あなたは [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー を共有します。 [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

この項目では、漫画原作者の小池一夫(こいけ かずお)について説明しています。湖池屋創業者の小池和夫については「湖池屋#社名の由来」をご覧ください。

この項目「小池一夫」は加筆依頼に出されており、内容をより充実させるために次の点に関する加筆が求められています。加筆の要点 – 「東文彦」。このページでは小池一夫と説明しています。しかし「マジンガーZ」のページでは「渡邊亮徳」とあります。どちらが正しいのか?(貼付後はWikipedia:加筆依頼のページに依頼内容を記述してください。記述が無いとタグは除去されます)(2019年4月)小池 一夫本名
俵谷 星舟たわらや せいしゅう生誕
(1936-05-08) 1936年5月8日 日本・秋田県大仙市死没
(2019-04-17) 2019年4月17日(82歳没) 日本国籍
日本職業
漫画原作者、小説家、脚本家、作詞家活動期間
1960年代 – 2019年ジャンル
漫画・劇画の原作・構成代表作
『子連れ狼』(画:小島剛夕) 他多数受賞
受賞の項目を参照テンプレートを表示 小池一夫
小池 一夫(こいけ かずお、本名及び僧号: 俵谷 星舟〈たわらや せいしゅう〉、旧名: 譲〈たわらや ゆずる〉、作詞家としての別名: 東 文彦〈あずま ふみひこ〉[1]、1936年5月8日 – 2019年4月17日)は、日本の漫画原作者、小説家、脚本家、作詞家、作家。男性、身長183cm、血液型はB型[2]。1976年までの筆名は小池 一雄[3]。別筆名に小池一雄、緒塚敬吾、イゴル・キニスキー等がある。

人物[編集]
秋田県大仙市出身[4]。中央大学法学部卒。大阪芸術大学キャラクター造形学科教授(学科長)、神奈川工科大学情報学部情報メディア学科教授、大阪エンタテインメントデザイン専門学校教授を歴任した。出版社の小池書院元編集長。
漫画原作作品に『子連れ狼』(画: 小島剛夕)、『御用牙』(画: 神田たけ志)、『高校生無頼控』(画: 芳谷圭児)、『修羅雪姫』(画: 上村一夫)、『クライング フリーマン』(画: 池上遼一)、『オークション・ハウス』(画: 叶精作)、小説に『乾いて候』、『夢源氏剣祭文』がある。初期の『ゴルゴ13』(さいとう・たかを)にも脚本家として関わっている。
「漫画はキャラ起てが大事だ」が信条。インパクトのあるキャラクターを動かし、世界的な謀略劇の中を鍛え上げた肉体を駆使して駆け抜けるというハッタリの効いた壮大な筋が身上。「キャラクター原論」の提唱者である。

経歴[編集]
1936年、秋田県大曲町(現・大仙市)に生まれる。幼少期より周囲の子供より一回り大柄で、ガキ大将だった。少年期は近所の物持ちの家に入りびたり、倉の中にあった立川文庫などの講談本や少年向けの小説などを読み、それを学校で同級生に語って聞かせる[5][4]。
1955年秋田県立秋田高等学校、1959年中央大学法学部卒。中学校から大学まで剣道部に在籍する。中大在籍時は『桃太郎侍』で知られる時代小説家・山手樹一郎に師事し[4]、小説家を目指すが断念。その後弁護士を目指すが、司法試験に三度失敗。雀荘の店員・経営または雀ゴロ[6]、農林省[4]、外国航路の船員、ゴルフ場勤務等の職業を経験。
1968年春、たまたま目にした『少年マガジン』に、さいとうプロダクションが原作者募集をしているのを見て、「枯れ葉の紳士録」という原稿を書き、応募[7]。締切りを大幅に過ぎていたにも拘らず、採用される[8]。以後、さいとうプロに所属し、『無用之介』『ゴルゴ13』などの原作に携わった後[9]、1970年に独立、7月に『ノスパイプ戦線』(ヤングコミック)で原作者デビュー(ただし原稿依頼は『白地に黒く死の丸染めて』の方が先行しており、一時期はこれがデビュー作とされていた)[10]。1972年には、叶精作、神江里見、小山ゆう、やまさき拓味、伊賀和洋、神田たけ志らとともにスタジオ・シップ(現・小池書院)を起こし、所属メンバーのほかにも多くの実力派漫画家を作画に迎え、多数の漫画作品を発表する。遅咲きデビューからわずか数年で劇画界に一勢力を築く形となった[11]。
1970年代は、『子連れ狼』、『御用牙』、『修羅雪姫』、『忘八武士道』など、セックスとバイオレンスに満ちたアナーキーな時代劇作品を多数発表。仕事も多忙を極め1970年代前半には、月に15本程度連載を抱えていた[12]。また、その多くが映画化またはドラマ化され、1970年代の映画界に大きな影響を与えた。クエンティン・タランティーノ、ジョン・ウーなど、日本国外にも多くのファンを生んだ。なお、一部の映像化作品では、小池自身が脚本を担当している。漫画原作者としては先輩の梶原一騎も小池の活躍に脅威を覚え、セックスとバイオレンスを主題とした青年漫画誌向けの作品を書くようになった。
『子連れ狼』は1987年と、最も早い時期にアメリカで出版され、成功を収めた数少ない日本漫画の一つであり、今日の日本漫画ブームの草分けとなった。アメリカン・コミックの巨匠であるフランク・ミラーは『子連れ狼』の大ファンであり、ダークホース社から出版された『子連れ狼』アメリカ版の表紙絵を描いている。小池劇画はアメリカン・コミックスにまで影響を与えたといえ、2001年のアイズナー賞受賞以降の、アメリカでの多くの受賞はそのことを裏付けている。興行収入が1億ドルを超える大ヒットを記録した2002年のハリウッド映画『ロード・トゥ・パーディション』は、『子連れ狼』をモチーフにしている。
1980年代以降は、時代の変化もあり、刺激を弱め、週刊少年サンデーでキャリア唯一の少年誌ラブコメ『ラブZ』(1982年)を発表するなど[13]、娯楽性を主にした作品に作風を切り替えた。1984年には、雑誌『週刊サンケイ』に初の小説『乾いて候』を連載開始し、小説家としてもデビュー。
後進の育成にも力を入れ、1977年に「小池一夫劇画村塾」を開設。出身者に高橋留美子、原哲夫、板垣恵介、山口貴由、山本貴嗣、堀井雄二、さくまあきら、西村しのぶ、山本直樹らがいる。
2000年に大阪芸術大学芸術学部映像学科の教授に招聘され、『小池一夫のキャラクター原論』を上梓。2001年、同大学にて漫画家養成を目的とした「小池一夫ゼミ」第一期をスタート。主な小池ゼミ出身者としては椎橋寛、森橋ビンゴ、田雑芳一、宮本和也、険持ちよ、矢寺圭太、篠丸のどからがいる。2002年、同学部文芸学科長。2005年、同大学でキャラクター造形学科の開設に尽力し、同学科長に就任。佐藤健太郎、金田陽介、鳴海アミヤらを輩出している。2009年、同大学を退任。
2003年、「小池一夫劇画村塾」の後継となるプロ養成漫画塾「小池一夫塾」を新宿にある映像テクノアカデミア内に開講。この頃から過去の劇画村塾と違い、既にプロとして活動していた作家が入塾する傾向が生じ、「小池一夫塾」には山崎紗也夏、ナカタニD.、安藤満、ゆずはらとしゆき、おおひなたごうらが在籍していた。同時期、『子連れ狼』の続編となる『新・子連れ狼』も連載開始した。2006年、「小池一夫塾」と入れ替わる形で劇画村塾を再開(東京第9期、大阪第1期)。2007年、同塾、東京第10期、大阪第2期をスタート。同年9月、劇画村塾を株式会社化するも、2009年に同社と訣別。
2005年、生まれ故郷である秋田県大仙市に百歳寓という別荘を設けたが、晩年、事業の失敗に伴い、売却された[14]。
2011年、4月に独自の講座「キャラクターマンWEB講座」を開講し、同年11月創作ブランド「小池工房」を設立。
小泉政権時代より政府の「知的財産戦略本部」に参加し、「知的財産」に関する講演も多い。
日本文藝家協会・日本映像学会・日本アカデミー賞協会の会員。星野仙一新仙組総長、阪神タイガース金本知憲後援会会長。
2019年4月17日、肺炎のため死去[15][16]。82歳だった。

特徴・交友関係・その他[編集]
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “小池一夫” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2010年7月)原作の特徴
小池の出自は時代小説家・山手樹一郎門下だが、山手が映像化作品の多い大衆小説家で、姉弟子の平岩弓枝も小説家と並行でテレビドラマや演劇の脚本家として活動していたことから、従来、主に小説家の副業である原作で用いられた小説形式(少年小説家出身の梶原一騎はこちらの書き方で、しかも、講談調の文体である)ではなく、漫画のネームに直しやすい、映画脚本でよく見られる「ト書き」で書かれている[4]。デビュー当時から企画プロデューサー志向が強かったことから、打ち合わせもほとんど不要[4]で多作をこなす。さらに原作料は当時の第一人者・梶原一騎の半分から四半分と安価[4]。その上、ヒット率も高いとあり、1970年代前半、小池は青年漫画誌を中心に地位を確立していく[17]。
小池の原作と上村一夫
前述の通り、小池の原作は映画脚本を意識し、ト書きの欄外に細かい演出の指示や図解が書き込まれているもので[18]、改変の余地が少なく、締め切り間近で時間的余裕が無いという事情もあり、作画家側の演出が入ることは稀であった。そんな中で『修羅雪姫』や『バーボン警察』で組んだ上村一夫は特別扱いであり、小池の方でも上村を高く評価しており、「相手は上村だから」ということで特に問題ともしなかった[19]。また、小池は梶原と比較すると、原作を自分流で通すのではなく、作画家の個性に合わせて組み立てる手法を採っており、小池・上村が初めて組んだ作品『修羅雪姫』では主人公をマッチョな男性ではなく、女性としている[20]。上村は1986年に45歳の若さで他界するが、小池は上村を親友と呼ぶ[21]。
セックスとバイオレンス
小池作品はセックスとバイオレンスが多い。小池は「劇画というのは、それ(裸)を見せるからこその劇画なんですよ。語ることではなく見せること」(大西祥平『小池一夫伝説』p.225より引用)と語る。曰く、忍者同士がただ闘っていても読者は楽しくないとの由である。また、男性主人公を多くの女性が愛するハーレム展開も多い。これは小池に言わせれば男の夢と言うものであり、読者へのサービスである。同時にこれは、ドラマの中での一休みといった要素でもあるという[22]。また、初期作品の『ゴルゴ13』第3話「バラと狼の倒錯」や『ザ・テロル』から晩年に至るまで、特定対象へのセックス依存症を引き起こすコカ系アルカロイドの「0号催淫麻薬(アトモヒ)」という小道具を多用していたが、架空の薬物である。
ン ツ
小池は通常ひらがなの「ん」であるべきところに、カタカナの「ン」を、同様に「っ」には「ッ」を用いることが非常に多い[23]。また「おれ」「おまえ」などの代名詞に圏点が打たれる場合も良く見られる[23]。これはいわゆる「ぎなた読み」を避けるための工夫である[23]。また小池によれば、漫画では文字も、絵の一部、言わば「字画同一」なのである。傍点や「ン」を用いることで読者が読みやすくなるのである。というのが小池の主張である[23][24]。なお、これは1972・1973年頃から見られる傾向である[23]。また、名詞が代名詞的な用い方をされている場合や、言葉に特定のニュアンスを持たせたい場合も、ひらがな表記にして傍点を打つ。そのほか、勃起は「エレクチオン」と表記されることが多い。
百八竜
『クライングフリーマン』連載時(1986年 – 1988年)、小池は香港の青幇からの呼び出しを受けた。同作に登場するマフィア「百八竜」は小池が「百八の煩悩」から名付けた架空の組織だが、香港に同名の青幇が実在していたのである。高輪プリンスホテルのスイートルームで行われた対話は、ビッグコミックスピリッツ編集長・白井勝也の意向で、小池が一人で行くことになったが、意外にも脅迫的な内容ではなく、作品をなかなか面白いと評価され、高級時計をプレゼントされるなど友好的なものであった。その後もしばらく「百八竜」との関係が続いたという。ただし、このお陰で以後「百八竜」を悪の組織として描写できなくなってしまい、大いに構想が狂ってしまった[25]。
なお、百八竜以外にも『マギー’s犬』や『デュエット』で「殺人教団サッグ」という組織が描かれているが、これは、かつてインドに存在した強盗殺人を専らとする秘密結社「タギー」を元にしている。
ゴルフ場勤務の経験があったことから、ゴルフへの造詣も深い。「至美(しび)ゴルフ」は、TBSテレビ「小池一夫の至美ゴルフ」・サンテレビ「週刊至美ゴルフ」・広島テレビ「小池一夫のシビ・ゴルフ広島奮戦記」として、テレビ化(TBSとサンテレビはほぼ同時期に放送)されている。なお、同名番組だが、内容はそれぞれ全く異なり、また、ゴルフに関する情報をまとめたもので、原作となった劇画とは大きく異なる。また、1987年にはゴルフ雑誌『アルバトロス・ビュー』を創刊する。かつて雀荘勤務経験や雀ゴロ経験もあるため、麻雀は強く、阿佐田哲也とも何度も対戦している。居合道にも精進して、自分が写真モデルを務めた教習本を出版したこともある。また、茶道の入門書も監修している[26]。
小池によれば、スタジオ・シップに参画した叶精作、神江里見、小山ゆう、やまさき拓味、伊賀和洋、神田たけ志らは、小池がさいとうプロから引き抜いたのではなく、小池によれば、彼らの方から小池についてきたとのことである[27]。実際、小山とやまさきは山本又一朗の誘いで別個にオリオンプロとして独立しており、後にオリオンプロごとスタジオ・シップへ合流した経緯がある。当時、さいとうは激怒し、さいとうがビッグコミック、小池はビッグコミックオリジナル、スピリッツ、週刊ポストという形で、小学館では20年以上、棲み分けることになった。しかし、後に漫画家ゴルフコンペに共に参加するなど、ある程度の関係改善が行われ、小池もビッグコミックで『花縄』を連載した。
『赤い鳩』や『連環日本書紀』では日猶同祖論を展開した。日本語の「辱める」とヘブライ語の「ハズカシューム」は同義語だそうである。劇画村塾や大学の講義でもこの話題に脱線すると、なかなか本題に戻らない。『赤い鳩』の連載時、いくつかの宗教団体や右翼などから「嘘を書くな」と小学館に抗議が殺到した。右翼からも「ピストル撃ちますよ」という内容の脅迫電話が編集部にあり、連載を中止した[28]。
長嶋茂雄と非常に仲が良く、大阪芸術大学に招いて講演を依頼し、劇画村塾の会社組織化パーティーでも祝いに駆けつけている。他にも星野仙一、孫正義、『乾いて候』テレビドラマ版や『子連れ狼 その小さき手に』で主演を務めた田村正和などの人脈があるが、2004年の『勝ちたいんや!―劇画・星野仙一物語』で星野から池口恵観を紹介された頃から、劇画村塾の株式会社化や壱岐の高級リゾートホテル経営に乗り出すなど、大規模な事業拡大を始める。
1990年代に水声社から刊行された『マンガ地獄変』シリーズ(1970年代のアナーキーな漫画を再評価するムック)が、第4巻で小池を取り上げる予定だったが、原稿は集まっていたにも拘らず、担当編集者がビバ彦として知られる「モー娘オタク」になり、「モー娘ファン活動」に多忙となったため、同書は刊行されなかった。『マンガ地獄変』シリーズに執筆していた漫画評論家の大西祥平が、映画雑誌『映画秘宝』において、2004年から2011年にかけて、小池へのインタビューも含めた小池漫画論「小池一夫伝説」を連載し、2011年11月に洋泉社から単行本化されている。
晩年は前述の事業拡大が失敗し、劇画村塾株式会社も失い、小池書院の経営も悪化したことから、複数の金銭問題を起こしており、その影響から2009年に日本経済新聞で連載を始めた『結い 親鸞』は第2話以降休載となった。堀井雄二は、小池にハリウッド版『子連れ狼』のアニメ制作という名目で1000万円を「投資」として渡したが、返金されなかったと証言している[29]。生徒に対して寸借詐欺を働いたとの報道[30]もあり、田中圭一は小池を告発する内容の漫画を制作していることを度々報告していた[31][32]が、2019年、小池の死去を受けて告発漫画の発表を取り止めることを公表した[33]。なお、小池書院は2016年11月、破産処理を開始している[34]。

受賞[編集]
1972年 京都市民映画祭新人賞(映画『子連れ狼』のシナリオに対し)
1974年 少年画報社第3回劇画賞受賞
1974年 コロムビアゴールデンディスク賞・ゴールデンヒット賞受賞(作詞)
1975年 テイチクヒット賞(作詞)
1981年 第27回(昭和56年度)小学館漫画賞特別賞受賞(『魔物語などの原作活動』に対し)
2001年 アイズナー賞(米)最優秀国際作品部門「子連れ狼」
2002年 ハーヴェイ賞(米)「子連れ狼」
2004年 アイズナー賞 漫画家の殿堂入り
2004年 ジェム・ダイアモンド賞(米) MANGA TOP OF THE YEAR (2004) 「首斬り朝」
2004年 アクサテュール賞(スペイン)「子連れ狼」
2006年 インクポット賞(米)(アメリカ漫画界に貢献したため)
2008年 ジャパンエキスポ(仏)審査員特別賞連載作品リスト[編集]
晩年の作品[編集]
休載扱い

結い 親鸞(作画・鈴木敏太、日本経済新聞)第2回以降休載連載中断

帰れソレントへ(絵師・天野喜孝、ストレンジャーソレント、小池書院)
竜剣~大菩薩峠・第2章(作画・ふくしま政美、原作小説中里介山、松文館、電子配信)
死なばもろともに?信長と家康(作画・南恵夢、「戦国無頼」)
マジョンナ〜私は魔女医(作画・架空まさる、松文館、電子配信)
九ノ一千代女(作画・カマキリ、松文館、電子配信)
百々の拷問蔵(作画・神田たけ志、松文館、電子配信)
飛び加藤(作画・桃尻三郎、松文館、電子配信)
魔法少女三満月美々のQED (作画・関沢このか、ニコニコ静画、電子配信)
修羅雪姫・修羅八荒編(作画:池上遼一)
そして – 子連れ狼 刺客の子(作画・森秀樹、ガッツポン)
地獄楽まんだら(作画・これかわかずとも、ガッツポン)
新・弐十手物語 つるじろう (作画・神江里見、ガッツポン)完結作品[編集]
小島剛夕の作画による作品

子連れ狼(週刊漫画アクション(1970年9月10日号〈No.38〉〜1976年4月1日号〈No.15〉)
道中師
ケイの凄春(週刊漫画アクション)
半蔵の門 (週刊現代 1978年9月14日号〜1984年8月11日・18日合併号)
首斬り朝(週刊現代)
春が来た
孔雀王伝奇
乾いて候
激突
孫悟空芳谷圭児の作画による作品

高校生無頼控(週刊漫画アクション 1971年7月22日号〈No.30〉〜1973年6月7日号〈No.24〉)
ぶれいボーイ〈無礼男子〉(週刊漫画アクション 1973年11月22日号〈No.53〉〜1975年1月2日号〈No.1〉)
カニバケツ
学校の探偵
小池一夫のザ・シビゴルフ叶精作の作画による作品

クレオパトラ
横浜ホメロス
実験人形ダミー・オスカー
魔物語 愛しのベティ
牌鬼無頼 ボクは殺曲家
マギー’s犬
からぁ怒
BROTHERS-ブラザーズ
ゴルフ幼稚園
オークション・ハウス
キンゾーの上ってなンボ!!
新上ってなンボ!!太一よ泣くな
新々上ってなンボ!!太一よ泣くな
凶刃者/ブレイダー
下駄を履くまで池上遼一の作画による作品

傷追い人
I・餓男
赤い鳩
OFFERED
クライングフリーマン
殺愛平野仁の作画による作品

青春の尻尾
少年の町ZF(1976年)
サハラ 女外人部隊(ビッグコミックオリジナル 1978年 – 1979年)
ノストラダムス愛伝説
飛ばしてなんボ猛がチャージやまさき拓味の作画による作品

青春動物園 ズウ(1978年)
ラブZ伊賀和洋の作画による作品

男弐 (おに) (ビジネスジャンプ 1986年5号 – 1990年8号)
レイザー
将軍のボディーガード
涙弾(るいだン)
哀国戦争神田たけ志の作画による作品

御用牙(少年画報社 ヤングコミック 1970年10月〜1976年12月)松森正の作画による作品

木曜日のリカ
海渡勇次郎伝 拳神
片恋さぶろう井上紀良の作画による作品

デュエット
マッド★ブル34(1985年7月〜1991年2月)
連環日本書紀
マッド・ブル2000
星の艦 あきらめなければいつかは乗れる森秀樹の作画による作品

花縄
新・子連れ狼(2003年)神江里見の作画による作品

弐十手物語
青春チンポジュウム
気怠く彦次郎 ラブホテル女子高生殺人事件編
藤堂高虎伝 虎視眈々 戦国の世を生き抜いた武将
忘れ苦兵衛
下苅り半次郎ケン月影の作画による作品

葬流者
断頭鬼
巌窟王川崎のぼるの作画による作品

ムサシ(1974年)
長男の時代(1980年)
勝ちたいんや!―劇画・星野仙一物語(2004年)著名漫画家との作品

書記官鳥(セクレタリー・バード) 1970年(画:モンキー・パンチ 『ルパン三世』)
カラスなぜ鳴く 1970年(画:石井いさみ 『750ライダー』)
海鳴りがやむとき 1970年(画:里中満智子 『アリエスの乙女たち』)
燃えよ番外兵 1971年(画:矢口高雄 『釣りキチ三平』)
牙走り 1972年(画:ながやす巧 『愛と誠』『Dr.クマひげ』)
修羅雪姫 1972年(画:上村一夫 『同棲時代』)
だんびら嵐 1972年(画:かざま鋭二 『風の大地』)
唇役にございます 1973年(画:楳図かずお 『漂流教室』『まことちゃん』)
空中不動産や 1977年(画:本宮ひろ志 『俺の空』『サラリーマン金太郎』)
多羅尾伴内 1977年(画:石ノ森章太郎 『サイボーグ009』『仮面ライダー』)
兎が走る 1979年(画:弘兼憲史 『課長島耕作』『黄昏流星群』)
花平バズーカ 1979年(画:永井豪 『デビルマン』『キューティーハニー』)
長男の時代 1980年(画:川崎のぼる 『巨人の星』『いなかっぺ大将』)
第五世代のキャッシー 1982年(画:野部利雄 『のぞみウィッチィズ』『Monacoの空へ』)
兎の玉三郎 2002年(画:大島やすいち 『おやこ刑事』『バツ&テリー』)
夢源氏剣祭文(作画:皇なつき、ヤングエース、角川書店)著作リスト[編集]
漫画以外 – キャラクター造形学

「キャラクターはこう動かす!」小池書院(2000年3月) ISBN 4883155331
「キャラクターはこう創る!」小池書院(2000年3月) ISBN 4883155323
「キャラクターはこう活かす!―スーパーキャラクターを創ろう」小池書院(2001年6月) ISBN 4883155544
「大阪芸術大学 小池一夫のキャラクター造形学」大阪芸術大学(2006年12月) ISBN 486225070X
「人を惹きつける技術―カリスマ劇画原作者が指南する売れるキャラの創り方」講談社+α新書(2010年1月)ISBN 978-4062726344
「小池一夫のキャラクター新論 ソーシャルメディアが動かすキャラクターの力」小池書院(2011年5月)ISBN 978-4862257024
「ホット&クール! ローソンのソーシャル・キャラクター戦略」小池書院(2013年6月)ISBN 978-4862259387
「小池一夫のキャラクター創造論 -読者が「飽きない」キャラクターを生み出す方法」ゴマブックス(2016年7月) ISBN 978-4777118403
「リドル×ドリル 小池一夫のキャラクターメソッド」グラフィック社(2016年9月)ISBN 978-4766129786
漫画以外 – エッセイなど

「小池一夫のつぶやき集 年寄りは弱虫なンかがなれるもンじゃねえ日記」(ツイッターつぶやき集)小池書院(2012年9月)ISBN 978-4862258588
「狼の夜話 俺、劇画、40年」(自伝エッセイ)小池書院(2012年12月)ISBN 978-4862258854
「小池一夫対談集 〜キャラクター60年」(対談集)小池書院(2013年8月)ISBN 978-4862258656
「「孤独」が人を育てる 小池一夫名言集」講談社+α新書(2015年6月)ISBN 978-4062729024
「ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする300の言葉」ポプラ社(2016年12月)ISBN 978-4591152829
「人生の結論」朝日新書(2018年8月)ISBN 978-4022737823
「だめなら逃げてみる: 自分を休める225の言葉」ポプラ社(2018年10月)ISBN 978-4591160060
「自分のせいだと思わない 小池一夫の人間関係に執着しない233の言葉」ポプラ社(2019年9月11日) ISBN 978-4591163986映像化作品[編集]
映画化作品

『子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる』(1972年1月15日公開、勝プロ=東宝) – 原作・脚本。
『子連れ狼 三途の川の乳母車』(1972年4月22日公開、勝プロ=東宝) – 原作・脚本。
『子連れ狼 死に風に向う乳母車』(1972年9月2日公開 、勝プロ=東宝) – 原作・脚本。
『高校生無頼控』(1972年11月26日公開、国際放映=東宝) – 原作。
『子連れ狼 親の心子の心』(1972年12月30日公開、勝プロ=東宝) – 原作・脚本。
『御用牙』(1972年12月30日公開、勝プロ=東宝) – 原作・脚本。
『ポルノ時代劇 忘八武士道』(1973年2月3日公開、東映) – 原作。
『高校生無頼控 突きのムラマサ』(1973年4月7日公開、国際放映=東宝) – 原作・脚本。
『高校生無頼控 感じるゥームラマサ』(1973年6月23日公開、国際放映=東宝) – 原作。
『子連れ狼 冥府魔道』(1973年8月11日公開、勝プロ=東宝) – 原作・脚本。
『御用牙 かみそり半蔵地獄責め』(1973年8月11日公開、勝プロ=東宝) – 原作。
『修羅雪姫』(1973年12月1日公開 、東宝) – 原作。
『忘八武士道 さ無頼』(1974年2月2日公開、東映) – 原作。
『御用牙 鬼の半蔵やわ肌小判』(1974年2月9日公開、勝プロ=東宝) – 原作。
『鬼輪番』(1974年2月9日公開、東宝) – 原作。
『子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎』(1974年4月24日公開、勝プロ=東宝) – 原作。
『修羅雪姫 怨み恋歌』(1974年6月15日公開 、東宝) – 原作。
『下苅り半次郎 (秘)観音を探せ』(1975年1月29日公開 、東映) – 原作。
『多羅尾伴内』(1978年4月8日公開、東映) – 劇画。
『多羅尾伴内 鬼面村の惨劇』(1978年8月12日公開、東映) – 劇画。
『ザ・ウーマン』(1980年11月22日公開、東宝東和) – 企画。
『愛しのベティ 魔物語』(1986年7月19日公開、東映セントラルフィルム) – 原作・総監督。
『子連れ狼 その小さき手に』(1993年2月6日公開、松竹) – 原作・製作。
『クライング・フリーマン 完結編 無明流射』(1994年3月26日公開、東映セントラルフィルム) – 原作。
『クライング・フリーマン Crying Freeman』(1996年11月23日公開、東映) – 原作。
『修羅雪姫』(2001年12月15日公開、東京テアトル) – 原作。ドラマ化作品

『無用ノ介』(1969年3月1日〜9月20日放送:全19話、NTV) – 脚本。
『子連れ狼』《第一部》(1973年4月1日〜9月30日放送:全27話、NTV) – 原作。
『現代鬼婆考・殺愛』《サスペンスシリーズ》(1973年9月28日放送、MBS) – 脚本。
『電人ザボーガー』(1974年4月6日〜1975年6月29日放送:全52話、フジテレビ) – 原案。
『子連れ狼』《第二部》(1974年4月7日〜9月29日放送:全26話、NTV) – 原作。
『子連れ狼』《第三部》(1976年4月4日〜9月26日放送:全26話、NTV) – 原作・脚本。
『傘次郎・新子捕物日記 夫婦河童(めおとがっぱ)』《時代劇スペシャル》(1981年6月26日放送、フジテレビ) – 原作。
『傘次郎新子捕物日記 夫婦十手・豪商六人衆連続殺人事件』《時代劇スペシャル》(1982年6月4日放送、フジテレビ) – 原作。
『お毒味役主丞・乾いて候』《時代劇スペシャル》(1983年6月17日放送、フジテレビ) – 原作。
『乾いて候 お毒味役必殺剣』《時代劇スペシャル》(1984年1月26日放送、フジテレビ) – 原作。
『御用牙』《時代劇スペシャル》(1984年2月16日放送、フジテレビ) – 原作。
『子連れ狼』《時代劇スペシャル》(1984年3月1日放送、フジテレビ) – 原作。
『弐十手物語』(1984年4月12日〜7月12日放送:全13話、フジテレビ) – 原作。
『乾いて候』(1984年8月23日〜9月27日放送:全6話、フジテレビ) – 原作。
『刀化粧』《時代劇スペシャル》(1989年9月12日放送、TBS) – 原作。
『子連れ狼 冥府魔道の刺客人・母恋し大五郎絶唱!』《秋の時代劇スペシャル》(1989年10月5日放送、ANB) – 原作。
『ゴルフ・スーパードラマ キンゾーの上ってなンボ!!』《名古屋テレビ開局30周年記念》(1991年11月5日放送、NBN) – 原作。
『胸さわぎの15才(フィフティーン)』(1992年10月2日〜12月18日放送:全12話、KTV) – 原作『青春チンポジュウム』。
『乾いて候 母は生きていた!?その背後に潜む陰謀を田村三兄弟が斬る!!』《時代劇スペシャル》(1993年4月7日放送、フジテレビ) – 原作・題字。
『御用牙』(2004年3月6日放送、時代劇専門チャンネル) – 原作。1994年にフジテレビ放送用に製作されていた地上波未放送作品。
『春が来た』《金曜時代劇》(2002年9月27日〜11月1日放送:全6話、NHK) – 原作。
『子連れ狼』《第一部》(2002年10月14日〜12月9日放送:全9話、テレビ朝日) – 原作。
『子連れ狼』《第二部》(2003年7月7日〜12月15日放送:全19話、テレビ朝日) – 原作。
『子連れ狼』《第三部》(2004年7月5日〜9月13日放送:全10話、テレビ朝日) – 原作。オリジナル・ビデオ・アニメ(OVA)化作品

『花平バズーカ』(1992年9月4日発売、日本クラウン) – 原作。
『傷追い人』《ACT1-5》(1986年~1988年、バンダイビジュアル)- 原作Vシネマ化作品

『道中師〜怨み掏ります 恋も掏ります〜』(1995年10月25日発売、キングレコード株式会社) – 原作。作詞[編集]
マジンガーZ
Zのテーマ(歌:水木一郎)
ぼくらのマジンガーZ(歌:水木一郎、コロムビアゆりかご会)
グレートマジンガー
おれはグレートマジンガー(歌:水木一郎、コロムビアゆりかご会)
勇者はマジンガー(歌:水木一郎、コロムビアゆりかご会)
電子戦隊デンジマン
ああ電子戦隊デンジマン(歌:成田賢)
デンジマンにまかせろ!(歌:成田賢)
大戦隊ゴーグルファイブ
大戦隊ゴーグルV(歌:MoJo、こおろぎ’73、ザ・チャープス)
ストップ・ザ・バトル(歌:MoJo、こおろぎ’73、ザ・チャープス)
科学戦隊ダイナマン
科学戦隊ダイナマン(歌:MoJo、こおろぎ’73)
夢をかなえてダイナマン(歌:MoJo、こおろぎ’73)
子連れ狼
ててご橋(歌:バーブ佐竹、コロムビアゆりかご会)
子連れ狼(歌:橋幸夫、若草児童合唱団)
刺客街道
おねやれ大五郎
三途の川の乳母車
大五郎子守唄
毒屋の子
修羅の花(映画『修羅雪姫』主題歌、映画『キル・ビル』挿入歌)
五街道まっしぐら!
いっしょに小石を拾いませんか(歌:ほりえみつこ)テレビ出演[編集]
小池一夫の至美ゴルフ(TBS)
小池一夫の週刊至美ゴルフ(サンテレビ)
れんまん!(NHK)
子連れ狼 第3部第1話「父と子、最後の旅路!生きるのだ…大五郎」 特別出演(2004年7月5日、テレビ朝日)- 柳生烈堂の家来役で無言で出演
小池一夫のニコニコキャラクター塾(ニコニコ生放送)
ワイドナショー(2014年6月22日、フジテレビ)- コメンテーター
探検バクモン「襲来!マンガ界の巨人」(2014年9月3日、NHK)- 大阪の学校で原作の秘策と文字のこだわり、キャラを立てる大切さを話す関連項目[編集]
劇画村塾
電人ザボーガー脚注[編集]

^ 本人公式アカウント2016年5月23日の発言。

^ 小池一夫対談集 キャラクター60年 第一巻[1]

^ 大西, p. 6.

^ a b c d e f g 大西, p. 8.

^ 日経新聞2006年3月22日「人間発見」現代のキャラクター王(2)

^ 大西, pp. 8, 11–12.

^ 大西, pp. 14–15.

^ 大西, p. 15.

^ 大西, pp. 16–17.

^ 大西, pp. 23–27.

^ 大西, pp. 47–48.

^ 大西, p. 39.

^ 大西, p. 180.

^ 小池一夫さんが郷土・大仙市に 住所も移し、花館に同級生らと集える自宅

^ koikekazuoのツイート(1119061843933192192)

^ 「子連れ狼」原作者の小池一夫さんが死去 82歳 – 日刊スポーツ 2019年4月19日

^ 大西, p. 9.

^ 大西, p. 81.

^ 大西, pp. 81–83.

^ 大西, p. 84.

^ 大西, p. 89.

^ 大西, p. 226.

^ a b c d e 大西, p. 229.

^ 小池一夫公式ホームページ〜小池一夫への質問〜

^ 大西, pp. 162, 164.

^ 『まんが 茶会入門』(作:小池一夫・池本朗、作画:やまさき拓味、監修:千宗之、淡交社 ISBN 978-4473011510)

^ 大西, p. 47.

^ 「小池塾」

^ 「訃報には書かれなかった小池一夫の借金人生」『週刊新潮2019年5月23日号』、新潮社、 49-50頁、2019年5月24日閲覧。

^ “「子連れ狼」原作者に金銭トラブル 内弟子からの保証金めぐり”. デイリー新潮 (2017年1月13日). 2017年2月2日閲覧。

^ ほとんど調査済みで、ほぼ内情は掴んでいます。近いうちにマンガにして発表します。

^ 現在、小池御大への恨み辛みを描いた薄い本「エレクチ怨」を執筆中です。

^ 小池一夫師匠の訃報を聞きました。謹んでご冥福をお祈りいたします。そして、今後私が小池一夫さんについて、なにかを語ること、なにかを発表することは一切ありません。

^ 新潮社『週刊新潮』2017年1月12日号、38頁。

参考文献[編集]
大西, 祥平 (2011), 小池一夫伝説, 洋泉社, .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-4862488497 外部リンク[編集]
小池一夫公式ブログ
小池一夫キャラクターマン講座(旧・公式ブログ) – ウェイバックマシン
小池一夫作品リスト – ウェイバックマシン

小池一夫 (kazuo.koike.9674) – Facebook
表話編歴NHK紅白歌合戦審査員第1回
春日由三
吉本明光第2回
中山晋平第3回
春日由三
吉川義雄第4回
春日由三
吉川義雄
川村専一
狩野近雄
河上英一
笹本恭彦
明瀬裕
池田太郎
牧定忠第5回
春日由三
吉川義雄
渋沢秀雄
横山隆一
西崎緑
貝谷八百子
田付辰子
メイ牛山第6回
春日由三
吉川義雄
岩田専太郎
勅使河原蒼風
千代の山雅信
小山いと子
吉村公三郎
市川翠穂
マヤ片岡第7回
春日由三
吉川義雄
三國連太郎
小西得郎
栃錦清隆
青木茂高
河上牧子
水木洋子
坂西志保
田村佐紀子
吾妻徳穂第8回
吉川義雄
田中角栄
菊田一夫
若乃花勝治
金田正一
奥むめお
森田たま
細川ちか子
近藤百合子第9回
吉川義雄
横山泰三
水原茂
稲垣浩
朝汐太郎
沢田美喜
杉村春子
戸川エマ
赤堀全子第10回
吉川義雄
木下惠介
大宅壮一
杉浦幸雄
若羽黒朋明
長谷川春子
大濱英子
榊淑子
谷桃子第11回
吉川義雄
秋山登
唐島基智三
柏戸剛
松本幸四郎
中村汀女
田中絹代
秋山ちえ子
江上トミ第12回
長沢泰治
土門拳
高田元三郎
仲代達矢
大鵬幸喜
和田夏十
勅使河原霞
村山リウ
森光子第13回
長沢泰治
工藤昭四郎
東郷青児
森英恵
大山康晴
山内一弘
佐田の山晋松
藤間紫
岡田茉莉子
十返千鶴子
浪花千栄子第14回
長沢泰治
細川隆元
丹羽文雄
實川延若
中西太
栃ノ海晃嘉
飯田蝶子
貞閑晴
新珠三千代
花柳壽輔
佐久間良子第15回
長沢泰治
大林清
北葉山英俊
林与一
古賀忠道
春風亭柳橋
岩下志麻
司葉子
長谷川町子
林美智子
吉屋信子第16回
坂本朝一
円地文子
安達曈子
入江美樹
藤村志保
小絲源太郎
松下幸之助
ファイティング原田
緒形拳第17回
坂本朝一
樫山文枝
五代利矢子
浜美枝
山崎豊子
大佛次郎
尾上菊之助
加藤芳郎
鶴ヶ嶺昭男第18回
中山卯郎
福島慎太郎
木村秀政
西本幸雄
石坂浩二
福原美和
栗原小巻
塩月弥栄子
平岩弓枝第19回
中山卯郎
江夏豊
王馬熙純
榊原仟
鈴木俊一
曽野綾子
高田敏子
藤田弓子
三船敏郎第20回
中山卯郎
浅丘ルリ子
市川海老蔵
今井通子
大谷直子
菅野義丸
佐藤愛子
鶴岡一人
平幹二朗第21回
中道定雄
坂東玉三郎
樋口久子
小林弘
三田佳子
志村喬
武原はん
玉の海正洋
中山律子第22回
仲代達矢
小野田勇
浪花家辰造
大場政夫
宇田川竜男
堀内寿子
大山英子
村山加代子
中山きよ子
樫山文枝
山口果林
高橋信雄
山下迪子
館弘子
石田芳夫
中山紀子
井沢つま
森戸辰男
溝尾正志
花本方美
為久優子
成田知子
桑田たつ子
村上巳里
山下誠
小川善三郎
河野久枝
桑原永子
田川由紀子
佐藤太圭子
山田三智穂
大谷豊二
高橋優子
貴ノ花利彰
赤塚洋文
平内義幸
富岡雅寛
平賀輝子
中川時子第23回
加藤稔
池内淳子
中原誠
森英恵
小林桂樹
中村汀女
井上ひさし
中野貴代
神田好武
真木洋子
輪島大士第24回
高橋洋子
生沼スミエ
棟方志功
村上元三
京マチ子
サトウサンペイ
高田ユリ
尾上菊五郎
寺島純子
北の湖敏満第25回
根本良夫
橋本明治
杉村春子
尾上松緑
栗原小巻
堀江謙一
檀ふみ
魁傑將晃
新垣留美子第26回
根本良夫
尾上梅幸
高橋展子
吉永小百合
加藤剛
三林京子
大竹しのぶ
古葉竹識
三重ノ海五郎第27回
池田彌三郎
浅丘ルリ子
中村梅之助
小野清子
村上隆
堤加蓉子
カロリーナ・ピレス・ド・リオ
若三杉壽人
川上哲治第28回
川口幹夫
市川染五郎
上田利治
旭國斗雄
水島新司
川橋幸子
橋田壽賀子
新井春美
竹下景子第29回
川口幹夫
北の湖敏満
岩下志麻
植村直己
八千草薫
安奈淳
森和人
森下洋子
山本浩二第30回
加藤好雄
若山富三郎
ミヤコ蝶々
菅原文太
大原麗子
松本零士
重兼芳子
古葉竹識
多岐川裕美第31回
加藤好雄
松本幸四郎
陳舜臣
佐久間良子
木田勇
向田邦子
島田陽子
鈴木喜久子
角田好雄第32回
渡辺一雄
石毛宏典
古手川祐子
緒形拳
花井幸子
倉本昌弘
森光子
坂田栄男
高橋洋子
秋竜山
澤地久枝第33回
香川宏
生沼スミエ
玉の海梅吉
森英恵
山藤章二
池上季実子
広岡達朗
村松友視
真野響子
滝田栄
橋田壽賀子
前橋汀子
市川猿之助第34回
香川宏
三船敏郎
松本幸四郎
大原麗子
田淵幸一
樋口久子
松坂慶子
田中裕子
隆の里俊英
谷川浩司
林真理子
胡桃沢耕史
宮尾登美子
山口小夜子
役所広司第35回
菊池綜一
江上由美
釜本邦茂
名取裕子
風間杜夫
石井幹子
連城三紀彦
里中満智子
衣笠祥雄
松坂慶子
市川海老蔵第36回
遠藤利男
三田佳子
中村吉右衛門
高野悦子
小池一夫
武原はん
ジェームス三木
山口洋子
吉田義男
大地真央
北尾光司第37回
中野正之
森光子
清原和博
森下洋子
雁屋哲
黒柳朝
加藤芳郎
山崎洋子
渡辺謙
加納みゆき
千代の富士貢第38回
吉岡利夫
若尾文子
中井貴一
森瑤子
江藤俊哉
俵万智
逢坂剛
森口祐子
近藤真一
若村麻由美
北勝海信芳第39回
今西陽一郎
三田佳子
片岡孝夫
伊藤京子
森祇晶
浅野温子
安野光雅
伊勢桃代
新井満
山口智子
千代の富士貢第40回
沖清司
千代の富士貢
いしだあゆみ
ねじめ正一
小林浩美
中村勘九郎
村崎芙蓉子
西田敏行
石岡瑛子
斎藤雅樹
渡辺梓第41回
沖清司
山本陽子
中村鴈治郎
諏訪内晶子
野田秀樹
コシノジュンコ
渡辺久信
森口祐子
松岡修造
沢口靖子
真田広之第42回
小林由紀子
増井光子
山崎豊子
秋山幸二
芦原すなお
荻野アンナ
若花田勝
貴花田光司
緒形直人
鷲尾いさ子
田中好子第43回
内林達夫
有森裕子
曙太郎
古賀稔彦
富司純子
中田久美
野茂英雄
村上弘明
伊藤みどり
森光子
高橋克彦第44回
松尾武
三田佳子
米長邦雄
市川團十郎
細川直美
筒井道隆
つみきみほ
松原敏春
平瀬真由美
宮尾登美子
川淵三郎
内館牧子
田村亮子
植木等
野村克也
中丸三千繪
古田敦也
ミヤコ蝶々
曙太郎
古橋廣之進
大林素子第45回
松尾武
イチロー
赤井英和
奥野史子
岩下志麻
羽生善治
南井克巳
賀来千香子
川本ゆかり
市川崑
森光子第46回
上田洋一
古田敦也
田村亮子
天海祐希
竹中直人
原辰徳
水谷八重子
中村紘子
ジョージ川口
柳家小さん
大石芳野第47回
上田洋一
有森裕子
川口能活
江角マキコ
仰木彬
清水市代
中村橋之助
森英恵
桂米朝
大石静
周防正行第48回
大橋晴夫
井原正巳
吉永小百合
片岡仁左衛門
伊藤みどり
佐々木主浩
佐藤夕美子
本木雅弘
篠田節子
谷川浩司
吉行あぐり第49回
大橋晴夫
清水宏保
藤原紀香
琴錦功宗
中村玉緒
松平健
俵万智
ジェームス三木
服部道子
熊川哲也
浅利純子第50回
伊東律子
出島武春
松嶋菜々子
内館牧子
野村萬斎
田村亮子
津川雅彦
草笛光子
阿久悠
福嶋晃子
乙武洋匡第51回
伊東律子
田村亮子
長嶋茂雄
高橋尚子
渡辺謙
池内淳子
佐々木主浩
岡本綾
井上康生
木村佳乃
内藤國雄第52回
出田幸彦
栃東大裕
川原亜矢子
室伏広治
竹田恆和
松岡佑子
唐沢寿明
平良とみ
天海祐希
藤田宜永
森下洋子第53回
出田幸彦
朝青龍明徳
米倉涼子
市川新之助
阿川佐和子
宮本恒靖
仲間由紀恵
高橋由伸
恩田美栄
岩合光昭
岸惠子第54回
中村季恵
浅野ゆう子
五木寛之
優香
三谷幸喜
村山由佳
末續慎吾
村主章枝
武田真治
有馬稲子
星野仙一第55回
中村季恵
野口みずき
野村忠宏
橋田壽賀子
中村勘九郎
荒川静香
滝沢秀明
高島礼子
和田一浩
森光子
日野原重明第56回
琴欧州勝紀
薬師丸ひろ子
野口聡一
長澤まさみ
山田洋次
森光子
上川隆也
眞鍋かをり
林家正蔵
栗原はるみ第57回
渡辺謙
阿木燿子
リリー・フランキー
藤山直美
内野聖陽
横峯さくら
田口壮
吉田都
鎌田實
瀬戸内寂聴第58回
宮﨑あおい
上田桃子
岡島秀樹
青木功
中村勘三郎
新垣結衣
茂木健一郎
坂東眞理子
陣内智則
藤原紀香第59回
本木雅弘
吉田沙保里
太田雄貴
高橋尚子
松本幸四郎
松坂慶子
姜尚中
堀北真希
妻夫木聡
上野由岐子第60回
白鵬翔
草刈民代
阿部寛
深田恭子
原辰徳
勝間和代
城田優
杉山愛
西田敏行
森光子第61回
野口聡一
湊かなえ
岩崎夏海
寺島しのぶ
髙橋大輔
上野樹里
伊勢谷友介
仲間由紀恵
北大路欣也
武良布枝第62回
大竹しのぶ
田中将大
コシノジュンコ
三谷幸喜
鈴木京香
佐々木則夫
鈴木明子
松山ケンイチ
松井冬子
琴奨菊和弘第63回
綾瀬はるか
尾木直樹
澤穂希
中村勘九郎
樹木希林
桂文枝
吉田沙保里
入江陵介
菅野よう子
日馬富士公平第64回
田中将大
滝川クリステル
宮藤官九郎
宮本信子
杉良太郎
風吹ジュン
岡田准一

片岡愛之助
阿川佐和子第65回
中園ミホ
尾上松也
蜷川実花
山中伸弥
井上真央
阿部寛
仲間由紀恵
タモリ
黒柳徹子第66回
羽生結弦
堺雅人
長澤まさみ
大泉洋
土屋太鳳
三宅宏実
上橋菜穂子
所ジョージ
有村架純
又吉直樹第67回
高畑充希
辻沙絵
草刈正雄
新垣結衣
大谷翔平
萩野公介
伊調馨
秋本治
春風亭昇太
村田沙耶香第68回
村田諒太
村上茉愛
加藤一二三
吉岡里帆
高橋一生
宮本信子
鈴木亮平
林真理子第69回
阿部サダヲ
安藤サクラ
池江璃花子
小平奈緒
佐藤健
出川哲朗
永野芽郁
中村勘九郎
夏井いつき
野村萬斎
長谷部誠第70回
井上尚弥
上沼恵美子
サンドウィッチマン
渋野日向子
瀬戸大也
田中圭
戸田恵梨香
中西麻耶
長谷川博己
広瀬すず
吉野彰第71回
黒柳徹子
サンドウィッチマン
杉咲花
染谷将太
チコちゃん
宮崎美子
宮本亞門
室伏広治
吉沢亮第72回
石川佳純
清原果耶
小池栄子
坂口健太郎
谷真海
三谷幸喜
典拠管理
BNE: XX1085789
BNF: cb13896080r (データ)
CANTIC: a11276319
CINII: DA0797773X
FAST: 255832
GND: 131733087
ISNI: 0000 0001 1085 6302
LCCN: n88273633
MBA: 1f9db7ea-a12b-4c30-a896-f02d1a95b9f3
NDL: 00034191
NKC: pna2007389356
NLK: KAC200003351
NTA: 073617695
PLWABN: 9810555827805606
SNAC: w66d6jq4
SUDOC: 078530962
VIAF: 117173364
WorldCat Identities: lccn-n88273633

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=小池一夫&oldid=91290208」から取得
カテゴリ: 加筆依頼小池一夫日本の漫画原作者日本のマンガ・アニメ教育者日本のキャラクターデザイナー日本の脚本家日本のテレビの脚本家日本の映画の脚本家さいとう・プロダクションの人物大阪芸術大学の教員神奈川工科大学の教員日本の作詞家アニメ音楽の作詞家日本の農林官僚21世紀日本の実業家日本の編集者日本のゴルフに関する人物アイズナー賞殿堂入りの人物法学士取得者中央大学出身の人物秋田県立秋田高等学校出身の人物秋田県出身の人物1936年生2019年没隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ出典を必要とする節のある記事/2010年7月-12月BNE識別子が指定されている記事BNF識別子が指定されている記事CANTIC識別子が指定されている記事CINII識別子が指定されている記事FAST識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事MusicBrainz識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事NLK識別子が指定されている記事NTA識別子が指定されている記事PLWABN識別子が指定されている記事SNAC-ID識別子が指定されている記事SUDOC識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 1356
再生回数: 3975
[spincontent type=”j”]

Crying Freeman AMV Youtube

東映アニメーション 1988 -1994 OVA

原著 : 小池一夫

漫畫 : 池上遼一

2. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Yomiuri

Yomiuri
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4822
[spincontent type=”j”]

3. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Asahi Shimbun

朝日新聞
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: 朝日新聞で検索した [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する上記の情報が、[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 6820
[spincontent type=”j”]

4. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー The Japan Times

The Japan Times
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: ジャパン タイムズで検索した [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する記事のトップです。[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 25 18
[spincontent type=”j”]

5. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Yomiuri Shimbun

読売新聞
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する詳細情報はすでにありますか? [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1306
[spincontent type=”j”]

6. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Mainichi Shimbun

毎日新聞
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: 毎日新聞で見つけた [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する上記の情報が、[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 62 11
[spincontent type=”j”]

7. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Sankei Shimbun

産経新聞
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: 産経新聞で検索した [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する記事のトップです。[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8504
[spincontent type=”j”]

8. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6920
[spincontent type=”j”]

9. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Chunichi Shimbun

中日新聞
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: 中日新聞で検索した [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する上記の情報が、[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7709
[spincontent type=”j”]

10. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Tokyo Shimbun

東京新聞
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1108
[spincontent type=”j”]

11. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9337
[spincontent type=”j”]

12. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: 日刊工業新聞で見つけた [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する上記の情報が、[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8301
[spincontent type=”j”]

13. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Ainu Times

アイヌタイムス
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: アイヌ タイムズで検索した [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する記事のトップです。[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 5724
[spincontent type=”j”]

14. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する詳細情報はすでにありますか? [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 1224
[spincontent type=”j”]

15. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Chiba Nippo

千葉日報
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: 千葉日報で検索した [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する上記の情報が、[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3791
[spincontent type=”j”]

16. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Chugoku Shimbun

中国新聞
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: 中国新聞で検索した [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する記事のトップです。[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8874
[spincontent type=”j”]

17. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー Daily Tohoku

デイリー東北
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5406
[spincontent type=”j”]

18. [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

説明: イースタン クロニクルで検索した [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する上記の情報が、[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2393
[spincontent type=”j”]

[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー に関する質問

[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー

[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー
方法[伊賀和洋×小池 一夫] レイザー
チュートリアル [伊賀和洋×小池 一夫] レイザー
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: