あなたは 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 を共有します。 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

全米映画俳優組合賞キャスト賞(ぜんべいえいがはいゆうくみあいしょうキャストしょう、Screen Actors Guild Award for Outstanding Performance by a Cast in a Motion Picture)は、映画俳優組合が与える賞の一つである。

受賞とノミネートの一覧[編集]
1990年代[編集]

候補作品

キャスト
1995
『アポロ13』
ケヴィン・ベーコン、トム・ハンクス、エド・ハリス、ビル・パクストン、キャスリーン・クインラン、ゲイリー・シニーズ
『ゲット・ショーティ』
ダニー・デヴィート、デニス・ファリーナ、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ジーン・ハックマン、デルロイ・リンドー、デヴィッド・ペイマー、レネ・ルッソ、ジョン・トラボルタ
『キルトに綴る愛』
マヤ・アンジェロウ、アン・バンクロフト、エレン・バースティン、サマンサ・マシス、ケイト・ネリガン、ウィノナ・ライダー、ジーン・シモンズ、ロイス・スミス、アルフレ・ウッダード
『ニクソン』
ジョアン・アレン、ブライアン・ベッドフォード、パワーズ・ブース、ケヴィン・ダン、フィヴァッシュ・フィンケル、アナベス・ギッシュ、トニー・ゴールドウィン、ラリー・ハグマン、エド・ハリス、エド・ハーマン、アンソニー・ホプキンス、ボブ・ホスキンス、マデリーン・カーン、E・G・マーシャル、デヴィッド・ペイマー、デヴィッド・ハイド・ピアース、ポール・ソルヴィノ、メアリー・スティーンバージェン、J・T・ウォルシュ、ジェームズ・ウッズ
『いつか晴れた日に』
ヒュー・グラント、アラン・リックマン、エマ・トンプソン、ケイト・ウィンスレット
1996
『バードケージ』
ハンク・アザリア、クリスティーン・バランスキー、ダン・フッターマン、ジーン・ハックマン、ネイサン・レイン、ダイアン・ウィースト、ロビン・ウィリアムズ
『イングリッシュ・ペイシェント』
ナヴィーン・アンドリュース、ジュリエット・ビノシュ、ウィレム・デフォー、レイフ・ファインズ、コリン・ファース、ユルゲン・プロホノフ、クリスティン・スコット・トーマス、ジュリアン・ワドハム
『マイ・ルーム』
ヒューム・クローニン、ロバート・デ・ニーロ、レオナルド・ディカプリオ、ダン・ヘダヤ、ダイアン・キートン、ハル・スカルディーノ、メリル・ストリープ、グウェン・ヴァードン
『シャイン』
ジョン・ギールグッド、アーミン・ミューラー=スタール、リン・レッドグレイヴ、ジェフリー・ラッシュ、ノア・テイラー、グーギー・ウィザース
『スリング・ブレイド』
ルーカス・ブラック、ナタリー・キャナディ、ロバート・デュヴァル、ジェームズ・ハンプトン、ジョン・リッター、ビリー・ボブ・ソーントン、J・T・ウォルシュ、ドワイト・ヨアカム
1997
『フル・モンティ』
マーク・アディ、ポール・バーバー、ロバート・カーライル、ディアドラ・コステロ、スティーヴ・ヒューイソン、ブルース・ジョーンズ、レスリー・シャープ、ウィリアム・スネイプ、ヒューゴ・スピアー、トム・ウィルキンソン、エミリー・ウーフ
『ブギーナイツ』
ドン・チードル、ヘザー・グラハム、ルイス・ガスマン、フィリップ・ベイカー・ホール、フィリップ・シーモア・ホフマン、トーマス・ジェーン、リッキー・ジェイ、ウィリアム・H・メイシー、アルフレッド・モリーナ、ジュリアン・ムーア、ニコール・アリ・パーカー、ジョン・C・ライリー、バート・レイノルズ、ロバート・リッジリー、マーク・ウォールバーグ、メローラ・ウォルターズ
『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』
ベン・アフレック、マット・デイモン、ミニー・ドライヴァー、ステラン・スカルスガルド、ロビン・ウィリアムズ
『L.A.コンフィデンシャル』
キム・ベイシンガー、ジェームズ・クロムウェル、ラッセル・クロウ、ダニー・デヴィート、ガイ・ピアース、ケヴィン・スペイシー、デヴィッド・ストラザーン
『タイタニック』
スージー・エイミス、キャシー・ベイツ、レオナルド・ディカプリオ、フランシス・フィッシャー、バーナード・フォックス、ヴィクター・ガーバー、バーナード・ヒル、ジョナサン・ハイド、ダニー・ヌッチ、ビル・パクストン、グロリア・スチュアート、デビッド・ワーナー、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン
1998
『恋におちたシェイクスピア』
ベン・アフレック、サイモン・キャロウ、ジム・カーター、マーティン・クルーンズ、ジュディ・デンチ、ジョセフ・ファインズ、コリン・ファース、グウィネス・パルトロー、ジェフリー・ラッシュ、アントニー・シャー、イメルダ・スタウントン
『ライフ・イズ・ビューティフル』
ロベルト・ベニーニ、ニコレッタ・ブラスキ、ホルスト・ブッフホルツ、セルジオ・ビーニ・ブストリック、ジョルジオ・カンタリーニ、ジュスティーノ・デュラーノ、アメリゴ・フォンターニ、ジュリアーナ・ロヨディーチェ、マリサ・パレデス
『リトル・ヴォイス』
アネット・バッドランド、ブレンダ・ブレッシン、ジム・ブロードベント、マイケル・ケイン、ジェーン・ホロックス、フィリップ・ジャクソン、ユアン・マクレガー
『プライベート・ライアン』
エドワード・バーンズ、マット・デイモン、ジェレミー・デイビス、ヴィン・ディーゼル、アダム・ゴールドバーグ、トム・ハンクス、バリー・ペッパー、ジョヴァンニ・リビシ、トム・サイズモア
『ウェイクアップ!ネッド』
イアン・バネン、フィオヌラ・フラナガン、デイビッド・ケリー、スーザン・リンチ、ジェームズ・ネスビット
1999
『アメリカン・ビューティー』
アネット・ベニング、ウェス・ベントリー、ソーラ・バーチ、クリス・クーパー、ピーター・ギャラガー、アリソン・ジャニー、ケヴィン・スペイシー、ミーナ・スヴァーリ
『マルコヴィッチの穴』
オーソン・ビーン、ジョン・キューザック、キャメロン・ディアス、キャサリン・キーナー、ジョン・マルコヴィッチ、メアリー・ケイ・プレイス、チャーリー・シーン
『サイダーハウス・ルール』
ジェーン・アレクサンダー、エリカ・バドゥ、キャシー・ベイカー、マイケル・ケイン、デルロイ・リンドー、トビー・マグワイア、ケイト・ネリガン、ポール・ラッド、シャーリーズ・セロン
『グリーンマイル』
パトリシア・クラークソン、ジェームズ・クロムウェル、ジェフリー・デマン、マイケル・クラーク・ダンカン、グレアム・グリーン、トム・ハンクス、ボニー・ハント、ダグ・ハッチソン、マイケル・ジェッター、デヴィッド・モース、バリー・ペッパー、サム・ロックウェル、ハリー・ディーン・スタントン
『マグノリア』
ジェレミー・ブラックマン、トム・クルーズ、メリンダ・ディロン、エイプリル・グレイス、ルイス・ガスマン、フィリップ・ベイカー・ホール、フィリップ・シーモア・ホフマン、リッキー・ジェイ、ウィリアム・H・メイシー、アルフレッド・モリーナ、ジュリアン・ムーア、ジョン・C・ライリー、ジェイソン・ロバーズ、メローラ・ウォルターズ
2000年代[編集]

候補作品

キャスト
2000
『トラフィック』
スティーヴン・バウアー、ベンジャミン・ブラット、ジェームズ・ブローリン、ドン・チードル、エリカ・クリステンセン、クリフトン・コリンズ・Jr、ベニチオ・デル・トロ、マイケル・ダグラス、ミゲル・フェラー、アルバート・フィニー、トファー・グレイス、ルイス・ガスマン、エイミー・アーヴィング、トーマス・ミリアン、D・W・モフェット、デニス・クエイド、ピーター・リーガート、ジェイコブ・バルガス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
『あの頃ペニー・レインと』
フェアルザ・バルク、ビリー・クラダップ、パトリック・フュジット、フィリップ・シーモア・ホフマン、ケイト・ハドソン、ジェイソン・リー、フランシス・マクドーマンド、アンナ・パキン、ノア・テイラー
『リトル・ダンサー』
ジェイミー・ベル、ジェイミー・ドラヴェン、ゲイリー・ルイス、ジュリー・ウォルターズ
『ショコラ』
ジュリエット・ビノシュ、レスリー・キャロン、ジュディ・デンチ、ジョニー・デップ、アルフレッド・モリーナ、キャリー=アン・モス、ヒュー・オコナー、レナ・オリン、ピーター・ストーメア、ジョン・ウッド
『グラディエーター』
ラッセル・クロウ、リチャード・ハリス、ジャイモン・フンスー、デレク・ジャコビ、コニー・ニールセン、ホアキン・フェニックス、オリヴァー・リード
2001
『ゴスフォード・パーク』
アイリーン・アトキンス、ボブ・バラバン、アラン・ベイツ、チャールズ・ダンス、スティーヴン・フライ、マイケル・ガンボン、リチャード・E・グラント、トム・ホランダー、デレク・ジャコビ、ケリー・マクドナルド、ヘレン・ミレン、ジェレミー・ノーサム、クライヴ・オーウェン、ライアン・フィリップ、マギー・スミス、ジェラルディン・ソマーヴィル、クリスティン・スコット・トーマス、ソフィー・トンプソン、エミリー・ワトソン、ジェームズ・ウィルビー
『ビューティフル・マインド』
ポール・ベタニー、ジェニファー・コネリー、ラッセル・クロウ、アダム・ゴールドバーグ、ジェイソン・グレイ=スタンフォード、エド・ハリス、ジャド・ハーシュ、ジョシュ・ルーカス、オースティン・ペンドルトン、クリストファー・プラマー、アンソニー・ラップ
『イン・ザ・ベッドルーム』
ウィリアム・メイポーザー、シシー・スペイセク、ニック・スタール、マリサ・トメイ、セリア・ウェストン、トム・ウィルキンソン、ウィリアム・ワイズ
『ロード・オブ・ザ・リング』
ショーン・アスティン、ショーン・ビーン、ケイト・ブランシェット、オーランド・ブルーム、ビリー・ボイド、イアン・ホルム、クリストファー・リー、イアン・マッケラン、ドミニク・モナハン、ヴィゴ・モーテンセン、ジョン・リス=デイヴィス、アンディ・サーキス、リヴ・タイラー、ヒューゴ・ウィーヴィング、イライジャ・ウッド
『ムーラン・ルージュ』
ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン、ジョン・レグイザモ、ユアン・マクレガー、リチャード・ロクスバーグ
2002
『シカゴ』
クリスティーン・バランスキー、エカテリーナ・シェチェルカノワ、テイ・ディグス、デニーズ・フェイ、コルム・フィオール、リチャード・ギア、デイドレ・グッドウィン、クィーン・ラティファ、ルーシー・リュー、スーザン・マイズナー、マイア、ジョン・C・ライリー、ドミニク・ウェスト、レネー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
『アダプテーション』
ニコラス・ケイジ、クリス・クーパー、ブライアン・コックス、カーラ・シーモア、メリル・ストリープ、ティルダ・スウィントン
『めぐりあう時間たち』
トニ・コレット、クレア・デインズ、ジェフ・ダニエルズ、スティーヴン・ディレイン、エド・ハリス、アリソン・ジャニー、ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア、ジョン・C・ライリー、ミランダ・リチャードソン、メリル・ストリープ
『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』
ショーン・アスティン、ケイト・ブランシェット、オーランド・ブルーム、ビリー・ボイド、ブラッド・ドゥーリフ、バーナード・ヒル、クリストファー・リー、イアン・マッケラン、ドミニク・モナハン、ヴィゴ・モーテンセン、ミランダ・オットー、ジョン・リス=デイヴィス、アンディ・サーキス、リヴ・タイラー、カール・アーバン、ヒューゴ・ウィーヴィング、デビッド・ウェナム、イライジャ・ウッド
『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』
ジーヤ・カリディス、マイケル・コンスタンティン、ジョン・コーベット、ジョーイ・ファトーン、レイニー・カザン、アンドレア・マーティン、ニア・ヴァルダロス
2003
『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』
ショーン・アスティン、ショーン・ビーン、ケイト・ブランシェット、オーランド・ブルーム、ビリー・ボイド、バーナード・ヒル、イアン・ホルム、イアン・マッケラン、ドミニク・モナハン、ヴィゴ・モーテンセン、ジョン・ノーブル、ミランダ・オットー、ジョン・リス=デイヴィス、アンディ・サーキス、リヴ・タイラー、カール・アーバン、ヒューゴ・ウィーヴィング、デビッド・ウェナム、イライジャ・ウッド
『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』
エマ・ボルジャー、サラ・ボルジャー、パディ・コンシダイン、ジャイモン・フンスー、サマンサ・モートン
『ミスティック・リバー』
ケヴィン・ベーコン、ローレンス・フィッシュバーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローラ・リニー、ショーン・ペン、ティム・ロビンス
『シービスケット』
エリザベス・バンクス、ジェフ・ブリッジス、クリス・クーパー、ウィリアム・H・メイシー、トビー・マグワイア、ゲイリー・スティーヴンス
The Station Agent
ポール・ベンジャミン、ボビー・カナヴェイル、パトリシア・クラークソン、ピーター・ディンクレイジ、レイヴン・グッドウィン、ミシェル・ウィリアムズ
2004
『サイドウェイ』
トーマス・ヘイデン・チャーチ、ポール・ジアマッティ、ヴァージニア・マドセン、サンドラ・オー
『アビエイター』
アラン・アルダ、アレック・ボールドウィン、ケイト・ベッキンセイル、ケイト・ブランシェット、レオナルド・ディカプリオ、イアン・ホルム、ダニー・ヒューストン、ジュード・ロウ、ジョン・C・ライリー、グウェン・ステファニー
『ネバーランド』
ジュリー・クリスティ、ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ダスティン・ホフマン、ラダ・ミッチェル、ジョー・プロスペロ、ニック・ラウド、ルーク・スピル、ケイト・ウィンスレット
『ホテル・ルワンダ』
ドン・チードル、ニック・ノルティ、ソフィー・オコネドー、ホアキン・フェニックス
『ミリオンダラー・ベイビー』
クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン、ヒラリー・スワンク
『Ray/レイ』
アーンジャニュー・エリス、ジェイミー・フォックス、テレンス・ハワード、レジーナ・キング、ハリー・J・レニックス、クリフトン・パウエル、ラレンズ・テイト、ケリー・ワシントン
2005
『クラッシュ』
リュダクリス、サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジート、ウィリアム・フィクナー、ブレンダン・フレイザー、テレンス・ハワード、タンディ・ニュートン、ライアン・フィリップ、ラレンズ・テイト
『ブロークバック・マウンテン』
リンダ・カーデリーニ、アンナ・ファリス、ジェイク・ジレンホール、アン・ハサウェイ、ヒース・レジャー、ランディ・クエイド、ミシェル・ウィリアムズ
『カポーティ』
ボブ・バラバン、マーシャル・ベル、クリフトン・コリンズ・Jr、クリス・クーパー、ブルース・グリーンウッド、フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、マーク・ペルグリノ
『グッドナイト&グッドラック』
ローズ・アブドゥー、アレックス・ボースタイン、ロバート・ジョン・バーク、パトリシア・クラークソン、ジョージ・クルーニー、ジェフ・ダニエルズ、リード・ダイアモンド、テイト・ドノヴァン、ロバート・ダウニー・Jr、グラント・ヘスロヴ、ピーター・ジェイコブソン、フランク・ランジェラ、トーマス・マッカーシー、ダイアン・リーヴス、マット・ロス、デヴィッド・ストラザーン、レイ・ワイズ
『ハッスル&フロウ』
アンソニー・アンダーソン、リュダクリス、アイザック・ヘイズ、タラジ・P・ヘンソン、テレンス・ハワード、タリン・マニング、エリゼ・ニール、ポーラ・ジャイ・パーカー、DJクオールズ
2006
『リトル・ミス・サンシャイン』
アラン・アーキン、アビゲイル・ブレスリン、スティーヴ・カレル、トニ・コレット、ポール・ダノ、グレッグ・キニア
『バベル』
アドリアナ・バラッザ、ガエル・ガルシア・ベルナル、ケイト・ブランシェット、菊地凛子、ブラッド・ピット、役所広司
『ボビー』
ハリー・ベラフォンテ、ジョイ・ブライアント、ニック・キャノン、エミリオ・エステベス、ローレンス・フィッシュバーン、ブライアン・ジェラティ、ヘザー・グラハム、アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ハント、ジョシュア・ジャクソン、デヴィッド・クラムホルツ、アシュトン・カッチャー、シャイア・ラブーフ、リンジー・ローハン、ウィリアム・H・メイシー、スヴェトラーナ・メトキナ、デミ・ムーア、フレディ・ロドリゲス、マーティン・シーン、クリスチャン・スレーター、シャロン・ストーン、ジェイコブ・バルガス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、イライジャ・ウッド
『ディパーテッド』
アンソニー・アンダーソン、アレック・ボールドウィン、マット・デイモン、レオナルド・ディカプリオ、ヴェラ・ファーミガ、ジャック・ニコルソン、マーティン・シーン、マーク・ウォールバーグ、レイ・ウィンストン
『ドリームガールズ』
ヒントン・バトル、ジェイミー・フォックス、ダニー・グローヴァー、ジェニファー・ハドソン、ビヨンセ、シャロン・リール、エディ・マーフィ、キース・ロビンソン、アニカ・ノニ・ローズ
2007
『ノーカントリー』
ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ギャレット・ディラハント、テス・ハーパー、ウディ・ハレルソン、トミー・リー・ジョーンズ、ケリー・マクドナルド
『アメリカン・ギャングスター』
アーマンド・アサンテ、ジョシュ・ブローリン、ラッセル・クロウ、ルビー・ディー、キウェテル・イジョフォー、イドリス・エルバ、キューバ・グッディング・ジュニア、カーラ・グギノ、ジョン・ホークス、テッド・レヴィン、ジョー・モートン、ライマリ・ナダル、ジョン・オーティス、RZA、ユル・ヴァスケス、デンゼル・ワシントン
『ヘアスプレー』
ニッキー・ブロンスキー、アマンダ・バインズ、ポール・ドゥーリイ、ザック・エフロン、アリソン・ジャニー、イライジャ・ケリー、クィーン・ラティファ、ジェームズ・マースデン、ミシェル・ファイファー、ブリタニー・スノウ、ジェリー・スティラー、ジョン・トラボルタ、クリストファー・ウォーケン
『イントゥ・ザ・ワイルド』
ブライアン・ディアカー、マーシャ・ゲイ・ハーデン、エミール・ハーシュ、ハル・ホルブルック、ウィリアム・ハート、キャサリン・キーナー、ジェナ・マローン、クリステン・スチュワート、ヴィンス・ヴォーン
『3時10分、決断のとき』
クリスチャン・ベール、ラッセル・クロウ、ピーター・フォンダ、ベン・フォスター、ローガン・ラーマン、グレッチェン・モル、ダラス・ロバーツ、ヴィネッサ・ショウ、アラン・テュディック
2008
『スラムドッグ$ミリオネア』
ルビーナー・アリー、タナイ・チェーダー、アーシュトーシュ・ローボー・ガージーワーラー、アズハルッディーン・モハンマド・イスマーイール、アニル・カプール、イルファーン・カーン、アーユシュ・マヘーシュ・ケーデーカル、タンヴィー・ガネーシュ・ローンカル、マドゥル・ミッタル、デーヴ・パテール、フリーダ・ピントー
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
マハーシャラルハズバズ・アリ、ケイト・ブランシェット、ジェイソン・フレミング、ジャレッド・ハリス、タラジ・P・ヘンソン、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、ブラッド・ピット、フィリス・サマーヴィル、ティルダ・スウィントン
『ダウト〜あるカトリック学校で〜』
エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス、フィリップ・シーモア・ホフマン、メリル・ストリープ
『フロスト×ニクソン』
ケヴィン・ベーコン、レベッカ・ホール、トビー・ジョーンズ、フランク・ランジェラ、マシュー・マクファディン、オリヴァー・プラット、サム・ロックウェル、マイケル・シーン
『ミルク』
ジョシュ・ブローリン、ジョセフ・クロス、ジェームズ・フランコ、ヴィクター・ガーバー、エミール・ハーシュ、ディエゴ・ルナ、デニス・オヘア、ショーン・ペン、アリソン・ピル
2009
『イングロリアス・バスターズ』
ダニエル・ブリュール、アウグスト・ディール、ジュリー・ドレフュス、ミヒャエル・ファスベンダー、シルヴェスター・グロート、ジャッキー・イド、ダイアン・クルーガー、メラニー・ロラン、ドゥニ・メノーシェ、マイク・マイヤーズ、ブラッド・ピット、イーライ・ロス、ティル・シュヴァイガー、ロッド・テイラー、クリストフ・ヴァルツ、マルティン・ヴトケ
『17歳の肖像』
ドミニク・クーパー、アルフレッド・モリーナ、キャリー・マリガン、ロザムンド・パイク、ピーター・サースガード、エマ・トンプソン、オリヴィア・ウィリアムズ
『ハート・ロッカー』
クリスチャン・カマルゴ、ブライアン・ジェラティ、エヴァンジェリン・リリー、アンソニー・マッキー、ジェレミー・レナー
『NINE』
マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ダニエル・デイ=ルイス、ジュディ・デンチ、ファーギー、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン
『プレシャス』
マライア・キャリー、レニー・クラヴィッツ、モニーク、ポーラ・パットン、シェリー・シェパード、ガボレイ・シディベ
2010年代[編集]

候補作品

キャスト
2010
『英国王のスピーチ』
アンソニー・アンドリュース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェニファー・イーリー、コリン・ファース、マイケル・ガンボン、デレク・ジャコビ、ガイ・ピアース、ジェフリー・ラッシュ、ティモシー・スポール
『ブラック・スワン』
ヴァンサン・カッセル、バーバラ・ハーシー、ミラ・クニス、ナタリー・ポートマン、ウィノナ・ライダー
『ザ・ファイター』
エイミー・アダムス、クリスチャン・ベール、メリッサ・レオ、ジャック・マクギー、マーク・ウォールバーグ
『キッズ・オールライト』
アネット・ベニング、ジョシュ・ハッチャーソン、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ
『ソーシャル・ネットワーク』
ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ、ジョシュ・ペンス、ジャスティン・ティンバーレイク
2011[1]
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』
ジェシカ・チャステイン、ヴィオラ・デイヴィス、ブライス・ダラス・ハワード、アリソン・ジャニー、クリス・ローウェル、アーナ・オライリー、シシー・スペイセク、オクタヴィア・スペンサー、メアリー・スティーンバージェン、エマ・ストーン、シシリー・タイソン、マイク・ヴォーゲル
『アーティスト』
ベレニス・ベジョ、ジャン・デュジャルダン、ジェームズ・クロムウェル、ジョン・グッドマン、ペネロープ・アン・ミラー
『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』
ローズ・バーン、ジル・クレイバーグ、エリー・ケンパー、マット・ルーカス、メリッサ・マッカーシー、ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ、クリス・オダウド、マーヤ・ルドルフ、クリステン・ウィグ
『ファミリー・ツリー』
ボー・ブリッジス、ジョージ・クルーニー、ロバート・フォスター、ジュディ・グリア、マシュー・リラード、シェイリーン・ウッドリー
『ミッドナイト・イン・パリ』
キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン
2012[2]
『アルゴ』
ベン・アフレック、アラン・アーキン、ケリー・ビシ、カイル・チャンドラー、ロリー・コクレーン、ブライアン・クランストン、クリストファー・デナム、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴァル、ヴィクター・ガーバー、ジョン・グッドマン 、スコット・マクナリー、クリス・メッシーナ
『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』
ジュディ・デンチ、セリア・イムリー、ビル・ナイ、デーヴ・パテール、ロナルド・ピックアップ、マギー・スミス、トム・ウィルキンソン、ペネロープ・ウィルトン
『レ・ミゼラブル』
イザベル・アレン、サマンサ・バークス、サシャ・バロン・コーエン、ヘレナ・ボナム=カーター、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、ダニエル・ハトルストーン、ヒュー・ジャックマン、エディ・レッドメイン、アマンダ・サイフリッド、アーロン・トヴェイト、コルム・ウィルキンソン
『リンカーン』
ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ハル・ホルブルック、トミー・リー・ジョーンズ、ジェームズ・スペイダー、デヴィッド・ストラザーン
『世界にひとつのプレイブック』
ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ、アヌパム・カー、ジェニファー・ローレンス、クリス・タッカー、ジャッキー・ウィーヴァー
2013[3]
『アメリカン・ハッスル』
エイミー・アダムス、クリスチャン・ベール、ルイス・C・K、ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ、ポール・ハーマン、ジャック・ヒューストン、ジェニファー・ローレンス、アレッサンドロ・二ヴォラ、マイケル・ペーニャ、ジェレミー・レナー、エリザベス・ローム、シェア・ウィッガム
『ダラス・バイヤーズクラブ』
マシュー・マコノヒー、ジェニファー・ガーナー、ジャレッド・レト、デニス・オヘア、ダラス・ロバーツ、スティーヴ・ザーン
『それでも夜は明ける』
ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ギャレット・ディラハント、キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ポール・ジアマッティ、スクート・マクネイリー、ルピタ・ニョンゴ、アデペロ・オデュイエ、サラ・ポールソン、ブラッド・ピット、マイケル・ケネス・ウィリアムズ、アルフレ・ウッダード
『8月の家族たち』
アビゲイル・ブレスリン、クリス・クーパー、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュリエット・ルイス、マーゴ・マーティンデイル、ユアン・マクレガー、ダーモット・マローニー、ジュリアン・ニコルソン、ジュリア・ロバーツ、サム・シェパード、メリル・ストリープ、ミスティ・アッパム
『大統領の執事の涙』
マライア・キャリー、ジョーン・キューザック、ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・ジュニア、テレンス・ハワード、レニー・クラヴィッツ、ジェームズ・マースデン、デヴィッド・オイェロウォ、アレックス・ペティファー、オプラ・ウィンフリー、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、アラン・リックマン、リーヴ・シュレイバー、ロビン・ウィリアムズ、フォレスト・ウィテカー
2014[4]
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
ザック・ガリフィアナキス、マイケル・キートン、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズボロー、エイミー・ライアン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ
『6才のボクが、大人になるまで。』

パトリシア・アークエット、エラー・コルトレーン、イーサン・ホーク、ローレライ・リンクレイター
『グランド・ブダペスト・ホテル』

F・マーリー・エイブラハム、マチュー・アマルリック、エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、レイフ・ファインズ、ジェフ・ゴールドブラム、ハーヴェイ・カイテル、ジュード・ロウ、ビル・マーレイ、エドワード・ノートン、トニー・レヴォロリ、シアーシャ・ローナン、ジェイソン・シュワルツマン、レア・セドゥ、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン、オーウェン・ウィルソン
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

マシュー・ビアード、ベネディクト・カンバーバッチ、チャールズ・ダンス、マシュー・グッド、ロリー・キニア、キーラ・ナイトレイ、アレン・リーチ、マーク・ストロング
『博士と彼女のセオリー』

チャーリー・コックス、フェリシティ・ジョーンズ、サイモン・マクバーニー、エディ・レッドメイン、デヴィッド・シューリス、エミリー・ワトソン
2015

『スポットライト 世紀のスクープ』

ビリー・クラダップ、en:Brian d’Arcy James、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、マーク・ラファロ、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラッテリー、スタンリー・トゥッチ
『ビースト・オブ・ノー・ネーション』

en:Abraham Attah、Kurt Egyiawan、イドリス・エルバ
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

クリスチャン・ベール、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング、メリッサ・レオ、en:Hamish Linklater、en:John Magaro、ブラッド・ピット、レイフ・スポール、Jeremy Strong、マリサ・トメイ、フィン・ウィットロック
『ストレイト・アウタ・コンプトン』

en:Neil Brown Jr.、ポール・ジアマッティ、en:Corey Hawkins、オルディス・ホッジ、en:O’Shea Jackson Jr.、Jason Mitchell
『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

アドウェール・アキノエ=アグバエ、ルイ・C・K、ブライアン・クランストン、en:David James Elliott、エル・ファニング、ジョン・グッドマン、ダイアン・レイン、ヘレン・ミレン、マイケル・スタールバーグ、アラン・テュディック
2016

『ドリーム』

マハーシャラ・アリ, ケビン・コスナー, キルスティン・ダンスト, タラジ・P・ヘンソン, オルディス・ホッジ, ジャネール・モネイ, ジム・パーソンズ, en:Glen Powell, オクタヴィア・スペンサー
『はじまりへの旅』

アナリース・バッソ, Shree Crooks, アン・ダウド, キャスリン・ハーン, Nicholas Hamilton, en:Samantha Isler, フランク・ランジェラ, ジョージ・マッケイ, en:Erin Moriarty, ヴィゴ・モーテンセン, ミッシー・パイル, Charlie Shotwell, スティーヴ・ザーン
『フェンス』

en:Jovan Adepo, ヴィオラ・デイヴィス, スティーヴン・ヘンダーソン, en:Russell Hornsby, en:Saniyya Sidney, デンゼル・ワシントン, ミケルティ・ウィリアムソン
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

ケイシー・アフレック, マシュー・ブロデリック, カイル・チャンドラー, ルーカス・ヘッジズ, グレッチェン・モル, ミシェル・ウィリアムズ
『ムーンライト』

マハーシャラ・アリ, ナオミ・ハリス, en:André Holland, Jharrel Jerome, ジャネール・モネイ, トレヴァンテ・ローズ, アシュトン・サンダース
2017

『スリー・ビルボード』

アビー・コーニッシュ, ピーター・ディンクレイジ, ウディ・ハレルソン, ジョン・ホークス, ルーカス・ヘッジズ, ジェリコ・イヴァネク, ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ, フランシス・マクドーマンド, クラーク・ピータース, サム・ロックウェル, en:Samara Weaving
『ビッグ・シック』

en:Adeel Akhtar, ホリー・ハンター, ゾーイ・カザン, アヌパム・カー, en:Kumail Nanjiani, レイ・ロマーノ, Zenobia Shroff
『ゲット・アウト』

ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ, ダニエル・カルーヤ, キャサリン・キーナー, スティーヴン・ルート, ラキース・スタンフィールド, ブラッドリー・ウィットフォード, アリソン・ウィリアムズ
『レディ・バード』

ティモシー・シャラメ, en:Beanie Feldstein, ルーカス・ヘッジズ, en:Tracy Letts, スティーヴン・ヘンダーソン, ローリー・メトカーフ, en:Jordan Rodrigues, シアーシャ・ローナン, オデイア・ラッシュ, Marielle Scott, ロイス・スミス
『マッドバウンド 哀しき友情』

ジョナサン・バンクス, メアリー・J. ブライジ, ジェイソン・クラーク, ギャレット・ヘドランド, Jason Mitchell, Rob Morgan, キャリー・マリガン
2018

『ブラックパンサー』

アンジェラ・バセット, チャドウィック・ボーズマン, スターリング・K・ブラウン, ウィンストン・デューク, マーティン・フリーマン, ダナイ・グリラ, マイケル・B・ジョーダン, ダニエル・カルーヤ, ルピタ・ニョンゴ, アンディ・サーキス, フォレスト・ウィテカー, レティーシャ・ライト
『ブラック・クランズマン』

ハリー・ベラフォンテ, アダム・ドライバー, トファー・グレイス, ローラ・ハリアー, コーリー・ホーキンズ, ジョン・デヴィッド・ワシントン
『ボヘミアン・ラプソディ』

ルーシー・ボイントン, エイダン・ギレン, ベン・ハーディ, トム・ホランダー, グウィリム・リー, アレン・リーチ, ラミ・マレック, ジョゼフ・マゼロ, マイク・マイヤーズ
『クレイジー・リッチ!』

オークワフィナ, ジェンマ・チャン, ヘンリー・ゴールディング, ケン・チョン, リサ・ルー(英語版), ハリー・シャム・ジュニア, コンスタンス・ウー, ミシェール・ヨー
『アリー/ スター誕生』

デイヴ・シャペル, アンドリュー・ダイス・クレイ, ブラッドリー・クーパー, サム・エリオット, ラフィ・ガヴロン(英語版), レディー・ガガ, アンソニー・ラモス(英語版)
2019

『パラサイト 半地下の家族』

チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、チャン・ヘジン、チョン・ヒョンジュン、チョン・ジソ、イ・ジョンウン、イ・ソンギュン、パク・ミョンフン、パク・ソダム、ソン・ガンホ
『スキャンダル』

コニー・ブリットン、アリソン・ジャネイ、ニコール・キッドマン、ジョン・リスゴー、マルコム・マクダウェル、ケイト・マッキノン、マーゴット・ロビー、シャーリーズ・セロン
『アイリッシュマン』

ボビー・カナヴェイル、ロバート・デ・ニーロ、スティーヴン・グレアム、ハーヴェイ・カイテル、アル・パチーノ、アンナ・パキン、ジョー・ペシ、レイ・ロマーノ
『ジョジョ・ラビット』

アルフィー・アレン、ローマン・グリフィン・デイヴィス、スカーレット・ヨハンソン、トーマシン・マッケンジー、スティーブン・マーチャント(英語版)、サム・ロックウェル、タイカ・ワイティティ、レベル・ウィルソン
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

オースティン・バトラー、ジュリア・バターズ、ブルース・ダーン、レオナルド・ディカプリオ、ダコタ・ファニング、エミール・ハーシュ、ダミアン・ルイス、マイク・モー(英語版)、ティモシー・オリファント、アル・パチーノ、ルーク・ペリー、ブラッド・ピット、マーガレット・クアリー、マーゴット・ロビー
参考文献[編集]

^ “The 18th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2012年1月30日閲覧。

^ “The 19th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2012年12月13日閲覧。

^ “The 20th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2013年12月12日閲覧。

^ “The 21st Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2015年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]
公式ウェブサイト(英語)表話編歴全米映画俳優組合賞生涯功労賞
生涯功労賞映画
主演男優賞
主演女優賞
助演男優賞
助演女優賞
キャスト賞
スタント・アンサンブル賞テレビ
ドラマシリーズ男優賞
コメディシリーズ男優賞
テレビ映画・ミニシリーズ男優賞
ドラマシリーズ女優賞
コメディシリーズ女優賞
テレビ映画・ミニシリーズ女優賞
ドラマシリーズ・アンサンブル賞
コメディシリーズ・アンサンブル賞
スタント・アンサンブル賞授賞式
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
表話編歴全米映画俳優組合賞キャスト賞受賞作品1995–1999
アポロ13(1995)
バードケージ(1996)
フル・モンティ(1997)
恋におちたシェイクスピア(1998)
アメリカン・ビューティー(1999)2000–2009
トラフィック(2000)
ゴスフォード・パーク(2001)
シカゴ(2002)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003)
サイドウェイ(2004)
クラッシュ(2005)
リトル・ミス・サンシャイン(2006)
ノーカントリー(2007)
スラムドッグ$ミリオネア(2008)
イングロリアス・バスターズ(2009)2010–2019
英国王のスピーチ(2010)
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011)
アルゴ(2012)
アメリカン・ハッスル(2013)
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014)
スポットライト 世紀のスクープ(2015)
ドリーム(2016)
スリー・ビルボード(2017)
ブラックパンサー(2018)
パラサイト 半地下の家族(2019)

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=全米映画俳優組合賞キャスト賞&oldid=90750834」から取得
カテゴリ: 全米映画俳優組合賞隠しカテゴリ: ウィキデータにない公式ウェブサイト

評価: 4~5 つ星
レビュー: 9309
再生回数: 5174
[spincontent type=”j”]

Youtube

2. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Yomiuri

Yomiuri
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 90 22
[spincontent type=”j”]

3. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Asahi Shimbun

朝日新聞
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 朝日新聞で検索した 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する上記の情報が、全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7175
[spincontent type=”j”]

4. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 The Japan Times

The Japan Times
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: ジャパン タイムズで検索した 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する記事のトップです。全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 27 17
[spincontent type=”j”]

5. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Yomiuri Shimbun

読売新聞
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する詳細情報はすでにありますか? 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 2952
[spincontent type=”j”]

6. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Mainichi Shimbun

毎日新聞
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 毎日新聞で見つけた 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する上記の情報が、全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8163
[spincontent type=”j”]

7. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Sankei Shimbun

産経新聞
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 産経新聞で検索した 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する記事のトップです。全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9344
[spincontent type=”j”]

8. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9184
[spincontent type=”j”]

9. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Chunichi Shimbun

中日新聞
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 中日新聞で検索した 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する上記の情報が、全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 80 79
[spincontent type=”j”]

10. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Tokyo Shimbun

東京新聞
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5557
[spincontent type=”j”]

11. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8605
[spincontent type=”j”]

12. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 日刊工業新聞で見つけた 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する上記の情報が、全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5868
[spincontent type=”j”]

13. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Ainu Times

アイヌタイムス
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: アイヌ タイムズで検索した 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する記事のトップです。全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3198
[spincontent type=”j”]

14. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する詳細情報はすでにありますか? 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4887
[spincontent type=”j”]

15. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Chiba Nippo

千葉日報
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 千葉日報で検索した 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する上記の情報が、全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9303
[spincontent type=”j”]

16. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Chugoku Shimbun

中国新聞
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 中国新聞で検索した 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する記事のトップです。全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 7893
[spincontent type=”j”]

17. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 Daily Tohoku

デイリー東北
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 71 16
[spincontent type=”j”]

18. 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

説明: イースタン クロニクルで検索した 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する上記の情報が、全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9555
[spincontent type=”j”]

全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 に関する質問

全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞

全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞
方法全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞
チュートリアル 全米 映画 俳優 組合 賞 キャスト 賞
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: