あなたは 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー を共有します。 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この項目には性的な表現や記述が含まれます。免責事項もお読みください。おいかわ なお及川 奈央生年月日
(1981-04-21) 1981年4月21日(41歳)出生地
広島県国籍
日本身長
162cm[1]血液型
A型職業
女優ジャンル
映画、Vシネマ、テレビドラマ、舞台、バラエティ番組活動期間
2000年−2004年(AV女優)2004年− (女優、タレント)配偶者
結婚歴あり(2016年−2021年)[2]事務所
ファイヴドットオン公式サイト
及川奈央オフィシャルページテンプレートを表示YouTubeチャンネル

なおチャンネル活動期間
2020年 -ジャンル
エンターテイメント登録者数
10.5万人[3]総再生回数
884.4万回[3]チャンネル登録者数・総再生回数は000000002022-03-31-00002022年3月31日時点。テンプレートを表示及川 奈央(おいかわ なお、1981年4月21日 – )は、日本の女優、タレント、元AV女優。広島県生まれ、東京都育ち。

来歴
AV女優時代2000年春、東京の街頭でスカウトされ、ヌードグラビアやCS放送のアダルト番組出演等を経て、同年9月、AV女優として宇宙企画よりデビュー。当初は目立った活躍はみられず、デビュー後の1年間で発売された作品数は5本にとどまっていた[4]。2001年後半から出演作品が増え始め、 2002年になるとソフト・オン・デマンドやMOODYZといったインディーズメーカーの作品にも出演するようになり、これに比例して出演作品も一気に増え、AV界を代表する女優に成長した。2003年春以降、初代ミリオンガールズ[5]のリーダー格としてミリオンの専属女優。明確な「引退作」はなく、2004年末頃でも「お休みしています」[6]と表現しているが、2004年6月発売の作品を最後にAV出演を終了。2004年から2005年にかけては「ミリオンエグゼクティブ」の肩書きで、AV引退以降も販促活動等には参加していた[* 1]。AV女優時代に発売された作品は80本以上にのぼる[* 2]。

女優・タレント転身AV女優時代後期の2003年頃からAV引退後の2005年にかけて、テレビ番組へのゲスト出演やCMへの出演、CS放送への出演、ラジオ番組のパーソナリティ、ソロCDリリース、テレビドラマの監督などマルチタレントとしての活動が増えた。2005年春からはテレビ番組のレギュラー出演も始め、同時にヌードグラビアも引退した。
Vシネマや一般映画への出演歴はAV女優時代に遡るが、2007年以降は特に女優活動の比重を高めており、テレビドラマやVシネマへの出演の他、2007年11月には初の主演舞台公演『ナイトメス』全国ツアーを行った。幅広い役柄の中でもとりわけ特撮分野[* 3]での活動が顕著で、2005年の『牙狼-GARO-』、2007年の『ULTRASEVEN X』のゲスト出演を経て、2008年テレビ朝日系列放送のスーパー戦隊シリーズ第32弾『炎神戦隊ゴーオンジャー』に、害水大臣ケガレシア役としてレギュラー出演した。更に2009年12月12日公開の『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』に蜂女役で出演。3年という短い間に日本の三大特撮作品 (ウルトラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズ) への出演を果たした。
AV女優時代から、女優・タレント転身後も東京プロデュースセンターに所属していたが、2009年6月21日のブログで、株式会社ファイヴドットオンへの移籍を明らかにした。2010年放映のNHK大河ドラマ『龍馬伝』第4話では遊女を演じることが話題になった[7]。また、2010年以降は舞台での演劇活動も再開、2011年には、劇団スーパー・エキセントリック・シアター所属の女優久下恵美と二人で演劇ユニット「類類〜Lui Lui〜」を結成し、この名義でも舞台活動を開始した[8][9]。
2016年12月5日、6歳年上の会社員男性と結婚(名前・写真は非公表)[10]。
2019年、個人事務所5.on(ファイヴドットオン)に所属をしたまま、芸能事務所WBと業務提携を結ぶ[11]。
2021年8月5日、同年春に離婚していたことを発表[12]。
2022年2月1日、新型コロナウイルスに感染したことをツイッターで公表[13]。

人物
趣味「料理,乗馬,歩くこと」[14]、「人間観察とインターネット」[15]。
特技「書道(三段[15][16])、水泳」[14]。
好きな食べ物「和食全般、カレー」、嫌いな食べ物「エビ (アレルギー) ,納豆」[14],馬肉 [17]。
お気に入りの街「恵比寿,表参道,中目黒,根津」[18]、「麻布十番」[19]。
身長161.5 靴のサイズ24.5[15]、スリーサイズ B 86 / W 56 / H 88[14]。
一番大切にしていること(もの)は「家族、大切な人達(支えてくれる友人、知人)」[20]。
好きな男性のタイプ「嘘をつかない人」「裏切らない人」「筋を通す人」「自分を持っている人」[21]。
好きな言葉「努力」[15]、「Only ONE!」、座右の銘「継続は力なり」[15]「一期一会」[20]。
子供の頃の夢は幼稚園の先生[22]。少女時代に憧れていた芸能人は光GENJI、wink、観月ありさ、宮沢りえ等[23]。
少女時代は「人を冷静に観察するような子供で、『早く大人になりたい』とずっと思っていました」[24]。人見知りが激しく自分の周りに壁を作る性格だったが、及川奈央の名前で仕事をするようになってから人生観が180度変わり、積極的に多くの人と接して吸収することが楽しくなった[25]。自分の中から「“及川奈央”を取っちゃったら何が残るの?と思う位」だから「“及川奈央”で行けるところまで行きます」[26]。また、引退後も小さな小料理屋を開くのが夢で、そうした形で人とのつながりを持っていたい[27][28]。
女優としての目標「どんな役でも凛とした女優さんになること。ジャンルは問いません」[29]
尊敬する女優「高島礼子さん」、「大人の色気を持ちつつ、女性らしさをだしている」[19]。大好きなハリウッドスター「アンジェリーナ・ジョリー」、『17歳のカルテ』で興味を持ち、『Gia』での演技にしびれた[21]。
脚本家小林雄次は、女優としての及川奈央について「常人離れしたオーラの持主で、リアルな人間よりも特殊な役柄が似合う神秘的な女性」とした上で、役そのものと一体化した説得力ある演技を評価している[30]。
「表現・さわやか」を主催する池田鉄洋は、「奈央ちゃんが5分くらいひとりで喋っているだけの『野茂のかあちゃん』ってシーンがあるんです(中略)奈央ちゃんは、馬鹿がつくくらい礼儀正しい。子どものために頭下げ続けて、もう周りが切なくなるようなお母ちゃんって昔居たよね(中略)そういう意味で、及川奈央でしかできないものがある[8]」と、本人のキャラクターを活かした配役・演出意図を語っている。その数年前、及川奈央も女優として演じたい役として「包み込んであげるぐらいの、包容力のある役。お母さん役とか(中略)この如来[* 4]みたいな役をやってみたい。優しくて温かい役」[20]と述べていた。
舞台で演技することの魅力として「生でリアクションが返ってくる、それがお客さんと一緒に作品が作られていく瞬間というか」[31]、「笑い声が直接体に響いてくると心の底から嬉しく震えます。お客様ばかりではなく共演する役者さんひとりひとりの呼吸、表情、感情の動き、汗や涙の一粒までも、目の前ですぐそばで体感できます。芝居の人物が、そこに『存在』しているのです」[32]と語っている。
愛称 「ナオちゃん」(一般的)、「オイちゃん」(主に共演者等)、「オイナオ」(主にAV女優時代からのファン等、また現行の公式ドメインにも採り入れられている)、「なおち」(友人の熊切あさ美が使ったことから主にネット上でファンにも使われるようになった)等。
2009年5月より日本エイズストップ基金協力委員[33]。エピソード
デビュー当時芸名の由来-2000年4月に事務所に所属した際、たまたまマネージャと事務職員が読んでいた本の登場人物二名「及川」と「奈央」を組み合わせて芸名とした[34]。2000年にデビューする新人中で一番になれという社長の思いから「二千一子」とする案もあった[16]。
街頭でスカウトされてAV女優になることを承諾したにも関わらず、最初の数ヶ月はいずれのメーカーの面接にも合格せず屈辱的な思いをしたが、そのためかえってやる気が湧き[35]、「歴史に残るAV女優になる」という目標を立てた[36]。先輩AV女優の作品を多く見、特に森下くるみを目標として研究した[37][* 5]。また、業界入りする前から知っていた唯一のAV女優で「あこがれ」「頂点の人」として夢野まりあを挙げている[36]。『炎神戦隊ゴーオンジャー』のケガレシア役関連キャラクターデザインを担当した酉澤安施によれば、ケガレシアのデザインは、配役決定以前から及川奈央をイメージして描かれていた[38]。また悪の組織ガイアークは、企画発表時の「『悪』として揺るぎのない存在」から、実作では「愛すべき悪役」へと性格を変化させたが、日笠淳プロデューサーによれば、その要因は武上純希の脚本と及川奈央の「愛らしさ」であったという[39]。この出演により今までと違うファン層を広げることに繋がった。悪役なので撮影前は「石を投げられる覚悟で」と言われていた[40][41]が、放送が始まってみると、撮影を見学に来た子供や親子連れに声をかけられたり記念写真を求められ、それが非常に嬉しかった[42]。
映画『BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!』では、当初予定になかった居酒屋の女将を含む二役を演じているが[43]、これは京都太秦での撮影への参加を本人が志願して、自らスケジュール調整を行った結果追加されたものである[44]。
番組中で、楼山早輝/ゴーオンイエロー役の逢沢りなと須塔美羽/ゴーオンシルバー役の杉本有美と共に期間限定ながらもアイドルユニットG3プリンセスを結成した。物語中の設定だけでなく、実際にG3プリンセス名義でCDと写真集をリリース、イベントでのライブも行った[45]。最初に話を聞いた時は他メンバーと年齢差が大きいことから「私が入っていいのか?」と思い[40]、一度はオファーを辞退したという[46]。この時、「10代の2人に負けないように、加圧トレーニングを受け、禁酒して、体形を整え」る等の努力[47][48]をした。名乗りは「ガイアーク・セクシー担当」だが、本人は「お笑い担当」のつもり[49]だった。『海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船』(2011年8月公開)でも、野球仮面との野球対決において、ゴレンジャーハリケーンのボールから現れたG3プリンセスが野球仮面を翻弄するシーンにケガレシア役として出演している。
『怒りオヤジ』中でケガレシアの台詞を借用し、相前後して『ゴーオンジャー』中で『怒りオヤジ』の太鼓を借用[50]するという、製作局をまたいだ相互パロディが見られた。この他、及川のキャラクターを題材にした演出上の細かな遊びが作中随所[* 6]に見られる。
『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!』では、「死者は生き返らせない」というシンケンジャーのルールがあったが、三大臣復活を奨める声を無視できず、宇都宮孝明プロデューサーの決断により三途の川にいたという設定が採用された。及川奈央の「三途の川を船で流れている」という案を聞いた中澤祥次郎監督により、エンディングでは「船に乗る三大臣」の趣向が盛り込まれた[51]。
衣装は体のサイズを細かく測って作られており、少しでも太ると肉がはみだすので、撮影中は体型が変わらないことが求められていた[38][41]。初撮影から4年後の『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』撮影時にも、「ちょっときつかった」と言いつつ本編時の衣装を使用している[52]。
高橋源一郎の小説『「悪」と戦う』[* 7]の主人公少年の台詞中で「及川奈央が演じてる『害水大臣ケガレシア』とか」と言及されている。その他の女優活動関連2004年半ば以降、AVから本格的に女優活動への移行を模索していた及川奈央を支援し、役者として梶研吾に紹介したのは、『ファンタズマ〜呪いの館〜』で脚本を担当した新田隆男だった。新田は2007年7月6日に死去するが、たまたまその直後に梶が監督し及川がアリサ役で出演する『ULTRASEVEN X』第6話のクランクインが控えていた[53]。唐橋充が演じる宇宙への永遠の旅に出る男の役名が「日多隆男」に変更された[54]ことと共に、演出や演技の細部に梶や及川・唐橋をはじめとするスタッフ・キャストの、新田に向けた追悼の意を読み取ることができる。
『30minutes』を監督した大根仁は、自ら「及川奈央原理主義者」と称する程のファンで、AV引退後直後の及川奈央に、自ら出演オファーをしたという。「及川奈央は生まれつき、女優の骨を持って生まれてきた」[55]と、その生来の美しさを表現している。
2005年の『牙狼-GARO-』出演は、第6話を担当した梶研吾の推薦によるものだと、総監督雨宮慶太が明かしている[56]。この時アクション監督を務めた横山誠は、及川奈央の身体の柔軟さを指摘し、生身アクションを演ずるにあたって「勝算ありなんです、脚が高く上がるんで」[57]と評している(身体の柔軟さについては、本人も自分の身体的特徴中の一番に挙げている[58])。この出演について、雨宮からは「もう一回仕事がしたい」と評価されていたが、これは後年、横山を総監督として制作されたTVシリーズ第3作『牙狼-GARO- 〜闇を照らす者〜』第11話で実現することとなる。
『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』で蜂女を演じるにあたり仮面ライダー8話 (オリジナル版蜂女登場回) を視聴。また独特の笑い声も自宅の浴槽で練習した[59]。撮影前は初代蜂女のような正統派の悪役怪人をめざしていたが、現場で石橋蓮司演じるスーパー死神博士との関係や、ネオ生命体に対する母性に見られるような、女としての要素が膨らんでいったという[60][61]。役に対する敬意を込めて「蜂女さん」と呼ぶことが多い。
大河ドラマ『龍馬伝』への出演は、担当プロデューサーの要望[62]で実現したが、及川奈央本人によるとオファーから衣装合わせ・カツラ合わせを経て撮影までわずか二週間というあわただしいものだった[63]。思いがけないオファーに「初めは“ドッキリ”かと思った」[7]という。一方、及川は番組中で、最近は和風に関心があり、憧れの仕事として、日本酒のCMや日本舞踊、更には大河ドラマにも出たいと語ったことがある。「いっぱい言葉にしたほうが、言霊ってあると思うので」[64]。結果的には三ヶ月余りで「言霊」の通り実現した形になっている。
舞台『15♥0 〜フィフティーン・ラブ〜』の設定が「少女マンガ」の世界だったため、『君に届け』や『ママレード・ボーイ』等から、女子高校生の恋愛対象となる男子をイメージして、仕草を研究した[8]。『CR及川奈央のフルーツスキャンダル』及川奈央のパチンコ台を作ろうという発想は、2004年の雑誌連載記事に遡り、平和への「押しかけプレゼン」等の企画が行われた[65]。しかし、この時点では商品化には至らなかった。2006年にパチスロ及川奈央の制作が進行した。同年9月29日と30日にビデオとスチールの撮影が行われたが、発売会社の都合でお蔵入りとなった[66]。2007年、平和の子会社となったオリンピアが開発を担当し、商品開発がスタートした。同年暮れ頃には、液晶画面の演出に使用されるコスプレ映像の撮影や、グアムでの水着ロケが行われた。声のアフレコは撮影より更に一年後に行われたが、ホールの音響に埋もれないよう、通常より高い声が求められ、「リーチ」の台詞だけでも数十回録った[67]。
やや特異な遊戯仕様 (デジタルで揃った数字により以後の大当たり回数を示唆する) を現行規制の枠内で実現しようとしたことや、オリンピアの旧型台枠を前提に設計されていたこと等から、実際に市場投入されるかどうか微妙とされた時期もあったが、生産数量限定で2009年8月31日より出荷 (機種名「CR及川奈央のフルーツスキャンダルSD2」) されることとなり、インターネットラジオ番組中で本人からも発表があった[68]。また、SD2と同時期に開発された甘デジ仕様のTR、及びその改良型のTRZが、受注生産方式により、2010年2月14日より出荷された。
撮影から稼動まで一年半以上かかったため、及川奈央は「今自分でこの台を打って自分の画像を見ると懐かしい感じがする」とパチンコ店での宣伝イベントで語っている。また、コスプレや水着のイメージ映像の仕事としては、これが最後になるだろうと言っている[69]。趣味・嗜好・性格関係愛猫家であり、旧ブログの初回 (2005年9月1日) 以降、ブログには頻繁に飼猫の話題が登場する。2009年3月からは、二匹の飼猫を主人公とした漫画『みくとラン』を、原作者として「漫画ゼロワン」に連載している。またこの二匹は、及川奈央がキャラクタとなったパチンコ台『CR及川奈央のフルーツスキャンダル』の演出にも”MIKU・RAN”の名前と共にアニメーションで登場する。
広島の親の実家では家庭麻雀を楽しむ習慣があり[70]、及川奈央も幼稚園児の頃から牌を握っていた[71]。この20年以上に及ぶ麻雀歴が、テレビの麻雀番組への出演[72][73]や新聞社・雑誌社主催のリーグ戦への参戦[74][75]、麻雀を題材とした作品への出演[76]、雀荘チェーンでの“奈央’Sカップ”イベントの開催[77]等、タレント活動や女優活動に寄与している[78]。サマーソニック内の“ソニックベガス”では、2010年[79]、2011年[80]と2年連続で、プロ雀士と共に麻雀のコーナーを担当した[78]。手役重視の雀風から「三色の華」[81]と紹介されることがある。
2005年頃まで[82][83]は、嫌いな食べ物として「カレーライス」を挙げていたが、その後森下千里が発起人の芸能人カレー部に創立メンバーとして参加[84]する等、むしろ好物となっている。カレー部に関してはインタビューや番組等で事あるごとに紹介しており[18][19][85]、一時期はスポークスマンのような存在だった。納豆も嫌いな食べ物に挙げられている[83]が、適切に調理されれば美味と感じるようになった[86]。
酒好きで、特に日本酒がお気に入り。『ゴーオンジャーVSゲキレンジャー』で共演した伊藤かずえの手ほどき等により赤ワインも好むようになった[87]。「酒豪」としてのイメージがあり、日本酒を一升空けたエピソード[88]を持つ。AV女優時代に泥酔状態で撮影に臨んだ作品もある他、レギュラー番組で日本酒や赤ワインを呑みながら出演している場面も頻繁に見られる。2013年には、広島西条の賀茂泉酒造で利き酒をして撰んだ純米酒を自筆ラベルによりパッケージングした『及川』(15度)と、発色酵母を使用した『NAO』(8度)を、オリジナル日本酒としてプロデュースした。その他のエピソード多数のサイン会イベントをこなしてきた及川奈央だが「人生でただ一度だけ」他人のサイン会に客として参加したことがある。中学一年生の頃の及川奈央は、Jリーグ・ヴェルディの熱心なファンだった[89]。ある日、武田修宏選手のサイン会が渋谷で開催されるのを知り、電車を乗り継いで二時間かけて会場に着き、長時間並んだ後、いよいよ自分の順番になった時、緊張して思うように話しかけることができなかった[16]。この時の経験から、自分のサイン会では、自らファンに語りかけ、会話を引き出すように努めているという[90][91]。
AV女優時代の雑誌企画で、自由民主党本部[92][93]、万景峰号[94]、アーレフ[95]等への訪問、関係者へのインタビュー等を行った。この頃から、連載記事の原稿は自分で書いている[96]。公式ブログには、カフェ等にMacBookを持ち込んで原稿書きをしている場面がしばしば登場する。
いわゆる芸能ゴシップ関連のエピソード。及川奈央自身の行動や発言が直接芸能ゴシップの原因になった例はないが、芸能メディア等の作為により「元人気AV女優」という経歴イメージを絡めたゴシップの標的とされたケースがある。それらの内インターネットの検索サイトに痕跡が残る規模のものは下記の通りである。
2006年1月、オカモトの新機能コンドーム“epoca”のイメージキャラクタとして新製品発表会に参加[97][98]した及川奈央について、1月19日発行のナイスポ紙が「及川奈央 衝撃カミングアウト エイズ撲滅運動がんばります!!」という見出のうち「エイズ」までを大見出しにし「撲滅運動」以下が見えにくいレイアウトによって大々的に報じた[99]。この紙面が素材となって、誤読により、あるいは意図的に、及川奈央がエイズを告白したとする掲示板やブログ等への書き込みが多数行われた。
2009年3月下旬、著名芸能人夫婦の離婚報道に関連して、及川奈央がその原因であるとする言説が芸能メディアやインターネットで広範に流布される現象が見られた。しかし離婚報道開始から報道が終息した4月上旬頃までのメディア記事は噂と先行記事の引用に終始し、取材事実に拠って及川奈央の関与を報道したものは実際には1件も見られなかった。一部メディアとネットの循環参照により噂が雪ダルマ式に膨らむ、現代的なゴシップ形成事象の一例と考えられる。及川奈央自身は、インタビューでの質問に噂を「全部ウソ」とした上で「そもそも恋愛対象として見たことがない」[85]と一笑に付している。
AV出演の報酬として最初にまとまった額のギャラを手にした時、当時高価だったプラズマディスプレイTV(43インチで約70万円)を購入した[100]。映画等を楽しむ他、自分の出演作は漏れなく観て確認していたという[101]。このTVが、これまでの人生で一番高価な買物だという。女優活動
テレビドラマ
ファンタズマ〜呪いの館〜 第5・6話(2004年8月、テレビ東京) – 監督、店員 役
怪奇大家族(2004年10月3日 – 11月14日、テレビ東京) – 様々な美女 役
30minutes 第2話(放映 2004年10月8日、テレビ東京) – あゆみ 役
Deep Love ホスト(2005年1月 – 3月、テレビ東京、ネオプレックス) – 沙羅 役
牙狼-GARO-
牙狼-GARO- 第6話(2005年11月11日、テレビ東京) – コトミ / ウトック人間態 役
牙狼-GARO- 〜闇を照らす者〜 第11話(2013年6月14日、テレビ東京) – 菩阿羅 / 陰我ホラー人間態 役
夜王 第6話(2006年2月17日、TBS) – マリン 役
快感職人 第1話(2006年7月8日、テレビ朝日) – ゆかり 役
地獄少女 第7話(2006年12月、日本テレビ) – 松井霧子 役
MAGISTER NEGI MAGI 魔法先生ネギま!(2007年10月 – 2008年3月、テレビ東京) – 源しずな 役[102][103][104]
ULTRASEVEN X 第6話(2007年11月9日、CBC・TBS系列) – アリサ 役
エジソンの母 第6話(2008年2月15日、TBS) – 本の先生 役
炎神戦隊ゴーオンジャー(2008年2月17日 – 2009年2月8日、テレビ朝日) – 害水大臣ケガレシア、清水奈央(最終話) 役[105]
内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ 第四弾シーラカンス殺人事件(2009年11月27日、フジテレビ) – 銀座ホステス 役
大河ドラマ「龍馬伝」第4話(2010年1月24日、NHK) – 飯盛女 志乃 役
宇宙犬作戦 第4話(2010年8月13日、テレビ東京) – 星団警察 モンロー 役
独身貴族 第3話(2013年10月24日、フジテレビ) – 神野桜子 役
スペシャリスト 第8話(2016年3月3日、テレビ朝日) – 牧瀬照美 役
日暮里チャーリーズ 第3話(2020年8月16日、朝日放送) – 真欠那穂香 役映画
くノ一忍法伝 華艶淫火 〜女淫血風抄〜(2002年2月16日、エンゲル) – 雫 役
PLAY BALL プレイボール(2002年8月3日、オメガプロジェクト/GPミュージアムソフト) – ナツ 役
カポネ 六本木錬金の帝王(2004年2月14日、ラスカル) – 橘良子 役
修羅のみち10 九州全面戦争(2004年5月1日、東映) – ユカ 役
ノーパンツ・ガールズ 〜Movie Box-ing2〜 大人になったら(2005年11月12日、オメガプロジェクト) – 主演・菅野あいり(小学生 / 20歳) 役[106]
かにゴールキーパー(2006年5月27日、BBMC MOVIE CONTENTS) – 奈美 役
デコトラの鷲 其の四 愛と涙の男鹿半島(2007年4月21日、エムエフボックス) – 野良猫ナンシー 役
スーパー戦隊シリーズ(東映) – 害水大臣ケガレシア 役
炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!(2008年8月9日) – 害水大臣ケガレシア、女将 役[107][108]
炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー(2009年1月24日[109])
侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!(2010年1月30日[110][111])
海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船(2011年8月6日)
海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE(2012年1月21日)
まいっちんぐマチコ先生 無敵のおっぱい番長 タイマン勝負で、まいっちんぐ♪(2009年7月17日、ティーエムシー) – 石頭教頭 役
TOGETHER(2009年9月5日、ティーアンドエム) – 看護師 役
仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010(2009年12月12日、東映) – 蜂女 役[112][113]
ヲ乃ガワ -WONOGAWA-(2013年4月6日[114][115][116][117]) – 戸村チヌノ 役
シネマの天使(2015年10月31日、タイムリバーピクチャーズ) – 仙人のアシスタント[118]
真白の恋(2017年2月25日、エレファントハウス) – 新婦 役[119]
こいのわ~婚活クルージング~(2017年11月11日、シネムーブ)
HE-LOW THE FINAL(2022年5月27日公開予定)オリジナルビデオ
及川奈央 SPECIAL BOX 〜 Deep Love ホスト「沙羅の一日」〜(2005年7月22日、ネオプレックス) – 沙羅 役
むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(GPミュージアムソフト) – 詩織 役[76]むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(2007年6月25日)
2 鬼の棲む荒野(2007年7月25日)
3 裏プロ(2008年4月25日)
4 雀荘殺し(2008年6月25日)
5 氷の男(2008年12月25日)
6 女衒打ち(2009年6月25日)
7 筋殺し(2010年3月25日)
8 邪眼(2010年12月17日)
12 付け馬(2015年3月6日)
炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX(2018年9月26日、東映) – 害水大臣ケガレシア 役[120]
デス・トラップ -死神の法則-(2013年9月4日、楽創社) – 死神 役
てれびくん超バトルDVD 仮面ライダービルド 誕生!クマテレビ!! VS仮面ライダーグリス(2018年2月、東映) – てれびさん 役
ヒロインピンチオムニバス24 太陽の戦士レオーナ MAMA(2019年5月24日、ZENピクチャーズ) – 太陽の戦士レオーナ MAMA/桐島祥子 役Web配信ドラマ
マギー’s犬Jr.(2005年3月18日、ネットシネマ) – 主演・マギー 役[121][22]
及川奈央 リアルホラーシリーズ – 主演・月子 役
葬儀屋月子〜ある葬儀屋の告白〜(2005年10月-12月、EZチャンネル)
看護師月子〜ある看護師の告白〜(2006年1月、EZチャンネル[122][123])
炎神戦隊ゴーオンジャー BONBON! BONBON! ネットでBONG!!(2008年7月11日 – 8月8日、東映) – 害水大臣ケガレシア 役[124]
裁判長!トイレ行ってきていいすか(2010年8月27日 – 10月25日、ムービーゲート・ShowTime) – 牧村のぶ子 役[125]
マイティレディ ザ・シリーズ 第1話 – 第3話(2012年3月16日 – 4月12日) – 特別出演 シスター 役
厄年、目くそ鼻くそを笑う。(2014年9月27日、lui-lui 類類) – リサ 役
麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇 (2021年2月14日、Xstream46) – 黒豹 役[126]舞台公演
チェックメイト (2005年4月、うめだ花月、主演 ケンドーコバヤシ)-及川奈央本人 役
志村魂 (2006年4月、東京芸術劇場・中日劇場、主演 志村けん)-腰元 役[88]
全国クラブサーキット演劇ツアー2007「ナイトメス」 (2007年11月21日-12月23日、全国14ヶ所公演)-主演 サキ 役[127]
ブラッドプリズナー (2010年8月31日-9月5日、恵比寿エコー劇場、主演 永山たかし)-神宮寺雅 役
DANCE×THEATER『エンジェル・ハート』〜羽ばたける者たちへ〜 (公演 2010年10月2日、吉祥寺シアター、D (月刊コミックゼノン 2011年2月号付録) 2010年12月25日、ノース・スターズ・ピクチャーズ、主演 杉本有美)-野上冴子 役
15♥0 〜フィフティーン・ラブ〜 (2011年6月1日-19日、下北沢駅前劇場・HEP HALL、作・演出 池田鉄洋、表現・さわやか)-翔太、王将、野茂のかあちゃん[8][22]、山車 役[128]
[類類]Vol.1『女のキモチ』 (2011年9月15日-18日、企画・原案 及川奈央・久下恵美、脚色・演出 金沢知樹、劇場HOPE(中野ポケットスクエア))-松本リナ 役 [9]
怪傑パンダース 第3回本公演『HOLSTEIN KILLER NEVER DIE!!』 (2012年2月15日-19日、有馬顕、中野ザ・ポケット、主演 川上ジュリア)-愛ササヤカ 役
脚本家集団 「ドラ基地」 第一回公演 MEET&MEAT 『アイニク』 人生は、肉だ!! (2012年3月8日-11日、山下哲也、ザムザ阿佐ヶ谷)-渡瀬光美 役
ロイヤルをストレートでフラッシュ!! (2012年6月24日-7月8日、本多劇場・ABCホール、作・演出 池田鉄洋、表現・さわやか)-ミカ 役 [129][22][130]
[類類]Vol.2『ワルイオンナ』 (2012年9月20日-23日、脚本 北川亜矢子、演出 大関真、高田馬場ラビネスト)-菜波/聡子 2役 [131]
LIBERUSプロデュース 東京ギロティン倶楽部第一回公演『東京奇人博覧会』 (2013年4月17日-21日、原作・主演 鳥居みゆき、作 住田拓英・ゴージャス村上、全労済ホールスペース・ゼロ)-アカゴサライ/赤木幸子/赤皿銭子/人間兵器 4役
キタムラ印プロデュース公演#3『THE LIGHT』 (2013年7月29日、脚本 服部整治、脚色・演出 キタムラトシヒロ、中目黒ウッディーシアター)-日替ゲスト(明菜/死体)
FunnyFarm旗揚げ公演『特殊清掃GO!GO!GO!』 (2013年8月22日、作・演出 井上テテ、中目黒ウッディーシアター)-日替ゲスト(花子)
[類類]Vol.3『Tokaido girls〜おんな東海道中膝栗毛〜』 (2013年8月29日-9月1日、作・演出 池田鉄洋、新宿シアターブラッツ)-矢島香 役 [132][133]
Infiniteプロデュース『「ブラックジャックによろしく」によろしく』 (2013年9月11日-16日、原作 佐藤秀峰、脚本・演出 小野健太郎、新宿御苑シアターサンモール)-川向満左恵 役 [134]
ストレンジストーリーズ (2013年10月3日-20日、下北沢駅前劇場・西鉄ホール、作・演出 池田鉄洋、表現・さわやか)-ナレーション
ジェットラグプロデュース『呪い』 (2013年11月27日-12月1日、作 徳井義実、演出 山崎洋平、赤坂RED/THEATER)-奈木けこ美 役
RAWK『7EVEN LOVERS』 (2014年3月18日-23日、作・演出 渡辺晃、大塚萬劇場)-主演 ウィザー 役
キタムラ印プロデュース#5『ハナレウシ』 (2014年6月25日-29日、脚本・演出 キタムラトシヒロ、全労済ホールスペース・ゼロ)-高須久子 役
“ボクらの罪団”初犯公演 『プレイ』 (2014年7月22日-27日、作・演出 高橋俊次、中野テアトルBONBON)
表現・さわやか 10th anniversary!「The Greatest Hits Of HYOGEN SAWAYAKA」 (2014年10月2日、下北沢駅前劇場)-日替ゲスト[135]
劇団FULMONTY 第12回本公演『OLD NEON〜伝説の夜編〜』 (2015年5月27日-31日、作・演出 中路貴之、池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER)-竹條広美 役[136]
[類類]Vol.4『半狂乱。』 (2015年9月4日-8日、脚本 北川亜矢子、演出 大関真、新宿シアターモリエール)-林奈津美 役 [137][138]
TOEI HERO NEXT ステージ 舞台『俺たち賞金稼ぎ団』 (2015年12月4日-8日、演出 きだつよし、劇作・脚本 酒井善史、シアター1010)-京野玲子 役[139][140]
親棒 (2016年2月20日、大竹浩一、高田馬場ラビネスト)-日替ゲスト(Virtual Mother)
大森カンパニープロデュース『更地ベスト~SAKURA~』 (2016年3月29日-4月3日、故林広志/大森博、下北沢シアター711)[141]
『拡がる世界の片隅で』 (2016年5月21日,22日、座・高円寺2)-金城刑事部長 役
『恋とか愛とか(仮)』 (2016年9月21日-25日、田中大祐/小川貴史、中野ザ・ポケット)
大森カンパニープロデュース『いじはり』 (2016年11月9日-16日、故林広志/大森博、小劇場B1)-平石涼子 役[142]
劇団FULMONTY 第14回本公演『無間地獄〜幻の蜘蛛の糸〜』 (2016年12月21日-25日、作・演出 中路貴之、池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER)-弥勒 役
大森カンパニープロデュース『更地SELECT~SAKURA~』 (2017年4月4日-9日、故林広志/大森博、小劇場B1)タレント活動
番組出演
テレビバラエティ番組/音楽番組等深夜の星・裏フジロックフェスティバル (2003年9月11日、TBS)
キャイ〜ンのパーティーへいらっしゃい! (2003年12月31日、テレビ朝日)
愛に恋 (2004年,2005年6月- 8月、テレビ埼玉)
フットボール汗 (2004年6月9日,23日,30日,7月7日、テレビ大阪)
UN街 (2004年7月6日,13日,9月21日、TBS)
ジェネジャン (日本テレビ)
#2-5 未成年SP「少年犯罪」 (2004年8月28日)
#2-7 新階級社会 (2004年10月30日)
#2-11 プライバシーの侵害 (2005年2月26日)
人類滅亡と13のコント集 (放映 2004年10月9日-2005年3月、日本テレビ)-大日如来
お笑いライブ人類滅亡〜27連発!狂気のコント集〜 (D 2005年2月23日、バップ)-MC
人類滅亡と13のコント集〜もう笑うしかないのか?!〜 (発行 2005年3月31日、日本テレビ ISBN 978-4-8203-9932-2)
登龍門F (フジテレビ)
登龍門F88祭り!! (2004年8月7日)-曲目:イミテーションゴールド
若手芸人ネタ祭り!!〜元旦生ライブSP (2004年12月31日)-曲目:ロコローション、CHO CHO TRAIN
音箱登龍門 (2005年5月9日)
お笑い×音箱ブチ抜きスペシャル3 (2005年6月27日)
音箱登龍門 夏deライブdaバーン!! (2005年8月15日)
登龍門F残暑お見舞いネタ祭り (2005年8月27日)-曲目:TRF「CRAZY GONNA CRAZY」→マンピーのG★SPOT
登龍門 フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 (2007年2月19日)
くりぃむしちゅーのたりらリラ〜ン (2004年10月2日、日本テレビ)
ドラゴン&ボールアワー (2004年11月9日、TBS)
今年は酉年!だからツバメの館 (2005年1月1日、テレビ東京)
指名手配 (2005年1月12日、テレビ朝日)-指名手配者
やりにげコージー (2005年1月、テレビ東京)
ザ・メモリーハンター! (2005年2月3日、TBS)
ゴッドタン〜The God Tongue 神の舌〜 (テレビ東京)
SP 及川奈央のブラジャーをもらえ! (2005年2月11日)
及川奈央のパンティーをもらえ! (2005年11月11日)
怒りオネエ (2011年2月9日)
ナンバーワンTV (2005年、MUSIC ON! TV)-木曜日司会
FUJIWARA爆 (2005年、CS日本)
ケンドーコバヤシ妄想劇場 (2005年4月22日、朝日放送)
怒りオヤジ (テレビ東京)
怒りオヤジ (2005年4月-6月)-レギュラー
怒りオヤジ3 (2005年10月-2009年3月)-レギュラー
怒りオヤジ3のDVDですけど何か…? (D 2008年8月22日、東宝)
新春!モヤモヤアリケンオヤジ〜明日のテレビを考える〜 (2009年1月1日)
怒りオヤジ 愛の説教BOOK (発行 2009年3月12日、太田出版 ISBN 978-4-7783-1164-3)
怒りオヤジ3スペシャル 世界オヤジ2008決勝戦 (2009年7月1日)
怒りオヤジ3スペシャル ** 紅白怒り合戦2009 (2009年12月25日)
バラエティ7スペシャル モヤモヤさまぁ〜ずアリケン&ゴッドタン (2010年1月1日)
銀玉王 (2005年6月、サンテレビ)
パチンコ王座モンド21杯 第1回 (2005年6月、MONDO21)
不幸の法則 (2005年7月12日、日本テレビ)
草野☆キッド (2005年7月12日,9月6日,2006年5月23日,8月1日,8日、テレビ朝日)
『ぷっ』すま (2005年、テレビ朝日)
芸能人パチンコバトルP-league (2005年7月-8月、テレビ愛知)
ヒロイン誕生! (2005年7月-2006年3月、テレビ大阪)
ゴールデンスロット (2005年7月,2006年10月-2007年3月、びわ湖放送ほか)
トリハダ 〜感じるボロ〜ン〜 (2005年8月1日、朝日放送)
サタうま! (2005年8月、関西テレビ)
天使らんまん (2005年8月30日、毎日放送)
企画工場なりあがりチャプター100 (2005年8月30日-9月8日、TBS)
まとも人間Yes・No3 (2005年9月3日、テレビ朝日)
電脳刑務所サイバープリズン「及川奈央はエロを忘れてはいけない法」 (2005年10月1日、日本テレビ)
びびび。 (2005年10月10日-2006年3月、名古屋テレビ)-レギュラー
女魂 (2005年10月-2006年3月、名古屋テレビ)-準レギュラー
燃えよ!銀玉王 (2005年10月-2006年3月、TVQ九州放送)-リーチボーイズ
アドレな!ガレッジ (2005年11月22日,2007年2月6日、テレビ朝日)
クリスマスSP“史上最大の燃えて萌えてサンタQ!” (2005年12月24日、名古屋テレビ)
SASUKE (TBS)
最強の女性No.1決定戦KUNOICHI (第5回大会2006謹賀新年 2006年1月7日・第6回大会2006秋 9月20日)
サスケマニア (2006年10月29日)
バリューナイトフィーバー (2006年1月7日、日本テレビ)
ラブちぇん (2006年1月11日、名古屋テレビ)
シンデレラ男 (2006年2月17日,24日,3月31日、テレビ東京)
銀玉王リーチボーイズが行く! (2006年2月,8月、テレビ神奈川・テレビ埼玉・チバテレビ)
深夜のウラ番 (2006年5月27日、テレビ東京)
クイズ!紳助くん (2006年6月12日、朝日放送)
大人の教科書 (2006年7月24日,2007年1月、フジテレビ)
クイズプレゼンバラエティー Qさま!! (2006年9月21日、テレビ朝日)
ぷれミーヤ (テレビ朝日)
ぷちミーヤ!SP (2006年10月7日,11月11日,2007年4月14日,6月23日)
ぷれミーヤ!クリスマス特番,お正月特番 (2006年12月25,2007年1月1日)
ぷちミーヤ! (2007年1月13日,2008年2月16日)
熱闘!朝まで麻雀スタジアム (2007年1月1日、テレビ朝日)
個人授業 (プライベートレッスン) 〜正しい和田アキ子の作り方〜 (2007年1月24日、TBS)
くるくるポトット (2007年3月3日、テレビ東京)
映画『大帝の剣』特番 (2007年3月31日-4月16日 (各局) )-コスプレ応援団長
上田ちゃんネル (2007年、テレ朝チャンネル)-準レギュラー
アグレッシブですけど、何か? (2007年6月9日,16日,23日、広島ホームテレビ)
ラジかるッ (2007年8月28日,11月15日、日本テレビ)
オトコの事情×オンナの事情 (2008年1月8日、テレビ東京)
麻雀脳#5 (放映 2009年5月13日、フジテレビNEXT、配信 2009年6月22日-2010年5月31日、フジテレビ On Demand)-ゲストプレイヤー
J:COM杯麻雀大会 (2009年11月9日、J:COMコミュニティチャンネル)
第5回,第6回レッドリボンカップ (2009年11月15日,2010年11月28日、ベターライフチャンネル)
ビートたけしの今まで見たことないテレビ2 (2010年4月11日、日本テレビ)-妖怪役スター誕生[143]
美女と麻雀#3 (2010年8月12日、フジテレビNEXT)-ゲストプレイヤー
カキューン!! ベタ風景共感バトル アリガチ (2010年10月28日,11月4日、関西テレビ)-パネラー[144]
極嬢ヂカラPremium (2010年11月9日、テレビ東京)-ゲスト
アリなし〜アリケン★ゴールデンスタジアム〜 (2010年11月13日、テレビ東京)
今夜もドル箱 (テレビ東京)
今夜もドル箱!! (2010年11月16日,2011年1月11日)-プレイヤー
今夜もドル箱!!S (2011年4月5日-2013年9月24日)-レギュラーMC
朝までパチンコバトル (2011年12月11日)-プレイヤー
新春!女子会バトル!! (2012年1月2日)-プレイヤー
今夜もドル箱V (2014年6月10日,2016年8月30日)-プレイヤー
自転車倶楽部 (2010年11月21日、BS日テレ)
御奉仕バラエティー アゲ↑アゲ↑プレゼントTV (2011年2月25日、フジテレビ) [145]
小島武夫の麻雀交遊録#3,#4 (2011年3月20日,27日、BSジャパン)-ゲストプレイヤー
レディースバトル〜二階堂が挑戦〜 (2011年10月19日,26日、パチテレ!)-ゲスト
麻雀 BATTLE ROYAL
麻雀 BATTLE ROYAL 2012 (2011年12月31日、MONDO TV、D 2012年4月26日、ジャパンイメージコミュニケーションズ)-バトルロイヤルチーム先鋒
麻雀 BATTLE ROYAL 生放送スペシャル! (2013年11月10日、MONDO TV)-バトルロイヤルチーム次鋒
「麻雀 BATTLE ROYAL」放送直前SP (2015年11月6日、J:COMテレビ)-MC
サンドのぼんやり〜ぬTV #200-202(2012年6月27日-7月11日、東北放送)-200回記念ゲスト
ハイブリッド麻雀リーグ ガチ雀 (2012年9月8日-2013年3月30日、EXエンタテイメント)-チーム新津
芸能界麻雀最強位決定戦 THEわれめDEポン (BSスカパー!/フジテレビONE)
BSスカパー! presents 史上最強麻雀トーナメント! 予選I/決勝 (2013年2月8日/4月26日) [73]
生放送SP24 (2014年1月31日)
麻雀最強戦 フジテレビワンツーネクストカップI (フジテレビNEXT)
『麻雀最強戦2013』 (2013年9月20日)
『麻雀最強戦2014』 (2014年9月19日)
パチ魂(2013年11月28日,12月5日、鹿児島讀賣テレビ)-ゲスト
真王伝説(2014年1月11日-2月1日、テレビ埼玉)-ゲスト
南まりかのTOCHI TAMA!(2014年3月7日,14日、とちぎテレビ)-ゲスト
パチFUN!
テレビ神奈川版(2014年3月10日-4月28日,2015年1月5日-26日,6月8日-29日,11月23日-12月14日,2016年1月18日,8月8日-22日)-パチパチビューティホール/情熱トラベルチャレンジャー/トモパチ/女子力UPUP
テレビ埼玉版(2014年10月8日-22日,12月10日-31日,2015年10月21日,2016年1月13日-27日,3月2日-23日,6月29日,9月21日-10月12日)-トモパチ/女子力UPUP
千葉テレビ版(2014年10月15日-11月5日,2015年1月7日-28日,3月11日-4月1日,10月21日-11月11日,2016年2月17日-3月9日,4月27日-5月4日,6月8日-29日,9月4日)-情熱トラベルチャレンジャー/おみやゲッチュウ/開運似顔絵アゲアゲ隊/トモパチ
群馬テレビ版(2014年10月27日-11月17日,2015年5月11日-6月1日,9月14日-10月12日,2016年1月18日-2月8日,3月7日-21日,7月25日-8月15日)-トモパチ/開運似顔絵アゲアゲ隊/女子力UPUP
とちぎテレビ版(2015年5月13日-6月3日,9月16日-10月14日,2016年1月20日-2月10日,3月9日-23日,7月27日-8月17日)-開運似顔絵アゲアゲ隊
サンテレビ版(2014年11月1日-22日,2015年4月11日-5月2日,5月16日-6月6日,11月7日-28日,12月19日-2016年1月2日,7月2日-8月20日)-トモパチ/女子力UPUP/開運似顔絵アゲアゲ隊/ぶらり旅/ガチパチ
テレビ愛知版(2014年12月3日-17日)-トモパチ
三重テレビ版(2015年1月8日-22日,7月16日-30日,2016年1月21日-2月11日)-トモパチ/開運似顔絵アゲアゲ隊
NBS版(2015年3月18日-4月1日)-女子力UPUP
びわ湖放送版 -トモパチ
ドキッ!丸ごと水着 女だらけの水泳大会(2014年6月7日、フジテレビONE)-MC
カツヤマサヒコSHOW (2014年10月11日、サンテレビ)
これが私の生きる道plus(2015年1月31日、パチ・スロ サイトセブンTV)
ナオ・ソーヤの冒険!【世の中を“直したい”…世直し、学びなおし、一緒に解決!】(2015年1月28,2月4日、毎日放送)
ヒラヤマンのおもてなし (2015年3月2日,9日、パチテレ!)-ゲスト
テレ玉杯 最強雀士決定戦 -TV対局者
第1回 (2015年3月15日、テレビ埼玉)[146]
第2回 (2016年3月19日、テレビ埼玉)[147]
満天パチランド (2015年5月4日-25日、テレビ埼玉)-魅せチャイナ
ビワコのアノヒト祝い隊 (2015年7月4日、パチテレ!)
ポンコツ&さまぁ〜ず (2015年7月11日-25日,2016年2月27日-3月26日、テレビ東京)-ポンコツガール
NMB48須藤凜々花の麻雀ガチバトル!りりぽんのトップ目とったんで! (2015年8月8日,2016年1月23日、TBSチャンネル1)-ゲスト対局者 [148]
及川奈央のビューティフルトレッキング (2015年8月28日、東京MX)
クロ女子白書 (2015年11月4日,11日、福岡放送)
伝説の闘牌 (2015年11月16日,23日、テレ朝チャンネル2)[149]
女流雀士プロアマNO.1決定戦てんぱいクイーン (テレ朝チャンネル2)
シーズン1 (2016年3月4日)[150]
シーズン2 [151]
パチンコ激闘伝!実戦守山塾 第2回守山塾杯 (2016年4月3日、MONDO TV)
麻雀オールスター~SUMMER~ (2016年7月2日、テレ朝チャンネル2)
麻雀最極決定戦!サバイバルバトル極雀 (フジテレビONE)
season1 (2016年7月25日-8月3日)
season4 (2017年1月10日-19日)
プロ野球ワイド (2016年8月21日-、スカチャン)
月刊 格闘無双 (2016年10月28日-、FIGHTING TV サムライ)
八局麻雀3 (2016年11月27日-、V☆パラダイス)ラジオ番組SPUNKY JONES (2003年-2004年、J-WAVE)-ゲスト
ストリーム (2004年-2005年、TBSラジオ)-ゲスト
月極ラジオ (2005年3月、毎日放送)-月後半パーソナリティ
OH! MY RADIO (2005年6月27日、J-WAVE)-ゲスト
及川奈央のオールナイトニッポンR (2005年7月16日、ニッポン放送)-単発パーソナリティ
四番なかやま (2005年7月16日,12月17日,2007年1月6日、TBSラジオ)-ゲスト
コサキンDEワァオ! (2005年8月28日、TBSラジオ)-ゲスト
ラジアンリミテッド (2005年10月14日、TOKYO FM)-ゲスト
48HOURS (2005年8月25日、TOKYO FM)-ゲスト
月曜JUNK 及川奈央の深夜に謝・謝Shake (2005年10月17日、TBSラジオ)-単発パーソナリティ(月曜Junk伊集院光 深夜の馬鹿力内)
ひとり番長 (2005年10月19日、TBSラジオ)-ゲスト
ラジカルリーグ (2005年11月21日、FM富士)-ゲスト
ナオ ON SALE (2005年-2007年3月、MRO・KRY・RKC・YBS・RNC)-パーソナリティ
うちあげ (2006年1月27日、CBCラジオ)-ゲスト
アーバン ソウルクラブ (2006年2月4日、JFN)-ゲスト
MAGCAL DASH! (2006年6月5日、TOKYO FM)-ゲスト
タウンワークpresents TOKYO FM公開収録イベント (2006年6月11日、TOKYO FM)-MC
サンデースペシャル (2006年6月25日、TOKYO FM)-MC
レコメン『カンニング竹山の童貞竹山学校』 (2007年4月11日、文化放送)-ゲスト
Wonderful World (2007年8月23日、TOKYO FM)-ゲスト
おたママ倶楽部 (2008年5月10日・17日、エフエム西東京)-ゲスト
オフもわいわい!ジャイアンツナイター (2013年1月31日、ラジオ日本)-ゲスト
生ネコバニーのラヂオ (2013年4月3日,2014年10月14日、FM NCV おきたまGO!)
デカグマの魅惑な麻雀 (2016年2月24日、エフエム戸塚)-ゲスト
及川奈央とNewJack拓郎の『おめおじゃ!』 (2018年7月 – 、八王子エフエム)ネット/携帯配信おしゃべりやってまーす (K’z Station)
金曜B (2004年9月-2005年10月)-隔週金曜日パーソナリティ
第5放送 (2010年3月12日)-ゲスト
カンニングの恋愛中毒 (GYAO)
#5-#9 ラブホでお見合い編 (2004年12月-2005年2月)
#35-#38 視聴者お悩み相談 (2006年3月-5月、D 2006年5月26日、TLIP)
及川奈央プロデュースライブチャット☆e-onnaDX (2005年1月5日-9月25日)
西口プロレス・ザ・ワールド (2006年12月7日、GYAO)-審査員
GyaOジョッキー (GYAO/電子公園)
加藤鷹のオマーン★コーナーキック (2007年1月-4月)-覆面ゲストとして数回出演
及川奈央の自然体にもほどがある (2007年3月16日-2009年8月28日)-レギュラーMC
うたブロ×ジョッキーオフ会 第一回 (2007年5月20日)
告っちゃ! (2007年10月26日,2008年12月26日,2009年8月28日)-ゲスト
Xbox360 PRESENTS GyaO 3周年記念 ギロッポンオールナイトパーティ (2008年6月7日、GyaOジョッキー)-第3部MC[152]
ネオパワー&レオネットTV (2007年6月-11月) (レオパレス21内向放送)
NEO POWER TV (2007年7月-12月、neo)
平田裕香のひらじお 第26回 (2008年12月22日、インターネットラジオぽけら)-ゲスト
エムPの安達チャンネル (2009年4月10日、あっ!とおどろく放送局)-ゲスト
及川奈央の8押して2引け! (配信 2009年6月11日-12月17日、インターネットラジオぽけら)-パーソナリティ
古都便り (配信 2010年4月27日-、超速!!必勝本SP)-音楽:後藤次利、写真と朗読:及川奈央
ニコニコミュージカル第4弾 舞台劇『ココロ』キャスト発表 (2011年3月3日、ニコニコ生放送)
堀江貴文氏「まぐまぐ!」有料メルマガ読者1万人達成記念 記者会見&座談会 (2011年3月9日、ニコニコ生放送)[153]
麻雀最強戦 (ニコニコ生放送/近代麻雀)
『麻雀最強戦2011』著名人代表決定戦 (配信 2011年5月14日、D 2011年9月2日、竹書房)
『麻雀最強戦2012』著名人代表決定戦・風神編 (配信 2012年5月19日、D 2012年9月7日、竹書房)
『麻雀最強戦2013』ファイナル (配信 2013年12月15日、放映 2014年1月24日、フジテレビNEXT、D 2014年3月5日、竹書房)
ニコジョッキー (ニコニコ生放送/コンテンツタワー)
〜チャンネル「ニコジョッキー」開設記念〜 2時間まるごと『ニコジョッキー始まるよスペシャル!!』 (2011年7月5日)
チャンネル「ニコジョッキー」開設記念スペシャル! 第1部 ズラサンミーティング! (2011年7月8日)
及川奈央の自然体にもほどがある2 (2011年7月14日-2014年9月18日)-レギュラーMC
三十路会 (2011年12月26日,2014年7月29日,2015年7月30日,2016年7月29日)
告っちゃスペシャル!! (2011年12月30日,2012年12月30日,2013年12月27日,2014年12月29日,2015年12月28日)
類類(及川奈央・久下恵美)の自然体にもほどがある (2014年10月2日-)-レギュラーMC
「鉄平・哲也の鉄の哲学」第243回,第244回 (2011年8月30日,9月6日、SET Podcast)-ゲスト
カンフェティch (2011年9月6日、あっ!とおどろく放送局)-ゲスト
特☆男ch #1 (2011年10月9日、ニコニコ動画スターちゃんねる -ニコスタ-)-ゲスト
ソーシャル@トーク#エンダン (2012年5月8日、NOTTV)-ゲスト
初打ち パチンコ「CR 哭きの竜 天運」&パチスロ「天〜天和通りの快男児〜」 (2012年6月5日、マルハンチャンネル/テラ・コミュニケーションズ)
湯上りれでぃお2 #171 (2012年8月16日、小野川温泉湯上がりボーイズ)-ゲスト
トッシー・ほったまの「ばかだなぁ〜♪って言われたい」第283回,第284回 (2012年8月31日,9月7日、SET Podcast)-ゲスト
LA・LA・LAラーメン! (2012年12月28日-2013年6月23日、ラーメンチャンネル ラーチャン/シンネットワーク)-副部長
麻雀メトロPresents 奈央’sカップ実況中継 (2013年4月29日、バンブーチャンネル/竹書房)
WBC 〜Woman Battle Climax〜 #15 4thシーズン 第1試合 (2013年8月16日、必勝本WEB-TV(辰巳出版)/ShowTime)
麻雀対決生放送『凍牌麻雀』実写版DVD2ndシーズン&人柱編コミックス第6巻発売記念 (2013年12月5日、ニコニコ生放送)
最高位戦日本プロ麻雀協会 新春ペアマッチ (2014年4月29日、【麻雀の殿堂】梶やんチャンネル、2015年1月18日、【麻雀の殿堂】テンパりチャンネル)
宮内こずえの天真爛漫 (2014年6月10日、日本プロ麻雀連盟チャンネル)-ゲスト
第1回 コアミックス トークライブイベント『漫画家・福本伸行の流儀〜人生を逆転するマンガのつくり方〜』 (2014年9月20日、Ustream mangatalklive)-ゲスト
小力の小部屋 (2014年10月1日、マシェリバラエティ/マシェバラチャンネル/EXエンターテインメント)-ゲスト
押忍!浜鰤麻雀部 (2015年9月24日、PIECE CHANNEL)-ゲストプレイヤー
第4回ハンゲーム麻雀杯決勝 (2015年10月2日、麻雀スリアロチャンネル)-対局者
麻雀最強戦2015東京最強位決定戦 (2015年10月4日、麻雀最強戦チャンネル)-ゲスト解説者
京都グリーン杯新春SP (2016年1月2日、麻雀スリアロチャンネル)-対局著名人
牌妃列伝!!麻雀コロシアム (2016年1月21日、姫ロンチャンネル)-挑戦者[154]
ジョーカー〜ギャングロード〜 (ジョーカーチャンネル)-MC
2周年感謝生放送 ハワイ旅行当選者決定スペシャル (2016年3月4日)
Android2周年アニバーサリースペシャル (2016年7月13日)
第二回!黒犬杯!! (2016年8月26日)
山口良一・大森ヒロシのテレビでは笑えなくなったあなたへVol.2 (2016年3月18日、メディアゴンチャンネル)-ゲスト[155]
ジャックと奈央のサタデイ・ナイト・レイディオ! (2017年8月 – 、ニコニコ生放送・すまいるエフエム)DVD
緊急特別DVD 追悼ケンドーコバヤシさん (2005年10月26日、YOSHIMOTO WORKS)-ケンドーコバヤシ夫人 役
原口あきまさの波乱万場2〜Life of Comedians〜 (2009年7月10日、ショウタイム)-ミスO
IS YOUR SEX HAPPY? 〜あなたのセックスは幸せですか〜 (2009年10月25日、GPミュージアムソフト)-監修
Fuji Cup 第1回麻雀女王トーナメント 1st.ステージ/Final.ステージ (2010年4月16日、GPミュージアムソフト)-ナビゲーター[156]
パチンコ必勝本 VERSUS (2015年8月8日、辰巳出版)雑誌/新聞/サイト等の連載
アサヒ芸能 (2003年5月-2004年6月、徳間書店)
月刊Hush! (2003年12月-2004年6月、日本ジャーナル出版)
パチンコ必勝本DREAMS(2004年2月号-2011年7月号)/パチンコ必勝本CLIMAX(2011年8月号-) (辰巳出版)
『及川奈央のう゛ぁ〜じんパチンコ』 (2004年2月号-2005年5月号)
『パチンコ戦士NAO』 (2005年6月号-2006年11月号)
『スーパーNAO物語』 (2006年12月号-2008年2月号)
『及川奈央のパチンコ探訪』 (2008年3月号-2010年8月号)
『及川奈央の Only One!』 (2010年9月号-)
競馬王『女馬券師改造計画』 (2004年5月-2006年4月号、白夜書房)
週刊大衆増刊パパラッチ (双葉社)
『及川奈央の月刊すっぴんダイアリ〜日記』 (2004年12月-2005年10月)
『及川奈央のプライベート試着室』 (2005年11月-2007年4月)
Webマガジン月刊チャージャー『及川奈央の興奮する1本』 (2005年9月-12月、Yahoo! JAPAN)
『及川奈央のぶっちゃけホンネとーく』 (2007年8月-2008年4月、plus-u)
日刊ゲンダイ『これって有罪?無罪? 及川奈央の私設裁判所』 (2009年7月2日-10月15日、日刊現代)
メールマガジン 『及川奈央の素“nao”』 (2012年2月13日-7月30日、まぐまぐ)
演劇人10人による大喜利・10のセンス (2012年7月2日-9月28日、カンフェティ)
『部長の小部屋』 (2015年4月20日-、麻雀メトロ)グラビア
単独写真集OIKAWA NAO PORTRAITS(2001年6月、Nao (双葉文庫) 2003年3月、双葉社、撮影:野村誠一)ISBN 978-4-575-29251-0
MOON FLOWER(2002年10月、バウハウス、撮影:吉田裕之)ISBN 978-4-89461-916-6
ハダカノココロ(2003年6月、ぶんか社、撮影:小池伸一郎)ISBN 978-4-8211-2530-2
(マイウェイムック) diva VOL.6 及川奈央 (2003年10月、マイウェイ出版、撮影:高桑常寿)ISBN 978-4-86135-007-8
女神(2003年12月、双葉社、撮影:高橋生建) 978-4-575-29637-2
Su-Nao(2005年6月、ワニブックス、撮影:西田幸樹)ISBN 978-4-8470-2868-7-ラストヌード写真集オムニバス荒木経惟「新世紀ノ写真」 (2001年7月7日、AaT Room/eyesencia)
(バウハウスムック) FETISH 横山こうじ作品集 (2001年8月、メディア・クライス ISBN 978-4-89461-457-4)
(コミックドルフィン増刊) 美娼女 (2002年5月1日、司書房)-横山こうじ
Flowers (2003年12月4日、光文社 ISBN 978-4-334-90115-8)-リリー・フランキー
G3プリンセス ビジュアルBOOK(2008年10月、学習研究社、撮影:下川純一郎)ISBN 978-4-05-605296-1その他媒体[* 8]
ネットグラビア (2007年6月、@nifty:web-SHIN「写バカ」)-山岸伸 (現在は配信されていない)
月刊アサヒ芸能エンタメ!2007年12月号『混浴温泉濡れ女将』 (2007年10月30日発売、徳間書店) ※ラストヌード写真集発表時以来のグラビア撮影 (ヌードはなし) 。
シルバーアクセスタイルマガジン『クロムハーツvs十三〜史上最強の証明〜』 (2008年11月、笠倉出版社)-アクセサリモデル
Handy写真集 (2009年10月、アグリオ)
NEWTYPE THE LIVE 特撮ニュータイプ2010年1月号『及川奈央 as 蜂女-怪異!蜂女2010』 (2009年12月1日、角川書店)
週刊プレイボーイ2014年10月27日号『そして突然』 (2014年10月14日発売、集英社) [157]
相壁琢人『渇花』個展 (2016年7月5日-18日、渋谷ヒカリエ)キャラクター商品
Enta!naコール公式 (2006年8月16日,2010年11月26日,12月10日,2011年1月7日、KLab)-着ボイス
Enta!naきせかえ 及川奈央のきせかえツール (2009年7月17日、KLab)-携帯カスタムツール
CR及川奈央のフルーツスキャンダルSD2 (2009年8月31日、平和)-パチンコ台
CR及川奈央のフルーツスキャンダルTR/TRZ (2010年2月14日、平和)-パチンコ台
CRドキッ!丸ごと水着 女だらけの水泳大会 アイドルだらけで困っちゃうング!!! (2014年5月、平和)-パチンコ台
[oui-non] (ウィノン) : 及川奈央が2011年7月に立ち上げた小物雑貨のブランド。デザインに唐橋充が参加している[158]。
及川奈央と麺屋一燈の こっさりラーメン (2013年1月)
日本酒 『純米 及川』1800ml/720ml,『NAO』500ml (2013年10月、賀茂泉酒造)CM/PV
DRINK!! (2003年、ユニバーサルミュージック)
パチンコ裏帝国 (2004年、ぶんか社)
BACK-ON『BABY ROCK』 (2005年、エイベックス) [159][160]
バックマーカー『採用不採用』PV (2006年1月、TRACTION)
ウルティマオンライン 「恋愛の達人 及川奈央がうなずく理想のデートコースを企画せよ!」(2006年1月23日、エレクトロニック・アーツ)[161]
映画『サハラ』DVD発売告知CF (2006年、アミューズソフトエンタテインメント)
映画『Black Snake Moan』プロモーションゲリライベント (2007年8月27日)[162][163][164]
DSG (2009年7月)
ネット通販商品キャラクタ
薬用発毛促進剤 Dr.ゲイン (2010年)
薬用ボディソープ Dr.deo (2011年)音楽活動
CDシングル・ミニアルバム『謝・謝 Shake』 (2005年11月23日、BMG JAPAN) [165]
炎神戦隊ゴーオンジャー ミニアルバム 『G3プリンセス ラップ 〜PRETTY LOVE☆Limited〜』 (2008年10月1日、コロムビアミュージックエンタテインメント)
炎神戦隊ゴーオンジャー G3プリンセス CD-BOX (2008年10月1日、コロムビアミュージックエンタテインメント)
「今夜もドル箱S」エンディングテーマ『天晴れババンバン!』 (2011年10月26日、ベルウッド) [166]その他ネットシネマ「マギー’s犬Jr.」の主題歌として自ら作詞を手がけた「見られたザマじゃないね」を白川裕二郎とデュエットしているが、CDは「マギー’s犬Jr. (限定版) 」 (2005年12月2日、アイ・シー・エフ) に添付されたのみで、単独では市販されていない。
AV作品「大人は判ってくれない2003」の作品中で主題歌を歌っているが、CD化されていない。
外道 TRIBUTE ゲゲゲの外道讃歌 (2003年10月29日、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ) 中の一曲、椎名純平 & Evil Vibrations 「天国への道」に、”Special Guest: Nao Oikawa (AV QUEEN) “のクレジットで、吐息で参加している。著作
漫画原作
みくとラン (連載2009年3月27日-2011年10月19日、漫画ゼロワン)成人向作品
Vシネマ
処女教師 日菜子(2001年8月20日、ジーピーミュージアム)
義姉 奈央(2004年1月25日、ビーエムドットスリー)(アダルトビデオ「兄貴の嫁さん」のVシネマ版)
純情痴漢日記(2004年2月25日、ビーエムドットスリー)(アダルトビデオ「痴漢物語」のVシネマ版)
セクシースナイパー NAO(2004年9月25日、ビーエムドットスリー)(アダルトビデオ「NAOと呼ばれた女」のVシネマ版)
桃色OL5人組 セクシー大作戦(2005年1月25日、ビーエムドットスリー)(アダルトビデオ「ミリオンガールズのお仕事ですよ!」のVシネマ版)※特別出演アダルトビデオ
[* 2]
2000年(1) みつばちの悪戯 (V 2000年9月30日 (D プレミアミックス 2002年5月31日) 、宇宙企画) ※デビュー作
(2) 露骨な森のエロス (V 2000年10月29日 (D プレミアミックス 2002年5月31日) 、宇宙企画)
(3) お義姉さんは美・看護婦 (ビィナース) (V 2000年12月22日 (D 及川奈央スペシャル 2002年12月24日) 、バビロン (ジャパンホームビデオ) )
(4) 制服人形 (コスプレドール) (V 2001年1月23日 (D 及川奈央スペシャル2002年12月24日) 、アリスJAPAN)
(5) BeJean 12 (2001年5月25日、桃太郎映像出版)
(6) コスプレックス (2001年10月24日 (D) /2002年2月1日 (V) 、桃太郎映像出版)
(7) 徹底攻略 (2001年11月1日 (V) /2001年11月10日 (D) 、ワンズファクトリー)
(8) AA.II. (あ〜い〜) (V 2001年11月30日 (D シャイ スーパーカップ 2002年3月22日) 、シャイ企画)
(9) Wild Thing IV (2001年12月20日、桃太郎映像出版)
(10) 人間廃業 (2001年12月21日 (V) /2002年11月8日 (D) 、バビロン)
(11) AV虎の穴 (2002年1月1日、ワンズファクトリー)
(12) 猥褻モデル (2002年1月18日、アリスJAPAN)
(13) 堕天使X (V 2002年2月10日 (D プレミアミックス 2002年5月31日) 、バズーカ)
(14) Black Date (ワンズファクトリー)
Black Date (2002年2月28日)
裏Black Date (2002年12月1日)
(15) 妄想ナース (2002年3月23日 (V) /2002年4月5日 (D) 、TMA、美尻ナース 2003年5月1日、マルクス兄弟)
(16) First Fuckin’ Baby 〜柏の森で会いましょう〜 (2002年4月1日 (V) /2002年4月15日 (D) 、MOODYZ)
(17) 僕のお姉さん (V) /義姉 -奈央- (D) (2002年4月12日 (V) /2002年4月26日 (D) 、TMA)
桃の缶詰 ワイルドシンガーの素顔 (2002年4月17日、桃太郎映像出版)
ライブチャット (2002年4月25日、桃太郎映像出版)
(18) ドリームウーマン vol.5 (2002年5月1日 (V) /2002年5月15日 (D) 、MOODYZ)
(19) 裏・及川奈央 完全版 (2002年5月17日、ミリオン)
(20) 超高級ソープ嬢 (2002年5月17日、SODクリエイト)
(21) ドリーム学園 5 (2002年6月1日、MOODYZ)
(22) Angel 97 (2002年6月8日、アイデアポケット)
(23) オナニーのお手伝いしてあげる (2002年6月21日、SODクリエイト)
(24) 罪と罰 (V 2002年6月21日 (D 限界点 2002年9月27日) 、VIP)
(25) 禁断 (2002年6月28日、メディアバンク)
(26) 超☆美少女接吻 (2002年7月5日 (V) /2002年8月4日 (D) 、忠実堂)
(27) 女豹2 -李朝の秘宝 (2002年7月8日、アタッカーズ)
(28) 美人女医・淫虐病棟 白濁色にまみれて (2002年7月19日、SODクリエイト)
(29) もしも及川奈央が僕のペットだったら… 完全版 (2002年7月19日、ミリオン)
(30) パチンコパーラーで露出! (2002年7月23日、バーチャルウェーブ)
(31) 超ー股間のアングル (2002年8月1日、ワンズファクトリー)
(32) 僕だけの女教師ペット 第5章 (2002年8月4日、SODクリエイト)
夏祭り!ゆかた美人大集合 1 (2002年8月10日、桃太郎映像出版)
(33) 淫らな雌はいかがですか? (2002年8月15日、MOODYZ)
(34) コスプレ巨乳アイドル 及川奈央 完全版 (2002年8月16日、ミリオン)
(35) FACE 51 (2002年8月23日、アウダースジャパン)
(36) お尻と性器 (2002年9月1日、ワンズファクトリー)
(37) おねだりプリン (2002年9月6日、SODクリエイト)
(38) 雌女 (メス) #19 (2002年9月6日、アウダースジャパン)
(39) ゴールドメンバー (2002年9月10日、アクティブ-1)
(40) 巨乳を味わえ!! (2002年9月20日、ミリオン)
(41) デジタルモザイク (2002年10月1日、MOODYZ)
(42) うきうきウオッチング (2002年10月2日、ゴーゴーズ)
(43) 新・童貞狩り 第3章 (2002年10月19日、SODクリエイト)
(44) 激射 vol.22 (2002年10月25日、アウダースジャパン)
(45) コスプレ及川奈央 (2002年10月25日、TMA)
(46) 女優・拘束マニア (2002年11月1日、ワンズファクトリー)
(47) 超ー美乳のアングル (2002年11月1日、ワンズファクトリー)
(48) 僕だけの巨乳ママ3 (2002年11月8日、ワープエンタテインメント)
(49) アイドルザーメン8 (2002年11月20日、SODクリエイト)
(50) ファン感謝温泉バスツアー 完全版 (2002年11月22日、ミリオン) ※出演50本記念作
(51) LOVE pussy [Side.A]ナース淫欲病棟 (V 2002年11月30日 (D LOVE potion 2003年1月20日) 、meltyKiss)
(52) Sweet pussy [Side.B]女教師淫欲教室 (V 2002年11月30日 (D Sweet lesson 2003年1月20日) 、meltyKiss)
(53) SEX WARS 1 (2002年12月1日、MOODYZ)
(54) 看護娼婦 美乳ナースの逆セクシャルハラスメント (2002年12月5日、ドリームチケット)
(55) Vip Shower 3 (2002年12月6日、ワープエンタテインメント)
(56) Wキャスト〜夢の競演〜 (2002年12月10日、ワンズファクトリー)
及川奈央編
宝来みゆき編
(57) もしも及川奈央が僕の彼女だったら… 完全版 (2002年12月13日、ミリオン)
(58) 濡れてスケスケ (2003年1月1日、Bunny’s Bunny)
(59) 舌狂 ハードコアスロート (2003年1月28日 (レンタル) /2003年3月10日 (セル) 、h.m.p)
まるごと及川奈央 (2003年2月6日、SODクリエイト)
(60) 及川奈央と学校でしようよ! (2003年2月7日、GLAY’z)
(61) 修羅雪姫 (2003年2月20日、トランスコーポレーション)
(62) 極・本番 (2003年2月21日、GLAY’z)
(63) 素人倶楽部 (V 2003年2月24日、D 2003年4月22日、オブテインフューチャー)
No127 及川奈央のハメ撮りレズ3Pファック!!
No128 奈央の初の競泳水着ビデオ
No129 及川奈央vs素人監督のガチンコハメ撮りファック!!
No130 奈央ちゃん酔っ払った勢いでエッチを…
No131 及川奈央のおもちゃで遊ぼう!!
No132 奈央のハメ撮られナースファック
No133 及川奈央のソフトSMで濡れ度最高潮
(64) 及川奈央4時間 (2003年4月25日、ミリオン) ※Vは120分でタイトルは『完全攻略』
(65) スパンキングガールズ完全版 (2003年5月23日、ミリオン)
(66) 戦隊ピンクが捕まってあんなことも! こんなことも! そんなことまで!! 完全版 (2003年5月30日、ミリオン)
(67) 完全なるイカセ4時間 (2003年6月20日、ミリオン)
(68) ヌードの森 メモワール・レズビアン (2003年6月27日、ミリオン)
(69) 24人のカリスマアイドル3 (2003年7月25日、ミリオン)
(70) ミリオンガールズのマジカルミステリーツアー完全版 (2003年7月25日、ミリオン)
大人は判ってくれない2003完全版 (2003年8月29日、ミリオン)
裏・及川奈央 2 完全版 (2003年9月26日、ミリオン)
及川奈央の超高級癒し系 まるッとおもてなしソープランド (2003年10月24日、ミリオン)
兄貴の嫁さん 完全版 (2003年11月28日、ミリオン)
痴漢物語 完全版 (2003年12月26日、ミリオン)
及川奈央8時間 (2004年2月28日、ミリオン)
完全撮りおろしスーパースター4時間SPECIAL (2004年4月23日、ミリオン)
もしも及川奈央が僕の彼女だったら…・2 完全版 (2004年4月30日、ミリオン)
NAOと呼ばれた女 (2004年6月25日、ミリオン)-※以下、撮りおろしAV映像を含まない作品

VERY BEST OF 及川奈央 完全版 (2004年1月30日、ミリオン) ※解説のみ撮りおろし
VERY BEST OF 及川奈央 2 完全版 (2004年6月11日、ミリオン) ※解説のみ撮りおろし
VERY BEST OF 及川奈央 3 完全版 (2004年12月3日、ミリオン) ※解説のみ撮りおろし※以下、他女優主演作の助演・友情出演・特別出演

如月カレンの成長を見守ろう! 完全版 (2004年3月19日、ミリオン)-※見守る人
ミリオンスペシャル ベストフレンド2 完全版 (2004年4月30日、ミリオン)-※友情出演
完全なるイカセ4時間2004 如月カレン (2004年7月30日、ミリオン)-※「鉄人」として参加
完全なるイカセ4時間2004 沢口あすか (2004年7月30日、ミリオン)-※「鉄人」として参加
ミリオンプレミアム ミリオンガールズのお仕事ですよ! 完全版 (2004年8月27日、ミリオン)※特別出演アダルトバラエティ
パラダイステレビ (D 2003年9月12日、パラダイスDVD)
Yari-con (放映 2000年5月10日)
よるなまテレパラNight「テレホン生セックス」 (放映 2000年5月27日)
テレビのぞき部屋 (放映 2000年10月9日)
及川奈央の催眠FUCK (放映 2001年12月、MIDNIGHT BLUE、D 2003年5月29日、メディアステーション)
MONDO21
H線上のアリア#18 (放映 2002年8月9日)
女神のささやき21 (放映 2002年)
及川奈央のぶっかけ☆イッたっしょ!? (放映 2003年-2004年、パンチクラブ、D 2003年6月25日-2004年6月4日、オブテインフューチャー)成人向作品に関する補遺
出演作が70本になった時点での自選ベスト10作として、(8) AA.II.、(12) 猥褻モデル、(13) 堕天使X、(14) Black Date、(16) First Fuckin’ Baby、(28) 美人女医・淫虐病棟、(50) ファン感謝温泉バスツアー、(64) 及川奈央4時間(完全攻略)、(65) スパンキングガールズ、(68) ヌードの森 — を挙げている[101]。当初レンタルメーカーからのデビューで芽が出ず、セルに「格下げ」された感のあった及川奈央にとって、(8)はレンタルへの、(12)はアリス系への、(13)は宇宙企画系への「凱旋」的な意味があった。(14)は、撮影にあたって監督の柴原光から精神的虐待を受けたと不快感を示していた[167]作品だが、この時点では「素を引き出してくれた監督として今は感謝」していると言っている。引退後、大槻ケンヂの質問に対して、オススメ作品として、(13) 堕天使X、(10) 人間廃業 — を挙げており[6]、ここでも宇宙企画やアリス系の作品が選ばれている。
AV時代の体型は、スレンダーながら、長時間にわたるハードな演技を次々こなす強靭な体力と柔軟な身体の持ち主であった。後述のAV作品では血管や筋肉がくっきり浮き上がるほど筋肉質で、引き締まった肢体を披露していた。但し、AV引退前の2004年に収録された『及川奈央のぶっかけ☆イッたっしょ!?Vol.23』で体脂肪率を測定したところ、同年代の女性と大差ない20%であった。
福山雅治が、事務所の先輩にあたる桑田佳祐の2003年の誕生日にあたって、及川奈央の2枚組DVDをプレゼントしたという話が流布しているが、吉田豪が福山に確認したところ[168]、それは(14) Black Date[* 9]で、福山の鑑賞眼により吟味した結果選んだものだという。脚注
注釈

^ 2006年頃にメーカーのファンイベントにおいて内輪での「引退式」をしたとする記事もある “Xcity15周年記念レジェンド女優特集 第4回”. 伝説のAV女優となった及川奈央には意外な黒歴史があった!? CYZO (2011年11月)。

^ a b 撮りおろし映像を含まない再発売物・再編集物は省略している。作品名の前に付した作品番号(1)-(70)は、『YO!ビデオガールズ』vol.3(大洋図書 2003年8月)に掲載されたインタビューに付された「出演全70作品年代順リスト」による。これ以外に、撮りおろしAV映像を含む作品は、同リストに掲載されていない過去作品が4作、同リスト以降に発表された作品が9作ある。

^ AV女優時代に、特撮AV専門のギガを含め、特撮AV作品の出演歴はない。

^ 『人類滅亡と13のコント集』で主人公を導く大日如来。

^ 後に森下と共演した際、当時のことを振り返って「他の女優さんとは全然違うんだよ。目が違う!」と述べている(『ビデオボーイ』 No.242 英知出版-2004年6月1日)。

^ 一例として、GP-42『学園ノヒミツ』の保健室シーンが、『MAGISTER NEGI MAGI 魔法先生ネギま! 』進路指導室のパロディになっており、小道具として牛乳が使われる等。

^ 2010年5月30日、河出書房新社 ISBN 978-4-309-01980-2、初出は『文藝』2008年冬季号 ISBN 978-4-309-97716-4

^ ここに掲載したもの以外に、グラビアモデルとしては、AV女優時代を中心に、雑誌掲載のグラビア、テレホンカード類、撮影会モデル等多数の活動があるが、煩雑なため省略している。

^ 正確には「2枚組」作品ではないが、発売時期の異なる2枚のDVDによって構成されている。

出典

^ “プロフィール”. 及川奈央公式ウェブサイト. 2021年8月5日閲覧。

^ “及川奈央、ブログで結婚報告「笑顔の溢れる家庭を築いてゆきたい」”. スポーツ報知. 報知新聞 (2016年12月5日). 2016年12月5日閲覧。

^ a b “なおチャンネル YouTubeランキング”. ユーチュラ (2020年10月4日). 2020年10月4日閲覧。

^ “【SODアーカイブス】AVの歴史を変えたSOD珠玉の名作!SODの単体路線を決定づけた名作!!【及川奈央の超高級ソープ嬢】”. 日刊SODオンライン (2019年9月30日). 2019年10月30日閲覧。

^ “あの大河女優を輩出した伝説のAVアイドルユニットが5年ぶりに復活!!”. MEN’S CYZO. CYZO (2010年7月). 2011年12月3日閲覧。

^ a b 『大槻ケンヂの激突パイパニック対談』 第35回 映画秘宝 2005年1月号 洋泉社-2004年12月20日

^ a b 『及川奈央が福山龍馬に色仕掛け!大河ドラマ初出演』 スポーツ報知 2009年12月18日

^ a b c d 田辺茂範の取材簿 『及川奈央♥ラブ』 演劇ぶっく 2011年8月号 えんぶ-2011年7月9日

^ a b “及川奈央×久下恵美が明かす「女のキモチ」”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2011年9月13日). 2015年10月31日閲覧。

^ “及川奈央、41歳一般男性との結婚を発表「今年の春頃から自然と惹かれ合い」”. eltha (oricon ME). (2016年12月6日). https://beauty.oricon.co.jp/news/2082592/full/ 2021年5月24日閲覧。 

^ “及川奈央”. Walking Beauty. 2019年9月16日閲覧。

^ “及川奈央が離婚 16年に一般男性と結婚「かけがえのない経験、彼には心から感謝」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2021年8月5日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/08/05/0014565703.shtml 2021年8月5日閲覧。 

^ “及川奈央がコロナ感染「発熱、咳、頭痛-今は咳だけが残っている状況」自宅療養続ける”. 日刊スポーツ (2022年2月1日). 2022年2月1日閲覧。

^ a b c d “及川奈央オフィシャルページ”. profile. 5.on inc.. 2010年11月26日閲覧。

^ a b c d e 及川奈央の自然体にもほどがある #88-2008年12月26日

^ a b c 及川奈央のぶっかけ★イッたっしょ!? DVD #12 ひとりトリビア-2003年11月

^ 及川奈央の自然体にもほどがある2 #51-2014年5月15日

^ a b 及川奈央の8押して2引け! #3-2009年6月25日

^ a b c “及川奈央のぶっちゃけホンネとーく”. plus-uコラム. plus-u. 2008年4月30日閲覧。

^ a b c 『人類滅亡と13のコント集』-2005年3月31日 日本テレビ ISBN 4-8203-9932-2 C0076

^ a b 及川謎-2007年3月16日

^ a b c d 池田鉄洋 PRESENTS TALK 「いざ、会いにゆきます。僕の好きな人に」 acteur 2012年7月号

^ “GO-ONGER INTERVIEW 12 及川奈央”. 東映ヒーローネット. 東映 (2009年1月). 2009年2月1日閲覧。

^ “及川奈央、探究心から極めたAV業引退から10年「ようやく自分が見つかった」”. クランクイン!!. ハリウッドチャンネル (2014年10月31日). 2015年4月9日閲覧。

^ 及川奈央の自然体にもほどがある #10-2007年6月5日

^ 及川奈央の自然体にもほどがある #14-2007年7月6日

^ 及川奈央の自然体にもほどがある #3-2007年4月10日

^ 及川奈央の8押して2引け! #23-2009年12月17日

^ G3プリンセスビジュアルBOOK―『炎神戦隊ゴーオンジャー』公式本 (Gakken Mook BOMB SPECIAL EDITION)-2008年10月 学研マーケティング ISBN 978-4056052961

^ 小林雄次『脚本家という生き方』-2009年2月 信濃毎日新聞社 ISBN 978-4-7840-7100-5

^ “及川奈央インタビュー『及川奈央、“舞台女優”としての気概』”. ORICONSTYLE. oricon ME inc. (2015年5月15日). 2016年4月3日閲覧。

^ “<「生」で体感する臨場感>舞台女優・及川奈央が語る舞台の魅力”. メディアゴン(MediaGong) (2016年3月23日). 2016年4月3日閲覧。

^ レッドリボンカップ-2009年11月15日

^ 及川奈央の自然体にもほどがある #90-2009年1月16日

^ やりにげコージー-2005年1月

^ a b 素人倶楽部 DVD S-130-2003年2月24日

^ 中山美里・谷口雅彦『性職者の人々 : あの世界の仕事師たち』-2006年2月 宙出版 ISBN 978-4-7767-9229-1

^ a b 宇宙船 vol.123 2009年1月9日 ホビージャパン ISBN 978-4-89425-809-9

^ 特撮ニュータイプ 2009年2月号

^ a b ビームス特撮部 第26話 『ケガレシア様に心を清められたい!の巻』 MonoMax 2010年10月号

^ a b 『特撮ヒロイン大凝縮BOOK』 週刊プレイボーイ 第45巻19号 2010年5月31日

^ 『特撮の女神たち 「私が愛した怪獣」と「撮影秘話」』 FRIDAY Dynamite 2012年1月9日号-2011年12月26日

^ “劇場へキバってゴーオン! ライダーと戦隊、夏に映画”. ZAKZAK. 産経新聞社 (2008年6月3日). 2011年12月3日閲覧。

^ 及川奈央の自然体にもほどがある #55-2008年5月9日

^ “ピンクの悩殺コスチューム!及川奈央「パパを誘惑よ」-若手アイドル2人とユニット「G3プリンセス」を結成”. ZAKZAK. 産経新聞社 (2008年10月6日). 2011年12月3日閲覧。

^ 「特撮タブロイド特別号」第4弾『キョウリュウジャー&スーパー戦隊』 スポーツ報知 2013年2月8日

^ すてきエージング『乙女心を忘れずに』 読売新聞 2008年10月1日

^ “及川奈央、加圧トレでウエスト引き締め”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2008年10月5日). 2011年12月3日閲覧。

^ 『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』(劇場用パンフレット)-2012年1月21日

^ GP-32 『秘宝ヲサガセ』 炎神戦隊ゴーオンジャー Vol.8 (DVD)

^ 『スーパー戦隊祭 侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!』公式ガイドブック 武士道フルスロットル-2010年1月28日 角川書店(角川グループパブリッシング) ISBN 978-4048544597

^ 3大 東映ヒーローまつり 『スーパー戦隊シリーズが誇る 悪の2大美女登場!』 ハイパーホビー 2012年1月号

^ 武王の日記 2007年7月

^ 奈央の日記 2008年6月

^ 『大根仁が女優たちに告ぐ』連載35 日刊ゲンダイ 2014年2月10日号

^ 魔戒指南Bar#6「牙狼を彩る女性ホラー達」

^ MAKING OF GARO ③「牙狼<GARO>を動かす過激なアクション」

^ 及川奈央の8押して2引け! #1-2009年6月11日

^ 特撮ニュータイプ 2010年1月号

^ 宇宙船 vol.127 2010年1月8日 ホビージャパン ISBN 978-4-89425-986-7

^ 東映ヒーローMAX Vol.35 2010年11月1日 辰巳出版 ISBN 978-4777808342

^ “飯島愛のTバックも放送したNHK、大河に及川奈央を起用!”. メンズサイゾー. CYZO INC.. (2009年12月19日). 2012年3月16日閲覧。

^ 週刊アサヒ芸能 2010年1月4日

^ 及川奈央の8押して2引け! #8-2009年7月30日

^ パチンコ必勝本DREAMS 2009年10月号

^ “Still picture image laboratory”. Still picture image laboratory. 2009年2月1日閲覧。

^ パチンコ必勝ガイド 2010年2月21日号

^ 及川奈央の8押して2引け! #7-2009年7月23日

^ 及川奈央の自然体にもほどがある #118-2009年8月7日

^ “及川奈央「品のある打ち方がすてき」”. 麻雀ニュース : ニッカンアミューズメント. 日刊スポーツ新聞社 (2014年9月12日). 2014年9月19日閲覧。

^ 『タレコミ from 馬場裕一』 近代麻雀 2009年7月15日

^ “〜今晩深夜0時より【4夜連続】〜 女優・及川奈央が参戦!!「麻雀BATTLE ROYAL 2012」”. News2u.net. News2u Corporation (2011年12月31日). 2012年3月18日閲覧。

^ a b “アンジャ児嶋、狩野英孝参戦「われめDEポン」3カ月連続”. お笑いナタリー. ナターシャ (2013年1月30日). 2013年1月30日閲覧。

^ “社会人麻雀団体リーグが開幕”. 麻雀ニュース : ニッカンアミューズメント. 日刊スポーツ新聞社 (2014年9月17日). 2014年9月19日閲覧。

^ “社会人麻雀団体リーグ 初代王者が決定”. 麻雀ニュース : ニッカンアミューズメント. 日刊スポーツ新聞社 (2014年10月16日). 2014年10月19日閲覧。

^ a b “色っぽくニラまれドキドキ…“麻雀女王”と対決!”. ZAKZAK. 産経新聞社 (2008年7月14日). 2012年3月17日閲覧。

^ “及川奈央さんが麻雀メトロの特命部長に就任!!”. 麻雀ウォーカー×麻雀王国 業界ニュース. 麻雀王国株式会社 (2012年4月27日). 2012年5月5日閲覧。

^ a b “サマソニ幕張子供向けディスコにG.RINA、カジノに及川奈央”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2010年8月3日). 2012年3月18日閲覧。

^ NEWS SUMMER SONIC 2010 #000537

^ SUMMER SONIC 2011 ATTRACTIONS 13

^ 『麻雀最強戦2011』著名人代表決定戦(竹書房)の惹句等

^ 『謝・謝 Shake』

^ a b 『私はこうしてタレントになりました』-EX FLASH 2005年1月5日

^ “芸能界のカレー番長 森下千里”. THE REAL LIVE WEB. REAL LIVE. (2007年7月21日). 2011年12月14日閲覧。

^ a b 『今だから語れる涙と笑いの私の酒人生』 日刊ゲンダイ 2009年4月7日号

^ 及川奈央の自然体にもほどがある #105-2009年5月8日

^ 平田裕香のひらじお #26-2008年12月22日

^ a b “AVから転身した及川奈央「ホンキ魅せます」”. ZAKZAK. 産経新聞社 (2006年3月14日). 2012年3月17日閲覧。

^ 及川奈央の自然体にもほどがある #79-2008年10月24日

^ 及川奈央の自然体にもほどがある #9-2007年5月29日

^ 及川奈央の自然体にもほどがある #41-2008年2月1日

^ 『人気AV女優・及川奈央 自民の開票本部にチン入のなぜ!?』 日刊ゲンダイ 2003年11月10日号

^ 特命記者及川奈央の社会見学『総選挙スペシャル』- Hush! 2004年1月号 日本ジャーナル出版

^ 特命記者及川奈央の社会見学 〜北陸編第一弾〜『万景峰号に乗船せよ!』- Hush! 2004年7月号 日本ジャーナル出版

^ 特命記者及川奈央の社会見学『オウム真理教の荒木広報部長を直撃せよ!』- Hush! 2004年2月号 日本ジャーナル出版

^ エッジな人々#343 『真面目で不器用なAVクイーンが始めた「自分探し」』- 週刊SPA! 2004年7月13日 扶桑社

^ “及川奈央「中絶は傷が残る大きな問題」”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2006年1月11日). 2011年12月3日閲覧。

^ “及川奈央 「避妊こそ愛!」”. ORICON STYLE. Oricon Inc. (2006年1月12日). 2011年12月3日閲覧。

^ ナイスポ 2006年1月26日号

^ 及川奈央の自然体にもほどがある #25-2007年9月28日

^ a b 『YO!ビデオガールズ』vol.3 大洋図書-2003年8月5日

^ “及川奈央は先生役でもひざ上20センチ”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2007年9月1日). 2011年12月3日閲覧。

^ “先生役及川奈央「あざが残ってます」”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2007年9月2日). 2011年12月3日閲覧。

^ “ミニスカ及川奈央、ヒロシに回し蹴りで…”. ORICON STYLE. Oricon Inc. (2007年9月2日). 2011年12月3日閲覧。

^ “シリーズ32作目炎神戦隊ゴーオンジャー”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2008年1月19日). 2012年3月17日閲覧。

^ “ノーパンツ・ガールズ”. シネマトゥデイ. WELVA CORP.. 2012年3月18日閲覧。

^ “ホリケン、セクハラ暴走!及川奈央の胸元にマイクを挟もうと躍起!スベってブチギレ”. シネマトゥデイ. WELVA CORP. (2008年7月31日). 2012年3月19日閲覧。

^ “ソニン、コスプレに赤面!「ジロジロ見られて恥ずかしい」”. シネマトゥデイ. WELVA CORP. (2008年6月3日). 2012年3月14日閲覧。

^ “セクシー女優及川奈央、雪舞う中ワイヤーに吊るされて大回転!!”. シネマトゥデイ. WELVA CORP. (2009年1月15日). 2012年3月14日閲覧。

^ “及川奈央が悪役「戦隊ものは難しい」”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2010年1月8日). 2011年12月3日閲覧。

^ “及川奈央、真っ赤な戦隊ヒーロー18体に囲まれて「優しくしてください」とお願い”. シネマトゥデイ. WELVA CORP. (2010年1月30日). 2012年3月14日閲覧。

^ “吉川晃司が仮面ライダー初出演に喜び「40半ばの変身、怪人じゃなくて良かった」”. ORICON STYLE. Oricon Inc. (2009年12月12日). 2012年3月14日閲覧。

^ “吉川晃司、仮面ライダー役に喜び「40半ばで変身できるとは」”. BARKS. アイティメディア株式会社 (2009年12月15日). 2012年3月14日閲覧。

^ “山形で映画制作相次ぐ まちおこしの起爆剤に”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2012年9月22日). 2012年9月23日閲覧。

^ “米沢で小野川舞台の映画「ヲ乃ガワ」トークショー”. 山形新聞 Yamagata News Online. 山形新聞社 (2012年11月22日). 2012年11月22日閲覧。

^ “米沢発SF映画「ヲ乃ガワ」が完成 4月6、7日に試写会”. 山形新聞 Yamagata News Online. 山形新聞社 (2013年3月30日). 2013年3月30日閲覧。

^ “山形県米沢市小野川温泉全面協力・温泉×SF 映画!『ヲ乃ガワ WONOGAWA』公開決定!!”. CINEMA TOPICS ONLINE (2014年9月9日). 2014年9月19日閲覧。

^ “いまはなき日本最古の映画館で撮影された「シネマの天使」公開日決定!”. 映画.com. eiga.com inc. (2015年5月13日). 2015年5月14日閲覧。

^ “映画「真白の恋」クランクアップ♪”. 富山県ロケーションオフィス. 富山県観光・地域振興局観光課 (2015年2月25日). 2015年10月31日閲覧。

^ “Vシネ「ゴーオンジャー」ケガレシア役・及川奈央ら続投、神保悟志&神尾佑も参加”. 映画ナタリー. 2018年4月15日閲覧。

^ “ネットドラマ「マギー’s犬Jr.」試写会に及川奈央やインパルスが登場”. Broadband Watch. Impress (2005年3月15日). 2015年1月24日閲覧。

^ “夏の定番!筆者石井もチビる怪談&ホラー動画ベスト5!”. 日経トレンディネット. 日経BP (2007年8月3日). 2011年12月14日閲覧。

^ “及川奈央主演・新作ドラマを携帯で先行配信”. ITmedia +D モバイル. ITmedia (2006年1月6日). 2011年12月14日閲覧。

^ “史上初のスピンオフネットムービーで及川奈央が熱演”. RBB TODAY. IID Inc. (2008年7月4日). 2011年12月3日閲覧。

^ “バナナマン・日村、裁判員役に挑戦!…もお色気美女の被告人にメロメロの役立たずぶりを発揮?”. シネマトゥデイ. WELVA CORP. (2010年9月17日). 2012年3月14日閲覧。

^ “麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇 Xstream46<エクストリームフォーティーシックス>” (日本語). Xstream46<エクストリームフォーティーシックス>. 2021年7月10日閲覧。

^ “及川奈央 ナース姿で胸チラショット”. THE REAL LIVE WEB. REAL LIVE. (2007年7月21日). 2011年12月14日閲覧。

^ “苦笑系コントユニット・表現・さわやかの新作に及川奈央がゲスト出演!”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2011年6月3日). 2015年10月31日閲覧。

^ “下北沢で「表現・さわやか」の新作公演「ロイヤルをストレートでフラッシュ!!」”. 下北沢経済新聞. press labo,inc. (2012年5月21日). 2012年5月22日閲覧。

^ “イケテツのコントユニット「表現・さわやか」、一年ぶりの新作はへなちょこミュージカル!?!”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2012年6月26日). 2015年10月31日閲覧。

^ “及川奈央&久下恵美が全ての感情を出しきって表現する“オンナ”特有の“毒””. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2012年9月16日). 2015年10月31日閲覧。

^ “及川奈央&久下恵美がコメディーに挑戦! “池田鉄洋ワールド”の中で表現する“オンナの面白さ”とは?”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2013年7月23日). 2015年10月31日閲覧。

^ “ついに色気を解禁!? 「舞台はお客さんにサービスしなきゃいけない!」 池田鉄洋が開く及川奈央&久下恵美の新境地とは?”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2013年8月25日). 2015年10月31日閲覧。

^ “ブラックジャックによろしくを下敷きに舞台化、金子昇ら出演”. コミックナタリー. ナターシャ (2013年9月10日). 2013年9月11日閲覧。

^ “池田鉄洋のコントユニット10周年記念公演!東京・大阪で爆笑コントを披露”. Walkerplus. 株式会社KADOKAWA (2014年9月18日). 2014年9月19日閲覧。

^ “及川奈央、“女性としての幸せ”に開眼「母性持て余してる」”. ORICON STYLE. Oricon Inc. (2015年5月17日). 2015年10月31日閲覧。

^ “及川奈央&久下恵美の舞台でニッチェが女優デビュー!”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2015年4月4日). 2015年10月31日閲覧。

^ “及川奈央、久下恵美、ニッチェが明かす女子高生時代!”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2015年8月21日). 2015年10月31日閲覧。

^ “舞台「俺たち賞金稼ぎ団」キャスト第2弾が解禁!9・17先行販売スタート”. テレビライフ. 学研パブリッシング (2015年9月15日). 2015年9月29日閲覧。

^ “「スーパー戦隊」OB・OGが集結、舞台『俺たち賞金稼ぎ団』にトッキュウ5号森高愛&ケガレシア及川奈央も参戦”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ (2015年12月5日). 2015年12月6日閲覧。

^ “<更地ベスト~SAKURA~>大森カンパニーの舞台で体感「劇場が波打つ笑い」”. メディアゴン(MediaGong) (2016年3月31日). 2016年4月3日閲覧。

^ “<大森カンパニー公演「いじはり」>20歳の女優・仲村星凛が見せた可能性”. メディアゴン(MediaGong (2016年11月13日). 2016年12月5日閲覧。

^ “たけしの無謀な番組企画に芸人たちが挑む”. お笑いナタリー. ナターシャ (2010年4月8日). 2012年3月17日閲覧。

^ “お笑いナタリーみうらじゅん、ますおか岡田らがアリガチ風景のナゾを検証”. お笑いナタリー. ナターシャ (2010年10月25日). 2012年3月17日閲覧。

^ “プレゼントをひたすらあげまくる“ご奉仕”バラエティ”. ORICON STYLE. Oricon Inc. (2011年2月24日). 2012年3月14日閲覧。

^ “及川奈央とリアル対局のチャンス!? 「第1回テレ玉杯 最強雀士決定戦」開催決定”. テレビドガッチ. プレゼントキャスト (2015年2月6日). 2015年10月31日閲覧。

^ “『セガNET麻雀MJ』&『MJ5 R EVOLUTION』最強プレイヤーが決まる! “第2回テレ玉杯 最強雀士決定戦”が開催決定”. ファミ通.com. カドカワ (2016年1月25日). 2016年1月26日閲覧。

^ “NMB新センター・須藤、初冠番組は麻雀バラエティー「秋元先生を倒したい!」”. ORICON STYLE. Oricon Inc. (2015年7月5日). 2015年7月5日閲覧。

^ “蛭子能収&ワッキー&及川奈央 麻雀腕自慢芸能人がレジェンドに挑戦”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2015年11月16日). 2015年11月16日閲覧。

^ “及川奈央らてんぱいクイーン決定戦!CSテレ朝”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2016年1月16日). 2016年1月17日閲覧。

^ “高宮まり、東城りおら美女たちがドレス姿で白熱バトル”. Smartザテレビジョン. KADOKAWA CORPORATION (2016年11月14日). 2016年12月5日閲覧。

^ “及川奈央、スザンヌ、竹山など、豪華出演者による333分の生番組!!”. RBB TODAY. IID Inc. (2008年6月6日). 2011年12月3日閲覧。

^ “懲りない山路徹氏「恋愛していきたい」”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2011年3月9日). 2012年3月17日閲覧。

^ “石井あやが及川奈央にリベンジ/麻雀コロシアム”. 麻雀ウォッチ (2016年1月26日). 2016年3月5日閲覧。

^ “<舞台「更地ベスト~SAKURA~」の魅力>山口良一・大森ヒロシ・久下恵美・及川奈央がニコ生で公演直前裏話”. メディアゴン(MediaGong) (2016年3月20日). 2016年4月3日閲覧。

^ “FujiCup 第一回麻雀女王トーナメント」DVD発売”. 麻雀ウォーカー×麻雀王国 業界ニュース. 麻雀王国株式会社 (2010年4月19日). 2012年3月18日閲覧。

^ “及川奈央が封印を解き突如グラビアに復帰! あの頃と変化したものとは…”. 週プレNEWS. 集英社 (2014年10月17日). 2014年10月19日閲覧。

^ 唐橋充 TOKYO-VILLAGE につき 2011年7月30日

^ “及川奈央、注目の若手バンドPVで女教師に!”. ORICON STYLE. Oricon Inc. (2005年10月18日). 2011年12月3日閲覧。

^ “BACK-ON、最新プロモで及川奈央と共演!”. BARKS. アイティメディア株式会社 (2005年10月21日). 2011年12月14日閲覧。

^ “ブリタニアで愛の告白!UOプレイヤーが及川奈央さんを口説く特別企画”. ITmedia +D Games. ITmedia (2006年1月17日). 2011年12月14日閲覧。

^ “及川奈央が鎖につながれ、うっとり?”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2007年8月27日). 2011年12月3日閲覧。

^ “現場ピリピリ…“緊縛”及川奈央、渋谷ゲリライベント”. ZAKZAK. 産経新聞社 (2007年8月28日). 2011年12月3日閲覧。

^ “「フェロモン出したい」及川奈央がセクシー衣装でゲリライベント!”. ORICON STYLE. Oricon Inc. (2007年8月28日). 2011年12月3日閲覧。

^ “山本晋也のランク10国を及川奈央がジャック!? 「及川奈央のランク10国」スタート”. RBB TODAY. IID Inc. (2005年12月7日). 2011年12月3日閲覧。

^ “サンドウィッチマンが「今夜もドル箱S」から初の歌モノCDデビュー”. お笑いナタリー. ナターシャ (2011年10月26日). 2012年3月14日閲覧。

^ “鈴木おさむが語る「一番好きなAV作品の謎」――及川奈央のマジギレは演出だったのか?”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2015年2月7日). 2015年2月10日閲覧。

^ 小島慶子 キラ☆キラ-2011年2月24日

関連項目
日本の女優一覧
広島県出身の人物一覧外部リンク
公式サイト及川奈央オフィシャルサイト
5.on OFFICIAL WEB SITE-所属事務所公式サイト
類類〜LuiLui〜オフィシャルWEBサイト-ユニット「類類」公式サイト公式ブログOikawa Nao Official Blog-公式ブログ (2009年6月21日-)
過去のブログ
及川奈央の日記 – ウェイバックマシン(2005年1月15日アーカイブ分) (2005年5月28日-8月31日)
及川奈央の日記 (2005年9月1日-2007年10月31日)
奈央の日記 (2007年11月1日-2009年6月22日)
所属ユニットのブログ
luilui-naomegu ユニット「類類」のブログ (2011年6月1日-)Facebook/Twitter/Instagram/YouTube及川奈央 (@naooikawa_0421) – Twitter (2016年11月28日-)
及川奈央 (nao.0421) – Facebook (2013年2月5日-)
naooikawa (@naooikawa) – Instagram (2013年7月6日-)
Nao Oikawa – YouTubeチャンネル
更新を終了したアカウント
及川奈央 (@nao_0421) – Twitter (2010年6月5日-2016年8月26日)
及川奈央(Nao Oikawa)Official (oikawanao) – Facebook (2012年3月28日-2013年2月5日)
所属ユニットのアカウント
類類〜Lui Lui〜 (@lui_info) – Twitter (2013年1月28日-)出演/連載サイト及川奈央の素“nao” (まぐまぐ)(2012年2月13日-7月30日)
ニコジョッキー (2011年7月14日-)
げきぴあ 表現・さわやか (2011年6月9日-20日)
おたママ倶楽部(エフエム西東京)(2008年5月10日-2008年5月17日)
部長の小部屋 (新宿メトログループ) (2015年4月20日-2016年3月30日)
ブログ形式の企画サイト
パチンコ倶楽部 パチブログ (2005年5月31日-10月24日)
及川奈央の恋愛ブログ (2005年10月14日-11月24日)インタビュー記事アングラーな人インタビュー 第1回「怒りオヤジ3」
私の仕事・恋愛・人生 前編 後編-livedoorニュース・独女通信 (2007年7月20日)
乙女心を忘れずに-読売新聞 (2008年10月1日)
GO-ONGER INTERVIEW 12 及川奈央-東映ヒーローネット (2009年1月5日)
及川奈央×久下恵美が明かす「女のキモチ」 ニュースウォーカー (2011年9月13日)
メールマガジン著者インタビュー まぐまぐ (2012年2月)
及川奈央&久下恵美が全ての感情を出しきって表現する“オンナ”特有の“毒” ニュースウォーカー (2012年9月16日)
及川奈央&久下恵美がコメディーに挑戦! “池田鉄洋ワールド”の中で表現する“オンナの面白さ”とは? ニュースウォーカー (2013年7月23日)
及川奈央、探究心から極めたAV業引退から10年「ようやく自分が見つかった」 クランクイン! (2014年10月31日)
及川奈央&久下恵美の舞台でニッチェが女優デビュー! ニュースウォーカー (2015年4月4日)
及川奈央インタビュー『及川奈央、“舞台女優”としての気概』 ORICON STYLE (2015年5月15日)
及川奈央、久下恵美、ニッチェが明かす女子高生時代! ニュースウォーカー (2015年8月21日)表話編歴スカパー!アダルト放送大賞現在
個人賞
MVA
22 本郷愛MIA
22 伊東めるMTA
22 本郷愛

過去
個人賞
女優賞
06 あいだゆあ
07 穂花
08 Rio
09 明日花キララ
10 原紗央莉
11 麻倉憂
12 成瀬心美
13 さとう遥希
14 波多野結衣
15 紗倉まな
16 初美沙希
17 AIKA
18 天使もえ
19 戸田真琴
20 佐倉絆熟女女優賞
06 友崎亜希
07 翔田千里
08 望月加奈
09 小池絵美子
10 堀口奈津美
11 川上ゆう
12 北条麻妃
13 星野あかり
14 一条綺美香
15 篠田あゆみ
16 成宮いろは
17 羽月希
18 花咲いあん
19 加藤あやの
20 綾瀬麻衣子新人女優賞
09 伊東遥
10 藤井シェリー
11 羽田あい
12 由愛可奈
13 紗倉まな
14 白石茉莉奈
15 天使もえ
16 松岡ちな
17 桃乃木かな
18 栄川乃亜
19 唯井まひろ
20 大浦真奈美オンデマンド賞
14 由愛可奈
15 水沢のの
16 初美沙希
17 湊莉久
18 倉多まお
19 きみと歩実
20 小倉由菜最多出演女優賞
07 立花里子
08 麻美ゆま
09 翔田千里
18 波多野結衣
19 波多野結衣ch賞
05 萩原舞、蒼井そら、小沢菜穂、森下くるみ、南波杏、如月カレン男優賞
11 島袋浩
15 しみけん功労賞
17 中尾彬
作品賞
05 古都ひかる、及川奈央
06 如月カレン
10 木下柚花
11 風間ゆみ・結城みさ
12 神咲詩織
13 吉沢明歩
14 上原亜衣・尾上若葉
15 有村千佳・初美沙希
16 初美沙希
17 三上悠亜
18 蓮実クレア
19 友田彩也香メディア賞
東スポ賞
11 春咲あずみ
13 大槻ひびき
14 白石茉莉奈
15 有村千佳
16 小島みなみ
17 桃乃木かな
18 花咲いあん
19 篠田ゆうFLASH賞
12 葵つかさ
13 紗倉まな
14 初美沙希
15 紗倉まな
16 松岡ちな
17 三上悠亜
18 市川まさみ
19 戸田真琴夕刊フジ賞
11 柳田やよい
12 羽月希
13 神咲詩織
14 波多野結衣
15 篠田あゆみ
16 初美沙希サイゾー賞
12 絵色千佳
13 さとう遥希
14 一条綺美香
15 佐倉絆
16 桜井あゆ
17 古川いおり週刊大衆賞
14 水沢のの
15 北川エリカ
16 加山なつこ
17 横山みれい
18 天使もえ
19 美谷朱里livedoor賞
10 小澤マリア
11 希崎ジェシカ
12 桐岡さつき日刊ゲンダイ賞
10 月野りさ
12 成瀬心美アサヒ芸能賞
11 天海つばさSPA!賞
13 藤嶋唯ダラケ!賞
20 紺野ひかる
その他
受賞ch
08 パラダイステレビ
09 パラダイステレビ
10 パラダイステレビ
11 パラダイステレビ流行語賞
16 エロメン

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=及川奈央&oldid=90303096」から取得
カテゴリ: 日本の女性タレント日本の女優日本のAV女優ケイ・エム・プロデュース女優宇宙企画女優アリスJAPAN女優桃太郎映像女優ワンズファクトリー女優TMA女優マルクス兄弟SOD女優MOODYZ女優アイデアポケット女優アタッカーズ女優アウダースジャパン女優ゴーゴーズ女優ワープエンタテインメント女優ドリームチケット女優グレイズ女優広島県出身の人物1981年生存命人物GyaOジョッキーニコジョッキー隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ編集半保護中のページプロジェクト人物伝項目

評価: 4~5 つ星
レビュー: 6554
再生回数: 6485
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Yomiuri

Yomiuri
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8562
[spincontent type=”j”]

3. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Asahi Shimbun

朝日新聞
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 朝日新聞で検索した 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する上記の情報が、及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6239
[spincontent type=”j”]

4. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー The Japan Times

The Japan Times
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: ジャパン タイムズで検索した 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する記事のトップです。及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8265
[spincontent type=”j”]

5. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Yomiuri Shimbun

読売新聞
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する詳細情報はすでにありますか? 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3173
[spincontent type=”j”]

6. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Mainichi Shimbun

毎日新聞
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 毎日新聞で見つけた 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する上記の情報が、及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5674
[spincontent type=”j”]

7. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Sankei Shimbun

産経新聞
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 産経新聞で検索した 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する記事のトップです。及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8684
[spincontent type=”j”]

8. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1132
[spincontent type=”j”]

9. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Chunichi Shimbun

中日新聞
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 中日新聞で検索した 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する上記の情報が、及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9838
[spincontent type=”j”]

10. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Tokyo Shimbun

東京新聞
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8438
[spincontent type=”j”]

11. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5303
[spincontent type=”j”]

12. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 日刊工業新聞で見つけた 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する上記の情報が、及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5824
[spincontent type=”j”]

13. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Ainu Times

アイヌタイムス
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: アイヌ タイムズで検索した 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する記事のトップです。及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6881
[spincontent type=”j”]

14. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する詳細情報はすでにありますか? 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7888
[spincontent type=”j”]

15. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Chiba Nippo

千葉日報
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 千葉日報で検索した 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する上記の情報が、及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8498
[spincontent type=”j”]

16. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Chugoku Shimbun

中国新聞
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 中国新聞で検索した 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する記事のトップです。及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1265
[spincontent type=”j”]

17. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー Daily Tohoku

デイリー東北
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5628
[spincontent type=”j”]

18. 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

説明: イースタン クロニクルで検索した 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する上記の情報が、及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 90 38
[spincontent type=”j”]

及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー に関する質問

及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー

及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー
方法及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー
チュートリアル 及川 奈央 の ファン 感謝 温泉 バス ツアー
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: