あなたは 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? を共有します。 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

Page Contents

仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森下仁丹株式会社Morishita Jintan Co.,Ltd.
本社種類
株式会社機関設計
監査等委員会設置会社[1]市場情報
東証スタンダード 45241961年10月2日上場
略称
仁丹本社所在地
日本〒540-8566大阪府大阪市中央区玉造一丁目2番40号設立
1936年(昭和11年)11月28日(創業:1893年(明治26年)2月11日)業種
医薬品法人番号
8120001077571事業内容
保健関連商品の製造販売保健関連のサービス提供代表者
森下雄司(代表取締役社長)資本金
35億3,740万円発行済株式総数
4,150,000株売上高
連結:97億7400万円(2020年3月期)営業利益
連結:4億5300万円(2020年3月期)経常利益
連結:5億700万円(2020年3月期)純利益
連結:3億2200万円(2020年3月31日現在)純資産
連結:100億1300万円(2020年3月31日現在)総資産
連結:143億8700万円(2020年3月31日現在)従業員数
連結:297名(2019年3月31日現在)決算期
3月31日会計監査人
有限責任監査法人トーマツ主要株主
(株)森下泰山 26.9%ロート製薬(株) 8.7%(公財)森下仁丹奨学会 5.1%株式会社三菱UFJ銀行3.2%(2019年3月31日現在)主要子会社
株式会社エムジェイヘルスケア 100%株式会社森下仁丹ヘルスコミュニケーションズ 100%株式会社エムジェイラボ 100%関係する人物
森下博、森下泰外部リンク
https://www.jintan.co.jp/テンプレートを表示 森下仁丹 旧本社工場(大阪市中央区)
森下仁丹株式会社(もりしたじんたん、Morishita Jintan Co.,Ltd.)は、大阪市中央区玉造に本社を置く医薬品製造企業である。略称は仁丹。コーポレート・スローガンは「百年人生を応援する」。

概要[編集]
創業者の森下博が1893年(明治26年)2月11日に、大阪市東区(現・中央区)にて、薬種商「森下南陽堂」を創業したのが発祥である。1905年(明治38年)から今日まで発売され続けている仁丹の製造元としてその名を知られている。上部に人物が描かれている「仁丹」の商標で知られているが、描かれている人物は軍人ではなく、大礼服姿の外交官である[2]。商標の外交官は「健康を世界に運ぶ外交官に」という創業者の思いが込められている。
現在はかつての主力商品「銀粒仁丹」のコーティング技法を発展させることで開発した最先端のシームレスカプセル(継ぎ目のないカプセル)を用いた食品会社からの受託製造と、ビフィズス菌を使用した食品・化粧品、植物エキスを主成分とするダイエット食品・健康食品(栄養補助食品)の製造・販売を主な事業内容としている。銀粒仁丹の原料でもある生薬成分の研究にも力を入れており、それを生かした食品会社への原料の供給等も行い、最近では日本コカ・コーラへのローズヒップ・エキス供給のほか、デンマーク産ホットドッグ「ホールドバケット」の販売事業等もおこなっている。

沿革[編集]
1910年当時の幹部仁丹創業5周年記念写真
毒滅の広告。1904(明治37)年10月30日の大阪朝日新聞の広告に彩色を施したもの。
1893年(明治26年)2月11日 – 森下博により薬種商「森下南陽堂」として大阪市東区(現・中央区)に創業。
1900年(明治33年)2月 – プロイセン宰相ビスマルクを商標にした梅毒薬「毒滅」でその名を知られるようになる。
1905年(明治38年)2月 – 森下博薬房と改称し、懐中薬仁丹の販売を開始。
1921年(大正10年) – 子会社の「赤線検温器株式会社(現在のテルモ)」を設立し、体温計の生産販売を開始。
1929年(昭和4年)11月 – 「銀粒仁丹」を発売。
1936年(昭和11年)11月 – 森下仁丹株式会社に改組。
1961年(昭和36年)10月2日 – 東京証券取引所市場第二部および大阪証券取引所市場第二部に株式上場。
1964年(昭和39年)4月 – 井村屋製菓株式会社と業務提携(1964年8月に提携解消)。
1969年(昭和44年)8月 – 「梅仁丹」を発売。
1975年(昭和50年)10月 – 「グリーン仁丹」を発売。
1978年(昭和53年)2月 – 「レモン仁丹」を発売。
1983年(昭和58年)12月 – 「仁丹電子体温計」を発売。
1984年(昭和59年)4月 – 「白仁丹」を発売。
1980年代 – 主力製品である仁丹の売れ行きが低下したこともあり多角化を推進し、子会社の仁丹食品を設立して加工食品事業に進出したほか、アメリカ合衆国で加工工場を新設した。なお、仁丹食品はその後業績の不振から清算の対象となり、会社を解散している。
1990年代 – 通販事業に進出し、ビフィズス菌を含有したビフィーナ化粧品シリーズや、上述のシームレスカプセルでビフィズス菌を包んだビフィーナシリーズ、植物エキスを主成分とするダイエット食品や健康食品(栄養補助食品)の販売を開始。
2001年(平成13年)10月 – シームレスカプセルの受託製造工場として滋賀県多賀町にミラセル工場を開設。
2003年(平成15年)9月30日 – ロート製薬と業務・資本提携を締結[3]。
2004年(平成16年)4月1日 – 子会社で、特需ルート・配置薬ルート向けの卸売や不動産賃貸管理業などを行っていた仁丹商事株式会社を吸収合併[4]。
2005年(平成17年)7月1日 – ロート製薬との共同販売会社「株式会社メディケアシステムズ(出資比率:ロート製薬70%、森下仁丹30%)を設立[5]。
2007年(平成19年)
2月19日 – 世界初となる胃溶解性皮膜と腸溶解性皮膜を組み合わせた2層カプセルを採用した清涼食品「ORACLE(オラクル) ワンショット」を発売[6]。
3月28日 – 老朽化による生産産効率低下に伴い、大阪市中央区玉造にある本社工場・研究施設の土地建物を大和ハウス工業に売却(2009年の新工場竣工まで同社より賃貸)[7]。
2008年(平成20年)
1月30日 – 創業115周年の節目に、創業記念日である2月11日を「仁丹の日」とすることを定め、日本記念日協会に申請・承認される[8]。
2月11日 – 一般用医薬品の通信販売事業として、「仁丹薬房」をスタート[9]。
5月19日 – 長野県のベンチャー企業であるキューオーエル株式会社と女性のセルフケア支援事業に関する業務提携を締結[10]し、6月10日に同社へ出資[11]。
10月1日 – 滋賀県にあるミラセル工場の一部を運営していた仁丹ミラセルびわ湖株式会社を吸収合併[12]。
12月1日 – 本社を現在地に移転[13]。
2009年(平成21年)
1月 – 大阪府枚方市の津田サイエンスヒルズ内に新工場「大阪テクノセンター」を開設。
3月 – 1993年(平成5年)から行っている通信販売事業におけるコンタクトセンター業務の受託化を目指し、子会社として株式会社 森下仁丹ヘルスコミュニケーションズを設立[14]。
9月17日 – 田辺三菱製薬が販売していた「ビフィーナ便秘薬【指定第2類医薬品】」の販売権を取得し、自社製品としてリニューアル発売[15]。
2010年(平成22年)
3月21日 – 「仁丹」の新たな製品として、7種の生薬を配合したリキッドを独自の「シームレスカプセル」で包み込んだ「JINTAN 116(ジンタン イチイチロク)」を発売[16]。
3月25日 – 婦人用体温計・基礎体温表を「メディケア」ブランドで発売[17]。
9月21日 – 「メディケア」シリーズ初の一般用医薬品として、口腔用外用薬「デンタルクリーム【第2類医薬品】」、「クールスロート【第3類医薬品】」を発売[18]。
2011年(平成23年)
2月28日 – 子会社で、薬湯などの温浴関連製品の販売を行っていた仁丹テック株式会社を吸収合併[19]
7月1日 – 業務用薬湯「薬仁湯」シリーズの販売権をニシカワヤ株式会社へ譲渡(製造は従来通り継続)[20]。
2012年(平成24年)
3月23日 – 当社初の【第1類医薬品】となる眉毛・体毛の発毛を促進するノック式育毛剤「メディケア ペレウス」を発売[21]。
6月30日 – ロート製薬株式会社との合弁会社であった株式会社メディケアシステムズを解散[22]。
2013年(平成25年)
2月11日 –
創業120周年を記念し、当社の商標である「大礼服マーク」を39年ぶりに変更し、併せて、社名ロゴフォントも変更[23]。
併せて、創業120周年記念商品として、2011年(平成23年)に販売を終了した「梅仁丹【医薬部外品】」を、清涼菓子として復刻した「梅仁丹120」を発売[24]。
4月1日 – ロングセラーであるドリンクタイプの乗り物酔い止め薬「ポード内服液」を「メディケア」シリーズの一製品として42年ぶりにパッケージリニューアルし、新たに少量サイズの1本入りを追加。同時に、7~14歳用「学童用ポード内服液」を発売[25]。
2014年(平成26年)
1月14日 – 1978年(昭和53年)から1984年(昭和59年)にかけて発売されていた「レモン仁丹」を清涼菓子として一新し、30年ぶりに発売(ローソンで先行発売した後、同年4月から本格発売を開始)[26]。
8月5日 – 日本で初めてとなる0歳(生後1ヶ月)から摂取できるビタミンD単体の液状サプリメント「BabyD(ベビーディー)」を発売(通信販売で先行発売した後、同年9月より店頭販売を開始)[27]。
2015年(平成27年)
6月19日 – 機能性表示食品と栄養機能食品で構成されたサプリメントブランド「ヘルスエイド」を立ち上げ、従来の「ビフィーナR<レギュラー>」・「ビフィーナS<スーパー>」・「ビフィーナS<スーパー> Pearl」・「ビフィーナEX<エクセレント>」は「ヘルスエイド」にブランド移行してリニューアル発売。
2017年(平成29年)
3月8日 – オンジエキス含有の生薬製剤「キオグッド顆粒(90包入り)」を「仁丹薬房」ブランドにて通信販売限定で発売(本品はロート製薬とのコラボレーション製品で、同社では同年4月22日に「和漢箋」ブランドで30包入りを店頭向けに発売)。
4月6日 – 田辺三菱製薬と共同企画したドリンクタイプの機能性表示食品「アスパラ メタロック」を発売。
2018年(平成30年)
6月20日 – 株式会社 明治からカシスを原料としたサプリメントブランド「カシス-i」の販売を譲受[28]。その後、「カシス-i」は同年7月20日に[29]、「カシス-i EX」は同年8月31日に[30]当社製品として順次発売された。
2019年(令和元年)
10月1日 – 子会社で、ビューティケア製品等の製造販売を主に行っていた株式会社エムジェイラボ及び、同じく子会社で、医薬品・医療用具・栄養補助食品等の輸出入及び販売を主に行っていた株式会社エムジェイヘルスケアを吸収合併[31]。主な製品[編集]
ヘルスエイド
ヘルスエイド ビフィーナR<レギュラー>【機能性表示食品】 – 2015年6月に「ビフィーナR<レギュラー>(2001年9月発売)」を機能性表示食品としてリニューアルし、60包入りに加え、7包入りと20包入りを追加して3容量となった。
ヘルスエイド ビフィーナS<スーパー>【機能性表示食品】 – 2015年6月に「ビフィーナS<スーパー>(2001年9月発売)」を機能性表示食品としてリニューアル。
ヘルスエイド ビフィーナS<スーパー> Pearl(パール)【機能性表示食品】 – 2015年6月に「ビフィーナS<スーパー> Pearl(2014年3月発売)」を機能性表示食品としてリニューアル。
ヘルスエイド ビフィーナEX<エクセレント>【機能性表示食品】 – 2015年6月に「ビフィーナEX<エクセレント>(2001年9月発売)」を機能性表示食品としてリニューアル。
ヘルスエイド ローズヒップ【機能性表示食品】 – 2015年6月発売。
ヘルスエイド ヒアルロン酸【機能性表示食品】 – 2015年6月発売。
ヘルスエイド テアニン【機能性表示食品】 – 2015年7月発売。
ヘルスエイド サラシア【機能性表示食品】 – 2015年9月発売。
ヘルスエイド 還元型コエンザイムQ10【機能性表示食品】 – 2015年10月発売。
ヘルスエイド DHA&EPA【機能性表示食品】 – 2016年9月発売
ヘルスエイド イチョウ葉【機能性表示食品】
ヘルスエイド カシスアイ【機能性表示食品】 – 2020年7月発売。機能性表示食品として初めて、カシスアントシアニンを含む3つの成分を機能性関与成分として含み、暗い場所での見る力を助ける機能を持つ製品。通信販売限定品。
ヘルスエイド マルチビタミン&ミネラルEX – 2015年6月に「マルチビタミン&ミネラル」として発売。ビタミンC・ナイアシン・パントテン酸・銅・鉄を補給する栄養機能食品である。後に亜鉛を追加配合され、製品名が変更されている。
ヘルスエイド コレストールファイバー【特定保健用食品】 – 元々は通信販売限定で発売されていたが、2015年9月に「ヘルスエイド」のシリーズ品としてリニューアルし、店頭販売を開始した。
カシス-i – 株式会社 明治からブランドを譲り受けたカシス含有のサプリメント
カシス-i – 2018年7月発売
カシス-i EX – 2018年8月発売
メディケアシリーズ
ペレウス【第1類医薬品】 – 2012年3月発売。ノック式の極細ペンを採用した眉用育毛剤。メチルテストステロン配合。(製造販売元:協和新薬)
デンタルピルクリーム【指定第2類医薬品】 – 2014年3月発売。リップチューブタイプの口腔用外用薬。(製造販売元:万協製薬)
オノフェF【第2類医薬品】 – 2011年4月発売。化膿性皮膚疾患用薬。2012年10月にパッケージリニューアルし、従来のブルー基調からピンク基調に変更した。(製造販売元:万協製薬)
デンタルクリーム【第3類医薬品】 – 2010年9月発売。軟膏タイプの口腔用外用薬。(製造販売元:万協製薬)
デンタルクリームT【第3類医薬品】 – 2013年4月発売。前述の「デンタルクリーム」と処方は同じだが、歯痛や歯槽膿漏を訴求した仕様である。(製造販売元:万協製薬)
パンパス軟膏【第2類医薬品】 – 2013年4月発売。外用皮膚疾患用薬。(製造販売元:万協製薬)
ポード内服液【第2類医薬品】 – 液体タイプの乗物酔い薬。10mlの少量サイズ。長らく発売されているロングセラー製品だが、2013年4月に「メディケア」シリーズへ編入してパッケージリニューアル。(製造販売元:大昭製薬)
サイレンQ【第2類医薬品】 – 2013年10月発売。液体タイプの殺菌消毒薬。(製造販売元:雪の元本店)
クールスロート【第3類医薬品】 – 2010年9月発売。スプレータイプの口腔用外用薬。2013年4月にパッケージリニューアル。(製造販売元:協和新薬)
ハイドロウェットα【管理医療機器】 – 大型サイズの医療パッド。2015年10月に従来の「ハイドロウェット パッドタイプ(2013年10月発売)」をリニューアルし、【一般医療機器】から【管理医療機器】へ移行した。
ハイドロウェットα 防水タイプ【管理医療機器】 – 大型サイズの医療パッド。2015年10月に従来の「ハイドロウェット」をリニューアルし、【一般医療機器】から【管理医療機器】へ移行した。
アルゲキュア【一般医療機器】 – 2012年3月発売。大型サイズの医療パッド。2015年10月にパッケージリニューアル。
かぶせてガード【一般医療機器】 – 2011年4月発売。大型サイズの救急バン。
大きめ救急バン【一般医療機器】
防水救急バン【一般医療機器】
傷あて材【一般医療機器】
防水フィルム ロールタイプ – 2013年10月発売。
かきむしりガード
カンタン包帯 – ガーゼなどの傷あて材の上から押えて貼る巻かないタイプの包帯
便利なテープ – 手で切れるサージカルテープ
婦人用体温計(販売名:仁丹電子体温計MT1622J)【管理医療機器】
基礎体温表
仁丹シリーズ
仁丹(販売名:仁丹N)【医薬部外品】
梅仁丹120のど飴 – 梅味ののど飴。広報活動[編集]
CMキャラクター[編集]
新倉瞳(ビフィーナ)
壇蜜(梅仁丹120)
田中哲司(ヘルスエイド)[32]過去のCMキャラクター一覧田中邦衛(銀粒仁丹) – 「ミスター仁丹」と呼ばれていた[誰?]。山藤章二の画による雑誌広告はシリーズ化された。
ダーク・ダックス(同上) – 「仁丹の歌」(作詞・作曲:三木鶏郎)を歌っていた。
津川雅彦(同上)
高島忠夫(同上)
山口崇(同上)
篠田三郎(グリーン仁丹)
宇崎竜童(同上)
春風亭小朝・でんでん(同上)
沖雅也 (梅仁丹)
新沼謙治(同上)
草川祐馬(同上)
岩崎宏美(レモン仁丹)
ビートたけし(白仁丹)関東地区限定発売 -「スーしませう」のキャッチコピーで有名[注釈 1]。
中村勝広(銀粒仁丹)
堀内孝雄(スペッキー)
かたせ梨乃(ビフィーナ10)
イッセー尾形(暮しのデオドライザーシリーズ)
山田邦子(ハービット)
水野美紀(マルチビタミン、ココカル)
松澤知加子(ビタミンウィーク、ハピカ)※その他、宝塚歌劇団の雪組メンバーを、同社が過去に発売していた「クリスタルデュウ・マイルド」のイメージキャラクターに起用していたことがある(「歌劇」「宝塚GRAPH」限定での掲載。1992年から翌年にかけて、雪組で上演された「忠臣蔵〜花に散り雪に散り〜」の協賛に伴うもの)。

スポンサー番組[編集]
現在森下仁丹 presents バイオRadio!(Kiss FM KOBE)
福島のぶひろの、金曜でいいんじゃない?(MBSラジオ)
メインパーソナリティの「福島のぶひろ」(毎日放送アナウンサーの福島暢啓)がかねてから「仁丹」を愛用していることや、入社前(龍谷大学落語研究会への在籍中)に「きぬ乃家じん丹」という高座名を付けていたことを背景に、2020年4月から17時台前半の週替わりコーナー枠を提供。コーナーの冒頭で放送される当社製品のインフォマーシャルや、本編の最後に流れるCMの一部には、かつて「仁丹」のCMに使われていたファンファーレ調のBGMを流している。
「夕方もポチッとMラジ」(MBSラジオの自社制作による平日夕方の生ワイド番組レーベル)への編入によって全編の放送時間が拡大された2021年10月からは、上記のインフォマーシャルやBGMごと「福ちゃんの話、いいんじゃない?」(15時台に放送される福島の取材報告企画)への提供に移行。リスナーから「仁丹」にまつわる思い出話を募集したうえで、その一部をコーナーの冒頭で福島が紹介しているほか、当社とのコラボレーション企画によるノベルティグッズをリスナーへのプレゼントに加えている。
ABCフレッシュアップベースボール(朝日放送ラジオ)
2021年から、金・日曜放送分のスポンサーに名を連ねている。過去快傑ハリマオ(日本テレビ系)同社が一社提供を務めた国産テレビ映画。第1話 – 第5話まではカラーで制作。
恐怖のミイラ(日本テレビ系)同じく一社提供を務めた国産テレビ映画。『快傑ハリマオ』の次番組。
スーパーカー(日本テレビ系)同じく一社提供を務めた海外人形劇。
NTV紅白歌のベストテン(日本テレビ系)後期より。
プロ野球・仁丹金曜ナイター(NETテレビ・毎日放送 1960年代)
ジンタカ・パンチ!(TBS系)一社提供の公開コメディ。1966年(昭和41年)2月 – 4月放送。無名時代の萩本欽一が出演。
やじきた志ん幹線(TBS系)一社提供の公開時代劇コメディ。1966年(昭和41年)5月 – 11月放送。
三枝の爆笑美女対談(関西テレビ制作・フジテレビ系)※中期。笹岡薬品ともに提供。
土曜大好き!830(関西テレビ制作・フジテレビ系)
THEワイド(よみうりテレビ・日本テレビ共同制作・日本テレビ系)
鶴×龍(よみうりテレビ制作・日本テレビ系)
行列のできる法律相談所(日本テレビ系)
知っとこ!(毎日放送制作・TBS系)
とくダネ!(フジテレビ系)など※この他、関西ローカルではあるが朝日放送で2000年(平成12年)頃から数年間、20時55分頃に放送のABCニュースのスポンサーを担当していたこともある。

関係企業[編集]
テルモ(旧社名は「赤線検温器株式会社」→「仁丹体温計株式会社」→「株式会社仁丹テルモ」)
ロート製薬その他[編集]
同社は1915年頃に、各地に宣伝を兼ねた看板を掲げた。その多くは京都市内にまとまって残存していたが、2014年頃に相次いで盗難に遭っていることが判明した。古美術マニアの転売目的の犯行によるものと見られている[33]。その後、被害品のうちの1枚が、インターネットオークションで買い戻された[34]。2013年2月に販売を終了した「鼻・のど甜茶飴」は、森山良子、安田祥子、由紀さおり姉妹らプロ歌手による再販売を望む声に押され、再発売された[35]。脚注[編集]
[脚注の使い方]注釈[編集]

^ この商品は1980年代から90年代にかけ、関東地方のみで限定発売された商品であることから(テレビCMなどにおいてもその旨が告知されていた)、あくまで商品やCMの認知度は関東地方に限定される。

出典[編集]

^ 役員一覧 – 森下仁丹株式会社

^ 仁丹商標 森下仁丹歴史博物館

^ “業務・資本提携に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2003年9月30日), http://www.jintan.co.jp/pdf/20030930rt1_file_file.pdf 2011年12月26日閲覧。 

^ “合併に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2004年2月7日), http://www.jintan.co.jp/pdf/20040206_file_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “ロート製薬と森下仁丹、両社の出資による共同販売会社「株式会社メディケアシステムズ」を設立することで基本合意” (PDF) (プレスリリース), ロート製薬株式会社, (2005年2月4日), http://www.rohto.co.jp/comp/news/pdf/050204_ms.pdf 2011年12月26日閲覧。 

^ “【新商品】ORACLE(オラクル)ワンショット新発売” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2007年2月15日), http://www.jintan.co.jp/pdf/20070215oracle_file_file.pdf= 2014年1月8日閲覧。 

^ “固定資産の譲渡および業績予想の修正に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2007年3月13日), http://www.jintan.co.jp/pdf/20070313koteisisangyouseki_file_file.pdf#search= 2011年12月26日閲覧。 

^ “2月11日を「仁丹の日」として制定” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2008年1月30日), http://www.jintan.co.jp/pdf/20080130kinenbi_file_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “2008年2月「医薬品通販」事業に本格参入” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2008年1月31日), http://www.jintan.co.jp/pdf/20080131iyakutuhan_file_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “森下仁丹株式会社とキューオーエル株式会社の業務提携のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2008年5月19日), http://www.jintan.co.jp/pdf/080519_file_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “森下仁丹(株)のキューオーエル(株)への出資のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2008年6月12日), http://www.jintan.co.jp/pdf/20080612__file_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2008年7月16日), http://www.jintan.co.jp/pdf/080716_file_file.pdf 2011年12月26日閲覧。 

^ “本社移転に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2008年12月1日), http://www.jintan.co.jp/pdf/081201honsyaiten_file.pdf 2011年12月26日閲覧。 

^ “子会社設立のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2009年3月24日), http://www.jintan.co.jp/pdf/090324_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “「ビフィーナ便秘薬」 平成21年9月17日新発売!” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2009年8月18日), http://www.jintan.co.jp/pdf/20090818bifinabenpi_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “『JINTAN 116』 2010年3月21日(日)より全国発売!!” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2010年3月19日), http://www.jintan.co.jp/pdf/20100319jintan116_file_1.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “~初めて基礎体温を測定する女性のために~ 『メディケア婦人用体温計』『メディケア基礎体温表』3月25日(木)新発売!” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2010年3月11日), http://www.jintan.co.jp/pdf/100311medicarethermo_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “~メディケアブランドに口内炎治療薬2商品が登場!~『デンタルクリーム』『クールスロート 』9月21日(火)新発売!” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2010年9月10日), http://www.jintan.co.jp/pdf/kounaien_100910_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2011年1月6日), http://www.jintan.co.jp/pdf/20110106kogaisyagappei_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “温浴関連商品「薬仁湯」類の販売権譲渡について” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2011年6月14日), http://www.jintan.co.jp/pdf/20110614_onyokukanrensyouhinjouto_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “まゆ毛と体毛の生育に塗って効く育毛剤 メディケア『ペレウス』2012年3月23日(金)順次発売” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2012年3月23日), http://www.jintan.co.jp/pdf/_file_1.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “合弁会社の解散に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2012年4月26日), http://www.jintan.co.jp/pdf/20120426goubenngaisyakaisan_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “創業120周年記念 商標「大礼服マーク」が若返ってリニューアル” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2013年2月5日), http://www.jintan.co.jp/pdf/fix_file_2.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “~森下仁丹創業 120 周年記念~ 旧梅仁丹ファンの熱い要望に応えて復刻・再登場!!『梅仁丹120』” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2013年2月5日), http://www.jintan.co.jp/pdf/120fix_file.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “「ポードシリーズ」に新たに「1本入り」と「学童用」を追加2013年4月1日(月)より全国のドラッグストアにて発売” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2013年3月27日), http://www.jintan.co.jp/pdf/fix_file_6.pdf 2014年1月8日閲覧。 

^ “30 年ぶりに再登場!!お口うるおう「ほろにが、ほろずっぱい」タブレット『レモン仁丹』” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2013年12月20日), http://www.jintan.co.jp/file/newspdf000037.pdf 2015年5月9日閲覧。 

^ “日本初! 0歳から摂れるビタミンDの液状サプリメント『BabyD(ベビーディー)』 8月5日(火)より通信販売で発売開始!” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2014年8月5日), http://www.jintan.co.jp/file/newspdf000080.pdf 2015年5月9日閲覧。 

^ “ブランド譲受に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2018年5月8日), https://www.jintan.co.jp/file/newspdf000288.pdf 2018年11月26日閲覧。 

^ “「カシス-i」発売” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2018年7月20日), https://www.jintan.co.jp/file/newspdf000310.pdf 2018年11月26日閲覧。 

^ “「カシス-i EX」発売” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2018年8月31日), https://www.jintan.co.jp/file/newspdf000321.pdf 2018年11月26日閲覧。 

^ “完全子会社の吸収合併に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 森下仁丹株式会社, (2019年8月9日), https://www.jintan.co.jp/file/newspdf000373.pdf 2020年1月29日閲覧。 

^ ““便秘に悩む”田中哲司、CMで中高年のリアルな日常を熱演”. ORICON (2015年7月15日). 2015年7月15日閲覧。

^ 仁丹:京都名物、町名板が盗難被害続々 古物商転売か 毎日新聞 2015年2月3日

^ 仁丹:消えた町名表示板 ネット競売で犯人割り出す 毎日新聞 2015年2月18日

^ 歌手・森山良子さんをはじめ、お客様からの熱い要望で再販 森下仁丹株式会社

参考文献[編集]
森下仁丹株式会社監修『老舗に学ぶ企業改革成功の理由』幻冬舎メディアコンサルティング、2013年関連項目[編集]
仁丹塔 – 田原町(現在は東京都台東区内)の交差点に建っていた広告塔。凌雲閣を模したことから、「浅草のランドマーク」として広く知られた。
ロイヤルホームセンター – 旧本社跡地に出店。元々、親会社の大和ハウス工業が高層マンション建設を予定していた。
もりのみやキューズモールBASE – 新旧本社の付近(日本生命球場跡地)で2015年4月27日から営業中のショッピングモール。開業直後の同年6月19日に「ヘルスエイド」シリーズの発売を始めたことから、日本国内の商業施設では初めて屋上に設けられている本格的なランニングトラック(エアトラック)の命名権を、複数年契約で取得している(契約期間中の名称は「ヘルスエイド エアトラック」)。
テルモ – 明治の医学博士・北里柴三郎らにより設立された体温計を祖業とする医療機器メーカー。一時期、同社の系列に組まれていたことがある。
井村屋グループ – 三重県津市に本社を置く食品メーカー。1964年5月の業務提携締結を機に商号を「仁丹井村屋食品株式会社」へ変更したが、3ヶ月後(同年8月)の提携解消によって商号を「井村屋食品株式会社」に戻した。
味の素製薬外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、森下仁丹に関連するメディアがあります。森下仁丹
公益財団法人森下仁丹奨学会
森下仁丹 (@official_jintan) – Twitter表話編歴三和グループ・みどり会あ行
アート引越センター
あいおいニッセイ同和損害保険
朝日ウッドテック
アズワン
天辻鋼球製作所
荒川化学工業
新家工業
ECC
一冨士フードサービス
イトキン
岩崎通信機
岩谷産業
上村工業
エクセディ
江崎グリコ
SBSホールディングス
NSD
エヌオーイー
NTN
OSJBホールディングス
オークラヤ住宅
オートバックスセブン
大阪ソーダ
大西
大林組(注4)
大林道路
奥村組土木興業
オリックスか行
学生情報センター
カサタニ
関西ペイント(注6)
KISCO
キミカ
牛乳石鹸共進社
クラシエホールディングス
クリナップ
栗原工業
グリーンスタンプ
くろがね工作所
京成電鉄
建設技術研究所
神戸製鋼所(注3)
国際興業
コスモエネルギーホールディングス
コニカミノルタ
コニシ
小林クリエイト
小林製薬さ行
堺化学工業
サクラクレパス
ザ・パック
三桜工業
サンスター
サンセイテクノス
サントリーホールディングス
サンリオ
JNC
ジェーシービー
CBC
島精機製作所
島田商事
シマノ(注4)
シミックホールディングス
昭和丸筒
新関西製鐵
神鋼環境ソリューション
新明和工業
鈴乃屋
積水化学工業
積水化成品工業
積水樹脂
積水ハウス(注4)
錢高組
錢屋アルミニウム製作所
センコーグループホールディングス
全日警
双日(注3)(注4)(注6)
象印マホービン
損害保険ジャパン(注2)(注3)(注5)た行
大栄電気
大王製紙
大京
大光電機
大末建設
ダイダン(注4)
大同生命保険
大日本除虫菊
ダイハツ工業
ダイハツディーゼル
太陽生命保険
ダイワボウホールディングス
髙島屋
タキロンシーアイ(注5)
辰馬本家酒造
田辺三菱製薬(注1)
田村駒
中央自動車工業
月島機械
TIS
T&Dフィナンシャル生命保険
TOA
帝人
電響社
トーア紡コーポレーション(注6)
東京會舘
東畑建築事務所
東宝
東洋カーマックス
東洋建設
東洋紙業
TOYO TIRE
東洋電機製造
東洋不動産
東リ
徳島大正銀行
トクヤマ(注6)な行
中山製鋼所
名村造船所
南海電気鉄道
ニチイ学館
日新
日東電工
日本瓦斯
日本コンクリート工業
野村ホールディングス
ノーリツ鋼機は行
ハーモニック
パイロットコーポレーション
ハウス食品
原田産業
パレスホテル(注2)
阪急電鉄
阪急阪神百貨店
阪急阪神ホテルズ
阪急阪神不動産
阪九フェリー
ビジネスコンサルタント
日立製作所(注2)(注3)
日立金属
日立グローバルライフソリューションズ
日立造船
非破壊検査(注4)
フジキン
藤田観光
フランスベッド
フルサト工業
ぺんてるま行
毎日新聞社
松本油脂製薬
丸善石油化学
マンダム
味覚糖
ミサワホーム
三菱UFJ銀行(注1)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(注1)
三菱UFJ信託銀行(注1)
三菱UFJニコス(注1)
三菱UFJリサーチ&コンサルティング(注1)
三菱HCキャピタル(注1)
三ツ星ベルト
モリ工業
森下仁丹や行
ヤマトインターナショナル
UCC上島珈琲
UBE
UBE三菱セメント
ユニオン
ユニチカ
ユニ・チャーム
寄神建設ら行
リンクレア
ロックペイント
六甲バター
ロッテ
ロングライフホールディングわ行
ワキタ関連項目
エイベックス・グループ
岩井財閥
トヨタ自動車
三水会
三和銀行
シャープ
鈴木商店
鴻池財閥
山口財閥
日産コンツェルン
日窒コンツェルン

注釈

(注1)は三菱グループでもある。
(注2)は芙蓉グループでもある。
(注3)は第一勧銀グループでもある。
(注4)は大輪会でもある。
(注5)は古河グループでもある。
(注6)は最勝会グループでもある。

表話編歴 ロート製薬主な製品
アルガード
ロートジー
ロートCキューブ
パンシロン
ミルマグ1
メンソレータム2
肌ラボ
OXY(オキシー)関連人物
山田安民
山田輝郎3
山田安邦
井上豊太郎
今竹七郎関連企業・団体
森下仁丹
エムジーファーマ
メディケアシステムズ4
北辰フーズ
摩耶堂製薬
ロートニッテン
天藤製薬
シオノギヘルスケア5
山田スイミングクラブ関連項目
ロート製薬強要事件
ロート製薬一社提供番組
ロート製薬のコマーシャルソング
12022年7月にエムジーファーマから一部の一般用製品の製造販売を承継。 21975年3月に近江兄弟社からライセンス移譲。31943年4月の山田安民没後、2代目店主に就任。42012年6月30日をもって解散。5塩野義製薬の子会社であるが、2018年6月15日に資本提携。
.mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、企業に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(ウィキプロジェクト 経済)。
典拠管理
ISNI: 0000 0004 0570 8534
NDL: 00781265
VIAF: 259691237
WorldCat Identities: viaf-259691237

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=森下仁丹&oldid=91303213」から取得
カテゴリ: 森下仁丹日本の医薬品メーカー日本の健康食品メーカー大阪市中央区の企業東証スタンダード上場企業1961年上場の企業1936年設立の企業三和グループみどり会ロート製薬隠しカテゴリ: 言葉を濁した記述のある記事 (誰)/2011年Reflistで3列を指定しているページ企業関連のスタブISNI識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事

評価: 4~5 つ星
レビュー: 8565
再生回数: 98 12
[spincontent type=”j”]

森下仁丹 Youtube

森下仁丹, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=215834 / CC BY SA 3.0

#森下仁丹
#日本の医薬品メーカー
#日本の健康食品メーカー
#大阪市中央区の企業
#東証二部上場企業
#1961年上場の企業
#老舗企業_(明治創業)
#1936年設立の企業
#三和グループ
#みどり会
森下仁丹 旧本社工場 (大阪市中央区) 森下仁丹株式会社(もりしたじんたん、Morishita Jintan Co.,Ltd.)は、大阪市中央区玉造に本社を置く医薬品製造企業である。
略称は仁丹。
みどり会の会員企業であり三和グループに属している。
コーポレート・スローガンは「百年人生を応援する」。
創業者の森下博が1893年(明治26年)2月11日に、大阪市東区(現・中央区)にて、薬種商「森下南陽堂」を創業したのが発祥である。
1905年(明治38年)から今日まで発売され続けている仁丹の製造元としてその名を知られている。
上部に人物が描かれている「仁丹」の商標で知られているが、描かれている人物は軍人ではなく、大礼服姿の外交官である。
商標の外交官は「健康を世界に運ぶ外交官に」という創業者の思いが込められている。
現在はかつての主力商品「銀粒仁丹」のコーティング技法を発展させることで開発した最先端のシームレスカプセル(継ぎ目のないカプセル)を用いた食品会社からの受託製造と、ビフィズス菌を使用した食品・化粧品、植物エキスを主成分とするダイエット食品・健康食品(栄養補助食品)の製造・販売を主な事業内容としている。
銀粒仁丹の原料でもある生薬成分の研究にも力を入れており、それを生かした食品会社への原料の供給等も行い、最近では日本コカ・コーラへのローズヒップ・エキス供給のほか、デンマーク産ホットドッグ「ホールドバケット」の販売事業等もおこなっている。
1910年当時の幹部 仁丹創業5周年記念写真 毒滅の広告。
1904(明治37)年10月30日の大阪朝日新聞の広告に彩色を施したもの。
※その他、宝塚歌劇団の雪組メンバーを、同社が過去に発売していた「クリスタルデュウ・マイルド」のイメージキャラクターに起用していたことがある(「歌劇」「宝塚GRAPH」限定での掲載。1992年から翌年にかけて、雪組で上演された「忠臣蔵〜花に散り雪に散り〜」の協賛に伴うもの)。
※この他、関西ローカルではあるが朝日放送で2000年(平成12年)頃から数年間、20時55分頃に放送のABCニュースのスポンサーを担当していたこともある。

2. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Yomiuri

Yomiuri
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8177
[spincontent type=”j”]

3. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Asahi Shimbun

朝日新聞
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 朝日新聞で検索した 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する上記の情報が、仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2844
[spincontent type=”j”]

4. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? The Japan Times

The Japan Times
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: ジャパン タイムズで検索した 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する記事のトップです。仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 3581
[spincontent type=”j”]

5. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Yomiuri Shimbun

読売新聞
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 8942
[spincontent type=”j”]

6. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Mainichi Shimbun

毎日新聞
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 毎日新聞で見つけた 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する上記の情報が、仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 8172
[spincontent type=”j”]

7. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Sankei Shimbun

産経新聞
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 産経新聞で検索した 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する記事のトップです。仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 6749
[spincontent type=”j”]

8. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1721
[spincontent type=”j”]

9. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Chunichi Shimbun

中日新聞
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 中日新聞で検索した 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する上記の情報が、仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7627
[spincontent type=”j”]

10. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Tokyo Shimbun

東京新聞
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5656
[spincontent type=”j”]

11. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5694
[spincontent type=”j”]

12. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 日刊工業新聞で見つけた 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する上記の情報が、仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 50 22
[spincontent type=”j”]

13. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Ainu Times

アイヌタイムス
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: アイヌ タイムズで検索した 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する記事のトップです。仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 29 15
[spincontent type=”j”]

14. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 28 16
[spincontent type=”j”]

15. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Chiba Nippo

千葉日報
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 千葉日報で検索した 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する上記の情報が、仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 7423
[spincontent type=”j”]

16. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Chugoku Shimbun

中国新聞
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 中国新聞で検索した 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する記事のトップです。仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4753
[spincontent type=”j”]

17. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? Daily Tohoku

デイリー東北
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 4763
[spincontent type=”j”]

18. 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

説明: イースタン クロニクルで検索した 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する上記の情報が、仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 6197
[spincontent type=”j”]

仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? に関する質問

仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは? が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?

仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?
方法仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?
チュートリアル 仁丹の商標には、大礼服姿の●が描かれているが、●に入るのは?
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: