あなたは 企業 の 社会 的 責任 3 つ について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 企業 の 社会 的 責任 3 つ を共有します。 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

企業 の 社会 的 責任 3 つ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

「CSR」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「CSR (曖昧さ回避)」をご覧ください。

企業の社会的責任(きぎょうのしゃかいてきせきにん、英: Corporate Social
Responsibility; CSR)とは、企業が倫理的観点から事業活動を通じて、自主的(ボランタリー)に社会に貢献する責任のことである。

概要[編集]
CSRは企業が利潤を追求するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任をもち、あらゆるステークホルダー(利害関係者:消費者、投資家等、及び社会全体)からの要求に対して、適切な意思決定をする責任を指す。CSRは、企業経営の根幹において、企業の自発的活動として、企業自らの永続性を実現し、また、持続可能な未来を社会とともに築いていく活動である[1][2]。企業の行動は利潤追求だけでなく多岐にわたるため、企業市民という考え方もCSRの一環として主張されている[3]。
貢献度の指標としては功利主義的な社会的投資利益率(SROI)が挙げられる。数値指標はピグー税に議論されるような検証不可能性という問題が残る。
そこで、無責任な企業を発見し淘汰する消費者世論の社会的責任[4]、あるいは市民の社会的責任[5](いずれも略称は同じくCSR)が必要不可欠と考えられている。社会的責任投資(SRI)はより直接的に評価する。国際標準化機構(ISO)では、対象が企業に限らないという見地から、社会的責任[6]の呼称で国際規格 ISO 26000 を2010年11月に策定した。日本語にも翻訳され、JIS規格では JIS Z 26000 「社会的責任に関する手引」として2012年3月に制定された[7]。これについては2001年からの経緯を後述する。
最も基本的なCSR活動として挙げられるのは、企業活動について、利害関係者に対して説明責任を果たすことであるとされる。インベスター・リレーションズ (IR)は代表例である。環境問題に対する企業の責任が唱えられたのをきっかけに、様々なステークホルダーに対する責任が問題とされるようになった。環境(対社会)はもちろん、労働安全衛生・人権(対従業員)、雇用創出(対地域)、品質(対消費者)、取引先への配慮(対顧客・外注)など、幅広い分野に拡大している。国連では、このうちの「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」に関する10原則をグローバル・コンパクトとして提唱し、世界中の企業・団体に参加を呼びかけている。
CSRは、同族企業の多いドイツ帝国で生まれた考え方である。ワイマール憲法の第153条第3項には、所有権の社会的責任が規定され、企業のそれを基礎づけた。なお、ドイツの同族企業には100%支配でINA、ベーリンガーインゲルハイム、カール・ツァイス、フォイト、ミーレ、ヘラーなどがある。100%に近いものでロバート・ボッシュ、7割支配ではダルムシュタットのメルクがある。所有者一族が多国籍のものではドドゥコ・グループがある。
フランスも、シュナイダーエレクトリック・ミシュラン・ダッソーを代表とする同族企業が多く、ノブリス・オブリージュという考え方がある。21世紀に入ってからは、エンロン・ワールドコム等の重大な企業の不正行為が起こり、企業の社会的責任が一層強く意識されることとなった。
会社法において、株式会社につき、CSRをどのように扱うべきかについては議論がある。経営者は、法令の範囲内において株主の利潤を最大化すべき、という(少なくとも法学の世界においては)伝統的な考え方に対して、経営者がCSRを考慮することを積極的に認める見解がある。後者は、現代社会におけるCSRの重要性をその根拠とするものであるが、前者の立場からはCSRの名の下に経営者の権限濫用を許しかねない等の批判がある。もっとも、前者の見解はCSRを全く無視すべきというのではなく、あくまで株主の利潤の最大化の手段として考えるべきこととなる。
似たような概念にとして、企業による社会貢献活動・フィランソロピー・メセナがあるが、利益の一部を寄付することで社会的責任を果たすことができるわけではないので、これらは社会的責任とは区別して考えるべきものである。

CSRの多様性[編集]
CSRは地域、国家、企業により発展の仕方が異なる。アメリカでは、利害関係者に対して説明責任を果たし、会社の財務状況や経営の透明性を高めるなど、適切な企業統治とコンプライアンス(法令遵守)を実施し、「リスクマネジメント」、「内部統制」を徹底する。ヨーロッパでは、企業の未来への投資の一環として持続可能な社会を実現するため、環境や労働問題などについて企業が自主的に取り組む。
これらの活動は相互補完的である。適切な企業統治や法令遵守を実施することなしに、環境や労働問題の改善を図ろうとすることはしばしば企業の永続性の問題を生じさせるであろうし、自社の利害関係者に対して説明責任を果たしていく過程においては、環境や労働問題の改善を図る活動を求められることもでてくることになろう。1986年にコー円卓会議が設立され、日米欧三極圏で企業の社会的責任を具体化する大事業を計画するようになった。

ヨーロッパ[編集]
ヨーロッパにおいては、消費者に対するイメージ向上を狙い、顧客誘引力を上げようという考えによって行われる活動はCSRとして評価されていない[8]。ヨーロッパにおけるCSRとは社会的な存在としての企業が、企業の存続に必要不可欠な社会の持続的発展に対して必要なコストを払い、未来に対する投資として必要な活動を行うことである。時として、これはアメリカ型の市場中心主義へのアンチテーゼとして語られることもあるが、EUが主導的に様々な基準を整備していることや、環境、労働等に対する市民の意識が高いこともあり総じて企業としてCSRに対する取り組みは包括的で、企業活動の根幹として根付いている。これに対して近年EUに加盟したり、しようとしている東欧諸国などにおいてはCSRはしばしばEU水準の企業統治の実現や法令順守の問題として理解されている[9]。

アメリカ[編集]
アメリカでは、1990年代の後半から、企業は利益を追求するだけでなく、法律の遵守、環境への配慮、コミュニティーへの貢献などが求められ、CSRが問われるようになり、2000年代になると企業改革・更生法ともいえるサーベンス・オクスリー法(SOX法、上場企業会計改革および投資家保護法)が成立されていくなど、企業に対する社会的責任を法律で定めていくというような法的整備・拘束等が進められていくようになった。また、そのような法的整備と企業の社会環境が整えられ、変わっていくと同時に、労働者の人権の保護に関しても、国際的に関心が高まるようになった。その背景には、企業活動がグローバル化し、先進国の多国籍企業が発展途上国の労働者を雇うケースが増え、さまざまな問題が発生したことがある。その為、アメリカ政府は、企業が起こすこれらの諸問題に対応していく為、様々な対策を講じていく事となった。
アメリカ企業においては、企業が株主のものであるとする考え方が徹底されており、一般の市民も多い株主への説明責任という観点から、企業のCSRへの理解、認識は歴史的に深い。しかしながら、ワールドコム、エンロンの事件にみられるように、しばしば企業の社会的責任についての考え方は企業収益と企業価値の向上(株式総額の向上)への指向によって歪められてしまうことも多い。
このためアメリカでは米国企業改革法等を通じて、企業経営者に各ステークホルダーに対する説明責任の徹底を求め、米国証券取引委員会 (SEC) 等がこの実現に目を光らせることとなった。

日本[編集]
日本では1970年代から企業の社会的責任ということばが使われていた。しかしながら、一般に日本企業がCSRに期待するものは、「企業の持続的発展」であり、そのため、しばしば企業の社会的責任は企業の社会的貢献や企業イメージの向上を図る慈善活動のように考えられ、このため企業収益を実現した後の活動のみを指すものと誤解された[10]。
また、企業活動における利益実現が主の目標でCSRは従と考えている企業経営者はいまだ多く、利益幅の小さな企業におけるCSRの活動の取り組みはあまり進んでいない[11][12]。近年特に企業不祥事とそれに対する企業統治の実現や法令順守の問題の文脈でCSRが語られることが多く、こうした状況は前述の東欧諸国などの企業の状況と相通じるものがある[9][11]。経済団体などではCSRの普及に努めており、一定の成果をみせているものの[13][1]特に日本の企業において圧倒的に多い中小企業の意識の変化には時間がかかると思われるが、否応でも取り組まざるを得ない課題となっている。
これまでCSRの活動内容には『社会に対する利益還元』として「法令厳守」「商品・サービスの提供」「地球環境の保護」等々、商品や環境に対する事項が挙げられていたが、近年では「従業員のあり方(資質・技能・能力)」も含まれ始めており、「従業員自体の品質向上」に向けて対策を取る企業もある。これは、「従業員が起した問題は企業の責任」と云う考え方がベースにあり、加えては、サプライチェーンやステークホルダーまでに損失の影響を及ぼしかねないと云う危惧からでもある。なお、調和を尊ぶ日本社会においてCSRは、古来より、企業の持続的発展の観点から、経験的に会得され、実践されており、江戸時代の学者石田梅岩の記述[14]や、三井家[15]、住友家[16]、近江商人[17]などの江戸時代の商人に代々引き継がれた家訓などを例として、商工業の底流にCSRに通じる考え方を見ることができる[18]。

ISOの制定[編集]
国際連合や国際標準化機構(ISO)では、上述の多様性を前提として国際的なガイドラインが策定されている。
社会的責任に関する国際規格は、規格番号 ISO 26000 として 2010年11月に発行された[19]。他の管理規格(ISO 9001、ISO 14001 など)のように要求をするものではなく、あくまでガイドである。
2001年4月、ISOの理事会においてCSR規格の可能性を決議した。翌年から消費者政策委員会(COPOLCO)内で検討がなされ、CSRの規格化は望ましく、ISO9000系及びISO 14000系を基にして規格化が可能だという見解を取りまとめた調査報告書が提出された。2002年9月、これを受けた技術管理評議会(TMB)内で規格化に関して作業が始まるが、多岐に渡るため難航した。審査登録制度(認証)を伴わないガイダンス用の規格案として提出され、世界自然保護基金の異論も添付された。ISOでは、社会的責任を負うのは企業および組織だけではないという議論を経て、2003年2月からは社会的責任[20]の呼称で策定が続けられていた[21]。
社会的責任の中核主題及び課題として、組織統治[22]・人権[23]・労働慣行[24]・環境[25]・公正な事業慣行[26]・消費者課題[27]・コミュニティ参画及び開発[28]の7つが挙げられており、いわゆる社会貢献活動(寄付、ボランティア活動など)は含まれていない。

脚注[編集]
[脚注の使い方]
^ a b 「特集 – CSRの観点から問い直す市場の役割と責任」 (PDF) 『経済同友』2006年、3月号、経済同友会

^ CSRは法令遵守そのものや企業倫理、PR活動やCI活動とは峻別される。

^ 企業行動憲章 – 経団連

^ 英: consumer social responsibility

^ 英: citizen social responsibility

^ 英: social responsibility、略称:SR。

^ JIS Z 26000 – 社会的責任に関する手引

^ 企業の社会的責任-欧州調査報告、アンケート調査結果- – 提言・意見書 2003年02月04日 経済同友会

^ a b 佐久間京子
「欧州レポート(15) EU各国で進むCSRの取り組みの現状と課題」 (PDF) – NIKKEI NET

^ いわゆる寄付、フィランソロピー、メセナと誤解・誤訳されることもある。これらはステークホルダーとの協業や共同参画を欠いている。実際、多くの大企業では、これら3つを担当していた部署が、そのままCSRを冠する部署になったケースが多い。

^ a b 日本企業のCSR:進捗と展望-自己評価レポート2006 (PDF) – 提言・意見書 2006年05月23日 経済同友会

^ 「企業の社会的責任 (CSR)」についてのアンケート調査 – 東京商工会議所

^ 廣瀬博「CSRを日本企業の「強み」にする」 (PDF) – 『経済Trend』2004年、11月号、60-61頁、日本経団連

^ 「二重の利を取り、甘き毒を喰ひ、自死するやうなこと多かるべし」「実の商人は、先も立、我も立つことを思うなり」

^ 「多くをむさぼると紛糾のもととなる」「不心得の一族は協議し、処分せよ」(宗竺遺書)

^ 「職務に由り自己の利益を図るべからず」「名誉を害し、信用を傷付くるの挙動あるべからず」「廉恥を重んじ、貪汚(どんお)の所為あるべからず」「我営業は信用を重じ、確実を旨とし、以て一家の鞏固隆盛を期す」

^ 「三方(売り手・買い手・世間)よし」

^ 「企業の社会的責任(CSR)に関する懇談会」中間報告書 (PDF) – 6-7頁、2004年9月、経済産業省

^ ISO 26000 – Social responsibility

^ 英: social responsibility、略称:SR。

^ ISO/SR国内委員会 – 経緯年表

^ 英: organizational governance

^ 英: human rights

^ 英: labour practices

^ 英: the environment

^ 英: fair operating practices

^ 英: consumer issues

^ 英: community involvement and development

関連項目[編集]

SA 8000
社会的企業
ソーシャルビジネス
ファンドレイジング
社会的責任投資
道徳再武装
開発経済学
持続可能な開発目標
再生可能エネルギー
共有価値の創造
国連グローバル・コンパクト
国際標準化機構(ISO)
人権
ステークホルダー
総合科学、学際
メセナ
國部克彦
水口剛 (会計学者)
日本経営学会
外部リンク[編集]
企業の社会的責任 (CSR) – 日本経済団体連合会
CSR図書館.net:CSR報告書の検索・閲覧サイト
エコほっとライン:CSRレポート請求サイト
サステナビリティのその先へ:CSR関連ブログ
情報ガバナンス研究室
エシカルは、日本の未来。 | 一般社団法人 日本環境ビジネス推進機構表話編歴公害典型七公害
騒音

拡声器
メガホン
防災無線
市町村防災行政無線
街宣車(選挙カー)
移動販売
廃品回収
ちり紙交換
青色防犯パトロール
暴走族
道路族
航空機
飛行機
高速道路
遮音壁
防音壁
トンネル微気圧波
低周波音
風力発電規制法
騒音規制法
航空法
耐空証明
騒音基準適合証明書
特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法
公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律
防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律
国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律
拡声機暴騒音規制条例その他
騒音計
耳栓
音の大きさ(ラウドネス)
わずらわしさ(アノイアンス)
加重等価平均感覚騒音レベル(WECPNL)
ホン
A特性
等ラウドネス曲線
水質汚濁

水質汚染
底質汚染
ヘドロ
海洋投棄(海洋投入)
海洋汚染
富栄養化
赤潮
熱汚染
排水
生活排水
工場排水
屎尿
し尿処理施設
公共用水域
雪面安定剤
水処理規制法
水質汚濁防止法
海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律
大気汚染


黒煙
不完全燃焼
煙突
煙害
木質燃料
木質バイオマス

薪ストーブ
暖炉
バイオマス発電
木質ペレット
パーム油
野焼き
籾殻燻炭
炭焼き
焼却炉
清掃工場
化石燃料
石油コンビナート
四日市コンビナート
酸性雨
脱硫
自動車
排出ガス
排気ガス
排気ガス処理
有鉛ガソリン
ディーゼルエンジン
ディーゼル自動車
ディーゼル排気微粒子
マフラー
触媒ストレート
渋滞
アイドリングストップ
スモッグ
光化学スモッグ
光化学オキシダント
スパイクタイヤ規制法
大気汚染防止法
特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律
自動車から排出される窒素酸化物及び粒子状物質の特定地域における総量の削減等に関する特別措置法
ディーゼル車規制条例
重量車燃費基準
自動車排出ガス規制
平成17年排出ガス規制 (ディーゼル車)その他
空気質
空気質指数
室内空気質
換気
大気汚染モニタリング
大気汚染注意報
サーマルオキシダイザー
尿素SCRシステム
低公害車
低排出ガス車認定制度
マイカー規制
ロードプライシング
ノーカーデー
カーフリーデー
空気清浄機
地盤沈下

地下水
灌漑
過剰揚水
水利権
地震
液状化現象
伊勢湾台風規制法
工業用水法
建築物用地下水の採取の規制に関する法律
土壌汚染

地下水汚染
硫酸ピッチ
不正軽油
ブラウンフィールド
放射性物質
不法投棄
廃棄物固形燃料(RDF)
油汚染
不適正保管規制法
土壌汚染対策法
農用地の土壌の汚染防止等に関する法律
特定産業廃棄物に起因する支障の除去等に関する特別措置法
振動

工場
工事
道路
幹線
鉄道規制法
振動規制法
悪臭

臭気指数
特定悪臭物質
香害
香料
フレグランス
香水
ヘアトニック
脱臭規制法
悪臭防止法

公害事件
四大公害事件
イタイイタイ病
四日市ぜんそく
水俣病
新潟水俣病その他公害事件
川崎公害
本州製紙事件
尼崎公害
足尾鉱毒事件
別子銅山公害
安中公害訴訟
大阪アルカリ事件
六価クロム事件
田子の浦港ヘドロ公害
豊島事件
岩手-青森県境大規模不法投棄事件
縣南衛生
三栄化学工業
東京の大気汚染公害
土呂久砒素公害
西淀川公害訴訟
薬害エイズ事件
アスベスト問題
クボタショック
東海村JCO臨界事故
福島第一原子力発電所事故
引地川ダイオキシン汚染事件
カネミ油症事件
セベソ事故
エイジアンレアアース事件
ユニオンカーバイド・ボパール化学工場事故
ホークス・ネストトンネル災害
ロンドンスモッグ
ドノラスモッグ
ドノラ事件
東南アジアにおける越境大気汚染
トレイル溶鉱所事件
成田空港問題
大阪空港訴訟
名古屋新幹線訴訟
普天間基地移設問題
新河岸川産業廃棄物処理対策
羽田空港新飛行経路 (南風運用)
牛込柳町鉛中毒事件
富士川水系の汚泥投棄
新宮奇病
東京都清掃センター水銀排ガス事件
アグボグブロシー公害に関する事件
川崎協同病院事件
防災無線差し止め訴訟
ピアノ騒音殺人事件
汚染物質
重金属
カドミウム

六価クロム
ヒ素
水銀
メチル水銀
ジメチル水銀ガス、粉塵
ばい煙
すす
粒子状物質
PM2.5
結晶性シリカ
金属ヒューム
亜硫酸ガス
硫黄酸化物
窒素酸化物
揮発性有機化合物
VOCs
多環芳香族炭化水素
PAHs
ダイオキシン
有機溶媒
ポリ塩化ビフェニル
PCB
アクリルアミド
行政組織
環境省
環境再生保全機構
公害等調整委員会
国立環境研究所
空港周辺整備機構法律
日本の環境と環境政策
環境法令一覧
公害対策基本法
公害紛争処理法
人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律
公害健康被害の補償等に関する法律
公害防止事業費事業者負担法
環境基本法
環境基準
ダイオキシン類対策特別措置法
ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特別措置法)
廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)
特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律
PRTR制度
環境基本条例
国際環境法
特定工場における公害防止組織の整備に関する法律
公害防止管理者
循環型社会形成推進基本法その他関連概念
環境汚染
環境権
公衆衛生
企業犯罪
企業の社会的責任
CSR
有害物質
安全データシート
汚染者負担原則
排出者責任
拡大生産者責任
無過失責任
廃棄物
産業廃棄物
ごみ問題
高度経済成長
公害列島
煙の都
公害国会
公害病
公害対策
市場の失敗
外部性
社会的費用
ステークホルダー
公害輸出
電気電子機器廃棄物(E-waste)
越境汚染
バーゼル条約
RoHS指令
WEEE指令
水銀に関する水俣条約
工場
工業地域
工業団地
環境アセスメント
環境装置
環境的レイシズム
NIMBY
LULU (土地利用)
環境ラベリング制度
グリーンウォッシング
観光公害(オーバーツーリズム)
表話編歴企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility)ステークホルダー

機関投資家(投資家)
株主
消費者
顧客
取引先
地域社会
地域コミュニティ
NPO
NGO
従業員(社員)
政府
行政機関(行政)
企業統治

社会的責任投資 (SRI)
責任投資原則
スチュワードシップ・コード
インベスター・リレーションズ (IR,投資家向け広報)
株主総会
企業情報
コーポレート・ガバナンス報告書
企業倫理
コンプライアンス
COSO
ISO 37001(英語版)
リスクマネジメント
事業継続マネジメント (BCM)
事業継続計画 (BCP)
情報セキュリティポリシー
社会貢献

フィランソロピー
ボランティア
メセナ
企業博物館
プロボノ
寄付
協働
企業市民
品質

資源
サプライチェーン・マネジメント
調達 ・ グリーン購入
バリュー・チェーン
生産技術
ISO 9000
労働慣行

労働安全衛生
SA 8000
児童労働
人権
国連グローバル・コンパクト
ダイバーシティ・マネジメント
LGBT
ワーク・ライフ・バランス
過労死
フェアトレード
表話編歴雇用雇用関係
基本概念
労働法
労働基本権
労働組合法
労働関係調整法
労働基準法
労働安全衛生法
最低賃金法
雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律
パートタイム労働法
個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律
労働に関する法令の一覧 (日本)
賃労働雇用形態
日本型雇用システム
常勤(フルタイム)
非常勤(パートタイム/短時間労働者)
正社員と非正規雇用
労働者派遣事業
嘱託制度/嘱託社員
有期労働契約(契約社員/アルバイト/日雇い/期間工)
期間の定めのない労働契約(正規雇用)
試用期間
フリーター
ノマドワーカー
テレワーク
在宅ワーク (在宅勤務)
クラウドソーシング
内職
徒弟就職活動
求職
内定
インターンシップ
コーオプ教育
ワークプレイスメント
就職試験
履歴書
職務記述書
職務経歴書
ジョブ・カード制度
入社試験
面接
エントリーシート
新卒一括採用
不完全雇用
アルムナイ採用労働契約
労働契約法
使用者(雇用主)
労働者(従業員)
就業規則
雇用契約書と労働条件通知書
終身雇用
ブラック企業労働時間と休み
勤務シフト
八時間労働制と週35時間労働制
深夜業
変形労働時間制/フレックスタイム制
みなし労働時間制
時間外労働
休憩時間
休日(週休/労働基準法による休日)
休暇・休業(年次有給休暇など)
当直賃金処遇
同一労働同一賃金
男女同一賃金
最低賃金
職務給
給与
固定給と歩合(インセンティブ)
ワーキングプア
平均賃金
賞与
福利厚生(企業年金/確定拠出年金)
年功序列
人事異動被用者保険(社会保険)
健康保険(健康保険組合/全国健康保険協会)
日雇健康保険
共済組合
船員保険
国民健康保険
傷病手当金
厚生年金
雇用保険安全衛生労災補償
産業医学
健康診断
安全衛生教育
安全管理者
衛生管理者
労働者災害補償保険
労働災害(殉職)
過労死
人間工学
職業病
職業外傷
ワーク・ライフ・バランス
産業精神保健
企業内カウンセラー
従業員支援プログラム懲戒
懲戒処分
分限処分
休職
重処分
減給雇用終了
解雇
レイオフ/整理解雇/集団的解雇
懲戒解雇/免職
会社都合退職
リストラ
退職強要
退職勧奨
不当解雇
自己都合退職/引退
雇い止め/定年退職
早期優遇退職
退職手当法定帳簿
労働者名簿
賃金台帳
出勤簿労働意欲
怠惰
シュガー社員
仕事中毒
企業戦士
社畜
フリーライダー
社内ニート
窓際族
社内失業
働かないおじさん
労働政策
雇用保護規制
厚生労働省
都道府県労働局
労働基準監督署
公共職業安定所
労働ビッグバン
ワークシェアリング
フレキシキュリティ
アファーマティブ・アクション
雇用調整助成金
労働移動支援助成金
中途採用等支援助成金
キャリアアップ助成金
トライアル雇用助成金
特定求職者雇用開発助成金労働市場
労働市場
職業紹介事業
都道府県雇用開発協会
管理職人材スカウト
求人広告
求人情報誌
キャリア・コンサルタント失業
就職難
若年失業 (就職氷河期)
就業意欲喪失者
失業給付/日雇労働求職者給付金
職業訓練
職業訓練施設
公共職業能力開発施設
職業能力開発校
職業能力開発促進センター
職業能力開発大学校
職業能力開発短期大学校
障害者職業能力開発校法律
職業能力開発促進法
高齢・障害・求職者雇用支援機構法
雇用保険法制度
普通職業訓練
高度職業訓練
指導員訓練
離職者訓練
在職者訓練
OJT
デュアルシステム
委託訓練資格
職業訓練指導員免許
技能照査(技能士補)
技能検定(技能士)
キャリア段位海外の制度
マイスター
国家資格フレームワーク
全国職業資格
継続教育 (イギリス)
ロンドン・シティ・ギルド協会
職業適性証
豪州資格フレームワーク
技術・継続教育
上級技術者免状
欧州職業訓練開発センター
ポリテクニック

環境

表話編歴地球温暖化と気候変動経過
地球気候史
氷河時代 / 最終氷期 / ヤンガードリアス
完新世温暖期
ネオグラシエーション / 中世温暖期
小氷期 / ハイエイタス
過去の気温変化 …その他問題の経過
地球寒冷化
世界気候会議
スターン報告
IPCC第4次評価報告書
近年の地球温暖化対策
原因
要因とメカニズム
温室効果
温室効果ガス
太陽放射
太陽変動
日傘効果
エアロゾル
アルベド
炭素収支(吸収源 • 森林破壊)
海洋循環
大気循環
大気変動
ヒートアイランド
軌道要素変動
地殻変動 …その他考え方
放射強制力
気候感度
気候因子気候モデル
GCM

影響
大気圏
気温上昇
氷河融解
異常気象の増加・極端化
気候の変化水圏
海面上昇
海洋酸性化
熱塩循環の停止 …その他
対策
緩和策
低炭素社会
脱炭素社会
オフセット
ニュートラル
省エネルギー
再生可能エネルギーの利用
環境税
吸収源活動
排出取引
クリーン開発メカニズム
共同実施
二酸化炭素貯留
カテゴリ
温暖化関連政策
温暖化防止活動 …その他)適応策
気候変動適応策 

枠組み
パリ協定
IPCC
持続可能な開発目標(SDGs)
京都議定書
ポスト京都
気候変動枠組条約
APP
ECCP欧州気候変動プログラム
IUGG
IGU
地球地図
仙台防災枠組
気候非常事態宣言
C40都市気候リーダーシップグループ
カテゴリ(…その他)
議論
懐疑論
暴走温室効果
スベンスマルク効果
ホッケースティック論争
クライメイトゲート事件
カテゴリ: 気候変動 • 地球温暖化

表話編歴環境問題 環境問題の基礎
概念
自然環境
環境負荷
環境保護
自然と人間の共生
環境に及ぼす人類の影響
人新世
プラネタリー・バウンダリー(地球の限界)
グレート・アクセラレーション環境倫理学
地球有限主義
世代間倫理
自然の生存権
ガイア理論
エコロジー
クオリティ・オブ・ライフ
公害
環境保護主義
持続可能性責任と権利
企業の環境責任(英語版)
汚染者負担原則
排出者責任
拡大生産者責任
社会的費用
環境政策
環境権対策
外部性
経済的手法
科学的方法
予防原則/予防的取組
マネジメント
アセスメント
LCA
環境モニタリング(英語版)

基準
技術
会計
ラベリング制度

運動
地球工学緑の党
環境政党
緑の政治
グローバルグリーンズ
緑の保守主義環境学
工学
生物工学
科学
化学
経済学
環境史(英語版)
心理学
社会学
人文学
 人類と環境の歴史
環境問題の歴史
アメリカ国立公園(1872)
ナショナル・トラスト(1895)
ロンドンスモッグ(’52)
四大公害病(’55頃)
沈黙の春(’62)
宇宙船地球号(’63, ’66)
地球の出 (’68) (ザ・ブルー・マーブル (’72) )
コモンズの悲劇(’68)
大気浄化法(’70)
成長の限界(’72)
ディープエコロジー(’73)
われら共有の未来(’87)(英語版)国際合意・声明
ストックホルム会議(’72)
人間環境宣言
汚染者支払原則(’72)
ロンドン条約(’72, ’96)
ワシントン条約(’73)
マルポール条約(’73, ’78)
ラムサール条約(’75)
ボン条約(’79)
世界自然憲章(’82)(英語版)
ブルントラント委員会(’83)(英語版)
TRI(’86)
PRTR制度
モントリオール議定書(’87)
バーゼル条約(’89)
地球サミット(’92)
リオ宣言
アジェンダ21
森林原則声明
気候変動枠組条約
生物多様性条約
国際人口開発会議(’94)(英語版)
砂漠化対処条約 (’94)
京都議定書(’97)
オーフス条約(’98)
ミレニアム宣言(’00)
カルタヘナ議定書(’00)
ELV指令(’00)
グローバルグリーンズ憲章(’01)
ストックホルム条約(’01)
地球サミット(’02)
ヨハネスブルグ宣言(英語版)
RoHS/WEEE指令(’03)
バラスト水管理条約(’04)
ミレニアム生態系評価(’05)
REACH(’06)
パリ協定(’15)
 環境問題の一覧と概要
水質汚染
水質汚染
海洋汚染
地下水汚染
底質汚染
富栄養化
貧酸素水塊
赤潮
青潮
アオコ
デッドゾーン
貧酸素水塊
太平洋ゴミベルト大気汚染
スモッグ
光化学スモッグ
煙霧
煙害
酸性雨
オゾンホール土地の問題
土壌汚染
土壌流出
地盤沈下
塩害
砂漠化
森林破壊
磯焼け生活環境問題
騒音
低周波騒音
トンネル微気圧波
振動
悪臭
電磁波
光害
日照阻害ごみ・廃棄物
ごみ問題
不法投棄
ポイ捨て
漂流・漂着ごみ
放射性廃棄物
循環型社会気候変動
地球温暖化
地球温暖化の影響
ヒートアイランド
地球温暖化への対策生態系問題
乱獲
密漁
密猟
絶滅危惧種
外来種
獣害
虫害
鳥害
生物多様性の喪失その他
感染症
生物災害
有害物質
環境ホルモン
景観破壊
環境難民
複数領域にまたがるもの : 公害
地球環境問題
自然破壊
 持続可能な社会
理念と定義
サステイナビリティ学
持続可能性会計(英語版)
持続可能性管理(英語版)
地球憲章(英語版)
持続可能な開発
持続可能な開発のための教育
持続可能な開発のための文化
持続可能な開発目標人口
家族計画
人口爆発
人口制御消費
反消費主義
エシカル
エコロジカル・フットプリント
コモンズの悲劇食料と水
食料安全保障
持続可能な農業
持続可能な漁業
地産地消
都市園芸(英語版)
水資源
水の危機
節水エネルギーと資源
省エネルギー
再生可能エネルギー
エネルギー効率改善都市
循環型社会
再生可能資源
枯渇性資源
環境財
文化的環境生物多様性
生物安全保障(英語版)
生物圏活動・分野
文化
文化的景観
地域多様性
コンパクトシティ
農業
漁業
環境デザイン
パーマカルチャー
スローフード
ジオパーク
ツーリズム
工学
地球地図投資
企業の社会的責任(CSR)
社会的責任投資(SRI投資、ESG投資)
エコファンド(エコ投資)

Category:環境
Category:環境問題
Portal:環境

表話編歴循環型社会現状・課題
環境問題 – 人口問題 – 資源枯渇 – 廃棄物 – 最終処分場

対策の基本
3R
リデュース
リユース
リサイクル(マテリアルリサイクル – ケミカルリサイクル – サーマルリサイクル)
廃棄物の減量化指標・手法
LCA
資源生産性
循環利用率
最終処分量用語・概念
持続可能な社会
ストック型社会
東アジア循環圏
3Rイニシアティブ
バイオマス
もったいない
マイバッグ
マイ箸立法・枠組
循環型社会形成推進基本法
資源有効利用促進法・パソコンリサイクル法
容器包装リサイクル法
家電リサイクル法
小型家電リサイクル法
自動車リサイクル法
食品リサイクル法
建設リサイクル法
廃棄物処理法
環境法令一覧
WEEE指令(欧州連合指令の一つ)条 約
ロンドン条約 (1972年)
バーゼル条約

年次報告書

CSRレポート
社会環境報告書
統合報告書
環境報告書
ガイドライン

GRI(英語版)
ISO 26000(英語版)
OECD多国籍企業ガイドライン
関連項目

国際労働機関
企業評価
社会
近江商人
OHSAS (労働安全衛生マネジメントシステム)
見える化
PDCAサイクル
エシカル
ジョン・ラギー
マイケル・ポーター
学際領域
説明責任
トリプルボトムライン
表話編歴公共政策領域
農業政策
商業政策(英語版)
文化政策
軍事政策
安全保障政策
経済政策
財政政策
所得政策(英語版)
産業政策
投資政策(英語版)
金融政策
租税政策(英語版)
教育政策
エネルギー政策
環境政策
食料政策
外交政策
健康政策(英語版)
医薬品政策(英語版)
予防接種政策(英語版)
住宅政策
言語政策
科学政策(英語版)
社会政策関連項目
公共政策ドクトリン(英語版)
公共政策大学院
政策分析
政策研究
規制
各国の公共政策(英語版)

ミレニアム開発目標 (MDGs)
持続可能な開発目標 (SDGs)
典拠管理
GND: 7697760-2
J9U: 987007541850905171
LCCN: sh90005735
NDL: 00983763
NKC: ph257195

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=企業の社会的責任&oldid=89216699」から取得
カテゴリ: 社会貢献倫理学の概念ビジネス倫理学道徳協働企業企業統治経営学インベスター・リレーションズ優境学学際領域社会的責任隠しカテゴリ: 日本語版記事がリダイレクトの仮リンクを含む記事GND識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 1567
再生回数: 5534
[spincontent type=”j”]

eラーニング CSR(企業の社会的責任)の基本早わかりコース Youtube

企業を取り巻く環境が大きく変りつつある兆しのひとつとしてCSR(企業の社会的責任)への関心の高まりが挙げられます。このコースでは、ビジネスパーソンを対象に、CSRの考え方をわかりやすく説明します。利益のために社会的責任を果たすのではなく、社会的責任を果たすことが企業価値を高め、さらには利益にもつながっていくことを学びます。

※「JMAM eラーニング ライブラリ」は、
eラーニング全113コースが、インターネットで、1年間、いつでも、
受講できるサービスです。(2012年10月現在)

くわしい情報は、こちらからどうぞ!
http://www.jmam.co.jp/productservice/elearning_lib/index.html

2. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Yomiuri

Yomiuri
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 企業 の 社会 的 責任 3 つ は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6664
[spincontent type=”j”]

3. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Asahi Shimbun

朝日新聞
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 朝日新聞で検索した 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する上記の情報が、企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5982
[spincontent type=”j”]

4. 企業 の 社会 的 責任 3 つ The Japan Times

The Japan Times
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: ジャパン タイムズで検索した 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する記事のトップです。企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 2437
[spincontent type=”j”]

5. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Yomiuri Shimbun

読売新聞
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する詳細情報はすでにありますか? 企業 の 社会 的 責任 3 つ という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5701
[spincontent type=”j”]

6. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Mainichi Shimbun

毎日新聞
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 毎日新聞で見つけた 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する上記の情報が、企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 5967
[spincontent type=”j”]

7. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Sankei Shimbun

産経新聞
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 産経新聞で検索した 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する記事のトップです。企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6781
[spincontent type=”j”]

8. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 企業 の 社会 的 責任 3 つ は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4862
[spincontent type=”j”]

9. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Chunichi Shimbun

中日新聞
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 中日新聞で検索した 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する上記の情報が、企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 4848
[spincontent type=”j”]

10. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Tokyo Shimbun

東京新聞
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 70
[spincontent type=”j”]

11. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 企業 の 社会 的 責任 3 つ は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 38 18
[spincontent type=”j”]

12. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 日刊工業新聞で見つけた 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する上記の情報が、企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 9434
[spincontent type=”j”]

13. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Ainu Times

アイヌタイムス
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: アイヌ タイムズで検索した 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する記事のトップです。企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9150
[spincontent type=”j”]

14. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する詳細情報はすでにありますか? 企業 の 社会 的 責任 3 つ という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 7146
[spincontent type=”j”]

15. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Chiba Nippo

千葉日報
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 千葉日報で検索した 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する上記の情報が、企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 9174
[spincontent type=”j”]

16. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Chugoku Shimbun

中国新聞
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 中国新聞で検索した 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する記事のトップです。企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 3698
[spincontent type=”j”]

17. 企業 の 社会 的 責任 3 つ Daily Tohoku

デイリー東北
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 企業 の 社会 的 責任 3 つ はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3928
[spincontent type=”j”]

18. 企業 の 社会 的 責任 3 つ The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
企業 の 社会 的 責任 3 つ

説明: イースタン クロニクルで検索した 企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する上記の情報が、企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 4649
[spincontent type=”j”]

企業 の 社会 的 責任 3 つ に関する質問

企業 の 社会 的 責任 3 つ についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 企業 の 社会 的 責任 3 つ は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 企業 の 社会 的 責任 3 つ が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 企業 の 社会 的 責任 3 つ

企業 の 社会 的 責任 3 つ
方法企業 の 社会 的 責任 3 つ
チュートリアル 企業 の 社会 的 責任 3 つ
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: