あなたは 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 について学んでいます。今日は、インターネット上の多くの情報源から私たちのチームが編集および編集した記事 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 を共有します。 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関するこの記事がお役に立てば幸いです。

交流 を 直流 に 変換 整流 回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

.mw-parser-output .hatnotemargin:0.5em 0;padding:3px 2em;background-color:transparent;border-bottom:1px solid #a2a9b1;font-size:90%

「AC-DC」はこの項目へ転送されています。ロックバンドについては「AC/DC」をご覧ください。

この項目では、整流器について説明しています。電動機による整流作用については「整流子」をご覧ください。

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: “整流器” – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2014年1月) 交流信号、半波整流、全波整流
整流器(せいりゅうき、英語:rectifier)は、電流を一方向にだけ流す(整流)作用を有する素子[1][2]。交流を直流に変換する素子の総称であり、実際の素子としては、陰極(カソード)と陽極(アノード)の2端子、あるいは、さらに制御端子を加えた3端子のものがある[1]。
順変換装置、またはAC-DCコンバータともいう。
また、整流器を用いて交流を直流に変換する回路を整流回路(順変換回路)という。

整流器の種類[編集]
整流器を用いる回路は、低電圧小電流から高電圧大電流まで多岐にわたる。したがって、用いる回路に適した素子を選択する必要がある。
整流器としては、以下のものがある。

水銀整流器(エキサイトロン)
熱陰極水銀整流管
亜酸化銅整流器
セレン整流器
ダイオード (シリコン整流器・ゲルマニウム整流器)
二極真空管また、制御端子を有する整流器として用いられる素子等としては以下のものがある。

水銀整流器(イグナイトロン) (端子の対応 – 陽極:陽極/陰極:水銀陰極/制御端子:点弧子)[3]
熱陰極格子制御放電管(サイラトロン) (端子の対応 – 陽極:陽極/陰極:陰極/制御端子:制御格子)[3]
サイリスタ (端子の対応 – 陽極:アノード/陰極:カソード/制御端子:ゲート)[4]
MOSFET (端子の対応 – 陽極:ドレイン/陰極:ソース/制御端子:ゲート)[5]整流回路における整流器(素子)の接続方法[編集]
ダイオードモジュール(三相全波整流)
出力側の等価相数が多いほど、直流側の脈動対策が容易となるので、大電力用途ほど等価相数を多くする。

単相半波整流[編集]
整流素子1個で、順電圧の期間のみ整流する最も簡単な整流方法。

半波整流

単相半波整流では、交流の正弦波の正もしくは負の部分のみが取り出され、残りの半分は整流素子により通電が阻止される。
電流を取り出す用途では周期の半分が通電しない期間であるため、出力はパルス状となり平滑化(脈流も参照)すると低い電圧しか得られないばかりか、電源側にも多くの高調波をもたらすため電源用途にはあまり適しない。しかしながら回路計の交流電圧測定回路や後述の高周波プローブの用途では、構造が単純であるのと整流素子を1つしか通過しないためエネルギー損失は最小限に抑えられるため、もっぱら半波整流が主流である。また小容量DC-DCコンバータにおいては絶縁型においても正パルスの矩形波であるため半波整流で足りる。
正弦波入力電圧の理想的な半波整流器の無負荷出力直流電圧:
[6]Vrms=Vpeak2Vdc=Vpeakπ{displaystyle {beginalignedV_mathrm rms &=frac V_mathrm peak 2\V_mathrm dc &=frac V_mathrm peak pi endaligned}}

Vdc, Vav – 直流または平均出力電圧
Vpeak, フェーズ力電圧のピーク値
Vrms, 出力電圧の二乗平均平方根値単相全波整流[編集]
整流素子を組み合わせ、それぞれの順電圧の期間に整流する。

単相ブリッジ整流[編集]
整流素子4個で、単相交流を全波整流する。

Graetz bridge 整流器: 4個のダイオードを用いた全波整流

非スイッチング電源のACアダプタは、そのほとんどがこの構成をとる。

二相全波整流[編集]
整流素子2個で、正負が逆の二相交流を整流する。

センタータップ(英語版)変圧器と2個ダイオードを用いた全波整流

同じ出力電圧を得るためにトランスの二次巻線を同巻き数の2組を、おのおの半波整流として用いる関係上、同容量の単相ブリッジ整流よりも変圧器は大きくなる。なお二極真空管においてはカソードを共用できるため、2つのプレートを持つ1本の真空管(双二極管)で整流回路が組めた。
理想的な無負荷の単相全波整流器の平均および二乗平均平方根出力電圧:
Vdc=Vav=2VpeakπVrms=Vpeak2{displaystyle {beginalignedV_mathrm dc =V_mathrm av &=frac 2V_mathrm peak pi \V_mathrm rms &=frac V_mathrm peak sqrt 2endaligned}}

三相半波整流[編集]
三相半波整流、三相全波整流
サイリスタを用いた三相半波整流回路
整流素子3個で、三相電源の全相を半波整流し、3相整流とする。水銀整流器は構造上、陰極を共用する構造のため、半波整流回路が主流であった。

三相全波整流[編集]
サイリスタを用いた三相全波整流回路
整流素子6個で、三相電源の全相を全波整流し、6相整流とする。
理想的な無負荷の単相全波整流器の平均出力電圧:
Vdc=Vav=33Vpeakπ{displaystyle V_mathrm dc =V_mathrm av =frac 3sqrt 3V_mathrm peak pi }
ダイオードの代わりにサイリスタが使用された場合、出力電圧は cos(α) 分だけ減少する
Vdc=Vav=33Vpeakπcos⁡α{displaystyle V_mathrm dc =V_mathrm av =frac 3sqrt 3V_mathrm peak pi cos alpha }

12相整流[編集]
サイリスタを用いた12相整流
YΔ・YYまたはΔΔ・ΔYの結線の変圧器を2台一組で使用して30度位相差の三相交流を生成し、それぞれを三相全波整流することにより、12相整流とする。

用途[編集]
この節の加筆が望まれています。交流電源から直流電源を得る[編集]
パソコン、テレビ受像機、オーディオ機器などの各種電子機器内の電子回路のほとんどは、直流電源で駆動するように設計されている。商用電源等の交流電源でこれらの回路を動作させるために、整流器により交流電源から直流電源を得る。ノートパソコンなどのACアダプタが代表的な例である。

高周波プローブ[編集]
高周波あるいは無線周波数の電圧を測定するのに、通常の交流電圧計では周波数が高すぎて測定できない。ゲルマニウム・ダイオード等による整流器で直流に変換し、直流電圧計で測定するということが行われる。

AGC回路[編集]
受信機のAGC回路において、低周波増幅器や中間周波増幅器の出力電圧を整流器で直流に近い電圧に変換して、その電圧を元に各増幅器のバイアス量(増幅率)を変化させ、AGC回路を成立させている。

電圧調整回路[編集]
分周制御
パルス変調により、電圧を調整する。直流側の脈動対策が容易となる。
位相制御
周期毎におけるON時間の割合を変化させることで、出力電圧を連続的に制御する。サイリスタを用いたものはサイリスタ位相制御と呼ばれる。力率が低く高調波も発生する。
変圧器タップ切換
変圧器タップにより、整流素子の交流入力電圧を制御する。力率改善回路[編集]
交流入力電圧波形に合わせた電流入力波形にし、力率改善するため用いられる。

ピーク電流制御
周波数可変の自励発振を行うことによりピーク電流波形を電圧と同相にする。小型機器に用いられる。
平均電流制御
周波数固定の他励発振を行うことにより平均電流波形を電圧と同相にする。大型機器に用いられる。平滑コンデンサ[編集]
「脈流」も参照
整流回路に抵抗負荷を接続したとき、負荷端子間の脈動成分を減らすために、平滑コンデンサを整流回路の出力端子間に挿入する。
この場合、その静電容量が大きく、抵抗負荷電流が小さいほど、コンデンサからの放電が緩やかになり、脈動成分は小さくなる[7]。

脚注[編集]

^ a b 電気用語辞典編集委員会編 『新版 電気用語辞典』 コロナ社、1982年 「整流」「整流器」「整流素子」

^ 岡村総吾監訳 『IEEE電気・電子用語辞典』 丸善、1989年 「整流」「整流器」「整流素子」

^ a b 堀井武夫 『電気機器概論』コロナ社〈電子通信大学講座〉、1963年8月30日。 

^ 宮入庄太 「4.整流回路」『大学講義 パワーエレクトロニクス』 丸善、1974年

^ 佐藤守男 「第3章 ソフト同期整流型スイッチング電源…16.5V3A」『トランジスタ技術SPECIAL No.57』 pp.47-49、CQ出版社、1997年

^ Lander, Cyril W. (1993). “2. Rectifying Circuits” (英語). Power electronics (3rd ed.). London: McGraw-Hill. .mw-parser-output cite.citationfont-style:inherit.mw-parser-output .citation qquotes:”””””””‘””‘”.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg”)right 0.1em center/9px no-repeat.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registrationcolor:#555.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration spanborder-bottom:1px dotted;cursor:help.mw-parser-output .cs1-ws-icon abackground:linear-gradient(transparent,transparent),url(“//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg”)right 0.1em center/12px no-repeat.mw-parser-output code.cs1-codecolor:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit.mw-parser-output .cs1-hidden-errordisplay:none;font-size:100%.mw-parser-output .cs1-visible-errorfont-size:100%.mw-parser-output .cs1-maintdisplay:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em.mw-parser-output .cs1-formatfont-size:95%.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-leftpadding-left:0.2em.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-rightpadding-right:0.2em.mw-parser-output .citation .mw-selflinkfont-weight:inheritISBN 978-0-07-707714-3 

^ 電気主任技術者国家試験問題平成16年度第3種

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、整流器に関連するカテゴリがあります。整流子
パワーエレクトロニクス
電源回路
インバータ
電力用半導体素子
直流電化
脈流
レイセオン典拠管理
BNF: cb11966722s (データ)
GND: 4021239-7
J9U: 987007535942805171
LCCN: sh85041638
NDL: 00570368
NKC: ph136801
.mw-parser-output .asboxposition:relative;overflow:hidden.mw-parser-output .asbox tablebackground:transparent.mw-parser-output .asbox pmargin:0.mw-parser-output .asbox p+pmargin-top:0.25em.mw-parser-output .asboxfont-size:90%.mw-parser-output .asbox-notefont-size:90%.mw-parser-output .asbox .navbarposition:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none
この項目は、工学・技術に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(Portal:技術と産業)。

「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=整流器&oldid=85026734」から取得
カテゴリ: 電気回路電力変換隠しカテゴリ: 出典を必要とする記事/2014年1月書きかけの節のある項目BNF識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事J9U識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NDL識別子が指定されている記事NKC識別子が指定されている記事工学関連のスタブ

評価: 4~5 つ星
レビュー: 6921
再生回数: 1952
[spincontent type=”j”]

【電気回路23】ダイオード回路。ダイオードによる半波整流回路、全波整流回路の解説および交流を直流に変換する回路の1例を紹介します。 Youtube

今後は、半導体のダイオード、トランジスタを使う回路を解説していきます。どんどん面白くなってきますので、是非見てください。

#電気回路
#半導体
#ダイオード

***********************************************************************
この電気回路の解説では、
電圧、電流、抵抗、コンデンサ、コイル、ダイオード、トランジスタ等の電子部品を抵抗なく考えられるように、やさしく、ゆっくりと解説していきます。
増幅回路や電源回路、世の中の色々な電子、電気回路も解説したいと思います。
***********************************************************************

2. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Yomiuri

Yomiuri
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 は、読売で検索されたもので、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 1165
[spincontent type=”j”]

3. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Asahi Shimbun

朝日新聞
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 朝日新聞で検索した 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する上記の情報が、交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2358
[spincontent type=”j”]

4. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 The Japan Times

The Japan Times
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: ジャパン タイムズで検索した 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する記事のトップです。交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する疑問を解決するのに役立ちます。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 7548
[spincontent type=”j”]

5. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Yomiuri Shimbun

読売新聞
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する詳細情報はすでにありますか? 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 という記事が読売新聞で検索されました。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 9986
[spincontent type=”j”]

6. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Mainichi Shimbun

毎日新聞
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 毎日新聞で見つけた 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する上記の情報が、交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 1725
[spincontent type=”j”]

7. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Sankei Shimbun

産経新聞
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 産経新聞で検索した 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する記事のトップです。交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する疑問を解決するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 9503
[spincontent type=”j”]

8. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Nihon Keizai Shimbun

日本経済新聞
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 は、日本経済新聞で検索され、有益な情報を入手するのに役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 2467
[spincontent type=”j”]

9. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Chunichi Shimbun

中日新聞
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 中日新聞で検索した 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する上記の情報が、交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 3955
[spincontent type=”j”]

10. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Tokyo Shimbun

東京新聞
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する質問を解決するために、東京新聞で検索した 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する記事のトップです。
評価: 4~5 つ星
評価: 30 83
[spincontent type=”j”]

11. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Nihon Kogyo Simbun

日本工業新聞
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 は日本工業新聞で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 3421
[spincontent type=”j”]

12. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Nikkan Kogyo Shimbun

日刊工業新聞
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 日刊工業新聞で見つけた 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する上記の情報が、交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 5164
[spincontent type=”j”]

13. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Ainu Times

アイヌタイムス
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: アイヌ タイムズで検索した 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する記事のトップです。交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する質問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 8355
[spincontent type=”j”]

14. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Akita Sakigake Shimpo

秋田魁新報
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する詳細情報はすでにありますか? 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 という記事は、秋田魁新報で検索したものです。お役に立てれば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 6271
[spincontent type=”j”]

15. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Chiba Nippo

千葉日報
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 千葉日報で検索した 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する上記の情報が、交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する質問の解決に役立つことを願っています。
評価: 4~5 つ星
評価: 2671
[spincontent type=”j”]

16. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Chugoku Shimbun

中国新聞
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 中国新聞で検索した 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する記事のトップです。交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する疑問の解決に役立ちます。
評価: 4~5 つ星
評価: 4737
[spincontent type=”j”]

17. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 Daily Tohoku

デイリー東北
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する詳細情報はすでにありますか? 記事 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 はデイリー東北で検索されました。お役に立てば幸いです。
評価: 4~5 つ星
評価: 5941
[spincontent type=”j”]

18. 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 The Eastern Chronicle

イースタン クロニクル
交流 を 直流 に 変換 整流 回路

説明: イースタン クロニクルで検索した 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する上記の情報が、交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する疑問の解決に役立つことを願っています。 >
評価: 4~5 つ星
評価: 8940
[spincontent type=”j”]

交流 を 直流 に 変換 整流 回路 に関する質問

交流 を 直流 に 変換 整流 回路 についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ご質問やご提案はすべて、次の記事の改善に役立てさせていただきます。

記事 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 は、私と私のチームがさまざまな情報源から編集したものです。 記事 交流 を 直流 に 変換 整流 回路 が役に立った場合は、チームをサポートしてください。「いいね」または「共有」してください!

検索キーワード 交流 を 直流 に 変換 整流 回路

交流 を 直流 に 変換 整流 回路
方法交流 を 直流 に 変換 整流 回路
チュートリアル 交流 を 直流 に 変換 整流 回路
【キーワード】 無料

Có thể bạn quan tâm: