あなたは 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い を共有します。 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

この項目では、公益法人認定法上の公益法人について説明しています。
旧・法上の公益法人については「法人 (日本法)」をご覧ください。
法人税法上の内国法人の分類としての公益法人等については「公益法人等」をご覧ください。
この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “公益法人” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2020年1月)公益法人(こうえきほうじん)とは、公益を目的とする事業を行う法人。一般には公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律(公益法人認定法)により公益性の認定を受けた一般社団法人や一般財団法人の総称をいう(公益法人認定法2条3号)。

概要[編集]
公益法人は公益法人認定法により公益性の認定を受けた一般社団法人や一般財団法人をいう(公益法人認定法2条3号)。公益性の認定を受けた一般社団法人を公益社団法人(公益法人認定法2条1号)、公益性の認定を受けた一般財団法人を公益財団法人という(公益法人認定法2条2号)。
従来、日本では1898年(明治31年)に施行された民法によって公益法人など民間の非営利部門での公益的活動を担う法主体が規律されていた[1]。改正前の民法では法人を公益法人(改正前民法34条)と営利法人(改正前民法35条)に分け、営利法人については主に商法(のちに会社法)で規律され許可を要することなく設立できるとされていたのに対し、公益法人については民法で設立に主務官庁の許可が必要とされていた[2]。改正前の民法34条の規定では「祭祀、宗教、慈善、学術、技芸其他公益ニ関スル社団又ハ財団ニシテ営利ヲ目的トセサルモノハ主務官庁ノ許可ヲ得テ之ヲ法人ト為スコトヲ得」とされ、具体的には、この規定に直接基づき設立を許可された社団法人及び財団法人を公益法人と呼んだ[3]。また後記の広義の公益法人(特別法公益法人を含む。)と区別する際には、民法に直接基づくため民法法人とも呼ばれた[4]。
しかし、民法で採用されていた許可主義は法人設立が簡便ではないことや、公益性の判断基準も不明確であったことから、社会的需要に適合しなくなっていると指摘されていた[1]。
公益法人制度改革により、2008年(平成20年)12月1日に公益法人制度改革3法(一般社団法人及び一般財団法人に関する法律、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律)が施行された。
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(一般社団・財団法人法)が施行されたことにより、公益目的でなくても、非営利目的(構成員に対し利益の分配を行わない)であれば、簡易に準則主義に従い一般社団法人や一般財団法人を設立できるようになった。さらに一般社団・財団法人法により設立された一般社団法人または一般財団法人のうち、公益法人認定法による公益性の認定を受けたものは、それぞれ公益社団法人または公益財団法人として税制上の優遇措置を受けることができる。公益法人は公益社団法人と公益財団法人をまとめて言う場合の呼称である。
2008年(平成20年)12月1日から2013年(平成25年)11月30日の5年間は新制度への移行のための暫定期間として、明治以来2008年(平成20年)11月30日までに公益法人として設立された法人も特例民法法人と呼ばれる形態が認められていた。
なお「公益法人等」と「特例民法法人」の検索は「国・都道府県公式公益法人行政総合情報サイト」である「公益法人information」から行える[5]。
これらの他に、制度改革以前も以後も、広義のものとして、公益法人として主要なものとして各種の特別法[6]に基づき設立された社会福祉法人、学校法人、医療法人、宗教法人、特定非営利活動法人(通称NPO法人)、更生保護事業法による更生保護法人などの法人も公益法人と呼ばれている[7]。
この項目では特別の断りのない限り公益法人認定法における「公益法人」について記述する。

公益性の認定[編集]
従来の公益法人との違い[編集]
新制度においては、従来の主務官庁制による許可制とは異なり、新たに公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律に基づき公益法人の所管が内閣総理大臣又は都道府県知事に振り分けられる。実際の審査と監督の権限は、民間人合議制機関が有し、国では内閣府公益認定等委員会がこれに当たる。都道府県における合議制機関の名称はさまざまである[8]。振り分けの基準は、2つ以上の都道府県(海外を含む。)において公益目的事業を行う旨を定款で定めているか事務所を設置している、政令で定められる国の事務または事業と密接な関連を有する公益目的事業を行うのいずれかの場合は、内閣総理大臣の所管となる[9]。
公益法人認定法は公益法人の公益目的事業の定義を、学術、技芸、慈善その他の公益に関する別表23種の事業各号に掲げる種類の事業であって、不特定かつ多数の者の利益の増進に寄与するものとしている[10]。
認定の条件はいくつかあり、主たる目的とするこれらの公益目的事業の費用の比率を50%以上とし、その事業を行うに必要な経理的基礎および技術的能力を持つこと、理事や社員から雇用される者に至るすべての関係者に特別の利益を与えないことなどがある[11]。
なお、公益目的事業については、公益法人認定法第5条第6号及び第14条の定め(公益目的事業の収入)から、「赤字事業でなければ認定されない」という誤解があるが、必ず(経常収益)-(経常費用)がマイナスでなければならないということはなく、赤字事業でなければ認定されないという認識は誤りである[12]。
税制に関しては、従前の公益法人は単純な収益事業課税のもとにあったが、新制度における公益法人は収益事業課税であるものの、公益目的事業として認定された事業は収益事業から除外される[13]。法人内部でのいわゆるみなし寄附についても、従前は上限が(税法上の)収益事業の利益の20%までであったが、新公益法人については(認定法上の)収益事業等(公益目的事業でない事業の意)に分類される(税法上の)収益事業の利益の100%まで可能となった。また、寄附者についても、従前の公益法人のうち特定公益増進法人に認定されたものは約900しかなかったが、新制度においては公益認定を受けたものはすべて自動的に特定公益増進法人となるため、すべての公益法人についてその公益目的事業に対して寄附を行う個人は所得税に関し控除が受けられ、法人は法人税に関し一般の寄附金とは別枠で損金の額に算入することができる[14]。
公益法人の活動の状況、行政がとった措置などや調査とその分析結果をデータベースとして整備し、国民にインターネットその他のe-Japanなどと呼ばれる高度情報通信ネットワークを通じて迅速に情報を提供するに必要な措置を講ずるものとする[15]。

公益法人とその他の一般社団法人・一般財団法人の違い[編集]
公益法人(公益社団法人および公益財団法人)とその他の一般社団法人・一般財団法人の違いにはつぎのような事が挙げられる。
準則主義に従い登記により法人格を取得した一般社団法人または一般財団法人のうち、公益目的事業の費用の比率が全体の50%以上である等の認定要件を満たした法人が認定申請すれば、所管の国や都道府県の民間人合議制機関の答申を経て行政庁により認定され公益社団法人または公益財団法人となることができる。公益法人(公益社団法人・公益財団法人)となっても一般法人(一般社団法人・一般財団法人)に係わる法令遵守が変わるものではなく、法人格としては一般社団法人・一般財団法人であり、一般社団・財団法人法の他に公益法人認定法に従うこととなる。公益法人に移行する法人がある一方、公益認定を受けず一般社団法人・一般財団法人に移行するものを通常の一般社団法人・一般財団法人ということがある[16]。
通常の一般社団法人・一般財団法人のうち、法人税法上の「非営利型法人」の要件を満たす法人は収益事業課税、それ以外の法人は全所得課税であるのに対して、公益法人は収益事業課税で、なおかつ外形的に収益事業に該当していても公益目的事業として認定されたものは収益事業から除外され非課税となる。寄附者については、公益法人が公益目的事業に対して受けた寄附については、寄附を行った個人や法人には税制上の優遇措置(「従来の公益法人との違い」の項参照)が講じられる[17][18]。また、「みなし寄附金」と呼ばれる、その公益法人内部で「収益事業等」の利益の100%まで非課税の公益目的事業へ寄附をする処理ができる。これに対して、通常の一般社団法人や一般財団法人には「みなし寄附」は認められず、また寄附を行う個人や法人への税制優遇措置もない[19]。金融資産の配当や利子等については、公益社団法人・公益財団法人には所得税や道府県民税利子割の源泉徴収はない(ただし公社債の利子については、所定の申告書を取扱金融機関へ提出した場合に限り非課税となる。所得税法11条3項、租税特別措置法第3条の3第6項を参照)が、通常の一般社団法人・一般財団法人については、非営利型の場合もそれ以外の場合も源泉徴収の対象となる。

脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ a b 河上正二 『民法総則講義』日本評論社、132頁。.mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-4535515963。 

^ 星野英一 『民法概論 I 改訂版』良書普及会、123頁。ISBN 978-4656300110。 

^ たとえば竹内昭夫・松尾浩也・塩野宏ほか編著『新法律学辞典第3版』有斐閣、1989年(平成元年)、389頁。

^ (財)公益法人協会編『公益法人用語辞典』(財)公益法人協会、2002年(平成14年)、243頁

^ 公益法人information

^ これらの特別法にとっての根拠法及び一般法は、制度改革以前は改正前民法33条・34条民法第三十三・三十四条 (PDF, 34.1 KB) – 民法(明治二十九年法律第八十九号)(抄)、第三十三条 法人ハ本法其他ノ法律ノ規定ニ依ルニ非サレハ成立スルコトヲ得ス第三十四条 祭祀、宗教、慈善、学術、技芸其他公益ニ関スル社団又ハ財団ニシテ営利ヲ目的トセサルモノハ主務官庁ノ許可ヲ得テ之ヲ法人ト為スコトヲ得(行政改革推進本部事務局)(PDFファイル)閲覧日:2010年(平成22年)1月8日、改革以後は民法33条「法人は、この法律その他の法律の規定によらなければ、成立しない。2  学術、技芸、慈善、祭祀、宗教その他の公益を目的とする法人、営利事業を営むことを目的とする法人その他の法人の設立、組織、運営及び管理については、この法律その他の法律の定めるところによる。」。

^ 前掲『新法律学辞典第3版』389頁、金子宏・新堂幸司・平井宜夫ほか編著『法律学小辞典第4版補訂版』有斐閣、2008年(平成20年)、331頁

^ 認定法 第32、33、50条

^ 認定法 2,3条

^ 認定法 第2条第4号

^ 認定法 第5条

^ 2010年4月28日付「委員会だより(その3)」(内閣府公益認定等委員会) (PDF, 34.1 KB) 10頁 – 11頁

^ 法人税法施行令第5条第2項

^ 所得税法78条及び所得税法施行令217条、法人税法第37条及び法人税法施行令第77条

^ 認定法 第57条

^ 整備法 第45条ほか

^ 認定法 58条

^ 公益法人などに対する課税に関する資料(財務省)

^ みなし寄附金(公益法人協会)

参考文献[編集]
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律 (認定法)
“一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の概要(PDFファイル:65.2KB) (PDF)”. 行政改革推進本部. 2020年10月22日閲覧。関連項目[編集]
関連項目が多すぎます。関連の深い項目だけに絞ってください。必要ならば一覧記事もしくはナビゲーションテンプレートとして独立させることも検討してください。(2018年3月)独立行政法人
社団法人
財団法人
特殊法人
特定公益増進法人
特別民間法人
公益法人等
公共法人
公益認定等委員会 – 公益認定等審議会
公益法人制度改革
公益目的事業
公益会社(en)
外郭団体外部リンク[編集]
国・都道府県公式 公益法人行政 総合情報サイト
公益財団法人 公益法人協会
全国公益法人協会
非営利法人データベースシステム-NOPODAS [リンク切れ]
『公益法人』 – コトバンク表話編歴日本の法人営利
会社(会社法)
株式会社
特例有限会社
第三セクター
持分会社
合同会社
合資会社
合名会社士業
監査法人
特許業務法人
弁護士法人
税理士法人
土地家屋調査士法人
司法書士法人
社会保険労務士法人
行政書士法人その他
特定目的会社
特殊会社
投資法人
地方共同法人
非営利
税制優遇なし
一般社団法人(非営利型以外)
一般財団法人(非営利型以外)
相互会社税制優遇あり
生活衛生同業組合・連合会
生活衛生同業小組合
共済水産業協同組合連合会
漁協・連合会
漁業生産組合
商工組合・連合会
商店街振興組合・連合会
消費生活協同組合・連合会
信用金庫・連合会
森林組合・連合会
水産加工業協同組合・連合会
生産森林組合
船主相互保険組合
たばこ耕作組合
中小企業等協同組合
事業協同組合
事業協同小組合
信用協同組合
協同組合連合会
企業組合
内航海運組合・連合会
農協・連合会
農事組合法人
農林中金
輸出組合
輸出水産業組合
輸入組合
労働金庫・連合会非収益事業は非課税
特定非営利活動法人
認定特定非営利活動法人★
一般社団法人(非営利型)
一般財団法人(非営利型)
公益社団法人★
公益財団法人★
学校法人★
医療法人
宗教法人
社会福祉法人★
貸金業協会
委託者保護基金
管理組合法人
企業年金基金・連合会
危険物保安技術協会
行政書士会・連合会
漁業共済組合・連合会
漁業信用基金協会
漁船保険組合・中央会
勤労者財産形成基金
軽自動車検査協会
健康保険組合・連合会
原賠支援機構
原発環境整備機構
高圧ガス保安協会
広域的運営推進機関
広域臨海環境整備センター
更生保護法人★
小型船舶検査機構
国家公務員共済組合・連合会
国民健康保険組合・連合会
国民年金基金・連合会
市街地再開発組合
自動車安全運転センター★
司法書士会・連合会
社会保険労務士会・連合会
住宅街区整備組合
酒造組合・中央会・連合会
酒販組合・中央会・連合会
商工会・連合会
商工会議所・日本商工会議所
商工組合・連合会
商品先物取引協会
消防団員等公務災害補償等共済基金
職員団体
職業訓練法人
信用保証協会
生活衛生同業組合・連合会
政党
税理士会・日税連
石炭鉱業年金基金
全国健康保険協会
船員災害防止協会
全国市町村職員共済組合連合会
損害保険料率算出団体
地方競馬全国協会
地方公務員共済組合・連合会
地方公務員災害補償基金
中央職業能力開発協会
中央労働災害防止協会
中小企業団体中央会
投資者保護基金
独立行政法人★
土地改良事業団体連合会
土地家屋調査士会・連合会
都道府県職業能力開発協会
日本勤労者住宅協会
日本公認会計士協会
日本消防検定協会
日本私立学校振興・共済事業団★
日赤★
日本電気計器検定所
日本弁理士会
認可金融商品取引業協会
認可地縁団体
農業共済組合・連合会
農業信用基金協会
農水産業協同組合貯金保険機構
負債整理組合
弁護士会・日弁連
防災街区整備事業組合
保険契約者保護機構
マンション建替組合
マンション敷地売却組合
水先人会・連合会
輸出組合
輸入組合
預金保険機構
労働組合
労働災害防止協会非課税
沖縄振興開発金融公庫
国際協力銀行
政策公庫
港務局
国立大学法人★
社会保険診療報酬支払基金
水害予防組合
水害予防組合連合
大学共同利用機関法人
地方公共団体★
地方公共団体金融機構
地方公共団体情報システム機構
地方税共同機構
地方住宅供給公社
地方道路公社
地方独立行政法人★
財務大臣指定の独立行政法人★
土地開発公社
土地改良区・連合
土地区画整理組合
日本下水道事業団
日本司法支援センター★
JRA
日本年金機構
NHK

★ 寄附金の税制特例(特定公益増進法人)
法人税法
寄附金控除
典拠管理
NDL: 00566124

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=公益法人&oldid=89980758」から取得
カテゴリ: 公益法人日本の法人法日本の行政隠しカテゴリ: 出典を必要とする記事/2020年1月関連項目が多過ぎる記事外部リンクがリンク切れになっている記事/2020年6月NDL識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 3609
再生回数: 8530
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Yomiuri

Yomiuri
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 60 84
[spincontent type=”j”]

3. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Asahi Shimbun

朝日新聞
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 朝日新聞で検索した 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する上記の情報が、公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4948
[spincontent type=”j”]

4. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い The Japan Times

The Japan Times
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: ジャパン タイムズで検索した 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する記事のトップです。公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 60 22
[spincontent type=”j”]

5. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Yomiuri Shimbun

読売新聞
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する詳細情報はすでにありますか? 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2141
[spincontent type=”j”]

6. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Mainichi Shimbun

毎日新聞
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 毎日新聞で見つけた 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する上記の情報が、公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8792
[spincontent type=”j”]

7. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Sankei Shimbun

産経新聞
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 産経新聞で検索した 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する記事のトップです。公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4188
[spincontent type=”j”]

8. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6227
[spincontent type=”j”]

9. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Chunichi Shimbun

中日新聞
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 中日新聞で検索した 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する上記の情報が、公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4355
[spincontent type=”j”]

10. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Tokyo Shimbun

東京新聞
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 36 18
[spincontent type=”j”]

11. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5950
[spincontent type=”j”]

12. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 日刊工業新聞で見つけた 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する上記の情報が、公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6657
[spincontent type=”j”]

13. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Ainu Times

アイヌタイムス
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: アイヌ タイムズで検索した 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する記事のトップです。公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1365
[spincontent type=”j”]

14. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する詳細情報はすでにありますか? 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 12 16
[spincontent type=”j”]

15. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Chiba Nippo

千葉日報
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 千葉日報で検索した 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する上記の情報が、公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 70 14
[spincontent type=”j”]

16. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Chugoku Shimbun

中国新聞
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 中国新聞で検索した 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する記事のトップです。公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 78
[spincontent type=”j”]

17. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い Daily Tohoku

デイリー東北
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2465
[spincontent type=”j”]

18. 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

説明: イースタン クロニクルで検索した 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する上記の情報が、公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3944
[spincontent type=”j”]

公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い に関する質問

公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い

公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い
方法公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い
チュートリアル 公益 社団 法人 と 一般 社団 法人 の 違い
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: