あなたは 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ を共有します。 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。
出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2011年6月)
独自研究が含まれているおそれがあります。(2011年6月)出典検索?: “戦場のメリークリスマス” サウンドトラック – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL『戦場のメリー・クリスマス』坂本龍一 の サウンドトラックリリース
1983年5月1日録音
音響ハウスジャンル
現代音楽レーベル
ロンドンレコードプロデュース
坂本龍一専門評論家によるレビュー
Allmusic linkチャート最高順位
8位(オリコン、LPチャート)[1]坂本龍一 アルバム 年表
東京ジョー(1982年)Merry Christmas Mr. Lawrence(1983年)コーダ(1983年)ミュージックビデオ
「Merry Christmas Mr Lawrence」 – YouTube

テンプレートを表示『戦場のメリー・クリスマス』(Merry Christmas, Mr. Lawrence) は映画『戦場のメリークリスマス』のオリジナルサウンドトラックである。1983年5月1日にリリースされた。英国アカデミー賞 作曲賞受賞。

解説[編集]
音楽は坂本龍一。坂本にとって初めてのサウンドトラックアルバムでもある。映画自体のある種の非現実感から影響を受けて、西洋から見ても東洋から見ても“どこでもないどこか”、そして“いつでもない時間”をコンセプトに作られた[2]。

メインテーマの認知度[編集]
1曲目のメインテーマは坂本作品の中でもっとも認知度が高い楽曲とされている。
「戦場のメリークリスマス – All About」では楽曲「戦場のメリークリスマス」のカバー曲の紹介とカバーされている背景を解説している。
坂本自身はなぜこの曲だけが特に好まれるのか、作った当時から分からなかったが、シンプルで覚えやすいメロディが原因ではないかと分析している。
なお坂本自身、作曲中に何度も「ぽろぽろ」泣いたそうである。キリコのコリクツ巻末付録での玖保キリコとの対談中に語っている。
「戦場のメリークリスマス」は1985年度、日本国外から日本音楽著作権協会(JASRAC)に払われた著作権使用料分配額のランキングで「上を向いて歩こう」「名犬ジョリィ」に次いで年間3位を記録した[3]。

収録曲[編集]
メリー・クリスマス ミスターローレンス Merry Christmas, Mr. Lawrence
坂本の楽曲の中でも知名度も高く、後のアルバムやライヴにおいても編成・アレンジを変えて何度も演奏されている。いわゆるペンタトニック(移動ドでいう「ド・レ・ミ・ソ・ラ」)中心の“オリエンタルなメロディー”+“近代西洋音楽の和声”=“東洋と西洋の高次な結晶”というような評価が世界中でされてきたが、坂本自身は「西洋でも東洋でもない、他のなんでもない、わけのわからないもの」として“東洋+西洋”という単純な考え方自体を否定している[2]。主旋律の音色はタイトルにちなみ「クリスマスソング=鐘の音」から想起[4]。ワイングラスのサンプリング音(いわゆるグラスハープ)が使われており[5][4]、低音ではあえてチューニングがはずれるようにして東洋の雰囲気を醸し出している[2]。低弦以外はEmulator IIが使われている[6]。基本的には「四七抜き(ファとシを使わない)」で構成しつつ、一瞬「シ」を入れ込んでいる。この「シ」はIIIm(「ミ・ソ・シ」)の5度と考えられる[誰によって?]。坂本によると「繁留の反対」。イントロ部分の和声はIV→V7→IIIm→VIの四小節ごとの繰り返し、主旋律部分の和声はIV→V7→VIm→IIImを基本形にしている。2011年11月26日にEテレで放送された「“スコラ”坂本龍一 音楽の学校」では坂本自身による曲の解説が行われた。
バタヴィア Batavia
ジャワの喧騒の中、ガムランによるミニマルフレーズが繰り返される小曲。
発芽 Germination
このアルバムの中では数少ない、生のストリングスを使った楽曲のひとつ。前半はポリリズム的なレガート奏法による部分、後半はピチカート奏法による部分に分かれる。前半のコード進行はIVm7→V/Iの繰り返し。賛美歌の終止によく使われるIV→I(いわゆるアーメン終止)の変形であろう。IVm7は自然短音階で構成されているが、V/Iは7度の音(移動ドでいう「ソ♯」)が混じるために和声的短音階に一瞬歪む。賛美歌の和声と一瞬聴こえる歪みが、この曲の叙情性と悲劇性をかもし出していると分析できる[誰によって?]。
腹いっぱいの朝食 A Hearty Breakfast
パンニングで左右に移動するシンセとノイズのミニマルフレーズに、木管のアンサンブル、低音のストリングスが順に加わる。リズムは4分の3拍子と4分の4拍子を組み合わせた変拍子。
闘いの前 Before The War
まず、風が鳴いているような音色で曲を通して鳴り続けるミニマルフレーズが提示され、2つのメロディー、和音の順で音が重ねられていく。最後にまたミニマルフレーズだけが残り、曲は閉じる。
種子と種を蒔く人 The Seed And The Sower
8分の5拍子と4分の3拍子を組み合わせた変拍子、低音部の増4度の動き、短3度上にどんどん転調する。
短い出会い A Brief Encounter
ライド・ライド・ライド(セリアーズの弟の歌) Ride Ride Ride (Cellier’s Brother’s Song)
作曲はスティーブン・マッカーディー。和声進行は機能和声的である。
ザ・ファイト The Fight
ファーゼル・クリスマス Father Christmas
「メリー・クリスマス ミスターローレンス」の変奏曲。
出て行け! Dismissed!
集合 Assembly
坂本が映画撮影中のカメラファインダーを覗かせてもらったときに思いついた曲[7]。
理性を越えて Beyond Reason
種を蒔く Sowing The Seed
ノイズの持続音で始まり、音階を上昇していく低音部の上でシンプルなメロディーが繰り返される。メロディーの裏では「バタヴィア」のフレーズが鳴っている。
詩篇第23 23rd Psalm
最後の後悔 Last Regrets
ライド・ライド・ライド(リプライズ) Ride Ride Ride (Reprise)
ザ・シード The Seed
禁じられた色彩 Forbidden Colours
「メリー・クリスマス ミスターローレンス」のトラックにデヴィッド・シルヴィアンが歌詞・メロディーを作り、歌を乗せたもの。タイトルは三島由紀夫の「禁色」から引用[8]。1983年7月全英シングルチャート16位[9]。音楽[編集]
1–7、9–14、16、18:Ryuichi Sakamoto
8、17:Stephen McCardy
15:Traditional
19:Ryuichi Sakamoto & David Sylvian, words by David Sylvianカバーやサンプリング[編集]
人生 – 1992年のアルバム『SUBSTANCE V』の「玉ノ海、戦場でクリスマスをむかえるの巻」で使用。
Kayashi – 「Furyo」と言うタイトルでAdditiveより1997年にリリース。トランスバージョン等4つのMixが収録。
Watergate – 「Heart Of Asia」と言うタイトルで、1999年のトランスカバー。『サンデー・ジャポン』(TBS)の裏ファミリーの「ひげガール」の、オデオンさんのテーマ曲として使用された。
押尾コータロー – 2002年リリースのメジャーデビューアルバム『Starting Point』でアコースティックギターによるインストゥルメンタルとしてカバー。
AI – 2003年10月リリースの両A面シングル『マイ☆フレンド / 戦場のメリークリスマス』で歌詞を付けカバー。
ロットングラフティー – 2003年11月リリースのミニアルバム「SYNCHRONICITIZM」内の「悪巧み~Merry Christmas Mr.Lawrence」に歌詞を付けカバー。(2003年11月にシングルカット)
春畑道哉 – 2005年リリースの松本孝弘、大賀好修、増崎孝司との共作によるアルバム『Theatre Of Strings』で、ギターインストとしてカバー。
VOLTA MASTERS
2006年リリースの自身のEP『Last Christmas / Mr.Lawrence』収録の「Mr.lawrence」(「Merry Christmas Mr. Lawrence」と「禁じられた色彩(Forbidden Colours)」[注 1]のリミックス)[10]。
アメリカのヒップホップアーティスト1773の2007年のアルバム『Constant Motion』(日本盤)収録の「Mr.Lawrence / Heart Music – Volta Masters Remix」(日本盤ボーナストラック。1773の楽曲「Heart Music」とVOLTA MASTERSの楽曲「Mr.lawrence」をマッシュアップリミックスした楽曲。1773の「Heart Music」も同アルバムに収録。)[11]。
RYUZO – 2007年の1stアルバム『The Document』に収録の曲でサンプリング使用。
つじあやの – 2008年リリースのカバーアルバム『COVER GIRL 2』にて歌詞を付けてカバー。
FACT – 2009年4月22日に発売したアルバム『FACT』にて、英語詞を付けカバー。
宇多田ヒカル – Utada名義で2009年にリリースしたアルバム『This Is The One』の「Merry Christmas Mr.Lawrence – FYI」で歌詞を付けカバー。
アンジェリカ – 2014年12月リリースの「戦場のメリークリスマス/Merry Christmas, Mr Lawrence」で歌詞を付けカバー。
サラ・ブライトマン – 2014年3月リリースのアルバム『Voce – Sarah Brightman Beautiful Songs』で「Forbidden Colours」を原調でカバー。
マイク・ポズナー – 2019年の「Slow It Down」でサンプリング使用。関連項目[編集]
コーダ (坂本龍一のアルバム)
安藤美姫 2005-2006のショートプログラムにメリー・クリスマス ミスターローレンスを使用
宮原知子 2013-2014のショートプログラムにメリー・クリスマス ミスターローレンスを使用脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ 「禁じられた色彩(Forbidden Colours)」のメロディのみ使用。インストゥルメンタル。

出典[編集]
^ 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年 – 平成1年』オリジナル・コンフィデンス、1990年、150頁。ISBN 4871310256。

^ a b c 「What’s In?」より

^ 「浪花節だよ、首座は 昨年、国内の著作権使用料分配額 JASRAC賞決定」『朝日新聞』1986年5月6日付東京夕刊、13頁。

^ a b 「坂本龍一、戦場のメリークリスマスは「自分が作った気がしない」自身作の映画音楽を振り返る」より

^ 『UC YMO』のライナーノーツ・『邂逅』での「『戦メリ』でも活躍のワイングラスのサンプルも随所に。」という発言から。

^ 2010年3月14日坂本龍一のツイッターでの発言より。

^ 映画「戦場のメリークリスマス」パンフレットより。

^ 「坂本龍一・全仕事」より。

^ [1] Music Week Forbidden Colours – David Sylvian & Riuichi Sakamoto

^ 株式会社ローソンエンタテインメント. “Last Christmas / Mr.Lawrence : VOLTA MASTERS”. HMV&BOOKS online. 株式会社ローソンエンタテインメント. 2022年7月2日閲覧。

^ タワーレコード株式会社. “1773/Constant Motion”. タワーレコードオンライン. タワーレコード株式会社. 2022年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]
Ryuichi Sakamoto – Merry Christmas Mr Lawrence – Discogs

表話編歴坂本龍一シングル
オリジナル
WAR HEAD
フロントライン
Merry Christmas Mr. Lawrence
フィールドワーク
ステッピン・イントゥ・エイジア
G.T.
ビハインド・ザ・マスク
リスキー
アンドゥ#1
ユー・ドゥ・ミー
ウィー・ラヴ・ユー
サヨナラ
タイナイカイキII
二人の果て
Moving On
love & hate
08/21/1996
El Mar Mediterrani
ジ・アザー・サイド・オブ・ラヴ
砂の果実
Anger/Grief
prayer/salvation
ウラBTTB
アンダークールド
海の道
koko
nord
aubadeその他
い・け・な・いルージュマジック
忌野清志郎+坂本龍一
ZERO LANDMINE
N.M.L.
桜のころ
アルバム
オリジナル
千のナイフ
サマー・ナーヴス(坂本龍一&カクトウギセッション)
B-2ユニット
左うでの夢
戦場のメリークリスマス
音楽図鑑
エスペラント
未来派野郎
ネオ・ジオ
ビューティ
ハートビート
スウィート・リヴェンジ
スムーチー
DISCORD
BTTB
コミカ
エレファンティズム
キャズム
アウト・オブ・ノイズ
Playing the Piano
asyncベスト
グルッポ・ムジカーレ
決定版・坂本龍一 ベストセレクション
グルッポ・ムジカーレII
ベスト・オブ・坂本龍一ヴァージン・トラックス
ベスト・オブ・坂本龍一サウンドトラックス
OPERA
WORKS OF R.SAKAMOTO
Soundbytes
ベリー・ベスト・オブ・グート
COMPLETE INDEX OF GÜT
ピュア・ベスト
US
UF
CM/TV
ワークスI-CM
ワークスII-TV/Inst
moto.tronic
Chronological Collection 1978-1981 〔Columbia Years〕 リミックス
RYUICHI SAKAMOTO IN THE ’90S
ハートビート 〜リミクシーズ〜
ハード・リヴェンジ
スヌーティー
ディスコード グートニンジャ・リミキシーズ
LIFE IN PROGRESS
music plans skmt tribute
ブリコラージュ
ASYNC REMODELSライブ
メディア・バーン・ライヴ
プレイング・ジ・オーケストラ
“スウィート・リヴェンジ”ツアー1994
Ryuichi Sakamoto Trio World Tour 1996
RAW LIFE OSAKA
RAW LIFE TOKYO
CINEMAGE
AUDIO LIFE
イン・ザ・ロビー・アット・G.E.H.・イン・ロンドン
プレイング・ザ・ピアノ2009ジャパン
playing the piano usa 2010 / korea 2011 – ustream viewers selection
Playing the Orchestra 2013
Playing the Piano 12122020セルフカバー
コーダ
1996
/04
/05
THREEその他
UTAUサウンドトラック
王立宇宙軍 オネアミスの翼
ラストエンペラー
シェルタリング・スカイ
リトル・ブッダ
御法度
ファム・ファタール
星になった少年
シルク
トニー滝谷
楽曲
もしもタヌキが世界にいたら
ライオット・イン・ラゴス
日本サッカーの歌ユニット
イエロー・マジック・オーケストラ
スネークマンショー
GEISHA GIRLS
N.M.L.関連人物
矢野顕子
坂本美雨
坂本一亀
下村彌一
細野晴臣
高橋幸宏
大貫妙子
クリス・モスデル
ピーター・バラカン
デヴィッド・シルヴィアン
小山田圭吾
忌野清志郎
テイ・トウワ
小室哲哉
松浦勝人関連項目
坂本龍一提供楽曲一覧
日本コロムビア
アルファレコード
MIDI
CBSソニー
ヴァージン・レコード
東芝EMI
フォーライフ・レコード
ワーナーミュージック・ジャパン
エイベックス
commmons
RADIO SAKAMOTO
.mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、アルバムに関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:音楽/PJアルバム)。

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=戦場のメリークリスマス_(サウンドトラック)&oldid=90427356」から取得
カテゴリ: 映画のサウンドトラック日本映画の主題歌坂本龍一のアルバム1983年のサウンドトラッククリスマスソング隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ出典を必要とする記事/2011年6月独自研究の除去が必要な記事/2011年4月-6月言葉を濁した記述のある記事 (誰2)/2011年アルバム関連のスタブ項目

評価: 4~5 つ星
レビュー: 3920
再生回数: 2974
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Yomiuri

Yomiuri
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7206
[spincontent type=”j”]

3. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Asahi Shimbun

朝日新聞
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 朝日新聞で検索した 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する上記の情報が、坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3825
[spincontent type=”j”]

4. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ The Japan Times

The Japan Times
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: ジャパン タイムズで検索した 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する記事のトップです。坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5432
[spincontent type=”j”]

5. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Yomiuri Shimbun

読売新聞
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する詳細情報はすでにありますか? 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5677
[spincontent type=”j”]

6. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Mainichi Shimbun

毎日新聞
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 毎日新聞で見つけた 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する上記の情報が、坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 61 13
[spincontent type=”j”]

7. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Sankei Shimbun

産経新聞
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 産経新聞で検索した 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する記事のトップです。坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3723
[spincontent type=”j”]

8. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2343
[spincontent type=”j”]

9. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Chunichi Shimbun

中日新聞
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 中日新聞で検索した 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する上記の情報が、坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3989
[spincontent type=”j”]

10. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Tokyo Shimbun

東京新聞
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8543
[spincontent type=”j”]

11. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9438
[spincontent type=”j”]

12. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 日刊工業新聞で見つけた 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する上記の情報が、坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4191
[spincontent type=”j”]

13. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Ainu Times

アイヌタイムス
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: アイヌ タイムズで検索した 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する記事のトップです。坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2106
[spincontent type=”j”]

14. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する詳細情報はすでにありますか? 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1132
[spincontent type=”j”]

15. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Chiba Nippo

千葉日報
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 千葉日報で検索した 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する上記の情報が、坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6663
[spincontent type=”j”]

16. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Chugoku Shimbun

中国新聞
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 中国新聞で検索した 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する記事のトップです。坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4938
[spincontent type=”j”]

17. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ Daily Tohoku

デイリー東北
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5939
[spincontent type=”j”]

18. 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

説明: イースタン クロニクルで検索した 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する上記の情報が、坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 17 18
[spincontent type=”j”]

坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ に関する質問

坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ

坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ
方法坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ
チュートリアル 坂本 龍一 戦場 の メリー クリスマス ピアノ
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: