あなたは 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? を共有します。 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

「ラ・ラ・ランド」のその他の用法については「ラ・ラ・ランド (曖昧さ回避)」をご覧ください。

ラ・ラ・ランド
La La Land
監督
デミアン・チャゼル脚本
デミアン・チャゼル製作
フレッド・バーガージョーダン・ホロウィッツゲイリー・ギルバートマーク・プラット製作総指揮
サッド・ラッキンビルジャスミン・マクグレイド出演者
ライアン・ゴズリングエマ・ストーンジョン・レジェンドローズマリー・デウィットJ・K・シモンズ音楽
ジャスティン・ハーウィッツ撮影
リヌス・サンドグレン編集
トム・クロス製作会社
サミット・エンターテインメントブラック・レーベル・メディア(英語版)TIKフィルムズ[1][2]インポスター・ピクチャーズギルバート・フィルムズマーク・プラット・プロダクションズ配給
サミット・エンターテインメント ギャガ/ポニーキャニオン公開
2016年8月31日(ヴェネツィア国際映画祭) 2016年12月9日 2017年2月24日上映時間
128分[3]製作国
アメリカ合衆国言語
英語製作費
$30,000,000[4]興行収入
$446,050,389 [5] $151,101,803 [6] 44.2億円[7]テンプレートを表示映像外部リンク
「ラ・ラ・ランド」本予告『ラ・ラ・ランド』(英: La La Land)は、2016年に公開されたアメリカ合衆国のロマンティック・ミュージカル映画。俳優志望とピアニストの恋愛を描いた映画で、脚本・監督はデミアン・チャゼル、主演はライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが務めた。この映画のタイトルはロサンゼルスと「現実から遊離した精神状態」を意味する。
チャゼルは2010年に『ラ・ラ・ランド』の脚本を執筆したが、当時脚本に変更を加えずにプロジェクトに出資するスタジオを見つけることはできなかった。2014年のチャゼルの映画『セッション』の商業的成功を受け、サミット・エンターテインメントが『ラ・ラ・ランド』の製作に同意した。作品は2016年8月31日に第73回ヴェネツィア国際映画祭のオープニング作品としてワールド・プレミアを迎え[8][9]、同年12月9日にはアメリカ合衆国で公開された。3,000万ドルの製作予算に対し、世界で4億4,600万ドルの興行収入を得ている。
『ラ・ラ・ランド』は2016年最高の映画のひとつとして大好評を得た。評論家はチャゼルの脚本・監督、ゴズリングとストーンの演技、ジャスティン・ハーウィッツの映画音楽、ミュージカル・ナンバーを賞賛した。第74回ゴールデングローブ賞ではノミネートされた7部門すべてを獲得し[10]、第70回英国アカデミー賞では11部門でノミネートを受け、6部門を受賞した。第89回アカデミー賞では『タイタニック』(1997年)、『イヴの総て』(1950年)に並ぶ史上最多14ノミネート(13部門)を受け[11]、監督賞、主演女優賞(エマ・ストーン)、撮影賞、作曲賞 、歌曲賞(『シティ・オブ・スターズ』City Of Stars)、美術賞の6部門を受賞した。

あらすじ[編集]
プロローグ・冬[編集]
舞台はロサンゼルス。高速道路は朝の大渋滞となっており、多くのドライバーが苛つきからクラクションを鳴らしている。一台の車の中からひとりの女性が降りたことをきっかけに、オープニング・ナンバー “Another Day of Sun” が始まる[注釈 1][15]。
渋滞の中に巻き込まれていたミア(演:エマ・ストーン)は女優の卵で、車中で台詞を覚えようとするが、後続車を運転していたセブ(演:ライアン・ゴズリング)に煽られて悪態をつく。ハリウッドにあるワーナー・ブラザースの撮影所[14][16]でカフェ店員として働きつつ夢を追うミアだが、オーディションの結果は散々で、一向に役はもらえない。一方のセブはジャズピアニストで、歴史ある店が売れないジャズを諦める現状を嘆き、古き良きジャズを愛でる自分の店を開く夢を持つが、実際には姉ローラ(演:ローズマリー・デウィット)にも身を固めるよう諭される始末である。
ある日オーディションに落ちたミアは、ルームメイトのトレイシー(演:キャリー・ヘルナンデス(英語版))・アレクシス(演:ジェシカ・ローテ)・ケイトリン(演:ソノヤ・ミズノ)に誘われ、クリスマス・パーティに参加することになる (“Someone in the Crowd”) 。顔を売るための出席だったが思うようには行かず、挙げ句車がレッカーされてしまったミアは、夜道を歩いて帰路につく。通りかかったバーから偶然聞こえてきた音楽 (“Mia & Sebastian’s Theme”) に惹かれてレストランへ入る。 音の主は高速道路で煽ってきたセブで、ミアは曲に惚れ込んで声を掛けようとするが、契約通りの曲を弾かなかったことで解雇されたセブは、彼女を邪険に扱って店を出る。

春[編集]
ミアは相変わらずオーディションを受け続けている。ある日パーティに参加した彼女は、バンドでa-haの『テイク・オン・ミー』を演奏するセブを見つけ、フロック・オブ・シーガルズの “I Ran (So Far Away)(英語版)”をリクエストするが[17]、本物のアーティストと自負するセブはこの選曲に憤慨する。ミアは纏わり付く脚本家を振り切ろうと、セブと一緒にパーティ会場を離れるが、近くには自分と同じプリウスが大量に駐車されていて自分の車を見つけられない。ミアの車を探して坂にさしかかったふたりは、夕焼けの美しさを前に、恋が始まりそうなふたりならどんなにロマンチックか語り合う (“A Lovely Night”) [注釈 2]。
数日後、セブは撮影所に忍び込み、仕事上がりのミアとふたりで中をうろつきながら、互いの身の上や夢を語り合う。その中でミアは「ジャズが嫌いだ」と話し、セブは本物のジャズを教えるとクラブへ連れて行く (“Herman’s Habit”) 。ふたりはミアの後学のため『理由なき反抗』のリバイバル上映を観に行く約束をして分かれ、その後セブは埠頭でひとり “City of Stars” を歌う[19]。
ふたりの約束の日。しかしミアはボーイフレンドとの先約をすっかり忘れていた。ミアは仕方なく食事会に向かう。浮かない食事の最中に彼女の耳に聞こえてきたのはBGMとして流れていたMia & Sebastian’s Theme。 彼女はボーイフレンドに別れを告げ、セブの待つ映画館へ向かう。トラブルから上映は途中で終わるが、その後ふたりは映画のロケ地にもなったグリフィス天文台を訪れてワルツを踊り、ふたりの交際が始まる (“Planetarium”) 。

夏[編集]
ふたりはデートを重ね、同棲するアパートで互いに夢を追いながら “City of Stars” をデュエットする[19]。関係は良好だったが、セブは店の資金がなく、ミアは女優としてのチャンスをつかめずにいた。セブの助言を受けてミアは一人芝居の脚本を書き始める。また、ミアはセブの店のロゴを「Seb’s」にしようと語るが、チャーリー・パーカーを敬愛するセブは「Chicken On A Stick」[20]がいいと譲らない。同時期、セブはジャズバーで旧友キース(演:ジョン・レジェンド)と再会してバンド加入の誘いを受ける。しかし、二人の音楽には方針の不和があった。キースのバンドはジャズにロックやダンスミュージックなどを融合させた斬新な音楽だったため、古き良きジャズを好むセブは違和感を抱く。キースは「ジャズを守りたいのなら、まずは聞いてもらわなくてはいけない。セブが敬愛するチャーリー・パーカーやマイルス・デイヴィスはジャズに革命を起こし、過去を変えた人達ではないのか。それなのにセブは過去に囚われすぎている」と語る。キースの考えを否定できず、店の資金のためもあり、バンドへ加入する。ライブを訪れたミアは、バンドの曲 “Start a Fire”[21]がセブの求める音楽ではないと気付くが、バンドは大成功し、ふたりの生活はすれ違うようになる。

秋[編集]
セブとキースのバンドはツアーに繰り出し各地を飛び回る生活だが、一方のミアは、アパートに残って一人芝居の準備に取り掛かっていた。ある日ミアがアパートに帰ると、彼女を驚かせようと帰ってきたセブがいる。ミアと共に過ごしたいセブはツアーに同行しないか聞くが、公演が目前に迫っているミアはこれを断る。ミアはさらに、自分の店を開く夢はどうなったのか、バンドの音楽は本当にやりたい音楽なのかを問いただす。ふたりは口論になりミアはアパートを飛び出す。
ミアの公演当日、セブは忘れていた雑誌撮影があることを知らされる。公演の客入りはまばらで、終演後に酷評を聞いたミアは故郷ボウルダー・シティ(英語版)に帰ることを決意する。セブも撮影を途中で切り上げて劇場へ向かうが、終演には間に合わず、ミアには夢の終わりを告げられる。
数日後、セブはキャスティング担当者からミアの舞台が目にとまったと知らせを受け、ミアの話を元に彼女の実家を訪れてオーディションに行くよう説得する。ミアはオーディションでおばの話を引きつつ、夢追い人の素晴らしさを語る (“Audition (The Fools Who Dream)”) [22]。オーディション後、かつて訪れた坂[注釈 3]にたどり着いたふたりは、互いに愛し合っていることを確認し、夢にあふれた未来を語る。

エピローグ・5年後の冬[編集]
ミアは大女優になり、娘もいる母親だが、その父親はセブではない。一方のセブは夢を叶えて、古き良きジャズを愛でる自分の店を開いていた。ある夜、夫と共に出かけたミアは、プロローグ同様に渋滞に巻き込まれ、高速道路を降りて偶然セブのバーに入る。ミアは店名とロゴがかつて自分が考えたものだと気付き、セブも客にミアがいると気付いて、ミアが最初に惚れ込んだ曲 (“Mia & Sebastian’s Theme”) を弾き始める。曲の始まりと共に、セブとミアが結ばれていた場合のパラレルワールド的な5年間が、映画を振り返る走馬燈のように描かれる (“Epilogue”) 。曲が終わったところでミア夫妻は店を出るが、最後にふたりは、互いの気持ちを理解するように見つめ合いそれぞれの生活に戻って行った。

キャスト[編集]
※括弧内は日本語吹替

セバスチャン(セブ)・ワイルダー – ライアン・ゴズリング(内田夕夜[23][24]):本作の主役
ミア・ドーラン – エマ・ストーン(武田華[23][24]):女優志望の女性
キース – ジョン・レジェンド(祐仙勇[23][24]): セブの旧友
ローラ – ローズマリー・デウィット(山賀晴代[24]): セブの姉
トレイシー – キャリー・ヘルナンデス(英語版)(村松妙子[24]): ミアのルームメイト
アレクシス – ジェシカ・ローテ(熊谷海麗[24]): ミアのルームメイト
ケイトリン – ソノヤ・ミズノ(石井未紗[23][24]): ミアのルームメイト
ビル – J・K・シモンズ(壤晴彦[23][24]): セブが働くレストランのオーナー
グレッグ – フィン・ウィットロック(橘潤二[24]): ミアのボーイフレンド
デヴィッド – トム・エヴェレット・スコット: 5年後のミアの夫
ミアの母親 – ミーガン・フェイ
ハリー – デイモン・ガプトン(英語版): キースのバンドのメンバー
カルロ – ジェイソン・フュークス(英語版): パーティでミアに声をかける脚本家
ジョシュ – ジョシュ・ペンス: グレッグの兄 (堀総士郎)
ヴァレット – トレヴァー・リサウアー(英語版)
アリステア – マイルズ・アンダーソン(英語版)(宮崎敦吉): モジョのカメラマン
その他の日本語吹き替え‐木村涼香/青木崇/実川貴美子/ふじたまみ/西村野歩子/大泊貴揮/田中杏沙製作[編集]
プリプロダクション[編集]
脚本・監督のデミアン・チャゼルは数々の賞にノミネートおよび受賞している。
ドラム奏者でもあるデミアン・チャゼルは熱狂的なミュージカル映画ファンである[25]。2010年、チャゼルは『ラ・ラ・ランド』の脚本を書いたが、当時のチャゼルには映画界は手の届かない存在であった[26]。この作品の案は、クラシックなミュージカルを踏襲するが、いつもうまくいく訳ではない日常生活に根差したものであり[25]、ロサンゼルスに夢を持ってやってくる人々へ敬意を表するものとなった[27]。ハーバード大学在学中、チャゼルは同級生のジャスティン・ハーウィッツと共にこの案の映画化を決心した。2人はボストンのジャズ・ミュージシャンについての低予算ミュージカル映画『Guy and Madeline on a Park Bench 』を卒業制作として製作し、コンセプトを掘り下げた[28][29]。チャゼルは『マンハッタ』(1921年)や『これがロシヤだ』(1929年)など、ある1つの都市を称える1920年代のシティ・シンフォニー映画に感銘を受けていた[30]。卒業後の2010年、2人はロサンゼルスに転居して脚本を執筆し続けたが、舞台をボストンからロサンゼルスに移すなど若干の修正が加えられた[28]。

「アメリカの他の都市と比較してロサンゼルスならなおさら地域の歴史に無頓着である。しかし不思議なことに、調べる気になればタマネギの皮を剥くように少しずつ本当の姿が見えてくる[30]。」
ロサンゼルスをパリやサンフランシスコの魅力に合わせようとするのではなく、交通、スプロール現象、そして空など街の特徴に焦点を当てた[30]。この映画の様式はジャック・ドゥミの『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人たち』の影響を受けている。特に『ロシュフォール』ではダンスやジャズ関連、そしてそれ以外からも影響を受けている[31]。また作中、『踊るニュウ・ヨーク』、『雨に唄えば』、『バンド・ワゴン』などのハリウッドのクラシック映画のオマージュ的映像が多数含まれている[32]。また前作『セッション』と登場人物やテーマが類似している。チャゼルは「どちらもアーティストとして、夢と現実の差に悩みを持っている。『ラ・ラ・ランド』はそれに関しての怒りはだいぶ抑えてある」と語った[33]。またチャゼルはどちらの作品もハリウッドでの映画製作者としての経験を反映させていると語った[27]。特に『ラ・ラ・ランド』では、ショッピングセンターと高速道路だらけというロサンゼルスのイメージを膨らませながら西海岸に転居した自身の経験を織り込んでいる[30]。
誰も知らない曲を使用したオリジナルの現代ミュージカルに出資するスタジオはなかなかなく、何年も製作することができなかった。またジャズに関して『ハリウッド・リポーター』誌は「絶滅したジャンル」とまで言い切った。チャゼルはハーウィッツとのコンビが無名であるため出資されないのだと考えた[34][28]。チャゼルはプロデューサーを探し、友人たちを介して知り合ったフレッド・バーガー、ジョーダン・ホロウィッツがプロデューサーとして参加した。フォーカス・フィーチャーズに予算100万ドルとして脚本を送った。フォーカス社は男性主人公をジャズ・ピアニストではなくロック・ミュージシャンに替える、オープニング曲を別の曲に差し替える、最後のほろ苦いシーンをカットするなど、チャゼルが作品の特色であり重要事項と考えていた部分の多くの変更を要求した。チャゼルは大きな変更を望まなかったため、このプロジェクトを破棄して別の方法を探すことにした[28]。
その後チャゼルはより出資されやすくリスクの少ないコンセプトの『セッション』を執筆した[35]。2014年1月のサンダンス映画祭で初上映され批評家からの高評価を受け、チャゼルは『ラ・ラ・ランド』製作への努力を続けた[28]。1年後、第87回アカデミー賞において『セッション』が作品賞を含む5部門にノミネートされ、330万ドルの製作費であったが世界中で5千万ドルの興行収入をあげ、映画製作会社からチャゼルの次の作品に注目されるようになった[34]。
脚本を執筆してから5年後[36]、『セッション』の批評的、商業的成功に好印象を持ったサミット・エンターテインメントとブラック・レーベル・メディアはマーク・E・プラットをプロデューサーに迎え『ラ・ラ・ランド』製作への出資および配給に同意した[27]。『ステップ・アップ』シリーズの製作に関わったライオンズゲートのパトリック・ワックスバーガーは、低予算では高品質ミュージカル映画は製作できないと考えており、チャゼルに予算を上げるよう勧めた[37]。

キャスティング[編集]
ライアン・ゴスリングはこの作品のためにタップダンスとピアノを練習した。
2014年6月5日、デミアン・チャゼルが自身の脚本を基にしたミュージカル映画の製作を企画しており、マイルズ・テラーとエマ・ワトソンを主演に迎える方向で調整がなされているとの報道があった[38]。しかしワトソンは2017年の映画『美女と野獣』出演のため降板し、テラーは長期間に亘る交渉の結果降板した[26]。チャゼルは登場人物の年齢を上げ、ロサンゼルスに来たばかりの若者ではなく、夢への挫折の経験を持つ役柄に変更した[28]。
2015年4月14日、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが主役候補として検討されていると報じられた[39]。30日には両名の出演が確定した[40]。7月8日、ジェシカ・ロース、ソノヤ・ミズノ、キャリー・ヘルナンデス(英語版)ら3名がミアのルームメイトとして出演することが決まった[41]。10日、J・K・シモンズとフィン・ウィットロックが本作に出演すると報じられた[42][43][44]。8月4日、ローズマリー・デウィットとジョン・レジェンドの出演が決まった[45][46]。10日、ミーガン・フェイが本作に出演すると報じられた[47]。11日、ジェイソン・ヒュークス(英語版)が本作に出演する契約を結んだとの報道があった[48]。
エマ・ストーン演じるミアは、女優を目指すがなかなか叶わず、オーディションの合間にロサンゼルスにあるワーナー・ブラザースの喫茶店でバリスタとして働く[34]。ストーンは8歳の時に『レ・ミゼラブル』を鑑賞してからのミュージカル・ファンで、「突然歌いだすのがいつも夢だった」と語っており、好きな映画として1931年のチャーリー・チャップリンのロマンチック・コメディ『街の灯』を挙げている[34][25]。子供の頃チアリーダーに所属し、バレエも1年間だけ習っていた[34]。15歳で女優を目指して母親と共にハリウッドに転居したが、最初の1年はオーディションに落ち続けて苦悩していた。たとえ役を得ても、台詞は1行だけであった[49]。ミアの役は自身の経験を反映しており、映画にも活かされている[33]。
2014年、ストーンはブロードウェイ・デビュー作『キャバレー』出演時にチャゼルと出会った。チャゼルとハーウィッツは、ストーンが風邪をひきつつ出演していた公演を鑑賞した[34][50]。ストーンはニューヨークにあるブルックリン・ダイナーでチャゼルと会い、チャゼルは映画のビジョンを語った[51]。チャゼルは『キャバレー』でのストーンを見て『ラ・ラ・ランド』での役を的確に演じることができると考えた[51]。役を検討する上で、ストーンはチャゼルが影響を受けたとする『シェルブールの雨傘』やフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのコラボレート作品を鑑賞した[36]。ストーンはチャゼルが作品に大変情熱を持って取り組んでいることに感銘し、正式に役を受けた[51]。

シンガーソングライターのジョン・レジェンドは助演として出演しただけでなく、エグゼクティヴ・プロデューサーも務めた。
ライアン・ゴスリングが、自分のクラブを持つことを夢見ながら、生活のためにバーでのカクテル・パーティで演奏するジャズ・ピアニストのセバスチャン役に配役された[34]。ストーンと同様、アーティストを目指した自身の経験を反映させた。ゴスリングがオーディションで泣く演技をしている最中、キャスティング担当者が電話に出てランチの相談をした経験がミアの役に織り込まれた[34][49][52]。チャゼルは、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』撮影開始頃のゴスリングとハリウッド・ヒルズのバーで会った[28]。
サミットが映画化権を購入した直後にチャゼルは2人と面会した[27]。チャゼルは2人について、スペンサー・トレイシーとキャサリン・ヘプバーン、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャース、マーナ・ロイとウィリアム・パウエルのような往年のハリウッド・カップルのようにしっくり合っていると感じた[33]。ゴスリングとストーンにとって『ラブ・アゲイン』(2011年)、『L.A. ギャング ストーリー』(2013年)に続く3作目の共演となった[53]。チャゼルは2人にオーディションの失敗談を尋ねた[49]。2人はオリジナル曲6曲の歌およびダンスの稽古を受けた[28]。
ジョン・レジェンドは、のちにセバスチャンが加入することとなるバンド「メッセンジャーズ」のリーダーで、ヒットしているジャズ・パフォーマーのキース役を演じた[34]。
マンディ・ムーア(英語版)が振付を担当した。2015年5月から3-4か月間、アトウォター・ヴィレッジにあるプロダクション・オフィスでリハーサルが行われた。施設の1室でゴスリングがピアノの練習をし、別室でストーンがムーアとダンスの稽古をし、衣裳デザイナーのメアリー・ゾフレスも施設の一角を使用していた[34][28]。主演のジャズ・ピアニスト役を演じたライアン・ゴズリングは、撮影までの3ヶ月間に渡りピアノ特訓を行い、全てのシーンを実際に弾いている[54]。ムーアはダンスの技術よりも感情を重要視しており、ストーンはプリウスのシーンでそれが鍵となったと語った[34]。役者およびスタッフのイメージを膨らませるため、毎週金曜夜にチャゼルは『シェルブールの雨傘』、『雨に唄えば』、『トップ・ハット』、『ブギーナイツ』など影響を受けたクラシック映画の上映会を行なった[28]。

撮影[編集]
.mw-parser-output .tmulti .thumbinnerdisplay:flex;flex-direction:column.mw-parser-output .tmulti .trowdisplay:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box.mw-parser-output .tmulti .tsinglemargin:1px;float:left.mw-parser-output .tmulti .theaderclear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%.mw-parser-output .tmulti .thumbcaptionbackground-color:transparent.mw-parser-output .tmulti .text-align-lefttext-align:left.mw-parser-output .tmulti .text-align-righttext-align:right.mw-parser-output .tmulti .text-align-centertext-align:center@media all and (max-width:720px).mw-parser-output .tmulti .thumbinnerwidth:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trowjustify-content:center.mw-parser-output .tmulti .tsinglefloat:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaptiontext-align:centerオープニング・シーンのロケ地であるジャッジ・ハリー・プレガーソンIC(英語版)(左)と星空に浮かぶシーンのロケ地であるグリフィス天文台(右)。
チャゼルは1930年代のアステア&ロジャース作品のように、頭からつま先まで映し、カットなしのシングル・テイクで撮影することを望んでいた[51]。また『いつも上天気』などの1950年代のミュージカル映画のようにワイドスクリーンのシネマスコープを望んでいた。そのためデジタルではなくワイドスクリーンのフォーマットでパナビジョンの撮影機材を使用したフィルム撮影を行なった[55][56][57][58]。
チャゼルはロサンゼルスが非現実的な夢を持った人々によって作り上げられた詩的な街であるとして主な撮影をロサンゼルスで行なうことを望んだ[25]。2015年8月10日、本作の主要撮影がロサンゼルスで始まり[59][60]、ダウンタウン・トロリー、ハリウッド・ヒルズの住宅街、エンジェルズ・フライト、コロラド・ストリート橋、サウス・パサデナ、グランド・セントラル・マーケット、ハモーサ・ビーチ、シャトー・マーモント・ホテル、ワッツ・タワーなどロサンゼルス市内60か所以上をワン・テイクで撮影した。40日間を撮影にかけ、2015年9月中旬に撮影が終了した[28][61][62]。
高速道路上で「Another Day of Sun」を歌い踊る冒頭のシーンが最初に撮影され[28]、スタジオ撮影ではなく、実際にロサンゼルス南部のジャッジ・ハリー・プレガーソンICの一部を借り切って撮影された[63]。2日間かけ、100名のダンサーが出演して撮影が行われた[27][64]。チャゼルはこの1シーンだけでロサンゼルスがいかに広大であるかを表現したかった[30]。当初地面の高さの高速道路での撮影が計画されていたが、100フィート(30m)の高さに弧を描くインターチェンジでの撮影に変更した。プロダクション・デザイナーのデヴィッド・ワスコは「誰か落ちて死ぬのではないかと心配した」と語った。チャゼルは『オズの魔法使』(1939年)でエメラルド・シティに向かう黄色のレンガ道をイメージしていた[28]。

エンジェルズ・フライトは2013年に閉鎖されたが、撮影のために1日だけ再開された。
チャゼルは1901年創立のトロリーであるエンジェルス・フライトなど、まだ残る、あるいは失われゆく「古き良きロサンゼルス」を探した。このケーブルカーは修復および再開を目指していたが叶わず、2013年に脱線後廃止された。しかし映画製作チームは1日だけの使用許可を得ることができ、撮影の計画を立てた[30]。
ミアはチャゼルがハリウッドの記念碑と考える撮影所近くの喫茶店で働いている。ワスコは多くの作り物の映画ポスターを制作した。時折チャゼルはその映画の題名を考えており、1枚のポスターに1930年代のミュージカル映画として自身の第1作『Guy and Madeline on a Park Bench 』(2009年)の題名を使用している[30]。
6分間に及ぶ「A Lovely Night」のシーンは日没のマジックアワーの短時間に撮り終えねばならず、2日間かけ8テイク撮影した[34][16]。ストーンはこのシーンの撮影が成功した時について「皆とても盛り上がった」と語った[51]。ゴスリングもストーンもミュージカル俳優ではなく、特にシングル・テイクの長い曲などで多くのNGを出した。しかしチャゼルは彼らに同情的で、経験が少ないことに理解があり、ミスを全く気にしなかった[36]。セバスチャンとミアの最初のダンス・シーンで、ストーンはベンチの後ろでつまづいたが、すぐに立ち上がってそのまま撮影を続けた[36]。
約1年かけてチャゼルは編集技師のトム・クロスと共に編集を行なった[28]。

音楽[編集]
詳細は「ラ・ラ・ランド (サウンドトラック)」を参照
映画音楽はチャゼルのハーバード大学時代の同級生であるジャスティン・ハーウィッツが『Guy and Madeline on a Park Bench 』、『セッション』に引き続いて担当した[65]。
ジョン・スティーブンス、ハーウィッツ、マリウス・デ・ヴリーズ(英語版)、アンジェリーク・シネルによって作詞された「Start a Fire」を除いて、ベンジ・パセック、ジャスティン・ポールが作詞を担当した。
2016年12月9日にインタースコープ・レコードによってハーウィッツの映画音楽とキャストによってパフォーマンスされた歌が収録されたサウンドトラックのアルバムがリリースされた。
映画冒頭(ラジオから流れて来る設定で)最初に聴こえて来るチャイコフスキー作曲の祝典序曲『1812年』はナポレオン失脚の切っ掛けにもなったフランス軍のロシア遠征を描く機会音楽である。武蔵野音楽大学の学生オーケストラをカールマーン・ベルケシュが指揮したHungaroton盤が使用され、OSTには収録無し。

公開[編集]
2015年4月、ライオンズゲートからアメリカ合衆国での配給権を獲得したサミット・エンターテインメントは本作の北米公開日を2016年7月15日とした[40]。2016年3月、サミット・エンターテインメントは本作の北米での限定公開日を2016年12月2日に変更し、16日から拡大公開を開始すると発表した。これは第89回アカデミー賞をはじめとする賞レース参戦を念頭に置いての変更である[66]。
アカデミー賞の前哨戦で善戦したことを受けて、ライオンズゲートは2017年1月13日から本作をIMAXシアターでも上映すると発表した[67]。
日本では2017年2月24日より全国ロードショー公開された。公開に先立って監督のデミアン・チャゼルと主演のライアン・ゴズリングが1月に来日して記者会見を開き、その席でチャゼルは「1965年の日本映画『東京流れ者』(製作:日活、監督:鈴木清順、主演:渡哲也)を隠れたオマージュにした」旨を語っている[68]。興行収入はおよそ1週間後の同年3月2日に10億円を突破し、この年の公開作品で最速記録となった[69]。

評価[編集]
第73回ヴェネツィア国際映画祭で上映された際には、極めて高い評価を受けた[70][71]。Deadline.comのピート・ハモンドは「我々は困難な時代に生きているが、この映画は鑑賞に値する作品だ。我々を楽しませてくれるし、人間の新しい一面を見せてくれる。観客は生きていることの喜びを味わえる。アメリカのミュージカルの将来を案じている人間は必ず見るべき映画だ。」と称賛している[72]。
英のBBCは、2016年の映画トップ10で本作を1位に選出している[73]。
俳優のトム・ハンクスは「我々は新しい何か、想像も出来ないものを目にしたとき、『こんな素晴らしいものを創造した神に感謝したい』と思うでしょう。『ラ・ラ・ランド』のような映画はスタジオにとって好ましいものではないのです。この作品はミュージカル映画であり、観客は登場人物と歌に関してよく知っているわけでは無いのですから。」と本作を高く評価しつつ、興行収入ばかりを気にして、新しい潮流を生み出すような映画を制作しようとしない映画会社を批判した[74]。
日本でも多数の著名人が観賞後絶賛のコメントを寄せている[75]。

新海誠 – 「大いに堪能しました。夢を追う過程にいる男女の、すがるような自信と傲慢と不安と。一度だけの恋と。音楽と映画の特別な瞬間が何度もありました」
大根仁 – 「早くも2017年ナンバー1映画決定!!」
西川美和 – 「どうやったらこんなふうなシナリオを書けるのかなあ。巧みさに打ちのめされて、一人で泣きたくなりました。人生の美しさと喪失とをきちんと突き詰めているこの映画は、ほんとうに大人の恋愛歌劇だと思います」一方で監督の癖が強く反映された作品のため、見る人を選ぶとの声もある[76]。

受賞[編集]
詳細は「ラ・ラ・ランドの受賞とノミネートの一覧(英語版)」を参照
受賞とノミネート
賞・映画祭

カテゴリ

対象

結果
第74回ゴールデングローブ賞[10]
作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)

ラ・ラ・ランド

受賞
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)

ライアン・ゴズリング

受賞
主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)

エマ・ストーン

受賞
監督賞

デミアン・チャゼル

受賞
脚本賞

デミアン・チャゼル

受賞
主題歌賞

“City of Stars” – ジャスティン・ハーウィッツ、Pasek and Paul

受賞
作曲賞

ジャスティン・ハーウィッツ

受賞
第70回英国アカデミー賞[77]
作品賞

ラ・ラ・ランド

受賞
監督賞

デミアン・チャゼル

受賞
撮影賞

ライナス・サンドグレン

受賞
作曲賞

ジャスティン・ハーウィッツ

受賞
主演女優賞

エマ・ストーン

受賞
第89回アカデミー賞[78]
作品賞

ラ・ラ・ランド

ノミネート
監督賞

デミアン・チャゼル

受賞
主演男優賞

ライアン・ゴズリング

ノミネート
主演女優賞

エマ・ストーン

受賞
脚本賞

デミアン・チャゼル

ノミネート
撮影賞

ライナス・サンドグレン

受賞
編集賞

トム・クロス

ノミネート
美術賞

デヴィッド・ワスコ、サンディ・レイノルズ・ワスコ

受賞
作曲賞

ジャスティン・ハーウィッツ

受賞
歌曲賞

“Audition” (ジャスティン・ハーウィッツ、Pasek and Paul)

ノミネート
“City of Stars” (Justin Hurwitz, Pasek and Paul)

受賞
衣裳デザイン賞

メアリー・ゾフレス

ノミネート
音響編集賞

ラ・ラ・ランド

ノミネート
録音賞

ラ・ラ・ランド

ノミネート
第82回ニューヨーク映画批評家協会賞

作品賞

ラ・ラ・ランド

受賞
第41回トロント国際映画祭[79]
観客賞

ラ・ラ・ランド

受賞
第73回ヴェネツィア国際映画祭[80]
金獅子賞

デミアン・チャゼル

ノミネート
グリーン・ドロップ賞

デミアン・チャゼル

ノミネート
女優賞

エマ・ストーン

受賞
第22回放送映画批評家協会賞[81][82]
作品賞

フレド・バーガーゲイリー・ギルバートジョーダン・ホロウィッツマーク・E・プラット

受賞
監督賞

デミアン・チャゼル

受賞
主演男優賞

ライアン・ゴズリング

ノミネート
主演女優賞

エマ・ストーン

ノミネート
脚本賞

デミアン・チャゼル

受賞
撮影賞

リヌス・サンドグレン

受賞
衣裳デザイン賞

メアリー・ゾフレス

ノミネート
編集賞

トム・クロス

受賞
美術賞

デヴィッド・ワスコ、サンディ・レイノルズ・ワスコ

受賞
作曲賞

ジャスティン・ハーウィッツ

受賞
歌曲賞

“Audition” (ジャスティン・ハーウィッツ、Pasek and Paul)

ノミネート
“City of Stars” (Justin Hurwitz, Pasek and Paul)

受賞
第64回ゴールデン・リール賞[83]
長編映画・ミュージカル部門

ラ・ラ・ランド

受賞
第53回映画音響協会賞[84]
実写映画部門

ラ・ラ・ランド

受賞
第21回全米美術監督組合賞[85]
現代映画部門

デヴィッド・ワスコ

受賞
第24回ハンプトンズ国際映画祭[86]
観客賞ナラティヴ部門

デミアン・チャゼル

受賞
第88回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[87]
作品賞トップ10

ラ・ラ・ランド

受賞
パームスプリングス国際映画祭2017[88]
ヴァンガード賞

ラ・ラ・ランド

受賞
第32回サンタバーバラ国際映画祭[89]
パフォーマー・オブ・ザ・イヤー

ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン

受賞
ハリウッド映画賞2016[90]
プロデューサー賞

マーク・E・プラット(ビリー・リンの永遠の1日とガール・オン・ザ・トレインを含む)

受賞
撮影賞

リヌス・サンドグレン

受賞
ハリウッドメディア音楽賞2016[91][92]
作曲賞

ジャスティン・ハーウィッツ

ノミネート
主題歌賞

“Audition” – ジャスティン・ハーウィッツ、Pasek and Paul

ノミネート
“City of Stars” – ジャスティン・ハーウィッツ、Pasek and Paul

受賞
最優秀音楽監督賞

Steven Gizicki

ノミネート
第21回サテライト賞[93]
作品賞

ラ・ラ・ランド

ノミネート
監督賞

デミアン・チャゼル

受賞
主演男優賞

ライアン・ゴズリング

ノミネート
主演女優賞

エマ・ストーン

受賞
オリジナル脚本賞

デミアン・チャゼル

ノミネート
撮影賞

リヌス・サンドグレン

受賞
作曲賞

ジャスティン・ハーウィッツ

受賞
主題歌賞

“Audition” – ジャスティン・ハーウィッツ、Pasek and Paul

ノミネート
“City of Stars” – ジャスティン・ハーウィッツ、Pasek and Paul

受賞
美術賞

デヴィッド・ワスコ

受賞
編集賞

トム・クロス

ノミネート
衣裳デザイン賞

メアリー・ゾフレス

ノミネート
音響賞

ラ・ラ・ランド

ノミネート
第41回日本アカデミー賞

最優秀外国作品賞

ラ・ラ・ランド

受賞
第27回東京スポーツ映画大賞

外国作品賞

ラ・ラ・ランド

受賞
第91回キネマ旬報ベスト・テン

読者選出外国映画ベスト・テン 1位

ラ・ラ・ランド

受賞
読者選出外国映画監督賞

デイミアン・チャゼル

受賞
第72回毎日映画コンクール

TSUTAYA×Filmarks映画ファン賞(外国映画部門)

ラ・ラ・ランド

受賞
映像ソフト[編集]
発売日は2017年8月2日。
『ラ・ラ・ランド』 4K ULTRA HD+本編Blu-ray+特典Blu-ray
『ラ・ラ・ランド』 Blu-ray コレクターズ・エディション
『ラ・ラ・ランド』 Blu-ray コレクターズ・エディション スチールブック仕様 <数量限定生産>
『ラ・ラ・ランド』 Blu-ray スタンダード・エディション
『ラ・ラ・ランド』 DVD スタンダード・エディションテレビ放送[編集]
放送回数
放送局
放送枠
放送日
放送時間(JST)
放送分数
視聴率
備考
出典
1
日本テレビ
金曜ロードSHOW!
2019年2月8日
金曜21:00 – 23:29
149分
7.5% [94]
地上波初放送ノーカット
[95]2
映画天国
2020年2月10日
月曜25:59 – 27:59
120分
1.3% [96]
関東ローカル

3
NHK総合

2021年1月2日
土曜22:00 – 00:10
130分

4
BS松竹東急
日曜ゴールデンシアター
2022年5月1日
日曜18:30 – 21:00
130分

視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ 作曲を担当したジャスティン・ハーウィッツは、当初オープニング・ナンバーに “Traffic” という題を付けていたが、後に “Another Day of Sun” に変更されたことを語っている[12]。2013年4月版と書かれた脚本にはこの曲が旧題で掲載されているが[13]、日付の記載が無い最終版では新題が使われている[14]。

^ 勿論この会話は反語であることが作曲者のハーウィッツによって語られている[18]。

^ “A Lovely Night” でふたりが踊ったグリフィス・パークの坂道。

出典[編集]

^ “Lionsgate Seals $1.5 Billion Deal With China’s Hunan TV”. Variety. 2017年3月1日閲覧。

^ “Will China Go Gaga for ‘La La Land’?”. Wall Street Journal. 2017年3月1日閲覧。

^ “La La Land (12A)”. British Board of Film Classification (2016年10月14日). 2017年2月22日閲覧。

^ “Peter Bart: ‘La La Land’ Adds Musical Backbeat To Wide-Open Awards Race”. Deadline.com. 2016年12月2日閲覧。

^ “La La Land (2016)”. Box Office Mojo. 2018年1月1日閲覧。

^ “La La Land (2016)”. Box Office Mojo. 2018年1月1日閲覧。

^ 2017年興行収入10億円以上番組 (PDF) – 日本映画製作者連盟

^ “La La Land di Damien Chazelle apre Venezia 73”. 2016年6月18日閲覧。

^ “Damien Chazelle’s ‘La La Land’ To Open Venice Film Festival”. 2016年6月18日閲覧。

^ a b “ゴールデングローブ賞発表 「ラ・ラ・ランド」が史上最多7部門を受賞”. 映画.com. (2017年1月9日). http://eiga.com/news/20170109/6/ 2017年2月16日閲覧。 

^ “【第89回アカデミー賞】ライアン・ゴズリング主演『ラ・ラ・ランド』が本年度最多13部門14ノミネートを記録!『タイタニック』に並ぶ快挙!”. T-SITEニュース. 2017年2月16日閲覧。

^ “Another Day of Sun”. Genius. 2017年3月3日閲覧。

^ Chazelle, Damien (2013年4月). “LA LA LAND – April 2013 (PDF)”. LA Entertainer. 2017年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月3日閲覧。

^ a b Chazelle, Damien. “LA LA LAND (PDF)”. ライオンズゲート. 2017年3月3日閲覧。

^ 『ラ・ラ・ランド』Music PV “Another day of sun” – ギャガ公式チャンネル – YouTube

^ a b “【もっと見たくなる!】『ラ・ラ・ランド』ロケ地の撮影秘話と場面写真が一挙解禁!”. T-SITE. TSUTAYA (2017年2月14日). 2017年3月3日閲覧。

^ Buchanan, Kyle (2016年9月21日). “Ryan Gosling Wears a Keytar in La La Land, Just FYI”. Vulture.com. 2017年3月3日閲覧。

^ “A Lovely Night”. Genius. 2017年3月3日閲覧。

^ a b 『セッション』監督のミュージカル!映画『ラ・ラ・ランド』より「City Of Stars」 – シネマトゥディ – YouTube

^ チャーリー・パーカーは「バード」という愛称で呼ばれるほど鶏肉が好きだったためとされている。

^ La La Land (2016 Movie) Official Trailer – ‘Start A Fire’-Lionsgate Movies – YouTube

^ 映画『ラ・ラ・ランド』エマ・ストーンが歌う「AUDITION」 -シネマトゥディ – YouTube

^ a b c d e “「ラ・ラ・ランド」日本語吹替キャストに内田夕夜、武田華ら BD&DVD 8・2発売”. TVLIFE (2017年7月31日). 2017年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月31日閲覧。

^ a b c d e f g h i “金曜ロードシネマクラブ ラ・ラ・ランド”. 金曜ロードシネマクラブ (2019年1月18日). 2019年2月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。

^ a b c d Ariston Anderson (2016年8月31日). “’La La Land’: Emma Stone, Director Damien Chazelle Talk Bringing Back Hope in Films”. The Hollywood Reporter. 2016年10月9日閲覧。

^ a b “Ryan Gosling & Emma Stone Circling Damien Chazelle’s ‘La La Land’”. Deadline.com (2015年4月14日). 2015年8月20日閲覧。

^ a b c d e Nigel M Smith (2016年9月8日). “Damien Chazelle on La La Land: ‘Los Angeles is full of people chasing dreams’”. The Guardian. 2016年10月9日閲覧。

^ a b c d e f g h i j k l m n Rebecca Ford (2016年11月3日). “How ‘La La Land’ Went From First-Screening Stumbles to Hollywood Ending”. The Hollywood Reporter. 2016年11月3日閲覧。

^ “’La La Land’ could have been set in Boston”. Boston Globe. 2016年9月20日閲覧。

^ a b c d e f g Mekado Murphy (2016年11月4日). “L.A. Transcendental: How ‘La La Land’ Chases the Sublime”. The New York Times. 2016年11月5日閲覧。

^ Pete Hammond (2016年8月30日). “Damien Chazelle’s ‘La La Land’, An Ode To Musicals, Romance & L.A., Ready To Launch Venice And Oscar Season”. Deadline.com. 2016年10月9日閲覧。

^ Michael Phillips (2016年9月12日). “Ryan Gosling sings, dances, reads in margins of Gene Kelly’s annotated script”. Chicago Tribune. 2016年10月10日閲覧。

^ a b c Joe McGovern (2016年8月30日). “La La Land director on the ‘timeless glamour’ of Ryan Gosling & Emma Stone”. Entertainment Weekly. 2016年10月10日閲覧。

^ a b c d e f g h i j k l Rebecca Reegan (2016年9月12日). “With ‘La La Land,’ Emma Stone and director Damien Chazelle aim to show that original musicals aren’t all tapped out”. Los Angeles Times. 2016年10月10日閲覧。

^ Pete Hammond (2016年9月3日). “Tom Hanks Interrupts His Own ‘Sully’ Q&A To Lavishly Praise ‘La La Land’ – Telluride”. Deadline.com. 2016年10月9日閲覧。

^ a b c d Ethan Alter (2016年9月16日). “Emma Stone on Reteaming With Ryan Gosling in ‘La La Land’ and Her New Appreciation of Los Angeles”. Yahoo! Movies. 2016年10月10日閲覧。

^ Scott Roxborough (2016年9月25日). “Zurich: Lionsgate’s Patrick Wachsberger on His Journey From Jerry Lewis to ‘Twilight,’ ‘La La Land’”. The Hollywood Reporter. 2016年10月10日閲覧。

^ “Miles Teller, Emma Watson Circling Damien Chazelle’s Musical ‘La La Land’ (Exclusive)”. 2016年5月19日閲覧。

^ “Ryan Gosling & Emma Stone Circling Damien Chazelle’s ‘La La Land’”. 2016年5月19日閲覧。

^ a b “‘Power Rangers,’ Kristen Stewart’s ‘American Ultra’ Land Release Dates”. 2016年5月19日閲覧。

^ “Sonoya Mizuno, Jessica Rothe & Callie Hernandez Move Into ‘La La Land’”. 2016年5月19日閲覧。

^ “J.K. Simmons to Reunite With ‘Whiplash’ Director for ‘La La Land’ (Exclusive)”. 2016年5月19日閲覧。

^ “「セッション」監督とJ・K・シモンズ、新作ミュージカル映画で再タッグ”. 2016年5月19日閲覧。

^ “’La La Land’ Adding ‘American Horror Story’ Actor Finn Wittrock (Exclusive)”. 2016年5月19日閲覧。

^ “John Legend in Talks to Join Emma Stone and Ryan Gosling in Musical ‘La La Land’”. 2016年5月19日閲覧。

^ “Rosemarie DeWitt Chimes In For ‘La La Land’”. 2016年5月19日閲覧。

^ “Tony Sirico Joins Woody Allen’s Latest; Meagen Fay Tunes Up For ‘La La Land’”. 2016年5月19日閲覧。

^ “John Magaro Joins ‘War Machine’; Jason Fuchs Moves To ‘La La Land’”. 2016年5月19日閲覧。

^ a b c Emma Jones (2016年10月6日). “La La Land: Gosling and Stone serenade Hollywood”. ”BBC News. 2016年10月10日閲覧。

^ Matthew Grobar (2016年11月5日). “Emma Stone Reveals Unorthodox ‘La La Land’ Audition; Mel Gibson On ‘Hacksaw Ridge’ Inspiration – The Contenders”. Deadline.com. 2016年11月6日閲覧。

^ a b c d e Jason Gay (2016年10月14日). “Emma Stone Takes the Biggest Leap of Her Career With La La Land”. Vogue. 2016年10月16日閲覧。

^ “This painful audition scene in ‘La La Land’ was based on Ryan Gosling’s real-life experience”. Los Angeles Times. 2016年10月10日閲覧。

^ Kate Thomas And Jennifer Pearson (2016年10月8日). “Lights, camera, action! Emma Stone looks every inch the girl next door in a blue shirt and A-line skirt as she joins Ryan Gosling on the set of La La Land”. Daily Mail. 2016年10月10日閲覧。

^ “これさえ知っておけばもっと楽しめる!映画『ラ・ラ・ランド』で見逃したくない4つのシーン。”. VOGUE JAPAN. 2017年2月16日閲覧。

^ “Shot in CinemaScope, La La Land vibrantly romances the olden days of Hollywood”. 2017年1月10日閲覧。

^ Gray, Richard. “Review: La La Land”. 2016年12月14日閲覧。

^ Desowitz, Bill. “Oscars 2017: Shooting on Film Will Impact Cinematography Race – IndieWire”. 2016年12月14日閲覧。

^ “La La Land (Damien Chazelle, US) – Special Presentations – Cinema Scope”. 2016年9月5日閲覧。

^ https://twitter.com/lionsgatemovies/status/630872652148703232

^ “On the Set for 8/14/15: Marlon Wayans Starts Fifty Shades of Black, Bill Condon Wraps Up Beauty and The Beast”. SSN Insider (2015年8月14日). 2015年8月20日閲覧。

^ “Ryan Gosling sees ‘La La Land’ as an opportunity to show off Los Angeles”. Los Angeles Times. 2016年11月6日閲覧。

^ Anthony D’Alessandro (2016年12月10日). “How ‘La La Land’ Director Damien Chazelle, His Team & Lionsgate Faced The Music & Resurrected The Original Hollywood Musical”. Deadline.com. 2016年12月11日閲覧。

^ “How ‘La La Land’ Staged a Dance Number on an L.A. Freeway”. 2017年2月3日閲覧。

^ Anthony D’Alessandro (2016年9月12日). “How Damien Chazelle Pulled Off That L.A. Freeway Musical Number In ‘La La Land’ – Toronto Studio”. Deadline.com. 2016年10月9日閲覧。

^ “映画「ラ・ラ・ランド」オリジナル・サウンドトラックの発売が決定”. CDJournal. 2017年2月18日閲覧。

^ “Ryan Gosling, Emma Stone Musical ‘La La Land’ Grabs Oscar Season Debut”. 2016年5月19日閲覧。

^ “Emma Stone and Ryan Gosling’s ‘La La Land’ Headed to Imax in North America”. 2017年1月6日閲覧。

^ “「ラ・ラ・ランド」監督、渡哲也主演映画オマージュ”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年1月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1770775.html 2017年2月22日閲覧。 

^ “『ラ・ラ・ランド』興収10億円を最速突破!すでに“社会現象化”始まる!”. T-SITE NEWS. TSUTAYA (2017年3月3日). 2017年3月3日閲覧。

^ “Stone and Ryan Gosling’s ‘La La Land’ gets rave reviews in Venice”. 2016年9月3日閲覧。

^ “Venice audiences enchanted by ‘La La Land’”. 2016年9月3日閲覧。

^ “‘La La Land’ Review: A Gorgeous Musical Romance For This Age – And The Ages”. 2016年9月3日閲覧。

^ “『君の名は。』も選出!英BBCが選ぶ2016年ベスト映画トップ10”. シネマトゥデイ. (2016年12月26日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088588 2016年12月26日閲覧。 

^ “Tom Hanks Interrupts His Own ‘Sully’ Q&A To Lavishly Praise ‘La La Land’ – Telluride”. 2016年11月4日閲覧。

^ “「ラ・ラ・ランド」を新海誠、大根仁、西川美和、椎名林檎らが絶賛、特別動画も公開”. 映画ナタリー (2017年2月15日). 2017年2月26日閲覧。

^ 【映画評書き起こし】宇多丸、『ラ・ラ・ランド』を語る!(2017.3.11放送)TBSラジオ 2017年3月15日

^ “英国アカデミー賞 『ラ・ラ・ランド』5部門受賞”. AFP通信 (2017年2月13日). 2017年2月14日閲覧。

^ “アカデミー賞ノミネート「ラ・ラ・ランド」13部門14ノミネート ジブリ作品も候補に”. The Huffington Post. (2017年1月25日). http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/24/2017-oscar-nominations_n_14371778.html 2017年2月16日閲覧。 

^ “TIFF People’s Choice Award cements La La Land’s place in Oscar race”. Entertainment Weekly (2016年9月18日). 2016年10月27日閲覧。

^ “Venice Film Festival: Golden Lion To ‘The Woman Who Left’; Tom Ford’s ‘Nocturnal Animals’, Emma Stone Take Major Prizes – Full List”. Deadline.com (2016年9月11日). 2016年9月11日閲覧。

^ Tapley, Kristopher (2016年12月1日). “‘La La Land,’ ‘Arrival,’ ‘Moonlight’ Lead Critics’ Choice Movie Nominations”. Variety. 2016年12月1日閲覧。

^ “「セッション」監督の新作「ラ・ラ・ランド」放送映画批評家協会賞で8冠”. 映画ナタリー. (2016年12月12日). http://natalie.mu/eiga/news/212916 2016年12月12日閲覧。 

^ “Oscar 2017: Golden Reel Awards, vincono Hacksaw Ridge e La La Land”. BadTaste.it. 2017年2月21日閲覧。

^ “またも『ラ・ラ・ランド』に栄冠!シネマ・オーディオ協会賞発表”. 楽天WOMAN. 2017年2月21日閲覧。

^ “美術監督組合賞に「ラ・ラ・ランド」「Hidden Figures」「パッセンジャー」”. 映画.com. 2017年2月16日閲覧。

^ “HIFF 2016: AWARDS”. Hamptons International Film Festival (2016年10月10日). 2016年10月27日閲覧。

^ “National Board of Review Announces 2016 Award Winners”. National Board of Review (2016年11月29日). 2016年11月29日閲覧。

^ “Palm Springs International Film Festival Film Awards Gala 2017”. Palm Springs International Film Festival. 2016年11月29日閲覧。

^ “Santa Barbara Film Festival to Honor Ryan Gosling and Emma Stone as Performers of the Year”. Awards Daily (2016年11月18日). 2016年11月19日閲覧。

^ “Tom Ford, Marc Platt & Kenneth Lonergan to be Honored”. Hollywood Film Awards (2016年10月19日). 2016年11月2日閲覧。

^ “Justin Timberlake & Alexandre Desplat Among Winners At Hollywood Music In Media Awards”. 2016年11月18日閲覧。

^ McNary, Dave (2016年11月2日). “‘La La Land’ Scores Three Hollywood Music in Media Nominations”. Variety. 2016年11月3日閲覧。

^ Kilday, Gregg (2016年11月29日). “Satellite Awards Nominees Revealed”. The Hollywood Reporter. 2016年11月29日閲覧。

^ “週間高世帯視聴率番組10 VOL.06 2019年 2月4日(月)~2月10日(日)”. ビデオリサーチ. 2019年2月16日閲覧。

^ 『TVステーション 関東版』2019年4号、 P.57。

^ “週間高世帯視聴率番組10 VOL.7 2020年 2月10日(月)~2月16日(日)”. ビデオリサーチ. 2020年2月20日閲覧。

外部リンク[編集]
公式ウェブサイト(英語)
公式ウェブサイト(日本語)
ラ・ラ・ランド – IMDb(英語)
ラ・ラ・ランド – Box Office Mojo(英語)
ラ・ラ・ランド – Rotten Tomatoes(英語)
ラ・ラ・ランド – Metacritic(英語)
ラ・ラ・ランド – allcinema
ラ・ラ・ランド – KINENOTE
ラ・ラ・ランド – Hulu
ラ・ラ・ランド – シネマトゥデイ
ラ・ラ・ランド – Movie Walker表話編歴英国アカデミー賞作品賞総合作品賞1947–1967
我等の生涯の最良の年(1947)
ハムレット(1948)
自転車泥棒(1949)
イヴの総て(1950)
輪舞(1951)
超音ジェット機(1952)
禁じられた遊び(1953)
恐怖の報酬(1954)
リチャード三世(1955)
居酒屋(1956)
戦場にかける橋(1957)
年上の女(1958)
ベン・ハー(1959)
アパートの鍵貸します(1960)
誓いの休暇(1961)
アラビアのロレンス(1962)
トム・ジョーンズの華麗な冒険(1963)
博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964)
マイ・フェア・レディ(1965)
バージニア・ウルフなんかこわくない(1966)
わが命つきるとも(1967)作品賞1968–現在
卒業(1968)
真夜中のカーボーイ(1969)
明日に向って撃て!(1970)
日曜日は別れの時(1971)
キャバレー(1972)
アメリカの夜(1973)
ルシアンの青春(1974)
アリスの恋(1975)
カッコーの巣の上で(1976)
アニー・ホール(1977)
ジュリア(1978)
マンハッタン(1979)
エレファント・マン(1980)
炎のランナー(1981)
ガンジー(1982)
リタと大学教授(1983)
キリング・フィールド(1984)
カイロの紫のバラ(1985)
眺めのいい部屋(1986)
愛と宿命の泉 PART1/フロレット家のジャン(1987)
ラストエンペラー(1988)
いまを生きる(1989)
グッドフェローズ(1990)
ザ・コミットメンツ(1991)
ハワーズ・エンド(1992)
シンドラーのリスト(1993)
フォー・ウェディング(1994)
いつか晴れた日に(1995)
イングリッシュ・ペイシェント(1996)
フル・モンティ(1997)
恋におちたシェイクスピア(1998)
アメリカン・ビューティー(1999)
グラディエーター(2000)
ロード・オブ・ザ・リング(2001)
戦場のピアニスト(2002)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)
アビエイター(2004)
ブロークバック・マウンテン(2005)
クィーン(2006)
つぐない(2007)
スラムドッグ$ミリオネア(2008)
ハート・ロッカー(2009)
英国王のスピーチ(2010)
アーティスト(2011)
アルゴ(2012)
それでも夜は明ける(2013)
6才のボクが、大人になるまで。(2014)
レヴェナント: 蘇えりし者(2015)
ラ・ラ・ランド(2016)
スリー・ビルボード(2017)
ROMA/ローマ(2018)
1917 命をかけた伝令(2019)
ノマドランド(2020)
パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021)
表話編歴ゴールデングローブ賞 ミュージカル・コメディ作品賞1951–1960年
巴里のアメリカ人(1951)
わが心に歌えば(1952)
カルメン(1954)
野郎どもと女たち(1955)
王様と私(1956)
魅惑の巴里(1957)
恋の手ほどき / メイム叔母さん(1958)
ポーギーとベス / お熱いのがお好き(1959)
わが恋は終りぬ / アパートの鍵貸します(1960)1961–1980年
ウエスト・サイド物語 / A Majority of One(英語版)(1961)
ミュージック・マン(英語版) / ミンクの手ざわり(1962)
トム・ジョーンズの華麗な冒険(1963)
マイ・フェア・レディ(1964)
サウンド・オブ・ミュージック(1965)
アメリカ上陸作戦(1966)
卒業(1967)
オリバー!(1968)
サンタ・ビットリアの秘密(1969)
M★A★S★H マッシュ(1970)
屋根の上のバイオリン弾き(1971)
キャバレー(1972)
アメリカン・グラフィティ(1973)
ロンゲスト・ヤード(1974)
サンシャイン・ボーイズ(英語版)(1975)
スター誕生(1976)
グッバイガール(1977)
天国から来たチャンピオン(1978)
ヤング・ゼネレーション(1979)
歌え!ロレッタ愛のために(1980)1981–2000年
ミスター・アーサー(1981)
トッツィー(1982)
愛のイエントル(1983)
ロマンシング・ストーン 秘宝の谷(1984)
女と男の名誉(1985)
ハンナとその姉妹(1986)
戦場の小さな天使たち(1987)
ワーキング・ガール(1988)
ドライビング Miss デイジー(1989)
グリーン・カード(1990)
美女と野獣(1991)
ザ・プレイヤー(1992)
ミセス・ダウト(1993)
ライオン・キング(1994)
ベイブ(1995)
エビータ(1996)
恋愛小説家(1997)
恋におちたシェイクスピア(1998)
トイ・ストーリー2(1999)
あの頃ペニー・レインと(2000)2001–2020年
ムーラン・ルージュ(2001)
シカゴ(2002)
ロスト・イン・トランスレーション(2003)
サイドウェイ(2004)
ウォーク・ザ・ライン/君につづく道(2005)
ドリームガールズ(2006)
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007)
それでも恋するバルセロナ(2008)
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009)
キッズ・オールライト(2010)
アーティスト(2011)
レ・ミゼラブル(2012)
アメリカン・ハッスル(2013)
グランド・ブダペスト・ホテル(2014)
オデッセイ(2015)
ラ・ラ・ランド(2016)
レディ・バード(2017)
グリーンブック(2018)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019)
続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画(2020)
表話編歴放送映画批評家協会賞 作品賞
いつか晴れた日に(1995)
ファーゴ (1996)
L.A.コンフィデンシャル(1997)
プライベート・ライアン(1998)
アメリカン・ビューティー(1999)
グラディエーター(2000)
ビューティフル・マインド(2001)
シカゴ(2002)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)
サイドウェイ(2004)
ブロークバック・マウンテン(2005)
ディパーテッド(2006)
ノーカントリー(2007)
スラムドッグ$ミリオネア(2008)
ハート・ロッカー(2009)
ソーシャル・ネットワーク(2010)
アーティスト(2011)
アルゴ(2012)
それでも夜は明ける(2013)
6才のボクが、大人になるまで。(2014)
スポットライト 世紀のスクープ(2015)
ラ・ラ・ランド(2016)
シェイプ・オブ・ウォーター(2017)
ROMA/ローマ(2018)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019)
ノマドランド(2020)
パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021)
表話編歴ニューヨーク映画批評家協会賞 作品賞
男の敵(1935)
オペラハット(1936)
ゾラの生涯(1937)
城砦 (1938)
嵐が丘(1939)
怒りの葡萄(1940)
市民ケーン (1941)
In Which We Serve(1942)
ラインの監視(1943)
我が道を往く(1944)
失われた週末(1945)
我等の生涯の最良の年(1946)
紳士協定(1947)
黄金(1948)
オール・ザ・キングスメン(1949)
イヴの総て(1950)
欲望という名の電車(1951)
真昼の決闘(1952)
地上より永遠に(1953)
波止場(1954)
マーティ(1955)
八十日間世界一周(1956)
戦場にかける橋(1957)
手錠のまゝの脱獄(1958)
ベン・ハー(1959)
アパートの鍵貸します / 息子と恋人(1960)
ウエスト・サイド物語(1961)
No award(1962)
トム・ジョーンズの華麗な冒険(1963)
マイ・フェア・レディ(1964)
ダーリング(1965)
わが命つきるとも(1966)
夜の大捜査線(1967)
冬のライオン(1968)
Z(1969)
ファイブ・イージー・ピーセス(1970)
時計じかけのオレンジ(1971)
叫びとささやき(1972)
アメリカの夜(1973)
フェリーニのアマルコルド(1974)
ナッシュビル(1975)
大統領の陰謀(1976)
アニー・ホール(1977)
ディア・ハンター(1978)
クレイマー、クレイマー(1979)
普通の人々(1980)
レッズ(1981)
ガンジー(1982)
愛と追憶の日々(1983)
インドへの道(1984)
女と男の名誉(1985)
ハンナとその姉妹(1986)
ブロードキャスト・ニュース(1987)
偶然の旅行者(1988)
マイ・レフトフット(1989)
グッドフェローズ(1990)
羊たちの沈黙(1991)
ザ・プレイヤー(1992)
シンドラーのリスト(1993)
クイズ・ショウ(1994)
リービング・ラスベガス(1995)
ファーゴ(1996)
L.A.コンフィデンシャル(1997)
プライベート・ライアン(1998)
トプシー・ターヴィー(1999)
トラフィック(2000)
マルホランド・ドライブ(2001)
エデンより彼方に(2002)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)
サイドウェイ(2004)
ブロークバック・マウンテン(2005)
ユナイテッド93(2006)
ノーカントリー(2007)
ミルク(2008)
ハート・ロッカー(2009)
ソーシャル・ネットワーク(2010)
アーティスト(2011)
ゼロ・ダーク・サーティ(2012)
アメリカン・ハッスル(2013)
6才のボクが、大人になるまで。(2014)
キャロル(2015)
ラ・ラ・ランド(2016)
レディ・バード(2017)
ROMA/ローマ(2018)
アイリッシュマン(2019)
表話編歴日本アカデミー賞・最優秀外国作品賞1970年代
ロッキー(1977)
家族の肖像(1978)
ディア・ハンター(1979)1980年代
クレイマー、クレイマー(1980)
ブリキの太鼓(1981)
E.T.(1982)
愛と青春の旅だち(1983)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984)
アマデウス(1985)
バック・トゥ・ザ・フューチャー(1986)
プラトーン(1987)
ラストエンペラー(1988)
ダイ・ハード(1989)1990年代
フィールド・オブ・ドリームス(1990)
ダンス・ウィズ・ウルブズ(1991)
JFK(1992)
ジュラシック・パーク(1993)
シンドラーのリスト (1994)
ショーシャンクの空に(1995)
イル・ポスティーノ(1996)
タイタニック(1997)
L.A.コンフィデンシャル(1998)
シックス・センス(1999)2000年代
ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000)
リトル・ダンサー(2001)
チョコレート(2002)
戦場のピアニスト(2003)
ラスト サムライ(2004)
ミリオンダラー・ベイビー(2005)
父親たちの星条旗(2006)
硫黄島からの手紙(2007)
ダークナイト(2008)
グラン・トリノ(2009)2010年代
アバター(2010)
英国王のスピーチ(2011)
最強のふたり(2012)
レ・ミゼラブル(2013)
アナと雪の女王(2014)
アメリカン・スナイパー(2015)
ハドソン川の奇跡(2016)
ラ・ラ・ランド(2017)
ボヘミアン・ラプソディ(2018)
ジョーカー(2019)2020年代
パラサイト 半地下の家族(2020)
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2021)
日本アカデミー賞
作品賞
監督賞
脚本賞
アニメーション作品賞
外国作品賞
主演男優賞
主演女優賞
助演男優賞
助演女優賞
音楽賞
表話編歴2017年日本週末観客動員数1位の映画1月
7・8日 映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!
14・15日 本能寺ホテル
21・22日 君の名は。
28・29日 ドクター・ストレンジ2月
4・5日 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
11・12日 相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断
18・19日 劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-
25・26日 ラ・ラ・ランド3月
4・5日 ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
11・12日 モアナと伝説の海
18・19、25・26日 SING/シング4月
1・2、8・9日 SING/シング
15・16日 名探偵コナン から紅の恋歌
22・23、29・30日 美女と野獣5月
6・7、13・14、20・21、27・28日 美女と野獣6月
3・4日 美女と野獣
10・11、17・18、24・25日 22年目の告白 -私が殺人犯です-7月
1・2、8・9日 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
15・16日 劇場版ポケットモンスター キミにきめた!
22・23、29・30日 怪盗グルーのミニオン大脱走8月
5・6、12・13日 怪盗グルーのミニオン大脱走
19・20日 HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY
26・27日 関ヶ原9月
2・3日 関ヶ原
9・10日 ダンケルク
16・17日 エイリアン: コヴェナント
23・24日 ナミヤ雑貨店の奇蹟
30日・10月1日 亜人10月
7・8日 アウトレイジ 最終章
14・15日 Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flower
21・22日 ミックス。
28・29日 映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!11月
4・5日 マイティ・ソー バトルロイヤル
11・12日 HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION
18・19日 IT イット “それ”が見えたら、終わり。
25・26日 ジャスティス・リーグ12月
2・3日 鋼の錬金術師
9・10日 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー
16・17、23・24、30・31日 スター・ウォーズ/最後のジェダイ
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022
表話編歴デイミアン・チャゼル監督
Guy and Madeline on a Park Bench (2009)
セッション (2014)
ラ・ラ・ランド (2016)
ファースト・マン (2018)
バビロン (2022)脚本のみ
ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛 (2013)
グランドピアノ 狙われた黒鍵 (2013)
10 クローバーフィールド・レーン (2016)

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ラ・ラ・ランド&oldid=91243050」から取得
カテゴリ: 2016年の映画アメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画アメリカ合衆国のミュージカル映画ピアノやピアニストを題材とした映画作品ジャズを題材とした映画作品音楽家を主人公とした映画作品ハリウッドを題材とした映画作品パラレルワールドを題材にした映画作品ロサンゼルスを舞台とした映画作品ロサンゼルスで製作された映画作品アカデミー賞受賞作英国アカデミー賞受賞作日本アカデミー賞最優秀外国作品賞ライオンズゲートの作品サミット・エンターテインメントの作品ギャガの映画作品ポニーキャニオンの映画作品ニュー・サウンズ・イン・ブラス隠しカテゴリ: Reflistで3列を指定しているページウィキペディアとウィキデータで異なる公式ウェブサイト

評価: 4~5 つ星
レビュー: 7363
再生回数: 1685
[spincontent type=”j”]

「ラ・ラ・ランド」本予告 Youtube

2017年2月24日公開「ラ・ラ・ランド」
世界に興奮と熱狂を叩きつけた『セッション』の監督最新作は
極上のミュージカル・エンターテイメント。

伝説の第2章が幕を開けた!アカデミー賞を含む50を超える賞を受賞し、日本でもかつてないブームを巻き起こした『セッション』から2年、デイミアン・チャゼル監督の最新作が完成した。世界が求める才能が新たに創り出した奇跡は、歌・音楽・ダンス・脚本――すべてがオリジナルの圧巻にして幻想的なミュージカルの手法を用い、リアルで切ない現代のロマンスを描くという離れ技。オスカー前哨戦と名高いトロント国際映画祭での観客賞と、「この途方もない傑作を前に、僕らはみんな絶望的な気持ちさ」と、自身の作品宣伝中に白旗を揚げたトム・ハンクスをはじめとする鑑賞した人々の熱狂に、各国メディアも“アカデミー賞に王手!”と話題騒然。
主人公の恋人たちには、共にオスカーノミネートを誇るエマ・ストーンとライアン・ゴズリング。ブロードウェイの舞台「キャバレー」の主演でもその歌声を絶賛されたエマは、本作でベネチア国際映画祭女優賞を受賞。徹底した役作りでジャズピアノを習得したライアンは、全編吹き替えなしの魂をこめた演奏で魅了する。この映画に恋せずにいられない最大の理由、それは、高揚と陶酔の先にある、観るもの全ての感情を揺さぶる予想だにしない大仕掛け、それこそが――、ようこそ、ラ・ラ・ランドへ。

STORY
夢追い人が集まる街L.A.(ロサンゼルス)。映画スタジオのカフェで働くミア(エマ・ストーン)は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから、二人の心はすれ違い始める…。

今、すべての人を歓喜と至福の頂点へ――!

2. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Yomiuri

Yomiuri
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9722
[spincontent type=”j”]

3. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Asahi Shimbun

朝日新聞
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 朝日新聞で検索した 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する上記の情報が、問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6153
[spincontent type=”j”]

4. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? The Japan Times

The Japan Times
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: ジャパン タイムズで検索した 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する記事のトップです。問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 1222
[spincontent type=”j”]

5. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Yomiuri Shimbun

読売新聞
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する詳細情報はすでにありますか? 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8298
[spincontent type=”j”]

6. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Mainichi Shimbun

毎日新聞
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 毎日新聞で見つけた 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する上記の情報が、問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1329
[spincontent type=”j”]

7. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Sankei Shimbun

産経新聞
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 産経新聞で検索した 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する記事のトップです。問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 92 17
[spincontent type=”j”]

8. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9280
[spincontent type=”j”]

9. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Chunichi Shimbun

中日新聞
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 中日新聞で検索した 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する上記の情報が、問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 36 10
[spincontent type=”j”]

10. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Tokyo Shimbun

東京新聞
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8589
[spincontent type=”j”]

11. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 81 10
[spincontent type=”j”]

12. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 日刊工業新聞で見つけた 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する上記の情報が、問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3565
[spincontent type=”j”]

13. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Ainu Times

アイヌタイムス
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: アイヌ タイムズで検索した 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する記事のトップです。問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2521
[spincontent type=”j”]

14. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する詳細情報はすでにありますか? 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1355
[spincontent type=”j”]

15. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Chiba Nippo

千葉日報
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 千葉日報で検索した 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する上記の情報が、問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2574
[spincontent type=”j”]

16. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Chugoku Shimbun

中国新聞
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 中国新聞で検索した 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する記事のトップです。問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7282
[spincontent type=”j”]

17. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? Daily Tohoku

デイリー東北
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7930
[spincontent type=”j”]

18. 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

説明: イースタン クロニクルで検索した 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する上記の情報が、問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9224
[spincontent type=”j”]

問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? に関する質問

問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰? が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?

問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?
方法問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?
チュートリアル 問題2017年に日本で公開された映画「ラ・ラ・ランド」でミアを演じた女優は誰?
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: