あなたは 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 を共有します。 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

漫画:南くんの恋人
作者

内田春菊
出版社

青林堂文藝春秋(文春文庫)青林工藝舎(改訂版)
掲載誌

月刊漫画ガロ
発表号

1986年10月号 – 1987年6月号
巻数

全1巻
テンプレート – ノート
プロジェクト

漫画
ポータル

漫画
『南くんの恋人』(みなみくんのこいびと)は、内田春菊の漫画、またそれを原作としたテレビドラマ。

概要[編集]
平凡な高校3年生の南くんと、突然身長15cmになってしまったちよみの恋と同棲生活を描いた連作。
『写真時代ジュニア』1985年4月号掲載の読切漫画「言いなりになりたい」(単行本『春菊』に収録)を元に、1985年『アニメージュ増刊OZ』で第1話「悲しんだりもしたい」を掲載。第2話から舞台を『ガロ』に移して1986年10月号から1987年6月号まで連載され、描き下ろしの最終話を加えた単行本が1987年7月に青林堂から刊行された。1998年7月には文藝春秋より文春文庫として刊行、2004年6月には青林工藝舎より「改訂版」が刊行された。

原作[編集]
原作漫画はドラマ版と違い、掲載誌の性質上寓話的な要素が強い。また、原作は登場人物も少なく、ドラマのストーリーも「小さくなった恋人との同棲生活」程度の共通点しかない。また、漫画の内容は決して「プラトニックな恋愛」を描いたわけではなく、あくまで「ガロ系のラブストーリー」といったものであり、青年期の生々しい心情描写や大胆な性描写などが描かれ、@media screen.mw-parser-output .fix-domainborder-bottom:dashed 1px恋愛漫画における綺麗事を一切排除した特殊な恋愛作品となっている。[独自研究?]最終話は南くんとちよみが温泉旅行に出かけるが、旅行の帰り際に転落事故に遭い、南くんはかすり傷で済んだものの、ポケットの中にいたちよみが死亡してしまう残酷であっけないものだった。最後のページには「ちよみは小さいから生きられなかった」という本作品の構造に対しての皮肉も描かれている。また、「なぜちよみが小さくなったのか」といった理由や説明が本編で明示されることは一切なかった。
作者の内田春菊は『ガロ』1994年2月号のインタビューで、残酷な結末を描いた経緯について次のように回想している。

こーんな小さなちよみの子宮の中で生理が起こってる、とかいうのもいつまでもやっていたらおかしくなるな、と思ってこの話を終わらそうと決心したんですよ。それから話を思い出すたびにシクシク泣いて、やめればいいのにね。自分で勝手に世界を作って自分でそれを壊すことを決めて、でもそれに自分が悲しんでってもうおかしいよねぇ。なんてナルシスティックな商売なんだろう。あのころ、私は子どもを産める気がしていなかった、ちよみを殺してしまったのなんかは、子どもを諦めようという一連の作業だったんじゃないのかもしれない。
また、彼女は「あとがき」で、「この作品、自分は『小美人ポルノ』だと思ってたのに、読者からは『これってプラトニックな恋ですよね?』と手紙が来る」と述べており、読者と自分の認識のギャップを語っている。

初出[編集]
作品名
初出
言いなりになりたい
写真時代ジュニア 1985年
南くんの悩み
B-BOY 1985年
悲しんだりもしたい
アニメージュ増刊OZ 1985年
野村さんの写真
ガロ 1986年10月号
たのしいおふろ
ガロ 1986年11月号
こわい夢
ガロ 1986年12月号
ちよみのごはん
ガロ 1987年1月号
実験
ガロ 1987年2・3月号
ちよみの心配
ガロ 1987年4月号
南くんの浮気
ガロ 1987年5月号
出発の日
ガロ1987年6月号
おもいでの旅行
描き下ろし
続編[編集]
『ガロ』連載終了から実に25年を経て『Cocohana』(集英社)誌上で2013年1月号より6月号にかけて続編『南くんは恋人』が連載された。
本作品では『南くんの恋人』とは立場が逆転しており、高校生のちよみと、突然小さくなってしまった南くんの恋と同棲生活を描いた連作となっている。第1話冒頭に於けるちよみのモノローグにより、本作品中設定では、『南くんの恋人』はちよみの見た夢であったことが示唆されている。

内田春菊『南くんは恋人』 集英社〈愛蔵版コミックス〉、2013年8月28日第1刷発行(2013年8月23日発売)、.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-4-08-782707-1テレビドラマ[編集]
本作品は4度テレビドラマ化されており、本記事ではそれぞれ第1作 – 第4作とする。
エピソードとして、ドラマ版を知った後に原作を読んで残酷な結末に衝撃を受けた視聴者が続出したという逸話がある。これに関して内田自身の「ちよみは本来存在すべきでない」という持論に対しても賛否両論があり、内田に対しても批判があった。内田の弁によると「もうあのページはノリで貼り付けてやりたい」という投書まで送られてきたという[1]。
内田によれば、第1作を手掛けたTBSからドラマ化の依頼があった際、フジテレビからも映画化の企画が来たというが、その依頼は断ったという。その経緯について内田は『ガロ』1994年2月号のインタビューで次のように明かしている。

フジのほうはハイビジョンを全編に使って、ヒロインも募集して大事業みたいにするって言うのね。でもずっと話をしていても、作品に対する話というのが出てこないんですよ。TBSのほうはその辺はすごく愛情を持ってくれていたんだけれど、でも好きでやってくれるんだったら両方受ければいいか、と思ってたんですけどね。でもフジの人が「ちよみは処女じゃないといやだ」って言い始めましてね。で、そのうち「うちだけに使わせろ」みたいな話になってきて、でもそこまで言うのに作品に対する手ごたえっていうものがなかったんですよ。それでフジのほうは断ったんです。


1994年1月、高橋由美子・武田真治主演によるテレビドラマ(第2作)がテレビ朝日『月曜ドラマ・イン』枠で放映され、高視聴率を獲得した。しかし、月曜20時台という時間帯の関係で主たる視聴者層が低年齢化し、主に子供たちから「(最終回の結末を踏まえて)ちよみがかわいそうだ」との投書が寄せられた。それを契機として原作にないアナザーストーリー(厳密には続編)を追加することとなり、1995年4月にスペシャルドラマ「もうひとつの完結編」が放映された。本作品の設定上から映像はブルーバック合成という手法がとられ、そのために高橋の収録分の大半はブルーシートを背にしてひたすら一人芝居をするというものだった。他の出演者との絡みがあるのは、ちよみが小さくなる前の回想シーンの収録くらいであり、「何のために女優になったんだろう?」などといった葛藤を抱えながらの撮影だったことを高橋自身が後に回想して語っている[2]。
2004年7月、二宮和也・深田恭子主演によりテレビ朝日系列の『木曜ドラマ』枠でリメイクされた(第3作)。同一放送局による10年振りのテレビドラマ化であった。
2015年5月、山本舞香・中川大志を主演に、『南くんの恋人〜my little lover』(第4作)のタイトルで4度目のドラマ化がされ[3]。11月からフジテレビ他で放映された。

第1作[編集]
1990年4月28日、TBS系列、土曜日22:00-23:54(JST)、ドラマチック22枠(単発ドラマ)。視聴率は13.3%。
ちよみが小さくなるのは家系(ちよみのおばあちゃんも若いころ小さくなった)で、ラストは行方不明になったちよみが風船につかまって戻ってくる。キャスト(第1作)[編集]
ちよみ:石田ひかり
南浩之:工藤正貴
白島靖代
宮下直紀
木内みどり
内田春菊
加藤治子スタッフ(第1作)[編集]
脚本:斎藤博
演出:原隆仁
プロデューサー:田辺隆史、竹本克明、片島謙二
制作:ギャラクシーワン、TBS第2作[編集]
南くんの恋人(第2作)ジャンル
テレビドラマ原作
内田春菊脚本
岡田惠和演出
中山史郎(ザ・ワークス)今井和久(ザ・ワークス)出演者
高橋由美子武田真治音楽
寺嶋民哉エンディング
高橋由美子「友達でいいから」シリーズ数
連続ドラマ:1期SPドラマ:1話製作プロデューサー
高橋浩太郎黒田徹也(テレビ朝日)照喜名隆(渡辺企画)編集
青柳信司(ザ・チューブ)制作
テレビ朝日渡辺企画
放送放送局テレビ朝日系列映像形式NTSC(横縦比4:3)放送国・地域 日本
連続ドラマ放送期間1994年1月10日 – 3月21日放送時間月曜 20:00 – 20:54放送枠月曜ドラマ・イン放送分54分回数10
南くんの恋人スペシャルもうひとつの完結編出演者井出薫放送期間1995年4月10日放送時間月曜 20:00 – 21:48放送分108分回数1テンプレートを表示1994年1月10日 – 3月21日、テレビ朝日系列、月曜日20:00-20:54(JST)、月曜ドラマ・イン枠。
1995年4月10日、「南くんの恋人スペシャル もうひとつの完結編」が20:00-21:48に放送された。キャスト(第2作)[編集]
レギュラー出演者[編集]
(タイトルバックでのキャスト紹介順に掲載)
主なレギュラー

堀切 ちよみ(ほりきり ちよみ)
演 – 高橋由美子
セントルイス学園高等学校に通う普通の女子高生だったが、事故の衝撃で、身長15センチの小ささになってしまう(この時点で死亡扱いとなる)本編で一旦、姿を消す形で天に召されている。完結編では、間もなく父の後妻の娘として生まれ変わることになり「自分の記憶が消される前に」として浩之に会いにゆくが、トラウマを抱える範子を心配。再び自殺を図ろうとした彼女を救うように浩之を説得する。恋人同士でありながら、浩之を最後まで苗字で呼んでいた(浩之の方はちよみを名で呼んでいる)。
南 浩之(みなみ ひろゆき)
演 – 武田真治
本編ではやはりセントルイス学園高の生徒で、恋人のちよみが小さくなってから、ずっと守り続けて来たが、ラストで彼女との別れにショックを受ける。完結編では卒業後、セントポーリア大学へと進学。押し切る形で接近して来た範子を気に掛けるうちに親しくなったころ、天国からやって来たちよみと再会。最終的にちよみと結ばれることになる。心優しい性格。
野村 リサコ(のむら リサコ)
演 – 千葉麗子
浩之・ちよみのクラスメート。美人でおっとりした雰囲気だが、やや情緒不安定で突然キスをしたりなど、何かと浩之に色目を使う。勘が鋭い。両親は離婚していて一人暮らし。両親を嫌っている。
南 涼子(みなみ りょうこ)
演 – 中村綾
浩之の姉。浩之のことを『弟』と呼ぶ。好奇心旺盛。
竹原 直人(たけはら なおと)
演 – 岡田秀樹
浩之の友人で、ちよみに片思いをしている。真面目な性格で成績優秀だが、思い込みが激しく極端な一面がある。
榎本先生(えのもとせんせい)
演 – 石塚英彦
浩之・ちよみの高校での担任。体育担当で常にジャージ姿。手芸部の顧問でもある。生徒たちに何かを注意や発言しても言い返されたり無視されることが多い。
朝倉 真知子(あさくら まちこ)
演 – 響野夏子
ちよみの父の婚約者。信太郎の盲腸手術をきっかけに知り合った元看護師。
南 暁子
演 – 岡本麗
浩之の母。基本的に陽気だが、ちよみを忘れられない息子を心配し、平手打ちの後に号泣したこともある。多趣味。
南 隆之
演 – 高田純次
浩之の父。のんびりした性格で料理が得意。いざという時は父親らしく振る舞う時も。
堀切 信太郎(ほりきり しんたろう)
演 – 草刈正雄
ちよみの父。カフェ「ROUTE66」のマスター。『男はな、南くん』が口癖。本編最終回で、浩之から真相を知らされ思わず殴り倒す。その後に涙ながらに浩之の襟首を掴み「ちよみは……幸せだったのか?」と質し、浩之が必死に頷くと、納得する。完結編では再婚しており、後妻が妊娠。医師からは女児と伝えられていたが、男児の父となる。その他レギュラー

やまざき みちえ:木之下綾
吉田潤之祐
芦田真奈
東海林龍
富岡美奈
石塚隆夫
岩井裕扶子
梅田奈央美
木原久美ゲスト出演者[編集]
主なゲスト

校長先生(こうちょうせんせい)
演 – 福田豊土(3,7,8,9話)
ちよみと浩之が通うセントルイス学園高等学校の校長。
野村 百合子
演 – 田島令子(3,5,6,7,8,9,10話)
野村リサコの母。セントルイス学園高等学校に多額の寄付をしている教育評論家。リサコに嫌われているが、僅かながらリサコを心配している。
東山 真理絵(ひがしやま まりえ)
演 – 西田ひかる(4,6話)
家出したちよみを見つけた一人暮らしの女子大生。初めてちよみを見た際も驚かずに保護した。喧嘩した浩之・ちよみの和解のきっかけを作る。
野村 健三
演 – 西田健(5,6話)
野村リサコの父。会社経営が上手くいかず、百合子の慰謝料捻出のためリサコが暮らすマンションを売り払おうとする。
清水先生(しみずせんせい)
演 – 清水ミチコ(7話)
世界史の先生。
中原 範子
演 – 井出薫(完結編)
浩之が合コンで知り合った女子大生。高2のころ、既婚者だった担任教師と不倫の末に海岸での入水心中をはかり、自分のみが生き残るという事件を起こしている。大学進学後も周囲から後ろ指を指され、誹謗中傷を受けていることもあり、精神的に不安定で陰気な印象。浩之との出会いで次第に明るさを取り戻しつつあったが、命日に墓に手向ける花を購入した直後、死亡した愛人の妻と鉢合わせ。連れられていた幼い息子に「パパを殺した女」と説明されたショックで、浩之に予告電話をし、当時の同じ海岸で自殺を図る。しかし到着した浩之の呼びかけと、愛人の息子の許しで思い留まった。完結編のみの登場。
範子の元愛人の妻
演 – 波希かずえ(完結編)
夫と不倫をし、心中の末に生き残った範子を激しく憎悪。命日のころに息子を連れて彼女をつけまわし花屋の前で罵倒。落とした花束を踏みつけて去ってゆく。地味で真面目な印象を持つ。
範子の元愛人の息子
演 – 内田萌(完結編)
物心がつく前に父と死別。母に連れられて範子の後ろをついて回り、中傷を吹き込まれるが、海岸で自殺を図った範子に「お姉ちゃん! パパのお話を聞かせて!」と無邪気に歩み寄る。その他ゲスト

芹澤健(1話)
海宝茜(現:海宝あかね)(1話)
蓮池貴人(1話)
山口真侑(1話)
マリーニノ(1話)
佐久間:BOB藤原(1,7,10話)トラック運転手。居眠り運転でちよみにぶつかった張本人。今井治(1話)
金子浩子(2話)
横澤美智香(2話)
大塚洋(3話)
鈴木祥恵(4話)
田島幸代(4話)
渡辺幸恵(4話)
天谷規由季(4話)
中山由香理(4話)
櫃割みゆき(4話)
本庄佐知子(4話)
石橋秀太郎(4話)
須藤学(5話)
渋谷竹春(5話)
ちよみの母:久我美智子(6話)※写真のみ
拓郎(たくろう):土谷一貴(子役)(7,8,10話)野村リサコの母の連れ子。福引のおじさん:水森コウ太(7話)
福引で液晶テレビを当てたお婆ちゃん:森康子(7話)
セントルイス学園の制服の取扱店の店員:徳山盛男(7話)
旅行代理店の店員:安達香代子(9話)
佐伯玲子(10話)
小渕友加里(10話)
荒巻美帆(子役)(10話)
平淑恵(10話)
エキストラ:劇団東俳、東京宝映、早川プロ、劇団ひまわり主題歌(第2作)[編集]
「友達でいいから」
歌:高橋由美子
作詩・作曲:TAMTAM
(ビクターエンタテインメント)スタッフ(第2作)[編集]
プロデューサー:高橋浩太郎、黒田徹也(テレビ朝日)、照喜名隆(渡辺企画)
原作:内田春菊(青林堂刊)
脚本:岡田惠和
音楽:寺嶋民哉 アルバム「南くんの恋人」より(ソニーレコード)
技術プロデューサー:小関進
TD:笹村彰
カメラ:栗林克夫
照明:白石雄二
音声:八木明広
音効:鈴木晴夫(1 – 6・10話)、太田亜紀(7 – 9話)
VE:勝又章浩、勝屋一朗
CGタイトル:F:DRIVE Ltd.,Ld、KAN DAVA、電影工房
編集:青柳信司(ザ・チューブ)
美術デザイン:北谷岳之
美術制作:林潤一
大道具:松岡美都司
装飾:相田伸一
持道具:水田貴紀
衣裳:山田秀夫
メイク:ストロベリーキッズ
スタイリスト:曽根和子
演出補:松井哲彦
記録:岸田純子(1・2話)、石塚早苗(3 – 5・8・9話)、舘野弘子(6・7話)、志村実恵子(10話)
制作担当:植野亮
広報:上田めぐみ(テレビ朝日)
スチール:田部井満
ビジュアルプランナー:樋口真嗣※1・2話では「樋口信司」表記
プランニングスタッフ:楠本浩美
アソシエイツプロデューサー:小橋孝裕
プロデューサー補:佐藤富宏
美術協力:アップルコンピュータ株式会社、WHY CO., LTD.、UP BEAT GALLERY、BREE、RALLY(1 – 3・5 – 10話)、EPSON(4話)
衣裳協力:J.CREW(4話)、pou dou dou(4話)、CHUCK.CHAQET.CHIKIT(5・6話)、CELLULOID(5・6話)、ホコモモラ、MORGAN(1話)、Jane Marple(2 – 5話)、イタリヤード株(1・2・9・10話)、KOOKAI(3・5話)、EQUAL(3話)、yoko(6 – 10話)、StrawBerry Fields(10話)、青山 伊万里、RORA-RORA、I,MARIO、pour la frime ainee(1 – 8・10話)、村田長(株)、ラブエル.、コード服装、PERSON’S、ハウステンボス・フォトジェニック(10話)
音楽協力:テレビ朝日ミュージック
協力:ハウステンボス(10話)、株式会社NHVホテルズインターナショナル(10話)、ZEEクルーズ株式会社(10話)、タカラ、パオ(2・8話)、富士重工(3 – 10話)、JAS 日本エアシステム(9・10話)、NARIKAWA、多摩大学(1話)、たま日吉台病院(2話)、株式会社四季の旅社(3話)、パルテノン多摩(3話)、新都市センター開発株式会社(4話)、BEAUX-ARTS(4話)、PRESEΛ ROOM(5話)、Bird Land(6話)、INTERIOR SPACE 彩(6話)、多摩中央病院(7話)、多摩市聖ヶ丘商店街(7話)、SEGA(8話)、BERKELEY(8話)、大中 渋谷店(8話)、山野美容芸術短期大学(9話)、にっかつ撮影所(9・10話)、(株)イースト・ウェスト トラベル(9話)、嬉野温泉 山水(10話)、カーヴ・ドゥ・カツヌマ(10話)
映像協力:「稲村ジェーン」(株)アミューズ(8話)
写真協力:菅原千代志
車輌:オフィスK
カースタント:スーパードライバーズ
技術協力:テイクシステムズ
演出:中山史郎(ザ・ワークス)、今井和久(ザ・ワークス)
制作:テレビ朝日、渡辺企画サブタイトル(第2作)[編集]
各話
放送日
サブタイトル
演出
視聴率
Lesson 1
1994年1月10日
誕生日に、あげる
中山史郎
18.0%
Lesson 2
1月17日
15センチのおさな妻…
15.0%
Lesson 3
1月24日
悲しい別れの決意
今井和久
14.7%
Lesson 4
2月07日
バレンタインに誓って…
15.9%
Lesson 5
2月14日
南くん倒れる!
中山史郎
16.5%
Lesson 6
2月21日
わたしもとに戻りたい!
15.8%
Lesson 7
2月28日
ヒミツが明かされた日…
今井和久
14.0%
Lesson 8
3月07日
ずっと一緒にいたいのに
14.4%
Lesson 9
3月14日
二人きりの卒業式
中山史郎
16.0%
Final Lesson
3月21日
望みが全部かなった日に
15.7%
平均視聴率 15.6%(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ社調べ)

各話
放送日
サブタイトル
演出
視聴率
スペシャル
1995年4月10日
南くんの恋人スペシャルもうひとつの完結編
今井和久
15.6%(108分)
関連商品(第2作)[編集]
オリジナル・サウンドトラック南くんの恋人~オリジナル・サウンドトラック(1994年2月21日、ソニー・ミュージックエンタテインメント)SRCL-2841 製作:寺嶋民哉VHS南くんの恋人 Vol.1~5(1994年6月17日~8月19日、ポニーキャニオン) それぞれ2話ずつ収録
南くんの恋人スペシャル もうひとつの完結編(1995年8月23日、ビクターエンタテインメント)DVD南くんの恋人 DVD-BOX(2002年3月20日、ポニーキャニオン) 上記VHS作品をまとめて収録第3作[編集]
2004年7月8日 – 9月16日、テレビ朝日系列、木曜日21:00-21:54(JST)、木曜ドラマ枠、全11回。平均視聴率9.4%。
主題歌:『瞳の中のGalaxy』嵐 (ジェイ・ストーム)(作詞/作曲・藤井フミヤ)キャスト(第3作)[編集]
堀切 ちよみ – 深田恭子
南 進 – 二宮和也(嵐)
日下部 征一郎 – 田辺誠一:ちよみ、進の担任教師、ちよみのいとこ
野村 麗花 – 宮地真緒:ちよみ、進の同級生
南 桜 – 安倍麻美:進の妹
大原 幸作 – 石井智也:ちよみ、進の同級生、進の親友
小久保 尚子 – 荻野なお:ちよみ、進の同級生、ちよみの親友
坂井 真澄 – 石橋奈美:国語教師
堀切 千次 – 北村総一朗:ちよみの祖父
南 謙一 – 西村雅彦:進の父
南 竹子 – 名取裕子:進の母スタッフ(第3作)[編集]
企画プロデューサー:高橋浩太郎(テレビ朝日)
脚本:中園ミホ、福間正浩
音楽:住友紀人(FILL IN)
音響効果:阿比留奈穂子
デザイン:きくちまさと
美術プロデューサー:杉川廣明
制作担当:菖蒲昌弘
プロデューサー:黒田徹也(テレビ朝日)・照喜名隆、布施等(ザ・ワークス)
監督:佐藤嗣麻子、新城毅彦(5年D組)、木内麻由美(テレビ朝日)、大垣一穂(ザ・ワークス)
制作協力:ザ・ワークス
制作著作:テレビ朝日サブタイトル(第3作)[編集]
各話
放送日
サブタイトル
視聴率
第1話
7月08日
彼女は身長16センチ
11.2%
第2話
7月15日
涙の電話
9.0%
第3話
7月22日
浮気発覚
10.1%
第4話
7月29日
新婚初夜
10.5%
第5話
8月05日
浴衣で愛して…
10.4%
第6話
8月12日
海がくれたキス
9.4%
第7話
8月19日
幸せになる誓い
8.1%
第8話
8月26日
運命の家族写真
7.4%
第9話
9月02日
恋敵との対決…
8.0%
第10話
9月09日
最期の望み、純白の花嫁
8.4%
最終話
9月16日
二人分の心臓
10.9%
平均視聴率 9.4%(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)

関連商品(第3作)[編集]
DVD南くんの恋人 第1巻~第5巻(2004年12月23日、メディアファクトリー) それぞれ2話ずつ(第5巻のみ3話分)収録
南くんの恋人 DVD-BOX(2004年南くんの恋人 DVD-BOX、メディアファクトリー) 上記5巻をまとめたもの第4作[編集]
『南くんの恋人〜my little lover』(みなみくんのこいびと マイリトルラバー)のタイトルで、2015年11月10日から2016年2月2日までフジテレビMナイト枠にて放送(全10話)[3][4]。
これにさきがけ、同年9月9日早朝(『Tナイト』枠の最終パート)に関東ローカルで特別番組『身長差163センチの恋!「南くんの恋人〜my little lover」に密着!』を放送予定[4]であったが、前夜のバレーボール中継の大幅延長に伴い、『Tナイト』の最終パートがカットされるため、後日振替放送予定。
主人公の南くんは、原作ではおっとりした性格だが、本作品では成績優秀なイケメンというキャラクター設定となる。また、ラストシーンは原作から変わることが開始前より明言されている[3]。
関東ローカルの番組であったが、サンテレビでの放送が決定し関西でも2017年4月7日から毎週金曜の15時から放送がスタートした。

キャスト(第4作)[編集]
メインキャスト南 瞬一 – 中川大志
堀切 ちよみ – 山本舞香
館山第一高校高木 睦 – 鈴木身来:ちよみのクラスメイト。
野村 さより – 中山絵梨奈:野村病院の一人娘。
御木本 あみ – 佐々木萌詠:ちよみの親友。
矢吹 翔 – 島丈明:剣道部員。
大野先生 – 渡辺舞:ちよみの担任。古典の先生。
佐々木先生 – 草野イニ:剣道部顧問。
南家南 昇 – 宮川一朗太:瞬一の父。瞬一が中学生のときに失踪。
南 笑子 – 有森也実:瞬一の母。野村病院に看護師として勤めている。
南 登美子 – 角替和枝:瞬一の祖母、昇の実母。
堀切家堀切 譲二 – 大堀こういち:ちよみの父。カフェ「花泥棒」を夫婦で営む。
堀切 律子 – 秋本奈緒美:ちよみの母。
堀切 明日香 – 吉田里琴:ちよみの妹。
カフェ「花泥棒」の常連客堺沢 – 富岡晃一郎:地元の駐在さん。
佐野 元太郎 – 今奈良孝行:居酒屋「元太郎」店主。佐和子の夫。
佐野 佐和子 – 新井友香:居酒屋「元太郎」おかみ。元太郎の妻。
板倉 次郎 – 山田伊久麿
矢沢 – 森啓一朗
内海 – 眼鏡太郎サブタイトル(第4作)[編集]
各話
放送日
サブタイトル
視聴率
第1話
2015年11月10日
閉じ込めていた幼い恋
0.8%
第2話
11月17日
いきなり同棲生活
0.9%
第3話
11月24日
恋の打ち出の小づち
0.5%
第4話
12月01日
負けないで南くん
2.6%
第5話
12月08日
ちよみの大冒険
2.1%
第6話
12月15日
私じゃダメだってわかってる
2.0%
第7話
2016年01月12日
18年目のプロポーズ

第8話
1月19日
青いフェアリー

第9話
1月26日
二人きりの温泉旅行

最終話
2月02日
グッバイちよみ グッバイ南くん

平均視聴率 %(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)

スタッフ(第4作)[編集]
原作 – 内田春菊「南くんの恋人」(青林工藝舎刊)
脚本 – 新井友香[5]
監督 – 小中和哉[5]
オープニングテーマ – 天月-あまつき-「虹の向こうへ」
エンディングテーマ – 上野優華「ただ、あなたのそばで」[6]
音楽 – 遠藤浩二、黒木千波留、宮野幸子
特殊視覚効果 – 泉谷修
VFX・CG – 日本エフェクトセンター
ロケ協力 – 千葉県、千葉県フィルムコミッション、館山市、南房総市、千葉県立館山総合高等学校 ほか
プロデュース – 岡本真由子(フジテレビ)、鈴木伸明(エスピーオー)、北詰裕亮(博報堂DYメディアパートナーズ)、代情明彦(AOI Pro.)
ラインプロデューサー – 鶴岡智之
アソシエイトプロデューサー – 根本裕美(エスピーオー)、山野邊雅祥(エスピーオー)、泊伸弘(フジテレビ)、唯野友歩(AOI Pro.)
企画プロデュース – 櫻井由紀(エスピーオー)
製作者 – 香川淑晴(エスピーオー)、宮道治朗(フジテレビ)、村田嘉邦(博報堂DYメディアパートナーズ)、中江康人(AOI Pro.)
製作プロダクション – AOI Pro.
制作 – 「南くんの恋人〜my little lover」製作委員会(エスピーオー/フジテレビジョン/博報堂DYメディアパートナーズ/AOI Pro.)[5]脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ 青林堂『月刊漫画ガロ』1994年2月号 内田春菊インタビュー

^ “高橋由美子 出世作「南くんの恋人」はほぼ1人収録「何のために女優になったんだろう?」”. スポーツニッポン (2020年7月28日). 2020年7月29日閲覧。

^ a b c “「南くんの恋人」11年ぶりドラマ化!南くんは超イケメンキャラに変身”. シネマトゥデイ (2015年5月27日). 2015年5月27日閲覧。

^ a b ドラマ「南くんの恋人」ちっちゃな恋人に悶絶!9月8日に特番放送決定 シネマトゥデイ 2015年9月3日閲覧。

^ a b c “「南くんの恋人」4度目のTVドラマ化!南役は中川大志、ちよみ役は山本舞香”. コミックナタリー (2015年5月27日). 2015年5月27日閲覧。

^ “上野優華、新作はドラマ&映画のWタイアップ”. 音楽ナタリー (2015年7月27日). 2015年7月27日閲覧。

関連項目[編集]
なんじゃもんじゃ (漫画)
伊藤隼太(阪神タイガース) – 愛称が「南くんの恋人」。外部リンク[編集]
南くんの恋人~my little lover | オフィシャルサイト – テレビドラマ第4作の公式サイト表話編歴テレビ朝日系列 月曜ホームミステリー / 月曜ドラマ・イン(20時台)月曜ホームミステリー(ABC制作)
1991年
ダウンタウン探偵組’911992年
赤かぶ検事の逆転法廷
月曜ドラマ・イン(テレビ朝日制作)
1993年
いちご白書
ツインズ教師
湘南女子寮物語
愛してるよ!1994年
南くんの恋人
クニさんちの魔女たち
青春の影
東京大学物語1995年
さんかくはぁと
最高の恋人
カケオチのススメ
花嫁は16才!1996年
ハンサムマン
イグアナの娘
闇のパープル・アイ
イタズラなKiss1997年
名探偵保健室のオバさん
ふたり
ガラスの仮面(第1シリーズ)
研修医なな子1998年
おそるべしっっ!!!音無可憐さん
ガラスの仮面(第2シリーズ)
スウィートデビル
チェンジ!1999年
可愛いだけじゃダメかしら?
あぶない放課後
天国のKiss
ベストフレンド2000年
月下の棋士
関連項目
テレビ朝日月曜8時枠の連続ドラマ
本当にあった怖い話
表話編歴テレビ朝日系列 木曜ドラマ(21時台、1990年以降)1990年代前半
1990年
川は泣いている
凪の光景
高円寺純情商店街
自由の丘に私が残った
美しい嘘つけますか
私を海まで流して
花ある季節
東京湾ブルース
女の敵は男の敵
冬の来る前に1991年
七人の女弁護士
芸者小春の華麗な冒険
外科病棟女医の事件ファイル
七人の女弁護士II1992年
真夜中は別の顔
女事件記者立花圭子
法医学教室の事件ファイル(第1シリーズ)
大空港’92〜愛の旅立ち〜1993年
七人の女弁護士III
セールスレディは何を見た
法医学教室の事件ファイル(第2シリーズ)
女検事の捜査ファイル1994年
新空港物語
彼と彼女の事情
大家族ドラマ 嫁の出る幕
ママのベッドへいらっしゃい
1990年代後半
1995年
味いちもんめ(第1シリーズ)
うちの母ですが…
外科医柊又三郎(第1シリーズ)
Missダイヤモンド1996年
味いちもんめ(第2シリーズ)
炎の消防隊
小児病棟・命の季節
外科医柊又三郎(第2シリーズ)1997年
流れ板七人
最高の食卓
ボディーガード
家政婦は見た!1998年
愛しすぎなくてよかった
凄絶!嫁姑戦争 羅刹の家
女教師
外科医・夏目三四郎1999年
ニュースキャスター 霞涼子
恋の奇跡
てっぺん
恋愛詐欺師
2000年代前半
2000年
恋愛中毒
アナザヘヴン〜eclipse〜
つぐみへ…〜小さな命を忘れない〜
スタイル!2001年
お前の諭吉が泣いている
R-17
氷点2001
最後の家族2002年
婚外恋愛
眠れぬ夜を抱いて
サトラレ
逮捕しちゃうぞ2003年
恋は戦い!
動物のお医者さん
菊次郎とさき(第1シリーズ)
TRICK32004年
エースをねらえ!
電池が切れるまで
南くんの恋人
松本清張 黒革の手帖(米倉涼子版)
2000年代後半
2005年
富豪刑事
アタックNo.1
菊次郎とさき(第2シリーズ)
熟年離婚2006年
けものみち
7人の女弁護士(第1シリーズ)
下北サンデーズ
だめんず・うぉ〜か〜2007年
エラいところに嫁いでしまった!
ホテリアー
菊次郎とさき(第3シリーズ)
おいしいごはん 鎌倉・春日井米店2008年
交渉人〜THE NEGOTIATOR〜
7人の女弁護士(第2シリーズ)
四つの嘘
小児救命2009年
特命係長 只野仁(4thシーズン)
夜光の階段
ダンディ・ダディ?〜恋愛小説家・伊崎龍之介〜
交渉人〜THE NEGOTIATOR〜(第2シリーズ)
2010年代前半
2010年
エンゼルバンク〜転職代理人
同窓会〜ラブ・アゲイン症候群
警視庁継続捜査班
ナサケの女〜国税局査察官〜2011年
告発〜国選弁護人
ハガネの女 season2
陽はまた昇る
DOCTORS〜最強の名医〜2012年
聖なる怪物たち
Wの悲劇
遺留捜査(第2シーズン)
ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第1期)2013年
おトメさん
ダブルス〜二人の刑事
DOCTORS 2〜最強の名医〜
ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第2期)2014年
緊急取調室(FIRST SEASON)
BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係
ゼロの真実〜監察医・松本真央〜
ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第3期)
2010年代後半
2015年
DOCTORS3〜最強の名医〜
アイムホーム
エイジハラスメント
遺産争族2016年
スペシャリスト
グッドパートナー 無敵の弁護士
はじめまして、愛しています。
ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第4期)2017年
就活家族〜きっと、うまくいく〜
緊急取調室(SECOND SEASON)
黒革の手帖(武井咲版)
ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第5期)2018年
BG〜身辺警護人〜
未解決の女 警視庁文書捜査官
ハゲタカ
リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜2019年
ハケン占い師アタル
緊急取調室(3rd SEASON)
サイン -法医学者 柚木貴志の事件-
ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第6期)
2020年代前半
2020年
ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜
BG〜身辺警護人〜(第2章)
未解決の女 警視庁文書捜査官(Season2)
七人の秘書2021年
にじいろカルテ
桜の塔
緊急取調室(4th SEASON)
ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第7期)2022年
となりのチカラ
未来への10カウント
六本木クラス
ザ・トラベルナース

表話編歴二宮和也現在出演中の番組
ニノさん – BAY STORM

過去の出演番組
愛LOVEジュニア – ミュージック・ジャンプ – SHOW-NEN J – Gyu!と抱きしめたい! – 8時だJ – 24時間テレビ 愛は地球を救う45

テレビドラマ
元旦特別企画・松本清張原作「天城越え」 – あきまへんで! – あぶない放課後 – 涙をふいて – ハンドク!!! – 熱烈的中華飯店 – Stand Up!! – 南くんの恋人 – 優しい時間 – 少しは、恩返しができたかな – 拝啓、父上様 – 山田太郎ものがたり – マラソン – 流星の絆 – DOOR TO DOOR〜僕は脳性まひのトップセールスマン〜 – 天国で君に逢えたら – フリーター、家を買う。 – 車イスで僕は空を飛ぶ – 弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜 – 赤めだか – 坊っちゃん – ブラックペアン – 潜水艦カッペリーニ号の冒険 – マイファミリー

映画
青の炎 – 硫黄島からの手紙 – 鉄コン筋クリート – ヘブンズ・ドア – 大奥〈男女逆転〉 – GANTZ / GANTZ PERFECT ANSWER – プラチナデータ – 暗殺教室 / 暗殺教室~卒業編~ – 母と暮せば – ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜 – 検察側の罪人 – 浅田家! – TANG タング – ラーゲリより愛を込めて

関連項目
嵐 – ジャニーズ事務所 – 大宮SK – 第39回日本アカデミー賞 – 第68回NHK紅白歌合戦 – ジャにのちゃんねる

関連人物
ジャニー喜多川 – 高橋克実 – 小栗旬 – 勝村政信 – 山下智久 – 横山裕 – ウエンツ瑛士 – 山田涼介 – 成宮寛貴 – 中丸雄一

表話編歴深田恭子シングル
1.最後の果実
2.イージーライダー
3.煌めきの瞬間
4.How?
5.スイミング
6.キミノヒトミニコイシテル
7.ルート246アルバム
1.Dear…
2.moon
3.Universe
4.Flow 〜Kyoko Fukada Remixes〜出演バラエティ
きょーこ先生の空想保健室
新堂本兄弟
LIFE!〜人生に捧げるコント〜出演ラジオ
HIPHOPパラダイス
深田恭子 IN MY ROOM出演テレビドラマ
海峡
FiVE
それが答えだ!
ニュースの女
神様、もう少しだけ
鬼の棲家
to Heart 〜恋して死にたい〜
そして、友だち
イマジン
フードファイト
17年目のパパへ
ストロベリー・オンザ・ショートケーキ
Fighting Girl
フレンズ
First Love
リモート
ふたり 私たちが選んだ道
ハコイリムスメ!
彼女が死んじゃった。
農家のヨメになりたい
南くんの恋人
Xmasなんて大嫌い
徳川綱吉 イヌと呼ばれた男
富豪刑事
幸せになりたい!
赤い奇跡
大奥スペシャル〜もうひとつの物語〜
私の頭の中の消しゴム
山おんな壁おんな
君がくれた夏 〜がんばれば、幸せになれるよ〜
生きる
蒼い瞳とニュアージュ
未来講師めぐる
学校じゃ教えられない!
天地人
黒部の太陽
華麗なるスパイ
まっすぐな男
セカンドバージン
幻夜
専業主婦探偵〜私はシャドウ
平清盛
TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜
名もなき毒
ほんとにあった怖い話 夏の特別編2013
今日の日はさようなら
サイレント・プア
キャビンアテンダント刑事〜ニューヨーク殺人事件〜
遠い約束〜星になったこどもたち〜
女はそれを許さない
セカンド・ラブ
ダメな私に恋してください
下剋上受験
ハロー張りネズミ
隣の家族は青く見える
初めて恋をした日に読む話
ルパンの娘映画
新宿少年探偵団
死者の学園祭
東京★ざんすっ
下妻物語
天使
恋愛戯曲 〜私と恋におちてください。〜
劇場版 ルパンの娘関連項目
ホリプロ
ポニーキャニオン
ホリプロタレントスカウトキャラバン
HiP

テレビ朝日 月曜ドラマ・イン
前番組
番組名
次番組
愛してるよ!(1993年10月11日 – 12月20日)

南くんの恋人(第2作)(1994年1月10日 – 3月21日)

クニさんちの魔女たち(1994年4月11日 – 6月27日)

テレビ朝日 木曜ドラマ
電池が切れるまで(2004年4月22日 – 6月24日)

南くんの恋人(第3作)(2004年7月8日 – 9月16日)

松本清張 黒革の手帖(2004年10月14日 – 12月9日)

.mw-parser-output .redirectcatnavmargin:1em auto;border-style:none;text-align:left;font-size:100%;clear:both.mw-parser-output .redirectcat ulmargin-left:0南くんは恋人に関するカテゴリ:
2013年の漫画
Cocohana
漫画のスピンオフ作品

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=南くんの恋人&oldid=90578891」から取得
カテゴリ: 内田春菊漫画作品 み1986年の漫画ガロ人間の巨大化・縮小化を題材とした漫画作品漫画を原作とするテレビドラマ高等学校を舞台としたテレビドラマ日本の恋愛ドラマTBSのスペシャルドラマ1990年のテレビドラマ月曜ドラマ・イン1994年のテレビドラマ木曜ドラマ (テレビ朝日)岡田惠和脚本のテレビドラマ中園ミホ脚本のテレビドラマ2004年のテレビドラマ二宮和也深田恭子2015年のテレビドラマフジテレビの深夜ドラマ隠しカテゴリ: 独自研究の除去が必要な記事/2022年4月

評価: 4~5 つ星
レビュー: 7303
再生回数: 1351
[spincontent type=”j”]

Minami Kun No Koibito – My Little Lover full ep 10 eng sub in HD Youtube

2. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Yomiuri

Yomiuri
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 76 12
[spincontent type=”j”]

3. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Asahi Shimbun

朝日新聞
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 朝日新聞で検索した 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する上記の情報が、南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 23 14
[spincontent type=”j”]

4. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 The Japan Times

The Japan Times
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: ジャパン タイムズで検索した 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する記事のトップです。南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6874
[spincontent type=”j”]

5. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Yomiuri Shimbun

読売新聞
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する詳細情報はすでにありますか? 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3876
[spincontent type=”j”]

6. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Mainichi Shimbun

毎日新聞
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 毎日新聞で見つけた 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する上記の情報が、南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2293
[spincontent type=”j”]

7. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Sankei Shimbun

産経新聞
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 産経新聞で検索した 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する記事のトップです。南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2739
[spincontent type=”j”]

8. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5774
[spincontent type=”j”]

9. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Chunichi Shimbun

中日新聞
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 中日新聞で検索した 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する上記の情報が、南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9866
[spincontent type=”j”]

10. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Tokyo Shimbun

東京新聞
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6484
[spincontent type=”j”]

11. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7338
[spincontent type=”j”]

12. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 日刊工業新聞で見つけた 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する上記の情報が、南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7560
[spincontent type=”j”]

13. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Ainu Times

アイヌタイムス
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: アイヌ タイムズで検索した 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する記事のトップです。南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6553
[spincontent type=”j”]

14. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する詳細情報はすでにありますか? 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6198
[spincontent type=”j”]

15. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Chiba Nippo

千葉日報
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 千葉日報で検索した 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する上記の情報が、南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 58 18
[spincontent type=”j”]

16. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Chugoku Shimbun

中国新聞
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 中国新聞で検索した 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する記事のトップです。南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 38 18
[spincontent type=”j”]

17. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 Daily Tohoku

デイリー東北
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3804
[spincontent type=”j”]

18. 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

説明: イースタン クロニクルで検索した 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する上記の情報が、南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4155
[spincontent type=”j”]

南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 に関する質問

南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回

南 くん の 恋人 my little lover 最終 回
方法南 くん の 恋人 my little lover 最終 回
チュートリアル 南 くん の 恋人 my little lover 最終 回
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: