶ丘記念公園→希望ヶ丘団地→経堂赤堤通り団地→経堂駅
経02:経堂駅 – 経堂赤堤通り団地 – 希望ヶ丘団地 – 上北沢二丁目 – 八幡山駅(世田谷区コミュニティバス「経堂・八幡山路線」、京王バス永福町営業所と共同運行)
梅01:梅ヶ丘駅北口→経堂駅→経堂赤堤通り団地→希望ヶ丘団地→船橋小学校→千歳船橋駅(早朝・夜間に1往復のみ「希望ヶ丘団地」折り返し便の設定あり)
梅01:千歳船橋駅→千歳台三丁目→希望ヶ丘記念公園→希望ヶ丘団地→経堂赤堤通り団地→経堂駅→六所神社前→梅ヶ丘駅北口(深夜バスも運行。土休日23時台の1本は「経堂駅」を通過。)
梅02:経堂駅 – 六所神社前 – 梅ヶ丘駅北口(経堂駅方面は平日の朝に2本、土休日の朝に3本、梅ヶ丘駅方面は土休日の夜間に一本のみ。)
歳22:千歳船橋駅→千歳台三丁目→希望ヶ丘記念公園→希望ヶ丘団地→粕谷一丁目→千歳台三丁目→千歳船橋駅(休日午後一本のみ)
歳24:千歳船橋駅→千歳台三丁目→希望ヶ丘記念公園→希望ヶ丘団地(深夜バスのみ、廃止)路線沿革2001年(平成13年)11月16日 – 小田急シティバスが運行受託を開始。
2002年(平成14年)3月1日 – 千歳船橋駅発の便を希望ヶ丘記念公園経由に変更。
2003年(平成15年)10月16日 – 深夜バス系統・歳24の運行を開始。
2009年(平成21年)8月31日 – 経01、梅02の運行を開始。
2014年(平成26年)1月16日 – 経02(世田谷区コミュニティバス「経堂・八幡山路線」)[32]の運行を開始。経堂線には環八通りを通る区間があり、その渋滞の影響を受けて遅延することが多かった。遅延の影響を抑えることと、駅から遠い千歳台地域の交通の便を確保するために複雑なルート設定になっている。
このため、経01系統は成城警察署前を除き、千歳台三丁目→廻沢→希望ヶ丘記念公園→千歳台四丁目は経堂駅方面のみ、船橋小学校→水道局前は千歳船橋駅方面のみが停車する形となっており、千歳船橋駅では折返場は使用せず、京王バス同様に高架下を通過して、桜丘5丁目付近を通って環八通りへとループする形で走行するが、桜丘5丁目や水道局前は通過し、成城警察署前まで無停車となっている。
歳22は、休日の午後14時台に一便のみ設定されており、希望ヶ丘団地まで経01と同ルートを走行した後、調布経堂停車場線を左折し、千歳温水プールや千歳清掃工場付近を通り、環八を渡って、天然ガススタンド前の交差点を左折し、廻沢通りを南下して再び千歳台三丁目へ合流し、成城警察署前や水道局前を経由して千歳船橋駅ヘと戻る循環路線となっている。
梅01系統は「水道辻」停留所より梅ヶ丘駅まではほぼ赤堤通りの上がルートになっているが、一旦赤堤通りから外れて経堂駅を通り、また赤堤通りに戻る。この部分に「赤堤小学校前」「大和橋」「経堂駅」「経堂駅入口」「ユリの木公園」「赤堤」の6箇所の停留所が設定されている。土休日の上り最終便だけは「経堂通過」と時刻表に掲載されているが、実際にはショートカットの形で赤堤通りを直進し、6停留所を経由せずに運行している。
経堂駅駅前広場の完成に伴う2009年8月31日のダイヤ改正により、経01(梅01の経堂駅以東をカット)、梅02(梅01の経堂駅以西をカット・出入庫系統)が新設され、ほとんどの便は経01による運行にシフトし、梅01は梅02と同様に、主に出入庫便として運行されるようになった。
また早朝夜間に1本だけ設定されている希望ヶ丘団地発着の梅01は、歳25の出入庫便である。歳22系統は、2009年夏までは日中のみ6便、約30分 – 2時間半おきに設定されていたが、2009年8月31日のダイヤ改正により休日の夕方1本のみに減便された。
梅01・経01の経路上、希望ヶ丘団地停留所から経堂駅方面の2つ目に「八幡山」という停留所があったが、京王線八幡山駅からは1km以上離れていた。この停留所は2016年4月11日に「希望ヶ丘東公園」へ改称された[33]2014年1月16日から、経02系統が新設された。世田谷区の公式サイトではコミュニティバス「経堂・八幡山路線<経02>」として扱われている[34][35]。京王バス永福町営業所との共同運行で、料金も京王バスに合わせている。平日は7時台 – 20時台、土休日は7時台 – 18時台の運行で、平日・土休日共に30分ヘッドでの運行。経堂駅から経01・梅01と同じルートを進み、「桜上水二丁目」を過ぎて「水道辻」(千歳船橋方面)の直前の交差点で左折し、希望ヶ丘通りへ入る。経02開業と同時に「すきっぷ前」停留所が八幡山駅方面のみ新設され、経堂駅方面は、経01系統などの本線系統にある「水道辻」停留所と位置が近いため設置されなかった。2016年10月17日のダイヤ改正より、経由地が船橋交番北経由から希望ヶ丘団地経由に変更となった。上北沢二丁目 – 八幡山駅 – 上北沢二丁目間は都立松沢病院を周回する片循環である。この路線の開業で、以前は希望ヶ丘団地で乗り換えが必要だった経堂駅周辺の商圏・赤堤地区と、上北沢・八幡山地区が一本で移動できることになった。

船橋希望ヶ丘線[編集]
歳25:千歳船橋駅 – 船橋地区会館 – 希望ヶ丘団地(世田谷区コミュニティバス「希望ヶ丘丘路線 千歳船橋ルート」)路線沿革2003年3月30日:運行開始。世田谷区の公式サイトではコミュニティバス「希望ヶ丘路線(千歳船橋ルート)」として扱われている[34][36]。荒玉水道道路をルートにしており、水道道路は埋設されている上水道管を保護する必要上、道路を走る自動車の重量に制限が設けられている。その重量制限の関係と世田谷特有の狭隘路もあり、小型バスによる運行(祖師谷・成城循環や調布市ミニバス東路線と同型車)となっている。希望ヶ丘団地では折り返しせず、周囲を循環するルートである。最終便のみ希望ヶ丘団地止まりで、到着後は梅01として梅ヶ丘駅北口まで運行し入庫する(早朝の始発便はその逆となる)。
元は土休日を含む全ての日の時間帯で30分ヘッドでの運行であったが、2020年4月1日に行われたダイヤ改正で減便され、始発が6時台に出た後、9時台、13時台、17時台の運行はなくなり、一部時間帯のみ30分ヘッドの運行となった。

新宿 – よみうりランド線(季節運行)[編集]
新宿駅発よみうりランド行き
新宿駅西口 → 角筈二丁目→東京オペラシティ南 → 幡ヶ谷駅 → 笹塚二丁目 → 笹塚駅 → (この間無停車) → 調布 → 矢野口駅東 → 京王よみうりランド駅 → よみうりランド
よみうりランド → 京王よみうりランド駅 → 矢野口駅東 → 調布駅北口 → (この間無停車) → 笹塚駅 →笹塚二丁目→ 幡ヶ谷駅 → 東京オペラシティ南 → 角筈二丁目 → 新宿駅西口
新宿駅西口 →角筈二丁目 → 東京オペラシティ南 → 幡ヶ谷駅 → 笹塚二丁目 → (この間無停車) → 宮前橋 → 若林営業所前路線沿革1989年(昭和64年) – 季節運行路線のため、すでにしばらくのあいだ運行されていなかったが、いったん休止路線に指定される。
2000年(平成12年)9月17日 – 路線を復活とした。所管営業所は吉祥寺営業所とされた。
2002年(平成14年)3月 – 所管営業所が若林営業所(小田急シティバス世田谷営業所)へ移管され、所管営業所も復帰した。
2019年(平成31年)3月1日 – 同日付の小田急バスからのお知らせで、6月の日曜・祝日ダイヤの日に1往復のみの運行に変更となることが発表される[37]。同時に入庫便となる若林営業所前行きも復活された。ただし、出庫便は回送されるため、片道のみの復活となった。毎年6月1日 – 6月30日の季節運行で、日曜・祝日ダイヤの日に1往復だけ運行される。笹塚二丁目 – 調布(調布駅北口)間は甲州街道(国道20号)・旧甲州街道を走り途中無停車であるが、それ以外の区間は重複する系統の停留所に停車する。2018年(平成30年)までは毎年3月16日 – 6月15日・9月16日 – 11月15日の季節運行で、日曜・祝日・振替休日に2往復と入庫2本だけの運行されていたが、2019年度より現在の運行形態となった。
本路線は小田急バスの一般路線の中で一番の長距離路線である(21.42km)。なお、毎日運行で最も長い小田急バス一般路線は 宿44(武蔵境駅南口 – 新宿駅西口)である(18.56km)。

よみうりランド行きは、調布駅北口ロータリーには乗り入れず、旧甲州街道沿いのにある「調布」停留所(セブン-イレブン調布小島1丁目店前)に停車する。なお、この「調布」停留所は初代調布駅があった場所(「調布銀座」商店街付近)で、武蔵野乗合自動車時代には同社のバス折返場があり、同社創業当時から残っている停留所の一つである。この「調布」停留所は毎日運行の一般路線も停車し、調布駅北口始発の吉06系統の吉祥寺駅行きと鷹56系統の三鷹駅行きが停車する。同ルートを走行する他の系統や京王バスの路線は通過する。「小田急バス#武蔵野乗合自動車の創業」も参照
新宿駅西口行きは、旧甲州街道沿いの西友調布店前にあった「調布駅北口」停留所に停車していた。西友前の「調布駅北口」停留所には境91系統の狛江駅北口行きのみが停車していたが、調布駅北口のロータリー整備完了に伴い、2020年11月16日から北口ロータリーへの乗り入れを開始し、西友前の停留所は廃止された。
若林営業所前行きは、笹塚二丁目を出ると環七通りを経由して「宮前橋」停留所まで直行し、代田橋、大原町、代田六丁目、新代田駅前、代田四丁目の各停留所には停車しない。
当路線がいったん休止される前にも若林営業所が担当しており、当時から季節運転路線であった。当時は系統番号が付されており、本線の新宿駅西口 – よみうりランド間が「宿50」系統、入出庫路線は「宿51」→「宿50-1」系統であった。若林営業所前発新宿駅西口行きの区間便も存在した[注釈 4]。

車両[編集]
2022年1月1日の合併時点で、自社車両57台(夜行高速車8台、昼行高速車39台、貸切車10台)、小田急バスからの受託車両27台(中型路線車24台、小型路線車3台)が在籍する[1]。同日時点での小田急箱根高速バス、小田急シティバスの在籍車両は、小田急ハイウェイバスへそのまま引き継がれている。
ここでは合併以前の車両の歴史については割愛する。小田急ハイウェイバス発足以前の車両の詳細については、それぞれ小田急箱根高速バス#車両、小田急シティバス#車両を参照のこと。

車両には登録番号とは別に社番が付与されており、旧・小田急箱根高速バスの車両は4桁の数字、旧・小田急シティバスの車両は小田急バス社番と付番規則が同じである。「小田急バス#社番」も参照
小田急グループ共通カラーにおける外観上の違いとして、旧・小田急箱根高速バスは小文字で odakyu と表記する(親会社の小田急電鉄と同様)。旧・小田急シティバスおよび小田急バス(貸切車・空港リムジン限定車)は大文字で ODAKYU と表記し、小田急バスの登録商標「犬マーク」を車体に掲げる。

御殿場営業所(旧・小田急箱根高速バス)[編集]
詳細は「小田急箱根高速バス#車両」を参照
御殿場営業所の所属車両のナンバープレートは富士山ナンバーである。高速車・貸切車とも原則として小田急グループ共通カラーを採用する。
小田急ハイウェイバス発足以前の車両の詳細については、小田急箱根高速バス#車両を参照。
三菱ふそう製の車両が所属する。

エアロクィーンII(スーパーハイデッカー)
エアロエース(ハイデッカー)
三菱ふそう・エアロスター[38]

小田急グループ共通カラー「odakyu」と小文字表記

ロマンスカー「GSEカラーバス」5181号車バスタ新宿にて

小田急電鉄時代の復刻カラーとなる1502号車

『新世紀エヴァンゲリオン』ラッピングが施された5162号車

世田谷営業所(旧・小田急シティバス)[編集]
詳細は「小田急シティバス#車両」および「小田急バス若林営業所#車両」を参照
世田谷営業所の所属車両のナンバープレートは世田谷ナンバー(ご当地ナンバー導入以前は品川ナンバー)である。
路線車は、小田急バス若林営業所からの委託車両である。車種などについての詳細は、小田急バス若林営業所#車両を参照。
高速車と貸切車は、小田急シティバスの車両を引き継いでいる。車種やカラーリングなどについての詳細は、小田急シティバス#車両を参照。

新宿 – 木更津線小田急グループ共通カラー「ODAKYU」と大文字表記、犬マーク付き

夜行高速バス「ニューブリーズ号」こけしを図案化した夜行高速カラー(青色)

脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ TBS箱根クラブ(保養所)の最寄り停留所。2020年10月に東京放送ホールディングスからTBSホールディングスに社名が変わっているが、停留所名の変更は行われていない。

^ 通常便(1号車)のみ。続行便に関しては従来通り。

^ a b 東急トランセ委託路線。

^ 1989年当時、若林営業所の玄関横の淡島通りに面して「小田急バス若林営業所 – 担当路線一覧表」の看板が建てられており、その看板の一覧表の枡には、当時の運行系統と系統番号一覧、営業距離・所要時分・始発および終発時分などが記入されていた。当路線は当時から季節運転路線であることに変わりはなく、一覧表の最下段と下から2段目に記されていた。上方に記されていた毎日運行路線は再編のたびに白塗りして書き換えられていたが、当路線は休止まで変更がなかったようで書き換えられた形跡がなく、その部分は黒の塗料が退色し判読し難くなり錆が浮き出ていたが、路線休止時に白塗りで修正された。

出典[編集]

^ a b c d e f g h i 企業情報 小田急ハイウェイバス株式会社、2022年3月1日閲覧。

^ a b c d 小田急ハイウェイバス株式会社の情報 国税庁 法人番号公表サイト、2022年3月1日閲覧。

^ a b 小田急ハイウェイバス株式会社 第22期決算公告

^ a b c d e f g “小田急グループの高速バス事業再編について (PDF)”. 小田急電鉄 (2021年12月1日). 2021年12月2日閲覧。

^ a b ニュース – 「小田急ハイウェイバス株式会社」スタートしました! 小田急ハイウェイバス株式会社、2022年1月24日

^ a b c d 鈴木文彦「小田急グループが高速バス事業を統合再編」『バスマガジン Vol.111』p.108、講談社ビーシー、2022年01月27日。ISBN 978-4-06-527033-2

^ a b c “会社情報 – 沿革”. 小田急シティバス (2018年6月11日). 2022年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月1日閲覧。

^ a b c “新宿 – 倉敷間夜行高速バス 小田急シティバスに移管”. 交通新聞 (東京都: 交通新聞社): p. 1. (2000年7月26日) 

^ 『バスジャパン ニューハンドブックシリーズ 31 小田急バス・立川バス』BJエディターズ/星雲社、2000年8月1日。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 4-7952-7796-6。 

^ 『バスジャパン ハンドブックシリーズ R65 小田急バス・立川バス』BJエディターズ/星雲社、2008年9月1日。ISBN 978-4-434-11565-3。 

^ 『バスジャパン ハンドブックシリーズ S98 小田急バス・立川バス』BJエディターズ/星雲社、2018年5月1日。ISBN 978-4-434-24614-2。 

^ 夜行高速バス運休情報 小田急ハイウェイバス株式会社、2022年2月9日、2022年3月1日閲覧。

^ 小田急バス若林営業所 小田急バス

^ “「小田急箱根高速バス創立15周年記念 親子バス教室 in 箱根の自然」を開催 (PDF)”. 小田急電鉄 (2015年5月29日). 2016年6月19日閲覧。

^ “経堂営業所の閉鎖について” (PDF) (プレスリリース), 小田急ハイウェイバス, (2022年3月24日), https://odakyu-highway.jp/wp-content/uploads/2022/03/20220325082111395.pdf 2022年3月24日閲覧。 

^ “箱根エリアバス路線の系統記号化を実施します (PDF)”. 箱根登山バス・小田急箱根高速バス・沼津登山東海バス (2010年6月8日). 2010年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月15日閲覧。

^ “箱根線・山内シャトル便(ご案内)”. 小田急箱根高速バス. 2019年12月18日閲覧。

^ “小田急箱根高速バスの歴史”. 小田急箱根高速バス. 2016年8月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月12日閲覧。

^ “小田急箱根高速バス時刻表上り【箱根・御殿場⇒新宿方面】 (PDF)”. 小田急箱根高速バス (2018年6月1日). 2018年7月19日閲覧。

^ a b “新宿~御殿場~箱根を結ぶ小田急箱根高速バスの利便性を向上 12月1日(日) 定時性・速達性を高めた新ダイヤを導入!!” (プレスリリース), 小田急箱根高速バス, (2019年11月23日), https://www.odakyu-hakonehighway.co.jp/files/news/2019.12.1(日)ダイヤ改正について.pdf 2019年12月8日閲覧。 

^ “ダイヤ改正のお知らせ”. 小田急箱根高速バス (2016年10月3日). 2016年11月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。

^ “ダイヤ改正のお知らせ (PDF)”. 小田急箱根高速バス (2018年6月1日). 2018年7月19日閲覧。

^ ふじやま号 小田急ハイウェイバス株式会社、2022年3月2日閲覧。

^ “小田急ふじやま号の発着場所変更について”. 冨士霊園 (2017年5月30日). 2020年7月10日閲覧。

^ “2022年ふじやま号運行日(1月~6月)” (PDF) (プレスリリース), 小田急ハイウェイバス, (2022年1月1日), https://odakyu-highway.jp/wp-content/uploads/2022/01/2022fujiyama.pdf 2022年3月20日閲覧。 

^ “【運休】小田急ハイウェイバス (夜行便)”. 小田急バス・小田急シティバス (2020年4月6日). 2020年4月14日閲覧。

^ アクアライン高速バス(袖ケ浦・木更津) 小田急ハイウェイバス、2022年3月2日閲覧。

^ 袖ヶ浦・木更津(アクアライン高速バス) 小田急バス、2022年3月2日閲覧。

^ アウトレット直行便

^ a b 祖師谷(祖師ヶ谷大蔵)・成城地域循環路線(せたがやくるりん)路線図 時刻表 祖師谷商店街「そしがやどっとこむ」、2019年6月6日閲覧。

^ 祖師谷・成城地域循環路線(せたがやくるりん) 世田谷区公式サイト

^ 経堂・八幡山路線<経02> 世田谷区、2020年10月1日更新

^ 4月11日 停留所名称変更のお知らせ 小田急バス、2016年3月31日

^ a b 世田谷区のコミュニティバス 世田谷区公式サイト、2018年3月15日、2018年7月21日閲覧。

^ 経堂・八幡山路線<経02> 世田谷区公式サイト、2016年10月17日、2018年7月21日閲覧。

^ 希望ヶ丘路線(千歳船橋ルート)〈歳25〉 世田谷区公式サイト、2016年10月17日、2018年7月21日閲覧。

^ 新宿駅西口~よみうりランド系統について 小田急バス、2019年3月1日

^ 2022年2月に引退になりました。

参考文献[編集]
『バスジャパン ニューハンドブックシリーズ 31 小田急バス・立川バス』BJエディターズ/星雲社、2000年8月1日。ISBN 4-7952-7796-6。 
『バスジャパン ハンドブックシリーズ R65 小田急バス・立川バス』BJエディターズ/星雲社、2008年9月1日。ISBN 978-4-434-11565-3。 
『バスジャパン ハンドブックシリーズ S98 小田急バス・立川バス』BJエディターズ/星雲社、2018年5月1日。ISBN 978-4-434-24614-2。 
鈴木文彦「小田急グループが高速バス事業を統合再編」『バスマガジン Vol.111』p.108、講談社ビーシー、2022年01月27日。ISBN 978-4-06-527033-2。関連項目[編集]

小田急箱根高速バスに関連するメディアがあります。
小田急バスと小田急シティバスに関連するメディアがあります。
ウィキメディア・コモンズには、小田急箱根高速バスに関連するカテゴリがあります。
ウィキメディア・コモンズには、小田急バスと小田急シティバスに関連するカテゴリがあります。小田急グループ
小田急箱根高速バス / 小田急シティバス – 前身会社
小田急バス
小田急バス若林営業所 – 本社・世田谷営業所を併設
小田急電鉄
小田急ロマンスカー
ふじさん – 新宿駅と御殿場駅を結ぶ特別急行列車。
はこね (列車)
小田急箱根ホールディングス
箱根登山バス
東急バス淡島営業所 – 本社近くに管轄の「若林折返所」がある。
京王バス永福町営業所 – 一般路線を共同運行。
世田谷区 – コミュニティバスを受託。外部リンク[編集]
小田急ハイウェイバス株式会社 – 公式サイト
【公式】小田急ハイウェイバス 都市間高速バス運行状況 (@odakyu_highway) – Twitter – 小田急シティバス時代から運用していた。
小田急シティバス株式会社 – YouTubeチャンネル
小田急シティバス株式会社 企業紹介動画 – YouTube – 2020年6月22日公開
世田谷区のコミュニティバス – 世田谷区公式サイト
祖師谷・成城地域循環路線(せたがやくるりん)
経堂・八幡山路線〈経02〉
希望ヶ丘路線(千歳船橋ルート)〈歳25〉表話編歴PASMO加盟事業者鉄道
小田急電鉄
京王電鉄
京浜急行電鉄
京成電鉄
相模鉄道
新京成電鉄
西武鉄道
東急電鉄
東京地下鉄
東武鉄道
伊豆箱根鉄道
江ノ島電鉄
▲関東鉄道
北総鉄道
埼玉高速鉄道
湘南モノレール
首都圏新都市鉄道
東葉高速鉄道
箱根登山鉄道
横浜高速鉄道
東京都交通局
横浜市交通局
多摩都市モノレール
秩父鉄道
▲千葉都市モノレール
舞浜リゾートライン
ゆりかもめ
横浜シーサイドラインバス
イーグルバス
伊豆箱根バス
江ノ電バス
小田急バス
神奈川中央交通
川崎市交通局
川崎鶴見臨港バス
関東バス
京王電鉄バス
京成バス
京急バス
国際興業バス
小湊鐵道
西武バス
相鉄バス
立川バス
千葉交通
東海バス
東京空港交通
東急バス
東武バス
朝日自動車
東洋バス
西東京バス
箱根登山バス
日立自動車交通
富士急行
船橋新京成バス
平和交通
山梨交通相互利用(片利用)
Suica(りゅーと – SAPICA – odeca – icsca)
ICOCA(PASPY – IruCa)
Kitaca
TOICA
SUGOCA(くまモンのIC CARD – エヌタスTカード)
nimoca
はやかけん
manaca
PiTaPa(LuLuCa)※新幹線乗車サービス
▽新幹線eチケット> タッチでGo!新幹線
▽EX-IC/スマートEX関連項目
パスモ
交通系ICカード全国相互利用サービス
首都圏ICカード相互利用サービス
FeliCa
乗車カード
電子マネー
パスネット
バス共通カード
せたまる
鉄道・バス兼業事業者は鉄道事業者として記載(鉄道未導入・他カード導入の場合を除く)
バス事業者は幹事事業者のみ記載
※: 電子マネー非対応
▲: 鉄道はPASMO・Suicaのみ利用可能
▽: 決済済証明で利用(残額引去なし)
>: 重複の場合の優先順位
表話編歴小田急グループのバス営業所小田急バス
現行 : 吉祥寺営業所 (A) – *若林営業所 (B) – 武蔵境営業所 (C) – 狛江営業所 (D) – 登戸営業所 (E) – 町田営業所 (F) – 廃止 : 生田営業所 (E) – 小田急シティバス若葉台営業所(貸切のみ)

小田急ハイウェイバス
世田谷営業所 – 経堂営業所 – 御殿場営業所

立川バス
現行 : 上水営業所 (J) – 曙営業所 (A) – 福生営業所 (F)廃止 : 高松町営業所 (A) – 溝口営業所 – 砂川営業所 (B) – 国立営業所 (K) – 横田営業所 – 瑞穂営業所 (M) – 拝島営業所 (H/CH) – シティバス立川拝島営業所 (C)

箱根登山バス
表話編歴 小田急箱根ホールディングス傘下のバス営業所箱根登山バス
小田原
湯本
宮城野
関本
湯河原旧営業所
箱根登山鉄道
小田原
小田原観光
宮城野出張所
桃源台出張所
足柄
湯河原
熱海
沼津
東京
横浜観光
名古屋箱根登山観光バス(初代)
本社(名古屋市)
東京
神奈川箱根登山観光バス(2代)
小田原 – 湯本沼津箱根登山自動車
沼津

江ノ電バス
湘南営業所 – 鎌倉営業所 – 横浜営業所

神奈川中央交通
表話編歴神奈川中央交通グループのバス営業所営業所
舞岡(お)
綾瀬(せ)
多摩(た)
茅ヶ崎(ち)
戸塚(と)
中山(な)
町田(ま)
横浜(よ)子会社の営業所
■■ 神奈中東
厚木(あ)- 厚木北(き)
相模原(さ)
藤沢(ふ)
橋本(も)
大和(や)
井田(川崎市バス A)■■ 神奈中西
伊勢原(い)
津久井(つ)
秦野(は)
平塚(ひ)■ 神奈中観光
東京(M、旧:町田) – 神奈川(H、旧:平塚)
再編前の子会社の営業所
■ 横浜神奈交
舞岡(お・YK)
中山(や)■ 藤沢神奈交
藤沢(ふ・FK)
大和(や・FK)■ 湘南神奈交
秦野(は・か)
平塚(ひ・か)■ 相模神奈交
厚木(あ)
相模原(さ・SK)
町田(ま)
菅生(川崎市バス M)■ 津久井神奈交
津久井(つ・T-)
操車所
●下荻野(あ)
城山(つ)
●上矢部(と)
●八幡(ひ)
●座間(や)廃止された営業所・操車所
●半原操(あ)
上溝(相模原に改称)
●上溝操(さ)
長後操(ふ)
用田操(ふ)
笹下操(よ)
新横浜(観光・Y) – 戸塚(観光・T)関連項目
町田バスセンター・町田ターミナル
厚木バスセンター
小田急グループ
川崎市交通局
井田営業所を受託
ハーバーライト号
神奈川三菱ふそう自動車販売
神奈中タクシー
●:車両・乗務員等の配置がない操車所。

なお、名称横の括弧内は営業所・子会社を示す所属記号である。
東海バス
表話編歴東海自動車グループ子会社
東海バス(熱海営業所・伊東営業所・下田営業所・松崎営業所・修善寺営業所・沼津営業所) – 東海輸送 – 東海車輌サービス – 東海綜合警備保障

関連会社
伊豆急東海タクシー – 下田ロープウェイ

分社化前の東海自動車直轄営業所
熱海営業所 – 伊東営業所 – 稲取営業所 – 下田営業所 – 松崎営業所(土肥支所) – 修善寺営業所 – 沼津営業所

かつて存在した子会社の営業所
新東海バス(伊東貸切営業所・沼津貸切営業所・下田貸切事業所・貸切手配センター) – 南伊豆東海バス(稲取支所)

かつて存在した地域子会社
中伊豆東海バス – 伊豆東海バス – 南伊豆東海バス – 西伊豆東海バス – 新東海バス – 東海バスオレンジシャトル

*:小田急シティバスに業務委託
表話編歴小田急グループ運輸
鉄道
小田急電鉄
箱根登山鉄道
江ノ島電鉄バス
小田急バス系列
小田急バス
小田急ハイウェイバス神奈中系列
神奈川中央交通
神奈中東
神奈中西
神奈中観光東海自動車系列
東海自動車
東海バスその他
立川バス
箱根登山バス
江ノ電バス
タクシー
小田急交通
小田急交通南多摩
川崎交通産業
新立川交通
神奈中タクシー
箱根登山ハイヤー
伊豆急東海タクシー観光
箱根観光船
大山観光電鉄
富士汽船その他
小田急箱根ホールディングス
東海輸送
小田急オートサービス
流通
百貨店
小田急百貨店スーパー
小田急商事物販
小田急食品
北欧トーキョー
神奈中商事
江ノ電エリアサービス
神奈川三菱ふそう自動車販売
神奈中相模ヤナセ流通サービス
小田急友の会
小田急プラネット
不動産
商業施設
ミロード
新宿テラスシティ
ビナウォーク
成城コルティ
経堂コルティ分譲・賃貸
小田急不動産
小田急ハウジング
箱根施設開発
フラッグス
小田急西新宿ビル
その他
ホテル
小田急リゾーツ
ホテル小田急
ホテル小田急静岡
ホテル小田急サザンタワー
箱根プレザント
グランドホテル神奈中レストラン
小田急レストランシステム
ジローレストランシステム
神奈中システムプラン旅行
小田急トラベルゴルフ
小田急スポーツサービス
富士小山ゴルフクラブ
クリエイトL&S設計
小田急設計コンサルタント建築資材販売
東京コンクリート鉄道メンテナンス
小田急エンジニアリング自動車整備
小田急車両工業
神中興業
横浜車輌工業
東海車輌サービスビル管理
小田急ビルサービス
箱根登山トータルサービス
横浜ビルシステム
小田急サン・エンタプライズ
東海綜合警備保障
小田急デパートサービス
コンフィット
ウェルハーツ小田急情報・媒体
小田急エージェンシー
アドベル
神奈中情報システム経理受託・CMS
小田急フィナンシャルセンター
神奈中アカウンティングサービス保険
小田急保険サービス車両等資材調達
小田急グループマテリアルズ
関連項目
小田急ロマンスカー
ダイヤ改正
東海旅客鉄道
日本国有鉄道
国鉄151系電車
御殿場線
ふじさん
鉄道技術研究所
新幹線
東京山手急行電鉄
東急電鉄
京王電鉄
京王井の頭線
代田連絡線
向ヶ丘遊園
小田急御殿場ファミリーランド
御殿場プレミアムアウトレット
小田急バーチャル鉄道博物館
小田急花鳥山脈
東京行進曲
SAKURA_(いきものがかりの曲)
箱根山戦争
GODZILLA (アニメ映画)
じんじんの仁

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=小田急ハイウェイバス&oldid=91416381」から取得
カテゴリ: バスの画像提供依頼東京都の画像提供依頼神奈川県の画像提供依頼静岡県の画像提供依頼小田急グループ関東地方の乗合バス事業者関東地方の貸切バス事業者世田谷区の企業新宿区の企業2000年設立の企業隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページウィキデータにない法人番号

評価: 4~5 つ星
レビュー: 64 10
再生回数: 1469
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Yomiuri

Yomiuri
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2436
[spincontent type=”j”]

3. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Asahi Shimbun

朝日新聞
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 朝日新聞で検索した 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する上記の情報が、大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 43
[spincontent type=”j”]

4. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 The Japan Times

The Japan Times
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: ジャパン タイムズで検索した 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する記事のトップです。大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5456
[spincontent type=”j”]

5. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Yomiuri Shimbun

読売新聞
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する詳細情報はすでにありますか? 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1268
[spincontent type=”j”]

6. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Mainichi Shimbun

毎日新聞
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 毎日新聞で見つけた 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する上記の情報が、大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1957
[spincontent type=”j”]

7. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Sankei Shimbun

産経新聞
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 産経新聞で検索した 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する記事のトップです。大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3300
[spincontent type=”j”]

8. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3153
[spincontent type=”j”]

9. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Chunichi Shimbun

中日新聞
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 中日新聞で検索した 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する上記の情報が、大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3462
[spincontent type=”j”]

10. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Tokyo Shimbun

東京新聞
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4665
[spincontent type=”j”]

11. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8630
[spincontent type=”j”]

12. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 日刊工業新聞で見つけた 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する上記の情報が、大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 40 13
[spincontent type=”j”]

13. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Ainu Times

アイヌタイムス
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: アイヌ タイムズで検索した 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する記事のトップです。大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5824
[spincontent type=”j”]

14. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する詳細情報はすでにありますか? 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 63 15
[spincontent type=”j”]

15. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Chiba Nippo

千葉日報
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 千葉日報で検索した 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する上記の情報が、大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 59 13
[spincontent type=”j”]

16. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Chugoku Shimbun

中国新聞
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 中国新聞で検索した 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する記事のトップです。大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7843
[spincontent type=”j”]

17. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 Daily Tohoku

デイリー東北
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1624
[spincontent type=”j”]

18. 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

説明: イースタン クロニクルで検索した 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する上記の情報が、大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7441
[spincontent type=”j”]

大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 に関する質問

大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表

大 井町 駅 東口 バス 時刻 表
方法大 井町 駅 東口 バス 時刻 表
チュートリアル 大 井町 駅 東口 バス 時刻 表
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: